2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:ステラ・ルーシェ の記事一覧

やる夫が正史を書くようです おまけ「蒋琬のその後と魯粛のあの頃」

2012.04.24 (Tue.)
404 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:45:29.29 ID:Ioh/wXAo


                                             ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                            |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                            |/\/ ̄     --Ⅵー|  
                                            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
   これから諸事情で没にした前回の内容を投下します。         .|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
                                            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
   よろしければお付き合いください                      |::ゝi: i│       /:::i:::|  
                                            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
                                            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
                                            | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
                                            |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                            |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 中編のあとに投下された、おまけです。

405 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:46:41.64 ID:Ioh/wXAo
【おまけ】

                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       諸葛亮の死後、蒋琬が大将軍・録尚諸事となり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       蜀の実権を握った事は先に述べた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
406 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:48:46.97 ID:Ioh/wXAo
【紀元235年頃 蜀首都 成都】

               _. ─  ´ ̄ ̄ ̄  ー 、
              / ̄                   \
               /                     ヽ
           / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     ',
            ,′!               |    |
.            j |   _________.」     |
          |<千 ̄_/|: :人: :|ヽ_,.斗<: : :\  |
          | ∠:/ソ _≧ュ、 \| ´_.二、∨l: : :ト_>|
          |  /!:トイfてハ     fてハV从 j     |
          | ./: :小弋_.ノ      弋_ソ´ ノ: ハ    |      姜維が丞相の後継者!?
          | l: : : |       '        |: .|ノ!    |
         / j: : l人   ┌ ─‐ 、     |: :|: ヘ.   |      .そんなふざけた幻想は私がぶち殺すんだよ!!
          / /: :/{ :lへ、 レ   ノ    イl: :|: :∧  |
           | ,': :/: | :|: : > 、  ̄ _. イrヽ|: :| : : ハ   \
          〃: /: :_! :ト'´ト、   `チ   _ノ  |: :ト-、ハ    \
         /〈 /: /ミ|:..|ヘ  \f⌒ヽ/  |リ  ミl|     |
          ! /: /l |:| \   \/   /仏   | ト、    ト、
.        | {: /⌒Vヽー-へ、 ∧  / /´/ ̄ ヽ 「 \ /  ヽ
.        ト、〈  ⌒ヽ}\  /人V   しl⌒   〉    Y    \
         ノ  ヘ   ⌒l/\\∧Y∧// l⌒   ハ   l       \
.     / //\_フ   \ ∨ /   匸__ノ |\ |       \)
     ( /  |   7     |\|/|     \ | ∨|        \

               蜀 大将軍 蒋琬

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .『三国志』『蒋琬伝』によれば、諸葛亮は劉禅に対し、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       何かあった際には蒋琬に後事を任せるよう上奏している。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .そこには、楊儀はおろか費禕の名もない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
407 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:50:07.81 ID:Ioh/wXAo

              ___
             /、____\
            / |::::::::::::::::::::::| 〉
         r‐'、_ノ 厶:-v、‐:v=イゝ xく)
            T⌒\ |:l '⌒  ⌒Yレく:::∧
         |::::::::/ 从" 「  フ ノ:|  }::::::〉    もちろん食べたぶんだけお仕事はしてるんだよ!
          \/  }:}>rz< }:! __j/
           /V:\_i/ V|V j丁\
            ∨レヘ:八 /::∧ {:ノ/
              /  /::∧:ヘ ∨                          _   .     _
               /  /::/  '::::. '.                    ,. '"´ ̄ .  ̄`゙ヾ´ ̄ . ̄`゙ヽ、
           /  /::/   :';:::. '、                   / .  . . .. ..:.:.:::;:;:;;;:.:..   . . .:.:;:ヽ、   
            /  /::/    ';:::. ヽ                / .  .    . ...:.:.::::;:;:;;;;,:.:.. .   . ..:.::;:;、   
             /  /::/       ';:::.  ヽ                 i       . . ...:.:..:;:;;;;;;:.:..  .. ..:.::;:;;i   
.         /{. /::/       :';:::.             ;'⌒ヾ__( .    . ..:.:.::::;:;:;;;;;;;:.:.. . . ..:.::;:;;!'⌒ヽ   
.         \ /::/        ';:ヘ.  〉           '、     .::`;  .  . ..:.::::;:;:;;;;;;;;:.:.  . . .:.::;:;;i . .::;i   
          ー─-、______j_;;j/            ;'   ..:.:.:::;ノ⌒   . ..:.:.::::::;:;:;;;;;;;;:.:.. . . ...::;:;;;!  `!   
                                  、_ ,.イ ̄ ̄(    .. ..:.:.::::;:;:;;;;;;;;:.:..    ..:.:.:;:;;i、 _;:ノ   
                                      !  .  .   . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:.:..  .. ..:.:.::;:;:;;!   
                                     '、   . . ...:.:.:.:.:::::.:;;;;;;;;:.:.. .. ..:.:.:.;:;;;/   
                                         ヽ. .. ..:.:.:.::::.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;::.:.... .:.:.:.:::;:;:;;;〆   
                                       ヽ、::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:.'"、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;: '   
                                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄   

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      しかし、諸葛亮の眼力の正しさはその死後に証明される。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       諸葛亮の死後、蒋琬は大将軍としてトップに立ったが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       それに関して喜ぶ事も悲しむ事もなかったという。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          彼は大将軍になったからといって、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          態度を変えるような真似はしなかったのだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです おまけ「蒋琬のその後と魯粛のあの頃」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が正史を書くようです 番外編「三国時代の経済事情」

2012.03.12 (Mon.)
16 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:00:49.26 ID:XFMBAeMo

__,, -‐'"                          \_
____________                  ~"'ー、_
::::::::::::::::::::::::::::::::/ l  |  |  ∧ヽ、_                    ~"'ー、_
:::::::::::::::::::::::::::::::|./l ∧ ヘ ̄|~"T.ト、\__                    ~
"'‐、::::::::::::::::::::::|.lヽ | l\ l/i ̄ヘ l ヽ lヽ`イ ̄lヘ,Tト-、_
   ~''-、:::::::::::::::` ヘl ` |ヽpノl `  ``  pノl /ヘ! ∧ T-、_  _,,,, -―‐'"
        ~''ー―''"~'| |  l __ ̄    ,    ̄〃l /| ヽl   ̄
            ヽlヽ_>'::::ヽ    __   ‐'!:::''<レ
                く"~:::::::::::::|、_   '  _//:::::::::::::::~>  .   読者の皆様は三国時代の経済事情に  
              ヽ:::::::::::::::ヽ!、T'ー-‐"|/l'/:::::::::::::::::/  .   興味はおありだろうか?
                  ヽ:::::::::::::::∀    ト/::::::::::::::/        
                __> -、_\  /_/::::::::ヒ'_     今回の番外編は視点を変え、
              /::::::::::::~"::::|:::::::::`l-‐r'":::::|:::-':::::::::::::'-    .三国時代の経済事情について見ていこう
            /   :::::::::::::::::::~"フ"/Tヘヘ''"~::::::::::::::::::  ヽ
17 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:02:35.60 ID:XFMBAeMo

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ   .  陳寿という歴史家は、
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`               当時の経済事情を『三国志』に書かなかった。
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ        .    『三国志』に先行する史書、『史記』と『漢書』には、
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ            それぞれ『貨殖列伝』『貨殖伝』という、
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l          . 該当する箇所があるにも関わらずである。
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、         
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.          いや、書かなかったと言うより、
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      .   書けなかったと言った方が良いのかもしれない。
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ      それだけ三国時代は混乱した時代だった
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

やる夫が正史を書くようです 第十六回の後に投下された番外編です。

18 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:03:33.06 ID:XFMBAeMo
【某年某月 晋首都 洛陽 陳寿の家】


        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    / ̄ ̄\                   ____     
   /   _ノ  \              /      \    
   |    ( ●)(●)           /─    ─  \       
.   |     (__人__)           / (●) (●)    \   ……というわけで番外編だお。
   |     ` ⌒´ノ            |   (__人__)       |     
.   |         } ∫∬       \   `⌒´     _/   でも、三国時代の経済事情なんて、
    ヽ        }  i.⌒i       ノ           \    何を話せばいいんだお?
     ヽ     ノ   kニ l   (⌒二              | 
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´     |  | 
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ     |  |      うーん。考えてみたら『三国志』の登場人物で
.     |     /        〈〉        ヽ     |  |      屯田で食糧増産に貢献した人はいても、
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ     |  |      経済面で活躍した人はあまりいないんですよね
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞー(⌒ ノ 
19 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:04:50.93 ID:XFMBAeMo

                        ,.        /
                   /,.. .:-ニ''"__ _    /
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::` _ ,'.
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::__l
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、l
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::l
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::l   国家の急務は『農業』と『軍事』です。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.   軍兵が強ければ戦争には勝ちますが、
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、:::::::::   農業こそ勝利の基本ですからね
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ

