2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:スバル・ナカジマ の記事一覧

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 前編

2012.04.28 (Sat.)
57 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:31:22.44 ID:3tZIpw.o

               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ    .「やる夫が正史を書くようです」第二十三回前編。
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |    今回からはあまり知られていない
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |    魏の後期のお話になるんだ。
           V V \ ヽ \       マt7./   ,′   
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /     .「司馬懿が曹爽を倒して魏の実権を握った」
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ '   /  /      その過程を中心に話を進めていくよ
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /       
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /        
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´                          ,. -ォ大、-、 _
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',                 .          / ´iV//| ハVハヽヽ
                                                // i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ
                                      .         | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:}
                                               ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ
                                      .         l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.|
  三国志関連の書籍だとスルーされがちな時代だけど、           l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ |
  改めて調べると色々と発見もあったりするのよね。             l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i |
                                      .        l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i
  後、いつもどおり、>>1は投下中に読者のレスに反応しないわ。   .  l :i :i  i:./     `ヽr- _ i
                                             l :i :i_ - ´_ 、   -‐ ´:i|   ヽ
  前口上はこのあたりにして、そろそろ始めましょうか?         /://     ` ´    ,r| .i  }
                                            //.{  Y     :i  _,.rrvく_.Y  ハ
                                           // /ト、ェrv‐r-rv:{ィくv ´ ̄ `i:  i ',
                                           /  / i :{´ ̄ ̄` Y ´     i: /i
                                          ノ :/  ハ :',           /: ハ:.i  ',、
                                         / :/  /:ハ :',         イ:. ハ:.ト、   \

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 後編(と番外編「手紙について」)の続きです。

58 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:32:11.17 ID:3tZIpw.o
【紀元238年12月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        景初二年十二月一日、明帝曹叡は崩御した。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .当時の景初暦で言えば、景初三年の正月早々世を去った事になる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
59 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:33:34.63 ID:3tZIpw.o

   ,. ‐ ''"´ ̄ ¨゙''ー、
>'′         `心‐、
○: : : : : : : : : : : : : : :: : :ヽ
; ; ; ; ; |: |: ::λ: :|..|..|.............}ミヾ
: : |/|/|/|/ |/|// }/}_彡ミヾソ                              _
: : |  ◯     ◯' .|: : :ヽ::}                                 .  ´_`ヽ_.-─-、
: : !  :::::::     :::::::: {:: ::/|/                              /.  ´ : : : `ヽ_.-─-、\
:::!入.  rv- ..__   }: ::{ ′                        // : : : : : : : : : : : : : :. :.\\
ヾヾゝ、_.!   /  ,ノ                               //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ハ
゙`゙゙゙゙>‐≧=<‐'"´                                f/ : : : : : : : : : /: : /iハ : ヽ : : : : : ヽi
 /:::::::\ィ=|:::::::\                            /: : : : : : /: : :./i: :/`‐'ヘ : :ト、 : :ヽ: :∧
// ̄ミヾ\|:::::::/|                              /: : /: : : / : //:./    \i V: : i:/ : i
                                      i: : /: : : //_ムイ    _.L_ V´:l : : |
 魏 皇帝 曹芳                            l: /i: : ∠r' ̄ ̄`     ´ ̄ ̄`ヽ: | : : |
                                      `i: l/i ィT弐ハ     ィ弐ヾ゙Y´ i:ハ: イ
                             .          |∧ヽi弋_{zrソ       弋z.ソノ  il ノ/|
                             .          |: : ヽ{                   r':. : :.|
                             .          |: : : ハ       '      ∧: :. :.|
                             .          |: : : i: :.\    ---    /: :.i: :. :.|
                             .          |: : : |: : : : :>、      . <:. : : :.|: : : |
                             .          |: |:.:.|: : : r'‐{¨> .- .<¨Y}ハ: :. :.|: :.|:.|
                             .          |: |:.:.|: : / Y/////////Y  \: |:. :|:.|
                             .           l:.:l.:._l__〈 /`ト、____ノi\  V: : 乃
                                     r‐´' ̄   V  l/////////.|  \/ ̄ ̄`ヽ、

                                           魏 皇太后 郭太后

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        その日のうちに皇太子の曹芳が皇帝に即位、郭皇后が太后となった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .同時に大赦が行われている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
60 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:36:03.53 ID:3tZIpw.o

           ,  -── - 、
       , - ´          `‐、
  -‐ ' ´                  ヽ
    /   i    \          ',
   / /    l i    ヽ         i 
  ,' ,'   l il li    ヽ', - 、   _  l
  i l   ,イ l ', ! ', ト   ',i「ヽ ',  l::r-ヽ l            / /-ーl
  l li    i l l,. -ァ ',! ',  ',lヽl l  L\ \         , -/   l -ー l
  l ll   l /ト..イ ', ト、 l  /    \  \ , - 、 , -'´  /   l -‐ ' ',
   ',l ', i ',  l:::::!    l ヽ l-'´    _ ノ\/ -‐ '´         ',-‐ '´ ` ‐-r  私が大将軍の曹爽である!!
   ', ヽ!ノ  ソ Zz   !  l',ヽ/プ´   ̄/  /            ヽ、/_, -'´
    ' ,/ l   , - 、 l  l /:::/,'     /  /                /
    /  ',  く     )l  l:::::::/ i   /              , -─‐ '
    ,'  / ` ‐ 、     l ,'::::::/  l             , -‐ ' ´ 
    i ,'      `ア´l /::::::;'   ',     ,  -‐ ' ´ 
    l ,'     /::::ノ::::::::::i    ` ‐ 、 イ

            魏 大将軍 曹爽            .━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   ,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
                                   ::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l
                                   ::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
                                   ::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
                                   ::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
                                   :: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
                                   ::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
                                   :: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
                                   ::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
                                   :: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |

                                           魏 太尉 司馬懿(字:仲達)
                                   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹叡の遺言どおりに大将軍の曹爽と太尉の司馬懿が政治の補佐を行う。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .両者とも都督中外諸軍事・録尚書事を兼任、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .各々三千人の兵を統率し、交代で殿中に控える事が決められた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          これが皇帝曹芳の治世の体制となる
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
61 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:37:10.85 ID:3tZIpw.o



