2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:中村紀洋 の記事一覧

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編

2012.05.05 (Sat.)
439 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:04:46.76 ID:lKKuw/so

      |┃
      |┃
      |┃ ,.:''::´:: ̄::`:::.、
      |┃,':; '´T 丁l `ヽ:ヽ
      |┃/l |l ト、 l Nトl`iハ
      |┃|l kノノヽノ`ヽリil l|
───|┃l lK ◯   ◯ ソイ|      改めて作者から新年のご挨拶を申し上げるわぁん。
      |┃.l ぃ  ,-┐ ,从!|⌒)
      |┃、 トゝ、 ニ イ ト/f:シ     今年も読者の皆さんのご健康とご多幸をお祈りしているわ。
      (⌒ヽ::.{l {薔 l}::.::.::/
      |┃シ:.::.゙===".::.::./       そんなわけで今年一発目の投下を始めるんだけど……
      |┃::.::.::./\::.::.〈
      |┃::./><\::.::\
      |┃/~~~~~~.>\;/
      |┃     (__@
440 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:05:26.55 ID:lKKuw/so

     |   _,, _
     |-''´ゞ{薔}ンy、
     |:;.- ―― - 、:\
     |          \:ヽ
     | i  ,,     ,  `,,!
     |、i^V1  ノl/| / ト、
     | ◯ !/ ,ノー!,イ  ト ィ
     |      ◯l'// ,i!レ′       ……実は今回、描く事が多いおかげで内容が長すぎるから、
     |u 、__   i/ '/  _,__,     .前後編に分ける事にしたのよ。
     |-、_ ` ´  ,.ィ' //―'":::::;ノ-―ァ
     |::トvriニ「:´ン///::::::::::::::>―'''   .二宮の変の内容がいまいち掴みきれなくて、
      j-、{薇}/::/::レ':::::::::::::::::\__    呉に手を出すんじゃなかったなんて作者は思ってるそうよ。
     { ! ノ:::::!:::::;ト- 、‐------'"´
     |ヽ/<`r‐fr´ll   \        .そうは言ってもこのあたりやらないと、
     |::r( ,)( .ハ_jj i    !        三国志の後半やる意味がないから困るのよねぇ
     |:::ヾ〈〈〈ノ:\\! .トト|
     |::::::::~::~::::::::::\ヽ! ! l
     |:::::A:::::::::::::\::ヾ:、
     |::/><\::::::::|:::\::>ヽ,
     |'_><_,!::::::|i  、\::ヾ!、
441 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:06:13.79 ID:lKKuw/so

  |   _,.,-r''fi,ッ、_
  |-''´:::::ゞゝ,iソノ,=ッ、.
  |::::__:tr-、r--、,:::::::::::ヽ
  |r'`´       `'''r、:::\
  |            '\:ヽ
  |   i  ,,         `,,|
  |. /! /|    /|/|  ,  ト、
  |ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
  |、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
  |  ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!
  |"           ̄/./ ,,,/i!レ'
  |         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆  それじゃあ前口上は終わりにして始めましょうか?
  |\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
  |::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆   「やる夫が正史を書くようです」第二十五回前編、スタートよぉ
  |,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
  |.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
  |Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆
  |:::::::|}〉 〈匂〉 〈{|::::::!::/::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
  |丶 ;;タrnnnnrタ;;ノ/:::::::;/ヽ,,
  |ソ::::::::::::::::::::::ヽヽ | !  ̄ i    !
  |\:::::::::::::::::::::, ヘ. N    l 、 |
  |::::::::::::::::::::::::::::::\.\|  |ヽ|ヽ!
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,\| i! |
  |::::::::::::::∧:::::::::\::::::::\,,
  |:::::::::::/,><\::::::::!\::::\\
  |:::::::::/,><,,\:::|,, \:::::>,.ヽ,
  |:::::::/,,,><,,,__.|:::|!  、\::::\,!.
  |::::/'' ー-、,,,__ノ|:ノ ,,  ゝ\::::::ヽ

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編の続きです。

442 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:07:31.65 ID:lKKuw/so
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
443 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:08:57.93 ID:lKKuw/so
【前回のあらすじ】

                                      _, -‐  ̄ ヽ
                  , 」 ̄{_「 ̄}__,へ,x '.  ̄二ニ≠ '´xy __,. -一く
               __   /            ̄Z ̄xxXX >  ´ ̄ ̄  ̄
          /: :二>'                L> ´   _
     _    (: : : :{_」 _, =ー-,ィへ,}:!_         ヽ     (: { ̄
   /   \   ヽ; : /  ̄と_ム_{;(、`ー - 、  ノ  [ 、__ _):ヽ
  /  ,j!、 >x、_};!/ .}{≧_≦}{  );!`ーァ  ノ   __」: : : : : : :,ノ
.≦   /  \,   〃  >' __ ヽ、 〃⌒ヾ  />一7: : ; '  ̄ ̄
「`ー-vヘ: : : :く  .{:(  /   `´ ィぇ〈:{.    イ: : : : : l : /
レ》),ヘ.〉 ):,-一ヽ_ハv从{:i!:}〃ノ}ゆ{)トハ____,!:ヽ: : : :.l:.:{_ ___
~~じ' /:/: :/: : : :}!:ソ:/:1i!;/:1: :ゞツイ: :ハ: : :ノ: l: : : :∨: : : : : `ヽ
  , :´: :,': : i{: : : : /: : :,!: :!レ: :イ;/:/: : /: ノ:<: :く: : : : : } ̄, こ }: :.!
 {: : : :.l : : : <: :l :{fy): : : : /:/: : :{fy):.{: : : :ヾ :`; : :.ノ  `ー一′
 ヽ: : : ゝ: - :、:ヽ!: : ゝ: :ヾ: l: : : : :_: : : : :ヽ: : :ノ: /: :, '
   ーy: : : ノ: :.i :.}: : : : : : : : : ;./: : : : : : : }!:j: : l: :/
    /: : :,': : : :!;ム; 一1: : : : :{ : : : : : : : : ノ:ノ: :,'ノ
   ,: : : :l : ://: : : : : ゝ: : : : ヽ: :_:_: : :/: : /
  .l: : : : ∨  !: : : : ; -― ャ: : 7´  ヽ: : : :.(_
   \: : :.{_.ノ: : /     }:./    }: : :): : :ヽ
    >: : : :_:_ノ   ___ノ/     ノ:./: : : :.ノ
   //  ̄        ̄      /:/  ̄ ̄
   l{_ _)!             l:.{__,
     ̄                ̄
       呉 丞相 陸遜(字:伯言)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .呉の丞相陸遜が死んだ
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
444 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:09:30.54 ID:lKKuw/so

