2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:ジャン=ピエール・ポルナレフ の記事一覧

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第6話。

2011.10.22 (Sat.)
1 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/23(日) 20:28:13 ID:s9WLFBuY


        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    ;;⌒  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
 (;;; ,,;;    ヽ、  /⌒  ⌒\       來歙~。
   (_,,,  ;;ノ  /( >)  (<)\ 
          /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    もしも、やる夫が西域に出兵して
            |     /| | | | |      | 
          \    /;:|`ー' 、   ノ:;|    莎車王・賢と戦ってたら、どうだったかお?
           > {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
          /   ゞ彡彡ニミミッ;;/
         (  _б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、           __
          ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ         . /ノ ヽ、 \   高祖劉邦の白登山の戦いの、
          ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈          |(● )(● )|
         ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂         .|  (_人_)│  二の舞いだろ。
         八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂     .   | u ` ⌒´ |
         / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡     .  |         |   敵地的に言って。
        ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . |        ヽ  /;:|   /   ノ:;|
      // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!          > {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}    , '⌒ヽ ⌒ヽ
    /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ        /  ゞ彡彡ニミミッ;;/   ( ___,,,,___ _,,,__⌒ヽ
    /: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!       (   "/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ


このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

8スレ目
3 名前:名無しのやる夫だお :2011/01/23(日) 20:45:24 ID:DGS8Ec8.
スレたて乙

だろうなあ……>二の舞
954 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/23(日) 12:40:50 ID:m/yaWzIo


   本日20:00ごろ、投下します。

   雲台の間で、雲台二十八将全員登場させられないのが今回の心残り……。

┌──────────────────────────────────────────┐
│                         /:.:/:.:./〃∧:.:ト、:.:.:.|:.:ヽ:.:.:.:.|_                ......│
│                         レ':.:.///  /{:.{ ヽ! \ト、:.:.r‐v':.:.:/:.ヽ,.- 、              .│
│                          |:.:.N≧≠ミ、ヽ  ≦≡ミ|:.:.ヽ{:.:.:/:./:.,. -`-、           ..│
│                         ヽハ{ ィ frッメ   ィfrッ メ レヘ:.∧:.{:.{:.:.:.i:.:.、_,:.:.:.ヽ         .....│
│                           ヽハ `¨´r_1ニ]ニl ¨´ ト_/:.! ヽ_〉ヽ_j_/:.:.:.:.:.:.:|           │
│                            |∧     ヽン     !:|ヽ|  ヽ:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.|          ..│
│                            |:.∧  ー -一'   /:..!   八:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:|          ..│
│                            |:.:.:|ヽ  ´ こ`  / |:.:|     `ヽ:.::ヽ:.:.:.:.ノヽ         .│
│                            |:.:.:| ヽ    ,.イ  !:.:!       }TTT´ヽヽ}        ....│
│                            ∧:.:|     ̄     !:.:|      〈_j_j_j_j_j_j,イ         │
│                               / ヽ:!  |        |:./ ヽ       _」       `、        .│
│               ,. -―――- =≦    \ !         j/   ` ̄ ̄/  .!      `、     .....│
│              /       |:.:|:.:.「 ‐-  _  ヽ     /__,. -‐ |:.:.:.:.:|   !         `、      │
│              /        /|:.:!:.:.:|      ̄\   /      |:.:.:.:.:!   !       `、   ......│
│               /        /:.|:.:.:.:.:.|                /!:.:.:.:.:|  .!         `、   ...│
│           /         |:./:.:.:.:.:∧                   //:.:.:.:.:.:!  !         i   ....│
│          /           |:.:.:.:.:.:.:.:.∧              //:.:.:.:.:.:.:.ト、 \        |    │
│          /       \   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ヽ   ,.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\  ヽ        ヽ!   ...│
│      /           ヽ  ,|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   ヽ /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八 |\  ヽ      |    │
│     /          _,. ┐ Y/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.≧====≦:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:ト、   ̄ \    /   .....│
│   /          イ´  ∧./!:.:.:.:.:.:.:.:7/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/7「:.:.:.:.:.:.:.:|:.:|         ̄    ......│
│.  /           /   しヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八!              │
│  /           ,. -‐'     \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//             ....│
│. /    \  /         |:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_/:.:.:二二ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://              ...│
│〈       `ヽ           |:.:.:.:\ー―=≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=―=≦イ               ...│
└──────────────────────────────────────────┘
                         【 中山太守全椒侯 馬成 】
955 名前:名無しのやる夫だお :2011/01/23(日) 13:28:46 ID:YB1elKYs
乙、全裸で待機…だと寒いので半裸で待機してます!
956 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/23(日) 20:02:55 ID:s9WLFBuY


では、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第6話 ―班超伝―
 
         ∧ / i /´/ / ///ィ
        |ヽ/ |'        ´ _/___
      、_j                 /
.     \    /  /    ,     \ヽ ̄>
     }ヽ   /  /      /  ヽ  \<=‐
    {ヽ  l /        //   \  、 、ヾ、
      \ j/|  /  |   ィ /   、 ヾ |ハ ト\
     弋''  | ノイ ノ  l,'\ ヽ ト、ヽ 从! ヾ
      \ レ_ィ_彡|`ハ、|__NVハ ヾj,ィiリ`
      ∠ __{ {.ノイ i/__Nt.rッ‐ ミ≧={彡!        のちに班超と直接面識を持つ、
         ∠ヽ、ヘj' ̄`弋三三歹 \!
          ィ゛`7 ‐、   `¨¨´    '/、        于闃国の変人王・広徳だにゃ~。
        /ハ. /   \    _,,.. -‐/  \
       /! ヽ    ヽ >.....   / \  }
.    /  ハ   \  ヽ   ...:::i`¨,.ィ´   j
.   /    V   ヽ       ィ| ト    /ハ       悪運持ちの莎車王・賢を倒すのに、
 /        V     \==≠' ! /    l  |
       / V   />== //j     | ハ       みんな複雑に考えすぎだぜい。
       /     V  /  ∨/     |  ハ
            V_/     Y ヽ     |   〉
  <       |           }〉       l ,.イ       これはトンチと同じ、解答だにゃ~。
    \     ノ         !}     |/ |
957 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/23(日) 20:03:54 ID:s9WLFBuY


