2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:坂田銀時 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編

2012.05.04 (Fri.)
717 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:43:09.37 ID:080N8zQo

             _ -―-、
           , -――‐ヾ、―‐-、
         /,イ  ̄ ̄ ̄ }) ̄ ̄ヽ
        / /  /\  / ,へ、  \
          / /  /. . . . ー''―'. . . .ヽ、 ヽ
       l /  / . . /. . . . . . . .ヽ. . ヾヽ ',
       ||  ,'. .. ./i. .i .| ,ヘ. . . .l. . . lヾゝ|
       l」  |: . : .!フニ!ミi;/ !ァ;ニ_}. . . |: ::| l
       ヽ  |. . : <ト'  !`  'ト' .!〉. . |:.i:.|ノ      「やる夫が正史を書くようです」第二十四回前編です。
          \l. . . .lゝ- '  ,  `-'j , , レり
             ∧. . lu"  r‐ァ  "イ//人        .このスレの作者は投下中にレスを返しません。
         /l: :ヽト、>、 __ ,イ/ノイ::}、〉
             レVV': :゛:|ー┐┌|: : }リV        .後、投下内容に関するネタバレ発言はご遠慮下さい
           r‐'´\: :|\ 二ノvV⌒)ー、
         /`ー--_リ'⌒7rjヘi⌒ヽ/ _)
         / ̄ ̄ ̄\__/´ ○〉 V  ̄  |
         ,'    \ くr┴'⌒::V´\.   |
          /、0 ___/V::::::::::::::::::|―^0r―‐|
        {  V   // ̄\:::::::::ヽヘ/ _イi
       ヽ___イ7 /     ヽ::::イ_,イ  l ',
        /||  /||\       ノ´__| /   ハi.|

やる夫が正史を書くようです 第二十三回 後編の続きです。

718 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:44:47.86 ID:080N8zQo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
719 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:45:43.36 ID:080N8zQo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{       .前回は司馬懿を軸として、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ      皇帝曹芳の治世の序盤、芍陂・樊城の役を中心に述べた。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,      .今回は魏の政冶の実権を握っていた曹爽を中心に話を進める。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      .曹爽転落の軌跡・序章とでも名付けようか?
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|

                                                   ____
                                                  /      \
                                                 / ⌒  ⌒   \
 逆に言えば、どうやって司馬懿がクーデターにこぎつけるか、かお?     /  (ー) (ー) /^ヽ
                                              |   (__人__)( /   〉|
                                              \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                            ―――――――― \ _ _ _ )
720 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:46:53.48 ID:080N8zQo
【紀元239年1月 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .話は少々遡る。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .景初三年一月、司馬懿が太傅に祭り上げられた結果、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹爽が魏の政冶の実権を握る事となった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .言い換えれば、曹爽自身が政務を行わなければならなくなったわけだ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 21:47:05.99 ID:CYe5GaEo
お、はじまた
722 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:47:44.52 ID:080N8zQo

            i.   〃:.  / :\/: : :/l: : :/l: : : : : .: : : : i
           r=、ヾ.li: : : /: :/l: : > 、./|: :/ :l: : :! :! : : : : : l
         / /く` li. : :/ r‐─- 、/\/: /!: :/:/: : :! : :l: !    丁謐よ。
        / /∧:Y li: :/ /l:::::.......:ハ l/:./ l :/:/: /:/: : :!.,'
          / //  V:.li:/./ ヽ:::::::/   l/ _.!/:/: /:/ : :.//     お前の言ったとおりに太尉を太傅にしたが、
       / //    ヽl: イ    `'゛      /::/ 〉:/:/: : :/:/     これからどうするのだ?
.      / //     l l.ト、       〈:://レ'l:/: :.,.イ/
     / //       l. |l \  _   ゝ  / |/: / l/      .私は政務を執った経験などまるでないが……
.    / //      .l リ   ` r --  イi l、/、
    / //   ,、 - '"`く     l li | li  l l lヽ:. ヽ
.   / //   r"       \   {`‐=くli ..!l l ヽ:.. ヽ
  // /'    l  ̄ - ._   ヽ     }〈Y└リ、  ヽ:.  ヽ       -―‐- 、
. // /     l      i     ̄ V¨  i    ヽ   \: ヽ           \ ______  -――― 、
                                       __、   / _  --- 、 __ \     |
              魏 大将軍 曹爽                .\ / {, ィー<ヽ-=、\ !  /丶J
                                          )'゙!  | ゝ-゚ノ⌒l・-、)T´ |/
                                         \l |  lー/⌒!  ⌒lーイ /}
                                          \ー」 ー1  lー' / /ノ/
                                              十=二_l  |_二=-‐ '
     (こっちとしては願ったり叶ったりなんだけど)              l  | |ハ _ノl //
                                        r-、_ /ハ l l_j__」'/
                                       /  l  | | ハ V⌒∨/_ -、
                                          l  l ∨ ヘ\//  /  |
                                        -‐|   l \_/ー'l  /  /
                                         イ   \   / /  イ

                                          魏 文官 丁謐

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .とはいえ、彼の政冶経験は皆無であり、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .彼一人で国政を差配するのはどう考えても無理があった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        どうしても補佐役の類が必要になってくる
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
723 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:48:46.76 ID:080N8zQo


      |         | , -―┴-  _
      |         {/   f二)    `  、
\    /}        《__ j __)       \
 └、   ハ          /   |_/ ̄ ̄\        〉ー――-  、
   l   ハ        / /´}    ,. ┐  \   /         `丶、
    V   ハ     } / ̄`!    /     /   {             )
      V   . -一 ´ /   ⌒ト、__/    \_   -一  ´ ̄
     V/       , ┐   |   /  /´ ̄`ヽ  /
     (_____/ j___」   /   ゝ __ ノ /    大将軍のお知り合いに声をかけてみてはどうかしら?
       \ |レク   ,       く  __    /
        く、__ l{__  -‐  ̄\_/ ̄       きっと力になってくれると思うわよ?
         / /  \     \   /__
          / /  / \_,ノ / / | ̄>\
       {__/___/-一 ´   /〈  レ´   /  -――┐
          |       / | }/   /  /    |
          |     /l    \   /   /    /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .この種の補佐役には、気心の知れた者を据えるのが常である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .頭がダメでも補佐役が賢明で優良であれば、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        組織はそれなりに機能するだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
724 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:50:17.22 ID:080N8zQo

                                                      ___
                                                    /      \
             蜀なんかはいい例だお。                      /⌒   ⌒   \
                                                /(● ) (● )   ヽ
             劉禅様が100%バカだとは言わんけど           | ⌒(__人__)⌒      |
                                                \   `⌒ ´     /
                                                    /             \
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ        問題は、その補佐役にまともな人間がいなかった点ですね
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
                                                /.:.:.         \
                                                 /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                               /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                               /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                             /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                              N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ここからしばらく、曹爽の下に集った人材の略歴を紹介する       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                  `ヘ:ゝ   _     小/
                                                    ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                                _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                              /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                              /  | l:l   l     l   l::l l   
                                              l  ヽハ    l    l  //  |
725 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/11/07(日) 21:51:43.22 ID:080N8zQo

        ./  ./        i ヾーヽ
       /  /  /  /,ィ ,イ  |  l \「`
       l  l ./ l -ァサ.l メ/  ./ /  l ヽ
       .l  .lイ { l< ア::ヽ / /7メ  | l、 l
      ./  .{ |  ll .込:」 ' ´ ァハ〉 ./ l .ハ |
      /    |  |ゝ     〈:ン / / ./ }'        蜀や呉に関する記述は自信ありませんけど、
     ./     l  ト   、_ ' /' .,//l /           国内の事なら調べはついているのです
    /.-‐-...、  rヘ. h \__ <| //'//
   .r" ̄:ヽ::_ >‐-ヘll  {7i_ .-.|/__ /'
  / {::::::::::::::::{: : : : : : :ヽr.イ: : :/': : l
/  .Ⅷ::::ヘ:::::ヽ: : :/ オ下 ̄ヽ : {
    Ⅷ:::::ヘ:::::{:/::/: | ll|: \__};イ              ,――――――――― ァ
     |::::::::::ヘ:::'.イ: : : : |.v|: : : :∨:l              //               /
     |:::::::::::::ヘ::ア: : : : :|::::|: : : : ヽ::〉            //               /
     .Ⅷ:::::::::::ヘ`⌒廴l:::::|/´|:>':::::l                //            /
     .iⅧ:::::::::::ヘ::::::::::::o/::::/|::::::::::l    _ ―-、-、_//            /
      l::Ⅷ:::::::::´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::アア ´  ___ヾヾヽ//            /
        l::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ__z ニ_U_U_〈/________/
      l:::Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/ ノ ノl______ノ________ノ
――――┴‐` ̄ ̄ ̄ `ヽ、:::::::::/タr'´

        魏 文官 魚豢

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        .なお、曹爽側近の面々については、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .『魏略』の著者魚豢が詳細な記述を残してくれている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        .同時代の人々が曹爽一派をどう見ていたかが分かるかもしれない
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 前編”の続きを読む

スポンサーサイト

やる夫が正史を書くようです おまけ「杜畿について」

2012.04.13 (Fri.)
935 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/31(水) 22:33:34.08 ID:CJ5i25go
【おまけ】

                  ,. ‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄}
              / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   r…―- ..,,_/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ
   \ :::::::::::''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     _>、_::::::ヽ、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ̄i `丶、:::`丶、_: :::::::::::::::::::::::: ト、
        | ! iハト、 i、丶、___` ー--::::::::::::::::\
        lハノ!イ仄ゝヽ ナアi`ー-=....,,,____,,.ゝ
        |'、`┘  '^i下心!ハj  ,ハ!
        |/\ 、  ゞ-イ //         読者の皆様は、魏の杜畿という人をご存知だろうか?
.        ☆ ' r‐i> ‐rァ='7.イ´
          \ ⌒ヽ、,.ヘ.::´:::ハ
          \rイ ,.ィヘ.:::::ハー- 、
            └攵アト=ヘ、::::ヽ ::::::\
                / 〈::::::::::::\:::::::::::::::::l
               〉―ァi'´ \ :::::::: |
.               /_ア^'┘  `ヽ、::j
               └ ′         `
936 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/03/31(水) 22:34:04.58 ID:CJ5i25go