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       二宮の変ですか。
.  |         }
.  ヽ        }        .そういえば、魏の正始年間は二宮の変の真っ只中でしたね
   ヽ     ノ        .
   .>    <
   |     |
    |     |
                                                  /  ̄ ̄ \
                                                 /ノ  ヽ__   \
                                               /(―)  (― )   \
                                               |.  (_人_)   u |
                                                    \   `⌒ ´     ,/
     とうとう陸遜まで逝っちまったのかお……                  /         ヽ
                                               ./ l   ,/  /   i
                                               (_)   (__ ノ     l
                                               /  /   ___ ,ノ
                                               !、___!、_____つ
445 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:10:35.07 ID:lKKuw/so

      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ     ところで二人は、二宮の変についてどの程度知っているのだろうか?
        `ヘ:ゝ   _     小/        
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |
                                      / ̄ ̄\
                                    /       \        ___
                                    |::::::        |     /     \
  孫権の息子二人が喧嘩して、                |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
  結局共倒れになったぐらいは知ってるお。         .|::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
                                   .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
  後、陸遜が巻き添え喰らって憤死したとか……      ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /:::::::::::: く    | |         |  |
      呉から降ってきた人たちから、     -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
      だいたいの経過は聞いていますが……        .|:::::::::::::::|ヽ、二⌒
446 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:11:24.36 ID:lKKuw/so

                                      / ̄ ̄\
                                    / ⌒  ⌒\      ____
                                    |::::::(●)(●) |   /      \
                              .      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \
                                     |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
   ま、いずれにせよ詳しい事は……(×2)          |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
                              .       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /ヽ三\´     | |          |  |
                              -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ    今回の話を始めるにあたり、どこから始めるか悩んだ。
       ヘ!:|         ノ!/
        ヾ!>ー-   -- <イリ      その様子なら、五丈原以降から語った方がいいかもしれない
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´
447 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:12:42.04 ID:lKKuw/so

          l: :   i :  :     :. :.  :. 、  :. :.  }∧ \
           l  :  .: l {  _|、   :  :. _、 -: ._  :. :  :ハ:ト\
          j  {  :i l_ ィ ´:.「ヽ  |l  :.、:. }lハ `  !| ハ 、
          / i :.  :.|ハ|ヽリ_ ヽ {ヽト、}ヾソ_Ⅵ |l / ト、\
       //!  :. :.∧ ィr'笊ト、 \  イr'/;仆j:|∨レ i | `    
        / |i ヽ 、:ゝ{c//j        ∨//ソ//:/: i.:从    私は昔呉に住んでいた事がある。
            Ⅵ、 : \`:,,, ′        `,,,´/ / :i |ハ{      .
              |l ヽ| :.` .\     ′    / :/ハ ハ|      今回はその時の見聞を基にして話を進めていこう
              j:、:. \     ‘`     ィ7/ リ′
                  \ ト、> :. _  _. :イ:/}/、:{
               ヾ リヽN      K j/ `
                 `,.ィ´ノ   ;' ∨\
                  _ _/ : /' _   { _゙}: : ` : . ._              / ̄ ̄\
         , :-r<: : : : : : :{  _ 二 ..__//:j: : : : : : : >- 、         /       \ ____ ヒソヒソ
                                           |:::::       |/      \
                                          . |:::::::::     |:⌒  ⌒   \
                                            |::::::::::::::::    |●) (●)    \
        (今さらだけど、長門さんって年いくつだお?)        |:::::::::::::::    |::(__人__)      |
                                          .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
             (気にしちゃいけません。常識的に考えて)      ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
                                            (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
                                     -―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
                                              |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が正史を書くようです 第六回

2012.03.02 (Fri.)
241 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:17:51 ID:R0+0uBe9

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ     
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       「やる夫が正史を書くようです」の第六回をお届けするのですぅ。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      呉編の後編は夷陵直後~蜀の滅亡の頃までですぅ…… 
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     でも、最後の方が比較的飛び飛びになってるのは勘弁してくれです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |     いつもどおり、基本的に>>1は投下中反応しないですし、
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     表現上の不備は孔明の罠と思って嘲笑ってスルーしてやるですぅ。
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ    
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |     それじゃ、始めるのです
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

やる夫が正史を書くようです 第五回の続きです。

242 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:18:56 ID:R0+0uBe9
【紀元225年10月 徐州 広陵】
          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ       私は今、長江の北岸にある広陵にいる。
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j      この年、魏の皇帝曹丕は十数万の大軍を率いて、
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{        通算三度目(222年~223年、224年、今回)となる
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ       呉への遠征を敢行した。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,       ちなみに、曹丕は224年と今回の遠征で洛陽を出発し、  
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/       水軍を用いて広陵まで到達している。
       r=<    V三|:::::::::| |/:/        
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、       中原から水路を使って長江へ出ることは不可能ではなかったのだ。
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /       曹操が主に合肥から濡須へ到達する陸路で長江に出ようとしたのに対し、  
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ       曹丕は直接水路を用いることで、広陵という建業の目と鼻の先に出現した。
       `、   ヽ \.>j    ハ│       

