2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2009年11月24日

やる夫がドリームプロジェクトなようです 第24話 「ラヴォスの呼び声/3」

2009.11.24 (Tue.)
1: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:42:02 ID:xtcvnxLE
・クロノトリガーが原作です
・可能な限り原作をなぞる、はずだったのに。雪華綺晶暴走中
・AAはいつでも募集。特に初音とぷにえのAAは、尿漏れするほど感謝します
2: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:42:35 ID:xtcvnxLE
1スレ目 ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1229218272/(38レス目から始まります)
2スレ目 ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246021252/
3スレ目 ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246358582/
4スレ目 ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246620401/
5スレ目 ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1248006621/
6スレ目 ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1249741614/
7スレ目 ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252159844/
8スレ目 ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1255619910/

「やる夫之書」様にて、まとめていただいております
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/
大感謝!
3: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:43:14 ID:xtcvnxLE
『5レスくらいでわかる今までのあらすじ的なもの』
4: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:43:36 ID:xtcvnxLE

           ______,,.....,,_                ヽーァ''ーtー_-、.,,_
     _,,. -;;:ニニニ-----‐-- ニ:;;- 、             /tッ‐'"'テjニ_ヽ'''‐、
  ,.-.ニ-''"            `'''ヽ、           .ノt''= -‐/  `''''‐ 、)/ヽ
. , ',.:'"                   ヽ...,,,_     _rヾ‐'´  ./      /  ヽ
ir"ー=-、 r''''っ                 ''-ニニニニ-.ヽ'テニ''.=./_  _,.-‐ニ-‐ =,ニiニヽ..  これが、この星の未来……
`"´  `'''ー"               __,,,.........-----ー'‐''''""ヽ  `',:',:''´   ´` 'r"‐ァ
                      .!             .ヽ ,/./       (/_
                       !          _,..-‐7/´! ! ,.、   __ /,/j    まともな建物は一つも残ってない
                       i       _,.-''   i.「.i' iヽァヽ /  '" ''‐
                       !     ,.-''      !i !_! ノ               人の……いや、生き物の気配もまるでしない
                       .!   ,.:''        ヽヽ/
                        ,!,.-"           ヽ!
                       i            ,.-‐‐ヽ、   ,.-       どこまでも、ただひたすらに無人の廃墟が続くだけ
                       i..-‐- 、       /`''-、  ヽ_,
                       .!    ,ゝ、    /ヽ、                  冷たく乾いた風が吹きすさんでる……
                       .λ,,.-''"  ヽ   !、  ヽ
                       !   __,,,...,,__ ヽ  ヽ,,.-ー
                      ,.'ー‐'''",----、,.ニ=‐''"´  /




                        ━━━━━知ってしまった、滅びの歴史━━━━━




       | |               /  /   / |   //
 ヽ    | |       _     /   /   /  .| // /
     ,,-‐'''゙ヽ、   /  \      /   //  / / //
  \/  ,,--、ヽ  /      \    /  //   // //
  /   '" ,-、ヽ / ,-、 、    ヽ  /   / / /   / /
      /ヽヽ |/ //ヽ |     |-─ヽ,,// / /  / /      お前らは、運命ってものが本当に存在すると思うか?
   /  /ヽヽ\|// / ∧ |     |   |/ / / /  /
  / /      ''"~   | |    |   ヽ/ / / //
  | /           | |    |    |/ / //       この世のありとあらゆる事柄が、
  | |            | |    /    |  ''",,,-、 /__,,     あらかじめ決められているのだと
  | |_     、      | /   /  __  ノ /,,-、 |  ̄,,,-/
  ||__゙ヽ、    \    |/  /,,-''"_ヾ ヽ'' ノ、 l/''''"/        神か仏か、あるいは宇宙の意思か
 、 | |゙'''ヽ丶、      /  /-'"-'イ   ,' / ヽ /_/        そんなものが決定した通りに全ての歴史が動いているのだと
 ヽ| ヽ_ヾ,,,゙、 、 」 .|/ /-、'ノ,,,,-''   /,,,,ノ  /"
 、. | ,,,,,,,,二'''─'"'' // ゙‐'''ニ"---  /-'  />
  ゙、      ̄ ̄ /,    ̄      /,,,,,,-''""
 . ヽ         /|         /'‖                なぁ、どうだい?
  ヽ.゙、        ゙_,,,,,,,,      //二ヽ
  ) \      ''' _,,     / (  )
 "    ゙ヽ、          / |  ゙゙゙"
        \ヽ、       /  |、
 ゙       \ ゙''ヽ---‐'"   | | \
        \ \    /    | |  \
5: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:43:58 ID:xtcvnxLE