                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .杜畿という人は、姓が示すように杜預の祖父にあたる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .ただし、三国時代の終結に多大な働きをした孫と異なり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .彼の名は『三国志』の中で埋没している感がある。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .せっかくなので、今日は杜畿について簡単に紹介してみよう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
940 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/03/31(水) 22:38:23.85 ID:Uza/IEUo
始まってた

演義は読み物として仕方ないけど、行政官僚はほとんどスルーされるからなー
941 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/03/31(水) 22:42:17.89 ID:NUJSABgo
内政話を面白くするには何か逸話がないと無理だしな

やる夫が正史を書くようです 第十九回 中編のあとに投下された、おまけです。

“やる夫が正史を書くようです おまけ「杜畿について」”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第11話。

2011.09.14 (Wed.)
419 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/18(土) 14:06:51 ID:OIxAgAvo
   r'⌒^ヾ<ラト}  .::;::.::;: : : : : : : : :    
  r'ヽYこ'y¬f='r'"二y<ヲ  ,:;::;:;:     
  `ーz^Yゾ'~  {-<rッ)__}>‐{: r‐'7ノ^    :,..,... ;;___r‐、_;; :_::::::
     ̄' '゛   ヾノTヘノ  _/二'Y:: j      r'::;::; ヽヲ'-{::::::
        :.::.:.:..:...     {`〈frぅ}‐},. - 、   <::;::;::;:Z^ーY_ノ
 ,-x==、: : : ::.:;::. ::. :...     `Z二_/:;::;::;::;〉 ::;::.   r'‐lrュ}‐く::;::;::.
^ V_r'7ス        ,r―z._: .: ;             ::: `<工くノ : : :
_ルゝ‐ヘノ      rへFヲノ }        , ィ' ⌒二ニニヽ
ー'^^~      ::;::.:,≧`Zーイ       _. /彡三三三三:ミヽ
      .. :.::.:::.:{_,rく `K^;;:..     /=ミ 彡ニ二-_-二ニミ.ハ
   ::. : :: ::; ::.:;:;:〔__r彡'フ^ヽ    i|三r'"゙⌒ ̄ ̄⌒⌒ミ.乃                  本日、20時ころ投下する!
     __r― 、::;::.::`て{ r'ッ^}.   i彡| ニ⌒ ニ ニ ⌒= |ミ:|! 
    {  >ニ乂:.:;:.:;:::`<_ラ¨゛    rv_| イ,、__,.)v r,___ .)レv                  この大貴族・竇固が、可憐に活躍するぜぇ。
    `ー`く__ノ           )|! Y" ̄ミi冖k' ⌒ミYi(
                    ( { ヽ、  / :ト、  / ! )____________  _    
                    ___,..ィヘ    ̄r' ,::トy ̄ / ハ´ ̄ ̄      ̄T ハ 
            ._____, ィ== "  ̄ / ハヽ ノ,`__-_^_ ┐r/ :\         :|  |i       ガハハハハ。
        .r/ Τ       :/   .∧`ヽ `ミニ⌒´// |   \       |  ||  
         i|  :|         :/    Y. \ヽ _____ _ _ノ  |  /       :| ::||____ 
         l|  :|         \    |  .>ー_-_‐´入  |  '====┐    :|  :レ刀i 
         l|  :|     _____ ≫  | /ヽ 乍__,lレ ' \|      |    ::レ/ イ 《____ __
         /ハ :|    | ̄       | ヽ   V ̄ V  ,ノ|        |    :|/ / ソ  ゙゙゙゙̄`V
       ./ヘ   |     |        |     /_ , '::ハ   |       |____  :|レ / , ィ   └ヵ
420 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/18(土) 17:01:55 ID:FuahgLH2
待ってました!

竇固という事は、永平十六年の匈奴戦ですな。
むしろ耿一族無双始まるよー的な。
421 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/18(土) 20:06:45 ID:Q0Fy4q2w

>>420
そこが、班超ルートの真の始まりであり。祭肜の最期だったり。


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


      『美人薄命』 ―祭肜伝― 第11話。

                              〃´⌒ヽ
                  .     , -――  メ/_´⌒ヽ
                     /U  / ̄  ´ヽ ヽ
                    /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
                    l  / /(((リ从  リノ)) '
                 __|  i  l   . ヽノ .V l
              ,, - '"r' }l ,=!  l  ///    ///l l
            ./   /   {l ヾ! ', l         l l       洛陽から幽州へと帰省中。
           /-、   i    ||  ヽヽヽ   -   //
         /  ヽ  |_   l    ヾ≧ , __ , イ〃
       /"    !      ̄ \  ゙''===''゙/ / /         今回、主人公のボクの出番は、
      ノ ̄ ̄ '''    l       \__/-、 / / /
    :/          |        "~   `´ / ' >        少し後になるんだ。
  /  = 、         !               /_ -‐<-,
  {     ニ\  /、 ヽ-           //     {
  ヽ_, -'" ̄   ` ´} _   _,-‐-=ゥ‐- イ >  r '  ̄ ト
   <_     _,, ィコ   ̄    、 -ノ_, /  \/\    l,-、,,-、_
    ヽ_ ヶ、'~   \,_, -,‐_T`‐--イ/ 、   _,, - +‐ti;;;;,、 ヽ , `、
      `''t‐t\  r ' '  i  >;}~ )ニ-i─ t'", -─| |-'┴/_l_/ノ
      : ||/::::::::`{;;;i  i i__i__/''ヽ |:: ̄:l ̄l~:::ヽ   |_ ===--、__
       :{|:、:::::::::::::::`イ‐i=-_‐, -ー!:::::::::| |:::::::::::ヽ        `
    : / i|::::::::::::::::::,,-'T~ :_ -|_:::::::::::::i==i:::::::::::::ヽ
422 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/18(土) 20:08:13 ID:Q0Fy4q2w


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第10話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第11話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第10話。

2011.09.09 (Fri.)
208 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/04(土) 10:40:49 ID:g3hP7h/U


    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ ∵
  ∵ ::|二二二二二二二二二二二二二二|  ∵∵
 ∵∵ / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}   ∵
. ∵ :: /`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ   ∵
     i:::::::.i:::://      [...-}::::i-ー:::::|::::::::::|
      i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}      本日20:00に投下する。
     {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i  
     i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
.     {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i      主人公がチートなため、
     i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::} 
     .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{       強力なライバル不足だったこのルートも
.      {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
.      i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|       あと2~3話で完結する予定。
.       i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
       i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{
209 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/04(土) 10:41:50 ID:g3hP7h/U


             メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             ル:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ル
           フ:::l::::::::l::::l:::::::::::::::l:l::l:l::ll::l:l::l:l:::}
           ゝ从厂ヽ/;"゙ヾ;;;ソ乂乂从从乂::l
           寸´_ヾ、_____〃_ ノ:l      ……今の所。
           l l´  `ミ、__,,  __,,彡"    Yヽ
           l 6|   ー====z   ===‐´  l l
            ヽ_                lソ       敵対勢力は北匈奴と
             l     、   }      /l
                ハ       ` ´     /         俺ら烏桓の若手だけだからな。
             .イl     -─--   / │、
             / || l  \       /   | ' ,  
      _、-'' ` ,〃 l    丶、____ ,/    |ヾ ':,ト、_
__=-‐´. 〃i i {{ ,'                }}  ':,、  ` 、.,
210 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/04(土) 10:43:02 ID:g3hP7h/U


              _,.イ~           `ー、             /:::  〈
             /                   \            〉::::  〉
            /                   \        /::::  /
.             /                        ヽ        /:: /
.          /      !     |  |   |        'i,       /ミミ/
          |       |ヘ     :|  |__ム、_/  i     |     /ミミ/     とはいえ……争いの種は尽きない物。
            {    ヽ |_ハ    :ノて~レ' レ'   :/      !    /:: / 
           | 人  ''て丁ヽ :/ ,-=テ云示`ヽ/ / .. :: : }   /::  |
         |  \ ,ィテ示 ∨    辷 少 | / /  :: :: ::/   /:: /
         ∨ \〈 K_;ソ r-‐く、  ~  _,イ / :: :: /  ./ミミ/        「銀英伝」でいうならヤンの死後の、
          ヽ \ \  _ノ、   `ー─''"/// :: ::∨ /::  /
            ヘヽ < ̄         / ,.イj :: //  Y:: /          9,10巻のような展開と……
             \, 〉、   ー       //  :/|/  /:: l 
               ∨> 、.      ,.イ |  ::/ /  ./:: /           思っていただければいい。それでは
                 ヽ__>‐ '" _,,.ィ<ー‐ゝ、 ./:: /
                /:::/`T ̄ _,. <:::: ::: ::::ヘ/:: /             開演までしばしのご猶予を……。
            _,.イ⌒:::: ://^ヽ /:::: ::: :: :: :: '"/:: /

             滇吾(てんご)、西羌族の豪(首領・ごう)。
211 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/04(土) 11:14:49 ID:Thj8h8qA
お待ちしておりまーす
212 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/04(土) 20:35:26 ID:rW9pKv1s


遅れましたが、投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


      『美人薄命』 ―祭肜伝― 第10話。
                                      ,.=- 、
                                        / //:∧
                                    〈 《/ //》
                /,    /心、                ∨Yー'/
            /∧‐=ニ´=ゞ-'ミヽ.∧            /∨ ̄
            /:ー:'´: : :/: : : :`ヾ¬ミ            /.:/
          ,i : { : i: :_:/」_: : : : :ト、: : : : `ヽ       /.:/
        . -‐'八 : : ト、.;_」{ :` : ノ ^}、:}i : : : :}      /.:/
      /. : : : : l :ヽゝY{_,ハ`ヽ( ,ニムイリ : : :リ     /⊆ヽ'
     /( : : : : : : l: : : :\ゞ゚'′  ん} 〉厶ィノ'     ' {_ヽ. }
      )ヘ : l : : :l : : : : : ヾ゛__ '`゚',,「{: :く      V.:::〉/|
       V|: : :八 : : : : : .∨_У  八: : : ヽ.     /.::/' /      西羌族の滇岸、行きます!
      _人: (‐-\: }: : :}   ,.<: : :ヽ: :ハ   /.::/`/
      \:::::::`ヽ:::::::)ハ: :ノ≧´; :∠); i}: :/    ,/(_/  !
.       Y/.:::::::::::::::}'\(0_{::::∠刈:/     《_V|   !
       /.:::::::::::::::::::/`Y7::::;;(::::::::::`ー=┐    |  ',      私の活躍、見せてあげましょう。
.        {::::::::::::::::::::::/ 三、j |:::込)::\::::.`ヽ:`ー-ミ,|   ',
.       〈::::::::::::::::::::::{ ー、jソ .「 ̄ ̄`ヾ´ ̄`ヽ:::::::/{    、
       }:::::::::::::::::::::\_ )ノ l        l }:::/ 、    }
       }:::::::::::::::::::/ゝ-, '   l        / /:/‐-     /
213 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/12/04(土) 20:36:55 ID:rW9pKv1s


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第9話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第10話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第9話。

2011.09.09 (Fri.)
15 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/11/20(土) 20:26:32 ID:iJb9lZ5.