243 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:19:35 ID:R0+0uBe9
                                 広陵  `ヽ
                                `´○     `ヽ、,
                      合肥      ,-、 ,-‐‐、      `i,
                       ○     /´○ ~   ヽ,-‐‐-、  _,、`ヽ,
                       ,-,_, 、,  /´建業  ,、 ,、    `く,!~`=,-`
                       `ヽ‐´× i   ,~ノ  ~´‐,‐~=, ○ ヽ`ヽ,~!
                         ,、,i`~   ゚o    (,  {,_呉     ヽ,
                        _,| ↑          `‐´~    ,--`
        ,/ヽ‐i,_          _,i‐´~ 濡須              ,-‐´
      ,、/ ◎ ~!,_        i´                ,=,‐-´,--、
     _,,-` 武昌  ヽ,_     _,‐´                  `~´   ヽ,_,__
‐ッ  ,/          ~‐-´`´                           ,/
 "‐´                                        i=~‐
          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ      
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j      
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{        呉の防衛網は、どちらかといえば北西から来る敵に備えられている。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ       ところが敵は搦め手といえる広陵に出現したのだ。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,       224年の時は、想定外の事態に建業の民が激しく動揺した。  
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/      
       r=<    V三|:::::::::| |/:/       当時、陸遜は荊州にいたが、呉の将は彼だけではない 
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、       
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /         
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ      
       `、   ヽ \.>j    ハ│  
244 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:20:15 ID:R0+0uBe9
【紀元224年9月 揚州 建業】
     /:./.:::. :.:i.: :.:.:ハ:.:.:| !:.ト、:ヽ:.:.:.  :.:.:ハ.:.:i:.:.:i:: :ト:.: :.:.:',  ヽ!
     i:.:|.:.:i.:. :.:i:.:.:.:.:i  ';::.| ';.:!ヘ:.:ヽ:.:..: :.:.:i .l:.::!::::i:. :.:.iヽ:.:.:!:|   !
     |:.|:.:ハ:.::.:.i:.:.:.:.i_,.-弋!'"\゙、\ヽ:.::.::./`メ/!:.:i:.: :.::| i:.:.::|
     |::| l ::!:.:.:i:.:.:.:.|_____-\-- ヽ、 ` }:::.ノ-/-ノイ'|:.:.:.:ノ .}:.:.|
     | iヽ ::ト.├、:.:.i ̄i;;:} ̄ ̄     レ' I;:! ̄イi:.l:.:.::/  ノ:./    あんたたち、動揺しすぎよ……
    //  ::{入Y:\゙、、″ _ノ     ヽ ″ ノ レ'.:ノ  //
    //::  ::\ヾっ ヽ  ̄          ̄  ル'i /'"      長江の岸沿いにハリボテでいいから城壁作っときなさい。
   //!:  :.:.:i::.:`ー弋           ゝ   ハ:|
   // | : ::.:i:.:.:.:i:.:.:.::ヽ      ヽ_;フ   , イ i ハ|        あと、魏軍に見破られないように長江にうちの船並べなさい
  // | :::.:.:.i:.:.:.:i:.:.::.:.:.|\        ,イ:.:i.:. i ハ
  //  |:.:.:.:.:i.::..:.:i:.:.:.:.::.|  `  、 __, ィ:.i:.:.:i:.:.:i:.: iハ        そうすりゃ、敵さん腰抜かして帰ってくわw
 ,' {   |:.:.:.:.:i:.:.:.::i:.:.:.:r'ノ       |ヽ、::i:.:.:i:.:.:i:.::. ハ