     //    //   / ∧/ ||  |    |斗─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗- ┼ー||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、        ┴ゞ'ー'  //ヽ} 〉 l  l l   .皇帝陛下からの
  \/ /  \ \ ∨厶⊥ゞ'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l   ありがたい詔勅を読み上げるわよ
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧       ー- -ー '゙     / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ                 ,. ′    ヽ | |  ',   \
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \   \
::::::::::::::::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \    ヽ,   \
::::::::::::::/           /  \  `ミューィ≦´//          〈:\ _ \
::::::::/             〈.    \ _ヽ/__,/ /            }:::::ヽ::::::: ̄:::::

                 魏 中書令 孫資

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        曹芳の治世の始まりに際して、彼の下した詔勅が読み上げられた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .ただし、八歳の皇帝が詔勅を書けるとは思えず、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .おそらく中書省の劉放か孫資が代わりに書いたのだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
62 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:38:57.51 ID:3tZIpw.o

                                                        _,. -─‐- .._  
                                                     ,. ´´ ̄,>>ニヘへゝ.._    
                                                   // /./// /l lヘ. \`   
                                                      / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ   
                                                  / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ   
  朕はつまらぬ人間でありながら大業を継承し、                  / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }   
  孤独で訴えかける相手がいない。                       /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ   
                                                /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′    
  大将軍と太尉は臨終のご命令を謹んで承り、               /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「   
  朕の身を両側から補佐し、               .          /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |  
  司徒、司空らは百官を統率して社稷を安んじている。         /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ   
                                              /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\    
  卿大夫共々、汝らの心に鞭打ち、朕の意向に沿うように     , イ:.::.::.::.::.::.::.:/   l、v  ̄j「、,ゝ、/ \:.::.::.::.::.::.\ 
                                        ./ ノ.::.::.::.::.::.::.:/    l ^^'1| _リ >′   \:.::.::.::.::.::.
                                       //´.::.::.::.::.::.:.:::/      ヘ\ |:| /        }:.::.::.::.::.::.
                                      /f´.::::::::::::::::::::::/      ヘ. ヽ/       /}:.::.::.::.::.::.
                                     ,/ ノ.::::::::::::::::::::::::ゝ--─‐一¬ヘ-'──‐--っ//\:.::.::.::.::
63 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:39:44.90 ID:3tZIpw.o



                                                  __
                                                 .x<       ̄ >ユ 、
                                              ,ィ     / /    / | | ∧ \
                                                / /〃 /  / / / .| | l ハ '.  \
                                            {ハl l / /| / /   | | | U |   \
                                               }从|/ `∨ /   Ll ゝ‐'',      ハ
                                            _ ノfミx |从/ / ,′   }     ハ
   現在建造中の宮殿の工事は遺詔により中止とする。         {    ル' ゞ  }イ /    /ハ     |
                                               '.        / /   /  ハ.      |
   官庁所属の六十歳以上の奴婢は、解放して平民とする         }       /イ , イ  イ   '..    |
                                            〈         ∠ ィ   Vl !   '.    |
                                             l        {__ /  |   '..     |
                                             `  ̄ ヽ   厂V´l     |     '.     |
                                           __,.r‐/ ̄ ̄` ー‐ ┴―― 、   '..    !
                                   r/ 7´{¨7´   _.ニ/              \   '..   |
                                  /   " {  __厂 ヽ.ノ                 }   '..   |
                          _,. - ――┴――― '      、 \                 ,′  '..  |
                                       `丶、  \                /     '.. |
                                        _____                 ,∧       ∧
                                 .>に´  r' ∨   `丶、    、____/∧ ヽ      ∧

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      また、こうも言っている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       宮殿造営中止に関しては曹叡の遺命とあるが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       おそらく、司馬懿、劉放、孫資の間で協議されたと思われる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          生前の曹叡の行動を思えば、彼が宮殿造営を中止するのは考えにくい
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
64 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:40:55.51 ID:3tZIpw.o

      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/               よくも三公である我らに断わりもなく……
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ             取次役風情が偉そうに……
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         | ←しばらく前に司徒に転任
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-                         ______/  \┴ー-く/´\
::::::::K             ,イ:::::::|::::::                       / .//     ` ̄ ̄´    \
                                         ./   / /     ./:      |    ヽ
      魏 司徒 衛瑧                          /     |/      |:..|: |: |: ∧: l:   ヽ
                                         |    :|       :|斗 /‐/|: / |-〈:   |:. ',
                                         |    :|       :|.:/x示ミ|/   示:|: ∧: |
                                         |    :|       :l'〈 r'::::}|    r'i| レ':|∨
                                         |    :|       :|  Vzソ   V} {:  !
                                         |   .:ハ     :|  ー    , ー |  |
   先帝は特定の側近ばかり重用していましたからね       .|    ヘハ     |'' ''      。 ''/:. |
                                        ノ      .:∧   ∧、       /:.:  |
                                       /. イ::.   ヾ.__∨   |_   ァー' |.:.  /
                                         .レ|:.     \\  |::::::ヽ/>、   |.: /
                                          ゝ、::    ∨ ヽ|\::::|∧ \ |/
                                         /_,\.:.   |   >‐V/ー<  >、

                                              魏 文官 蒋済

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .事は全て宮殿の中での協議で決められた
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       曹叡の死からこの詔勅が下されるまで、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       大部分の群臣は事態の推移を把握していなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          地位では司馬懿と同格である
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          司徒衛瑧、司空崔林も同様だっただろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
65 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:41:39.60 ID:3tZIpw.o

