2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:弥海砂 の記事一覧

やる夫が正史を書くようです 第十一回

2012.03.07 (Wed.)
62 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:01:29.36 ID:7v257B6o
            / ̄ ̄ヽ
           / /  / ______
           |  `- ', ‐ ´: : : : : : : : ヽ、
            ̄フ: : : : : :⌒ヽ;: : : : : : ヽ
           /: : : : : : : : : : : l: : : : : : :ハ
         //: : : /:l: : :::|: : : : : :l: : : : : : : :i
       / /: :/::|l: :|;: :::l1: : ;, -‐::|: : : : : : :|
      /   l |: :l::ト.」::lヽ: :l,'X、_:_:_;::l: : : : : : ::l     「やる夫が正史を書くようです」第十一回。
      /   | リ lヽ|__ヽ ヽヽ,>'!:::;;::ヽ: : : : : : ::l
     l    l //lヽ!{::ヽ  ヽl '、__:/ :::::|)::::: : l
     |    // ||ヽi`-'      l ::::/::|::::::||:l     いつもどおり、基本的に>>1は投下中反応しない。
     |    // || | ヽ、 ー‐'  / :::/::/|:: ::ll l     表現上の不備は嘲笑ってスルー。
     し  // _」l-‐ ヽ`_r -┐'/ ::∧」 |:: : !| |
        //_/ l! 丿  ヽr ┴/::/  'ヽ 、_| ||
        /z、l ヾ/ \>ヽ l⌒/::/  / , -个ヽ、    ということでよろしく!
      // l`ヽ へ _/⊂二!}/:::// ∠   \ ',
      // ヽ l\/ヽ⊂二'/:::/ ̄ 7´     ヽ、.i
      //   }ヽ、_ ,⊂ヾ/:∧ ヽ/     / /__l
    //   /  /フ : : )// i /、_: : : : : : {|
    i:l  /  _/'´,    〃l  ヽ \ヽ ヽ-‐、/∧
    l|  /   7t /   // |ヽ  \/ ̄ヽ-┘|:::: : l
    ll  l   //ヽl  /  || l   \  /   l:::|l: :|
    {l  ヽ-‐  ///l亜l  ∥ ヽ    /|   l::::ハ: :l
    リ     //|:|     リ/ ヽ、___/||  /:::/ |:::|

やる夫が正史を書くようです 第十回 後編の続きです。

63 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:01:51.52 ID:7v257B6o
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】
~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
64 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:02:38.05 ID:7v257B6o

               _.,.----..、._
            .,.-.'´: : : : : : : : : : :,`: :、
          ,.-'´: : :.,':.,:.': : : : :`: : 、:.、: : :\
        /:,: :,: : : :`': : : : : : : : : : ヽ:ヽ: : :.ヽ
       ., '://: i: : 、: : : : : : :.、: : : : : ヽ:ヽ: : :ヽ
      /: /:/: : : :l: : :.i: : 、: : : : :',ヽ: : i: : l: :l: : : :ヽ
     ./: /:/: : : : :.l: : :.ト、: ヽ: : : :.l: ',: :.l: : l: :l: : : : :l     今回は語る事が多いから劉備の出番はない。
     /: :/:.l: : : : : : l、: : ヽ\:ヽ: : :l_:.l、-l: ┼:.l: : :.、:.l
    ./: :./: :l: : : :i: : :lヽ: :.ヽ: :.l‐l.-':!l:ハ:ハ: l: : l,‐、: ヾ、    それでは始めよう
   /: : /: : l: :i: :.l: : :l ._ヽ ヽ: :l´l ./.!'_ .lハ:l‐,/.l }: :l`ヽ
  ./,ヘ:./: : :ハ: l、_ハ‐: l´  `ヽ/ .l:/.'´,ィ'´:`:'Y: :.l /: ,:l
  '´ .〉: : : l lく.ヾ、.\l_‐、 .'  '   .l::::::::::ll: : !': :l' '
    ./: : : :l: :l:ヽ_ゝ//:::::ヾ      ゝ -.'l: i:.l/ヾ
   ./: : : : l: : l:ゝヽ` .ヽ: : _l        l: l:./
   l: : : : :.l: :.,:.l: l`ーヽ . ̄    `    .,!:.l/
    l: i:i: : :l、/l ,ヘ',ヽ: : ヽ_     ' ´ /l:/'、‐- 、._, -、_
    l: l l: : :l ' l/ . ヽ`\,、┌ フ  -- '  /': :,': ,: : : l  ヽ              ____
   ヽl`ヽ l .'   .`  ` `/ .i_: : : : ': , ' , ': : : l   l           / .u   \
    ` .゛!       ._/: : : `゛` ‐: : 、': : :  ' ,'   .l           ((○)) ((○))
                                     /⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
                                     | / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
                                     | :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
                                     |     ノ    | |  |    \  /  )  /
                                     ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
65 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:03:07.26 ID:7v257B6o
【紀元210年春 漢 冀州 鄴】

_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/川 /                                                  \
66 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:04:14.26 ID:7v257B6o

     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ   これからは渭水の岸で釣りをしている老人や
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬   兄嫁と密通した者でも構わない。
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:  
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:   身分の低い者でも構わないから、
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:,   どしどし人材を推挙しなさい。
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:  
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   ! .  才能のみが推挙の基準なのだわ
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |
67 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:05:43.39 ID:7v257B6o