                 ,. -──-- 、_
        ヾ=、ニr‐`ニ=-、__      `丶、
       ,.-‐ニ'/シ'ヽン  ,.--='、         ヽ
      "´´,.-// / ノ  ,. -、ソ          ヽ
     ,.='-‐ク '     ,./              i
        ,.'イ     ィ;'"_  (、`ー、_       i
      /' |     _ノヾ、 ̄ヽ`ヽ、ヾ、 `ヽ ヽ  |
          ,!    -‐/(、´゙`ヾ、'!|、ヽ、 ヾヽヽ'、 ,i  ',
        !     l r_;'-くヽ ヾ!ヾ.!   `ト、i'リ、i i、ヽ        徐盛、そんな策が成功するわけないだろ……
       ,. -|    |/ヾi-、_``ヾ ゙     | `ソノ`、 ヽ丶
       |`'''''──-'"| ' ノヽ       | ./'  ヾ 、ヽ
      !ー--- 、._ィ、 ヽ ' 、      | / \ 、ヽ`ヾ
    ,.-' ト-- 、._     |,>、 '==:、_      ヽっ、/゙ヾ`、
   ,',......イ、_   ``''''"| ,. '>、__,.-ヾ    ,/ 〉、丶、 ``丶- 、、_
  //  ,イ   `丶--‐'イ'/    ,〉'、 ,/ / ,i `丶、``ヽ-''"´``ヽ
. / ,/  / !        |! ',   /_,.-" ,/ ,/ ,〉  / /... -t‐‐'"ヽヽ
/, イ  ハ|         |l ; :.  ヽ__,.-' ,/ /ヽ. / /'i   |   ヽヽ
245 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:21:32 ID:R0+0uBe9
【数日後 徐州 広陵】
.           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             l ̄ ̄「丁| ̄ ̄ ̄「 ̄「 ̄ ̄「 ̄|
             |    |'"´|   | | | |  !  | l |
             | | _j_  !||| | | |,.斗l-.| l |
             | | | ,>=ミ.|| |/x=ゥrミ._| l |!       長江の向こうに城壁が……?
             | | イイf:久l`Nヽ| イ心イ} ヽ| l |l
             | | |┴゙ー゙     `'ー゙┴ ,゙| l | !       あんなのいつのまに出来たのよ!?
             | | |       ,      / | l ||
             | | |\     ー-   /!l | l | !      呉にもいい人材がいるのね。
             | | | j,>,、    ,.イ__j_l」 | l |  !
             | | |´〈 __,L..`二´__,L._>`| l |   !     攻撃も難しいでしょうし、撤退するわ!!
.        _,. -―┴1  !  |     ヽ⌒l  ヽ | l ト、_ |
     _/ {  、  | | |    \l.   | | l |  \_
      ト、  ヽ、 \_ | |、|      、 ヽ   | | l |     人
   /.:.:ヽ、    | | |       l     | | l |   /.:.:.:\
  /.:.:.:.:.:.:.: \   | |`'┤       l     | | l | /.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
246 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:22:05 ID:R0+0uBe9
     /:./.:::. :.:i.: :.:.:ハ:.:.:| !:.ト、:ヽ:.:.:.  :.:.:ハ.:.:i:.:.:i:: :ト:.: :.:.:',  ヽ!
     i:.:|.:.:i.:. :.:i:.:.:.:.:i  ';::.| ';.:!ヘ:.:ヽ:.:..: :.:.:i .l:.::!::::i:. :.:.iヽ:.:.:!:|   !
     |:.|:.:ハ:.::.:.i:.:.:.:.i_,.-弋!'"\゙、\ヽ:.::.::./`メ/!:.:i:.: :.::| i:.:.::|
     |::| l ::!:.:.:i:.:.:.:.|_____-\-- ヽ、 ` }:::.ノ-/-ノイ'|:.:.:.:ノ .}:.:.|
     | iヽ ::ト.├、:.:.i ̄i;;:} ̄ ̄     レ' I;:! ̄イi:.l:.:.::/  ノ:./    成功したわよ……
    //  ::{入Y:\゙、、″ _ノ     ヽ ″ ノ レ'.:ノ  //
    //::  ::\ヾっ ヽ  ̄          ̄  ル'i /'"      魏の連中、まんまと引っかかったわw
   //!:  :.:.:i::.:`ー弋           ゝ   ハ:|
   // | : ::.:i:.:.:.:i:.:.:.::ヽ      ヽ_;フ   , イ i ハ|        
  // | :::.:.:.i:.:.:.:i:.:.::.:.:.|\        ,イ:.:i.:. i ハ
  //  |:.:.:.:.:i.::..:.:i:.:.:.:.::.|  `  、 __, ィ:.i:.:.:i:.:.:i:.: iハ
 ,' {   |:.:.:.:.:i:.:.:.::i:.:.:.:r'ノ       |ヽ、::i:.:.:i:.:.:i:.::. ハ

                 ,. -──-- 、_
        ヾ=、ニr‐`ニ=-、__      `丶、
       ,.-‐ニ'/シ'ヽン  ,.--='、         ヽ
      "´´,.-// / ノ  ,. -、ソ          ヽ
     ,.='-‐ク '     ,./              i
        ,.'イ     ィ;'"_  (、`ー、_       i
      /' |     _ノヾ、 ̄ヽ`ヽ、ヾ、 `ヽ ヽ  |
          ,!    -‐/(、´゙`ヾ、'!|、ヽ、 ヾヽヽ'、 ,i  ',
        !     l r_;'-くヽ ヾ!ヾ.!   `ト、i'リ、i i、ヽ        すいませんでした……
       ,. -|    |/ヾi-、_``ヾ ゙     | `ソノ`、 ヽ丶
       |`'''''──-'"| ' ノヽ       | ./'  ヾ 、ヽ
      !ー--- 、._ィ、 ヽ ' 、      | / \ 、ヽ`ヾ
    ,.-' ト-- 、._     |,>、 '==:、_      ヽっ、/゙ヾ`、
   ,',......イ、_   ``''''"| ,. '>、__,.-ヾ    ,/ 〉、丶、 ``丶- 、、_
  //  ,イ   `丶--‐'イ'/    ,〉'、 ,/ / ,i `丶、``ヽ-''"´``ヽ
. / ,/  / !        |! ',   /_,.-" ,/ ,/ ,〉  / /... -t‐‐'"ヽヽ
247 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:22:37 ID:R0+0uBe9
【紀元225年10月 徐州 広陵】
          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ      
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j     この時の魏軍はあっさり撤退したが、曹丕は孫権の不誠実な外交姿勢を 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{       嫌っていたのか、一年後の今、再び広陵まで親征して来た。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ      しかし、広陵まで来た魏軍と私の前には異様な光景が広がっている。   
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\      
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,                長江へ出る水路が凍っているのだ   
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/     
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      そのため魏軍は立ち往生してしまい、結局撤退せざるを得なくなった 
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、        
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /         
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ      
       `、   ヽ \.>j    ハ│  
248 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:25:18 ID:R0+0uBe9
.           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             l ̄ ̄「丁| ̄ ̄ ̄「 ̄「 ̄ ̄「 ̄|
             |    |'"´|   | | | |  !  | l |
             | | _j_  !||| | | |,.斗l-.| l |
             | | | ,>=ミ.|| |/x=ゥrミ._| l |!       長江が中華の大地を分断してるみたいに思えるわ……
             | | イイf:久l`Nヽ| イ心イ} ヽ| l |l
             | | |┴゙ー゙     `'ー゙┴ ,゙| l | !      
             | | |       ,      / | l ||
             | | |\     ー-   /!l | l | !      
             | | | j,>,、    ,.イ__j_l」 | l |  !
             | | |´〈 __,L..`二´__,L._>`| l |   !     
.        _,. -―┴1  !  |     ヽ⌒l  ヽ | l ト、_ |
     _/ {  、  | | |    \l.   | | l |  \_
      ト、  ヽ、 \_ | |、|      、 ヽ   | | l |     人
   /.:.:ヽ、    | | |       l     | | l |   /.:.:.:\
  /.:.:.:.:.:.:.: \   | |`'┤       l     | | l | /.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
249 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:25:53 ID:R0+0uBe9

