2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2010年01月24日

やる夫がドリームプロジェクトなようです 第27話 「時の卵/1」

2010.01.24 (Sun.)
169: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 02:03:53 ID:IVLDnsTc
「面倒を看るようです」が終わってしまった……明日から何を糧に生きていけばいいんだろう
170:名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 09:09:27 ID:HsdsomSY
このスレを糧に生きてる俺が通りますよ
171: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 20:29:05 ID:IVLDnsTc
こんなスレをそこまで求めてくれてありがとう御座います
そういってくれる方がいる限りは、頑張ってみようかなと
177: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:05:18 ID:IVLDnsTc
・続きです
178: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:06:21 ID:IVLDnsTc
                                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                  Yaruo  seems  to  have  been  entrusted  with
                                          ,,,
                                           lll    __________、        ,,llllll,,、 .,iilllllii,   lii,llii,llllii
    ヽ   /  |   い        \     \      ,,illllllill|   |      `゙'-、   .,lll,,,,,,lll:  ゙゙,,,llllll   lll: lll| :ll|
  |    \ /  |  | ヽヽ    \    \    \   lll° lll    .|  |^^^''''、  l  !ll, .   illl’.,,lll  lll .lll| :ll|
  ト    \  |  | ヽヽ     \   ヽ    `,   .゙ll,、,,ill   ,!  .,!   /  !   ゙゙゙lll゙゙`  ゙゙゙゙゙゙゙丶 ゙ ゙  "゙
   | ゙'-、.   \.|  .|  ゙'、 \     \   ヽ    ゙'   ゙゙゙ ゙゙'!!   |  —ー''"  ,ノ           !!                    lii
  .iヽヽ ゙'''iヽ  \ ヽ  ヾ  \ \  \  ヽ         lii,,llllli,、   !  ,i 、 .〈゛    ,,lllllli,,      iil   ,,llllll,,、   ,,lllllli,、   lllllllllll
  i .ヽヽ l  ゙i-、  \ ゙', ゙',   \-、.ヽ--ヽ  ヽ       .lll° lll、  !  !  ヽ  \   ,lll  .'lli、     lll  .,lll,,,,,,lll:  ill「 .゙゙`   :ll|
  i  ,.ヘ.ヽ |  いヽ  \', ゙'.,   \ゞ、,ヽi<''゙゙ ̄i ̄',゙'i   llll, .,ll″ .,!  .,!   ヽ  ヽ.   !ll, .,ill:     lll   !ll, .    .'lll, .,il!    lll  、
  i / l ヽヾ', ゙',',ヽヽ ヽ\\\   >‐-'゙」、\ | i ゙i   lll゙゙lll゙゙`  .l____,!     .ヽ____;;,  ゙゙lllll゙°  .,,,_,,lll   ゙゙゙lll゙゙`   ゙゙llll゙゙`    ゙!llll゙°
  i l l \\ ',',ソ、ヽ ヽ ><\\<゙r'゙゙゙ ̄ ヽ,.ゝ-ー.lヽ  '゙°                           ゙゙゙゙゙’
  i l  l  \\こy'\> yゝヾ--ヘ ゙゙]\`  '`rミミゞアi'┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  i l  ゝ ヽ入<\\ | ハ〈≦へへ入    '゙l ::::: | ' | <  Y \      ヽ\  ヽ \ ヽ  ヽ
  i i ヽヽ \ ゙'-\/‖《 /( 必 )ソノ 〉   ゝ;;;'' '' .|ヽヽ   ./ ___  .'-、. \ ヽ \  \
  .i i   \ \ \ゞソヽゝ---<ソト'    , 、、、、 |\ \ .//—  —\  ヽ.   \ ヽ
   i iヽ ヽ ヽ  ゙'-、.,ヽ -┐ヘ\ソ/         l  \ / ●   ●  \  \rv''゙リヽ\
    iヽ\ \ \  \゙゙゙゙'-ゞ、ハ<\     .,    /┐,;;=''''|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |、   ハ ./ ヽ
ヽ   いヽヽ  \ \ ヽヽ  》| || | \  <.. ゙  /r-''゙<   /⌒l       ィ’ |  | .v \ \
 \ ヽヽヽ \  ヽ ヽヾ\ 《.| .| |  rヽヽ  /r-<入_ノ\ /  /       ヽ l  λ lr、 ヽ ヽ
 ヽ   \ \ ヽ  \ \ヽヽノノ レ'  |-ヽ< 丿 ソ .ヽ  .|  l      Y  |.l.ヽ/ノ / .l \\\
\ \ヽ \  \ \  ヽ \ヽ <    >入/ Y''゙゙   )             .l./,' ./ lヽ
\ > \  \ \ゝ--ヘ \  \ 「゙フヽ (  \ヽ く. ( /`l     ,.-<゙λ     .l /r、l\  \
ヽ / \ \  \\ヽ  \\  \ゝ->入ノ>|ヽヽ `> フ リ    / ノ ./ .Y/  | ‖ .リ  \
  |  \  \  ヽ\゙'-  ヽ \   \( くr-ハ ヽ ゙/  /   / / /  ハ  i ハ/| i>‐、 ヽ
  \  ヽ  \\  \     \   \ ) Yヽ ヽ/  /,,.、='" / / / ',  i   〉 .l  )\ \
 〈゙'-'゙)   \  ヽ    \    )\  \ ゙''゙ /   ./''   / / /ヽ,,.-、 i  l  〉 /ヽ \
  .l  ゞ--\ 丶 \ ゙'-、゙'、゙'-、(ゝ-->   \/  /      / / / .ノ    /  ゝ、\
  \     \  ヽ\゙'''-、、、゙'''-、、、 \ヽ   \          /'''" / (   /    ノ\
179: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:07:23 ID:IVLDnsTc


