2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:マツコ・デラックス の記事一覧

AAで語る中世ロシア史 第6話「モスクワ大公国」

2012.06.15 (Fri.)
792 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/06/10(日) 16:00:37 ID:MC1Dqnmk0

              _     _
            .  ´        `  .
         /                 \
.         , '      i      j{        ヽ                    .   ´  ̄ ̄   =ミ
         /      |     ハ                        ,,´           `ヽ、
       ′ ′   /,ハ   i j/ }ヽ              .         ,                  ヽ
      i  i    //  .   |/  ハ  ,    ‘. i             /        / /  }       ‘,
      |  |  厶-‐‐ヽ  イ  i|_リ_ ‘    }| |       .      ,         ′ / ∧ ,′
      |  |  / ≫=ュ、 \ト、 |/  `ヽ   八            / /     / | /|i | ∨    i
.         f^i /〃f:::じハ   ` )ノイ斧ミ、, /  ′          ノイ  i   ハ 斗/-|{ | /ヽト、_   | i   | i
       i{(Ⅳ   ゞ '       弋うソ》∨Y              |{   |  ′Ⅵ′八{    \ヽメ、   | ト、
        ゝ-ヘ       ,        ハ/ ′       .     八  | | y'fチ斧  ヽ   x=ュ、 |    |{,ノ \
       i   人             /‐'  第6話ナンダナ     / \ト、{ 《弋うノ      "{じ::ハ》|{i  八
       |  i 丶    -     イ             .      ′  ` ハ            ゞ '  八 , '  ‘,  なんだな
       |  |    >    <  i|    |          .    i{   ! `         '        厶イ     i
       |  |    /ト、   _,ト、   i|    |              八   |   ヽ      _     イ  |     i|
       |  |  /: :o TT:o: :ヽ  i|    |                \{ヽト、  i>      イ }/i ,  i{ 八
       |  |イ: :o: : :/| ト、: :o :〉=ミ   |                 ヽ  )ノ /\≧≦i){ノ}/ }ノ}/ )′
      ,,<>:.'\:o/: | |: ヽo/:`:<>/)__                   /  | | |  |   /)
.   f´ ゝ :´: : : : : : `: :.: :.| |O : : : : : : //:ーヘ._   /)        __,,  fi´    ノ | |  ` //   _   /)
    |: : : : : : : i : : : : : : : :| |: : : : : :./ `こ7: : :厶}//        /    ||  /イ:T:rへ / `こ7 _ 厶}//
    | : : : : : : :|: : : : : : : : | |O: :.:/    ヽ{: ;へ ヽ∨     .     ′    ヾ/   f⌒Y/    ヽ{ ,へ ヽ∨
    |: : : : : :/ |:.: : : : : : : :! !:.:/     /ソ〈,ノ)  /         i          !::/     /ソくノ)  , ′
    | : : : ∨r‐⌒ーュ : : : :!/\   .イ: : :.:/r‐'  /          |     /7≧x.、  /\   .イ7く /r‐'  /
    |:.: : : ′: : : : : : : :.:/: : : :.:`く: : : : : :{ ′ /           | {: /三三ニ/   `くミ三三{ ′ /
    |: : : :{: : : : : : : :./: :\ : : : : : 〉: : : : :}___{_           |  Vニニニ/ \     〉三三}___{_
    |: : :八: : : : : /: : : : : : ヽ: :./: : : :〈: : : : : : |          |   `寸i/      ヽ /三「     |
793 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/06/10(日) 16:01:28 ID:MC1Dqnmk0


               ┏―――――――――――┓
☆*+―+*☆*+―+*☆*+   AAで語る 中世ロシア史  *☆*+―+*☆*+―+*☆
               ┗―――――――――――┛


