2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:南鮮石 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第43話。

2012.08.05 (Sun.)
129 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/07/20(金) 22:37:46 ID:a7Lz1M.s0

明日の20:00頃、投下します。

皇太后派が一気に退場するついでに、各一族の末路やその後にも触れるため
話の合間合間で時間が飛びます。

その辺、ちと注意。

あと竇憲の死亡時期が、一番最期にくるのは仕様です。
(でも資料まんまの6月だと、それはそれで色々矛盾も出て来るので)



                __    っ    ../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            }`n´{.  ヽ´{  っ  < じ、任尚の裏切り者~!
             心イi!i!i!i!iリゝ    ∧ \__________
            ノ人(l;゚д゚ノヾ    | i|
          ┏┳┳┳┳┳┳┓  州               . ,、
          ┃┃┃┃┃┃┃┃ ..∥/\           _〈 i、        ∧.
          ┃┃┃┃┃┃┃┃ .∥_,,漢_\         _、シ从ヾ、      | i|.
          ┃┃┃┃┃┃┃┃ ∥ ´д`)     _  _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ     州,
         ┌┸┸,>:' ´l`゙'ヽ.┸┸┐ ○     ,) /⌒  ̄||    |.|_ へ.、。_)   ..∥ ..
  /漢\   .|三三/ \ ..|.. /ヽ三三三三ニニニニニニニニ0ニコ        ∥. 漢\
 ( ´Д`)  .└─...l__ x __i─┘∥レ ( 彡 ヽ  ノ ̄丶\/  /漢\  ∥ ・д・)
 (    )       !  /.|.\  ,!  ,!        /| |     } j\   ・д) ○    ,)
 | |  |  ( (   \ _..|.._ /_ /        《_,ヒ}    《_,/_ ○     ) ∥人  Y
 (__)_)             ∧  ガラガラ        ∧       人  Y  ∥レ (_)
                    | i|               | i|      レ (_)
                   州               州
                   ∥/\          ∥/\
                  ...∥_,,漢_\        ..∥_,,漢_\
                  ..∥ ´д`)        ∥ ´Д`)
                   ○     ,)        ○     ,)
130 名前:名無しのやる夫だお :2012/07/20(金) 22:51:42 ID:PXbbgyIA0
wktk
131 名前:名無しのやる夫だお :2012/07/20(金) 23:34:15 ID:OqgCakRg0
思えば長かったような短かったような……
132 名前:名無しのやる夫だお :2012/07/21(土) 00:17:39 ID:rU4f.9Eg0
>>129
これ誰??
133 名前:名無しのやる夫だお :2012/07/21(土) 00:25:10 ID:65ogSdJU0
>>132
原村和のAAがあたってたコウ家の蹂躙好きのアレでしょ。
134 名前:名無しのやる夫だお :2012/07/21(土) 00:35:55 ID:rU4f.9Eg0
ああ、あのだじぇだじぇ言ってた子の弟
135 名前:名無しのやる夫だお :2012/07/21(土) 08:55:01 ID:JhYE1HYA0
やっと滅びるのか……QBの死に様はどこを検索しても見つからんから楽しみにしてるぞい!
136 名前:名無しのやる夫だお :2012/07/21(土) 09:05:18 ID:ZaYvTnMg0
八時か……間に合わなさそう……しかし途中からなら間に合うはず!
137 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/07/21(土) 19:55:23 ID:VJ1QJ3UU0


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第43話 ―班超伝、和帝紀―

                          ___//⌒
                   ____  ´     `  、
                    {/               -‐…ァ
                    '′ ⌒′ /{〃⌒    ヽ//
                   /   |八{  /}},八\      〈
                ′ 抖=ミ{ ′抖≠ミ
                  i/{ }} いソV   いソ /  /  }   \          肇めは目先の勝利と引き換えに
                  | i} }{   ′    / ′ /   ハ 〕iト \
                    八/ 、ー ー一 ⌒7 ,.:′, / } !           最大のミスも犯したww
                     }  _\     「\ __,ノ{/.  |  .
          -‐…‐-ミ/   \ ` T   |   }}  .′ !|   \
          / . -‐‐-ミ/     ⌒〉 |.   !  八==ミ,  |    \
         ( ( r -ミ   /   /′ V/  ノ/ /⌒ ヽ       ‐=ミ丶    さぁて後世の史家どもは
          r‐-ミ`ヽ\    / ′ {{i  /         } 丶     丶′i}
          \`ヽ\} V^i,// /   {{/  / ,′     ′  \     / /    ヤツを何て評すかな♪
         と⌒丶     V,,/        ′      ,/ /(_____彡'′/、
       /  丶      〕ト、        {i/    V (________彡'   \
          o    \__  / |   ‐- ..,_j′    〉         }
       /   O  o   {У /       ヽ`ヽ  /         ′        }
‐-ミ   ,′∧  /{  / T' ′              /          /           ′
    丶 {i /   ./ \ {  ー‐‐-ミ         /         / ゚ O ο  /
      乂   ∨     >、..,,__     ‐-  ..,,__ _/、         /         /
             /   ⌒\ヽ       /  \ …‐-ミ/_ イ       /
       \  r          ー=ミ ( __∧     }ト    丶 :|   ,/ ,.:′
138 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/07/21(土) 19:56:08 ID:VJ1QJ3UU0


・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
   ■時間軸上『やる夫光武帝』スレさまから多く引用させていただいてます。

参考資料は

  おおすじ:『やる夫光武帝』スレ 様
    やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

  人物のキャラ付け:『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』

  細部・時間軸:『後漢書』『三国史記』『太左順 班超』『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』
           『資治通鑑』『宮城谷昌光 三国志』

  マップ:『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』
       中国東アジア歴史地図 ttp://www.geocities.jp/mapqin/

  軍事全般:『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』
         『武器甲冑図鑑』

  文化・食生活:『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』『風水の本』『儒教の本』などです。

展開上、フィクションで補ったり。省略してる箇所がありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

  漢代の市 様
   ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

  ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
   「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
   「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
   「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

  やる夫の図書館 α版 様
   ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

  やる夫之書 様
   ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

1の他のスレ【やる実が、後宮の女史になったようでス。】は
以下のサイトでまとめていただいてます。

  やる夫春画之書 様
   ttp://yaruobookoferos.blog.fc2.com/blog-category-7.html
・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第42話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第43話。”の続きを読む

スポンサーサイト

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第41話。

2012.06.16 (Sat.)
494 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/06/11(月) 19:57:50 ID:5TrVJWNM0


唐突ですが投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第41話 ―班超伝、和帝紀―

                              l    `丶、
           i⌒丶、                  ゙、       丶、
           `ヽ   \              ゙ 、      `'⌒ヽ‐- 、
           丶   ヽ            ,. - '"´ ,.            、 ``''ー--‐ ''ア
                `、  l.          /     ィ´            \     ,/
           /⌒ヽ、 !         / ,:/  /;:;:|  ,:;' ;:;';:;  ;';.     `:、-‐'"
          ノ 、  ||/´ ̄}  ,ノ,:;:;:;/ ,:;',:ィ'⌒;ト ,:;:;:,.;:;:ム-ヤ''ト、     ',
        ,.ィ′  \丿Y   /,.',:;:;:;:;:;:/,:;:;:/ ;:;:;:/ |:..,:;:;:;:;:;∧;:;:;:l :;l;:;:;:,.  l   ',
        { i゙ `丶、._,ノ r'′ r:';:;:;:;:;:;:;:;/.,:;:;〃;:;:/、、V.;:;:;:;:;/ `;:;:;:i;:|;:;:;:;:;. |;. . i
       ,!|{    )/  ./ ̄ ̄`゙ア;:;:;:;/ l:;//iミi V;:;:;/ ,r彡',:;:λ;:;:;:;:;. |:;.   !
        //! '!_  ̄'}   ,ノノ   /;:;:;:;:r' :'イ/ ム  !l.V;/ '"/ ∨il|:;:;:;:;:; |;:;. : ',
        ハ」  ゙!:::... _,.-'"イ′ ∠:':'-┬{ |,:;:;| ! r┘ | V  __):::::: ,!{l!;:;:;:;n:;:;! :.゙'、    名門袁家の始祖である
      ゙、 ヽ  \/   !/      |;:;Y/^j  `ー'゙  ,   \_ノ,ノi'i;:;:;/、|;:|;:;.,. ヾ:、
         \\三ア^:、,/ ヽ        l/`>'、   、__,..-、  '"/ ';://:;L:;__  \   オレの活躍も
           ゙! :.:.:.:.:.:.:.:.:, .:/゙lァヘ、    ,.、"^'丶、 ヽ、_、シ ,/'ー'^';:;:∧|    ̄`
          l . .:.:.:.:.;.'.:i:.:;. :.:.:.:.`¨二"/ 「`'´「rヘ>,、__,.. __、<ヘ:;:;/`ヾ/          とうとうラストなんだよな…。
            ゙ 、 :.: '.:.:.'.:.:..:.:.:.:.:.i '.:.:.:.,':ノ...:.:.;| _」ノ ].r<、 `¨'ス
           `丶、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:l .:.:.:.'/..:.:.:.∠,人/´/._厂  ノ.:/
                `丶、:.:.:.:.:l.:.:.;.:.:.!:.:.:.;.:./  ,| ,/  i!  /:.:.:ヽ
                 `:、:.:.l.:.'.:r┴':´:/   /'"   /V´.:.:.:.:.ノ、              最期微妙って言われたらどうしよう。
                    `!:':.:./ ..:.:.:/  /  /.:,'.:.:.:.:.:./.:.:.:.\
495 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/06/11(月) 20:00:14 ID:5TrVJWNM0


・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
   ■時間軸上『やる夫光武帝』スレさまから多く引用させていただいてます。

参考資料は

  おおすじ:『やる夫光武帝』スレ 様
    やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

  人物のキャラ付け:『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』

  細部・時間軸:『後漢書』『三国史記』『太左順 班超』『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』
           『資治通鑑』『宮城谷昌光 三国志』

  マップ:『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』
       中国東アジア歴史地図 ttp://www.geocities.jp/mapqin/

  軍事全般:『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』
         『武器甲冑図鑑』

  文化・食生活:『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』『風水の本』『儒教の本』などです。

展開上、フィクションで補ったり。省略してる箇所がありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

  漢代の市 様
   ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

  ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
   「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
   「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
   「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

  やる夫の図書館 α版 様
   ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

  やる夫之書 様
   ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

1の他のスレ【やる実が、後宮の女史になったようでス。】は
以下のサイトでまとめていただいてます。

  やる夫春画之書 様
   ttp://yaruobookoferos.blog.fc2.com/blog-category-7.html
・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
499 名前:名無しのやる夫だお :2012/06/11(月) 20:06:49 ID:U2autBZQ0
うおうこれから出かけるのにー

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第40話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第41話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「一鍼即差」 ―郭玉伝―

2012.04.23 (Mon.)

