2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:ジェリド・メサ の記事一覧

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編

2012.05.05 (Sat.)
439 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:04:46.76 ID:lKKuw/so

      |┃
      |┃
      |┃ ,.:''::´:: ̄::`:::.、
      |┃,':; '´T 丁l `ヽ:ヽ
      |┃/l |l ト、 l Nトl`iハ
      |┃|l kノノヽノ`ヽリil l|
───|┃l lK ◯   ◯ ソイ|      改めて作者から新年のご挨拶を申し上げるわぁん。
      |┃.l ぃ  ,-┐ ,从!|⌒)
      |┃、 トゝ、 ニ イ ト/f:シ     今年も読者の皆さんのご健康とご多幸をお祈りしているわ。
      (⌒ヽ::.{l {薔 l}::.::.::/
      |┃シ:.::.゙===".::.::./       そんなわけで今年一発目の投下を始めるんだけど……
      |┃::.::.::./\::.::.〈
      |┃::./><\::.::\
      |┃/~~~~~~.>\;/
      |┃     (__@
440 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:05:26.55 ID:lKKuw/so

     |   _,, _
     |-''´ゞ{薔}ンy、
     |:;.- ―― - 、:\
     |          \:ヽ
     | i  ,,     ,  `,,!
     |、i^V1  ノl/| / ト、
     | ◯ !/ ,ノー!,イ  ト ィ
     |      ◯l'// ,i!レ′       ……実は今回、描く事が多いおかげで内容が長すぎるから、
     |u 、__   i/ '/  _,__,     .前後編に分ける事にしたのよ。
     |-、_ ` ´  ,.ィ' //―'":::::;ノ-―ァ
     |::トvriニ「:´ン///::::::::::::::>―'''   .二宮の変の内容がいまいち掴みきれなくて、
      j-、{薇}/::/::レ':::::::::::::::::\__    呉に手を出すんじゃなかったなんて作者は思ってるそうよ。
     { ! ノ:::::!:::::;ト- 、‐------'"´
     |ヽ/<`r‐fr´ll   \        .そうは言ってもこのあたりやらないと、
     |::r( ,)( .ハ_jj i    !        三国志の後半やる意味がないから困るのよねぇ
     |:::ヾ〈〈〈ノ:\\! .トト|
     |::::::::~::~::::::::::\ヽ! ! l
     |:::::A:::::::::::::\::ヾ:、
     |::/><\::::::::|:::\::>ヽ,
     |'_><_,!::::::|i  、\::ヾ!、
441 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:06:13.79 ID:lKKuw/so

  |   _,.,-r''fi,ッ、_
  |-''´:::::ゞゝ,iソノ,=ッ、.
  |::::__:tr-、r--、,:::::::::::ヽ
  |r'`´       `'''r、:::\
  |            '\:ヽ
  |   i  ,,         `,,|
  |. /! /|    /|/|  ,  ト、
  |ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
  |、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
  |  ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!
  |"           ̄/./ ,,,/i!レ'
  |         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆  それじゃあ前口上は終わりにして始めましょうか?
  |\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
  |::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆   「やる夫が正史を書くようです」第二十五回前編、スタートよぉ
  |,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
  |.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
  |Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆
  |:::::::|}〉 〈匂〉 〈{|::::::!::/::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
  |丶 ;;タrnnnnrタ;;ノ/:::::::;/ヽ,,
  |ソ::::::::::::::::::::::ヽヽ | !  ̄ i    !
  |\:::::::::::::::::::::, ヘ. N    l 、 |
  |::::::::::::::::::::::::::::::\.\|  |ヽ|ヽ!
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,\| i! |
  |::::::::::::::∧:::::::::\::::::::\,,
  |:::::::::::/,><\::::::::!\::::\\
  |:::::::::/,><,,\:::|,, \:::::>,.ヽ,
  |:::::::/,,,><,,,__.|:::|!  、\::::\,!.
  |::::/'' ー-、,,,__ノ|:ノ ,,  ゝ\::::::ヽ

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編の続きです。

442 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:07:31.65 ID:lKKuw/so
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
443 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:08:57.93 ID:lKKuw/so
【前回のあらすじ】