            \   ∩___∩   /)   /∩___∩
              \  | ノ      ヽ  ( i )))/  | ノ --‐'  、_\
        ∩___∩\/  ●   ● | / /   / ,_;:;:;ノ、  ● |
        | ノ      ヽ \   ( _●_) .|ノ/ ,,・ |    ( _●_)  ミ
       /  ●   ● | \∧∧∧∧/ ¨ ,・ ,彡、   |∪|  ミ
       |    ( _●_)  ミ <    クマ > ’   /     ヽノ ̄ヽ
      彡、   |∪|  、`  < 予 し  >   /       /\ 〉
     / __  ヽノ /´>  <    か >   /        /
     ─────────< 感 い >──────────
        ./     /|  <   な >           〈⊃  }
      ∩    ∩/ : ::|  <  !!! い >   ∩___∩  |   |
      | ̄ ̄ ̄ ̄| : : ::::|::::: /∨∨∨∨\   | ノ      ヽ !   !
      |●    ●|:::::::::::|::/          \/  ●   ● |  /
      | (._●_.) |:::::: /    ∩ ∩    \   ( _●_)  ミ/
      |__|∪|._| /     (-(ェ)-)      \ |∪|  /
            /        (∩∩)        \ ノ /


☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆



          〇_〇
         (。・(エ)・。)
        ┏∪━━∪━━━━━━━━━━━━━━━┓
                第6話… 「 モスクワ大公国 」
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                〇_〇
                               (・(エ)・。`)
                               ∪  ∪
                                しー-J

まとめブログ「やる夫之書」様 <(__)>
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-81.html
.

AAで語る中世ロシア史 第5話「キプチャク・汗の興亡」の続きです。

“AAで語る中世ロシア史 第6話「モスクワ大公国」”の続きを読む

スポンサーサイト



AAで語る中世ロシア史 第5話「キプチャク・汗の興亡」

2012.05.29 (Tue.)
672 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/05/26(土) 21:00:14 ID:XZ7MhbF60

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


                                       ,xヽヽつ7 \
.                    .    ̄`    、        丶|) |彡'{   ヽ
   /⌒i´Y`r-、       , ´          ヽ.        ゝ `⌒ヽ、  i
.   | (.イ_ノ ノ V        /    .ハ   ヽ ノ 、  ヽ        `ー-- 、_z==x、
.   |  ヽ.Y-'^! }      /.   -Ai、\   ∨ハヽ、   、           ∨⌒Y
.   ヽ   i  ノ      , !.|  ハ! `ヽ\ノィ ハ!__」L  ハ           |   ヽ
    |   ノ´        八| ' ィ圻心ミ \ノニzx |ハ   !           |   ヽ
    |   !        /  N. | ゙ヽ弋r'ソ    '{r'jリ>八 !  第5話まで   |    、
    |   |       , | Y゙ヽ |        , `゚’ ! ハ リ  キタゾー!   | ____L
    |     !        / ノ 八 人!      、       レ' j/            i´      {
.   ,!___!、    / / / /`~ヘ      ⌒´   '            ,__ノ!     ’
.   {      }    ,  / / /  ! i\        /!          r'~´:∨´/      |
   }    ,斗- 、 / / / /  ノ ノ | ≧ . .ィ | | |    __,..-:.':7: : : : ヘ       ノ
   |  /: : : : :.y__,/ / /  / / ノ゙x,    r'\!__|_|,._- '7/: : : : : : : !: : : : : :ヽ     ノ
   | 〃: : : : : ./: : : : : ─zzzzzr'´o゚/´!-x r'!: : o://ハ: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :\_/´
   | {!: : : : : :/: : : : : : :.;´r----zx、,.」∟、__,//////i: : : : : : : : : : : :\: : : : :/´
   人_i|: : : : : .{: : : : : : : :| {//////:::::::::::::::::::::::::::`:`:`\|: : : : : : : : : : :ノ人_/´
     `ー--=z__: : : : : :! ヽ////::::::ム---ノ:ハ::ノノナx!::ハ: : : : : / ´
        人/ /7 -x_:_: :.ハ//::::::::::::/ノハノ ノイハハ!::::人.:/´
          /ノ ノ/  /::::7:::::イ'_,ィ圻ミ   不心ヽ:::::::ハ-'^ヽ,
.         / / / ノ::::/::::::::::!ヽ弋rj:リ    弋ソ´|}:::ノv   !   きたぞ~
        ノ /  ,'///:::;::-r-、人  `~´    ,   !j/:::}´ ̄`|
       //   |! {!::::!x___r┤ハヘ          ノ::::ハ!----!
     /''´     ! |ハヽ,.--<::ゝ- 、    -   /::ノ-'|   !
                |   |:ハ::::ヽ::≧ ─--イ´⌒´     _ノ
                | ̄/` ̄ / レ'゙}-{\/,_/´|   ,/´
                | /   i/:∨+∨:::::::\__,.ィ´
                `ー──-{::::::::`><´:::::::::::/: : :|
                   ノ: : : :`}::::::::::::::::::::::::::{: : : :|

