2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:くんくん の記事一覧

やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第4章「やる夫達の戦争」

2010.03.22 (Mon.)

毎度のお願いとなりますが、支援絵がこちらでは補足できておりません。お持ちの方がいらっしゃいましたら、是非当ブログまでご連絡ください。

185 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/03/17(火) 19:15:35.93 ID:NHe6kcIo
今日はこっちで良いんだよね?
186 :1 ◆tFnc9LJloc[ここでおkだ。]:2009/03/17(火) 19:47:21.61 ID:BK0Nz/Mo
あらすじ・・・はいらねぇかッ!とりあえずやるけど。

やる夫は魔法使い見習い的な夏奈と出会い、
アーベングの計らいにより再び『ARMS』に所属したが、
やる夫の銃剣をアーベングが発砲させてイルズベイル監獄島に収容された。

そこで『ARMS』3人目のメンバー、ブラッドと出会いともにイルズベイルを脱出。
お話はアーベングに一発くれてやった続きから。

              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥u ;    ', Y /.::/ 終 プ
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::./ わ ロ .本 .こ
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ:.: /  .り .ロ 番 .れ
/     |:| |  |:| ヽ  |U 弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::/   だ │ よ  か
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.: \..  わ グ ぉ  .ら
    /   |    | \ \ u          / /::.::.::.::.:/_<_  ぁ .は  ゜ が
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _/  :
___ \   / ∧    トU \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄, -'\.         /
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ?::.::.:|  |::.::.::.::.::.>   ,、-''´ \/ ̄ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \

予定通り20:00からスタートするよッ!
187 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/03/17(火) 19:49:30.97 ID:YNNZUwIo
お、来た。
楽しみに待ってるぜ。
188 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/03/17(火) 19:53:59.42 ID:zAfOqoco
待ってたぜ!
189 :1 ◆tFnc9LJloc[187-188待っててくれてありがとう。]:2009/03/17(火) 20:00:04.43 ID:BK0Nz/Mo

―――――その時、オイラたちは―――――



      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \      こ、これは・・・!?
   /  (○)  (○)  \. 
   |  し (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
190 :1 ◆tFnc9LJloc[sage]:2009/03/17(火) 20:01:32.30 ID:BK0Nz/Mo

        /..:..:.. |..:..l..:..:..:..   ...l..:.ヽ:..:..:..:..: V..:..:.:.jハ、::..:..:∧   
     /:..:..:.. |  、  ......:..:|::..:l、:..:l:..:..:..:..:..∨..:/..:..:ト、::..:..:.∧      
     .′  { .|..:{....:..:..:..:..:..:ト!::.| ヽ:.|ヽ_.:..:..:. {- 、:..: | ハ::..:..:.ハ       
     |......:.ハ:..:l:..ト、::..:..:..:..:.:トl:リ七≦ミV..:..:..VヽV :l|  l:::..:..:...:l      な、なぁ?
      |..:..:..{..: Ⅵ、|. \ノ.. ..::l イイ´{ノ::jf}}ハ..:..:..:.Vi }:::リ.. ┴- ミ..:|          どうも大変な事になってない、か・・・?
      |:..:..:ハ:..:ト斗,禾ミ.、:::リ   ` ー' ´jイ:..:..:..:V/      `ヽ.
     l:..:..:..:..:ヽヽ.{! V:zリ `′     /|::..:..:. |         ´ ̄`i-- ._
     ∨、.:..:..:..:`iミー¨´           j../::..:|:.|              ,.ニヽ
       ヽヽ:..::..:..::ト、u   丶      /∧:: リ}:|              /   `> ---
       ハ:.{\{..、:.Vヽ.    tっ    {:| /}::小{             /       __ ?
       |..:\::ハ:.ト、Ⅵ> -  ... _ ..イハ /´ | }  ヽ       /   --‐ ¨ ̄
       |:..:..:..| ∧ヾ`ミ、 {  \_┴ ´ ,> ⌒` ー-ミ  r_ー ⌒ー ´
        |.:.|:..:.| i  \`ヽ. ヽ  { 、_ /  /      ` ┴‐\    \


