2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:桂ヒナギク の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が正史を書くようです おまけ「蒋琬のその後と魯粛のあの頃」

2012.04.24 (Tue.)
404 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:45:29.29 ID:Ioh/wXAo


                                             ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                            |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                            |/\/ ̄     --Ⅵー|  
                                            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
   これから諸事情で没にした前回の内容を投下します。         .|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
                                            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
   よろしければお付き合いください                      |::ゝi: i│       /:::i:::|  
                                            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
                                            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
                                            | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
                                            |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                            |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 中編のあとに投下された、おまけです。

405 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:46:41.64 ID:Ioh/wXAo
【おまけ】

                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       諸葛亮の死後、蒋琬が大将軍・録尚諸事となり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       蜀の実権を握った事は先に述べた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
406 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:48:46.97 ID:Ioh/wXAo
【紀元235年頃 蜀首都 成都】

               _. ─  ´ ̄ ̄ ̄  ー 、
              / ̄                   \
               /                     ヽ
           / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     ',
            ,′!               |    |
.            j |   _________.」     |
          |<千 ̄_/|: :人: :|ヽ_,.斗<: : :\  |
          | ∠:/ソ _≧ュ、 \| ´_.二、∨l: : :ト_>|
          |  /!:トイfてハ     fてハV从 j     |
          | ./: :小弋_.ノ      弋_ソ´ ノ: ハ    |      姜維が丞相の後継者!?
          | l: : : |       '        |: .|ノ!    |
         / j: : l人   ┌ ─‐ 、     |: :|: ヘ.   |      .そんなふざけた幻想は私がぶち殺すんだよ!!
          / /: :/{ :lへ、 レ   ノ    イl: :|: :∧  |
           | ,': :/: | :|: : > 、  ̄ _. イrヽ|: :| : : ハ   \
          〃: /: :_! :ト'´ト、   `チ   _ノ  |: :ト-、ハ    \
         /〈 /: /ミ|:..|ヘ  \f⌒ヽ/  |リ  ミl|     |
          ! /: /l |:| \   \/   /仏   | ト、    ト、
.        | {: /⌒Vヽー-へ、 ∧  / /´/ ̄ ヽ 「 \ /  ヽ
.        ト、〈  ⌒ヽ}\  /人V   しl⌒   〉    Y    \
         ノ  ヘ   ⌒l/\\∧Y∧// l⌒   ハ   l       \
.     / //\_フ   \ ∨ /   匸__ノ |\ |       \)
     ( /  |   7     |\|/|     \ | ∨|        \

               蜀 大将軍 蒋琬

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .『三国志』『蒋琬伝』によれば、諸葛亮は劉禅に対し、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       何かあった際には蒋琬に後事を任せるよう上奏している。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .そこには、楊儀はおろか費禕の名もない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
407 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:50:07.81 ID:Ioh/wXAo

              ___
             /、____\
            / |::::::::::::::::::::::| 〉
         r‐'、_ノ 厶:-v、‐:v=イゝ xく)
            T⌒\ |:l '⌒  ⌒Yレく:::∧
         |::::::::/ 从" 「  フ ノ:|  }::::::〉    もちろん食べたぶんだけお仕事はしてるんだよ!
          \/  }:}>rz< }:! __j/
           /V:\_i/ V|V j丁\
            ∨レヘ:八 /::∧ {:ノ/
              /  /::∧:ヘ ∨                          _   .     _
               /  /::/  '::::. '.                    ,. '"´ ̄ .  ̄`゙ヾ´ ̄ . ̄`゙ヽ、
           /  /::/   :';:::. '、                   / .  . . .. ..:.:.:::;:;:;;;:.:..   . . .:.:;:ヽ、   
            /  /::/    ';:::. ヽ                / .  .    . ...:.:.::::;:;:;;;;,:.:.. .   . ..:.::;:;、   
             /  /::/       ';:::.  ヽ                 i       . . ...:.:..:;:;;;;;;:.:..  .. ..:.::;:;;i   
.         /{. /::/       :';:::.             ;'⌒ヾ__( .    . ..:.:.::::;:;:;;;;;;;:.:.. . . ..:.::;:;;!'⌒ヽ   
.         \ /::/        ';:ヘ.  〉           '、     .::`;  .  . ..:.::::;:;:;;;;;;;;:.:.  . . .:.::;:;;i . .::;i   
          ー─-、______j_;;j/            ;'   ..:.:.:::;ノ⌒   . ..:.:.::::::;:;:;;;;;;;;:.:.. . . ...::;:;;;!  `!   
                                  、_ ,.イ ̄ ̄(    .. ..:.:.::::;:;:;;;;;;;;:.:..    ..:.:.:;:;;i、 _;:ノ   
                                      !  .  .   . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:.:..  .. ..:.:.::;:;:;;!   
                                     '、   . . ...:.:.:.:.:::::.:;;;;;;;;:.:.. .. ..:.:.:.;:;;;/   
                                         ヽ. .. ..:.:.:.::::.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;::.:.... .:.:.:.:::;:;:;;;〆   
                                       ヽ、::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:.'"、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;: '   
                                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄   

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      しかし、諸葛亮の眼力の正しさはその死後に証明される。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       諸葛亮の死後、蒋琬は大将軍としてトップに立ったが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       それに関して喜ぶ事も悲しむ事もなかったという。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          彼は大将軍になったからといって、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          態度を変えるような真似はしなかったのだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです おまけ「蒋琬のその後と魯粛のあの頃」”の続きを読む

スポンサーサイト

やる夫が正史を書くようです 第十六回

2012.03.12 (Mon.)
645 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:52:38.51 ID:.t4lh72o

