2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:三千院ナギ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編

2012.05.04 (Fri.)
191 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:34:24.44 ID:0w0wtfQo

     /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
     /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
    l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
    {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
    |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  
    |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|  「やる夫が正史を書くようです」第二十四回後編だ。
    |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|  
      |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|   後編では一旦本筋から離れ、
      ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ   .主に当時流行した玄学、
         \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l    及びこの時代の儒学についての簡単な紹介と行う。
          |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|    
          |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ     >>1は投下中にレスを返さないので了解してくれ
          l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
              `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
    _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
 /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
{  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 中編の続きです。

192 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:36:06.10 ID:0w0wtfQo

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      こうして曹爽と司馬懿の仲が悪くなって、
 /  (__人_,)    \     このまま一気に正始政変に突入って感じなのかお?
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/     曹爽の権勢もあっけないもんだお
    ゝ  ノ
  /   /                                              ,、 -─‐- 、,
                                                 , ' ´: : : . : . : . :.` .、
                                              /: : : : . : . : . : . : . : . ヽ
                                             /: : : : . :/: .,': . : . : . ',: ',: . :',
                                              /:  /: : /: :ハ: :{ l: . : . : . :l: .i: . :.',
                                            /: : /l: ./|∠_';ト:l: . : . :;: ハ: |: .l: .',
    陳寿の言い分は間違ってはいないが、                ,': : :ハj:ハ:ト___、`ヽ: . :.,-─i:|. l . :;l
    いわゆる正始政変は興勢の役の五年後。              ィ: : |〈|: . | .;:j `    ヒセ;'ァ::|: . ハ !
                                            ト/|:.|:.:|: .:|  ` ´     'ー' ム:l.:./ '
    まだ先は長いし、それまでに紹介する話題も多い           ヽト;:.l .:人     '   /:.::|/
                                               /',:.:ト、`    ¨ , .イ:.:.,'l
                                            /   ',| \,_.スー ' `7ヽ/
                                           /    , '  /:i::::::ヽ  l/ l
193 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:37:31.55 ID:0w0wtfQo

              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/    とりあえず興勢の役を終えてキリも良いので、
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'     ここからは正始年間の魏の朝廷における逸話をいくつか紹介する。
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ        司馬懿が実権を握っていく時代がどういう時代だったのか?
      /: : : : : : : \. ト ヽ、
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_        .このあたりで時代の空気を吸っておくのもよいだろう
    </    ヽヽ: : : : :\= ̄{
      !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i                               / ̄ ̄\
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h                            /  _ノ ,ヽ\
                                                |   ( ●)(●)
                                          . \    |     (__人__)
                                             .\  .|     ` ⌒ノ
                                             . \ ヽ       }
                                                .\_,ゝ     ノ
         正始の音、というやつですか                     /, r、    く
                                               ./ 〈  \    i
                                              . ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                 .て_)   \ノ
                                                       \
                                                         \
                                                           \
194 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:38:58.97 ID:0w0wtfQo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\         正始の音?
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/          簡単に言ってしまえば、
        ヽ::::::::::  ノ   |           \          正始年間に流行した清談の事を指します。
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――       その内容は人物評価や哲学だったりしますね
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


                                               /.:.:.         \
                                                /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
                                             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
    清談。                                      ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ   
                                                 `ヘ:ゝ   _     小/     
    政冶や商売等の話に対し、                              ヾ:{>、 _ ィ<}/|/     
    趣味・芸術・学問等の高尚で上品な談論を指す               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
                                             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ    
                                             /  | l:l   l     l   l::l l   
                                             l  ヽハ    l    l  //  |
195 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:40:41.18 ID:0w0wtfQo


       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :

             魏 文官 何晏

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        正始年間、そうした清談の中心にいたのは何晏である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼は老荘思想を好み、才と徳の関係についてよく議論していた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
196 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:43:07.34 ID:0w0wtfQo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     .どうも清談っていうと、
|       (__人__)    |     仕事そっちのけでどうでもいい話ばかりしてる気が……
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |       .半端者の現実逃避にしか見えないお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                      /: : : : : : : : i : : : i ヘ : : 丶: : : \: : : : :.∨: : : :廴
                                    /: : : : /: : : : | : : : ト \ : : \.: : : :. : : : : : : : : :. :.  ̄
                                   /ィ : : : : ' : : i:. :| : : : |  ` ヽ 厶斗: : :∨: : : :i : : : N
                                  /   |:.i:. :. :i: : : |:. :|小:. :!    /ヽ 厶ミヽ ∨:. :.:|、: : :.ト
                              .      |:'|:i: : :|:. :. :! : | { 乂:.     ィ斧:ハ } i`ヽ:. :.| } : i:|
   そうした側面もあるにはある。                { |:l: : :|: : i : 斗七 ` ヽ  ハう::ソ  .: / : : ル': :.ハ!
                              .        |:. :. :|: /|:. : :|,ィf斧ミ       ´  ノイ: :. :.小 /
   ただ、間違っていけないのは、               ハ: : 小{:.l:. : :ト、 うソ          |: : / N }
   何晏という男は職務もこなしていた。             ∧:. :! ∧:. :ト:i:ヽ   `   _      |:.:.从{ _
                              .           ヽ:.   \∨: : : 、    ´     /!:/ Ⅶ):. :.ヽ
   記録に残っている彼の働きを見てみよう             ヽ    ハ: i : ハ{≧ュ.....  _/  {′ /:. :. :. :. :<_
                                              八:ト、{       .:´ハ     /:. :. :. :. :. ...:::´::イ
                                                   } `    /:. :ム}  .イ:. :. :. :. :/::/:. /

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編”の続きを読む

スポンサーサイト

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 中編

2012.05.04 (Fri.)
933 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:47:56.21 ID:cyZ0xxko

                / ̄ ̄ \__
                /         .ヽ
          __ イ        __.||
   {ト、 {从iィ ⌒Y}         | ̄ ̄|.|
   (ミミ>::. |::::::: |.|      .Y⌒Yz|..rnm||!
   >ミ{   |::::::: |:|      i  L」(_リ||
 ト、 >Y{.    |::::::::γ=vニ三三三三三三{__ _
  >ミ从} .   !:::::::::{、___从ト、__________ _ ノ
 ⌒YミミV  ∥:::::/ ̄/:::}}:}リ ̄ ̄ ̄ ̄7ィ T不 )      「やる夫が正史を書くようです」第二十四回中編、だな。
 .、_ノY ./>.、 |:::::::{ ./ミメニz、___,,, く匕ス{⌒ヽ{
  てミミニミY:::::::::V  ̄_≧x})ヲノ  .く  |  }i!      .このスレの作者は投下中にレスを返さない。
  (ミミミr=ミ≧={   イモソr<  i!   .Y !  リ
    ヾミミ| r=- 、<i    ̄i    ヾ 、_/ ,|         .後、投下内容に関するネタバレ発言はやめておけ。
    }ミニi 辷= < .|     i       _,,ノi!         .お互いに不幸な結果しか生まんだろうしな
   {ミミミ> .、_人   _ヽ_  ,,彡⌒ハ
.   iミミミミミ/ _>斗< ̄ ̄ ̄|ヽ  ヽ'''´ !
    V >ー ''´    ,---.、.   |! }___ン
  <´  Y ⌒ Y    !    )::  || | ̄ ̄/
/     i、____ノ    >--''´:::.. || |  ./   _,,ィ77i}  __,, -=、
        ̄            || ト、__{_ ィ __   ||<    }}
>─── -- -           ̄ ̄\\ {  Y i!      ||!
                     ○ \\=イ  ||    ___||

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編の続きです。

934 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:49:35.59 ID:cyZ0xxko
【紀元243年頃 魏首都 洛陽】

          _  -――――- ,
      _,,ィ´            `ヽ
     ∠/                 \
 .     /                    ヽ
     /                       ',
    ,'    i  l i  .l |                l
    ,' / l  |  | l  il l  |   l l  l   l 、!
    | | l l | i | | i .|| |ヽ ll ト、 ト、lヽ |  | | ヽ|、
    | | | |-|/l-ハ/l ,ハl | ハl-l |-j‐| | ,j_j_j/\           もしもし、鄧颺か?
    Vl l l | |rlj┬‐リ、  V ィ─┬、.| // ̄/\ \
   / | | |リ 弋辷jノ     弋辷j/l// n/   ヽ  ヽ        ちょっと相談があるから大将軍府まで来てくれ。
  /  /ヽハ|jハ            //_ l |    ヽ  ヽ
. /  /    l ∧    _'_    ,-┴<゚ j }      ヽ   ヽ     .頼んだぞ
../  /     l |.l ヽ、  ヽ .ノ  </_\ヽ j        ヽ   ヽ
/  /      ll.|   `r 、 _ イ_<_へ ヽ ./          ヽ   ヽ
  /    ___V -―「 ー――ヽー/   /           ヽ  ヽ
. /   /ヽヽ      |:::::::::::::::::::/ l   /\           ヽ  ヽ
/    /   lヽヽ.   |二二二/ くl_ノ |//ヽ            ヽ  ヽ
   ,'    l ヽヽ   |   ,/  j==-'' イ\ |             ',.  ',
   |     l   ヽヽ  l   /  /`ー‐'´  ト、j            ',.  ',

          魏 大将軍 曹爽

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .なんとか実績を築き上げたい曹爽に対し、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼の側近たちはとんでもない事を言い出した
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
935 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:52:07.27 ID:cyZ0xxko

ー――‐-、l|
ー――‐-、」    .    -――――- 、
 /´,゚=’ /⌒>'´               /
 し'  /}                  /
__ノ{⌒              .  '´       何か功績を残したいですって?
      \ {⌒ヽ __ ≧'´
       ̄   1   _〕          それなら蜀を攻めたらどうかしら?
\ー―――――┘ /  \
  \  /ー――一' ー-  _}
  /                 \                                ____
_/__              \                  、       ´   `´ ̄ ‐-`丶、
     /  ̄ ̄    ――   _}                  ((≧ーァ´ /         `丶、
    {                                  >'  /            `丶、丶.
                                        / // / ー=≠ァァ´ {、  、  ヽ ヽ、__ノ
     魏 文官 丁謐                        レ/ レ' / /   / / /  ハヽ  ト、  \ァく´
                                       〈 リ / /  /__ ノ {// //{ {\V  l  i トヽ ヽ、
                                        ヽ{〈丁77iTく  //V斗ヘ.ムイ}   }  l l   ⌒´
                                          _ノ ヽ〈 {{ ! ヽX{ ーァfァァトノメ、 / //{
                                       `≧ィ′  トト\__{ ` {:{fッ' i{乂イ イ´ _ノ
  お父上が果たせなかった漢中攻略などはどうだ?        { // /{⌒i    `~`   ハト、(_
                                         ,、Vハ(メ、 {、       { ´
  蜀軍は先年の芍陂の役でもたいして動かなかったし、     /  丶、i     \  --‐ァ '´
  諸葛亮さえいなければ取るに足らん相手だろう         /ヽ/   `}}ー―r‐{ト、_  ´
                                      /ヽ/ /ヽ、 」j   / /ハー --  、
                                      /    ′ / /`¨¨~7ハ       ヽ
                                      . ´      `77¨¨7¨{廴 ` ー- 、   ト、
                                   /        //  く  `丁 i{゙~`ヽ Vノ \

                                           魏 文官 鄧颺
936 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:53:21.07 ID:cyZ0xxko

                ,イ/  ,二二ニ ヽ、、
               ハ{   / >‐-= 、 \_/,イ
               /´二}  {´ , -‐- 、  \ー'__}
             //, /`ヽ、V /∠二ミ 、_  _ノ
            {〈 ,{ V´ `ー~´´´´´V/7//
           、__」レ'ノ 〉    ,   _V´}/
            ミ三,-r´、≧ミ、 ソムtf我`レ/          大将軍。
              ヽ!     ´ | ` ̄  .'´ _
               」、   、j    /,r'´   \      私は若年の頃、父に従い漢中で暮らしておりました。
               {{ }ヽ -ー一  イ>ト     ヽ
              . ィV__ \ ⌒ /ノ {ヘ     `、    漢中攻めと言うのならお役に立てるかと?
          _.. ‐ ´::ノヘ」|〉ーf=i⌒lレ>/ ', /}   `、
   _.. -‐.::::::::::::::::::::/ \,」 }  !   {(/i   V l    `、‐-    .._
r<:::::::::::::::::::::::::::::::/  <ヽ.ノ  rk!  .レ'  >'´/ノ     `、:::::::::::::::::`ヽ
_)::::::ヽ、:r== '"´     ノ  ヽ  し'  ,/ / / ィ´       ヽ::::::::::::::::::/
ヽ:::::::::::||\ ` ー…― - ⌒ヽ}  -‐ '"´  ´/ノl   , -‐-  .  \:::::::/
  |::::::::::||   ヽ          ( rヘォー─ '7'´ | /             
                                            ,、-''"´    ` ‐ 、
                魏 文官 李勝                 //  //     \
                                          / 7´ /イ ,イi l        ヽ
                                          ,イ ,イ/ ァ.、l|. l         ',
                                          レ 「  〈ノ ゝl|',l l        i
                                            !  :::::::... !,' ,'´ヽ ,-ニヽノ
    蜀討伐か。                                 ',`      ,'.,'__ノヽ/  ヽ
                                              `ー‐r  ,','ヽ_.,、l   ',
    それほどの大事となると、                          _r"´ノ ̄¬ / .l   i
    太傅の意見を聞いたほうが良いのではないか?            ノフレ,-ー-、',  l    l
                                          ,、-"´/l  / i   l',',  il   l
    西方は元々太傅の縄張りみたいなものだろう?        く_  / ! lr┴、__,イl .l  l l  l
                                          ``L._.」 〈    〉 l  l ヽ  ',
                                           ,'   /ヽ、_ノ  」  l  \ヽ
                                           i  /  /ノl',  /  l l   ヽ\
                                           l /   ノ ト /",-、 l l     ', ヽ
937 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:54:15.07 ID:cyZ0xxko

-―‐- 、
     \ ______  -――― 、
__、   / _  --- 、 __ \     |
  \ / {, ィー<ヽ-=、\ !  /丶J
   )'゙!  | ゝ-゚ノ⌒l・-、)T´ |/
  \l |  lー/⌒!  ⌒lーイ /}
   \ー」 ー1  lー' / /ノ/     その太傅は諸葛恪を攻めに廬江郡に向かってるわ。
       十=二_l  |_二=-‐ '
      l  | |ハ _ノl //          どうせ完勝して帰って来るでしょうけど、
 r-、_ /ハ l l_j__」'/          いつまでも太傅にばかり戦功を立てさせていいのかしら?
/  l  | | ハ V⌒∨/_ -、
   l  l ∨ ヘ\//  /  |        太傅に舐められないためにも、ここはズバッと決めちゃうべきよ
 -‐|   l \_/ー'l  /  /
  イ   \   / /  イ
 /|       ̄´  /  /

                                            //:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.::.:.:.:.:.:.:.:.`ー-,
                                           ∠/:.:./:.:.:/:/:.:.:._ ェュ':‐:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<
                                           ,イ:.:./:/:/:/l:/:.:.ア フ:/l:,!、:.:.:|:.:.:.:.、:.:\!
                                           〃!:/イ:./:レ_ !:.:.:/|:./ /_/Llヽ!:.:.:..:.:.\:.\
     珍しく意見が合うな。                          lハl|:':.l{ィ‐ミ!:./ '_´,z= 、 `i.:.:.:.:/l:.:.:「 `
                                            ` ヾ:l└'-l'   {-':::}_ミ !:.:/l !.:/
     確かにこれ以上太傅が戦功を重ねるのは、               ヾ. 、'      ̄¨` , '/, -':,:'´
     大将軍にとって危険だ。                            ヽ `       ´ ノ / ル'
                                                 \ `ニ ・  , '  '/ノ|
     太傅のいない間に話を進めるべきだろう              __, -==Tr≧-≦_--=彡': : ト.、
                                          /:/: : : : : : :i: : : : | |ニ∧: : : /: : ヽ
                                         ./: :/:: : : : : : : :ハ : : :| ,=、乢‐./: : : : : \
938 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:55:18.66 ID:cyZ0xxko
【紀元243年頃 魏 豫州 潁水流域】

         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦   鄧艾、今日は屯田でヤクルトを作る方法を教えてあげるわ
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、

      魏 太傅 司馬懿(字:仲達)
                               //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
                              /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
                              |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
                              |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
                              }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
                              |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
         !!?                 ./ ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
                                .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
                              /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
                             ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
                            |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |

                                          魏 文官 鄧艾

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        この年、司馬懿は国境を脅かしていた呉の諸葛恪と戦いこれを蹴散らし、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       その帰途に淮北に滞在し、大々的な農地開発を行っている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        このあたりの経緯は前回述べた
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
939 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:56:31.44 ID:cyZ0xxko
【紀元243年頃 魏首都 洛陽】
              ,ィ ,-ァ
              {:!/ /__ ,--- 、     ,
           / ̄ : : : : : : : : : : : `ーイノ!
         ,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :<´
        ト‐‐': : : : : : : : : : : :  ̄`ヽ、__, :}
         `‐/: :、: : : ,: : : :(: :ヽ : : ヽ、__ ,イ: :`ニ=‐
       ト-' ノ: :ヽニ_ノ: : : ヽ、ヽ ヽ: :`、 l: :ヽ: l
       `-イ ‐=ニ_7 l l: :|:.∥ヽ ヽ ヽ } ヽヽ:.}
         |: :((: :/|/| |: :!:.∥:.|: :l 仆:|:.ヽヽ.,'      それと、西方は太傅の前はお父上が治めていた地。
         ヽ:.lヽ {≧ミ',l 人 i| /} ノ≦ム: : :ト、}
          `{',ヽfヒrイフヽ ソ 'イ辷升ハ,ノ '       大将軍が蜀討伐に乗り出すとなれば、
           _ゝヽ  ̄     ,    ̄ /-<        西方の官民もこぞって協力してくれるはず。
           ノイレヽ     '   , 'ソ ̄
           _ -´}:.:..ヽ、 ´¨  .イ l\         .お父上の悲願だった漢中攻略を大将軍が果たせば、
       _ -‐ ´: : /:.:.艸.||:`. ‐.´||孖l:.:.:.`ヽ _       皆のあなたを見る目も変わるだろう
  _ -─'´: : : : : : : : : : 丱.||::.::.::.::.:{{卅: : : : : : : :  ̄ `ー--、
  l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||: ::.::.:.: }}: : : : : : : : : : : : : : : : : : !