             / /  i/ /    l  /ヽ  `ー、  ー   :::::/  l  ヽ  \  ヽ、
            / /    / //   l /  ヽ 丶ヽ、 _  .ィ.´ l.  ヽ i ヽ   l    l
            l i   ノ//   , -‐ 、ーヽ ヾ⌒(⌒l,⌒r    \ ヽi  ヽ /   l
            ヽヽ,-'/     .r'     l  .)   )‐'-''i`ヽヽヽ,-‐— - 、ヽ  iノ   /
            /  /    i"`‐´゙'.‐、,r‐、  l/  /lー 、 .,-、ヽヽヽ、,    l、 \i   /
          /   /、 l   ヽ     ,-‐'  ィ. |o|  ,,,,_ ヽ ヾ 、ヽ 、/7ブ、.   i  /
          /   / \l    l    /   メ‐"|⌒`‐-i" i´`i  `  
┌────────────────┐
         l   l   ヽ   i  /    /    |  |  |  | ヽ     │ 私は生まれたときから王女だった  │
         ヽ   ヽヽ  ヽ  l\_l.    l.  _,,ノ        丶  └────────────────┘
           ヽ  ヽ ー 、\. i  .\   i   l        ,  〉    l /   l、  ヽヽ
            ヽ  ヽ-、 、 .、i    l 、 、    l.       /、r'/    /   /   ヽヽヽ、
             l   l  ヽ l   . l ヽ 丶   l      ,(/    ./   /l  l i   ヽ\ \
            ノ.     l  l iノ  ソ l ヽ ヽ   l     | )   /   / .l   l l    l  ヽ ヽ
        ー-tー'  /   l  ,ー'   ノ.  i )  ヽ  ヽ    /(   ./   l  l  l l    l   ヽ  \
         ` ̄ /   / ´  - '    ソ    l   ヽ.  /  )  /).   l  l  l ソ   ノ    l   l
          /   /      ーー ´   ノ    _ヽ/  (   /(l    ヽ l   l /     l   l
        ー'              _  _/、   "/    ) /  )ヽ    ヽ  l/       /  /
              /    ,-'  ̄    / ヽ     ,," ( /  (  ー 、_ ヽ      /   /
              /  /   |      /   ヽ       )":.  )  ヽ   |  ̄ ー   /  /
180: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:08:04 ID:IVLDnsTc


                                       |>
                  ,. -.、                    γヽ  l>               -.、
                  /':':':':':`.、                    にiコ,、∧             /':':':':':ヽ、‐-.、
              _ノ':':':':':':':':':':': ー、             A l/ヽrヘ!lll_   _    _,...-‐':':':':':':':':':':':':':':':':':
            ..:'´':':':':':':':':':':':':'_,. -‐:.'´`ヽ   _     ...、iY´`ニlllヽ^i Yl ':':':ヽー:.'':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':
          -‐'':':':':':':':':':':':':':':':´':':':':':':':':':':':゙゙ー':':':.`   |:!:::、\}l:Π::ー'r-ヘ,、   `
             ...  .:.     ..:::               i:::/:::::、:::::ヽ::::::::::lニl=|    ::    ..:   ..
           
┌──────────────────┐-'ニニニニl
           
│ 建国千年になろうかという王国の王女  .│:::i!:::i:::l:::|
           
└──────────────────┘::::::::l:::::、::i::|_   ................
                            ▲__ ∧==〈〈;;l:::/:::γヽ::(;;''):::〈::|-、ヽ
                          /l    l\_ll二 '''ー| 「ニニニニニニl^l-' i      ..:.
               .:::::::..........       ▲lヘニヽ  :\ll ヘニヽ||_.| ヘニヽ,-、,-、l :l  l\▲_
                         /ll\ー' ヘニヽヘニヽ ヘニヽヘニヽ' ヘニヽ ヘニヽ /i _ ヽ
                          / /||  \▲ー'  ー'  ▲‐'   
┌────────────┐.:
                     //:.:.\   i l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄
│ 定められた私の枠組み  .│
                      ,< 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ/ヽ二ヽ——l__!——
└────────────┘
                    r〉 \ニニニニニニ |__|_::l_____く二二ゝ_____| ̄O| /::::::::::: ー- 、
                ,. -‐':::::\二二二二二|  :|:l二二二二二|  :|:l二二二二二iー‐i::::::::ヽ:::::::::::::
          _,. -‐'' ~::::::::::_,.-‐'::::::::/:::::::::::::::/::|  :|ノ::::::ノ::::::::::::: : |  :|ソ::::::::i::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ー-、:::::
          :::::::::::::::::_,.-‐'::::::::::::::/:::::::::::::::::l:::: ー‐':::::::::i::::::::::::::::::::ー‐':::::::::::::l::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::\
181: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:08:41 ID:IVLDnsTc
                              __   -─- _
                          -=ニ二::::::::::::::::::::::::::::_>
  