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第38話。のあとに投下された、番外編です。

721 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/22(日) 22:33:27 ID:fVhJrqVY0


    番外編 「 一鍼即差 」 ―郭玉伝― 



―――竇憲が大将軍となり、まだ派閥争いに終止符が打たれていない

    本編の時期ごろ。



                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 洛陽だお   ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ   < うーん、どうしよう。
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l   
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三 ミミミl  
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ  
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ∥ 
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
722 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/22(日) 22:33:55 ID:fVhJrqVY0

      
    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ|
    __ΜУ      `ヽΜト、
  /   |/          く  \         今まで、鄭衆にお願いして
 イ   /イ  / 斗  廴_ \ }  ト\
  |     | | | 仏|/\| 斥\|||  !         人材探しをして貰ってたけど……
  И /从||/ r'}   r'}`ヽ||ヲ\|
   レ′   |ゝ.   _   . イリ   リ         一人での調査じゃあ効率上がらないなあ……。
      / ̄ _|〕Fⅴ7〔|_ ̄ヽ
      {  \ィ介、 /   }
      \  〈〃||∨〉 /
          〕  |   |  〔          __
匸二二二二二二二二二二二二ニニニ〔__〕
          ハ  丶 ノ  イ        |  |
       / 〉=ニヽ Fミxく           |  |
       |ー| mn7m、ハ          |  |
       K〃  Y´  ヽ ヘ        [冂

          劉肇

      後漢、四代皇帝。
723 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/22(日) 22:34:50 ID:fVhJrqVY0

    ヘ、  ,.≧⇒'゙´           ヽ、 {    ヽリ /⌒ヽ
   〈  ヽ  ー=彡'´   /       \〉、  イ´ ̄〉  \
    ヽ /ヽ /     ′   /  ;.   ヾ   人 /     \
    /  _У    /    /  .゙ ;  ヾヽイ>'゙´Y   /    \    ……そうだ!
  < ̄ ̄   /  ,:  ′ /,  /  / j   i У  /  /  | ヽ⌒ヽ
   /\__/ 〃  /  ///|  / | ハ   从  /  イ    |  i
  ′// / / j  |‐''7フ  | 〃 √「¨''メ< ̄}/〃    |ヽ |     西域との交易や、
 // //〃/{ ! | | /x=、 }/   ,ヶ==ミx、 `/、 / ;     |_,ハ|
   // |/ ヘ  ∧Y r'_ソ}     r'゙_ソ バ /〈 |! /   /   j!     蔡倫さんの発明品の売買で
     / /{  ∨ ハ  ゞ‐'      ゞ‐-'   /νハ{   〃
    ノイ     / 八 """"   '   """/  /_,.イ / ヽ /          少しお金が増えて来たから
           / //>    `   ´  / /   j/  У
.          / /    r―-≧=‐=≦ //>‐=ミ、              調査する人を増やしてみようっと。
.        /   ,.-┴<二>―r 、/ヾ´ 〆  ',
          /   〃 /tニニヽ、} } ∨
         /    〃, {_r┐ゝゝ'ゝ' /    八
         (´     トイ |  |   //         ヽ、
        \    ヾ辷|  !   勹    ,. -‐   )
           仁ニユ/イゝ= }_,.。匕ヽ____,..。- ゙´
            /    / ゞ-/― '´ヽノ――-く
724 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/22(日) 22:35:26 ID:fVhJrqVY0

   l:::::l::::::::::::/,.-/////////-―――- _/////!:::::::l:::::::::l
   |::::|:::::::::::,//////:::::::l:::::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::ヽ|::::::::l::::::::|
   |::::|:::::::::::|///:::::l:::::::::|::::::::::::::ハ:::::::|::l::::,:::::::::l::::::::|:::::::,
   |::::|:::::::::::|,イ:::l::::イ::::::/l::,:::::::::::l  ,::::||:|,:::l,::::::::|::::::::|:::::l                 え?
    ,:::!:::::::::::!::::::ハ:::l l::::::l |:::l::::::::::|  、::lリ 、::,ヽ:::|::::::::|゙l::,:\
    冫:::::::::::|::::/ l:::| |:::::| l::ハ ::::::リ 、_リ_,..ヽ:jヽl::::::::::,!:!::::::\
   /:::|:::::::::::|::/ -リ-ヾ::l‐リ' l::::::/    __,..., |::::::::::,/::::::::::::\            それって私が頼りないって事?
  ,/:, -l::::::::::::イ _,...ニ`   |/   ,イ  _,.ハ l::::::::::':, ̄:.:`ヽ、',
 /イ:.:.:.:.,:::::::::::l 下-、_ハ          弋_,.(つ'  ',:::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.\           そ、そんなぁ……
/ :.:.:.:.:.:',::::::::::l 弋っ>'     ,       リ  ∧:::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:__`ヽ、
-、:.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::ト、  i|               /,.イ:.:.:l::::::::::!:.:.:.:/  ヽ:.:`!}
  \:.:.:.:.:.:.,:::::::::l:.,>',。 _    r_―っ _,. イ´//:.:.:.:.l:::::::::|./     \/
   \:.:.:.:l:::::::::|:.:.,/////`,vr ―--<-――'、:.:.:.:.:.!::::::::|
     ヽ:.:|:::::::::|:.,.- ''"´ ̄ ̄T⌒T´     {:.:.:.:./!::::::::|

                  鄭衆

              皇帝・劉肇の腹心。 

      宦官。 鉤盾令(宮廷の池や庭、遊観の管理をする)。
725 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/22(日) 22:36:37 ID:fVhJrqVY0

                >/|l/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|`ヾ、 ;>=ミ、
               /イ: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:| : : / : : : : : : `ヽ
             /´ 厶イ : : : : : / : | : : : : : : : : : : : : |:| : /: : \: : : : : : 丶
                ー≠=, : : , -≠ミ, |: : : : / : : : : : : : |:|∨: : : : : ヽ : : : : : : \
               /: :〃 :/ ,イ:/ |: : : /ハ=-ミ: : : : レ/: : : : : : : : : : : : : : iト-ヽ
            厶イ:/ ム' ,,x=ミ l: : /   V: : ト、: : }ハ: : : : : : : : : i : : : : i|        そんな事ないよ。
               从/ }〃r'刈 八 i   =ミ: {ヽ : : : ハ: : : : : : : : : : : : : i|
                , ヘj/   l:| Vリ   ヽ    r:心 ∨ /: |: : : : : : : : i : : :i: i|
             /  ' \ l:|            Vハ Ⅳ: 八 : : : i: : : ハ: : :ハ |        今まで調べて貰った情報に
          /     `从、   ′        |: :/一ヽ: : ハ: / |: / j/
            /、       /,厶、   r::ュ      .イ|:/     ∨ j/   i/          すっごく助けてもらったし。
         7、 \    /´   > 、__ ... ,r彡jハ、
          /  Vv.≧=-<   r―'≠、 ヽr一'´ /  />..、_                だから今度は、私が鄭衆の負担を減らしたいの。
.         /    `~/~´  i::::::::::ヽ:::'ー'ヘ、∠_   //     `ヽ
        /       /   ヽ、ハ、:::::::::::{::::{:、:::::::::::`ヽ″     、 \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
            /.:::::::::/.:::::::/-‐=ニニニ=‐-.._::::::::::.
         /.:::::::::/.::::::::::/ニニニニニニニ=ミ:::::
          .'.:::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::`.....‐=ニ}::::
        |:::::::::::{:::::::::::::{-ァ.──-/}:::::::::::::::::.刈::::      あ/// 私ってば早とちりを……。
        |:::::::::::|::::r 、:::|/}/|::::::/ :::::::::::ミメ}::::|::::
        |::::: f´|::::|〈 Vf 笊芥ミ  /:/.::::/ リ:::::::::
        |:::::::ヽ|,ノ} } レ个 ┴ / ム斤テミ |::::::::      私なんて使い潰すぐらいの
        |::::::::::〈 〈  { {///////// ゞ‐ く/}::::::::
        |::::::::::::}   | |u     ////// K:::::/      扱いでいいのに。
        |::::::::::く     ヽ (⌒^ ァ    ノ:::::/
        |:::::::::::/ヽ    ト、   ...  -r≦::::::::/
        }r‐rく 厂 ̄ ̄iト、__/>ァ::::|::::(^⌒i
      / \ヽノ      〉 }〈::::::i|:::::ゝ- '
     /    く\     /| ノ >、 |:::::::::::|__
    /     / ヽ\ _ /:i| { /  ̄}厂|::::| \
726 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/22(日) 22:37:05 ID:auWvak0.0
現実見ろww
727 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/22(日) 22:38:32 ID:fVhJrqVY0

             /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
            /.:::::::::/.:::::::/-‐=ニニニ=‐-.._::::::::::.
         /.:::::::::/.::::::::::/ニニニニニニニ=ミ:::::
          .'.:::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::`.....‐=ニ}::::
        |:::::::::::{:::::::::::::{-ァ.──-/}:::::::::::::::::.刈::::      貴方が足を舐めろと言えば舐めるし……。
        |:::::::::::|::::r 、:::|/}/|::::::/ :::::::::::ミメ}::::|::::
        |::::: f´|::::|〈 Vf 笊芥ミ  /:/.::::/ リ:::::::::
        |:::::::ヽ|,ノ} } レ个 ┴ / ム斤テミ |::::::::      明月(尻)を舐めろというなら
        |::::::::::〈 〈  { {///////// ゞ‐ く/}::::::::
        |::::::::::::}   | |u   ┃////// K:::::/      膝まづいて、ペロペロするし。
        |::::::::::く     ヽ (⌒^ ァ    ノ:::::/
        |:::::::::::/ヽ    ト、   ...  -r≦::::::::/
        }r‐rく 厂 ̄ ̄iト、__/>ァ::::|::::(^⌒i        もっと凄い事だって……ハァハァ
      / \ヽノ      〉 }〈::::::i|:::::ゝ- '
     /    く\     /| ノ >、 |:::::::::::|__
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          |彡⌒i }                :.  \| |ニ=‐
          |    | |                   ':,  ノ/、
          |    | |            U     '</  '
          |、   | |   |   /|   |、   _   \\  :.
          |、\ ,j j  ,斗 '"/¨「`  | \´  |`  |ヘ⌒`  ,      あの……喜んでいいのか
          |{\ノノ// l / 八   |   \  !   | ハ::ヽ l
          |l\.  l / |/    \ |  ァミx、|\ |::..::|、:lハ|      反応に困るんだけど。
          |    |/  ,ィ:テ"   `   {::::ハ l} ,'::ヘ}::::::|ハ|
          |、   | 〃:::ハ       {r'゚ノ  !:l:::ト、::::’
          |`ヘ   | 《 Vr' :ノ       `´  |::|::| ゙/          近くに陰氏がいるとケンカの元だから
          |ー ヘ. !   ` ´        丶 ```ノ::|::|
          |   rⅥ、  ````       .ィ::从!゙|            そういう話はほどほどにね?
          |  ノ⌒ヽ、≧- .._   ´’ . <‐-レ゙
          |."\   `ー- ,,_/_ァ'ヘ     ハ
          |`ヾ:、\      |/  〉-‐.、   |
          |   Ⅵ    _,, 斗-r'":::::::::::} j |
          |   ||,...::'"::::::::::::ノ--、,,斗-;:リ /八
          |ヽ 〈:::::::::::::::/  `ヽ廴,,, |:|〈   ハ
728 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/22(日) 22:39:49 ID:fVhJrqVY0


        ,......:::::´ ̄ ̄ ̄::::::`ヽ、
      ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::,.. - //7//7/∧::::::::::::.,
.   /::/:::, 7//7/ - '´ ̄ ̄`ヽl:::::::::l::::::.
   ,:::::l// - '´::::::::::::::::l::::::::l:::::::::|::::::::|:::::::,        む。
    l:::::|´:::::l:::::::l:::::::::::::::!::::::リ:ト、 :|::::::::|::::::::l
    |::: |::l:::::l:::l:::l、:::::::::::リ-七リ´ヽ|::::::::| ,:::l
    |:::::|:::,::-l-l- ヽ:::::::/ィ ≦云ア,:::::::::l/::::::|       妬けちゃうわね、
   ',::::l:::ヽ下ト示、ヽ:/ 弋z(ソ .::::::::,::::::::::l
    、:ト、::\∨(j ,     xx ,:::::::::,:::::::::::|       小娘をそんなに気遣うなんて。
     \:\::トxx   _    ,.ィ:::::,::/:::::::::::::.
      `|::::|::`>:::...-__.<//:::/:/:::::::::::::::::.
      /|::::|::::::::, <l/!/!//::::イ/ 、:::::::::::::::::.      陛下はみんなの陛下なのだから
       /:::゙,:::!:::::ハ//,天.l//:://:.:.:/\::::::::::::.
      ,:::::l::{レ:::/ ∨l/l l/l::/:.:./   /´二`ヽ、    一人の尻に敷かれるのもどうかと思うけど。
     ,:::::::レ:::::/  { V !ヽ:.:./l::\   ヽ、ヽ_ゝ'、ヽ
     /:::::/:::::/  冫  | `´ /::::::::\  \`ヽ二ソ