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
673 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/05/26(土) 21:00:49 ID:XZ7MhbF60


               ┏―――――――――――┓
☆*+―+*☆*+―+*☆*+   AAで語る 中世ロシア史  *☆*+―+*☆*+―+*☆
               ┗―――――――――――┛


            \   ∩___∩   /)   /∩___∩
              \  | ノ      ヽ  ( i )))/  | ノ --‐'  、_\
        ∩___∩\/  ●   ● | / /   / ,_;:;:;ノ、  ● |
        | ノ      ヽ \   ( _●_) .|ノ/ ,,・ |    ( _●_)  ミ
       /  ●   ● | \∧∧∧∧/ ¨ ,・ ,彡、   |∪|  ミ
       |    ( _●_)  ミ <    クマ > ’   /     ヽノ ̄ヽ
      彡、   |∪|  、`  < 予 し  >   /       /\ 〉
     / __  ヽノ /´>  <    か >   /        /
     ─────────< 感 い >──────────
        ./     /|  <   な >           〈⊃  }
      ∩    ∩/ : ::|  <  !!! い >   ∩___∩  |   |
      | ̄ ̄ ̄ ̄| : : ::::|::::: /∨∨∨∨\   | ノ      ヽ !   !
      |●    ●|:::::::::::|::/          \/  ●   ● |  /
      | (._●_.) |:::::: /    ∩ ∩    \   ( _●_)  ミ/
      |__|∪|._| /     (-(ェ)-)      \ |∪|  /
            /        (∩∩)        \ ノ /


☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆



          〇_〇
         (。・(エ)・。)
        ┏∪━━∪━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                ┃
        ┃     第5話… 「 キプチャク・汗の興亡 」.....    ┃
        ┃                                ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                    〇_〇
                                   (・(エ)・。`)
                                   ∪  ∪
                                    しー-J


まとめブログ様(やる夫之書)
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-81.html
.
-----------------------------------------

AAで語る中世ロシア史 第4話「きれい(?)なモンゴル」の続きです。

674 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/05/26(土) 21:01:23 ID:XZ7MhbF60


