2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:綾崎ハヤテ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編

2012.05.04 (Fri.)
191 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:34:24.44 ID:0w0wtfQo

     /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
     /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
    l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
    {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
    |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  
    |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|  「やる夫が正史を書くようです」第二十四回後編だ。
    |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|  
      |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|   後編では一旦本筋から離れ、
      ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ   .主に当時流行した玄学、
         \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l    及びこの時代の儒学についての簡単な紹介と行う。
          |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|    
          |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ     >>1は投下中にレスを返さないので了解してくれ
          l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
              `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
    _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
 /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
{  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 中編の続きです。

192 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:36:06.10 ID:0w0wtfQo

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      こうして曹爽と司馬懿の仲が悪くなって、
 /  (__人_,)    \     このまま一気に正始政変に突入って感じなのかお?
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/     曹爽の権勢もあっけないもんだお
    ゝ  ノ
  /   /                                              ,、 -─‐- 、,
                                                 , ' ´: : : . : . : . :.` .、
                                              /: : : : . : . : . : . : . : . ヽ
                                             /: : : : . :/: .,': . : . : . ',: ',: . :',
                                              /:  /: : /: :ハ: :{ l: . : . : . :l: .i: . :.',
                                            /: : /l: ./|∠_';ト:l: . : . :;: ハ: |: .l: .',
    陳寿の言い分は間違ってはいないが、                ,': : :ハj:ハ:ト___、`ヽ: . :.,-─i:|. l . :;l
    いわゆる正始政変は興勢の役の五年後。              ィ: : |〈|: . | .;:j `    ヒセ;'ァ::|: . ハ !
                                            ト/|:.|:.:|: .:|  ` ´     'ー' ム:l.:./ '
    まだ先は長いし、それまでに紹介する話題も多い           ヽト;:.l .:人     '   /:.::|/
                                               /',:.:ト、`    ¨ , .イ:.:.,'l
                                            /   ',| \,_.スー ' `7ヽ/
                                           /    , '  /:i::::::ヽ  l/ l
193 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:37:31.55 ID:0w0wtfQo

              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/    とりあえず興勢の役を終えてキリも良いので、
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'     ここからは正始年間の魏の朝廷における逸話をいくつか紹介する。
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ        司馬懿が実権を握っていく時代がどういう時代だったのか?
      /: : : : : : : \. ト ヽ、
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_        .このあたりで時代の空気を吸っておくのもよいだろう
    </    ヽヽ: : : : :\= ̄{
      !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i                               / ̄ ̄\
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h                            /  _ノ ,ヽ\
                                                |   ( ●)(●)
                                          . \    |     (__人__)
                                             .\  .|     ` ⌒ノ
                                             . \ ヽ       }
                                                .\_,ゝ     ノ
         正始の音、というやつですか                     /, r、    く
                                               ./ 〈  \    i
                                              . ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                 .て_)   \ノ
                                                       \
                                                         \
                                                           \
194 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:38:58.97 ID:0w0wtfQo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\         正始の音?
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/          簡単に言ってしまえば、
        ヽ::::::::::  ノ   |           \          正始年間に流行した清談の事を指します。
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――       その内容は人物評価や哲学だったりしますね
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


                                               /.:.:.         \
                                                /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
                                             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
    清談。                                      ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ   
                                                 `ヘ:ゝ   _     小/     
    政冶や商売等の話に対し、                              ヾ:{>、 _ ィ<}/|/     
    趣味・芸術・学問等の高尚で上品な談論を指す               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
                                             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ    
                                             /  | l:l   l     l   l::l l   
                                             l  ヽハ    l    l  //  |
195 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:40:41.18 ID:0w0wtfQo


       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :

             魏 文官 何晏

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        正始年間、そうした清談の中心にいたのは何晏である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .彼は老荘思想を好み、才と徳の関係についてよく議論していた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
196 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/12/16(木) 21:43:07.34 ID:0w0wtfQo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     .どうも清談っていうと、
|       (__人__)    |     仕事そっちのけでどうでもいい話ばかりしてる気が……
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |       .半端者の現実逃避にしか見えないお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                      /: : : : : : : : i : : : i ヘ : : 丶: : : \: : : : :.∨: : : :廴
                                    /: : : : /: : : : | : : : ト \ : : \.: : : :. : : : : : : : : :. :.  ̄
                                   /ィ : : : : ' : : i:. :| : : : |  ` ヽ 厶斗: : :∨: : : :i : : : N
                                  /   |:.i:. :. :i: : : |:. :|小:. :!    /ヽ 厶ミヽ ∨:. :.:|、: : :.ト
                              .      |:'|:i: : :|:. :. :! : | { 乂:.     ィ斧:ハ } i`ヽ:. :.| } : i:|
   そうした側面もあるにはある。                { |:l: : :|: : i : 斗七 ` ヽ  ハう::ソ  .: / : : ル': :.ハ!
                              .        |:. :. :|: /|:. : :|,ィf斧ミ       ´  ノイ: :. :.小 /
   ただ、間違っていけないのは、               ハ: : 小{:.l:. : :ト、 うソ          |: : / N }
   何晏という男は職務もこなしていた。             ∧:. :! ∧:. :ト:i:ヽ   `   _      |:.:.从{ _
                              .           ヽ:.   \∨: : : 、    ´     /!:/ Ⅶ):. :.ヽ
   記録に残っている彼の働きを見てみよう             ヽ    ハ: i : ハ{≧ュ.....  _/  {′ /:. :. :. :. :<_
                                              八:ト、{       .:´ハ     /:. :. :. :. :. ...:::´::イ
                                                   } `    /:. :ム}  .イ:. :. :. :. :/::/:. /

“やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編”の続きを読む

スポンサーサイト

やる夫が正史を書くようです おまけ「びっくり人間大集合」

2012.04.21 (Sat.)

やる夫が正史を書くようです 第二十一回 中編のあとに投下された、おまけです。

209 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 19:00:13.25 ID:.buslPk0
そういえばここの銀様は、首が180度回るのだろうか……
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 19:36:01.97 ID:QlGOIyAo
>>209
人形だしな
211 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 23:32:55.78 ID:tke0ziQ0
>>209
そういや劉備がそうであるように、英雄の身体的特徴って後世に同じ逸話の持ち主が出てきて、
「ああこれはあの逸話パクって箔付けしてるんだな」ってのがよくあるけど、
司馬懿の特異体質は洋の東西問わず他に聞かない気が。
俺が知らないだけかもしれんが、司馬懿の他に首180度回せる英傑って誰かいたっけ?
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 00:43:07.08 ID:alPKF8Ao
借金ありすぎで首が回らない筈なのに、回る英傑ならいるけどなあ
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 02:10:50.38 ID:9RHoVaYo
>>211
范蠡が指摘した越王勾践の特徴に近いんじゃないかと思う。

さすがに晋国皇帝の祖を「長頸烏喙」呼ばわりするわけには行かないので、
オブラートに包んで「(鳥みたいに)真後ろを向けた」って書いたんじゃないかと・・・


ほぼ百パーセント、俺の妄想だがなッ
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 06:34:47.73 ID:w2VaJ6Ao
耳が長い→普通の人には聞こえないものが聞こえる凄い人
手が長い→普通の人には手が届かないものに手が届く凄い人

首が真後ろに回る→普通の人には見えないものが見える凄い人

劉備と司馬懿の話はこんな感じの、偉人の暗喩みたいなもんだと思ってたんだけど
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 07:57:04.39 ID:xGcRjqM0
司馬懿に関しちゃ、その異相を曹丕が気に入った事で出世が始まった
って明確に書いてあるしマジで首がぐにゃっと行ったんじゃない?
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 09:12:50.00 ID:bXnCYvwo
司馬炎の腕は劉備と同じくテンプレだが、
司馬懿の首や司馬師の瘤は実際の特徴のような気がする。
224 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/06/09(水) 01:12:44.71 ID:PHJ.Qq.o
【おまけ】