やや遅れましたが投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


      『美人薄命』 ―祭肜伝― 第9話。

       //  /  /  l | |   ヽ \
        / /  ////, !   l | | | ヽ 、ヽ. \
      / {  | | l l.| |   l | | l || | | l.  ハ
     ./  | l | l |ハ| lハ   | | |_」 | | | l N
    /   ハ l ルlチ幵弐 ト l リシ武| | | | ト l
   ./    ト.  ∨仏:::| リノ' ィ'}ll | | | | ||
   / /    kヘ ヽゞ ┘  __'└ 'リ | | |ノ. l|
  ./ / /  l `ヽ. ヽ   ( ノ  .イ ノ /ハリ ノ      前漢~唐までの高句麗戦で、
 / / /  / _∨\ ',`r 、_. イ / // ノ|
./ / /,イ⌒ヽヽ ヽ  ヾーv'トー-<^ヽ./ !       特殊な終結を迎えたのは、
′/ '/:リ    ハヾ __,>x __,」ノ__||∨ \|
. //: :  . . ' .ハ ト、 . . . に}>‐――- .._ヽ
//: : : . . . '. ヘ Y. . .ノ'´'´        \      ボクの戦いだけなんだ!
': : . . .  .  . .}レ/イ/ / /        ヽ  ヽ
 . : : : :  . . . .l   ,イ./ / i | | l   | l| l i.  ト、
、_ :ニ : : : : : . .ノ / :| l  |  l | | |   ト | | l.  | ト、
  `i: :ニ.:=r‐'フ:ゝ./  ! l  !  lィ代   仁.メl、 | | ヽ
  }.  . . ハ: : :`:/  ハハ '´ィチ幵 ヽl / }'::::Yリ N  ∧
.  l. . . .l: : : :/     :V}、 、マ::::1  ′ にソ/! l | ヽ. ∧
 |. .  `ヽ }   f   ヽ\ ヾ."´  r ,′ / /リ、    }
  ヽ、_     !     /´、ヾ\>、,、__,.イ/__/ー-ヽ   |
  / .  ̄ ー|    ノイヽl ト l } f!′/^Xヾヽ トl | トヾ、 |
 ./ . . . . . |  /∨: : . ’.Yl   { .}  | Nノ人 ヽ|
16 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/11/20(土) 20:28:13 ID:iJb9lZ5.


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第8話。の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第9話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第7話。

2011.09.03 (Sat.)
651 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/10/30(土) 19:34:06 ID:86OL8/H.

あと30分後くらいで投下します。


今回は突っ込まれる前に書いときますが、後漢初頭の高句麗の本拠・五女山山城の
資料が集まらなかったので。

作中では資料のある尉那巌(いながん)城の方を高句麗の本拠にしておきます。


この二つの本拠ですが、もともと

史書では後漢初頭は尉那巌城(新本拠)で正しいとあり、
遺跡では五女山山城(旧本拠)の方が正しいという状況ですので。


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
       イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
           :/  _ノ三ヽヾ
           /  ( ー)三(ー)
              :|     (__人_) !:    ぐぬぬぬぬぬ!
           ヽ、   ヽノ .ノ
       rへニニ,r ''      ヽ
       |  |  /         ',:    全裸でトイレに入りながら
      fニニ):|. :|  ト        :| |
     | |:::|  |  |  !、       | |:    思案にくれる問題だ お!
   ((二ソ |  |. :|   !、      | |
       |  |:  \  \:    :| \
652 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/10/30(土) 20:04:07 ID:Rt9ppIDA


では投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした中・短編物語集です。


                        _.. ‐''广''''―- ..、
                   i'"゙._.. -'|'''''―- ._|
                     |''″  .!   / 三 l    万里の長城が新しいAAになりました。
                    _,,|∩ ∩.!  .l゙三三!
                /  l     !  l `゙^'''''¬ー っ..,,..,,、
                 _./   ゛    !  | ゙゙'''~ ....,,_ ヽ l ゙'(¬ー 、
              ,./ '″从リj"W゙リw;yノ  │         `''、,!三 ヽ  \
             /    ;ゞゞ; ;ゞ         〉           ,!゛三三ヽ  .ヽ,
        /  从リj"W゙リw;yノ       ミ彡ミ彡   / 三三三 | WWwjjw、、
     ./    ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ"WWwjjwv    ミ彡》/ 三三三/ |"ヾ ;ゞ ;"ヾ.`''ー 、
   ._..-" ゞ ;" "ゞゞ WWwjjwv     " ヾ ;ゞ ;"ヾ/  三三_..‐" ./,!ソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))`-.、
ー'''″             |゙'.l ̄ ̄''ー ___  -'´ 三三,/゛._..-'゛  .l  WWwjjwv     `''-
       |;;;;Wiwノノ;;::! ll゙'-、三三 | .|____゙“'''―---- / ,/゛    ij从
'",,iiゞ   ミ;;;;Wiwノノ;; !'、,  ll`'-、,三`'ミー..,´゙゙''''―----'"     WWiiiwWゞ
   ",,iiij从ミWリリWii-''l  \  ll `''ー、.゙''-ミ~ ..,_        ,ii''"`
      ろ::::::....  ..k!   .`'-、   || `'‐、,`''ー..,,.`゙'''- 、,,iiゞ~ ;:_ヽゞ ;"  ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ"
     ラ:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;:l゙     `''-..,,   ||`'-、二 ''ー、 `''-、ヾ ; ;:_ヽゞ ;" "
    ラ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;!         `''-、   ||\二二`''-、 `'-、,__,,wyyvヾ ;ゞゞ
    ミ;;;;,,ゝ;;;レ/;;;::::k亅           `'-、  : リヽ二二二\ . \   ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ"
;ゞゞ; ;ゞ ;"`w:!iiii!wWk'ゝ!               \  ヽ.ヽ二二二 \ \, ;:_ヽゞ ;" "ゞゞ ; ;
   ;ゞゞ; ; 〃ミ彡〃ミ               ヽ ..lニゝ二二二二\ `、
        :》巛ヽ》巛ヽ                 l, .l l二二二二二`'、 ヽ   .ィ;;wリ゙W゛jリwj
   ゞゞ; ;ゞ ;"   しヘ:》巛ヽ             l .!ニ! 二二二二二 ヽ ヽ ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;ゞ
; ; ヾ ;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ巛ミヾ,`:ノ;,':            ! .| .! 二二二二二二 ヽ .ヽ";;;;iiiiiiiiWWww;;;;;::..ゝ
ゞゞ; Wwjjwv         ミ彡:》巛ヽ             l |二l 二二二二二二 l ヽ-WWlii:ノノリリk
  ゞ:;,,ヾ;;:ゞ:;,`:;,     ; ;ゞ ;" 〃ミ巛          | ! .| 二二二二二二二 ヽ .ヽ


      『美人薄命』 ―祭肜伝― 第7話。
653 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/10/30(土) 20:05:21 ID:Rt9ppIDA


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』=人物のキャラ付け
『後漢書』『三国史記』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第6話。(と番外編「後漢初の迷軍師」―韓歆伝―)の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭肜伝― 第7話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第3話。

2011.08.26 (Fri.)
567 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/26(日) 21:06:04 ID:hg3LPhOQ
ドリームやる夫短編集 阿修羅編 さまに一部まとめてもらいました。
ありがとうございます。

「保身のための、上手い?方法」
http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html
568 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/10/01(金) 18:21:46 ID:wY2DhNY6
遅れましたが、投下します。
569 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/10/01(金) 18:26:09 ID:wY2DhNY6


『美人薄命』 第3話 ―祭遵、祭肜伝― 


         /  ,_,,,,,,,,,,_   _, ‐-`‐、
         /  ,r'",, r‐‐‐-ミ, ´,.r-‐‐- .`、
       ,':  :/ ./   ,,,,,,,,,   ,,_--、 .   ハ
      i::  ,'. .:l  ,r'=-‐‐ミ、,彡‐‐ミ,l   i|!
     .!: .ノ  .i|  |          `|   .|l
     ,': / ..:/i  l           | . ヘハl
    ./:.i  .::://.,   l_,..-‐-   ー-- 、l.  ヽ`、      一応、今回。タイトルの一部が
   ,./ ヽ, :::// / , ノ-‐‐、    ,‐‐- ヽ、..ハ:.ヽ
  .〃 ./  ) l/ .:i .i.,i"___ ,,,    、__.. ,, /:〉、  ),'     回収されます。
/ .::/ -イイl、:l, :ト.‘ ̄ ̄      ̄ ̄,',イノl:: /イヘ,
'´.:://   リ、ミ_、‐ミ=ァ       }    /'::i',イイヽ、 .`、
:/.:/.   ./ .lノィ`ー`_ .、  --  , ィノl、lil-` . ハハ. ハ
..::ノ   .::/  .l::|:::::l:i.,'ヽ、`  、_ ィi:::l::l::::l iヽ:::. .l:.l::  .l
/   .::〃   ,'::l:: ,r,〈   `ヽ、. ,.ィ..l、.ll::l:::l ハヘ:::: ノ/.: /
  .::,r" __ イイ'´ l l、    /ヘ,  l.i`‐l::l  .i_!://:: /
 .:/ ̄ ̄i!       !.l、  .,〈  λ !l ノ'   ノ ̄i::: .{
i!:::l:: i!  i       i l l /ヘ 〉::〈.ヘ.|.!ノ   イ‐.:l lヽi、
:l:::l:::. i!   l       l l~  l  l  l: ,r,"´l  i  l:. .`、、