                _ .   - ― ― -  .、
             ,.  '"               `  、
            / ,...r'  ̄ )                   、
.           {  |:::ゝ-<                      \
            ヽ_|_>'"                    \
             〉、 ー― ― ' " ̄   ―- - 、_    .ヽ
            ,!_::丶-....、_                ` ー 、 ヽ
           //:7ヲ<:::::::::::::>―-- 、            `ーヽ
.          /:././:/:/./ / 7 <::::::::::::>..、 ̄                〉
         / .杉|/V / / / . /|>i<::::::::::::>..、          /
          ,'.:./イ.∧|:/ / /:×ヽ l:.:.リ  |:><::::::::::::>..、     /
         !/|:.:} :レ / / /"ラミ:|レ l:. l  l .リlr<::::::::::::>.、/
          y,. '"    γrfij ト,ヒ ∧ / ./ .|!  .:ir<:::::::::/
          ハ     、辷_メ'" V ! ∨ / リ  ::l  >t'     「やる夫が正史を書くようです」 第十六回
          l            l:.:.∨i:   /i  .リ:.:     V
           ヽ、         / //.|: /丿 ./ ::.    V
           ヽ  ̄       ./ ∧こ| /イ ./   :.:.    V
           ハ           ./ ,.'/:/:.:|/.,  /.:.:  :.:.:.    V
            ゝ .... _ _ ... // /:/:.:.,. '  /:.:.:.:  :.:.:.:.     V
               i  : : :/i   ./ /,. ' /:.:..:.:.:.  :.:.:.:.:    V
               'i   : : :l   / './:,.イ:.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.   V
                ',  : : :|.//::/:.:l :.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.   V
                ',  //:::/:.:.:.:_t::.:.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.   V

やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編の続きです。

646 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:53:41.22 ID:.t4lh72o
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】

~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
647 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:55:22.73 ID:.t4lh72o

          ____
         / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\
     /   ⌒(__人__)⌒ \
.    |      |r┬-|    |                 長門さん曰く、「曹丕という人間はそんなに単純ではない」
    \     `ー'´    /
    ノ           \
  /´              ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     |   (⌒)/ / / // 
| ::::::::::::(⌒)   | |  |   / ..   ゝ  ::::::::::/
|     .ノ    | |  |   \   /  )  /       って、于禁と馮熙の件はどう見ても弁護のしようがねーおwww
ヽ    /     `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ   性格に欠陥があるのは明らかだおwwwwwwww
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン    こんな皇帝を戴く魏の民草は可哀想だおwwwwwwww
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン
648 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:57:17.81 ID:.t4lh72o

                                                          ___
                                                   ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                                                   ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
                                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.:.`:、
                                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:. :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
                                  .           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ハ: :ハ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヘ
                                        /:.:.:.:..:.i:.:∧:.:.ヽ:.、:. :∨:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ハ:.:.:.:.\
                                  .      /:./:.:.:.:.:.:.∨:.:.\:.ヘハ:.、ハ:.:|:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.:∨:{`ヽ
    ちょうどいい。                          /.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.、:.`: i l!:ト:i :l:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :!:.: :',:ヘ
                                      / ' l:.i:.:.:.:.:ヘ:.:.:.\`ーlハ! l:.:!:.:.:.l.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: iハ`ヽ
    今回は曹丕という人物が                  /   |:.l:.!:.:.:iハ ー一ィr示㍉:ハ:.:/.:.:.γ、:.:.:.:.:.: : :/.:. :i.ト、:.
    どういう人間なのかを見ていく事にする             !;ヘト、:.ハ:.:ヽ 〃八ぅ::} }'i:.:/:.:.: :' ぅ}:.:.:.:.:.:,:./.:.i :ハ| `ヽ
                                         {  !/.:イーハi     ゞ' /;イ:./:. :'.:ソ.:.:∧/.:./}:′!
                                          / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'
                                         /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/
                                  .      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!
                                             /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_
                                                     /´   l.' .:´: : : : : : }
                                                        / : : : : : : : :.:.人 
649 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/18(水) 22:00:13.91 ID:69.iAyco
乾いた俺の人生のうるおいの時間スタート!

“やる夫が正史を書くようです 第十六回”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編

2012.03.09 (Fri.)
393 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:26:13.54 ID:5BSHnP.o

          __ ,..-- 、
         「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
        /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
          /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
         //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
       //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
       //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
     //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
      //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
    イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
   / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''  「やる夫が正史を書くようです」
   '  |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/   第十五回後編ですわ。
  '   |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
 ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
/     |   / ハ ゝニ、、           ==、j|ノイ / ' / / /    !    ゆるりと参りましょう
   / | |  ! / . ヘ `冖''                レ'  / / / /    l
  /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
  ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
/      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
       V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |

やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編の続きです。

394 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:27:48.05 ID:5BSHnP.o

                       / ̄ ̄\
                     /   _ノ  \
                     |    ( ー)(ー)
                        |     (__人__)
                     /     ` ⌒´ノ
                   /  ヽ ⊂二二 ̄\
                 /     \  ⊂、'    ヽ
                /        \_, `7  /    とりあえず五石散は没収だろ。
               /    へ     \ !/  /     手間暇割いて説明してやってんだから、
               |      \    Υ  /      常識的に聴くように……
               |        \     /\
               |        / \__/.,,_r ヽ、
               /      _,,__|'"´      レi  }
              |   `'"´   `¨ー、     /ノノ
              |            }ィ    ´/
         / ⌒`^\___,,.._7     / /   , '      ごめんだお……
        /,, / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ {    / /  /
.       /,//::    #   メ \!   / /  f:        それはそうと……
       ;/⌒'":::.. #          /   / (    ヽ、
      /  /、:::::...      メ    /   {,_ `ヽ、__,,ゝ
      ( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`(_    `¨つ
..  ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノ─ ¨ー-'":
395 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:29:17.85 ID:5BSHnP.o

