2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2010年12月24日

ちょっとだけ帰ってきたかもしれない「やる夫のいる教室は大騒ぎの様です」っぽいなにか。 『サンタクロース』

2010.12.24 (Fri.)
313 名前:ジャバ夫 ◆A/FiJEA9tQ :2010/12/24(金) 22:54:57 ID:.sCGiKQg





                 ちょっとだけ帰ってきたかもしれない
            「やる夫のいる教室は大騒ぎの様です」っぽいなにか。



                       『サンタクロース』



.

やる夫が力を欲するようです 第2部「邂逅編」 第2章「戦場」 第30話「窮寇」の後に投下された内容です。

“ちょっとだけ帰ってきたかもしれない「やる夫のいる教室は大騒ぎの様です」っぽいなにか。 『サンタクロース』”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫はハッカー兼サマナーのようです…… ──電子と心の檻と澱── 番外編「アクマなこなたのアヴァロン日記 出張編」

2010.12.24 (Fri.)
894 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/11(土) 19:16:21 ID:q.We.cNM
  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::     拝啓アベック殿。       :; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|::::     来る12月某日に         .; ||
 |===|::::                       ! ||===-3
 |∵∴∵|::::      “しっと” を          ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::     お届け致します。     ..|  ||
 |∵∴∵|::::                     i  ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■
895 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/11(土) 20:54:48 ID:9U77H412
アベックどもに鉄槌を!
898 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/24(金) 22:04:51 ID:/A2lX1Wo
 のんびりと投下開始。
Grand Funk Railroadを旅のお供に。
899 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/24(金) 22:05:34 ID:/A2lX1Wo

           ┌────────────────────┐
           │  .御機嫌よう、妖精ピクシーのこなたです。.  │
           └────────────────────┘
                                                 ,r'ニ:二ュ、
                                               (      》
                                       -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
                                         `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
                                        /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                                           /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
                                         '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}
                                        j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
                                         |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
                    へ……へぇ、そうなの。        '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
                                            ,ノ|'::::::::j         u ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
                          .                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
                                        {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}
         ,,==ニ=、、        ┌────────────────────────────┐
        //      ヾ          │    悪魔の出入りが激しいアヴァロンですと、            │
           l|      ,、 `        │   窓口担当だと色々な方がひっきりなしにやって来る訳です。  │
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._   └────────────────────────────┘
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ               ┌─────────┐
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ                 │  なので現在、    .│
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、              └─────────┘
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl        ┌─────────────────────┐
  │ヽ l:/::.l u       ,   ・l:N:.:/  `      │  .ちょっとばかり面倒事に巻き込まれ中です。   │
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./          └─────────────────────┘
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l         ……大変だったね。
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
  /:.:/ `` ミヾ:l、、ヽ l 彡/l.:∧          うん、分かる、分かるってば。
  /:.:/    l lVミミヽl彡/l l/ ヽ
  l.::.l     l, `、_ヽl/ノ |  ヽ 〃
 /::.l  ,  ‐L /  l  ヽ.l    〉/
 l:.::l /  ,─,,ュ'、、_ ハ  l|  ,-l/-、
│:.:|´  // / 、 、 V ヽ  l /、/, , `l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
900 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/24(金) 22:05:44 ID:xbxmRTgU
お?始まるのか?
901 名前: ◆DJ9upKlvS. :2010/12/24(金) 22:06:34 ID:/A2lX1Wo

