2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:シエル の記事一覧

やる夫が正史を書くようです 番外編「AAで語る世説新語」

2012.03.08 (Thu.)
1 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/01(土) 16:01:21.95 ID:C.B0ohgo
このスレは「やる夫が正史を書くようです」の7スレ目です。

過去ログ 1 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1230676537/
       2 http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234318524/     (注:やる夫板)
       3 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1235877820/
       4 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240330885/
       5 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1243675704/
       6 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246707154/

俺速でやる夫を纏めるブログ様  http://orehaya.blog73.fc2.com/ 
やる夫見聞録様           http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html

主要参考資料
 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社


※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。
※長文・ネタバレに関しては気になさる方もいらっしゃるので、ご配慮いただけるとありがたいです 

やる夫が正史を書くようです 第十三回の後に投下された番外編です。

2 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/08/01(土) 16:04:55.46 ID:C.B0ohgo

   _r<¬‐- 、__
 rJ::.::.::>'´ ̄て::.::ヽ`Y⌒)
  }::.:; '′/   、└ヘ::.Vハ::.:7
. 〔:::/ ,′| l  |  、ヽ:Vハ::.:}/Y^ヽ
 (」 l|l  、 | | >\rヘ::}_/_ノ
  _| l| l ヽ_、ヽ l| /エ=ミ T小ヽ \
 {∧ 、ヽrrーミヽl/ハ::.::.::l| |/ ヽ\
 `Yへ\ヘ::丿   ゙ー'´! }    \ヽ         「やる夫が正史を書くようです」 番外編
  |l /|`ヽ、   rっ/7 /__    l |
    / , / 「 ̄て)′/ /r勹く}  | |
.   /_/ 厶-レ-=介 く_/L7  }   | |
  / {二ニラ/_/::.|_く/∧` ̄   ! |              AAで語る世説新語
 ! 「77´/::.::.:`⌒´::.:{{__:`ヽ、  /  |
. l l { {/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: ヽ/ / /
||く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.:ノ ̄`く
|/ /7¬rへ::_::_::r~r‐く`ヾ二>、 〉
<_/,厶  仁ニ}   !=彳  >‐=、厂
 └ヘl匸 |lメ/   |テ/  〈/ ̄
      ̄└'    └'
3 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/08/01(土) 16:05:47.03 ID:C.B0ohgo

.:;:;:;:;/ / /    ::::::: l    ヽ     \ \   \      \ \    ヾ:;:;:;:
:;:;:;/ / /           l  ::::: ヽ ::::::::::: \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ     ゝ
.:;/ / l ::::::::::::::::::  l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \ , /:;´:
/ // |      l    !  l、 ト、:::::\::、  く ヽ\、ヽト、ヽ::l  l l\ ヽ:;:;:
_ //  |     l    L -┼、 \:::::::\`‐-ミx〉::::_」,. -ヽ::\:::::!! ヽ ミ、:;
∠l    | :::::  _+ 「, ! l !::::\ `ー-ヘ:::::/ ,ニ,.-‐':ヽヽ::::l\ ! l  ヽlヽ:;
/ :l l   |     l l l l V _: :::::::::::::::::::::::::::: クf;    :l::::| !::::: ! l トヾ  ― 世説新語 ―
_ィ | l  l     l l ハ/ __` ::::::::::::::::::: :::::::: ・))  j::::| |   l!l:;:;:;
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--: ミ、: ::::::::::::::::::::::ヾ_ -  :::l l  .! トN:;:;:; 中国の南北朝時代、宋(劉宋)の時代に編纂された、
../ | ハi  ハ l  V/〈〈  :   :l     ::::::::: ::::::::::::::: //!  ト、|:;:;:;:; 後漢末から東晋に生きた名士たちの言行録である。
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛ ・)) j:        :::::::::::::::::://ll   ! l |:;:;:;
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ:-‐:´        ′   ::::::::::::/j   ハ N:;:;: 虚構の話もあり、史料としての価値は微妙だが、
   /l∧リ, 〉ヽヽ  \\: :::::::    _ ___ イ  :::: ///  / ,リ:;:;:; 当時の人々の生き方を学ぶ上では参考になるだろう。
. /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;V ヽヽ\  \ミ、、    ` .、 ,/   / /l l /:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽlヽ ヽ、  \` 、 _    `    イ /i ////:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:; 
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;__ ヽ `へ \、-j         l \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ         l、 ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
4 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/08/01(土) 16:06:56.44 ID:C.B0ohgo