━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛   
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.      なんで曹丕は孫権を簡単に信じ込んだんだお?
|   (__/      ̄ヽ__) /       .孫権が信用できないなんて、とっくの昔に分かってるのに?
 \  /´    ___/         
   \|        \           あんなに疑り深そうな曹丕が……
   /|´        |


                                                  / ̄ ̄\
                                                /  _ノ ,ヽ\
                                                |   ( ●)(●)
                                          . \    |     (__人__)
  「孫権を舐めていた」としか答えようがないですね。            .\  .|     ` ⌒ノ
                                             . \ ヽ       }
  曹操が死んだ時点で、孫権は一応恭順の意を示していました。        \_,ゝ     ノ
  よもや孫権がここから反逆する事はないと考えたのでしょう。        /, r、    く
                                              / 〈  \    i
                                              . ヽ、 .ヽ   \ i..|
  何を馬鹿なと言われるかもしれませんが、                     .て_)   \ノ
  そんな曹丕の甘い認識を示す出来事を紹介しましょう                    \
                                                         \
                                                           \
396 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:30:46.24 ID:5BSHnP.o
【紀元220年夏頃 漢 冀州 鄴】

               , --──-、
           ., イ /      ヘ  ト 、
            i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
              ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
             . | ヽ ' _ ` イ        樊城と襄陽には穀物の備蓄がありません。
                l l  ´=` l     
             . ノ  ヽ _,、__ノ        孫権が攻撃してきた場合に備え、宛に拠点を移されてはどうでしょう?
      _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、       
     /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
    丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、                   , -──- 、
   . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!                  , -'、        `ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|               /            ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::                l l  fヽ/| l i 、   ヽ ヽ l
                                           | |  |``"| ||| __l_l | ||  
                                           | | イ⌒ヽヽヾト、|ヽ`ト ||  
                                           | |  レ==ミヽヽシ==ミ| ||  
                                           | |  |''''        ''''| ||  
                                           | |  |、   l  ̄l   ,イ ||  
      いいアイデアね。さっそく実行しましょう!!          .| |  | \ ヽ ノ / |  | |  
                                            | |  | | r〕、ー イ、 l |  l|  
                                          | | ノ-'〈::::::::><::::::::〉`l|  ||  
                                          ,r:i| l|゚:::::ヽ,イ_>、/::::゚||  |::ヽ  
                                          /:::l| l|::::::::::::/〈j ヽ::::::::l| i,|::::::l,  
                                         / ::::l| ト、:::::::::l  i |:::::::ノ| リ::::::::l,  
魏王 曹丕(字:子桓)

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\           
 /   _ノ  \         .     曹丕が魏王になった頃、孟達が帰順する以前の事です。
 |    ( ●)(●)        
. |     (__人__)     .        
  |     ` ⌒´ノ.              当時、荊州の州都を樊城攻防戦で荒廃した襄陽から、
.  |         }.              荊州北部の要衝、宛に移そうという話が持ち上がりました
.  ヽ        }.        .
   ヽ     ノ         

───────────────────────────────────────────────
397 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:32:39.75 ID:5BSHnP.o
【荊州北部略図】
                                    宛
                                    ○││
                                      ││
                                     /./
                                    ││
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  ∧∧∧∧∧∧∧    ././
 ________________________    ∧∧∧∧∧∧∧       ././ ○新野/./  
 ______________________ \     ∧∧∧∧         ││     /./
           .\ \                  .││ ../~~./
             \ \                ││/./~~
  ○上庸 ∧∧∧∧ .\ \_____________    樊城  .│ ~~/
                \_____________ \_______○ ../ /~               ○ :都市・地名
   ∧∧∧                \________ \/ /
       ○房陵 ∧∧∧∧∧∧∧     ○\ ...|
                          襄陽 |  |漢
       ∧∧∧∧∧∧∧∧           .|  |
     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧        |  |
                              \ \水
                                \ \



───────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \
  /  ─    ─\            襄陽周辺の地図だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |           この一帯は地味に漢中にも通じたりする交通の要衝。
./     ∩ノ ⊃  /           .人口も多くて、荊州の中心地と言えるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |            だから樊城攻防戦の時は、魏軍が必死に防衛したんだお
  \ /___ /

───────────────────────────────────────────────
398 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:33:50.87 ID:5BSHnP.o

 ____
:::::r乞ト.::::`丶、
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x
li | il  |il l | ト《_八_》
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |           孫権は関羽を破ったばかり、攻めて来るとは思えませんわ。
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |
l l| ハl | l斗fT7从i|l |           ですが、襄陽は水陸両面における要衝……
       ◯  /l|ilil|           対孫権のためにも放棄すべきではありません
        'il |lil||
       / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::Ⅵ三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄

魏 文官 司馬懿(字:仲達)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
                                     !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
                                     !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
                                     !  l ! ! !  l              `、__.!      !
   は?                              !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      !
                                    !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_
   宛に移れって?                       !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
                                  _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
   関羽が攻めて来た時でも放棄しなかったのに  .< 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
   どうしてそうなるのかしら?              `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
                                   l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
                                   !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
   まあ命令なら従うけど……                !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
                                     !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
                                   i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
魏 将軍 曹仁(字:子孝)
399 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:35:15.01 ID:5BSHnP.o