                   . r .‐. ―. .、 _
                     イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
            ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
              /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
            // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
               //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |    南征も終わり鄴に帰還した曹操は、ひとつの布告を出した。
           |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
                |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从    『求賢令』とも『唯才令』言われる布告。
                |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ
                 |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|
                 |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//      本来、人材登用には才能の他に人格・品行・容貌も
         |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、      考慮されていた。
        ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ      
     __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}      しかし、曹操はその登用基準を才能のみとする事で
    //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'      広く人材を集めようとした
   //     (.:.:.:.:.:.:.:i /.:.:.:.:.:.:.:.:.:! l:l .. .. .. .. ..ノ /
   | \     |.:.:.:.:.:.:j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l:|.. .. .. ..//
   | ヽ \    !.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| l:|__/ イ  /〉
  │ 丶,.ヘ  l:.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.| `ー'゙/.:/ //
69 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:06:26.15 ID:7v257B6o

      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\        
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)   容姿を気にしないなんて素晴らしい布告だお!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ   
(  <|  |   |r┬(    / / ))  日頃白饅頭と差別を受ける陳寿も無難に採用されるおー
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)    
               / /     

        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
  \ \    )┬-|   / /> ) )) 曹操のこういう所は好きだおー
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \     おっ……?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´.    /
   /              \
70 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/06/14(日) 21:07:20.18 ID:7v257B6o

        / ̄ ̄\
      /       \      ____
      |::::::        |   /      \       どうしました?
.      |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |    昔、蜀で杜預さんたちと会った時の事を思い出したお
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

“やる夫が正史を書くようです 第十一回”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が生物災害に出くわすようです 1話「遭遇」

2010.04.21 (Wed.)
1 名前:バイオハザード :2009/11/07(土) 17:59:15 ID:BiNwSZ1U
Yaruo・de
┳━┓┳┏━┓ ┳  ┳┏━┓┣━┓┏━┓┳━┓┳━┓
┣━┫┃┃  ┃ ┣━┫┣━┫┏╋┛┣━┫┣┳┛┃  ┃
┻━┛┻┗━┛ ┻  ┻┛  ┗┗━┫┛  ┗┻┗  ┻━┛

              __
            /,'´       `ヾ丶、
          / /           ヾ ヽ、
         /  /             ハ  ハ
         /  ,'    _ ,,............,    ',  ヘ
        ,'   i   ィ       ` ヽ、  i   ',
        i   v"´     -=-  ,  ヾソ    !、
       ソ    ヽ、ァ'´       ヾ       ヽ、
     /        ヘ、        ノ         ヽ
    /   , -- ,、  ` ー -.i!- ‐ '´  ,, -=-ァ- 、   ヘ
    /  / |   | ` 'ヾ、 ィ' ヽ  /  |.   i  ヽ,   ',
   ,' ,'   !   ',    ヘ_ノヽ ノヽ/    !.   |   へ, ハ
   !./    ',   ハ    ハ    ハ      ,'  ,'     ヾii!
   !i     ソ   丶    ',  ,'     , '  ,'       !i
   i!      \_    \   i  i   ,/   /        i!
           ヽ    `ヘ,'    ','"´    /
            \ ,  /    ハ _,,  ィ'
    \、        `>      ヽ、
      'ヾヽ、_ ,, ィ'´  _,, ィ'´`'ァ、  ` ー=- ,__ ,ィ'"
       ` ー = ='' ' ´´      ` =‐ '' ´
やる夫で、CAPCOMより発売の、バイオハザードをやりたいと思います。
シナリオは、50%オリジナル、残り50%はゲーム、映画よりの拝借です。

至らない点、わかりにくい点、多々あると思いますが、生温かく見守っていただければ幸いです。

1話目ではないですが、多少安価も取り入れたいと思っています。是非、参加してください。


よろしくお願いします。
2 名前:名無しのやる夫だお :2009/11/07(土) 18:01:21 ID:j//hycD.
これは…
3 名前:名無しのやる夫だお :2009/11/07(土) 18:05:00 ID:ziVpbYGQ
楽しみだわ
5 名前:名無しのやる夫だお :2009/11/07(土) 18:13:56 ID:8WnWcsEU
BIO HAZARDか……
あれを思い出す……
6 名前:名無しのやる夫だお :2009/11/07(土) 18:30:50 ID:7y8mOAso
応援するよ。
昨日までの隣人が異形の津波となって襲いかかる。
ゾンビ映画の醍醐味を味わいたいな。
7 名前:名無しのやる夫だお :2009/11/07(土) 18:46:40 ID:BiNwSZ1U
>6そいつは、2話目にとっておいてくださいw

どうでもいいのですが、IDの、NがOだったら、最高だったのに・・・
それでは22時に。よろしくお願いします。
8 名前:名無しのやる夫だお :2009/11/07(土) 19:09:18 ID:m4Pca3/I
ついにきたか

期待
17 名前:名無しのやる夫だお :2009/11/07(土) 22:26:21 ID:MwOEQ65A
┳━┓┳┏━┓ ┳  ┳┏━┓┣━┓┏━┓┳━┓┳━┓
┣━┫┃┃  ┃ ┣━┫┣━┫┏╋┛┣━┫┣┳┛┃  ┃
┻━┛┻┗━┛ ┻  ┻┛  ┗┗━┫┛  ┗┻┗  ┻━┛
1話 「遭遇」

“やる夫が生物災害に出くわすようです 1話「遭遇」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.