2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:ルルーシュ・ランペルージ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十四話

2013.09.21 (Sat.)

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十三話(と幕間)の続きです。

945 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/09/30(日) 08:23:14 ID:4Cw3kxR2
.

<< 第二十四話 >>
____________________________
.          |   _______ _
.          |  |二二二二二二二| |                       \人人人人人人人/
._____  |  |::   │      :::| |                       <          >
l 'i l  'i l .:|  |  |::   │      :::| |    (())                 <   はぁあ?! >
ニニニニニ:|  |  |::.   〔|〕    .:::| |    _l~l_                 <          >
l 'i l  'i l ..|  |  |::   │      :::| |     ヽ゛ノ                 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
)'i l  'i l ..|  |  |::   │      :::| |   l二二二二二二二二l ̄ ̄]
l 'i l  'i l ..|  |  |::   │      :::| |    |l   冖  ll  冖  l|二二|
ニニニニニ:|  |  |::   │      :::| |    | ||  | || ̄ ̄ ̄ ̄| ||  | ||
l 'i l  'i l .:|  |  |二二二二二二二|:-|    | ||  | ||        | ||  | ||



 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|     にっ、人間の女と駆け落ちするだけならまだしも
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|     勇者の力を借りて逃げ出すなんて・・・何考えてるですぅ!!
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ u  // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |
946 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/09/30(日) 08:23:45 ID:4Cw3kxR2
                X'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.,_::::::::::::::::::::/:/
               /:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=.,_____,../《,
              {:/:::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;:::::-t.,__,,.. -''~\\
             _,.}{::::::::::::::::::::ゝ,::(.,_:::::::::::、::::::::::::}::::::::::::N::::::::::::::::::::Y
            `゛'フ´::::::::::::::::::メ:::\;;::__,,,..::ヽ;::::::::|:::::::::::::::}::::::::::::::::、:t.,,__  何を考えているかって?
             /:/:::イ:::::::,//,.イ:{ヘ,::ト.,:::::::::}::::::∧,::::::::::イ从::::::::ヘ,ヘ=-'
             ハ{:/::|:::::::::/イ{=|:ト=-{, \::|::::y=-};:::,.人;:::::::::::::::::}?    僕が考えるのなんて
              ||::::{,:i::::::{ `{,,.tr-,,,,ゝ ,):ノ  ,,.tメ=< \;::彡:;ハ|    ユフィのことに決まってるじゃないですかぁ
               ∧:| >-;::{,イ=≡≡`  イ  =≡≡  个 ,./イイ       
                ^フハヘ,._,,^~ ̄`   |  ´ ̄~   イyrソ゛       ┼
                ノ \>, ̄               ,ムイ´
        __人__         \       '       ハノ       +
         `Y´          lト,,.  ヽ ̄ ̄ノ  /ソ
           +        ,r-イ个 、    .イイ`.,_
                    》,.<_,}  ゛' ‐' ´  |>  )
                   {<⌒' ~^ =―---ー''´_,.<\,
     __,,.. - =''=X,  ___   J^' =- ..,,,_>=--=<~  __,.> /_   __,,. --= ..,,_
  ,,..- ''        `Y,,.   ̄Y´{、  _,,.. -=テ⌒ ̄ ̄ ̄  ~^'X..,_Y ̄  Y´: : : :  ~^'X.,
/            \  N, -= イ/               \,.  `{,: : : :      \,



       . . .': : : : : /:.: :. : : : : /:::::i
     . ′: : : : : : : : : : : : : : :./:::::::∠_
   /: : : : : : : : /: : : : :i! : :i`ー、:::/:k
.  〈: : : : : : : : /i: : i: : :ハ:.:iノ   /|: l:}
Y⌒ヽ:. :. : :. : :/xトム斗 i/  イ ノノ i
: : : : : ヽ: : :.i从弋込)ソ イ  ≧=ミ iノ    やだ、スザクったら・・・
: : : : : :γi: : : i ::::        ゝ込ソ/‐、
: : : : : :{(|:.:. :.ト、         〉 :::: /: : .:
: : : : : : ヽゝ_: : : :}    r―ァ   .': : : .:
:. :.: : : : :/.ol ヽ:./     `ー   /:.:. : :.イ
`ー―'´li.: :| / :介。。     イo:.:. : : : :|
:. :.:. i : :.li⌒i⌒λ     ー 'i: |: : : : : :,ノ
:.:. : :l: : :liヽi i i i    /^!:|`ー┬一′
:.:. : :l: : :li: i仁二f斧薔ニ/: |:.:i: :|
:.:. :. l: : :li:ノ   辷リ彡 |: :.!: k: ヽ
‐―'´ ̄!!   /  \\ト、: \)
 ヽ   ||  /__     \ヽi: : :.i
  `ヽ. |l/     ヽ     ヽ!:.:. :| ̄`ヽ
947 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/09/30(日) 08:24:16 ID:4Cw3kxR2
       /     / ※         ※   ヽ.     \
.      〈    | / ,.  -'ー‐'ー‐'ー‐'ー-  __   \    \
       \  |/           |    \   `ヽ|   ソ
           >'               川      `ヽ.※ }j イ
        / ,   /  /       /ハ    ヽ   ヽ l}  |
        ;' /   / /    /  //  \    l|    | }l  !
          | |   / /―- // //   __><亅    | l}   |   滅べこの馬鹿ップル!!
          | |  | ムr‐</)< // ー '"   __ |   / }l  !
          ヽヽ |ヘ「 \_> /   x "´  //   / l}   |
          /\∧          `ー ' ∠ イ /※ }|  ! !
.          / ト 八            u   / イ   l}  i  l
         /  ハ  | >  ヽ = ニ⌒)  ∠ < |{   }l  i !
      /  / {l トy/  >   _,.  <     {l .※. l}   i |
.      /  /   l{  V/                 l{   }ト   i !
      /  /  {ハ |               {l    l}ヘ   !
    /  /  /l{ ヽj、                l{ .※ }l ∧  i
 /   /  | {l ※〉 \          (⌒ヽ {l    l} ∧ ゙ 、
    / /了 l{  〈> \         `ー' l{     }l   \ \



                            ___      
                \\》\, '"´        `ヽ从
                  ≪三エ/         ー―《从》―ヘ
                 ∠/    /      \   \―三≫
                     /    / /  / ヽ \\    l工≫ 
                 / / / / '  /  l ヽ ヽヽ  ヽ '
                    ' イ l l l l |   '  ハハ 'l l   l l '    勇者と判っていて
                レハ ト、l l从从   | /人|/ / / 人l |
                 人ヽ ト、lヽ{:i:ァヽ人从Yノレ /l/  ' |    助力を願ったのですか?
                / / /ヽミ、   ,  ゞ=イ | |/      |
               ,   '´ / / _| ト、   _    ,イ l       ,
..            ,  ´ rr―'―'=ニ_ノヽ≧ェ _ ,r≦}||__  |
        ,  ´    ヽん: : : : : : : : : : :`YYYYYノ: ヽゝノ: : `ヽ_l_
   ,  ´ 彡'"´ 彡'"´'; :`て:_:_r‐ァ: : : : : : :《薔》: : : :`: : : : : :_r'イ
//  彡'"´ 彡'"´   人: : : : : : : て:_:_;ィ: : : :Y: : : : : : r':´:^:´: :/'l
948 名前:どこかの名無しさん :2012/09/30(日) 08:24:33 ID:BdGL1jzc
いきなり始まった、だと!?

“やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十四話”の続きを読む

スポンサーサイト

エーリカたちが楽屋トークをするようです 最終話「小さな旅の途中」

2012.05.14 (Mon.)
534 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/22(日) 16:32:42 ID:hMn1pK6U0
お待たせ!
明日、4/23 20:00に最終回を投下開始予定!

出席
・■■

欠席
・ジャンプ式引き伸ばし

ゲスト
・エーリカ
・ルイズ
・白饅頭
・白大根
・紅いゴスロリータ
・他多数
535 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 16:57:13 ID:/QyZwshQ0
タモリ?
536 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 16:57:21 ID:NdEXSnNc0
ゲストになっとるww
537 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 16:58:29 ID:Yh1UcBrs0
最終回早いなw
538 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 17:03:51 ID:/uAK7wSM0
紅いゴスロリは不人気さんですかね?
539 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 18:41:59 ID:7exKEA.A0
最終回早いなw
いや、もともと中篇くらいの予定なんだっけ

ところで次回作なんだい?
540 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/22(日) 20:38:32 ID:hMn1pK6U0
次回作は・・・まだ未定だけど投下後にちょろっと言うかも
面白いかどうかはともかく、書きたいの多くて困ったちゃん
541 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 21:15:28 ID:Qh2bRYPQ0
最終回だってーーーっ!?
542 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 22:15:31 ID:mQNd5aIA0
良スレを発見したと思ったら次回が最終回でした・・・

エーリカたちが楽屋トークをするようです 第5話「陽気娘ペンタゴン」の続き、最終回です。

543 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/23(月) 20:00:09 ID:u5ex6vzc0











                    ┌────────────┐
                    │どうも皆さん、はじめまして  │
                    └────────────┘










.
544 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/23(月) 20:00:39 ID:u5ex6vzc0







       ┌───────────────────┐
       │私は日本の局所でごく一部の人に        │
       │認識されている程度のとあるキャラクター     │
       └───────────────────┘








                                      ┌─────────────────┐
                                      │2次元キャラとして生まれたばかりで     │
                                      │未だ存在が不安定の未成熟者です      │
                                      └─────────────────┘







    ┌─────────────────────────────┐
    │存在が希薄なので実態が空疎                         │
    │AAも一つもないから誰からも認識できない魂だけ状態であります     │
    │何だか生まれたばかりなのに、幽霊にでもなった気分です        │
    └─────────────────────────────┘




.
545 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/23(月) 20:01:09 ID:u5ex6vzc0






                      ┌────────────────────┐
                      │この幽霊、もしくは透明人間状態というのは    │
                      │人によっては楽しいのかもしれません……が    │
                      └────────────────────┘






       ┌─────────────────────────────┐
       │やる夫スレではAAとして作者様に使われることが              │
       │何よりも大切だと考える私にこの状態はこれ以上の無い苦痛です    │
       └─────────────────────────────┘








             ┌────────────────────────┐
             │AA数は潤沢、認知度も高い、キャラとして使いやすい   │
             │これが目指すべき姿だというのに今の私ときたら……     │
             │まったく、人様には見せられない痴態ですよ           │
             │まぁ実際見せられないんですけど……                │
             └────────────────────────┘






.
546 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/23(月) 20:01:38 ID:u5ex6vzc0







                    ┌─────────────────────────┐
                    │そんな青二才である私は一日でも早く一人前になるべく、  │
                    │近頃、とある事をして自らを高めようとしています         │
                    └─────────────────────────┘









               ┌───────────┐
               │そのとある事というのは   │
               │ずばり、『観察』です    │
               └───────────┘







.
547 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/23(月) 20:02:08 ID:u5ex6vzc0









 ┌───────────────────────────┐
 │ここ、やる夫スレにおいて熟練者である方々の様子を観察し、  │
 │その優れた技能や所作、立ち振る舞いを目で盗みだす      │
 └───────────────────────────┘










        ┌────────────────────────┐
        │そしてそれを自分のものへ昇華することが出来れば、     │
        │AAができ、晴れてやる夫スレデビューするときでも       │
        │すぐ一人前な行動ができると思ったのです           │
        └────────────────────────┘





.
548 名前:匿名 ◆4l1Nwxcz/6 :2012/04/23(月) 20:02:50 ID:u5ex6vzc0






             ┌──────────────────┐
             │自分でも随分浅はかな考えで           │
             │非合理的な行動だとは思いますが……   │
             │しないよりはマシだろうと結論付けました   │
             └──────────────────┘




              ┌────────────────┐
              │どうせ他にすることも無いですしね    │
              └────────────────┘






.

