2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:安西光義 の記事一覧

やる夫が正史を書くようです 第七回

2012.03.03 (Sat.)
121 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/03/21(土) 10:50:52.21 ID:OPjYI/.o
      r=、、    __ __
       l|  \r'´ ̄   _r' 二>, ヘ
      l| / ト、ヽ r'´, ィ'Zこく   |
        ∨ /| \ 〔 「 ,{ {-」} }-┬'         「やる夫が正史を書くようです」第七回を始めるかしら。
      /' //   \{j/ ゝ辷ソ\\
      | / l \    \/、__||/l\\       当然、回が進めば私たちの出番もあるはず…… 
      ヽハ/ y=ミ     彡='、l ヽ!」  ∨       司馬家一の策士の力を見せてやるかしら。
       ヽ{ ハ rり    l rりY∨ハ
        |lヘ.r‐、 、   ¨´  |lソl |          いつも通り、基本的に投下中は>>1は反応しないのと、
      /|l  l  l Y  ̄ ヽ /|!┐          表現上の不備は笑顔でスルーしてもらえるとありがたいかしら
      {彡'| -|  !、!   ノイ j彡! ̄ヽ
      Y/彡l /   ̄  {彡二7  ハ       あら、お兄様……
      { ∨ ヽ{ / ̄{_} ̄ Y´ ̄ミi   ヘ      
      「l/ ヽ |\__l   テァ;┘〈  小、
     〈j〈 ヽ / ,__)\_ゝ┘|      /
      く/::::\_ノイl /   ヽ   / /ヘ    \
122 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/03/21(土) 10:51:18.33 ID:OPjYI/.o
              __  , -―===--===‐- 、  __
              く必}廴__     _,    _ .. ≧f必}ア三ニ=
          -=ニ三竺勹    ̄ ̄    「   `ヽ ヽメ≧≒=-
         ,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\
        厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.
            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |¦   ヽ ヽ
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| | ¦`ヽ、 jjハ||  ! }i|| |¦i i :   ハ     /
        {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /
.        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /
          ,′ノノ }i  i 从   ̄   、   `~フノ| i| ¦  y /ハ        …………
         ,'/ / i  l/j l|ヽ、   、_,   ナ| i| i  / / ハ
         / / i| i  i¦l| j}>。、     ィァ| i| ¦ { { / ハ
        //  __」..⊥.i.=fjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfj=.i: i _ ≧ニニミ、
     /〃,'   ハ     |                |ノ´    / )メ
     `≒=、 { ヽ、 _ |  司馬家一の策士?  .|  -‐ f´}//∧
        ,'\\    ) |  策士(笑)の間違い   | _/ _// ハ
        ,′ ヽ ヽ r‐┴、             ./´ヽ  _// / ハ
       ,′   ノノノ (` ー、 ヽ           / /ヽ }  {{_  ハ
.       ′ // r'ー-、 ゝ',           (_./ /  |彡≒、`ヽ/ ∧
.    ,′//    〉- ..__`゙)           ゝ-´__ -' }=ヘ. 〉 } / ∧

やる夫が正史を書くようです 第六回の続きです。

123 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/03/21(土) 10:51:52.88 ID:OPjYI/.o
                      . r .‐. ―. .、 _
                        イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
               ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                 /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
               // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
                   //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
              |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |    さて、魏といえば三国時代最大の国家……
                   |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                   |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ   当然、正史の『魏書』の分量は『呉書』『蜀書』
                    |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|     より多くなる。
                    |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//      
            |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、      後々の歴史を考えれば、前後四百年続いた漢王朝を滅ぼし、
           ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ      次の時代の扉を開けた魏の果たした役割は非常に大きい。
        __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}     
       //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'      ただし、後世の評価はあまり良くない。
      //     (.:.:.:.:.:.:.:i /.:.:.:.:.:.:.:.:.:! l:l .. .. .. .. ..ノ /
       | \     |.:.:.:.:.:.:j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l:|.. .. .. ..//
      | ヽ \    !.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| l:|__/ イ  /〉
124 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/03/21(土) 10:52:41.77 ID:OPjYI/.o
【紀元四世紀前半 後趙】
                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ    我は高祖劉邦に会ったら、配下となり、韓信や彭越と
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ    先陣を競い、光武帝劉秀に会えば中原で覇を競うだろう
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ     
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'    男たる者、日月が明るく輝くように覇業を貫くべきである。
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ   
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ   
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i    曹操や司馬懿父子のように、皇帝や太后を欺き、
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|    狐のように媚びて天下を取るような真似は絶対にできぬ!!
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

後趙皇帝 石勒
125 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/03/21(土) 10:53:55.03 ID:OPjYI/.o