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)           襄陽・樊城の破却命令は司馬懿の反対にも関わらず実行され、
     |     ` ⌒´ノ      .     曹仁は襄陽・樊城を焼き払って兵とともに宛に移りました。
       |         } \         
     /ヽ       }  \        この一件は当然孫権の耳に入ります。
   /   ヽ、____ノ     )       ここで孫権は常識的に考えたでしょう。
  /        .   | _/       
 |         / ̄ ̄(_)        
  \   \ /| JJJ (                   『誰もいないなら私が頂こう』と……
   \  /   /⊂_)


                                                  ____
                                                /      \
                                               /   _ノ ヽ、_.\
                                             /    (●)  (●) \
   ま、そうなるに決まってるお。                        |       (__人__)    |
                                             /     ∩ノ ⊃  /
   孫権だし無理もねーお                             (  \ / _ノ |  |
                                             .\ “  /__|  |
                                               \ /___ /
400 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:36:25.11 ID:5BSHnP.o
【紀元220年秋頃 漢 荊州】

'                            \
                             ヽ
                              i
          /l          , ィ         i
        / /‐', .ハ    ,   //-l ,.      ' l
        /リz=ヽl l  ./l  .//=,,リ' |     .,' i     思わぬ収穫だ!
  , l    , l〃r'``}ミ' | / リ,/イ'`,}㍉,|     / i/
,リ' リi  , ' | l!! .ト-'´::i,.  l/    .ト-'::i! ソ    /        金銀財宝より人手の方が手に入りにくいからな!!
  ト, ', l  i!.l ‐ゝ─┴  '   、ゝ─┴/ ,ィ   /
  .l ヽl  |`          '   /イ/  人
  ヽi   l        ____     ノ' ハ |ヽ、
i   ハ   .ト、      i    V   , ,'-Y ̄V´  /`ヽ,
 ! l::`、  l  ヽ     \ _/  /_,i  |  .|  l  r'‐ 
` l .ト::::::',  l``─-> 、   ‐  ∠{ ,.,.!_.人_,人_,.'`‐' 
ヽヽト、ヽヽ .l::::::::::::::::::::::::ヽ -- '::::::::/            
 ヽ  ` - ヽ.l─-----------二/

漢 荊州牧 孫権(字:仲謀)

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\                
 /   _ノ  \         .     そういう考え方をする孫権の事です。
 |    ( ●)(●)             
. |     (__人__)     .        当然彼は襄陽方面に兵を派遣し、
  |     ` ⌒´ノ.      .       付近の民草を残らず呉へ移住させようと試みます。
.  |         }.              
.  ヽ        }.        .      そもそも襄陽方面への出兵は、
   ヽ     ノ               呂蒙も考えていたらしく、予定の範囲内ではあったのでしょう

───────────────────────────────────────────────
401 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:38:43.23 ID:5BSHnP.o
【紀元220年秋頃 漢 冀州 鄴】

        ,. -───- 、    
     r-‐'´          \  
     |  |ヽrl l 、  、 ヽ、 ヽ 
     |  |   | !ヽヽ ヾヽ l   l 
     ト-|---ヾ ヽヾー‐l┼ |  |
     | ≡≡≡  ≡≡≡ |  |
      |  |            | |  |     どうしてこうなった……    
.    |  {    __     | |.  |  
    |   |`ー-.,二` ,, -‐'::! |   |  
    |  ノ  ∨ヾ厂ヾ=シ::l |ヽ  l                        __  _, -‐―‐- 、  
     | /   {::::V7Tレ'::::/ /::::ト/\|                     ∠-ァ―`   /    ヽー、
    |/    〉::::|'ブ::::::/ノ´_:::}                          // /イノ^{-ヽ七ヾ \ \
       /ヾ´l/`>ベイ\ー}                 .        {八ィ三彡 三三三 ルい  ⌒`ヘ/ヽ-‐ァ
       >'  | `^´ l  ヽ  ノ                          ン.{   _    ´/ ̄> `ー'\~^ーゝ
      `ヽ,ムL___|!__ヽ Y′   だから言ったのよ。 .         / /{  \_j    / / r< ___メ ̄ヽフ
        | ,イ /  `ー┘                        //| ゝ _     / /∠ヘ/   ヽ  乂
        `′ー′         追い出してきてあげるわ。     ´  |{   i≧z‐ァヘ(/>       _ン/
                     『革命』の前祝いよ!!         レ\N{>'´〈/-/了〕   弋/\/
                                               /   /7/    ∧  \
                                              厶 \/ |└――,―=ォ―┘
                                                `ー^>j__/  \\
                                                   了  ヽ>   o ヽヽ

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\           
 /   _ノ  \         .     この知らせを受けた曹丕は慌てて曹仁と徐晃を迎撃に出します。
 |    ( ●)(●)        
. |     (__人__)     .        曹仁らは孫権軍から襄陽を奪い返しましたが、
  |     ` ⌒´ノ.              時すでに遅く、襄陽周辺の蛮族や民草は南に移住させられた後でした。
.  |         }.        
.  ヽ        }.        .      おおよそ魏にとって不名誉な話であり、
   ヽ     ノ               時期が時期だけに表ざたにはなりませんでしたが……

───────────────────────────────────────────────
402 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:40:10.53 ID:5BSHnP.o

