2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2010年05月04日

やる夫が力を欲するようです 番外編 翠星石が教える「今日は何の日?」

2010.05.04 (Tue.)
88 名前:名無しのやる夫だお :2010/05/04(火) 00:18:08 ID:5pkzl79g
今日、もしかしたら番外編があるんじゃないかと思うんだ。
何故なら、おっと誰か来たようだ
89 名前:ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ :2010/05/04(火) 01:19:54 ID:SPHaxWzc




      翠星石が教える「今日は何の日?」


.

やる夫が力を欲するようです 第2部「邂逅編」 第2章「戦場」 第16話「騎士」の後に投下された内容です。

“やる夫が力を欲するようです 番外編 翠星石が教える「今日は何の日?」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫と危険な住民たち 第17話 その3

2010.05.04 (Tue.)
186 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/05/03(月) 20:47:38 ID:gXZD2jM2


あらすじ兼今回のキーワード




【横紋会】
腕立区に存在する組織。最高責任者はプッチ。
構成員は300人ないし200人ほど。
3年前に前会長が失踪してからは表立った活動はせず、
一種の地下組織化している。




【取引(思惑)】


シロッコは…………
横紋会と政達を衝突させ、抗争を起こす。
その抗争から住民を危険から守るという大義名分をつくり、警察を動かす。
そして捕まえた構成員を片っ端から地下王国へ強制送還させるのが目的。


プッチは…………
抗争を起こし、プッチにとって邪魔である
「政達」「ルリ」「無能な部下」の三つを一斉に排除させるのが目的。
もちろんプッチ本人の個人的な感情も含まれている。




【空条承太郎】
暇荘が誇る宇宙人トリオの内の1人。
ある特別な目的のために地球に来たらしい。
彼の強さを今の状況で表すなら…


はにゅーん>【森羅万象の壁】>承太郎≧オプーナ≧ベジータ>【地球生命の壁】>イエヤス>【生物の壁】>阿部さん>

【変態の壁】>ドラ>ケンシロウ>相良>ドアラ>【強者の壁】>以下 

という感じ。



【前会長】
「静かに暮らしたい」という理由で家族と組を捨てて失踪。
生きているのかも死んでいるのかも分からない。



【ルリ】
プッチの思惑に乗り、横紋会を捨て地下王国へ旅立った。
今回の出番は終了だが、その内再登場とかあると思います。

やる夫と危険な住民たち 第17話 その2(と番外編)の続きです。

“やる夫と危険な住民たち 第17話 その3”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 番外編『神様の小粋なジョーク 食欲幻滅編』

2010.05.04 (Tue.)
174 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/04/27(火) 21:17:27 ID:Bx8mf/QU
お待ちの方々、申し訳ございません。
諸事情諸々急がしハイテンションで色々でしたのです。

実を言うと書きためはすでにあります。
ただ投下するタイミングが確保できない、そんな理由ですた。
ゴールデンウィーク内には確実に投下……予定。今後ともどうかよろしくお願いします。


あとエターとかは絶対ないです。そこらへんは安心を。
175 名前:名無しのやる夫だお :2010/04/27(火) 21:22:05 ID:/1zadQCQ
お待ちしております。
176 名前:名無しのやる夫だお :2010/04/27(火) 21:26:28 ID:pb6B5bAA
待ってるよ
177 名前:名無しのやる夫だお :2010/04/27(火) 23:12:41 ID:E.LRO5k.
そこらへんさえ安心できればいくらでも待てるよ。
なので無理なさらず。
ここまで色々複線張ってエターになったら悲しすぎますぜ。

やる夫と危険な住民たち 第17話 その2の後に投下された番外編です。

“やる夫と危険な住民たち 番外編『神様の小粋なジョーク 食欲幻滅編』”の続きを読む

「やる夫たちは何かが変わり始めたようです」

2010.05.04 (Tue.)
183 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/02(日) 20:34:59 ID:QZgnUP5K




        ゞ_{ー- 、∧ノ{
       r _ ゞ ≦    ̄ ヽ
        |/r ′ - > -―  ̄`ーー   さて、突然ですが、ちょっとしたトラブルにより、GWの予定が全て吹っ飛びました
      / / .|/  /    ヽ     ヽ
      ム./  /  /   i ヽ  i iヽ  というわけで、憂さ晴らしに短編を作ってみたので投下します
.        / /lムl   |⌒i八 \jヽ  i i      __________
      ノ川|l .|   /7:::::T \}r:::‐rV| |     /〉------------------ヘ   今回もやるやらです
     ノ リノ川   | .、::::ノ   、::ノ リi |.    //  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   30分で作った突貫工事なので粗いのは見逃してください
.        } 人Y|  .i         ( |   //                   /
      ノ   iト|  .|、         ノ |.  //                  /
           八  V> ,__.. イ .jノ  //                  /
          /\乙 ニE7::\厶イ  //                   /
            /:::::::`⌒>‐く::::::::j>r- 、//                   /
        ../:::: ̄`7‐ヘ._)))>ヘ人ノ/〈_________________ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
184 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/02(日) 20:35:32 ID:QZgnUP5K




          ─────────────────────────────────────



                      「やる夫たちは何かが変わり始めたようです」



          ─────────────────────────────────────




「やらない夫が観用人形と出会うようです」 エピローグの後に投下された短編です。

“「やる夫たちは何かが変わり始めたようです」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.