      ,'   ,'  l l  l li li l', ヽ    l     l
        i    l  l li lil l l l l.',  ト、   l   \ iト、
        l.l  l  l l l il l ',l', ヽ、lヽ、l ヽ l .l    // \
      l l  l  li「Tイヽ ',l', イプT-ァ、l lヽ  /イ',  ヽ
       l l  l',  ', l:::::l   ',  l::::::::l  l',l l ノ/  l ',  ヽ      .太尉。
        ', トヽ l ',ー'    └ー' ,イ ',!'´    l. ',   ',     
       / ヽ.l ヽl ト、 丶   〃 ,イ_,l l      ', ヽ   ',     皆の視線が突き刺さって痛いのだが……
     /  / 丶 l l ` ‐、._., -'´ l l l       ヽ \ ',
    /  /     l l  , ┴- 、   Ll /ー- 、     \  i
    / /      ,-l lrー  ̄ゝ ヽ 「ノl    ヽ     ヽ. l
   ,.イ       /  ヽ /「 ̄   ',、r-r‐T"「´l ̄l 
  / /     rT7「 ̄l ̄l 「 ィ    ',l_,、-‐ー-- 、._l     . / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
 / /      l-‐'"´l ̄ ̄ └ ',   入ノ      l     |./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
                                    /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
                                    ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
                                   ./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
                                   ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
   上に立つ者の宿命ですわね。               /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
                                   . i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
   この国の行く末は大将軍にかかっておりますわ。   il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
                                    }  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
   何かあれば私めがおりますゆえ、            ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
   お役に立てる事であれば、お力添え致しましょう    リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
                                    ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
                                   、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
                                   .l }   /      /       /  /   ヽ
66 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:42:42.30 ID:3tZIpw.o


          /                          ',
          ,'/   ,'   / ,イ i                 i
            i !    ,'  ,' //,'l l l              l
         l l   i  ,i /,イi l li l i ',       i     l
         l l    ! il ,.イ,' l! l l l li ',  ',     l       ! ,ィ
          l li  l  l!rr-、! ', l ',! ',   ',   i. l   ', !/ l
          li',  l  ll!.ト.イ   ヽ! ',  ',ヽ、i ', l l    i,イ/ ̄l
           ! ',   l il Lリ    ̄「`てー 、!', i l l`ヽ //ト   ノ     太尉にそう言ってもらえると心強い。
              ヽ ', ! l,,      ';:::::ヽ-プト、リ ノ /,.イ  lヽーく
           / 入ヽ ', ヽ    ` ー-- ' ,' /、_ /  l  l \ \    私は太尉を父のように思っている
         / / ,' /  \ 、__    "".,' /     l  l  \ \
        / /   i,イ    \ __   / ノ l      l  l   ヽ
      //     l !         l/ ̄ ̄ ` ‐、   l  l
    // /       !         /, ┴ 、   ヽ \   l  l
  /    /                    l/    \     〉  ',  !
/  / /               , イ      ',i l  ',l   ヽ  ',
  /  /               「:/l       l l   l    ` ‐ 、
,イ  /                /  l       lノ   l       ヾ 、


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \        当初曹爽は、司馬懿が高齢であり名声功績も上であった事から、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      常に彼に父のように仕え、決して独断で事を進めようとはしなかった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       対する司馬懿も、曹爽が曹家の一族である事から、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .いつも彼を立てたと伝えられている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          この良好な関係が長く続けば、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          これから始まる魏の混乱は避けられたのかもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
67 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:43:31.45 ID:3tZIpw.o
【紀元270年冬 晋首都 洛陽】

― 陳寿の家 ―

             |ハ : |: :ハ     ,      / : : 从: ハ
             { ハ: |i: : :ト、           ノイ: : ハ/}' }
                  ノイハ: 人    ‘`     人:/:イ
                  人: :{ハ:. .       . .:ハ} /}′
                `ヾ  _i .>-<. i_ ノ′       .しかし、双頭の蛇は互いに喰らいあい、
                 . :´ : l       l : `: .        両雄は並び立たずという。
               . .:´: : : : :K ___ ヾ: : : : :`:. .                                        
               /{:. :. :. :. :. :. :.:|/    \|:. :. :. :. : : : : }Y  このような体制が破綻するのは必然だったのだろう
           l∧:. :. :. :. :. :. :|  ___  |:. :. :. : : : : :./::l
             l:::∧:. :. : : : : : |/    \|:. :. :. :. :. :.:/:::::l
              /!:::::∧:. :. :. :. :. :.      .:. :. :. :. :. :./::::::::l
  n n―‐ 、 _/:::::::::::∧:. :. :. :. :. :.     . :. :. : : : : /::::::::::ハ _>――‐ ァ
{ヽ} lノ !7  ィ`ーァ:ヽ\::::::::.:. :. :. :. :. :. fォY . :. :. :. :. :. :::::::/::イ _ YY´}/ レァ
ヽヽ{. {ヽ _    /::::::}:::::::Y:::::\: :. :. :. :. 从ハ . :. :. :. :/::::::/:::::{::::|   ィ ノ ノ イ ノ
    `ゝ ‐ァ:⌒::::::::/::::::::::::::::::::::\:.:. :.: :.  . :. :. :/::::::::::::::::::人::ヽ..ィ::7´ ̄ ̄´
        {:::::ゝ:::::'::::::::::::::|:::::::::::::::::ヽ : : :. . :.:.:ィ:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::´:::}
        ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`ヽ∨.:´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ

“やる夫が正史を書くようです 第二十三回 前編”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が正史を書くようです 第十九回 前編

2012.04.13 (Fri.)
494 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/07(日) 22:03:06.99 ID:SG.vAtoo

