2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2009年11月10日

やる夫が力を欲するようです 第2部「邂逅編」 第1章「異能者」 第14話「業火」

2009.11.10 (Tue.)
62 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/06(金) 20:54:51.10 ID:n3fJGLUo


             ____
           / ─  ─\
      |\/ <①> <①>\/|   お知らせ。
      |/    (__人__)   \|   明日知人宅の引っ越しを手伝うことになった。
     |     ` ⌒´     |   一応21:00頃を予定してたけど延期することになるかもしれん。
     \             /   20:30過ぎても安価出さなかった場合は延期だと思ってくれ。
     ノ            \   出来る限り連絡するつもりだが、一応そういう事なんで。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

63 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/06(金) 20:55:47.07 ID:cgQUiZ.o
気をつけていってらっしゃいませ
腰を痛めないように注意〜
65 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/07(土) 18:19:00.96 ID:NSiu6Sg0
じゃあ便乗して質問
第1部は「やる夫"は"力を欲するようです」だったのが
第2部から「やる夫"が"力を欲するようです」になったのは何か意図あるの?
66 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/07(土) 21:51:26.64 ID:kX6GT.go


             ____
           / ─  ─\
      |\/ <①> <①>\/|
      |/    (__人__)   \|
     |     ` ⌒´     |  ただいま戻りました。
     \             /  投下は明日ってことでお願いします。
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


       ___
     /   ヽ、_ \      >>65
  |\/<① > <① ≫\/|   特に意図はない。一番最初の予定では「やる夫“は”」で
  |/:::⌒(__人__)⌒::::: \|   作っていてんだが、最初にスレを立てるときに間違えて
  |  l^l^ln^^^ ´        |   「やる夫“が”」でスレ立てしちゃったんだ。
  \ヽ   L        /   んで、キリがいい所でこっそりタイトルも統一したってわけだ。
     ゝ  ノ
   /   /

68 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/07(土) 22:29:29.11 ID:BroCieUo
了解です、引っ越し作業お疲れ様でした
69 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/08(日) 00:35:25.23 ID:JbuF0ic0
7スレ目でまだ4・5巻くらいだよな?
このペースでスレ数計算すると・・・
ジャバ夫・・・イ㌔・・・
70 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 20:05:05.57 ID:6Y4ULLso


       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
 |\/≪①> <①≫\/|   レオパだったんで引っ越しは思ったほどじゃなかったな。
 |/ ::::::⌒(__人__)⌒:::::\|   細かい買出しを手伝った感じだった。
  |    mj |^^^´      |   あと、完結までの逆算をするのはなるべくやめにした。
  \  〈__ノ       /   5巻終わるまでに約30話・・・ARMSは全22巻・・・




                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
 |\/≪①> <①≫\/| /
 |/ :::::⌒(__人__)⌒:::::\|/   そんじゃあ、本日の当番決めるぞ!!
  |     |^^^^|       |    安価は
  \     ` ー'´     /
  /          \           >>75
 /             \
/  /\           ヽ              よろしく頼むぜ!!
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

71 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/08(日) 20:06:35.88 ID:bbPT2dIo
みんな準備はいいかしら?
73 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/08(日) 20:07:31.51 ID:jwOZwmUo
ksk
75 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/08(日) 20:09:19.44 ID:bbPT2dIo
ksk
76 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 20:36:13.75 ID:6Y4ULLso


         ____
       /    \
     |\/  ノ' ヾ  \/|
    |/ ≪①>  <①≫ \|
    |     (__人__)     |  は〜い、皆注目〜!
     \、  ` ^^^^ ´  ,/   今日は「ID:bbPT2dIo」に決定だ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    楽しみに待つように。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |

77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/08(日) 20:39:59.55 ID:IGzaF2go
キャー
ID:bbPT2dIoさん
頑張るかしら
78 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 21:00:20.06 ID:6Y4ULLso