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』井上 靖・著=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『西域をゆく』井上 靖・著、司馬 遼太郎・著 『燭怪』=当時の文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/

などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫之書 : やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第5話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第6話。”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第5話。

2011.10.22 (Sat.)
709 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/17(月) 20:01:13 ID:EFzO4tx.


とりあえず時間できたので、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第5話 ―班超伝― 

     , -―‐ァ-、
    イ イ三/三 \
  〃.イ三三三\三ハ 、         今回は創作部分が多いので、
  ∨:::::ィオ7大テ、:\ノ::ヽ
   y'::///:/ハ;レL._\:\::ハ        注意と、戎は忠告します。
   /∨从Lレ "弋.ノ  シ-、トハ、
   {^!:V.ヒ),      アノト:\ 
    ゛∨!   , ..    F::!::!::ハノ
     !::ヘ    ィ,..ト、ハl::lノ           __
     从、!::`T/´r=ニ\'          ̄ ̄ ̄`、、
       lヘ;ハ //    ヽ     ,  --- 、    〃
        ノ杉::::lll   ヽ|   ,イ::::::レ:::::::::::::\__..〃
       イ〃二)、!'    、|. /イ_:/::/:;イ:,::::::::下
      /イ:::::::::::::::|   _ヽイ:::r'ィレ::ル'__」/:::::,::::,::ハ
      イ::::::::::::::::::::!_ ノ --リ:::::ハ`'レV 妙`レ://!::::l
     {:l:::::::::::::::::::::レ -イ   レイ::i::l、     ィェVハノ
      Y:、::\:::::::::`ニハ   Vノv. 、.  、 _ ' ¨.レ'/
      ハ:::::::::::`:::-::::::ハ | , ィ ̄ )、 >...イノ        史実じゃ、戎は、戎は、
       !:::::::::::::::::::::::::::::リ/  / !!丶
     r':::::::::::::::::::::::::::>'   / .! 〃\ `i           ・于闃国から亡命。
     ト::::,------:,イ  ./l  l/o o ̄j、
     レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   <.:! .!  !o  o /.:l          ・守節侯に封じられた。
    /.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:l.\  ヽj  l  o   /.:: !
    /.:.:.l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:\.  \. !o    o j、
.  /.:.:.:.:!.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.\  \ヽo o / ハ         のみの、出オチ人物だからねー。
  l.:.:./!`ーl―――--ト.:./ノ   , j ヽ    o !
  `(__!.  !        !:イ(n ,、 ryノo  o  ハ
710 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/17(月) 20:02:47 ID:EFzO4tx.


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』井上 靖・著=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『西域をゆく』井上 靖・著、司馬 遼太郎・著 『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第4話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第5話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第4話。

2011.09.28 (Wed.)
461 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/15(土) 20:08:37 ID:eWbFJwlA


では、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第4話 ―班超伝― 

 ゚ | ・  | .+o         o。 |  *。 |
  *o ゚ |+ | ・゚         +・  o |*
 o○+ |  |i            ゚| o ○。 l
・+     ・ l              ・|*゚ + |
o。!    |! ゚o                | *  ゚ |
  。*゚  l ・ ゚    _.. -― 、       |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     /,,ィ===、、 \     +   *|
。 | ・   o    メ、-'_ノヽ二>「  _   *゚・ +゚ ||
 |o   |・゚  _  `丁'≡   ≡ ! lハ,/ノ   |  ゚   |       フリーター状態の班超と違って、
* ゚  l|   ヽ.> 、lヘ '''(_人_)'''ハ. l' /ヽヽ  o.+ | ・
 |l + ゚o   i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃・ |o゚           私、班固は大躍進するニダー♪
 o○ | ・゚ l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '。 |!    |
・| + ゚ o   ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉  ` ヽ。 ゚| o ○。
 O。 |゚ *o` /    /l  l ,ノ\.    ヽ+・  o |*
 o+ |!*。  /    /7ヽ/ヘ  \._   |               パトロンは皇帝陛下と、
 |・   | ゚・   l  _./ /    ヽ   ヽ``丶、|  *。 |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_              竇氏ニダー♪
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    >                  <
462 名前:名無しのやる夫だお :2011/01/15(土) 20:09:46 ID:ua9zyMV2
いよっ!変態3兄妹
463 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/15(土) 20:10:26 ID:eWbFJwlA


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』井上 靖・著=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『西域をゆく』井上 靖・著、司馬 遼太郎・著 『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第3話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第4話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第2話。

2011.09.28 (Wed.)
86 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/07(金) 20:12:14 ID:SBp67SeY


このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第2話 ―班超伝― 



                         _.. -‐- .._       王莽は、
                         ,ヘ'ヽ.  /イヘ
                             ,i  Y ⌒Y   ト.     友人としては面白いヤツだったな……。
                           イ|ニ=|!  l!ヽ ,l !
                          从ヽ/ゞ-<_ .イ从
                          i>‐<!`                       おっと! 漢王朝のため、
                      _..、-‐<  ̄ ̄ >‐-, .._
                      ,ィ ´  \:::: \ /.::::/  `ヽ      / ̄ ̄`}ー‐-、  王莽はマジキチだったと
                     〈      \::::::::::::/     /l、    ,/ ,イ`ー{_/ ̄ ´
                  人ヽ.     〉::::::〈      ′, \イ ヾ  /           書き直さなくては……。
                   /  ` Y   /::::/ヽ:\    .//   ヽ、. Y
                   /    /|   /::::/  \:\ ,イL_     |!」
                 〈    イ〉l  ,/::::/      ヽ::ヽ.厂`ヽ..__ /´
                 L..._ イ .ト、/::::/       ヽ:l!   ` ̄
    「三三三三三三三三三三三三〉::::::::`ー―--― '´:::|三三三三三三三三三三三三三]
   `T::Tニ二二二二二二二二二./.:::/`ー―――‐ ' ´l::!ニニニニニニニニニニニニT::T´
      | |__________/.::::/             |:l___」 l___ー一'___」 | |
      | |            _.. -‐'-=/           |:!     | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..| | |
      | |         i´::::::::::::::::::|           |:l     | |___ー一'___」 | |
87 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/07(金) 20:13:05 ID:SBp67SeY


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第1話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第2話。”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 外伝その2「星屑サーチャーズ」後編

2010.01.07 (Thu.)
464: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/24(木) 21:49:14 ID:aJWtKA6o0

 [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||. .. . .. ... .. ..   . ...+ ...    .:   . .。. ... ゚ *..:: : :.. .. .:::::........ ::::::::::.... .... ..+ :.:::.. ::. .::.  .. .||
  ||. .:: ::. ,. - 、  ..:. :..    ゚ ..:: ::   .    ..   .. .  . ... ... .. .. .. ..   .. ... .. ..   . ...+ ...   .  ||
  || . .. .  {  ..:: } ....   .. .  . ... ... .. .. .. ..    ::::::... .... ..:::::::....::::::....゚.. . .::::::... ....::::::::::.......  .     ||
  || .. . ....` ‐ '゙    ...  . ... ...    +. ... ..   ...::..: : ..  :.. . ... :::....*::::....::......   ::...゚..:.: :: ..::...   ||
  ||:::....::    ::::........ . .::::::... .... ..:::::::....::::::....゚.. . .::::::... ....::::::::::.......   ........  .........   ....  ... .......  .....  .||
  || ..::   . .. . .. .. .゚... ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. ..。   . . .. .  . .... ... .. ..   . ...+  .. ... ... .. .. .. .. ||
  ||                                                          ||
  ||    __ _            クリスマス…………今年も1人…………                   ||
  ||   l;;;;;;;;;; |                                 ;; ;;;;、,.                  | ;; | .||
  ||   l;;;;;;;;;; |                                 l;;;;;;;;;;; ;;                 | ;; | .||
  ||   l;;;;;;;;;; |  __ _                         l;;;;;;;;;;;;;;;|              _     l;;;; Ll ||
  ||   l;;;;;;;;;; | l;;;;;;;;;;;;; |                       l;;;;;;;;;;;;;;;|          l ;;;;┐_ _|;;;;;;;;;;.!||
  ||   l;;;;;;;;;; | l;;;;;;;;;;;;; |     / ̄ ̄ ̄ \             l;;;;;;;;;;;;;;;|____.      l ;;;;;;;;;;;;l;;;;;l;;;;;;;;; ||
  ||   l;;;;;;;;;; | l;;;;;;;;;;;;; |   /::::::::::::::::    \        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|       l ;;;;;;;;;;;;l;;;;;l;;;;;;;;; ||
  ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;;; | /::::::::::::::::      \.__ . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ┌;;;;; |; l ;;;;;;;;;;;l ;;;;;;;;;;;;;; ||
  ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;; ┌┐;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::      ||;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|=:┐ ;;;;;|; l ;;;;;;;;;;;l ;;;;;;;;;;;;;;..||
  ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;; |;;;;|;;;;;;;;;;;;;;\::::::::::::::::      /:|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l ;;;;;;;;;;;;;; ||
  ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;; |;;;;|;;;;;;;;;;;;;;(⌒ ::::::::::::::::    ⌒ヽ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||
 [ニ二二二二二二二二二 |  ::::::::::::::     |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]
                 |  ::::::::::     |
465:短編勝負開催中!設定が変更されてるお:2009/12/24(木) 22:03:41 ID:Ozx41AWE0
>>464
俺達がいるじゃないか!!
466:短編勝負開催中!設定が変更されてるお:2009/12/24(木) 22:06:00 ID:jG5RTsrc0
まったくだ、水臭いな!
467: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/27(日) 19:33:56 ID:rJ.1nq4s
>>465-466
余計なオセワだバカヤローめ!