“エーリカたちが楽屋トークをするようです 最終話「小さな旅の途中」”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編

2012.05.04 (Fri.)
191 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:34:24.44 ID:0w0wtfQo

     /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
     /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
    l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
    {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
    |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  
    |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|  「やる夫が正史を書くようです」第二十四回後編だ。
    |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|  
      |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|   後編では一旦本筋から離れ、
      ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ   .主に当時流行した玄学、
         \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l    及びこの時代の儒学についての簡単な紹介と行う。
          |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|    
          |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ     >>1は投下中にレスを返さないので了解してくれ
          l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
              `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
    _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
 /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
{  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 中編の続きです。

192 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:36:06.10 ID:0w0wtfQo

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      こうして曹爽と司馬懿の仲が悪くなって、
 /  (__人_,)    \     このまま一気に正始政変に突入って感じなのかお?
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/     曹爽の権勢もあっけないもんだお
    ゝ  ノ
  /   /                                              ,、 -─‐- 、,
                                                 , ' ´: : : . : . : . :.` .、
                                              /: : : : . : . : . : . : . : . ヽ
                                             /: : : : . :/: .,': . : . : . ',: ',: . :',
                                              /:  /: : /: :ハ: :{ l: . : . : . :l: .i: . :.',
                                            /: : /l: ./|∠_';ト:l: . : . :;: ハ: |: .l: .',
    陳寿の言い分は間違ってはいないが、                ,': : :ハj:ハ:ト___、`ヽ: . :.,-─i:|. l . :;l
    いわゆる正始政変は興勢の役の五年後。              ィ: : |〈|: . | .;:j `    ヒセ;'ァ::|: . ハ !
                                            ト/|:.|:.:|: .:|  ` ´     'ー' ム:l.:./ '
    まだ先は長いし、それまでに紹介する話題も多い           ヽト;:.l .:人     '   /:.::|/
                                               /',:.:ト、`    ¨ , .イ:.:.,'l
                                            /   ',| \,_.スー ' `7ヽ/
                                           /    , '  /:i::::::ヽ  l/ l
193 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:37:31.55 ID:0w0wtfQo

              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/    とりあえず興勢の役を終えてキリも良いので、
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'     ここからは正始年間の魏の朝廷における逸話をいくつか紹介する。
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ        司馬懿が実権を握っていく時代がどういう時代だったのか?
      /: : : : : : : \. ト ヽ、
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_        .このあたりで時代の空気を吸っておくのもよいだろう
    </    ヽヽ: : : : :\= ̄{
      !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i                               / ̄ ̄\
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h                            /  _ノ ,ヽ\
                                                |   ( ●)(●)
                                          . \    |     (__人__)
                                             .\  .|     ` ⌒ノ
                                             . \ ヽ       }
                                                .\_,ゝ     ノ
         正始の音、というやつですか                     /, r、    く
                                               ./ 〈  \    i
                                              . ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                 .て_)   \ノ
                                                       \
                                                         \
                                                           \
194 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:38:58.97 ID:0w0wtfQo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\         正始の音?
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/          簡単に言ってしまえば、
        ヽ::::::::::  ノ   |           \          正始年間に流行した清談の事を指します。
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――       その内容は人物評価や哲学だったりしますね
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


                                               /.:.:.         \
                                                /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
                                             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
    清談。                                      ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ   
                                                 `ヘ:ゝ   _     小/     
    政冶や商売等の話に対し、                              ヾ:{>、 _ ィ<}/|/     
    趣味・芸術・学問等の高尚で上品な談論を指す               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
                                             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ    
                                             /  | l:l   l     l   l::l l   
                                             l  ヽハ    l    l  //  |
195 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:40:41.18 ID:0w0wtfQo


       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :

             魏 文官 何晏

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        正始年間、そうした清談の中心にいたのは何晏である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼は老荘思想を好み、才と徳の関係についてよく議論していた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
196 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:43:07.34 ID:0w0wtfQo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     .どうも清談っていうと、
|       (__人__)    |     仕事そっちのけでどうでもいい話ばかりしてる気が……
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |       .半端者の現実逃避にしか見えないお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                      /: : : : : : : : i : : : i ヘ : : 丶: : : \: : : : :.∨: : : :廴
                                    /: : : : /: : : : | : : : ト \ : : \.: : : :. : : : : : : : : :. :.  ̄
                                   /ィ : : : : ' : : i:. :| : : : |  ` ヽ 厶斗: : :∨: : : :i : : : N
                                  /   |:.i:. :. :i: : : |:. :|小:. :!    /ヽ 厶ミヽ ∨:. :.:|、: : :.ト
                              .      |:'|:i: : :|:. :. :! : | { 乂:.     ィ斧:ハ } i`ヽ:. :.| } : i:|
   そうした側面もあるにはある。                { |:l: : :|: : i : 斗七 ` ヽ  ハう::ソ  .: / : : ル': :.ハ!
                              .        |:. :. :|: /|:. : :|,ィf斧ミ       ´  ノイ: :. :.小 /
   ただ、間違っていけないのは、               ハ: : 小{:.l:. : :ト、 うソ          |: : / N }
   何晏という男は職務もこなしていた。             ∧:. :! ∧:. :ト:i:ヽ   `   _      |:.:.从{ _
                              .           ヽ:.   \∨: : : 、    ´     /!:/ Ⅶ):. :.ヽ
   記録に残っている彼の働きを見てみよう             ヽ    ハ: i : ハ{≧ュ.....  _/  {′ /:. :. :. :. :<_
                                              八:ト、{       .:´ハ     /:. :. :. :. :. ...:::´::イ
                                                   } `    /:. :ム}  .イ:. :. :. :. :/::/:. /

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編

2012.05.04 (Fri.)
717 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:43:09.37 ID:080N8zQo

             _ -―-、
           , -――‐ヾ、―‐-、
         /,イ  ̄ ̄ ̄ }) ̄ ̄ヽ
        / /  /\  / ,へ、  \
          / /  /. . . . ー''―'. . . .ヽ、 ヽ
       l /  / . . /. . . . . . . .ヽ. . ヾヽ ',
       ||  ,'. .. ./i. .i .| ,ヘ. . . .l. . . lヾゝ|
       l」  |: . : .!フニ!ミi;/ !ァ;ニ_}. . . |: ::| l
       ヽ  |. . : <ト'  !`  'ト' .!〉. . |:.i:.|ノ      「やる夫が正史を書くようです」第二十四回前編です。
          \l. . . .lゝ- '  ,  `-'j , , レり
             ∧. . lu"  r‐ァ  "イ//人        .このスレの作者は投下中にレスを返しません。
         /l: :ヽト、>、 __ ,イ/ノイ::}、〉
             レVV': :゛:|ー┐┌|: : }リV        .後、投下内容に関するネタバレ発言はご遠慮下さい
           r‐'´\: :|\ 二ノvV⌒)ー、
         /`ー--_リ'⌒7rjヘi⌒ヽ/ _)
         / ̄ ̄ ̄\__/´ ○〉 V  ̄  |
         ,'    \ くr┴'⌒::V´\.   |
          /、0 ___/V::::::::::::::::::|―^0r―‐|
        {  V   // ̄\:::::::::ヽヘ/ _イi
       ヽ___イ7 /     ヽ::::イ_,イ  l ',
        /||  /||\       ノ´__| /   ハi.|

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 後編の続きです。

718 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:44:47.86 ID:080N8zQo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
719 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:45:43.36 ID:080N8zQo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{       .前回は司馬懿を軸として、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ      皇帝曹芳の治世の序盤、芍陂・樊城の役を中心に述べた。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,      .今回は魏の政冶の実権を握っていた曹爽を中心に話を進める。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      .曹爽転落の軌跡・序章とでも名付けようか?
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|

                                                   ____
                                                  /      \
                                                 / ⌒  ⌒   \
 逆に言えば、どうやって司馬懿がクーデターにこぎつけるか、かお?     /  (ー) (ー) /^ヽ
                                              |   (__人__)( /   〉|
                                              \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                            ―――――――― \ _ _ _ )
720 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:46:53.48 ID:080N8zQo
【紀元239年1月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .話は少々遡る。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .景初三年一月、司馬懿が太傅に祭り上げられた結果、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹爽が魏の政冶の実権を握る事となった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .言い換えれば、曹爽自身が政務を行わなければならなくなったわけだ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 21:47:05.99 ID:CYe5GaEo
お、はじまた
722 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:47:44.52 ID:080N8zQo

            i.   〃:.  / :\/: : :/l: : :/l: : : : : .: : : : i
           r=、ヾ.li: : : /: :/l: : > 、./|: :/ :l: : :! :! : : : : : l
         / /く` li. : :/ r‐─- 、/\/: /!: :/:/: : :! : :l: !    丁謐よ。
        / /∧:Y li: :/ /l:::::.......:ハ l/:./ l :/:/: /:/: : :!.,'
          / //  V:.li:/./ ヽ:::::::/   l/ _.!/:/: /:/ : :.//     お前の言ったとおりに太尉を太傅にしたが、
       / //    ヽl: イ    `'゛      /::/ 〉:/:/: : :/:/     これからどうするのだ?
.      / //     l l.ト、       〈:://レ'l:/: :.,.イ/
     / //       l. |l \  _   ゝ  / |/: / l/      .私は政務を執った経験などまるでないが……
.    / //      .l リ   ` r --  イi l、/、
    / //   ,、 - '"`く     l li | li  l l lヽ:. ヽ
.   / //   r"       \   {`‐=くli ..!l l ヽ:.. ヽ
  // /'    l  ̄ - ._   ヽ     }〈Y└リ、  ヽ:.  ヽ       -―‐- 、
. // /     l      i     ̄ V¨  i    ヽ   \: ヽ           \ ______  -――― 、
                                       __、   / _  --- 、 __ \     |
              魏 大将軍 曹爽                .\ / {, ィー<ヽ-=、\ !  /丶J
                                          )'゙!  | ゝ-゚ノ⌒l・-、)T´ |/
                                         \l |  lー/⌒!  ⌒lーイ /}
                                          \ー」 ー1  lー' / /ノ/
                                              十=二_l  |_二=-‐ '
     (こっちとしては願ったり叶ったりなんだけど)              l  | |ハ _ノl //
                                        r-、_ /ハ l l_j__」'/
                                       /  l  | | ハ V⌒∨/_ -、
                                          l  l ∨ ヘ\//  /  |
                                        -‐|   l \_/ー'l  /  /
                                         イ   \   / /  イ

                                          魏 文官 丁謐

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .とはいえ、彼の政冶経験は皆無であり、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .彼一人で国政を差配するのはどう考えても無理があった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        どうしても補佐役の類が必要になってくる
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
723 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:48:46.76 ID:080N8zQo


      |         | , -―┴-  _
      |         {/   f二)    `  、
\    /}        《__ j __)       \
 └、   ハ          /   |_/ ̄ ̄\        〉ー――-  、
   l   ハ        / /´}    ,. ┐  \   /         `丶、
    V   ハ     } / ̄`!    /     /   {             )
      V   . -一 ´ /   ⌒ト、__/    \_   -一  ´ ̄
     V/       , ┐   |   /  /´ ̄`ヽ  /
     (_____/ j___」   /   ゝ __ ノ /    大将軍のお知り合いに声をかけてみてはどうかしら?
       \ |レク   ,       く  __    /
        く、__ l{__  -‐  ̄\_/ ̄       きっと力になってくれると思うわよ?
         / /  \     \   /__
          / /  / \_,ノ / / | ̄>\
       {__/___/-一 ´   /〈  レ´   /  -――┐
          |       / | }/   /  /    |
          |     /l    \   /   /    /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .この種の補佐役には、気心の知れた者を据えるのが常である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .頭がダメでも補佐役が賢明で優良であれば、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        組織はそれなりに機能するだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
724 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:50:17.22 ID:080N8zQo

                                                      ___
                                                    /      \
             蜀なんかはいい例だお。                      /⌒   ⌒   \
                                                /(● ) (● )   ヽ
             劉禅様が100%バカだとは言わんけど           | ⌒(__人__)⌒      |
                                                \   `⌒ ´     /
                                                    /             \
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ        問題は、その補佐役にまともな人間がいなかった点ですね
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
                                                /.:.:.         \
                                                 /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                               /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                               /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                             /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                              N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ここからしばらく、曹爽の下に集った人材の略歴を紹介する       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                  `ヘ:ゝ   _     小/
                                                    ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                                _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                              /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                              /  | l:l   l     l   l::l l   
                                              l  ヽハ    l    l  //  |
725 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:51:43.22 ID:080N8zQo