┌──────────────────────┐:::::`7
  
│ それ以外の可能性は全てはじめから存在しない  │::::::厶
  
└──────────────────────┘-、:::::/
             `''、 ー=|         |:::::::::|l:::ト〈    } Ⅵ }::/
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_       lハ::::|「`Y、 ¨´  `y'´ ̄ ̄`i
.  ,-=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ       ヽ个‐' _ .ィ  // //   ヽ
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|         V ノ> 、__.. </  '     {ヽ           ‐、ー-‐‐=ミヽ)、i_
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|               / /      ∨        _.ン'"¨´`          ``ー、
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|                |         }       フ         _.-' " ~`^'`、
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/.                    l         |     r'´          j       ヾ
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                 ′           |     ノ        ┌‐'′        .{
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                〈     /    |  .   `┐  ,ィ!,_,n_  _iノl_.ハ__.r、_     }
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡.
┌───────────────┐  /     |      `┐Y^ー-、`ー`,__.='二..  `7 /ヽ.〈
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡.  
│ 父である王も、側近も、教育係も  .|               `ヘ '''てl    ..上ノ  j レ'j } (
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|—
└───────────────┘               ',  ̄          :   ~_.ノr′
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl                       .         ',  〈-.      :  〈 _r′
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/       
┌────────────────┐ -_‐‐    / .l′
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|            
│ 私に王女であることのみを求めた   │、      , ´ _.」┐
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|          
└────────────────┘l`ー‐_'_´. -‐彡´ 〉- 、
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|                             . -‐''ニノヘ _ イ「  ̄  r<´  ∠ー- ^`'ー-
182: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:09:17 ID:IVLDnsTc

               |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
               | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
               |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
               |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
               |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
               |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
               |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
               |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
            
┌──────────┐   |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
            
│ 難しいことではない  │   |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
            
└──────────┘   |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
               |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
               |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
        ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
       ────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
        ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                                 〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                                  |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                       
┌───────────────────────────────────┐
                        │王女に必要なものは、王族然とした振る舞いと「はい」「下がりなさい」の二つの言葉 .|
                        └───────────────────────────────────┘
         ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
       ───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|-|───┬─────‐:r───
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
           \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
183: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:09:53 ID:IVLDnsTc

                     V \,,iY ´   , -  ヽ! i/ i ヽ ヘ ヽ、ヽ    ',     `ヽ
                      ヽハ 《リゞ、      ./r'i !、 \ヽ  ヘ ヘ   '、      .\
      
┌───────────┐/ ハヘ`フーァ-イ |、 ! ィ!´ ̄ ̄ ̄`i!ヾ, ,,,  ー - 、     \
      
│幸いにも、私は優秀だった |i! / i ノ`i弋! /|  ヽ/ >'        ', ヽ `ヽ   \    ハ
      
└───────────┘/ i! ! / y'_ -!‐'ナ /          !\         \ \  ヘ
                / イi /´i  !/  //!< >!_ > ノ /          ハ  、ヾ  ト   \ ハ  ',
                /ニヽ i  !  / ヽ' ! 夂 > ー'グ        ,へ   \ ハ ', ! ヽ  ハ !   i
                》`ヽ ̄  ',_//. / V/ ゥ 7_ ,,r!   /!、 ./  /   .>   i ノ  ソ  ヘ   i!
                  ハ ヽ入   / i_/ミr vョ' r上
┌─────────────────────────┐
                  ハ  _ /己>>/i <ニ │ 求められたとおりの受け答え、求められるとおりの姿勢   .│
                 ',  ! L>   i/ / ヒーニ,└─────────────────────────┘
                  >.>_>/    i|  i  y⌒t-'´   /    >  -=ヒ''|   \ \    !     !ノ
                <_、_!     i!|!,/ト-'             /´ ',     !. !   \ \  ノ    ノ!
                / //、    | ,,yイ          /    i    i ハ ノ   `ヾ'、   /!'
               ,' / ' |\ .  | ! i             / ヘ,  |     | i .  / !  ` ー、
            .  / /   ヘ ! rヽ、 ! |_v          /  ヘ\|    !i  /   i   /
                  /, '  / /
┌──────────────┐i    入,/    ノ  /
            ./' . / / !
│ 全てを完璧にこなして見せた  │!   | ヘ      /
             ,'   / ,' レ'
└──────────────┘ト、  i  ハ  < ./
         .  /    /i ! i!.  /  / ! |人  ',       ヘー 、  ', ゝ !   i!  \
184: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:10:19 ID:IVLDnsTc
 ,   ,:‘.                       ,:‘., .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::
 :::::                       ,   ,:‘.          。             +   ,..
...     ::                    ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘         :::::::’’  。...::::’’
 ,:‘.  .                     :::::  :                                     +  :::
                              ::      
┌──────────────┐
; ', . . : ,:‘.                  :    ,:‘ │ そこに「私」なるものは必要無い .|
      ..:::                   .::....     └──────────────┘            ..;....
......                         ,:‘.    ..::..           。            ...         .....
 :::::::’’  ゜...::::’’                    ,   ,:‘.  + , .. .              +          ’。  .......
,:‘. ゜   .. . .                   ,:‘. 。   .. . . :::  ' ,:‘.   , .. .    +  。  , .. .    +  . : :...
                            ,   ,:‘.   ..           .   . .... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘.
  ,   ,:‘.   ..           .   . .... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘.            ,   ,:‘.         ....
 ,:‘. ゜   .. . . :::  ' ,:‘.   , .. .    + ,:‘. 。   .. . .                                 , .. .
           + , .. .             :::::::’’  。...::::’’                    ,   ,:‘.        ..’
,:‘.    ..::..           ゜       ......                              ’‘  .......       ::::::
.::....           
┌────────────────────────┐          。   .. . . :::  ' ,:‘.
:    ,:‘     
│ ただ求められたことを忠実に実行する、魂の宿らぬ亡骸 |              ,:‘. 。   ..
::              
└────────────────────────┘              ,:‘. 。   ..
:::::  :                       ,:‘.  .                               . ..   ..; ', . .
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘...     ::                              . ..   ..; ', . .
,   ,:‘.          ゜           :::::                                  ...::..    ......
      , .. .    +      ゜        ,   ,:‘.                       ,:‘. 。   ..    。...::::
185: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:10:47 ID:IVLDnsTc