          ミ ̄:::─-、
          {::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄ ─ -、_ -─::ァ
          ヽ::::::::::::::/´ ̄     、 ー、::::::::::::}
          ´ ',:::::::::::/  /     ヽ  ヽ::::::::'
        /   ヽ:::::/  /  /     } 、  ',:::ノ      これまのでマトメをしておくわね。
         /   У  /  /  , イ  ! ヽ  V
        レ   ./    !  / / / | メハ  ヽ ハ
       / 、_ ノ    {  ハノjノ イ j .} i  }  ヽ
     /ィ /`ーイ   { | /ィぅ卞ミ jノ jノハ イ  トヽ     10世紀ころに、ヴァイキングの「リューリク」が
    / /{ {   { {   Vjノ`弋り     仞ァノ } }jノ
.    jノ  , ハ  ヽト、  ゝ :.:.:.:.:.:    り {jノ ハ ,'       ロシアの北のノヴゴロドに王朝をつくり、
       ヽハ ト  ヽ>、 ヽ       '::人//リ
          jノ ヽ ハr}!`ー`    ` ´イ}ノ´ ハ        それがリューリク朝の「キエフ大公国」となるわ。
            jノノ `ー、__f≧=-≦j::ハ:: ハ }
          , '⌒`ヽ    |!!ト、jノjノノ  } / jノ
         /  , ─‐-ヽ  .j!|  }ト、   jノ
.         { /   ヽ ヽ_云、 .!!  ヽ

                                                  ,  -――-  、
                                                イ      、     `ヽ、
                                               ,イ       ハ       ヽ
                                              ,'  イ !     // ヽ ヽ   ハ
 面積は大きいけど統一国家じゃないんダナ。            n      ,'  ./! ハヽ、/イ_l、_lヽ.|  .l .ハ
                                        l l     l  /イ,+‐ヽ lヽ ´l _」l_`ヽ  l:  l
                                        l レヽ   レl..k´yヒホ ヾ ヽl ヒ沁ヽ| /:/ l
 キエフが大公国として中心になっているだけで、          / ' イヽ.  ハ lハ 弋リ    ゛ー' .レ''´ミ、l
                                       l   ´ヽ.   v、ハ .:::::.. 、   .::::::..  y´.リ l
 昔の日本みたいに各地の公国の                  l   f´    l .ハ.    ,--、    ,- イ l
                                       .!   !     l l :::ゝ   ー '  /::::: l l
 ゆるやかな連合体にすぎないんダナ。               rj  /       l ! ::::l::::`i ー  ' i´::l:::l:::: l l
                                       !ヽ、lヽ、     l .::::イ:;イ \ /`、:!:::!::: l/
                                       !  `ー-jr‐ミ.ニニニハ  。゚小゚。 lミ==-、
 諸公は一応はリューリクとその親族の子孫なんダナ。      !、   l' `ヘ.   ', .ハ 。/ーllヽ 。l  ,'  ハ    .n
                                       ! ヽ_.l  \.ヘ /.  ', .V  .ll゚ V  .、 / /     l l
                                       !   l    ヽi   ',    .ll    ',ハ 〈   .r'、!
                                      .l    〈    /  =ニ==   ll゚  == .} j  /^ト ゙l
                                      .l    `  , '{:::.. ...:::::l:::::::......ll......::::::l:::..ハ .l ^ト  l
675 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/05/26(土) 21:01:57 ID:XZ7MhbF60
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

      キエフ・ルーシ時代の版図(12~13世紀)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~~~~~~~~~~ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::」         0      500km
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     △.   ┗━━━━┛
::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ""~\::::::::::::::::::::::::::/ ̄      △
:::::::::::::::::::::::::::/                  ヽ:::::::::::::::/        △
::::::::::::::::::::/       /-ヽ     ∧__/:::::::/~         △
:::i~~~~~~       _/:::::/       ):::::::::::く~~~           △
::i          /:::::::/        (::::::::::::::ヽ            △
|        スウェーデン        ~~ ̄              △
______/|.     ⊥::::::::/          ∧                 △   シベリア
:::::::::::|      __|:::::::\___  /\::::::::::::::::::               △
~^|::|    √::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |:::::::|::::::::::::::::::::::              △
. /~::::|   /:::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄~:::::~~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::            △
3::::::|__i--/:::::::::::::/Y::::|   :::::::::◎ ノヴゴロド公国:::::::           △
::::::::::::::::::::::::::::::::::::| リトアニア ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           △
 ̄ヽ---ー‐i::::::::/     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           △
        ~~~  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            △
  ポーランド  :::::::::::::::::::::::::::(・(エ)・)クマー:::::::::::::::::::::::::::            △
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             △
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::              △
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        △::::::::::::::::::::::::::◎ キエフ大公国::::::
  ハンガリー △::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          △   :::::::     ::::::: キプチャク草原
          △              (遊牧民)        _∟___
                _/--t__  ,--‐‐‐::::          _/:::::::::::::」
       ブルガリア __/:::::::::< Y::::::::::/:::::::         /:::::::::::::」 ̄
\            /::::::::::::::::::ν::::::::::::\::::         <:::::::::::{
:::::/          _√::::::::::::::::黒海::::::::::::::::::\         |::::::::::::::ヽ、___
::Y   東ローマ  〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       \:::::::::::::::::::::::\
:::ヽ   「:::::::::::ヘ___、->‐‐、 ∠ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::::::::::」 グルジア  \::::::::::::::::/
::::::|   |:::::::::::::/~~~~~    ̄      ^^^‐‐‐~/          `ヽ::::::::::::ヽ  ホラズム・シャー朝
:::::::>   Y::::::::::ヲ         セルジュク・トルコ         /::::::::::::::::::::}