        ./  ./        i ヾーヽ
       /  /  /  /,ィ ,イ  |  l \「`
       l  l ./ l -ァサ.l メ/  ./ /  l ヽ
       .l  .lイ { l< ア::ヽ / /7メ  | l、 l
      ./  .{ |  ll .込:」 ' ´ ァハ〉 ./ l .ハ |
      /    |  |ゝ     〈:ン / / ./ }'        蜀や呉に関する記述は自信ありませんけど、
     ./     l  ト   、_ ' /' .,//l /           国内の事なら調べはついているのです
    /.-‐-...、  rヘ. h \__ <| //'//
   .r" ̄:ヽ::_ >‐-ヘll  {7i_ .-.|/__ /'
  / {::::::::::::::::{: : : : : : :ヽr.イ: : :/': : l
/  .Ⅷ::::ヘ:::::ヽ: : :/ オ下 ̄ヽ : {
    Ⅷ:::::ヘ:::::{:/::/: | ll|: \__};イ              ,――――――――― ァ
     |::::::::::ヘ:::'.イ: : : : |.v|: : : :∨:l              //               /
     |:::::::::::::ヘ::ア: : : : :|::::|: : : : ヽ::〉            //               /
     .Ⅷ:::::::::::ヘ`⌒廴l:::::|/´|:>':::::l                //            /
     .iⅧ:::::::::::ヘ::::::::::::o/::::/|::::::::::l    _ ―-、-、_//            /
      l::Ⅷ:::::::::´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::アア ´  ___ヾヾヽ//            /
        l::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ__z ニ_U_U_〈/________/
      l:::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/ ノ ノl______ノ________ノ
――――┴‐` ̄ ̄ ̄ `ヽ、:::::::::/タr'´

        魏 文官 魚豢

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .なお、曹爽側近の面々については、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .『魏略』の著者魚豢が詳細な記述を残してくれている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        .同時代の人々が曹爽一派をどう見ていたかが分かるかもしれない
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編”の続きを読む

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十三話

2012.04.14 (Sat.)

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十二話 魔王Sideの続きです。

845 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/03/25(日) 09:42:37 ID:cMzN63mk
.
<< 第二十三話 >>

.
                             ∧
                             ○
                           /合
                      ※  __ノ /^\
                     ._||_ ̄  /人_人_\
                     |圭| ./_人_人_人_ノ\
                     l圭l/_人_人_人_人_人_\__
                     |/(_人_人_人_人_人_人_ノ\___/l
                    /人_人_人_人_人_人_人_人_ノ\||
                   /_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人\
                  (_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ノ
                    |__      __      __|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    | ̄       ̄ ̄         ̄|
                    |                      |
                    |          (_)         |
                    |'`ヽ       /⌒\      r´`|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    |l][]|     ||[_][_]||     |[][l|
                    | ̄       ̄ ̄         ̄|
                    |           ( )        |__
                    |          /へ\      ..|XXX\
                    |'\    / '     \      |,'XXXX\
                    |][]|   ./_____\   ..|XXXXXX\
                    |][]|  . ̄|_| r'⌒ヽ  |_| ̄  ....|=========''
                  ノ´:|][]|    (_)..|o | | | (_)     . |Y´  `YY´
                <ニニ:|][]|   ...| |__l_|_|_|_l___| |    ..|l|_________l||_
                 | >-| ̄   ....|_|      .|_|    ..|∩∩∩∩|
                 |  |::r⌒y⌒ヽ´[二二二二二二]( ̄)⌒()圭圭圭|
                 |_|(__( し'´)[二二二二二二二]r'⌒V´γヽ圭圭|
                   、__ノ___)_[二二二二二二二二]_人λノ
846 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/03/25(日) 09:43:08 ID:cMzN63mk
____________________________
.          |   _______ _
.          |  |二二二二二二二| |                       「 翠星石、翠星石ー 」
._____  |  |::   │      :::| |
l 'i l  'i l .:|  |  |::   │      :::| |    (())
ニニニニニ:|  |  |::.   〔|〕    .:::| |    _l~l_
l 'i l  'i l ..|  |  |::   │      :::| |     ヽ゛ノ
)'i l  'i l ..|  |  |::   │      :::| |   l二二二二二二二二l ̄ ̄]
l 'i l  'i l ..|  |  |::   │      :::| |    |l   冖  ll  冖  l|二二|
ニニニニニ:|  |  |::   │      :::| |    | ||  | || ̄ ̄ ̄ ̄| ||  | ||
l 'i l  'i l .:|  |  |二二二二二二二|:-|    | ||  | ||        | ||  | ||




  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l    なんですか、やる夫?
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l
/   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
.    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l
847 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/03/25(日) 09:43:38 ID:cMzN63mk
.
     ____
    /⌒  ⌒\   i ̄ ̄ ̄i   ユフィとスザクっていつケッコンするんだお?
  /  ●   ● \.ヽ____ノ
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|./⌒i      それと紅茶おかわり!!
  ヽ    (_.ノ   ィ’  /                              
 .Y   v、 ..__
 .乂_   ).二ニ=
     . ̄



             /|
  >──ァ-、     ̄|_
.       /XxXx     <
     /xXx/^Y
.   /}xXx/:::::;イ}        は?!ケッコン?!
 .イ::ト{xXx{::::::ノ|j
 :::::::::::{xXxi⊂⊃L        ああああの二人がですか?!何でですか?!
 :::::::::::{XX u rw┐!
 :::::::::::{xXxi |_j/
 :::::::::/xXxAヌ
 ::::::/XxXA/∧

“やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十三話”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十八話 前編

2011.12.29 (Thu.)

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十七話 後編 3(と第十七話 補足)の続きです。

709 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/12/05(月) 00:05:22 ID:cMTICeDc

【ニュー速高校・17話より数日後……】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |.   -,_ _、,..゙| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |   )/ノハミ゙.|  | 【ヴィップ市立ニュー速高等学校】
             |  |  |.  ζ ゚∀゚),ζ. |
             |  |  |   √¨l (  ナンテコッタイ\(^o^)/
             |  |  |.  / つ-).゙|  |
 ______|_|/.   ム-ノ /(. |_|__________________
                      イ_ハ」`






                     イッカゲツゴニハ クリスマスダナ!
                                   fY´)
                    !ヽ, __ ,/{     _     |/
                    !,ゞ    ヽ  '´.   ヽ
                    i i,从从!l!l i L|_!リハリ!_|
              f^Y^!   | l|l ^ヮ^ノリ |!(!|`´ヮ`ノ!|   ドコイコッカ?
               \/   .j /ヽ y_i、l. |i!/jリ芥リ、|
                  {`zーi__ノ卯!_ゝ ''(_く/_j|,ゝ.)
                  `ー-'く/_|_リ.     ヒヒ!

                       ミオトナラ ドコデモカマワナイゼ!
711 名前:規制解除、キャップ発行書式を守ってくれお :2011/12/05(月) 00:05:54 ID:z83BNa2E
やった始まった!
712 名前:規制解除、キャップ発行書式を守ってくれお :2011/12/05(月) 00:06:25 ID:sNNqZdQA
ホントになんてこったいw
710 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/12/05(月) 00:05:50 ID:cMTICeDc

【部活終了後・第二音楽室にて……】

     ,     ___  __   __    __    __   __  __
    / | |  | |l##l|  |{{i示i}|  |jlf.チN|  |jl苧li|  |b5.5l|  |{l,=i}}| |l└l|
 //f | |  |   ̄   |ィ>ラ'<|  |Aニィ>|  |ィ{iijト|  |,ヘニ<|  |ィラヘ| ` ̄´
'./  | | |  |         ̄ ̄     ̄ ̄     ̄ ̄     ̄ ̄    ̄ ̄
    | | |  r,====r, ===============.、====.、
   .:.: | | |  || __  ||                            ||       ||
 .:.:.:.:.:.| | |  || |≡l≡|  ||     ( ∵ )                 ||       ||
.:.:.:.:.:.:. | | |  || |≡l≡|  ||     センターオブセンター              ||       ||
:.:.:.:.: / | |  ||  ̄ ̄  ||                            ||       ||
.:.://| | |  ||       |l                 ┌ ─‐┐┌rr┐ ||       ||
' /.:.:. | | |  ./´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)j====l ┌┐ l ===/´ ̄ ̄ ̄ ̄
'.:.:.:.:./, ' l/______ ,.-‐_ ニニ´r 1        ̄fl ̄     |´ ̄  ̄ ̄  ̄
:.://   lー──‐─‐一 '´         l.ニニニニニ F! ニニニニ.|
'./  ,∠!           ..-┬ ‐┬′         ||       | i i i i i i
  /,|______ ィ┬…'     丁゙|            _||_      レ~~~~~
./, イー‐ヽ_ ノ| | | !│        |│         ‘─‐’       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/  TlニlT│| | | |七!        l_|
    ∪ ∪│| rf1]        ‘‐’

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十八話 前編”の続きを読む

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第十九話

2011.11.25 (Fri.)