魏 将軍 鄧艾

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  例えば、魏の鄧艾はこんな言葉を残しています。
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         
 |      (__人__) /;;/         
 .|        ノ l;;,´           この発言に代表されるように、乱世は食料面と軍事面が優先され、
  |     ∩ ノ)━・'           経済関係の事柄は後回しにされがちです。
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            曹操も真っ先に食糧問題に着手し、屯田制を布いており、
\  “ /___|  |             逆に経済面、とりわけ貨幣の問題に着手するのは後年の事になります
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
20 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:07:28.31 ID:XFMBAeMo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \           そのため、三国時代初期の経済状況は破綻状態、
 |    ( ー)(ー)          とりわけお金、貨幣に対する信頼性はガタガタに落ちていました。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ         .早い話、当時流通していた漢王朝の貨幣では、
.  |       nl^l^l        まともに買い物ができなかったんです。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く          .発行元の漢王朝が衰退して、まともな貨幣を発行できずに貨幣価値自体も暴落。
   /     ヽ \        お金で兵糧を取引する事すら難しかったようですね


                                                     ____
                                                    /      \
                                                   / ⌒  ⌒   \
  KO●Iの『三国志』シリーズだと当たり前のようにお金⇔兵糧だけど、    /  (ー) (ー) /^ヽ
  それが無理だと物々交換でもするのかお?                    |   (__人__)( /   〉|
                                                \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                              ―――――――― \ _ _ _ )
21 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:08:22.74 ID:XFMBAeMo

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     それに近いですね。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/       まず、何故そんな状態に陥ったのかを説明していきましょう
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/            
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

“やる夫が正史を書くようです 番外編「三国時代の経済事情」”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編

2012.03.09 (Fri.)
393 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:26:13.54 ID:5BSHnP.o

          __ ,..-- 、
         「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
        /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
          /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
         //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
       //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
       //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
     //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
      //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
    イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
   / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''  「やる夫が正史を書くようです」
   '  |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/   第十五回後編ですわ。
  '   |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
 ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
/     |   / ハ ゝニ、、           ==、j|ノイ / ' / / /    !    ゆるりと参りましょう
   / | |  ! / . ヘ `冖''                レ'  / / / /    l
  /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
  ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
/      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
       V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |

やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編の続きです。

394 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:27:48.05 ID:5BSHnP.o

                       / ̄ ̄\
                     /   _ノ  \
                     |    ( ー)(ー)
                        |     (__人__)
                     /     ` ⌒´ノ
                   /  ヽ ⊂二二 ̄\
                 /     \  ⊂、'    ヽ
                /        \_, `7  /    とりあえず五石散は没収だろ。
               /    へ     \ !/  /     手間暇割いて説明してやってんだから、
               |      \    Υ  /      常識的に聴くように……
               |        \     /\
               |        / \__/.,,_r ヽ、
               /      _,,__|'"´      レi  }
              |   `'"´   `¨ー、     /ノノ
              |            }ィ    ´/
         / ⌒`^\___,,.._7     / /   , '      ごめんだお……
        /,, / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ {    / /  /
.       /,//::    #   メ \!   / /  f:        それはそうと……
       ;/⌒'":::.. #          /   / (    ヽ、
      /  /、:::::...      メ    /   {,_ `ヽ、__,,ゝ
      ( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`(_    `¨つ
..  ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノ─ ¨ー-'":
395 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:29:17.85 ID:5BSHnP.o

━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛   
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.      なんで曹丕は孫権を簡単に信じ込んだんだお?
|   (__/      ̄ヽ__) /       .孫権が信用できないなんて、とっくの昔に分かってるのに?
 \  /´    ___/         
   \|        \           あんなに疑り深そうな曹丕が……
   /|´        |


                                                  / ̄ ̄\
                                                /  _ノ ,ヽ\
                                                |   ( ●)(●)
                                          . \    |     (__人__)
  「孫権を舐めていた」としか答えようがないですね。            .\  .|     ` ⌒ノ
                                             . \ ヽ       }
  曹操が死んだ時点で、孫権は一応恭順の意を示していました。        \_,ゝ     ノ
  よもや孫権がここから反逆する事はないと考えたのでしょう。        /, r、    く
                                              / 〈  \    i
                                              . ヽ、 .ヽ   \ i..|
  何を馬鹿なと言われるかもしれませんが、                     .て_)   \ノ
  そんな曹丕の甘い認識を示す出来事を紹介しましょう                    \
                                                         \
                                                           \
396 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:30:46.24 ID:5BSHnP.o
【紀元220年夏頃 漢 冀州 鄴】

               , --──-、
           ., イ /      ヘ  ト 、
            i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
              ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
             . | ヽ ' _ ` イ        樊城と襄陽には穀物の備蓄がありません。
                l l  ´=` l     
             . ノ  ヽ _,、__ノ        孫権が攻撃してきた場合に備え、宛に拠点を移されてはどうでしょう?
      _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、       
     /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
    丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、                   , -──- 、
   . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!                  , -'、        `ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|               /            ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::                l l  fヽ/| l i 、   ヽ ヽ l
                                           | |  |``"| ||| __l_l | ||  
                                           | | イ⌒ヽヽヾト、|ヽ`ト ||  
                                           | |  レ==ミヽヽシ==ミ| ||  
                                           | |  |''''        ''''| ||  
                                           | |  |、   l  ̄l   ,イ ||  
      いいアイデアね。さっそく実行しましょう!!          .| |  | \ ヽ ノ / |  | |  
                                            | |  | | r〕、ー イ、 l |  l|  
                                          | | ノ-'〈::::::::><::::::::〉`l|  ||  
                                          ,r:i| l|゚:::::ヽ,イ_>、/::::゚||  |::ヽ  
                                          /:::l| l|::::::::::::/〈j ヽ::::::::l| i,|::::::l,  
                                         / ::::l| ト、:::::::::l  i |:::::::ノ| リ::::::::l,  
魏王 曹丕(字:子桓)

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\           
 /   _ノ  \         .     曹丕が魏王になった頃、孟達が帰順する以前の事です。
 |    ( ●)(●)        
. |     (__人__)     .        
  |     ` ⌒´ノ.              当時、荊州の州都を樊城攻防戦で荒廃した襄陽から、
.  |         }.              荊州北部の要衝、宛に移そうという話が持ち上がりました
.  ヽ        }.        .
   ヽ     ノ         

───────────────────────────────────────────────
397 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:32:39.75 ID:5BSHnP.o
【荊州北部略図】
                                    宛
                                    ○││
                                      ││
                                     /./
                                    ││
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  ∧∧∧∧∧∧∧    ././
 ________________________    ∧∧∧∧∧∧∧       ././ ○新野/./  
 ______________________ \     ∧∧∧∧         ││     /./
           .\ \                  .││ ../~~./
             \ \                ││/./~~
  ○上庸 ∧∧∧∧ .\ \_____________    樊城  .│ ~~/
                \_____________ \_______○ ../ /~               ○ :都市・地名
   ∧∧∧                \________ \/ /
       ○房陵 ∧∧∧∧∧∧∧     ○\ ...|
                          襄陽 |  |漢
       ∧∧∧∧∧∧∧∧           .|  |
     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧        |  |
                              \ \水
                                \ \



───────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \
  /  ─    ─\            襄陽周辺の地図だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |           この一帯は地味に漢中にも通じたりする交通の要衝。
./     ∩ノ ⊃  /           .人口も多くて、荊州の中心地と言えるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |            だから樊城攻防戦の時は、魏軍が必死に防衛したんだお
  \ /___ /

───────────────────────────────────────────────
398 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:33:50.87 ID:5BSHnP.o

 ____
:::::r乞ト.::::`丶、
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x
li | il  |il l | ト《_八_》
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |           孫権は関羽を破ったばかり、攻めて来るとは思えませんわ。
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |
l l| ハl | l斗fT7从i|l |           ですが、襄陽は水陸両面における要衝……
       ◯  /l|ilil|           対孫権のためにも放棄すべきではありません
        'il |lil||
       / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::Ⅵ三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄

魏 文官 司馬懿(字:仲達)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
                                     !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
                                     !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
                                     !  l ! ! !  l              `、__.!      !
   は?                              !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      !
                                    !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_
   宛に移れって?                       !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
                                  _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
   関羽が攻めて来た時でも放棄しなかったのに  .< 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
   どうしてそうなるのかしら?              `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
                                   l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
                                   !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
   まあ命令なら従うけど……                !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
                                     !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
                                   i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
魏 将軍 曹仁(字:子孝)
399 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:35:15.01 ID:5BSHnP.o

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)           襄陽・樊城の破却命令は司馬懿の反対にも関わらず実行され、
     |     ` ⌒´ノ      .     曹仁は襄陽・樊城を焼き払って兵とともに宛に移りました。
       |         } \         
     /ヽ       }  \        この一件は当然孫権の耳に入ります。
   /   ヽ、____ノ     )       ここで孫権は常識的に考えたでしょう。
  /        .   | _/       
 |         / ̄ ̄(_)        
  \   \ /| JJJ (                   『誰もいないなら私が頂こう』と……
   \  /   /⊂_)