…………ってことでね、いつもは休日に一気に打ち込んでしまうのですが、いかんせん忙しくて……
大晦日までには投下しますので、今しばらくお待ちを。
468:名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 05:38:11 ID:kZRp.Emw
こ、これが友情パワーか
469: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/31(木) 14:35:57 ID:qwA7HWAk
ハイ、色々あって無理でした、すんません。
次回投下は年明けです、来年はいい年だとよいな。
470: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/05(火) 14:48:04 ID:QkXe7woc
送れてスマヌ
今日の21:00から投下しておきますんで。
471:名無しのやる夫だお:2010/01/05(火) 15:37:08 ID:96frzS4.
あけましておめでとう
楽しみにしてるよー
472: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/05(火) 21:01:12 ID:QkXe7woc
あけおめことよろとうかします
473:名無しのやる夫だお:2010/01/05(火) 21:02:30 ID:/xEuydt6
投下ktkr

“やる夫と危険な住民たち 外伝その2「星屑サーチャーズ」後編”の続きを読む

やる夫とやらない夫が聖域を築くようです 第二話「鬼と痛み」

2009.12.20 (Sun.)
120: ◆CQ4bfkhtoY:2009/12/19(土) 20:59:35 ID:vgPq6V4w


第二話 ”鬼と痛み”



— 六本木警察署


                              {三三三}
                              |      |
               _ [六]_[本]_ [木]_[警]_[察]_|_[署]_____
           /________________________\
           \┌———————————————————— ┐ /
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| TニニニニT    | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|:{工}: :{工}:|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : : : : : :|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| .|: : : : : : : :|.     | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|: : : : : : : :|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : ☆.: : .:|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| {三三三三三}    | ̄| ̄| | ̄| ̄| .|——┐
             ||_|_| |_|_| ||:::∥:::::∥:::||   |_|_| |_|_| .|    |
       ========================||:::∥:::::∥:::||===========================
      ______________||/ ̄ ̄\jj_______________
       
    
            (ニニ|_|ニニニ()
         /)@=/@= /|~ ̄|| ̄~lヽ     
   ____。_∠(・∀・(´ο`/__|_____||____.|_`,.__  
  8b==@==d8{=.,ニニニ |-警視~|庁 ~|_-━-}          
  .⊂:ニ口ニニニフ_.l O |_|____.|__,i´O`l____.j
    ヽゝ_ノ ̄ ̄ヽゝ__ノ  ヽゝ_フ ̄ .ヽゝ__ノ

“やる夫とやらない夫が聖域を築くようです 第二話「鬼と痛み」”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 外伝その2「星屑サーチャーズ」前編

2009.12.20 (Sun.)

不定期ワンカット投下シリーズ その11・その12は前の記事の最後に追記しています。

292: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/19(土) 21:01:35 ID:KfMCQiFY
やる夫は一切登場しませんが、いつもどおり投下します
293: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/19(土) 21:02:33 ID:KfMCQiFY

< 〜やる夫が暇荘に来る約3年前〜  銀河系 >

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::、:::─:-:″:′::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-"::′″″;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::::;;:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/:: 丶ミゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::δ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: ヾ″°;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::;;;;;;;::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-::::″ゞ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::/′°″丶;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヾ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;″"::ゞ ′;;;;;;;;;;;:::::     ::::::::::;;;::::::;;;;;;;;;;:
:::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::;:::ヾ ″′ ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::     :;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::":: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::;;    :::::::;;;::::::::::″
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: :::::::: ;    :::::;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::       :::;ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::         ゞ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ::: :::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   銀河系には地球人以外にもたくさんの生命体が存在する

   その中で、宇宙を自由に移動できるに足る技術を持つ生命体は

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
294: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/19(土) 21:03:19 ID:KfMCQiFY


                                    / ̄\  
                                    |     | 
                                \_/
                                  |  
                               /  ̄  ̄ \    
                             /  \ /  \             
                            /   ⌒   ⌒   \            
                            |    (__人__)     |            
                            \    ` ⌒´    /            
                          , .-‐- くJ\ ヽノ /ゝ-rr- 、           
                         /Y  ,r 、 `ー r'"^〃 、  つヒヽ          
                        ,ノ '^` i! =テミ i' 漫ニ  ミ、 ='"^ヾ }         
          __,,.. -‐:::::¨::::::::::::::::::::::;.イ ,/ ''=''" ノ-‐'ヾ-人,,__ノnm、''::;;,,  イ         
    / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ィi!   ,∠-—-、、     `ー'フヾ、  j |        
 .   i\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ:"::::::::::::〉f'´    ノし   `丶、 ー=ミ-JE=-  /         
     ヽ:::`:゙::'':…ー‐::''''゙゙":´:::フ-‐ァ:::::::レヾ=ニ- 彡^ 〃   ,,>、、`''ー-::,,_,,ノ          
     V::::::::::::::::::::::::__::.. -ュ:j::::ル;:::::::::::l,.  `ー--┬:, ''"~´フ ソ´`7'' ''"´           
 .      V:::::::::::;.- 、::i ,.m i !ノノ:ヶ‐、:::::::i           /⌒ヽ、   /ヽ l        しイ 
 .       V::::::::i ⌒i.}:!l  _L⊥彡ト、ノ:::;.-!、        /       ヽ  l   |       /  
      {`ー--ヽ-'イニ¨-‐ ブ,.ィヲ::::::i /i l \、  .....ー  l         '  l   |      /   
      /`¨:::::¨´:::::::::::::>ニ"彡'^l:::j iク l::ヽ ',:! .......  _ \        ∨   |     (_// 
   /::::::::::::::::::::::>'i"´rブ‐rテト` ` レノ::::::Lj:l   ...-、ト、ヽl , へ、 ヽ  /l|        / 
   {-‐ ニ¨-‐i r‐tヲン!   ー宀''´   i¨ レ'´  ヽ::\.  l し、 ¨ヘ`t、ヽ_}lレァノ/       /   
 / ̄::::::::::::::::ハ.  ̄/l,、      i    l i iフ¨ヽ !、:::..__ヽ、_`    ̄''"  、'' /     /   
 ::::::/:::::::/:::/'、 i__ ..      !   j  Y/:i (ノ、i::     |_  \     `=' /       〉  /l 
 :::/::::::/:::/.  ',  ヽ '"     ./ //:::l l::_i l::..   ノ::::::::........> 、 /      レ‐' /  
 :::::::::〈:::::< i ,.イハ  -‐…‐  ./ //:::::ハ. ',_`ヽ /__::::::::::::::::::::::ト 、           /  
 ::::::::::::';::::i / /   ', ` 丁´  ,.'  l i::::::::::i l`¨ i |.::::::::::::::::::`ヽヽ:::::::::::::ヽ_ヽ       {   
 ::::::::::::::}::y" /`丶 ヽ__/   i. i:::::::::::', V^i ノ.::::::::::::::::::::::::l‐ヘ::::::::::::::::l‐ヘ       ̄/ 
 :::::::::< <  /i\   \ \     l l::::::::::::`i {:::::..::::::::::::::::::::::::〉 ̄二ニ二ノ^ヽ      /  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   交戦的で凶暴な性格の「サイヤ人」