                   _,-─-、_
.              _r'´:. :. :. :. :. ヽ
            ノ:. :. :. :. :. :. :. :. }
.            f:./ ̄ ̄`丶:. :.ノ
          へ_ノイ i| i| i| |! |! く_r┐      .司馬懿は変わった首の回し方をするわね?
          7j::r'イ レiト!  |r'T j} k'´
.        /イ::{ ル'┯┯リレ'┯┯lリヘ       背はこちらに向けたまま、顔だけこちらを向くなんて…… 
       //{::f !|  l:::/    |::/ |!::イ '.
.      // 7|i人     _   ノff┤ :,     .天然記念物に指定したいのだわ 
       f {  | |i | >-- -イ|  リ Vハ
.     /レ{  | K´  }:::::::::::::::Y くヽ 川     
.      i/イ r'_≦ /:. 孑::::了}   〉 〉 イ|
.       { l{   ̄ヾV:. :. :.  ̄:. :.i < く  !j                 /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
      V|   ___ノ 〉:. :. :. :. :. :. 〉 _)ノ イ                 /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ 
                                      //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
漢 魏王 曹操(字:孟徳)                      レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
                                       /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
                                       l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
                                       |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
  後世皇帝にされるレベルの人間になると、            |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
  この種の逸話がつくのは常識だそうですわ。         _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
                                    〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
  せっかくなので今夜は、                   ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
  そんな逸話をいくつかご紹介致しましょう          /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
                                      //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
                                   //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
                                    /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
                               ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
                              __ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
                             _;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
                             >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;; /;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
魏 大将軍 司馬懿(字:仲達)

“やる夫が正史を書くようです おまけ「びっくり人間大集合」”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 番外編「三国時代の経済事情」

2012.03.12 (Mon.)
16 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:00:49.26 ID:XFMBAeMo

__,, -‐'"                          \_
____________                  ~"'ー、_
::::::::::::::::::::::::::::::::/ l  |  |  ∧ヽ、_                    ~"'ー、_
:::::::::::::::::::::::::::::::|./l ∧ ヘ ̄|~"T.ト、\__                    ~
"'‐、::::::::::::::::::::::|.lヽ | l\ l/i ̄ヘ l ヽ lヽ`イ ̄lヘ,Tト-、_
   ~''-、:::::::::::::::` ヘl ` |ヽpノl `  ``  pノl /ヘ! ∧ T-、_  _,,,, -―‐'"
        ~''ー―''"~'| |  l __ ̄    ,    ̄〃l /| ヽl   ̄
            ヽlヽ_>'::::ヽ    __   ‐'!:::''<レ
                く"~:::::::::::::|、_   '  _//:::::::::::::::~>  .   読者の皆様は三国時代の経済事情に  
              ヽ:::::::::::::::ヽ!、T'ー-‐"|/l'/:::::::::::::::::/  .   興味はおありだろうか?
                  ヽ:::::::::::::::∀    ト/::::::::::::::/        
                __> -、_\  /_/::::::::ヒ'_     今回の番外編は視点を変え、
              /::::::::::::~"::::|:::::::::`l-‐r'":::::|:::-':::::::::::::'-    .三国時代の経済事情について見ていこう
            /   :::::::::::::::::::~"フ"/Tヘヘ''"~::::::::::::::::::  ヽ
17 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:02:35.60 ID:XFMBAeMo

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ   .  陳寿という歴史家は、
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`               当時の経済事情を『三国志』に書かなかった。
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ        .    『三国志』に先行する史書、『史記』と『漢書』には、
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ            それぞれ『貨殖列伝』『貨殖伝』という、
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l          . 該当する箇所があるにも関わらずである。
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、         
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.          いや、書かなかったと言うより、
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      .   書けなかったと言った方が良いのかもしれない。
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ      それだけ三国時代は混乱した時代だった
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

やる夫が正史を書くようです 第十六回の後に投下された番外編です。

18 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:03:33.06 ID:XFMBAeMo
【某年某月 晋首都 洛陽 陳寿の家】