               /`>- ¨ヽ
            .. '/        l´ヽ ̄丶
        / /  /  / /  |  \  \
        /  /  斗―|  |  」_ ヽ  ヽ ヽ ヽ
      /   ,ア  /  /|  |   ∧メ   | ', ハハ
      |  /;';!  レテ下ハ ! /Tハ !  | .|  ト、!
       l /;';';l   Vf、ィ} \/刋 }/   ハ| /
        、|;';';';',   ゝ-‐'   , ゝ' /_,.イ;';';'} /
       ト、;';';'ヾ ー-ゝ r―v   / } |__,ノヾ
      / /ヽ.__ゝ、  \ ー ' .. く //|    \          .、 「やる夫が正史を書くようです」
      / // / >く ーく ̄ {ニヽ!-- 、/ヽ   ` ̄ ̄ }__/ /
   /  /     {/`\\ \ ヽハ. l\  >′\___,./´ \/ }  第十九回前編の始まりなのですよ!!
-‐ ´ /  r―┴ 、   \\ \| | ヽ `丶、/ ∧  \    ∨
 / /   {    ハ.イ` ヽ \ \  \   ヽノ    }    ヽ 今回も前中後編の三本仕立てなのです!!
/   {    /==  ∧ハ    ', \ ';   }    !      /
    ゝ‐ ´    ヾ〉ハヽ 、  〉  V  /   /    /
‐<           \ ヽ\`7ー- / /__. <ー-、 /       (>>1は投下中レスには反応しません。ご了承の程を)
   \            ! `{ ̄ ̄ ̄/\ハ  \ \
    ヽ         |\/{ ー-/ /  ヽ}、   ̄ 〉
      i          |/ /\/(.ノ    / l\ __/、 /
     l    i    |  ,′ \    ノ  |ヽ    \
     |    l     |/ i   ヽ}\./   | \      \
     |    |     ト、!   /      /    ,    >` ̄
     l   l     ハ.∧/       /     |   /
             / }/          /       !./
           //           〃

やる夫が正史を書くようです 第十八回 後編の続きです。

495 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/07(日) 22:03:59.12 ID:SG.vAtoo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】

~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
496 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/07(日) 22:04:48.74 ID:SG.vAtoo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       今回からは北伐の後半戦、
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,      司馬懿と諸葛亮の激突が話の中心となる。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/       話に入る前に今までの状況を整理しておこう
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
497 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/07(日) 22:05:35.81 ID:SG.vAtoo

         _,..:.:-:.:―:-:....、
       ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
     /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
    /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
   /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
  /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
 /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
 ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/   .これまで諸葛亮の北伐は、合計三度行われた。
      ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
     Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'       第一次北伐…隴西三郡の占拠に成功するも、街亭で馬謖が敗北。
      ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/       .第二次北伐…陳倉攻防戦、武都・陰平二郡を占領。
        ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'       .第三次北伐…魏延が羌中に出兵、陽谿で郭淮を撃破。
         >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
        / ヾ、  _ヽヽ、   l;'        なお、第二次北伐では二回に渡って軍事行動が行われたが、
      イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、        諸葛亮がこの二度の出兵の戦功で丞相に復職した点を鑑み、
      l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _    ここではまとめて扱っている
     ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
      ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
     /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
    /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
    l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!
498 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/07(日) 22:06:22.77 ID:SG.vAtoo

               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l       この蜀軍の北伐に対抗して、
.  |    `⌒// ノ       .魏の曹真が蜀討伐の軍を起こしましたが、
   l       // ./       大雨に祟られ失敗に終わっています。
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ        これに関しては前回述べました
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

                                               ____    ━┓
                                             /      \   ┏┛
                                            /  \   ,_\.  ・
   こうやって見てると、                           /    (●)゛ (●) \
   街亭以外の戦いだと案外蜀軍の方が押してるお。         .|  ∪   (__人__)    |
                                          /     ∩ノ ⊃  /
   個々の戦闘なら蜀軍の方が優勢な気がするような?       .(  \ / _ノ |  |
                                          .\ “  /__|  |
                                            \ /___ /
500 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/07(日) 22:07:53.69 ID:SG.vAtoo
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)           局地戦が多かったのも原因でしょうね。
     |     (__人__)           .
     |     ` ⌒´ノ           ただ、魏の側からすれば、そのような戦況では困るんですよ。
       |         } \          蜀軍が勢いづいて何度も侵入して来るわけですから。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )        しかも、戦場となる雍州の刺史郭淮のみでは対応しきれず、
  /        .   | _/        どうも蜀軍に翻弄されている感が否めません。
 |         / ̄ ̄(_)      
  \   \ /| JJJ (          .この状況をどうにかして打開する必要がありました
   \  /   /⊂_)


                                                  ___
                                                /   ヽ、_ \
                                               /(● ) (● ) \
                                             /:::⌒(__人__)⌒::::: \
    そこで病欠の曹真に代えて、司馬懿投入なのかお?         .|  l^l^lnー'´       |
                                             \ヽ   L        /
                                                ゝ  ノ
                                              /   /
501 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/07(日) 22:08:35.11 ID:SG.vAtoo
【紀元231年春 魏首都 洛陽】

   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .
. |     (__人__)             
  |     ` ⌒´ノ             ええ、話は司馬懿が洛陽に戻った所から始まります
.  |         }             
.  ヽ        }              .
   ヽ     ノ              
   .>    <                .
   |     |
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第十九回 前編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十七回 前編

2012.03.16 (Fri.)
138 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:34:17.33 ID:qSVpsK6o

           ' | :/ : :./: : :./: : : /: : : : : /: : :.Y   ヽ
             /' |: :..:/ : : /: : : / : : : : :/: : : : :/|   |
            ′ |:/_ ..-‐──=┬=───- _ |   |
         |    l/ | ∧ i! /:1 ∧  |、    \!    |
         |/  丿  |十T丁/N V  |/|丁弋|+|  、__ゝ   !
         | -=イ| | V =Ⅵ!ミ     j/.__ヽト ゝ||! \  ¦
         |   |ヘ 从|'{[:r:ィ示`     不r:示フヾi从 トゝ !     蜀の蒋琬だよ!
         |   |从ハ ' く辷ル       k辷ツイ '’| |:Ⅴ  |
         |  ∧:| |ヘ                     | |:.|     |     「やる夫が正史を書くようです」第十七回前編。
           /|  !:.:.:| |: ヘ r=、、    ′    ,,.‐, .| |:.|     |
        /   i!:.: | |:.:.:i ヽ ヽ .._    _.. ,〃' /.:| |:.|    ハ     今回からは『三国志』中盤の山場、北伐だね!
      / i!   i! .: | |:.:.:i!: ヘ}  |     ̄    i  {.:. | |:.|:!  / ヽ   .クライマックスじゃないんだよ?
       .′:.:i!   i! .: | |.:.:.i!:.:ir|  |>、 _,..、イ|  !.:. | |:.|:!       丶   三国時代は後五十年あるんだし
     /   .:.i!  ∧:.:.| |:.:.:|レヘ.!  !ー------ ´.!  ! : | |:.: !       ヽ
     .′  :.:i!  /:. !:. | |:.:/:::::: |  | __    ___ j  {V ! !、:.!      ヽ.   !
   /      /:.:.: !:. | |∧::::::リ /   ヽ--/  \ V' | |:::ヽ      \ |
   .'      /:.:.: z==| |  ヽ/ ´_.. -―〈__:〉ー-..、  〉.| トヾ::ヽ        \
   !      !イ イ  | |   }    _.. --{:.{, -- 、   | | | :.:./\!       ヽ.