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html
570 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/10/01(金) 18:26:31 ID:wY2DhNY6


『続・中国任侠伝』=人物のキャラ付け
『後漢書』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。

展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とかありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

漢代の市 様
http://kutugen.blog57.fc2.com/

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
「客星 帝座を犯す」http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
「保身のための、上手い?方法」http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第2話。(と番外編「ラノベ作家の飯のタネを作った男」―劉歆伝―)の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第3話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第2話。

2011.08.25 (Thu.)
334 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/24(金) 18:09:45 ID:Oquy4iUc


では時間なので投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした短編物語集です。


          ____
        /__.))ノヽ
        .|ミ.l _  ._ i.)  おお・・・
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ  わしが育てた地球で
       .しi   r、_) |  わしが育てる事になる、祭遵ちゃんが蠢いとる
      +  |  `ニニ' / +
        ノ `ー―i´
   ⊂ニニ二     二ニニニニ⊃
   . ・  /    /
     ./   / .        _ ,.... -‐‐
    / //   *  ,...- ' ゙゙
  +/ //     , '´ヽ ヽ    _/
  ・| _ノ|_丿    /   j´  `'ー、_ j
           /  /`´      !ノ
        /  '!.j
       ,!'   `'





      『美人薄命』―祭遵、祭肜伝― 第2話。
335 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/09/24(金) 18:12:23 ID:Oquy4iUc


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』=人物のキャラ付け
『後漢書』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とか、多大にありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様「客星 帝座を犯す」 
http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html

漢代の市 様
http://kutugen.blog57.fc2.com/

「客星 帝座を犯す」ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-96.html
「眉が晴れる」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-97.html
「眉が晴れる」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-98.html
虎を描いて成らず、反って狗に似る。ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-99.html

「塞翁(さいおう)が馬」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-100.html
「塞翁(さいおう)が馬」中編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-102.html
「塞翁(さいおう)が馬」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-103.html
「塞翁(さいおう)が馬」激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-104.html
「塞翁(さいおう)が馬」超激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-105.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編1 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-106.html
番外編1 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-107.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編2 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-108.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編3 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-109.html
「塞翁(さいおう)が馬」五渓蛮編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-110.html
「塞翁(さいおう)が馬」完結編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-112.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第1話。・―馮魴、延褒伝―の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「美人薄命」―祭遵、祭肜伝― 第2話。”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編3

2011.08.17 (Wed.)
332 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/26(木) 19:34:15 ID:.73v5VCU

後漢初頭の資料探してたら写真資料をまとめたサイトを発見。

ttp://www.cpcjapan.com/china/history/syouzou/syouzou.html

今まで、やる夫と司馬炎って写真資料だと同じ柄の着物着てるんでぱっと見、
違いが分からなかったんですが、これを参照にようやく見分けがつきました。


        ┏━┳┳━┓
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       ブーンしてるのが 司馬炎
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ
ttp://www.cpcjapan.com/china/history/syouzou/photo4/shibaen001.html
http://www.cpcjapan.com/china/history/syouzou/photo4/shibaen001.html



    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ  
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/   女の子走りポーズなのがやる夫
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
ttp://www.cpcjapan.com/china/history/syouzou/photo2/koubutei004.html
http://www.cpcjapan.com/china/history/syouzou/photo2/koubutei004.html


ああ長年の謎が溶けた瞬間。
333 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/27(金) 17:42:18 ID:tE7IgFTI

では投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした短編物語集です。

 「朱勃・馬援の話」の8回目。




                ー==ー-、
                  イ⌒ミV´ ミヽ        ペットに服着せてる奴って何なの?歩きにくそうだろ。
                      j  {辷}
                     イ⌒ヽY
                       ム{  人〉   ト、
                 ===弋辷二二j >=====.∧============────
                     V    j. レ'  ー=ニ三ミミヘイ ヽ
                     Y  ̄ ̄ヽ  ニミソ''¨::::::::::::::::::L  ヘ
                        人__>''弋ヽミX´:::::::::::::::::::::Y:::::\ヘ      俺はいいんだよ、重騎兵だから。
                 _>-─┬ { ̄ ̄ \  〉ノ::::(::::::::::::::::::::::人::::::::::\〉
           /       |::::|___ }<)ヽ、__ヽ、::::::::::::/  `ヽ、φ::ハ
             ,イ       |:::::::::::::::::::::::(  |::::/  `弋ー-、,{、________,へ∨
        /メ|彡ニニニニ彡'::::::::::::::::::::::::::|. |::.{ヽ、         |
        /イノ弋::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__ム>  ¨'''ー- 、__,j
        ,イ//   \::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::`::::<___    |
    .,,;;彡//     \::::::::::::::::./ ヽ、:::::::::::::: ィ弋:::::::::::ヽ::` ̄´ ̄:`)
 ー=彡彡彡メ       j:::::::::::::/   `¨¨¨¨´  \::::::::弋¨¨¨7::::/
   ` ̄          人.:::::::く            ∧ー-ミ:::::jrーy'::::/
                    \:::::::\、___    ∠___〉__>''´ |  〉ノ
                     \:::::::ヽ<⌒7             ¨´
                     Y⌒ヽ`¨
                      ` ̄
534 名前:名無しのやる夫だお :2010/08/27(金) 20:28:50 ID:EGlNAkqk
>>333

> ペットに服着せてる奴って何なの?歩きにくそうだろ。

冬なんかは寒いので着せる必要があるそうです。寒さに弱い犬は。
例えば、犬小屋の置き方にしても室内と野外では寿命違うよ。

とマジレス。
334 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/27(金) 17:43:05 ID:tE7IgFTI

時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』=人物のキャラ付け
『後漢書』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とか、多大にありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様「客星 帝座を犯す」 
http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html

漢代の市 様
http://kutugen.blog57.fc2.com/

「客星 帝座を犯す」ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-96.html
「眉が晴れる」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-97.html
「眉が晴れる」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-98.html
虎を描いて成らず、反って狗に似る。ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-99.html

「塞翁(さいおう)が馬」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-100.html
「塞翁(さいおう)が馬」中編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-102.html
「塞翁(さいおう)が馬」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-103.html
「塞翁(さいおう)が馬」激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-104.html
「塞翁(さいおう)が馬」超激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-105.html
番外編1 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-107.html
「塞翁(さいおう)が馬」匈奴、烏桓編2 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-108.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編2の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編3”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編2

2011.08.16 (Tue.)
56 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/20(金) 17:29:03 ID:TrFgsiAQ

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした短編物語集です。

 「朱勃・馬援の話」の7回目。


                       祭肜お姉さま。 高句麗の動きを探ってきましたー。


                         ,,------- ミ
                          ヽ , ,   ヽ        __ミ、 --- 、
                         、― 七_二_,,-t-----,,_ /  ヽヽ /_
                         'x, _`/ /   ヽ  ''t-、, _,-ニメ--、'
                        // メ--人 八   イ ハ l ヽ'      ヽ
      , ´ ̄ ̄ ̄ 丶、,.'⌒ヽ      l l ヽ__,,,' ハ/ .ヽ/ レ.`イ  l ',__ ,-''
    ./         ヽ⌒ヽ.          l | '''' ヽフ  '''' ト、  l l  ノノ >
   /       i /从从)            l l          l lヽ,'/ヽ   ヽ
   |       | |  .lリ             ヽ ヽ        ノノ//    ̄
   |      (`l l   |               ヽl`-、,,__,,-''イ/-、   、ヽ
   l      |`l l.   |                 (ヽ/v' (  >    `-、
   |      L_ll,n_,ノ                  | l`'゚ヽ| |       ヽ
   !      |`) 口                   [ニ]   [ニ]       _ノ
   !  |   !lト、゙リ                    し   し`τ-----''J
   !! !,! .ノ从リ l `´
    ヾH|´´´   |
     ιl    !   お疲れ様。
      ´゙゙i゙゙l゙゙゙i゙゙l゙`   報告はティータイム中に聞きます。
       .ヒ!. ヒ!.
57 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/20(金) 17:30:01 ID:TrFgsiAQ

時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』=人物のキャラ付け
『後漢書』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・版=武器、兵法
『燭怪』=当時の食生活
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とか、多大にありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様「客星 帝座を犯す」 
ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html

漢代の市 様
ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

「客星 帝座を犯す」ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-96.html
「眉が晴れる」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-97.html
「眉が晴れる」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-98.html
虎を描いて成らず、反って狗に似る。ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-99.html

「塞翁(さいおう)が馬」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-100.html
「塞翁(さいおう)が馬」中編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-102.html
「塞翁(さいおう)が馬」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-103.html
「塞翁(さいおう)が馬」激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-104.html
「塞翁(さいおう)が馬」超激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-105.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編1(と番外編1)の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編2”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編1

2011.08.16 (Tue.)
586 名前:名無しのやる夫だお :2010/08/01(日) 03:55:22 ID:lkToSTeQ
あとついでに>>1氏につっこんでおくと、任貴は名目上やる夫の部下だけど本来部下じゃないよ。
越スイ太守に何故か任じられてるけど本来は少数民族の王。

『華陽国志』を読むと実は本当に叛乱していたかも微妙だったりするけど。
潔白なところを漢の中央集権にとって邪魔だから、他の叛乱で兵を動かすついでに襲撃して潰した臭がするんだよねアレ。
596 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/06(金) 21:58:42 ID:g3Wr.OtY
明日の夜、投下します。


次に馬援に関わる烏桓と匈奴が、後漢書の馬援伝と続・中国任侠伝だと

物凄~い簡略にしか書かれてなかったんですが、
改めて調べなおしたら当時の情勢書くだけで1話分埋まってしまいました。

本編でさらりとやってたやる夫の異民族対策の時が、馬援と烏桓、匈奴の
初接触だったので。うーむ、もっと先と思ってましたが。

次回の副題は「烏桓、匈奴編1」になります。
たぶんこのスレ以外で異民族取り上げるのはないと思いますので、いっそ
とことんやりましょう。

万里の長城らしいAAや、異民族地図が無かったので少々改造に手間取りましたが。


*注、次回から資料では異民族の大物がこの戦いに出たとか、発言したという記載が
    無い部分でもその種族の代弁者として登場させます。

    西羌族のように、あまり今後に影響ない種族なら凡庸キャラでいいんですが、
    烏桓、匈奴はかなり影響力あるので(当時の最強タッグという…)