       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / / ¦  l  |
     |/ // / / |/ 7⌒) //—廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |
      | ,′|  /、 / j       `ー—く/     }'´ / l  |¦ |  `、
      | ! ル / ∨ /
┌────────────────────────────────────┐
     ,ハ「 / / / レ .
│ 自分という名の『人形(ドール)』を、『幽霊(アストラル)』の視点から眺めているよう   .│
    (   l/ 厶-‐'´  
└────────────────────────────────────┘
      〈 {            }     , '´  /  / l|  リ /  | |  l   ヽ、
         ヽ>⌒7  r冖、乂       ,′   /  ,  / ,   }/  l} |  |      \
       /    `ー┘  r┘    l   イ  / / / , /   ,' |  ヽ     ヽ _)-—¬ニニ¬ 、r、}rヘ
      /       ,    `⌒)     |  | / / / / /   /  ハ  \     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
    /         /     /`ヽヘ__〉  !  / / / /   /  /  l    }   /    /   、    l くハ |
.     i        /       `ヽ  ヽ   |  / / / /  , ′ /  l|   /   ,′ , l !   , |  、 |  l l|
   |  ¦  //         /    ト、! ,' / ! ,′/  /   八  ,′   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
    l     l  ′       __/      Vヘ∨ { // {    /   /  `ヾ    | |  l | ¦l7/斗‐r、 | | | |
    /         、 `Y´      ,  } ヽ\ ヾ、  `ヽ           |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
_/   /       }   )     / /   l l                 ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
`ヽ、  _/_   ┌个ぐー'´  ¦  ′`ヽ、_ l |                 / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
   ` ┘|  `ヽ_ノ |  }  __」_   \   / ! 〉              .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
     l        |  ` ̄| 厶-、/丁ー′ レ'′               l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
186: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:11:29 ID:IVLDnsTc

                              
┌──────────┐
        ,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,         │ ふわふわふわふわ   │
         ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):      └──────────┘
                ''  '.': ;,::. .  ..., ;)
         .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;
        .''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''
        -'' ' '   ー'' ー  ''' ''                          .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                         .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                                     (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                                      (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                         ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
               
┌──────────┐              '' ' 'ー '''  '' —''' '' ‐-''
               
│ ふわふわふわふわ   │
                └──────────┘
187: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:11:48 ID:IVLDnsTc

                     /  八  V )} ノ丶   r丶   ィ |   ',  ∨ i´ |
                   / /  /  \ ヽ く /r'≧ ´  <)ーァ∧  ヽ  \li |
        
┌───────────────────────┐ 丶 \}
        
│  何も思わず考えず、ただ漫然と機械的に動くだけ ...│丶     ヽ
        
└───────────────────────┘\) ヽ     }!
                  }  V'  } }  }      丶ヤ> __<リ      l      八
                 人/   |/   |        V^L_〉 〈       }     /  ヽ
                 /    /   ハ       / ヘ j  !         ′ ,'  /   ハ
                /  /  /  / \     /     }      /  / /   / }
               /   / /  /    ,'∧/  〈   、__ ∧-‐'  /″   |   / /
                  / ′  l!/  /
┌───────────────────────────────┐
             | l    |    ,' │  それを苦痛に思ったことなどなかった 退屈だと考えたこともなかった  │
             | l   }   ! └───────────────────────────────┘
             人 ヽ  j   ヽ   }  ′ / ∧   }    {   /   \  丶  \   \
188: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:12:04 ID:IVLDnsTc

  __..  /  / .∧|  ヘ. ヾ((.イ !_!_i__!_つ )′      'イ / ハ:  \    `
      /  /  i!爪   \. ゝ=Y´r'ニ Y`Y′      '⌒)j/√ ノ  _)_   \
     ′ ∧  i! |! \   \ 〈 《 f少入j!       ( ( // (__ノ´    `ヽ  `ー- ..____
   /   .′ 、! |   ゝ ニ=- ゝ_ー_てン!   - ´  /:) `ー 、          ト .._      ` 、
    
┌─────────────────┐´  __ノ       / |  ` ̄ ¨ヽ.  \
 .′ .
│「動」が無ければ「静」は確立されえない  |  ( ⌒!      /    ヽ、   \   、   \
v'   
└─────────────────┘ ⌒′|       ′      7    \ \   \
′   .′     .′       /   /`ー‐'"    `て  ト、_ノ       ′      `…‐- _ )___.)     \
   /     /       /    人__rz      f⌒'´|       )     /   r' ⌒ヽ.._r‐、__r 、__,.ゝ、   、 \
 /      /       /ー…'"  /〈   代__j‐┘ | l⌒  ´    .′  ¦    )\  ヽ.    ´ ̄ ヽ ヽ. \
.'     .′ /       i/       / /`ー く   7 ∧ ー┐.へ、 / r_‐_、_ノ .'⌒'´            /  i!   ヽ
     ′′       /         { レ'⌒ヽ 
┌────────────────────────────┐
    / /        /         ._r‐z-r'`  │ 「動」の存在しない私の世界にあっては、                  │
   ′|      ,.イ           〉 _,. イ´
│ そもそも自分が「静」のなかにいると知ることができないのだから │
__..ノ  i!   / ノ          / (___ /  └────────────────────────────┘
    i  .′(  ̄ ̄ ̄`ヽ.   /Y⌒y′ ィ'      / `ー┐ /1   ヘ/  ,′          V' /  ′      i   、
    | ノ  _)     \、_j  /____)/ / |    .′    し'`′  i/  /   /       ¦′/         ゞ._   \ ___
..-‐─┤ ⌒)(         \ (    し′ |  '  /     , ′ /⌒´  .′ ,.′      ノ  i            ̄ ̄     ` 、
    l  j⌒ヽ     ヽ.  ! `ー-v'    | ! /      {  イ       /  /    ‐…      、                   )
189: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:12:26 ID:IVLDnsTc