   比較的温厚な「ティティア星人」

   地球人を祖先に持つ「移民集団」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
295: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/19(土) 21:04:03 ID:KfMCQiFY




  |ハ|: ,:|:.: /:/  !:!  l:.:.:.:.|:.:.:.ll: l      ,...:´i           , ':;:;./:;:;:;:;,!:;:;:;ト、    ‐-‐ '   ∠  
  '  l:/ |:.∧′ ||   !:.:.:.:|:.:.:l l l    ‐,-':.ハ: l           ,.':;:;:;,/:;:;:;:;/j:;:;:;:;| ヽ、_      /    
.——く′|:′   !  :. :.:.:l:. l !:!    /´:.: / } !          l.:;:;:;/:;:;:;:;:;/ l.:;:;:;:;|    ` ー,r ´   ノ:;:;
: : : : : : : : : 、       〉:.:.!: |` ll   /l:.:.:./  j/         、 |:;:;:;:;:;/ ヽ:;:;:;ヽ  _,.- _フ    /:;:;:;:;:;:;
: : : : : : : : : : : : 、    / :. :.:. |  ! `´ !:.:,'  /'           ヽ{.:;:;:;:;l    ヽ_:;...ゝ'´,r ´    /:;:;:;:;:;:;:;:;
: : : : : : : : : : : : : :\  i   :. : |      l:.i               ヽ.、:;:;:;:;ヽ-/´/    /_........__ l:;:;:;/:;:;:;:;
: : : : : : : : : : : : :. :. :.\!   :. |        !l               ,:;ハ:;:;:;:;ヽ! ′  /-─…‐-、7ヽ/:;:;:;:;::;;:;:;
: : : : : : : : : : :. :. :. :. :. :.\  :|      !          .    /:;:;/l:;:;:;:;ノ |    ′ ̄  ̄ア  /:;:;:;:;:;:;:;
三≧=- 、: : : : : : :. :. :. :. :.ヽ  _                  /:;:;{ / ./||  |    /   l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
三三三三≧ 、: : : : : : : : : : :<i:i:i:iヽ                 l:;:;:;:;ソハ l. l. |   |    /   |:;:;:;:;:;:;:;
三三三三三\≧: 、: : : : : : :.Ⅹi:i:i:ヘ                `ー7  ヽ. l. |  |  /      `>-イ 
三三三三三三\三\: : : : :. :.Ⅹi:i:∧                /  /   |  l |/       ´    .

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   そして「情報統合思念体」と呼ばれる情報の塊である  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
296: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/19(土) 21:04:51 ID:KfMCQiFY




                 ト-ノヽ--、ノ、_))
  _            ラ´  ミミノヲ、〉ヽく、
ミ/、 ヽ          ノヽゝ ̄ヽ| rY ミ) L
ミ  `'i |          フ ミ\  >」ノL'ヽ ミ
|\__ノノミ,.く´ヽ      ヽ、ミミ三r'´::::::::::|/:ヽ _ __
|   ミ/  `iミ_r==、   ミミ三ラi:::::::::::::::::::::ヾ /    ヽ、
ヽ= ミ/ヽ__ミ/、 ヽ, r'''\   ミr-、 ゝ、::::::::::::::::ヽ __  _ヽ
ミミ ミ/  ミ/  `'i ゙iヽ/ )ミ、r—‐ゝ、ヽ\::::::::::::::ノ:´   >´  ヽ
 ミミ/ヽ ミ/ヽ、__ノ iミ`'ー'´ミ  |ミ   ,.-`'ー--:::::::::::  /    ヽ
 ミ〈   ミ|ヽ_ |ミ、    ミ|ミ  /      \   _|      |
  ミヽ  ミ!   ̄| `ミミミミミミミ \       ノ、 ̄       |
   ミ ミ|    |ミミ、 ミr'⌒ヽ  ミミ、       ヽ          ヽ,
    ミ|、   / `ミ、ミ/\ ミ|    ヽ                    ヽ
     ミ ̄‐ イ  ミ/ヽ、 ミ/     |
       \_ミミ/ヽ  `´イ     ∥ヽ,
          ミ、  ミ/ ノ    //   `ヽ,
           \_|/   //
             `'‐-==''"


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   命の集まりがあれば、いつの時代も争いは必ず起こる

   そしてだれよりも優位に立つべく、生命は「剣」を求める。

   …………だが、1本の「剣」を2本や3本に分けることはできない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
297: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/19(土) 21:05:28 ID:KfMCQiFY


