2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:ライオン師匠 の記事一覧

やる夫がドリームプロジェクトなようです 第39話「決意」

2010.06.12 (Sat.)
481 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 09:42:07 ID:J9HeoaCI
今さらですが復活おめでとうございます
相変わらずギャグマンガの『クライマックスに行くに従ってギャグが薄くなるの法則』に真っ向から切り結ぶそのセンス
怖気が走るほどですぜ

それにしてもここの魔王有希の可愛さったらりませんな
体重気にしたりとか胸を気にしたりとかさりげな乙女っぷりがいい
きらきー好きな自分もくらりと来るほどです

些少ではありますがこれは魔王支援ということでどうぞ
服装はゼロ仕様ではなくて原作魔王仕様ですが
あと足が生足なのは、胸がなさすぎて魅力にとぼs

ttp://convini.ddo.jp/imguploader/src/up3422.jpg
482 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 12:46:00 ID:H0EFA.j2
真っ先に尻に目がいったぜw
483 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 13:36:24 ID:XFuLPZYQ
なんと見事なお尻
484 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 16:17:27 ID:l7i2Pdow
なるほど、こりゃ良い尻だ。
485 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 16:19:19 ID:uLwM7AHM
足に見とれてしまった
486 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 16:20:41 ID:ynSAW7Gs
ふとももも悪くないと思える絵だ
487 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 16:41:58 ID:cMSWHZSU
素晴らしい尻と太股だ素晴らしい
保存した
488 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 16:45:44 ID:27x6UFdc
これは良い魔王
前からも見たいな
489 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 16:46:20 ID:1teeW4WM
魔王中二だけどかっけえええええええ
492 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 20:02:15 ID:vEi6eMm6
>>481
うひょおおおおおこれはいいものだ
493 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:32:43 ID:4EBgOv92
魔王! 魔王魔王! 魔王さmあ!   あぁ、我らの偉大な支配者ぁあああ!
中二っぽいセリフ! ヤムチャ! 実はヤムチャ! そう、足だよ生足! 女性は恥じらいがあるほうが美しいんですね!
貧乳は希少価値? Non! 人類の宝だ! 完成された美に価値などない! なに? 「そんなことはない」だと?
よろしい、たとえばミロのヴィーナスを思い浮かべよう。かの像に完全な両腕が今もこの時代に残っているとして。
或いはなにがしかの科学技術で以って復元を成功させたとして。はたしてそこに今ほどの美と価値と誇りがあるのだろうか?
答えはノーだ。ただの裸婦の像など、誰も見向きもしない。精々好色な男どもの視線に永劫晒されるがいい。
欠けているからこそ、美しい。人は失われたその両腕に思いを馳せる。いったいどんなカタチだったのか。どんな動きをしていたのか。
なぜ両腕は失われてしまったのか。両腕はいまどこにあるのか。失われた両腕を、彼女は今も求め続けているのだろうか。
我々人の持つ偉大な力、空間補完効果によって像の価値は何倍にも膨れ上がる! 欠落こそ美徳! わかるかね?
人類の歴史は、欠けたものを補うことで紡がれてきた。足りない何かを庇いあうために、人は団結し、組織し、作り、考えた。
どんな時でも、私たちは一人では無い。それを象徴するのが、不完全であるということ。欠落。不足。未然。
我らが魔王様の体を見るがいい! その未完成な肉体。そこに込められているであろう、彼女の苦しみと悲しみと憤り。
それを想像しただけで身悶えする。わかるか、これが「未完成の美」というものだ。ただ在るだけで、訴えかける何かがある!
そう考えれば、彼女がことあるごとに背伸びしたセリフを言おうとすることも納得がいこうというもの。
周囲に、或いは己に対して必死に呼びかけているのだ。「自分は大人なのだ」と。素晴らしい素晴らしい素晴らしい!
この絵を見るがいい! 戦闘態勢にはいりながらもしかしどこか胸を庇うようなこの構えを! なに? 気のせいだと?
表へ出ろこのアオミドロ。貴様のような単細胞に講釈を垂れるつもりはない。ここは未完成である人類が集う聖域!
さぁ刮目せよ、ホモサピエンス! これが、我らが魔王さmああ!  あぁ! 美しい、素晴らしい! そしてエロい!
あぁああああ! 魔王、魔王魔王様ぁぁああああ!!! アルフォンス俺とかわれぇぇええええ! あぁ、あぁあ!
>>481様、誠にありがとう御座います。大切に保管させていただきます。