        ;';:',:'.:';';:',:'.:',:'.:'爻彡爻爻彡彡彡彡!;';:',:'l       {,:'.:'Y,:'.:',:'.:',:'.:',:'.:';';:',:'.:';';:',:'.:';';:',:',:'.:';':.爻彡爻彡彡ッ
        ,:'.:',爻彡,:'.';';:';';'爻爻彡彡彡'⌒´;';:';';:'lリ゛     ヾ弌_j:Y,',:',',:';爻彡'^;',:';',:';',爻彡彡;',:'爻彡彡彡'′
        爻彡,:'.:';';:'xッ爻彡彡彡'´;';:':;'l:l;l爻州リ_,      
┌───────────────┐
        彡;';:','x爻彡彡シ爪;';;';i:i:i:i;i;i;i;i;ッ爻彡⌒        
│人形劇(グランギニョル)の傍観者 .│ッ爻
        ,:厶辷彡゙⌒^´ ⌒ヾニ圷爻彡彡゙⌒ r -──- 
└───────────────┘彡ッ'
         |il ,、           `Yl|i<^        ∨     ∨               に、 l{_, }  `⌒YlY⌒¨´
        li Nシ             Niレ゙        │o   o l  _           i%)} jl:「 /L、   !iljワ
         l |.      
┌──────┐  _>ー┐ <r〈_,ト、            !l  rr|<シ⌒`'   !|!|
        l _j{, 、 ィッx  
│ それが私  │ (_《_L厂!  .(_フ〈_ノ            }l  _川'¨,、ィッx:、」j|∟、
        { %l.':;}L_':.':'ミx
└──────┘.__j_i_j__[匚__j:____、ィッx:、_! i'@’j,:'.:ミ;';,:'.:'..'.'.'.ヾ⌒ヾ
        f《d/シ'^`.:.:,:'.:リ:,:)',:'.:',:'.:','.:',:゙ (,不ミ廴人__人__人__人_,ノ爪_}}),:'.:':r小ぐ^l_,|,:'.:',:'.`ヾ⌒ヾ!,:'jミミ
         l:レ′,:'.:',:'爻彡'⌒,:'.:',:'.:':x' ノ リ羽羽羽羽羽羽羽羽羽羽羽|ヘく:'.:',:'.`丁イ  !{;';:',:'.:':⌒:'.:',:'.:',.'.'彡
        M:!,:'.:',:'ッ爻彡シ,:'.:',:'.爻彡!',:`Z」ミ弐云云云云云云云云勿乢√',:'.ィ爻j l l:N;';:',爻彡:'.:',:!.:'爻彡
        li !j_爻彡彡',:'.:',ー爻彡彡ミ.:,:'.,:'.:`¨lll|│ : ! i   i   : │llll¨´,:'.:爻彡」|l !j: l !j_爻彡,:'.:',:'.爻彡彡
        ノ从Z_⌒^゙ ̄^⌒^´ ゚̄⌒^゙¨ ̄´lll|│( ゚ロ゚)    (- ゚ )│lll|^^⌒^__,フリ从ノ从Z_゙^"⌒¨ ̄^⌒
        爪jヾ{⌒ヾ: :': ; : : ; : :'; : : ; : :': ; : :';lll|│c  b    c c)│lll|: ; : :⌒フr爻人爪jヾ{⌒ヾ; :' : ; : :' ; : :
        ^7⌒T⌒ヽ/⌒YニV⌒7⌒YTア工j乢ィ{ Llノ─zr‐(.ハ_)‐<j乢ミv'⌒Z⌒ニ7⌒ン'⌒V⌒7⌒7X⌒Y^
         ゙̄^⌒ ̄ ̄^⌒^´ ̄`^ ̄⌒´,.イ羽羽羽羽羽羽羽羽羽羽込,_` ̄^⌒´ ̄’ ̄⌒ ̄^ ̄⌒^⌒¨´
                         └┼┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┼┘
                           │冊冊冊冊冊冊冊冊冊冊│
190: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:12:41 ID:IVLDnsTc




                      
┌─────────────────┐
                      │キラキディアという人形の、全てだった ...│
                      └─────────────────┘




.
191: ◆EpIUEdpybQ:2010/01/23(土) 21:13:06 ID:IVLDnsTc



                                 第27話 「時の卵/1」


.
192:名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:13:15 ID:rtNtZ2yQ
お、始まった
195:名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:16:53 ID:uA.fiRQ2
ついに時の卵か

“やる夫がドリームプロジェクトなようです 第27話 「時の卵/1」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫と危険な住民たち 第13話 その3

2010.01.24 (Sun.)
1: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/20(水) 22:00:44 ID:8kyiNnfs