    凡庸キャラに種族の裏事情話させるのも変な感じがしますので。
597 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/06(金) 22:05:31 ID:g3Wr.OtY

>>586
情報ありがとうございます。 華陽国志は資料に無かったので、確認しておきます。
次回は出番の無いワカメですが、その視点でいくと

劉尚は呉漢の次の汚れ役にと、やる夫に考えられていたとも解釈できますね。


                    __,r一v勹vーz, __
               ,r~┐ /   /       /´   \
           く⌒V i r'゙/    ,>'⌒'⌒'<,     !
            )   乙,_「'ー‐'_〈し'´ ̄ ̄`ヽ,_)  _   し'⌒ヽ、
            )  />--ー└' <二二> / \/ \―z,.  jl
             >::´:::::::::::::::::::::::::::::::::`':< ∧ __、  | ̄´  l|
        , - く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' < ̄ ̄〉 ^|┬'⌒L」!
         /⌒(_,. !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::   \ 〈_//___
      〈、_ ノ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::   ...     i.  ̄/ 、  \
       冫― ':::::::::::::/:::::::i::::::::::::::::::::::|:::::l:::::::::::. i:::::!〉 〈 _,, n.  \
       ' .::::::/:::::::::::/::::::::::l:::l|::i::::::::::::::|:::::|::::::::::::.. !::::!  `¬|_|」〉 r‐|l
      i::i :::i :::::l|:::l:::i::::::/|::l|l:::l:::::::::::::|:::::|::::::::::::::.!:::j く´ ̄\、/  l//
      l::i .::::l :::::l:|/l:::l:::::! |::|! l::l、::::::::::|:::::|::::::::::::::i:::ハ `7  // _, //
      |∧::::|.:::::_l|‐l、ll:::|-|/_‐|‐l:i:::::::::l::::|::::::::::::::!:::トl__/ ,_ ,ニ / //   私たち烏桓は匈奴の肉奴隷。
      |! ヽ:l ̄ハ'代:i ヽ! ´{i:::`卞、::::::::!:::l::::::::::::::i:::|/\ // |//
         'i::::{:::}`フ   `' ‐''゙!::!\:::i:/::::::l:::::::l:::|__//「 ̄//       自由意志などありはせんの
           i:ヽ!:ヽ.\      i::j:::/ヾ:!::::::::|::::::l::::| ̄ 〈 ! //       じゃからな。
          |::l|:::::::\`¨゙´   l/:::'::::/}!::::::::!:::::l::i::!   }_/´
          l::l|::::::::::l|i\_ ,.ィ'´/:/::::/|:l::::::::::l:::::|::l::l
.            リ|:::::::::lハ!::::l:::::| /:/::::/,_j:|::::::::::l:::::l:::l::l
       , - 、 !:::::::::! i!:::::l:::「Y:/::::/「i |:|::l:::::::l:::::!:::i::l   __
     /'⌒ヽ \::::::| l:ト、Vl//:::/ 。 ゚ |:!::l:::::::!::::!::::i::D /, -r ヽ
    /      j/⌒i:::::| ヾ、 Y:/:::/-   |: ::!::::::i::::i::::::!::i l'   `1
    !         /::: |   //'"´ ̄   !i:::! :::::!:::!::::::!i::!\ _ ,ノノ
      \_   /:::::::|   /   。   _ l.!:::! :i:::!::!::::::i !:i   ̄´
     /⌒i}‐'゚  i:::::::j /      〔_j) !:::::l、 !::i:l:::::::レ'´  ̄ `ヽ、
     ヽ-'゜   ,':::::,〃 。         l::::::l:ヽ:::i|::::/ )      \
       O   /://  ゜           。 !::::::l::::::::l!/ /          !ヽ

次回からの新人:郝旦(かくたん)烏桓族の大人(たいじん:部族長)。配役「封神演義」竜吉公主
598 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/07(土) 20:45:51 ID:Oiur2yhE


では投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした短編物語集。

 「朱勃・馬援の話」の6回目。

 
            _ -‐ゝ ` `ー ̄` 、lヽl、_
           -=、ニ           ≦_          匈奴の話とくらぁ天下統一後、
           >´             ヽ彡
          /_ィ'  l /   ヽ 、   、  ≦´        辺境で気張ってた俺の出番っと。
          _∠  l l、 、  ヽlヽヽ ヾ  イ`、
           `≦ `l ト、ミ≧ M メ\ ヾ、:≦´
            /入iヾtァ‐ /イγヽ::::::::ヽ┐        ……しかしまー、日がな草原を
            ! <_     ´ l/(^ノ, ,y/::::l        ボケーッと見張りしてるか、
            l ゝ--     厂lv/:::::::::::ヽ-‐ 、
             ! `!_  -‐, ':´::::::::::::::::/ _ -‐\   匈奴と戦うしかやることねー職場だと……。
             l  _ _ ノ\\::::::::::::::::/ /      ` 、
            /  / ハ:::::ヽ ヾ::::::::::/ /        \
            ノ   ' /:::::\:::ト .l l:::::/ /     /      ヽ     
          /     /、:::::::::ヾ', .l l:::/ /  l  /       ヽ
         /      /::::ヽ:::::::::ヾ l l:/ /  l /
       /       /::::::::ヽ:::::::::ヾl./  '    ! l          l   
      γ       ./:::::::,--ヽ:::::::::::l  l    l.l          l   
      l       ./::/´   ヽ:::::::l  l.    l'           ハ   
       、     ノ´     _ _ヽ:::l._l    l          / l
       ` _ , ' ´    _, ' ´/::::::::::::::: ̄ ̄ `l         /  l

                  王覇、やる夫の部下。 現在、幽州上谷郡太守
599 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/07(土) 20:46:49 ID:Oiur2yhE

:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . ..........:;:;:.:.,,... ___,,、,r'''´ ̄ .. . . .::. . .: :. ~゛'''‐ 、.,,
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´: . :: : .:.::;:.,...:;:;:.:.,,...-─-~'⌒ ̄` '~- .,,. .: ;. : . :: : .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:..:.:
.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. : :: . _:_ . ;;:. :: . : .  . . .. .::.. . .:.::..:..::..::..::..::. :゛'''゙⌒'~、.,,_ .: .:.:::.:.:.:.::..:.:.::
.:.:.:.::.:.:.:. :. ,,. r‐'''"~'⌒゙'''" .:: . . . .: :. :: :. ::.:.:.:.:..:.:: .__,,..、 -─- .,_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.`^゙~ ̄"゙''ー
.、 -─- ;:_;;::,,,_`^゙~ ̄`. . .: :. ::-__,,.....,,,_.._,..r-'''" .   ... ...:: ..: ..: .::. ::.::.:..:.:.:.:.: .. . -='、⌒゙'''
  . . .::..:.:.::.:___,,..、二 =-─- . . .::. . .:;:.,.. .._,,,.....,,____,,..、 -─- .,_~`"゙''ー- 、 .: .:.:.:.::.:.:.:.
___,,、,r'''´─-~'_,,.....,,,_,,. r‐'''"~_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.  .....:..:. . ...`゛'''- 、..,_::_,,,.....::::... .゛'''゙⌒'~
:.:..:.:.:.:.:.:.::.:`゙'_,ニ=- ... __... .                 ......   ...  ... . _,,._:.,...:;:;:,,..,,,_ .
、 -ー''゙゛´~  ...  ... .                          .... ...... . ...  ... .  ... ...
 ...  ... .                  ひゅーるるー……
       .i^i
      .  i:. !             ,ヘ                   ,、
 .  ,、  |:. |             i:. !                     i. i               /7
    .|.|. .. |:.| /7      /> ,、i:. i     「!      ,     |. |   .、 「!   ,ヘ/ /
--<\,l .:|;.. |././‐l|ー「レ'./ー∥|;. |ー─i-|- |:|クー─---i|‐レーー|;:.|-/7∥ー|:レ〉─〉::./─
   \`ヽ|;:.../ ムィ>/.:<´ . .   , |::...マ;:/〉  ^´`        ト、_/:..У/ク  ┴ ,ィ ./:../
... . ... \.;i:.. .::/ ^´⌒` ,ィ  .〈V:::.. レ'/          ー- 、,,_>,__,/ー──./ レ'::. ムク
.:.::.:.:.:.:.:. /;il;::::::...ヽ、,,._.  |.|  ^´`^´`´  . . .. . :. :. :. :..:. :. :. .,.  ,   `''- 、,/::........:::::く_,,..::.
.;:;.;:;::...シ',:'"⌒``ヾ(⌒\/ レ':〉...:::;;;;;:::.....             ._,.-''  /   ''''""´.:.^"⌒`⌒`` :.:
;:-一''' ..:.:/. ..:.:.  ..::、,, `''''''゙^           .,.  ,. . .... ... : .: .: :.:. :. :. :...:.::.::.:;:;.: .: :.:. :;:;.: .:
:,.;:.,.:;:;:/./:.:.::.:.,:. \ .::.:: `''- 、 :.:.:. :. :. :.. .::;.. :. :.,...: :;:;.: .: :. ::. :;:.:. ::;.: .: :.:. :. :::.,,... :. .::;:.,..:.:.:.:::
:.::.:.:.:.: .: :.:. :. :.:. :. :. :.\.:.::.:. :. :. :.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ::;:;.: .: :.:. : :. :. : .: : :.:. :;:;.: .: :.:. ::. ::
600 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/07(土) 20:47:44 ID:Oiur2yhE