                                                  ____
                                                /      \
                                               /   _ノ ヽ、_.\
                                             /    (●)  (●) \
   ま、そうなるに決まってるお。                        |       (__人__)    |
                                             /     ∩ノ ⊃  /
   孫権だし無理もねーお                             (  \ / _ノ |  |
                                             .\ “  /__|  |
                                               \ /___ /
400 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:36:25.11 ID:5BSHnP.o
【紀元220年秋頃 漢 荊州】

'                            \
                             ヽ
                              i
          /l          , ィ         i
        / /‐', .ハ    ,   //-l ,.      ' l
        /リz=ヽl l  ./l  .//=,,リ' |     .,' i     思わぬ収穫だ!
  , l    , l〃r'``}ミ' | / リ,/イ'`,}㍉,|     / i/
,リ' リi  , ' | l!! .ト-'´::i,.  l/    .ト-'::i! ソ    /        金銀財宝より人手の方が手に入りにくいからな!!
  ト, ', l  i!.l ‐ゝ─┴  '   、ゝ─┴/ ,ィ   /
  .l ヽl  |`          '   /イ/  人
  ヽi   l        ____     ノ' ハ |ヽ、
i   ハ   .ト、      i    V   , ,'-Y ̄V´  /`ヽ,
 ! l::`、  l  ヽ     \ _/  /_,i  |  .|  l  r'‐ 
` l .ト::::::',  l``─-> 、   ‐  ∠{ ,.,.!_.人_,人_,.'`‐' 
ヽヽト、ヽヽ .l::::::::::::::::::::::::ヽ -- '::::::::/            
 ヽ  ` - ヽ.l─-----------二/

漢 荊州牧 孫権(字:仲謀)

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\                
 /   _ノ  \         .     そういう考え方をする孫権の事です。
 |    ( ●)(●)             
. |     (__人__)     .        当然彼は襄陽方面に兵を派遣し、
  |     ` ⌒´ノ.      .       付近の民草を残らず呉へ移住させようと試みます。
.  |         }.              
.  ヽ        }.        .      そもそも襄陽方面への出兵は、
   ヽ     ノ               呂蒙も考えていたらしく、予定の範囲内ではあったのでしょう

───────────────────────────────────────────────
401 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:38:43.23 ID:5BSHnP.o
【紀元220年秋頃 漢 冀州 鄴】

        ,. -───- 、    
     r-‐'´          \  
     |  |ヽrl l 、  、 ヽ、 ヽ 
     |  |   | !ヽヽ ヾヽ l   l 
     ト-|---ヾ ヽヾー‐l┼ |  |
     | ≡≡≡  ≡≡≡ |  |
      |  |            | |  |     どうしてこうなった……    
.    |  {    __     | |.  |  
    |   |`ー-.,二` ,, -‐'::! |   |  
    |  ノ  ∨ヾ厂ヾ=シ::l |ヽ  l                        __  _, -‐―‐- 、  
     | /   {::::V7Tレ'::::/ /::::ト/\|                     ∠-ァ―`   /    ヽー、
    |/    〉::::|'ブ::::::/ノ´_:::}                          // /イノ^{-ヽ七ヾ \ \
       /ヾ´l/`>ベイ\ー}                 .        {八ィ三彡 三三三 ルい  ⌒`ヘ/ヽ-‐ァ
       >'  | `^´ l  ヽ  ノ                          ン.{   _    ´/ ̄> `ー'\~^ーゝ
      `ヽ,ムL___|!__ヽ Y′   だから言ったのよ。 .         / /{  \_j    / / r< ___メ ̄ヽフ
        | ,イ /  `ー┘                        //| ゝ _     / /∠ヘ/   ヽ  乂
        `′ー′         追い出してきてあげるわ。     ´  |{   i≧z‐ァヘ(/>       _ン/
                     『革命』の前祝いよ!!         レ\N{>'´〈/-/了〕   弋/\/
                                               /   /7/    ∧  \
                                              厶 \/ |└――,―=ォ―┘
                                                `ー^>j__/  \\
                                                   了  ヽ>   o ヽヽ

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\           
 /   _ノ  \         .     この知らせを受けた曹丕は慌てて曹仁と徐晃を迎撃に出します。
 |    ( ●)(●)        
. |     (__人__)     .        曹仁らは孫権軍から襄陽を奪い返しましたが、
  |     ` ⌒´ノ.              時すでに遅く、襄陽周辺の蛮族や民草は南に移住させられた後でした。
.  |         }.        
.  ヽ        }.        .      おおよそ魏にとって不名誉な話であり、
   ヽ     ノ               時期が時期だけに表ざたにはなりませんでしたが……

───────────────────────────────────────────────
402 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:40:10.53 ID:5BSHnP.o

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \      これじゃあ曹丕がただの馬鹿に見えるお?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   .   樊城と襄陽から撤退して孫権に奪われたら、
(  \ / _ノ |  |    .   なんのための樊城攻防戦だったのかということになるし……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
     曹丕の経験・認識不足でしょうね。                      (          |
                                                 {          |
     一方の孫権も刺激しすぎたと思ったのか、                 ⊂ ヽ∩     く
     この一件以降は再び魏への接近を強めます。               | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
     それは先に述べたとおりですが……                     ヽ、 __\_/

403 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:41:46.79 ID:5BSHnP.o

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ         もうひとつ。
. |  (__人__)..|  /          
  |   ` ⌒´ リ  ヒ         孟達の話の時にふれましたが、曹丕はこう考える人でした。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ     
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l       『無闇に兵馬を動かさずに相手を降伏させる方が良い』
   /〈  `ー〈::....ノ   V     
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //   .   だからこそ、孫権の帰順を期待していたのでしょう
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一
404 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:43:23.07 ID:5BSHnP.o

                                         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                                .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
  しかし、彼の孫権への期待は完全に裏切られた。      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
                                      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
                                      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
  そろそろ本題に戻ろう。                     j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
                                         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
  孫権の不穏な動きに業を煮やした曹丕は             ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
  大軍をもって呉を攻撃する事を決意する               `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
                                            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
                                            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                            \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                              , '´/ノ      L、 /
                                               ,.-'   | ___._   | `ー、
                                         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_

“やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編

2012.03.09 (Fri.)
104 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:00:35.76 ID:SeE/U9co

                   /,二
         -───-  _ /
     .  ´             ヽ    i
   /               ',     l       「やる夫が正史を書くようです」第十五回中編だ。
.   /                   }    |
  /ィ     ,  . : : : :/:, : : . : : :、   |
  / ,   , . ! . : :_:/_ム:ムイ: : :! : : ヽ、_j       始めに断っておくが今回の内容は、
  l :{   . :l: :从l、: /l/iひ小 : : !}: : : :__j       「やる夫が正史を書くようです」第五回と重複する部分が多い。
  |八 \lVにムV   ヾソ|: : :lハ/  |       正確には第五回後半の内容に+αと言った所だな。
    l、: :ト、 ヾソ ,      |/l/ /    |       
    | \|:ハ    _  /   i  i┐|      
    |/lイ 、`マた¬≦}     {  | | |       後、話の内容が以前と違う箇所もある。
.      |/V\{  \ {\__人 } }|       リメイクと言うのか? 今流行っているんだろう? 
            ヽ  トi`マ´  \ `Lj |
             ゙ー{_{_厶     \_   |
               ヽ\_      ̄|       とにかく楽しんでもらえれば幸いだ!
                  `ー==━┘
107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/12(月) 21:06:44.64 ID:KhN9ex6o
お、始まった!

やる夫が正史を書くようです 第十五回 前編の続きです。

105 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:02:26.62 ID:SeE/U9co
【紀元221年夏 漢 益州 成都】
                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \      . 
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー .    
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    .   こうして劉備は東征、夷陵の戦いに向けて突き進んでいく。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  .    
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   .   .ところが劉備の意図に対して、かなりの数の配下が反対に回っていた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    .   
    `ヘ:ゝ    .'    小/        . 
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
106 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:04:23.95 ID:SeE/U9co