やる夫が正史を書くようです 第十六回と(番外編「三国時代の経済事情」)の続きです。

139 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:35:53.95 ID:qSVpsK6o
【紀元226年5月 魏首都 洛陽】

   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \    .   
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      魏の皇帝曹丕の死は、あまりにも突然に訪れた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        風邪をこじらせて肺炎になったのが原因と言われている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   .   
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .後事を託す事のできる時間があったのが、せめてもの幸いだった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
140 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:38:57.16 ID:qSVpsK6o

              ,. '"´ ̄ ̄`丶、
             /          \
          /´` 、 /         ヽ
            ,'    r Ⅵl     \ ヽ    ',
.           i     | l∨|  ! ',  ヽ ヽ    ,
         l     | |`´||',  、  ',  ',   !
         | l   l| ', '、ヽ \,.イ´丁 |     この四人を謗る人がいても
         | | -l‐|―-ゝ\ヽ、イ \\} ,,.|     絶対に疑ったりしないように?
         |  l   ' j___,,.`゙\`====彡' l',
          l  l ‐'"「 ̄ ̄´  、    , ,  l ',     私が信頼してるんだから間違いないわよ?
           l  '  ' l         __,.   //  l ',
.          l ,' ,'  , \    ̄    /' '  l  ヽ
         l / /  ,' l l`i丶、 _,. く:∨    l  __ \
.         l/ ,'   / ノ ! r! r‐''´.:.:.:.:/,' '  ,'/.:.:.\ \                          人      }\
.         / /   // ノ/⌒'、.:.:.:.:.:./ '/  ,'′.:.:.:.:.:. \ ヽ         /\    _ ________ ___/  \ _ /  }
       , ,' ,'   ' /`Y′   \/ , '  /:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽ        {  ヽ,. '´       \_ /´  `ヽく、
      ,' /l i  ,':´/.:.厂`i‐r''ア //   /.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:', .:.:.:ヽ ヽ       ,>/          /{     ∨
                                         / /   ,.  /∨l  i  \ ヽ、     !
魏 皇帝 曹丕(字:子桓)                         \_,l   i  !  |´ ̄|   l、  |`ー',     |
                                           l l  i{  |_ノ!   |\ハ ,ハ ∧     |
                                           | ', |i<「ヽ|    !ノ ̄∨ ̄}/ ¨l     !
                                           | ヽ!ト====     ====='′   !   l
    (ある意味、筋金入りのお墨付きね……)             l   i l               l     !
                                           ',  l八              ,rr‐|    ,'
                                           ヽ !  >.、_ ⊂⊃  _,. < !l |   ,'l
                                              |  l i / `T===''´i    `ヽ.l   ! !
                                              |  l i {   ` ╋ ´      l   ! |
魏 皇太子 曹叡(字:元仲)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       彼は死に際して曹叡を太子とし、その補佐を四人の重臣に託している。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }    .  上軍大将軍曹真、鎮軍大将軍陳羣、征東大将軍曹休、撫軍大将軍司馬懿、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       一族の重鎮が二人、曹丕の腹心が二人という顔ぶれとなる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/      .   こうして曹丕は世を去る。享年四十歳、諡号は文帝。
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       .   生前の彼の望みどおり薄葬で葬られた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
141 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:41:07.31 ID:qSVpsK6o

     ____
   /     \
  /  ─    ─\      なんとも評価にこまる皇帝だったお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |    .しかし、何故に文帝?
\     ` ⌒´   ,/
                                                       / ̄ ̄\
                                                     /  _ノ ,ヽ\
                                                     |   ( ●)(●)
                                               . \    |     (__人__)
                                                 \  .|     ` ⌒ノ
   彼は建前上、『漢の皇帝から帝位を譲られた有徳の聖天子』ですからね。  . \ ヽ       }
                                                     .\_,ゝ     ノ
   治世期間こそ七年という短さですが、魏の初代皇帝であり、              /, r、    く
   そのために変な諡号を贈るわけにはいかないんです。                / 〈  \    i
                                                   . ヽ、 .ヽ   \ i..|
   国政に取り組み、治世も安定していましたし、                       .て_)   \ノ
   それらを鑑みれば無難な線ではないでしょうか?                           .\
                                                              \
                                                                \
142 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:43:00.92 ID:qSVpsK6o
【紀元226年6月 魏首都 洛陽】

                    _
             _厶-‐ ¨ ̄  }-、
               /      __,.ィT7⌒ト、    __
          /|   ∨イ´/:/:::!:イ:::!::!::rミY´:::::::/
          マ∧  -}:!-|-|、|::::「~|:::|::|::::} ||!==く、
            /   /}:|ハ!Vリ|::||! T:丁!::/ リ|`ヽ/l|
             /  / ,.イ:!|ヾ== V ヽィ示iY /イ、::::_|_|!
          ′   / ノ::!|    ,  ヒzソハ.__  `Y \_
         i     }::ド==、` ー-    /l|1`iン′   `丶、
         |     ハ::!::|\}}___ ,. イ7j !:::|`ヽ-一     `丶、
         |   l |::|::::ヘ 〃_`≧ト;/|::|:| {:::{ _`≧ニ.._   }
         l   _,!'´ヾト、:::`ヽ!.|   `丁ヾ ̄/´   /     /
         |`Y´    ヽi::::}:::} ニ== {  ``==、  ヽ _,. '´
         ,ハ. |      |::/:/l |   ヘ  /   __}} -‐'´     
        / /| |   |   ,!:i:/. }_!     !イT::丁 //        最初にやる事は決まってるわね
      /   !::|    '.   {:::ド=-     |:|ヾ:、::マ/、
       /   |:::| l   ヽ.  ヾニ=-     /:j }}ヘ:{{ヾ:!
      \   〉::! !     ` ー ニ ーァi:|/ // /ハ! リ
            |イハ '.     \ ` ー--〈::| |:| |:|
           '. i       ` ー--ハ! ヾ リ
             | |        _/ ∧
            l |        ̄ ̄  // ヽ、
                l.|        --一'´/    ヽ
              !|           /      ヽ
                l.|    \         /:\
           〈T丶、    \__      /:\::::::ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       曹叡は床に届くほどの長い髪、天姿秀出と呼ばれる優れた容姿を持ち、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      侵しがたいほどの威厳を持っていたと伝えられている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      皇帝となった彼が真っ先に手をつけたのは、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      実母の甄夫人の名誉回復であり、彼女に文昭皇后の諡号を追贈している。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         しかし、彼はこの時まだ二十一歳。
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          宮中で育てられたため、多くの群臣が彼の人物像を掴みかねていた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
143 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:45:40.59 ID:qSVpsK6o