             <_ _,-‐/
/!   ,-‐, __         / ノ!
〃l./ ' ´ /, -‐'フ      ̄' ´/
      l/  '-‐' ´ ̄>  ‐'一'/
  /./ / ノ , '´    \ 、 、ヽ´
-'_,=彡/l__/! /!/ /\、 !l/ ‐'、
:::::: -‐y::::〃! l:/::〃:ィ:::::::::!/l 、ト、ヽ    少しは手ぇ抜いて、
:::/(⌒l//::/::/:::l::/l:〃、'1:,::'::ヽ__ヽ ヽl
:::ヽ ( l:/∧:l/ヾ!l/ド, l':/::ノ、ヽ ヽl     官位は低くても都でキャバクラ通いできる
::ハ ´ リ::/ `l_.ノ(.   ソ// ヽl/      方が良かったってーの!
イ/ 7 ヾ!   '⌒  '一'<
.l'.  '.  `     .ヘ-ノ
.         /  ̄
         /            やっぱあれか!薄氷渡らせたの怒ってたか?ねぇ?やる夫陛下!
, -‐'´<ヽ、   _ゝ           こんな流罪みたいな職場ありえねーっての!
::::::::::::::ヽヽ 、_/
:::::::::::::::::::ヽヽ             っていうか、部下も囚人や変人だらけなんすけどー!
-―一---┘ヽ
┬' ´ ̄ ̄  ̄


        〃⌒⌒ヽ
  -=≡  ノ ルルリノ〉 φ⌒) ζυ゚・ ~・。
 -=≡ /  リ*゚∀゚)φξ。・゚・    ζ
-=≡  "〃,,/    つヽフ ))    ゚
 -=≡   ( ⌒)  王覇さま!王覇さま! 私はいつでもウエルカムよ!
  -=≡  c し'
601 名前: ◆FVgnd.HyPc :2010/08/07(土) 20:48:32 ID:Oiur2yhE


時間軸上『やる夫光武帝』さまの引用が多いのは真に恐縮の次第。

現在のおもな題材は
『やる夫光武帝』さま、=おおすじ
やる夫観察日記 様 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

『続・中国任侠伝』=人物のキャラ付け
『後漢書』=細部
『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』=マップ
『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』新星出版社・板=武器、兵法
などです。


展開上、フィクションで補ったり、省略してる箇所とか、多大にありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様「客星 帝座を犯す」 
http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
漢代の市 様
http://kutugen.blog57.fc2.com/
「客星 帝座を犯す」ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-96.html
「眉が晴れる」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-97.html
後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-98.html
虎を描いて成らず、反って狗に似る。ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-99.html

「塞翁(さいおう)が馬」前編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-100.html
「塞翁(さいおう)が馬」中編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-102.html
「塞翁(さいおう)が馬」後編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-103.html
「塞翁(さいおう)が馬」激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-104.html
「塞翁(さいおう)が馬」超激闘編 ttp://kutugen.blog57.fc2.com/blog-entry-105.html

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」超激闘編の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「塞翁が馬」匈奴、烏桓編1”の続きを読む

見栄っぱりな姉に男嫌いな妹、そして女装癖のある弟のお話 第2話「男嫌いな妹さんの事情」

2011.03.06 (Sun.)
162 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:31:40 ID:CkexwImo










                                  ――私は悪くない――








.
163 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:31:57 ID:CkexwImo

-=ニ¨            ∧      \ ハ   へ⌒≧
        //  / ‘:.   ト、  `込、/ jハ、 \
      -‐ ¨ _ノ  /、__,,メ、{\` ー--≧ノ ノ 刈 ̄`
`¨7 ー=ァ二斗' /    x斧=ミメ    `≧=- }
      }{ 厶≪  u  〃  乞ハ `}〉ヽ. }=く  }
 }   / } 〃 ヶx`     弋rツ  ′ ∨f⌒Y :′
_ノ /イ{〈{ 弋,ツ       ー一     !>こ〉}′
 ̄´   j f:、 、___ノ〈     ''""  U   ノー'/          
    厶ヘ‘,'""            厶=く{
        Ⅵ          __      ∧{\ ヘ           いった~・・・。
        圦#;  r=ニ -一'^`)  , ′'. `¨`
         \   ー‥  ̄´ /   ‘ __
          `       xく  ij /::::::::.
             `ア´ヽ     /:::::::::::::::.
                 ‘, /.:x====
                     j/.:// ̄二ニ
                 /.://´ ̄ ̄ ̄`ヽ
               厂/≪::/



     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : : : ヽ
    ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : :ト、|
     /. : : : : : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://.:.:.:.:.:.:.:.| !
      /. : /: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./   /イハ.:.:.:.ハ.:.l
  /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:l  ┯┯z=    ┏┯ .:.:./  V
    ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:. |   Lりノ     りノ レ'.
    //.:.:.::/⌒ヽ::| u         ,    |
     /.::ハヽ ___         _ ,      ノ
   ,r─……┴‐- 、      「 __ノ   /             またか・・・。
  !: : : : : : : : : : : : :\ 、       /
  !: : : : : : : : : : : : : : :.\` ー r‐く.
  ノ. : : : : : : : : : : : : : : : : .\ _」: : : l
 /. :,. -─- 、: : : : : : : : : : : : 7: __」
 レ'´      \: : : : : : : : :/´: : : ∧
/            \: : : : : !: : : /ヾ \
/ ̄ ̄ ̄`ヽ     \: : : !: /  l   ヽ
: : : : : : : : : : : \      \: 」: ,'   l    `ヽ
: : : : : : : : : : : : : :\     V    i
164 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:32:15 ID:CkexwImo










                            ――だってもう警告はしてるんだから――








.
165 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:32:36 ID:CkexwImo

                    \:ソ"´                    ̄ミ<
                    /                        `ヾ⌒ヽ
                      ,':                    \  \
                  i :     / :,    ;     ヽ:   ヽ\   ∨ヘ ヽ
                  | :     i  | :| : |:  /    :Y i i  ヽ:  ∨ヘ  ',
                      !.:     |  | :| : |:  |:    :}.:| |:.:|  Y  ∨i:  |
                    !:    |: ̄``トl、|:  |:    / |: ;|斗-: |:.:i : }:|\|
                  !:     Ⅵi才斥冬、:|:   ハ:,ィfテ夊}:i :.|:.:| : ハj  ′
                 ____',      K |:: 爿ハ\:/ イ:: 爿刈リ: ハ:|:/ /        いや、知ってるけどさ、もう少し何とかならないの?
            /\/. . . . . ',     从 弋rリ  } ヽ{弋rリ レ′j  八_
          _/: : : ./| . . . . . .∨:   :乂` ー― ′,  `ー‐'八∧:!:イ. . . `ヽ
         /: : : : :..ヘ| . . . . . . .∨ヽ:、八 U  r- ュ   /i|:.:|! :.|!:| . . . : :/:ヽ
           人: : : : : . .∨ . . . . . . ∨、ヽヽ\        イムマ|:.:|:.:/:.八 . . :/. . . :\
        /: . .\.: : : . ..∨ . . . . . . :\\\ヾ/>-<//ムマ |ノ彡イ . . . :/. . . . . : :'、
.       / : : . . . \: . . . .\.. . . . . .| マム//////////ムマ |: // . . . /. . . . . . : : :\
      / : : . . . . . . ` ー- : :.:\ヽ. . |  マム////////ムマ  |//:_:_:/. . . . . . . . . : : : 入



                       イ
                        /  |
                        /   :l
         -―-     /     |
  __ ,.x≦´      ヽ__{  , っ    j
  \            \ヘ /    ,rく
     、           `>廴>ー=ニ´  ̄`ヽ
       ` <      _/           \
         / ` ̄ ̄了/        } ト、__   \
       ′      { l         ' ハ } \: .  、
       |        | |: .    <\ :/: :,' }}   ヽ:ヽ: .ヽ
        |        八|. : <ヽ: : : \\/ /    ',=≠小
        |    |   .:{: : : \\: :/ :/     _/ {=≠:ハ}
       |     |     :. : : : \//   ァ ¨r。''"ハ: i : |
        .l    . :|i . :i   ∨: : : ー‐=彡"   ゞ彡’:. i. :|
            . :|l : :l  : :∨/ <゙¨ ゚  ,イ    、  }:.:.ト、{
         ∨/.: :|l : :| ‘、X   ゞ=彡’      ,′:| ヽ
          }i : :从: :| .: :\\          イ: : : |
          |l. : : : }八 . : : : ; : :≧=-   ∠コ , ': i.|\:.{        せめて手加減くらいしたらどうなの?
          リ|. :/| : : :\ . : i: i>      / ヽ il   ヽ
.          ノイ |: : : : : \ i: |     ト ̄≧=- リ
            从厶イノ:::iヽ小     {ヘ:`:.<
            /:::::::::::\     、∨::::::::|l:ュ
           /:::::::::::::::::::::::\     ∨:::::|l::|
          /:::≫x::::::::::::::::::::::::\   }∨:::|l::|
        /x=<::::::::`≫x::::::::::::::::::\/ ∨|l::|
         /,′   ` <::::::::`≫x::::::::::::\  't|l::|
          {,'        ` <:::::::`≫x:::::::\↓j
166 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:32:54 ID:CkexwImo










                          ――どうにかできるものならとっくにやっている――








.
167 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:33:17 ID:CkexwImo

        /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::ヽ
        ./::::::::::/:::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::∧
       /::::::::::/:::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::/:ハ:::!::::::::::::::::::ハ
.      /::::::::::/:::::::/:::::::::/!:::::::::::::::::/:/ !::!:::::::::::::::::::::::,
      |::::::::::::!::::::/!:/::::/ .!:::::::::|:::::;'!:i  .!::!::::::::::::::::::::::::,
      |::::::::::::!::::/_!ハ::::|_,、!:::::::::!::::! !:! _j:ハ::!:::::::::::::::::::!
...    j::::::::::::|::イ ! _ヽ!-、!ハ:::::|:!::! リ`´/`´!:|:::::::::::::::::::|
     i:::::::::::::ハ:| ,,イ行心ヽ ヽ:!ル' ィ行心ヽ!::::::::::::::::::|
     |::::::::::/::/! ! r:::':::r::}      r:::':::r::}l:ト:::::::::::::::::!
     !::::::::/::::! | r‐、::_:V         乂:_:r‐、 !:::::::::::::::::|
    ,::::::::/::::ハ | `"              `l:!,:::::::::::::::::::!      まあまあまあ、みんな落ち着くっすよ。
     !::::::/:::::::::::,         '        l:!::::::::::::::::::::!
.   ,::::::/:::::::::::::ハ              //:::::::::::::::::::::,
   .,::::::/::::::::::::::::::::>、     ´ ̄`     ィ/::::::::::::::|::::::!:i
   i::::;イ::::!:::::::::::::::::::::::`::-,.. __ <!:::::::/:::::::::::::::::!:::::i::|
   |::/!::::::!::::::::::::::::::::!:::::::_|      _.ト;::::l::::::::::::::::::/::::ハ!
   |:ハ:::::|:::|::::l:::::::::::ト、イ`''ー 、.rハ´  ヽ!::::::::/:::/::::/  |
   l'  !::::|:::ト、:ト、,ィ´! |  ハ__Y__ハ   /ハ::::/:::/:::/  .j



