2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

タグ:雪華綺晶 の記事一覧

やる夫のファイナルファンタジータクティクスアドバンス 第26話「動きだす世界 後編」

2012.12.30 (Sun.)
502 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2012/12/10(月) 22:09:46 ID:RE/geRM60



                  \                         / 
                    》\                         /《  
                       》..:\       .)ヽ  /(       /:..《   
                          》,,.:.:\  __  { (   ) }  __  /:.:.,,《    
                         》 ,,,..:.:\゙≧ミ_∨非∨彡≦'/:.:..,,, 《    
          r‐─────― - .》 ,,,.:.:.:.:.彡へ《;人;》ヘミ/:.:.:.,,, 《.. - ―─────‐ァ
           ゛≦二       ....:.:.:.:.》  ,,,.:.:.:.:\从Ж从/:.:.:.:.,,,  《.:.:.:....      二≧"  
                  `≦二    ...:.:.:..》  ,,,.:.:.:.:.:川} {川_:.:.:.:.,,,  《.:.:.:...    二≧´     
                  `≦二 .:.:.:.:.≫r=ミ_/ )|--|(__ Y‐ァ≪:.:.:.:.. 二≧´  
                     `"≫.:.:.:〉(__ハ_八大_ノ{_〉イJ  /:.:.≪´      
                       />´ _>--'.:./ j} { | ヽ(___〃、:.:..  \     
                       /. :/ 〃´ .:.:.:.:.:.//′j`\ \Y }:.:....  \   
                       /. ://l ミ=‐─=彡 /  / ミ ミ=‐j/〉》 ̄ミメ: . \ 
                 /. :/ / ヽ: : : . . . / _/ . . . : : : /  | 丶   \: .\ 
                 / . : /.  / !  }:、 : : : :}: : : :{: : : : : : :/   !   ヽ /}: .  \  
                -=彡,,,ィィ/._ / l  j }:、: : :}: : : :{: : : : : :/    :i /{  < /ミ、、、,,,ミ=‐
                   7\_|___j>─ ---‐──〈    :|' i /         
                  //|/ ∨∨ \/  \/ }/}_.X___j/⌒   
                     /. : : : : : :彡:::::;へ::,へ::「: :ヽ_ :i|、  
                       /. : 〃 ̄ ̄ `Y、 〈〉  ,Y/.:.:.:.:.!|__ヽ 
                    {: : : {¨¨:.:.: ̄:.:.{ O 〉〈O }:.:.:.: . !|: . . i
                      ̄ i|r┐.:.r┐::|ミ: ..i. . :イ!:.:.:.「 i!|: :「 |
                        i|| :|.:.:.| :|..::|:::}:.:.|: : {:」!:.:.: ! :il|:.:.| :|
                       ゝ-===‐-! 7个‐': └‐ ===‐-'
                       /\|i:::::::::ヽ:/:.:.|::::::::ヽ:::::::i|i:::::}  
                           ) < Y::i-‐ ──── ‐ -ォ/    
                           `i { :| :L土======-|_   
                         Lj Y-‐ = =====‐-Y=- } --  ______ 
             _____  -‐── 、 └─弋_____. : : :.:|¨¨´  ヽ-‐    ̄ ̄   
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ( : r‐‐ォ :彡>/
                              <二>| }}/
                                    |_//
 
               やる夫のファイナルファンタジータクティクスアドバンス

                      第26話「動きだす世界 後編」

【序】第1話~第8話
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1283525343/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287151672/1-135

【破】第9話~第19話
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287151672/187-
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1304084837/

【急】第20話~
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1319374664/
503 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2012/12/10(月) 22:10:33 ID:RE/geRM60


_______________________________ 
|┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|

    2ch 4649 速報さま                          
    http://46492121.blog106.fc2.com/blog-category-32.html   
    やる夫之書さま
    http://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-49.html

|┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





      _ ――――――――――――- 、    
  n_. /- -\   や る 夫         .ヽ   
  (_/ (● ●)\                     l   
  (  ゙゙(_人_)゙゙  ) HP   362 /  362     |  
  ヽ   ヽノ  ヽ MP  88 /   88      |  
   |      |J .JP  10               |  
   |  Lv:14 Exp:521 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               
      ∧    ̄ ̄ ̄ ̄                           
 / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 |上記のブログさまにまとめていただいているお。圧倒的感謝……!!
 \___________________________



※前回までのあらすじ
 
イヴァリースを元の世界に戻すため、鍵となる全てのクリスタルを壊したやる夫。
しかし、世界は元に戻らなかった。

世界を元に戻すため、この世界の王子であるきめえ夫の協力を仰ぐ事を決意したやる夫は
王宮の「贈り物の日」という行事に参加するため、王宮へ向かう。

やる夫のファイナルファンタジータクティクスアドバンス 第25話「動きだす世界 前編」の続きです。

“やる夫のファイナルファンタジータクティクスアドバンス 第26話「動きだす世界 後編」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編2

2012.05.05 (Sat.)

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編1の続きです。

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編2”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編1

2012.05.05 (Sat.)
716 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:38:01.26 ID:o0EUkVkXo

        /               \
         , 仁二二二二ニ、      Y
      /                   ヽ
.     /                      |
    /   l ヽ.   l |    |   l         |
    l|  |  |  .| |    |   l         |      
    | |  |  |__ l_|_  ,イ|   |   h    |
    | |  |  L___」_Lレ′|   | l リ    |     「やる夫が正史を書くようです」第二十五回後編ですね。 
    | |   | 「i  ´{l:::ン  レイ  |   |   |
    l|| | lノ   :;;;:      |   |   |   |     >>1は投下中にレスを返さないのでよろしくお願いします
    } }| ! 丶_         |   |   |   |
   ノ ィ 人 l  `つ       .|   |  |   |
     | | ト、ヽ   `ー┬‐'´  |   |  |   |
     | | | ト┘ヽ  ,イ.    |   |  |   |
     L_ /  ヽ、l/ |     ノ   |∧ l  __」
         ノ_lヽ、_ソ   ヽ    `ー'/. |/l \
.    , -‐ '´|: : :l  |   \  /   |  |: : :l\
   /.     |: : :|  |  rー、i {へ_.   |  |: : :l  \

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編の続きです。

717 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:39:24.91 ID:o0EUkVkXo

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \       孫権の心が折れた、ねぇ。
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |     .確かに年食ってから後継ぎに死なれるのは辛いもんがあるお
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /
                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
     孫家の家系は今も昔も短命な人が多いですね。            (`⌒ ´     |
                                          .     {           |
     孫権の兄弟も皆彼より早く亡くなりましたし、                {        ノ
     最近まで皇帝だった孫休も三十歳で亡くなっていたはずです      ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      孫登は孫権を初めとする
        `ヘ:ゝ   _     小/        呉の人々の希望と期待を一身に背負った存在だった
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 21:50:47.88 ID:m3oY64KRo
孫家の短命は、寿命とか病でなく短気からの…
718 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:40:51.44 ID:o0EUkVkXo
【紀元209年頃 漢 揚州 呉】

.        /. :                  . : :|
       / ィ .      : ,  i:   : .     : : :|
         i/ i:/   :  i:i{   ハ  . :/!: : ,l: :  : i: : |
       / |i{  、 ヽ: :i八 :! ∨ /r|/ | :/ : :|: :|
.         iハ   :\iヽi⌒ミ、|  V〃 ̄`iイ: : : ! : ハ       私にも子が授かったぞ!
.          ヽ!  \      , .::.     /: : : : i|: : : \
          ノ| . : ‐.ヽ    、    ∠ィ: : :i: 八: : : :\     こうやって見ると子供というのは可愛いものだ!!
         フ:ノヘ :、 \ r 、ー一   ': :ルi/: : トl ̄ ̄`      .
        ∠... イ: :\:、‐-'}/二丶、イ: /` /'ー┴―- _    .私が生まれた時、父はどう思ったんだろうな!!
       .. -―┴一'^ヽ、 {/__  }イ /
.      /           {/ r‐┴ |/7    . 
.       |   :.  .:     .ケ{ t‐  l /    .: .::::
.        |   :::.::/     :ij  フ  .//    ::::::                   , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
.       i   ::::/     : ll /  ||::::::::..  :::::                 //ニニニニヽ   ヽ
                                            //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                               レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
                                              i 小●:::::::::::::●::ノ l !,、.|
                                             __ j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .iム、|
                                           /´:::ヽ__|ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::;j./::::::l !
                                         \::/  从>,、::::::::::イァ/::::::/│
                                   .       从 l||l  // ハ ハ l||l 人.∧ .ノ
                                          ( ⌒ ) | l   ii   | l( ⌒ ) >

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登、字を子高。孫権の長男である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .赤壁の戦いの翌年に生まれ、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       年代的には魏の曹叡や司馬師とあまり変わらない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
719 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:42:20.05 ID:o0EUkVkXo


               ___
            . "´      `丶、
              /            \
            /               ヽ
         i: : : : : . : : : .  : :      ヽ
         |: : : : : . :  : :、: . : :、: :  | . ト|
         i: : : :_|: : : . ト、|ヽ、ト|ハ: |: ハ|: . |
        ノ: : : ft1: : : :ヽ ´i-'f^`Vイjハiハ/
       /イ: : : :ヽ|:i : : :ヽi   ̄  ヽ |: |
      ∠ィ: : :i: : : |ヘ: 、: :ハ      __ 'ノト|      (しかし、自分で作っておいてなんだが生母の身分がな……)
       ∠ -‐|: ィ: :/ヘ |\ ヽ  ´ /|
          ",レ' |  `  丶i >く、ト|
       . -‐  ': : : ヽ、   | |  /: :\
.      /: : : : : : : : : : ヽ`丶 Lヽ/|: : : : ヽ
      {: : : : : : : : : : : : : \  `i |: : :i/: |
.       }: : : : : : : : : : : : : : : ヽ  、 V: V:|
      j: : : : : : : : : : : : : : : : :ハ  、 V: V:}

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫登の生母は卑しい身分の出と言われている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .そこで孫権は正夫人だった徐夫人に孫登の養育を任せ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .徐夫人は幼い孫登の母親代わりとなって養育にあたった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .ところが、このあたりの孫登をめぐる家庭模様はなかなか複雑だ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
720 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:43:28.35 ID:o0EUkVkXo
【紀元212年頃 漢 揚州 建業】

     ,'  . : : . :   .  . : .  .     . : : : : : :.}
     / ィ . : . . :.i  . : : . : : . : : . : . : . : : : : : : :|
     i/ | : : : : : |、. イ: :i!. : : : . : :、: .ト!i: : :/: : : :i: :.|
      l : :i: : : : |z≧V、',: :∧: : ∠リ-ヽ:/: : : : :|:. :|
      ',: ∧:i\ヽ辷j`ヾ∨ `∨{.ィ::}``イ: : : : : i.}: :|    どうも徐夫人は嫉妬深くていかん!
       V ヽ: :ハ`` ̄     ` ̄´ //: : : : :l: : :l
        ∧: :.ハ     !      /ィ : : : :,': :i:.ハ   建業に移るのを機に、あいつは呉に押し込めておけ!!
        /.イ: : : \   __     /./ . : イ/: : ',ヽ',
.       /' | : イ: i: .\  - `  .// . :/: リ: :l: :', ヽ  お前も今日からは歩夫人を母と思って仕えるように!!!
        ∠:ハ/イ: ',. \__   '  ィ.イ./∧:∧ト、ハ
         リ__... 」- }  \  /´ / /イ\V ヽ. `\
  , -‐ ´ ̄ ̄     |   , ,'   ' l:::::::`ー-- 、_
 ./             |   } i      |:::::::::::::::::::::::::::...`‐ 、        _l    , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
                                           \   //ニニニニヽ   ヽ
                                           <  //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                           /  レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
                                              i 小●:::::::::::::●::ノ l !,.、|
                                               j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .i:ノ、|
                                               |ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::j/  ! !
                                               从/:::`l、::::::::::イァ_  │
                                     .          /:::::// ハ ハ.//   ヽノ
                                               |:::::::l l   ii  |ヒ二ニj

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権と徐夫人の仲はしっくりいっていなかった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .彼は建業に本拠を構えた際に、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .徐夫人は嫉妬深いという理由で建業への同行を許さなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .当時の孫権は側室の歩夫人を寵愛しており、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .それに絡む事情であろう事は想像に難くない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
721 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:45:27.18 ID:o0EUkVkXo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      実の母がいて、義理の母が徐夫人に歩夫人。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    母親が三人かお
 \      ` ⌒´   /
                                                 / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                              (          |
           この頃、まだ五歳ですね                .    {          |
                                              ⊂ ヽ∩     く
                                               | '、_ \ /  )
                                               |  |_\  “ ./
                                               ヽ、 __\_/
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ       孫登にとって幸いだったのは、
        `ヘ:ゝ   _     小/         徐夫人にも歩夫人にも男の子がいなかった点
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
722 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:46:18.76 ID:o0EUkVkXo
【紀元212年頃 漢 揚州 建業】

        丶`'、_        ``':;,___、、〆   /
        ノ   "`ー::;、          :`l.、 /
        / ‐‐ r-ュ-、`'''::;、__    __、--j"~ il
--――、、:/   l | .`|:i`   `~/ミ__  リ   ハ
      |    ~゙ゝ---ソ     、イ(. 〕゙ |   ハ
      |              ヾ ー-' ル-―-、|           よしなに
:______J             _  ゝ   リ     |
      j              ''    ノ    |
      l          、--、、、   ノ----、_|
      :|          `'''''''"  /     ハ
      : |\           / .|      ハ                     , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
      : il  ヽ、_       /   .|      ハ                  //ニニニニヽ   ヽ
       !i    `゙;;、、、___/    |       ハ                 //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                                 レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
         孫権の妻 歩夫人                          i 小●:::::::::::::●::ノ l !,、.|
                                               __ j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .iム、|
                                             /´:::ヽ__|ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::;j./::::::l !
                                           \::/  从>,、::::::::::イァ/:::::::/│
                                              /  /  // ハ ハ //ヘ、::::∧ノ
                                               \<   | l   ii  | l ヽ `´ >

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .歩夫人は歩隲の同族にあたる女性で、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       容貌の美しさで孫権に愛され、寵愛ぶりは妻たちの中で第一だった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .嫉妬を知らない性格で、しばしば他の女性の後ろ盾になり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       孫権からも大切に扱われていた。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .後に孫魯班と孫魯育、二人の娘を生んでいる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
723 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:47:34.19 ID:o0EUkVkXo

           __
      . ‐'"´  ,. -‐` 'ー- 、
     /    ∠-‐''''" ̄ ̄``ヽ.
    /  .       /~`´ヽ`、`、 ヽ
.   l  .'   :  .' /    l l l l l
.    l  i   i : i | {'" ̄` ヽト、} l |
   l  i  rl l トl、レi´「`  ィTiレヘノ      .義母上から衣服をもらったけど、
   |    l l l、 l  └'     U l        これをこのまま着るのは義母上に対して無礼になる。
   | :   :ヽl l `      、 ll
.   | l : i  | ト、     ー_‐´.イl        沐浴してからありがたく着させてもらうよ
   | l i l i| l      /i |l
  ノ ノ l l l lヽl―‐┐ l二, l lノ
.  i ,' l _ノ-<`     、L_L ムL|_
/ ̄ `ヾ::::::ヽ      。`i/  `i::::i`ー、
       ヾ:::::ヽ     `i。  }:::l   
                                             /\___/ヽ   
                                             /''''''   '''''':::::::\ 
                                          .  |(●),   、(●)、.:| 
                                          .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,,  :| 
                                          .  |   `-=ニ=- ' .:::::::| 
       何もそこまでなさらなくても……                   \  `ニニ´   :/ 
                                          ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                          :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                              |  \/゙(__)\,|  i |
                                              >   ヽ. ハ  |   ||

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登少年は人間ができていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .彼の行動からは継母にあたる歩夫人への気遣いが見て取れる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
724 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:49:00.82 ID:o0EUkVkXo
【紀元221年11月 呉首都 武昌】

//  /      ,   ,              ',
 ,' .ィ     / 从イ  ハ   ,           .l
 l /,'     イ /-、l ./ |  ハ ハ  ,       |
 !' .{ ,  、i! ,リ==ミ!/`  | /-‐∨‐! /       |     さて、今日から私は呉王になる。
   !.ハ 八 ',`' iト-'}リ   V z==テVイ /   !   |     
   '  .〉 , ヽ', `= ' ,     iト‐'::ノ '' リ   .l  ハ     そこでお前を太子としたい。
    ./イ  !`    /     ` ̄´ /    l  ハ|     .
   /イ   ',    `       ./,.   イ/  ト!      異論はないな?
    { イ   \   'ニァ     /イ    ハ!  |      .
    !ハ   ト/ \ `     ,. ィ  / / ! ト .l 
    /'从  ハ「<!ヽ、_  -‐ ' /'  イ /   { ヽ!                 . - ──- 、
    ∠ イ', | }  `` ‐ 、   ,' / リ'  ト  i  ヽ             ,. '"´ ̄ ̄ \    `ヽ、
     /,.> '}      |   ,//    .| \ ',               /    ̄ ̄`ヽ、\     \
                                      〃./`1  l l   `ヽ ヽ\ `ヽ ヽ
                                      〃 l  Lヽ_l_人   |   l    l  l
                                      | l lj    >==`ー'ヽ j ト、    l
     お断りさせて頂きます。                   | U仁、  ヽt少   /`Y l l    !
                                        \}tり          l  |  lノ    l
     根本が確立されてこそ、                    .1く           l  |  l     l
     正しい道も生まれてくるはず。                 l  , -      l  |  l.  |  ト、
                                          ヽ         /ヽノ  l.  |  | ヽ
     僕を太子にするのなら、母上を王后にするべきです     \_ _ /  __l  ト、  ト、 ト、ノ
                                              l  | ヽ 「   l_ノ ヽ\\\
                                           \| ̄|__|  ,. -─  >>ヽ\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .実母や徐夫人の事も忘れていなかったようで、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .後に太子になった際に父とこんなやりとりをしている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
726 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:50:50.44 ID:o0EUkVkXo

.         }    .::       ::::.  .:. :..   :.  .     、ヽ
.         /   .::: .::: .   l :::l:::.  :l:::. : .  l:.   l.  ヽ  ',.',
       /  .:::::.:::/..::   l: ::';:;::. :l;::l::.:.  !l:::.  l:.  l::. l l
      ノ  .:::::::::::l::/: :. :. ';. ::ハト、::::トハ::: . l1: /イ::: :: l:::. !リ
    /ィ ..::::::::::::rlイ::.:::  :.. :ヽ::',_`_ヽl__ ';:: / l∠_」::.;イ./l::: !
    ''", ' .: .:::::::::::{ r!:::l:::.  ::. :::ト;:',`==ミ ∨  '=イl:/ lイ l::/
.   /..:;;ィ´::::::::::::ヽ.!::l::::::. ヽ. :',゙ヾ       、 /:´ i//'´    じゃあお前の母親はどこにいるんだ?
.  /,.- '/:;:::::::i:::::::i:::l::l;::';::  丶.',        ,ソ: :: l l
  '" / -7:::::::;ヘ:::::l、:トハ:::';:. :  l゙ヽ    , -ュ ': : l;: ト!
  -' ´ ノ;ィ/ ト;::l ` ヽ';::';、: :. l‐ __   `7:l::: . ハl
    /彡'´   ii ';l  , ヘ:トヽ:::. ',   /7- '1/!:: /  `                . - ──- 、
  ,.-'"´     ',',.`/  ヽ`ヽ:::.', {/ `ヽ、'´ l::/ヽ.             ,. '"´ ̄ ̄ \    `ヽ、
              ',',ヽ    / `ヾ、! `- 、',',`7' 、_ ト、           /    ̄ ̄`ヽ、\     \
                                        〃./`1  l l   `ヽ ヽ\ `ヽ ヽ
                                        〃 l  Lヽ_l_人   |   l    l  l
                                        | l lj    >==`ー'ヽ j ト、    l
                                        | U仁、  ヽt少   /`Y l l    !
                                        \}tり          l  |  lノ    l
          呉の街にいます                     1く           l  |  l     l
                                          l  , -      l  |  l.  |  ト、
                                           ヽ         /ヽノ  l.  |  | ヽ
                                           \_ _ /  __l  ト、  ト、 ト、ノ
                                               l  | ヽ 「   l_ノ ヽ\\\
                                             \| ̄|__|  ,. -─  >>ヽ\
727 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:51:52.06 ID:o0EUkVkXo