                              【やる夫と危険な住民たち 中盤戦  弐】


             __ ,. ヘ            前スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259925949/l50 
          _- 7´:: :: ::/ヽ:: ::.\
         「:: ::└—:: :: :: └—:フ\                   
        /:: :: :: :: :: :: :: :: :: __ :: ::\       / ))  
          /:: ┌ュ :: :: :: ::,.. - ,   ゝ :: :: ` 7ー/v∠_         __  過去話の閲覧は下記のまとめブログ様で
        ヽ: ┌i .! :: ::/   l   ヽ、:: .i::、レ、:: 〃ニヾ _, -—  ̄__ 
          ゙ヽ|  | ::/ /      _L -´L |::::| :: ,. - ' ヽ、_><´ ̄    /
         ,ゝ|  | i  i   ヽ   i ,. ヘ { l::::l二, --':: :: :: :: ::l     /   《スペシャルサンクス》
          >| 「l|  l -ー仁ヾノ i:::ソ トl::iノ へ:; :; :; :; :; ノ     /  
        >ヨ !l lヘ ヽ  ( i;j ,  ´ zミミ=,、 ┴ 、:; :; /    / /  ・やる夫之書様 http://yaruobook.blog66.fc2.com/
       」´`i ∩ソフ、_ >、_ く ) ノ-i <ニツ :: ├'       / /  
 ミ、、_ _ゝ Lソ l トーン=-ゝ_ノー-゙┌ーy' k  __ヾヽ ∧_,--/'l //_,.  ・ヌーそく様.   http://gnusoku.blog41.fc2.com/
   ゙ミミ、、二ヽ;: : |:: / `ー-≧ 」 ̄ ̄〉l ::/ /_{ノ´ソ:: :: :: :: :: |/__ 
 -———  _ヽ:: :: _ ≧ ̄ :: >ー‐' :: ヽ'/ :: :: ;i゙ー、( :; :; ::;_//      ・やるよみ-Yaruyomi様 http://www.yaruyomi.com/
 > —〈 ̄   〉==´/ :: :: :: :: :: /:: :: :: :〈:: :: :::ノヾ \ :;フ´ /      
二 ——'   人 ;; ;; \ヽ ̄ ̄ッ :: ,. へ 」:: :::ヾ\⌒\)                          ____       
          ,、-ゝ、;; ノ ̄ヽ<:: :: \;; ;; ∨;: ( ミツ\(,_\ー' ゙.、                       {'‐---‐'}      
        〃シ= }/ 、   \ ̄ ̄ ー、-|⌒ヽ ゙/´`◎' ヽ {ヽ            _,- 、        |i{ || }i|      
—- _   トッ ノー ':: \   \-、   |  /   /`)  ツ        ,ー'``´/ヽ└ 、     |l_ヾ_ノ´l|      
_     ̄ ー≦ — -、_\  \  ̄ コ/\  / /、_ノ        f" ー、,,v´))ーi  l  ,:'´ ̄___,,三ヲ      
 \_           ー\  \  ,.く\o /ー::┴::  ̄ ̄:: ー- 、   't;, 、〈 ヽィァ∨)ノ/`‐∠l`゚´l`゚´|〕      
    /ー—— ---- __ \   \  \/ノ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:       \,;'tァ ゝ_ !`゚/  .:.:/,_∧ ─ ,ヘ_,     
  /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::< ̄ \  @\〈_ |:: :: :: :: :: :: :: :: :            心 _ '´' ! /\__/ ,゙-/lヽ__,イヘ`゙,ニ`、   
/ :: :: ::,.ヘ _      __>-≧-、  ,、 〈 ヽ、:: :: :: .           _,一゚//ヘ ̄/  , ' lー//|lソ  ヽl|`{ニ}`ヽ 
[二ニ=-@     ̄ ̄ ̄          _>〈  ー  ):: ::.. ::         /{  // \ /   、 l // ,レニ三三ニ、 {ニ}`、| 
:: ::/ヽ、:: ` ー - __       __ ノ´:: ` ー' :: :: ::            |  { | l   { _, '  `ノ//(: |l__ _ _l|l {ニ}_メ、
ヘ〃∬´ヽ:: :: :: :: :: :: :: ::  ̄ ̄ ̄ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::            l  ゝ | l   `ー 一'-'| l ヘ`ー'(l)ー''l l⌒l  l
2:名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 22:06:48 ID:9zhl.Acs
スレ立て乙
3:名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 22:06:59 ID:UniSVSjk
>>1
スレ立てと前スレの埋め立て乙ー
4: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/20(水) 22:08:12 ID:8kyiNnfs

【設定 PICK UP】




[四次元ポケット]

見た目はブリーフ。しかしその実体は、四次元空間へ繋がっている夢のポケットである。
四次元空間の広さは想像を絶しており、キュウリから東京都庁までなんでも入る。
そしてこのポケットには、頭の中で想像するだけで何でも瞬時に取り出すことができる便利なアシスト機能がある。
現在はできる夫が所持。


[8/16]


…………よく分からないが…………なんかあったらしい。真相は謎。



[戦闘人]

金持ちお嬢様「真紅」によって命名された新しい職。
生まれてから日が浅いので、明確な定義はないが『強く、たくましく、美しい人』ならだれでもなれるらしい。
今のところ世界に1人、これから発展していくのか?それはだれにも分からない…………


[グロッグ19]

相良宗介の所持する銃。
黒井によって改造され、ゴム弾を装填可能になっている。




[涼宮ハルヒ]

