2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:ボヤッキー の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編

2012.05.04 (Fri.)
717 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:43:09.37 ID:080N8zQo

             _ -―-、
           , -――‐ヾ、―‐-、
         /,イ  ̄ ̄ ̄ }) ̄ ̄ヽ
        / /  /\  / ,へ、  \
          / /  /. . . . ー''―'. . . .ヽ、 ヽ
       l /  / . . /. . . . . . . .ヽ. . ヾヽ ',
       ||  ,'. .. ./i. .i .| ,ヘ. . . .l. . . lヾゝ|
       l」  |: . : .!フニ!ミi;/ !ァ;ニ_}. . . |: ::| l
       ヽ  |. . : <ト'  !`  'ト' .!〉. . |:.i:.|ノ      「やる夫が正史を書くようです」第二十四回前編です。
          \l. . . .lゝ- '  ,  `-'j , , レり
             ∧. . lu"  r‐ァ  "イ//人        .このスレの作者は投下中にレスを返しません。
         /l: :ヽト、>、 __ ,イ/ノイ::}、〉
             レVV': :゛:|ー┐┌|: : }リV        .後、投下内容に関するネタバレ発言はご遠慮下さい
           r‐'´\: :|\ 二ノvV⌒)ー、
         /`ー--_リ'⌒7rjヘi⌒ヽ/ _)
         / ̄ ̄ ̄\__/´ ○〉 V  ̄  |
         ,'    \ くr┴'⌒::V´\.   |
          /、0 ___/V::::::::::::::::::|―^0r―‐|
        {  V   // ̄\:::::::::ヽヘ/ _イi
       ヽ___イ7 /     ヽ::::イ_,イ  l ',
        /||  /||\       ノ´__| /   ハi.|

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 後編の続きです。

718 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:44:47.86 ID:080N8zQo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
719 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:45:43.36 ID:080N8zQo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{       .前回は司馬懿を軸として、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ      皇帝曹芳の治世の序盤、芍陂・樊城の役を中心に述べた。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,      .今回は魏の政冶の実権を握っていた曹爽を中心に話を進める。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      .曹爽転落の軌跡・序章とでも名付けようか?
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|

                                                   ____
                                                  /      \
                                                 / ⌒  ⌒   \
 逆に言えば、どうやって司馬懿がクーデターにこぎつけるか、かお?     /  (ー) (ー) /^ヽ
                                              |   (__人__)( /   〉|
                                              \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                            ―――――――― \ _ _ _ )
720 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:46:53.48 ID:080N8zQo
【紀元239年1月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .話は少々遡る。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .景初三年一月、司馬懿が太傅に祭り上げられた結果、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹爽が魏の政冶の実権を握る事となった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .言い換えれば、曹爽自身が政務を行わなければならなくなったわけだ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 21:47:05.99 ID:CYe5GaEo
お、はじまた
722 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:47:44.52 ID:080N8zQo

            i.   〃:.  / :\/: : :/l: : :/l: : : : : .: : : : i
           r=、ヾ.li: : : /: :/l: : > 、./|: :/ :l: : :! :! : : : : : l
         / /く` li. : :/ r‐─- 、/\/: /!: :/:/: : :! : :l: !    丁謐よ。
        / /∧:Y li: :/ /l:::::.......:ハ l/:./ l :/:/: /:/: : :!.,'
          / //  V:.li:/./ ヽ:::::::/   l/ _.!/:/: /:/ : :.//     お前の言ったとおりに太尉を太傅にしたが、
       / //    ヽl: イ    `'゛      /::/ 〉:/:/: : :/:/     これからどうするのだ?
.      / //     l l.ト、       〈:://レ'l:/: :.,.イ/
     / //       l. |l \  _   ゝ  / |/: / l/      .私は政務を執った経験などまるでないが……
.    / //      .l リ   ` r --  イi l、/、
    / //   ,、 - '"`く     l li | li  l l lヽ:. ヽ
.   / //   r"       \   {`‐=くli ..!l l ヽ:.. ヽ
  // /'    l  ̄ - ._   ヽ     }〈Y└リ、  ヽ:.  ヽ       -―‐- 、
. // /     l      i     ̄ V¨  i    ヽ   \: ヽ           \ ______  -――― 、
                                       __、   / _  --- 、 __ \     |
              魏 大将軍 曹爽                .\ / {, ィー<ヽ-=、\ !  /丶J
                                          )'゙!  | ゝ-゚ノ⌒l・-、)T´ |/
                                         \l |  lー/⌒!  ⌒lーイ /}
                                          \ー」 ー1  lー' / /ノ/
                                              十=二_l  |_二=-‐ '
     (こっちとしては願ったり叶ったりなんだけど)              l  | |ハ _ノl //
                                        r-、_ /ハ l l_j__」'/
                                       /  l  | | ハ V⌒∨/_ -、
                                          l  l ∨ ヘ\//  /  |
                                        -‐|   l \_/ー'l  /  /
                                         イ   \   / /  イ