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : : : . . : . : .      \
: : :    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.     ト、 ヽ
: : :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :  :  丶`ヽ`,
: : :   : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :/',: : /:   ',  ヾ、
: : : : : : : : : : : : : :.i: : : : ; :/: : : iヽ: :/-‐|:: /:.   :. ヽ
: : : : : : , : : : : : :,.イ: : ;イ:i-',: : .||: 〉' z=リミi: : .ト、ト、:.ヽ、
: : : :: :/: : : : :,.イ'/: /z=リミ,ヽ: :| V ' iト‐ノ,.|: : ./ ヾ、`丶...、
: : : : /: /,. - ': : |/イ' !ト‐-ノ, ヾ!   '´ ̄ i: :/   l
: : : :/: :': ,: : : : :.|  -ゝ‐'"      ヽ   .}: : ,  |
: : : /': /: |: : : : :|           /   /: : .ト,  |                …………
: : :/:./: : |: : : : | し       __,,..  ./: : .| .l l
: : .i/: : : :l: : : ∧:|丶      '´ - /: : : : | .∨ 
: : : .イ: : :l: : ,イ ヾ  `丶、      / |: :∧: :.|
,./ .}: :/: : /. \      ` ‐,- '::::::}::/::::ヽ:.l`i
   /,イ /    ヽ      /:::::::::::/':::::::::::ヽ|/
 ,. -' ヘ、    l´|     ∧::::::::::::ト;:::::::::::::/ `丶、
'      ヽ、  |:::i     { !:::::::::::| \:::/    \
       ` 丶、l::::l     ` ',::::::::::|  `´      i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権は黙ってしまった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫権の王后、皇后の地位は、群臣が徐夫人を推したものの、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .歩夫人を寵愛していた孫権が承知せず、長く空席となってしまう。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .こういう部分にも孫権の優柔不断が出ているように思う
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編1”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編

2012.05.05 (Sat.)
439 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:04:46.76 ID:lKKuw/so

      |┃
      |┃
      |┃ ,.:''::´:: ̄::`:::.、
      |┃,':; '´T 丁l `ヽ:ヽ
      |┃/l |l ト、 l Nトl`iハ
      |┃|l kノノヽノ`ヽリil l|
───|┃l lK ◯   ◯ ソイ|      改めて作者から新年のご挨拶を申し上げるわぁん。
      |┃.l ぃ  ,-┐ ,从!|⌒)
      |┃、 トゝ、 ニ イ ト/f:シ     今年も読者の皆さんのご健康とご多幸をお祈りしているわ。
      (⌒ヽ::.{l {薔 l}::.::.::/
      |┃シ:.::.゙===".::.::./       そんなわけで今年一発目の投下を始めるんだけど……
      |┃::.::.::./\::.::.〈
      |┃::./><\::.::\
      |┃/~~~~~~.>\;/
      |┃     (__@
440 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:05:26.55 ID:lKKuw/so

     |   _,, _
     |-''´ゞ{薔}ンy、
     |:;.- ―― - 、:\
     |          \:ヽ
     | i  ,,     ,  `,,!
     |、i^V1  ノl/| / ト、
     | ◯ !/ ,ノー!,イ  ト ィ
     |      ◯l'// ,i!レ′       ……実は今回、描く事が多いおかげで内容が長すぎるから、
     |u 、__   i/ '/  _,__,     .前後編に分ける事にしたのよ。
     |-、_ ` ´  ,.ィ' //―'":::::;ノ-―ァ
     |::トvriニ「:´ン///::::::::::::::>―'''   .二宮の変の内容がいまいち掴みきれなくて、
      j-、{薇}/::/::レ':::::::::::::::::\__    呉に手を出すんじゃなかったなんて作者は思ってるそうよ。
     { ! ノ:::::!:::::;ト- 、‐------'"´
     |ヽ/<`r‐fr´ll   \        .そうは言ってもこのあたりやらないと、
     |::r( ,)( .ハ_jj i    !        三国志の後半やる意味がないから困るのよねぇ
     |:::ヾ〈〈〈ノ:\\! .トト|
     |::::::::~::~::::::::::\ヽ! ! l
     |:::::A:::::::::::::\::ヾ:、
     |::/><\::::::::|:::\::>ヽ,
     |'_><_,!::::::|i  、\::ヾ!、
441 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:06:13.79 ID:lKKuw/so

  |   _,.,-r''fi,ッ、_
  |-''´:::::ゞゝ,iソノ,=ッ、.
  |::::__:tr-、r--、,:::::::::::ヽ
  |r'`´       `'''r、:::\
  |            '\:ヽ
  |   i  ,,         `,,|
  |. /! /|    /|/|  ,  ト、
  |ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
  |、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
  |  ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!
  |"           ̄/./ ,,,/i!レ'
  |         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆  それじゃあ前口上は終わりにして始めましょうか?
  |\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
  |::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆   「やる夫が正史を書くようです」第二十五回前編、スタートよぉ
  |,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
  |.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
  |Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆
  |:::::::|}〉 〈匂〉 〈{|::::::!::/::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
  |丶 ;;タrnnnnrタ;;ノ/:::::::;/ヽ,,
  |ソ::::::::::::::::::::::ヽヽ | !  ̄ i    !
  |\:::::::::::::::::::::, ヘ. N    l 、 |
  |::::::::::::::::::::::::::::::\.\|  |ヽ|ヽ!
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,\| i! |
  |::::::::::::::∧:::::::::\::::::::\,,
  |:::::::::::/,><\::::::::!\::::\\
  |:::::::::/,><,,\:::|,, \:::::>,.ヽ,
  |:::::::/,,,><,,,__.|:::|!  、\::::\,!.
  |::::/'' ー-、,,,__ノ|:ノ ,,  ゝ\::::::ヽ

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編の続きです。

442 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:07:31.65 ID:lKKuw/so
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
443 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:08:57.93 ID:lKKuw/so
【前回のあらすじ】

                                      _, -‐  ̄ ヽ
                  , 」 ̄{_「 ̄}__,へ,x '.  ̄二ニ≠ '´xy __,. -一く
               __   /            ̄Z ̄xxXX >  ´ ̄ ̄  ̄
          /: :二>'                L> ´   _
     _    (: : : :{_」 _, =ー-,ィへ,}:!_         ヽ     (: { ̄
   /   \   ヽ; : /  ̄と_ム_{;(、`ー - 、  ノ  [ 、__ _):ヽ
  /  ,j!、 >x、_};!/ .}{≧_≦}{  );!`ーァ  ノ   __」: : : : : : :,ノ
.≦   /  \,   〃  >' __ ヽ、 〃⌒ヾ  />一7: : ; '  ̄ ̄
「`ー-vヘ: : : :く  .{:(  /   `´ ィぇ〈:{.    イ: : : : : l : /
レ》),ヘ.〉 ):,-一ヽ_ハv从{:i!:}〃ノ}ゆ{)トハ____,!:ヽ: : : :.l:.:{_ ___
~~じ' /:/: :/: : : :}!:ソ:/:1i!;/:1: :ゞツイ: :ハ: : :ノ: l: : : :∨: : : : : `ヽ
  , :´: :,': : i{: : : : /: : :,!: :!レ: :イ;/:/: : /: ノ:<: :く: : : : : } ̄, こ }: :.!
 {: : : :.l : : : <: :l :{fy): : : : /:/: : :{fy):.{: : : :ヾ :`; : :.ノ  `ー一′
 ヽ: : : ゝ: - :、:ヽ!: : ゝ: :ヾ: l: : : : :_: : : : :ヽ: : :ノ: /: :, '
   ーy: : : ノ: :.i :.}: : : : : : : : : ;./: : : : : : : }!:j: : l: :/
    /: : :,': : : :!;ム; 一1: : : : :{ : : : : : : : : ノ:ノ: :,'ノ
   ,: : : :l : ://: : : : : ゝ: : : : ヽ: :_:_: : :/: : /
  .l: : : : ∨  !: : : : ; -― ャ: : 7´  ヽ: : : :.(_
   \: : :.{_.ノ: : /     }:./    }: : :): : :ヽ
    >: : : :_:_ノ   ___ノ/     ノ:./: : : :.ノ
   //  ̄        ̄      /:/  ̄ ̄
   l{_ _)!             l:.{__,
     ̄                ̄
       呉 丞相 陸遜(字:伯言)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .呉の丞相陸遜が死んだ
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
444 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:09:30.54 ID:lKKuw/so

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       二宮の変ですか。
.  |         }
.  ヽ        }        .そういえば、魏の正始年間は二宮の変の真っ只中でしたね
   ヽ     ノ        .
   .>    <
   |     |
    |     |
                                                  /  ̄ ̄ \
                                                 /ノ  ヽ__   \
                                               /(―)  (― )   \
                                               |.  (_人_)   u |
                                                    \   `⌒ ´     ,/
     とうとう陸遜まで逝っちまったのかお……                  /         ヽ
                                               ./ l   ,/  /   i
                                               (_)   (__ ノ     l
                                               /  /   ___ ,ノ
                                               !、___!、_____つ
445 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:10:35.07 ID:lKKuw/so

      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ     ところで二人は、二宮の変についてどの程度知っているのだろうか?
        `ヘ:ゝ   _     小/        
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |
                                      / ̄ ̄\
                                    /       \        ___
                                    |::::::        |     /     \
  孫権の息子二人が喧嘩して、                |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
  結局共倒れになったぐらいは知ってるお。         .|::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
                                   .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
  後、陸遜が巻き添え喰らって憤死したとか……      ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /:::::::::::: く    | |         |  |
      呉から降ってきた人たちから、     -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
      だいたいの経過は聞いていますが……        .|:::::::::::::::|ヽ、二⌒
446 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:11:24.36 ID:lKKuw/so

                                      / ̄ ̄\
                                    / ⌒  ⌒\      ____
                                    |::::::(●)(●) |   /      \
                              .      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \
                                     |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
   ま、いずれにせよ詳しい事は……(×2)          |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
                              .       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /ヽ三\´     | |          |  |
                              -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ    今回の話を始めるにあたり、どこから始めるか悩んだ。
       ヘ!:|         ノ!/
        ヾ!>ー-   -- <イリ      その様子なら、五丈原以降から語った方がいいかもしれない
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´
447 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:12:42.04 ID:lKKuw/so

          l: :   i :  :     :. :.  :. 、  :. :.  }∧ \
           l  :  .: l {  _|、   :  :. _、 -: ._  :. :  :ハ:ト\
          j  {  :i l_ ィ ´:.「ヽ  |l  :.、:. }lハ `  !| ハ 、
          / i :.  :.|ハ|ヽリ_ ヽ {ヽト、}ヾソ_Ⅵ |l / ト、\
       //!  :. :.∧ ィr'笊ト、 \  イr'/;仆j:|∨レ i | `    
        / |i ヽ 、:ゝ{c//j        ∨//ソ//:/: i.:从    私は昔呉に住んでいた事がある。
            Ⅵ、 : \`:,,, ′        `,,,´/ / :i |ハ{      .
              |l ヽ| :.` .\     ′    / :/ハ ハ|      今回はその時の見聞を基にして話を進めていこう
              j:、:. \     ‘`     ィ7/ リ′
                  \ ト、> :. _  _. :イ:/}/、:{
               ヾ リヽN      K j/ `
                 `,.ィ´ノ   ;' ∨\
                  _ _/ : /' _   { _゙}: : ` : . ._              / ̄ ̄\
         , :-r<: : : : : : :{  _ 二 ..__//:j: : : : : : : >- 、         /       \ ____ ヒソヒソ
                                           |:::::       |/      \
                                          . |:::::::::     |:⌒  ⌒   \
                                            |::::::::::::::::    |●) (●)    \
        (今さらだけど、長門さんって年いくつだお?)        |:::::::::::::::    |::(__人__)      |
                                          .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
             (気にしちゃいけません。常識的に考えて)      ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
                                            (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
                                     -―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
                                              |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 番外編「手紙について」

2012.04.24 (Tue.)
811 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/29(日) 00:57:10.20 ID:43jLEsIo

::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::  
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|     
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
|::ゝi: i│       /:::i:::| 
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|       さて、次回の番外編の告知をしていなかったが、
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|       次の土曜日までには投下に漕ぎ着けたいと考えている。
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|       .テーマは「手紙について」、下の御仁の得意分野と言える
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

                                              ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                                              ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                                              ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                             ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                           ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                            li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                              i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
  僕ほどの能書家の手にかかれば、                   l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
  手紙の偽造など朝飯前さ                           !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                                            ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                                             ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                        、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
                           `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                       '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                        __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                                 `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                                i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                   l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                                 '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                                   i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 後編のあとに投下された、番外編です。

854 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:26:04.21 ID:i2ouMuoo
【某年某月某日 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/  
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ   
                                        ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:: ニ'::::l
                                        ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
                                         \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
                                           ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\  ';:::|
                                            / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
     三国時代は文学自覚の時代と呼ばれる。            l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                           `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     今回は文学自覚の時代のひとつの側面を紹介しよう      '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                             rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
                                             ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`
                                              ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
                                       ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ
                                     ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ
                                     /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
                                  .   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
855 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:26:48.16 ID:i2ouMuoo

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \        作者の中途半端な知識による
   /  (ー) (ー) /^ヽ       「やる夫が正史を書くようです」番外編の始まり始まりだお。
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ     先の話作りに苦戦してるからって番外編に逃げるのは良くないと思うお
―――――――― \ _ _ _ )

                                                    / ̄ ̄\
                                                  /   _ノ  \
                                                  |    ( ー)(ー)
                                                 . |     (__人__)
    まあ、それに関しては弁解の余地はありませんが……     .         |     ` ⌒´ノ
                                                 .  |       nl^l^l
    この番外編は、本編で語りきれない話を紹介するのが目的です       .  ヽ      |   ノ
                                                    ヽ    ヽ く
                                                    /     ヽ \
856 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:27:32.75 ID:i2ouMuoo

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      で、今回は何の話だお?
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/■)'    _ /
   ( ^ノ ̄       ヽ
                                                     . __
                                                    ./::::::. \
                                                    /::::::ヽ;;:   \
                                                  . (:::::(::::冫    |
    以前の番外編では、                                 . (:人;;;) .    |
    「軍事力」「貨幣」の話をしました。                          r‐-;::::::. .     |
                                                  (三)):::::.. .   |
    今回の番外編では                                  >::::ノ:::::::::.    /
    三国時代を象徴する「名士」か「屯田」の話をしようかと思いましたが、   /::: / ヽ;:::::::::   /
    今後のネタバレを多分に含みそうなのでやめました             /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                                 (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                                   . |\::::::::::::;;:1
                                                   . |:::::\;;/:::|
857 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:28:55.48 ID:i2ouMuoo

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ   
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ      そこで急場しのぎのネタとして、「手紙」の話をしようと思います
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

                                                    ___
                                               /      \
                                              /ノ  \   u \ !?
      手紙?                                  / (●)  (●)    \
                                             |   (__人__)    u.   |
      これまたえらく地味なテーマだお                  \ u.` ⌒´       /
                                            ノ            \
                                          /´               ヽ
858 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:29:29.30 ID:i2ouMuoo

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ          不思議に思った事はありませんか?
       |         } \
     /ヽ       }  \       『三国志』を注意深く見ていると、
   /   ヽ、____ノ     )      .●●が××に手紙を送ったという話が多く出てきます。
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)       魏、蜀、呉、三国問わずにです
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
                                                   ____
                                                 /      \
       ふむふむ。                                  ./─    ─  \
                                              / (●)  (●)   \
       そういや結構多い気がするお。                    |    (__人__)      |
                                              \   ⊂ ヽ∩     <
       『三国志』の著者としては、                        .|  |  '、_ \ /  )
       ああいうのをまとめるのは面倒で面倒で……             .|  |__\  “  /
                                                \ ___\_/
859 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:31:09.28 ID:i2ouMuoo

   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .    ここで質問です。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .       何故三国時代に手紙のやりとりが盛んになったと思います?
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
                                                     ____
                                                   /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                                |      (__人__)     |
              紙の発明でおk?                        \    ` ⌒´    ,/
                                                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
860 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:31:38.45 ID:i2ouMuoo


              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /
             i⌒ ´ .r-、  |/  /       理解が早くて助かります。
             {     ヽ, ',. .,/ :/',
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',        それではさっそく、
              .ヽ . |   / , --'i|       .手紙が流行するきっかけを作った
              /   {  V , --ヘ       紙の発明について述べていきましょう
              |   ヽ  L| r= |

“やる夫が正史を書くようです 番外編「手紙について」”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十一回 中編

2012.04.21 (Sat.)

やる夫が正史を書くようです 第二十一回 前編の続きです。

873 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:17:10.52 ID:.0tsvuko







                 ――琅邪の海の遥か東に、神仙の住む島があると云う









'"                       _...:;;:''"                       ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
.,;: _...                    .,.,;:;:;:,.,.,_                 ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
874 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:18:53.71 ID:.0tsvuko
'"                       _...:;;:''"                       ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
.,;: _...                    .,.,;:;:;:,.,.,_                 ,,,......,,,,,;:;''"''':::..