    ‐- 、   _ -‐':::::/   , -‐  ´ ̄ ̄ ̄  ̄`` ‐- _ \::::::::\`ヽ‐‐─‐‐‐、
   i  〈`ヽ卜 /:::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::ヽ_\::::::::ヽi⌒ 〉   i
   i   ー- ∟/:::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::`ヽ::::::::、ヽー、,   ノ
   { _ - <´ / ;:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::;; ヽ  \/
   >    / ;;:;:/.::::::::::::/::::::|::::i::::::::::::::l::::i::::::::::::::::::::::::\::::ヽ:::::::::::::::::::;;i i\__、\
  λ 冫  /  /    /.......l.....{............'......:'....\...................ヽ  ヽ     |  |     〉
 /  〉/   {  l  .:::::::::::|::::::∧:::::l::::::::::::::'::::::ヾ::::::\:::::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::.....| ;;l   ∧ミ、
 | / \__/l ...:l:::::::::::::::::|:::::/ レ:::: ト::::::::::::::'::::::ヽ::::::::::\::::::::::: ヘ::::::::|::::::::::::::}::;; ト,  /::::ヽ |
  {::::::/ /::::l::::::|::::::::\::::|::::/  l.:.ハ:::::::::::::,::::::::\::::::::::\:::::::::ヘ, ー´ ̄::::::|::::::ハ~~\::::ハl
  {::::/ /:::::::l::::::|::::::::::::::\::l   l:::l ヽ::::::::::,::::ハ::ヽ、::::::::::::\/ヘ::::|:::::::::::l::::::::::|   l:::::}
  |::〈 /:::::::::l::::::|::::::::::::::::∧l\  l:::'  \:::::::::::ヘ\ \::::/"::::} ヘ::|:::::::::l::::::::::::|  入:}   ぐぬぬぬ……
  |::::ヽ:::::::::::::l:::::|::::::::::::::/ リ  \,_::i_,、 \:::::::::ヘ ヽ乂 :::::::::::}   〉|::::::::l:::::::::::::レ´:::::::|
  l::::∧::::::::::::::l.:| ヽ::::::::i 彡毛三≡ッル     \`ー ィ ≦三毛リミョノ::::::::/:::::::::::::::::::::ハ::::::|
  l:::ハ::::::::::::::::|::::'::\::::i <"弋__案ツゝ      \::::〈弋__案八ィリ::::::::::/:::::::::::::i::::::::/ i:::|   
  ツノ ヘ::::::::::::::::|::::::::::\li  、 乂彡"        ヽ゛ ≦彡 〟/::::/::::::::::::::i:::::::/  i:|
  リ  \::::::´~|::::::::::::::\   ;;; ;;;;           ;;;; ;;;;   //;;;;::::::::::::,ーi::::::/    il   
     / ̄/  l:::::::::::::::.::|ヽ、        .:i         / /;;::::::::::::::::/   `ヽ リ .  
    i   l  l::::::::::::::::::ト _                    /;;::::::::::::::::/      /
    i   l  从::::::::::::::::::::ゝ_    ⊂=ー....´⊃    ≦/::::::∧:::::::/     /|
    人   l  /ヾ::::::::::::::::::::ヽ> ,,, _  、、 _   <  /:::::::/ 乂/        }
   /  \ l    乂 ::::人::::::ヽ    ≧≦       ノ::::::/   リ        l

蜀 皇帝 劉備(字:玄徳)
108 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:07:00.95 ID:SeE/U9co

   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   東征なんて労力の無駄だクマー
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─
                                //7ヽ イ : //:_/_.:/ |: :.:|: : ヽ:.:.. : : : : :.. |. l  :.:.:\<二ニ.┬ ´
                               /イ /イ`:/: :/:l: :/:./`ヽ l: : :ト: : :.:ヽ:.:.:.. : : :.:.l:.:.:|:.:..   :.:ヽーj ノー 二
                               ` /´: : : /: : l:. l /l:/   \ヽ:.| ヽ: : :.ト 、:.:. : :|ヽ_L:.:.:.:.|:...| ドイ ̄:.:|
                                 L〉: : : l : : |:. |:| |′    ヽヽ  \:.{  \: :イ´l:|:.:. :.:.|:.:.:!:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                 |: : : : :! : : |:. :l{   z三ミ 、、 \   \ /ヽj  }l!:.:. :.:l:.:.:l!.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                 {/: : :.:!: : .ハ:. :ト  ´  `ヽ  ´  {ー'r_z三ミ、 |:. :.:/:.:.:ハ:.:l:.:.:.:.:. :.:|:.:.!
  うるさい!!!                    /: /: :.:|: |: :..ヽ:ヽ          i   ´    ` j: : /: : /: }/ハ:.:.:. :.:!:.:.l
                               ./ /: :.:小 :!: :.:.:.:ヽ:\   /⌒ ー--、‐ 、    /://:.イ:.:.:/:.:.:.:.!:.:.: : ト:.:.l
  牢屋に入って頭冷やしてきなさい!!     ...':/!: ::. :.|:ハト: :.:.:.:.:.:ト.ー  /         \i   /イ:.:/´:.:|:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.: : | l:.:l
                               / | : :.:.:.l:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.l:.:\ {         j   /:/:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:. : l !:.!
                               ! !: : :.:.:|!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l´ノ \ー-  ___ノ  .イ:/:./}:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.: :l j:リ
                               | ,.ゝ---― 7´: \:.ヽ   ` 、 ‐ _ .. .<_:.:.:./:/:.j:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ !:.:.:/ //
                               イ        { : : {  \ヽ      ̄/ ヽ:..:..ヽソ/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/  j:.:/ /´
                                      ヽ: :\   `\     {   〉:../´ `7:/- :._:.:./  /´
109 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:07:58.46 ID:SeE/U9co
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ○   ○ |         ガ──ン!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )                                         ,  -‐―‐ 、
 ∪    (  \                                       /,  -―‐-、\
       \_)                                       // ,.  -――‐\\
                               .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                         / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                               .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                           / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                             / ::: | |lト、         ̄Z /l|
                                         /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                           / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                       / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                         / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
110 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:09:26.93 ID:SeE/U9co

           /         \      \
         /            ヽ       ヽ
        /              `´ ー-、_ ヽ、`、
        .i    / /          ヘ      ヽ!
        l    | l        /   ハ   \  ` 、
        |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }    あくまでも敵は魏です。
        |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ
        .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ     あちらとは手を結んで魏と戦うべきかと?
        |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |
     _, ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ
    ,'   /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ
    i  /   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }
     i     j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j
    /    _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、
   {   ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )
   ヽ  !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_                /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
    ヽ、 ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ             r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
      i | .{    \\ ト     ヽ、 }ー―",l  /   、ゝ | |ヽ,           /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
                                              〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
蜀軍将軍 趙雲(字:子龍)                              ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
                                               i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
                                               |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|
                                                |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|
     じゃあ従軍しなくていいわ!!                      . |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|
                                               l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
                                               | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ
                                               ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
                                               ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !
                                                } ヽ | l:.!    「     `7   // l/ |
                                                |   ヽヾ、   |      j   ///   j|
                                                !   _L、> -┴-く`ヽ/  //r‐ュ' |
                                                |  / {{//     ` ー-く∠´‐チ′|
111 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:10:55.83 ID:SeE/U9co

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /人  ヽ   \
         //, '//  \ヽハ  、  ヽ
         〃中ノ     ヽ_|中│ |
        (イ| | ノ    `ヽ│|、|  i|         意外に頑固なのよね。陛下は……
          ヽレ| ==   == レノ )i│
            )ヘ∪ 、_,、_, ∪j  ( ,(
         (  /⌒l,、 __, イァト |/ \
.          ) /  /::|三/:://  ヽ   )
         (  |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,|  (                            ,  -‐―‐ 、
                                                    /,  -―‐-、\
                                                    // ,.  -――‐\\
                                  .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                            / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                  .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                              / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                                / ::: | |lト、         ̄Z /l|
                                            /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                              / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                          / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                            / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
112 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:12:30.86 ID:SeE/U9co

 i゙ /:/ .i:::::l::::::::::/l:::::/ |::ト;:::::::::::::::::::::::::l:::::.ヽ:::::::::::::::::l::::::l::::::::l`ヽ、.  \
 |./.:.:/   .l:::::|::::;;;;_i |:::/  |::|.ヾ、::::::::::::::::::::ト;:::::|ヽ:::::::_;;ィ|!:::::l::::::::l   l:ヽ、 /
 ゙ー,ァ゙   |:::::|:::::::::l`l'''ト、 |::l ヽ`''、:::::::::::::l.ヽ;::l_,,>f´::::::|i;:: |::::::::|   |;;;;j.,/
  /(._   l::::::l::::::::::l l:|. `'ヾi、  \ \::::::::;lィ'i´!  i:::::::::| |::|::::::::::l  { ヽ、
. / /`iヽ,|::::::::|::::::::| __l|____ヽ,\  \ ヽ:/::レl;|__,l:::::::| .|;l:::::::::::| ,イiヽ, .〉
/ ./:::l |:|:::::::::|i::::::Ki゙f::::iiii::''Tミ     ヽ `夊T'''iiiii::li;::|>i}!:::::::::::l}イ |:l:::i∨
ヽ. {::|:| |::|::::::::::ト、:::| ゙わ::;;;;::リ         わ::::::::;;ハリ./|:::::|::::::l::|  |:!:::!     孔明、あなたの意見は?
 `|::|:| |:::l::::::::::l::|ヽ{. ゞ=''"'         ゙ゞ=='彳   |::::l::::::l::::l  |:|:::l
  |:::|l:| |_;;;l::::::::l::l, ゙ヽ         l            l::::l:::::;il__:|/l|::::|     まさか天下三分の言い出しっぺが
  |::l .゙i'-{ |l;::::::::l::l、                     ,イ:::!:::::,!.l .|~i、|.|:::l     反対するような事はないわよねぇ?
  .|:l. レ゙l::::l l;::::::::l:|.ヽ                 ./リ::/::::/ l:::l .|. V::リ
  ヾ/  l:::l l;::::::::l|.  \        ´ `      / /::/::::/ .|::i゙ l  |:/
   i.  |:::l トi;::::::'l.   `i、          ,,ィ゙   /::;':::::/ l::l l .j
   .l   !:::| l ヽ;:::i     l,,__`''ー 、 __ ,, '''´ _l   /;:イ::::/  l:リ / /
    ヽ   !:::l | ヽ;:l     | `''ー、   ,,ィ''´l   /' /:/  /:'./ /                 -‐―‐ 、
                                                      /,  -―‐-、\
                                                      // ,.  -――‐\\
                                    .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                              / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                    .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                                / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                                  / ::: | |lト、        ̄Z /l|
                                              /:::::::::| |l|__ヽ、        ./| l|
                                                / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                            / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                              / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
113 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:14:04.61 ID:SeE/U9co