テンション上がってきたので8時58分から開始します
494 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 20:38:24 ID:RooaSfs.
495 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 20:43:02 ID:27x6UFdc
ツンデレ解説のような凄い長文がw
ところで、なぜ58分なんでしょうか?
496 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:46:34 ID:4EBgOv92
>>495
少し早く始めたくなりました
498 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 20:50:36 ID:J9HeoaCI
>>493

喜んでいただけてこちらも嬉しいですが
少々テンション上がりすぎではないでしょうか
脳の血管に不安を感じますが続きは待ちわびてるのでぜひぜひ
あとアルは代われと俺も言いたいです
499 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:57:27 ID:4EBgOv92
・ちょっと今回は、賛否あるかもしれません。魔王の扱いとかで。
 自分の頭ではこれが限界でした。お許しください
・続きです
501 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/10(木) 20:58:08 ID:27x6UFdc
待ってました!

前回前々回と間に合わなかったから、今回は間に合ってよかった
500 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:57:58 ID:4EBgOv92

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Å;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∇;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.|;〒;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;::;:;:;:;;:;;:;;:;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄l ̄:^;li ̄l ̄i:. ̄l ̄i ̄lLi ̄lLl ̄ ________|;|_l ̄ ̄l ̄:^;li ̄l ̄
_:;l_i__li,ィl__l!:;__il___」_」.」 ||三三三三三三三三|| l_:;l_i_i__
l_:;l_i_i__li,ィl__l!:;__il_l__」ィl_||三三三三三三三三|| _:;l_i__li,ィl
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||           人が名を偽る
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !           その理由は、何だと思いますか
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
502 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:58:21 ID:4EBgOv92

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !           過去に犯した罪から逃れ、新たな人生を歩むため
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |           そうですね
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |         多くの場合、それが当てはまるはずです
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ         おそらく、彼も最初はそうだったのでしょう
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \        戦いで兄を失い、自分だけが生き残ったことを罪と思い……
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \     己の名を捨てた
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉
503 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:58:39 ID:4EBgOv92

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ        今は違う、と?
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::


     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l|           推測なのですが……
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
  | |  l | ¦l7/斗‐r、 | | | |             今なお彼が偽りの名を背負い続けているのは「演じるため」
  |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
  ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \            悪を倒し、世界を平和にする「勇者」という役柄に己を縛り付けるため
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
  l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
504 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:58:53 ID:4EBgOv92

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.             倒すべき敵がラヴォスに変わった今も、
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /            あいつの「演技」は続いている……か
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |



       )  メ      l    ',::    ゛、::::    ',  ヽ
 `ー ‐.7i-\, ′     i     ',::      ' ,:::    ',::  ',
    .!ノ⌒ィ'⌒ヾ|!‐ ,|  l     ',::     ':::     ',::  ',
   .'⌒Y jー:く⌒jハ|__    i     ',::     ', 、   ',::  }
  イ广f:.!/て癶'V^Yハ_   l、     ',:斗匕   ', ヽ::  人,,..リ
 从rー弋j心ノ :〉イj ハi    l ',   /',::::::\   ', ',:::/イ
  八 弋__フ ノj:入从 i   l::::: ',/   ' ,:::::::\  ', /
.く  ゝ..._ ノ_ノ_ノ八、 .i   l:::::::::ゞ从从j⊥ヘ:::,,\j i,
  弋- _..> √ 勿 ノ\i  ハ    ∨{ ィrァミ く   ヽ
   )ノ `ー ´ (⌒、:', ::i  i ハ    トヽいYレ' ノ}    `ー -┐
     /,'    ::i ::::', ::ヽ  ゝ ハ   `ヾ二 イ,,         |
     .;    :::   :::', ::::\ iヽ    |下 乙       /
      ,'    :::      ;;;; ::ヽl  ゞ             /          勇者として自らの使命を果たした時
     ,'    :::     :,',   ::l                 (
     ,'    ::      .:,'::::',  :::| _ ,              /
    ,'    ::     ..::  ::::.  ::| (   Y´ ヽ、      /            彼は、己が名を取り戻すのでしょう
   ,'   .::.  .::.. .::   :::::. ::|  .ゝ-イ  丿ゝ____,,,.ノ
   ,'   .::::.  .:::. .::   :::::::: ::|/`丶、   (_二=-、
  ,'  .::::.  .:::.. .::     ::: ::/     `丶S 、___)
  ,'  .:::/  .::.. .::      ::: :::ノ、     l   l ヽ ̄)
 ,'  .:::, '  .::  .::       ::ノ::/ ヽ、   ヽ  / /、ゝ
  .:::, '  .:::  .::     ::/;;ノ丶、 ヽ、   ソ彡 ´廴ヽ
  /   .:::  .::   :://      `丶、  `ゞ,`´   :,,::,
   .,,,_.::,,__.:::,,,,,,:::://ー-=、__..    `丶  ヽ /.∧/,|
505 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/10(木) 20:59:16 ID:4EBgOv92