__________ _ _ _  _   _    _        _    _   _  _ _ _ ___________
::::::::::::::::::::::::......  ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........         .............::::::::::::::::::::::::::::............. .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::......    .........::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......  .......:::::::::::::::::::::::::::::::.......    ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   .....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..................    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.................   ................::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::......  ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................   ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..........  .........:::::::
::::::.....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............    ..........:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ         徐州を離れるからには、もう一度拝んでおきたいと思ったのですが……
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)       今日はさっぱり見えねぇですぅ。
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  この海の美しい眺めで我慢しときますか
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿

徐州の少年 諸葛亮(字:孔明)
875 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:20:26.38 ID:.0tsvuko

            , --- 、
       ,. -一'´      `ヽ、_
      /             `\
     r'´                 ヽ
     ノ  ,.ヘ、   ,. ‐'^ヽ、         l
    (.  /   /'l,ィi ´      ゝ      |
   ノ ,'   |l |l \、     ヽ     ヽ
   (  |    l' ヽ、 `'ー   _(      }
   ヽ. |´`==。、  ー=='。、  } ,r‐、  ノ
      )|.    }        { {,r‐.| 〈     我が弟ながら酔狂な奴だ。
.    ヽ|    ノ         } } ;,リ  ノ
.       |   !._        ル'_ノ <´      あんな物を見て何が楽しいのか?
      l.  `__         |_,r'´
       l   ヽニニ二)     |        .ほら、行くぞ! もたもたしていると叔父上に置いていかれるぞ
         ヽ   ー    /   |
        ヽ.     _, ‐'´  _|、   
         「l`T 「 ̄ ̄ ̄    |
         |.|| ̄|       │

諸葛亮の兄 諸葛瑾                                   _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                               ,/ ,===''⌒''== 、、
                                             / ,=          ヽ
                                            /  ,='  _  ∧_ _,,
                                           /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
                                             ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
   右も左も盗賊跋扈、                              { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
   薄汚いチビ人間だらけの徐州の景色を眺めるぐらいなら、       ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
   海の方がよっぽど綺麗ですぅ。                        |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                       r"      | |{i t    _     / |
   ま、驢馬に人間の感性は理解できないでしょうが     (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                       ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                         r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                        __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                        ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |
876 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:21:58.09 ID:.0tsvuko

    な
    ん

     (
     (´ (((/⌒,>
 だ   (/"、/^ 了
  っ   〉7  ̄’u リ6)
 て     ヽ_,  i ゙''
 ?     ヽ ̄ _/_
          ̄「lll| E
        /゙'' ̄;;;;;;;                                      __
       ,r'⌒ヾ、´ ̄\                                    ,ィ:´:l  l`ー、
      |    ゙i                                       ';ム: l  l  _ゝ
                                                ノー/l .//: i
                                                  ヽ_///: : : : l
                                                  / ∧: : : : :',
    最近思うのです。                                     / /ノ:::ヽ: : : :ヘ
                                                 i/l!:::::::::',: : : :.ヘ
    こんなクソみたいな乱世ですが、                         リミリヽ:::::ノ: : : : :.ヽ
    この海の景色みたいに綺麗な物もきっとあるはず……              /::|リ::l!::l:::::::〉: : : : : :ヽ
    周りは薄汚くても孔明だけはまっすぐ綺麗に生きたい、と。        /::::::::ノ::::l::::∧: : : : : : : :\_
       .                                         /==彳::::::∨::::ヽ、_: :‐--:、__:ヽ
    できれば孔明の手でこんな乱世を終わらせ、              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐:二_ー--、:`ー、
    国を建て直して民を救いたいもんですぅ                 /:`ー-、_::::::::::::::::;ィ-‐ゝ、: : : `ー-、-'´
                                           /:::::::::::::::::`ー-‐'´:::::_,、ノ、:`ヽ:ヽ:.ノ
                                          /ュ、::::::::::::::::::::::::::::、_::::ハ)ヽ: :ヽ: ヽ:.ノ
                                           ̄`テ=ュ、__:::::::::::ヽ二:ノ)、:):_,、)ー'
                                                ̄`テ==キ ̄
877 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:22:43.06 ID:.0tsvuko

   γ⌒ ⌒ ⌒ヽ,
 γ         )
  )   /⌒\ /ヘ (
 (   /     )))  | )
 (  /   へ,, /^ |)    志を持つのは結構だが……
  ((| レ, ,, ̄’  ̄’〈
   )( {_{    」〉 |     その前に実の兄を驢馬と呼ぶ、そのふざけた性根を……
   ヽそ  ⊂7 / 
    | \__´_/  
   | ̄ ̄l^T^l|  
                                                      _ -- 、
                                             ス        入    _>
                                             タ        /:::/トイ::::|
                                            タ      /:::/:::|::::|:::::|
                                           タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
                                           タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
     さ、さーて、叔父上の所へ急ぐのですよ!!              _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
                                           r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
                                           └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
                                             `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
                                             ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
                                              / // / //⌒⌒´
                                            ' // / // /
                                            // / / '
                                        .   /
878 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:23:11.25 ID:.0tsvuko

               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:/ ´`ヽ _  三,:三ー二_
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄ノ( ̄ ̄ ̄ ̄
             /:.:.{  !:.:.:.:.V }  ...|  /!     ノ(   ⌒
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\}`ー‐し'ゝL _   ⌒
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽ..`..ヘr--‐‐'´}    ;ー------------_       修正してやる!!!
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽ..`ヾ-:-‐'ーr‐'"   
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   } 
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }     親父にだってぶたれたことねぇのに!!
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }. 
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. 
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y
879 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:24:19.76 ID:.0tsvuko
                                                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                     .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                           ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;
                                                  ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                       、              .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                         .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                      ―― あれから随分と時が流れた .         ..  . .. ..  .,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                                         .. ., ..  ..:.  .    ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
                                    ..  .   ..       ,    .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.:;.,.;:,.:;,;;;;;;;;;;;;;;;;
                                           ..  :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,:.,:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                            . :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
880 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:25:18.27 ID:.0tsvuko

                                        i                  ヽ
                                       /        ,.-.、r.、          ',
                                     r'´       ,. '"    `''‐.、  ,.、  l
                                     ヽ      /        ノiヾ´ ヽ  ',
                                      ';      'ri ,.-- 、,,_ ´ ! l'   i   i
                                      /   r-、  {.    -t;;ェ-"ヽ  ,.-_--、! /
                                      ヽ   i "i i l          |. 'ー'` .i ノ
    ―― 孔明、お前は今でも                  .ヽ  ', r' i |          i   l.i
                                        ',. ヾーl l          ,ゝ  .l,'
                                        ヽ、 `!ヽ !       __     ;'
                                            `!  ヾ       ,,,,, `  /
                                        ,.-_、|  '; \         /
                                         !  `''ー- _!  `' 、       /
                                         !     | n'i  `ー‐r‐ 'ヽ
'"                       _...:;;:''"                       ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
.,;: _...                    .,.,;:;:;:,.,.,_                 ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
       __,、--‐-、_
     ,.ィ':´:l  ※  l  `ヽ、
   /: : : : :l     l!.    \
  ./: : :i: : : l  ※  l!      ヽ
  i!: : : l: : : l    .l l!      ヽ
.  i!: :l: :.l!:l: : l ※  l‐-、_      丶
.  i!.l:.ト、:.l:l:.l: :l    l: : : :. ̄`ー―-、ゝ
.  i! ヽ!ヽ!:l:.ll:.:l .※ l: : : : : : : : : :|
  i! `l`ヽ!:l: l:l   l: : : : : : : : :.:l
.    ゝ i!l/:l .※. /: :l: : : : :.: : :l
      \i!i!l   l: :l:.:l: : : : : : : l            ―― あの言葉のとおりに生きているのか?
        `/ ※ l: :.l: :l: : : : : : :.l
        /   /、: :l: :l: : : : :l: : l
     ,ィ./ ※ /ゝ‐、ヽ: : l: : : l: :.l
    ,ィク/  /::::`~`ー、!: :.l: : : l: :.l
   《!./ ※./::::::::::::::::::::::l: : :l: : : l: :.l!
    ゞ!   /:::::::::::::::::::::::::l: : :l: : : l: : l
881 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/05/31(月) 22:25:53.26 ID:.0tsvuko








                        ―― やる夫が正史を書くようです ――


                               第二十一回中編







“やる夫が正史を書くようです 第二十一回 中編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十八回 前編

2012.03.19 (Mon.)
918 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:41:10.46 ID:fHC0X8Eo

                __ __
     }¨>‐ 、/⌒ヽ、 `、 ヽ、
      ソ  / /(ノ  /  ,、 , -`<⌒ ーァ
    /7  / /-、_‐'´// /,、` ヾヽ }ヽ_,.イ
    ヽ/ / ハ__>{ l //ヘ、/} } l } }  ̄>
     / ,  / V { { | | { ||   } } l| }`ー'!
    / /  /ミシtLl_| ! ト| ||   } ノ リ/ l |      .   「やる夫が正史を書くようです」第十八回前編よ。
    {  l  ,べ〉 マ心テヽ{ |l  ,イァ}イ  l |
    {  |  l(ヾ  ピシ  `  化」∧  l |       .  このスレの>>1は投下中、レスに応じる事はないわ。
    {  |  ト、_ィ、       、  / ヽ l |         そこのところよろしくね?
   {  ヽ、{  / \   -一 /  ヽl |
    ヽ、 \/>- > 、_ __/ \\  \_ __      そろそろ始めましょう。楽しんでもらえると嬉しいわ
     _>-、`ー、_ `ーfァ'll    \\   `ー、 ̄二
    /  ヽ、 `ヽ、  ̄` /⌒ヽ、 ` `ー__ =- 、
    /  ー- ヽ !  ) ノ_」 ̄ て\_ノ´ ̄ _ _ ,. ̄ ¬l
    {      ソ´⌒r'´  |  _入   ' ´          リ
    {    , '´   _, |    〉' _ 」 -- 、        /
    {  '    ´ ハ  {/{/     〉      ,' /
    ヽ、       〉 }  {  {/  _ノ     , ' /
      \     〈 ヽ !  ヽ' /-‐イ     , ' /

やる夫が正史を書くようです 第十七回 後編の続きです。

919 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:42:38.26 ID:fHC0X8Eo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】

~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
920 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:43:32.89 ID:fHC0X8Eo

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |    |r┬-|     |_ゝ\
  (___    `ー'´    ___ _)    今回は石亭の戦いからだお!
       |        /           
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......
                                                 / ̄ ̄\
                                               /   _ノ  \  ( ;;;;(
                                               |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                                               |      (__人__) /;;/
                                            .   |        ノ l;;,´
  春に街亭、夏に石亭、冬に陳倉、                         |     ∩ ノ)━・'
  この年は大掛かりな戦が相次いだ一年でもあります             /    / _ノ´
                                              (.  \ / ./   │
                                              \  “ /___|  |
                                            .    \/ ___ /
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       結果から言えば、石亭の戦いは魏軍の大敗に終わる。
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
      `ヘ:ゝ   _     小/          この戦いは赤壁や夷陵に比べれば地味であるが、
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          魏の抱える問題が露呈するという意味で重要な一戦だった
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_           
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l
  l  ヽハ    l    l  //  |
921 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:44:47.25 ID:fHC0X8Eo

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |                 問題?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                                    . r .‐. ―. .、 _
                                                      イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
                                             ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                                               /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
                                             // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
                                                 //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
                                            |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
                                                 |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                                                 |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ
   まずはいつもどおり経過を述べていこう                      |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|
                                                  |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//
                                          |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、
                                         ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ
                                      __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}
                                     //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'
                                    //     (.:.:.:.:.:.:.:i /.:.:.:.:.:.:.:.:.:! l:l .. .. .. .. ..ノ /
                                     | \     |.:.:.:.:.:.:j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l:|.. .. .. ..//
                                    | ヽ \    !.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| l:|__/ イ  /〉
922 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 21:44:57.11 ID:BwmoeO20
ktkr

“やる夫が正史を書くようです 第十八回 前編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編

2012.03.09 (Fri.)
393 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:26:13.54 ID:5BSHnP.o

          __ ,..-- 、
         「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
        /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
          /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
         //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
       //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
       //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
     //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
      //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
    イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
   / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''  「やる夫が正史を書くようです」
   '  |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/   第十五回後編ですわ。
  '   |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
 ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
/     |   / ハ ゝニ、、           ==、j|ノイ / ' / / /    !    ゆるりと参りましょう
   / | |  ! / . ヘ `冖''                レ'  / / / /    l
  /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
  ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
/      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
       V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |

やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編の続きです。

394 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:27:48.05 ID:5BSHnP.o

                       / ̄ ̄\
                     /   _ノ  \
                     |    ( ー)(ー)
                        |     (__人__)
                     /     ` ⌒´ノ
                   /  ヽ ⊂二二 ̄\
                 /     \  ⊂、'    ヽ
                /        \_, `7  /    とりあえず五石散は没収だろ。
               /    へ     \ !/  /     手間暇割いて説明してやってんだから、
               |      \    Υ  /      常識的に聴くように……
               |        \     /\
               |        / \__/.,,_r ヽ、
               /      _,,__|'"´      レi  }
              |   `'"´   `¨ー、     /ノノ
              |            }ィ    ´/
         / ⌒`^\___,,.._7     / /   , '      ごめんだお……
        /,, / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ {    / /  /
.       /,//::    #   メ \!   / /  f:        それはそうと……
       ;/⌒'":::.. #          /   / (    ヽ、
      /  /、:::::...      メ    /   {,_ `ヽ、__,,ゝ
      ( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`(_    `¨つ
..  ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノ─ ¨ー-'":
395 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:29:17.85 ID:5BSHnP.o

━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛   
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.      なんで曹丕は孫権を簡単に信じ込んだんだお?
|   (__/      ̄ヽ__) /       .孫権が信用できないなんて、とっくの昔に分かってるのに?
 \  /´    ___/         
   \|        \           あんなに疑り深そうな曹丕が……
   /|´        |


                                                  / ̄ ̄\
                                                /  _ノ ,ヽ\
                                                |   ( ●)(●)
                                          . \    |     (__人__)
  「孫権を舐めていた」としか答えようがないですね。            .\  .|     ` ⌒ノ
                                             . \ ヽ       }
  曹操が死んだ時点で、孫権は一応恭順の意を示していました。        \_,ゝ     ノ
  よもや孫権がここから反逆する事はないと考えたのでしょう。        /, r、    く
                                              / 〈  \    i
                                              . ヽ、 .ヽ   \ i..|
  何を馬鹿なと言われるかもしれませんが、                     .て_)   \ノ
  そんな曹丕の甘い認識を示す出来事を紹介しましょう                    \
                                                         \
                                                           \
396 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:30:46.24 ID:5BSHnP.o
【紀元220年夏頃 漢 冀州 鄴】

               , --──-、
           ., イ /      ヘ  ト 、
            i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
              ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
             . | ヽ ' _ ` イ        樊城と襄陽には穀物の備蓄がありません。
                l l  ´=` l     
             . ノ  ヽ _,、__ノ        孫権が攻撃してきた場合に備え、宛に拠点を移されてはどうでしょう?
      _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、       
     /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
    丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、                   , -──- 、
   . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!                  , -'、        `ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|               /            ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::                l l  fヽ/| l i 、   ヽ ヽ l
                                           | |  |``"| ||| __l_l | ||  
                                           | | イ⌒ヽヽヾト、|ヽ`ト ||  
                                           | |  レ==ミヽヽシ==ミ| ||  
                                           | |  |''''        ''''| ||  
                                           | |  |、   l  ̄l   ,イ ||  
      いいアイデアね。さっそく実行しましょう!!          .| |  | \ ヽ ノ / |  | |  
                                            | |  | | r〕、ー イ、 l |  l|  
                                          | | ノ-'〈::::::::><::::::::〉`l|  ||  
                                          ,r:i| l|゚:::::ヽ,イ_>、/::::゚||  |::ヽ  
                                          /:::l| l|::::::::::::/〈j ヽ::::::::l| i,|::::::l,  
                                         / ::::l| ト、:::::::::l  i |:::::::ノ| リ::::::::l,  
魏王 曹丕(字:子桓)

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\           
 /   _ノ  \         .     曹丕が魏王になった頃、孟達が帰順する以前の事です。
 |    ( ●)(●)        
. |     (__人__)     .        
  |     ` ⌒´ノ.              当時、荊州の州都を樊城攻防戦で荒廃した襄陽から、
.  |         }.              荊州北部の要衝、宛に移そうという話が持ち上がりました
.  ヽ        }.        .
   ヽ     ノ         

───────────────────────────────────────────────
397 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:32:39.75 ID:5BSHnP.o
【荊州北部略図】
                                    宛
                                    ○││
                                      ││
                                     /./
                                    ││
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  ∧∧∧∧∧∧∧    ././
 ________________________    ∧∧∧∧∧∧∧       ././ ○新野/./  
 ______________________ \     ∧∧∧∧         ││     /./
           .\ \                  .││ ../~~./
             \ \                ││/./~~
  ○上庸 ∧∧∧∧ .\ \_____________    樊城  .│ ~~/
                \_____________ \_______○ ../ /~               ○ :都市・地名
   ∧∧∧                \________ \/ /
       ○房陵 ∧∧∧∧∧∧∧     ○\ ...|
                          襄陽 |  |漢
       ∧∧∧∧∧∧∧∧           .|  |
     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧        |  |
                              \ \水
                                \ \



───────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \
  /  ─    ─\            襄陽周辺の地図だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |           この一帯は地味に漢中にも通じたりする交通の要衝。
./     ∩ノ ⊃  /           .人口も多くて、荊州の中心地と言えるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |            だから樊城攻防戦の時は、魏軍が必死に防衛したんだお
  \ /___ /

───────────────────────────────────────────────
398 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:33:50.87 ID:5BSHnP.o

 ____
:::::r乞ト.::::`丶、
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x
li | il  |il l | ト《_八_》
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |           孫権は関羽を破ったばかり、攻めて来るとは思えませんわ。
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |
l l| ハl | l斗fT7从i|l |           ですが、襄陽は水陸両面における要衝……
       ◯  /l|ilil|           対孫権のためにも放棄すべきではありません
        'il |lil||
       / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::Ⅵ三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄

魏 文官 司馬懿(字:仲達)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
                                     !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
                                     !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
                                     !  l ! ! !  l              `、__.!      !
   は?                              !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      !
                                    !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_
   宛に移れって?                       !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
                                  _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
   関羽が攻めて来た時でも放棄しなかったのに  .< 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
   どうしてそうなるのかしら?              `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
                                   l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
                                   !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
   まあ命令なら従うけど……                !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
                                     !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
                                   i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
魏 将軍 曹仁(字:子孝)
399 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:35:15.01 ID:5BSHnP.o

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)           襄陽・樊城の破却命令は司馬懿の反対にも関わらず実行され、
     |     ` ⌒´ノ      .     曹仁は襄陽・樊城を焼き払って兵とともに宛に移りました。
       |         } \         
     /ヽ       }  \        この一件は当然孫権の耳に入ります。
   /   ヽ、____ノ     )       ここで孫権は常識的に考えたでしょう。
  /        .   | _/       
 |         / ̄ ̄(_)        
  \   \ /| JJJ (                   『誰もいないなら私が頂こう』と……
   \  /   /⊂_)


                                                  ____
                                                /      \
                                               /   _ノ ヽ、_.\
                                             /    (●)  (●) \
   ま、そうなるに決まってるお。                        |       (__人__)    |
                                             /     ∩ノ ⊃  /
   孫権だし無理もねーお                             (  \ / _ノ |  |
                                             .\ “  /__|  |
                                               \ /___ /
400 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:36:25.11 ID:5BSHnP.o
【紀元220年秋頃 漢 荊州】

'                            \
                             ヽ
                              i
          /l          , ィ         i
        / /‐', .ハ    ,   //-l ,.      ' l
        /リz=ヽl l  ./l  .//=,,リ' |     .,' i     思わぬ収穫だ!
  , l    , l〃r'``}ミ' | / リ,/イ'`,}㍉,|     / i/
,リ' リi  , ' | l!! .ト-'´::i,.  l/    .ト-'::i! ソ    /        金銀財宝より人手の方が手に入りにくいからな!!
  ト, ', l  i!.l ‐ゝ─┴  '   、ゝ─┴/ ,ィ   /
  .l ヽl  |`          '   /イ/  人
  ヽi   l        ____     ノ' ハ |ヽ、
i   ハ   .ト、      i    V   , ,'-Y ̄V´  /`ヽ,
 ! l::`、  l  ヽ     \ _/  /_,i  |  .|  l  r'‐ 
` l .ト::::::',  l``─-> 、   ‐  ∠{ ,.,.!_.人_,人_,.'`‐' 
ヽヽト、ヽヽ .l::::::::::::::::::::::::ヽ -- '::::::::/            
 ヽ  ` - ヽ.l─-----------二/

漢 荊州牧 孫権(字:仲謀)

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\                
 /   _ノ  \         .     そういう考え方をする孫権の事です。
 |    ( ●)(●)             
. |     (__人__)     .        当然彼は襄陽方面に兵を派遣し、
  |     ` ⌒´ノ.      .       付近の民草を残らず呉へ移住させようと試みます。
.  |         }.              
.  ヽ        }.        .      そもそも襄陽方面への出兵は、
   ヽ     ノ               呂蒙も考えていたらしく、予定の範囲内ではあったのでしょう

───────────────────────────────────────────────
401 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:38:43.23 ID:5BSHnP.o
【紀元220年秋頃 漢 冀州 鄴】

        ,. -───- 、    
     r-‐'´          \  
     |  |ヽrl l 、  、 ヽ、 ヽ 
     |  |   | !ヽヽ ヾヽ l   l 
     ト-|---ヾ ヽヾー‐l┼ |  |
     | ≡≡≡  ≡≡≡ |  |
      |  |            | |  |     どうしてこうなった……    
.    |  {    __     | |.  |  
    |   |`ー-.,二` ,, -‐'::! |   |  
    |  ノ  ∨ヾ厂ヾ=シ::l |ヽ  l                        __  _, -‐―‐- 、  
     | /   {::::V7Tレ'::::/ /::::ト/\|                     ∠-ァ―`   /    ヽー、
    |/    〉::::|'ブ::::::/ノ´_:::}                          // /イノ^{-ヽ七ヾ \ \
       /ヾ´l/`>ベイ\ー}                 .        {八ィ三彡 三三三 ルい  ⌒`ヘ/ヽ-‐ァ
       >'  | `^´ l  ヽ  ノ                          ン.{   _    ´/ ̄> `ー'\~^ーゝ
      `ヽ,ムL___|!__ヽ Y′   だから言ったのよ。 .         / /{  \_j    / / r< ___メ ̄ヽフ
        | ,イ /  `ー┘                        //| ゝ _     / /∠ヘ/   ヽ  乂
        `′ー′         追い出してきてあげるわ。     ´  |{   i≧z‐ァヘ(/>       _ン/
                     『革命』の前祝いよ!!         レ\N{>'´〈/-/了〕   弋/\/
                                               /   /7/    ∧  \
                                              厶 \/ |└――,―=ォ―┘
                                                `ー^>j__/  \\
                                                   了  ヽ>   o ヽヽ

