2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2012年03月12日

やる夫が正史を書くようです 番外編「三国時代の経済事情」

2012.03.12 (Mon.)
16 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:00:49.26 ID:XFMBAeMo

__,, -‐'"                          \_
____________                  ~"'ー、_
::::::::::::::::::::::::::::::::/ l  |  |  ∧ヽ、_                    ~"'ー、_
:::::::::::::::::::::::::::::::|./l ∧ ヘ ̄|~"T.ト、\__                    ~
"'‐、::::::::::::::::::::::|.lヽ | l\ l/i ̄ヘ l ヽ lヽ`イ ̄lヘ,Tト-、_
   ~''-、:::::::::::::::` ヘl ` |ヽpノl `  ``  pノl /ヘ! ∧ T-、_  _,,,, -―‐'"
        ~''ー―''"~'| |  l __ ̄    ,    ̄〃l /| ヽl   ̄
            ヽlヽ_>'::::ヽ    __   ‐'!:::''<レ
                く"~:::::::::::::|、_   '  _//:::::::::::::::~>  .   読者の皆様は三国時代の経済事情に  
              ヽ:::::::::::::::ヽ!、T'ー-‐"|/l'/:::::::::::::::::/  .   興味はおありだろうか?
                  ヽ:::::::::::::::∀    ト/::::::::::::::/        
                __> -、_\  /_/::::::::ヒ'_     今回の番外編は視点を変え、
              /::::::::::::~"::::|:::::::::`l-‐r'":::::|:::-':::::::::::::'-    .三国時代の経済事情について見ていこう
            /   :::::::::::::::::::~"フ"/Tヘヘ''"~::::::::::::::::::  ヽ
17 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:02:35.60 ID:XFMBAeMo

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ   .  陳寿という歴史家は、
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`               当時の経済事情を『三国志』に書かなかった。
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ        .    『三国志』に先行する史書、『史記』と『漢書』には、
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ            それぞれ『貨殖列伝』『貨殖伝』という、
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l          . 該当する箇所があるにも関わらずである。
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、         
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.          いや、書かなかったと言うより、
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      .   書けなかったと言った方が良いのかもしれない。
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ      それだけ三国時代は混乱した時代だった
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

やる夫が正史を書くようです 第十六回の後に投下された番外編です。

18 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:03:33.06 ID:XFMBAeMo
【某年某月 晋首都 洛陽 陳寿の家】


        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    / ̄ ̄\                   ____     
   /   _ノ  \              /      \    
   |    ( ●)(●)           /─    ─  \       
.   |     (__人__)           / (●) (●)    \   ……というわけで番外編だお。
   |     ` ⌒´ノ            |   (__人__)       |     
.   |         } ∫∬       \   `⌒´     _/   でも、三国時代の経済事情なんて、
    ヽ        }  i.⌒i       ノ           \    何を話せばいいんだお?
     ヽ     ノ   kニ l   (⌒二              | 
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´     |  | 
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ     |  |      うーん。考えてみたら『三国志』の登場人物で
.     |     /        〈〉        ヽ     |  |      屯田で食糧増産に貢献した人はいても、
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ     |  |      経済面で活躍した人はあまりいないんですよね
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞー(⌒ ノ 
19 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:04:50.93 ID:XFMBAeMo

                        ,.        /
                   /,.. .:-ニ''"__ _    /
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::` _ ,'.
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::__l
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、l
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::l
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::l   国家の急務は『農業』と『軍事』です。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.   軍兵が強ければ戦争には勝ちますが、
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、:::::::::   農業こそ勝利の基本ですからね
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ

魏 将軍 鄧艾

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  例えば、魏の鄧艾はこんな言葉を残しています。
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         
 |      (__人__) /;;/         
 .|        ノ l;;,´           この発言に代表されるように、乱世は食料面と軍事面が優先され、
  |     ∩ ノ)━・'           経済関係の事柄は後回しにされがちです。
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            曹操も真っ先に食糧問題に着手し、屯田制を布いており、
\  “ /___|  |             逆に経済面、とりわけ貨幣の問題に着手するのは後年の事になります
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
20 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:07:28.31 ID:XFMBAeMo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \           そのため、三国時代初期の経済状況は破綻状態、
 |    ( ー)(ー)          とりわけお金、貨幣に対する信頼性はガタガタに落ちていました。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ         .早い話、当時流通していた漢王朝の貨幣では、
.  |       nl^l^l        まともに買い物ができなかったんです。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く          .発行元の漢王朝が衰退して、まともな貨幣を発行できずに貨幣価値自体も暴落。
   /     ヽ \        お金で兵糧を取引する事すら難しかったようですね