           ______,,.....,,_                ヽーァ''ーtー_-、.,,_
     _,,. -;;:ニニニ-----‐-- ニ:;;- 、             /tッ‐'"'テjニ_ヽ'''‐、
  ,.-.ニ-''"            `'''ヽ、           .ノt''= -‐/  `''''‐ 、)/ヽ
. , ',.:'"                   ヽ...,,,_     _rヾ‐'´  ./      /  ヽ  ヽ ..,,_   ヽ、
ir"ー=-、 r''''っ                 ''-ニニニニ-.ヽ'テニ''.=./_  _,.-‐ニ-‐ =,ニiニヽ..ニ=  `'''''ー'、),.、
`"´  `'''ー"               __,,,.........-----ー'‐''''""ヽ  `',:',:''´   ´` 'r"‐ァ  ,  ,  ,.-、/ ,.!=、
                      .!             .ヽ ,/./       (/_,. / _/,.く ,,.ノ '_!  ヽ
                       !          _,..-‐7/´! ! ,.、   __ /,/j/,.-''/!ヾ:'`ノ-rェ ,_,,.-'‐、
                       i       _,.-''   i.「.i' iヽァヽ /  '" ''‐i,く'   ` '´. , !tソ´    ヽ
                       !     ,.-''      !i !_! ノ   t'"'i   i´`i   -‐-,,-そ_      ヽ、_
                       .!   ,.:''        ヽヽ/    (__,,Zヽrァ‐、'i.ヽ、r-、-,'´,:/ ヽ    _,,.. ヽ
                        ,!,.-"           ヽ!     /`‐f '´!i7 .//`''7'"=r‐-、ゝ_,,.. ''´,..-‐  ヽ
                       i            ,.-‐‐ヽ、   ,.-=-、 ,ゝゝヽ'.く ,.-‐''",''"/´7"  '     ヽ
                       i..-‐- 、       /`''-、  ヽ_,∠!.....r...z.-_'//´ / ,.-''" / ,:'´       ,.-'´
                       .!    ,ゝ、    /ヽ、  rr''''"       //  ノ ' ,,... '  ':        ,/
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓/´,:'"/ '   :     ,,.-''
   Yaruo  seems  to  have  been  entrusted  with                   /      :  ,,.-''
         ,,,                                             !    ,-ニ-';,-''
          lll    __________、        ,,llllll,,、 .,iilllllii,   lii,llii,llllii              .!     / ./
      ,,illllllill|   |      `゙'-、   .,lll,,,,,,lll:  ゙゙,,,llllll   lll: lll| :ll|             !  i  / /
      lll° lll    .|  |^^^''''、  l  !ll, .   illl’.,,lll  lll .lll| :ll|                    !  i  /
     .゙ll,、,,ill   ,!  .,!   /  !   ゙゙゙lll゙゙`  ゙゙゙゙゙゙゙丶 ゙ ゙  "゙                 .i  i /
      .゙゙゙ ゙゙'!!   |  ―ー''"  ,ノ           !!                    lii       .! i ノ
     .lii,,llllli,、   !  ,i 、 .〈゛    ,,lllllli,,      iil   ,,llllll,,、   ,,lllllli,、  .lllllllllll    ヽ !   ┏━━━━━━━━━┓
    .lll° lll、  !  !  ヽ  \   ,lll  .'lli、     lll  .,lll,,,,,,lll:  ill「 .゙゙`   :ll|      ヽ !.   ┃  第39話 「決意」   ┃
    llll, .,ll″ .,!  .,!   ヽ  ヽ.   !ll, .,ill:     lll   !ll, .    .'lll, .,il!    lll  、     `)   ┗━━━━━━━━━┛
    lll゙゙lll゙゙`  .l____,!     .ヽ____;;,  ゙゙lllll゙°  .,,,_,,lll   ゙゙゙lll゙゙`   ゙゙llll゙゙`    ゙!llll゙°      く
    '゙°                           ゙゙゙゙゙’                            j
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ヽ
              .!   !        ,        /     i                i