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }         王道が正解であるとは限らない
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<        邪道が悪であるとは限らない
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ         道のりではなく、辿りついた結果を世界は肯定するもんさ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\



                      ━━━━━それぞれの思いを胸に抱きながら━━━━━




            l  ∧ ハ!ヽ" 、     ノ. ノ ヽ、  !、
            / / )レ'ヽ、  、 /iイ、 ハ \ ヽ!
.            / //  r'フ i> - '´  l、 tヽ、∨ \V、           ……壊したいんですよ
           / ( /  !/.ノ      ! ハ ヽ ヽ   !ヽヽ
         〈   /ヽ!/ ̄ヽv'ヽ   /{`ヽ∨!  ハ  l ! |
          〉 ハ ノ/ ノ  !〉      ,' / /    ! i/ /
         l  ( .V '´   |     / ,' /     ',./ /



                    ━━━━━星を救うため、少年達は時を渡る翼を駆る━━━━━



                -‐‐───-
               , '"´ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
            /   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.        /  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧
         / :;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;'
        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}:;:;:;:;:|:;:;:;|:;:;:;|:;:;:;ハ
      |:;:;:;:;:;::;:;:;;:;:;:;|:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;::|:;:;:;|:;:;:;.}:;:;:;:;ハ
       |:;:;:;:;:;:;:;ハ:;:;:;:;|:;:;:;/|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,イ:;:;:;:;:;:|:;:;リ:;:;:;:;|:;:;:;:ハ |
.      |:;:;:;:;:;:;:;_ハ:;:;:;:|:;:;:;|:;|:;:;;:;/:;:;:;/ |:;:;:;/ :/| /,/ハ:;:| N
      ':;:;:;:;:;:;:;:;:?U:;:;:|、:_|_|_:;,イ:;/|/ |:;./'|/ _|ム≦ァ:;':;/|/
.     /:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;|ヽ | ヾ_|_≧!ム、   |/ ' ィ代_ノf '{:;:;| '
    /:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:| ヾ.´マ^代云} ` /    乏〃 i:;:;:;|
.   /:;ィ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|    、乏:ノ           j:;:;:;|       この星がラヴォスによって滅ぶ運命だっていうんなら……
   / ' |:;:;:;:;:;ハ:;:;:;:;:;:;|ヽ      ̄        ’   ./ :|ヾ、
  '   .|:;:;/|:;:|:;ヽ:;:;:;:;|、 .\       __    ,イ /:|        ラヴォスを倒して、
     |:/ .ヾ|  }ハ:;:;:| ヽ  ヽ、    -´-‐ ' /| |/ヽ|      運命なんてものは存在しないんだってことを証明したい
    r'⌒、    ' ヽ:|  \   > 、  __ /  |
   /ヽ  ヽ     .リ    `ー、__ノ、   .|    .|         未来は自分達の力で作り上げるものだと、信じたい
.  /  ヽ .∧    ヽ    ,/   .ヽ、.|.    |
  ,     ∨∧    .\  .ハ .  Ⅵ /.     |
6: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:44:15 ID:xtcvnxLE

         /'´r‐'"´    `ヽ、
       /:: /,ヘ       ,‐'´`\
      r-'::"` ̄r--' ヘ-'``‐イ   ,、-'´ \,-‐
   , ‐'´::::::::::::. _ノ  勺>‐ヘ、」:\'´ ,、‐'"´
 ∠ __:::::;:ィ::::.   {:::rr、  l::: \
      ヽ/ゝ;'‐ :::;、‐ヘレ:::>'´l::::  \
       ヽ::'"´:::」::::::.>'"´  l:::::::..  \''"´ニ
         〉ヘ「::::r-'´:::::::: /!::::::::::.:.-‐'´,、‐''     僕が欲しいのはただ一つ……お前の死体だ、魔王!
        /:::::::::::::l:::::::::::::::/.::::〉/,、-'´  フ
       ヽ;_::::::: イ::::::::::::///// / >/
         ` '' |:::':-‐::// //   ̄
      --—'''"  ̄ ̄ ̄.. ////
       >、;:::::::::::::::::::::::::///l:::',      ,、‐
     ,:‐'´:::::::`ヽ、::::::::::::::::l l:::| |:::ヽ.  ,、‐'´::::::