  ,','    .l :::ハ:::::l::| | |ヽ_ヽ     -  ‐'    /l :::l:::|,.i:::: l l          ヽ
  ll     l ::ll :::::l:ヽ_l  ヽ::ヽヽ.,_        /::l ::/:/::::::: l l_          ヽ
  l     .l ::l l ::::l:::::::ヽ l ::::::l::::l::::'::; ._  _.. 'l´_:::l :/:/::::::: /   ' ,_         \
  l     l :l l ::::l::::::::::l lハ :::l::_ ' ̄l     l  ,' /_:_i_:_:_:/     'l          ヽ
  l      l l l :::::l::::::::_l l-‐ヽ::l /-' . . .   ヽi/./  // /'- ._ _. ._ l          ヽ
  .l     ヽi .ヽ:::l_-l .l l   ヾl' ' __ ` ' './/  // / _ - ' _‐ '´ '- _         l
   l      .ヽ >'  l .l l    l‐'´   `'-/    ' .' ,'    ,'     l '- _       l
   `' .,_     /   l l l    l-‐'  ̄ '‐-/    ,' ' '           l  ' ,      l
         /    l l l   .l      /    ,' .,' ,'           ヽ_        l
      _ -' ´    l .l l   .l     /    ,' ,' ,'                   , '
    , '        l, l. l   .l    ./    / / ,'         ____ , - '
   /     l     lヽヽヽ   lz==/   ./ / ,'   _ , - ‐ ' ´
 /      l    .-, ヽ ヽヽ  l l /  , ' , ' , '    /
./        .l  /  l  ヽ ヽ ヽ .l '/ /, '  , '    /
.l     \_   Y    l  lヽ ヽヽl ', '  , '     /
ヽ      ' -_/    l  l  ヽ_ヽl ' , ' l      /
 ヽ       ヽ   /     ヽヽl' /  l     ./
  ヽ       l  l     /i i \      ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   その1本の「剣」はだれが制するのか。

   物語の『ハジマリ』の起因は、広大な宇宙からハジマル…………   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
298: ◆Pqc4e4Eun2:2009/12/19(土) 21:06:05 ID:KfMCQiFY




:;:.; ::;:.../ | \____________________/ .:/
''"'' '} .:.: |:;:;:;::;|        ┌─────┐:.:     :.::|:;:;:;:;  /:.:.:.:..::.
 ̄ロ ̄i |:;:;:;::;|        │     .  :.:.|        |;;,;,,,,,,/\_
:.:.:.  .:l |:;:;:;::;|        │     .  :.:.|        |:;:;:;::;
:.:.:.  .:l |:;:;:;::;|        │     .  :.:.|        |:;:;:;:
___,,,l |:;:;:;::;|        └─────┘    ..: :.::..|:;: / ̄ ̄ヽ / ̄ ̄ヽ
______, |:;:;:;::;|                        .:.:|:;:;. |/ ̄ ̄ヽ  / ̄ ̄ヽ
___  ヽ  / ̄ ̄ ̄ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ  / ̄ ̄ ̄ヽ / ̄ ̄ ̄ヽ,,:;: |/ ̄ ̄ ̄ヽ / ̄ ̄ ̄ヽ,
    ヽ i ./ ̄ ̄ ̄ヽ / ̄ ̄ ̄ヽ|_;:;;|/ ̄ ̄ ̄ヽ / ̄ ̄ ̄ ヽ .::| / ̄ ̄ ̄ヽ / ̄ ̄ ̄ ヽ
 ̄ ̄ ヽ:| / ̄ ̄ ̄ヽ ./ ̄ ̄ ̄ ヽ|:.:.:..|/ ̄ ̄ ̄ヽ / ̄ ̄ ̄ ヽ .:.:| / ̄ ̄ ̄ ヽ / ̄ ̄ ̄ ヽ
    i  :i      Y       i:.:. .i      Y       |.:..;i:|       Y      |
 ̄ ̄ヽ| / ̄ ̄ ̄ ヽ / ̄ ̄ ̄ ヽ,|   .|,/ ̄ ̄ ̄ ヽ / ̄ ̄ ̄ ヽ..:.:i /´ ̄ ̄ ̄ ヽ / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    i i      :Y       i   .i       :Y       |  i       :Y      .:.:.|
   /´ ̄ ̄ ̄ ヽ .:/´ ̄ ̄ ̄ ヽ:|    |./´ ̄ ̄ ̄'ヽ / ̄ ̄ ̄ ヽ | /´ ̄ ̄ ̄ ヽ ./´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   ,i        Y        i    i       :Y       i  |       Y       .:.::.|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   外伝

   『星屑サーチャーズ』   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“やる夫と危険な住民たち 外伝その2「星屑サーチャーズ」前編”の続きを読む

やる夫とやらない夫が聖域を築くようです 第一話「さんくちゅあり」

2009.12.16 (Wed.)
1:名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 22:55:54 ID:0DjnMshc

— 六本木警察署


                              {三三三}
                              |      |
               _ [六]_[本]_ [木]_[警]_[察]_|_[署]_____
           /________________________\
           \┌———————————————————— ┐ /
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| TニニニニT    | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|:{工}: :{工}:|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : : : : : :|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| .|: : : : : : : :|.     | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|: : : : : : : :|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : ☆.: : .:|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| {三三三三三}    | ̄| ̄| | ̄| ̄| .|——┐
             ||_|_| |_|_| ||:::∥:::::∥:::||   |_|_| |_|_| .|    |
       ========================||:::∥:::::∥:::||===========================
      ______________||/ ̄ ̄\jj_______________
       