  __
 └Tマ丿n___  .____
  くノ  く.勹 | └Fマ丿
      くノ   `┘ な     __n_
              ___  __n_  7/,ニ,
          └ーtノ 7,仁l己 〈/r三ュ
          广ー┐ 〈ハ⊆广     の
           ̄ ̄
                      アヴァロン日記
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 --=. - 、        '⌒ヽ\
                   `ヽ,:\          }: | , ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             __,. -‐__'' ̄ ̄ ̄` /ヽ―- ..__   /: ,! |   出 張 編      | '''""'- 、
              ̄,. -‐'"´: : : : : /: : : : : : : : : `ヾ-‐' `、                 ,ノ::::,.-、::::::l
             /: : :/ : : : : // : : : : : : : : : : : : \   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::ゝ ':::::::l
 ,- 、     .    / : , ァ' : /:__//!: | : | :l: : : : : ヽ : : : ヽ      , '´`) .:::::::(  l::::::::::::::::::::::::l
 l::::: "'''- ._    /: :/ / : /: : / `/ |: :! : |: :!ヽ : : : ハ: : : : :} ,. ‐-;'´ ,. '´.:::::::::::::::`_´::::::::::::::::::::::::l
 ヽ::::l´`l:::: ":'- 、// /: : /: : /__/  |: :! : |:/⌒!:、: : : l: : : : !/! ,ノ ヽ.___ :::::::::::::(__)::::::::::::::::::::::/
  ヽ::`´::::::::(__, l :',  .l: : /|: :/!´!`ヽ !∧: |'  ヽ、: : : |/,. /::::!  ,-- 、   `) ::::::::::::::::::::::::O:::::::l
   ヽ::l´`l:::::::::::::::::l .|: /,.!:/: l r'ー'| |! !: lT'ー-、∧: :,./ !::::::\ト-- ) ̄ ̄ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ヽ`´:::::: ○:::::::! |// |': /:! ゞ-'   ∨r'ー'///  l:::::::::::::ヽ、_ノ..(__/__::::::::::::::::::::::::::, 、::: l
     \::::::::::::::::`,= ./: // ヽ、  、_,、_, ゞ'/' //   \:::::::::/ し、::::::(____):::::::::::::::::::::::l丿::::l
       ヽ:::::,-、:: .//: /-r‐'1`丶'、__,)/ /´ /      `'ノ   丶__,,..::::::, -'"ヽ::::::::::::::::::::::l
        ヽ,l ./,イ ;イ´  ! |:::::::::/,/: : :/ /     ,.. ‐ '´         l:::(___, -'::::::::::::::/冫:::l
        ,. '´: / |/ ヽ`ヽ  〉:::::// : /      ,/ : | ヽ、       ゝ::::::/ ̄`;:::::::::´:::::::l
         ヽ、__,ゝ  __,. \//:::!/,イ : /   _/: :\: :|.. {       l:::::::(_ /:::::::::::::::::::/
           ,. -‐'´: :_:_|、_ゝ:|/!::/  ,. '´ヽ }ヽ : : \! ヽ        `ー―、:::::::::::::○::::/
        /: ,. -‐ '/: : ;ゝ'´::::::ヽ/       ,!' ',: : : : :\ ヽ             r:::::::::::_::::::::/
          _,,,,..   /: : : : |::::/|:::::::|   ,. <: ̄7 !: : : : : :ハ:::::ヽ.        l::::::::::(_)::/
      , ':::::::::::::::./: : : : : <:!/:/:::ヽ::::|-‐ ':ヽ:::::::`ヾ、l: : : ヽ: : :}:::::::::丶      ノ::::::::::::::::/
       ,' ::::(_)::::./: :,.. --‐:ヽ/:::::::/ヽ|:|::::::::::ヽ::::::::::/ : : : /!: :/:::::::::::::::ヽ--==――---'"
     ∥::::::::::::::: l:/: :∠ -‐<:::::::::!:::::::::i::::::::::::ヽ、/ : : / l/::::::::::::::::::::::ヽ
      ,:::::::::::_,ノ..|: : :/     `ー|::::::::::|::::::::__,ゝ\ :/:::::::::::::::::::::/ ̄`;:::::`、
     ´ ̄   .ヽ:/        `', ̄',`ー-ヽ、 ヾ ::::r‐ァ :::::::(_ /:::::::::::::',
                      ト-':!    \-'ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                      l;:;:;:|       ヽ;:;:'、 ' :(_):::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                      〉=,|      ':,:;:ヽ.  ヽ、::::(_)::::::::::::::::::::,ノ
                     {ー'/         '、ーヘ     ´ ̄  ̄  ̄  ̄`
                     `´           ゞー'
903 名前:名無しのやる夫だお :2010/12/24(金) 22:07:16 ID:VtaPaoOU
やった、こなた編だ!