                                                     .. - ─……‐-. .、
                                                ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                                                    ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
                                               /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
                                              , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
                                               |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
     劉備の東征……                               .|/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
                                               { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
     趙雲ですらはっきりと反対の姿勢を示したが、               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
     意外にも諸葛亮は沈黙を貫いた。                     . l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
                                                 l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                                                 l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/
     はっきりとした意思表示を避けた感がある                   \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
                                                      l:/ ,. -─┴┐
                                                   . ∠二二ヽ    !
                                                  ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
                                               ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
                                             ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
                                              |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     ここで丞相が劉備様を止めてくれれば、
./     ∩ノ ⊃  /      夷陵の悪夢はなかったかもしれんお。
(  \ / _ノ |  |       
.\ “  /__|  |       知力100の丞相らしくないお
  \ /___ /
114 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:15:45.45 ID:SeE/U9co

                                                     . r .‐. ―. .、 _
                                                       イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
                                              ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                                                /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
                                              // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
                                                  //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
  何故、彼はこんなどっちつかずの態度を示したのか?          |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
                                                  |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                                                  |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ
  少し考えてみよう                                     |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|
                                                   |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//
                                           |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、
                                          ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ
                                       __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}
                                      //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'

“やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十二回

2012.03.07 (Wed.)
473 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:19:40.85 ID:0KCVIIQo

       _/                    ヽ
  、__,ノア        /   /             ',
.    ̄ ̄/      /   /    〃ヽム          l
      / /      |:.   |:  / ""´` |        |
     |  l   /   !:.   l  |      l   ./    j
     |  l   l:..  ヽ;:ィ:代.  !    ‐/-、/:    ,′   「やる夫が正史を書くようです」第十二回だね。
     l  !l:. :.l:.:.  ´ヽ:.{  \{   / /}:.:. /  /
     ヽ ハ:.. :.ヽ:.::  { `__      ∠_ /:./:. 〃     いつもどおり、基本的に>>1は投下中反応しないのと、
      ` \.:.:.:.\:.:.!'´ ̄`    '" ゙̄メ/:.: ,イ ,     表現上の不備は嘲笑ってスルーでよろしくね!
        /\:.:.:.:ヘ:ゝ:::::::  _'_  ::::::/:._/:{
        ,'.  `ーゝー゙  {´ ソ    ア´:.:.:.:八
         i  .:.(`Yj:> 、_` _´_ ,.イ:.:.:.:.:.:. iヽ
         |  :.:.:} }, -、ィヘノ  {ィへ. レハ:.:.:. |
        ヽ :.,4 ´   {7′   >' ヽ‐-!:.:. /       今回も長いから、どこかで休憩入れるつもりだよ!!
          Xi| l    ∧三三/ ,// |/ヽ
        /  ∧   ノ マ  / //_, イ /  }
        {   V  /\_,厶/ '_/ ̄/ !/  l
        l _/  / ̄ ̄〈 〉 ̄ ̄´  }  i|

やる夫が正史を書くようです 第十一回の続きです。

474 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:20:44.48 ID:0KCVIIQo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】

~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
475 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:21:49.81 ID:0KCVIIQo
【紀元213年7月 漢 冀州 鄴】
                            __
                           ∫ι__________/丁了
                          丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.    ,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
                         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::    ,.,.,.,,.,.,.;; .ヾヽ
                     .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::   ::::,.,.,.,.,.,. ヾ.ゝヘ
                     ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::    :::::::::,.,:::::::λヘ
                ヘ ,,__ノヾ ~~~~~  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ~~~~~~ゞ,ノヘ
                ゞ;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;ノゞゞ
                  Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒...Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒..Ⅱ三|
                  Ⅱ三三,Ⅱ,,三三Ⅱ三三,Ⅱ三三Ⅱ,三三Ⅱ,三三Ⅱ三三Ⅱ/|
               _ ├┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┐ ___┌┼┼┼┼┤/|_
              ∥ミミ│      /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,     /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    .. │ミミ∥
         ┌凹凹凹凹凹凹凹凹凹___.凹凹凹凹凹 ___ 凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹┐
          ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
     ┌凹凹凹凹________凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹________ 凹凹凹凹凹┐
      .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳./|ミミミミミミミミミミミ
      .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  |ミミミミミミミミミミミ
     . 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  . |ミミミミミミミミミミミ
───────────────────────────────────────────────
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー   魏公の座についた曹操は、己の権力基盤を固める動きを見せる。
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }    ひとつは九州改編、もうひとつは皇帝との縁組……
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ     
      `ヘ:ゝ    .'    小/      
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
───────────────────────────────────────────────
476 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:22:43.91 ID:0KCVIIQo

━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.      九州改編?
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |
                                             / ̄ ̄\
                                          /  ヽ、_  \
  ええ、正確にはこの年の初めに行われているんですが、     (●)(● )   |
                                         (__人__)     |
  地方の州の数を夏王朝時代の九州に戻そうという動きです。   (`⌒ ´     |
                                     .     {           |
                                          {        ノ
                                           ヽ     ノ
  もちろん、そんなのは建前ですが次の図を見てください        ノ     ヽ
                                            /      |
478 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:24:05.34 ID:0KCVIIQo
                                     _,,,、
     ,-、,                            ,/  }
     ,) )                          ,i´ ,, 幽 {,
‐---‐´ ,|´                  ,,--、 ヘ,-、_ /ノ´ ,}  _,,,、,二i
      {                  ,i´,、   __,,,,,ノ´  },ノ´~
-‐`‐、,  ヽ,,,__-、           ,-==,‐´ `~´{
    ヽ,    ,!"         ,‐-´  !,, 冀  ,ゝ,  ∠ヽ--,
     |    ヽ,        ),  并 {    {´  ~,`青 /~~
      !、  涼 ヽ  ,    __}~`‐ッ  {   ,/ ̄,~,} ) /´
       ヽ ,   `~ `ヽ,___,}   ヽ-、,ノ´兗 ,{´ } ` {
        ヽ        `,! 司隷  iヽ,_-‐‐´ ( 徐 \
        ,ノ‐~´`~ ̄ヽ‐-、/`ヽ ~、  豫   ,_ヽ  ´ヽ
      i´~       /        ヽ  _  、-´ ~-----`ヽ
      |        ´‐´ヽ,       ` ,-´        ヽ
      |            _ヽ      `}~‐-      -=二,
      }          、‐´           i         }
     /           ヽ,   荊   、´~~   揚    ,、ヽ
    /    益     (´i_}       ,)           {
  /´            ヽ        }          、-´
 /              {         }          {,
´               )_,,,,、       !_,,,  ,    ノ´
‐---、         {`ヽ-‐´  !--、,     {-‐´ `‐‐-ノ´
   ヽ,,        }        `‐-´~`~~    _,-‐´
     "‐-、    ノ       交     、-、,,_,--´
       ヽ_-‐´     ,_      _,,ノ  ´
        ヽ    --‐´ ~‐,  ノ´~~
───────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     この図は九州改編前、従来の後漢の十四州です。
  |     ` ⌒´ノ.    
.  |         }.     これが……
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ

───────────────────────────────────────────────
479 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:25:22.59 ID:0KCVIIQo
                                     _,,,、
     ,-、,                            ,/  }
     ,) )                          ,i´ ,,    {,
‐---‐´ ,|´                  ,,--、 ヘ,-、_ /ノ´ ,}  _,,,、,二i
      {                  ,i     __,,,,,ノ´  },ノ´~
-‐`‐、,  ヽ,,,__-、           ,-==,‐    {
    ヽ,    ,!"         ,‐-´    冀  ,ゝ,  ∠ヽ--,
     |    ヽ,        ),         {´  ~,`青 /~~
      !、  雍 ヽ  ,    __}        ,/ ̄,~,} ) /´
       ヽ ,   `~ `ヽ,___,}   ---、,ノ´兗 ,{´ } ` {
        ヽ        `,!-´´   ヽ,_-‐‐´ ( 徐 \
        ,ノ‐~´`~ ̄ヽ‐-、/`ヽ ~、  豫   ,_ヽ  ´ヽ
      i´~       /        ヽ  _  、-´ ~-----`ヽ
      |        ´‐´ヽ,       ` ,-´        ヽ
      |            _ヽ      `}~‐-      -=二,
      }          、‐´           i         }
     /           ヽ,   荊   、´~~   揚    ,、ヽ
    /    益     (´i_}       ,)           {
  /´            ヽ        }          、-´
 /              {         }          {,
´               )          !_,,,  ,    ノ´
‐---、         {`ヽ-‐´          {-‐´ `‐‐-ノ´
   ヽ,,        }                 _,-‐´
     "‐-、    ノ             、-、,,_,--´
       ヽ_-‐´     ,_      _,,ノ  ´
        ヽ    --‐´ ~‐,  ノ´~~
───────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     こうなります。
  |     ` ⌒´ノ.    
.  |         }.     司隷が黄河の線で冀州と豫州に分割され、交州が荊州に併合されています。
.  ヽ        }..     後、涼州は古い名称に従い、雍州と改称されました
   ヽ     ノ