      ___
   |\/ ー  ー\/|
   |/ ≪①> < ①>
  /     (__人__) ヽ  んじゃあぼちぼち始めるぜ・・・
  |      `i^^i´  |  「ID:bbPT2dIo」は準備いいかな・・・?
  \ _    `⌒ /
   /       ヽ
  /          ヽ,

79 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 21:01:43.81 ID:6Y4ULLso


          /:::、::::::、::::::、::::/::::jL、
            /:::/::/\:::\:::辻-く仁、
         i::::i::/__  ` ー ミ _∧ ニ/{
         l::::レ.ァニ、ヽ   ィニ、ヘ_ノレ'
            ゙:」 ´込ソ  .  込ソ i::/
         /∧  ̄ r==┐ ̄ ∧ヽ  前回までのお話かしら!!
      , --、 {!`ーヽ.   、___ノ  メー' i}、
     / ̄>-、」::_:_:_-:i>┬<!:-:_:_:_:」i
   /  / / ト、7∠イ::i⌒i:::iヽ:ニ:ニ:ノ\
  _ヽ       ´/、 __ニ」:::! ゚ i:::l〉=:、. .ヽ   \
  \___\     ノ/r=_ _「i::! ゚ i:/{!三:`ー' i ,,  l
   /z{::::\ /::Y <<.     、ニr=_ノ .::i.:/ /

80 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 21:04:16.02 ID:6Y4ULLso


                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
                              ┏                               ┓
              |                |    ついに目覚めてしまったジャバウォックに対し・・・
                ノ、  {  ヽ    r  ァ /   ┗                               ┛
            /  `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ
           /   ,イ  ` ‐--‐'´ ノ    |
           /    / |       / ´     ,'
          Y   /  l  __,.、 /  ,.-‐''''‐、/

81 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 21:06:34.49 ID:6Y4ULLso


         /|, -──---,
      〈  . :.::::.:.:.:.``く
     , ..-' .:.:.:::::::::::::::::.:.:.:. ヽ
   ∠.:/.::ハハ|:::::::::1::::.:.:.:. \
    ム:从r'''''|/N:::|.;;;!;;;;;;;「 ̄
     l/N ̄|__r─|/ヾ|;;;;lヾ|
      `| ̄ノ└‐┘``ウ'゙   ┏                          ┓
        \ ー' ,..ィ二[       戦いを挑むX-ARMYのリーダー、ジュン。
         ̄r'"´,. -‐L_     ┗                          ┛
        ∠二     1i
        |    `ヽ|  | ',
        |     .:j.  | ト、
        /     〈  | | |
         / __ __」.  | | |
       | |:::|   |   | 「|

82 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 21:09:08.43 ID:6Y4ULLso


   / ̄ ̄\                                         /;:/: : : : : : : |: l : : |、: l: : : : : : : : :ヽ
  / _ノ  ヽ、_ \                                       /// , : : : : :l_:_/|: l : : l l_:_|_: : : :ヽ: : : : l
. | ( ●)(● ) |                                        / /: : : :/ 'l:./`|: l: : { ´l: |、`ヽ: : l: : : : !
. |  (__人__)  │  ┏                                ┓  ,' /| : : /: :/|{  l/l: : | ヽl \: : :l : : : l
  |   `⌒ ´   |     一方その頃、やらない夫とこなたは地下の通路で     |/ |: : /: :ハr┯┯ l : |  ┯┯yl : |: :\l
.  |           |                                       .   |: :lイ ;'ハ b::|  ヾl  b::! l l: l`l:`メゝ
.  ヽ       /     真紅と合流し・・・                           ヽ| レ |: :l  ̄      ̄・ l l/ー': :l
   ヽ      /    ┗                                ┛        l.:|: :ゝ、._  ー'ー'  _,.ィ': : l:: : :|
   >     <                                                |.:|: : : :__二7T ¨´lヽ、| : :l: : : |
   |      |                                               |.:|: : :||    l´___7 |: : |、: :│
    |      |                                               |:,ゝ、:ヽ   │  / /: :/ !:: :|




