2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2009年11月21日

やる夫が五胡十六国時代の覇者になるようです 第4話「病蝕」

2009.11.21 (Sat.)
83 : ◆FR9UnusIQc2008/10/29(水) 07:33:54.10 ID:/K.5HOQo
VIPが128秒規制になったから
試しに書き込んだら自分のPCも規制…。
84 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/10/29(水) 18:16:12.30 ID:4nowgbMo
なんか最近規制が厳しい気がする
vipが無理そうなら今回はパー速かな?
85 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/10/29(水) 18:57:29.34 ID:szajqys0
今日はどっちで投下するのですか?
86 : ◆FR9UnusIQc2008/10/29(水) 19:01:55.19 ID:/K.5HOQo
さっきVIPのスレに書き込んでみたが規制中だったのでパー速で。
今日の22時頃から投下します。
87 : ◆FR9UnusIQc2008/10/29(水) 22:01:03.13 ID:/K.5HOQo
もうすぐしたら投下します。
88 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/10/29(水) 22:04:11.72 ID:/K.5HOQo
第4話「病蝕」
            X
      ? ̄\?  シュタッ      
        |/゚U゚|丿       王猛殿、緊急報告があります!
      〜(`二⊃           
       ( ヽ/
        ノ>ノ
       UU
     前秦の伝令

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   緊急報告とは何だ?
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


※前回までの「やる夫五胡十六国」
東晋の桓温が前燕に北伐。国家の危機に前燕の朝廷は名将・慕容垂に兵を預けた。
さらに虎牢関以西の割譲を条件に前秦に援軍を要請。そして前燕・前秦連合軍で桓温を撃破。
防衛に成功した前燕だが、宰相・慕容評と慕容垂の間に不穏な空気が流れていた。
89 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/10/29(水) 22:05:56.10 ID:4nowgbMo
相棒終わってそろそろかなと思ったら始ってた

“やる夫が五胡十六国時代の覇者になるようです 第4話「病蝕」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫はたわけた一日を過ごすようです 第3幕 第1話

2009.11.21 (Sat.)
477:Figaro ◆1fWU0Viu9M:2009/11/19(木) 22:34:26 ID:bCYrSQb.
第三幕の投下用レスが出来ましたので、予定通り 明日の夜11時ごろ(前倒して30分ぐらい早めるかもしれませんが)
続きを投下します。
予定レス数は100程度です。

本日は以上です。
478:どこかの名無しさん:2009/11/19(木) 22:40:00 ID:UurXquyQ
待ってます!
479:Figaro ◆1fWU0Viu9M:2009/11/20(金) 22:25:31 ID:g0.e29nY

それでは始めます。
480:Figaro ◆1fWU0Viu9M:2009/11/20(金) 22:26:22 ID:g0.e29nY


  【前回までのあらすじ】

  やる夫と翠星石の二人は、婚礼を間近に控えたバカップル。 だが 二人には それぞれ横恋慕してくる相手が、
 水銀燈とやらない夫伯爵が いた。
  なんだかんだ上手いことやって彼らの攻撃をはぐらかしてはいたのだが、やる夫が水銀燈と以前交わしていた
 約束のため、二人は窮地に追い込まれてしまった。


  _     {           --_-_,,._、
, ´  `  .  丶 .,,___,,.  -‐´   -—〔{〈匀jト 、
        ` ー-— / /...::.::.::.::.::.:>ニく:::.:..\ヽ
        _   -‐ / //.::.::.::.::   -— —‐ ‐-、:..\
ト 、     ´       イ //.::.::.://    ヽ ヽ   \::.ト、    /⌒ヽ
|三ト、/   /  /_j l/.::.:::/    |    ',      ヽ|ハ   /  ⌒ヽ
ヘ三ム  /  / //ヽ∨ニ V    ハ 、   l | ト |l l }ー '´  /      責任取って結婚してくれないのなら
__}三込、  / / ヽニ イ{___〉〉 | l ト|、∧ \ | | | | | ハ | ⊥、  /       ジャンクにしてやるわああぁぁぁ!
三三三≧く.__/   ノノト-r1 !弋ヨ卦ミXぃ、\j厶!イ/ }ノ厶〈  / , ⌒ヽ
二三三三三二>-<乂|| | 圦 。ミメ㏍W仏ィテ/イ{{丁ヽ〉,′/
三三三三二ニ7.::.::.::.::.:..\ l| |l ヾ三"^`ニ ^=゚=イハ い〉   ヘ ′   __
ニ二三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.:::..\l l|       i  ` /} } |ー|‐/ |  / }                やる夫をリア充にさせて
三三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.::.::.:::.. \|l  {{⌒二ア  // / j  |/   ノ /  ノ         / ̄ ̄\  たまるかよ、jk……
二三三二ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ\ゞ‐一' イ  / /  '  ,′ //   /     ´ }  / ─  ─ \
三三三三ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: 〉::.:> く___lノ^ヽ/_ /  /'   ´ -‐ ''´   ノ  |  <○><○> |
二三/}三/´f ,二二ニヽ::.::.::.::.::.::.::..\ノ.::.::.::.::.::.::.: ノ/´   ヽ_/、_/ーr'    -‐ '´ .  |  (__人__)  |
三/厶イ  トに二ニ才「::.::.::.:_::.::.::>f⌒ー-、厂∨ ーヘ   |^ー'^   ー/        |   ` ⌒´  }
/      〈::.::.::.::.//}「ヽ_::.::ノ「`( ノ^ー┐ '⌒/ゝ ニ \」 , ‐  、/ . .     _ _|        l _
         |::.::./イ.::リ::.::|:::.ヽ| ノl `)'⌒Vくこー/  、__/    厶  -—- 、   / l   ヽ       /   l ヽ
        |∠ ´.::.::.::.:: ノ.::.::.:|ゝj八_  ノ (   ゙ ̄"^     _   ノ   | l     ヽ    ノ  /  |
       |::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.:.V⌒ヽ /(    ヽ _ ノ __,,. ´     ̄.    , -—-、    ー    l  |
    __  ノ.::.::.::.::.::.::.′::.::.::.::.∨ j⌒′  _ >一'⌒Y      .     /      l        /´ ̄`\
 ̄ ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.:::.ヽ{   ∠ >'´   />'′ .   .    /    / , 、 \     _/     \
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:: ト、/ 〉  } j └ヘ            l l | / / \_)  (__,ノ{ l | l  l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:::.しヘ _{ノ 厶イ r‐、ノ      .     〈l 〈 l  |  /l       l ∨ l l /l
 ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ::.::.::.::.::.::.::〉廴]〔_ん(___〉              \ヽ{_,ノ//        \{__,ノ 丿ノ/

“やる夫はたわけた一日を過ごすようです 第3幕 第1話”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.