───────────────────────────────────────────────
480 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:27:04.06 ID:0KCVIIQo
     ____
   /      \
  /  ─    ─\        それに幽州と并州が冀州に併合されてるお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       ああ、そういうことかお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                         / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                                      (●)(● )   |
   お察しのとおり、曹操は冀州牧……             (__人__)     |
                                      (`⌒ ´     |
   冀州の範囲を河北全体に拡大する事で            {           |
   己の職権の拡大を考えた訳です。               {        ノ
                                        ヽ     ノ
   ですが、真の目的はまだあります                 ノ     ヽ
                                       /      |
481 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:27:56.69 ID:0KCVIIQo

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│   州の改編を行えるほどの権力があるという、
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ    曹操による権力の誇示……
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /       
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//       こちらの意味合いの方が強いと考えられる。
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _     厶 ./          実際、しばらくして州の編成は元に戻った
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′

                                              / ̄ ̄\
                                            /  ヽ、_  \
 まあ、常識的に考えれば、                         (●)(● )    |
 急な州の改編で行政が混乱した可能性もあります。          (__人__)     |
                                           (          |
 結局、魏の建国時にはこうなりました                    {          |
                                           ⊂ ヽ∩     く
                                            | '、_ \ /  )
                                            |  |_\  “ ./
                                            ヽ、 __\_/
482 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:29:32.74 ID:0KCVIIQo

                                     _,,,、
     ,-、,                            ,/  }
     ,) )                          ,i´ ,, 幽 {,
‐---‐´ ,|´                  ,,--、 ヘ,-、_ /ノ´ ,}  _,,,、,二i
      {                  ,i´,、   __,,,,,ノ´  },ノ´~
-‐`‐、,  ヽ,,,__-、           ,-==,‐´ `~´{
    ヽ,    ,!"         ,‐-´  !,, 冀  ,ゝ,  ∠ヽ--,
     |    ヽ,        ),  并 {    {´  ~,`青 /~~
      !、  涼 ヽ  ,    __}~`‐ッ  {   ,/ ̄,~,} ) /´
       ヽ ,,_,--´`~ `ヽ,___,}   ヽ-、,ノ´兗  ,{´ } ` {
        ヽ   雍    `,! 司隷  iヽ,_-‐‐´ ( 徐 \
        ,ノ‐~´`~ ̄ヽ‐-、/`ヽ ~、  豫   ,_ヽ  ´ヽ
      i´~       /        ヽ  _  、-´ ~-----`ヽ
      |        ´‐´ヽ,       ` ,-´        ヽ
      |            _ヽ      `}~‐-      -=二,
      }          、‐´           i         }
     /           ヽ,   荊   、´~~   揚    ,、ヽ
    /    益     (´i_}       ,)           {
  /´            ヽ        }          、-´
 /              {         }          {,
´               )_,,,,、       !_,,,  ,    ノ´
‐---、         {`ヽ-‐´  !--、,     {-‐´ `‐‐-ノ´
   ヽ,,        }        `‐-´~`~~    _,-‐´
     "‐-、    ノ       交     、-、,,_,--´
       ヽ_-‐´     ,_      _,,ノ  ´
        ヽ    --‐´ ~‐,  ノ´~~
───────────────────────────────────────────────

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ちまたでよく見るコピペ地図だお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


───────────────────────────────────────────────
483 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/07/04(土) 19:31:19.67 ID:0KCVIIQo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)              (コピペ言うな……)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ               この州の配置になったのは魏の初頭です。
.  |         }               以後必要に応じ、州が増設・廃止されたりしますが、
.  ヽ        }               基本はこの形になりました。
   ヽ     ノ        \      
   /    く  \        \     なお、雍州と涼州が分割されていますが、
   |     \   \         \   蜀対策であるのは言うまでもありません
    |    |ヽ、二⌒)、          \

“やる夫が正史を書くようです 第十二回”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十回 中編

2012.03.05 (Mon.)

やる夫が正史を書くようです 第十回 前編の続きです。

644 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/24(日) 13:59:16.90 ID:YnM2yJIo
>>1です。

投下は予定通り行いますが、
今日は赤壁のあたりを中編として投下し、
赤壁の後日譚を後編で水曜くらいに投下する事にします。

長すぎて、切らないとどうにもならないorz
645 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/24(日) 15:57:55.82 ID:YnM2yJIo
それでは投下開始します。>>624からの続きです。


           樊城
         _______○  / /               ○ :都市・地名
       \________ \/ /                ・・・ :湿地帯
          ○\ ...|~
         襄陽 |  |漢
             |  |
             |  |
             \ \水
               \ \
                |  |
         当陽     \ \
           ○     ○\ \         _______________________
      長坂×     漢津 |  |       ../ ____________    \
                   \ \___________/ /夏口○/      \
                     |_______________/・・・・・ / /~~~~\  .\
~~~~~~~~~~\○江陵         ・・・・・・・・・・・・・・ / /    ○\
_____________  \           ・・・・・・・・・・・・・・・・\ \___  鄂
      \   \         ・・・・・・・・・・・・・・・・/^   /
        \   \_________    ・・・・・・・・・・・ _/~   /
         \      \   ・・・・・・・・ /   /~~
          |______________  ^^\_______/~~   /~
                 \         /^^
                   \__________/^^
                 長           江   
646 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/24(日) 15:59:16.07 ID:YnM2yJIo
【紀元208年冬 漢 荊州 鄂】

     .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                           ::;
':.,  …'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
::'    .,;:'""""""""""'''''""""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._             """
    ;:,.,.,.,...._                      、、_....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....        .......
、、、、、.,;:'''"""                               ""'''''"''''':::::;;;,,..;;::....................__,
__________ _ _ _  _   _    _        _    _   _  _ _ _ ___________
::::::::::::::::::::::::......  ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........         .............::::::::::::::::::::::::::::............. .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ______._ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::......    .........::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......  .......:::::::::::::::::::::::::::::::.......   
..........   ................::::::::::::::::::: /::::: :::: ヽ  .....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..................    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  _/       ヘ-、:::::::::::::::::......  ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈/::::::::::::::::::::::::::: V/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................   ........:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ
             , ィ ト{八::::/リj/V-、     …………
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   /
          \|   /      ',   | /
            ヾ_ {       }   レ′
            `ーゝ ____」L=‐' 
647 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/24(日) 16:00:29.31 ID:YnM2yJIo

                     ┌┐
                    /~'7;; |/~''7   ~~~       ~~~             ┌┐
     ~~~~        (孫( ̄|  (                               /~'7;; |/~''7
                 、___`t-'ーイゝ-i             ┌┐     ~~       (孫( ̄|  (
                  ヽ] ̄二二二7           /~'7;; |/~''7           、___`t-'ーイゝ-i
~~~~   ~~ ""~~~~  ~~~~~       (孫( ̄|  (            ヽ] ̄二二二7
        ┌┐                       、___`t-'ーイゝ-i        ""~~~~  ~~~~~
       /~'7;; |/~''7     ~~~             ヽ] ̄二二二7     ┌┐                
      (孫( ̄|  (                 ""~~~~  ~~~~   /~'7;; |/~''7
    、___`t-'ーイゝ-i    ~~          ┌┐              (孫( ̄|  (
     ヽ] ̄二二二7               /~'7;; |/~''7     ~~~  ___`t-'ーイゝ-i    ~~      
""~~~~  ~~~~~  ~       (孫( ̄|  (             ヽ] ̄二二二7       
      ~                  、___`t-'ーイゝ-i    ~~     ~~  ~~~~~  ~  ~~~
~~       ~~              ヽ] ̄二二二7        
     ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~~~  ~  ~~~
                         ┌┐
                        /~'7;; |/~''7          ┌┐           
         ~~~~        (孫( ̄|  (          /~'7;; |/~''7     ~~~             
                     、___`t-'ーイゝ-i        (孫( ̄|  (                 ""~~
                      ヽ] ̄二二二7     、___`t-'ーイゝ-i    ~~          ┌┐   
    ~~~~   ~~ ""~~~~  ~~~      ヽ] ̄二二二7               /~'7;; |/~''7 
            ┌┐                 ""~~~~  ~~~~~  ~       (孫( ̄|  ( 
           /~'7;; |/~''7     ~~~           ~                  、___`t-'ーイゝ-i 
          (孫( ̄|  (               ~~       ~~              ヽ] ̄二二二7
        、___`t-'ーイゝ-i    ~~             ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~
         ヽ] ̄二二二7
    ""~~~~  ~~~~~  
648 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/24(日) 16:01:34.97 ID:YnM2yJIo