                                              __
                                          , -'"´     ` ‐ 、
                                      _, イ              ヽ
                                          /                  ',
                                         ,'   i ,'   ',         i /`ヽ 
                                       i    l i  l l', ',  ヽ    ll / ̄7
                                       l     l .il l il l',ヽ ',ヽ、 ',   lー─く´
           …………                        l i   l ,.ト、l ', ,.ィー-ァ i-、,イ  ヽ、 `‐-
                                        ', ',  l i トソ  ', ヽニソトl_ノ ',   \
                                       / lヽ、l ヽ  __   ノリ, =ュ、 ヽ   \   
                                     /  /  ,'   ` ‐r‐ ' ´/::::::::::ヽl  \   \
                                    /   /  /    「ハ二イ::::::::::::::::::',   \   \
                                        / /   , ノ  /::::::::::::::::::::::::',     ` ‐ 、 \
                                       / /  __/    l::::::::::::::::::::::::::ノ         ``
940 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:57:24.42 ID:cyZ0xxko

                  __
              , -'"´     ` ‐ 、
          _, イ              ヽ
              /                  ',
             ,'   i ,'   ',         i /`ヽ 
           i    l i  l l', ',  ヽ    ll / ̄7
           l     l .il l il l',ヽ ',ヽ、 ',   lー─く´
             l i   l ,.ト、l ', ,.ィー-ァ i-、,イ  ヽ、 `‐-
            ', ',  l i トソ  ', ヽニソトl_ノ ',   \
           / lヽ、l ヽ  __   ノリ, =ュ、 ヽ   \   
         /  /  ,'   ` ‐r‐ ' ´/::::::::::ヽl  \   \
        /   /  /    「ハ二イ::::::::::::::::::',   \   \             やってみるか
            / /   , ノ  /::::::::::::::::::::::::',     ` ‐ 、 \
           / /  __/    l::::::::::::::::::::::::::ノ         `` ‐- 、._
           // ,へ l i  ,.イ〉ー- 、_,、イ´               `` ‐ 、
          /   ヾ、 ゝ「ヽl_ノ::::::::::不:::l / ̄,ゝ- 、              ` ‐ 、
        //    /`‐-、ソ:::/:::::::::::l:::::l / /    l                 `ヽ
      //     l:::::::::〈::::Y/:::::::::::/ー┴L/   , -、}                   ' ,
     / /       \::::::ヽ/:::::::::::/::::::::::::::プヽ'´-─┴─ 、
     / /         `ヽ/:::::::::::::/\_, -'´ソ::::::::::::::::::/::;'::::::\
    ,' /           /:::::::::::::;イ _l rノ-', -‐ー-、 -──、::::::::',- ー'"´` ‐ 、._
    i ,'     ___ ,.ゝ::::;:イ::/ニソ, - '´::::::::::::::::::::';;::::::::::::;;``::::';::;;;;;;::::::::::::::::::` ‐- 、._
    l,'    /:::::::;:ィ'"´:::::/::::::::::l::/::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;:::::::::;;;;;;;;::::::::::;;;;;;;::::;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;::`` ‐- 、._

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        こうして曹爽は蜀討伐の決意を固めた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .丁謐・鄧颺・李勝の進言が大きかったとされる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
941 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/27(土) 21:59:00.41 ID:cyZ0xxko

       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。 \:
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:     カモがネギを背負ってやって来るおw
  :|    { l/⌒ヽ    |:
  :\   /   /    /:
                                           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                                          /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
                                         /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
                                   .    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:. /:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
                                   .    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:. /:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
                                      ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
                                         |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
  さっそく曹爽は蜀遠征の準備に着手。               1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
                                        . ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
  司馬懿不在の間に                     .      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
  蜀討伐を既成事実化しようとしたと思われる              ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
                                             ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
                                              ,r'^,!       「ヽ、'´
                                           _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
                                       _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
                                      r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
                                     / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 中編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編

2012.05.04 (Fri.)
717 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:43:09.37 ID:080N8zQo

             _ -―-、
           , -――‐ヾ、―‐-、
         /,イ  ̄ ̄ ̄ }) ̄ ̄ヽ
        / /  /\  / ,へ、  \
          / /  /. . . . ー''―'. . . .ヽ、 ヽ
       l /  / . . /. . . . . . . .ヽ. . ヾヽ ',
       ||  ,'. .. ./i. .i .| ,ヘ. . . .l. . . lヾゝ|
       l」  |: . : .!フニ!ミi;/ !ァ;ニ_}. . . |: ::| l
       ヽ  |. . : <ト'  !`  'ト' .!〉. . |:.i:.|ノ      「やる夫が正史を書くようです」第二十四回前編です。
          \l. . . .lゝ- '  ,  `-'j , , レり
             ∧. . lu"  r‐ァ  "イ//人        .このスレの作者は投下中にレスを返しません。
         /l: :ヽト、>、 __ ,イ/ノイ::}、〉
             レVV': :゛:|ー┐┌|: : }リV        .後、投下内容に関するネタバレ発言はご遠慮下さい
           r‐'´\: :|\ 二ノvV⌒)ー、
         /`ー--_リ'⌒7rjヘi⌒ヽ/ _)
         / ̄ ̄ ̄\__/´ ○〉 V  ̄  |
         ,'    \ くr┴'⌒::V´\.   |
          /、0 ___/V::::::::::::::::::|―^0r―‐|
        {  V   // ̄\:::::::::ヽヘ/ _イi
       ヽ___イ7 /     ヽ::::イ_,イ  l ',
        /||  /||\       ノ´__| /   ハi.|

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 後編の続きです。

718 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:44:47.86 ID:080N8zQo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
719 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:45:43.36 ID:080N8zQo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{       .前回は司馬懿を軸として、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ      皇帝曹芳の治世の序盤、芍陂・樊城の役を中心に述べた。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,      .今回は魏の政冶の実権を握っていた曹爽を中心に話を進める。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      .曹爽転落の軌跡・序章とでも名付けようか?
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|

                                                   ____
                                                  /      \
                                                 / ⌒  ⌒   \
 逆に言えば、どうやって司馬懿がクーデターにこぎつけるか、かお?     /  (ー) (ー) /^ヽ
                                              |   (__人__)( /   〉|
                                              \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                            ―――――――― \ _ _ _ )
720 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:46:53.48 ID:080N8zQo
【紀元239年1月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .話は少々遡る。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .景初三年一月、司馬懿が太傅に祭り上げられた結果、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹爽が魏の政冶の実権を握る事となった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .言い換えれば、曹爽自身が政務を行わなければならなくなったわけだ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 21:47:05.99 ID:CYe5GaEo
お、はじまた
722 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:47:44.52 ID:080N8zQo

            i.   〃:.  / :\/: : :/l: : :/l: : : : : .: : : : i
           r=、ヾ.li: : : /: :/l: : > 、./|: :/ :l: : :! :! : : : : : l
         / /く` li. : :/ r‐─- 、/\/: /!: :/:/: : :! : :l: !    丁謐よ。
        / /∧:Y li: :/ /l:::::.......:ハ l/:./ l :/:/: /:/: : :!.,'
          / //  V:.li:/./ ヽ:::::::/   l/ _.!/:/: /:/ : :.//     お前の言ったとおりに太尉を太傅にしたが、
       / //    ヽl: イ    `'゛      /::/ 〉:/:/: : :/:/     これからどうするのだ?
.      / //     l l.ト、       〈:://レ'l:/: :.,.イ/
     / //       l. |l \  _   ゝ  / |/: / l/      .私は政務を執った経験などまるでないが……
.    / //      .l リ   ` r --  イi l、/、
    / //   ,、 - '"`く     l li | li  l l lヽ:. ヽ
.   / //   r"       \   {`‐=くli ..!l l ヽ:.. ヽ
  // /'    l  ̄ - ._   ヽ     }〈Y└リ、  ヽ:.  ヽ       -―‐- 、
. // /     l      i     ̄ V¨  i    ヽ   \: ヽ           \ ______  -――― 、
                                       __、   / _  --- 、 __ \     |
              魏 大将軍 曹爽                .\ / {, ィー<ヽ-=、\ !  /丶J
                                          )'゙!  | ゝ-゚ノ⌒l・-、)T´ |/
                                         \l |  lー/⌒!  ⌒lーイ /}
                                          \ー」 ー1  lー' / /ノ/
                                              十=二_l  |_二=-‐ '
     (こっちとしては願ったり叶ったりなんだけど)              l  | |ハ _ノl //
                                        r-、_ /ハ l l_j__」'/
                                       /  l  | | ハ V⌒∨/_ -、
                                          l  l ∨ ヘ\//  /  |
                                        -‐|   l \_/ー'l  /  /
                                         イ   \   / /  イ

                                          魏 文官 丁謐

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .とはいえ、彼の政冶経験は皆無であり、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .彼一人で国政を差配するのはどう考えても無理があった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        どうしても補佐役の類が必要になってくる
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
723 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:48:46.76 ID:080N8zQo


      |         | , -―┴-  _
      |         {/   f二)    `  、
\    /}        《__ j __)       \
 └、   ハ          /   |_/ ̄ ̄\        〉ー――-  、
   l   ハ        / /´}    ,. ┐  \   /         `丶、
    V   ハ     } / ̄`!    /     /   {             )
      V   . -一 ´ /   ⌒ト、__/    \_   -一  ´ ̄
     V/       , ┐   |   /  /´ ̄`ヽ  /
     (_____/ j___」   /   ゝ __ ノ /    大将軍のお知り合いに声をかけてみてはどうかしら?
       \ |レク   ,       く  __    /
        く、__ l{__  -‐  ̄\_/ ̄       きっと力になってくれると思うわよ?
         / /  \     \   /__
          / /  / \_,ノ / / | ̄>\
       {__/___/-一 ´   /〈  レ´   /  -――┐
          |       / | }/   /  /    |
          |     /l    \   /   /    /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .この種の補佐役には、気心の知れた者を据えるのが常である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .頭がダメでも補佐役が賢明で優良であれば、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        組織はそれなりに機能するだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
724 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:50:17.22 ID:080N8zQo

                                                      ___
                                                    /      \
             蜀なんかはいい例だお。                      /⌒   ⌒   \
                                                /(● ) (● )   ヽ
             劉禅様が100%バカだとは言わんけど           | ⌒(__人__)⌒      |
                                                \   `⌒ ´     /
                                                    /             \
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ        問題は、その補佐役にまともな人間がいなかった点ですね
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
                                                /.:.:.         \
                                                 /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                               /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                               /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                             /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                              N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ここからしばらく、曹爽の下に集った人材の略歴を紹介する       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                  `ヘ:ゝ   _     小/
                                                    ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                                _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                              /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                              /  | l:l   l     l   l::l l   
                                              l  ヽハ    l    l  //  |
725 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:51:43.22 ID:080N8zQo

        ./  ./        i ヾーヽ
       /  /  /  /,ィ ,イ  |  l \「`
       l  l ./ l -ァサ.l メ/  ./ /  l ヽ
       .l  .lイ { l< ア::ヽ / /7メ  | l、 l
      ./  .{ |  ll .込:」 ' ´ ァハ〉 ./ l .ハ |
      /    |  |ゝ     〈:ン / / ./ }'        蜀や呉に関する記述は自信ありませんけど、
     ./     l  ト   、_ ' /' .,//l /           国内の事なら調べはついているのです
    /.-‐-...、  rヘ. h \__ <| //'//
   .r" ̄:ヽ::_ >‐-ヘll  {7i_ .-.|/__ /'
  / {::::::::::::::::{: : : : : : :ヽr.イ: : :/': : l
/  .Ⅷ::::ヘ:::::ヽ: : :/ オ下 ̄ヽ : {
    Ⅷ:::::ヘ:::::{:/::/: | ll|: \__};イ              ,――――――――― ァ
     |::::::::::ヘ:::'.イ: : : : |.v|: : : :∨:l              //               /
     |:::::::::::::ヘ::ア: : : : :|::::|: : : : ヽ::〉            //               /
     .Ⅷ:::::::::::ヘ`⌒廴l:::::|/´|:>':::::l                //            /
     .iⅧ:::::::::::ヘ::::::::::::o/::::/|::::::::::l    _ ―-、-、_//            /
      l::Ⅷ:::::::::´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::アア ´  ___ヾヾヽ//            /
        l::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ__z ニ_U_U_〈/________/
      l:::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/ ノ ノl______ノ________ノ
――――┴‐` ̄ ̄ ̄ `ヽ、:::::::::/タr'´

        魏 文官 魚豢

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .なお、曹爽側近の面々については、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .『魏略』の著者魚豢が詳細な記述を残してくれている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        .同時代の人々が曹爽一派をどう見ていたかが分かるかもしれない
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 後編

2012.04.28 (Sat.)
500 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:34:02.74 ID:C8Mno3so

                                       ー  --   ──── - 、
                                         >  .    : : : : : : : . . . ` ‐、
                                        /  . : : : . .    : : : : : : : . . . \
                                       / / . : : : : : :i: : :. . .  : : : : : : : : . . ヽ
  「やる夫が正史を書くようです」第二十三回後編だ。     / /  . :l: :i:l: : :l: : : : : : : : . . . : : : : : : : .  ',
                                        ,' ,'  ,': :l: :l l: : li: : : : : : l: : : : : : : : : : : : . :.i
  >>1は投下中はレスを返さないからよろしくな。       i イ  i: : il: :l l: :l_l: : : : : : l: : : : : : : : : : : : :. :.l
                                        l ,'l  l: :,'l l: :i:l'; :l l: : : : : i l: : : : : : : : : : : : :. . :l
  後はこれだ                               l,' l l: :l:.l ';: !'; :l l: : : : :l l__: :\: : : : : : : : : : !
                                     ! l ',l: ';l ===   l: : : :l lへヽ: :;ゝ- 、: : : : : ;'
                                        ', ', !ノ   Ζz  '; : : l lヾi l:(::; -、::〉: : : /
┌────────────────────────┐  l        /ヽ'; リ- '/: : l: : l: : : :/
│                                    │   ',         /. :/ヾ__.ノ:/: l: : l: ;.イ:\
│            ★ お 願 い ★              │   ヽ ー     /. :/  '; : : : : :l: : l  l: . ヽ
│                                    ├-、    ` ー‐/:/__ i; ; - ´l: : l   l: . ',
│                                       __|__ ヽ    , -ノ' ´:::::::::::::::` ‐、 l: : l   l: : i
│         本スレ投下内容のネタバレ、       ヽ、__   ,ゝ/`‐ 、::::::::::::::::::::::::::::::く  l: : l   l: : !
│                                    |ヽ、/:/       `  ‐ 、;;;;;;;; -┐l: : l   l: : l
│       及び、それに準じた発言はご遠慮下さい。     .│ l/                   l l:  l  l: : l
│                                    │/ `‐ 、     /        l  l:  l   l: : l
│                             r 、        /ヽ     ` ‐-/ `  ー - - ーl  l: : l   l: :l
└────────────────r─ヽ \─── /   \       /             l    l: : l  l: :l
                         〈     /` ‐、 く      `‐ 、  / 、        _l    l: :l  l: :l
                         ヽ、_/:::::::::::::::::ヾ::\       /   `  ‐ - ‐ ' l     l: :l  l: :l