───────────────────────────────────────────────

   / ̄ ̄\           
 /   _ノ  \         .     この知らせを受けた曹丕は慌てて曹仁と徐晃を迎撃に出します。
 |    ( ●)(●)        
. |     (__人__)     .        曹仁らは孫権軍から襄陽を奪い返しましたが、
  |     ` ⌒´ノ.              時すでに遅く、襄陽周辺の蛮族や民草は南に移住させられた後でした。
.  |         }.        
.  ヽ        }.        .      おおよそ魏にとって不名誉な話であり、
   ヽ     ノ               時期が時期だけに表ざたにはなりませんでしたが……

───────────────────────────────────────────────
402 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:40:10.53 ID:5BSHnP.o

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \      これじゃあ曹丕がただの馬鹿に見えるお?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   .   樊城と襄陽から撤退して孫権に奪われたら、
(  \ / _ノ |  |    .   なんのための樊城攻防戦だったのかということになるし……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
     曹丕の経験・認識不足でしょうね。                      (          |
                                                 {          |
     一方の孫権も刺激しすぎたと思ったのか、                 ⊂ ヽ∩     く
     この一件以降は再び魏への接近を強めます。               | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
     それは先に述べたとおりですが……                     ヽ、 __\_/

403 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:41:46.79 ID:5BSHnP.o

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ         もうひとつ。
. |  (__人__)..|  /          
  |   ` ⌒´ リ  ヒ         孟達の話の時にふれましたが、曹丕はこう考える人でした。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ     
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l       『無闇に兵馬を動かさずに相手を降伏させる方が良い』
   /〈  `ー〈::....ノ   V     
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //   .   だからこそ、孫権の帰順を期待していたのでしょう
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一
404 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/01(日) 14:43:23.07 ID:5BSHnP.o

                                         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                                .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
  しかし、彼の孫権への期待は完全に裏切られた。      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
                                      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
                                      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
  そろそろ本題に戻ろう。                     j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
                                         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
  孫権の不穏な動きに業を煮やした曹丕は             ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
  大軍をもって呉を攻撃する事を決意する               `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
                                            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
                                            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                            \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                              , '´/ノ      L、 /
                                               ,.-'   | ___._   | `ー、
                                         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_

“やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編

2012.03.09 (Fri.)
104 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:00:35.76 ID:SeE/U9co

                   /,二
         -───-  _ /
     .  ´             ヽ    i
   /               ',     l       「やる夫が正史を書くようです」第十五回中編だ。
.   /                   }    |
  /ィ     ,  . : : : :/:, : : . : : :、   |
  / ,   , . ! . : :_:/_ム:ムイ: : :! : : ヽ、_j       始めに断っておくが今回の内容は、
  l :{   . :l: :从l、: /l/iひ小 : : !}: : : :__j       「やる夫が正史を書くようです」第五回と重複する部分が多い。
  |八 \lVにムV   ヾソ|: : :lハ/  |       正確には第五回後半の内容に+αと言った所だな。
    l、: :ト、 ヾソ ,      |/l/ /    |       
    | \|:ハ    _  /   i  i┐|      
    |/lイ 、`マた¬≦}     {  | | |       後、話の内容が以前と違う箇所もある。
.      |/V\{  \ {\__人 } }|       リメイクと言うのか? 今流行っているんだろう? 
            ヽ  トi`マ´  \ `Lj |
             ゙ー{_{_厶     \_   |
               ヽ\_      ̄|       とにかく楽しんでもらえれば幸いだ!
                  `ー==━┘
107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/12(月) 21:06:44.64 ID:KhN9ex6o
お、始まった!

やる夫が正史を書くようです 第十五回 前編の続きです。

105 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:02:26.62 ID:SeE/U9co
【紀元221年夏 漢 益州 成都】
                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \      . 
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー .    
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    .   こうして劉備は東征、夷陵の戦いに向けて突き進んでいく。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  .    
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   .   .ところが劉備の意図に対して、かなりの数の配下が反対に回っていた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    .   
    `ヘ:ゝ    .'    小/        . 
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
106 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:04:23.95 ID:SeE/U9co

    ‐- 、   _ -‐':::::/   , -‐  ´ ̄ ̄ ̄  ̄`` ‐- _ \::::::::\`ヽ‐‐─‐‐‐、
   i  〈`ヽ卜 /:::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::ヽ_\::::::::ヽi⌒ 〉   i
   i   ー- ∟/:::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::`ヽ::::::::、ヽー、,   ノ
   { _ - <´ / ;:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::;; ヽ  \/
   >    / ;;:;:/.::::::::::::/::::::|::::i::::::::::::::l::::i::::::::::::::::::::::::\::::ヽ:::::::::::::::::::;;i i\__、\
  λ 冫  /  /    /.......l.....{............'......:'....\...................ヽ  ヽ     |  |     〉
 /  〉/   {  l  .:::::::::::|::::::∧:::::l::::::::::::::'::::::ヾ::::::\:::::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::.....| ;;l   ∧ミ、
 | / \__/l ...:l:::::::::::::::::|:::::/ レ:::: ト::::::::::::::'::::::ヽ::::::::::\::::::::::: ヘ::::::::|::::::::::::::}::;; ト,  /::::ヽ |
  {::::::/ /::::l::::::|::::::::\::::|::::/  l.:.ハ:::::::::::::,::::::::\::::::::::\:::::::::ヘ, ー´ ̄::::::|::::::ハ~~\::::ハl
  {::::/ /:::::::l::::::|::::::::::::::\::l   l:::l ヽ::::::::::,::::ハ::ヽ、::::::::::::\/ヘ::::|:::::::::::l::::::::::|   l:::::}
  |::〈 /:::::::::l::::::|::::::::::::::::∧l\  l:::'  \:::::::::::ヘ\ \::::/"::::} ヘ::|:::::::::l::::::::::::|  入:}   ぐぬぬぬ……
  |::::ヽ:::::::::::::l:::::|::::::::::::::/ リ  \,_::i_,、 \:::::::::ヘ ヽ乂 :::::::::::}   〉|::::::::l:::::::::::::レ´:::::::|
  l::::∧::::::::::::::l.:| ヽ::::::::i 彡毛三≡ッル     \`ー ィ ≦三毛リミョノ::::::::/:::::::::::::::::::::ハ::::::|
  l:::ハ::::::::::::::::|::::'::\::::i <"弋__案ツゝ      \::::〈弋__案八ィリ::::::::::/:::::::::::::i::::::::/ i:::|   
  ツノ ヘ::::::::::::::::|::::::::::\li  、 乂彡"        ヽ゛ ≦彡 〟/::::/::::::::::::::i:::::::/  i:|
  リ  \::::::´~|::::::::::::::\   ;;; ;;;;           ;;;; ;;;;   //;;;;::::::::::::,ーi::::::/    il   
     / ̄/  l:::::::::::::::.::|ヽ、        .:i         / /;;::::::::::::::::/   `ヽ リ .  
    i   l  l::::::::::::::::::ト _                    /;;::::::::::::::::/      /
    i   l  从::::::::::::::::::::ゝ_    ⊂=ー....´⊃    ≦/::::::∧:::::::/     /|
    人   l  /ヾ::::::::::::::::::::ヽ> ,,, _  、、 _   <  /:::::::/ 乂/        }
   /  \ l    乂 ::::人::::::ヽ    ≧≦       ノ::::::/   リ        l

蜀 皇帝 劉備(字:玄徳)
108 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:07:00.95 ID:SeE/U9co

   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   東征なんて労力の無駄だクマー
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─
                                //7ヽ イ : //:_/_.:/ |: :.:|: : ヽ:.:.. : : : : :.. |. l  :.:.:\<二ニ.┬ ´
                               /イ /イ`:/: :/:l: :/:./`ヽ l: : :ト: : :.:ヽ:.:.:.. : : :.:.l:.:.:|:.:..   :.:ヽーj ノー 二
                               ` /´: : : /: : l:. l /l:/   \ヽ:.| ヽ: : :.ト 、:.:. : :|ヽ_L:.:.:.:.|:...| ドイ ̄:.:|
                                 L〉: : : l : : |:. |:| |′    ヽヽ  \:.{  \: :イ´l:|:.:. :.:.|:.:.:!:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                 |: : : : :! : : |:. :l{   z三ミ 、、 \   \ /ヽj  }l!:.:. :.:l:.:.:l!.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                 {/: : :.:!: : .ハ:. :ト  ´  `ヽ  ´  {ー'r_z三ミ、 |:. :.:/:.:.:ハ:.:l:.:.:.:.:. :.:|:.:.!
  うるさい!!!                    /: /: :.:|: |: :..ヽ:ヽ          i   ´    ` j: : /: : /: }/ハ:.:.:. :.:!:.:.l
                               ./ /: :.:小 :!: :.:.:.:ヽ:\   /⌒ ー--、‐ 、    /://:.イ:.:.:/:.:.:.:.!:.:.: : ト:.:.l
  牢屋に入って頭冷やしてきなさい!!     ...':/!: ::. :.|:ハト: :.:.:.:.:.:ト.ー  /         \i   /イ:.:/´:.:|:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.: : | l:.:l
                               / | : :.:.:.l:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.l:.:\ {         j   /:/:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:. : l !:.!
                               ! !: : :.:.:|!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l´ノ \ー-  ___ノ  .イ:/:./}:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.: :l j:リ
                               | ,.ゝ---― 7´: \:.ヽ   ` 、 ‐ _ .. .<_:.:.:./:/:.j:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ !:.:.:/ //
                               イ        { : : {  \ヽ      ̄/ ヽ:..:..ヽソ/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/  j:.:/ /´
                                      ヽ: :\   `\     {   〉:../´ `7:/- :._:.:./  /´
109 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:07:58.46 ID:SeE/U9co
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ○   ○ |         ガ──ン!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )                                         ,  -‐―‐ 、
 ∪    (  \                                       /,  -―‐-、\
       \_)                                       // ,.  -――‐\\
                               .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                         / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                               .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                           / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                             / ::: | |lト、         ̄Z /l|
                                         /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                           / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                       / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                         / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
110 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:09:26.93 ID:SeE/U9co

           /         \      \
         /            ヽ       ヽ
        /              `´ ー-、_ ヽ、`、
        .i    / /          ヘ      ヽ!
        l    | l        /   ハ   \  ` 、
        |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }    あくまでも敵は魏です。
        |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ
        .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ     あちらとは手を結んで魏と戦うべきかと?
        |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |
     _, ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ
    ,'   /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ
    i  /   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }
     i     j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j
    /    _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、
   {   ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )
   ヽ  !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_                /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
    ヽ、 ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ             r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
      i | .{    \\ ト     ヽ、 }ー―",l  /   、ゝ | |ヽ,           /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
                                              〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
蜀軍将軍 趙雲(字:子龍)                              ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
                                               i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
                                               |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|
                                                |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|
     じゃあ従軍しなくていいわ!!                      . |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|
                                               l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
                                               | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ
                                               ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
                                               ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !
                                                } ヽ | l:.!    「     `7   // l/ |
                                                |   ヽヾ、   |      j   ///   j|
                                                !   _L、> -┴-く`ヽ/  //r‐ュ' |
                                                |  / {{//     ` ー-く∠´‐チ′|
111 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:10:55.83 ID:SeE/U9co

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /人  ヽ   \
         //, '//  \ヽハ  、  ヽ
         〃中ノ     ヽ_|中│ |
        (イ| | ノ    `ヽ│|、|  i|         意外に頑固なのよね。陛下は……
          ヽレ| ==   == レノ )i│
            )ヘ∪ 、_,、_, ∪j  ( ,(
         (  /⌒l,、 __, イァト |/ \
.          ) /  /::|三/:://  ヽ   )
         (  |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,|  (                            ,  -‐―‐ 、
                                                    /,  -―‐-、\
                                                    // ,.  -――‐\\
                                  .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                            / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                  .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                              / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                                / ::: | |lト、         ̄Z /l|
                                            /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                              / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                          / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                            / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
112 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:12:30.86 ID:SeE/U9co

 i゙ /:/ .i:::::l::::::::::/l:::::/ |::ト;:::::::::::::::::::::::::l:::::.ヽ:::::::::::::::::l::::::l::::::::l`ヽ、.  \
 |./.:.:/   .l:::::|::::;;;;_i |:::/  |::|.ヾ、::::::::::::::::::::ト;:::::|ヽ:::::::_;;ィ|!:::::l::::::::l   l:ヽ、 /
 ゙ー,ァ゙   |:::::|:::::::::l`l'''ト、 |::l ヽ`''、:::::::::::::l.ヽ;::l_,,>f´::::::|i;:: |::::::::|   |;;;;j.,/
  /(._   l::::::l::::::::::l l:|. `'ヾi、  \ \::::::::;lィ'i´!  i:::::::::| |::|::::::::::l  { ヽ、
. / /`iヽ,|::::::::|::::::::| __l|____ヽ,\  \ ヽ:/::レl;|__,l:::::::| .|;l:::::::::::| ,イiヽ, .〉
/ ./:::l |:|:::::::::|i::::::Ki゙f::::iiii::''Tミ     ヽ `夊T'''iiiii::li;::|>i}!:::::::::::l}イ |:l:::i∨
ヽ. {::|:| |::|::::::::::ト、:::| ゙わ::;;;;::リ         わ::::::::;;ハリ./|:::::|::::::l::|  |:!:::!     孔明、あなたの意見は?
 `|::|:| |:::l::::::::::l::|ヽ{. ゞ=''"'         ゙ゞ=='彳   |::::l::::::l::::l  |:|:::l
  |:::|l:| |_;;;l::::::::l::l, ゙ヽ         l            l::::l:::::;il__:|/l|::::|     まさか天下三分の言い出しっぺが
  |::l .゙i'-{ |l;::::::::l::l、                     ,イ:::!:::::,!.l .|~i、|.|:::l     反対するような事はないわよねぇ?
  .|:l. レ゙l::::l l;::::::::l:|.ヽ                 ./リ::/::::/ l:::l .|. V::リ
  ヾ/  l:::l l;::::::::l|.  \        ´ `      / /::/::::/ .|::i゙ l  |:/
   i.  |:::l トi;::::::'l.   `i、          ,,ィ゙   /::;':::::/ l::l l .j
   .l   !:::| l ヽ;:::i     l,,__`''ー 、 __ ,, '''´ _l   /;:イ::::/  l:リ / /
    ヽ   !:::l | ヽ;:l     | `''ー、   ,,ィ''´l   /' /:/  /:'./ /                 -‐―‐ 、
                                                      /,  -―‐-、\
                                                      // ,.  -――‐\\
                                    .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                              / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                    .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                                / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                                  / ::: | |lト、        ̄Z /l|
                                              /:::::::::| |l|__ヽ、        ./| l|
                                                / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                            / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                              / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
113 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:14:04.61 ID:SeE/U9co

                                                     .. - ─……‐-. .、
                                                ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                                                    ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
                                               /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
                                              , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
                                               |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
     劉備の東征……                               .|/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
                                               { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
     趙雲ですらはっきりと反対の姿勢を示したが、               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
     意外にも諸葛亮は沈黙を貫いた。                     . l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
                                                 l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                                                 l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/
     はっきりとした意思表示を避けた感がある                   \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
                                                      l:/ ,. -─┴┐
                                                   . ∠二二ヽ    !
                                                  ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
                                               ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
                                             ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
                                              |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     ここで丞相が劉備様を止めてくれれば、
./     ∩ノ ⊃  /      夷陵の悪夢はなかったかもしれんお。
(  \ / _ノ |  |       
.\ “  /__|  |       知力100の丞相らしくないお
  \ /___ /
114 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/10/12(月) 21:15:45.45 ID:SeE/U9co

                                                     . r .‐. ―. .、 _
                                                       イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
                                              ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                                                /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
                                              // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
                                                  //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
  何故、彼はこんなどっちつかずの態度を示したのか?          |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
                                                  |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                                                  |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ
  少し考えてみよう                                     |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|
                                                   |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//
                                           |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、
                                          ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ
                                       __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}
                                      //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'

“やる夫が正史を書くようです 第十五回 中編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十四回 後編

2012.03.09 (Fri.)
653 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:04:25.37 ID:kQr4/pAo

          し,::.::.::.::.::.::.::.::\::.::`ヽ、
       /`ヽ/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:i、
        L__::.::.:\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::r‐':ハ
          /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::.::/ヘ
        厂\::.::.::.::.::.::.,. - 、,. ´  ̄ `ヽ、::}、 _
      l_::.::.::.::.::.::/ ,    ヽ \、 .ゝ::ヾ、::.:`⌒ヾー--┐
     ,r,、 }::.::.::.::,.'  ./   i     '、 .!::.::.:ヾ、::.::.::.人 ̄7/
      /  }'::.::.::.:/    li   .|  ', 、 ヽヽヾ,::.:',;;、::.:└トミー/
    (  〈ー、::.:,'    .||   .!|  i! ,!  从 Y"::.:.i;;;;i::.::rヘ〈ヾ:〉   「やる夫が正史を書くようです」第十四回後編。
    /}   ∨`i     ト、 、 l  l!,ム‐ナl'!ヽ{::.::.::|;;;;|::.:゙┐ヾく
    r!    ', |  i l、!ヾ\ハl∨イfィt.`ト, i | 〕::,>=、::rヘ:', ヘヾ:、  今日でみんなとお別れなのだわ
  .イ     ヽヽr‐ゝ,ヾ、斗-、   弋zリ , ト、ゝ{薔}::.)、l:、 ヘ \\
  〈           }::.:ィヾ゙ 弋zリ         // .〉、ヾ"::ノ ',!:', .ハ  \:\
  〈::',       !'´:l /∧   `__     ! |/:;ィ:>、〈   ゙!::| .ハ  \:`ヽ、
厂´::ハ      /::.::`ー-、ゝ      r‐'¨´7.//┐ ', ハ  .|::|  ハ   ヽ/
|::.::.::.::.\     |,::.::.::.::.::.::!,.-‐> 、∧  ,.| .!"::.:く  ', }  〈:」 i、   ヽ
!::.::.::.::.::.::`ー‐':´::.::.::.::.::.::.::レ'⌒゙ー゙ー゙<::.:| |::.::.::.::\} .!    ', i\ \
`ー1::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.::.::.`ヾ|::.::.::.::/ 人    ', ! \. \
   `Y::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. \、 .::.::.::.::.::.::.::__∠-―" ̄`ー┐_!」__ \ \
  /',::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.<    ,. -―--ァ、 |::.::.::.::`ヽ. \ \
,/  〉、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ- '"´ ::.::.::.: //::.::.::.::.::.::.l   \ \
  /(::\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. _,..∠∠_ ::.::.::.::.::.::.::.|    `ヽ、`ヽ、
655 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/06(日) 16:08:00.89 ID:EzSR5zYo
始まったか
不人気ともお別れか……

やる夫が正史を書くようです 第十四回 中編の続きです。

654 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:06:15.00 ID:kQr4/pAo
【紀元219年12月 漢 荊州】             