     シ:::、' ./   /        、  、    /:、:_:1::ト  \
     /:/ソ /  ′ ,'     i     l |  l,   /:/  .|:::| \.  ゙ ,
.    /:// /, ,'  ,'/      j ,イ   〃 ! | !i  ':::'   |:::|   !  /
   /://ィl /l ! ' i l !   //,j  /,_ノナj,' l 、!:::|   ,!::;!  ′ ′
   ゙リ/ ! ,、 レl l i l ! /レ i /イ=j=、 '//! l〉::!  /!:::i /  /
     V、 lメ、ヽj、ィf' ,=ゞト '  '"  辷ソ // | |リ ,' ヾ:::ソ  / ┏                                 ┓
     / /〉.l ,〉^i 弋_リ          // .! !'/   7  /    やる夫を助けるために行動を開始するのだった・・・
.    / //::ソ / |ヘ     、     , / ,/! !     /  /   ┗                                 ┛
   / ,.レ ´ , ′′ \    ヽニ' / / / / /   /  /
.  / /  / ネー:、_,.‐ァ` 、   / /,/__,/ ∧   /  /
  \ヘ 、´ /:!l:::::::::::ン'::::/:,:::: ーl/フ :::::::/ /::::::\/  /
    ヾ、` /::::!l:::::/:::/:::::′:::::":::::::::::/ /::::::::::::/  /

83 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 21:10:22.82 ID:6Y4ULLso


                  _  __ __
                 _j  ` ー   r_`r-、_
               , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
               /    / \   _j |   ,rr<ァ、ヾj
              '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
              | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!
              レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
             | |    ヽ    "     ゞ\/
              ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|
             , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y
           i/  ゝヘ     、--,      ,r イ   ジャバウォックとジュンの戦いの行方は・・・
           ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=<´ノ   やらない夫たちは間に合うのか・・・?
            __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ
         r' ´   ゝ=--<__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、  以上がこれまでのあらすじかしら。
         '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ
         |::::/   r:::!  |! `'l::! ゚ |::! `ゝ─ 、ノ   r /
         ゝ::!::_   ゝァ"|! ,/::| 。 |::|  ゝ_,l::ノ  . ::::::/:::!
        /.. ヽ   ゝ=イ ゝ- 。 レ' 、 __j:)丶 _:::::::::::: \
       /   , ー /  ゝ、 _ __ _  /  ト ー ´\    \
      /   ヽ    /   r:::::zl::j:::ヽ,   |     ゝ___    \
     /!     \r /    `´/\ー'   ヽ__   /      ノ



            , -‐/
        /  /
          |  /
         ,ヽ {  ̄ ¨ 丶、 _
      //  \  、 \ /   `ヽ、
    / / //l   ヽ //\.   }_
    / イ' ∠ _ V   l |\, -'-、    `ヽ
    l  Y´      Vヽ|_ V/匕jリ\   /
    ∨」/ト、    _\ヽ./_| T l\/ , -'
   /ハ.{tノ   イr ¨カ |  |_!/
    ! 八"" '、_   ヽソ厶ィニ7 ┐    それでは「bbPT2dIo」さん!
    |' r‐\ { ノ  ""/イf ノ二 -' 」    後は任せたかしら!!
    {__ r‐、┬ 7|/イ ∟ 二 -┐
     r'ーノ ヽ ヽ_, ┐!, ̄ ¨ヽ ノ‐'゙
     /ーt/⌒ヽ / /   |
    {   / 、 // __  /
     |ヽ. イ r- '/ ´ ̄  ̄〈