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 中編の続きです。

501 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:35:32.99 ID:C8Mno3so
【紀元241年6月 魏 荊州 宛】


                                    宛
                                    ○││
                                      ││
                                     /./
                                    ││
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  ∧∧∧∧∧∧∧    ././
 ________________________    ∧∧∧∧∧∧∧       ././ ○新野/./  
 ______________________ \     ∧∧∧∧         ││     /./
           .\ \                  .││ ../~~./
             \ \                ││/./~~
  ○上庸 ∧∧∧∧ .\ \_____________    樊城  .│ ~~/
                \_____________ \_______○ ../ /~
   ∧∧∧                \________ \/ /
       ○房陵 ∧∧∧∧∧∧∧     ○\ ...|
      【新城郡】              襄陽 |  |漢
       ∧∧∧∧∧∧∧∧           .|  |
     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧        |  |
                              \ \水
                                \ \


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .樊城で朱然に勝利を収めた司馬懿は、荊州の州都宛まで戻っていた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
502 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:37:48.46 ID:C8Mno3so

            , --──-、
         , イ /      ヘ  ト 、
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
              | ヽ ' _ ` イ          
             l l  ´=` l         此度の戦勝、陛下は大層お喜びになられております
           ノ  ヽ _,、__ノ          
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、        
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_     
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、    
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!       . / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|       |./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::       /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
                                 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
                                ./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
                                ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
                                 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
                                . i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
      それは何よりねぇ               .il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
                                .}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
                                .ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
                                リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
                                ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
                                、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
                                .l }   /      /       /  /   ヽ

                                    魏 太傅 司馬懿(字:仲達)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .この時、皇帝曹芳は宛に侍中を派遣し、軍を労ったという
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
503 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:38:38.78 ID:C8Mno3so
【紀元241年7月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      司馬懿に対して褒賞があったのは言うまでもない。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .七月、司馬懿に対し増封が行われ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼の領する封邑は一万戸を超えた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .古い言い方をすれば「万戸侯」といった所だろうか?
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
504 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:40:32.96 ID:C8Mno3so

          ,.  -―‐-- 、
   ___    /: : : : : : : : : : : :\__
  彡 ': : _:ミC' ://: : : : : : : : : : : ヽ}-、
  /: :/: : ィ○/ / : : :!: : !: : :!: : : : : :.ハ : \
  !イ: : ://: ::/: ,'ィ ⌒!ヽ!|: : :i: ハ: :!: : :.!: : : |(⌒'⌒)
   W//: : ,': : !:リxそト  |/レ⌒V: :!: |: :!: :! \/
    /: : : !: : !〈 ト!::リ      |/厶ハ/ V         爺こそ本物の三国無双だじぇ!
    V!: :八: :!xx`¨    ⌒ヾ !: : :|
     Nハ:!ヽ|ゝ、  「  7 xx人: : |
         >‐:: > n/7hr<レイ|/            
        厶ヽ:::::::Y   /::::7                             __
       /! \>::.|  /:::::/|                         ,>'": : : : : : : :` - 、
       L|  ヽf^{ミニf フ! .|                        /´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
        !  / `¨ハ. ! .|                       ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
        | \   /:::::! / |                       !: /: /: : :,ィ: : : : : : : : : : : : l
                                        {: ! /: :/ /ハ : : : : : : : : : : :!
        魏 皇帝 曹芳                       ハ: :!/ヘ  !Lハ : i: : : ': :! : : l
                                         Yi ヒソ  'z-ミ ヘ: : :}: ! : : !
                                           } 、   ヒソノヽ}! : !/: : : !
                                          .!、 _     //ソ : : :|
    この機会に司馬家の子弟を列侯に封じる話を          .l: ヽ` '  _ /!: ̄: : : : :|
    受けていただきたいのですが……                 {: : ,ィァ<-- ノ1 : : : : : |
                                         __ヽ/ }r':/ノハ~  V : : : : :|
                                        〃  ,イ//7,」ハ /^\ : : :!
                                       _}:}  Y///, !/ ´ , _  ヽ: :!

                                         魏 皇太后 郭太后

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        また、司馬家の子弟十一人が皆列侯に封じられた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .まるで、かつての曹操のような扱いである
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
505 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:41:25.58 ID:C8Mno3so

                   _,,、 _
                  t匕ア::-‐< ̄ ‐-
                 イ.:〆.::〆     ` 、   \
             /I7.:〃.::/」           \ \ \
            / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
              /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
            ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
          |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|
          |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
           , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ{
            / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l
        / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|ll′   謹んでお受けいたしましょう
          / / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
    \、 / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
      〉三≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
    _,,.≧ニ三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\
≧ニ三三三三三三三三三三三≧ュx..ノ__厶 ―- \::::冫   \:::::::::::::::\
三三三三三三三三三三三三三三二ニ7.:::::::::::::::::.\´    _,rv\::::::::::::::::i
三三三三三三三三三三三三三三ニ7.::::::::::::::::::::::::::.\‐く\ノj{迄}\::::::::::ト
三三三三三三三三三三三三三二ニ7.::::::::::::::::::::::::::::::::::.\<⌒ーく  ヽ::::丿\
ニ三三三三三三三三三三三三三シ.::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::::::.\\ノ  \ トr<  ヽ
一ニ二三三三三三三三三三三 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::.\\ 、 } |:::::::::| ヽ '.
-ニ三三三三三三三三二アヘニ ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::. \ヽ\ノ.:::::::::|、 l i


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .普通、このような待遇を受ければ、少しは調子に乗りそうなものだが……
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
506 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:43:35.19 ID:C8Mno3so

      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ        司馬懿ほど「調子に乗る」という言葉と無縁な人も珍しい。
        `ヘ:ゝ   _     小/
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          この頃、彼は子弟に向けてこんな話をしている
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ    
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |
                                                      ___
                                                    /      \
                                                  /⌒   ⌒   \
                                                 /(● ) (● )   ヽ
          どんな話なんだお                            | ⌒(__人__)⌒      |
                                                \   `⌒ ´     /
                                                    /             \
507 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:45:43.27 ID:C8Mno3so
【紀元241年7月 魏首都 洛陽】


'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /        .権勢を誇るのは道家の忌むべき所よ?
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ    
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |    季節すら移ろうものなんだから、
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /   . 我が身の移ろいなんてどれほどの勲徳をもってしても
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /     止めるのは難しいのよ?
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, - 
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;::::::::::::::: .謙譲の上にも謙譲を重ねる事が、
::::::::::::l|   !:::: ::::::::-_天    !   |   l/´::::::/ /´ト-、---- . 凋落を免れるに近い道でしょうね。
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__::// /  \::::  
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/   ,:' ∨ /\ 特に貴方たちはよく覚えておくのよ?
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   / ヽ/ / /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/   ,   !、_/__/ ノ|
::::::::::V:::::::::l\ ヽ‐ト、:::/|   ヽ\!>ーl| /l::::::::::l    ,    ー',ーイソ
:::::::::::ヘ:::::::::l/ \ヽL.V∥    ヽ    / /!|:::::::::::l          /
508 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:46:54.36 ID:C8Mno3so

               r-‐┐
      __,.ィーマヘ/ヽ-ヘ.ヘ
     <´  /: : : : : : : : : :.ト、: :ヽ:.ヽ
.     \ /: : : : : : :∧: : :.:.l: ヽ: :.\::\
     _/: : : : :/: :.l l: : : :.|  l: : : :.ヽ:.:ヽ、
   /´:./: : : : :/: ,斗 |: : : :} 下`ヽ ト、:ヽ:.:i
  l: : : /:./: : :./:.イ: :l  ヽ: :/    ヽ:.:ト、l: :.ト.|             はーい!
  {: : /;.イ: : :./l/ |:./   }/   _,_  V: :.l:.:.l
  l: :.l/: |: : :/∧ l/ ,.≠=    '⌒ヾ {: :.!:.:.|
  ヽ:.:l: :|: :./: : :V /             }: : ヽ|
   }:.l:.:{: :∧:.!:.∧ 、、     ___    イ: :.l:.|                           - ──‐-  、
   |:.l:. |:./r弋:.{ : >、   (_,ノ ,. イ|/|: : |:.l                       /          \
   l/|:.:l∧|. Ⅵ: :.V 了¨ 下、   /}: :/l/                                    ヽ
.    い  ヽ   >、:.\\ } \   l/              .           /  / │     j  |  ハ
                                            ,′  |__ /|    /_ ハ ,'   | l
    魏 司馬懿三男 司馬亮(字:子翼)                  .|    |∨ハ / /| /  ∨   │
                                             │八. 代㍉乂/ ィチ仡'  /
                                             lイ  小 Vフj/   r辷フ  /)∨
                                            │ ∧.ハ:::  ' _   :::/' /イ /
                                    .          ∨ ' 个   __. イ//./|/
          肝に銘じておきます                           V∨\rソ_/><
                                                  /`ー‐'´   ヽ
                                                 /       , -ヘ
                                                   | l      /   l
                                                   | 「 ̄ ̄ ̄|V     |
         /: : : :__/: : : : : /:/^/`ー―rv: : : : : : :\
        /-‐   /: : : /: / / /     | |: : : : : : : : :ヽ           魏 司馬懿四男 司馬伷(字:子将)
            /: : : : / : 斗メ、/     l│:j: : : : : ヽ : ハ
              /: : : : /: : :/|/ |     /'T7ヽ、: : : :| : : }
          /: :, イ /: : :/ .ィ=ミ     /  |∧ : : : : : | ',: :|
            |: / |: |: : /〃ィ心      /  V: : |: : |: :∨
            |/  '|: | : ハ |v:爿    _   V: :|: : |: : :\
              ∠Ⅵ/( } 込V    三ミx  | : j : ム: : : : ヽ
             / ァ^).:.:.:.        ヾ> | ∧:/: :\: 「   でも父上が道家の話を持ち出すのって、
      /´  ̄ ̄7´_.ィ个 、   ー'ーr  .:.:.:.  j/-j;': : : : :ヽ    ちょっと意外……
     /      / } } レ'   />.、 ー '    <「 : |\: : : ヽ: ハ
.      ′      ムー'  |   , -=≦厂´ 「ヽ : |∧|  \: : |\}   そういうのは子元兄上の領分だと思っていました
      }   ヽ    |    ムイ    /   /  \       ヽj
      |   ○ー‐、」  /{ Vハ   / /       ヽ
      |    ○ |   { 〉Vハ  .' /   ィ≦二二ハ

         魏 司馬懿六男 司馬駿(字:子臧)
509 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/22(金) 21:49:03.64 ID:C8Mno3so

 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !      あらぁ?
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ      こう見えても私は何でも知っているわよ?
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     若い頃から万巻の書を読破したのは
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      伊達じゃないわ
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_    .貴方たちもいっぱい勉強して私を安心させて頂戴
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::

                                      , イ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : :\/
                                     /: : : :__/: : : : : /:/^/`ー―rv: : : : : : :\
                                    /-‐   /: : : /: / / /     | |: : : : : : : : :ヽ
                                        /: : : : / : 斗メ、/     l│:j: : : : : ヽ : ハ
                                          /: : : : /: : :/|/ |     /'T7ヽ、: : : :| : : }
    あはは……                          /: :, イ /: : :/        /  |∧ : : : : : | ',: :|
                                        |: / |: |: : /_         /  V: : |: : |: :∨
    頑張りまーす                         |/  '|: | : ハドミァ     _   V: :|: : |: : :\
                                          ∠Ⅵ/( }        三ミx  | : j : ム: : : : ヽ
                                         / ァ^).:.:.:.        ヾ> | ∧:/: :\: 「
                                  /´  ̄ ̄7´_.ィ个 、   ー'ーr  .:.:.:.U j/-j;': : : : :ヽ
                                 /      / } } レ'   />.、 ー '    <「 : |\: : : ヽ: ハ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .このように司馬懿は位階人臣を極めても、常に子弟を戒めていた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第二十三回 後編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 中編

2012.04.28 (Sat.)
275 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:11:53.78 ID:6QNJXLMo

    》y´: : : ∧ハ::.\l\i\:.:.\ /
   //:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.ゝ>
   〃:.:.:.:.∧ |/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l\
  《、l:.:.:.:.:.lkvゝ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|r《
   |.:.:.:.:.:.l   |:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/
    |:.:.:.:.:.:|__.| |:.:.:.:.:.l:.:|\:.:.:.:.:.:.:.|
   イ:.:.:.:.:.:|___. |:.:.:.:/≦_卞:.:.:.|:.|
   |:.:.:.:. ¨弋.歹タ/|:.:/ ィ.アラァ|:.:/:.:|        「やる夫が正史を書くようです」第二十三回中編、始めるわよ?
   |:.:.:.:.:.:.| 辷ル  /  弋斗l |/::::メ|
   |:.:.:.:.:.:.イ、     '    f⌒iゝ:::::::l ,-、
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、  ー‐    | │:::::::./  |     いつもどおり、>>1は投下中に読者のレスに反応しないわ
   |j|:.:.:.|::::ハ:::::::> _  ィ´.l │::::./  /
    lヽハ::::| |::_,-メ、__ 人::|  .ゝ:/  /
     ヘ|// |ゝ──‐'`/   ' y ゝ、
   rl l'´{ / |─-  -Y r─‐ 、 /、 /^ 〉
   / | |  ヽ┘     { __,ノ〈 /ヽ リ
  | │|          \   、ヽゝイノ
  |  | |    , _     /| :..ヘ^¨ イ
276 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/03(日) 22:13:09.55 ID:zokOTFE0
wktk

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 前編の続きです。

277 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:13:58.29 ID:6QNJXLMo
【紀元241年4月 魏首都 洛陽】
                    ___
              _ - "        " - 、 
         _ - "                  ` 、
         -──ァ                      ヽ
         ./                        ヽ
        /                           ヽ
       / ,'                           ヽ
       l  ,'  i                          . 、
       | .|   |      /  ./ | lヘ        ヽ          l | | 
      | | ||.  |.     /| イ.| |. |.ヽ  ヘ.  `、  、       |.| | 
     i | | .| |.  |  - 、/ | / |.| .l .| ヽ. ヤ`、,,-`、  .l      トi 
     l | .|.| |  |   /` ト|、. || ,ヘ_|_,,-ヘ弋"ヽ `,  l      /Z    いったいどうすればよいのだ?
       || '、.  |   ,' ,.-レ 、`|.  、|  , ─、   `, |    .// \
        '、 .ヽ  |  .| l  .}      ll   } ヽ ',ヽ=、  メ、!   ヽ
          ヽ |.  |. ` - '       ` - '   ヽ ',| .l l ," ヽ    ヽ
          / ヽマ |,ヘ/       /l/ ハ .ト、|-' 'レ    ヽ   ヽ
         / /入 |                  U | |-'      ヽ   、
         / /  | | ` 、   ──┐     , -| |        ヽ  ヽ
         //   | |  。  ` _\ ノ _ -i <.  | |          ヽ ヽ
        /./.   '、.| o     f、 _l_ _ -"  ソ | /           \ヘ
      / /      , -───|   目    `)-./─── 、        !ヽ
    /  ./     /        \.  目  /         ヽ       ヽ ヽ
    /  /    /          .\.目 /            ヽ      ヽ ヽ

                   魏 大将軍 曹爽

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .久方ぶりの呉軍の大攻勢に狼狽したのは、この人かもしれない
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
278 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:15:25.95 ID:6QNJXLMo
【紀元241年4月 魏 揚州】

         寿春○ \\
              / │
          _ //\\
         │   \  \\
         │芍陂 │  .││肥
          .\_ /  .││
                 . \\ 水
                 .  \\
                         ○合肥
                     .施 \\                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      水\\     __○居巣            /  _______
       ○六安              / \_/│              ./  /◎
                        / 巣 湖 . │             /  / 建業
                        \__    .\ ○東興      /  /
                            \_/\\        ./  /
                                  \\     /  /
                                   ││  /  /
                             .濡須口○│└─~  /
                                   /   _/ 江
                                _/   /
                           __/     /
                          /      _/長
                        /   __/
        皖○            /   /
                     /   /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        今回の呉軍の攻勢は、揚州方面と荊州方面の二方面からの攻撃となる。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .まずは揚州方面の戦況を追っていこう
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
279 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:15:56.79 ID:6QNJXLMo
【紀元241年4月 呉 揚州 皖】