    ___/_:_:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.:.:.:>- 、/:.:.:.:.:.\___
   ヽ::::::::::、_::>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´::::::::、:::):.:.:.:.:.:.:ヽ::::/
    \::::::::/.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
       >' .:.:.:.:.:.:.:.:.y、:.∧:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
.      /::,':. .:.:.:.:.://:./ーv-、! :.:.:|:.:.:.| :.:.:.:.:|∨|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、
     /::::|:.| :.|:.:.//:./:|   |;イ:.:}:.:.:||:.:.:.:|/::::::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::>
       ̄ォ_|:.∧:.|从:{ト|   リ }:/|:./ }:.;ノ}::::::::| .: :|:.:.:.i:.:.:f'´
        |:.:乂、{:.|テ示ミ、  /,ィ/テホ≧, /イ:::::| . |:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.ヽヘ{、代::{       ト、爿 // ',刃 :.:.:|:.:.:.|:.:.:|     私、女は胸じゃないって思うのよ?
        |:.:.|:.:.|:Ⅵ  ̄       ̄´   冫ノ/:. |:.:.:.|.:.:l|
        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ             /::::::::::::::::i:::l::::::::l==i:::::::::::::::::::::::::',
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l          ,':/:::::::::;':::::l:::li:::::::l´`` l::i::::::l:::::::::::::::i
                                             .i:;':::::::l:::i::::::l:::l l::::::l / l::l::::::l:::::::::::::::l
                                           l::i::::::::l:::l::::::li:::l ';::::l, ーTヽ:l::::::l へ::::::::l
                                           l::l::::::::l::::l:::::l ';::! ,イ::li:::l l::l::::::l ) l:::::::l
                                             l:l';::::::l:::::l:,ィ'l ',!   L::ノ ,!イ::::::l ,'::::ヽ',
                                              ';!';:::::l::::::l ト!   // ハ. l:::::::lノ:ヽ:::::::ヽ
       そこは共感するものがあるわね                  ',ヽ、:';::::l,,´      u l::::::l::::';:::::\::::\
                                             /:/:ヽ:::ヽ  く つ  ,.イ:::/─i:';:::::::::` ‐、\
                                            /:/::::::/::::;'` ー-- イ l:/  l/` ‐- ァ-、:`
                                           /ノ::::::/::::::i:::::::l::::::::::::r` ノ  /    /::::::::',\
魏 文官 劉曄

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        そんな折、曹叡は侍中の劉曄とだけ謁見し、一日中彼と語り合った。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この時、曹叡の人となりを知りたがる群臣が
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       二人の会話を立ち聞きしたという
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
144 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:49:15.39 ID:qSVpsK6o


.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
      ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:/:=ュ: : : : : : : : : : :i
       !:i: : : : : : : : : : : : : : : : : /:/〃/イ:i: : : : : : : : : :l
     l:l : : : : ;' : : : l: : : : : : : :/:;' ` -:イ:l : i : : : : : : :l
      !:l: : : : :l: : : : l: :i: : : : : /;':i__ l:l: : l : : : : : : l       秦の始皇帝や前漢の武帝の類ね。
     l:l: : : : l: : : : l: :l: : :.i: :/イ:l _  l:l: : :l: : : : : : :!
       !:l : : : l: : : :il: :l!: : :レ',.イ!てー 、! : : l: :i: : : : l    .   資質は少し及ばないけれど
        '; : : : :l: : ',:l:l:!l ';: : :!  ';:::..,,.. ./l: : : lヽ:l: : : : !
      `、: : : l: : i:ト!',! ':,: :l  ゝ::リ:ノ/l: i : ! ノ l: : i: :l
        ヽ: : ',: :l',    ヽ!    ̄ノ l: l: :l: : l: l: : '; l
         ` ‐:ゝ!\  、     /l: l: ;': : : l: l: : :'.! 
         ,イ: : i: : : :` 、 _, '´ ノ, - 、: : l: '; : : l           〉、 ー― ― ' " ̄   ―- - 、_    .ヽ
         ,' l: : :li: : : : : '; :: : : l  /    ヽ: :l: ' : : l          ,!_::丶-....、_                ` ー 、 ヽ
                                        //:7ヲ<:::::::::::::>―-- 、            `ーヽ!
                                 .       /:././:/:/./ / 7 <::::::::::::>..、 ̄                〉
                                       / .杉|/V / / / . /|>i<::::::::::::>..、          /
                                       ,'.:./イ.∧|:/ / /:×ヽ l:.:.リ  |:><::::::::::::>..、     /
                                       !/|:.:} :レ / / /"ラミ:|レ l:. l  l .リlr<::::::::::::>.、/
                                        y,. '"    γrfij ト,ヒ ∧ / ./ .|!  .:ir<:::::::::/
  いずれにせよ、先帝よりは仕えやすいでしょうね    .     ハ     、辷_メ'" V ! ∨ / リ  ::l  >t'
                                        l            l:.:.∨i:   /i  .リ:.:     V
                                         ヽ、         / //.|: /丿 ./ ::.    V
                                         ヽ  ̄       ./ ∧こ| /イ ./   :.:.    V
                                         ハ           ./ ,.'/:/:.:|/.,  /.:.:  :.:.:.    V
                                          ゝ .... _ _ ... // /:/:.:.,. '  /:.:.:.:  :.:.:.:.     V
                                             i  : : :/i   ./ /,. ' /:.:..:.:.:.  :.:.:.:.:    V
魏 文官 陳羣