                 ━━━━━勇者と魔王  宿命を背負う二つの悲しみ━━━━━




 -‐ 、        !    ',    ,,;;;'''ニ二三三三二ニー   ヽ , ヽ- '    ヽ
    ヽ       ',.     !    , -=ニニ三三三三ニニ/=ニニ二ヽ, ヽ---_—-ヘ
ヽ     \     ヽ、   !    ,r'三三三ニニ/ 三/  、 ヽ ヘニ ヽ \` ‐--ヘ,
 ヽ      ヽ      .! ゙''" .',   //三三三ニ/ 三/   ハ   i  }三 ヘ  ヽヽ‐- 、\
  .ヽ、__, __,.' \.    ',.   ',  ,ィ'三/三ニニ/三ニ{  ,'  V | 斗t‐ニヘ ヘ .ヽヽ: : \\
     ヽ.    `、   ! 、_,,. !,ィ三,ィ'三三ニニ,'三三ハ  |   ! '丁ノ  \ニ ヘニ.} } : : : :\\
        ヽ、._,,. ' \  ',.    ', /三/ニニiニァ'厂'弋 i   ゝ ,zモ示了、! ハニ | | : : : : : \\  眠りの底なす漆黒の呪唱をして、
        \.   ゙'= _,!  ,,. ゙ヽ三,イ三三lノ l,ィ≠z>{       Vfzjソ !  !ニ .| | : : : : : : : ヽヽ 慈悲なる光を払わん……
  ゙丶 、     '., __,,    ̄   \/三三ニ\ll Vfzjハ         ̄  | ,'三 .| |: : : : : : : : : :
   ノ ゙ '',…-'" -‐'"       ,ヽ ハ三三ヘ ` ー'"  、        ノノニニ! .} }: : : : : : : : : :  ダークマター!!!
 ‐'"- ...,,ノ    ,.         ノ .\ V三三ヘ      _      /三ニハ/ /: : : : : : : : : :
      ゙゙''ヽ,. ノ      _,,;;/   \三三ニ丶、        /i三三// /: : : : : : : : : : :
      _,,ノ      ノ  ,        \ 三三ニ> 、 __ , < {ニ三// /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
   ,.. - '"    ,    /    l!       ゙\ ニ ノ┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
-‐''"  、_,,...ノ-‐'‐-‐''ぐ_,,... -'''"゙''‐‐-‐''ヽ、 r' '゙゙'''‐ ` ‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
  - ‐''"                \\ ヽi、     ゙i /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :
7: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:44:33 ID:xtcvnxLE

               /  /__- ̄:::::::::::::::< ( ・ ) >:::::::\   ヽ
             /   /::::::::::  ___二二_:::::::::::ヽ    \       勝者のみが生きる権利を持つ
            /     /:::::_ -- ̄         | ヽ::::::::ヽ    \       だが、力だけが勝負を制するとは限らない
          /    / /    /| //|   | .| | |  \:::::|ヽヽ  ヽ
           /    |::::/ /__|----/--| | ::|::::|::::| :::| \|::ヽ\ :ヽ
         | |  | |::::/  /::::/|::/|/  | ::|::::::|::: | |--__| ::ヽ:::V ヽ:::ヽ
           | | |::| |::::||  |:::::|,- T!!| `> /::/:/:::/__|::::/ | :::::::|::V  :::|
           |.|| |::| .|::|:|| |::::| |:::|!/:::/ //∠ノ|:|iji|'''V /::/:::::|:::|  :::::|
           ||:|.|::| .|:::|::ヽ|\iヽヽ_/       |:し:: | /::/::::ノ::/:::| :::::|
         |:::||::| |::::|::i,,__          ,   ''-- ' - '::/|::/::::| :::::|
           |::::|:::| |::::|:::::::|ヽ     ┌--,     /  ̄::::/:/:::::|:::::::::|
             |:::| ::|.|::::ヽ:::::i:::|ヽ     丶-'    /|::::::|:::/::/:::::/:::| |::|
          |:::| ::|.|:::::::ヽ ,-|.,__ヽ、      _ /::::/:::::|::/::/::: /:::| |::/
            |:|  |ヽ、::::|    ̄ ` -=┐:::::::::/:::://:::/:::::/::/ //
         ,ー--|:|__>| ̄`-| ̄><^i .| ̄`-' ̄/ ´/:::::/:::_,-
        /    ヽヽ   \ー- ̄_,-|-、 ̄丶-- ' ∠ -'- '
       /       ヽ   \ ___   __.|   ヽ     \