           , '     i \.ノ   /          /       \
             /       i  ハ  /              /:.       ヽ
         ,′ /   .:.:.l / |.:.,′.:.i     i      / ハ}   .:.:i  ハ
           /  ,′ ,'.:.:.|_(⌒」.:.{、 :i:.| .i  |:. ::.  ,′ !  .:.:.:.i    |
.          /   i   .i.:.:.:|:.:.:__.:.:.iヽ,ヘ「、{ヽ. 十メハ`ト、|   ,' ナ¬:.:/八|
       ,′i i   .i.:.:.:|:.:/ヘヽ{ ヽヽ ヽ{  }八| ! / イi i i / / ,′}
       i  l    i.:.:.:i:.:i ハ :j  气テ〒マメ、     jノノノイ / /
       l    .   i.:.:.:ト ヽ{     ヘてじcノ      千丐ミ彡イ
       l :  |   i.:.:.:| ヽヘ ヽ.   '^ ̄`       rうソ/:.:./        その通りですわ。
        j.:!   i   ヽ:〃⌒Vヽ.              , ` ̄/:.:.:,
      / .:i   i     | ヽ./   \       ー―‐‐ァ  /.:.:.:.i          分かりきっているのに避けなかった方がマヌケなのですわ。
  .   / .:.人    、:.:.  ヾ. \   \     ` ー‐"  .イ.:.:.:|
     / .:.:./ヽ:.:.:、  \:.  \ ` 、   > 、    . イ.:.:j.:.:.: |         あやせ、気にすることは何もありませんわよ。
.    / .:.:./   \:\  丶:.:.  \  ヽ/o  l: :i ∨ :ハ }:.:i:|.:.: |
   / .:.:./   ,' \:.\ `:.:. .   \/| |.Y|. :! }.:.:! j:.:.:.!ヽ:.:.:. ヽ、
.  / .:.:./   / : : :.\ :. :. :. :.:.`ヽ ヽ {. リ :.}.:.:|.:.:! ヽ.:.:ヽ. `ヽハ)
  / . .:.:.{    /. -‐≠¬=ミメ:.:.:.:.:.:.  Y {{ : i .ト、ヽ. ):.:.:.) ノ'/
  ゝ:.:.:.:.ヽ. /´           `ヽ`ヽ:. `ヽ. {{ : ト、.| \.} .:.:./  (
   `ヽ.:.:∨              ∨}:.:.:.:.Y |: :ト、.|  ).:.(
  ー=彡イ,' ノ           } |.:.:.:.:.ト、ノ: :ヽ::.\⌒ `)
    (´ 〃´              //..:.:.:.:.|/ : : : }  ハ
168 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:33:33 ID:CkexwImo










                                  ――ありがとう親友――








.
169 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:33:52 ID:CkexwImo

       _/⌒, ': : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ /ヽ
      /: ::|:::::/: : : : : : : : : : : :/乂: : : : : : : : : : :∨::::::::|-―‐、
    /: : : : !:::/: : : : : : : : : : : : |   !: : : : : : : : : : : Y:::::::{: : : : : ヽ
    /: : : : :}::/: : : : : : : : : :|: : :|!   |: : : : : : : : : : : :.ト、_:::}: : : : : :.'.
   .': : : : :/:::|: :l: : : : : |: : :ハ: :.:| ,  }: :|:|: :./: :}: : : : :',:::::く: : : : : : :l
   l: : : ∠:::::|: :l: : l: : :」斗l-l:.|:.|'   |:/卞/、}://:/: :l:.|:::::ノ: : : : : : l
    l: : : : : 廴リ: |: : |: : |_j从ニ八!  リ_/从_/,イ/!: :/: }_人: : : : : : :l
    !: : : : :/: ハ从:.:|、:Kっz夕`     っz夕ュル'//: : : l: : : : : : l
    !: : : : :l: : : |Y⌒Ⅳ :::::::    i      ::::::::: /く}: : : :l: : : : : :.l
    l: : : : :l: : : lハ _(!                   /_ノノ: : : : l: : : : : :l
    l: : : : :l: : :.l  ゝ、ム    ____     /_ノl: :l: : : :l: : : : : l      わたくしの恋人になってくださいませ!!
   l: : : : :l: : :l     ヽ.   (      )  /   l: l: : : :l: : : : :/
    !: : : ::l: : l       >、  ̄ ̄ ̄ ィi´    l: :l: : ::l: : : ::/
    l: : : ::l: :∧xヘr―-、ノ 、}` ‐--‐ ´{  \__」:_:l: : :l: : : /
    l:l: : : l: l/ヽ|  {    \_ _ノ     }  / /7ヽl: : :く
    l:l: : : ∨  ', |/  !     >}ー、    l ∨ //   ヾ、: :.\
    l:l: : : :{   ∨   |   .イ  ゚j   \   / ∨//    }: ト、: : :\
   ノノ: : :人   |    ヽイ |  。}   /\,'   V/     !::| ヽ: : :.ヽ
   \: :〈     |     ヽ ヽ |  / /     {       〉j  ): : : :.)
170 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:34:07 ID:CkexwImo










                                  ――え、そっち!?――








.
171 名前: ◆Myarub4DaE :2011/03/05(土) 21:34:29 ID:CkexwImo

──────────────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△△▽△▽△▽△▽△
──────────────────────────────────────────────────

                                                       _____
                                                    ...::::´:::::::::::::::::::::::::`::::..
                                                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                /::::::::::::::::::::::::::イ:::::::∧:::::::::::::::::::::::::::.
                                                   /::::::::::::::::::::::/ |:::::/  \:::::::::::::::!::::::::
                                               /:::::::::::::::::::/  |/ J   \:::、::::|::::::::|
                                                |::::!:::::::::::l/    ノ´   __ -ヽ}:::|::::::::|
                                                |:/|::::::|::::|`ー 一  ` ̄ ィ笊不ミ、|:::|ニヽ:l
                                                 Ⅳ|::::::|::::|ィ笊芯      込ソ }}|:::|^'i }:|
                                                   |::::::ト、:{{ Vり     .::::::::::::./:::ハソノ.'
                                                   \|::::}l、.::::::::::. 、        /::://:::l
                       第2話『男嫌いな妹さんの事情』             |:::八 u           厶イ::::::::::|
                                                     |:::ト、 ト..   r ニニつ  イ斗─-、|
                                                     |:::|  \:::>...__  x〃: : : : : : : ヽ
                                                     |:::|   」_r─ }、///: : : : : : : : : : '.
                                                     |:::| /: : /  レ'//!: : : : : : : : : : : l
                                                     |:::|/: : ! / _,. イ l//l:n___,.:: : : : : :|
                                                    Ⅵ: :ヽ| |〃fイリ 斗>'┴-、: : : : ::〃|
                                                      l: : : : :}〈/《_/´: :/ 二二⊃: : : :/: :|、
                                                      |:l: : :/: :oY/ : : j  -─ つ__; : /: : :|::::.
                                                   ハ :/ : : /: :,. イ  ア  ̄: : : : /} : : ハ::ヽ

──────────────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△△▽△▽△▽△▽△
──────────────────────────────────────────────────

見栄っぱりな姉に男嫌いな妹、そして女装癖のある弟のお話 第1話「見栄っぱりなお姉さんの事情」の続きです。

“見栄っぱりな姉に男嫌いな妹、そして女装癖のある弟のお話 第2話「男嫌いな妹さんの事情」”の続きを読む

小ネタ⑦-3「お花コンビとブラコンコンビ続続編的な何か ~ブラコン・シスコンよ永遠なれ~」

2010.12.27 (Mon.)
753 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/12/21(火) 00:58:06 ID:0I8RL.8s

         ____/ ̄ ̄
          / │ ̄\__     ゴゴゴ・・・
            /


        ..     、       ,_
        ̄\_/\ヘヘハ/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
    ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_
    ´        /   \


          /\ヘヘハ/ヽ、
        /  , ヘ _/ヽヽヽ          どうもこんばんは、>>1です。
        //  //^´ ̄`^\\ ゝ
    __,//  〃 ,  ,    、 \ヽ、  /     予定より早いですが、鬼スケジュールもなんとか一段落つきました。
    __`ソ.| l/ //ハ|  l | ハ|   lハ/ ̄/     .とりあえず現時点で私にできることはすべて終了したので
      \小|  l/ナ弋  |.lナナ| l |/rへ,ノ     .後は年が明けるまで、ぶっちゃけ仕事が無くなり、暇になりました。
 __>-へl从 | (●)\|(●)|,ルリノ  :.\_
      .:/从へ、.     o.ノ从rーヘ_      というわけで、22日(水)21:00 から ブラコン・シスコンシリーズ第三弾投下します。
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \ ズボ     やっと月さん登場させられるので>>1は張り切っていますw
          .::┘   :│   ゚
754 名前:風と木のやる夫 :2010/12/21(火) 01:23:55 ID:MNF71QSE
おおお!お疲れ様です待ってたよ!
755 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/12/22(水) 21:00:24 ID:TbHOpCh2

        _」ヽ  /|
          >  ゙V´∠イz‐、_
     /  ,ヘ,_ /__/ ∨マ´
    //  /    ´       `丶、
   _,//   /             \
  _,//  〃   /    {         ヽ
  ,ノイ|  l′ .i  /   ∧   ヽ\      ハ
   小 |   .|   | i ./ \    .}ヽ    |
.   从 .|   .|   | N___ヽ\}´j ハ .i |     さて、時間になりましたので
   ノハ小   .| 八ト |:::::::::|    「:::「iハ .i |     ブラコン・シスコンシリーズ第3弾投下します。
.    从 ヾミ.|   |  、:.:.:ノ    、:.ノ {V |
.   ノイ|  .Y|   |            i |      .今回は4コマ漫画っぽく、ショートショートの連作です。
    ノハ小 . |   | ""       " j i |
        ヾ∧  ト _    _  イ .i リ
       ´  ヽ ∨:::::7ニE7 f゙} jノノ|/
            .レヘ{::::/   Y´ )っ
         /::::::::::`\ _/>‐rく
           /::::::::::::::://::::::::::::〉:::ヽ
          ,′::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::',
.        〈::::::::::::::::\:::::::_,.イ│:::::::::}