           樊城
         _______○  / /               ○:都市・地名(曹操陣営)
       \________ \/ /                 ▲:都市・地名(孫権陣営)
          ○\ ...|~                  ×:都市・地名(劉備陣営)
         襄陽 |  |漢
             |  |
             |  |
             \ \水
               \ \
                |  |
                 \ \
     麦城×        ▲\ \         _______________________
                漢津 |  |       ../ ____________    \
夷陵                \ .\___________/ /夏口▲/      \
▲                    |_______________/~・・・・・/ /~~~~\  .\
~~~~~~~~~~\▲江陵         ・・・・・・・・・・・・・・ / /    ▲\
_____________  \           ・・・・・・・・・・・・・・・・\ \___  鄂
      \   \         ・・・・・・・・・・    /^   /
        \   \_________    ・・・・・・・・・・・ _/~   /
       ▲ \      \   ・・・・・・・・ /   /~~×赤壁
      公安 |______________  ^^\_______/~~   /~
                 \         /^^▲陸口
                   \__________/^^

                 長           江 

───────────────────────────────────────────────
      ____
    /      \
   /  ─   ─ \ スー     やきゅうはきゅうかいうらつーあうとから。
 /   (○)  (○) \      
 |      (__人__)    |    .   さっかーはろすたいむから。
 \    _||     /
 ( \ / _)     \       かんうしょうぐんはここからはんげきかいしだお
  \    /||       |
   \_/  ||  ←五石散
───────────────────────────────────────────────
660 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/06(日) 16:15:34.63 ID:sBlNy8Qo
>>654
なにキメてんだwwww
656 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:09:20.81 ID:kQr4/pAo
【紀元219年12月 漢 荊州 江陵】
: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . .: .:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : :: :: : : : : : : : : : : : :: :: : : : : : : :
 .. . .. . .__. . .  . .  . . .. .. . .. .. .. . ________
:\    /.::..:..:ヽ. ... . .. . .. . .. . .. ./..|::._.:..:l..::::._.:..::l.:.._
.::..:.\.  _l:.::..:..:.l_ .  ___..  . . .. ./.:..::..|.:..::::.._:..::.l:..:..._::..:.l:
.::..:..:..::\/::::::::::::::::ヽ...l.::..:..:..::::.l.. . .. /:..:.:/::.|::._.:..:l..::::._.:..::l.:.._
.::..:..:.   \:::_:{:::}_|_l::_:::_::_::_l__/..::..:..:..::::..:.|.:..::::.._:..::.l:..:..._::..:.l:
.::..:..:..:..   |.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..|.::..:..:..::::..:..::.:.|::._.:..:l..::::._.:..::l.:.._
.::..:..:..: :. .. |.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..|.::..:..:..::::..:..::.:.|...::_..:.:_:_l____l:
.::..:..:..:..   |.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |.::\ ..:..:..::::..:|...::..:.::..:l.::..::.::..:.l::..:
.::..:..:..::::..:/               \.::..:..:..::::..:..|.:..:..l::..:. l.::..:.:_..:...::
.::..:..:..:/                     \.::..\ :.|.:..::.:..:...l.:.:..::::.:.:l::..:
.::..:/                     \.::..:..|::::..:l..:.: :l.:::..:._:..::
/                           \.:|.:..:..::..::.l.:.:..::::.:.:l::..:
                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               
657 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:10:30.38 ID:kQr4/pAo

                                        ゙̄ヾ`:::/:::::::::::::::::::::::::::::::........ :::::`ヽ、
                              .          , ‐''`::::: .: .: .::: :::: ::::::: ::. ::... ::::、\
                                      //:::::::::: .: : . : .: : : :. : :. :. :. ::::゙ヽ:ヽ
                                       /7:::::::::::::::::: .::: .: .: : ::. ::.. ::. ::.  ::::::..:::::ヾヽ.
                                      /::::::::::::::::::: .::::. .: ::: :::::. :::. :::. :::..::::::::::::::::ヽ
                                     , ':::::::::::::::::::::.::::::::::::::::: .::::::..::::::::;:::;:::::::::::::::::::::::ヽ
                                    ‐イィ::::::::::::::::::::::l:l:::::/l:::::::|::::::lト、ハ/ヽ:::::::::::::::;:::ト、ヽ、
                                     ´,':;:::::::::::::::::i:::lハzミ1:::::ハ:::::|´ィf"〒}::::::::::::::トヽ  ̄`
   お前の弟は関羽に従って                   l:/!::::i:::::::::、トて__}`i:::;' ';:::| ヒフ-}::/:::}:::::!/l!
   北へ行ってるんだったな?                  "|::i::::::::::{`rゝ┴ ∨  ∨    /ィ:::/::li::|/
                                    ___ノヽ:トヽ::、::', i ',       ',      /:!:ハ:::ハ| ̄``丶、
   だが安心してくれ。                    ./    `ヽヽト,ヽヽヽ_  、.. 一  , 'l:/l l/      }
   お前たちを関羽との戦いに駆りだす気はない。   / l    ,-‐ヘ` ヽヽヽ `丶、 "~ /{ ´  /       |ヽ
                                 / イ   /  /   丶、   `ヽ'´/   /    \.   | \
   いつもどおり生活していればいい          /´/  / /         `} ‐_  /´    L_     ヽ  |  . |
                                  /ヽ  { /  \}.     /.   /      i丶、    ヽ. |  |
                                  { } /∧    ヽ    /    /       | l  `丶、  `l   |
     ∩___∩
     | ノ      ヽ
    /⌒) ●   ● |
   / /   ( _●_)  ミ
  .(  ヽ  |∪|  、\       聞いた話では租税も安くなるとか……
   \    ヽノ /´>  )
    /      / (_/       まったくもって、ありがたい話クマー
   / /⌒ヽ  ⌒ヽ
   (     )    )
658 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:12:23.49 ID:kQr4/pAo
【紀元219年12月 漢 荊州 麦城】

        ∩___∩
. \     | ノ      ヽ
   \  /  ●   ● |
     \|    ( _●_)  ミ         兄貴無事らしいし、
      彡、   |∪| ,/..
       ヽ   ヽ丿/  /⌒|       おとなしくエサに釣られるクマー!!
       / \__ノ゙_/  /  =====
      〈          _ノ  ====
       \ \_    \                                ,. -‐──--  、
        \___)     \   ======   (´⌒                 / ,. ──-- 、  `ヽ
           \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;               rヘ、/ ̄三二ニ≧    \
             \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ  . 、_ノ/ ニ) ̄     イィ  !   ',
                                          .  >y'   ニ廴___ 彡'´。 |│ |    !
                                          -イ /  r'ノ\_,,     ゚ ヽrヘヘ、  |
                                          .   |   八ト-≧ミ   、_ノ   ト、 `ーヽハ
         だーっ!!                          o o\く_从 でリ   `゙=≦、 レ{    l `フ
                                            ___/レハ     てツ uィ'(   |\`>
         また兵士の脱走かよ!!?                . ~´    ノ人   __   彳 ン、 丿 `ヽ、
                                           、     ∨\ 、__ ノ  uイ| /〈/o
                                          .  \  、 \个rー‐≦ /ノレヘ、\  o
                                              \ \  〉レ'^仆、/l  / / ` 、
                                                `l ∨(( ノ八J)│く  !   \_

───────────────────────────────────────────────
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \       呂蒙は江陵で老人や幼少者を慈しみ、ひたすら民草の懐柔に務めた。
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       あえて寛容な姿勢をアピールする事で
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      関羽軍の将兵の戦意の喪失・離反を狙ったのだろう。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   .   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    .   実際、この狙いは的中、関羽軍の兵は四散してしまった
      `ヘ:ゝ    .'    小/ 
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
───────────────────────────────────────────────
659 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:14:39.32 ID:kQr4/pAo
【紀元219年12月 漢 荊州 江陵】
                                 .      /イ/:::::::::::::::::::::::::::l::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 .     〃´./:::::::::::::/::l:::::|:::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                       /´. /::::/:!/:::l::::l:::::l:::::::::|:::::::::l!:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 .         l::/::::l:l::::l:::::l::::',::::::::l!:::::/''l::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::
                                        l´/:::::l:::::l::::::l:::::',::::::lヽ/ j/l::::::::::::::l::::::::::::::!:、::lヽ
                                        l::l::::::::!::::::',:::::ト,:::ト,::::! ,ィTテヾ!:::::::::::::|:::::::::::::ll:ハ:!|
  そのうち機会を見て、送り帰してあげますよ           ´/::::::/::::::::ヽ::lヽ:',ヽ:! ´り j,.!:::::::::::/:::l::::::::::ハ! l!/
                                 .      /::::::,イ:ヽ::::::::ヾテ、'、'、`  ̄ l:::::::::,イ::,イ:::::::::l_,.イ::::
                                       /:::/ l:::::::l;::::::::`り ヾ'、    l:::::://'´ l:::::::::ト, jイ:::
                                    -'´‐'"´  !::::::ハ:::::::/ ::::``   l:, '    l:::::::lノ-''",.イ
                                             ',::::l l:::::lヽ、       |′   ス::::!-''"´:.:
                                            ヽ| l:::ハ:| ヽr‐ ―    ,.‐''´-'ヽ!:.:.:.:.:.:.:.
                                              |/ `   ヾ      スヾ:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.
                                              ′      `,、_ ,.-'´ヽヽヽL└,:.:.:.:.:.
                                                    //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\',ヽ},/:.:._,.-
     ,.. -‐ ''ー‐-.、
    /:::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::;イ/ソ \::i、:::::::::i
   l∧!'--'  `ー--`l::_/
    ( l '⌒   ⌒' !' )
      ヾ.゛ rァ ",⊿゛|      (……その割に監視は解いてくれないんだよなぁ)
        フi,,7´!  Y
       /i' `´  | ̄
       l,fー=ー‐l
       |:::::il:::::::::|
       l:::::::l!:::::::|
       」;;;;∧;;;;;l
       "゛  `"
───────────────────────────────────────────────
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \       
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     また、江陵には樊城から護送された于禁がいた。
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      呂蒙は捕らわれていた彼を一応釈放した。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      ただ、釈放後すぐに曹操の下に返さなかった所を見ると、
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ .      何かの外交材料として用いるつもりだったようだ
      `ヘ:ゝ    .'    小/  
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
───────────────────────────────────────────────
661 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:16:40.94 ID:kQr4/pAo

                ─- 、 、
            ,   -───-ヽレ_
          ,  ´             `  、
        /                    \
.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |    呂蒙、関羽が戻って来ると報告があった。
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |    きっと麦城だろう
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |
           _,.> 、__, -‐',コ |        |
                            .                ノ _,..-/_,...........,_
孫権軍文官 虞翻                               //:´::::::'´::::::::::::::::-、`二'_.、
                                         /:::´::::::::::::::::::::::::::::::::.  ::ヽ、 .``'
                                        /:::::: :: : . .:: .:::::_::. . :.. . . ::::::::::ヽ、
                            .           /:   .:.::.!.::.i;:i;::::::!.ヽ,::::::::::::::::::::::::::::_ヽ、
                                      /,:.::::. :..::!,:!!:::!、!i:::::i  `,::::i,:::;:::::::::::::::ヽ```
                                      'i::;::!:::::::;:',、i,ソソヾ,:::', ',ニ!::!'リ|:::::::::::::;::::::',
                            .          !/::;i::::::::::;'` ̄´ ヽi, ヾ='ソ'i::::::::::!,:::',ヽ,:',
     来ましたか。                           i' i::!|:;::::::;:ヾー   i ` .i' ./;::::::::::lヽ;:! ヾ、
                                       l/,'-',::::!'ヾ、  -‐-、  //!::::::::;'  ヾ、
     北は曹仁が塞ぎ、漢水は俺たちで遮断。           __',:::!-、_   ´ ._,/´|::;'!'リ    `
                            .          , '´|´ | ̄「`ヾー-‐'´!=,-.、!/
     どのみち麦城しかないでしょう               ! .!  |  !  !``='´.| ,'`!
                                 _,. -‐ ' ' 'ー'´  !  .|  .!,    i ,' i'
                            .   /       ,-'´  /   \_/  ! '``ー=、__
                            .  /      /´ ̄.|   /      !.   \ ヽ   ヽ、
662 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:18:22.70 ID:kQr4/pAo

        _  _,.. ---ー--- ..,,
       ゞ‐'´         `ヽ、
      /               \
     , '            ,、      ヽ
    /             ハヘ i      ヽ
   !            /ノヽ ヽィ、      ',
  l         ィニ'.,´_  ヽ ヽヽ ヽ   ',    連中、たぶん蜀へ逃げるつもりじゃないか?
.  {        /'1' ,.-r:cテ=ー ヽ_ーヽ   }
  ',          !   ー`=    r'1;Pj`リ  l     なんとなく分かるんだ
   }         {  ''      ヽ ー f'  /
  i         、ヽ_      r_ィ'  i´ /
  1     ri   ヽf    ー---    !ノ
   ヽ     ヽ、_,,. ノ      -     / ゝ
    ヽ、   `フ'´ ヽ _      / l´                       _,.-‐''´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 l,
     ` ー-,-'-―‐、 ヽ ` ー , _ ィ , ‐'                   -='-ァ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':{
    rー '´     |l_`_-__!ェ '_´,, -、                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                         ,イ:::::::::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                                .        /'l:/::l:::::::::l::ハ::イ::ハ:::::l;:i::;::::;:::::::::::::::::l
                                       ∨'l::::l:::::::::ll'rぅミl:::! l::::l"lハ:/l/:::::::::::::ト、
    向こうがどう動いても対応できる策は講じてあります。      ';::ハ::::::::',ゞ‐' l::l l:::l´{r〒l::::::::ハ:::;'、
                                          ,リ l:;l::::ト'、  ヾ ゙;:l  ̄フ::::::::lノ/l'``
    まあ、虞翻殿がそう言うならそうなんですよね。         /l' l::::lヽ  、'_ ` /イ:::;ヘ:l>ー- 、
                                .         /   lヘ::l lヽ -   ,.イl:/''´`     丶
    じゃあ、最後の仕上げに行ってきます              l     ヽ !l!` - ''´ _l/l    _ -   '、__
                                           ',        ヽ、__/   /  /    -、ヾ
                                .          l, l           、 l ! /     _  ヽ
663 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/09/06(日) 16:21:17.18 ID:kQr4/pAo

                ─- 、 、
            ,   -───-ヽレ_
          ,  ´             `  、
        /                    \
.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |     具合が悪そうだ。無理はするなよ?
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |
           _,.> 、__, -‐',コ |        |


───────────────────────────────────────────────
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \       彼は虞翻という。
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫策の時代から仕えており、有能な文官であり学者だったが
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      頑固で協調性のない性格が災いし、孫権に嫌われ流罪にされていた。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        この荊州侵攻の際、呂蒙の骨折りで復帰。
      `ヘ:ゝ    .'    小/      .   医術に通じていた点を見込まれ、体調の悪い呂蒙に同道している
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第十四回 後編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第十四回 中編

2012.03.09 (Fri.)
335 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:02:20.14 ID:cUafUK.o

              ,  '_二二_`ー― 、
           , --<r,へ--r― 、丶 \
            /    /         \ヽ ヽ
           / ./    !            ヽヽ '.
        / ./ / i ! |     i l ヽ ヽ 、}|  .!      「やる夫が正史を書くようです」第十四回、中編ですわ。
         l〃 !  ! :!.ハ l  .:.:/ ト、:|、:.l  ヽ、 |
          l | ! ! :l.:Aトミト、:.イハr,≦、}:.! :. ト}. ヽ   
          | '.:.:! ト、 :N{イ心∨ノ 1しハア} .:i}:.!:.lト-ヽ    最初に言っておきますが、
         ヽト:l .ヽヽ弋り   ゝ-''ノ/ リイリ       中編で関羽さんはお亡くなりになりません。
           ヽ{イ弋`  ' 。   ´ノ下、/ノ ヽ
              nレ∨` ー--‐ "´/ノ.n   .!      ……容量の都合ですわ。長くなりそうですしね
          r.v' .レ''フ  ! fヽ`ニニ´ ' {ヽ|├.、_ {
.         f    .{  .レ     ⊂`   ノ )
         (    ノニヽ1       ヽ   !ミノ

やる夫が正史を書くようです 第十四回 前編の続きです。

336 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:03:27.54 ID:cUafUK.o

【紀元219年7月 漢 荊州 漢水】
                     ┌┐
                    /~'7;; |/~''7   ~~~       ~~~             ┌┐
     ~~~~        (関( ̄|  (                               /~'7;; |/~''7
                 、___`t-'ーイゝ-i             ┌┐     ~~       (関( ̄|  (
                  ヽ] ̄二二二7           /~'7;; |/~''7           、___`t-'ーイゝ-i
~~~~   ~~ ""~~~~  ~~~~~       (関( ̄|  (            ヽ] ̄二二二7
                                  、___`t-'ーイゝ-i        ""~~~~  ~~~~~
                 ~~~             ヽ] ̄二二二7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   .          /: :/!: : :iヽ、: : : ::::::ヘ::ヽ::`ミヘ_::::::::..\\____/へ
                            /: : :/  ヽ:_,孑:\: :\:::ハ_ノト、l冫_::::::::..\ー─ ´
                         /l  x‐    \ヘ\`ー、`ー、_⊥レ}:!:::::::::. : ヽ二 =、、
                        //|イリ≠ミ    乍卞ミz\ ̄:T´:/:/イ:\::::::::.. :\   リ
                         、 {: :l: !イ!:::::j     !。:::::ソ/\ヽ:::∨´::/ノ!::::::\: : : : :ー‐-、_ ノ
                        〉}>、! v_ソ ,    ー‐'/: : :ヽ: ̄、¨´   !ヽ: : : :ー-、─ 、: : }
                    _ -─'<、 l:ト    _     /: : : :∧: : : ヽ   ー─‐、: ハ: :ト、イ/
                    ̄ ̄7/ー 、\!ヽ   `    /: : : :/  \: : ::\      ソノ
                   ─‐イ/、_  \!  ヽ _ /: : :/:ヽ.   \: : : ー、__
                        ヽ、/- ' ´  //: : :/:.:.:.:.:.:ヽ,   ー 、:::::::`ヽ::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        .┌┐  
      /~'7;; |/~''7                                    ┌┐
      (関( ̄|  (                 ""~~~~  ~~~~   /~'7;; |/~''7
    、___`t-'ーイゝ-i    ~~          ┌┐              (関( ̄|  (
     ヽ] ̄二二二7               /~'7;; |/~''7     ~~~  ___`t-'ーイゝ-i    ~~      
""~~~~  ~~~~~  ~       (関( ̄|  (             ヽ] ̄二二二7       
      ~                  、___`t-'ーイゝ-i    ~~     ~~  ~~~~~  ~  ~~~
~~       ~~              ヽ] ̄二二二7        
     ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~~~  ~  ~~~
337 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:06:04.91 ID:cUafUK.o
【紀元219年7月 漢 荊州 樊城】

         !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
         !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
         !  l ! ! !  l              `、__.!      !
        !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      !
        !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_
         !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/   ……関羽が?
      _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
     < 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !    すぐに魏王殿下に知らせなさい
      `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
       l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
       !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
       !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
         !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
       i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i

曹操軍部将 曹仁(字:子孝)
                                                  ,. -‐- .、
                                       コクコク 《 《  //7 _  \    , ‐7  ̄ `丶、
                                         ,. -―- 、 /〈゙O二 - '_ _>、/ /      __>、
                                         / . '´   >‐r-' ´. - '  7   ; ,,.-==;'´:::::::::〉
                                       /  '   / `ヾ/ -' ´      |   ,イ'´, ==〈::::::::/
                                      `ヽr '、  /,. -‐ ,==―- 、    ! // //   |::/
                                        |  \|   _|/_| _  `丶、V〈 |/ハ ==〈
                                         〉丶、_>'´,-=、、 ,ィ=;、` ,ニ、‐- 、   >ヘ    _ 〉
                                        |    |()にゞリ八ゞrツ ( ゞソ   _〈=| Y´ _ 〉
                                       { ` Tiく`‐`テ―,-三_ニ--' ´ ̄  |E| Y´  |
                                        }`ーイ|  /_/|        , --、  |ヲ / ヾ==ヘ
曹操軍部将 満寵
338 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:07:26.56 ID:cUafUK.o
          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{       
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,      劉備の漢中王・大司馬就任を受け、関羽が樊城に兵を進めた。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/       しかし、この関羽の北伐は理解に苦しむ点が多い
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /  
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│ 
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|  
        lヽ  勹'´      // l ! 
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
                                                  / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
   ここまで見てきたように                 .              (__人__)     |
   劉備が漢中攻防に勝利し成都に戻ろうとしているタイミングで  .     (          |
   関羽が北伐を仕掛ける訳ですが……                 .    {          |
                                               ⊂ ヽ∩     く
                                                | '、_ \ /  )
   なんだかチグハグですね                         .    |  |_\  “ ./
                                                ヽ、 __\_/
340 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:09:55.08 ID:cUafUK.o