            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |    このことは曹丕の伝、『文帝紀』に記録されており、
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |    私が冗談を言っているわけではない。  
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |      
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !    「寒さが厳しく、水路は凍結し、船を長江に入れることができなかった」
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'    
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /     冬に入ったばかりとはいえ、この地域の河川が凍ってしまうのは   
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /      不思議な現象だ。しかし、後世の研究により、この現象に対する
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/       解答が出ている。  
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/        
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/         「後漢末から魏晋南北朝期にかけての中国は寒冷期だった」  
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ         
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、   
           ノー--―r--  -'ア´        ト  
250 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:26:43 ID:R0+0uBe9

         , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ      
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j      これは魏晋南北朝期を考える上で色々な意味で重要なポイント。
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{        寒冷期になれば、農業生産が厳しくなり、軍隊の維持も大変になる。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ       必然的に大規模な軍編成や長期戦を行うことが困難になってくる。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,       曹操は、そのようなことを意識したのか、以前は辺境地帯でしか実施されて 
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/       いなかった屯田を中原各地で積極的に行い食糧を集め、長期に渡る
       r=<    V三|:::::::::| |/:/       軍事活動を可能にした。
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、        
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /       ちなみに、蜀でも呉でも、魏に比べれば小規模ではあるにせよ、  
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ       屯田は行われている。
       `、   ヽ \.>j    ハ│      

“やる夫が正史を書くようです 第六回”の続きを読む

やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第10章「『男らしく』がアブナイ」

2010.03.23 (Tue.)

毎度のお願いとなりますが、支援絵がこちらでは補足できておりません。お持ちの方がいらっしゃいましたら、是非当ブログまでご連絡ください。

99 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/02(木) 11:18:14.56 ID:QUTMdvQo
http://uproda11.2ch-library.com/169158O3k/11169158.jpg
あの名場面をもう一度!
・・・・・・アシュレー描けねorz
ペン入れなんてするんじゃなかった(´・ω・`)
101 :1 ◆tFnc9LJloc[sage]:2009/04/02(木) 23:33:41.59 ID:8aHniWYo
>>99
名場面㌧クースッ!
105 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 22:51:13.78 ID:mi5UtFko
               /,イ:. ,: :: ::: :: .:/:: . . :: /:: .:: .: .. : ./ :,: .:.: .l:.:. .l:. .:.:.!:. :.:..: .:.:.:. ...:. ..、:. .:. : :: ::
               (/:. /.:: .. :. ./:. ..: :: :/:. .:: .: : .:: / ./:. ..: ノ . :ノ:.: .:从.: ..、.: .: :: :: .. :l:. ... :. :: :
               /:. /:. .:. .:. . /l. :..: .: /.: .:.. :.. :. .ノ:../:: :: /!::::.イ:. .:./ ヽ:.:. .ヽ:. :.:.: .:. .l.:. :: .:. ..:
              ,イ.: /:..: .:. .:. :.:. l:.: .. :./:.. :.:. .:. .::´. ノ:. .:.,//: .:/!:. ../  ヽ:.: ..\:. :.: .:.|:.:. :: .: ..:   今日も順調、快々適々に投下をするですぅ。
             /:.. /..:. ..:. i:.: .: ..|.:.: . /:.: .:.: .:.:.: ... /ノ:. .://:.. /.ノ:. ./    ヽ:..: ..丶.:. ..|.: .:..: .. :.     本日の夜11時より投下開始予定ですぅ?
             !.: .:l.: .:..: ./.: .:..: 1.:. :.:l:..: .:.. :.: ::.:://:. :://: //::.: /`ー―――、.: ..:: 、l:. .:. .:. :.:.
             |:. .:l:. :.:. ::!:. :.:. .:.l:.: .:..|.: .:. ::.:: .//: : /// ./:. .:/        `ー= .斗:.: .:. .:. :   あとやる夫のゼノギアスと投下がカブってるから
                 !:::. |:. :..: .|:. :.:. .:.l、:.: ..|:..: .. ://::.//"  /:. .:/            フ`:.: .. :.. .    そっちを見るために今日の目欄はsage、またはsagaのみになるです。
                 l:::. .!:.:. .: j.: .: .:.. |.: .: .|.:..://:.,.イ     ./:. /            ノ:.: .: ..:. .:..   レスは投下終了時に適当にするですぅ。
              !.:: |.:. :..: |.:. :. .: .lヽ::. l/?:ィ´.      /:::/  ヘ、       ,、_ /:: .:..: .:.. :....
         .    ∧:.:|、:.: .:.:l:. :.:. :.:.∨ヽl     ,,z   .//    フ`ー=―;;'";;ィ'` /:. :.:.: .:. .:..r::   そうしねーと前スレの>>983へのレスみたく的外れなレスをしちまうですぅ。
              ∧l .l:. :.. l.: .:.:. .:.:.∨ _,..._,.ィ;;ヘ  /     ´  ̄⌒    /:.: .:.: .:: .:.:/.: .    ついでにこの場を借りて>>983へ謝っておくです。
             _.    |:. :.: !、.: .::.: .:.:∨弋‐=‐ '"   ,        /// ./:.: .:. :.. :.イ:. :..
           ,;'"ヽ  ∧:. :.|:. ... :. :.:. :.∨         〈!             /:. :.: .:x:: '"./:. ::/     ほんにスマンです…。今度からちゃんと文章を読んでレスするよう心掛けます…。
          ./  1   .\:!ヽ.: .: .:. :. :. \                 .?:. :. - '"  /.:..':"
          ,f   |       .)`ー=::. :_.: .:. \      _., -一'           ,.イ::'".f      さらについでに言うと酉も最初のレスと
          1   |      r :l  、 テ―‐'                       ,イ        日付が変わってあいでぃーが新しくなった時のレスのみになるですぅ。
          |   :j      l i  _ \ ヽ                        / >     だから本人かどうかはあいでぃーで確認するです。
          |   .l      ヽ ! ー=, .n \                     イ ! /
          |   .|       >  / .l.! \  、                 /  v|      んじゃ、上映までしばし歓談を楽しむですぅ。
       _ l    レ'"ヽ    / l     l!    `  、            ,.イ     .>
     _r'"  ヽ!   / /^l!   .l             l`:::                ,イ
   r'"´7    i!l  イ .k'"1   .ヽ          .  ノ::::_,イl:::: ー=イ´       ./ .)
r'"7  j    y ^  !   l!     >          rf-x'  .lhl ̄ヽ/ \  .   ,/  j
  .i!   !   f    |   1    /            レ' "´ ̄  ̄ィ   j r‐ '"´ .  /
106 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 22:52:19.23 ID:QwTpgOUo
109 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:00:25.41 ID:mi5UtFko
じゃ、始めます
110 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:00:49.10 ID:XJmlmrMo
wktk
111 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:01:13.88 ID:nKzE/J.o
今夜もここにアクセスッ!
112 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:01:18.77 ID:mi5UtFko