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「一鍼即差」 ―郭玉伝―”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第38話。

2012.04.20 (Fri.)
244 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/16(月) 22:45:52 ID:KCQZpES.0
明日の20:00ごろ投下します。

クシャーナ戦は、史書そのものだと非常にあっさりした内容なので
当時の西洋兵法vs東洋兵法という感じにまとめました。

いやーローマ系統の兵法も調べてみると、東洋では馴染みの薄い盾を使った戦法とか
あって面白いですね。

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
\ 丶   丶 \   \丶  \   丶 \  ヽ \ \. 丶       ザァァァアアアア
 丶 \  \ヽ 、  \   \  \   \    丶    \
 ヽ 、 丶\ヽ  ヽ \ \ 丶 \ 丶  丶\ \
   \ 丶  \  丶   ヽ  丶   ヽ \  \ 丶 \
\ 丶   丶 \ ヽ \  \ 丶  丶 \丶 ヽ   \丶
  \ 、\  、\     \   丶 丶   ヽ \  \  ヽ\ \丶
        i ̄ ̄ ゙̄i゙i ̄ ̄ ゙̄i゙i ̄ ̄ ゙̄i
    (=三=゙i___゙i゙i___゙i゙i___゙i
   | ̄|゚- ゚;) (゚- ゚;∩ (゚- ゚;∩ (゚- ゚;∩  三≡=ー
   |  |と. ,,,) {    ,r'  {    ,r' {   ,r'
   |_|,r' 人  ,r' 人  ,r' 人  ,r' 人
     (_)'し  i ̄ ̄ ゙̄i゙i ̄ ̄ ゙̄i゙i ̄ ̄ ゙̄i゙三≡=ー    防御は最大の攻撃だ!
       (=三=i___゙i゙i___゙i゙i___゙i
      | ̄|゚- ゚;) (゚- ゚;∩ (゚- ゚;∩ (゚- ゚;∩ 三≡=ー    テーストゥード(亀甲隊形)に弓矢など効くか!
      |  |と. ,,,) {    ,r' {    ,r'{   ,r'         
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
245 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/16(月) 23:24:02 ID:v4w52HjE0
来たか!

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第37話。の続きです。

246 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/17(火) 20:05:21 ID:z1HZ0oOw0


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第38話 ―班超伝、和帝紀― 

: : : : : : : : : : : : : : :: : : : : :ヾ: : : : : : : : : : : : 从: : : : : : : ノ: : :.jィ
: : : : : :;:;:;:;:;:;:;:;:,:,:;:;:;:;:;:;,: : : : }}: :./:/ : : : : /: : : : : :>'´ : : : : :|,イ
: : : : : : :,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:, :|| :/:/: : :_:/: : : : :<: : : : : : : : : ノ:.|
: : : : : : :>    ` `ー-: jレイ''´ ̄ `¨¨¨≦: :_:_:_:彡: : : : : :.リ
: : : : : Z_                        `ヾ: : : : : : : : イィ
: : : : :/   ''¨  ´ヽ.        ` ¨'''ー-   ㍉: : : : : 彡:/
: : : : イ          \     j         `ヾ: : : : ∧/      西洋vs東洋の兵法対決は
: /:/        __  \......../ ィー-.、_      }: : :Y´ヽ
/: : レィ ヽ    /:i:i:i:i:i:i:iヽ `Y  /i:i:i:i:i:i:i:i:iッy, / Y: : :.|ヽi.|      古来から
: : : :/   ` ` `>ミi:i:i:i:i:i:ノ ノ、 く:i:i:i:ノ´ ̄ `    、j: : :.:{. リ
: : :.ル ⌒ゝミ===一 示 :.:.:.∨ X:.:. ミ==イ   _,}: : :从/       見果てぬ夢物語よ。
: : : :ム        イ   ヽ   /:.:.:.:.:...      、_〉: : : 小
: : :´:テフ__,ィ      i  |:.:.:.:.:.:  ー-.、__ト、}: : : : : :}ミ、
: :/: : : : : : /        |   |:.:.:.:.:    \: : : :\: : :从 \> 、
/: : : : : : :./      Y'  |  |:.:.y弋    ミヽ: : : :\: : }   ', ヽ`≧ー──---=ニ二 _
: : : : : : : /       、 |  | 丿   \    V: : : : : :∨    }   l   `''<        `> 、
: : : : : : :ツ Y´__    └ー┘ __ `  斗: : : : : : ヾ、   j  j      \          ヽ
: : : : : : :{   辷云三三三三三三示ノ   ..:: : : : : : : : :ト'   /  /
: : : : : : :|    `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´    人: : : : : : : : ハ /   /
: : : : : :.:ルイ        弋:i:i:i:i:i:i:iて   ィ<: : :\: : : : : : :ム   /
247 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/17(火) 20:07:11 ID:z1HZ0oOw0


・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
   ■時間軸上『やる夫光武帝』スレさまから多く引用させていただいてます。

参考資料は

  おおすじ:『やる夫光武帝』スレ 様
    やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

  人物のキャラ付け:『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』

  細部・時間軸:『後漢書』『三国史記』『太左順 班超』『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』
           『資治通鑑』『宮城谷昌光 三国志』

  マップ:『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』
       中国東アジア歴史地図 ttp://www.geocities.jp/mapqin/

  軍事全般:『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』
         『武器甲冑図鑑』

  文化・食生活:『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』『風水の本』『儒教の本』などです。

展開上、フィクションで補ったり。省略してる箇所がありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

  漢代の市 様
   ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

  ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
   「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
   「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
   「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

  やる夫の図書館 α版 様
   ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

  やる夫之書 様
   ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

1の他のスレ【やる実が、後宮の女史になったようでス。】は
以下のサイトでまとめていただいてます。

  やる夫春画之書 様
   ttp://yaruobookoferos.blog.fc2.com/blog-category-7.html
・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
248 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/17(火) 20:08:41 ID:z1HZ0oOw0


   少し時間を巻き戻して


―――永元二年(西暦90年)、時期不明。

      この年は、歴史家・班固にとって絶頂期だった。



                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ        < やった!
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 洛陽だお   ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ     < とうとう私の時代がキタコレ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒.. ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三 ミミミl        < ニダー!
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ∥
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
249 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/04/17(火) 20:11:14 ID:z1HZ0oOw0


   皇太后派の広告塔として、皇帝批判を続けていたライバルの傅毅が死亡。

   死因は不明。 同じ派閥とはいえ、名指しで罵りあうほど班固と仲が悪かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     /::::ノ            ` ー―--、、::::::::::::ヽ
                    ,'::/                    `丶;:::::::ヘ
               /:/                         ';::::::::',
              ノ/                ┛┗      }::::::::i
             _//     _ヽ          ┓┏      j:::::::::j  
           /7/   ´  ・ ヾ                    ,'::::::::;'     戦に出向いた班固が
          //ノ7   Uヽ、__彡ゞ  /                   ,:'::::::::/
          // ,/        〃. . ..{,,<彡ー、          /::::::::/      生きて帰って……
          i{ .,/         :.:.:.:   く ・ ヽノ     ,.:′:::; ′
           { i,/       ;   :.:.:.:    `ー-彡     ノ:.:.:./  
          ∨    _..,,,,,,,、ゝ   :.:.:.:     U     彡::,.: ′        都にいた俺が何故死なねばならん!?
         , '    イ彡::::::::::::::ヾ`;,、_:.:.:           ,イ>く   
           /     / >〃ノ::::::::::::ヽ:        ,イ::ノ⌒ }           文学界の大いなる損失だ!
.          /      //    "''ヽ,:::::::::}         ,イ:/ハノ  
     __  /     {        ヾ、,:j      イノ ゝ /       
    /i:::∨  : :    `ヽ        /         彡'__>'
 ,/::::::∨ヘ  : :   ミミ ` ー 、 _ _ノ       //                 愚帝か、班固めの陰謀だー!
::::::::::::::::::∨ヘ.  : :                    //   
:::::::::::::::::::::∨ヘ. : :                 //

               傅毅

        皇太后派。 傅育の子。竇憲の秘書。 

     明帝の儒者冷遇を憎悪しているエリート至上主義者。
250 名前:名無しのやる夫だお :2012/04/17(火) 20:14:33 ID:.xDWI2qo0
ご冥福をお祈り申し上げます(笑)

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第38話。”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 番外編「三顧の礼」

2012.03.05 (Mon.)
280 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:19:36.33 ID:CJoM.6Eo

                 ∧∧//∧∧
               <´ ____ `>
              <´ // ̄ ̄\\ `>
             <´//, '⌒ l.r‐-、.ヽ\ `>
            <´/;;/ (;;;;;;;;;八;;;;;;;;;) ヽ;;\`>
           <´|;;;;(   ー-'  `ー-'  ノ;;;;;| `>
           <´ \;;;;;ー┐ (_八_)┌-';;;;/  `>
           <´ /`;;;;;;;`ー┐┌┘;;;;;;;;\  `>     ←充電中
          <´ /;;;;.-======| |=====-;;;;;\`>
          <´(__/l;;;;;-====| |=====- |丶、__)`>
           <´   |;;;;;;;;;;-==| |==-;;;;;;;;;.|  `>
           <   | / ̄三__三 ̄\ | `>   
           <´  \\//\;;\// `>
            <´  ノ;;;;;/   .  !;;;;;ヽ  `>
                └‐ '´      `-┘
                                                      _...._
                                                   _,.-':::::::::::::`ヽ、
                                                 ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                   __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
                                   l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                    ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
                                    ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
  投下開始……                           \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
                                       ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
  >>1は投下中、基本無反応……                 / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
  表現上の不備は笑ってスルーしてもらえるとありがたい     ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                       `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                        '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                         rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
                                         ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`
                                          ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
281 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:20:05.83 ID:CJoM.6Eo




                       「やる夫が正史を書くようです」 番外編


                                 三顧の礼


やる夫が正史を書くようです 第九回 後編の後に投下された内容です。

282 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:20:49.08 ID:CJoM.6Eo
【紀元207年 漢 荊州 隆中】
    