                                          魏 文官 丁謐

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .とはいえ、彼の政冶経験は皆無であり、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .彼一人で国政を差配するのはどう考えても無理があった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        どうしても補佐役の類が必要になってくる
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
723 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:48:46.76 ID:080N8zQo


      |         | , -―┴-  _
      |         {/   f二)    `  、
\    /}        《__ j __)       \
 └、   ハ          /   |_/ ̄ ̄\        〉ー――-  、
   l   ハ        / /´}    ,. ┐  \   /         `丶、
    V   ハ     } / ̄`!    /     /   {             )
      V   . -一 ´ /   ⌒ト、__/    \_   -一  ´ ̄
     V/       , ┐   |   /  /´ ̄`ヽ  /
     (_____/ j___」   /   ゝ __ ノ /    大将軍のお知り合いに声をかけてみてはどうかしら?
       \ |レク   ,       く  __    /
        く、__ l{__  -‐  ̄\_/ ̄       きっと力になってくれると思うわよ?
         / /  \     \   /__
          / /  / \_,ノ / / | ̄>\
       {__/___/-一 ´   /〈  レ´   /  -――┐
          |       / | }/   /  /    |
          |     /l    \   /   /    /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .この種の補佐役には、気心の知れた者を据えるのが常である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .頭がダメでも補佐役が賢明で優良であれば、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        組織はそれなりに機能するだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
724 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:50:17.22 ID:080N8zQo

                                                      ___
                                                    /      \
             蜀なんかはいい例だお。                      /⌒   ⌒   \
                                                /(● ) (● )   ヽ
             劉禅様が100%バカだとは言わんけど           | ⌒(__人__)⌒      |
                                                \   `⌒ ´     /
                                                    /             \
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ        問題は、その補佐役にまともな人間がいなかった点ですね
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
                                                /.:.:.         \
                                                 /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                               /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                               /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                             /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                              N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ここからしばらく、曹爽の下に集った人材の略歴を紹介する       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                  `ヘ:ゝ   _     小/
                                                    ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                                _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                              /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                              /  | l:l   l     l   l::l l   
                                              l  ヽハ    l    l  //  |
725 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:51:43.22 ID:080N8zQo

        ./  ./        i ヾーヽ
       /  /  /  /,ィ ,イ  |  l \「`
       l  l ./ l -ァサ.l メ/  ./ /  l ヽ
       .l  .lイ { l< ア::ヽ / /7メ  | l、 l
      ./  .{ |  ll .込:」 ' ´ ァハ〉 ./ l .ハ |
      /    |  |ゝ     〈:ン / / ./ }'        蜀や呉に関する記述は自信ありませんけど、
     ./     l  ト   、_ ' /' .,//l /           国内の事なら調べはついているのです
    /.-‐-...、  rヘ. h \__ <| //'//
   .r" ̄:ヽ::_ >‐-ヘll  {7i_ .-.|/__ /'
  / {::::::::::::::::{: : : : : : :ヽr.イ: : :/': : l
/  .Ⅷ::::ヘ:::::ヽ: : :/ オ下 ̄ヽ : {
    Ⅷ:::::ヘ:::::{:/::/: | ll|: \__};イ              ,――――――――― ァ
     |::::::::::ヘ:::'.イ: : : : |.v|: : : :∨:l              //               /
     |:::::::::::::ヘ::ア: : : : :|::::|: : : : ヽ::〉            //               /
     .Ⅷ:::::::::::ヘ`⌒廴l:::::|/´|:>':::::l                //            /
     .iⅧ:::::::::::ヘ::::::::::::o/::::/|::::::::::l    _ ―-、-、_//            /
      l::Ⅷ:::::::::´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::アア ´  ___ヾヾヽ//            /
        l::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ__z ニ_U_U_〈/________/
      l:::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/ ノ ノl______ノ________ノ
――――┴‐` ̄ ̄ ̄ `ヽ、:::::::::/タr'´

        魏 文官 魚豢

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .なお、曹爽側近の面々については、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .『魏略』の著者魚豢が詳細な記述を残してくれている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        .同時代の人々が曹爽一派をどう見ていたかが分かるかもしれない
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編”の続きを読む

スポンサーサイト
最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。