                                                     ____
                                                    /      \
                                                   / ⌒  ⌒   \
  KO●Iの『三国志』シリーズだと当たり前のようにお金⇔兵糧だけど、    /  (ー) (ー) /^ヽ
  それが無理だと物々交換でもするのかお?                    |   (__人__)( /   〉|
                                                \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                              ―――――――― \ _ _ _ )
21 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/05(土) 16:08:22.74 ID:XFMBAeMo

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     それに近いですね。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/       まず、何故そんな状態に陥ったのかを説明していきましょう
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/            
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

“やる夫が正史を書くようです 番外編「三国時代の経済事情」”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が正史を書くようです 第十六回

2012.03.12 (Mon.)
645 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:52:38.51 ID:.t4lh72o

                _ .   - ― ― -  .、
             ,.  '"               `  、
            / ,...r'  ̄ )                   、
.           {  |:::ゝ-<                      \
            ヽ_|_>'"                    \
             〉、 ー― ― ' " ̄   ―- - 、_    .ヽ
            ,!_::丶-....、_                ` ー 、 ヽ
           //:7ヲ<:::::::::::::>―-- 、            `ーヽ
.          /:././:/:/./ / 7 <::::::::::::>..、 ̄                〉
         / .杉|/V / / / . /|>i<::::::::::::>..、          /
          ,'.:./イ.∧|:/ / /:×ヽ l:.:.リ  |:><::::::::::::>..、     /
         !/|:.:} :レ / / /"ラミ:|レ l:. l  l .リlr<::::::::::::>.、/
          y,. '"    γrfij ト,ヒ ∧ / ./ .|!  .:ir<:::::::::/
          ハ     、辷_メ'" V ! ∨ / リ  ::l  >t'     「やる夫が正史を書くようです」 第十六回
          l            l:.:.∨i:   /i  .リ:.:     V
           ヽ、         / //.|: /丿 ./ ::.    V
           ヽ  ̄       ./ ∧こ| /イ ./   :.:.    V
           ハ           ./ ,.'/:/:.:|/.,  /.:.:  :.:.:.    V
            ゝ .... _ _ ... // /:/:.:.,. '  /:.:.:.:  :.:.:.:.     V
               i  : : :/i   ./ /,. ' /:.:..:.:.:.  :.:.:.:.:    V
               'i   : : :l   / './:,.イ:.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.   V
                ',  : : :|.//::/:.:l :.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.   V
                ',  //:::/:.:.:.:_t::.:.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.   V

やる夫が正史を書くようです 第十五回 後編の続きです。

646 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:53:41.22 ID:.t4lh72o
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】

~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
647 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:55:22.73 ID:.t4lh72o

          ____
         / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\
     /   ⌒(__人__)⌒ \
.    |      |r┬-|    |                 長門さん曰く、「曹丕という人間はそんなに単純ではない」
    \     `ー'´    /
    ノ           \
  /´              ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     |   (⌒)/ / / // 
| ::::::::::::(⌒)   | |  |   / ..   ゝ  ::::::::::/
|     .ノ    | |  |   \   /  )  /       って、于禁と馮熙の件はどう見ても弁護のしようがねーおwww
ヽ    /     `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ   性格に欠陥があるのは明らかだおwwwwwwww
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン    こんな皇帝を戴く魏の民草は可哀想だおwwwwwwww
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン
648 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/11/18(水) 21:57:17.81 ID:.t4lh72o

                                                          ___
                                                   ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                                                   ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
                                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.:.`:、
                                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:. :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
                                  .           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ハ: :ハ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヘ
                                        /:.:.:.:..:.i:.:∧:.:.ヽ:.、:. :∨:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ハ:.:.:.:.\
                                  .      /:./:.:.:.:.:.:.∨:.:.\:.ヘハ:.、ハ:.:|:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.:∨:{`ヽ
    ちょうどいい。                          /.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.、:.`: i l!:ト:i :l:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :!:.: :',:ヘ
                                      / ' l:.i:.:.:.:.:ヘ:.:.:.\`ーlハ! l:.:!:.:.:.l.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: iハ`ヽ
    今回は曹丕という人物が                  /   |:.l:.!:.:.:iハ ー一ィr示㍉:ハ:.:/.:.:.γ、:.:.:.:.:.: : :/.:. :i.ト、:.
    どういう人間なのかを見ていく事にする             !;ヘト、:.ハ:.:ヽ 〃八ぅ::} }'i:.:/:.:.: :' ぅ}:.:.:.:.:.:,:./.:.i :ハ| `ヽ
                                         {  !/.:イーハi     ゞ' /;イ:./:. :'.:ソ.:.:∧/.:./}:′!
                                          / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'
                                         /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/
                                  .      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!
                                             /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_
                                                     /´   l.' .:´: : : : : : }
                                                        / : : : : : : : :.:.人 
649 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/18(水) 22:00:13.91 ID:69.iAyco
乾いた俺の人生のうるおいの時間スタート!

“やる夫が正史を書くようです 第十六回”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.