             /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
            /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
           /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
             /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
         /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
         〆 /\ l::::: |::::厶:::::ハ:  i\:::::..::.  l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
       / /:::::::/7|::::: l::/  ト{、小:. ! \::.::. iイl:::: /.l |::.  |メ´ l \\
       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ≠ミk\\ヽ   X´;ィ=≠く リ :  |\\ .:\!
        l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l
        |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!    キタキタ……!!
        |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |
        |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`      _____      ,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
        l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ     ∨     リ      /:::: /::  /::: l: l: |
        ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\       /   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
            \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、   ー '  イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
             X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
          <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
          { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
          l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
            !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
             |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /

“やる夫が正史を書くようです 第十回 中編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十回 前編

2012.03.05 (Mon.)
424 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/15(金) 21:28:46.78 ID:brwkeOko
【お知らせ】

              __  , -―===--===‐- 、  __
              く必}廴__     _,    _ .. ≧f必}ア三ニ=
          -=ニ三竺勹    ̄ ̄    「   `ヽ ヽメ≧≒=-
         ,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\
        厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.
            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |¦   ヽ ヽ
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| | ¦`ヽ、 jjハ||  ! }i|| |¦i i :   ハ     /
        {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /    九割方作ってみました。
.        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /     
          ,′ノノ }i  i 从   ̄   、   `~フノ| i| ¦  y /ハ.    
         ,'/ / i  l/j l|ヽ、   、_,   ナ| i| i  / / ハ
         / / i| i  i¦l| j}>。、     ィァ| i| ¦ { { / ハ.    これから手直ししても
        //  __」..⊥.i.=fjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfj=.i: i _ ≧ニニミ、   二回分の尺が取れそうなので、
     /〃,'   ハ     |                |ノ´    / )メ   今回も前後編に分けるつもりです。
     `≒=、 { ヽ、 _ | 過去最大の       . |  -‐ f´}//∧  
        ,'\\    ) |   カオスの予感が…… | _/ _// ハ  投下時間は日曜昼か夕方で……
        ,′ ヽ ヽ r‐┴、             ./´ヽ  _// / ハ  
       ,′   ノノノ (` ー、 ヽ  すごく不安  / /ヽ }  {{_  ハ  (※時刻未定)
.       ′ // r'ー-、 ゝ',           (_./ /  |彡≒、`ヽ/ ∧
.    ,′//    〉- ..__`゙)           ゝ-´__ -' }=ヘ. 〉 } / ∧
425 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/15(金) 22:13:52.42 ID:Nw/mdMMo
楽しみにしてマース
426 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/15(金) 23:45:04.04 ID:lSxvvEMo
楽しみに待ってます
427 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/17(日) 14:08:24.11 ID:w5IaztAo

          /: : : : : : : : /: : : : : : : : /: ::;: . | i : :. : : : : : :. : : : :. :ヽ
          ,: : : : : : : : :/: : : : : : : : / .::/ :;: :!:|: ::: : .:: : . . :} : :: : :::. ぃ
         ′: : : : : : :,': : : : : : : : ,'i.:::〃/i::∧! :i:: .::::: : : /: :::i. ..::i:. i ',   「やる夫が正史を書くようです」第十回でありんす。
        i / : : : : : : i: : : : : : : : :i |i/7イ‐|;'-!i i|:.:::i:: .: :,'i:: :::;|:.::::j::: i: i
        l/: : : : : : : :l: : : : : : : : :l _j,」込_j_ 从「|ハ:l::i: / |: .:/j:.:::;'::::. !|:|.    今回は前後編で赤壁じゃな。
       ; : : : : : : : :|: : : : : : : :lヘ{んn.い`ヾト、 jリル′!::/ ,':::/::::: ;' |:|
        /: : : : : : : : :/!: :: : : : : : :|  マ辷ン        ,.斗¬:;イ::::// l:l   断っておくが魏の面々の出番はあまりない。
      / :/: : : :/ :/:::|: ::: : : : :.:|   `冖      /チjスy'^///   リ   赤壁を魏の立場から見てもつまらぬ。
    / ; ' .: : : ; '.::/:::::::!: ::. : : : :. l           {tン〃::::::: l ′ /
   /.:/ .::::: /.:::/::::::::::|: :::. : : : :|          〉^/:::::::::: :!  /  
  / :/ .::::∠ -‐ '"¨´ ̄| : ::. : : :::..l._          '´ /:::::::::::: :!.        この戦の重要性は劉備と孫権にこそ、
 / ::;' - '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.;. :'´_;.! ::::. : : ::.:l_:`丶、   iT冖. /:!:::::::::!: :i        あったのではないかのう?
{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;. ':; '´::._.!: : :::. . .:::::l`丶、::\ !;.!:.i| !::i::::::::::!: :!     
丨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/::,. '´:..:', : ::::. : ::::::i丶、::\.::!:i:.:,:||l::::::::::i: :l
  !:.:.:.:.;.:.:.'/:/::./:..:..:..:..:..ヽ : ::::. : ::::i:..:..:\::.:l:.!:.:.;ト、:!:::.... :l: :|
428 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/17(日) 14:09:02.02 ID:w5IaztAo

   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i.       それでは始めるとしよう。
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|       いつもどおり、基本的に>>1は投下中反応せぬ。
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l       表現上の不備は嘲笑ってスルー。
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/        お約束というやつじゃな。
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|          あーあー、どこかにわっちのご主人様はおらぬかのう?
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |
  | / i  l  l .| .|                  |

やる夫が正史を書くようです 第九回 後編(と番外編「三顧の礼」)の続きです。

429 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/17(日) 14:09:40.22 ID:w5IaztAo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】
~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
430 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/17(日) 14:10:20.05 ID:w5IaztAo
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     しかし、軽く魏の歴史を聞くためとは言え、思わぬ長期戦になったお。
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       まあ、これも蜀の歴史を書く勉強の一環、
  \ /___ /       話も聞いてて勉強になるし、悪い気はしないお


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)             学ぶ姿勢は大事にしてください。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ             でも長いと言ってますが、
.  |         }              赤壁が終わって、ようやく半分くらいですよ?
.  ヽ        }              
   ヽ     ノ        \     まだ魏も建国されていませんし
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
431 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/17(日) 14:11:23.56 ID:w5IaztAo

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ    そういう事……
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1   ただ、後漢末の乱世も曹操が河北と中原を平定した事で
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !   最悪な状況は脱したと言える。
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./   
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ     このままいけば、曹操が天下平定を成し遂げるのではないか?
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /      というくらいに……
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./         彼はその実績に物を言わせ、『丞相』に就任する。
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/          
           ,r'^,!       「ヽ、'´           本来、丞相は漢王朝の正式な官職ではない。
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._         袁家の滅亡と並び、当時の人々の耳目を驚かせた事だろう
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._     
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ

“やる夫が正史を書くようです 第十回 前編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第五回

2012.03.02 (Fri.)
918 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:14:03.89 ID:cfo8Viko
            ___
         ,_ '´      _`ヽ
       /´,r'-―…―-ヽ `ヽヘ
    r -/  /, - ―-- 、 l  Vム ┐
    |_,'  /\ /  l   l/ |   ',-、 ノ       天下の英雄、劉備よ!!
  < イ  ,' /l大  l イj丶| l t.ノ  ̄フ
   ∠」  l YT::ヾハ. |丶Y:::::ヌ! | | \イ      「やる夫が正史を書くようです」第五回の始まりよ!!
    l |  ハ} {!り:|    {iい::|  j! lヽイ       今回は呉編ね! 前編は赤壁直後~夷陵まで取り上げるわよ!!
    l /! l乂 ゞ-' 、__,.ゞ- イ ム l ト l       
    |' l |:::::ト、  l   |  ノi /:l::イ::/ |
     丶|ヽ:jヽ::>r- イ ソイ゙ レ'ノ'´         三国志なんだから赤壁をやれ? 
        ,r'´ \ | ̄/ / `ヽ、          でも赤壁は『三国志演義』で読んだ方が面白いわよ!
       〈   / ヽ./イ K  /
       └く_)-く小ゝ-く.ノイ           いつもどおり、基本的に>>1は投下中反応しないし、
        く  /   l   /           表現上の不備は笑ってスルーしてもらえると助かるわ!
         ヽイ`丶 ィ´ Y´
           |_|  l_|             それじゃ始めるけど、呉の視点で見ると、あたしたち噛ませなのよねw
           }_j   !___!
          └‐┘ └‐┘

やる夫が正史を書くようです 第四回の続きです。

919 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:14:37.69 ID:cfo8Viko
【紀元208年12月 荊州 赤壁】

      、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
          . ’      ’、   ′ ’   . ・
       、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
            ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
       ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
         ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
      、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
           、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ; ;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ  -‐,
           ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`_,,..・ヽ/´
   ′‘: ;゜+° ′、:::::. :::    ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ‐''"..,,_     
            `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ,. r ''" `''‐,,._ X
-----------------------------------------------------------