          ____
         / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\
     /   ⌒(__人__)⌒ \
.    |      |r┬-|    |
    \     `ー'´    /           なんだかチグハグですね
    ノ           \
  /´              ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)    んなわけないおwwwww
| / / /     |r┬-|     |   (⌒)/ / / //
| ::::::::::::(⌒)   | |  |    /    ゝ  ::::::::::/
|     .ノ   .| |  |    \   /  )  /       これは劉備陣営の一大決戦だお!!
ヽ    /     `ー'´        ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ  .  呂蒙の邪魔さえなければ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン   . 蜀から援軍が来て曹操倒す所までいけたはずだお!!!
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン
341 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:11:44.15 ID:cUafUK.o

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \        歴史にIFはないんだよ!!!
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l   レス勿体無いから妄想もたいがいにしとけ!!!
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\   レスッテナンダオー
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J
342 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:14:15.82 ID:cUafUK.o

       ____
     /      \       だいたいこの一件、蜀の人間は
   /  _ノ  ヽ、_  \      関羽北伐→呂蒙の騙し討ち→関羽、呉軍に捕縛・斬首、くらいしか知らないお。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    
  |     (__人__)    |    呂蒙なんて呪い殺されればいいんだお……
  \     ` ⌒´     /    

                                                      . r .‐. ―. .、 _
                                                        イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
                                               ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                                                 /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
                                               // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
  ただでさえ蜀には情報が入りにくかったし、      .             //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
                                              |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
  順を追って経緯を見ていこう。                           . |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                                               .|l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ
  ……が、その前にこれを見てほしい                          |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|
                                                  |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//
                                                  |ノ \ `   ィr//、`ヽ、
                                                      `_フこブ//.. ..ヾ、ハ
343 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:15:21.31 ID:cUafUK.o
【紀元217年冬 漢 益州 成都】
          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ           夏侯淵と張郃の軍才など、一国の将帥として不足もいい所です。
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{      .     軍勢を率いて討伐に赴けば、必ず勝てます。
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、   .    その後、兵糧を蓄積して機をうかがいます。
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\     
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー  .  最上の場合は曹操を倒し、普通でも涼州へ領土を拡大、
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..    最悪の場合でも要害を固めて持久の策を採る事が可能になります
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.   
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::    いずれにしろ今こそが……
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::
344 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:17:07.20 ID:cUafUK.o

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \       漢中攻撃前の法正様の発言……?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /        これがどうかしたのかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                                 / /    \  ヽ    `ヽ
                                                  , ′          \ ヽ
                                              /     i、    ト、  \ハ       ハ
     ここで法正が述べていたのは、対曹操の戦略。               /    i  i、\  ト、 ><i |   |   ∧
                                             ' /  i八 _|_ ヽ\| ´ ,≧=ミ|   |     \   
     漢中攻防戦の推移を見る限り、                       i/!  ii  ヽ|     癶rし'}ノ|   ト、    厂
     劉備陣営の戦略を主導していたのは彼だろう。             { | 八  {汽心     ヾ゚′|   ト )  /  
                                             八 {  ヽ.!、ヾ゚' ,         | / ル'  /  
     言わば諸葛亮の『天下三分』の具体策を示した訳。           )ハ  }ハ     _       И i ii ∧{
                                                    ∨ヘヘ.           | i从{     
     その内容を整理すると以下のようになる                          Ⅵ `ト . _ .ィ   |/\__
                                                      \{`ヽ从ハ     /// ̄ ̄`ヽ  
345 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:18:17.75 ID:cUafUK.o

                     ┌──────────────────┐
                     │                           .│
                     │                           .│
                     │   ①夏侯淵を撃破し、漢中制圧     .│
                     │                           .│
                     │   ②兵糧を蓄積して機会をうかがう    .│
                     │                           .│
                     │   ③-A 曹操撃破            ..│
                     │   ③-B 涼州へ領土を拡大        │
                     │   ③-C 要害を固めて持久策     ..│
                     │                           .│
                     │                           .│
                     └──────────────────┘



───────────────────────────────────────────────
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     劉備が漢中を制圧、漢中王・大司馬に就任した時点で①は達成された。
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      そして、次の段階の②に移る。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      一年半の漢中攻防で消費した兵糧を蓄積し、③の機会を狙う。
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
      `ヘ:ゝ    .'    小/         しかし、①の終了時、②に入ろうかという所で関羽は行動を起こした
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
───────────────────────────────────────────────
346 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:20:05.53 ID:cUafUK.o

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)       長門さんの言い分ですと、
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       関羽はその作戦どおりに行動をとっていない、と?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |                                      , '´        ‐ 、   `ヽ
                                             /        /     \    \
                                           //   ./  :!  .:. :.:.  ヽ     ヽ
                                          /// :/ .:./ :/ |  :.l: :.:.:   ハ: ',   ヘ
                                       __,ノ'イ / :/ .:./ .:,'  :!  :.l:  i:.:.:..  l: l  ヽヘ
                                          l :| .:l .:.:.j  .:{: .:|:.: ..:.l.  l、:.:.:..  !:. |:.:  l: l
    そうなる。                                | /|.:.:! :.:.ハ_.:.∧ .:|ヽ  .:|\| \:. _ |:.:.l:.:.: :.:.|: l
                                          l/ l:.:.ト.:.:.「ヽ{二Nト \ l 弋二\:|:.:,'i:.:.:.:.:.|ヾ、
    でも、もうひとつ指摘しておくと、              .      ! ヽ:{ ヘハ "ヘf_::::}`  \ ''f _:::::}ア!/:ハ:.:.!:.:l   `
    この法正のプランでは                           ヽ l:.:.:',. V;;ィj      V;ィリ l:.:.:ムj:.∧:l
    荊州に関して何もふれられていない。                    |:.!:∧  ̄   '     ̄ i!:./:./V リ
                                              l:.!l:.:.:ゝ    ‐    ,.ィ':./|/
    関羽の仕事は孫権に備える事と考えていたのかもしれない      リハ:.:{ヽ>,、      ィ/リ /
                                                  __ヽ__V_jノ_`二´_ト、/'

347 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/08/22(土) 21:23:26.33 ID:cUafUK.o

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |     じゃあ、なんで関羽将軍は
/     ∩ノ ⊃  /      作戦違反までして樊城を包囲したんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                                      ,,  - ―─  - 、
                                                   - ¨            ` 、
                                                  /'   ,       \   、 、 ヽ
                                               〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
                                              / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
考えられる理由はよっつある。                          / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
                                             .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
 ①関羽は任地内において兵を動かせる権限があった           !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
                                             ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
 ②漢中前線で活躍した黄忠らへの対抗心                   ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/
                                                 '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
 ③関羽と対峙していた呂蒙が病で重態だった                    //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ
                                          .      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
 ④荊州(曹操領)の備えが薄かった                   .     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
                                                     `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
                                                   rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙

“やる夫が正史を書くようです 第十四回 中編”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第六回

2012.03.02 (Fri.)
241 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:17:51 ID:R0+0uBe9

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ     
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       「やる夫が正史を書くようです」の第六回をお届けするのですぅ。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      呉編の後編は夷陵直後~蜀の滅亡の頃までですぅ…… 
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     でも、最後の方が比較的飛び飛びになってるのは勘弁してくれです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |     いつもどおり、基本的に>>1は投下中反応しないですし、
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     表現上の不備は孔明の罠と思って嘲笑ってスルーしてやるですぅ。
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ    
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |     それじゃ、始めるのです
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

やる夫が正史を書くようです 第五回の続きです。

242 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:18:56 ID:R0+0uBe9
【紀元225年10月 徐州 広陵】
          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ       私は今、長江の北岸にある広陵にいる。
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j      この年、魏の皇帝曹丕は十数万の大軍を率いて、
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{        通算三度目(222年~223年、224年、今回)となる
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ       呉への遠征を敢行した。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,       ちなみに、曹丕は224年と今回の遠征で洛陽を出発し、  
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/       水軍を用いて広陵まで到達している。
       r=<    V三|:::::::::| |/:/        
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、       中原から水路を使って長江へ出ることは不可能ではなかったのだ。
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /       曹操が主に合肥から濡須へ到達する陸路で長江に出ようとしたのに対し、  
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ       曹丕は直接水路を用いることで、広陵という建業の目と鼻の先に出現した。
       `、   ヽ \.>j    ハ│       

243 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:19:35 ID:R0+0uBe9
                                 広陵  `ヽ
                                `´○     `ヽ、,
                      合肥      ,-、 ,-‐‐、      `i,
                       ○     /´○ ~   ヽ,-‐‐-、  _,、`ヽ,
                       ,-,_, 、,  /´建業  ,、 ,、    `く,!~`=,-`
                       `ヽ‐´× i   ,~ノ  ~´‐,‐~=, ○ ヽ`ヽ,~!
                         ,、,i`~   ゚o    (,  {,_呉     ヽ,
                        _,| ↑          `‐´~    ,--`
        ,/ヽ‐i,_          _,i‐´~ 濡須              ,-‐´
      ,、/ ◎ ~!,_        i´                ,=,‐-´,--、
     _,,-` 武昌  ヽ,_     _,‐´                  `~´   ヽ,_,__
‐ッ  ,/          ~‐-´`´                           ,/
 "‐´                                        i=~‐
          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ      
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j      
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{        呉の防衛網は、どちらかといえば北西から来る敵に備えられている。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ       ところが敵は搦め手といえる広陵に出現したのだ。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,       224年の時は、想定外の事態に建業の民が激しく動揺した。  
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/      
       r=<    V三|:::::::::| |/:/       当時、陸遜は荊州にいたが、呉の将は彼だけではない 
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、       
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /         
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ      
       `、   ヽ \.>j    ハ│  
244 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:20:15 ID:R0+0uBe9
【紀元224年9月 揚州 建業】
     /:./.:::. :.:i.: :.:.:ハ:.:.:| !:.ト、:ヽ:.:.:.  :.:.:ハ.:.:i:.:.:i:: :ト:.: :.:.:',  ヽ!
     i:.:|.:.:i.:. :.:i:.:.:.:.:i  ';::.| ';.:!ヘ:.:ヽ:.:..: :.:.:i .l:.::!::::i:. :.:.iヽ:.:.:!:|   !
     |:.|:.:ハ:.::.:.i:.:.:.:.i_,.-弋!'"\゙、\ヽ:.::.::./`メ/!:.:i:.: :.::| i:.:.::|
     |::| l ::!:.:.:i:.:.:.:.|_____-\-- ヽ、 ` }:::.ノ-/-ノイ'|:.:.:.:ノ .}:.:.|
     | iヽ ::ト.├、:.:.i ̄i;;:} ̄ ̄     レ' I;:! ̄イi:.l:.:.::/  ノ:./    あんたたち、動揺しすぎよ……
    //  ::{入Y:\゙、、″ _ノ     ヽ ″ ノ レ'.:ノ  //
    //::  ::\ヾっ ヽ  ̄          ̄  ル'i /'"      長江の岸沿いにハリボテでいいから城壁作っときなさい。
   //!:  :.:.:i::.:`ー弋           ゝ   ハ:|
   // | : ::.:i:.:.:.:i:.:.:.::ヽ      ヽ_;フ   , イ i ハ|        あと、魏軍に見破られないように長江にうちの船並べなさい
  // | :::.:.:.i:.:.:.:i:.:.::.:.:.|\        ,イ:.:i.:. i ハ
  //  |:.:.:.:.:i.::..:.:i:.:.:.:.::.|  `  、 __, ィ:.i:.:.:i:.:.:i:.: iハ        そうすりゃ、敵さん腰抜かして帰ってくわw
 ,' {   |:.:.:.:.:i:.:.:.::i:.:.:.:r'ノ       |ヽ、::i:.:.:i:.:.:i:.::. ハ

                 ,. -──-- 、_
        ヾ=、ニr‐`ニ=-、__      `丶、
       ,.-‐ニ'/シ'ヽン  ,.--='、         ヽ
      "´´,.-// / ノ  ,. -、ソ          ヽ
     ,.='-‐ク '     ,./              i
        ,.'イ     ィ;'"_  (、`ー、_       i
      /' |     _ノヾ、 ̄ヽ`ヽ、ヾ、 `ヽ ヽ  |
          ,!    -‐/(、´゙`ヾ、'!|、ヽ、 ヾヽヽ'、 ,i  ',
        !     l r_;'-くヽ ヾ!ヾ.!   `ト、i'リ、i i、ヽ        徐盛、そんな策が成功するわけないだろ……
       ,. -|    |/ヾi-、_``ヾ ゙     | `ソノ`、 ヽ丶
       |`'''''──-'"| ' ノヽ       | ./'  ヾ 、ヽ
      !ー--- 、._ィ、 ヽ ' 、      | / \ 、ヽ`ヾ
    ,.-' ト-- 、._     |,>、 '==:、_      ヽっ、/゙ヾ`、
   ,',......イ、_   ``''''"| ,. '>、__,.-ヾ    ,/ 〉、丶、 ``丶- 、、_
  //  ,イ   `丶--‐'イ'/    ,〉'、 ,/ / ,i `丶、``ヽ-''"´``ヽ
. / ,/  / !        |! ',   /_,.-" ,/ ,/ ,〉  / /... -t‐‐'"ヽヽ
/, イ  ハ|         |l ; :.  ヽ__,.-' ,/ /ヽ. / /'i   |   ヽヽ
245 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:21:32 ID:R0+0uBe9
【数日後 徐州 広陵】
.           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             l ̄ ̄「丁| ̄ ̄ ̄「 ̄「 ̄ ̄「 ̄|
             |    |'"´|   | | | |  !  | l |
             | | _j_  !||| | | |,.斗l-.| l |
             | | | ,>=ミ.|| |/x=ゥrミ._| l |!       長江の向こうに城壁が……?
             | | イイf:久l`Nヽ| イ心イ} ヽ| l |l
             | | |┴゙ー゙     `'ー゙┴ ,゙| l | !       あんなのいつのまに出来たのよ!?
             | | |       ,      / | l ||
             | | |\     ー-   /!l | l | !      呉にもいい人材がいるのね。
             | | | j,>,、    ,.イ__j_l」 | l |  !
             | | |´〈 __,L..`二´__,L._>`| l |   !     攻撃も難しいでしょうし、撤退するわ!!
.        _,. -―┴1  !  |     ヽ⌒l  ヽ | l ト、_ |
     _/ {  、  | | |    \l.   | | l |  \_
      ト、  ヽ、 \_ | |、|      、 ヽ   | | l |     人
   /.:.:ヽ、    | | |       l     | | l |   /.:.:.:\
  /.:.:.:.:.:.:.: \   | |`'┤       l     | | l | /.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
246 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:22:05 ID:R0+0uBe9
     /:./.:::. :.:i.: :.:.:ハ:.:.:| !:.ト、:ヽ:.:.:.  :.:.:ハ.:.:i:.:.:i:: :ト:.: :.:.:',  ヽ!
     i:.:|.:.:i.:. :.:i:.:.:.:.:i  ';::.| ';.:!ヘ:.:ヽ:.:..: :.:.:i .l:.::!::::i:. :.:.iヽ:.:.:!:|   !
     |:.|:.:ハ:.::.:.i:.:.:.:.i_,.-弋!'"\゙、\ヽ:.::.::./`メ/!:.:i:.: :.::| i:.:.::|
     |::| l ::!:.:.:i:.:.:.:.|_____-\-- ヽ、 ` }:::.ノ-/-ノイ'|:.:.:.:ノ .}:.:.|
     | iヽ ::ト.├、:.:.i ̄i;;:} ̄ ̄     レ' I;:! ̄イi:.l:.:.::/  ノ:./    成功したわよ……
    //  ::{入Y:\゙、、″ _ノ     ヽ ″ ノ レ'.:ノ  //
    //::  ::\ヾっ ヽ  ̄          ̄  ル'i /'"      魏の連中、まんまと引っかかったわw
   //!:  :.:.:i::.:`ー弋           ゝ   ハ:|
   // | : ::.:i:.:.:.:i:.:.:.::ヽ      ヽ_;フ   , イ i ハ|        
  // | :::.:.:.i:.:.:.:i:.:.::.:.:.|\        ,イ:.:i.:. i ハ
  //  |:.:.:.:.:i.::..:.:i:.:.:.:.::.|  `  、 __, ィ:.i:.:.:i:.:.:i:.: iハ
 ,' {   |:.:.:.:.:i:.:.:.::i:.:.:.:r'ノ       |ヽ、::i:.:.:i:.:.:i:.::. ハ

                 ,. -──-- 、_
        ヾ=、ニr‐`ニ=-、__      `丶、
       ,.-‐ニ'/シ'ヽン  ,.--='、         ヽ
      "´´,.-// / ノ  ,. -、ソ          ヽ
     ,.='-‐ク '     ,./              i
        ,.'イ     ィ;'"_  (、`ー、_       i
      /' |     _ノヾ、 ̄ヽ`ヽ、ヾ、 `ヽ ヽ  |
          ,!    -‐/(、´゙`ヾ、'!|、ヽ、 ヾヽヽ'、 ,i  ',
        !     l r_;'-くヽ ヾ!ヾ.!   `ト、i'リ、i i、ヽ        すいませんでした……
       ,. -|    |/ヾi-、_``ヾ ゙     | `ソノ`、 ヽ丶
       |`'''''──-'"| ' ノヽ       | ./'  ヾ 、ヽ
      !ー--- 、._ィ、 ヽ ' 、      | / \ 、ヽ`ヾ
    ,.-' ト-- 、._     |,>、 '==:、_      ヽっ、/゙ヾ`、
   ,',......イ、_   ``''''"| ,. '>、__,.-ヾ    ,/ 〉、丶、 ``丶- 、、_
  //  ,イ   `丶--‐'イ'/    ,〉'、 ,/ / ,i `丶、``ヽ-''"´``ヽ
. / ,/  / !        |! ',   /_,.-" ,/ ,/ ,〉  / /... -t‐‐'"ヽヽ
247 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:22:37 ID:R0+0uBe9
【紀元225年10月 徐州 広陵】
          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ      
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j     この時の魏軍はあっさり撤退したが、曹丕は孫権の不誠実な外交姿勢を 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{       嫌っていたのか、一年後の今、再び広陵まで親征して来た。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ      しかし、広陵まで来た魏軍と私の前には異様な光景が広がっている。   
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\      
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,                長江へ出る水路が凍っているのだ   
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/     
       r=<    V三|:::::::::| |/:/      そのため魏軍は立ち往生してしまい、結局撤退せざるを得なくなった 
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、        
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /         
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ      
       `、   ヽ \.>j    ハ│  
248 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:25:18 ID:R0+0uBe9
.           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             l ̄ ̄「丁| ̄ ̄ ̄「 ̄「 ̄ ̄「 ̄|
             |    |'"´|   | | | |  !  | l |
             | | _j_  !||| | | |,.斗l-.| l |
             | | | ,>=ミ.|| |/x=ゥrミ._| l |!       長江が中華の大地を分断してるみたいに思えるわ……
             | | イイf:久l`Nヽ| イ心イ} ヽ| l |l
             | | |┴゙ー゙     `'ー゙┴ ,゙| l | !      
             | | |       ,      / | l ||
             | | |\     ー-   /!l | l | !      
             | | | j,>,、    ,.イ__j_l」 | l |  !
             | | |´〈 __,L..`二´__,L._>`| l |   !     
.        _,. -―┴1  !  |     ヽ⌒l  ヽ | l ト、_ |
     _/ {  、  | | |    \l.   | | l |  \_
      ト、  ヽ、 \_ | |、|      、 ヽ   | | l |     人
   /.:.:ヽ、    | | |       l     | | l |   /.:.:.:\
  /.:.:.:.:.:.:.: \   | |`'┤       l     | | l | /.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
249 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:25:53 ID:R0+0uBe9