84 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/08(日) 21:11:11.80 ID:bbPT2dIo
         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-'〈_:/   /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
 .      ';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
 .      ';::::〈    !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>     小便済ませたか?
        ヽ::::〉    |::/  ̄               ___          /::::;::::::::\ ヽ'      お茶菓子の用意は?
 .         V     U             /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;ヽ       〈:::/ \/    投下中は気の利いた合いの手を入れ
                         |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: |  __,,.       _,. ,.  最後にジャバ夫へ心からの「乙」をする準備はOK?
                         | ○ 'ヲ;:;:;:;:;:;:;r;:''"~`~`'く   r--'" 7_,,. _,...._   
                  ,..-—-..,,,_ 'y'"_::/;:彡  :.:.:.:.:.:.:.:.~`ー'"  / フ'"~   )  
                 (,r'ニー-、    ̄~`: : : : : : :; : : ヽ  ヽ     ,'/ヾ   ノ   
                  \ ミヽ`ヽ.、  : : : ,: .: : : ; ; ;: ヽ ミ ヽ  ノ'  、ヾ'"く_      rヽ、
                    \     `ヽ 、/        ヽ  ヾ    `,.il:;:;:;:~`ヽ、._/ゝヾヽ
                     ヽ,:::::i ;:l,.   ~`ヾー-、_    ヽミ  彡ヽ -':.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:;:;:::|:::\
                      ヽ::i /   ;:     `ゝーくヽ    :.:.:;:;:;:;:;:;;;:::---<~~`   :!:::::::::\
                       ゝ' : :;:;/_,,.-'7        `ヾ .:;;:;:;;:/      ,i;;;;;;;;;::: ./ヽ.:.:.:.:.::!
                    ,ィーv"ー'''"~:;:;:;:;/、     ,.r'1   .:.:.::::;/       `ヽ、  、L/|;;;;;;;;;i'
                   /:.:.:.:.:.:  .:.:.::;:;:;::/  `ヾ,    ィ   :::.:::/          ヽ、 ヽ` !;:;:;:;:|
                   /;:;:;:;:;:::: ..: ::::::::::::/     |  ‐'" !    .:::/        ,.-ー-、,._\,` ::;:;:;:|
               ,ィ";:;::;;::;;:;:;:;:.:.:.:.:.::::::;;;: -'7  ,.--、〉  .::ノ    ::y        ,ィ,.r-ミ`    ゝ  ハ
     ,.ィ彡ミ''^ヽ、  ,.r:'";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;;:r'"  /^!-┤  ゝ-‐‐'    :::/            `ー-、   : :;:;/
    '"  `ヾ、 `":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::'    /                          /,>、  ~^ヽ
         `、:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::    ,. '"                           "~ /,r`jーゝ, |
         );:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;:;:;:;:;::::    /                                 '-'"/ノ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;::.    /
     ,r-'":;:;:: : : :;:;;:;:;:;:;::: ' "   /
 lヽ--、_ノ、    ヾ        ,.-'
 ヾ ー. .,,,ゝ    )`'''''7ーir7
  `ヽ-、_、__ ,;:'"   :;--r'"
      `ヾ、_ゝ-ゝ‐"''''"
85 :ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ [saga]:2009/11/08(日) 21:16:14.31 ID:6Y4ULLso

>>「ID:bbPT2dIo」乙!!