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.( (:.:.⌒⌒  :⌒ ⌒) .:.:.::.::.::.:.:.:.:.:.:.: : : : :       .:: : : : : : :.:.:.:.:.:.: ( ⌒).:. .::. );:.:.: .⌒:.: .:)
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( (⌒:.:. (⌒  ):.:⌒) :.:.:.:. :.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー' ー'⌒`ー' ヽ_ ノ.:.:
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー':`ー':.:.`ー  '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:. :.:.:.:. :.:.:.:.:. :.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    : ::;;;;;ヾ);;;): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    : ;;;;;ヾ);;;);;;;) : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    ;(;:〃;;;|!;;;);;;;;;) : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,,.-‐''" "'- 、 : : : : : : : : : : , -'"`'ー-、_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    ;;;;;ヾ);;;)ヾ);;;;;) : : : : : : : : : : : : : : :_,,.-‐''"::;:;:;:;::::::::::::::::::::"'- 、_,..-'''"::::::::::::::::::;:;:;::゙''ー-、,_ : : : : : :;(;:〃;ヾ);;;) :
    ;(;: 〃;ヾ);;;)/;;;;;;;);:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (;:;;;;;;;);ヾ);;;) :
    :;;;;;ヾ);|!;;):;;;;;ヾ);;;);:、;:;":;";`;:;"::::、;:;":;";`;:;"::::::::::::::::、;:;":;";`;:;":::::::::::::::::::::::::::::::、;:;":;";`;:;"::::: (;;;;;ヾ);;;));;;) :
    ;(;: 〃;ヾ;);;/;;;ヾ);;;);:、;:ii":;";ii`;:;":、;:;"ii:;";`;:;":、;:;":;";`;:;"ii:;":;";`;:;":、;:;":;";`;:;":i、;:i;"";`;:;": (;:〃;);;|!;;;ヾ);;;):
    ;;;;;;;;;;;;)|!  ;;;;;ヾ);;;);,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;;;ヾ);;;);;;ヾ);;;);;;;;ヾ)
    ;;;;;ヾ);;;);;;;;ヾ);;;):::::::::::::::::::-:::::: :::::-:::::; ; ; ; ; ; ; ; ;- ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;-; ; ; ; ; ; ; :-::::;:::: (;;ヾ);;;);ヽ)|!;);;/;;ヾ)
    :;;;;;ヾ);;;)::::::::::::::::::-:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::; ; ; ; ; ; ; ; ; _ ; ; :::::::::::::::_::; ; ; ; ; ; ; ; ; ; :::::_:::::::::;;’::::(;;;;;);;;;;ヾ);;;);;;;;ヾ);;;
    ::::::::::::|ii|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :_: : : : : : : : : :- :::::::::::::::::-_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ii::::::::::::::::
    ,.(.;;:。;:(.,⌒.;;:⌒.⌒):::::::::::::::::::::::::::::::::::-:::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::-::::::-:::::::,(.;⌒(.;::、;::(.::,.;⌒:(.;;::⌒
    :::,(..;;:。;:;;:: (.、,.;;:。;:;;::、);,.:;:`":"'" ̄'"":..:"'" ̄""'''""""'''"":"'" ̄'"":..`"'';;,.:;:`"`"'';;: (.:,.;;:。;,.;;:。;:(.;;::、;(.;:;;
283 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:21:34.10 ID:CJoM.6Eo



             ―― 空は青く、雲は白い ――


                                  ―― それはいつも変わらない ――


284 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:22:10.49 ID:CJoM.6Eo

                       ,厶XXXXXXXXXYXk_
                    , '´ , '`^^⌒^^¬XXXXXXXk
                  /  .:/ /.:'´/    `YXXXXXXL
                 , '´   .:/;イ / ; /    `YXXXXX7
              / /:;  /::/ / /, '//   :;  } `YXXXハ
               / ,'::///::/ /:!/ .:/ '   .::/ .:/ 、 `YXノ ハ
             { l://;::;'::/ /:/l:|::/ :;'  / ::/:l .:|! |Xx)  `、   
             ` {ハ:|:j::j丁7メ!|:l :/:/ .;:イ .:ハ ::j  lX「    ヽ
                 乂V!| f「::`Y|l:l// .:/_7メ、j / .:/xr′   `、
                 /XXX!| `='′リ〃´ イ::::`kl|:/ ::/Xx}个 、    l
              / XXX八 ″  ,    ゙=‐' グ ;:イX(   !  ` ー ┘
            /XXXXXxヽ、  、  ""‐=彡'´XXX} .:|
             /XXXXXX7^二\    ,. イXXX7⌒´ l: |
           /XXXXXX/ {r=‐う斤-、 jXXX{_| .:l| ::l |
       .   /XXXXXX/  し冖イ/ ト、ヽYXXX/rヘ ::|l :l:|
         /XXXXXX/     _{7/r1| VXXX/_「: :.V |::l{
       ∨XXXXXX/     _j///l_)| /XXXx{-< : : ∨::l:|
       /XXXXX7´       {//小| }VXXXXxlニ{: : : : Vハl
       XXXXX /_       //ノ( l| )jXXXXXに|:.l : : : V:ト、
       XXXXx/ `ーz   //_} ( | {XXXXXxY):.l!::. : : :ヽ、ヽ、
       XXXX/⌒Ln `ぅ//_)  ( 廴}XXXXXXL:.l!::.: . : : }:`ヽ}
       XXX7    └'て_メ、)  く辷7XXXXXXX}:ヽ:.: . ::人丶:\
285 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:22:53.77 ID:CJoM.6Eo



             ―― 変わってゆくのは人の世 ――


286 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:23:17.73 ID:CJoM.6Eo
          .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. .  . .. . .. . .. ....:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,
          ;:;:゙:;":;";`;:;":、;.. . .. . .. . .. . ...:..:..:..:..:..:..:... .. .:..:.´.. . . .:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,.
          ":;:、;:;";`;i:;/"、;::;":.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. .;゛;:゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛;:゛;:; ,.
          ::;゙;:;":;";`;ll:; ":、;:;":;";. . .. . .. . .. . .. . .. .,.:゛;:;`;゛;:゛:;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;:゛;:; ,.
          ;":;:、;:";`i!l;.〃:;":、;:;":;";`;:;":、.. . .. . .. `;゛;:゛;:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;:; ,.:゛;゙i゙i:;゛;:゛;:; ,.;
          ;:、;:;":;"//;`;:;":、;:;":;";`;:;":、;:;".. . ,,;:;":;;:;";;`;";:、 ,.、...,.;`;゛;:゛゙_,,;:;,.:_!,i!;;-'''゛'''''゛
          ""'''''"'''-.._:、;:;〃":; ,.,,.、;:、;: .;.. . .,,;:;:;":;";`;:;";:;:;";`;:,,:''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
          .;'":;. :.. ;',,;:;":;;*:;";*;`;";:、:;.``丶、__.,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,":;;:;";;`;";:、'' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
              .,,;:;:;"*:;";`;:;";:;:;*";`;:,,.. . ...,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;:;";`;:;";:;:;";`;:,,.  . .. . .. . .. .
             .,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:*;";`;*:;";,.. . .:;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,:;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,....:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,.
             .,;:;".:*;";`ヾヽ:/、、;:;"*";`;.  . .  . ..  .li.;;| . ,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;..:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,.
             .:;";*:;":";`|, ;i、;:;":*;`;,.. . .. . .. . ..l:; .l.. . :;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,.  ゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛/;:゛;:; ,.
                      li.;;|.. . .. . .. . .. . .. .丿;i;;'、 .. . ..  .li.;;|  . .. . ;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;i!l:゛;:; ,.
                      l:; .l.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . l:; .l  . .. . ゛;:; ,.:゛;゙i゙i;:;//
                  丿;i;;'、.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. 丿;i;;'、  . .. .゛゙ . .. !,i丿'、...
          ::.;;'' ;;:;: :::'*'::.;' ;;:;:*:::''::.;;'' ;;:;: *:::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;::::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;:::''::.;;'' ;;:;:
287 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:23:43.08 ID:CJoM.6Eo



           ―― 人の上に立つ者が互いに争い ――


                                      ―― 罪もない人が殺される ――


288 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:24:22.28 ID:CJoM.6Eo
                                                   、Х\
                                               〈`
                                                 /\
                                                //.:::.:.::〉
                                            〉へ::.:/ヌ/〉
                                              /'个y´ ̄Lム、
                                           |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                __                          |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                         |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.           /⌒)         |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__. |`7'..:/´    rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.. |/...::::)::7 ─]:]:.: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、    /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工]          。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!┘   [ニニニ|ニ]                            ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~             | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|_|::|/<>。                         | .: : .:.|               .             .
: :レ|[:::《   '     、                    | . : :.:.:.|       '               .
_〈l〈V\|コ                          _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´         '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、
289 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:25:07.91 ID:CJoM.6Eo



              ―― 黄巾の乱から二十三年 ――


                                     ―― 戦乱は続き、故郷を捨てた ――


290 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:25:48.43 ID:CJoM.6Eo

                   ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
                    / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
                / /           `ヽ   \
                 〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
                V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
                〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
                 〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
               ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|
              l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|
               |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!   
               |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|
               ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!
                 i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
                 | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
                ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
              / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|
                /  ! ‐米,f{ソ  //ノハ `ヽ     〉米〈フ⌒フ
             / ,.イ!   ! .{′ 〈_,イノ}  iト、__」   〈  !〈ノr'.::::.`ヽ
            ./ /.:::lL_ _」   / ,}  ji!      〉  !:::::::::::::::::ヽ
           / /.:.:::::) ,1 ソ   / ,}  jii!      L_」:::::::::::::::::::::
           ./ 〈.:.:.::::( ,1 ソ   /  ,}  jii!     { 1〈.::::::::/:::::::::::::::.;
          /  ハ.::::::),1 ソ  /   ,}  jii!     { ,1 〉.::::/::::::::::::::::::;
291 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:26:33.02 ID:CJoM.6Eo
                                           .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                      ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;
                                             ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                  、              .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                    .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                      ―― 戦禍は未だ、已む事を知らない ――   .   .,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                                    .. ., ..  ..:.  .    ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
                               ..  .   ..       ,    .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.:;.,.;:,.:;,;;;;;;;;;;;;;;;;
                                      ..  :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,:.,:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                           .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                        :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
292 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/05/04(月) 22:27:28.32 ID:CJoM.6Eo
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
:;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
;.,:;.:;'.:.:;”:; ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
""''''""''"''''""

“やる夫が正史を書くようです 番外編「三顧の礼」”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燕然山の恥」―李広利伝―

2012.03.03 (Sat.)
705 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/02/29(水) 19:16:56 ID:93xv0Y4w
えーと、今週。竇憲と北匈奴の戦いに入る予定でしたが、その話に出てくる燕然山について
詳しく調べていたら。

前漢時代の匈奴との戦いからの解説が必要になってしまい。予告の所まで入らなくなりました。
そこで、解説部分を番外編「燕然山の恥」―李広利伝―として独立させた話を20:00頃投下します。

待ってた皆様…申し訳ないです。37話は後宮スレの方を一回挟んだ次になります。

                          \
__________,、∧,、        ', ヘ____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨`'` |_災壬从,,ノ .} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ', 弋从述少 /
            ,r、    彡,、_      /;レ   ,r、
            /;∧  从ミ `ー―'´ 从  ./;;;∧
              /;;;;;;∧  'lil弋晨ヲ^弋ミヲヽl  /;;;;;;;;∧
          /;;;;;;;;;;;∧ l'i|   ;;|、   l l} ∨;;;;;;;;;∧        俺の話に触れないと
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽi   _ __  . j/  ∨;;;;;;;;;∧
           ./;;;;;;;;;;;;;;;;;/   ハ / ー`  ./.     ∨;;;;;;;;;∧      唐突に出て来る燕然山がイミフなもんでな。
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;/      j`tlililililililイ l.     ∨;;;;;;;;;∧
         ./;;;;;;;;;;;;;;;;;/      /      ハ.      ∨;;;;;;;;;∧
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                      ノl      |       あと後漢時代はイマイチな匈奴だが。
      ./|_______lー'´゙7____l`7__lヽ__/ /._____|' ,
      .,' .|      ゙´| i_Γl r‐' ⌒Y } Y ./ /_        | ',     全盛時代の恐ろしさも語られるぜ。
       j. |     ,r'´ i--チr、} `7 /`i .l `´./ ,r、ヽ_|ヽ   .|  '、
      ,''' |     ゞ_ノ  `'   .(ノ ヾノ  ヽ/   ヽ_ノ   | ヾ .Y  
     ,'  |                                |  ';, ヽ
    .,'   .|           Y´ ̄ ̄ ̄`Y             |  ,;'  ',  
..__j__.|              |  Y ̄`Y_,.|           |    l
/ . __   /|───────┤ . | . _____──────.|t――┴―、
  / / ../;;;|              |  .| |    |            |∧  t‐‐、 ∧