やる夫はハッカー兼サマナーのようです…… ──電子と心の檻と澱── 第七話「迷いの果てに見たものは」の後に投下された内容です。

“やる夫はハッカー兼サマナーのようです…… ──電子と心の檻と澱── 番外編「アクマなこなたのアヴァロン日記 出張編」”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 第19話 その6

2010.12.24 (Fri.)
661 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:01:07 ID:RHULoB.I


~~~五年前~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


                          |:l:::: l:| |           |
                          |:l:::: l:| |______|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ | |         ̄ ̄
                           \|_|


               | ̄ ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄ ̄ ̄|
         ___|____|___|____|____                たっだいま~
     「lヾ l\                            \
     l l、「l \\                            \
     l l、l l ||.\\                            \
     l l、l l || |\\                   | ̄ ̄ ̄ ̄l  \
     l l、l l || |   l\\         | ̄ ̄ ̄ ̄|    |        |   \
      l\l l. ̄ ゙̄\l」 \l二二二二|        |二二|        |二二二l
     |\l三三三三l  l」 ||  | |\|        |    |        |  |
662 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:01:42 ID:RHULoB.I



           ,. ´    _ _≧x、  ヽ
            / ⌒ ⌒    \ /ヘヽV」∠ヽ.   \ \
       /  .       \   \   マミ=∨}  }  厂`
.        / //   ,     |   ヽ   '.  / Vハ`ヽへ\\}
       / //  ./l  |  ! |  ヽ,  i   i / / || |Ⅵリ  厂`
.      /〃:!  ハ||  l\|lヘlLA:A}.l   |/ /  ,リソハi  、 \
     |l| | l_l!/||.´ || |l 、l「_⊥ | l   | /  /:|∨} }  厂`
     |l| | N| lハ || リーチィて::ルT | i  ./ l/j} j! ト、    おーい、我が弟よ、
      v{ Nfト,ト,≧、 ´ ヾ:斗.リ| l| | ト、 / j/ j!  レ
     |ヘ {  代:z〉    ´    リ' .ハ } ハ /V⌒ヽ     ジャンプの最新号を買ってきたぞ!巻頭はボンバーマンだ。
     | ∧ヘ  ハ´ ` _._-ノ  / /ノノ / レ'
     //  v  .i..ト.       // ////            一緒に読もうではないか!
.    //   }!  }`  `7ヲ.´ 7/ /  //|
   〃_r≦二ヽ.jリ} .//   〃リ/〃//| |            あと、リッツを用意しろ!リッツパーティーだ!
    |! .リ  ァヘ. }7|//   /' //l |! /厶| |  
    | /{   ィ }イ j〃ヽ   _,/イ-|从{{廴≫x--、        口ん中カサカサするぞ!気をつけろ!
    r{.∧_〈.ノ/ .//    /   〃 Yリ´ /  {
    } \// {{ ∧/イ、\       〃 〃/ヽ   '、
   ノ     ̄ /f 〃/o〉二二二.≫イ    }    }




       ,. -―- 、
      /        \ 
    /  -‐    ‐-  \       ……姉さん、僕はもう大人なんだぞ?少年誌なんて、ガキじゃあるまいし。
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }      そもそも今は就活中だ!そんなもの読んでる暇なんてない!
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、     アンタも親のスネかじってないで、さっさと嫁にでも行ったらどうなんだ!
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i     …………あと、ボンバーマンじゃなくてバクマンだろ
663 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:02:20 ID:RHULoB.I




         / /    /=ミ、ヽ_//厶      `ヽ、
        /_/      厶≦二二ミく.:`ヽ.     、_ \
      、__/   ,,  '"´     ``丶、ヽ、.:',   、  ',`ヽ}
     ` ̄/  /               ヽ.ヘ:} .ノ  ヽ}
      / /〃                ヽrミト   .:.:.\
      |/|/     ,/         ヽ、   i} y::.:. .:.:.:ト、\
        ソ i .:/ ./ i|  i   トヘ   ト,  ヽ  ノ, _イ.:.:!:.:.} `^`
      iノj:.」/|:.厶レ'ハ: :l、_.:.i ; !   ,i j   ハ;:7.:.:.:.:.ハ:.厶      なんだ、知ってるんじゃないか