  }l;:;:;:;:l /;:;:;:;:;:、〃彡ゞ、::::::::::::::::::`ヽ/´/ /,
 ノ/;:;:;:;:l//;:;:;:;:/`"´  ヽ/ヽ::::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ
 ソl;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:{      ノ  ハ:::::::::::::::::::::::::::/
  ゝ;:;:;:;:;:;:;:、ヽソ   ,ィ"´ ̄ ´`ヽ、::::/ヽ./     ・・・。
   ヽヽ、;:;:ヘゞ,` =´弋勹ゝ   ヾゝ//"´       
      ハ` ̄   ヽ¨¨"´    ///l´
       l  /         //´/ゝ
       ハ ヾゝ        /:::::::::::::::`\
        \ ===-‐   ィ::::::::::::::::::ノ;:;:;:ハ、
        /´\    /:::::::::::::::/´.,.,l;:;:;:;:ヽ`ヽ、
   〟-‐"´;:;:l:::::::`-‐ィ"´:::::::::::〟´.,.,.,.,.,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ


―――――立ち向かうべき『敵』を認識した―――――

191 :1 ◆tFnc9LJloc[sage]:2009/03/17(火) 20:03:11.55 ID:BK0Nz/Mo

       第4章『やる夫達の戦争』が始まる

           「`'^〉,- ー ‐ - 、 「`'^〉
         _r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ
         〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト~7⌒)イ
           く?  | /{   〃ハ トヘんイ_ノ
          くY| l| /_ハ、 /\}メ∨{ / ∧
           〈∧ |lイ◯   ◯ ノ「`ーヘ. ヽ
      イ三≧|:lヽゝ 、_  .?ノ|:::::::|::|≦三二
           /|:| /::ゝ、ヽ ノ._/ r‐く:::: /|::|  \
         イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト
         l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ
          〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、
           /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉 ⌒;;从;;ノ;;⌒゙./
          /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\ ;(´∴;ノ;⌒`);
        ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘ ";:(´⌒`);;⌒`)
.        ◯  ヽー┬~r~r~rへ厶イ  ◯) ;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`)
        ◯ 彡 彡 彡 ミ ミ ミ ◯ ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)
          ◯ 彡 彡 ミ ミ ◯   ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`
             ◯ ミ彡 ◯     ;:(´⌒`))

やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第3章「その男は自身が主役である可能性について語らない」の続きです。

“やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第4章「やる夫達の戦争」”の続きを読む

スポンサーサイト



乙女戦隊ローゼンファイブ 最終話「乙女達よ、永遠に」

2010.03.10 (Wed.)
312 名前: ◆ROZENeM7oU :2009/12/28(月) 21:00:10 ID:J6zjxkFY

           ___
        , -'´―;―- 、:.`-、
       /:.:.:.:.:.//   :\:.:.:';
     /}_:.:.:{. ―    : : |:.:.:|  
      | ト 、\:.:.:>    . : : |:.:.:|:',___    
     {| く´ ̄:/    . : : : 〈水〉___」      よい子のみんなへのお知らせも、
   〈人.  ̄   . . : : : : : : :个ト--- '―i    これで最後よぉ
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :', \__」 
    l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ':, : \l_    「ローゼンファイブ」はテレビ番組だから、
    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、_:|_  ̄   正義の味方も悪の組織も実在しないわぁ
   /:!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ: : : :〈 ̄
   l:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ヘ   そして今まで読んでくれてありがとうね
   !:l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ヘ
  ~マスコットキャラ ペンギントウ~


ばばーんと「完」の文字が出たら終わりです。
ちゃんと相応のボリュームがありますので、勘違いなさらぬよう。

エンドロールのBGMを聞いてくれると、雰囲気が出ます。
313 名前: ◆ROZENeM7oU :2009/12/28(月) 21:01:21 ID:J6zjxkFY

    r‐、__      ○
⌒`‐く   ヽ-‐-、_    ゜
    丶r-f⌒ヽ、 ヽ____
ー、  _r'  !  iく__/  `ヽ. o         
  `「ゝ、__   ! `! ノ  )             最終話
  ヽ! ヽ) `Yヽ  (ヽ、_?
r、_ゝノ ヽ__i/_ノ  rハ /____`ヽ       ~乙女達よ、永遠に~
`) `ヽ、\__,r'__く` _ノ´   `ヾ.j
 \  `゙'ー-‐' 」/⌒r'⌒´)
\_ `二ニ=--‐く_r‐‐'´「  ノ
315 名前:どこかの名無しさん :2009/12/28(月) 21:03:05 ID:wxO3tvbw
ついに打ち切りENDか・・・
317 名前:どこかの名無しさん :2009/12/28(月) 21:03:30 ID:WAX034rU
お、始まった

乙女戦隊ローゼンファイブ 第11話「正義の誓い、ここにあり」の続きです。

“乙女戦隊ローゼンファイブ 最終話「乙女達よ、永遠に」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.