           李広利(りこうり)

  前漢時代の武将。配役:長谷川泰三(マダオ)(銀魂)

        弐師将軍。西域・匈奴方面司令官。

     妹は武帝の寵妃・李夫人。兄は武帝の寵臣・李延年。
706 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/02/29(水) 19:36:27 ID:93xv0Y4w
37話用に合成で作ってた匈奴のゲルの移動形態。騎馬民族を扱ったスレ自体が少ないせいか、既存のが今まで無かったという。

マクロスのAAでお茶を濁そうと思ってたら、それすらも無かったんですよう。

                                    |\
                                    |  \
                                    |日逐\
                                    |     \
                                    | ̄ ̄ ̄ ̄O
                                  / ̄ ̄\  ..O
                                 /      \ O  
                              , -'"          "'-
                             _,..-'''"                "'''- .._.
                         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
   ∧,,∧        /北\    ∧北l                           l
  /ο ・ ∧,,∧ ∧,,∧(・∀・#)   (Д゚ l                          l
 /   ノ./ο ・ /ο ・ ∧,,∧ )   Oニ) |                           .l.
 (o_o,イ ./   /   ノ./ο ・ )ミ .-、,_ ハと |                            l.
    ノ..(o_o,イ (o_o,イ ./   ノ lミ ,,..-‐ .(_、、,_l                            l ≡≡=
   / /~ヽ .ノ    ノ..(o_o,イ  \    ~⌒)彡 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, ===、、____, ===、、_|
   ヽニフ|./ /~ヽ / /~ヽ .ノ    \ /北\ニニニニコ__ 〃\.| /ヾ _____〃\ | /ヾ_| ≡≡
      (.ヽニフ|_ヽニフ|./ /~ヽ ノ''''(つ(・∀・#)  、 ,/ |ヽ ||.―◎― || 、 / |ヽ|| ―◎― ||   (´⌒(´⌒;;
             (_ヽ  (.ヽニフ|_|  ヽ\と  )  `=ニ= ヾ,/ | \〃  `=ニ=ヾ,/ | \〃 (´⌒;;
      /ミ∧        (_ヽ    Y  人        `==='       `==='(´⌒(´⌒;;
     / ・ |ミ ∧北         (_) J              ∧北 ./|   ┣¨ ┣¨ ┣¨ ┣¨
     (_)' |ミ(゚Д゚,,)                      ∧,,∧ (゚Д゚ ) |. |
<三三》ミ/  キミとヽ=ゝ━━━━∝             /ο ・ )Oニ)< >○|  ≡≡=
      |‐-"キ‐(⌒)'"⌒"キミミ三≡=~         /   ノ lミl_, (ヾゝ|| |
      |Ω‐'"〈__し'〉γ   |                (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ\|)彡 ≡≡
    (~ニL( ソ  || |( _,ノ、ゝ                 ノ    ヽ| | ̄ノl ノ      (´⌒(´⌒;;
     ヽ_7/ /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ\      (´⌒(´⌒;;     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_  (´⌒;;
      / /      〈__ゝ  ヽヽ   (´⌒;;          ヽニフ|_|   (_/  ヽノ(´⌒(´⌒;;
     〈__/           〈__| (´⌒(´⌒;;            (_ヽ
707 名前:10スレを超えた安価スレはEX板へ移動を :2012/02/29(水) 19:56:19 ID:v.nlPI1k
李広利がマダオ……うんまあ彼は頑張ったんじゃないかなあ
武帝の人事がなければ本人も周囲も含めて苦労が沢山減っただろうにw
708 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/02/29(水) 20:08:34 ID:93xv0Y4w


では、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした短編物語集です。


        番外編 「 燕然山の恥 」 ―李広利伝―


―――永元元年(西暦89年)、6月。 本編と同時期。


    竇憲と耿秉が率いる遠征軍は、北匈奴の本拠・稽落山の単于庭を目がけ。

    3方向から攻める包囲網を作りながら進軍していた。

       γ´       \                          γ´ヽ `ヽ
       /i         i ヽ                        j   辷≧x∨   
      ./ .i!        i   ∨                     q     i゙ーi
      |i i!         i!  .∨      _ __                  |    .|}kj
      |i i!         i!    i       /i  /ヽ             ノヾー 彡ノ/、    
      |i i!         i! ノ! |r x    i |  i  |       ____/ i .`ヾ彡/ i___
     ーi| ,i!≦三二 、ー, 、‐ヾ |:::::i  /| ミ彡ノ .j`ヽ     ./ |::/  \   /  .iヽ>o。  
    _./ 弋 弋 て・孑 〈 辷彡 ノ .j\;/ i! ≧≠/  ヾ、   ノ  .|::´i`ヽ  ヽ _jー‐ ┘| | i! ヽ
‐=≦/ rf::::i≧=≦ ノ三》`¨¨   |  >o。.ー=彡∥   .)rf    .|:::::|  \ /    ./| | i!、,!i  
  ./  ヾ::::ヾメ  ノ三刈       |     ヾメ .∥   .γ⌒ヾメ、 ,|:::::| 、__i___ノi!| | i!i!i!i
  /   ∧:::::ヾメヾ弋__     ,〈      i!   \ /   .ヾ`゙|:::::|  ¨`゛|   `゙i!i!| |,i!i!i!ii
. /     ∧:::::辷 `ヾ㌢    /  j        i!     \____,、!:::::|≦三 |二≡=i!i| |i!i!i!i!i!
 ー=≦三三≧=彡ミ≧≠  /  /   r―-- Jヽ       ヽ  `ヾ\::::::|    .|=≦三三i| |ノ卅从\
i!,、 ミ三二彡´  \  ー=≦´/   \::::::::::::::|     .∧  少ーx´ーzx .|三三三i!j| |i⌒ヽ ヾi
i!i!i!´  ノノヽ     .\    ./ / ̄i`゙::::::::::::::::|   |     ∧f´ γ´ ゝ-zx´≧=ーo。. ノノ|   ∨ j
i!ヾ彡     \    .\  //    .|::::::::::::::::::::|   |    ∧  !    廴ヾ≧三三≧ヾー    i´
゙i! ミメ\     ゝ-    Y        |::::::::::::::::::::|   |     ∧ヾミメ_k少ー‐γ三三/´≧ーo。.
 ヾ ゞ、 .\    ==孑i!        |::::::::::::::::::::|   |      ヾミメ二彡   /;:;:;:;//>孑j三三三≧

  _n_n_00            _n_n_00           _n_n_00
 └i_n┌'            └i_n┌'           └i_n┌'
    く丿    [][]「l        く丿     [][]「l      く丿     [][]「l
          くノ                  くノ              くノ

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第36話。の後に投下された内容です。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燕然山の恥」―李広利伝―”の続きを読む

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十二話 勇者Side

2012.01.23 (Mon.)

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十一話の続きです。

758 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:40:03 ID:UHaRJMjw
.
<< 第二十二話 >>勇者Side
     |
   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                    「 半ば予想通りだけれど… 」
  /
/         , '⌒i               _________
          / /  ̄ ̄ ̄`)        /           /|        , '⌒i
      / /  /   /       /           /  |   ( ̄/ / |
     / /  /   / |     /           /     / i'⌒i   |
    i'⌒i  /   / /    /            /    (´ ̄ ̄ ̄  |    |
    |  . ̄ ̄ `)/ /     /           /       |         |  /
    |        |  /      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      |_____|/
    |____|/        |                 |
.
.
.
   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |   どうやら魔王側は
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |   あの娘を奪還する意思は無さそうね
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |   南鮮石とか言う娘、見事に使い捨てられたのだわ
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ
759 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:42:04 ID:UHaRJMjw
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ 
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |   そもそも彼女は魔王の手下なのぉ? 
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |
.
.
.
             V /      '              |        ヽ ___   |:::::::::|     |
               l         '            │   ,     | ヽ__   T:::::: |  ____j!
              | |       | |!           |  |   |  |  | r''     l::::::::::K _(::::::(!:::!
              | |       | |! l       | イ   ハ  |  ' ヽ__   '::::::::::ハ   フ::!
             | |       !ハヽ|      /!//| / | /| イ  ノ  /::::::::/   /`'´|::::!
            l ハ  |   、 |‐ゝハ    ィ イリ ̄j/ `jメ !/ |  |ーノ^ヽ,_/   ゝ  !:: |  正確には魔王の手下の手下ね
            ゝ ヽ N.. ハ!   ` ゝ.ノ レ'       ,イ  l  |VVr⌒ゝj   |    |::::|
               `  >| j ___ ,      、____、    |  |  | {く フノトンー '   |::::|  ダークウィッチとか言うのが
                   / イ ´i ̄ ,      ´  ̄ ´     | ハ  Vゝー_ン^       |::::!  彼女の創造主らしいけれど
           ∠!⌒7⌒ ` --'、__ヽ                | !_j  |/         `|
          ノ _.| /  /   /  `ヽ、          ' |:::|  K            |
        (   `|  /   ,   / /    r ― - --イ 〈:::|  |            |
        イ  ⌒ゝ       /  ,..ヘ_- v'..: : : : : : : :,  /:^|  |フ              !
      /r‐!   --、ノゝ_-- ..__ _ イ_rf´_)|: : : : : : :.:. / /.:.:.:|  | \             !
    r' イ__:::|   ___ノ:>====< : :ムゞン j|! : : : : : :./ /: : :ハ  | / \.          !
    ヽ L|   ヽ ´ ヽ rフイ!: : : : : :.ゞrレ' ~ヽー: : ./ , ′: : . |  |,/   ヽ.       !
     > 〉   |ゝノ⌒イ´ ≧;: : : : : : : : : .〉 : : : :/ / : : : :.ノ |  |!    ,   \      l
 _  ''´  / ゝ _  .. :::: :: ヽ_ ノ: : : : : : : : : /: : : : :´: : : : : : :ヽ. |  |   ,.イ     ヽ   |
  \  イ    /::::::::::::::: :: :ノ | : : : : : : : : :イ: : : : : : : : l\: : : :| |  ,  / :::       !.   |
   V::::::|    l::::::::::::::::::::/ ` |: : : : : : : ノ1!: : : : : : : : :ヽ \:ノ ノ ノ / ::::::...     l    !
760 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:42:52 ID:UHaRJMjw
.
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` 丶 イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ   ダークウィッチが創造主…ねぇ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_   と言う事はあの娘、ゴーレムや生き人形の類かしら
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァz く::.::..::..`ヽ、
     |   / ハ..:..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.トj /  ヽソンV...:.::.::..} ヽ
     |  ,イ  :..\::.::.::.::.::.::.:_:.::./__::.:イ}_   j l r}::.::.::.../  ヽ
     l   l |   ..:..:|`>ォr<   __::.::.::.::.:ヽ}、 /l j_{ノ::.::/:..:.. l l ヽ
      ヽ. ! !  ..:..:.|{{´/小ヽj}:r<ヽ.ヽ:.::.::.::.::ヽ} /rソ:}/K`=i:.||ト l
.
.
.
               ,.'´  ,rー≧~~~`ヽ
         <´: : : : : : :{ (⌒~'⌒ヽ.ム
.           ,へ : : : : : :{ レ‐{薔}ニ].}
         l: : :i`゙ー- 、_ゝ、,く_l::!、∨ノ   ゴーレムにしては感情が豊か過ぎるかしら
         '; : :! __  `゙=‐l::lハ:;〉
.            '; :ハ,.-r.、`  ´ゞ' 7/)ヽ
           〃八. ゞ'   ,   /'⌒ヽ
             ゙ '⌒ヽ、rvy.、_ィ_ |=シ
           ヾ,-‐{y′ ´r‐'ヽ. ラ-、
           ∧ラ ヽ、 ヽ.、-.!、  ヽ
          .ハ └' r'7   { ヾ;j .!   ハ
          i    {. ヽ バYヾ!|    }
          :、  ノ ヽ∨. ', }、. |    〈-┐
             >介1   ヽヽ l.}v',.>   ハニ.、
           `1/<    ゙iゝ}´     ,}、}}
          //- {`て ̄ ̄´    ,. へlj`
           `  >、 ヽ      /    \
            /ヽj_!、,、\_ _ ,人      \
761 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:43:21 ID:UHaRJMjw
.
        __ィ  // { /             \  、  Y
       〃 ̄77こ{ {  ヾ                  ヽ   {_
       {{  //!  j |  __}   ,                ヽ  │
.        }} // 辷_} ! { / i  i    i        l     ‘, ノ
.         ヽヾ彡)__| {   >┐-=-廴_ ' l   !   l      }{_
        // {   | ! ' / }从{  }丶!  │ ノリ     i__丿
          }}   ヽr劣ヽ ノ{_  | ィ斧ミミヾハ  !-=テ‐y  ,リ
.        │|   冬彡} {  ノ |i 弋_,ツ   ヾハィ笊Y/  /}/
.        │|   ド彬ヘ_Y i i|  `       じ' 7从{'   生き人形にしては細部まで人間そっくりだったわね
.        │|   ,'    } }i. |         '   ^ 小ヘ
       ¨7   ,'      | |_i |ーヘ、  ⊆'     人 | l i   アレもコレも人間の娘そのままだったわ
.          '   '   __.ノ| |│l   ! \_  .-≦{  ! l l
          l   !   {  l │ ! !  |、 }'笊X  / \! | |
.        ,   │  入│││|-=ニ=竓チヽ{    \|
       /     | ,/  `| レ'´! |   i  7 Y \    ノ
.       /    /    | |  | |   /´`{  '   `T爪! |
      /   /       ! !  ! !  .ノ!  {\   /'| | ヽ|
.
.
.
              ___
      _ _  ,. :': : : : : : : : ノ`⌒_ー- 、_
.     /.: '´`ヾ: : ー=`ー _: 了⌒゙<(__rく>气
.    /:/   /. : :ゝ 、: : : : \ {i:{ ̄rく}_r-刈ュ≠え)
   |:'    ,: : /, /\: :` <ゞ==禾圦乂}zz彡{
    '    i: /. //    ` <: :ゝァ 7!ハ__マム_rイ
    \  .|:゙. // し      `<辷.!i:i:!  マムr'
         } /リ ヽ     、  ノ  }i:i:| /弍ソ   …そ、そう
        {リ/ __≧    ≦__  ̄}゙ :/
        i'゙ハ . 了..ハ`    了..ハ  .ハ)      真紅がそう言うなら、そうなのでしょうね
.       八 ム ゞ゙'ソ     ゞ゙'ソ .' /. ァ
       rく>ム : :       : : u イ.イ. : :j{
       }-: : : :.> .   っ  . イく: :_彡: イ
       j_彡: : イ }r=≧x≦=ミ:' }-=彡: :}
       /. :-=彡゙ムゞイ/・キ: : :/ .└く: :/:ア

“やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十二話 勇者Side”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第34話。

2012.01.19 (Thu.)
556 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/01/09(月) 14:49:28 ID:20.L4rWs

本日20:00ころ、投下します。

今回、西域の班超たちの出番はなしです (´・ω・) 。



あと正月休み中に短編作ってました。
「―エジプト人は、ネコが好き好き☆伝説― ペルシウムの会戦」

スレ本編(あと後宮スレ)で、最後のヤマ越える前にソウルジェムが真っ黒に
なりそうだったので。
ぬこ萌え話を作りたくなったんじゃよー…。

まとめサイト様

やる夫短編集 地獄編
ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-4554.html
嗚呼! やる夫道
ttp://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-1398.html
やる夫スター
ttp://yaruostar.blog.fc2.com/blog-entry-933.html
557 名前:名無しのやる夫だお :2012/01/09(月) 18:48:31 ID:G/ke/Nfc
主人公(笑)になるのはよくあることとはいえ・・・和帝と比べちゃ仕方ないね!
558 名前:名無しのやる夫だお :2012/01/09(月) 20:09:26 ID:PwnCTzvQ
ここの>>1のぬこ萌え話とか色々な意味で超期待待機
559 名前:名無しのやる夫だお :2012/01/09(月) 20:09:59 ID:M8zPh8LY
ん?
560 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/01/09(月) 20:27:50 ID:7gUvntGE


遅れましたが投下します。 今回から、敵味方の入れ替え激しいかも。


このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第34話 ―班超伝、和帝紀― 

.            /        ハ       ヽ   ヽ ヽ    ヽ   ',
            ′ /  / /  '.       '.  '  '     ',   ',
         i //  / /_ -‐-       i   } ! }    '   :i
.           レ’′ / /´   \    | ⌒ト.、! |   ', ! l
.         /  {   ' /    - 、 \   !\ 」  l` j  } ' ! リ   、
        /   '.  V x≦卞、    \ {  ンzミ j∨  ハ '.乂   三__|__
            /八 {小::::::::ハ      ` ハ::::::ム '. /  /ヽゝヘ  口 |
      {   / / rト。 V^ ソj_         {r 、::;: リ j/  ∧   ',  ‐┬‐
.      '. , 〈 (| ` " ̄     ,       ` - " 〃} / ':.    } │田│
.       ヽ{   ` ‐!、 ハ///           ///∨ //   i  /   ̄ ̄
          \   >      ` ー        -イ    ノ /  、 マ
     クスッ   )       >‐v‐ ~- っ_  -‐<     //    了 用
.         -=彡ソ    「ミ=/ r―<´上ミ、        ( {     '"`ー‐
.          _r'___   _rj  / '´, --、 ヽ ̄〔           \     ,
       /     ̄{:::::{ ≧{   ⌒ヽ ヽj _ノ` x‐r-  _    ヽ   レ |
       ,′     r '": : : : '.  「ヽ ! j´: : ミ/::/     ヽ   ;    ノ
        /      '.: : : -=ヘ    し`i=-: : : : : >    ハ  /
.       ′   'ミx \: : : : : i    八: : : : : /     /  ∨
561 名前: ◆FVgnd.HyPc :2012/01/09(月) 20:31:08 ID:7gUvntGE

・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
   ■時間軸上『やる夫光武帝』スレさまから多く引用させていただいてます。

参考資料は

  おおすじ:『やる夫光武帝』スレ 様
    やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

  人物のキャラ付け:『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』

  細部・時間軸:『後漢書』『三国史記』『太左順 班超』『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』
           『資治通鑑』『宮城谷昌光 三国志』

  マップ:『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』
       中国東アジア歴史地図 ttp://www.geocities.jp/mapqin/

  軍事全般:『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』
         『武器甲冑図鑑』

  文化・食生活:『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』『風水の本』『儒教の本』などです。

展開上、フィクションで補ったり。省略してる箇所がありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

  漢代の市 様
   ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

  ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
   「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
   「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
   「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

  やる夫の図書館 α版 様
   ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

  やる夫之書 様
   ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

1の他のスレ【やる実が、後宮の女史になったようでス。】は
以下のサイトでまとめていただいてます。

  やる夫春画之書 様
   ttp://yaruobookoferos.blog.fc2.com/blog-category-7.html
・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第33話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第34話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第32話。

2011.12.29 (Thu.)
627 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/23(水) 20:44:10 ID:/XkCkXYU


本日間もなく投下します。


やる夫スレ用AA作成依頼スレでa様に更衣小夜 (BLOOD-C)のAAを
作成して貰いました。ありがとうございます。

竇憲一派の郭挙(かくきょ)は、和帝と一派の
最終決戦に登場する人なので。
            ┌i
    r┬ーnnnn─┤|┬──────────────ミ、
    `ーーUUUとr‐┤|┴───────────────
       |   r'  └   -───-
       |   |  ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
        |   |/:::::::::::::::::::::::::::::::-─:::::::::::::::..
        |   |::::::::::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::、
        |   |::::::::::::::::/:::::::::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
       i   ’::::/:::::/::::::/j从::}:::::::::ハ::::::::::::::::::
       ∧  _V::::::/:::::/芋ミ  jノj/ ⌒ヽ::::::::::::::i      守ります!
      ;:::::冫´ , V⌒:::/{::U::}     =芋ミi:::|::::::::::|
      |/ /  V:::/ 辷ノ ノ⌒Y {::J:::}゙l:::|::::::::::|
      《 /    {:::{`ー--‐'  ' l 辷ノ |::.|::::::::::|     特に他にすることもないので守っておきます!
      \.      |:::l\  .r‐‐ァ `ー--ゥ'::::i::::::::::|
       x\   ∧::::::::> .ー‐ _,...ノ/:::/::::::::::l|
 _  -‐‐<メメ/\/  \{ />rヘ:::::::::::::/:::/::::::::::::リ
´:::::::::::::::::::::`ヽ   |::    \《○》:::〉`=ァ ∠ニz--‐'
:::::::::::::::::::::::::::::’  |::、    冫゚゚゚/  メく     Vハ
::::::::::::::::::::::::::::::i  |:: >‐/  ト、     /ヽ   〉 ゝ‐-ミ
::::::::::::::::::::::::::: ノ  人/ 〈   j 〉ー=ァ  ::jj  〃:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::/ //`ニ=ヘ / /  ∧  ::{{  {:::::::::::::::::::::::::


629 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/23(水) 20:52:05 ID:/XkCkXYU


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第32話 ―班超伝、和帝紀― 


                ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
              「 ̄ ∵「 ̄ ̄ヽ: : : : : : : : : ヽ: : :丶∴
              ヽ ー「]´ー  / / : , : : l : l : ト、 : : :\
          ___ く/: : {   イ: : :l: : :|: :l :} /}: :| Ⅳ、: Ⅳ
        \ ,ィ : : : / \ l : : |: : :|: :}イ/ 从{ ,ィハ{;イ′
         イ:/: : ; :/   }`: : :|: : :|: :|ィ升、   弋l ′     わたし…徳が薄くて、
           }/: : /:イ    { : : 「}: : :|: :|乂ツ   ` ''〉
           {: : /: ム「ヽ__」ゝ: :`ハ: :l: :| ''''   ー ' /{      何の取り柄も無いけど。
         }: /{Ⅳ    、-=ーハ:ヽ:ヽ.__/l/
          lイ/        〉_/ヽ二 Ⅳ ヽ \. ′
             _ , '´/ \ _ 「:ハ }, ヽ        悲しんでいる人がいたら
             ∠´ __/ `\ ヽ    ~ r「、} 〉
            ∨´ }    ハ ヾ,rーv「ィ´} ィ、        何とかして救いたい。希望を与えてあげたい。
                /     }ィ^マ、  }・} ト_ム>
                  〈 ` ー.   ヾ  マ、 }・} /^ |~
         _ ___ヽv._, ィ /  〉} / /´  .l        そんな皇帝になれたら
      r´ 〉〉     〈ム」ム,ゞ>   ム'/./}   /
     「^r' ´       /   /    ム/.//   ./`ー-.、      夢が全て叶っちゃうんです。
.     //     }~ヽ |    l    ム' / '  ,/  〈 〈
  <.ィ     __ 〉 、ヽ|    |    ム,イ/}、/∨{ィ   ヽ\
630 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/11/23(水) 20:52:45 ID:/XkCkXYU


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活

中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7

やる夫之書 様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第31話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第32話。”の続きを読む

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十一話

2011.12.23 (Fri.)