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      謁見を終えた劉曄は、曹叡に関してこう評している
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
145 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:50:18.87 ID:qSVpsK6o

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \        秦の始皇帝に漢の武帝……
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /         暴君のにおいがするのは気のせいかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |                          
  \ /___ /                           
                                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                                              /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
                                             /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
                                       .    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
                                       .    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   それは追々述べるとして、                      ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
   曹叡の即位は魏・蜀・呉のバランスに影響を与えた。         |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
                                            1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
   これまで魏は呉に対して積極的な攻勢に出ていたが、          ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
   曹叡の即位以降は攻守逆転し、                 .      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
   今度は呉が積極的に魏を攻撃するようになる。               ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
                                                 ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
                                                  ,r'^,!       「ヽ、'´
   その証拠に、孫権がさっそく行動を起こした                 _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
                                           _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
                                          r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
                                         / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ

“やる夫が正史を書くようです 第十七回 前編”の続きを読む

やる夫はハッカー兼サマナーのようです…… ──電子と心の檻と澱── 第七話「迷いの果てに見たものは」

2010.12.12 (Sun.)
1 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/11(土) 19:11:49 ID:q.We.cNM



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━
                                                ┏━━━━━┿━━━━┓│
    「 やる夫はハッカー兼サマナーのようです 」                      ┃ ┳━┓   └────╂┘
                                                ┃ ┃  ┃EVIL         ┃
         ──電子と心の檻と澱──                         ┃ ┻┳┻┫           ┃
                                                ┃   ┗━┓UMMONER ┃
                                                ┃   ┣━┛           ┃
         ┌──────────────────┐           ┗━━━━━━━━━━┛
         │   .このスレを開かれたあなたに……   │
     ┌─┴──────────────────┴─────────┐
     │ ・ 原作はアトラス発売「デビルサマナー・ソウルハッカーズ」です。    .│
     │                                          ......│
     │ ・ 基本的にストーリーは原作に沿って展開します。             │
     │                                          ......│
     │ ・ ただし、悪魔の存在に関してはその限りではありません。      ..│
     │                                          ......│
     │ ・ 多分に独自解釈を入れております。                   .│    , ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     │                                                │    |   4スレ目     |
     │ ・ あと、>>1のPCの知識はかなりお粗末です。             ___   `、           ,ノ
     │  PCの知識に関するツッコミだけは、勘弁してください。      ⊂ : : : : : : ⊃    ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
     └──────────────────────────_⊂ : : : : : : : : : :⊃__
                                          ⊂ : : : : : : : : : : :○: : : : : : : : :⊃
                                         ⊂ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!っ_
                                          ⊂__ : : :..:: :::: :. : : : i´'‐-,_ : : : : : ○ :: : : ̄⊃
                                            ⊂__...:::.. : : :`'‐-,__`'‐-,:: : :.. : : :_⊃
                                                ⊂__ : : : : : : `‐-`__⊃
                                                   ⊂___⊃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.
855 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/03(金) 14:27:56 ID:fkqB3PUA
おかしいな…やる夫とかネミッサとか描こうと思っていたのに…
どうしてこうなった

ttp://convini.ddo.jp/imguploader/src/up5719.jpg
856 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/03(金) 14:35:02 ID:spv7aEdQ
完全にルパンですねwww
でもすげぇ……渋さが半端ない。GJだわマジで
857 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/03(金) 18:00:18 ID:T7hI7ey6
うおお、かっけぇ
858 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/03(金) 18:10:04 ID:Vh7230uU
ルパンのジャケットが緑なあたりが
わかってらっしゃる……
859 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/03(金) 18:10:25 ID:PdDzmau.
ハッカー兼サマナー略してハカサマ絵ってより、ルパン絵にしか見えないw
でもうめぇ
860 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/03(金) 20:28:46 ID:vSu2z5z.
やだ、超カッコいい……。
861 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/03(金) 23:13:48 ID:vT7Js4wc
>>855
なんという渋い絵…
GJでっせ
862 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/04(土) 00:26:09 ID:FmrmndE.
゚i ・。i*i゜・。oi ・。io!*
。*。|o、__ __ ・|゚o|
・+o。゚ Y´、。ハ ゚*・
゚i・。   V人` \ ゚+     >>855
。|゚    }  }` ー' ゚
*  , 彡  j   ・i。io      うおおおおおおおおお!!
・i。 〃 }  ,ハ  。!*
゚*/,  / , ,;リ ゜・oi        書くぜ! 書くぜ! 書きまくるぜ!!
゚i  //,イ, , ; ;/ i゜・。o
oi'//イ{; ;. イ   *io・         今宵、俺は修羅と化す!
・i小У!{'´ !{   i ・。io
゚。゚.* }{  }{  。+!*
i*i゜.・ }{  }{  ・i。o゜i
 |\∧MMMMM∧/|
<ハシビロコウ状態!>
 |/VWWWWWV\|


   ー匕   ニ|ニ l |  ィ     女   女又  / ゝ ┼+ ナ ゝ l  ヽ  | 干 ゝ  ┼┐ヾ l  ヽ  l  ヽ ___
    (乂 ) ⊂ト  丿  木厶 (__ 八_ヾ つ   ー  cト  し   レ cト ⌒) ノ 丿   し   し



                    -‐‐‐-
                 /       \
               /            ハ
                   i{、     l      ノ }i
                   } 込、、,,人,  x汐 ,{
                 八  〃´ l `ヾ   }        今夜はオールナイトだぜ……
                   {  Yi{   |   }iY  ;
                ',. |i{   : | :   }i| /
                ',. |i   |   i|.イ
                ',.|i    |    i| ;{
                 ∧i  , | ,  i/∧
                 / ∧i  |  i/ '' ∧
                   _/ //∧i { .. } i/  //∧
                  〃    \.:./   ///ヽ
               /, , ,       "      ' //∧
863 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/04(土) 00:28:46 ID:LU.txPJ2
流石ハシビロコウさん! 俺らが(ry
864 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/04(土) 00:28:58 ID:ndaS0EgY
一体何が起こるって言うんです!?
865 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/04(土) 00:32:48 ID:7j2V3TVQ
     \カカカッ/

凶鳥ハシビロコウが一体出た!
866 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/04(土) 00:42:52 ID:Dwe3cpFU
キャー ハシビロコウサーン
867 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/04(土) 01:08:48 ID:GIzSvhiU
ルパンがワルサーP38で次元がマグナムなのもいいなぁ
868 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/04(土) 01:30:10 ID:FmrmndE.