           _,. -''" ̄ ̄ ̄`丶、
           f´           丶
        _/          ''彡 '、
       〈    、_     _,.ィ´    >-、        君は六安を攻めたまえ!
         \ `r、__;ニニ;≦;;ニ~ヽ }-、/   !
         ノ {=;:-、`''´ ゞ'‐  | ヒ}{   !        .その間に僕が淮南を蹂躙する!!
         ~`ヾ,´ゞ' ,     z' 7ハ  {
             ハ  丶  __,、  `r7 ハ └-,,.._
             Z ヽ  r‐''´ _ノ   / ヘ `ト   /  `ー、
              ~`ヽ、`''ニ´  / / ∨ 、/    ノ {-、           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ゙>,  /'~ /~ 、  {_  /  `ヽヽ__        i::::::::::::::::/i:::::(‐、;_ヽ-、ヽ::::::::::::::',
                ヽ「「   〈   `ヽL ∧ /  } ト、ヽ      /::::::::::::::イ、| ヽヾ~" `'゛ `t ト、::::::::',
          ____,.-''" { ',',   _>、__ {丶}''-r1__,. _,.イ | ト,      /::::::::::::;::|        ,、‐'' ` 'i::::::::',
   ,.r‐''" ̄ ̄ __,,..ィフ ,- > { }} /く、__ヽ`て_ヽ、____ノ /./      |:::::::::::┌!     i ./‐-i、,,   7:::::::〉 
  / {  ,ィ" ̄ _///_ -'´ ∨/      ゙ヾヽ ̄   _//       `|::::::::/ _,,、->_ '-ニ'`ゞ-'' ゛ ‐'ッ_::::|_
 /  ! / }_,.-ニ;-┘    ,.-''´        _>、ヽニニ-‐'´          |::::::ゝ'゛7、i )i 〉i "''      "'!i゛ i 
                                           '、:::::::`ニ_'‐`"´ /iii-、          |!i i 
              呉 将軍 全琮                    \::::三_   〈iiiiiiヾ´       |.j/ 
                                             ヽト"''      /`"',,ッ    |
                                               !、ゝ.    〈,,、-‐~      /|   
                                               ヽ,ゝ、    "~´     / i
               承知!                               \       /   i
                                                    i`ヽ、 .,,___/  _,,,|...,,,___
                                                      i_,,..、-,―ニl ̄ |     〉 i`、 

                                                    呉 将軍 諸葛恪

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        揚州方面では全琮と諸葛恪が指揮を執るのは先に述べた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼らが率いていた兵力は五万とされている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
280 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:17:36.89 ID:6QNJXLMo
【紀元241年4月 魏 揚州 六安】

          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーゝ
            l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:_ノ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ l   /ァー--ィ:::::::::::::::::::::::::\、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::l::://  ー 、  "   ノ /ノ) ヽ:::::::::::::::T
           l::::::::::::::_::::::::::l:/ヽ||.       \      ̄   |::::::::::::::::|
        |::::::/r- |::::::::::トL      r‐t:::.、\   _    ノノ::|:::::::Y:|
         |::::::| l ゝノ レ:::/ヾ         ヽ::ノ  \_ ノ    " |:::::::|::ト
        ヽ::::l ゝ-」 |::/                  r-、―' |::::::/ ヽ
         |::::l    l|.                      l. T::::::ト, l::::イ
         ゝ:::`ーフi                      ヽ`ー' /::ノ    叔父上の悲願だった北伐は、
    _ ___   |::::::::/ !            __   "/   /ー"    この俺が果たしてみせる!!
  /;;;;|ー- 、\Y-'"             /ー-、ヽ、      /
_/;;;;;;;;;;\ー、 ` /                /-'''、;;;;;;;;;ヽノ     /
\;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`ー┐     '、      `ー-、l;;;;;;;/    ./
;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ヽ     \       、__`ー"    /
;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ L_     、\         ,,-'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`Zー、   、,`ヽ、     /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ └-- 、 ` r-`ー-- '"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   `ーイヽ ̄ゝ`ヽ、


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      諸葛恪は一軍を率いて魏の廬江郡の役所のある六安を攻撃。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .彼は前々から魏領攻撃を目論み、皖の周辺で屯田を行ったり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .魏領へ侵入し民を拉致するなど積極的に動いていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          そんな彼にすれば、今回の戦は待ちに待った一戦だった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
281 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:18:18.51 ID:6QNJXLMo
【紀元241年4月 魏 揚州 六安】
                                 /;;/;;;;;;;;;;;;;;;; /||、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
                          .      |,/;;;;;;;;;;;/|;;;| | | ',;;;/|;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;/´`ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', 
                                |//||;;;;;;;| || / |/ |;;,/ | ',|、;;;;;;;;| l´ヽ, l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ| 
                                / | |;;ヽ| /_,='/   |/   | l |;;;;| 二 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヾ 
                                   ヽ;;ヽ 'lj /       | ||;;| ヽ, /;;;;;;;;;;;;;;;;|l |  
                                      ヽ/           ||  '_/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;||!
                                    /            !  i´  リ|;;|、;;i;;;;|ヽ
    寄せ手は諸葛恪か。                  _ ` ‐ァ            /   |ノ ヽ!ヽ-、
                                 __ ,,l´ ',__ `ー,=‐'´            _ , -‐'´  ヽ、
    羽虫は叩き落してやらんとな      iiiニニ''-ッ -、! - ヽ,! ゝ、           _ - ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,_ ,ヽ
                              /`ヽ´     | , -, l    _ ィ '   , ‐´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_, -' ,- ´ヽ
                             ,-' i´  ',     |/  l `ー ´  _ゝ-´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,´- 'ヽ,    ヽ
                          .  /  l   ',    !  7   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//⊂⊃ ̄` ー-、 ヽ、
                            |           |   ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// |/,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ヽ
                             |          /     ヽヽ;;;;O;// / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ
                             |         i/      ヽヽ;;//;;, / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ|
                             ヽ _ -‐´;; ̄;;`‐-!        //`;;´;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||
                             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                          .  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、=ニニニ、、\   //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|

                                          魏 廬江郡太守 文欽

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        これに当たるのは、この頃同地の太守となった文欽。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .六安での攻防は一進一退のまま続く
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
282 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:18:49.50 ID:6QNJXLMo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      丞相の甥っ子さんかお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      で、全琮は何やってたんだと?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                     ̄  /:/: : : :/: : :./:.: :.:.イ:i:.:.:.小:. :. :.ヽ: : : :. : : : : .:.
                                     / : イ / : /: : /:i: : : /.|:|! : : | 、: : : : :. :. :.i : : : : :i
                                      / / / ': : :': : :.i/|_/ |ハ: : :.|  ヽ _iL: : |:. :.:i: : :.
                                    '.:/ ':.:|: : :|!:匕|「| :/ `{  、:.ハ ´ \{ヽ` |:. :.:|:.:.:i:..
                                       |/  |: :|: : :|l: : | xテ笊ミ   ヽ乂ィ笊伝ミy:ハ: :l: : ト、:..
                                       {'   |: :|: : 八: :|《 {うf:j::}      r':f:j:::} 》': : : :.!: :.l `\
                                         |: ハ: i:.小 :. 乂:::ソ       乂:::ソ ハ /: /):.:.|
   全琮は主力を率いて六安からさらに北上した        |:' 从:.:|: ヾ:.        '        ムイ:.:/イ∧乂
                                         八! ヾ : iハ        _      : : : イ ノ′
                                              ∨: : ヽ          イ: :/}'
                                              ハ: : 从:>      .< /: :i
                                             人: :.| ヾ小 ≧≦ 小/: ヘ{
                                                 >乂:. :r'       ノイ \
283 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:19:57.47 ID:6QNJXLMo
【紀元241年4月 魏 揚州】

         寿春○ \\
              / │
          _ //\\
         │   \  \\
         │芍陂 │  .││肥
          .\_ /  .││
                 . \\ 水
                 .  \\
                         
                     .施 \\○合肥                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      水\\     __○居巣            /  _______
       ○六安              / \_/│              ./  /◎
                        / 巣 湖 . │             /  / 建業
                        \__    .\ ○東興      /  /
                            \_/\\        ./  /
                                  \\     /  /
                                   ││  /  /
                             .濡須口○│└─~  /
                                   /   _/ 江
                                _/   /
                           __/     /
                          /      _/長
                        /   __/
        皖○            /   /
                     /   /

────────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \              
  /   _ノ ヽ、_.\            
/    (●)  (●) \           .
|       (__人__)    |           主力を率いて六安からさらに北上……?
/     ∩ノ ⊃  /    .       
(  \ / _ノ |  |     .       
.\ “  /__|  |             .
  \ /___ /             

────────────────────────────────────────────────
284 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/10/03(日) 22:21:30.05 ID:6QNJXLMo

      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \        目的地は寿春かお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

                             .         /: : : : : : : : : :      ー- 、`丶、
                                     , ': : : : : : : :- 、    . . `丶、`丶、`丶ヽ
                                  /: : : : : :    . : ヽ: : :`ヽ、: : ヽ.: : \. \
                                  , ' : : : :   ヽ、:、: : : : :ヽ`丶、\: : :ヽ.\`、
                                /::: : : : {  ',: : {ヽ、ヽ、::::::. :\-ヽ=、: : :.';. }.\
                                ;.:.:.: : :  ヽ: : ヽヘ -\` ー- 、} _}_ {ヽ: :}/、
                                {:.:.:. :   : : l\/\      イテ"ワ; :}/:.: : ヽ、
                             .   !: :  . : : : :.V ヽx==ミ     マ_:j V:::...: : \ヽ
   この戦で全琮は変わった動きをした       '   : :: : : : :ヽ 《 マんハ,    丶    ;\::::::: : ヽ
                             .   ヽ:\:.:.:.:.:.:.. : \ ゝ '’    ,、    八 ヽ`丶、|
                                  }.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.: : :`丶、_    '    ′  ヽ   ヽ
                             .      !ト、 :.:::::{丶、:.:_:_: : : :\      ,.'
                             .     '| ヽ{\`ー‐‐ <`丶: :ヽ -‐ ヽ./ ̄ ̄:~` / ̄二ニ=、
                             .            ヽ|`丶、|\  `ヽ   /:. :. :. :. :. //:. :/;';';';';';';';`丶、

“やる夫が正史を書くようです 第二十三回 中編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 前編

2012.04.28 (Sat.)
57 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:31:22.44 ID:3tZIpw.o

               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ    .「やる夫が正史を書くようです」第二十三回前編。
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |    今回からはあまり知られていない
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |    魏の後期のお話になるんだ。
           V V \ ヽ \       マt7./   ,′   
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /     .「司馬懿が曹爽を倒して魏の実権を握った」
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ '   /  /      その過程を中心に話を進めていくよ
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /       
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /        
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´                          ,. -ォ大、-、 _
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',                 .          / ´iV//| ハVハヽヽ
                                                // i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ
                                      .         | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:}
                                               ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ
                                      .         l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.|
  三国志関連の書籍だとスルーされがちな時代だけど、           l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ |
  改めて調べると色々と発見もあったりするのよね。             l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i |
                                      .        l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i
  後、いつもどおり、>>1は投下中に読者のレスに反応しないわ。   .  l :i :i  i:./     `ヽr- _ i
                                             l :i :i_ - ´_ 、   -‐ ´:i|   ヽ
  前口上はこのあたりにして、そろそろ始めましょうか?         /://     ` ´    ,r| .i  }
                                            //.{  Y     :i  _,.rrvく_.Y  ハ
                                           // /ト、ェrv‐r-rv:{ィくv ´ ̄ `i:  i ',
                                           /  / i :{´ ̄ ̄` Y ´     i: /i
                                          ノ :/  ハ :',           /: ハ:.i  ',、
                                         / :/  /:ハ :',         イ:. ハ:.ト、   \

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 後編(と番外編「手紙について」)の続きです。

58 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:32:11.17 ID:3tZIpw.o
【紀元238年12月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        景初二年十二月一日、明帝曹叡は崩御した。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .当時の景初暦で言えば、景初三年の正月早々世を去った事になる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
59 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:33:34.63 ID:3tZIpw.o

   ,. ‐ ''"´ ̄ ¨゙''ー、
>'′         `心‐、
○: : : : : : : : : : : : : : :: : :ヽ
; ; ; ; ; |: |: ::λ: :|..|..|.............}ミヾ
: : |/|/|/|/ |/|// }/}_彡ミヾソ                              _
: : |  ◯     ◯' .|: : :ヽ::}                                 .  ´_`ヽ_.-─-、
: : !  :::::::     :::::::: {:: ::/|/                              /.  ´ : : : `ヽ_.-─-、\
:::!入.  rv- ..__   }: ::{ ′                        // : : : : : : : : : : : : : :. :.\\
ヾヾゝ、_.!   /  ,ノ                               //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ハ
゙`゙゙゙゙>‐≧=<‐'"´                                f/ : : : : : : : : : /: : /iハ : ヽ : : : : : ヽi
 /:::::::\ィ=|:::::::\                            /: : : : : : /: : :./i: :/`‐'ヘ : :ト、 : :ヽ: :∧
// ̄ミヾ\|:::::::/|                              /: : /: : : / : //:./    \i V: : i:/ : i
                                      i: : /: : : //_ムイ    _.L_ V´:l : : |
 魏 皇帝 曹芳                            l: /i: : ∠r' ̄ ̄`     ´ ̄ ̄`ヽ: | : : |
                                      `i: l/i ィT弐ハ     ィ弐ヾ゙Y´ i:ハ: イ
                             .          |∧ヽi弋_{zrソ       弋z.ソノ  il ノ/|
                             .          |: : ヽ{                   r':. : :.|
                             .          |: : : ハ       '      ∧: :. :.|
                             .          |: : : i: :.\    ---    /: :.i: :. :.|
                             .          |: : : |: : : : :>、      . <:. : : :.|: : : |
                             .          |: |:.:.|: : : r'‐{¨> .- .<¨Y}ハ: :. :.|: :.|:.|
                             .          |: |:.:.|: : / Y/////////Y  \: |:. :|:.|
                             .           l:.:l.:._l__〈 /`ト、____ノi\  V: : 乃
                                     r‐´' ̄   V  l/////////.|  \/ ̄ ̄`ヽ、

                                           魏 皇太后 郭太后

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        その日のうちに皇太子の曹芳が皇帝に即位、郭皇后が太后となった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .同時に大赦が行われている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
60 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:36:03.53 ID:3tZIpw.o

           ,  -── - 、
       , - ´          `‐、
  -‐ ' ´                  ヽ
    /   i    \          ',
   / /    l i    ヽ         i 
  ,' ,'   l il li    ヽ', - 、   _  l
  i l   ,イ l ', ! ', ト   ',i「ヽ ',  l::r-ヽ l            / /-ーl
  l li    i l l,. -ァ ',! ',  ',lヽl l  L\ \         , -/   l -ー l
  l ll   l /ト..イ ', ト、 l  /    \  \ , - 、 , -'´  /   l -‐ ' ',
   ',l ', i ',  l:::::!    l ヽ l-'´    _ ノ\/ -‐ '´         ',-‐ '´ ` ‐-r  私が大将軍の曹爽である!!
   ', ヽ!ノ  ソ Zz   !  l',ヽ/プ´   ̄/  /            ヽ、/_, -'´
    ' ,/ l   , - 、 l  l /:::/,'     /  /                /
    /  ',  く     )l  l:::::::/ i   /              , -─‐ '
    ,'  / ` ‐ 、     l ,'::::::/  l             , -‐ ' ´ 
    i ,'      `ア´l /::::::;'   ',     ,  -‐ ' ´ 
    l ,'     /::::ノ::::::::::i    ` ‐ 、 イ

            魏 大将軍 曹爽            .━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   ,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
                                   ::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l
                                   ::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
                                   ::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
                                   ::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
                                   :: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
                                   ::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
                                   :: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
                                   ::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
                                   :: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |

                                           魏 太尉 司馬懿(字:仲達)
                                   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹叡の遺言どおりに大将軍の曹爽と太尉の司馬懿が政治の補佐を行う。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .両者とも都督中外諸軍事・録尚書事を兼任、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .各々三千人の兵を統率し、交代で殿中に控える事が決められた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          これが皇帝曹芳の治世の体制となる
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
61 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2010/09/19(日) 14:37:10.85 ID:3tZIpw.o