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第十八話の続きです。

564 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/10/16(日) 11:37:43 ID:gfCSOtGM
.
<< 第十九話 >>
.
       :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:                    :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:       :;:;:;;:;::;    :;:;:;;:;::;:;:
                        :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:              :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:
     :;:;:;;:;::;:        :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:             :;:;:;;:              :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:
                 :::;:;:;;:;::;:               _   :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:
                      .           .√:;::;:廴
                                ..  |;:;;:;::;:;:;;:|.Γゝ
                              ..___|;:;;:;::;:;:;;:|亠i ヽヘ
                       ∧へ      |;::_|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;|__
                      |:;;:;::;:マ_ ._....|:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;|:;::;:|
                      |:;;:;::;:〈|;:;;;:レ ; | |:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;|:;::;:|_
                      |;;:; ::; ||;:;;:;::;:;:;;:| |:;|:;;:;⊃:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;| 」V;:;;|
                      |:;;: ;:; ||;:;;:;::;:;:;;:| |:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;| |;:;;;:;;:|
                      |:;; :: ;:||;:;;:;::;:;:;;:| |:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;| |;:;;;:;;:|
                      |;;:冂;;||;:;;:;:冂;:冂 |;:;;:|;:;;:;::冂 |冂|::; .:;| ,冂:;;:|
              ^~⌒^^⌒⌒⌒^^^^~⌒^^^^~⌒^^⌒⌒⌒^^^^~⌒^^⌒⌒⌒^^^^~⌒^^⌒⌒
           ;:;:;;:;::;:;:;;:; ::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;: ;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;
         ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;: ;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;:: ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;:: ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;
                    ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;
                        ;:; :;;:;::;:; :;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;; :;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:; ;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;
.
.
.
        /  `、   ; '  `-、>      .,  ー=,  .r'_.,,イ    .{ リ f
        `ー-ァ ァ  `、__  \          /  (_,;    ryヘ ( {、  …それで狗(いぬ)よ
         弋二人__     ノ、.  -=ァ   /ー'"`¨¨´   .ノ マ \Y
            /  T`ーァ"≧>  __ < _       /´ノ )  |   私の息子は今何処で飼われている?
           /: : : : : {: : :、: `:; :,r='''"     `ー二7    r'" ,    i
          /: : : : : : : : ヘ: : : ::/        ,ィ-rt fヽ、  f  ノ   ./   あの愚かで未熟な吸血鬼は
       _斗イ: : : : : : : : : : :'; : :./    .rー-イ, .} ..i弋,i: : `、 .i     ./
      f ;::': : : : : : : : : : : : : :';: :/    i:rf⌒i!::`ゝイ: : : : : : :`、 }   r"
      ゝ; : : : : : : : : : : : : : : ::/     i:ゞ=イ: : : : : /: : : : : : ::i|    '
565 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/10/16(日) 11:38:10 ID:gfCSOtGM
.
            へ} ̄ ̄¨∨`ヽ、
          / __∧__/   ∧`:.
            〈./: : : : : : : : :`: ./  ヘ: : :.
            /. : : : : : : : : : : : : ∨___{: : ::.        お嬢様が探すなと仰っていたので
         ,′ .l: : : : : : : : : : : : : :∨__}: : :.i        ご子息様の行方は把握しておりません
         ハ. ..:.:|: : : : /\: : : : : :`ー-: :.:从
        |. : .:ト、: : /ィfてう勹: : : `ー-: : :`ヽ     …追手をかけたら絶交と仰られたのでしょう?
        l八 代リヾ `¨¨´ 厶イ厂∧: :.へ.:.:\    最愛の息子であるスザク様御本人に
        |  |ヘ '        从: : : : ∨:.八
.            从;ヘ ー‐   .イ{:}.: : : : : :∨ `ヽ
         ノ  | : `ー<´ー.{:}i. : : : : 八 ,ィへ
          r--yン、∧ー─{:}ノ:.ノ7/  /∧
          |  ん /∧  /i:}:::::::::/_/   }
          rヽ./厶//{ ∨::〈ソ:::::::/ /  ̄ヽ_{
         ノ /:::://:厶イ:::::从::::::}フ       |__}
        /.:::::::::::///「:::::::::::::::::::厂        ∨
.        {::::::::::::::レ´|_|::::::::::::::::::{          ∧
       ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ            rz
.
.
.
          ,. -───-- 、_
      rー-、,.'"          `ヽ、.
      _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
     く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、
      \::::::::ゝイ,.イノヽ! レ ヽ,_`ヽ7ヽ___<     …うー!
      r'´ ィ"ィ"レ旡≧///≦乏`  `!  i
      ヽ/ !///| |, -- 、 | | i  ハ   ',
      .ノ /l  | |ー⌒ー' | |  ハノ i  ヽ.
      〈,.ヘ ヽ、| |     | | 〈 i  ハ  i  〉
       ノ レ^ゝi>.、.,_____,,...ィ´//レ'ヽハヘノ
         /⌒`γ´ハ_,,.イ´レ`ヽ、  /⌒ヽ、
        〈r'^ヽi /^L_!ムイ_」^ヽ. .〉´ /  i' \
           `7 _ノ'§ !、_  !,イ__'⌒ヽ、ノ   i
           i、_ノ !、,§__、ハ、_ノ、/、__  ⌒ヽノ
            r/ `ー--─ヘ´``ヽ、_イ
566 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/10/16(日) 11:38:31 ID:gfCSOtGM
.
            __, --―rー-、_
           _/´ ´    (   7´`ヽ
        r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ    ̄ヽ
      /ヽ /  / i  ̄ 丶 `ヽ /   〉
      >、// / / \ \ \ \ ´`ヽ
      >'/   / // i  \ \ ヽ  ヽ  〉     別に人間の娘との戯れ位宜しいでは無いですか
  ー=彡 /  // ,イ  i \   \ \ ヽ ヽ lヽ
    / / /  /l / ! | ト、 ヽ  ヽ __ヽlヽ ∨ !     避妊さえきちんと徹底して頂ければ
.   / / / -- L_ | ト、 ! \ヽ斗 千、ヽ ! \ヽ ヽ
   / /! /|  ∧r=ャミ、! ヾ!  `yィテ示7ヽヽ \ ヽゝ
  /  |/ ヽ ! ! ゞニ>       ゞ- ' { ヽ 〉 \ ゝ
       /ヽ! ∧      ,         ∧ / ,.イ \\
      /ィ ∧ _ ゝ、    __    ,.イ  〉´  〉   ̄
       レ〈/ ,.イ__>- _ ,.イ  〉 ! // _
   __  〈  |//∧    ノ::::〈_,.イ ヾレ',.イ´::
   }  ヽ/`X_,.イ__::ヘ  /::::r- ∠ 〉、ノ ノ::::::::
  ノ _>、 ゝ _/ /::/ 〈:::::::∧  Y /-イ:::::::::
   ̄ / /`ー<__/::〈___!/ 〈_,.ィ `ーイ´ ̄`7
    イ/  /:::::::::::::::::::::::: ̄\ /`7ーr'、  /
  __ノ _,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y / | |::::: ̄
    ̄                 |/  /|/
                     ,.イ _/ノ
.
.
.
         __,,,..,へ、──- 、
    ,ヘ  ,.'"  /   i____    `ヽ、
   く  `ヽ、 _/_  `ゝ___r-yヽ--、i
     >  _ゝ'、i_____/ ,、 ヽ、  ト-ー 、
   __〈,______,/⌒ー´ \ノ、i λ `、ヽ、__,>
ヽ、ヽ、_,ゝ ,イ  / イr;=-,、レ´i,.イノト   ノ
 .i   `ヽ,'  i.ノレλ' ヒ_l_i   r:=;、ノ-'ン´   八つ裂きにされたくなかったらえっちな事を云うのは止めなさい!!
  ',   ノ   ,イ i ""u  . ヒj i/ミ!/',
  ヽ、,'    ノ  ',.リヽ  / ̄'i  "从|  (    だっ、大体そう云う問題では無いでしょう?!
    .レヘ、 λ  i r'i トゝ, ___ ,..イノ   i
      ) !,'" ̄`ヽゝ/、レイ、/   /     この誇り高き吸血侯であるレミリア・スカーレットの息子が
      'y     `ヽ、/ )ノヽ、 /^     よりにもよって食料に過ぎぬ人間の女にうつつを抜かすなんて…!!
ヽ,.- 、  〈      _ ノ / i,____i_ノ
   `⌒ヽLr、ー^ー´、i i     ン
       /iヽ、   ヽ /   r-イ⌒ヽ
567 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/10/16(日) 11:38:55 ID:gfCSOtGM
.
               _____
            ., ' {_ イ⌒乙ニ、_
          /く  > ⌒ ー 辷_`>_
         /   ソ´ /   i   `V ヽ
         }`フ、/   ′ i/ }i  }  ',  }
      ー=彡廴 ′ ,'   | .ハ | i  }__」
       /  r={   i  }i八  :|i | |  j_人_    吸血侯の地位は大分前、出産を機に他の方にお譲りになられたではありませんか
     /. / ヽ j イ_`メ、 i ヽ八ノ l  }i∧
    '´⌒7  , | { i弋ぃ. | iイ-‐=丿i  | ∧   育児に専念されたいと云う理由で
      .′/{ノ 八 |  ¨^ V fで )  } リ\i `
      .i ′ }/ i ヽ    ,   厶イ 八_{     現在、吸血鬼族の旗頭をされているのはルルーシュ侯ですわ
      j/   | ,ノ _|\ ー- _ イ/ .ノノ
           j八 / |  `ニj ∨〈.{ ´ ̄>:.
           〈{八  ノ >、 }〉  /  i
         .ィT/:}〉、ニニソ/:::;〈}:i .′   |
      r<   |::〈{  }ニ|/:::}ハ::|/     {_
      | 、   |::ハ:/ニニム:::从 ′     i
      |  \ j/  }ニニニム /        |
      }    |从 j\ニニニ} { ,斗‐==-、  |
      ′   {:::j/::::::iニニニ|:::`}ニニニニニニY´
     /      ヽ ::::::::{ニニ斗:::::¨i´ ̄`Yニソ
     \     ∨::::::::::::::}:::::::::::|   |⌒
       }ニニニニニ}V:::::::::::::::}:::::::::|   |
       ⌒iニニニソ }:::::::::::::::c}::::: |   ト、-‐…<
         |    |_j:::::::::::::::::∧::::|    {:::/    \
         }    |〈:::::::::::::::/ `¨|   |∧     /
.
.
.
        /   l  i  .l     !i   トz λヽ ', ト、 .l i.ハ
      i!  i l  l    l   i! _,,-ァ、.フ''ヽi!ー、j ヽ l .i; ハ
      l  l .l  l  .i .i!,.__ i!  .j .jl  ', i! .l`ヽl l !i lヽ_      そっ、そうだわ!ルルーシュ侯よ!!
      l  .l l  i  .l,イヾ   .l  .l /,;r==|  ハ  .l i! l ハ`¨      咲夜、彼に連絡を取って頂戴
      l  l  l   /l', l ヽ  .l  /  iil   j.ノ l  .l V ヽi        スザクはきっと幼馴染のあの坊やの元に居る筈…
     ノl .i .l .l.  ,' .l V __`ヽハノ   ///// .l  ノi  , ヽ、
     ´ .l .l   ヽ i i!_zf'⌒''   ;   __///.ノ,.イ/  ,イヽ_>
       l i!  ヽ  ハi!  , //,  ,.ィf´ ''. ヽ . 7 .l ハ. /.ハ
       Vlヽ.ヽ. ヽ  V_////. V     ノ,.'ノ / , .l l `  __
         `''ーz>、__>、_ ヽ....... / イ/ハ、i j>ァ''´  `ヽ        ,ィfに:ヽ、
           ノ'ヘ ,、 ハレ r.v、三 ̄´  .l´_.) ´ .i!ハ._    ',. ヽ,    ,.'_::::::r.、::::::ヽ
                i!,>'¨z=-| .lノ l 、   ir/rァ   iiハ(_     ', .l  /´. `´  `ヽ:ハ
                r''´   i!l>j .l' ヽ`ヽ // /   i i lr)/.i.   ', .l          ヾ'
              l       i!l /.ハ  ` ー.y.l r.ァ   j.j.j <,.j    ', l、
           l     く// / __ .r、 l l l .l   /// _ハ     .l '.ヽ、
     ,r‐‐..、    |     !i' l' .lレ' .ハ. V i .lヽ, ノノノiハ.  ',     ' l `ヽ
    ,.':::::::::::,r'ー /' i      !i l .l iz=_l .i / j ヾ≦V¨´   .V     '  ./
.   /:::::::::::::j  ./  .l     !i   V=zニ| ' l   l:::: `´     l        ./
   l::::/ ̄  ノ    ヽ    i.l   i!::  .l '   l、:::.        /i      /
   |::/    く    ヽ.   i  .ノ::   ヽ、  ヽ、...    /:l    _r‐〈
   V      \       /  ./:::.....   `ヽ、.   >、::::::::''::::トzー‐‐_r┬'
568 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/10/16(日) 11:39:23 ID:gfCSOtGM
.
                 -─‐--=、
         / ̄ ̄`'´       \
.      /                \
      /       rz____       ∧
.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\        はあ…それは構いませんが
      l Ll___/                 \   ∧. \       スザク様が吸血侯の元にいらっしゃったとして…如何なさるのです?
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
.
.
.
       i\,
    ,,,,,,/....::'\,--''' ̄`-,,,_,,,- ''' ̄`'' -,,,,
   / ...:::     ヽ,      ` ' , -、     `ヽ,
  i,  :::    ,, --`-, ,,,, _  ,     __,,,   `ヽ,
   ヽ, :::.  /     L   `;--;;____ , ' /~ ,   ヽ,
,,,-- ''~ :::  (  ' ,   /    -====   ∠   i     i
`,, ::::  :::  ` -vヽ,,/     ', `'  i  `''ヽ,,___/ヽ!
 L,,, ::::::::::: ,,r--" >'' ̄ ̄i-,,,___,,,,,,,,,,ノ`ヽ, \  ヽ, i      え?
  フ---彡-'" /〃 /i i' ,'i,  'i i i⊥-ヽ+- ;;:\ i'',,,`二ヽ-,
  〈     ,7 ,//_,-ナ'T',-',ヽ',  i/ i 〃 〃ヽ ヽ \ ̄ ̄'i
  .i   ,,;' , / / 〃 i i L⊥',, ` '  i_,r--+v,, ヽ, iヽ,,, ヽ,  /
  'ヽ, ,'  i ,' 〃i  レ',,  i`    ' し'  .ト、 /,i i ヽ, i,-'ヽ,
    >;-,,- ノ;  i i f.:し_丿     ヽ---'´/` i i ミヽ 'i i  i
   i __,,,, ノ   > i;',ヽ,      .,      i  i `ミヽ; リ /
   i''   /,/ /i ;  i     ___, _,    /i-,, `/   ヽ,,,i
   ''-7'' iノ /i  ,,  iヽ,_    `--'    ,,r'ノ;  iヽヽ /'_ソ
     レ'/ i i  ii  ;; i', `i- ,,__   _,rT,, ; i リ /ヽ,  i/
     '-┤ L,`ヽ!i fヽi `>r''' i  ̄  |`'''-i, 〃 __rW
      ヽ, ヽ,` -ヽ, i" i"i  <,     ,フ   i i3丿
       `--ゝ   ヽ> i, i  ,>t--,<ヽ、/./,,ノ

“やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第十九話”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十七話 前編