        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    / ̄ ̄\                   ____     
   /   _ノ  \              /      \    
   |    ( ●)(●)           /─    ─  \       
.   |     (__人__)           / (●) (●)    \   ……というわけで番外編だお。
   |     ` ⌒´ノ            |   (__人__)       |     
.   |         } ∫∬       \   `⌒´     _/   でも、三国時代の経済事情なんて、
    ヽ        }  i.⌒i       ノ           \    何を話せばいいんだお?
     ヽ     ノ   kニ l   (⌒二              | 
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´     |  | 
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ     |  |      うーん。考えてみたら『三国志』の登場人物で
.     |     /        〈〉        ヽ     |  |      屯田で食糧増産に貢献した人はいても、
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ     |  |      経済面で活躍した人はあまりいないんですよね
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞー(⌒ ノ 
19 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:04:50.93 ID:XFMBAeMo

                        ,.        /
                   /,.. .:-ニ''"__ _    /
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::` _ ,'.
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::__l
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、l
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::l
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::l   国家の急務は『農業』と『軍事』です。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.   軍兵が強ければ戦争には勝ちますが、
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、:::::::::   農業こそ勝利の基本ですからね
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ

魏 将軍 鄧艾

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  例えば、魏の鄧艾はこんな言葉を残しています。
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         
 |      (__人__) /;;/         
 .|        ノ l;;,´           この発言に代表されるように、乱世は食料面と軍事面が優先され、
  |     ∩ ノ)━・'           経済関係の事柄は後回しにされがちです。
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            曹操も真っ先に食糧問題に着手し、屯田制を布いており、
\  “ /___|  |             逆に経済面、とりわけ貨幣の問題に着手するのは後年の事になります
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
20 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:07:28.31 ID:XFMBAeMo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \           そのため、三国時代初期の経済状況は破綻状態、
 |    ( ー)(ー)          とりわけお金、貨幣に対する信頼性はガタガタに落ちていました。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ         .早い話、当時流通していた漢王朝の貨幣では、
.  |       nl^l^l        まともに買い物ができなかったんです。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く          .発行元の漢王朝が衰退して、まともな貨幣を発行できずに貨幣価値自体も暴落。
   /     ヽ \        お金で兵糧を取引する事すら難しかったようですね


                                                     ____
                                                    /      \
                                                   / ⌒  ⌒   \
  KO●Iの『三国志』シリーズだと当たり前のようにお金⇔兵糧だけど、    /  (ー) (ー) /^ヽ
  それが無理だと物々交換でもするのかお?                    |   (__人__)( /   〉|
                                                \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                              ―――――――― \ _ _ _ )
21 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:08:22.74 ID:XFMBAeMo

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     それに近いですね。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/       まず、何故そんな状態に陥ったのかを説明していきましょう
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/            
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

“やる夫が正史を書くようです 番外編「三国時代の経済事情」”の続きを読む

僕と世界と中二病 ───やる夫は変わり始めたようです─── 第十話「朝陽が昇るまで」前編

2009.10.03 (Sat.)
766 : ◆hrNRx0D0Uc [sage]:2009/10/02(金) 18:55:22.56 ID:dUqdkRUo

今日の投下は10:30からの予定です
時間がかかりそうなの明日忙しい方は
投下が終わってから読んだ方がいいかもしれません

本当はもっと早く始めたかったのですが
またちょっと用事が入ってしまいまして……orz
本当にすいません


あとスレには全く関係ないのですがイギリスで誕生した最高裁のじいちゃん達がかっこよすぎて
邪気眼が疼いてきたので貼っていきます
こいつら……絶対魔法使えるぜ?
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000008-jijp-int.view-000
767 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/02(金) 22:27:38.94 ID:39vFap.o
現実は小説より中二病なり。
768 : ◆hrNRx0D0Uc [saga]:2009/10/02(金) 22:32:15.15 ID:dUqdkRUo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     僕と世界と中二病
            ───やる夫は変わり始めたようです───
                        第十話
                     「朝陽が昇るまで」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“僕と世界と中二病 ───やる夫は変わり始めたようです─── 第十話「朝陽が昇るまで」前編”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。