     //    //   / ∧/ ||  |    |斗─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗- ┼ー||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、        ┴ゞ'ー'  //ヽ} 〉 l  l l   .皇帝陛下からの
  \/ /  \ \ ∨厶⊥ゞ'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l   ありがたい詔勅を読み上げるわよ
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧       ー- -ー '゙     / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ                 ,. ′    ヽ | |  ',   \
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \   \
::::::::::::::::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \    ヽ,   \
::::::::::::::/           /  \  `ミューィ≦´//          〈:\ _ \
::::::::/             〈.    \ _ヽ/__,/ /            }:::::ヽ::::::: ̄:::::

                 魏 中書令 孫資

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        曹芳の治世の始まりに際して、彼の下した詔勅が読み上げられた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .ただし、八歳の皇帝が詔勅を書けるとは思えず、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .おそらく中書省の劉放か孫資が代わりに書いたのだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
62 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:38:57.51 ID:3tZIpw.o

                                                        _,. -─‐- .._  
                                                     ,. ´´ ̄,>>ニヘへゝ.._    
                                                   // /./// /l lヘ. \`   
                                                      / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ   
                                                  / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ   
  朕はつまらぬ人間でありながら大業を継承し、                  / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }   
  孤独で訴えかける相手がいない。                       /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ   
                                                /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′    
  大将軍と太尉は臨終のご命令を謹んで承り、               /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「   
  朕の身を両側から補佐し、               .          /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |  
  司徒、司空らは百官を統率して社稷を安んじている。         /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ   
                                              /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\    
  卿大夫共々、汝らの心に鞭打ち、朕の意向に沿うように     , イ:.::.::.::.::.::.::.:/   l、v  ̄j「、,ゝ、/ \:.::.::.::.::.::.\ 
                                        ./ ノ.::.::.::.::.::.::.:/    l ^^'1| _リ >′   \:.::.::.::.::.::.
                                       //´.::.::.::.::.::.:.:::/      ヘ\ |:| /        }:.::.::.::.::.::.
                                      /f´.::::::::::::::::::::::/      ヘ. ヽ/       /}:.::.::.::.::.::.
                                     ,/ ノ.::::::::::::::::::::::::ゝ--─‐一¬ヘ-'──‐--っ//\:.::.::.::.::
63 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:39:44.90 ID:3tZIpw.o



                                                  __
                                                 .x<       ̄ >ユ 、
                                              ,ィ     / /    / | | ∧ \
                                                / /〃 /  / / / .| | l ハ '.  \
                                            {ハl l / /| / /   | | | U |   \
                                               }从|/ `∨ /   Ll ゝ‐'',      ハ
                                            _ ノfミx |从/ / ,′   }     ハ
   現在建造中の宮殿の工事は遺詔により中止とする。         {    ル' ゞ  }イ /    /ハ     |
                                               '.        / /   /  ハ.      |
   官庁所属の六十歳以上の奴婢は、解放して平民とする         }       /イ , イ  イ   '..    |
                                            〈         ∠ ィ   Vl !   '.    |
                                             l        {__ /  |   '..     |
                                             `  ̄ ヽ   厂V´l     |     '.     |
                                           __,.r‐/ ̄ ̄` ー‐ ┴―― 、   '..    !
                                   r/ 7´{¨7´   _.ニ/              \   '..   |
                                  /   " {  __厂 ヽ.ノ                 }   '..   |
                          _,. - ――┴――― '      、 \                 ,′  '..  |
                                       `丶、  \                /     '.. |
                                        _____                 ,∧       ∧
                                 .>に´  r' ∨   `丶、    、____/∧ ヽ      ∧

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      また、こうも言っている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       宮殿造営中止に関しては曹叡の遺命とあるが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       おそらく、司馬懿、劉放、孫資の間で協議されたと思われる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          生前の曹叡の行動を思えば、彼が宮殿造営を中止するのは考えにくい
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
64 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:40:55.51 ID:3tZIpw.o

      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/               よくも三公である我らに断わりもなく……
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ             取次役風情が偉そうに……
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         | ←しばらく前に司徒に転任
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-                         ______/  \┴ー-く/´\
::::::::K             ,イ:::::::|::::::                       / .//     ` ̄ ̄´    \
                                         ./   / /     ./:      |    ヽ
      魏 司徒 衛瑧                          /     |/      |:..|: |: |: ∧: l:   ヽ
                                         |    :|       :|斗 /‐/|: / |-〈:   |:. ',
                                         |    :|       :|.:/x示ミ|/   示:|: ∧: |
                                         |    :|       :l'〈 r'::::}|    r'i| レ':|∨
                                         |    :|       :|  Vzソ   V} {:  !
                                         |   .:ハ     :|  ー    , ー |  |
   先帝は特定の側近ばかり重用していましたからね       .|    ヘハ     |'' ''      。 ''/:. |
                                        ノ      .:∧   ∧、       /:.:  |
                                       /. イ::.   ヾ.__∨   |_   ァー' |.:.  /
                                         .レ|:.     \\  |::::::ヽ/>、   |.: /
                                          ゝ、::    ∨ ヽ|\::::|∧ \ |/
                                         /_,\.:.   |   >‐V/ー<  >、

                                              魏 文官 蒋済

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .事は全て宮殿の中での協議で決められた
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       曹叡の死からこの詔勅が下されるまで、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       大部分の群臣は事態の推移を把握していなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          地位では司馬懿と同格である
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          司徒衛瑧、司空崔林も同様だっただろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
65 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:41:39.60 ID:3tZIpw.o

      ,'   ,'  l l  l li li l', ヽ    l     l
        i    l  l li lil l l l l.',  ト、   l   \ iト、
        l.l  l  l l l il l ',l', ヽ、lヽ、l ヽ l .l    // \
      l l  l  li「Tイヽ ',l', イプT-ァ、l lヽ  /イ',  ヽ
       l l  l',  ', l:::::l   ',  l::::::::l  l',l l ノ/  l ',  ヽ      .太尉。
        ', トヽ l ',ー'    └ー' ,イ ',!'´    l. ',   ',     
       / ヽ.l ヽl ト、 丶   〃 ,イ_,l l      ', ヽ   ',     皆の視線が突き刺さって痛いのだが……
     /  / 丶 l l ` ‐、._., -'´ l l l       ヽ \ ',
    /  /     l l  , ┴- 、   Ll /ー- 、     \  i
    / /      ,-l lrー  ̄ゝ ヽ 「ノl    ヽ     ヽ. l
   ,.イ       /  ヽ /「 ̄   ',、r-r‐T"「´l ̄l 
  / /     rT7「 ̄l ̄l 「 ィ    ',l_,、-‐ー-- 、._l     . / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
 / /      l-‐'"´l ̄ ̄ └ ',   入ノ      l     |./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
                                    /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
                                    ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
                                   ./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
                                   ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
   上に立つ者の宿命ですわね。               /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
                                   . i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
   この国の行く末は大将軍にかかっておりますわ。   il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
                                    }  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
   何かあれば私めがおりますゆえ、            ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
   お役に立てる事であれば、お力添え致しましょう    リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
                                    ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
                                   、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
                                   .l }   /      /       /  /   ヽ
66 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:42:42.30 ID:3tZIpw.o


          /                          ',
          ,'/   ,'   / ,イ i                 i
            i !    ,'  ,' //,'l l l              l
         l l   i  ,i /,イi l li l i ',       i     l
         l l    ! il ,.イ,' l! l l l li ',  ',     l       ! ,ィ
          l li  l  l!rr-、! ', l ',! ',   ',   i. l   ', !/ l
          li',  l  ll!.ト.イ   ヽ! ',  ',ヽ、i ', l l    i,イ/ ̄l
           ! ',   l il Lリ    ̄「`てー 、!', i l l`ヽ //ト   ノ     太尉にそう言ってもらえると心強い。
              ヽ ', ! l,,      ';:::::ヽ-プト、リ ノ /,.イ  lヽーく
           / 入ヽ ', ヽ    ` ー-- ' ,' /、_ /  l  l \ \    私は太尉を父のように思っている
         / / ,' /  \ 、__    "".,' /     l  l  \ \
        / /   i,イ    \ __   / ノ l      l  l   ヽ
      //     l !         l/ ̄ ̄ ` ‐、   l  l
    // /       !         /, ┴ 、   ヽ \   l  l
  /    /                    l/    \     〉  ',  !
/  / /               , イ      ',i l  ',l   ヽ  ',
  /  /               「:/l       l l   l    ` ‐ 、
,イ  /                /  l       lノ   l       ヾ 、


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \        当初曹爽は、司馬懿が高齢であり名声功績も上であった事から、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      常に彼に父のように仕え、決して独断で事を進めようとはしなかった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       対する司馬懿も、曹爽が曹家の一族である事から、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .いつも彼を立てたと伝えられている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          この良好な関係が長く続けば、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          これから始まる魏の混乱は避けられたのかもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
67 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/19(日) 14:43:31.45 ID:3tZIpw.o
【紀元270年冬 晋首都 洛陽】

― 陳寿の家 ―

             |ハ : |: :ハ     ,      / : : 从: ハ
             { ハ: |i: : :ト、           ノイ: : ハ/}' }
                  ノイハ: 人    ‘`     人:/:イ
                  人: :{ハ:. .       . .:ハ} /}′
                `ヾ  _i .>-<. i_ ノ′       .しかし、双頭の蛇は互いに喰らいあい、
                 . :´ : l       l : `: .        両雄は並び立たずという。
               . .:´: : : : :K ___ ヾ: : : : :`:. .                                        
               /{:. :. :. :. :. :. :.:|/    \|:. :. :. :. : : : : }Y  このような体制が破綻するのは必然だったのだろう
           l∧:. :. :. :. :. :. :|  ___  |:. :. :. : : : : :./::l
             l:::∧:. :. : : : : : |/    \|:. :. :. :. :. :.:/:::::l
              /!:::::∧:. :. :. :. :. :.      .:. :. :. :. :. :./::::::::l
  n n―‐ 、 _/:::::::::::∧:. :. :. :. :. :.     . :. :. : : : : /::::::::::ハ _>――‐ ァ
{ヽ} lノ !7  ィ`ーァ:ヽ\::::::::.:. :. :. :. :. :. fォY . :. :. :. :. :. :::::::/::イ _ YY´}/ レァ
ヽヽ{. {ヽ _    /::::::}:::::::Y:::::\: :. :. :. :. 从ハ . :. :. :. :/::::::/:::::{::::|   ィ ノ ノ イ ノ
    `ゝ ‐ァ:⌒::::::::/::::::::::::::::::::::\:.:. :.: :.  . :. :. :/::::::::::::::::::人::ヽ..ィ::7´ ̄ ̄´
        {:::::ゝ:::::'::::::::::::::|:::::::::::::::::ヽ : : :. . :.:.:ィ:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::´:::}
        ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`ヽ∨.:´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ

“やる夫が正史を書くようです 第二十三回 前編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 後編

2012.04.24 (Tue.)
583 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/22(日) 21:38:11.98 ID:ViRNruUo

              i、 〈l〈l r,==¬
             -=| |=‐  |.|   |.| o o o
       /       i7 |.| 「/   L===」
      〈        ゙'
      /      、ー--‐へ、 (⌒\          「やる夫が正史を書くようです」第二十二回後編……!
  .  , '      l`i‐r-ゝ  v   \\、ヾ;  ヽーァ─
    /イ    :ト、!│| ! , ij   u \ヽリ   ∨     .>>1は投下中、読者のレスには反応しない……!!
    │,イ   | u | | l∠ニ  u    ト、     ヽ  /
     l/ | ,イ |─ァつ_ ~U~ u/;⌒i   |:: \   ヽ /   俺みたいな小者がこんな役やっていいのかよ……!!!
      レ W f/ ノ ,.- // ./ j v |:: u \  V
           { /つ ィ .// /   u  |::v /ヽ.  i
          l /つ/ レ'  〈__,.ヘ   | ̄7  ヽ |
          ヽ ヘ'v ー-、 ノ  ヽ  | /    W
            \ ij 0 ヽ.   `ー' | r‐¬ |
             \ ノ O \    |_!o ol_|

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 中編(とおまけ「蒋琬のその後と魯粛のあの頃」の続きです。)

584 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/22(日) 21:40:02.07 ID:ViRNruUo
【紀元238年5月 魏 幽州 帯方郡】


  (⌒ヽ                                              (⌒ヽ
  (    ,⌒)                                   (⌒ヽ    (
 (    ⌒ヽ                                   (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,,                               ,,.(     )、,,(
 (          ⌒ヽ                                (          ゝ
 (            )                               (  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....:::::::... .....:::::::....... .....:::::::...  .....:::::::...   ..:   ..::::.   ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_ .....::::::::::::::::
.....:::::::........:::::::........:::::::........::::::  :........:::::::...... ..::::::: .:::::.... .:::::  ....::::... ........  ::::::::....... ...::::::::. ......
.....:::::::... .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::...   .:::::...............::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::.....  .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::..:::::.....:::::....   。..::::...... 。...:: ......  .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
~~ .....:::::::... .....:::::::... ::  .:::::.....:::::....  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
   ~^^゚~.。.... 。.... . ..:::::.....:::::.....:::::....。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
        ~^^゚~~~゚^~~~~~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
: :. . . . .     ..: : :. . . . .     ..: : :. . . ..: : :. . . . . . .   ..: : :. . .~^^゚~・,,。,, 。....゚......。..。....
      .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .  ..: : :. . . . .          ^~^:~。,,,,・
  .. . . . . .          .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .
585 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/22(日) 21:41:39.21 ID:ViRNruUo

                                             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
                                              / /" `ヽ ヽ  \
                                          //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                                          レ!小l●    ● 从 |、i|
                                           ヽ|l ||、_,、_, | |⊃  |ノ│
    お、お助けにょろ~。                      /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._)|| j /⌒i !
                                       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ちゅるやたちは帯方郡にご挨拶に来ただけで……  .   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
    あなたがたに敵対する意志はありませんにょろ          | |   <父>   .|´ |
                                           | |、________ r ゝ |
                                           レv |      | ヾ!ヾ!
            , --──-、                            .|  .(;;U;)  |
         , イ /      ヘ  ト 、                         |  |  |  |
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i                         |__|  .l__|
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
              | ヽ ' _ ` イ    
             l l  ´=` l            
           ノ  ヽ _,、__ノ             顔立ち、七尺に満たない身長、粗末なチ●コ……
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、          
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_         これは間違いなく倭人だな。
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!      .なんでここにいるのかは、だいたい察しがついたが……
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       何故倭人は帯方郡に居合わせたのか?
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
586 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/22(日) 21:43:11.33 ID:ViRNruUo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j    .その理由として考えられるのは、
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{      彼らが帯方郡に進物を届けに来たのではないかという点。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ     
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\      彼らは遼東征伐の最中に帯方郡にいたのだから、
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,     最初から魏に朝貢するつもりだったとは考えにくい。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/     .
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      .倭が公孫氏に従属していたらしいのを考えればなおのこと
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|                            ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (●)  (●)   \
                                             |    (__人__)      |
     ……で、来てみたら戦争やってました、と               .\   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/
587 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/22(日) 21:44:12.23 ID:ViRNruUo

━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・
. |    (__ノl   (⌒  (●) |        でも、それがどうして倭人を洛陽へ送ろうなんて話になるんだお?
. │       〉     ̄ヽ__)   |
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |

                                      /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : :.
                                      ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :.
                                       /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. :.
                                          ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : : :.
                                       |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: :i:.
                                       |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示伝テ:! : : : : /Y:.l!: ト\
        それはこれから述べる                 {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ } ハ:|
                                          }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/  イ/ }'
                                           |ハ: ハ           / j: :/´ ∧:.i
                                                  l:i : :..     ‐        イ: /i: イ ハ|
                                               从 i: :.>.、       < / イ:ハ{
                                                  ハ: |    ー<     /' < ̄:.
                                                  ヾ|    }ハ   /:. :. :. :. : \
                                                         ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\

“やる夫が正史を書くようです 第二十二回 後編”の続きを読む

やる夫が五胡十六国時代の覇者になるようです 第22話「さよなら、今までありがとうございました」

2012.03.05 (Mon.)
655 名前: ◆FR9UnusIQc :2012/02/21(火) 20:56:08 ID:42Y3JYQ.
第22話「さよなら、今までありがとうございました」は2月24日(金)21:00から投下します。
総レス数が200近くなりそうなので前編と後編に分割して投下します。