小ネタ⑦ 「お花コンビとブラコンコンビ」「お花コンビとブラコンコンビ続編(?) ~自重しないブラコン共~」の続きです。

“小ネタ⑦-3「お花コンビとブラコンコンビ続続編的な何か ~ブラコン・シスコンよ永遠なれ~」”の続きを読む

小ネタ⑦-2「お花コンビとブラコンコンビ続編(?) ~自重しないブラコン共~」

2010.11.26 (Fri.)
720 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/11/23(火) 14:51:28 ID:7X1OuQqY

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>   本日は午後休みになりました。ビバ勤労感謝の日。
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     というわけで30分で書いてみた小ネタ投下したいと思います。
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|'''' ヽ ''''  「)'/|/       スケジュールがハードなときほどネタが浮かぶとか
グッ! ヽ、_ ▽  _,.ィT/ ニコッ     ネタの神様は鬼畜だと思いますw
  n___l 7Eニ::ィ1│
 ミ__:::::::::::::::'イ/ヽ:::::`l┘         でも恐らくこれが今年最後の投下です。
    ̄ ̄ ̄i´ ̄ `|:::::|
743 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/11/23(火) 23:14:12 ID:7X1OuQqY

小ネタ⑦-2「お花コンビとブラコンコンビ続編(?) ~自重しないブラコン・シスコン共~」


           ||   |:            |│    │|│    │|
           ||   |:            |└──┘|└──┘|
           ||   |:            |        |        |
            /    |_____.  |        |        |
         /   /       /|_|____|____|_________
        /   /         //
      /    /        //         ___          ___
    /    /         //         /  /|  ||       /  /|  ||
  /    /____  //          /  / / ̄||      /  / / ̄||
/    //    /|//           | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
    //    /  |/
  //    /    |            ___           ___
/  | ̄ ̄ ̄|    /         /  /|  ||       /  /|  ||
    |__  |  /          /  / / ̄||      /  / / ̄||
      /|_|/            | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
   /
  /                ___          ___
/              /  /|  ||       /  /|  ||
               /  / / ̄||      /  / / ̄||
               | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||




               / ̄ ̄ ̄ ̄\
            ,'          \
               i     ヽ,_      !、  えー、本日は突然の招集にも関わらずお集まりいただき
             !,_ノ、 (●)   、i′ i   .誠にありがとうございます。
             (●)         i ' ,!
             ! (__人__)      ::r'i    これより第489回「弟妹を愛する兄の会」の会合を始めます
               ', -‐'.、│     ! !
           , ‐ 、,.:'、:_::゙::::}´  : / .|、   皆様、準備はよろしいでしょうか?
       /ヽヽ-'.; ' ,.'‐<    /   / ヽ
      /_ヽ. ヽ レ' ,′ `「 ´  /   ,'::::`、-.... ,,_
     レ⌒ヽ' -'′/    ,.| ,〉:-;〈    ,':::::::::::゙:、:::::::::: ̄::7:、
    ,イ;ィ'ヾ´ :i′ :/..-‐'";':::|/:.:.:.:.r 、  /:i:::::::::::/:::::::::::::::;:'::::::゙,
    i' ´ ! |:.:.:! .:/::::::::::::;ゝ:::|'|:.:.:/  〉:::::!::::::;:::\::::::::::::;:'::::::::::::',
    i!  l_.l ̄l _,':::::::::::::;'::::::::| |ダi  /::::::;'::::::@::::/::::::::::,':::::::分::イ!   【「弟妹を愛する兄の会」会長:入速出やらない夫】
    |  .| .1 「 ,!:::::::::::::;'::::::::::レ;.:、:'y':::::::/:::::::::::::/::::::::::::|:::::::::貝:::E',
   |  ∧ |. |:'::|::::::::::::i谷欠:|:xX/::::::::;':::::::::::::/:::::::::::::::|::::::::::ィ:::::ィ',
    |  !::::',|. |::::!::::::::::::l::::::::::::|:':,/::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::え::::え',

小ネタ⑦「お花コンビとブラコンコンビ」の続きです。

“小ネタ⑦-2「お花コンビとブラコンコンビ続編(?) ~自重しないブラコン共~」”の続きを読む

小ネタ⑦「お花コンビとブラコンコンビ」

2010.11.16 (Tue.)
691 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/11/07(日) 01:20:17 ID:aYOvs56g

          __ /{   _
        /⌒Yヽ.V´ <
     /  , ヘ ,_/ ヽヽヽ
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、   …気分転換のため、久々に銀魂を1巻から読み返してたら頭パーンしたので
   ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ,ハ,l   lハ|`   趣味に走りまくった小ネタを作ってみました。
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l (●) l,ルリ    自分で書いといてアレだけど、かなり酷い話になったので
    ノハ小  l      ─   .l,/      ageないままこっそり投下するよー
      //ヽゝ>, -r=.イ
       |!〃l│「ィ::ニE7 l        今回は801要素は無しのつもりで書きました。
692 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/11/07(日) 01:20:53 ID:aYOvs56g

小ネタ⑦「お花コンビとブラコンコンビ」

    ┌──――───────────――――――───
    |
,:',:',:',:',:'└────v―――――─―――――────―――─ 彡' ミ,:',:',:',:',彡,:',:',:',:',:',:,;'',;''
,:',:',:',:'';;'ミ                                 / /|  | |ィハ彡,:'彡',:',:',:',:'彡,:',:',:',:',:',:',:,;'',;'';;;
ミノ彡レミ"                          / ∠| ,|  |=彡,:',:',:'彡,:',:',:',:'_ノ,:',:',:',:',:',:',;'',;'''川
,:',:',;'';;';'ミ                          / ,/||/レ'彡',:',:',:',:',:'彡',:',:'彡メ,:',:',:',:',:',:',:',:;;彡'ム
.ヘ从彡^                           / |∠/|l/,:'彡',:',:',:'ミゞ',:',:',:',:',:'ィ'爻'从,:',:',;'',';';;;;',;'''
゙\ |         ┌──――───────────――――――─── 八ゞミ=ィ刈
\| |         |
\| |         └────v―――――─―――――────―――─   ノ,:,;'',;'',;'''リ
゙\ |                     / /| | | z=彡,:',:''ミ三彡,:',:',:',:'ノノ_ノリ彡',,;'',;'',;''ノ从从乂从 人
\| |                     / /|__,|ミメソ,:',:',,ィ三彡,:',:',:',:',:',:',:',:',;'',;''',;'',;''乂彡''' "_ ,:;;;:.ィ''「||!|亥
____|____________l∠≦z=彡爻,:',:'彡,:',:'彡',:',:',,;'',;'',;'',;'',;''彡从.'''"::;_,.,,:x彡災炎メ|l||l|乂
|                      彡ミ三彡,:',:'彡,,;'',仆ミ彡彡从レ''"_,: ;. -''"≦爻爻炎爻メ|!|||爻
| ┌―‐┬‐―┐ ┌―‐┬‐―┐ ┌ミ三彡ノ,:',:'彳,:',:',:'ミ L. -''';;:::_,..:-'''.ニニニニニニニニニニニニニニ|}|||ニ
| |_____|_____|,  ゙|_____|_____|  |__ミニ彡州く彡介ミ_,.-'汀ノ乂爻乂爻乂丈苅:艾艾艾艾|l|l|チ
|_______________ __.ミ三彡ル行个ーWyv;|;||==============|l!ニ='lV"‐十|j|!||
 ____  冂―――――‐冂 __ ___  | ||| | __ |l||.__. |:::| | |__lL.|l|  | |.-‐十||||| |
 |___||___| | ||ノ从、    ノ|| | |___||___| | ||| | |___l.|l||_||__| |:::| | |__|L.|i|  | |.-‐十|l|{lレ'
 |___||___| | ||ミ从ミ    ,从|| | |___||___| |_ |ll!...| |___l.|lll_||__| |:::| | |__|L.|!|  〔[[[[[[[「|!||l|L
(;:: ));; .)::..|(:; )ゞ.||^ll~゙‐ --‐'~'゛'|| |,,(;;:((;;: ;: ): ),.,.,|,,;|ii|,, |..,., ,.,.,, |ll|,..,.,,.,  |:::|..~ ̄ ̄|l|, ,:仼王仁|l|l |゙
.;.: : Xx+ (: ヾ)|,,」l∧∧‐-- ―∧∧ ((;: ,::(;::.:;:));;)) .|il!)::; :)::ゞ );)|!l|ヾ);;))ゞ_ロ」(ヾ)ゞ);.|l|;) (;;((ソ;; (:(:|l!l||;)
,.,..(;; );;);;) ll/  ( l∀l)   ミд l,,彡エエ((;::.:;:.::;:.::::|il|;;:));::;ヾ;)::;|!l|;;):)リ::))三(:: (:;:.:);:.;|l|::(:;::;:;((;::;( |;l|!|::)
;;);)));llレl/    (o□)    ミ田cミ,..\{工工工工|il|工工工工|l||工工]}___iエエエエエ|l|r┬┬┬┬|l||l|‐
:::)::ゞl/     ..:::(/U     ..:::::Uノ  .\\     |l!|. . . . . . . ..|||l|,.「~¨¬ニ二l===゙┴┴┴┴┴|j||l|‐
王lレ'                       \,\    "^ : : : : : : : |l||: : : . . . ...||__| ̄| ̄丁ミlニニニ|}|{}|
/ ┌──――ヘ───────────―――――― il:|: : : : : : : : : : : : : ̄~ ::| |   |: |:i|l;|
   |                                      : : : : : : : : : : : : : : `└‐‐┘:|jl|;i|
   └────―――――─―――――────―――. : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::|||:}:|
                  .. .  .  . ..,. .. . . : ::. .:.: :.:: .\  ヽ      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.j川l|、

『変わるもの』 後編の後に投下された内容です。

“小ネタ⑦「お花コンビとブラコンコンビ」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。