                                      _, -‐  ̄ ヽ
                  , 」 ̄{_「 ̄}__,へ,x '.  ̄二ニ≠ '´xy __,. -一く
               __   /            ̄Z ̄xxXX >  ´ ̄ ̄  ̄
          /: :二>'                L> ´   _
     _    (: : : :{_」 _, =ー-,ィへ,}:!_         ヽ     (: { ̄
   /   \   ヽ; : /  ̄と_ム_{;(、`ー - 、  ノ  [ 、__ _):ヽ
  /  ,j!、 >x、_};!/ .}{≧_≦}{  );!`ーァ  ノ   __」: : : : : : :,ノ
.≦   /  \,   〃  >' __ ヽ、 〃⌒ヾ  />一7: : ; '  ̄ ̄
「`ー-vヘ: : : :く  .{:(  /   `´ ィぇ〈:{.    イ: : : : : l : /
レ》),ヘ.〉 ):,-一ヽ_ハv从{:i!:}〃ノ}ゆ{)トハ____,!:ヽ: : : :.l:.:{_ ___
~~じ' /:/: :/: : : :}!:ソ:/:1i!;/:1: :ゞツイ: :ハ: : :ノ: l: : : :∨: : : : : `ヽ
  , :´: :,': : i{: : : : /: : :,!: :!レ: :イ;/:/: : /: ノ:<: :く: : : : : } ̄, こ }: :.!
 {: : : :.l : : : <: :l :{fy): : : : /:/: : :{fy):.{: : : :ヾ :`; : :.ノ  `ー一′
 ヽ: : : ゝ: - :、:ヽ!: : ゝ: :ヾ: l: : : : :_: : : : :ヽ: : :ノ: /: :, '
   ーy: : : ノ: :.i :.}: : : : : : : : : ;./: : : : : : : }!:j: : l: :/
    /: : :,': : : :!;ム; 一1: : : : :{ : : : : : : : : ノ:ノ: :,'ノ
   ,: : : :l : ://: : : : : ゝ: : : : ヽ: :_:_: : :/: : /
  .l: : : : ∨  !: : : : ; -― ャ: : 7´  ヽ: : : :.(_
   \: : :.{_.ノ: : /     }:./    }: : :): : :ヽ
    >: : : :_:_ノ   ___ノ/     ノ:./: : : :.ノ
   //  ̄        ̄      /:/  ̄ ̄
   l{_ _)!             l:.{__,
     ̄                ̄
       呉 丞相 陸遜(字:伯言)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .呉の丞相陸遜が死んだ
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
444 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:09:30.54 ID:lKKuw/so

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       二宮の変ですか。
.  |         }
.  ヽ        }        .そういえば、魏の正始年間は二宮の変の真っ只中でしたね
   ヽ     ノ        .
   .>    <
   |     |
    |     |
                                                  /  ̄ ̄ \
                                                 /ノ  ヽ__   \
                                               /(―)  (― )   \
                                               |.  (_人_)   u |
                                                    \   `⌒ ´     ,/
     とうとう陸遜まで逝っちまったのかお……                  /         ヽ
                                               ./ l   ,/  /   i
                                               (_)   (__ ノ     l
                                               /  /   ___ ,ノ
                                               !、___!、_____つ
445 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:10:35.07 ID:lKKuw/so

      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ     ところで二人は、二宮の変についてどの程度知っているのだろうか?
        `ヘ:ゝ   _     小/        
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |
                                      / ̄ ̄\
                                    /       \        ___
                                    |::::::        |     /     \
  孫権の息子二人が喧嘩して、                |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
  結局共倒れになったぐらいは知ってるお。         .|::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
                                   .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
  後、陸遜が巻き添え喰らって憤死したとか……      ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /:::::::::::: く    | |         |  |
      呉から降ってきた人たちから、     -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
      だいたいの経過は聞いていますが……        .|:::::::::::::::|ヽ、二⌒
446 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:11:24.36 ID:lKKuw/so

                                      / ̄ ̄\
                                    / ⌒  ⌒\      ____
                                    |::::::(●)(●) |   /      \
                              .      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \
                                     |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
   ま、いずれにせよ詳しい事は……(×2)          |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
                              .       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /ヽ三\´     | |          |  |
                              -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ    今回の話を始めるにあたり、どこから始めるか悩んだ。
       ヘ!:|         ノ!/
        ヾ!>ー-   -- <イリ      その様子なら、五丈原以降から語った方がいいかもしれない
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´
447 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:12:42.04 ID:lKKuw/so

          l: :   i :  :     :. :.  :. 、  :. :.  }∧ \
           l  :  .: l {  _|、   :  :. _、 -: ._  :. :  :ハ:ト\
          j  {  :i l_ ィ ´:.「ヽ  |l  :.、:. }lハ `  !| ハ 、
          / i :.  :.|ハ|ヽリ_ ヽ {ヽト、}ヾソ_Ⅵ |l / ト、\
       //!  :. :.∧ ィr'笊ト、 \  イr'/;仆j:|∨レ i | `    
        / |i ヽ 、:ゝ{c//j        ∨//ソ//:/: i.:从    私は昔呉に住んでいた事がある。
            Ⅵ、 : \`:,,, ′        `,,,´/ / :i |ハ{      .
              |l ヽ| :.` .\     ′    / :/ハ ハ|      今回はその時の見聞を基にして話を進めていこう
              j:、:. \     ‘`     ィ7/ リ′
                  \ ト、> :. _  _. :イ:/}/、:{
               ヾ リヽN      K j/ `
                 `,.ィ´ノ   ;' ∨\
                  _ _/ : /' _   { _゙}: : ` : . ._              / ̄ ̄\
         , :-r<: : : : : : :{  _ 二 ..__//:j: : : : : : : >- 、         /       \ ____ ヒソヒソ
                                           |:::::       |/      \
                                          . |:::::::::     |:⌒  ⌒   \
                                            |::::::::::::::::    |●) (●)    \
        (今さらだけど、長門さんって年いくつだお?)        |:::::::::::::::    |::(__人__)      |
                                          .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
             (気にしちゃいけません。常識的に考えて)      ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
                                            (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
                                     -―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
                                              |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編”の続きを読む

スポンサーサイト



最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.