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
676 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/05/26(土) 21:02:30 ID:XZ7MhbF60

            /\
              /.:..::..;;ヽ
          /: : : : :;;;;i.ヽ
.           i: : : : :: ;;;;;i..:::Y  __,;;_
        _,斗: : : :: :;;;;-‐'´ ̄    ヽ
       /   !: ::;; '"          `..、
      /ー=二 _            ー 、        上の地図は12~13世紀よ。
     /   / ̄                ヽ
    /  /        /i           ト、..__,
   _,,イ. / /!     -‐≠‐十、 /∧ |      八;;;;;;;;:::/  この頃はさらにルーシの領土が増えているけど
-‐'´     i/ .i   ,  斗=テ==≦/ i !      ハ::::/
フ.         {  / .   || 心::::ハ   リ      /! }´     分裂したルーシ諸公の争いが激化して、カオスな状態よ。
レ!    ノ  八/{.    i弋Cノ   /| ,/!.     ∧ .i
::{    イ       \ │ `゙     ,,テ=;ム} /!/ i .|
::iハ  {        \{.        心::リ ノト、.   |ノ      他の世界はというと、東ローマ帝国ことビザンチン帝国が
:::八 人N ,        `ヽ       ゝ`´ {  ヽ
=二 ̄  ̄`ー弋\Nー- ;_}   っ    ノ::::   `ヽ,      イスラム勢力と十字軍とに挟まれて涙目ね。
  ゞミ、_ -‐=二-‐''´ ̄. > __,,  <,::::...i;;;,,.. N\}
../  `ー''´´   _,, -‐ ''.    `i::::::/::::::i;;;::/
ミ≧,-,, 、    /.         | }/ __.,,ノ-´
liilii:::.::..::..\   /          |/  ̄
lililiii\ll::::: \i            /


                                                  \    \\     :.
                                           /    i|     | \    \ヽ :|   ,
                                          ,    八   | ,ハ \     ;ハ|  ′
                                    .       ′j  | il \  ノ斗┼─\  :::|::ト、  :i
          そしてこの後ついに                    i i|  | i|__ \  |ァf笊心∨ ::|::| }  :i
                                          | i|/|八   \| 乂:rノ ハ ::|/ :/  i
          恐怖のイベントが発生するわけダナ。         乂i|  |ァ笊ハ       :::::::   ∨_,/ |
                                           八 |八 Vソ         //   |   :i
                                             )|  ::::: '        .イ ′ |  i
                                               人   ー     / :|i     |    i
                                              '′  >.. _,. ィ斗==|i     |: .
                                            (     ノ:/ ̄ ̄\__|i     : .   八
                                              _彡イ/ ̄ ̄\ヽ. |       \   \
                                               ノ/|        \|    : .  \(⌒\
677 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/05/26(土) 21:03:02 ID:XZ7MhbF60