願望を実現させる能力をもつ謎の人間。
それ以外の情報は一切不明、彼女の正体を知っているのは古泉だけらしい。
地球にいる宇宙人の目的は総じてコレ(ベジータ以外)である。
5: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/20(水) 22:16:06 ID:8kyiNnfs

みなさま埋め支援ありがとうございます
かなり助かりました、マジで助かりました。


まぁ、普通なら埋める必要がないんですが……
>>1はスレの最初レス(テンプレ)に命をかけています。あれです、「スレ初め」はキッチリしたいポリシー的なものがあるんです。
…………実はあのテンプレ、作るのにAA選びとかで結構時間かけてるのですよ。




やる夫の婚約者ならすでにいるじゃないですか、ツナギの似合うイイ男が。






そんでもって…………


         _               , - ´  ̄  ̄`ヽ
        /  " ̄`ヽ_,. -──---、 _/: : : : : : : : : : : ハ
       / : : : : / : :´: : : : : : : : : `: :ー .、: : : : : : : : : : : \
     ∠" : : : :/: : : : : : :、: : : : : : : : : : : : \: : : : :  ̄`丶 _>
  .   / : : : /: : : : : : : : : : :\: : : : : : :ヽ: : : : ヽ: : : : : : : : \
    /: :/: : : : :.,: : : : : : : : ヽ 、\   \ : : . ',: : : : : : \ \
    ゝ/: : :./│ : : : :/: : . : : : :l: :l; :.丶: : : :ヽ: : : :l: : : : : \ ヽ、\
  . く//: :/: : :. !: : :i: 八: : ヽ: !-ハヒ' ヽ : : : :.',、: : i: : : : : : : { ヽ  ̄
   //l:.i: . ': . . |. : :ヽxl  ` ヽ:l ,z=示ァハ: : : : l:`: :ト、l〉: : 、: \ ヽ
   /ノ|:.l: : : : : :ヽ: イ\    ノ  マ??::i |: : : : ト\:丶、: : :| ヽ|       
    l/: : :.!: : : :.}; :r'乏ハ       ゙冖´ ∧'...l: : : |:ヘ:丶 : |        次回の投下は[土曜日]になりそうな予感
   ノ:./: :l: : :./l: ハ マ:ム ,    /// / │: : /: /\ : : : :|          
  ` ̄ }l、:.ホ、: :ム匁 /´//         /  ∨: \:\ : : \       少なくとも日曜までには投下できます
      ヽ`ーヾ ,、{_\丶,   っ     , '   \: : \ `ヽ: : }        
      l /l::::./|__/ヽ--、-っ   ,        `.ー - 、 ヽj
      i/ ///, 二つー`、_!テ' - イ,         ,. ≠ \
  .        /´--、       l    '          /     ',
         l    ヽ      l            ,イ      !
         |    ノ ヽ .   Ⅵ  弐ん丶イ三ソ,'      ,'
         |   f γ' ヘ.   ∨`Tゞ┴-升{∨       /
          !    l / / ∧     ' , | /く:从:/       /
          ,'   | { l   .',     ヘ l|  /       /
          ,'    l { l   | .',    ヘヽ , '        /
 .       ,'    | lⅥ  |   ',     ∨        /
6:名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 22:39:58 ID:OcDtHIKY
なんか時系列がよく分からなくなってきたから誰か教えてくれ

宇宙でハルヒについて戦争(流石兄弟と承太郎)

承太郎たち地球襲来

やる夫が古泉寮に入居

ドラのポケットが盗まれて腐女子無双

私はムスカ大佐だ



これでおk?
7:名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 22:52:32 ID:8kyiNnfs


ズバリこんな感じです




8/16─────────────────

DIOの策略失敗、追いこまれる

アカギの悪あがき成功。情報統合思念体 2時間行動停止

承太郎地球襲来

───────────────────
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           ↓

       3年くらいの期間

           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           │
           ↓

      やる夫古泉と出会う

           │
           ↓

        1話〜12話

           │
           ↓

 ムスカァァァァァァァーーーー!!!(今ここ)

           │
           ∫
8:名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:00:45 ID:OcDtHIKY
おお、じゃあ合ってるんだな
㌧クス
9:名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:07:49 ID:8ImleR96
ムスカァァァァwwww
10: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/23(土) 21:00:39 ID:Ea9q2wCg
投下します
11:名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:00:56 ID:ssc4/TTA
ktkr
12:名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:01:14 ID:rcAOhUxE
待ってました

“やる夫と危険な住民たち 第13話 その3”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 第13話 その2

2010.01.24 (Sun.)
778:名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 00:49:42 ID:86NLsV6k
乙!!!
まとめサイトで一気に読んできたぜ!!
超面白い!!!!
779: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/18(月) 20:15:25 ID:CjoGSB2E