       /.:.:!  ィ≠=z ` ヽ: :l j._.:/ } ハ .:!./.:.:.:./ }′
        {:.斗  下歹    `ィ≠=z イ:/V:.:i:.:.,r'′
       |!.:.ト           弋歹  '}:.:.:ソ./l:.:.{
        ヾト|ヽ    ヽ         イ.|::::|:.:八:.!
.           \   -一     ∠ソi!l:.:.lレ′ `
            >   _  ..イ \ji |::::|
           /   〉  /    ./,\:::i
         <\   /\/   / /`、:」



           ___
         ,/      \
      ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
      l   l ( ○)}liil{(○)\  |
      |   |   _´_    |  |           う、うるさいぞ!
      |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \ u.        /
    彡  /          |
664 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:02:55 ID:RHULoB.I



          / /   /=ミ、ヽ_//厶     `ヽ、
         /_/    厶≦二二ミく.:`ヽ.   、_  ',
      、__/  / , - ¬…'"´ ``丶、ヽ、.:', 、 ' ,`ヽ}
       / / ./             Vハ..:.:. ::ト、 ゝ
       |/|/     }            Vハ.:.:.:.:. .:ト、\
        , '  .i .:/ ./   i   トヘ       }/}.: .::!:.:.:} `^`   ふん、私も嫁に行けたら行きたいんだが……
       .'   |:|! :|/|:/|! |  :l: :!:!: !:、  | :| |ハ7.::.:.ハ:.厶
        l  /|:|! :|-l'--、!  :/l斗|-|-|  | :| |//.:.:..:/ }′    世の中つまらん男バッカリなんだ。
        | l|.:|:|! :l.rtッ‐、| / };ハ|;ハハ: :| :| |V.:.:i:.:.:,′
        | l|.:|从:| 、_ ハ/ r‐tッ―-、} |:! !: |: |レ
        | ハ:|: |:{   ̄   ヽ __冫/:/: :/: :|: |     なぁ、なぜキリシタンでもないのにクリスマスを祝うのだ?
        ヾ{ ヾ{: \        ̄ ̄ }/:/:!:/ : /!/
             \: :l>.、`__ . ィ{:/: :i:|: :/       なぜバレンタインで好きでもない男や女友達にチョコを渡すのだ?
            V  |:|:|:/ノ      }八从/
             /|从{         {_  \        ……世の中バカばっかりだ。意味不明な形式美にとらわれてばかり。
            /{=‐|::|} `  ´ ̄ /⌒\ }、
           {_  Vノ:::ヒュュュュュュァイ\_,ノ´ \     「生の境地」というものを理解している人間が日本に少なすぎる
             ) ン´::::::::(o):::::::::::::∧_/     __》,
           { {::::::::::::::::::::::::::::::::f      /´   }




          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \     ……なんだよ、その「生の境地」って
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \
665 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:03:44 ID:RHULoB.I



          /{ _ r‐ 、
         、 { ∨`|    > .
         ヾト 、r 、 、      ≧ー-
      /> 7 l ヽ \ヽ、      `ヽ      根本が分かってないな。
.      /// ./ |     ヽ       lハ
     / /     ヽ`     ヽ.    } j     お前のようなツマラン男に理解できるはずがないだろう?
.    イ         ト、  l ト、j    、丶、_
    .′   ト、     l トj斗 | .|     、 ハ ̄   私がお前に心底丁寧に説明しても、何一つ分からんさ。
.   | ハ.   l ,`斗  l 代::)ハ |     }Vl
   ′| ト、 .トヘ代)\!  " .リ     | }j
     ヾ ` `込"   _  イ,..::::ヽ   | リ     ……勘違いするなよ?
            r∧≧彡:'::::::;:::斗:ヽハj
           λヽヽ::::ヽチ::::::::::l::::.:ヘ      私の能力が足りないのではない。お前がショボいだけだ
           /::::\j j:`:/:::::::::::::ト、:::∧






       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \         スマン、激しくムカツくんだが。この気持ち、どうすればいい?
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\
  |      __´___    |
  \     `ー'´   /
666 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:04:19 ID:RHULoB.I