            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |    このことは曹丕の伝、『文帝紀』に記録されており、
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |    私が冗談を言っているわけではない。  
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |      
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !    「寒さが厳しく、水路は凍結し、船を長江に入れることができなかった」
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'    
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /     冬に入ったばかりとはいえ、この地域の河川が凍ってしまうのは   
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /      不思議な現象だ。しかし、後世の研究により、この現象に対する
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/       解答が出ている。  
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/        
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/         「後漢末から魏晋南北朝期にかけての中国は寒冷期だった」  
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ         
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、   
           ノー--―r--  -'ア´        ト  
250 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc :09/03/01 10:26:43 ID:R0+0uBe9

         , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ      
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j      これは魏晋南北朝期を考える上で色々な意味で重要なポイント。
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{        寒冷期になれば、農業生産が厳しくなり、軍隊の維持も大変になる。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ       必然的に大規模な軍編成や長期戦を行うことが困難になってくる。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,       曹操は、そのようなことを意識したのか、以前は辺境地帯でしか実施されて 
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/       いなかった屯田を中原各地で積極的に行い食糧を集め、長期に渡る
       r=<    V三|:::::::::| |/:/       軍事活動を可能にした。
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、        
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /       ちなみに、蜀でも呉でも、魏に比べれば小規模ではあるにせよ、  
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ       屯田は行われている。
       `、   ヽ \.>j    ハ│      

“やる夫が正史を書くようです 第六回”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第五回

2012.03.02 (Fri.)
918 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:14:03.89 ID:cfo8Viko
            ___
         ,_ '´      _`ヽ
       /´,r'-―…―-ヽ `ヽヘ
    r -/  /, - ―-- 、 l  Vム ┐
    |_,'  /\ /  l   l/ |   ',-、 ノ       天下の英雄、劉備よ!!
  < イ  ,' /l大  l イj丶| l t.ノ  ̄フ
   ∠」  l YT::ヾハ. |丶Y:::::ヌ! | | \イ      「やる夫が正史を書くようです」第五回の始まりよ!!
    l |  ハ} {!り:|    {iい::|  j! lヽイ       今回は呉編ね! 前編は赤壁直後~夷陵まで取り上げるわよ!!
    l /! l乂 ゞ-' 、__,.ゞ- イ ム l ト l       
    |' l |:::::ト、  l   |  ノi /:l::イ::/ |
     丶|ヽ:jヽ::>r- イ ソイ゙ レ'ノ'´         三国志なんだから赤壁をやれ? 
        ,r'´ \ | ̄/ / `ヽ、          でも赤壁は『三国志演義』で読んだ方が面白いわよ!
       〈   / ヽ./イ K  /
       └く_)-く小ゝ-く.ノイ           いつもどおり、基本的に>>1は投下中反応しないし、
        く  /   l   /           表現上の不備は笑ってスルーしてもらえると助かるわ!
         ヽイ`丶 ィ´ Y´
           |_|  l_|             それじゃ始めるけど、呉の視点で見ると、あたしたち噛ませなのよねw
           }_j   !___!
          └‐┘ └‐┘

やる夫が正史を書くようです 第四回の続きです。

919 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:14:37.69 ID:cfo8Viko
【紀元208年12月 荊州 赤壁】

      、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
          . ’      ’、   ′ ’   . ・
       、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
            ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
       ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
         ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
      、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
           、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ; ;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ  -‐,
           ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`_,,..・ヽ/´
   ′‘: ;゜+° ′、:::::. :::    ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ‐''"..,,_     
            `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ,. r ''" `''‐,,._ X
-----------------------------------------------------------

920 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:17:15.22 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V       
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      私は赤壁にいる。
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/         しかし、赤壁の戦いに関しては、いまいち全体像がつかめない。
         ヽ∧     ‐   /!./j/         正確な場所さえ不明なのだから…
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/           
              「! ̄「 l ̄ ト、            よって赤壁の戦いの経緯を記事を拾い、まとめてみた。
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__         以下に示す①~⑧のことはおそらく史実だろう   
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、        
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !       
       !     |   l !    |     l
.      l  l   l   l !    l   !/ l
921 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:17:48.01 ID:cfo8Viko

①曹操が荊州北部を無抵抗で占領、劉備は夏口へ逃走

②魯粛と諸葛亮の働きにより、劉備と孫権の対曹操同盟が成立した

③劉備と周瑜の連合軍が長江を遡上し、赤壁で曹操軍と遭遇、緒戦は勝利

④一方で孫権が合肥を攻撃した

⑤同時期、赤壁の曹操軍内で疫病が大流行し、多くの死者が出たため、まともに戦える状態ではなかったこと

⑥黄蓋が偽降伏による火攻を提案し決行され、曹操軍の油断もあり、大成功を収めた

⑦この時、曹操は残った味方の船を焼き払い、許昌に撤退した

⑧劉備と周瑜は勝ちに乗じて、敗走する曹操軍を江陵まで追撃した

922 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:18:16.70 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V    
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      一応、話としてはつながるが、三国志の魏書・蜀書・呉書での
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /       
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/         表現方法が違うため、実際にどうなっていたかは不明としか言えない。
         ヽ∧     ‐   /!./j/
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/           受け取り方によっては曹操の撤退理由が疫病のためとも思えてくる。
              「! ̄「 l ̄ ト、
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__          
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、        以下、戦闘が終わった後の関係者のコメント
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !
       !     |   l !    |     l
.      l  l   l   l !    l   !/ l
923 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:18:49.94 ID:cfo8Viko
【曹操の場合】

ーj: : : : :/   /  /  l::  ヽ   ヽ: : : : :r:'__
「: : : : :/ l  i::  l   l|::  l l  l ヽ: : : :´} ̄ヽ       
T]: : : :!: l  l   l   |:!  l| :!  | :::!: : :└iー┘
|廴ャ: :l! ! l|_ :!  ∥!  l:: |  l ::|: : :r:イト、        荊州平定に南征して来たのは良いけれど、
l! |ー、:'、 、l  ド 、l|::l /l ,孑7´ l:|:rソ| | l |
l| | くノト、ヽ,イ⌒ヽ !l'〃 ィ⌒Yイノリ'´  ! l | lヽ    n   疫病は流行するわ、劉備が孫権軍連れて来て攻撃してくるわ、
|':! |   !ハ 乂::::ソ    乂r'冖'冖'冖'冖'冖'冖'冖'|l!
||l    l:: l!:、    _     |                |l!   挙句の果てに丸焼きにされそうになるわ、もう散々…
l !l|   / /´:.ヽ、      ,.| だ が 私 は  rj┴、
|:. |:!  l 〈:.:.:.:.:.:.:.t:.:ォ:.:.':.´:.|              rjー―,」  でも、荊州の中心地、宛・新野・襄陽は私の支配下にしたから、
l 」|  / 」´l:.:.:.:.:.:.:.:ツ'!:.:.:.:.:.:.| 負 け な い rjー‐ ,」
| l :| 厶_ ̄¨ヽ:.:.:/ハ:.:.:.:.:.:|               辷._,イ|  私を人気者にしてくれる人材と兵員を大量ゲットなのだわ!!!
i|l /_≧x、_」:.:イ|  ト:.:.:.:|__________|イl|

924 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:19:21.29 ID:cfo8Viko
【劉備の場合】
                        -―――-
                  / : / / ̄ ̄`ヽ`ヽ、
                / : :_/. :/´「 ̄ ̄、`ヽ、 ヽ
                  /.:/ !: :/_/l: ! : : 、:ヽ : : :V ∧
                i::〈_人!: :l∧\ヽ: : :i : i : _: ト、: i
.               l:://l/ !:::lf千 ミ、ヽ\!≦´V lく: :l   逃げの天才たる劉玄徳様も今回ばかりは危なかったわ。
             lく/〈/´!::l ゞ-'   弋冫j/l l〉 !
             l ::!:::ヽ、!::l   、_′   /:∧!: :!   でも、孫権軍を引きずり出して曹操を追い払うことができたし、
                !::l:::::::::∧ト、   ー ′/:/.:/ ハj
.                Vヽ、:::::lヽ、丶、_ ィ/.::/.:/j/     これから支配者不在の荊州南部を掠め… 
    (\_       _>、:::!、|ヽ   ト、/イ/
     > _`ヽ__   /ヽ   ヽ! \  _ヽ ̄ ヽ_    
  rf壬‐_´__ノ Vヽ / ∧       ヽ´__`ヽ   ト、ヽ   おっといけない。劉備軍への協力を呼びかけるわ
       〈\  ノ ト、!// 丶       、__`i   l  }   
      /ヽ ̄  ノ ∨    、     l   !   !/ ヽ、 (周瑜の手前、慎重に事を進めましょう)
        {   ̄    l   / \    l   l  ∧    \
.      \      l\ //   \  !  ! / !/    ヽ
        ヽ ̄       /ヽ、    ヽ、!  l / /  ̄   /
925 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:20:42.25 ID:cfo8Viko
【周瑜の場合】
                     ,,,.-----.、_
                _,,.-‐'"´-.、_:::::::::::::::`ヽ,,_
              ,.ー´::(:::::::::::::::::::::`ヽ、::::::::::::::`ヽ、
             //:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::`ヽ;:::::::::::::::ヽ
             /r',.':::::::::r'゙`i:::、:::::::::::::::::::::::::`;:::::::::::::::;l
               |{l;!::::::::;イ|  |:::||:ト、:::::::::::::::::::::: ;;;;;:;:;:;:;:;;|
             '|:lヽ::::ト|_|  |;ノ|;! |::lヽ::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;|      曹操を北へ追い払ったが、劉備にハメられたな。
             `!ヽ;::}ゞソ .ノーナニ}ノ-ノ!:ノ::::::::l;;;;;;::::::;;;、ヽ、    結局、苦労の割に孫呉が得たものは何もないじゃないか…
              ノ::l .ノ:::" '´ヒ;ナフ‐ノ:;::::::ノ;;;;;;;:::::::;;;;ヾ`、    
             ノィ;::|ヽ::    `"ノク;/';;;;;:::::::::::::::::;;:ヾ、
               !、ヽー 、   /;〃ィ;;;ハ;;::::、;;;::::::::::、`、ー'   だけど、曹操軍が守る江陵を落とせば蜀への道が開ける。
             ,, ,-`ヾヽ`    ",/'ノノ´;::::゙lヽ::;iヽ;:;iヽ;}
          _,.-‐',:' .:' :. }.`ー‐ ''' "´-'"ノ'クノ`i::;、ヽ`;} ゙ヾ, ソ
    __,,.--‐''"´  ,:' ,:' : . `;, \   , ',イ .\ リ `ー,       
   /        ,!  . ; . :. ;'    \   i   \:. :,: ' `ヽ,      蜀を落としたら馬超と同盟して、曹操を挟撃する。
   !、        ,"' .' . : .:゙ヽ.  /|、 , -l ,,,.-、_\,:   ,:      馬超はメロンパンで味方になってくれるそうだが…
  ,.-'         i .',  '. : . : . !/{ ,!   ,!-ノ. '' "´.  ,'"`!
 l          l   冫  ' . : . : .',  {、 ノ" ,' '    ,,.- ' ノ     まずは目の前の敵をなんとかしないとな
 }  ,.-''"ノ |  |   ` ー、: . : . '、  l !  ,'"   ,'"   .´|
926 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:21:09.64 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V    
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /       
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/       
         ヽ∧     ‐   /!./j/
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/         三者三様のコメントだが、
              「! ̄「 l ̄ ト、
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__        赤壁の戦いは中身は分からずとも、
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !     歴史的には重要な意味をもつ。以下に示す。
       !     |   l !    |     l     
.      l  l   l   l !    l   !/ l     

927 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:21:41.92 ID:cfo8Viko

①赤壁以降、曹操、劉備、孫権が後漢末の乱世の軸になることがはっきりしたこと

②中華史上初めて、中原対江南という、南北対決の構図で大規模な戦闘が行われたこと

③中華史の舞台が長江流域にも広がる端緒になったこと

928 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2009/02/11(水) 10:22:53.52 ID:cfo8Viko
              -――‐
           ´ ____  `ヽ、
.        /   ´         `ヽ  \
.       / /              \  ヽ
    、_!/ /   /            ヽ   !
..       ̄V   / / /    !  !    ヽ !
      / / /! /l ∧  ト、 lヽ、l l l   V    
        ! /l l l/‐l/‐-ヽl ヽ!-―ヽ! ! l ヽ、
.      l/l ! ! l rf升ミ、   fr无ミl、 ! ! 厂      
        !jハ∧! rtjノ      k.tjノ l ! / /       
       j∧ ! ¨´   '   `¨  l l/j/      つまり赤壁以降、三国志の舞台も長江流域に移り、
         ヽ∧     ‐   /!./j/
.          ヽ! >  __.. ィ´ j/         呉の歴史が動き始めたといっても過言ではないだろう。
              「! ̄「 l ̄ ト、
.        _ ィ´ト --!├‐┤ ヽ、__        おや、誰か来たようだ…
.       ∧ ! l l   | l  l  ! | ト、
       l  !人人ノ   l l  ヽ人人ノ !     
       !     |   l !    |     l     
.      l  l   l   l !    l   !/ l     

“やる夫が正史を書くようです 第五回”の続きを読む

続ばらしー伝説 やる夫のドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・ 第6話「炎の笑顔」

2012.02.23 (Thu.)
1 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:57:38 ID:Q71cdbcY




     続ばらしー伝説
                                  __
                                  ( ● )
                                  ┏━┓
       やる夫の                       ┏━┓
                                  ┏━┓
        /\ー―、_                   ,┏━┓                 _/| ̄7~~>
       <   >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、,―-、  ___    ┏━┓   __ __ __ ,― ̄)/ ̄ _   / /
        \∠/ヽ ヽ~\ヽヽ D ) | _ |/|~ ┌__ll' ̄'l「| |~| l' ̄'l| || ||   // /7__//~//\)/ /
          ヽ  ヽ ヽ ヽヽ、  ´、| || | | | (~l| .∩|| `' | |∩|| ∥ || l二(_´ ̄)、ヽ///  |\/
           ヽ  ヽ ヽ_」 ヽ、 |~| || '' | | U || U || |.、 | |U|l、  || l二',-:ニ/ / / メ /  |
           ヽ/ヽ    _/ヽ | |__||__|~|__| `―-.^゙,ニフl.ニl、ロ b ∠、二'L_/(__/ | / /\|
           <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄    ┃│││`ー'   `―``―、__ノ|/  /
            ヽ∠― ̄                ┃│\│/=          \/
                                        ┃──  ──
             ド ラ ゴ ン ク エ ス トⅢ       ┃│/│\ そして伝説へ・・・
                                  ┃│││
 



○スレの説明

・本作は『ドラゴンクエスト精霊ばらしー伝説』の続編となります。
・正式なタイトルは『続ばらしー伝説 やる夫のドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・』です。
ただし、スレタイは今後省略するかもしれません。
・本作は主にSFC版を原作としていますが、その他もろもろ取り入れたり、改変したものになります。

1スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1312213675/


前作『ドラゴンクエスト精霊ばらしー伝説』の及び今作のまとめ

○やる夫之書さま
http://yaruobook.blog66.fc2.com/
.

前作のスレ

1スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1294574312/
2スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1296631758/
3スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1308564409/

続ばらしー伝説 やる夫のドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・ 第5話「2枚の板」の続きです。

822 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:10:38 ID:Q71cdbcY
投下します。
やらない夫というか、ほとんど僕の思考過程や悩みがそのまま出たような投下になりますが、
これがロックンロールってやつなんだよ、きっと!
823 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:11:25 ID:Q71cdbcY



 【 デスフラッターの攻撃 】



        、、、、
       ,r ´ ̄`ヽ、   ガッガッ
      -'、  _tヶ_,}
    /  !  l  、 ヽ、  \ ,,_人、ノヽ
    ! r|  \ \ \  )ヽ    (
    l l| |    `ト- -- <       >─  ____
     ヾリ    /   ヽ!  )     て     /ノ   ヽ、_\
   彡三,_爪ー爪       /^⌒`Y´^\ \/ ( ○)}liil{(○)
   彡彳r、 r‐、  ヽ     _/ / ヽ   /     (__人__) \      アター! イター!
     | Uj L_」 丿f゙ |   〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
     ソ┬-、    _r'"        /  .\     i⌒ェェ|   /       つっ突いてんじゃねーお!!
    └┴┴'⌒´          ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
                .__   r  /     |/ー、\   \        しかも攻撃はえー!
               ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                 .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                 .i /  //  ./
                 .ヽ、_./ ./  /
                     ./ /
                   .ノ.^/
                   |_/
824 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:11:45 ID:Q71cdbcY


             /(⌒iー' / 〉´    l i   `ヽ    } l l |
           /|   ヘ  / /   |  | |  | l   \ /  .| l |
.           / リ    ∨ l ! |  | |  | |   /   | l 八
          / ./      ハ l l .|  | |  | |  | /    .|  ヽ\
           / ′    } i |斗 十  | l 十 ト V   八 \ 丶ヽ
.          /'  | l.   /  } |八__从 l 八 l 从リ|   /  l\  ヽ∨
         l!  | l  /  バ f仟ツミ〉   ィfた圷、   ,′ / リ \ ! }
         l!   },′/  /_乂ニシ    弋zグ l   i   | ∧  ) ト'       ほい、『ピオリム』
         ヽ ノ' /   '((⌒ヘ ̄^   ,   "" |  l   l/ 〉 V ノ
          /  八  V )} ノ丶   r丶   ィ |   ',  ∨ i´ |
        / /  /  \ ヽ く /r'≧ ´  <)ーァ∧  ヽ  \li |
.        / l   l    }\ }_`>く=ヘ'~^〉⌒^7'、__ \  丶 \}
       |  }  ∧   ハ>=‐く < f⌒´,ィ  λ  }=- 、丶     ヽ
       |  l l  ハ   r'      \l⌒ー仝、_} 'ー'´   \) ヽ     }



          ___
 | ・ +    /     \ | ・ +
 *o ゚   /   \ , , /\*o ゚
 o○+  /    (●)  (●) \+ 
 +    |       (__人__)   |          サンクス、ホイミっ娘(意訳:僧侶)
 |i    | \      ` ⌒ ´  ,/   |
 。!   |  ノ          \  |      そして風を切り裂くように疾る、やる夫の剣(貰いモノ)
. 。*゚ /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ l
 *o|    l  ( l / / / l*o゚ 
 | ・  l    l  ヽ       / ・   


                                                 ..  - r―== .、
                                              ,. ' ´.. - , ` '"ヽX ヽ\
                                             ./ //./ /   ̄ヽi',.ヽ
                                             l/ ./ 、/  / // /i   l<!. ',
                                             !/! l ,,_丶-! _ / |   |X!. l
                                            / /'.|/.!i;!iヽ.|/_` ! /  L!| |
                 私が先に呪文で弱らせるわ。           / 'l | l,,,`´  ' ´|イ;!ゝ'  /i i l l
                                          ̄   | l', |  _   ,,,,`´///_ l l| |
                 トドメを!                         ヽ! .ヽ !...`j  / /丶- ' l
                                            / ` .,` -―=´/''' ヽ    ',
                                           / /.::/  i´/./     iヽ  ヽ
                                         / ,. - 、./;;;;´0'./:/ヽ 0 3   | :..  \
                                        /  レ '' ´ ヽ=/ .: /::::::::`:'ー> _l\ :.\
                                          ヾヾ´::\ ';;!/.:/丶:::::::::::/;;;;;/ ::...  .....
                                         |  \\::::ヽ.|./ ヽ、 /;';;;;;;;;;|  :......ヽ
                                         ヽ  ヽ ヽ /   ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;!ヽ  :......
825 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:12:05 ID:Q71cdbcY

―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


              , イ  ,イX,> ''" ̄ ̄ ゙ '' <Xヽ、
             ,イ   ,イXイ          、 ゙ ''<!、
               /   /゙''/    ,        i      ゙ヽ、
            /  ,,/,_/     /           i    ヽ ゙ヽ、
              / ._ /,、 .i     ハ ハ      ,   i     ヾ' 、. ゙ヽ _/\/\/\/|_
           /  ! i i !.i     ,' .! !-,!      ハ    i     ヽ ゙''ヾ\          /
        , イ". ,、i ! ! .!i i   ,-- 、!  i    ,イ .!    ! .i  ,   ゙',  <  『ギラ!』   >
     , イ   ,-、! ! ',! .!.!   弋;;;;ソヾ ',  , ',-‐,‐、 i / i  !ヽ、  ', /          \
    ,イ      i', i! !  '、イ',   '、      イi !、;;;ソ// / /  ,'  ヽ、゙ヽ、i  ̄|/\/\/\/ ̄
   /        ',i     ',イ ゙ヽ、ヾ、    ,    彡,_ノ  /    ヽ、゙ヽ、     i .!
  ,'       '、     ',    ヾ    _´    ,イ-‐" ,イ.!゙     ヽ、  ヽ、  i !
  i        ヽ    i    i ヽ、. '‐'.,!ニニニi   / /  .!        ゙ー-、' ,'  i--、
  !         ゙i    !    i--,,,゙,',"__    i /リii.   ゙、     ,>ー―、/  !--、
  ',        , - !   ',  ハ !-、!_i__! .,'    i /  ゙'、   ',>,、  ヽ、  , イ   /゙ヽ
   ',        ,イ  !   i   ! ヾ  i ゙', ヾ-"ヽ、',',ー 、','、   ,〉"イヽ  ヾー---イ ヽ、゙',
   '、     ,'   !   !',  ヽ,, =ヽイ=;;;;;;;;;;ヾ', ヽ ゙' ',!",,イ" '、 '、   ',      ',、.!
     ヽ    !   !   i;;;゙、  ゙ヽ;;;;;;;ヾ-ヽ;;;;;;;;;;;', ', iヽ  ',     ヽヽ  i       i .!