                   ━━━━━人と恐竜  大地のおきてに裁かれる命━━━━━



                __
.               ‖ヽ
.               ‖ .ヽ
       _______     ‖  ヽ 「      ___     ___;;;        聞け、人間どもよ
       \  ヽ、_ /´--__i ̄└  ;;;-´~~ / __ ,,/ 丿
         ヽ    ~ヘ -´γ _  | ̄   / ∠_ V  (__,,;;-     そして永劫に語り継げ
        /~ヽi-´`~ヽ┸ / ‖ ヽ   / ̄ ̄Lヽ─  ___iヽ
    ___ /__ ∠__i,___,,,--/  丿 |  /  /~i~ | ヽ─/i
   ⊿ V、/ |-ヽ、/ (  / _/  / / /i │ ´ ̄~~i )      我ら恐竜人は、運命に戦いを挑み……
    ~\ ヽ/|\ヽi---´   i_/ / /  .i_ミ     /      誇り高く……滅びたと……!
   ∠二_/ノ´ | |ヽ ̄~---´´__-/_/    i_____ ,,;;´
     | ┌-´´ヽ|/ 廿--((__○__))~∪    |  | iヽヽ








                  ━━━━━戦いの中に見た一筋の光が、世界を照らした━━━━━



           __
         .-´   ``ヽ
        /  /  #   `ヽ
      / \          ヽ
     / ( ●) ;;# ─    ヽ         人はみんな、自分の物語の中にいるんだお!
     |::  (__   ( ●)    |
     ヽ    (__ノ  ::::      |
       ヽ       .;;#:::    |
      人           /
     /          _ノ
                 |
8: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/16(月) 09:45:01 ID:xtcvnxLE

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/       僕達の思い……お前に託す!
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´
    ::‖ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'
     |    ヽ\         _ノ
          ヽ\      /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \



                      ━━━━━受け継がれる意志と心━━━━━






          ルl ヘ         /.//T/_
           |.:.:l.\   -  .イ ル'レー;;;;;;;l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ー;;;;.._
              _|;;;;;;;;;r'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;___/;;`!       私の戦いの物語は、私の手で終わらせる……
             l´;;;;;;;/ー─一;;;;´ ̄;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;/
           /`ー'´三;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;`ヽ;;;;;|ノ
             〈;;;;;;;;;;;;;;;;Ц;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         たとえそれが、誰かの悲劇の幕開けだったとしても……
              ヽ;;;;;;;;;;;;;丶丶;;;;;;;;ヽ.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            l;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            |;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            |;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|





                  ━━━━━時を越えるたびの果てに、彼らが得るものは━━━━━



               ___
            /\  /\
           / (●)  ( ● )\          ラヴォス……
         /:.   (__人__,)   ヽ
         /::::...          |
         |::::::::::....        /         必ずこの手で倒し、世界を平和にする!
         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_
          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\
        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、
        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ,
        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ
          〈イ 〉""(ヽ  ,;;;/ ̄ ̄\〉
          Y/   ゞヽ ,ノ      >
          ,〈______;;λイ\   ,,,;;;;;;;;ゞ‐┐
          ∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐""  ;;;;;;;;;;〈
         └r,;;;イ'"">   〉;;;>∠ー`く
         _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};;;;   """"\
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___       ___);;;;
   """"""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"" ̄



以下、次回に続く
12:名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 19:50:00 ID:Tw6rmqco
引っ越し乙!
今回のあらすじはちゃんとあらすじしてるなw
13:名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 20:10:12 ID:Gshm8xyY
移動乙!
14:名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 03:45:39 ID:gQWkaV7Q
こんなに真面目な話だったっけか・・・?
15: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/19(木) 23:30:05 ID:MvNP/9Mc
調子に乗って書いてたら、次回がやたら長くなってしまいました……
また分割するか、一気に全部いくか……>>16、どうしましょうか?
16:名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:31:17 ID:cNYOiDj.
一揆
17:名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:33:21 ID:Bv5GfRCs
次回からこのスレは「やる夫が竹やりを拾って弱くなるようです」になるわけか
18:名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:36:22 ID:FWSHt5X.
>>17
古いよwww
どれだけの人間がわかんだよ、それww
19: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/19(木) 23:44:44 ID:MvNP/9Mc
           ...............
         ...:       :.ゝ
        ..:::::     .::::‘=ミ
       ":::::::      ..::::)  ミミ       ..─ヽ
      (二二(三○三)二二)        //:::::ゝ
      б   \  /   つ       //::::::::::/              
       |  θ   θ   .ソ     . /.し:::/
       .|   ..⊂⊃...  /      / ../   
        ∴∴r⌒ヽ∴∴     /し/   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∵∵∵∵∵∵   ./.../    .│
     ....──゛∵∵∵〃─┬/./       < >>16 把握
    │ \ ヽヽ  〃 ./t┘L.        │
    /  ィ   ヽソ/ ..イ   7         \ 
   /   ‖   // イ\   \           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