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \      これじゃあ曹丕がただの馬鹿に見えるお?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   .   樊城と襄陽から撤退して孫権に奪われたら、
(  \ / _ノ |  |    .   なんのための樊城攻防戦だったのかということになるし……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
     曹丕の経験・認識不足でしょうね。                      (          |
                                                 {          |
     一方の孫権も刺激しすぎたと思ったのか、                 ⊂ ヽ∩     く
     この一件以降は再び魏への接近を強めます。               | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
     それは先に述べたとおりですが……                     ヽ、 __\_/

403 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:41:46.79 ID:5BSHnP.o

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ         もうひとつ。
. |  (__人__)..|  /          
  |   ` ⌒´ リ  ヒ         孟達の話の時にふれましたが、曹丕はこう考える人でした。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ     
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l       『無闇に兵馬を動かさずに相手を降伏させる方が良い』
   /〈  `ー〈::....ノ   V     
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //   .   だからこそ、孫権の帰順を期待していたのでしょう
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一
404 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:43:23.07 ID:5BSHnP.o

                                         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                                .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
  しかし、彼の孫権への期待は完全に裏切られた。      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
                                      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
                                      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
  そろそろ本題に戻ろう。                     j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
                                         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
  孫権の不穏な動きに業を煮やした曹丕は             ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
  大軍をもって呉を攻撃する事を決意する               `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
                                            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
                                            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                            \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                              , '´/ノ      L、 /
                                               ,.-'   | ___._   | `ー、
                                         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_

“やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編

2012.03.09 (Fri.)
104 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:00:35.76 ID:SeE/U9co

                   /,二
         -───-  _ /
     .  ´             ヽ    i
   /               ',     l       「やる夫が正史を書くようです」第十五回中編だ。
.   /                   }    |
  /ィ     ,  . : : : :/:, : : . : : :、   |
  / ,   , . ! . : :_:/_ム:ムイ: : :! : : ヽ、_j       始めに断っておくが今回の内容は、
  l :{   . :l: :从l、: /l/iひ小 : : !}: : : :__j       「やる夫が正史を書くようです」第五回と重複する部分が多い。
  |八 \lVにムV   ヾソ|: : :lハ/  |       正確には第五回後半の内容に+αと言った所だな。
    l、: :ト、 ヾソ ,      |/l/ /    |       
    | \|:ハ    _  /   i  i┐|      
    |/lイ 、`マた¬≦}     {  | | |       後、話の内容が以前と違う箇所もある。
.      |/V\{  \ {\__人 } }|       リメイクと言うのか? 今流行っているんだろう? 
            ヽ  トi`マ´  \ `Lj |
             ゙ー{_{_厶     \_   |
               ヽ\_      ̄|       とにかく楽しんでもらえれば幸いだ!
                  `ー==━┘
107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/12(月) 21:06:44.64 ID:KhN9ex6o
お、始まった!

やる夫が正史を書くようです 第十五回 前編の続きです。

105 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:02:26.62 ID:SeE/U9co
【紀元221年夏 漢 益州 成都】
                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \      . 
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー .    
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    .   こうして劉備は東征、夷陵の戦いに向けて突き進んでいく。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  .    
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   .   .ところが劉備の意図に対して、かなりの数の配下が反対に回っていた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    .   
    `ヘ:ゝ    .'    小/        . 
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
106 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:04:23.95 ID:SeE/U9co

    ‐- 、   _ -‐':::::/   , -‐  ´ ̄ ̄ ̄  ̄`` ‐- _ \::::::::\`ヽ‐‐─‐‐‐、
   i  〈`ヽ卜 /:::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::ヽ_\::::::::ヽi⌒ 〉   i
   i   ー- ∟/:::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::`ヽ::::::::、ヽー、,   ノ
   { _ - <´ / ;:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::;; ヽ  \/
   >    / ;;:;:/.::::::::::::/::::::|::::i::::::::::::::l::::i::::::::::::::::::::::::\::::ヽ:::::::::::::::::::;;i i\__、\
  λ 冫  /  /    /.......l.....{............'......:'....\...................ヽ  ヽ     |  |     〉
 /  〉/   {  l  .:::::::::::|::::::∧:::::l::::::::::::::'::::::ヾ::::::\:::::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::.....| ;;l   ∧ミ、
 | / \__/l ...:l:::::::::::::::::|:::::/ レ:::: ト::::::::::::::'::::::ヽ::::::::::\::::::::::: ヘ::::::::|::::::::::::::}::;; ト,  /::::ヽ |
  {::::::/ /::::l::::::|::::::::\::::|::::/  l.:.ハ:::::::::::::,::::::::\::::::::::\:::::::::ヘ, ー´ ̄::::::|::::::ハ~~\::::ハl
  {::::/ /:::::::l::::::|::::::::::::::\::l   l:::l ヽ::::::::::,::::ハ::ヽ、::::::::::::\/ヘ::::|:::::::::::l::::::::::|   l:::::}
  |::〈 /:::::::::l::::::|::::::::::::::::∧l\  l:::'  \:::::::::::ヘ\ \::::/"::::} ヘ::|:::::::::l::::::::::::|  入:}   ぐぬぬぬ……
  |::::ヽ:::::::::::::l:::::|::::::::::::::/ リ  \,_::i_,、 \:::::::::ヘ ヽ乂 :::::::::::}   〉|::::::::l:::::::::::::レ´:::::::|
  l::::∧::::::::::::::l.:| ヽ::::::::i 彡毛三≡ッル     \`ー ィ ≦三毛リミョノ::::::::/:::::::::::::::::::::ハ::::::|
  l:::ハ::::::::::::::::|::::'::\::::i <"弋__案ツゝ      \::::〈弋__案八ィリ::::::::::/:::::::::::::i::::::::/ i:::|   
  ツノ ヘ::::::::::::::::|::::::::::\li  、 乂彡"        ヽ゛ ≦彡 〟/::::/::::::::::::::i:::::::/  i:|
  リ  \::::::´~|::::::::::::::\   ;;; ;;;;           ;;;; ;;;;   //;;;;::::::::::::,ーi::::::/    il   
     / ̄/  l:::::::::::::::.::|ヽ、        .:i         / /;;::::::::::::::::/   `ヽ リ .  
    i   l  l::::::::::::::::::ト _                    /;;::::::::::::::::/      /
    i   l  从::::::::::::::::::::ゝ_    ⊂=ー....´⊃    ≦/::::::∧:::::::/     /|
    人   l  /ヾ::::::::::::::::::::ヽ> ,,, _  、、 _   <  /:::::::/ 乂/        }
   /  \ l    乂 ::::人::::::ヽ    ≧≦       ノ::::::/   リ        l