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十話の続きです。

702 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/12/18(日) 17:16:10 ID:/qXhCSPE
.
<< 第二十一話 >>
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||            //  ||    //
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |└―――――――――┴┴――――  「 勇者の、真似? 」
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :,. ───────- 、 ,──────── 、 : : : : : : : : : : : : : :
────, ─i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、─────‐
───/  /|              |             |   ├─────
     i´ ̄`i |_________,|___________i´ ̄`i
     |    |/             |             |    |
     |    |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |
     |    |                  |                  |    |
     |__|___ , -─────┴────- 、___,,|__|
           /                    |
             /                  |
            (_____________ノ
          | ||                 | |
          | |l                 | |
.
.
.
             /: : : : : ヽ-/Y`ヽ――-ミ    /: : : : : ヽ
          , イ: : イ : : /:ィ /:ハ: \: : :  ̄`ヽ /: : : : : : : :}、
         〈: : : 〃: : /: 〃ハ' :{:ヘ: : :ヽ: : : : : : : >ユ、: : ∠うム、
        ヽ: :V: イ: : :": :/ : ヽ: ヾ、; ; \: : : : : ハ ∧ : : : : : : : :}
           .>"/: : : : /: :ハ: : : : : : ヽ: : : :ヽ: : : : : { :} : : : : : : : :'
         /: :/: : i: :/: :,'  ; : : : : : : : : : : : :\: : : V} : : : : : : :/   んー
        ./: : : ' : : :|: i: : |  .∨: : : :i: : l: : : ヽ: :ヽノハ : : : : : : {
       / : イ : : : : |: |: i |   ∨: : :|: : |: : i : ヽ : ∨/:リ : : : : : :|    勇者の真似と言うか
      ,': :/.:| : : l:_:.|: |ハ!:    ∨: :|: : !: :イ: : :丶: :∨ }: : : : : : |    正確には勇者の、ふりね
      |: イ: :| : : l.: :|弋丶     -弌}、/:_/|: : : :ハ: : :∨\: : : : {
      |:/l: :ハ: : ハ:l 孑示    示Zソハ/`l: : : : :|: : : ト  ヽ: : : ヽ
      |' .l:/ { V: : | { {う/}      {う/.:》 }: : : : :}: : : }:    \: : :ハ
      ' |'  ∨: /ハ `´ 、     `‐‐" ノ: : :/,': : :ノ}       ヽ: ソ
         }: : :八           ''/: :/ :/': :メ:∧     _ノ}/}
          イ/イ{  }ヘ、  'ヽ    , イ: イ : イ/__ /: :ヾ:  ̄` ミ 、 }ノ
         /三 | ||  |: : :>  _ ,. イ/イ: :ハ{: : /三心、: :ヽ、   ヽ
       /ハ三 { .|| ノ∧: :ハ)   ./ {:.:| ヾソ三三ハ : : \
      {[三三]}ス、/|  ヽ: :}   ,   } |_ -X}三三三》ヽ、: :ヽ
      ∨三シ〈 /:∧  ヾ{   ´ ̄`'lリ ノ ∧三=三川: :i: : : }
      匕こイV、 rヽ         ,'イ//`/⌒ヾ三ソ{: :}:.ソ/
703 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/12/18(日) 17:16:32 ID:/qXhCSPE
.
                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)    益々わからん
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',
.
.
.
   ィ‐-y-=ニ ̄` ヽ< ⌒ヽ
   /: : /: : iヘ ヽ: ヽ: : ヽ: : : ヽ
.  /: : /: : : l l : l : :ヘ: : } : : : :〉
 〈: : :i: i: l__| .l: ハ-‐: i_.lヽ; : /   もう、察しが悪いわね
  ヽ: |: |: lヽl_ レルハ: /ノl :{: (
   Lハ: ,ヘl近j  近j/l : l :ヽノ   
    ノ |: l丶、 - ,イ: l : l :ゝ'
    (;、rヾ|‐-,イ〉斤 リ‐ハ ノi`
    |`\ 「∨只、ノ |:":.}
    |: : / | |「 l l_|、: l
    |: /: : 7 l  i/ ゝ: }:l
    | :ヽ: 〈 ヽ/ /: :/: |
     |: : :〉: : ヽ_|/: :1: : l
     l: :/: :o: :o l : : : :|: : ',
    〈;/: : :o: :o l : : : :、: ヲ
.    /: : : :o: :o l : : : : :、´
704 名前: ◆hrPgATdXSI :2011/12/18(日) 17:17:02 ID:/qXhCSPE
.
.
             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´    __ ,,,,, __     ヽ
           {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、    「 だから今回の件、全部勇者の仕業にするのよ 」
         ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄
.
.
.
                           , イ´ ̄`ヽ
.               /|     ./`ヽ、 ./ /`ヽ:.:.: {
          /ヽ、/:.:.:{=-z、/:.:.:.:.:.:.: ヽ//!  |:.:.: |
.          /:.:.:.:.:.:ヽ:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.: _ノ!:.: /│  |:.:.:.:`ー、
         /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:. /:.:.:.:.:.:,z≦":.:.:|:.:.:.:.:.`ヽ、i:.:.:.:.:.:.:.|      勇者の仲間に駄女神が居るじゃない?
          /:.:.:.:.:.:.:.:./:.: /.:.:.:.:.:r=才:.:.:.:.:.: ,'ヽ.:ヘ.:.:.:.:.:\:.:.:. ∧
.        /:.:.:.:.:.:.:.:./:.: /. /:.:./:.:./.:/.:/.:.:.:.l ∨ハ.:.:.:.ヽ:.ヾ`i: ∧    あれが魔王に変な術使ったって事にするのよ
       /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/: /:.:./:.:./.:/.:∧.:.:. |  ∨ハ.:.:.:.:.ヽ ヘ|:.:.∧
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.: ,': /:.:.: !:.:.:.ィ===、.:.:.|   ',イ ̄ヽ !:.:.:|:.:.:.∧   で、適当にそいつの身代わりを仕立て上げて城から叩き出すと
.       i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.i /:.:.:.: |:.:.:.:.l__ ヽ:|   i_   |:.:.:|:.:.:.:.:.:\
.       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.|∧.:.:.:.|:.:.:.イ丁斤ゞリ   イ::::/`ゞ从/!:.:.:.:.:.:.:.: \
.       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽl{7i.:.:.:.|:.:.:.:.|∧::::::ノ   .弋/ ,ノ //:ヘ:.:.:.:. \:.:.:.ヽ
.       |:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:|Yjハ.:. |:.:.: 弋=イ´    ,   ̄イ∨\:.:.\:.:.:.:. \:.:.}
        ',:.:.:.:.:. i .:.:.:.:.:.ゞ、ヘ.:.:∨从     __    入:.:.:∧:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:`ゞ
        ',:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.!人,.:.:.ハ从\   `ー   イ´\`/ .\:.:i\:.:.:.:.:.i
        !:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:/  i.:/ \ |` >‐-z-'"     .}     リ  \:.:.:|
        |:.:.:./:.:.:.:.:.:/    リ   __}ヘ :::::::::廴____/__          \!
        |:. /.:.:.:.:.:./ , -y──'"\ \ ::::::::l: : : : :i  ヽ        |
        |:/.:.:.:, イ /  \: : : : : : \⊥___,|.: : : ::|    i/ヽ     ノ
        /人/ .! | \  \: : : : : :.:\   .|: : : : |   /  /  /ヽ
     /´    ゞ |   `   {`ヽ: : : : : r=、 r=、: : |   / ./ ./ ./
                 |   <`ヽ.\. \: : 〈  | ヽ. \_, イ  レ'" ./
                 |     \ \\. \/  | ∧   \    <__
                 |       \ `  ./   .}> i        ___ノ
                 |  {二二 ̄    i   i ∧\      ___ノ
                 |.     _`フ     ./し' :.i\入 ー'"\

“やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十一話”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 穴埋め番外編「悼騒ノ賦」―梁竦伝―

2011.11.20 (Sun.)

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第16話。の後に投下された内容です。

995 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/04/26(火) 00:52:43 ID:r6DHYGuU


        穴埋め番外編 「悼騒ノ賦」 -梁竦伝ー



   梁貴人の父、梁竦は古き時代の書生を思わせる変人である。

   それは兄の梁松の罪に連座して、交州に流される途中の旅だった。



  (((梁))
  ( ´∀`)
 ( O Oi
~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"
~ ~    ~~   ~~   ~~  ~~~  ~~
 ~  ~ ~ ~   ~ ~  ~ ~~  ~~
 ~  ~ ~ ~   ~ ~  ~ ~~  ~~
 ~ ~   ~~   ~ ~   ~  ~  ~ ~~  ~~
 ~~   ~~   ~~  ~~~  ~
~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"


               |::;ィ:彡:::::::::::::::::/::/://:/ / /: : : : ::..:i: i: : i:::::\`\           ,: ,. ;,、
              __r'::::::::::::::,:ィ彡:::/::/ ::::::/::: :/: : : : : : :リ:リ: : i: ヾ:ハ  \           ,: ,,:゙, ,
            , イ彡{:ミ=-=彡::イ:::/::::i::::::::::::::::/: : : /: :.:./:/ : ;小 : : :ハ   ,        ,: '.´'  ゙ : ゙;
            ,.イ彡'  ト=-:-:-:彡:::/:::::::::::::: : : /: : /: / : /: : :./:.:i : ハ: : ハ   |  ,: ,. ,,.:.:,: .::'.:'゙
.        //´    .|`:ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ /: /: :./: : :./从レイ:ハ:i : :i  ,! ',: ;',´
.        /:::,:′    /:::::::::::::/⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::/:::/:/ : : :/     リ!:.ハ: : |     ゙ :゙ ,. ,..
.     /::::::/    /´!:::::::::::| i´::ィ! }::::::::::::::::::::/:::/: : : : ::メ、  /小::::i! リ       ゙:..,: ,.゙;:.: : 、   ほほう、これが童貞…
.      / ::::/    ー=彡: :::::::::| i: :i  Ⅵ :::::i::::::/:::/:/::/-.    イ:::::::::|!/          ,:;' ':,
     /i::::/  ,ィ‐ァイ⌒/ :;:ィァ :ト、Y   |:::::/|::::::::::;:ィ<!ア/⌒} ,ィァ,-、::::|!           ',:  ',   もとい洞庭湖か。
.    {_,!斗イ⌒ 〈: iイ// /:::/.八    !::/. ! :::::i´ \/   ∠_'/  リ/.|!            ',:  ';,
 ィi⌒〈 ( ::{ !    ',| (  |:::/ . . i   |:!. l:::::/    (_ /  i{_/ ノ         ,: ,. ,,,: ',.  ;,
  ヘ   V  V   ',|     Ⅳ  . . .i   l|  |::/         |/:::/ ,へ、     ,: ,.;'   ,,: ,. ゙   ',  呉子胥や屈原がこの辺を
. //ヘ   V  V.  |       . . . .',  i!. l/   , ,, ,, ‐┬┘:/ 〈  }\,へ、,.'  ,: ,.' ,  ゙ :,: ,., '
. ///ヘ   V  V |      . . . . ヽ. !  !   `ー、―ァ┬ ' / :/,:'.' Yっ)::::{  }´⌒ヽ、 :,: ,        無罪で流されて
 ///∧   V.  V !         . . . . . .\.        ̄_,ノ ,//'.'. (二エ二二二邇; :,: ,´ ̄ヽ
 ////∧  i::ヽ.  \\   .i . . .´ . . . . . >、,  ,,  / \/,: ,. ,.;'   (、 `ヽ|   |    :i   ハ      行ったんだろうなあ。
 /////∧ i:::. ヽ  Yハ  . i. . . . . . .,イ:::i .i>x'__ノヽ//::\、      \   ト、 ヘ.   |   ト}
 //////ハ i::::::::..\ i ハヽ .ヽ . .イ´ ∧::i. i::::::::. |  .}////:::\     |   ! \.:ヘ. . 〈 . . .!ハ
  ://////| i:::::::::: . i   i \. . . /. .//∧i i::::::::: | ∧/////::ハ   |  . . .ゞ弋__}、__リ. ハ    俺、聖地巡礼中?スゲー。