.:;:;:;:;/ / /    ::::::: l    ヽ     \ \   \      \ \    
:;:;:;/ / /           l  ::::: ヽ ::::::::::: \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ   
.:;/ / l ::::::::::::::::::  l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \ ,
/ // |      l    !  l、 ト、:::::\::、  く ヽ\、ヽト、ヽ::l  l l\ ヽ:;:
_ //  |     l    L -┼、 \:::::::\`‐-ミx〉::::_」,. -ヽ::\:::::!! ヽ ミ、
∠l    | :::::  _+ 「, ! l !::::\ `ー-ヘ:::::/ ,ニ,.-‐':ヽヽ::::l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _: :::::::::::::::::::::::::::: クf;    :l::::| !::::: ! l トヾ 
_ィ | l  l     l l ハ/ __` ::::::::::::::::::: :::::::: ・))  j::::| |   l!l:;:;:;  今日は曹操に関する逸話をいくつか紹介しよう
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--: ミ、: ::::::::::::::::::::::ヾ_ -  :::l l  .! トN:;:;:; 
../ | ハi  ハ l  V/〈〈  :   :l     ::::::::: ::::::::::::::: //!  ト、|:;:;:;:; 
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛ ・)) j:        :::::::::::::::::://ll   ! l |:;:;:;
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ:-‐:´        ′   ::::::::::::/j   ハ N:;:;: 
   /l∧リ, 〉ヽヽ  \\: :::::::    _ ___ イ  :::: ///  / ,リ:;:;:; 
. /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;V ヽヽ\  \ミ、、    ` .、 ,/   / /l l /:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽlヽ ヽ、  \` 、 _    `    イ /i ////:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:; 
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;__ ヽ `へ \、-j         l \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ         l、 ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

“やる夫が正史を書くようです 番外編「AAで語る世説新語」”の続きを読む

スポンサーサイト



黄昏探偵できる夫氏は奇妙な事件に巻き込まれ静岡を目指しました。 第五話「ニンゲンの条件」

2010.03.21 (Sun.)
133 名前:静岡  ◆MYhGttGAL6 :2010/02/14(日) 19:55:48 ID:R2OUMrFk

予定通り投下いきまーす。
ちょいとギリギリなので、レス返信は投下後で、スイマセン!

あと、ID:6FOEbcXs殿有難うでゴザイマス。

                                  /⌒\
                                / i⌒i \
                               / ト、 ∨ .イ \
                             ./  このスレには\
                            /ヽ 暴力シーンや 7\
                           ./- グロテスクな表現が -\
                          /  ∠ 含まれています。 =- \
                         (      7 へ 、 , へ \    )
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ※ 投下間隔が開いたときは、
   修正中と考えてくだされ。



                           今回はライト感覚ほぼ無しだぜ。

                                        ∧_∧
                               ∧_∧  (´<_`  )
                              ( ´ ゝ`)  /   ⌒i
                             //E| ̄|¬    | |    まったくここの>>1は……
                            ( ' /~`-/ ̄ ̄ ̄ ̄/ |
                           __ |   /  FMV  / .| .|____
                               \./____/ (u ⊃
                                           ζ
                                          [ ̄]つ

黄昏探偵できる夫氏は奇妙な事件に巻き込まれ静岡を目指しました。 第四話「うつつとこころのうず」(と埋めネタ)の続きです。

“黄昏探偵できる夫氏は奇妙な事件に巻き込まれ静岡を目指しました。 第五話「ニンゲンの条件」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.