2011.09.09 (Fri.)
761 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/08/30(火) 23:19:08 ID:qNYsDGT6

   | .、                                         ,;;;;;;;;;;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,  ,,,;;;;;;;;;;;
   | X\                                  〃 ,;;;;,,, ~(,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |┛X. \                               ( ,,;;;,,, ,,,;;;,, ゞ,,;;;;;;;;; ,,;;;;;;;;,,,  ,,.;;;;;;;;;;);;;;;;;;;; ,,;;;;;;;,,,,,,;;;;
,, _| .XXXX \                               ,,' ミ";;;;;,,,,,;;;;,,, "( ;;;;;;;;;  ,,,,:;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;; ,,,,,;;;;;; (,,,;;;;;;;;;
  l  | XXXXXX.\                        〃;; ((;;;;;;;;;;;,,, ,,;;,,, "( ;;;.....;;;;;;;;   ;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;
=[:l  | XXXXXXXX[] 、                       (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;;;;,,, ゙ゞ;;  ;;,,,;;;;;;;;   ;;,,;;;;;;;;,;;x(;;;;; ;;;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|X\                     ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;, 乂 ::;;;;,,, ,,,,;;;;;;;;;;;)::;;llir( ,,;リ;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|XXx\                       (;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;;,,,, ヾ ,;;;;;,,,,メ;;l;;;ノlli;;;;l;;;/;/ :;;''
  l  | XXXXXXXX|l|XXx                          ゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(;;;;;,,,,,,,,ッ"ヾヽ、_l|i::;il;;レ';/'"~
  l  | XXXXXXXX|l|X   ___                      ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~    ゙ヾッ;;lli;(;;ッ'
  l  | XXXXXXXX|l|  /  ./.|                       |;;,ii!    l;;;l;ii;/        |;;li|l;;;|
  l  | XXXXXXXX|l|. | ̄ ̄|._, |        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=[:l  | XXXXXXXX|l|. |    |イ.|        ┃ 月日が経つのは早いもので、もう11月。
  l_|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! |    |  |        ┃ 中間試験が終わってから三週間近く経ちました。
   |              |    |  |        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   |.           |__|/                        l;;lil|    l;;;il;;l         l;;ii|;;l;l
   |.             │ |;.                          |;;;lil    |;;;i|ll|          |;;iill;;ll
   |                レ゛                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   |              /                     ┃ 風もだんだんと冷たくなってくる中、ニュー速高校吹奏楽部は
______.|           ./                     ┃ 一日たりとて休むこと無く練習の日々を送っておりますが……
l l l l |       /                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
l l l l |       /                                \γ'''ヽ||, ;;||;;; ||;; ;||,;; ||      |;;;|ii;l;;l
l l l l |     ./.                                      \γ⌒ヽ、 ,,   ;;;ll\~ll~~ll~|;;;li;;;;;;|~ll\
   |   /                                         \γ'⌒'ヽ、 ; ゙|| ll\,,゙||,,l;;;ll;;l;ll|,,|| .ll\
   |,/                                       .\γ´⌒`ヽ、 ,||  ll~~ll~~ll~~ll~~ll~~l
   |                                           \γ´⌒`ヽ、 ; || ,,;|| ;,,||;; ,||;;; ||;; ;|
762 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/08/30(火) 23:20:01 ID:qNYsDGT6

【やる夫・男子五人での帰り道】

  l  | XXXXXXXX|l|X\                     ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;, 乂 ::;;;;,,, ,,,,;;;;;;;;;;;)::;;llir( ,,;リ;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|XXx\                       (;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;;,,,, ヾ ,;;;;;,,,,メ;;l;;;ノlli;;;;l;;;/;/ :;;''
  l  | XXXXXXXX|l|XXx                          ゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(;;;;;,,,,,,,,ッ"ヾヽ、_l|i::;il;;レ';/'"~
  l  | XXXXXXXX|l|X   ___                      ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~    ゙ヾッ;;lli;(;;ッ'
  l  | XXXXXXXX|l|  /  ./.|                       |;;,ii!    l;;;l;ii;/        |;;li|l;;;|
  l  | XXXXXXXX|l|. | ̄ ̄|._, |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      |;;li|   |;;|i;;;|         |;;;i|;;i;;i
=[:l  | XXXXXXXX|l|. |    |イ..::::::::. ::|_ィf'ハ     ィテx|:. :.|:::::::::       l;;il;|   |;;;ii;;|         |;;lli;;l())
  l_|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! |    |.  ::::::::. :ハ弋ソ    弋ソj :. :|:.::::::::.      l;;iil|   |;;;|i;;|         |;i;;il;;;|
   |              |    |  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |;;:iil    |;;li;;;|         |;;il;;ll;:!
   |.           |__|/                        l;;lil|    l;;;il;;l         l;;ii|;;l;l
   |.             │ |;.                          |;;;lil    |;;;i|ll|          |;;iill;;ll
   |                レ゛                    、r‐、::;;,,,,、ー l;;li;|ーァ、.l;;;iil;;!           l;lil;;;ll;l
   |              /         ____           \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll.|;;lil;;:l,        |i;;il;;;;i|
______.|           ./       /⌒  ⌒\             \γ'ヽ、,`ll\~~ll|;;;lli;;|~,ll\,      l;;l|;;il;;|
l l l l |       /.         /( ●)  (●)\           \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll     |;;lli;;;lil
l l l l |       /.        /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
l l l l |     ./          |     |r┬-|     | ノ  <  明後日は久しぶりのお休みだお! │ ll\
   |   /.          __\      `ー'´     //    |  ヤルオ感激!              │,|| .ll\
   |,/           (⌒               |_,,,ノ     \_______________/ ll~~ll~~l
   |           ""''''''ヽ_         |                  \γ´⌒`ヽ、 ; || ,,;|| ;,,||;; ,||;;; ||;; ;|
                     |           |
                     |         |
                     i      ̄\ ./
                     \_     |/
                      _ノ \___)
                     (    _/
                      |_ノ''

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 後編2の続きです。

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十七話 前編”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 後編1

2011.08.23 (Tue.)
276 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/08/09(火) 00:30:09 ID:nVbnMHh2

【折り返しの3日目 ニュー速高校】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::_,i゙,`:、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::´ ̄`ヽ、`、`、`、
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ        …ホンジツサイショノキョクハ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ     「モウヒトリボッチジャナイ」サンカラノリクエストデ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::  トモダチヒャクニンデキルカナ……
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | 【ヴィップ市立ニュー速高等学校】
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________
284 名前:祭りの詳細は企画スレッドを見るお! :2011/08/09(火) 00:35:45 ID:Zj.rBnOk
>>276
神凪さんリクエストかw

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 中編の続きです。

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 後編1”の続きを読む

怪盗やる夫と探偵やらない夫 第二話「やる夫はハートを盗むようです」

2011.08.11 (Thu.)
166 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:34:51 ID:a2rqpdbE

  "''- ,,.  . '-,,_ |  .|'-,, |\  i:;li:li:;| _______
     |. : .     "   |//.| |  \| ;li;li:| ._________ |         /::::::::::::
 .゙ / / |    |"''- , .   "-,| | |'-; .|\ :;| .___|____|____| |TTTTTTTTT./::::::::::::::
 -,,,_  |    | // | . .   . |_~'' .|  \ ゙._______ | ̄ ̄ ̄ ̄~ /:::::::::::::
,,,_   "'-'.  ゙ | // |  |'-,,. |`-,,\| | || | .___|____|____| | [三三三 /:::::::::::/
  ̄"''- ,,_   '-- ,,_|  |  | |;;;;; ;;;i | | || | ._________ |      /::::::::/  _
    :::| "''-- ,,,__   "-'. |; ;;;;;;;i | | || | .___|____|____| | [三三 /::::/  _-'''
    :::|  |"'''-- ,,, ゙̄''- ,,,__|;;; ;;;;;i | | || | ._________ |     <::/ ,-" || ixX
    :::|  |     i'| |「 |- ,,_~''- _ ,, . || | .___|____|____| | [三三 |-'ii: : ::::|| ixX
    :::|  | ゙// .i:| || 」 i|.|~"''';; iニ==;i   ______ .┌┐   :|       | |i  : :|| ixX
    :::|  |     i:| |::::  i|.|  || | ii |  ||| └┘   :| [三三 | |i   || ixX
    :::|  |. ,-―-,---、゙:: i|. ,、,、::| ii |┌┴┴┴┐_________|  ,---、!゙::|i:::=ニ|| ixX
 ̄|| ̄\,-―'ー―;ー'---、 (・・ ) ; ; ; _|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::io==oi.| |i   || ixX
  ii ̄ ̄~ ̄`) ,- 、_;,_,-,、)( y )~ "~__---:::::::::::::::::::::::::::::/ ̄i ''  ̄'':::ヽ|i   || ixX
  ii_,,,,-ー(( ):::`ー'::::::::::::_`'-- :UU '"::::::::::::::::::::::__::::::::::::::::::/.  i   .   \ .i| ixX
. ̄::::::::::::::::::::    ''' ̄:::::::::::::::::::::::::::____/.::::.`ヽ、::::/   i  ..  .   \ ::xX
                 ..-‐ァ≠‐-ミ::::{:::/.:::::::::::.``ー-=ミ
               /.::::::/.::::::::::::::::`\{:::::::::::::.\:::::::::::::::.`丶、
              /.:::::::::/.::::::::::::::::::::::::::.\ト、::::::::::.\::::::::.、::::::::.ヽ
             _/.:::::::::/.:::::::::::/.::::::::::〃ミメ/ヘ、::::::::.\:::::.\:::::ハ
            〈:::::::::::::'::::i:::::::::{:::::::::::::|::「``′  ヽ、:::::::::.ヽ、::::ル′
            {::\::::::i:::::|:::::::::{:::{:::::::_|::|    /-}‐ヽ:::::::i} }/
            ∧:::::.\i:::::|:::::::::{::::X:::_」ニゝ   , x=ミ}:i:::::リ,        すっかりご馳走になってしまいました…。
            {:::.\::::::',::::l::::::::::V:X,≧ゝ      爪,i{刈:::/∧
.              ヽ::::::.\:.ヽ:::.\/:ィ:爪_j`       ヒ::リ ル'.::::::::.       ありがとうございます、先生。
             }\:::::::Y|:::ー-ゝj{:::し:rヘ      、`゚^ |:!:::::::::::.
.               }::::::`ト:{ヘ::::::::::::. `ヾrジ       ,   从::::::::i }
            /|:::l::八:.ヽ._、::::::::::.、      ー  ´  イ:':ハ::::八
           /.::|:::l:::::::.\:::::.\::::::.\        〃:l:/}::::}∧:. ヽ
          / .:::|:::l:::::::::::::.\:::::.\::::::.\.  __ イ'.::::|' 川j' !::.
         / .::::::|:::l::::::::::::::::::..\::::..`=‐-=ミ_」:_彡'.:::::ノイ::从 |:::i
       /..:::::::::::::|:::l::::::::::::::|::::::::::.ヽ::::::,二ニ=-‐‐=ミく ノ::/ } 川
     /..:::::::::::::/.::川::::::::::::::|:::::::::::::::|::::|/: :/      ヽ::..ー-=彡'ノ
167 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:35:09 ID:a2rqpdbE

         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)           いやいや、喜んでもらえてなによりだ。
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }            涼子君も休日返上して働いてくれたんだし。
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



.     /.:/.:::::::::::::::.ヽ    =ミ
  /..:::/.::::::::::::/.::::::/∧/;:::::::::\
  ::::::::/.::::::::::::::|::::::::i::}::.∨/',:::::::::.丶、
  ::::::;::::::::::::::::j」;:L|::{``^ヽ:::::∧::::::::::::::.丶、
  :::::'::::::{:::{/-|‐::ト|ゝ   \:::',::::::',::::::::::::i
  :::::!:::::::Xiヽx≧」L!     ,=ミ::!::::::}::i:::::::::!
  ::八:::::ト〃爪心`      ,ニヽj:::::八i::::::ハ!    でも、良かったんですか?
  :::::::.ヽゝ  V:::r{      f心∧/|::::i:::/ ノ
  :::::::::::::|   ``゚゙     ヒ:ハ}:/:::|:::ル'       急に「銀座で寿司でも食べよう」なんて…。
  :::::::::::::|    ' '       ノ` {:{ノl/
  :::::::::::::|         , ‐v   从:i         あの店、かなり高級だったんじゃ…。
  :::::i::::N        ー   /.:::::|
  ::八:::|    、      r‐v'.:::::;リ
  ::::::::ヽ、      __| {:::::/::!
  :::::::::::::.\    /.:::::::::| ';::::::八
168 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:35:33 ID:a2rqpdbE