ヒロイン板のカープとやらない子スレがとても面白かった。
スレを見てマツダスタジアムのグッズショップのオープンの日に行ってみた事を思いだした。

なお、グッズショップで何も買わずにマツダスタジアムを立ち去った模様。
656 名前:安価スレ作者ちょっと屋上来いお :2012/02/21(火) 21:44:58 ID:8NTxT0aM
何その不吉な予感しかしないタイトル・・・・
657 名前:安価スレ作者ちょっと屋上来いお :2012/02/22(水) 01:08:32 ID:fQ3Nvk2Y
永川はなあ・・・ 永川はなあ・・・
658 名前: ◆FR9UnusIQc :2012/02/24(金) 21:00:37 ID:hfWWO1nw
これから22話の前編を投下開始します。本日は100レス弱ぐらいです。

>>657
去年の6者連続三振は何だったんだろう?
659 名前: ◆FR9UnusIQc :2012/02/24(金) 21:01:22 ID:hfWWO1nw

                                              /
                                       丸都▼ (,
                                 龍城○ ○棘城  ,/´
 ○敦煌                盛楽○          、--、  _    (´
       ○酒泉               平城○     ノ  / /  ̄|   `ヽ
.                   、´ `~ ̄`)   薊○ ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
.            ○姑臧   ノ○朔方/ ○晋陽  (_  ,‐-っ,     く   `|
                   ノ      く        /`‐´ /´     )  /
                 く´~     (    鄴○/    /       レ´
            ,ッ-、__ノ~´  ○安定 .)   _,,ノ´     く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,  ○天水    ´‐~´~○洛陽. ○彭城
       `ヽ,  ´‐‐―`      ◎長安.         広陵◇ `>
        `ヽ, ○武都                  寿春◇ .ノ~~~ ̄>
          |.      ○漢中  _,,-―、, ○襄陽 ,ノ´◆建康し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´   会稽◇ |
          |,       _/~                   ノ´
     成都○ |,    ,,ノ~. ◇巴東      ◇江陵       ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~                       ノ
                                     ノ
       ◇晋寧                        ノ´
                          番禺◇,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´
                    _/    `´
◎○前秦支配主要都市◆◇東晋支配主要都市▼高句麗支配都市

※前回までの「やる夫五胡十六国」
なんじゃこりゃぁあ!!!
660 名前: ◆FR9UnusIQc :2012/02/24(金) 21:01:48 ID:hfWWO1nw

【前回までの主な出来事】

338年 苻堅が生まれる
351年 前秦建国
354年 桓温率いる東晋・西府軍が前秦に侵攻するがなんとか撃破
.      苻堅の父である苻雄が死去
355年 苻健が死去。苻生が皇帝に即位
357年 苻堅らが苻生を殺害して第3代皇帝に即位
367年 前燕の名宰相にして五胡十六国屈指の名将である慕容恪が病死
369年 東晋の桓温が前燕に侵攻したが、慕容垂と前秦軍で桓温を破る。
.      慕容評との確執で慕容垂が前秦に亡命。
.      前燕が前秦との約束を破った為、前秦は洛陽に出兵。翌年、洛陽を占領。
370年 王猛による慕容垂謀殺未遂。
.      潞川の戦いで前秦軍が圧勝。前燕軍は壊滅状態になり、その年に前燕滅亡。
371年 前秦が仇池を滅ぼす
.      桓温は司馬奕を廃して、司馬昱を擁立。
372年 司馬昱崩御、司馬曜即位。
373年 桓温が九錫を求めたが、謝安・王坦之が引き延ばしているうちに桓温が病没。
.      前秦が東晋の蜀地方を占領。
374年 蜀地方で張育らが反乱を起こしたが鄧羌と楊安が鎮圧
375年 王猛が死去。後任の宰相には苻融が就任。
376年 前秦が前涼を滅ぼす。張天錫は帰義侯に封ぜられた。
.      劉衛辰が救援を求めたため、前秦は代に出兵。代を滅ぼし、前秦が華北を統一した。
377年 謝玄が北府軍の総帥、桓沖が西府軍の総帥に就任
379年 苻丕が襄陽を陥落させ、守将の朱序を捕らえた。また道安を長安に連れ帰った。
.      前秦は彭城・淮陰・旴眙を占領したが、謝玄に敗れて淮陰・旴眙を奪回された。
382年 苻堅が東晋進攻を朝廷で議論。群臣は東晋進攻に反対だったが、苻堅は無視。
383年 呂光が兵を率いて西域征討に赴いた。
.      桓沖が兵十万を率いて襄陽を攻めたが、慕容垂が援軍に赴き、追い払った。
.      苻堅が征晋の詔勅を下し、兵卒六十余万、騎兵二十七万を率いて長安を出発した。
.      淝水の戦いで前秦は大敗を喫し、総崩れになった。また朱序・張天錫は東晋に帰順した。
661 名前: ◆FR9UnusIQc :2012/02/24(金) 21:02:10 ID:hfWWO1nw

【主な登場人物】

○前秦
苻堅(ふけん)          やる夫
                         前秦の第3代皇帝。
苻融(ふゆう)             オプーナ
                         苻堅の異母弟で前秦の宰相。
張夫人(ちょうふじん)      古河渚(CLANNAD)
                         苻堅の妾。
権翼(けんよく)           蒼星石(Rozen Maiden)
                         姚襄の元臣下で、前秦では主に内政を担当。
姚萇(ようちょう)         キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)
                         前秦の将軍で羌族の酋長。
慕容垂(ぼようすい)         ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール(ゼロの使い魔)
                         前燕から亡命した名将。


○東晋
謝安(しゃあん)             小泉ジュンイチロー(ムダヅモ無き改革)
                         東晋の政治家。40歳までニート。
司馬曜(しばよう)         ゆの(ひだまりスケッチ)
                         東晋の第9代皇帝。孝武帝。
謝玄(しゃげん)         沙英(ひだまりスケッチ)
                         東晋の将軍で北府軍総帥。謝安の甥。
桓沖(かんちゅう)          早乙女アルト(マクロスF)
                         東晋の将軍で西府軍総帥。桓温の弟。
662 名前: ◆FR9UnusIQc :2012/02/24(金) 21:02:31 ID:hfWWO1nw

                      __
                    "´      ` 、
                /    !       ヽ
                /     !     !    キ
              /   /   |    |   ! !i
              |从. Tナ <ハ  ! _,.!斗‐ ! | i
              ∧ !、|圷テfト |ノリ「rセT!Vリ  ! |              _____
              / / !ハ 弋:rリ    弋:rリ /  / ヘ.         /           ヽ
             //  !ハ. ::::   、   ::::/  /::.. \.     /               \
           /  ....::i. へ、  ‐-   , イ  /:!:::::.   \  /                   \
          / ..:::::://  ::|>_、. _ < /  /:::ヽ:::::::..   \                     ヽ
.        /  ::::::://   .::」_r|`>v<´_/  {__  \:::::::. . ヽ                      i
        | :::::::://   ::::::/::::\(☆)/:.、  \::ヽ \::::::::  )                  |
        |:::::::::./   :::::::/::::::::::::::) (::::::::::::∨   \! ::::::::):::: /                  |
        ! !::::/  :::::::::/::::::::::::::/i| |i\:::::::.ヘ   ヽ:::::/  /                    /
        V| {   ::::::::::|::::::::/   || ||  \::::::|:::   ∨  /.\  ,, -===ニニニニ====-、_/
        / \  :::::\::/     ` ´   ヽノ:::::   |  (...  ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          ::::::!!\.  :::::\     i     /::::   /:::.   \_〉:/       |i     \/_
         :::::::::川.|ハ   :::::丶   |:  /:::::  / |:::::::::   }゙::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
         ::::::// |ノ    ::::::ヽ |:. /::::::::  (― |::::::::::  / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|


                「やる夫が五胡十六国時代の覇者になるようです」

               第22話 「さよなら、今までありがとうございました」

やる夫が五胡十六国時代の覇者になるようです 第21話「淝水の戦い」(とおまけ「王猛先生のなんでも講座(仮)」 「慕容垂ができるまで」ほか第21話EX「グラフティー」)の続きです。

“やる夫が五胡十六国時代の覇者になるようです 第22話「さよなら、今までありがとうございました」”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第32話。

2011.12.29 (Thu.)
627 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/23(水) 20:44:10 ID:/XkCkXYU


本日間もなく投下します。


やる夫スレ用AA作成依頼スレでa様に更衣小夜 (BLOOD-C)のAAを
作成して貰いました。ありがとうございます。

竇憲一派の郭挙(かくきょ)は、和帝と一派の
最終決戦に登場する人なので。
            ┌i
    r┬ーnnnn─┤|┬──────────────ミ、
    `ーーUUUとr‐┤|┴───────────────
       |   r'  └   -───-
       |   |  ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
        |   |/:::::::::::::::::::::::::::::::-─:::::::::::::::..
        |   |::::::::::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::、
        |   |::::::::::::::::/:::::::::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
       i   ’::::/:::::/::::::/j从::}:::::::::ハ::::::::::::::::::
       ∧  _V::::::/:::::/芋ミ  jノj/ ⌒ヽ::::::::::::::i      守ります!
      ;:::::冫´ , V⌒:::/{::U::}     =芋ミi:::|::::::::::|
      |/ /  V:::/ 辷ノ ノ⌒Y {::J:::}゙l:::|::::::::::|
      《 /    {:::{`ー--‐'  ' l 辷ノ |::.|::::::::::|     特に他にすることもないので守っておきます!
      \.      |:::l\  .r‐‐ァ `ー--ゥ'::::i::::::::::|
       x\   ∧::::::::> .ー‐ _,...ノ/:::/::::::::::l|
 _  -‐‐<メメ/\/  \{ />rヘ:::::::::::::/:::/::::::::::::リ
´:::::::::::::::::::::`ヽ   |::    \《○》:::〉`=ァ ∠ニz--‐'
:::::::::::::::::::::::::::::’  |::、    冫゚゚゚/  メく     Vハ
::::::::::::::::::::::::::::::i  |:: >‐/  ト、     /ヽ   〉 ゝ‐-ミ
::::::::::::::::::::::::::: ノ  人/ 〈   j 〉ー=ァ  ::jj  〃:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::/ //`ニ=ヘ / /  ∧  ::{{  {:::::::::::::::::::::::::


629 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/23(水) 20:52:05 ID:/XkCkXYU


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第32話 ―班超伝、和帝紀― 


                ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
              「 ̄ ∵「 ̄ ̄ヽ: : : : : : : : : ヽ: : :丶∴
              ヽ ー「]´ー  / / : , : : l : l : ト、 : : :\
          ___ く/: : {   イ: : :l: : :|: :l :} /}: :| Ⅳ、: Ⅳ
        \ ,ィ : : : / \ l : : |: : :|: :}イ/ 从{ ,ィハ{;イ′
         イ:/: : ; :/   }`: : :|: : :|: :|ィ升、   弋l ′     わたし…徳が薄くて、
           }/: : /:イ    { : : 「}: : :|: :|乂ツ   ` ''〉
           {: : /: ム「ヽ__」ゝ: :`ハ: :l: :| ''''   ー ' /{      何の取り柄も無いけど。
         }: /{Ⅳ    、-=ーハ:ヽ:ヽ.__/l/
          lイ/        〉_/ヽ二 Ⅳ ヽ \. ′
             _ , '´/ \ _ 「:ハ }, ヽ        悲しんでいる人がいたら
             ∠´ __/ `\ ヽ    ~ r「、} 〉
            ∨´ }    ハ ヾ,rーv「ィ´} ィ、        何とかして救いたい。希望を与えてあげたい。
                /     }ィ^マ、  }・} ト_ム>
                  〈 ` ー.   ヾ  マ、 }・} /^ |~
         _ ___ヽv._, ィ /  〉} / /´  .l        そんな皇帝になれたら
      r´ 〉〉     〈ム」ム,ゞ>   ム'/./}   /
     「^r' ´       /   /    ム/.//   ./`ー-.、      夢が全て叶っちゃうんです。
.     //     }~ヽ |    l    ム' / '  ,/  〈 〈
  <.ィ     __ 〉 、ヽ|    |    ム,イ/}、/∨{ィ   ヽ\
630 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/23(水) 20:52:45 ID:/XkCkXYU


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

やる夫之書 様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第31話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第32話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第31話。

2011.12.29 (Thu.)
327 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/14(月) 20:44:47 ID:VSfz44iU


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第31話 ―班超伝― 

/     /  r‐' _,、/⌒`ヽ、-、  `ー、 l  ! )  /ヽ | ノハヽ
     /-'ヽ┴/´, -― 、    ヽ`ー―-、_ヽ`ヽ (_ ハノ )ノ // ノ/
   ,.. -'  ,  、/    >‐ 、  } )二ニ ,>-、\{ | ヽ /ノ / ゝ
 _,   /   )'    ヽ   `ト ノ_,,. -‐_」〔r〉'^~yW、 / ,/ノ/
,;''   /    |      }   )、/r 〔 r=、'ニミfj{/〃L_/_/ ゝ
'   /  ィ   人 _,. -'ー-<八V ィ `i,`fz)トヾミUツ_7-{⌒´
.,:' /,,../   ノ  {  〃_     \_} r‐- |,f℡、~(ノ/ノ`  \ノ
_/` ーィ‐'´    l    `=     }{ = ヾジ”「ヾ´
    /、 } \ 人       `ヾハr=ヽ}  ヽレ }       後漢は、三代皇帝「以降」から段々と腐敗~?
    | ( ヽ ノ ー フ`‐ 、    ) ノ〉Yミ ヽ} 、   ノリ
   ノ ) (  l ⌒L_  `ーァ(´ ̄ `ヾィ" `,  l |
  / , 'r ) 〉⌒ヽノr'   ̄)(´ \    ノ i   l ノ }       わが西羌族には、三代目こそ
{{ツ l ( ( 人  〉、 、_./ `ヽノ_ン' ̄´| , '、、 ! ,' ノ
::..`ヾ、 乂 `  /´ `ー- メ、_ノ/     l   ノノ }        悪の元凶!
O:::::..ヾ、、 `ソ` 、_  ノ ノ/、      \,ノ < `ヽ, __,、
:::::::::::......`゛'==、、,_  ̄ン=、ノツ        l´   ;  |; /
::::::::::::::0.::::::::rー-ゞ=〃´_::::{         |   ,:' =、」:: {    愚儒どもの慣れ合いにはヘドが出るッ!
::::::::::::::::::::::::::l|:    ̄ :|!()、       ヽ  .' r ' ヘ:. {
ヾ、::::::::::::::::::..`ー-r----r‐'.:::::ヘ        \' 〃  ハ }
:::::.ヾ、、:::::::::::::::::l|`ー-‐ヘ;::::::: ノo\       };'  ,' l |


          /⌒\
         / i⌒i \
       / ト、 ∨ .イ \
      ./  このスレには\
     /ヽ 暴力シーンや 7\
   ./- グロテスクな表現が -\
  /  ∠ 含まれています。 =- \
  (      7 へ 、 , へ \    )
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
328 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/14(月) 20:48:20 ID:VSfz44iU


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

やる夫之書 様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第30話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第31話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第30話。

2011.12.29 (Thu.)
1 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/18(火) 22:33:31 ID:WCtKidSk

       / // 〉/ 乂{lハXVノ' /
     / /,イ〃,仏彡ムノ代込 (〃⌒㍉
    〃,Yl〈 jll|イリ/ルイl{)イハヽヽハ{             ー=ミ
    〈トyl:〉ハ从巛({l::::V彡イlリ从,)Y=ニ二ニ=、__    >r─=㍉、
    乂从》代㍉ハ{::.l:::)l{::lj从仆リノニニニニニニニ、ヽ、_彡| {ー─   }
   } 込ハ从ヽミ代ヽ}|j小リハ≦イニニニニニニニニニヽY  .しー─   l   jl         最近、影が薄いが
  v代Yハ小}}}川ハ从小ソ´ ト彡<ニニニニニニニニニニ}}   ハニニ 彡′ /リ
   ヽ㍉ミ巛代爪巛ル'  ハ Vニニニニニニ=‐弋/ノ__彡イ     彡′        メインの班超伝の主役は俺だッッ!
    代>ミ辷=斗     /レ'イミ、 ニニニニニニ===ヽ
   _込キテ三壬毛 rー去\> ,ハ リ|ニニニニニニニ==',
      `ヽミ≧=-弋  (( z彡イ 代ニニニニニニニ='l      _
      /ニニニニニニニ=>ー- __ノニニニニニニニニニ/    /   `ヽー- 、
    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニニニニイ    ./      \ \ー 、__
   /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽー==}   く  ⌒Y    ヽ  ヽ ヽヽ
    {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ====)    ヽ               ',
   ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}==}  /⌒ ー-イ            ',
   ニニニニニニニニニ>彡ニ>'''<ニニニ(ニニ=lニ=|  |         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j
   ニニニニニニニニ/〃    ヽ...:.:.:... `ヽニニニ|ニ=|   |           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   ニニニニニニニV /     ):.:.:.:彡 ´ ̄ ̄`≧ミ、人 __        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   ニニニニニニ∨/:::...   <:.:.:.:.Y         ヽ  )       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    ─=ニニ/ /    ..::..:.   代           二ノ     .:.:.:.:.:.:.:.:/
        `V {   ......:.:                       .:.:.:.:.:.:.:/
         {l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.   弋____              .:.:.:.:.:.:.:/