        /               ヽ―‐- 、
     //      .i ji   ! i         Y:::::::フ
    /::::/    /  / /i ハ //、   i i   ',/
  丶-- /   ./  /i / .}| V,イ iヽ、 .i  |   i      チンギス・ハンが13世紀の初頭にはモンゴルの遊牧民を統一。
    ,/,   | i / }j__|i,/i .iヽ_ヽハ ,j|   i
   / i    i i | ¨´j   -i  ヘ |´\ レ リ |   i      加えて中国の北部の金王朝、今のイラン・アフガニスタンにあった
     { , 、iヾ!   ____    ` ___  i ,  , トヽ
     i.∧ i {ヽ <弋_ソ`   ´弋_ソ>リ  i 八 `    ホラズム・シャー朝をも滅亡させるわ。
     ハi \i ゞヘ      ,       // /リ ヘ
     /    个人           /,イ ,/ i  ハ
     | ハ  ト i i .ゝ    -    ,/ /} ,   /| ./ ヽ   そして13世紀の中頃には、孫のバトゥを総司令官として
     }' ヽ | ヾiⅥヽハ`>  _  イ/レ,j/ リi / レ
       ヽ       ヾ j     |、     Ⅳ      ルーシに侵入、キエフは破壊されてルーシの諸公は降伏するの。
             _ ィ//     } iヽ 、
           /-//--、  --} }--ヘ


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

“AAで語る中世ロシア史 第5話「キプチャク・汗の興亡」”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第2話。

2011.08.25 (Thu.)
334 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/24(金) 18:09:45 ID:Oquy4iUc


では時間なので投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした短編物語集です。


          ____
        /__.))ノヽ
        .|ミ.l _  ._ i.)  おお・・・
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ  わしが育てた地球で
       .しi   r、_) |  わしが育てる事になる、祭遵ちゃんが蠢いとる
      +  |  `ニニ' / +
        ノ `ー―i´
   ⊂ニニ二     二ニニニニ⊃
   . ・  /    /
     ./   / .        _ ,.... -‐‐
    / //   *  ,...- ' ゙゙
  +/ //     , '´ヽ ヽ    _/
  ・| _ノ|_丿    /   j´  `'ー、_ j
           /  /`´      !ノ
        /  '!.j
       ,!'   `'





      『美人薄命』―祭遵、祭肜伝― 第2話。
335 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/24(金) 18:12:23 ID:Oquy4iUc


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』=人物のキャラ付け
『後漢書』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とか、多大にありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様「客星 帝座を犯す」 
http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html

漢代の市 様
http://kutugen.blog57.fc2.com/

「客星 帝座を犯す」ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-96.html
「眉が晴れる」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-97.html
「眉が晴れる」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-98.html
虎を描いて成らず、反って狗に似る。ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-99.html

「塞翁(さいおう)が馬」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-100.html
「塞翁(さいおう)が馬」中編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-102.html
「塞翁(さいおう)が馬」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-103.html
「塞翁(さいおう)が馬」激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-104.html
「塞翁(さいおう)が馬」超激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-105.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編1 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-106.html
番外編1 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-107.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編2 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-108.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編3 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-109.html
「塞翁(さいおう)が馬」五渓蛮編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-110.html
「塞翁(さいおう)が馬」完結編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-112.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第1話。・―馮魴、延褒伝―の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第2話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第1話。・―馮魴、延褒伝―

2011.08.25 (Thu.)
145 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/17(金) 18:02:09 ID:EOjlXhLY