    
            (ニニ|_|ニニニ()
         /)@=/@= /|~ ̄|| ̄~lヽ     
   ____。_∠(・∀・(´ο`/__|_____||____.|_`,.__  
  8b==@==d8{=.,ニニニ |-警視~|庁 ~|_-━-}          
  .⊂:ニ口ニニニフ_.l O |_|____.|__,i´O`l____.j
    ヽゝ_ノ ̄ ̄ヽゝ__ノ  ヽゝ_フ ̄ .ヽゝ__ノ



     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
   / ⌒         ヽ,     …それじゃあ失礼しますお。
  ( ●)    ⌒     ..i
  i.     ( ●)    .|
 . \(_入_ノ      /
    \______/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

六本木やる夫会 会長 ニュー速でやる夫
2:名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 22:58:29 ID:0DjnMshc
バタンッ>




         _>ー-  -—∧ー- _                   
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/  …駄目だったわね。
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/   六本木やる夫会会長 ニュー速でやる夫
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t—f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

     六本木署 副所長  柊かがみ







      __       /\/\/\/\/\/\/
     i´ `ヽ  /\/\/\/\/\/\/\
      \ \ ゙ソ'´:: ̄ ̄¨:::ー- /_ /\/\/  
       入 > .._:::::::::::::::::::::::::::::::¨丶、'\/\   ええ。 賭博で引っ張ってみましたがね
       i、 テ..,,_ >- ::;;_::::::::::::::::::::::::\ /  簡単に証拠をつかませるタマじゃあありません。
         ヽトrtォ-、ン¨Tキ= ¨ ー-- ::;;___l     
         / ¨ ̄ `ヽミジ'´ヽー-- ..__  ̄  それに副所長は着任したばかりでご存知ないでしょうが
       r.' 、/ヽ    ヒ/,.イリ/  ヽl  \  . 奴ァ、れっきとした暴力団の組長なのに前科ゼロの真ッ白ときてる…
         ヽ ノ  ',     r__ノ l  l ',\ 、  
        ヽ-、 i    / / / l. l  V \ヽ 
         ,F-' l   /   i i / l l ', \\ …掴めねぇ奴ですよホントに。
         ソ      /    ヾl 、 i  ヽ \ 
        人_,.. -‐ エ --====ヽリ / ヽ.\  
,. -─==‐-==ニ二 ̄::::::::::::::::::::::::::l ハ 、、 i ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ l} iヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ\

     六本木署 課長  スピードワゴン
4:名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 23:02:46 ID:0DjnMshc
           _____        __
          `ヽ、: : :`:=:=-.、__,}::`:ヽ:ー::‐::‐-:.、_
          --‐‐>:'´: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /:. : : : : : : : ;': :;|: : : : : : \: : : :ヽ: : :ハ
           /::,ィ ': : ;': : : :.:/: :/|∨: : :i:.: : :ヘ:: : : :ヘ: : :}ィ:ヘ、
         ///: : : :/: : : :/: :/ | ∨: ::ト、: : : :ヘ:: : : ハ:/::::r、::\
        '"  j: : : /: : : :/|-/‐' | ∨::|ーヽ:‐': :|:: : : :|:::::::|::|:::::::;〉  傷の無いヤクザ…か…
              |: : :/: : : :/._|:/__、 |  ヽ:| ,__ ∨:.:|:.: :|、:|::_::」::|:/
          |: : :j: : : :ハ マャ==ォ、    ,ォ===ァ∨: : :|::` :|: : :|
          |: :/|: : :/::ハ 弋zク    弋z;ク, ∨: :|、::.:|: : :|
          |:/ |:.:/:i::::::} "   ,      j´|´|ヽ:|ノ::/:: : :|
          '"  |/: :|::::::i:、    -‐' _r‐'´ ,ノ:: : :;/:i::. : :|
             | :::|:::::|:::::;>‐-r-.::/´`ヽィ'´:: : :;/: ::|::.: : |
             | :::|:::::|:::/" {-、 〈" .‐-{::: :;/ヽ、:|:: : : |
             | :::|:: :l:/ ヽ `‐-‐{     〉:/   }:|:: : : |
             |: :::|:.:/   :}    〈     {´    |::|:.: : :|
             |: :::!/   ::|  '" |    〉'"   {::|::.: : :|
             |: ::〈   ::/|    }     i::..    |::|::.: : :|
3:名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 22:58:32 ID:R1ulDZo2
さ、サンクチュアリだと!?


いいぞ>>1

“やる夫とやらない夫が聖域を築くようです 第一話「さんくちゅあり」”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 第9話 決着編

2009.11.17 (Tue.)
402:名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 14:08:51 ID:Xc.GMsrE
なんか面白かったからこのままベジータ編のまま最後までいってもいいや
403:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/15(日) 15:42:02 ID:RFMtX8a6
>>402
ないです、ハイ

なんかできちゃったので16:00から投下します
404:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/15(日) 16:00:50 ID:RFMtX8a6


【前回までのあらすじ】




             │
             │
             │
             │
             (   
           _/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
             ノ●  ←ハイエロファントグリーン     


      絶             対


━━━━━━━┓    ┏━━━━━━━━           血気盛んな王子はスタンド使いに戦いを挑むが
.          ┃    ┃
.          ┃    ┃                      なんやかんやで、まさかの大ピンチ!
.          ┃    ┃
.          ┃    ┃                      絶体絶命の王子は逆転の策を思いつくことができるのだろうか?         
.          ┃    ┃
.          ┃ヽ○丿┃←ベジータ                がんばれ王子!あんた本当はかっこいいんだぞ!          
.          ┃ヘ/  .┃
.          ┃ノ   .┃                      
.          ┃    ┃
.          ┃    ┃
.          ┃    ┃
.          ┃    ┃
━━━━━━━┛    ┗━━━━━━━━


..     絶               命

           
           ○
           く|)    ←ポルナレフ
            〉\  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“やる夫と危険な住民たち 第9話 決着編”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 第9話 後編

2009.11.15 (Sun.)
286:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/13(金) 21:22:41 ID:tGNA3PKk
明日の土曜日・21:00に投下予定です
287:名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 23:25:53 ID:O1/AMoTg
乙です
288:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/14(土) 21:01:22 ID:esm.fxH.
投下します
289:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/14(土) 21:02:01 ID:esm.fxH.