蜀 皇帝 劉備(字:玄徳)
108 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:07:00.95 ID:SeE/U9co

   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   東征なんて労力の無駄だクマー
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─
                                //7ヽ イ : //:_/_.:/ |: :.:|: : ヽ:.:.. : : : : :.. |. l  :.:.:\<二ニ.┬ ´
                               /イ /イ`:/: :/:l: :/:./`ヽ l: : :ト: : :.:ヽ:.:.:.. : : :.:.l:.:.:|:.:..   :.:ヽーj ノー 二
                               ` /´: : : /: : l:. l /l:/   \ヽ:.| ヽ: : :.ト 、:.:. : :|ヽ_L:.:.:.:.|:...| ドイ ̄:.:|
                                 L〉: : : l : : |:. |:| |′    ヽヽ  \:.{  \: :イ´l:|:.:. :.:.|:.:.:!:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                 |: : : : :! : : |:. :l{   z三ミ 、、 \   \ /ヽj  }l!:.:. :.:l:.:.:l!.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                 {/: : :.:!: : .ハ:. :ト  ´  `ヽ  ´  {ー'r_z三ミ、 |:. :.:/:.:.:ハ:.:l:.:.:.:.:. :.:|:.:.!
  うるさい!!!                    /: /: :.:|: |: :..ヽ:ヽ          i   ´    ` j: : /: : /: }/ハ:.:.:. :.:!:.:.l
                               ./ /: :.:小 :!: :.:.:.:ヽ:\   /⌒ ー--、‐ 、    /://:.イ:.:.:/:.:.:.:.!:.:.: : ト:.:.l
  牢屋に入って頭冷やしてきなさい!!     ...':/!: ::. :.|:ハト: :.:.:.:.:.:ト.ー  /         \i   /イ:.:/´:.:|:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.: : | l:.:l
                               / | : :.:.:.l:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.l:.:\ {         j   /:/:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:. : l !:.!
                               ! !: : :.:.:|!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l´ノ \ー-  ___ノ  .イ:/:./}:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.: :l j:リ
                               | ,.ゝ---― 7´: \:.ヽ   ` 、 ‐ _ .. .<_:.:.:./:/:.j:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ !:.:.:/ //
                               イ        { : : {  \ヽ      ̄/ ヽ:..:..ヽソ/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/  j:.:/ /´
                                      ヽ: :\   `\     {   〉:../´ `7:/- :._:.:./  /´
109 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:07:58.46 ID:SeE/U9co
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ○   ○ |         ガ──ン!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )                                         ,  -‐―‐ 、
 ∪    (  \                                       /,  -―‐-、\
       \_)                                       // ,.  -――‐\\
                               .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                         / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                               .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                           / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                             / ::: | |lト、         ̄Z /l|
                                         /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                           / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                       / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                         / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
110 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:09:26.93 ID:SeE/U9co

           /         \      \
         /            ヽ       ヽ
        /              `´ ー-、_ ヽ、`、
        .i    / /          ヘ      ヽ!
        l    | l        /   ハ   \  ` 、
        |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }    あくまでも敵は魏です。
        |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ
        .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ     あちらとは手を結んで魏と戦うべきかと?
        |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |
     _, ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ
    ,'   /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ
    i  /   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }
     i     j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j
    /    _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、
   {   ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )
   ヽ  !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_                /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
    ヽ、 ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ             r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
      i | .{    \\ ト     ヽ、 }ー―",l  /   、ゝ | |ヽ,           /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
                                              〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
蜀軍将軍 趙雲(字:子龍)                              ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
                                               i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
                                               |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|
                                                |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|
     じゃあ従軍しなくていいわ!!                      . |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|
                                               l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
                                               | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ
                                               ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
                                               ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !
                                                } ヽ | l:.!    「     `7   // l/ |
                                                |   ヽヾ、   |      j   ///   j|
                                                !   _L、> -┴-く`ヽ/  //r‐ュ' |
                                                |  / {{//     ` ー-く∠´‐チ′|
111 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:10:55.83 ID:SeE/U9co