―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


__________
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 〈〈〈_Lヽ__
:::::::::::::::::::::::___:::::::::| 〈⊃ー――'
::::::::::::::::/ \  / \_|_|.|   |
 ̄ ̄/. (●)  (●)\.  !   !        _/\/\/\/|_
  /    (__人__)   \|   l        \          /
  |     |!!il|!|!l|      |  /        < おりゃーっ! >
  \     |ェェェェ|     //          /          \
  / __         /            ̄|/\/\/\/ ̄
  (___)       /


―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
826 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:12:23 ID:Q71cdbcY







               ,:.:'(,(,从:.
              ,.,;ッ(,;!、,,人';;,:. . .
             .:. ,':. .     'ッ;!、,,人     ,
              ') ';         .从ッ(,;!、,,
              '(,;,            .,.,;ッ(,;!、,,人';;,
              ,;)               ..:.,.,;ッ(,;!、,,人';;,,.,,
            、、゙'(,';.:                     ...:..::..:'゙':';';:;:.:...,.,.,, 、、、、
           ,r ´ .,:;)',;゙                            ~゛'゙'゙':';';:;:.:.、,,`ヽ、
          -'、  !、 ',;'                                    ´゙'゙゛ .:.>
        /  !  l  '(`,'.                                ,.,,...,:.:;;;''`、
        ! r|  \゛.';),                               ,,.;,:':';'゛'`~ \ \
        l l| |    `ト'!、:,;                        ,,.;,:':';'゛'`~| |    `ト-ゝ. !
         ヾリ    /  ゛':),                ,゛, ,.,'' .;ッ    ヾリ    /   ヽ!
       彡三,_爪ー爪  ,:.:'(,(,从:.'(,(,从:.  ,,.,;ッ(,;!、,,人';;,゛'       彡三,_爪ー爪
       彡彳r、 r‐、  ヽ  ″ッ(,;,, 、,(,、,,:.,,!、';;,(,从 ゛'_tヶ_,}       彡彳r、 r‐、  ヽ
         | Uj L_」 丿f゙ |           /  !  l  、 ヽ、       | Uj L_」 丿f゙ |
         ソ┬-、    _r'"           ! r|  \ \ \      ソ┬-、    _r'"
        └┴┴'⌒´             l l| |    `ト-ゝ. !     └┴┴'⌒´
                            ヾリ    /   ヽ!
                           彡三,_爪ー爪
                           彡彳r、 r‐、  ヽ
                             | Uj L_」 丿f゙ |
                            ソ┬-、    _r'"
                            └┴┴'⌒´
827 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:12:40 ID:Q71cdbcY

                   __     ―  三/|
                /     ̄ ̄      二 ///
                /  /   / /   ニニニ 三//  シャッ
           /   /   /      二二  ///
          /    //            三///
        /     /       /   三二 ///
                    /      r~ ̄`ヽ'
       |l  l  l|  / /  ____   ( ⌒}
       l|l!   ll|     /_ノ    \ 彡 /     _____    i|      |i
       |  !   !|  (|{(● )      \ /     /     \   i|       |i
       l|    |!i  (ノ、__) ⌒::::     `,    /ノし' "\ , 、/゙\  i|       |i
        |    !|   i‐┬|         |  / ⌒(( ◯)ヾ'(〇)ヽ, i|        |i
                l___|_|        /  |     "⌒(__人__)⌒゙l  i|         |i
                  `/⌒ 、         \      `i ヾ/´ /   i|         |i
           \ \\       三    / ̄        ⌒ヽ  i|           |i
                          三  /  ,、          |  ,i|          |i
                     .       |  ||       /  /  i|           |i
                     .       ヽ、 ヽ、   /  /  i|i           |i  シャッ
                          / ,\  \,    /  | i|i             |i
                          |  ヽ\  ゛^`1   j|iヽ             i|i
                     .    /   / ゙̄i, ^ ,.,r' j|i   \            i|i
                        (    /     `\ ' \ヽ   ヽ        i|i
                         `ー‐'′     . \ //    |__      i|i
                                     \;; \,, _)    i|i
                                       \,:;\ "   i|i
                     .                     \,//  i|i
                                          `ーi|′
828 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:13:05 ID:Q71cdbcY



 【 デスフラッターを倒した 】




           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \       ふぃ~。
      | .u   (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/        やっぱモンスター強ぇーわ。
      ノ      ー‐   \       MPの温存どころじゃねー。




                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  / ,,,ェュ,_, /   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  /γi;;fi!;;;犾ソ  ハ!  i        ホイミしますね。
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ     !;;;i!ζj  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'      ' 冖'’!  |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   `='´   .イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!



                        〃/
         ,.  '――-  、i_ヽ、 ヽ.、    ⌒
        /         ヽ-l.ヽ、 \
       ./   /        \>i,  ',
      .i   /i  ::     .|:  ヽl.', .l
      | :i : ,l | .i :|:  ./ //l:::   |>l  |
      .l i| .i: zr 、.l l::  /, ‐l-|、:  .L.l  l          ん?
.      |.ll |: l !:イ!ヽ!./-r‐-.、!:/  L.|  |
      ! ', .l .l,,`´     l::::イ//  //.l  .l
       .Λl ヽ ..    `,,´/  ./_//  ',
.     /  '/ヽ'ヽ.....,  -/ // ´     ヽ
     /   //   ,!=,'゙´;/ ./- 、   !   \
    / / / i   /z=ニ/. /    ',   ヽ
  / /  ,' |  <- '- '/ .i l     l    \
 /  /  .i  l  /'―;' l  .|';ヽ 03 L..,    ヽ
. i  /   .|  |  !;|l;;;;;;;;|  l 丶'-:::´::::::l
..| ,' |   l  .l  ヽ':;;;;;;;;l  |;;;\::::::_:::-!
829 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:13:24 ID:Q71cdbcY

                  /..::´:::_;;::===::、;;_::>. ヽ
.                , '/:::>''´       \:::ヽ ヽ
               /.// ,   ,/   i   'く::ヽ ',
.              /〃  / / .〃   il i:|   |: ヽ:∨.',
            /〃   / / ,イ,'    / ハ!  リ  `ト、i
              / /   . 〃//il   /!/__| ;i}:  ァ :}〈 }
          / '    { /.ィ_/_`! ,/ /,゙__| /リ / :i/ミi
          ,'  i    il レi:o::ヾ ´  '´i:o:!':〉 〃 /!/::}
           /   |ハ  八l !辷リ     辷ツ,ィ/  /リ ::/       ね、あれ、もしかして。
          ,   '、ヘ l!ハ     .   ノ' ノ ./ /=/
         ,' /   /i:.、{ゝ、    , 、    フ¨  ,'‐'´
          〃/.   {_リ.: `.,ー>...   ー'   ィ´.  /
         / /:   /  /.: : :ィ=!_リ.Y'i.<//  /
      /       ,'  /. : :_:|!ー=//;'`iフ'/   /.:
      , '  /   i!  /‐、ヌ'\_::// i|. i}゙/   /.: :
.    , '  〃  ,ィi  {/i'ヽ.ゝ=ィ´/ /:i 〈  ,.〈: : :
   /  ./  / / {  ,'{.ノノ/ ィョ,'./ !リ:;  ∨/彡=.
.  , '       i .i| . ,' レ':/ /::/ '  ;:|:::i  〉´=‐-、 ヽ
 /        | i /ゝ.`ー‐7   i /l:::}  i::::| |:::::::} :i




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     あっ、きっとそうだお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
830 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:13:42 ID:Q71cdbcY








                              ,,;=‐=,,..
                                   |∩;:;:;|
                                 ,|:! i ':;:;|_
                              i'''" ̄~`'i
                                |':;'[];:;[]' ;|
                               !':;'';:': ;'';:|
        '"`゙ヾ                      !':;'[];:;[]';::|
        ,. '"⌒ヾ                  _!':;'';:': ;'';:|
        ;;.:''゙' ゙ ,,)             .,.. -、  |;:|; ;[];:;[]';::|
            リ        r'"´   ⌒ヽ :|;`i,;:';:'';:'';;::|
        ;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ ;:';:'';:'';;|
                  ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,
                         ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')
        レ'r'"´ `ヾヽ       、;.,_', ,'|l! r'ゞ,,;'     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        l!./ゞ、 .,.;;'ノ         /⌒ヾi! ,/、;.,.''.,;   l  向こうに見えるのが、         │
        i´ //  ,.、         ;.,、_,.;'')'/ 、.,;''/.     l  シャンパーニの塔だお・・・たぶん。 │
        |/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;., 、 ヽ、_______________ノ
        l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `ヽ
        |、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,'|l! l|. |i!l| |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;')     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡ハ///vw彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ     l  『ホイミ』 │
        VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/vwjj/从jj/彡彡,..|i!|,,,,,,____ハ    ヽ、____ノ
        ---――''"""""´´~."""""" ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄```゙゙゙゙゙゙゙゙''''''''''―――--
831 名前: ◆cAAWxj6UAY :2012/02/19(日) 22:13:57 ID:Q71cdbcY




     続ばらしー伝説




                                  __
                                  ( ● )
                                  ┏━┓
       やる夫の                       ┏━┓
                                  ┏━┓
        /\ー―、_                   ,┏━┓                 _/| ̄7~~>
       <   >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、,―-、  ___    ┏━┓   __ __ __ ,― ̄)/ ̄ _   / /
        \∠/ヽ ヽ~\ヽヽ D ) | _ |/|~ ┌__ll' ̄'l「| |~| l' ̄'l| || ||   // /7__//~//\)/ /
          ヽ  ヽ ヽ ヽヽ、  ´、| || | | | (~l| .∩|| `' | |∩|| ∥ || l二(_´ ̄)、ヽ///  |\/
           ヽ  ヽ ヽ_」 ヽ、 |~| || '' | | U || U || |.、 | |U|l、  || l二',-:ニ/ / / メ /  |
           ヽ/ヽ    _/ヽ | |__||__|~|__| `―-.^゙,ニフl.ニl、ロ b ∠、二'L_/(__/ | / /\|
           <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄    ┃│││`ー'   `―``―、__ノ|/  /
            ヽ∠― ̄                ┃│\│/=          \/
                                        ┃──  ──
             ド ラ ゴ ン ク エ ス トⅢ       ┃│/│\ そして伝説へ・・・
                                  ┃│││





                            第6話 「炎の笑顔」




.

“続ばらしー伝説 やる夫のドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・ 第6話「炎の笑顔」”の続きを読む

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十二話 勇者Side

2012.01.23 (Mon.)

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十一話の続きです。

758 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:40:03 ID:UHaRJMjw
.
<< 第二十二話 >>勇者Side
     |
   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                    「 半ば予想通りだけれど… 」
  /
/         , '⌒i               _________
          / /  ̄ ̄ ̄`)        /           /|        , '⌒i
      / /  /   /       /           /  |   ( ̄/ / |
     / /  /   / |     /           /     / i'⌒i   |
    i'⌒i  /   / /    /            /    (´ ̄ ̄ ̄  |    |
    |  . ̄ ̄ `)/ /     /           /       |         |  /
    |        |  /      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      |_____|/
    |____|/        |                 |
.
.
.
   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |   どうやら魔王側は
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |   あの娘を奪還する意思は無さそうね
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |   南鮮石とか言う娘、見事に使い捨てられたのだわ
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ
759 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:42:04 ID:UHaRJMjw
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ 
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |   そもそも彼女は魔王の手下なのぉ? 
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |
.
.
.
             V /      '              |        ヽ ___   |:::::::::|     |
               l         '            │   ,     | ヽ__   T:::::: |  ____j!
              | |       | |!           |  |   |  |  | r''     l::::::::::K _(::::::(!:::!
              | |       | |! l       | イ   ハ  |  ' ヽ__   '::::::::::ハ   フ::!
             | |       !ハヽ|      /!//| / | /| イ  ノ  /::::::::/   /`'´|::::!
            l ハ  |   、 |‐ゝハ    ィ イリ ̄j/ `jメ !/ |  |ーノ^ヽ,_/   ゝ  !:: |  正確には魔王の手下の手下ね
            ゝ ヽ N.. ハ!   ` ゝ.ノ レ'       ,イ  l  |VVr⌒ゝj   |    |::::|
               `  >| j ___ ,      、____、    |  |  | {く フノトンー '   |::::|  ダークウィッチとか言うのが
                   / イ ´i ̄ ,      ´  ̄ ´     | ハ  Vゝー_ン^       |::::!  彼女の創造主らしいけれど
           ∠!⌒7⌒ ` --'、__ヽ                | !_j  |/         `|
          ノ _.| /  /   /  `ヽ、          ' |:::|  K            |
        (   `|  /   ,   / /    r ― - --イ 〈:::|  |            |
        イ  ⌒ゝ       /  ,..ヘ_- v'..: : : : : : : :,  /:^|  |フ              !
      /r‐!   --、ノゝ_-- ..__ _ イ_rf´_)|: : : : : : :.:. / /.:.:.:|  | \             !
    r' イ__:::|   ___ノ:>====< : :ムゞン j|! : : : : : :./ /: : :ハ  | / \.          !
    ヽ L|   ヽ ´ ヽ rフイ!: : : : : :.ゞrレ' ~ヽー: : ./ , ′: : . |  |,/   ヽ.       !
     > 〉   |ゝノ⌒イ´ ≧;: : : : : : : : : .〉 : : : :/ / : : : :.ノ |  |!    ,   \      l
 _  ''´  / ゝ _  .. :::: :: ヽ_ ノ: : : : : : : : : /: : : : :´: : : : : : :ヽ. |  |   ,.イ     ヽ   |
  \  イ    /::::::::::::::: :: :ノ | : : : : : : : : :イ: : : : : : : : l\: : : :| |  ,  / :::       !.   |
   V::::::|    l::::::::::::::::::::/ ` |: : : : : : : ノ1!: : : : : : : : :ヽ \:ノ ノ ノ / ::::::...     l    !
760 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:42:52 ID:UHaRJMjw
.
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` 丶 イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ   ダークウィッチが創造主…ねぇ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_   と言う事はあの娘、ゴーレムや生き人形の類かしら
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァz く::.::..::..`ヽ、
     |   / ハ..:..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.トj /  ヽソンV...:.::.::..} ヽ
     |  ,イ  :..\::.::.::.::.::.::.:_:.::./__::.:イ}_   j l r}::.::.::.../  ヽ
     l   l |   ..:..:|`>ォr<   __::.::.::.::.:ヽ}、 /l j_{ノ::.::/:..:.. l l ヽ
      ヽ. ! !  ..:..:.|{{´/小ヽj}:r<ヽ.ヽ:.::.::.::.::ヽ} /rソ:}/K`=i:.||ト l
.
.
.
               ,.'´  ,rー≧~~~`ヽ
         <´: : : : : : :{ (⌒~'⌒ヽ.ム
.           ,へ : : : : : :{ レ‐{薔}ニ].}
         l: : :i`゙ー- 、_ゝ、,く_l::!、∨ノ   ゴーレムにしては感情が豊か過ぎるかしら
         '; : :! __  `゙=‐l::lハ:;〉
.            '; :ハ,.-r.、`  ´ゞ' 7/)ヽ
           〃八. ゞ'   ,   /'⌒ヽ
             ゙ '⌒ヽ、rvy.、_ィ_ |=シ
           ヾ,-‐{y′ ´r‐'ヽ. ラ-、
           ∧ラ ヽ、 ヽ.、-.!、  ヽ
          .ハ └' r'7   { ヾ;j .!   ハ
          i    {. ヽ バYヾ!|    }
          :、  ノ ヽ∨. ', }、. |    〈-┐
             >介1   ヽヽ l.}v',.>   ハニ.、
           `1/<    ゙iゝ}´     ,}、}}
          //- {`て ̄ ̄´    ,. へlj`
           `  >、 ヽ      /    \
            /ヽj_!、,、\_ _ ,人      \
761 名前: ◆hrPgATdXSI :2012/01/16(月) 12:43:21 ID:UHaRJMjw
.
        __ィ  // { /             \  、  Y
       〃 ̄77こ{ {  ヾ                  ヽ   {_
       {{  //!  j |  __}   ,                ヽ  │
.        }} // 辷_} ! { / i  i    i        l     ‘, ノ
.         ヽヾ彡)__| {   >┐-=-廴_ ' l   !   l      }{_
        // {   | ! ' / }从{  }丶!  │ ノリ     i__丿
          }}   ヽr劣ヽ ノ{_  | ィ斧ミミヾハ  !-=テ‐y  ,リ
.        │|   冬彡} {  ノ |i 弋_,ツ   ヾハィ笊Y/  /}/
.        │|   ド彬ヘ_Y i i|  `       じ' 7从{'   生き人形にしては細部まで人間そっくりだったわね
.        │|   ,'    } }i. |         '   ^ 小ヘ
       ¨7   ,'      | |_i |ーヘ、  ⊆'     人 | l i   アレもコレも人間の娘そのままだったわ
.          '   '   __.ノ| |│l   ! \_  .-≦{  ! l l
          l   !   {  l │ ! !  |、 }'笊X  / \! | |
.        ,   │  入│││|-=ニ=竓チヽ{    \|
       /     | ,/  `| レ'´! |   i  7 Y \    ノ
.       /    /    | |  | |   /´`{  '   `T爪! |
      /   /       ! !  ! !  .ノ!  {\   /'| | ヽ|
.
.
.
              ___
      _ _  ,. :': : : : : : : : ノ`⌒_ー- 、_
.     /.: '´`ヾ: : ー=`ー _: 了⌒゙<(__rく>气
.    /:/   /. : :ゝ 、: : : : \ {i:{ ̄rく}_r-刈ュ≠え)
   |:'    ,: : /, /\: :` <ゞ==禾圦乂}zz彡{
    '    i: /. //    ` <: :ゝァ 7!ハ__マム_rイ
    \  .|:゙. // し      `<辷.!i:i:!  マムr'
         } /リ ヽ     、  ノ  }i:i:| /弍ソ   …そ、そう
        {リ/ __≧    ≦__  ̄}゙ :/
        i'゙ハ . 了..ハ`    了..ハ  .ハ)      真紅がそう言うなら、そうなのでしょうね
.       八 ム ゞ゙'ソ     ゞ゙'ソ .' /. ァ
       rく>ム : :       : : u イ.イ. : :j{
       }-: : : :.> .   っ  . イく: :_彡: イ
       j_彡: : イ }r=≧x≦=ミ:' }-=彡: :}
       /. :-=彡゙ムゞイ/・キ: : :/ .└く: :/:ア

“やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十二話 勇者Side”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.