                      . r .‐. ―. .、 _
                        イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
               ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                 /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',     紹介したのは、後趙の皇帝石勒の言葉……
               // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !    彼は曹操と同じく華北に覇を唱えた英雄だ。
                   //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
              |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |    後世の曹操、司馬懿に対する批判の多くは、
                   |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从    彼の発言に集約されているだろう。
                   |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ   
                    |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|     しかし、曹操と石勒の立場は似ているとはいえ、
                    |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//      双方の置かれた時代背景は大きく異なる。
            |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、      
           ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ      そもそも三国時代は、四百年続いた漢王朝が
        __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}      倒れた後の時代と認識する必要がある。
       //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'      四百年続いた王朝が倒れるという事は、
      //     (.:.:.:.:.:.:.:i /.:.:.:.:.:.:.:.:.:! l:l .. .. .. .. ..ノ /       当時生きた人々が初めて経験する大事件……
       | \     |.:.:.:.:.:.:j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l:|.. .. .. ..//       
      | ヽ \    !.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| l:|__/ イ  /〉    四百年という歳月は長く、重い……
126 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/03/21(土) 10:54:55.46 ID:OPjYI/.o
         _ .. --==ニ¨ `ヽ- ―- 、
       .._ニ-‐ァ―――-   :.‐'´   ..  \
     /´  /:ィ/:_. - ´  .:/  ヽ:  \:.. {:. ヽ
    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|      漢王朝の最後の時期は天変地異、国家の悪政、飢餓……
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_     四百年間の負の遺産が爆発したような時代だ。
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´   従来の常識に捕らわれ、手段を選び、後世の評価を気にしては
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ    決して生き残れない過酷な時代。
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |     
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|     曹操、あるいは司馬懿の行った事を評価する場合、
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ     当時の情勢を考えずに彼らに評価を与えるのは
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′     非常に危ういように思う。
         / ´ |l j .:.\   ‘ニ’  /: ,.. ノ}//         
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_     高祖劉邦の時代、光武帝劉秀の時代、そして三国時代、
       ノ ̄ ̄ ̄  ‐- 、 ヽ/}  |/_j_.ゝ┴‐´三弐     時代背景はそれぞれ異なり、 いついかなる時代にも
     ≦三三三-_ _  \ト/´__.. -==―――`i、   特有の事情がある。
      l!        ̄`ヽzzzzf´ ̄         lト}  
     rヘ          |  _ |           l| {   それを考えずに時代を越えた人物の比較を行うなど、
     ノ、__i!        fヽ ! | ハ           |ハ  無理なのではないだろうか?
      { __,、!        _| {| ! |     __     |  !
127 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/03/21(土) 10:55:44.09 ID:OPjYI/.o

         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
           ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
            | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \
            | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ   ヽ
             \\ヽ7了7ヾ     ゞ- '| |∨/   \  \
               \| ヽ ゞン       | | ∨     \  \
                 | ∧    ` . -    __| ハヘ      \  \
                 | l| >_    / j / ̄ヽ.マ_     \  \
                 /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /        \
              // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉         \
          ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
          \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
             ̄  _/ __〔  /  | ゝィ厂ト  Ⅴ | |  廴 厂 ヽ
                                          ,. - ─── ィrォt‐zrt 、
                                           /     ,.ォメ´::::::::::::::::: ィゝフ
                                         ' /  _ _jン´:::::::::::::::::::::::::: ゞフハ
                                        / / / r/::::::::_ r_ィ=r=tz-tォz::::::ヽ
                                       '/    fr.= ゞ ::::: ォ7´         Y ゙
                                      .//  ,.  lL= f::::_ ハ     |       |  |
                                     //  /  ir===/!ヾ _ .イ | |! |: | |    |  |
                                    /.イ ./ / L_ イハ_jj_ノ| | | ||l ! | |    |  |
                                   //  / /  ,〃 /  !!  トN:ijl_リトレ'リ | li   |  ,
                                  '//  ' /  j/ /|! ゞヽハ! |  7rォ'ヾl リ  / /
                                 / /   '//  イ / .|i. |::| | ゞ'   v'  /!ヾノレ'
                               jハ/   '  /  /, ' ∧  |::| l! ヽ    ii!
                              ∧ミヽ/  , ' ム /⌒|!、 |::|N     _ ,イ |
                             ,' ;::::::ゞミゝ /_,. イ ' '..: : : ヾ.|::|ハ    ,.ィ:::::i. |
                             /,..ゝ::::; Vゞ_//: : : :| !| : : : : : :N/  ̄! !:::!:::ゝノ
                             ' γメィゝ::::.,'/:.:. : : :| !|: : : : : :ンヾヽ バヾ::!ヾ::\
                              ./lレ:/ / /フ zヘ: : :.:..| ゞ: : : : : ゝ  \ ゝ ゝ::\::ゝ
134 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/21(土) 11:01:22.48 ID:JUX0bX60
始まってるのか...wwktk
226 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/21(土) 12:27:07.51 ID:ey6JxLMo
こんな時間に始まっててワロタ

“やる夫が正史を書くようです 第七回”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が生物災害に出くわすようです 13話「お別れ別れ」