          ,==========,.============、
        /  //(゚Д゚,,)// 囗|| 囗  |,-,___\
  _,,...--‐''"二_lコ,,,...-‐'''''"/l__l|l__|___ |
  |oロ| /三三 [ロo]__,.--‐、三 :|\_|l_//;;;;;;;;;;;;l|    
   ニ〈──‐〈コ-'γ::⌒ヽ;\::| / |l\_,/γ⌒ヽ_|
   l; ' `──‐`三l  ※  |;: ├───/;;;;l ※ l         ブロロロロ・・・
   ゞ:ヽ;;;;;;;;;ノ ゞゝ___ノ        ゞ:ゝ_,ノ




     |\_/ ̄ ̄\_/|
     \_|  ▼ ▼|_/   少年達を誘拐した一味がこの先の旧発掘遺跡・・・
      ⊂\  皿 /つ-、   通称『枯れた遺跡』に立てこもっているとの情報を得た。
      ///   /_/:::::/ /
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」    これより、ミッションの最終確認を行うッ!
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------|

113 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:02:16.27 ID:mi5UtFko

            ,.,.,.,.,.,.,.,.,__
           ,,;f::::::::::::::::::::::ヽ
           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,|
           |r-==( 。);( 。)
           ( ヽ  :::__)..:: }    なぁ、おい。
        ,____/ヽ  ー== ;      例の新設特殊部隊の話、聞いたか?
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/          
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /



                 _
            , - '',.ニ -‐- ニ、''ヽ
            / /ィ'´ _, .ィ ,ハ. ヽ. \
         ?_ /',r、‐'  ''´ ⌒\l、 ン
          ,、/`!  ●    ○  lT´
          ヽY'〉 , , , ___ , , ,  l. |
            (`)_}ト、   丶 ,/    ,イ l、    聞いたことあるですぅ。
           r `´ | \  ∨   / |   l、    今回のミッションで活躍次第では入れるんじゃねーですか?
         |    |  l`>-,-<´l  |   l、
         ∧   |   l `7,、ヽ´/ ,/ヽ   l、
        / `` ヽ∟..,ヽ l.l ?-f  `i.  l、
        /      _ト-r'└r{ ,._ヽィ' l.  l、
       /      / 〉  `´ 〈'-/´   l   l、
       /   _, ィ  /     丶ヽ   」   l、

116 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:03:45.14 ID:mi5UtFko


|\_/ ̄ ̄\_/|
\_|  ▼ ▼ |_/
   \  皿 /      そこ!さっきからうるさいぞ!
  (⌒`::::  ⌒ヽ     名を名乗れ、新人!
   ヽ:::: ~~⌒γ⌒)  
    ヽー―'^ー-'
     〉    │


              , -── ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
             / _二二二_  ̄ ` - 、   / /
           /,ィ::::::!ヽ::::::::::ヽ:_;ゝ__ノ ヽ   /
          /ィ'´::|:::::::|  `'ー--=-''丶  ヾ /
         /'::!::::::|::::::ノ  ー-,- '.   !  l/:l     ヘッ!?
        ゝj:::/::::::j:/    (o_゚ノ   !  l: ヽ     す、翠星石ですぅ…。
         j/:::_/..、       / ! ヽ !  l ; ; ヽ
        ?,;;/ (o:゚ノ          /  /\: :\
         ハ / l ヽ   ,、     .. へ /;;;;;;;ヽ: : :\
        / ∧.      | _.ゝ ,,ィ'´ : : : :\;;;;;;;;;ヽ: : : \
.      / /:::::へ      , -,./: : : : : : : ,: \;;;;;;;;|!: : : : \
     / /::::::/;;;;;: `:;> '" /: : : : : : /;;/: : : \;;;i! : : : : : :\



   |\_/ ̄ ̄\_/|
   \_| ▼ ▼ |_/
      \ 皿 /    /つ―┛ ~    現場ではテメーみたいなのが一番危っかしいんだ!
      /    .\  / /
      / i マモノ|\.\/ /         隊の足、引っ張るんじゃねーぞ!
     / / i    | .\__/
     | .| |   /⌒l
   (~(=) ̄.   ノ|  |
    \ < ̄ ̄ |  | ::::::::::
      \ ヽ   (__)::::::::
      (_/::::::::::::::::::::::::::::::
117 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:05:26.14 ID:mi5UtFko