                                      /レ1/レ'7,.
                                  l /レ":;:;:;:;:;:;:;f''"
               ,.  ' ´  ̄ ` 丶 、           l!|レ';:;:;:;:;:;:;:;:;:彡 ,.:'"
           ,. '´             `ヽ、        |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:-く __,,.       _,. ,.
          /                \      | ,.、 'ヲ;:;:;:;:;:;:;r;:''"~`~`'く   r--'" 7_,,. _,...._
          /   _                 ヽ-..,,,_ 'y'"_::/;:彡  :.:.:.:.:.:.:.:.~`ー'"  / フ'"~   )
       /┐  _rz;`,ミ 、         ,.斗、'     '.,    ̄~`: : : : : : :; : : ヽ  ヽ     ,'/ヾ   ノ
        / ̄コtλ{;;●;;}、`    ーf'{::::::::リ}       ',`ヽ.、  : : : ,: .: : : ; ; ;: ヽ ミ ヽ  ノ'  、ヾ'"く_      rヽ、
      {」「  =┘ゝニr‐' ,     ゝ,ニ ' 、  γ7ハ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      Ⅶ ,.ヘ/ 〈/   ,     ,  (////'ー'///:rソz7ヽ
       ∨ > >,ィ、   ゝ -   ' ///////////////ン       第2部 「邂逅編」  第1章 「異能者」
        Y/ { | `フ T ¬r‐////////////////└‐ 、
       ノ\/〉`' <  | / '////////////////////,.斗'           第14話   「 業 火 」
     γ´`   、\  _> '///////////////(:::::)///ヽ
    /     _,.>'_"////////////////////`´///三ソ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ,. - '-----‐'コ-ェ‐┴/////////////////////////::::;;;: -'7  ,.--、〉  .::ノ    ::y        ,ィ,.r-ミ`    ゝ  ハ
 !」´-//¬-┘ニコ-「//////////////////>'フ" 7:r'"  /^!-┤  ゝ-‐‐'    :::/            `ー-、   : :;:;/
 | <,/r‐==/r '7/´/////////////////./ ̄ ̄.| i ̄ ̄ ̄ ̄`\  | ̄ ̄`\../´ ̄ ̄|  / ̄ ̄ ̄ ̄\/,>、  ~^ヽ
./jヘ <=ニ彡////////////////>/ ./  /|  | |  | ̄ ̄\  |   |  i ̄\  / ̄!  ! !  / ̄ ̄\_|~ /,r`jーゝ, |
./!'^Tニ= ' "////////////////// / ./  .|  | |  |    |  |   |  |   |  |   |  | l.  \___     .'-'"/ノ
./Z´///////////////////> ´  /  ∠_____|  | |  |__/  |   |  |   |  |   |  |  \      \
l ////////////////////   ./   [アームズ] .| |       /  |  |   |  |   |  |     ̄ ̄ ̄\  !
∨ /////////////////   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ |  | |  | ̄`\ \  |  |   |  |   |  | ! ̄\__/  |
 ` < ////////////  ./  /         |  | |  |.    \ \ |  |   |  |   |  | \        /
     ` <///////  —Which do ARMS obtain,the peace in the future or the nightmare in the past...?
        ` ー=='                                『やる夫が力を欲するようです』

“やる夫が力を欲するようです 第2部「邂逅編」 第1章「異能者」 第14話「業火」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫の漫画短編 「やればできる子捜査中」 第3話

2009.11.10 (Tue.)
114 ::09/11/08 20:59:41 ID:W/8MwIK3
書き溜めって難しい。全然進みませんね。

とりあえず出来た第3話、投下します。
115 :名無しのやる夫さん :09/11/08 21:00:02 ID:W/8MwIK3
              ?
      /  ̄ ̄ \                                                _
    /   ノ ヽ、\                                                  /O \
   . |    (●)(●)|                                             | °  |
   . |    (_人_)│                                             \_/
    |      ` ⌒´  |                                               /
     |            |                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      ヽ           /  、                                    /          \
r—n|l\ ヽ       /    ヽ                        .         /  ⌒    ⌒     ヽ
  \\\.`  ー‐ // l     ヽ                               /   ●    ●      |
.     \        |      |                               |  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃    |
.       \ _  __ | ._   |                                   ヽ              /
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|                             /⌒ヽ_\           / /⌒i
\      // /<  __) l -,|__) >                           \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>                     .        /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >                             `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'
      \_| |  <____ノ_(_)_ )
                       ┏
                           やればできる子捜査中!
                                            ┛
       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j                                    . -─‐- 、
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)                                   /        \
      リ::::::( ( ●) (●::(                                       / ̄       ̄   ヽ.
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )                                 / >    <     ハ,4L_
        Y ヽ    ̄イ' y                                  :  (_ , 、 _)      ノ  /
        / 'ヘ   j ̄ヽ                                   ゝ.  `ー'    _ <  /
       /、  ヾ /    ヘ                                      >,ー一 ""   ,/
        il     Y   il                            ┌──┐ ´ /         /
        l ヾ .._  i!  .. イl                            │課長│ _ イ        |
        l j    i!    l l                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

“やる夫の漫画短編 「やればできる子捜査中」 第3話”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.