2010.04.28 (Wed.)
828 名前:バイオハザード :2010/02/23(火) 17:48:55 ID:???
                 |:|.:.:.:.:...      | | |
                 |:|:.:...         | | |
                 |:|..         | | |
                 |:|_______,| | | 筆が進まず、次回作のプロローグ書いててなんて言えない・・
                 |:|______ヽ| |
   ==============|:|ー‐─――─┬ | | 
  ※※※※※※◎ |:| _          .| | | 木曜9時から投下します。 
  ※※※※※※※ |:|. *ヽ.       .| | |  
  ※※※※※※※ |:| ・' >      .| | | 
  ※※※※※※※ |:|ε |______| | |  
  ※※※※※※※ |:| ・' >    ..\| |
829 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/23(火) 18:00:15 ID:DYTvTwXc
次回作…だと…

四十八か(´・ω・`)
830 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/23(火) 18:23:24 ID:SHLIPZvo
把握
831 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/23(火) 20:28:11 ID:Xoe516Ew
832 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/23(火) 20:31:57 ID:Lya/9Q2I
了解
833 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/24(水) 21:02:17 ID:8xUJ.ke6
リッカーこえー
834 名前:バイオハザード :2010/02/25(木) 21:05:34 ID:???
yaruo・de
┳━┓┳┏━┓ ┳  ┳┏━┓┣━┓┏━┓┳━┓┳━┓
┣━┫┃┃  ┃ ┣━┫┣━┫┏╋┛┣━┫┣┳┛┃  ┃
┻━┛┻┗━┛ ┻  ┻┛  ┗┗━┫┛  ┗┻┗  ┻━┛
         13話 「お別れ別れ」

やる夫が生物災害に出くわすようです 12話「再会ですぅ」(と番外編「有希と大佐の アウトブレイク その6」)の続きです。

“やる夫が生物災害に出くわすようです 13話「お別れ別れ」”の続きを読む

やる夫が生物災害に出くわすようです 12話「再会ですぅ」

2010.04.28 (Wed.)
498 名前:バイオハザード :2010/02/15(月) 23:52:33 ID:???
                 |:|.:.:.:.:...      | | |
                 |:|:.:...         | | |
                 |:|..         | | |
                 |:|_______,| | |
                 |:|______ヽ| |
   ==============|:|ー‐─――─┬ | |
  ※※※※※※◎ |:| _          .| | |
  ※※※※※※※ |:|. *ヽ.       .| | |  
  ※※※※※※※ |:| ・' >      .| | | 投下は明後日水曜21~でお願いします。
  ※※※※※※※ |:|ε |______| | |  
  ※※※※※※※ |:| ・' >    ..\| | いないとは思いますが、蒼星石好きな人いたらごめんね。
                          事前に謝っておきます。
499 名前:バイオハザード :2010/02/15(月) 23:53:16 ID:???
おうっ!?

>>497さんもありがとう!!
500 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/15(月) 23:54:58 ID:dDQ4mS4g
>いないとは思いますが、蒼星石好きな人いたらごめんね。
>事前に謝っておきます。

構わん、やれ
501 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/15(月) 23:57:22 ID:A4O30Sa6
>>498
むしろ蒼い子ファンならそっちが好物なんじゃ(ry
502 名前:バイオハザード :2010/02/17(水) 19:20:59 ID:???
ごめんなさい。

投下時間早めて、
20時~
にさせてください。
503 名前:名無しのやる夫だお :2010/02/17(水) 19:51:59 ID:tMZmC8QE
∠(・_・)ラジャ
504 名前:バイオハザード :2010/02/17(水) 20:03:36 ID:???
投下開始します。


※蒼星石好きな方で、扱いに苦言を申したい方は、1の代わりに>>500-501が責任を受け持ってくれるそうです。

やる夫が生物災害に出くわすようです 11話「狂気な狂喜」の続きです。

“やる夫が生物災害に出くわすようです 12話「再会ですぅ」”の続きを読む

やる夫が生物災害に出くわすようです 11話「狂気な狂喜」

2010.04.28 (Wed.)
352 名前:バイオハザード :2010/02/12(金) 21:31:56 ID:???
投下開始します・。
353 名前:バイオハザード :2010/02/12(金) 21:33:22 ID:???
        yaruo・de
        ┳━┓┳┏━┓ ┳  ┳┏━┓┣━┓┏━┓┳━┓┳━┓
        ┣━┫┃┃  ┃ ┣━┫┣━┫┏╋┛┣━┫┣┳┛┃  ┃
        ┻━┛┻┗━┛ ┻  ┻┛  ┗┗━┫┛  ┗┻┗  ┻━┛
                 11話 「狂気な狂喜」

やる夫が生物災害に出くわすようです 10話「地獄の番犬」の続きです。

“やる夫が生物災害に出くわすようです 11話「狂気な狂喜」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.