では、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした短編物語集です。

「―祭遵、祭肜伝―」 第1話と、

読みきり「―馮魴、延褒伝―」をお送りします。


       ,ィ                      __
      ,. / |´ ̄`ヽー- 、 ト、         , -‐、/./.- 、   馮魴、延褒伝は少し未来の話になるけど、
    / | |    ヽ   l l         ( 火◇風 ノ
  /o ̄`ハ._.ゝ===┴=く.ノ- 、       ノ ◇ ◇ (     今やった方が収まりがいいんですよ。
  /o O / /(((リ从  リノ)) lo ',ヽ     ( 山◇ 林 }
  \___/.  l   . ヽノ .V  ∧      `⌒/7へ‐´
 / ,イ   l  ///    ///l ~T--‐彡    /./
/ ̄ ̄l.  l    ヽ_フ  ノ'l  l:::::::::::彡ー7⌒つ、
彡:::::::::::l  ヽ       / |  l:::::::::::::ミ  {,_.イニノ
146 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/17(金) 18:02:53 ID:EOjlXhLY


    美人薄命 『薄命佳人詩』蘇軾

  \ヾーく:_j ,.ハ x: : j、      , '"⌒:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<           
:.:..: : :ヽ、:.:.ヾ::,/.イ:´: .ゝヘ.  /. . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     史実にこだわり過ぎると
.::.::,.-‐-一'´.:/:ノ:/ :.::.:{  /:.:. . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  
.`丶、::.:.:.:.:.::.:://'´:.:.:.:.:.:.j′イ:.:.:. .:. . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',    ガチホモ系の話になるから
: . : : :ヽ::.:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:..:.:. .:... :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:ト{  
´/ : :.:.::八::.:.:.:.:.:.:.:.:.:_/  'イ:.:./:.:.:.:.:.:. /;.:.:.:.:.:i:.:.:.:!:.:.';.:.:';.:.:i:.::.i    多少のキャスト演出には
/  .: :'^:.:.:.:ー-z¬´::.{    jイ:,.-、:.:l:./:.i:.:|:.:./!:.:./l:.:ハ:.:iいl:.ト{         目をつぶるんだ
:.  . :..:.::i::.::.::/⌒ラ¨`′   j.{ ヘ.Y:l.:.イ/i:./// j/  ,斗Viト:|        ____ 。
:.:.. . :..:.:厶ィ´_/     _/:{ヘ.い !ル' '"_乙二`  /tェ 小     .  '"´:.:.:.:.:.:.`丶、 
`ヽ、:..:{ノ∠ zァ_  ,  '´:.| : : ', ヽ    ``‐′  i   ,′   /.:..:.:.,.:.:.:.:.:.:... :.:.:.:.:.:\ 
  i\ル';.イ:{ヘミ`く: : : /:|: : :.、   、         _ 亅 /    ,.':.:/://:.:.:.:.:.:.:.:.:... :.:.:.:ゝ-ー-、}: :.
、 |:j/.:.:..`ーぃーリ: : ': : : !: : : :ヽ  \   、___,.´/:、   /:.:.//i./、イ:.:i;イ:.:.:.:.:.:.:.: .:`:<_::.::.::.:`ヽ
、ヽj/.:,.イ/´ヘ: \'^フ: : : : :.!:. : : : \  丶、 ー‐'/:..:..:..`ヽ//:.イ -xヘ /'|::.ト !i:.:.:!:.:.:.:.:.:. . :_;..マTtー、_
:.:.Y.::.:}:.!:v:⌒ヽく_: : : : : :i∧:.: : : : : :> r'´ノ `T:´i:..:..:..:..:..:..:..:{:/   V-、!:j|_ !|:.:li:.i:.:.:.:く´辷7リ j:ハ:
::.:´`く:.:,ハ:.いヘ ::Y:{: : : : : :l:..:';..:..: : :/ci  }ヽ:..:|:..:..:..:..:..:..:..:.. :.i{ `ーァ'´ { }' =ミ !:|l::l:.:.:!:.:.ヾ.=彳;ヘ/^ヽ
、_√`7:.:i::.\ー'ノ;ハ^ヽ : :.. :l:..:..ヽ/、:..:|  l:..:iV:..:..:..:..:..:..:,':. : :i   _ 、'  、   ヾ|::!i.::|:i:l:.:.厶ノ :.ヘ::.:
 j:.::.:.{:.:ノ::_;>辷. イ::.:ノ: :..:. l: : :..:.. : :ヽl  {:..|:..:..:..:..:..:..:../:..:.. :|  、ヾ.   `ー‐ '.川:::川::.辷.,イ⌒ぃ:.
.ヘ:.:.:.:〉<::ー<:__::./:./ :..:.. :!: : ; -、: : :l _ !:.l:..:..:..:.ヽー- ∠__:.! |`ヽ        /厶イ丁{: :/:.rァ7リ;{:
ヽ:.:`Y└- ニ:.、:. : : .`ヽ : :..:., '´   `¨´ノ!:.l :..:..:..:..:..:\     、!  >:'"¨ヽ.i^Y-‐ァァ¬.小い〆厶:
ソ:j:. :}ヘ‐-、t:.: : : : : /: :.:/     ¨ヾニ´二二二_ー-r:tゝ、___レ'::.::.::.::.:;. --\マく::.t_::.::ヘヾこ<::.::.
¨´::i:/: :ノ--‐`ー--ァ-': : :/       _,,..__,. -‐'"フ乙フ¬ァ'´/::.::.::.::.::.__ー--、 `ヽ`ー-}ヘ:.:>‐¬''::
:.::/、丿:..:..:..:.. :∨:._,.r‐'´        _, ノ′.:..:/:// ,.イ-‐:7::.::.::.::.::(.__ ̄~¨`ー 〈  /¨´:.:.::.::.:,.-‐'
フ_;.ィrー‐‐:-、 z‐'´: : |          ノ: :..:..:./   /::.:l::.::.:;'::.::.::.::.::.ヘ.._ `  ‐- r' {:. :. : : : : :/´:/
{::.ノ´:::.:::._;>'´! : : : .:..!      __,.イ!:.. :, '´  /::.::.::.::!::.:/::.::.::.::.:./::‘、_` ‐-、 ノ  ヽ_;.t___;/¨´,ィ
'|.::|-‐'"´: : : :..:.',:..:..:.c:.',_,.-‐¬"´|:.::.:.|i:/   /::.::.::.:/::.::i::.::.::.::.::/::.::.::.:::`丶、.ノ         /:r
.|.::|: :,ィ:_;,;___:,.ィ:ヘ_;,. -‐':..:..:..:..:i:..:.l:.::.:.|'   , '::.::.::./::.::.::.::.:!::.::.::.::;:.::.::.::.::::::::.:/::.ゝ'´ ̄`ー:、  rヘー'"´

―――美人は病弱であったり、数奇な運命にもてあそばれたりして、

     薄幸な者が多いということ。
147 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/17(金) 18:03:34 ID:EOjlXhLY


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』=人物のキャラ付け
『後漢書』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とか、多大にありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様「客星 帝座を犯す」 
http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html

漢代の市 様
http://kutugen.blog57.fc2.com/

「客星 帝座を犯す」ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-96.html
「眉が晴れる」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-97.html
「眉が晴れる」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-98.html
虎を描いて成らず、反って狗に似る。ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-99.html

「塞翁(さいおう)が馬」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-100.html
「塞翁(さいおう)が馬」中編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-102.html
「塞翁(さいおう)が馬」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-103.html
「塞翁(さいおう)が馬」激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-104.html
「塞翁(さいおう)が馬」超激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-105.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編1 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-106.html
番外編1 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-107.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編2 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-108.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編3 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-109.html
「塞翁(さいおう)が馬」五渓蛮編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-110.html
「塞翁(さいおう)が馬」完結編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-112.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」完結編の次の投下です。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第1話。・―馮魴、延褒伝―”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.