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /人  ヽ   \
         //, '//  \ヽハ  、  ヽ
         〃中ノ     ヽ_|中│ |
        (イ| | ノ    `ヽ│|、|  i|         意外に頑固なのよね。陛下は……
          ヽレ| ==   == レノ )i│
            )ヘ∪ 、_,、_, ∪j  ( ,(
         (  /⌒l,、 __, イァト |/ \
.          ) /  /::|三/:://  ヽ   )
         (  |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,|  (                            ,  -‐―‐ 、
                                                    /,  -―‐-、\
                                                    // ,.  -――‐\\
                                  .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                            / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                  .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                              / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                                / ::: | |lト、         ̄Z /l|
                                            /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                              / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                          / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                            / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
112 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:12:30.86 ID:SeE/U9co

 i゙ /:/ .i:::::l::::::::::/l:::::/ |::ト;:::::::::::::::::::::::::l:::::.ヽ:::::::::::::::::l::::::l::::::::l`ヽ、.  \
 |./.:.:/   .l:::::|::::;;;;_i |:::/  |::|.ヾ、::::::::::::::::::::ト;:::::|ヽ:::::::_;;ィ|!:::::l::::::::l   l:ヽ、 /
 ゙ー,ァ゙   |:::::|:::::::::l`l'''ト、 |::l ヽ`''、:::::::::::::l.ヽ;::l_,,>f´::::::|i;:: |::::::::|   |;;;;j.,/
  /(._   l::::::l::::::::::l l:|. `'ヾi、  \ \::::::::;lィ'i´!  i:::::::::| |::|::::::::::l  { ヽ、
. / /`iヽ,|::::::::|::::::::| __l|____ヽ,\  \ ヽ:/::レl;|__,l:::::::| .|;l:::::::::::| ,イiヽ, .〉
/ ./:::l |:|:::::::::|i::::::Ki゙f::::iiii::''Tミ     ヽ `夊T'''iiiii::li;::|>i}!:::::::::::l}イ |:l:::i∨
ヽ. {::|:| |::|::::::::::ト、:::| ゙わ::;;;;::リ         わ::::::::;;ハリ./|:::::|::::::l::|  |:!:::!     孔明、あなたの意見は?
 `|::|:| |:::l::::::::::l::|ヽ{. ゞ=''"'         ゙ゞ=='彳   |::::l::::::l::::l  |:|:::l
  |:::|l:| |_;;;l::::::::l::l, ゙ヽ         l            l::::l:::::;il__:|/l|::::|     まさか天下三分の言い出しっぺが
  |::l .゙i'-{ |l;::::::::l::l、                     ,イ:::!:::::,!.l .|~i、|.|:::l     反対するような事はないわよねぇ?
  .|:l. レ゙l::::l l;::::::::l:|.ヽ                 ./リ::/::::/ l:::l .|. V::リ
  ヾ/  l:::l l;::::::::l|.  \        ´ `      / /::/::::/ .|::i゙ l  |:/
   i.  |:::l トi;::::::'l.   `i、          ,,ィ゙   /::;':::::/ l::l l .j
   .l   !:::| l ヽ;:::i     l,,__`''ー 、 __ ,, '''´ _l   /;:イ::::/  l:リ / /
    ヽ   !:::l | ヽ;:l     | `''ー、   ,,ィ''´l   /' /:/  /:'./ /                 -‐―‐ 、
                                                      /,  -―‐-、\
                                                      // ,.  -――‐\\
                                    .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                              / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                    .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                                / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                                  / ::: | |lト、        ̄Z /l|
                                              /:::::::::| |l|__ヽ、        ./| l|
                                                / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                            / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                              / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
113 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:14:04.61 ID:SeE/U9co

                                                     .. - ─……‐-. .、
                                                ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                                                    ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
                                               /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
                                              , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
                                               |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
     劉備の東征……                               .|/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
                                               { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
     趙雲ですらはっきりと反対の姿勢を示したが、               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
     意外にも諸葛亮は沈黙を貫いた。                     . l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
                                                 l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                                                 l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/
     はっきりとした意思表示を避けた感がある                   \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
                                                      l:/ ,. -─┴┐
                                                   . ∠二二ヽ    !
                                                  ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
                                               ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
                                             ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
                                              |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     ここで丞相が劉備様を止めてくれれば、
./     ∩ノ ⊃  /      夷陵の悪夢はなかったかもしれんお。
(  \ / _ノ |  |       
.\ “  /__|  |       知力100の丞相らしくないお
  \ /___ /
114 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:15:45.45 ID:SeE/U9co

                                                     . r .‐. ―. .、 _
                                                       イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
                                              ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                                                /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
                                              // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
                                                  //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
  何故、彼はこんなどっちつかずの態度を示したのか?          |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
                                                  |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                                                  |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ
  少し考えてみよう                                     |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|
                                                   |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//
                                           |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、
                                          ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ
                                       __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}
                                      //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'

“やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編”の続きを読む

やる夫と仲間たちの大学生活 第2話「出会い」

2011.08.06 (Sat.)
136 : ◆l2PxjpjAOA[saga]:2011/04/04(月) 19:31:22.38 ID:cpwJQ0gCo

http://to-a.ru/yfmvUn/img1
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県)[sage]:2011/04/04(月) 20:04:01.04 ID:OTcnHbbDo
タイトルww
138 : ◆l2PxjpjAOA[saga]:2011/04/05(火) 23:22:58.33 ID:Dh6ZJErWo
もうすぐ第2話投下します
139 : ◆l2PxjpjAOA[saga]:2011/04/05(火) 23:37:58.33 ID:Dh6ZJErWo


  ::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
  :::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