やる夫がドリームプロジェクトなようです 第38話「運命の時へ……/5」の続きです。

“やる夫がドリームプロジェクトなようです 第39話「決意」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫がドリームプロジェクトなようです 第36話「運命の時へ……/3」

2010.06.10 (Thu.)
845 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/06(日) 21:00:33 ID:.n1AlStw
・続きです
846 名前: ◆EpIUEdpybQ :2010/06/06(日) 21:00:48 ID:.n1AlStw

            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              Yaruo  seems  to  have  been  entrusted  with
                    ,,,
                lll    __________、        ,,llllll,,、 .,iilllllii,   lii,llii,llllii
                 ,,illllllill|   |      `゙'-、   .,lll,,,,,,lll:  ゙゙,,,llllll   lll: lll| :ll|
               .lll° lll    .|  |^^^''''、  l  !ll, .   illl’.,,lll  lll .lll| :ll|
                .゙ll,、,,ill   ,!  .,!   /  !   ゙゙゙lll゙゙`  ゙゙゙゙゙゙゙丶 ゙ ゙  "゙
       ,ィ ¨     ゙゙゙ ゙゙'!!   |  ―ー''"  ,ノ           !!                    lii
.      l      lii,,llllli,、   !  ,i 、 .〈゛    ,,lllllli,,      iil   ,,llllll,,、   ,,lllllli,、   lllllllllll
  , -‐-、__人 __    .lll° lll、  !  !  ヽ  \   ,lll  .'lli、     lll  .,lll,,,,,,lll:  ill「 .゙゙`   :ll|
 f    }        llll, .,ll″ .,!  .,!   ヽ  ヽ.   !ll, .,ill:     lll   !ll, .    .'lll, .,il!    lll  、
..弋  _ノ    l    lll゙゙lll゙゙`  .l____,!     .ヽ____;;,  ゙゙lllll゙°  .,,,_,,lll   ゙゙゙lll゙゙`   ゙゙llll゙゙`    ゙!llll゙°
  て, べヽ べ   '゙°                           ゙゙゙゙゙’
      }  う´┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      く  ´ r '´  .入 `´     |  V          ノ.:.:.:.!
      `ー´   ,イ:.:.:.:}         ヾ、 ∨       /.:.:.:.:,'
.            /.:.:.:.:, ┴-、  ,ィ:¨':、'ヘ V    ,、ィ'´:.:.:.:.:.::/
          ,':.:/    ヽ .|:.:.:.:.:.:ヾ、ヘ. `、 ,ィ.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:ツ
           i f        ',j.:.:.:.:.:.:.:.:!i ヘ. \.:.:.:.:.:.:.:.:/
          !|        }'.:.:.:.:.:.:.:.:i ! 〉、..ノ⌒Y''''く
.           ',!        ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.リ f ¨ヽ ,..、ゝ...ノ       ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
            !      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:,イ  ゝ-'¨{  }            ┃ 第36話 「運命の時へ……/3」   ┃
.          |    /.:.:.:.:.:.:.:/  ノ′   `''''′        ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
          j   /` ‐--‐ブ′r''´
         ,ィ   .f     {  弋
         ,イ    ',_,,,,_.   Y ¨ヽ ヽ 、_,,、-'' ¨ヽ、
       /       l  ハ   ゝ-<     ‐'¨¨ヽ  }
   _,,、-‐'´         ゝ,ィ′    ` ‐- 、,,_,,、ィ-‐'
.  /     r '´     /
  {       !_    _ノ
   ` ー-‐''´ `¨¨¨´
849 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/06(日) 21:01:52 ID:j8xt6xBY
お、始まった
866 名前:名無しのやる夫だお :2010/06/06(日) 21:12:04 ID:T0CO9Mho
きてたー!

やる夫がドリームプロジェクトなようです 第35話 「運命の時へ……/2」の続きです。

“やる夫がドリームプロジェクトなようです 第36話「運命の時へ……/3」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.