~枯れた遺跡~


            ,.,.,.,.,.,.,.,.,__
           ,,;f::::::::::::::::::::::ヽ
           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,|
           |r-==( 。);( 。)
           ( ヽ  :::__)..:: }     ったく・・・こんな任務は
        ,____/ヽ  ー== ;       渡り鳥の連中に任せときゃいいのにな。
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/          さて、と俺は適当にブラついて時間でも潰しておくぜ。
    / ヽノ  j ,   j |ヽ        
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /



          ,::t./.::::::::::::':::::: ,   i|l , l   トLV┐
        ;::::::::::::::::::;::::::./ /|i :l  l| 、 ヽ└L}|
         i:::::::::::::::::;::::::' / / ,  :l  :|li  ',   |ハ
          l::::::::::;::::::i:::::' .:::::/ .:;' .::i! .:|ル、 l|  lハ     (新設の特殊部隊…かっこいいですぅ…)
          !:;::i::::l:::::::!:::;..::/.::/ /.:/ .::;'ム,V| l ! l| |     (こいつは手柄を独り占めしないといけねーですね…!)
         ,i::::::::::!:::::::::::::: /..:::/.::':: /.::: ィ'゙_ヘ| l.:! /:l !
      /:!::::::::::l::::::::::イ.:::z=ミ:: / :::::: ゞ='/ / /| | :|
        i:.l::::::::::::.',:::::.、:ヽ弋`ソ´.:::..    /イ.:/.: l | :l
      l.:l|:::::::::「::::::::::..丶::::::::..‐'.::::::::._  /ッ----く!_|_
      /.:l|:::::::〈:::::::::::::::::::::::r::..丶::::.__/j .::::::::::::::.´ \
    /i::::l|::::::::::::::::::::::::::::::〈 , ー、:::::::::::::...-‐ ' ::::::::::::::::.イ⌒L ヘ
     l.:l:::li:::::::::::::;:::::::::::::{:::::l} 〈.::r:::::.-‐'´   ヽ:::::/>' -┘-ム
118 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:07:33.75 ID:mi5UtFko


              _ -- 、
     ス        入    _>   、_人__人__人__人__人__,
     タ        /:::/トイ::::|   _)               (_
    タ      /:::/:::|::::|:::::|   _) さあさ、      (_
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|   _) 翠星石の活躍は (_
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l    _) ここからですぅ! (_
      _?ニフ': : : :.',::::::l:::::l   _)              (_
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /


(ガタン!)


          /. .,.ィ.:.::/    .:.:::::::.:.  .l:! 、 .:.:.:::::::::.`、下 .!
            /.:/ .::l:!.:./   .:.:.:.:::::::〃.:/::!::::.:.、 .:.:.:::::::.`、 /
          ./.:/ .::::l:|.:.:.  .:.:.:.:::::::::〃.:/.:::ト、::::.:.ヽ .:.:.::::::::Vヽ
         /.:/ .:.:::::l:|.:.:. .:.:.::::::::://.:/.::::ハト、.:.:::::', .:.:.:::::::!.::.',
        ./.:/ .:.:.::::::i:|.:.:'"´ ̄`>' /.:/.:::/´ ̄`ヽ .:.:l .:.:.:::::!::::::',
       l:::ハ .:.:.:::::::リ.:.:.:.:::::/ ノ.::/.:::/´ ¨`   V:l .:.::::::j:::::::::
       |::| ',.:.:.:::::.ヽ` `Y⌒㍉ /:/ ,. ィ'⌒Y77 リ .:.:.:::/l.:::::::::   って、いきなり落とし穴ですかッ!
       |::|  ト、.:.:::::::.ヽ_ 辷_ソ       辷_ソノ ./ .:.:::/ リ::::::::::
       ヽ! {i \.:.::::V///// i     ///// /.:.::/ リ:::::::::::    あああぁぁぁ…
          {i _」 _ハー--    `        /;:イ   リ.::::::::::::
         {i 下 j} 1.:::ト、   r‐---っ   ノノ_」 _  リ.:::::::::i::::
         {i   j}. \.:.:::>.、  ̄ ̄   ノノ 下 ,.イ|::::::::::|::::
         {i   j}  ,.'´   ``ニニニ"´ノノ   ,.イ:::i:l::::::::::|::::
            {i  jレ' -米‐ 「:に>介フノ_」_  ,..イ.:.:l::::l:l::::::::::|::::
           \〈    ノノl::,.ィイ.:/  下イ .i.::::|::::l:l::::::::::|::::
            ``~~´ ``フ.:::/ ,.'"´    .i.::::|::::l:l::::::::::|::::
                 /::/ ,.'´ ,r‐‐y‐─ ュ、::!::::l:l::::::::::!::::
                 /フ ^Y´ ,.r'".:.:.:.:::::::.:.:.`ヽ\:::l:l::::::::::!::::
119 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:08:20.51 ID:QwTpgOUo
翠なにやってんだ?wwww
120 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:09:23.46 ID:mi5UtFko