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

16スレ目
2 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/18(火) 22:34:18 ID:WCtKidSk

          {/: :/: :/:::::::::::::::::/: : : : : / : : : : : : : : : : : : : . \:::::::::::::::/
         /: : : : : : /:::::::::::::::::::{ : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :\ \:::::::::!
       /: : /: : : ∧:::::::::::::::::/: : : : /:/: : : : :/ : : : /: : :i: : : :i: ヽ  \::}
     イ : : : /: : : /:::::\:::::::::/: : :|: : :/:_: : //: : :/∧ : |: : : |: : :} 、  >  ___
   ∠: :/: : :/: { : : /::::::::::| \:/: :|: :|: :イj´: :.//: : ://  }: :| ⌒iヽ : : . 丶  /     \
      /: : :/ : |: : /::::::::::::|: |: : : : !: :!// j:/  {: : //   !: :| : : !: : : : : : ! ヽ/ そ そ お
.    /: : :/: : :|: :/::::::::::::::|y: : : : :|: :|/ ィチ云ヽ|ノ     jハノ__V : : : :}: : |\| う  う .前
    /:| : /: : : :|:/:::::::::::::::::|r |: :i : |: :l/ /iilllliii}       イill| ヾハ: :/: : :ト、  な 思 が
    {人∧: : : :|:\r-、::::::::|:(|: :| : |: :| {illlliiiill!       {ill|}  ∧/: : :|ヽ ん う
       | : : /: : : :Γ ̄`、.|: :| : |: :|  ゙==''"         弋ノ /: |::\: :.}'つ だ ん
       V |: : : :リ: : :∧: |ハ| :|:.l ヘヘヘヘヘ      ’ヘヘヘ/: /|_ イヽト:ゝ ろ な   /   え?
            i: : :/ V  V  ヽ |: :.ト     、-―-,    / :/: : : :|    ゝ う  ら /
           |/      /^メ、: |   ー  `~ "_ , イ |: :/|∧: :/  /       く     和帝紀じゃないの?
                /:::::::::::ヽ!´"'':ー-....._ ̄ {/  V |V   V  i  で  お   |
                /:::::::r/⌒\:::::::::::::::〉                 |  は 前  |    実質、もう。
                  {:::::/      \≧"ヽ              |  な .ん  |
                  /          \  ト、              \   中 ./
1スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1277130967/l50
2スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279345668/l50
3スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281771909/
4スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284121213/
5スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286635708/
6スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289398866/l50
7スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293885649/
3 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/18(火) 22:35:09 ID:WCtKidSk

         ,.. -y=====┐.、
       /:::::::/      ヽ:\
      /:::::::::ノ   ̄ ̄ ̄ \::ヽ
      /__/      ∞    \',
     [___________]
     |:::::::::l::::::::/-/_|///,' |::/|:::i;:::::::|     と、まあ登場人物が多いので。
     |::::,/|:::::::::l:/,__!_-`/ レ-rA::::|::|
     l:::i、 |::::::r' {,J/`:::::::::::z-r.l:::|::!     なるべく前の回から読み進めるのを
     /::::::::i:::::::|  `´::::::::::::::::じ' /::lレ'
    /:::::::::::l:::::|ト、   、__ '  ノ:::/      お勧めするわ。
    /:::r -、_|l:::||ヽ、ヽ、 __ ,.. イ::::/
  . /::/     、:|ゝ、` ̄7:::L、/:::/
  /::/   r'´ヾ{ ̄ヽ--t->イ:::/
  /::/    ヽ ヽ  ヲ, {` /:::,イ
8スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1295782093/
9スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1297432700/
10スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1299757650/
11スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1303700393/
12スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1305724527/
13スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1308758552/
14スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1312726798/
15スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1316264808/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが
   寛大な目で見ていただければ幸いです。

   というか歴史モノをガチで書いてくと。
   直訳文はめっさ長いし、用語とか分からん人おいてけぼりになるからじゃよー。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 名前:yournet全面規制に入るお :2011/10/18(火) 22:48:14 ID:1vmvfzlc
乙ー
え?班昭伝と竇憲伝と章帝紀のちゃんぽんかとw

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第29話。(と番外編「朝廷の怪異」―寿光侯伝―)の続きです。

993 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/29(土) 22:29:33 ID:N8ON9XNw


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第30話 ―班超伝― 

      |  |            ノ   /
      ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
      ヽ //   /    く  /
        / l     i′   ` イ .
    .  _,レ┴─‐┴- 、_   ,」  ̄ `' ー-.、
    . //`ー―――一'^ー、´ ヘ |      ヽ、      ボクの活躍回!
     // ノ    `ヽ ι  .L_ヘ,      ',
     ,l .| ・   ・  ∪ |   ヘ          ',
    ∠.人ニ 、_,i、_, ニ    ├‐ ''゙´ヘ     ,  ',     と思ったけど、そんな事には
      ,' \,_        _人___ノ     /   ',
     i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i   なりそうにないニャーン……。
     !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l 
     !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l
     ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ
    i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
    !     ',     ,. '´      i!   l  !     l
     ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
     l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
    l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
    l    l /;,. .        /      /      l ム/´
    ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
     !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
    /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
    /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
    //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′
   U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //
     U U U   /ノノ_/     `ー─'″
994 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/29(土) 22:35:29 ID:N8ON9XNw


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

やる夫之書 様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第30話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「朝廷の怪異」―寿光侯伝―

2011.12.23 (Fri.)
882 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/18(火) 20:29:49 ID:WCtKidSk


何度か同じ回答をしてますが、AAの配役に他意は無いです。

やる夫スレは世界観の違うキャラを組み合わせて話を作っていきますので、

善人ぞろいといかない歴史系では、割を食う人物がでるのは避けられない話でして(´・ω・`)。

ただ、どーしても気になる方は、章帝本人のイメージ画をAAの代わりに
脳内で当てはめて下さいませ。

章帝
ttp://img.bytravel.cn/1058/15/1543056.gif

ちなみに竇氏
ttp://www.ce.cn/culture/people/200607/28/W020060728538115834216.jpg

              ,  -‐─‐- 、
           ,. '´,. '"´ ̄~   ``ヽーyrァ
        く⌒ヽy′U  .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_     陛下は、
          _>, イ:|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ> 
      / / ノ:l:|:.:.⊥:|┼|:ト、 .::トト、:::| .:l::::く     他所の時代の皇帝と見分けがつかない程
     ////ハ.:.l:|:.:. |:.ハ/_lノ ト、/ ノ Vハノ.:.:/     
        / / Vハい, rr--'テ   {(Ⅹミ}:.:./      無個性な外見に対し。
       ノ / .:.:.:Vハ ヽゞ--'    `ーくハ/   
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ヽ       ノ ヽ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__  ´_.. イ:i .:.:.ヽ     竇氏は悪の女帝そのものの姿なのよね……。
        / .:.:/.:.:.:l:/_ノ  ト、 V´フ ``1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ヽ、  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!     どう見ても妲己系統の。
      / .:./.:.:.:.:/    `ト‐‐く(公)-イ ヽ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `Y´ j   ハ .:./      あと本筋以外にも、陛下には不思議な逸話があるわよ。
     V.:.:.:.:./::八    {     ハ j  ノ.::l /

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第29話。の後に投下された番外編です。

883 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/18(火) 20:36:21 ID:WCtKidSk


原作『捜神記』


    番外編「朝廷の怪異」 ―寿光侯伝― 

                        ....-‐=77777=‐-...
                        x≦//////\/\//≧x        / ̄\
                    /////>'゙く  ,小\ノ三≧/`ヽ     .|     |
                   /i///::/,斗孑`7_∧__}/////////:\    .|  H  !
               ///|//|//////:}////////////////:∧   |  な .!
               ,′/:|//|:///////}∨/::}Ⅵ///:トV/////∧   |  の |
                  i::///|//|:://///}/}´}//:} }////j }///////i <. は |
                   {::///|//l、///√|/ 厶イ }刈;/x=ミ}///:/}/  |     |
                 Ⅵ//l:/∧∨/x==ミx     乍しi 丁∧     \_/
.      / ̄ ̄\    V=、|//∧ x乍i_しi         {しり :{//∧
      |      .l   ,' /:∧//∧ Vしり      丶 と_ノっ:/}`ヾ
.        ! で 悪 > { :{  \//とつ-‐つ     ::::::::::::::Ⅵ
      | す い |   \`ー- \//≧::::::::::::::         ノ
.        ! か コ l     |`ー--、 `ヽ}      r- ァ    / o
.        ! ?. ト |     :|//////\            /  ゚
      |      .|    |//////::| ≧o。.. _   ,.<}
.      \__/     .|///////ミミミミミミ彡ミ彡//:}
                     |//////:ミミミミミ彡彡彡彡/リ
                 |://⌒゙'<ミミミミミ彡ミ彡彡'-、
                  |:/: : : : : : : :`゙'<ミミミミ彡ミ: : : '.
                   /: : : : : : : : : : : : :`゙'<∧}} : : : :i i

                      青州の製塩地の娘
884 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/18(火) 20:37:04 ID:WCtKidSk

             / ̄\       / ̄\
             |  怒 |       |  H |
             |  ら .|       |  だ .|
             |  れ |       |  と |
                  !  た |        \_/
             |  り  !
             \_/
 / ̄ ̄\
 |  笑   |
 |  わ   |
 |  れ   |
 |  た  |
 |  り  .|
 |   :   .|
 |   :   .|
 \__/
                             / ̄ ̄ ̄\
                         |  す イ   |
                         |  る ジ   |
                         |  の メ   |
                         |  は ら   !
                           /\|    れ  |
                          ノ :       た  |
                      )  :       り  .|
                      )  つ .∧____/
                      )   /
                      `ヽ/
885 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/18(火) 20:37:45 ID:WCtKidSk

  //――‐|||‐   \            r‐-く   ヽ
. /||| || ̄l| .|||   /        __{____\   }___
//||| ||_l| .|||    \.       x≦////\/≧x`゙'</////77ァェ、
  |||    ヽ|||    /    x≦//x≦//////////≧x \///////\
  |||.   /7__ili_  \  / /// ////////////// {\ \///////`ヽ
―|||―// //  ../ ////// /////////{////  :{//\///∨/////∧
||| ̄|||;/ ∨/    \ {///////////{/// :{/// ,.斗孑////:///∨//////',
|||_|||. /∧\  / Ⅵ//////// :{//  {// r'´   Ⅵ//://///}///////i
.     /  \/   \  Ⅵ/////:ト、∨ {、Ⅵ'゙x≦气>:/::://///,''゙´ ヽ///:}  
 \三二ニ三)  ./   \{ヽ‐弋 `'ー  `ヾ乍ij ⊥っ//////// /   V/ j
     /  }) })\.◯       介ミ o ℃-‐=≠゙厶/////:/ ∨  :}/\ 
     //       /       /℃{i;リ :::::::::::::::::::::::::////}/  / _/ ////:\
.     {||      .\   -=≦////:::ゝ        ∨ }}    (  ///////
     \三)   ./    ∠////{   r‐ ニ ヽ    o {{ u     イ///////
     }||     \      ̄⊂    ∨/////:\    ij     } :{///厶//
\三二ニ二三)  /    o     \  ∨///// ∧       / {/∧´: : : :
    {∩|       \             \  \//:〃 : }       / ∧//:\: : :
    {∪|     /               \  \{{ :/}     く  .(: :.\///≧
     //      \             {>、     /ミミミミミ∧: : : \///
   /        /            ◯   Ⅵ /ゝ  rく/: :ミミミミ彡ミ: : : : :/: : :
   }|||        \                 \///:iJ/{: : :彡ミミミミミ}: : : :/.: : :
\三二ニヽ }\ /               \///∧: : r‐-、r‐-:{: : : {:. :. : :
  //  }||} {|||| \                 `゙'ー弋f ‐-、{ u \: {: : : :ー
. //  .//    /                      r―-、{    ミミミミ: : :
..(/  \./     \                         ∧ ` {  ミミミミ彡ミx:

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「朝廷の怪異」―寿光侯伝―”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第29話。

2011.12.23 (Fri.)
602 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/13(木) 21:52:20 ID:xWr9jSLo

明日の20:00ころ。投下します

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::|
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧/ ./:::::::::/::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::|      漢王朝が滅びそうでも
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/ //  ./:::::::::/:::::/  |::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::/^\/:::::::::::::::::::::::::/::/_.|/==_/|::::::/ ::::/    ∨::::::::::::::::::::|      気にしなきゃいい話ですよね♪
:::::::::::::::::::::::::/ ヘ、|::::::::::::::::::::::::/ :/   l   .|~|::/ :::/.     ∨:::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::|   〉|::::::::::::::::::::::/ |        ∨  :|    __∨::::::::::::::|      今日は、とってもよい日でギモーヴおいしい。
:::::::::::::::::::::::∧ | |:::::::::::::::::::::/ ,                   |::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::∧ \|:::::::::::::::::::/ Υ──=ミミ.            |::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::∧  |::::::::::::::::V 从、、      |___  __    |::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ々:::::::::::::V     `───-"   k──ミミ. /:::::::::::::::::ヽ     ギモーヴ♪ギモーヴ♪ふしぎななまえ ♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'              .|乂、   /::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|              ,j  ` ̄-/:::::::::::::::::::::::::|      あまくてふしぎでふわっとしてる
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        ,      '     ./:::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\      `x___      .イ:::::::::::::::::::::::::::::::|      とってもとってもいいきもち♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \       ─     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::/
三ミ三ミ===""""∧::::::::::::|   \         ....彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
三三∨     / |::::::::::::|     へ、    ...<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       竇憲一派は郭一族が守りますっ!(キリッ
三三/     /  .∨::::::::|       〉>-< <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                       郭挙(かくきょ)

                やる夫の妻の一人、郭皇后の弟、郭況の孫。
603 名前:名無しのやる夫だお :2011/10/13(木) 21:52:53 ID:VNy4Zevw
了解
604 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/13(木) 22:35:17 ID:xWr9jSLo

>和帝の嫁さん

光武帝スレ様での配役は藤岡ハルヒでしたが、史実で顔面にキズがあるので
こっちの配役はこの人です。

  ::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::l::::;ィ::::l!::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::l
  ::::::::::::l::::::::::::::::::::::::: l::::l l:::l l:::::l. l:::::::::::::::::j:::::l:::::::::::::!::::ヽ::::::::::::::::::l::::::::::::::l 
  ::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::l!:::l l::l l::::l l::::::::::::::;イ:::::lヽ::::::::l!lヽ:: ト:::::::::::::::::l::::::::::::: l
  ::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::::l!::!zx,,l l:::l l:::::::::::/ l::::::l .l::::::::l l!. ',:l ',:::::!::::::::l:::::::::::::::l 
  :::::::::::::l!::::::::::::::::::::::::ト!l==≧!::l l::::::::/  l::::l l::::::リ l! l:! .',::::!::::::::l:::::::::::::::l
  ::::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::l Y!l::。::Cヾ゙`ヽ:::/   l:::l  l:::/  _ ,,ィ .l::::i!:::::::l:::::::::::::::l    後宮スレのチョイ役で
  :::::::::::::::l!::::::::::::::::::::::l ゙l!乂z-ソ  ∨`ヽ, リ ,,ィ≦テ=ァ .j::::l!::::::リ::::::::::::::l 
  ::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::::l    ̄ ̄      / イ:ソzノ ,イ' /::l:リ:l::::/:::::::::::::::l     登場してたがな。
  :::::::::::::::::l!::::::::::::::::::::l!.   ̄¨'' ========l、   ̄¨   /::::l/::l::/::::::::i::::::リ
  、::::::::::::::::i!:::::::::::::::::::i!            l`丶 __    /:l::::::::::l/::::::::::l:::::/  
  ゝ、:::::::::::ト:::::::::::::::::::l           /        /::::l::::::::::::::::::::::リ::/
     ``ヽ::l ',:::::::::::::::::l           ´      イ:::::::l::::::::::::::::::::/l/   
  ____l` ヽ.:::::::::::::l       ´ ̄ ̄     . <::::::::::::::l:::::::::::::::::/  !
  ..;.;.;.;.;.;.;.;.;.; ̄`ヽ::::::::::l` 、     ̄    <.;.;.;.;.;`ヽ::::::l!:::::::::::: /   
  .;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;', :::::::l   丶     .<.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ:j!::::::::::::/
  .;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;', ::::::l     Т   `ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l!:::::::::/