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)           それなら心配いらない。
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ            オプーナ氏からもらった報酬もあるからね。
       |         } \
     /ヽ       }  \         オプーナ氏が多少、色をつけてくれたから
   /   ヽ、____ノ     )        このくらいはなんとかなるよ。
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



           __ ,.. -‐..:/.::::::`丶、
         ,.:/.:::::.`丶、/.::::::::::::::::::.丶、
        /.:::::::::::::::::r:::::ヘ:::::::::::::::::::::::::.ヽ
       _/.::::::::::::::::::::::::!ミY∧:::::::::::.ヽ:::::::::::::.
.     /ノ.:::::::::::::::::::::::::|:::::}:::::ヘ::::::::::::::':::::::::::::::.
     i':::::::::::::|::::::::::::::::「``^´´ハ:::|::::::::}:::}::::::::}::.
     i|:::::::::::::|:::{:::{::::::::.      !::|」::Lj::」_::|从リ      あら、そういうお話だったなら…。
     i|:::::::i:::::|i::',:::X::::::'ニヽ  L「ー'ニ、^丁「:「
    八::::::i:::::|Ll/ ヽ_::ゝ    爪「心, ;:::|::{      遠慮しないでもっとご馳走になっておけば
      |ヽハ;::_V   _     Vr:::j  l::::|::::.      良かったかしら?
      |:::::|:::::::::', x=≡`   、   ̄  l::::|:::::.
      |:::::|::::::::::::.         ,    从:!:::::::.
      |:::::|:::i::::::込、    `     イ.:::::}ハハ  クス
      |:::::|八:::::::::::{> .     /ト从:::从::',::::.
      |:::::|:::::.ヽ:::::八:::/}≧=‐    |:::::}/.:::i:::',:::::.
      |::::」::::::::::.ヽ:;ハ! /        |::::::/.::::::トミ:::::::.、
     /7´|::/.:::::::::::::://‐-、    -‐/l:::/.:::::::::| //`ヽハ
.    //  |;'.:::::::::::::://ニ二アヽ、 //.:/.::::::::::::!'/  /⌒ヽ
169 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:35:52 ID:a2rqpdbE

         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\         やらない夫先生!
    /      u <●>:::::::\
    |         (__人__)|       君はよくやった!頑張った!
     \    u   .` ⌒/
     /       __|___       私は感謝しとるよ!
    |   l..   /l´Opoona  `l      だから気を落とすんじゃない!
    ヽ  丶-.,/  |______Phone__|
    /`ー、_ノ /      /


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
           о
          。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)        (あの事件のことを夫人から聞いたのか、
  |     ` ⌒´ノ         妙な慰められ方しただろ…。
.  |         }
.  ヽ        }         まあ、仕事の報酬として、だから頂いておいたが…)
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
170 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:36:18 ID:a2rqpdbE

           /:i:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.|    }:.:!:.:.:l l:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:ハ
            |:.:!:.:|:.:.|__:,|;.V:!    i:.:l:.:.::l斗:十:.:.:.|:.:.l|:.:.:.:.:}
            |:.:!:.:|:.:.ト:.:`!>!、    ム匕千ミxノイ:.:.:!:.:.リ:.:.:.:/!      先生!
           ヾト;:∨∨Vjィ云      イに心ヾゝ:ノー:.':ト;/:.:|
               ∨Vヘ イに::ハ      弋::;;ソ  |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.|
                 \!:.ヘ 弋::ソ ,          |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、
                    |:.:..ヘ    ` ___      ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
                    |:.:|:ハ    ∨ ヽ    イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
                    |!:.!:.:.:.:.:..、  ー ′ /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
                    |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|     ん…ああ、すまない。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     ちょっと考え事をしていて…。
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ      そうそう、全然遠慮の必要なんて…。
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´
171 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:36:36 ID:a2rqpdbE

           /:i:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.|    }:.:!:.:.:l l:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:ハ
            |:.:!:.:|:.:.|__:,|;.V:!    i:.:l:.:.::l斗:十:.:.:.|:.:.l|:.:.:.:.:}
            |:.:!:.:|:.:.ト:.:`!>!、    ム匕千ミxノイ:.:.:!:.:.リ:.:.:.:/!      そうではなく…。
           ヾト;:∨∨Vjィ云      イに心ヾゝ:ノー:.':ト;/:.:|
               ∨Vヘ イに::ハ      弋::;;ソ  |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.|
                 \!:.ヘ 弋::ソ ,          |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、     なにかおかしな音がしませんか?
                    |:.:..ヘ     ` _     ij  ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
                    |:.:|:ハ    `ー‐ `     .イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
                    |!:.!:.:.:.:.:..、        /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
                    |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|       音?
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |
172 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:36:51 ID:a2rqpdbE


                           スットン、スットン、スットン…

   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |
. |         |
  |          |       ん…?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i
173 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:37:11 ID:a2rqpdbE

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ  キョロキョロ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)          (60サイクル2デシベルの音響…。
   |::::::::::::::   ⌒ノ           なんだ、これは…)
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |
174 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:37:29 ID:a2rqpdbE


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|
|  | ̄ ̄ ̄ ̄|  |    スットン、スットン、スットン
|  |  @  @|  |
|  |@  @  |  |
|  |____|  |
|__________|



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \         布団?
  \          |
    \       /         なんでこの天下の往来に布団なんて…。
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|
175 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:38:03 ID:a2rqpdbE

  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /             うう…。
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



             ,..........,..、___
           ,-'":::::::::/::::::\::::-.、
         ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::/::\
.       /::::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::\
        /::::::::::,':::i:::::::::::7::::i::::::::i::::::::|ヘ::::::::::::::::ヽ
.       /:::::::::::::i::::i:::::::::::i::i',:i:::≡=、:! ',::::::::::::::::::ヘ
    〃:::::::::::::i::::i:::::::::::|',i ',iヘ::::|ヘ::|i  ≡、:::::::::::::iヾ、
..    /:::i:::::::::::::::i::::',::::i:',:〃テ示iヾ ヾ'   |i:::::::::::::::::i ヘ
   /:::::::',:::::::i`'、:::::::::::::ヾ弋_::ヒ'      ケi、::::j::::::::::i
. 〃7:::::::i:ヘ:::i  .i:::::::::::::', ,,,,¨`     .ヒノi::::7/i:/i:j
/ ./:::::::::i:::ヽヽ、 i:::::::::::iヾ,         `''''!::/ ′'         先生、布団の中に人が…。
. /::::::::::::i:::',::\ヽ:::::::::::',  u.  , -   从',
∠:::::::::::::::::i:::::ヘ:::::::i:i::::::::::i,       ‐′ .イ:::::::',
:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::',:iヘ::::::',>    イ:::i.i::::',:::i
:::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヾ:ヘ:::::', /:`::‐´::::',:7 i:7i i:i
:::::::::::::::::::::::::::::::/./ ̄ ヾ'ヘ':::::::::::::::::::ヘ リ  リ
:::::::::::::::::::::::::::〃: : : :/  ,--ヘヽ::-、_:::::::\
:::::::::::::::::::::::::/: : : :/  /   ',:::::\:::::i、:::::>、
::::::::::::::::::::: /: : : /  /     ',::::::::::\i \:::::::>、
::::::::::::::::::::/: : : / /       .iヘ::',:::::::ヘ  \::::::::::\
:::::::::::::::: /: : : / /           i.',:i::i',:::::i::i   .\::::::::::ヘ
::::::::::::: /: : : 7 /           i: :',リ:.',::,'リ    .ヘ::::::i',::',
::::::::::::/: : : .7 /         7ヘ.:.iヘ::レ,      ',::i::i ',:i
::::::::::7: : : :.7./          .7  ヘ:ヘ:',',      i:i.リ .リ
:::::::::j: : : ://             /    ヘヘ.ハ      リ
176 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:38:26 ID:a2rqpdbE

       |/lネ、| `゙ 、 ゙''" 〉)::>
        .V'ヘ、  _'_  ノリ"
           ノ`、 _ ,イ
        ._,,イ\  /ヽ、__
     _ ‐::´::/:::| /⌒ヽ ,|:::ヘ`::''::..、
    ri"::::::::::〈::::ノ|/∨.  , ――‐::::::`゙:>i
    |:|::::::::::::::〉":::| |:::::| | ヽ _ ヽ:/:::|
   ノ::|::::::::::/:::::::::ヘ |::::::| .|  |     |.::::::|  スットン、スットン、スットン
   l::::|:::::::::∨:::::::::∧:::::/..\l___.|::::::::|



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |       (左胸に箱が付いてるな。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /        音はあそこからするようだ…)
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |
177 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:38:48 ID:a2rqpdbE

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|         た、頼む…。
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!  u.   _ '     !             病院へ連れてってくれ…。
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ          それは構わないが…。
.  |         }
.  ヽ        }           一体、なんだってこんなところで布団に?
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、          なにがあったんだ?
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
178 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:39:07 ID:a2rqpdbE

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
:::::::::::::::/ i:::::::::::::ハ:::::::::::i、:::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::/;;;;;|::::/::/ ,、ヘ:::::::::|;;' .::::iヽ:::t 、:::::::::' .
::::::::/;;;;;;;.レ'::i//,,_∨:::::::::|;;;;;'.:::l;;;ヘ::ハ \:::::::'.
:::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,-へ∨::::::j;;;;;;;'.::|ヽ:::::::'.. \::::'.
;;;/;;;;;;,ri;;;;;;;;;{,,. '^ヽ∨:::::::::::::::::::::リ\::ヘ  ヽ:}
;;;;;;;;,イ .{;;;;;;;リ´   {i} ∨:::ハ::::::::/  \i   |
;;;;;/   '.;;;;;;{ヾ _゙´,   }/  '.:::/              |\     /\     / |   //  /
;;/     '.;;;リ       |!  .|/、            _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
ソ      ヽi              \          \                     /
゙                        \         ∠       人殺し!        >
                      ,r  /         /_                 _ \
   u           _  く           ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
             _,, -‐ '´_`i__ノ            //   |/     \/     \|
         ,イ_,, -‐''´ー"´
         ./   ̄`''ー-、i´
       〈_, -――- ..,,i__
                 `)
                    i´
                     |
  ー- ....,,,_          _ノ
   /       ̄ ̄ ̄ ´
179 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:39:25 ID:a2rqpdbE

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|     お、おい、急になんだ!?
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     人聞きの悪い…。
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



:::::::::::::::f           _..  =====へ:::::::::::::::::::: | \:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::|       > ´ ,..........、    V`ヾ x::::::::|  \:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::|      /   ,イ圭圭ヨ     V::::::`ヾア|    ヽ:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::|     〃   弋圭圭ヲ        V:::::::::::::|     V:::::::::::::::::::
:::::::::::::::|    /                ヽ:::::::::::!     V::::::::::::::::::     死ぬ…!
:::::::::::::::|                    r -ヘ:::::::|       V:::::::::::::::
:::::::::::::::|    〈              >へr、 V:::|         V::::::::::::     俺は死ぬんだ!
::::::::::::::::!              _><     ヘ:∧        V::::::::::
::::::::::::::::|     と二つー--=<          .{ヽヽ        V::::::::     心臓を盗まれたんだ…!
:::::::::::::::::!      | |                 ', '.       }::::::::
:::::::::::::::::|      | |                  } }       |::::::::
::::::::::::::::::!      :| |                  | |       |::::::::
、::::::::::::::::|       :| |                  | |       |::::::::
. \:::::::::::!      | |                  | |       |::::::::
180 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:39:42 ID:a2rqpdbE

        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ _____   :::::::::::::_____    l       心臓を…?
  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |
  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │
  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │
  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |
182 名前: ◆LMOnTr0Bc6 :2011/08/09(火) 20:40:16 ID:a2rqpdbE

┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|      【仲良く】怪盗やる夫と探偵やらない夫【喧嘩しな】    .. |┃
┃|                                         .|┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛

          第二話 「やる夫はハートを盗むようです」
181 名前:祭りの詳細は企画スレッドを見るお! :2011/08/09(火) 20:40:08 ID:usbp2k1s
あなたの・・・心です

怪盗やる夫と探偵やらない夫 第一話「やる夫は代価を支払う怪盗のようです」の続きです。

“怪盗やる夫と探偵やらない夫 第二話「やる夫はハートを盗むようです」”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 中編

2011.08.06 (Sat.)
894 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/18(月) 23:56:21 ID:YfIiEPbA

こんばんは、帰ってきて一時間もあれば埋めネタ余裕で完成するよ!
……と甘い見通しを持っていた1です。

すみません、出来なかったです……
しかしせっかくこの時間に家にいるので、埋まらない量だけでも投下して、
次回の負担を軽減させていただきます。

では、またまた微妙な量の上に遅くなってますが投下を開始。
895 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/18(月) 23:57:30 ID:YfIiEPbA

【10月中旬・決意を胸に一年生だけの部活動スタート・1日目】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | 【ヴィップ市立ニュー速高等学校】
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________
                                           __        __
                                         〃´  `ヽ    〃´  `ヽ
                                        ,ィiミ{イ_i!_i!_リ   ! ,イノ゙)"ヽ〉
                                        l!jヾ(!(/)‐゚ノ!   リイ(!.´ー`ノ
                                        jル/{三三}    jルiテリ芥リ、  キリキリアルキナサイ
                                      .    く=」:=`ー~~(ソヨ__|Ejく)
                                          し' ヽ_)     し'J
                                                 .
                                  ベンキョウッテソンナニダイジナノカナ…?
897 名前:名無しのやる夫だお :2011/07/18(月) 23:59:03 ID:1CuxNhSo
もっさんwwww

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 前編(と番外編「グースカ ハルトマンさん」)の続きです。

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 中編”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 番外編「グースカ ハルトマンさん」

2011.08.06 (Sat.)
1 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/28(木) 00:10:36 ID:Fn9YwAlE

【ぼちぼち】やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです【7小節目】

                _____
    .            ,ィニ三三三三三二ミ丶
    .          /三三三三三三三三三ヘ
            i三三三三三三三三三ニハ
            |三三三三三三三三三ニニ!
         _,,..⊥二二三三三二ニ==-‐┴- 、
        ((三三三三二ニ=──==ミ三三三ミヽ
         `ヾ三,≠=、八.,≠=、:.:.:.  :.;lヾ三三三))
            /. ._     .._.:.:    ;i}ミヾ三=ジ
             / / ヽ   ./ ヽ    │       ※注意
         /  |Ο |   |Ο |    │
        /    ヽ__/   ヽ__/     │       ・このスレの説明を信じてはいけません。
       │                │
       │                │       ・吹奏楽部のお話のはずですが、吹奏楽っぽさは求めてはいけません。
.         ,| ,ィ升リ圷ミx、、:.:.:,ィiliュ、;iリr‐ァ'゙│
       Y川シ¨仆川川ミチ川川lリ゙    |         以上を許していただける寛大な方、
        犲ソ  ヾテ川川川川ソ _,,..ィ、│         今後もお付き合いよろしくおねがいします。
        Y弍ムメ禾川川リ少 ''"´   }ハ
        }川川川川リシ'´     /:::::ヽ        ●追記
.          川川川川ジ   _,,,.../:::::::::::::::\      ・レスが980まで行ったら次スレを多分忘れずに立てますので、
        川川川ジ´ _,.イ三ジ::::::::::::::::::::::::::丶、     立つまではレスをお控えください。1が立てるの忘れてたらご指摘ください。
        狄ジ´,>{三}ェ彡''/::::::::さてぃ:::::::::::::::::::`



●前スレ

・一スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284213916/

・二スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287756202/

・三スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293458029/

・四スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1299414403/

・五スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1304434469/

・六スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1308004913/

まとめてくださってるサイト

・やる夫之書 様
 ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-50.html

いつもまとめてくださり、ありがとうございます。
まとめていらっしゃる他の方の作品にも、大変お世話になっております。
2 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/28(木) 00:13:21 ID:Fn9YwAlE

【ブルーベリーの摂取を推奨する登場人物紹介】

●割とよく出てるんじゃないかなぁと思う人達

【入速出 やる夫】:1-C組。チューバ担当。譜面係。3年の引退に伴いバスパートただ一人の男となった。
            つまりヒエラルキー的に最下位。見た目だけはハーレム。
            そんな状態だが吹奏楽自体をそこそこ楽しみ出したので、意外とモチベーションは悪くない。

【備府出 やらない夫】:1-A組。サックス担当。広報係。先輩一筋!元?中二病患者。
              羽衣狐による再感染が着々と進行中。
              箇条書きマジックを駆使すると割と幸せそうに思える人。

【李 舜生】:1-C組。トロンボーン担当。渉外係。ハルビンさん一筋!基本的には善人。
        このスレにおいて最もまともに恋愛している青年。
        実は彼のパートも男子一人になってたりする。

【ルルーシュ・ランぺルージ】:1-C組。ソプラニーノクラリネット担当。副部長。妹一筋!周囲に妹愛を見せつける。
                 副部長になったこともあって、俺がこの部を強化するぞ!と静かに燃えている。
                 しかし一筋縄には行きそうにない。

【苦戸瑠 きめえ夫】:1-A組。パーカッション担当。レク係。見た目以外は極めてまともな善人。
             癒し系。とても貴重。実はパートの同期に一番恵まれている人かもしれない。
             吹奏楽部にはこんな感じに女子と仲良くする男子が一人はいる。


●吹奏楽部一年生

【神凪 いつき】:1-A組。ファゴット担当。百合ではない。でも部員からはそう思われてる。
          割とまともだから影が薄い。結構ネガティブ。羽衣狐様=妖怪を信じて尊敬するただ一人の人物。

【秋山 澪】:1-A組。コントラバス担当。天孤先輩一筋!のガチ百合。原村教信者第1号。
        もはや想い人が居ない時でも、妄想を続けれるように進化してしまった。

【ロラン・セアック】:1-B組。フルート担当。パートリーダー。一年生で唯一パートリーダーになったが……
            比較的まともだが若干面倒臭がり屋。女装がライフワーク。

【弱音 ハク】:1-B組。オーボエ担当。わかりやすい腹黒。よく眠る?ミクより頭が良い。
         ミクの演奏技術だけは認めている。それだけに、早く追い抜こうと練習も熱心にやってる。

【原村 和】:1-B組。ユーフォニアム担当。宮永さん一筋!の百合。が5スレにて失恋。
        5スレ1000での要望がまさかの7スレまでもつれ込むことに。多分7スレで活躍。

【エーリカ・ハルトマン】:1-C組。チューバ担当。やる夫の左の席の人。1年生なのに普通自動車の免許とれちゃう人。
              同級生だけど、先輩。この度1年生ながら最年長部員に。

【初春 飾利】:1-D組。ホルン担当。まっ黒。悪気もある。善意もある。黒子と大の仲良し!
         頭の上に鳥を匿うほどの動物好きな少女。今スレにおいての友人と自分の楽しみの為に暗躍予定。

【白井 黒子】:1-D組。トロンボーン担当。経験者。百合とは違う、つもり。案外まとも?
         目下吹奏楽部で最も恋する乙女してるがほとんど進展していない。
         それでもめげずに今スレでも七転び八起きの精神で猪突猛進。

【グラハム・エーカー、またの名をミスター・ブシドー】:1-E組。サックス担当。中二病患者だが意外と的を射る発言多し。
                               やらない夫を色んな意味で気に入っている。二番さんでも構わないほど。

【琴吹 紬】:1-E組。クラリネット担当。腹黒いわけでは無い。親の系列のお店がいっぱい。
        吹奏楽部のためにいっぱいお金を調達してる人。つまり一番偉い人。

【田井中 律】:1-E組。パーカッション担当。まともな人。ゆえに吹奏楽部や友人のことで気苦労が多い。
         おでこと同じく心も広い。男子とも”普通に”仲良くしている稀有な人。

【平沢 唯】:1-E組。トランペット担当。悪意なき悪人三号。悪気はない。考えも無い。
        部長の眼帯を手に入れご満悦。楽譜も読めるようになったのでこれからに期待。
3 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/28(木) 00:13:38 ID:Fn9YwAlE

●吹奏楽部二年生

【四乃 番長】:2-A組。テナー・サックス担当。彼女がいる。複数いる。でも登場はしない。

【ブリジット】:2-A組。ピッコロ担当。男の娘。可愛い。性格もいい。阿良々木くんの癒し。
        フルート保護の会の渉外係。

【御坂 美琴】:2-B組。トロンボーン担当。パートリーダー。李くんにご執心。
         多分まともな方。先入観のため黒子の恋には全く気づいていない。

【嘉村 令裡】:2-B組。ユーフォニアム担当。バイ。でも割とまとも。最近後輩のことで……

【祇堂 鞠也】:2-B組。フルート担当。男の娘。狐の人とは別の意味で口調が安定しない。
         吹奏楽部後援会のお仕事を頑張る。

【マリナ・イスマイール】:2-B組。ホルン担当。パートリーダー。中二病患者?自称アザディスタン王女の留学生?
              なのにもっさんと親しくなかったのは軍隊嫌いのため、とかではない。

【伊波 まひる】:2-C組。アルトクラリネット担当。男性恐怖症。譜面係。いつかry。

【種島 ぽぷら】:2-C組。チューバ担当。バスパートリーダー。ロリ巨乳。やる夫のオアシス繰り上げ一号。
          前スレにてやる夫と非常に気まずい空気になったが、今スレでは……

【天孤 空幻】:2-D組。コントラバス担当。秋山澪の思い人。しかし百合では無い。
         花京院先輩という防波堤もいなくなり、秋山澪の怒涛の攻勢にいつまで持ちこたえられるのか?

【シャーロット・E・イェーガー】:2-D組。トランペット&コルネット担当。前スレにてめでたく部長就任。
                  巨乳で友人想いのいい人。今スレでは部長としてバンバン活躍する予定。

【宮永 咲】:2-D組。トランペット担当。パートリーダー。早乙女アルトくんの彼女。原村さんの思い人。
        致命的なまでに空気を読めない。悪意なき悪人二号。坂本さん無き今彼女の悪意なき口撃を受けるのは……?

【空条 承太郎】:2-D組。パーカッション担当。可愛いは正義!譜面係。ry)悪い人ではない、はず。

【早乙女 アルト】:2-D組。ホルン担当。副部長。まともな人。宮永さんの彼氏。ホルンパートのパシリ。
           もう一人の副部長が燃えているので、俺も何か頑張らなきゃ!と焦ってる。

【獅子堂 秋葉】:2-E組。ソプラノクラリネット担当。パートリーダー。神凪いつきと同じ中学出身。この設定もすっかり死んでる。
          相当まともなだけに影が薄くなりがち。ポストノーベンバー。

【隣立人 星白金】:2-E組。パーカッション担当。隣立人一族。大家族。11月さんと並んで何故こんな名前に……な人。
            このスレのスタンドはAAで表現されてなくても常に存在しているのです。

【初音 ミク】:2-F組。オーボエ担当。悪意なき悪人一号。やる夫の幼馴染。頭がとてもわるい。
        テトリスよりグンペイが好き。パネポンよりも好き。でもぷよぷよが一番好き。

【阿良々木 暦】:2-F組。バリトンサックス担当。キタローヘア。話に登場しない彼女がいる。
          みんなにアダ名で呼ばれる人気者。前スレにてフ保会入会。搾取されはじめる。

【羽衣狐()】:2-F組。ファゴット担当。重度の中二病患者。打たれ弱い。やらない夫とは共鳴しあう仲。
        吹奏楽部の大半の人にやらない夫と付き合ってると思われてる。しかしその仲を羨む人はとても少ない。
4 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/28(木) 00:14:08 ID:Fn9YwAlE

●その他の登場人物

【木山 春生】:吹奏楽部顧問。演奏以外ではうるさい事を言わず、温かく部員たちを見守る。ようは放任主義。
         活動資金が増えたしエアコンを買いたいと思っている。

【涼宮 ハルビン】:1-C組。やる夫の右隣の席の人。李くんの思い人。超善人。
            今スレでは微妙に進展……?