     単純に書き溜めの旅さ!
   溜まってたレポートもあらかた消化できたしね。

           ____                    あ、興奮しすぎて忘れてた。お礼の言葉入れてない。
            /j廴:::::.`ュ __                 即効保存しました。 大感謝です!!
        / ,'(●)/: : :ヽ: ヽ、
       / ヾ 彡イ: : : : : : :ヽ:`ヽ、          一部返信
      /    弋= : : : : : : : : : : : :`..ー―...、___      >>854   そんな感じですね。
       {  _    ',: : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ):::入           第3話でやる夫もネタにしてますよ。
     彡 / `ヽ  ヽ: : : : :{ー‐┬― =z=====へ::::::)          宜しければ、ご参照ください。
     ´゛弋      个 : : 乂 へ\        ゝ′           次の話でチラっと扱いますが、
        \      ゝ、: : `ヽ)_.\                    イニシアティブを取っているのはあくまでネミッサです。
        / ゝ、__,r  へ、: : : ヽ、 "'''- .._
          /,',',',',',',';;;  \   ,イヽ: : : ~""'''‐´ 〉      >>865 先に言っちゃイヤーン。
       /,',',';;;;;;;;;;    へ ノ   ~""''' ‐-<
        /;;;;;;;;;::::::::      〈
     /;;;;;;;;;::::::::         |
6 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/11(土) 21:02:24 ID:q.We.cNM

                           _ ______
                      ´.: : : : : : : : : : :`
                       l: : : : : : : : : : : : :i
                    i: : :○ : : : ○: :.|     一応こっちでもボクさ。
                        |: : : : : : : : : : : |
                     j: : : -===- : :.i      イエーイ、スタート。
               r―--┐     i: : : : : : : : : : : :l
              i: : : : : ',      ゝ : : : : : : : : :t´
                ',: : : : : i  , f: : : : : : : : : : : : : :ヽ
                \: : : :y: : : :Υ: : : : : : : : : : :y: : '..,
                ',_: :: :/  i: : : : : : : : : : : :l丶 : : :ヽ
                     ̄   l: : : : : : : : : : : .i  \ : : :丶
7 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/11(土) 21:02:56 ID:q.We.cNM






                                      ┌─┬─────
                                            |  |\
                                            |  |  \
        ━━━━━━━━━━━━━━━            |  |   \__
        │  ARE YOU READY?    .│            |  |    |
        ━━━━━━━━━━━━━━━            |  |    |
                                            |  |    |
                                            |  |    |
                                            |  |    |
                                            |  |    |
                                            |  |    |
                                            |  |    |
                                            |  |    |__
                                            |  |   /
                                            |  | /
                                      └┴┴┬───
                                     ,.p_.       r|
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(:::::::) ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.
10 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/11(土) 21:03:32 ID:h.9Yf1cs
YES! YES! YES!
8 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/11(土) 21:03:08 ID:q.We.cNM


   i二 二h__fニニh____f三ヨ_i二二二!
   | i|  | |      ̄              | |   ||
   |二 二 j´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i二二ソ                          ┌────────┐
     | | |                    | i |                             │                │
     | | |                    | i |                             │ ・ System.    │
   _| | |           i            | i |                             │ ・ Internet    │
    | |三i} |        |.|           | i |                             │ ・ Sound.       │
    | |三i} |____,、_|!.|_,.ヘ、_,、___| i |                             │ ・ Program.    │
    `ー|汀!                      | i |    =二二二二二二二二=             │ ・ Controll .     │
     |  !                     ! fニミ______||  第 七 話    ||.             │ ・ Time      │
   |三 ] |                    | にソ   ||         =二二二二二二二二二二二二二=.guage.    │
   `ー汀} !                      | i |    =三三三三三三 ||.  迷いの果てに見たものは .||stbox    │
   i二二ハ                    |三三ハ                ||     △              ||nown .    │
   | |  | !二二二二二二}===!ニニ 丁f三干 i|                =三三三┃三三三三三三三三三= on.      │
   | |__j |─────┐i|__|ニニニ} i|  | リ                    ┃          │ ・ Secret.     │
   └──           └――┘  に三三シ                  ┃          │                │
                                   ┏━━━━━━━━┻━━━━━┿━┓            │
                                   ┃                      └─╂──────┘
                                   ┃   .このファイルを開きますか?    ┃
                                   ┃                    ┌──╂──────┐
                                   ┗━━━━━━━━━━━━━┿━━┛            │
                                                         │ ● YES  ・ NO  │
                         ┌─────────────────────┼────┐        │
                           ||            Now Loading……          └────┼────┘
                           ||    / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ          ||
                           ||    |,67%,|■■■■■■■■■□□□□□□ │|       ||
                           ||    \_二二二二二二二二二二二二二二二二.ノ.         ||
                         └──────────────────────────┘

.
9 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/11(土) 21:03:22 ID:q.We.cNM






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ┌──────────────────────┐
                  │.   やる夫はハッカー兼サマナーのようです……    │
                  │         ──電子と心の檻と澱──         │
                  └──────────────────────┘



                              悪魔にお気をつけて……




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

やる夫はハッカー兼サマナーのようです…… ──電子と心の檻と澱── 第六話「ぼくたちの夢」の続きです。

“やる夫はハッカー兼サマナーのようです…… ──電子と心の檻と澱── 第七話「迷いの果てに見たものは」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.