               鄧綏(とうすい)

この頃の鄧家は、竇憲についてる人がいれば。終始対立してる人がいるなど
一族内の方針がバラバラですから難しいですね。

彼女自身の評価も、悪女と賢婦人に真っ二つに分かれてますので
1の解釈としての人物像として書いていきましょう。
606 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/14(金) 20:19:46 ID:YUeKHtzs


少し遅れましたが投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第29話 ―班超伝― 

              /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_;>
             /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.<
            /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
          .'.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
         /.::.::.::.:/::.::.::.::.:.l::.::.::/|::.::.::.::.::.::.::|::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ:.::.::.:.
           /.::.::.::.:/:.::.::.::.::.::.|\/  V::.::.::.::.::.∧::.|/::.::. |:::.::.::.::.:',:.::.::.',
        /::.::.::.::/:.::.::.::.::.::./j::/ \ V::.::.::.::/ X:|ハ::.::. |:::.::.::.::.::.;:.::.::.:,      新しい仲間を引き連れて
.       /.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::/ノ笊えx\V::.::.://,ィf爪ヽ:::.|:::.::.::.::.: |::.::.::.:,
.        /.::.::.::.:/::.::.::.:::::::イ∨〃:::::.ヽ Ⅵ:/  〃::::::ハ∨ト、:::.::.::.|::.::.::.::,      朝廷に大復活かまして
    . 厶-‐''7.::.::.:::::/ | j!{:::::///]  ∨  {///::::::}j! | \::.:: !::.::.::.::!
          /.::.:::::/:ゝ.__!  ゝ )辷ツ   ,   弋辷(ノ  |___,ハ::.:|::.::.::.::|     やるぜ!
         .::.:/|:.::::/|人  ⌒ヽ    _       八:::::.:|::.:l\::.::.|
        {/  |/ ノ-‐:Y   } { ̄   }    ∠:::」\:|∨  \j
                  /: ;>-|   ,、 ゝ   ノ_  r<,__
                /⌒   |   ∧ 丁下 丁八 }∧: : : : ヽ
          /,  |   _|_,厶ハ八.|∨   ∨: :∧: l : : |
           { {   |  (___ ,ノ ヽl /   / \/: :l : : |
607 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/10/14(金) 20:22:28 ID:YUeKHtzs


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

やる夫之書 様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第28話。(と番外編「栄光なき義人」―第五倫伝―)の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第29話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第28話。

2011.12.23 (Fri.)
1 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/17(土) 22:06:48 ID:KOdNEC6Y

    〈 大月氏 {    ,-―' ̄`ヽ    莎車          _, -―、
     ヽ     `ー‐、'    無雷`ー-、   于闃     , -―'      ヽ
 \   ノ         \ 難兜     `ー-、__, -――'          `ー
  ヽー'           {`'ー
   _〉【 クシャーナ朝 】〉
   }            /              西羌
  ヽ     ガンダーラ
    `ー-,      ○ |
    /~         ノ
   /           `i
   /   ★   /    ヽ,        _, -―、
   /  タクシラ/       !,    -―'      ヽ
  /       /‐‐ー-、__, -――'          `ー < インダス川
  /       /         ヽ
 /       /         ‐‐-; , , , , , , , ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  無念だお……。
 \__,-、   /    マトゥーラ        イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
    )   /      ○        /    /         \
     (_  /               /   /     \ , , /  \    大月氏(クシャーナ)の近衛兵が、
     ヽ__              /    |      (ー)  (ー)  |
     ,-、-、ヽ           /      \  u.   (__人__) ,/     全裸っ娘と分かっていれば
    ,、`--' /          /        ノ     ` ⌒´  \
    ヽ ̄ ̄  !-~`-_,-‐‐-、/‐-、-‐‐-、  /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ    何としても西域に行って雌雄を決していたのにッ!
     \   i~ゝ          \   \|    l  ( l / / / l  j

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

15スレ目
2 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/17(土) 22:11:48 ID:KOdNEC6Y

                  ∧      ∧
               / ̄ ̄\  / ̄ ̄\
               .∧マニ=    マ三ミ    マ.             ,.。c癸o。、
          / ̄ ̄\三Ξ.   }三ミ      .}         ,ィfCY}_U_{ Y癶。
.          `マ       マ ̄`  ,ム         ,从.         }iィ7´ // |l`l トl{
.          ∧. ///  }___/  \__,ィilΤl|「\.     / // // /jハlヽl ハ
.      / ̄ ̄\f//   .ム∨    聿 ∨ l|│l||.  マ.    | li 7ァz/ jレ斗 | |l|      それは血が騒ぐのう、わが夫よ。
.     `マ       マ__/        圭   {       }     ,l l|fTtぅ / ,ィテラl| |l|
     {   // ,   .}V 聿      圭  ,ム      ム     { | l|   i    | | |
    ∧ /// /   ム  圭       圭.    \__,ィil\    l l| lト、  --‐  ,イl |│     ならば私も供をしたかったな。
  / ̄ ̄\{l___/     圭     圭    ,il|{マ ∨│l |  マ  .| l| l| l\__, イ|│ | l|__
`マ       マ´        芋.    干   ,i|{ {       }.  j l| l|/{__  __ノ::| |/  ヽ
 {   //,  .}          干     T   ,il|{ ム      ,ム , <| l|:i::::ヘ._ /:::::l| l|:!    ‘,
, ム ∧///  ,ム}li、       T       ,i|{  /\_l_|l/ ./   | l:::i::::::::\::::::::l| l|:l __   ‘,__
/ ̄ ̄\ /  `}li、            ,il´ マ      リj  /  _ j/:´/`ヽ:i::/:ハ.l|::ヽ∧rufくノ
      マ´   `}li、                   {       fメ、 /V/:::::i::::::::i:、::::::::::jヽ::/ くf´::::∧
  // /,  }      `}li、           ,il{ム.    /:::ヽ}ュ'/ |l、:::::l::::::ノ:::ヽ::::/:::::∧ l |∨::::∧
.  | | l  ,ム|li,     `}li、          ,il{マ  \|_/:::::::/// ∧!::ヽ:}::´::ニ二:ノ:::::::i } l | ‘;::::::∧
\∧l l{/   `|li,、   l              {   /:::::::/ // / |∨ニヽ:::‐=:::/:::::::::| ノ | |  V:::::∧
  ̄ ̄\     `|li,、              ,<:::::::/  // / l |,」___::::::::::/:::::::::::|___」 L... }_:::::::∧
      マ                     ,<::::::::::>'く    // /|l l〈//7ヽ::「 ̄:: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      }|||llliii++       r‐---<:::::::::::> ‘    マ  | i | |l |{f`ーく_fn,ノ------┬┬r一……ニ´
  |l |l i ム         /`ヽ.__  }>' {         }  |ハ.∧!ヽ{h}/::::::{h}:::::::::::::::::/∨/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが
   寛大な目で見ていただければ幸いです。

   というか歴史モノをガチで書いてくと。
   直訳文はめっさ長いし、用語とか分からん人おいてけぼりになるからじゃよー。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/17(土) 22:13:09 ID:KOdNEC6Y

  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:. ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ     私も……。 まず、やる夫から倒す。
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」 ',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|                       , - i…、
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ                   _, -‐'´ _, -'=、ハ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′                 _/ _, -‐ '´ _/_ /',. ',
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ                 /_∧:=、 -‐' ´/  ;ヘ ', ヘ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′                  ゝ__/_,ノ ) ,'   , ヘ '., ヘ
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、                  //   ̄ _,,.. '  ,   ;   ヘ ヽヘ
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧               ∠‐'´_, -‐' ´ _, - ':;  ̄`ハ   ヘ ヽヘ,
            /′ /三ミ 、///     ヽ           _, イ  / _, - '´   ,    ; ヘ,   ヘ, V
         / .′ /   `y ´      ヘ.     _. _, -‐'´ |l-‐イ‐'´     _, -'´ ̄ `i、 ヘ,   ヘ;'
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ , -, イ>f´|      ヽj ./   _, -'ニ´- '7二¬ハ  ヘ   ;
          /  .|  |  /      ,.'´   ヒj/77i-イ   、、   _, -‐ オ ‐_'´- ´    ,    7  ヘ.  ',  ;
       ,.'   l  | ./    /      { l | 〈´\  ヽ >' ´    |‐'´        _,_   ;'    ヘ   V
.       /    '、  ! /    .イ   _, =‐'´ハヽ\_、__,>' ´      f     _, -‐'´ /    ̄l\,   ヘ, ;
     /       \l/ ィ´ ./- '´ _, ;=ニヽ 丶___/      f _, - '´    /    l  ヽ    V
   _, ‐ニ>、 ヘ  / _ヽ_, -'  _, -‐ '  / 丶三三三/     , =' '         /     l   ヽ.  ;
. _ :-' /_./__|ヽV-‐f´ 〈_, -‐i   !  /       ノ     /      _,. -‐ '‐- ,._.  !     ヽ ;
/_, -'´i 「'‐ '´ _,. ゝ- ' !l /    !         /     :/ _,  - ' ´......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
! ! ', ヘ |_, -  / / /  |.l/    ゝ       /      ir´,  , - '´          :::::::::::::::::::::::::::::

1スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1277130967/l50
2スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279345668/l50
3スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281771909/
4スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284121213/
5スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286635708/
6スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289398866/l50
7スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293885649/
5 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/17(土) 22:15:12 ID:KOdNEC6Y


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \   じょ、冗談だおー…。
   |  U    (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く    では次から、前スレからの続きだお。
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ

8スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1295782093/
9スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1297432700/
10スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1299757650/
11スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1303700393/
12スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1305724527/
13スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1308758552/
14スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1312726798/l50

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第27話。の続きです。

809 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/17(土) 19:29:27 ID:KOdNEC6Y


本日20:00ころ、投下します。

裸が文化の国が出ますので、注意。 鬱展開なのは今回も相変わらず。

                /⌒ヽ     /⌒ .
             ,ー.i    i    ,′  .i
            /  .|    |    |   .|
            |   .!    {    !    |
        ⌒   }   !    i    }   .|
        ′ ) ′   |    i   }    .i
        i   | {    }  _ゝ.,ー── 、{_      /⌒7
        }   j .i  _, ー⌒まだ  ひな た  `ヽ、  /   /
       i    >´´ は か_/`ヽ. /    、 ヾヽ |/  {
       !  /  C/`ヽ"" r`ヽ. ) ´......   .. ヽ |)/   .′
        〉/5´ ( /● _●  | ::::::  ___,ー、 ソ/     !
       // ::   `~!⊃、人 , ソ  rーー─⌒`ヽ     |
       .{ノ .:     ` ーー   {ノノ´  , - _´      /
       | |゙::         _ ─-(/  /   `ヽ   /
       | !   _   /´    ノ } /         /
       |   , r_二Z、:::........::::::::::イ)ノ         /
       .{  r/  ノ⌒\;;;;ー─ ´          /
       \ ({  イ:::     \:::::/        /
         `ーハ::::                /
810 名前:名無しのやる夫だお :2011/09/17(土) 19:41:35 ID:gNxLqz02

全裸待機開始!
歴史系が被ったかー…
811 名前:名無しのやる夫だお :2011/09/17(土) 19:41:51 ID:gNxLqz02
と思ったらもう一つのは明日だったw
812 名前:名無しのやる夫だお :2011/09/17(土) 19:45:58 ID:54Ln584g
お、今日か
813 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/17(土) 20:07:08 ID:KOdNEC6Y

投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第28話 ―班超伝― 


                        ` ̄\ ヾ`ヽ
                             ヽ ヾ::::::ゞヽ、
                              `ヽ ヾ:::::ヽ\
                                `) |::::::::::ヽ\
                                 | |::::::::::::ヽヽ
                                  │|::::::::::::ヾ ヽ      むーん。
                                  │|:::::::::::::::ヾヽ
                                  ノ ソ::::::::::::::::ヾヽ
                                 ノ ノ:::::::::::::::::::ゞゝ     裸が文化のクシャーナへ、
                                丿 月:::::::::::::::::::》 )
                               / 月::::::::::::::::::::::) |      ようこそ♪
                               |  |:::::::::::::::::::::::::ソ |
                            __/ 〆( ):::::::::::::::ア丿
                           \ <:::::::::::::::::::::::::::::::アノ
                            <ノ::::::::::::::::::::::::::::ソ ノ
             _,              ノ二ニク::::::::::::::::ソ ノ        インドは後に
            \ヽ____々-~ノ::::::::::::::::::::::::::ア ノ
              `\ヾ=======:::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ |         性の指南書『カーマ・スートラ』を
                 \ヾ::::::::::::::::::::彡彡ゞゞ:::::::::::| 「ヾ,,, 
  》》                ~~~ー---ー~~~~"|:::::::::::ゞノノ)∥\,,,      生むだけあって、中原の民より
  ミミ               ,,,,...-〆"  / /:|/::::::::ノゞ〆|:::|::,,   \,,,,
  [::::ゝ            「     ,,...⊿ /:::::::/~|;;:::::::::| |:::||::::ゞ,,,   \,,, 解放的だよ。
  「|=|:::ゝ           | || ,,..彳:::::://:::/=| |:| |/|:::::::::::::| |:::::::::ゞ,,,   ヽ..,
::(~):::::::::ヾヽ         | |::| |::::::::::::〈〈::::::| |:||:/《 〈:::::::::::::| |::::::::::::::::》 丿\、
 | ゞ::::::::::〉〉         | |:::| ゞ::::::::ゝゞ::::||( 》 |::ソ:::::::::::::ノ|::::::::::::::::/ /::::ゝ.,,,,二~)
814 名前:名無しのやる夫だお :2011/09/17(土) 20:07:28 ID:gNxLqz02
怖い…怖すぎる
815 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/17(土) 20:07:52 ID:KOdNEC6Y


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

やる夫之書 様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第28話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第27話。

2011.12.11 (Sun.)
517 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/03(土) 21:59:07 ID:TBJ4zX5M
このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第27話 ―班超伝― 

                             ____
                          , -'            ``ヽ、
                        , イ     , ィ三ヨハ、:::::::::::::::` 、
                      /        メ圭彡=ミ圭',::::::::::::::::ヽ、
                     ∠        _圭双; 0 ,j圭i!:::::::::::::::::::::ヽ
                    〃       ヘ .',...::::::圭ミョ彡彳¨  ...,-、::::::::ヘ,
                      / 7彡圭圭、 .ハ ヘ::::::::::::〃,, ≠;  ::::::ヽ='   :ハ
                  7 ::圭彡=ミ圭〉 :', ヽ="、::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;::::::::oハ
                   i i! :圭,' 0 ,j豕  7_ i;:::>、 ヽ,:::::::::::::...  7::::::)    i
                      iヽ ヤミテ彡'".::i i:illlヤヽ":::::::::>'";;;;-メ,  ,,  ≠ .i
                       i〃ヽ フ  :::::::::::::ヽ::::::::::::::::イ, -'" j-'";;;:i  ,-、  ,Oi
                       |  7〃.:::::::::::::::::::::::::,.ィ'">i'",,ノ='"ヽ¨`i7   。   7
                      ', .,'  0::::::::::::::::::イ;-ヽ, ノヽ,,,,-'"三彡'"        :7
                       ',  o :::::::::::::┌ヽ,,,ノヘ,,イ彡彳 ̄     ◯    7
                   ヘ   (::::::):::::::::ヾ⌒ヽイ∠ o     -==     /
                    \ ...:::::::::::::::::::::ゝイ:::::::::.....         °  /
                     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::'"   〈〉     〃
                       丶、::::::::::::::::::::::....°  o    o ,/
                           >、::::::::::::::.....       ,x<
                                `''ー-------‐'"´
518 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/09/03(土) 22:01:06 ID:TBJ4zX5M


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

やる夫之書 様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/
521 名前:名無しのやる夫だお :2011/09/03(土) 22:03:56 ID:kdXER1Mo
キター

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第26話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第27話。”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。