                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ    まぁ、そうだな、バカでも最低限分かりやすいように一言でいうならば…………
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ   「面白さ」だな。生の境地の本質とは面白さなんだよ。
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,   やれクリスマスだの、やれバレンタインだの、なにが面白いの?つまらん
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ




           ___
         /      \
        /        \
      /     ー !! ー \        へぇ~(棒)
      .|      ( ・)  (・ ) |  __
      \        / ̄ ̄⌒/⌒   /
      (⌒      / ジャンプ/     /
      i\  \ ,(つ     /   ⊂)
      |  \   y(つ__./,__⊆)
667 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:05:02 ID:RHULoB.I



         /ァ=     >x _ .   -─‐-  、::::<  \
         /       r' _,ノ           :`ヽ: :\
        /イ    .r'´ ∨             ヽ: :ヽ
       / / :/   } r'∨     /      、     ': :丶   「面白さ」はすべてにおいて優先されるべきだ。
        / :/::  .::r' ∨   〃 / !      ト、 '.   ': :リ
        |:/l::::: .::::{ ∨′  .′/ .|   ! |  V    i: ::l   ただし、そうすると一つ大きな問題が発生してしまう。
        | |::::/:::爿 i     l ハi.|  i LL !  |  !: ::!
          |:::|:::::::::i | |  /、_、i\  |ノ_j_」_`ト: l  i:::::|   それは…………「周り」だ。
         |::|!::: |::Ⅵ v: : : f iシト、 \i  ,.=、 ト、/ l: :::|
           |ハ:::|、:∧从: : : |f代歹    代歹: : {レ l:../   自分で事を起こしたなら、その事の中心に自分は居続けなければならない。
           Ⅵ V:::Vハ: : : '.       ′   ノ: /,イ!レ′
             `{ V:|ヾ: ハ : : ト、  (_`ア  .ィ: 〃/ リ     そのままほっぽり出して、脇から眺めることは絶対にいけない。
               . '´ ̄ハ: : |} >‐ァ≦千l {ル'
             /   { ハ: |     ′} } l|/ハ       分かるだろう?「けじめ」をつけなければいけないのだ!
              .′    ヽ }人ヽ__.ノノ丿!′ i 
                i      ト、 、二二´イ ノ i  |   周囲への気遣い、主役の心、すべてを兼ね備えなければ「生の境地」は極められない!




           ___
         /      \
        /:::-::::::::::::-:\
      / (○ )::::( ○ ):: \        なに言ってんだ、このトンチンカン女は?
      .| u.  :::::__´_:::::::   |  __
      \   ::::: ̄::::::/ ̄ ̄⌒/⌒   /
      (⌒      / シャンフ /     /
      i\  \ ,(つ     /   ⊂)
      |  \   y(つ__./,__⊆)
668 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/23(木) 21:05:35 ID:RHULoB.I




        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐、_   だから先ほど言っただろう?
     /  , ヘ,_/ ヽ∨ マ´
     //  // ^´  ̄ ^`ヽ丶,ゝ   ツマラン男には理解できないとな。
   _,//  〃  ,  ,    、ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ハl ハ|`   …………しかしながら素質はある!
    小|   l/'ナ弋 |,lナナ | l | 
     l从  /| (●) i/(●),ルリ   だから、我が弟「できる夫」よ……お前は「生の境地」を極めてみせろ!
    ノハ小 ji l''       丿
        /ヽ>_-,´`- '´      お前ならできる!なんせ名前ができる夫だし!
          γ"::::ム::`ヽ
        /::::イ:/∞ヾ.ト::}





     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :             u.   \       …………もうコイツ、一生結婚できないわ
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やる夫と危険な住民たち 第19話 その5の続きです。

“やる夫と危険な住民たち 第19話 その6”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 第19話 その5

2010.12.24 (Fri.)
451 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/12/06(月) 21:01:27 ID:C029J43U

<前回までのあらすじ>


ついに姿を現した真の「大将」