土曜にいけそうな、感じがしないでもない……
20: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/20(金) 00:03:25 ID:VF48p26c
■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼
                     _
                     〉ヽ-、
         <^ヽ 〈\  __  ⊆_ く、
          }  |  )ノ<、 ヽ 'ーっ <         _____
          {  7    レ' ハ └‐′      /÷ニニ\
          \_ノ       ヽ、つ        /\  /   \
                            / (●)  (●)   \
                             l .:.:.:(__人__).:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                             \ .:.:` ⌒´.:.:.:.:.:.:.:  /     【やる夫が竹やりを拾つて弱くなるやふです】
      ∠ ̄\∩                   /⌒          ̄\
       |/゚U゚|丿                   |   ,、           ,、  ヽ
     〜(`二⊃                 |   ||          ||    |                    X
       ( ヽ/                 /  ‖         /  /               ∠ ̄\∩
       ノ>ノ    ∠ニニニニニニニニニニニニ(ノ)))ニニニニニニニニニニ]___)ニニニニニコ             |/゚U゚|丿
       UU                   /      _,--‐--、   ヽ               〜(`二⊃
                            __|    /     ヽ    \               ( ヽ/
                              (___ノ          ヘ    )               ノ>ノ
                                           `ー‐'′              UU
■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼■◆▲★●▼
21:名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:07:41 ID:1TBw59xI
DQ1と聞いて
22:名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 09:12:48 ID:rvmdKAZM
なにこれかわいい
23:名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:17:12 ID:0hSg4sCw
俺の麦茶返せww
24: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/21(土) 01:07:24 ID:PA4PSzNs
このまま何事もなければ、今日午後九時開始予定
25:名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 01:57:05 ID:MBbIY25g
了解した
29: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/21(土) 20:49:18 ID:PA4PSzNs
:::::::::::::::::::::::::::::::: : :: :: : ::: : :           ヽ   ココマデノコトハ 
:::::::::::::::::::::  _ : ::            タイシタヤツダ  ヽ  i  
::::::::::::::::::  (  .>           \ ヽ     i゙i゙"i"i゙i゙i   ナ、ナンテチャクラダ
:::::: ::: : : :  目   ゲイジュツハ         ,ヘ,/ヽへ ニl l,lニニ   ナ、ナンテチャクラダ
::::: : : :: :  /.三ミ、 バクハツダロ   \   |;;//^ ヘ)) ミ゚ -゚彡/ Λ∧
: : : : :   ( ゚ωV) ……ウン          i;;レ ゚/-゚リ l゙Y ̄~フ)( @
___ l⌒i⌒⊂)___       ヽ   リ「~`Y´フ./~| ̄l~| ∩
    / ⌒'⌒    /         \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄
__/_____/||           ||\_____\_
_|||_____||/||          ||\||_____|||_
  |||   し し   .||  ||          ||  ||          |||
30:名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:02:05 ID:W4R.OhDs
お、始まるのか
31: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/21(土) 21:04:42 ID:PA4PSzNs
・長すぎる。
 単純にテキストファイルのサイズで言えば、前回の約3倍あります。馬鹿か俺。
 まぁ大型AAがかなりの数あるので、レス数に換算するとそれ程でもないのかも知れませんが。


・長丁場になると思うので、途中で眠くなった人は寝てください。
 気分が悪くなった人はすみやかに休んでください。明日の学校・仕事に影響がでないように。
 パー速でやってたら、夜が明けてたろうなぁ……
32:名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:05:47 ID:JbszKQ2c
楽しみでゲス
33: ◆EpIUEdpybQ:2009/11/21(土) 21:06:34 ID:PA4PSzNs
・あまり重要でない場面では、ぽんぽんレスしていきます。
 逆に一押しシーンではゆっくりです。適当に突っ込んでください。

・続きです

“やる夫がドリームプロジェクトなようです 第24話 「ラヴォスの呼び声/3」”の続きを読む

スポンサーサイト



最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.