<底なし落とし穴でした。>



 ┼ヽ  -|r‐、. レ |
 d⌒) ./| _ノ  __ノ



    終だ   |           ____
    わが   |     , ィ ´ __,.、__ `>、
    ら    |   / __.r‐┘   \ └‐t _ \
    な    | // / //   l  ', 、  \ハ\
    い    / /イ   //  /  l  |  \  ヽ!  \
    !!    /ヾ/   / /.: :  :/  / l |:.:.  ',   V   \
 \___/ハ{{/ / /.:. : : / / / l |\:.:  ',   ',  ,.: 〉
      /    /   l:. リ ノニミミョェ、,,イナェィ彡三ヽ  !イ::/に
       ̄ヾー-|l _ 斗  イエユミ、i/iミィエフシ' j:.:  j l/  や      どうやらおふざけが過ぎたようだ…
         \|:!:. :.:.liヽ   ,,.-‐'/i !`゙゙ー-  iイ.:. /! l  っ
          l|小、:.:.:.ヽl     /; i !、    /.:.: イ } l          本編、開始しますッ!
           l| { ヽ、:.:.:.\   ヾく_ソ    /ィ´_ {!_ l: l
            l|  } _{!下T、   ゙ー_‐--‐ァ'  / /:.  {! }:. ',
            ∥  { {! }:::ヽ:ヽ.  、二二  /::://::.:}   {:.:.  ,
         /'   }  }:::i:::\\       /::://:.::::.{'_{!_/:.:.:  ',
         / /  ト、 {::l.:.::::ヽ\ヽ、__,,ノ ノ/:.:.:.r、} }!/ .:.:.:..  ',
        ,' /  {こ入 { イ ,.‐',二¨T¨二.'‐、  { j/¨ヽ:.:.:.:.. ヽ
       ,' .:'  / _r'_{! ノ { // / ,小.ヽ \ヽ r' |!」 i  l :.:.:.:..  ヽ
        /.:.: r ‥'.ノ ノi { ヽ.二 ィ | {|ト 二.ノ { 〈| ! ヽ V :.:.:..  ヽ
        /.:,:-' /ヽ _/, = , ‐ 、二二二二二 _-- 、{. \ ! ヽ :.:.:.:..  \
121 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:10:52.21 ID:XJmlmrMo
あれ・・・翠星石のワイルドアームズ2ndイグニッションはもう終了?ww
122 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/04/03(金) 23:11:03.76 ID:mi5UtFko
                                        
                               ,-‐==?‐
                     ィ=‐-、__-イ´;:;:;:;:/´
                  ,ム/;:;:;:;:、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                 テ;:;:;:;:;:;:;:;:;:l `ー-=?三三く´
                  };:lヾ、ヽ;:;:;:;:}
                 /;:ク ,=イ;:;:;:;:{
                ノ;:、;:;:ー?ヽ;:;:〈
          第10章『『男らしく』がアブナイ』
               {;:;:;:;:`ヽ ヽ " 弋ァ
               l;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ、 l;:{
               ゝ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\l;:;:l
              \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ、
               ゛ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
                 ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ、
                  l、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
                  \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\

やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第9章「別離の儀式」の続きです。

“やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第10章「『男らしく』がアブナイ」”の続きを読む

やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第9章「別離の儀式」

2010.03.23 (Tue.)
907 :1 ◆tFnc9LJloc[sage]:2009/03/30(月) 19:57:33.93 ID:qylSZLEo
そろそろ始めます。
今宵もよろしく、皆さん。
909 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/03/30(月) 19:59:41.91 ID:ZmvpUcgo
きたか
908 :1 ◆tFnc9LJloc[saga]:2009/03/30(月) 19:58:54.86 ID:qylSZLEo

<エドワード・エルリック…>



                   _,...- '´    , l / ,.- '\
                ,..- '"´'´       /l レ'>'´、.    \
             _,.- ',.- '´        ./l レ'/-l      ヽ
           ,.r'´  '´       ,ィ  l ̄`'´ー-ヽ!       `、
         /           , ' l /         |      ヽ
        ,:'          /  ,:'  l. ,'          l .l     、 .'、
          /         /  /  l ,' l ,      l l     lヽヽ     お、俺は…
.        / /  /      /! /__...イl''/'´    !、  l !、 i     ! ヽ'、
       ! l l /    l  i .| /___-- 、リ      __`ー-l!、! |    l  ヽ 
      l ll l !l     |. /´レ.,.-、`ヽ       ' ,- 、..,_  ! .l     !
        l/l l !l      !ィ.   i 0 !         ' /`i  `i' ! |     !
        ヽl. レt     lヽ  `ー' ,         !゜j  l i、!     !          ,. -''´
       ヽlr-! 、    l`'==ー‐''         、.`´  ノ | l.     |     _./ ̄フ'´
        l ! l /、    l           ヽ  ` ̄ー  .! .!   ハ !    /  ,/
         入'l ! l     !                   ! l  ! l! /
       _/  ヽ!、'、    l    ,r―‐--- 、 ....、       .,'  l  l  レ'´
     {    l ll `'ヽ    .l  ./´, ̄、_ ̄二'ヽ'|     ,..-'-----'/
     ヽ ヽ l ll  ,..lゝ  l、!__ {-<.___,.....>,j    /      , '
     _,ゝ i‐ニ ̄‐''"ヽ_Lゝl.u_` ー――― ''''´ /      /
   i''''´ ! ` l  _,..- ''"´      ̄`>-'  ̄``ーァ'´        , '



<世界のために…>
910 :1 ◆tFnc9LJloc[saga]:2009/03/30(月) 19:59:58.69 ID:qylSZLEo




<死んでくれ―――――>



 
911 :1 ◆tFnc9LJloc[saga]:2009/03/30(月) 20:01:05.05 ID:qylSZLEo
                                        
                                        
                               ,-‐==?‐
                     ィ=‐-、__-イ´;:;:;:;:/´
                  ,ム/;:;:;:;:、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                 テ;:;:;:;:;:;:;:;:;:l `ー-=?三三く´
                  };:lヾ、ヽ;:;:;:;:}
                 /;:ク ,=イ;:;:;:;:{
             第9章『別離の儀式』
              、ヾー´};:;:ト  少l;:;:l 
               {;:;:;:;:`ヽ ヽ " 弋ァ
               l;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ、 l;:{
               ゝ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\l;:;:l
              \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ、
               ゛ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
                 ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ、
                  l、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
                  \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\

やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第8章「つっぱしるいい男」の続きです。

“やる夫のワイルドアームズ2ndイグニッション 第9章「別離の儀式」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.