                     _______               _______
                       /       ヽ,_           _,./       ヽ
                 , ー-、/_   _,,、─  ヽ         /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
               (  ( _,)Y´       〈         〉       `Y(,_ )  )
                ヾヽ____入  _,,、─   `)       (´   ─、,,_  入_____ク / ̄ ̄ \
          ___  ヽ   ヽ_/         {        }         \_/   /./ \,  ,/ \
        /     \  !、   !   _,、─   }      {   ─、,_   !   、i |  (●) (●) |
       /\ , , /   \)\  \/      /         ヽ      ヽ/  /( |   (__人__)  |
     / ( ●) (●)   ノ  \  ゛ー-─¬ /          ヽ ¬─-ー"  /   ノ |    |r┬-|  |
      |    (__人__)    / ヘ   L_     _ク             ゝ、_     _L  / ヽ |    `ー'´   |
     \,  |r┬-|    /    \   >ー"´               `゛ー<  /    ヽ        /
    ,/二.'.、 `ー'´  /       ∨                       ∨       ヘ      ゝr'.二ヽ、
  / ─、 ゙Y^i            ∨        や る 夫 と        .∨             i^Y゙ r─ ゝ、
  | ,.ニ゙f ゙H_.ノ            /       仲 間 た ち の       ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
  !└ー7´/            /         大 学 生 活         \             \`7ー┘!
  ト  イ:「              /                                ヽ               「:ト  イ
                             第2話『出会い』

  :::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
  ::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::

 ※この物語はハックションですので、登場する人物・団体・地名などは実在のものとそこはかとなく関係があります

やる夫と仲間たちの大学生活 第1話「入学!」の続きです。

“やる夫と仲間たちの大学生活 第2話「出会い」”の続きを読む

やる夫と仲間たちの大学生活 第1話「入学!」

2011.08.06 (Sat.)
1 : ◆l2PxjpjAOA[saga]:2011/03/31(木) 23:34:12.03 ID:YetXh81go

やる夫が大学に入学し、そこで出会った仲間たちと日々を過ごしていくお話
数日中に投下開始予定――或いは今すぐにでも?

ただし、>>1は絶賛被災者生活中なので、無事に最後まで投下できるかは不明です(仕事の絡みとかで)

それでは今しばらくお待ちくださいませ


                  ト、‐- 、              , - ―.ォ
                       |: \  \         / /: : :.|
                      l: : : ヽ  `   ̄ ̄  ´  /: : : : /
                  ': : /              \: : /
                     У ,               `く      僕と契約して
                     / /                 ヘ ヽ       この物語を読んでよ!
                 / /  γ::o,      γ::o,  ハ  ヽ
              ,、  /  i   ヽ::ノ        ヽ::ノ  .i  ヘ‐- 、__
              ヽ\,    、      、 _  ,      /   ヘイ/,> ,
                 ヾ_」   /\.      `´` ´     /ヘ   /イ     >、
              / ヾ,.、 λ  `ー‐ァ----  r一 '   入/"   i\       \
         __ /    `>く}ヘ    /     ヘ   /厶へ     \__   ヽ
     , -‐" =      /  `´    i       | /      \        =二ァ 
      ̄フ二__二, _・ /           j       l'        `ー-`、_三――"   ’
          /  ̄          /   |  /   ヽ、            ̄     /
  , -、     /             / 、|  | ,    ├‐- 、                 |
  ({      ./                |  ヘ |.i  /  |   `              丿
  ヾー--‐' ´           ,> ' ̄ ̄|  ハ l.| {  .j                /
   `ー-  ___ > '       ヽ  i | |  ノ   人                /

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage]:2011/03/31(木) 23:37:54.16 ID:vyFZFtPEo
契約はせん
物語は読む
4 : ◆l2PxjpjAOA[saga]:2011/04/01(金) 00:09:39.21 ID:+4pf3R+3o

4月投下開始予定です、と言っていました
そして4月になりました

さあ――


           奇蹟のカーニバル

          開     幕     だ
        n:       ___      n:
        ||    / __ \    .|| 
        ||    | |(゚)  (゚)| |    ||
       f「| |^ト    ヽ  ̄ ̄ ̄ /   「| |^|`|
       |: ::  ! }      ̄□ ̄     | !  : ::}
       ヽ  ,イ  / ̄ ̄ハ ̄ ̄\  ヽ  ,イ

5 : ◆l2PxjpjAOA[saga]:2011/04/01(金) 00:11:08.19 ID:+4pf3R+3o


   ::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
   :::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

                     _______               _______
                       /       ヽ,_           _,./       ヽ
                 , ー-、/_   _,,、─  ヽ         /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
               (  ( _,)Y´       〈         〉       `Y(,_ )  )
                ヾヽ____入  _,,、─   `)       (´   ─、,,_  入_____ク / ̄ ̄ \
          ___  ヽ   ヽ_/         {        }         \_/   /./ \,  ,/ \
        /     \  !、   !   _,、─   }      {   ─、,_   !   、i |  (●) (●) |
       /\ , , /   \)\  \/      /         ヽ      ヽ/  /( |   (__人__)  |
     / ( ●) (●)   ノ  \  ゛ー-─¬ /          ヽ ¬─-ー"  /   ノ |    |r┬-|  |
      |    (__人__)    / ヘ   L_     _ク             ゝ、_     _L  / ヽ |    `ー'´   |
     \,  |r┬-|    /    \   >ー"´               `゛ー<  /    ヽ        /
    ,/二.'.、 `ー'´  /       ∨                       ∨       ヘ      ゝr'.二ヽ、
  / ─、 ゙Y^i            ∨        や る 夫 と        .∨             i^Y゙ r─ ゝ、
  | ,.ニ゙f ゙H_.ノ            /       仲 間 た ち の       ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
  !└ー7´/            /         大 学 生 活         \             \`7ー┘!
  ト  イ:「              /                                ヽ               「:ト  イ
                             第1話『入学!』

   :::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
   ::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::

 ※この物語はハックションですので、登場する人物・団体・地名などは実在のものとそこはかとなく関係があります

“やる夫と仲間たちの大学生活 第1話「入学!」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。