              梁竦(りょうしょう)、字は叔敬。

               梁貴人の父、『七序』の作者

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 穴埋め番外編「悼騒ノ賦」―梁竦伝―”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第9話。

2011.10.24 (Mon.)
741 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/02/11(金) 13:10:16 ID:IOrDPdMw


 「   ̄ ̄ ̄`ヽ
 |:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.│
 |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│              本日20:00頃投下予定だろ。
 |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
 |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /   今回、戦争パートなし。
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../ 
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /     古代中国の結婚風俗や宦官について掘り下げるので、
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./ 
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /       1の他スレ「やる実、後宮の女史」(18禁)と一部クロスオーバー
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |        するだろ。



      ______
      r〃〃〃 f7⌒ろ)
      l∥∥∥ ||   f灯
      |∥∥∥ ||   | |
      |儿儿儿._」∟⊥厶
     〔__o____o_≦ト、 
   / /" `ヽ ヽ    \
 //, '/     ヽハ 、  ヽ ヽ     こっちではモロだし描写しないけど。
 〃 {_{  ― u リ| l     l :i|
 レ!小l) ( ¬) 从|、 ノ 、 i|
   ( 、,、_,⊂⊃  |ノ\ リ |ノ
   ヽ、     j /レ j ,/       チャンピオンレッドくらいには、エロパートが
     ヘ,、 __,イ  -‐/イ
        --ヽ`ー'::::::\       続くお。注意だお。
     厂´ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    /.   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
743 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/02/11(金) 20:00:30 ID:gqnfsbuQ


では、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第9話 ―班超伝― 

              |     `丶、‐┐ ,. ‐''"´   !
                ,ノ      `ヽ.「`Y /        ',
            /   ,. ‐''ニニ''‐、_} } | _,.. -──-、_」
           /ヽ 〈    ̄  /l ̄`ヽ、       /
        ,. -、__rく   ハ 〉   _/、__八フ ヘフヽ    {
       / /    `>、 V_,. ‐''/      ̄、 ⌒ \__ノ
     { {{    / |___,.イ /   /     |   、 ヽゝ
    ↓ ,ゞ-‐¬′  /   l l   |      |   l |  l
    !Y!         |  l | | | _|     i |   | | |ト、      班昭おかーさんの子では、
   ヾ、{ ',      ! レH|T「 ||`l|   | ナlヽ/ ! l/ ヽ、
   r彡ヘ ヽ        ト、 トN>}キヽハ、 _ノ{≠リ/ / /  //    曹成おにーちゃんしか、
   |!   L\\_  _ノ 个 { iひ。1     な`! 〉ク/-‐'" /
   lし   ヒ_二ニ い'ー┴ァヽ.'ソ     ヽ'ソ /ご===ニ´      名前が残ってないけど。
        ,ニ=フ''⌒ヽちフズ """ _、   ' ""ノ_二く-‐'''´
       /≧>    乙.\ヽ/´ `ニ´`ヾ〔=ニ之≫
       { 〈〈__,ノ   ≪_,ノ/n∟、/  ヽ ,..」((´〈〈__))
         ヽ.  ̄       )‐、/゙r''づ、ヽ__/(^ヽ∨   ̄    
    _,.. -─〈/ 丶、 /} _l  '"r'う___ (^i〉 !         当てはまるAAが無いから
  /, -‐''ア /      フ_{イ|′  _/ / {´ `_ノ   
 ヽ〈 ///´ヽ、 ─/´ |{   /| } !   / i            娘の私が出演なの。
  } l/ .//    ヽ     Nヽ′ ! T| _,ノ j 
  L/'/     ヽ     Nヽ / | N   /
744 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/02/11(金) 20:01:23 ID:gqnfsbuQ


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活


中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/

などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第8話。の続きです。

ちょっとエッチなシーンが続きます、閲覧にはご注意ください。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第9話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第7話。

2011.10.24 (Mon.)
231 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/30(日) 21:46:45 ID:vAA0BSz2


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第7話 ―班超伝― 

               ,.,.,.,.,.,.,.,.                            //
              ソミミミミミミミY                        //
             ミミミ>」TT`Yヘ                       //
            __//ミ^j  壬 }  ((                      //
        /    ヾi Yj    _〉   ))                  //
      /  /     |! _ へ、 ´}¨¨~~                   //
     , '   | 三ニ i!´ヽ、  ̄                  //
      / .:.:  |  ニ三!    >、                     //
    / ,;.; . L___..」  /  ヽ                //   結局、治世での
   , ,.,.;:;:   ;;|   iヽヘ    `¬ー _       //
  /.:.:.:.:   .;.r┤   L  `ヽ..         ̄ 7⌒ヽ/      武官昇進基準が分らんから。
  /^.:.:   .ーf! i    `ヽ  `ー ― ――ヘrf^ヽJ´
  i~~ 、__」  L__   _`ヽ ___    //ゝ'´
  |r――‐- .. こー;:´.:. ̄.:.:.:.:.:. ̄ヽ、  `ヽ//       武侠小説風に進めるしかねーわなー。
 irヾ_ _ ..........` ヽ、.:. .: .:. : .: .: .: .: ::〉、 ヽ/
 |i Y`ー== __ ).:.:.:.:.:.:.:/.:.:./:/ L__ソ
 || |: : : : : : : : : : / ゚〉r====v____..イリ             …と、思う甘英(かんえい)だった。
i ヽ!: : : : : : : : ::/ /;;`ヽ__:::ヽ__../、
」   |ヾ======/=メ; ; ; /; ; ; ̄ ̄ヽ \  
   L: : : : : :/    ̄ヽ; ; ; ; ; ; ; ;:}   ヽ
     ̄ ̄       `  ̄ ̄´    \
232 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/30(日) 21:49:43 ID:vAA0BSz2


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』=軍事全般
『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』=文化・食生活


中国東アジア歴史地図(当作中は、前1世紀~後1世紀の勢力図が該当しています)
ttp://www.geocities.jp/mapqin/

などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。
以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第6話。(と番外編「後漢初頭の軍事制度」 ―趙憙伝―)の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第7話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「後漢初頭の軍事制度」 ―趙憙伝―

2011.10.22 (Sat.)
164 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/27(木) 17:50:32 ID:zHfLt5CY

                    ___ ........... _
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
               /::::::::、丶ヽ\\ヽ、、::::::ノ\
.               /:::::::::-=≠ミYミミY7、、Y/::::::/
              / :::::::::::/::イ /    ||  `"´Ⅵ\
.             /イ :::: イ::::彡| |__  ||、     Ⅵハ       本日20:00から
                イ :::::/⌒Y |ー=゙㍉>|| :> ,ィzー从  ',
                从::{⌒Yミ、| l    ||´ 〈`゚"´}ハ:!  ',      番外編として
               |//∧て、  | l、   |i   ∨ / |l  i 
                { Ⅳ:: `ーヘ | li   |i   ___\  !!   |      「後漢初頭の軍事制度」
                Ⅵ::::::/ ハ | l:i   _|i__,、 /  |!  |
                ∨:::i|  ヘ 八. ´ |! ー゛/   ノ   ノ       を検証する短編を投下する。
               八ノi|   \   !   ′      
           「 ̄ ̄ ̄ ̄ミ . \    ,′
.             |::::::::::::::::::::::::::::::::\ ー<____   
        __ ノ ̄ ̄ミ 、:::::::::::::: / ハ:::::::::::::::::|
  --==  ̄ :::::::::::::::::彡'´ ̄ ̄ミ、〈、 {`ヽ:::::::::::::::|
  __ ... -==ニ二 ̄:::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄|__彡ヽ::::::::j、___         その後、別スレの
  . .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ==::|圭圭h::::::::::::::::::::}、
  . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|圭圭从::::::::::::: /、ヽ、_    「やる実 後宮の女史~」(18禁)の
  . .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::: \:::::::::::::::::|圭圭圭!::::::::::::,::::::`ー--ヘ
  . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::ヽ:::::::::::: \:::::::::::|圭圭圭!:::::::::/::::::::::::::::::::::∧  方も本編を投下予定だな。

                 趙憙(ちょうき)

              字は伯陽。荊州南陽郡宛の人。

              官職は衛尉(えいい・宮廷の警備長官)。
167 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/27(木) 20:16:23 ID:QGlB3yS2


やや遅れてすいません。投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


      番外編 「後漢初頭の軍事制度」 ―趙憙伝―


―――永平十年(西暦67年)。

        班超、何かの事件に連座して蘭台令史をクビになる。
        史実での詳細は不明。


              _、,,、,,_
             、ィ=彡ミミヽ、
             〈,巛ハヾヘミr、
           _丿ソ/リlヘヾヽy〉          ・・・・・・。
            フノりノノll.iノソノ》,
        __彡リ)));ノノハ//リ'ヽ__
      /´;;;;;;;;::::..《" 〉巛l 《lリノハ::::::;;;;;;;:::\
     /;;;;;;;;;;;;;;;,,,:::::::` ':::::ヾソノヽ:::::::::;;;::;;;;;;;;;;;;ヽ.
     l;;r-=レ;;;;;;;;::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::;;;;;;;;;:;;;_:::l
    i__,_/;;;;;;;;;;;:::::::::::::/;;:ヽ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;l___`i
    / / l;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::: ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/` , \
   .//〉  l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ::  〉  l
   |   _ノヽ,ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノヽ j  /
  (   _ノ,イ 〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ゝ-  ヽノ)
   ヽ-"   │(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j /´ j`  /
   ヽ    │ `);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ l /  ノ

              班超

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第6話。の後に投下された番外編です。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「後漢初頭の軍事制度」 ―趙憙伝―”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第4話。

2011.09.28 (Wed.)
461 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/15(土) 20:08:37 ID:eWbFJwlA


では、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第4話 ―班超伝― 

 ゚ | ・  | .+o         o。 |  *。 |
  *o ゚ |+ | ・゚         +・  o |*
 o○+ |  |i            ゚| o ○。 l
・+     ・ l              ・|*゚ + |
o。!    |! ゚o                | *  ゚ |
  。*゚  l ・ ゚    _.. -― 、       |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     /,,ィ===、、 \     +   *|
。 | ・   o    メ、-'_ノヽ二>「  _   *゚・ +゚ ||
 |o   |・゚  _  `丁'≡   ≡ ! lハ,/ノ   |  ゚   |       フリーター状態の班超と違って、
* ゚  l|   ヽ.> 、lヘ '''(_人_)'''ハ. l' /ヽヽ  o.+ | ・
 |l + ゚o   i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃・ |o゚           私、班固は大躍進するニダー♪
 o○ | ・゚ l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '。 |!    |
・| + ゚ o   ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉  ` ヽ。 ゚| o ○。
 O。 |゚ *o` /    /l  l ,ノ\.    ヽ+・  o |*
 o+ |!*。  /    /7ヽ/ヘ  \._   |               パトロンは皇帝陛下と、
 |・   | ゚・   l  _./ /    ヽ   ヽ``丶、|  *。 |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_              竇氏ニダー♪
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    >                  <
462 名前:名無しのやる夫だお :2011/01/15(土) 20:09:46 ID:ua9zyMV2
いよっ!変態3兄妹
463 名前: ◆FVgnd.HyPc :2011/01/15(土) 20:10:26 ID:eWbFJwlA


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』『班超』太左 順・著、『異域の人・幽鬼』井上 靖・著=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『西域をゆく』井上 靖・著、司馬 遼太郎・著 『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第3話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝― 第4話。”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。