920 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:17:15.22 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V       
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      私は赤壁にいる。
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/         しかし、赤壁の戦いに関しては、いまいち全体像がつかめない。
         ヽ∧     ‐   /!./j/         正確な場所さえ不明なのだから…
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/           
              「! ̄「 l ̄ ト、            よって赤壁の戦いの経緯を記事を拾い、まとめてみた。
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__         以下に示す①~⑧のことはおそらく史実だろう   
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、        
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !       
       !     |   l !    |     l
.      l  l   l   l !    l   !/ l
921 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:17:48.01 ID:cfo8Viko

①曹操が荊州北部を無抵抗で占領、劉備は夏口へ逃走

②魯粛と諸葛亮の働きにより、劉備と孫権の対曹操同盟が成立した

③劉備と周瑜の連合軍が長江を遡上し、赤壁で曹操軍と遭遇、緒戦は勝利

④一方で孫権が合肥を攻撃した

⑤同時期、赤壁の曹操軍内で疫病が大流行し、多くの死者が出たため、まともに戦える状態ではなかったこと

⑥黄蓋が偽降伏による火攻を提案し決行され、曹操軍の油断もあり、大成功を収めた

⑦この時、曹操は残った味方の船を焼き払い、許昌に撤退した

⑧劉備と周瑜は勝ちに乗じて、敗走する曹操軍を江陵まで追撃した

922 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:18:16.70 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V    
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      一応、話としてはつながるが、三国志の魏書・蜀書・呉書での
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /       
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/         表現方法が違うため、実際にどうなっていたかは不明としか言えない。
         ヽ∧     ‐   /!./j/
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/           受け取り方によっては曹操の撤退理由が疫病のためとも思えてくる。
              「! ̄「 l ̄ ト、
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__          
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、        以下、戦闘が終わった後の関係者のコメント
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !
       !     |   l !    |     l
.      l  l   l   l !    l   !/ l
923 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:18:49.94 ID:cfo8Viko
【曹操の場合】

ーj: : : : :/   /  /  l::  ヽ   ヽ: : : : :r:'__
「: : : : :/ l  i::  l   l|::  l l  l ヽ: : : :´} ̄ヽ       
T]: : : :!: l  l   l   |:!  l| :!  | :::!: : :└iー┘
|廴ャ: :l! ! l|_ :!  ∥!  l:: |  l ::|: : :r:イト、        荊州平定に南征して来たのは良いけれど、
l! |ー、:'、 、l  ド 、l|::l /l ,孑7´ l:|:rソ| | l |
l| | くノト、ヽ,イ⌒ヽ !l'〃 ィ⌒Yイノリ'´  ! l | lヽ    n   疫病は流行するわ、劉備が孫権軍連れて来て攻撃してくるわ、
|':! |   !ハ 乂::::ソ    乂r'冖'冖'冖'冖'冖'冖'冖'|l!
||l    l:: l!:、    _     |                |l!   挙句の果てに丸焼きにされそうになるわ、もう散々…
l !l|   / /´:.ヽ、      ,.| だ が 私 は  rj┴、
|:. |:!  l 〈:.:.:.:.:.:.:.t:.:ォ:.:.':.´:.|              rjー―,」  でも、荊州の中心地、宛・新野・襄陽は私の支配下にしたから、
l 」|  / 」´l:.:.:.:.:.:.:.:ツ'!:.:.:.:.:.:.| 負 け な い rjー‐ ,」
| l :| 厶_ ̄¨ヽ:.:.:/ハ:.:.:.:.:.:|               辷._,イ|  私を人気者にしてくれる人材と兵員を大量ゲットなのだわ!!!
i|l /_≧x、_」:.:イ|  ト:.:.:.:|__________|イl|

924 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:19:21.29 ID:cfo8Viko
【劉備の場合】
                        -―――-
                  / : / / ̄ ̄`ヽ`ヽ、
                / : :_/. :/´「 ̄ ̄、`ヽ、 ヽ
                  /.:/ !: :/_/l: ! : : 、:ヽ : : :V ∧
                i::〈_人!: :l∧\ヽ: : :i : i : _: ト、: i
.               l:://l/ !:::lf千 ミ、ヽ\!≦´V lく: :l   逃げの天才たる劉玄徳様も今回ばかりは危なかったわ。
             lく/〈/´!::l ゞ-'   弋冫j/l l〉 !
             l ::!:::ヽ、!::l   、_′   /:∧!: :!   でも、孫権軍を引きずり出して曹操を追い払うことができたし、
                !::l:::::::::∧ト、   ー ′/:/.:/ ハj
.                Vヽ、:::::lヽ、丶、_ ィ/.::/.:/j/     これから支配者不在の荊州南部を掠め… 
    (\_       _>、:::!、|ヽ   ト、/イ/
     > _`ヽ__   /ヽ   ヽ! \  _ヽ ̄ ヽ_    
  rf壬‐_´__ノ Vヽ / ∧       ヽ´__`ヽ   ト、ヽ   おっといけない。劉備軍への協力を呼びかけるわ
       〈\  ノ ト、!// 丶       、__`i   l  }   
      /ヽ ̄  ノ ∨    、     l   !   !/ ヽ、 (周瑜の手前、慎重に事を進めましょう)
        {   ̄    l   / \    l   l  ∧    \
.      \      l\ //   \  !  ! / !/    ヽ
        ヽ ̄       /ヽ、    ヽ、!  l / /  ̄   /
925 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:20:42.25 ID:cfo8Viko
【周瑜の場合】
                     ,,,.-----.、_
                _,,.-‐'"´-.、_:::::::::::::::`ヽ,,_
              ,.ー´::(:::::::::::::::::::::`ヽ、::::::::::::::`ヽ、
             //:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::`ヽ;:::::::::::::::ヽ
             /r',.':::::::::r'゙`i:::、:::::::::::::::::::::::::`;:::::::::::::::;l
               |{l;!::::::::;イ|  |:::||:ト、:::::::::::::::::::::: ;;;;;:;:;:;:;:;;|
             '|:lヽ::::ト|_|  |;ノ|;! |::lヽ::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;|      曹操を北へ追い払ったが、劉備にハメられたな。
             `!ヽ;::}ゞソ .ノーナニ}ノ-ノ!:ノ::::::::l;;;;;;::::::;;;、ヽ、    結局、苦労の割に孫呉が得たものは何もないじゃないか…
              ノ::l .ノ:::" '´ヒ;ナフ‐ノ:;::::::ノ;;;;;;;:::::::;;;;ヾ`、    
             ノィ;::|ヽ::    `"ノク;/';;;;;:::::::::::::::::;;:ヾ、
               !、ヽー 、   /;〃ィ;;;ハ;;::::、;;;::::::::::、`、ー'   だけど、曹操軍が守る江陵を落とせば蜀への道が開ける。
             ,, ,-`ヾヽ`    ",/'ノノ´;::::゙lヽ::;iヽ;:;iヽ;}
          _,.-‐',:' .:' :. }.`ー‐ ''' "´-'"ノ'クノ`i::;、ヽ`;} ゙ヾ, ソ
    __,,.--‐''"´  ,:' ,:' : . `;, \   , ',イ .\ リ `ー,       
   /        ,!  . ; . :. ;'    \   i   \:. :,: ' `ヽ,      蜀を落としたら馬超と同盟して、曹操を挟撃する。
   !、        ,"' .' . : .:゙ヽ.  /|、 , -l ,,,.-、_\,:   ,:      馬超はメロンパンで味方になってくれるそうだが…
  ,.-'         i .',  '. : . : . !/{ ,!   ,!-ノ. '' "´.  ,'"`!
 l          l   冫  ' . : . : .',  {、 ノ" ,' '    ,,.- ' ノ     まずは目の前の敵をなんとかしないとな
 }  ,.-''"ノ |  |   ` ー、: . : . '、  l !  ,'"   ,'"   .´|
926 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:21:09.64 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V    
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /       
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/       
         ヽ∧     ‐   /!./j/
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/         三者三様のコメントだが、
              「! ̄「 l ̄ ト、
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__        赤壁の戦いは中身は分からずとも、
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !     歴史的には重要な意味をもつ。以下に示す。
       !     |   l !    |     l     
.      l  l   l   l !    l   !/ l     

927 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:21:41.92 ID:cfo8Viko

①赤壁以降、曹操、劉備、孫権が後漢末の乱世の軸になることがはっきりしたこと

②中華史上初めて、中原対江南という、南北対決の構図で大規模な戦闘が行われたこと

③中華史の舞台が長江流域にも広がる端緒になったこと

928 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:22:53.52 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V    
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /       
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/      つまり赤壁以降、三国志の舞台も長江流域に移り、
         ヽ∧     ‐   /!./j/
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/         呉の歴史が動き始めたといっても過言ではないだろう。
              「! ̄「 l ̄ ト、
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__        おや、誰か来たようだ…
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !     
       !     |   l !    |     l     
.      l  l   l   l !    l   !/ l     

“やる夫が正史を書くようです 第五回”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.