>>778

そう言っていただくのは、作者にとって喜びの極みなのでございます。誠に感謝です。あと…………





                               (::.::.::.::.::.::.::.::.::.::,  '    `ーく:ト、::::::\::.::.::.:イ  _
                             ヽ::.::.::.::.::.::.:/           ソ\:::::::ヽ::.::八/  `
                             r‐┘::.::.::.::., '              弋:::くヘ::::::::',::__ノ二二;了
   次回投下は                   L::.::.::.::.::.:/                i l^Y_:ハ:::::::i:.ト仆\/:/
                                  ̄}::.::.′         i | ', j YY|ヽ_}::::: |::r‐ハ::lー'
     明日の21:00でございます     _   f¨´::.::.|    i l     | l./!ハ l l (::.|, =ミ:∨ l::|l\
                        |◎|\ ゙┬、::.:!     | l! l!! ; .リイ,ィュト! l! / )jハう} }  l::|l
                        |lニi|フノ\.'/ノ::.:',  | 、ハ_斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| (∧ニソ  j:」ヽ.  
                        \:::\フノ\ゝ__:>、 ト、 \ィ代㍉ ,     | l |:::/      ヽ丶
                             \:::\_ゞ\.fヽへ _>、トヘ     , - 、 | | l ド-─‐-、   ヽ   
                              ノ\::::V/ \|.    | i ヘ.        ∧ lヘ::.::.::.::.::.:ヽ
  __、ェ,__________、-dェ, -、    //ソ|  l:;|ニ)、l´\ │! li`ゝ     ::.::l l \::.::.::.::.:',    
  l| 777 ̄1~ ̄ ̄⊂⊃ ュェ‐‐r、二{_ ヽ // /〈l  l:;|-‐{ }'" ,ノ .' j|    /::.::.::.::.l l   ヽ::.::.::.ヘ
  !lニニニニニニ(,二_E~~~n、-‐-, _ヘ__)   \_,rく .r{|_|/-‐〈.厶/ / __/L. イ::.::.::.::.::._ノノ   }::.::.::.::.ヘ  
          ))‐—了 ̄ ̄ __     __{::.::.:┴‐トヘ -々 j´ ̄ ̄`ヽ::.::.::.::.::.::.::/ ̄Y二 _,ノ::.::.::.:',::.:ヽ
           ゙i_ /` ̄ ̄イ    (::.::.::.::.::.::.::.::.:\>、_`ハ::::::::::::::::::::\::.::.::.::く 丶 \{ ̄´::.::.::.::.::.::.,::.:: . 
           ~~ .  /〈/    )ヽ:,'::.::.::.::.::.::.::.\::.::.:`ト、:::::::::::_/',::.::.ハニ\_`ー ` ー─-┐::ヽ::.
                    / /  ゝ--ァに::.::{::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`:<廴>f´::.::.:__:l::.∧ \「 ̄`¨::.::.…ー─'::.::.::.:   
                 / /    / /  廴:」::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽヽ::.:ハヽ:\丶\::.::._;:.:-─‐-::.:、::.::.::.::.
                  / /   / .′   |::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.::., - 、_人 `ト、ー\丶_> .::.::.::.::.::.::.::.::.〉、_
             _/   / /       `¨¨ヽ、::.::.::.::.::.::.::.::.:(r‐ヘ\rヘ \`ー⌒ .::.::.::.::.::.::.::.::.:::./:::::::::
780:名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 21:04:54 ID:.Zq8fnlE
把握しただろ、JK
781:名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 22:15:36 ID:ibh0gZLk
了解したのだわ!
782: ◆Pqc4e4Eun2:2010/01/19(火) 21:01:00 ID:gq7YExdU


                            <前回までのアラスジ>



                 _┌-.. __ _
                 i=|=|‐--ニi=|_
                    il=|=| 8 o' l=|i|
                  i;|=|=|l/|ill|=|i|
           ...___       i;;;|=|==/|、il=|i|
         ┌'┌- ニニi_   i":|=|==/|、il=|i|           レッグカールヒルズは、皆さまに快適と癒しをお届けする
         lヨヨ|o。 ::|ヨi|  |iii|/「 |:"|、il=|i|
         lヨヨ| ,へ: |ヨi|  |iil/::|=|:"|、|三|`i          日本でも有数の超高層複合施設です。
       _.|i三l_/|:、\i|  |ii|/ |=|."|、|三|=|
      |iii|三:l_/|、|三`、 |ii|/ |=|."|、|三|=|
      |/|≡|/|、|- 、i| |ii|/ |_-、.|、|三|=|          住宅、レストランはもちろんのこと、
      |/|≡|/|、|=|iiii| |i_.-三 |=|ii|`i'"|\
      |/|≡|/|、|=|iiii|_..||_.-=i|=|ii|、i'"|、|、|          高級クラブ、エステ、映画館、アリーナ、美術館、
      |/|≡|/|_,,.‐'ニiiiii:|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
      |/|≡|=|-'''"iiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|          ショップなど様々なトレンドを取り入れた、
      |/|≡|=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
      |/|≡|=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|          老若男女誰もが楽しむことのできる空間が盛りだくさん。
      |/|≡|=|:-‐ii"iiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
        |/::|` |=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|     
        |/::|、 |=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|          ぜひ、家族・友人・カップルそろってお越しください。
        |/::|、 |=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
        |.-'"|、 |=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
        |.-‐'|、_|=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
        |.-‐:|、_|=|iiiiiiiiiiiiiiiii|'" ̄ ̄|`i"|`i":|`‐┐
       |-─:|三|ヨヨヨヨヨヨヨl|└ └|、l"|、|__|iニ-|       『レッグカールヒルズは、きっとあなたを退屈から解放させるでしょう』
       | -‐':|=:|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|└ └|、l"|、|__|iニ-|
       | -‐':|=:|iiiiiiiΠiiiiiiiii|└ └l_.l"|、|__|iニ-|  ______
       |=-=:|=:|iiiiiii|゚|iiiiiiiii|└ └l_.l"|、|__|i | ̄||iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii                      鶴屋グループより
       |=-=:|=:|"| | ̄ ̄l :|└ └l_.l_.l_.|__|i |i_」||iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
       |:i≡i|=:| :| |----l :|:三i三il_.l_.l_.|__|i | ̄|||   |::::::::::::::::::::

“やる夫と危険な住民たち 第13話 その2”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.