そんでもってそれぞれ罠にかけられ、明らかなピンチ。

やる夫達が向かう先とは!?有希さん達の運命は!?

そして現れる真の黒幕とは!?

地下王国最後の時は静かに始まりを告げる!




                  ∧._ /ヽ
.              .  '/ ハ '_   ',` 、
          . ' /   l L∨ハ  l. 、 \
         / / l   | l |   ∨:!:.  :. ヘ \
         .'  l  :| .⊥斗 '  ', |x-、 ;. ∧ 、\
         l /l  :| ハ j    l.ハ:. l:. ハ ` `
.           V | .:l ヤぶ:.ト   / z::fア:|::.  }      ハッ、そろそろウチの出番か?
          ヽ lハ:::レl 辷:リ    {:zリ 〉j::l:. !
            |、l:::|l       、 `´ {レ:∧:..|      せやろ?だって最近全然出とらんし
         ,..<|: Ⅵト. ゞニフ    人/ l: j
.         ( : : : : : : ハ| ┴`、 r 、≦:ヽ|}/  .レ
          `γ´,二 `| 、 ,ハ∧|ー‐くリ
.        r '        ∨ V::::}j  イヘ
      /  ヽ         「ハ   V ∧
.      /   :.   '  ___  |:::::,_ ‘, ∧


                                      ____
                                  r辷' ´      `ヽ、
                                   / f廴ドー---     冫
                                ヽー- ニ _ -─   イ厂`ヽ、     年内にあったらいいな、出番……
                                  ` ーくユ)トニ -‐'_∠ _  r'Y^ 、
                                      ヽノ r< ̄      ヽノ |l
                                      /`>ヘ        ト-ヘ|
                                    /  く〉 〉- ,二ミx   ヽ‐' |

やる夫と危険な住民たち 第19話 その4の続きです。

“やる夫と危険な住民たち 第19話 その5”の続きを読む

やる夫と危険な住民たち 第19話 その4

2010.12.24 (Fri.)
326 名前: ◆HGco3yKWR2 :2010/11/22(月) 20:51:01 ID:2CYnLrXs

<前回までのあらすじ>



                 r:1ー、_
                ノ: :l: : :i: : :ヽ _
               「: : : l: : ヽ: : :i: : : :ト、   
             r: ┘: : , -―‐- 、: : :j: :l
        ♪   ス: : : /         ヽ :ト: ヽ
           ♭ 。 く: : : :/ /   .l |    .}:、 ∧ 
            L:j l /_l | . l|__| |  く: / .l   
              〔_ハ ィ外ヽノ 代テ心リ:/  /\
               L∧Y .Vリ   V辷レ/ /j- '´
            / /人"-――-、"∠ / /ヾ      
         _,一'´ ̄::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ<ヽ | |
        /::.::.::.::::.::.::.::.::.::.::.::./.::.⌒Y:::}⌒ヽ .| |
         {.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::.::.::.::ノ.:ムーゃ}..| |
        ヾ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..::.::.::.::ノ.:/ ̄/「 .| |
         \.::.:;∠::_::.:\.::.::.::.: ノ  /リ. .| |
           (     ̄ ̄ ̄ ̄   / /   .| |
      _,..:::-―‐(`ー--一ァ──r-イ≒}   〉 〉
    /::.::.::.::.::.::./`ーx_,ノ::.::.::.::.:j.::ハヽ_〉=彡/、__
   /::.::.::.::.::.::.::./::.::.::.::.{::.::.::.::.:: /::.:,'::.::.::.::.}ヒニ二≧=イ  ̄`ー- 、
  ,/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.: /::.::.::.::.::トく_辷三彡'....   .....:;:::::〉
   |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::./::.::.::.::.::./   \ `ー-、-‐=ニ二/
  〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.:∠.


いよいよ準備は整った。

シールを回収するために、地下王国を潰すために、どう見ても正義ではない戦士達が立ちあがる。

ルールを成す中将を探し出し仕留める「プランA」。複製装置を奪い囚人たちを解放する「プランB」。

これら二つを達成することこそが彼らの唯一の勝利である。


しかし油断は禁物。

目の前に見えるもの、己の信じるものがすべて真実とは限らない。

気を抜かず、謎を解明し、真実を見定めるのだ!

やる夫と危険な住民たち 第19話 その3の続きです。

“やる夫と危険な住民たち 第19話 その4”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.