【前回までのあらすじ】





       謎の男A                                      謎の男B      
         ↓                                          ↓ 

       !:\i:\                                        / ̄`'〜ヽ        
      、_ゝ::::::::::ヽ/!                                     )/ノ^^ハミ         
      ヽ:::::/´Yヽ:ノ ジー                                 ζ( ゚Д゚ ル ジー       
    ,_∠C゚ Д゚) __、                                   , -|~ll〈i_`l,.        
    ヽ|_|_|`ヽ__Y__ノ|_|_|ノ                                  ,〃::::。::::: ヽ:::ヽ.      
     /:::/ヽ、_目_ノ ヽ:::!                                  , -. '::i : ::。:::::::!::::ヽノ  _    
    i ̄i /:::::::::::::\i ̄i                        |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |,ニヽ 
    | u )(:::::/⌒ヽ::::) uノ                        |    〇        〇      |  i| 
    i_ノ))i ̄i  i ̄ノ((/                           .| ()       〇        ()  | // 
       i__ > <__i                              !     〇     ○       !-' '  
       |_ノ   ヽi                             ヽ (.)            (.)   ,'    
                                            ヽ                , '     
                                           ` ———————— ´



                          犬
                          ↓

                        υ_⌒_ゝ
                       γ' (Å) 
                       υυUU 




…………まぁ、ひと悶着あって今はこんな感じなのだ!

このスレ始まって以来の大激闘の予感!でも死人は出さないでね♪

“やる夫と危険な住民たち 第9話 後編”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 第9話 前編

2009.11.12 (Thu.)
157:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/08(日) 19:07:55 ID:5AEzTtoE
次回の投下は明日・明後日・明々後日(月曜・火曜・水曜)のどれか、21:00です
わりとツンデレ王子が活躍しそうです
158:名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 20:00:58 ID:zXZNV0/I
おk
159:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/11(水) 21:02:31 ID:jrIyfckg
はじまるよ
160:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/11(水) 21:03:08 ID:jrIyfckg



                |:::::::::::::::::::::::|
                |:::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  \      |=========  Eight Twenty ====
_____________\__|_______________
                |:::::::::::::::::::::::|    |
                |:::::::::::::::::::::::|    |_____________
_________________,|__ ::::::::::::::::::|    |     \ \  ||   \ \
|  ||————||  ||————|| ::::::::::::::::|    |       \ \||     \ \
|  ||..[][][][][]. ||  ||...[][][][][] || ::::::::::::::::|    |         \ ||      \ \
|  || ・・・・・・ ||  || ooooo.|| ::::::::::::::::|    |            ||        \
|  ||..[][][][][]. ||  ||     ロ|| ::::::::::::::::|    |            ||
|  || lニニl ロ,||  ||  lニ ∧ ∧ ::::::::::: |    |            ||
|  ||□□□□||  || ~~・━(∀゚*,) _____|__|______||_______
|≡||========||≡||=== ヽ|   |)  l≡l                 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  )〜|  |                 ∧_∧
                   し`J  .|  |               サミィ  (・∀・#,)
                        ̄ ̄                ( -と )
                                         Y  人
                                        (__)__) ))

        ヒュォ〜
________________________________
________________________________
            .;           :''        :            ;


   秋は通り過ぎ、季節はもう冬

   寒がりな方もそうでない方も、暖房が欠かせない今日この頃…………
161:英智さん ◆Pqc4e4Eun2:2009/11/11(水) 21:03:46 ID:jrIyfckg


<暇荘 03号室>


      , '/,; 'il|   , ' /,l|__________________________
      // .||| ///|.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |'/   .,!l' //,l| |.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |   //// || |.|
  | | |.0 ////  || |.|      ┌‐‐l]‐┐
  | | |///,'l|.    || |.|         .| ::.。゚o.: | .__
_| | |/// ||.    || |.|      │ ,;γ │| 7 |
 ̄| | |// ..|||.    || |.|      └——┘|;;;;;;;;;;|
 ̄| | |/   |||.    || |.|              |''''''''''|
  | | |     |||.    || |.|             ̄ ̄                  .┌┐____
  | | |     |||   0|| |.|                             /└┘(二),/|
  | | |     |||.    || |.|                             |[二二二二]| |
  | | |     |||.    || |.|                             ||______.|| |
  | | |     |||    ,|| |.|                             ||______.|| |
  | | |◎   |||  /,||_|,l____________________||______.|| |
  | | |     ||| //                                  .|[二二二二]|/
  | | |     ||' /
  | | |   //
  | | |  //            ________________
  | | |//            /                      /l
_| | |/           ./                      //l!
/| | |.            /                      // ~
  | l/           .l二二二二二二二二二二二二二二二二l/
/~              |__|,!                      |__|,!

“やる夫と危険な住民たち 第9話 前編”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.