【通称 キョン】:1-C組。ハルビンと同じ同好会に所属。7スレでは……。

【通称 コイズミ】:1-C組。ハルビンと同じ同好会に所属。7スレでは…。

【ハルパゴス】:1-C組担任。原作が最近毎月のってて嬉しい。

【先行者】:1-C組。やる夫の前の席の人?
      ルルーシュが嫌いな人、演劇部所属の人、ロボットダンスが出来る人、エーリカと仲のいい人等が中に。

【コスモス】:1-C組。やる夫の後ろの席の人。やる夫のことはキライじゃない。

【コウ】:すたんど。

【でっていう】:入速出家の飼い恐竜。最近やる夫父にも慣れてきた。

【るか】:初音家のペット。喋れる。地味にでっていうと共に背景に時々登場している。

【山中 夢民】:吹奏楽部幽霊顧問。ほぼ隔スレ登場になってる。と思ったけど、よく考えたら毎回>>1で出してた。

【鳥さん】:初春さんが飼ってる鳥。


      ┏━┓
      ┃  ┃                             キンッ
      ┻━┻    パンッ 
       / (・(・|                                   _    彡  ブンッ
.     /       )     、ハ,   / -‐              /   _,i゙,`:、
    /   ―、y―ュ ^ <  て '、‐-  _ -―=== ‐  `゙`・《   ´ ̄`ヽ、`、`、`、`、`:.、
    ん′   に)~´  ./'Y''~ヾ                   \      `、`、⊃╂=-`:`、
    人     ノ      `                            ミ   ヽ:、`、`、`、`:、'
. ∋'´  i__zt__z´.                                        `_7``〕´
981 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/28(木) 00:15:17 ID:Fn9YwAlE

                                _
                            ,  '       '   ,
                [][]            /:::...、            '   ,
         / ̄ ̄ ̄ /          / ̄ ̄ ̄/    __/ ̄/__         '    ,
        ./ ./ ̄/ /   _,,.. -―-、   ̄ .フ ./   /__  __  /.              '  ,
        'ー' _/ /  ヽ、__,.、_〉  __/  (___   _./  //  /                      \
           /___ノ           ./___,.ノゝ_/   |___ノ.|___,/                    }
                   ,...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/ イ ー -      - ── - 、     /
    =====================================
              _  _      ┌‐┐┌┐ ┌‐.┐   ┌――――ァ     ┌‐┐
           ./ / \  \     /  / ./ //|  ├――┼‐――ァ / | ̄ ̄| /  /
           / /    \  \  /  / ./ / /| ├──┘〔 ̄∨  /   ̄ ̄ /  ./   ー┼ .  /
        /_/      \_\/_/ /__/  |__|      ヽ___|    /__/    ヽ   /⌒し
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::i::::::::: ヘ::::::::-....__
      /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::ィ::::::::!::::::::::\::::::::-::::::::::::::-.......__
      i::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/::::/:::::: /::!::::::::!::::::::::::::ヾ:::::::::_:::::::::::::::::::::::::::-..、
      i:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::イ 7^Tヘ::!::::::::!:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>___
      'ト::::::!:::::::::::::::::::::イ-  ̄ >_─ - _/ノ ノ/:: ヘ::::::::!:::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::/   _  - ヽ
      ',::::::> -─  ノ - _ー─      <::::::::::::::::ヾ::::!:::::::::::::::::::::::::\ ─ -:::::::::/::::::<   ヽ ⊂  )
       y , -  ̄    / ///     O  \:::::::::i::::入::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ̄  \   つ-、_ )
       i/      /≡≠=x〟        丶::::::::ィ゙ ヾ:::::::::::::::::::::::::::::!          ー<ニ/
      /     /!     ヾミ     ノ /// }:::::::i   '::::::::::::::::::::::::イ、
     /!    /  ハ、          z≠=x〟i::::::;   ゞ::::::_::-:: ̄:::::::>
    //    /  / !丶、           ヾミi:::::/     ヘ::::::::::::: -ヘ<
    / i    /  / i  \、 _ _ - =-─   i::ノ       /- ̄   }
    !i !    !  /  ! _ -  ̄ -   ̄ ̄ __- 、 !    _ ,/       /
.   i i!    !  / .i/´ ─ -     ̄─ - _ /- フ- イ 、 、  i  ,イ
    ! ゝ    !   /     ̄ ̄   ヽ   ) _ヘ - < !  i  i!  i  /
    , ヽ    !  /            /ノ ヽ\  ̄  -、= !_ノー ̄
    >= = =     ̄ ニニニ  ̄-─'  / __ }      \ヽ
  /  ̄ヽ  \/    __     _ -  ̄    ` /     i
./      \ /     \ \ ̄ --  __  - ノ > ─ - 、 ハ!
        ! ト、\  、 \\  ____  -  ̄_ -  ̄   )ノ
        ゝ 、\_   \ _  -= ____  - ´
         ヽ - ´` - _ ノ ̄ ─  ̄
991 名前:質問スレッド稼動中だお :2011/07/28(木) 00:20:44 ID:ejppkIqE
おお、始まってる。

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 前編の後に投下された埋めネタです。

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 番外編「グースカ ハルトマンさん」”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 前編

2011.07.30 (Sat.)
754 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/10(日) 23:45:50 ID:5qUYUovw

【10月初旬】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i:::::::::::::::::::::::: __
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::_,i゙,`:、
    _____|  |.|_________|      |::::::::::::::::´ ̄`ヽ、`、`、`、`、`:.、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | 【ヴィップ市立ニュー速高等学校】
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________
755 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/10(日) 23:46:28 ID:5qUYUovw

【第二音楽室・新生ニュー速高校吹奏楽部始動!】
     ,     ___  __   __    __    __   __  __
    / | |  | |l##l|  |{{i示i}|  |jlf.チN|  |jl苧li|  |b5.5l|  |{l,=i}}| |l└l|
 //f | |  |   ̄   |ィ>ラ'<|  |Aニィ>|  |ィ{iijト|  |,ヘニ<|  |ィラヘ| ` ̄´
'./  | | |  |         ̄ ̄     ̄ ̄     ̄ ̄     ̄ ̄    ̄ ̄
    | | |  r,====r, ===============.、====.、
   .:.: | | |  || __  || ココニブナイルール                ||       ||
 .:.:.:.:.:.| | |  || |≡l≡|  ||                           ||       ||
.:.:.:.:.:.:. | | |  || |≡l≡|  || カイテミヨウカトオモッタケド          ||       ||
:.:.:.:.: / | |  ||  ̄ ̄  ||                            ||       ||
.:.://| | |  ||       |l メンドイノデヤメタヨ   ┌ ─‐┐┌rr┐ ||       ||
' /.:.:. | | |  ./´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)j====l ┌┐ l ===/´ ̄ ̄ ̄ ̄
'.:.:.:.:./, ' l/______ ,.-‐_ ニニ´r 1        ̄fl ̄     |´ ̄  ̄ ̄  ̄
:.://   lー──‐─‐一 '´         l. f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
'./  ,∠!           ..-┬ ‐┬′ |                         |
  /,|______ ィ┬…'     丁゙|    |  ……ってなとこかな。       |
./, イー‐ヽ_ ノ| | | !│        |│   |   部内ルールはこんだけ。   .|
/  TlニlT│| | | |七!        l_|   _乂_____________ ノ
    ∪ ∪│| rf1]        ‘‐’
756 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/07/10(日) 23:47:14 ID:5qUYUovw


               -─ -
           ,. '´: : : : : : : : : : :.`丶
          /: : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :\
        /: : : : : : : :j: : : : : : : : : : : : : :.ヾ
.        ': : :/: : : : /∧: : : : : : :ト、: : : : : :.\
         l/: /: : : : /  ヽ: : : : :/リlヽ: : : : ヘー`
        イ/l: : : :/´  ̄ `\: :/─ 、ハ: : : ∧!   あ、言い忘れたけど部内でも部外でも
      /l: :リ: : :/  __  ノン __  〉: リj !   恋愛は自由だぞー。
        |: レV:.:ヘ ´  ̄`     ̄ `/: :/ '
        |:ヘ‐〉、: :\:::::    ' :::: l: : :ハ     部活の練習しっかりやってて
        l: : :.l: : : l `   l` ー‐ァ   ハ: : :.}    ちゃんと実力もあるって奴に限るけどな。
.         ,': : :∧: : :ゝ  丶_ノ  イ レl: /     ________
       /: : :/: :\: __rト> -<: : :l   '     /          /  アト、アタシニホウコクスルコト。
        /: : r'`ー< ヘ  \__j≧ー、__ __   /          /
      ,.':/: /    ヘ  \ /r::::ト、Y ヘ   l  V            __/
    /:/: :,'      ヘ__ 、ヽY::ヘ .l  〉   ! ,'       __>、ヽ
     /: : j       _/ィ-──‐ァ '´__ ヽ/       ゙、ー‐ 、`リ
.    /: : ::リ     ヘ ./    ㍍, ̄ l  ./  /        ゝニ ヽ /
   /,'l: : :,'     レ/     ヽ   V´    /          /` /
   /,' |: :.{    / l    _}´   !   /        _ /__,イl!
   l! l: :/   /   .i / ̄      l     ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ l      l
    / >'´l    ヘ       人      ノ \    V'   /




         __  ◎
         | | r、    ,⊆.己   __  ◎
         |_| \>   `フ_厂   | | r、    ,⊆.己
                      |_| \>   `フ_厂  ○ ○ ○



                 ____
               /      \
              / ─    ─ \
            /  (● )  (● )\  (恋愛自由化なんてその恩恵を受けない人間にとって
            |      (__人__)     |   何の意味があるのだろうか。
            \     `⌒´    ,/   それよりも機会の平等性を図るべきじゃないかお?)
            /     ー‐    \  ヒソヒソダオ…



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |   ( ●)(●)
   . |    (__人__)   (経済評論家に意見を求めるみたいに俺に聞かれても……
     | U   ` ⌒´ノ    副部長になったルルーシュに言ってみたら?
   .  |         }    多分鼻で笑われるだろうけど)
   .  ヽ        }
      ヽ     ノ    ヒソヒソダロ
      .>    <
      |     |
      |     |
758 名前:名無しのやる夫だお :2011/07/10(日) 23:48:25 ID:p3j5LIpU
報告は伝統化すると思う
760 名前:名無しのやる夫だお :2011/07/10(日) 23:48:52 ID:LetJxzi6
機会の平等性・・・? やる夫もげろ

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十五話 後編(と支援絵&メッセージ性のあるおまけ)の続きです。

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十六話 前編”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十五話 前編

2011.06.22 (Wed.)
26 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/06/19(日) 23:58:15 ID:AdCWrhd6

【文化祭後の打ち上げ……】


                 .|     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 .|   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
   ┌────┐     |      |             ┌─────────┐
   | 二     │     |      |    ┌──┐ │TONEGAWA ハウス |
   | 度   奴 |     |      |    │ 鉄 │ └─────────┘
   | 刺   隷 |     |      |    │ 板 │  :========:.:========:  ┏┓
   | す   は│     |      |    │ 焼 │  |i.     l||i.     l|  (三三)
   | ・      .|     |      |    │ 肉 │  |i.     l||i.     l| .(三三三)
   └・ .───┘     |      |    └──┘  |i_____l||i_____l| .(三三三)
.                 |    /|              |┬┬┬┬||┬┬┬┬|  (三三)
.                 |  /  |              |┼┼┼┼||┼┼┼┼|  ┗┛
__________|/    |_________________|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_______
.                                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十四話 後編 3の続きです。

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十五話 前編”の続きを読む

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十四話 後編 3

2011.06.18 (Sat.)
768 名前: ◆QCBKg5.Ms. :2011/06/08(水) 22:03:32 ID:EJjTDM.k

【2-C教室前 福引きへ……】

___________________________________
                        ┌────────────┐
============================  │   福引きやってます    .│
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       | └────────────┘
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|2-C|
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     __
                   /..::::::::::::::..\
                  /..:::::::::::::::::::::::::.\
                /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\   (……こんだけ気がきいて、人の相談にも乗ってんだから、
                | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    少しぐらいフラグが立って欲しいもんだお)
                \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
               ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十四話 後編 2の続きです。

“やる夫達は吹いて奏でて楽しむようです 第十四話 後編 3”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。