2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2012年05月05日

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編2

2012.05.05 (Sat.)

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編1の続きです。

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編2”の続きを読む

スポンサーサイト



やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編1

2012.05.05 (Sat.)
716 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:38:01.26 ID:o0EUkVkXo

        /               \
         , 仁二二二二ニ、      Y
      /                   ヽ
.     /                      |
    /   l ヽ.   l |    |   l         |
    l|  |  |  .| |    |   l         |      
    | |  |  |__ l_|_  ,イ|   |   h    |
    | |  |  L___」_Lレ′|   | l リ    |     「やる夫が正史を書くようです」第二十五回後編ですね。 
    | |   | 「i  ´{l:::ン  レイ  |   |   |
    l|| | lノ   :;;;:      |   |   |   |     >>1は投下中にレスを返さないのでよろしくお願いします
    } }| ! 丶_         |   |   |   |
   ノ ィ 人 l  `つ       .|   |  |   |
     | | ト、ヽ   `ー┬‐'´  |   |  |   |
     | | | ト┘ヽ  ,イ.    |   |  |   |
     L_ /  ヽ、l/ |     ノ   |∧ l  __」
         ノ_lヽ、_ソ   ヽ    `ー'/. |/l \
.    , -‐ '´|: : :l  |   \  /   |  |: : :l\
   /.     |: : :|  |  rー、i {へ_.   |  |: : :l  \

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編の続きです。

717 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:39:24.91 ID:o0EUkVkXo

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \       孫権の心が折れた、ねぇ。
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |     .確かに年食ってから後継ぎに死なれるのは辛いもんがあるお
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /
                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
     孫家の家系は今も昔も短命な人が多いですね。            (`⌒ ´     |
                                          .     {           |
     孫権の兄弟も皆彼より早く亡くなりましたし、                {        ノ
     最近まで皇帝だった孫休も三十歳で亡くなっていたはずです      ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      孫登は孫権を初めとする
        `ヘ:ゝ   _     小/        呉の人々の希望と期待を一身に背負った存在だった
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 21:50:47.88 ID:m3oY64KRo
孫家の短命は、寿命とか病でなく短気からの…
718 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:40:51.44 ID:o0EUkVkXo
【紀元209年頃 漢 揚州 呉】

.        /. :                  . : :|
       / ィ .      : ,  i:   : .     : : :|
         i/ i:/   :  i:i{   ハ  . :/!: : ,l: :  : i: : |
       / |i{  、 ヽ: :i八 :! ∨ /r|/ | :/ : :|: :|
.         iハ   :\iヽi⌒ミ、|  V〃 ̄`iイ: : : ! : ハ       私にも子が授かったぞ!
.          ヽ!  \      , .::.     /: : : : i|: : : \
          ノ| . : ‐.ヽ    、    ∠ィ: : :i: 八: : : :\     こうやって見ると子供というのは可愛いものだ!!
         フ:ノヘ :、 \ r 、ー一   ': :ルi/: : トl ̄ ̄`      .
        ∠... イ: :\:、‐-'}/二丶、イ: /` /'ー┴―- _    .私が生まれた時、父はどう思ったんだろうな!!
       .. -―┴一'^ヽ、 {/__  }イ /
.      /           {/ r‐┴ |/7    . 
.       |   :.  .:     .ケ{ t‐  l /    .: .::::
.        |   :::.::/     :ij  フ  .//    ::::::                   , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
.       i   ::::/     : ll /  ||::::::::..  :::::                 //ニニニニヽ   ヽ
                                            //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                               レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
                                              i 小●:::::::::::::●::ノ l !,、.|
                                             __ j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .iム、|
                                           /´:::ヽ__|ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::;j./::::::l !
                                         \::/  从>,、::::::::::イァ/::::::/│
                                   .       从 l||l  // ハ ハ l||l 人.∧ .ノ
                                          ( ⌒ ) | l   ii   | l( ⌒ ) >

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登、字を子高。孫権の長男である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .赤壁の戦いの翌年に生まれ、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       年代的には魏の曹叡や司馬師とあまり変わらない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
719 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:42:20.05 ID:o0EUkVkXo


               ___
            . "´      `丶、
              /            \
            /               ヽ
         i: : : : : . : : : .  : :      ヽ
         |: : : : : . :  : :、: . : :、: :  | . ト|
         i: : : :_|: : : . ト、|ヽ、ト|ハ: |: ハ|: . |
        ノ: : : ft1: : : :ヽ ´i-'f^`Vイjハiハ/
       /イ: : : :ヽ|:i : : :ヽi   ̄  ヽ |: |
      ∠ィ: : :i: : : |ヘ: 、: :ハ      __ 'ノト|      (しかし、自分で作っておいてなんだが生母の身分がな……)
       ∠ -‐|: ィ: :/ヘ |\ ヽ  ´ /|
          ",レ' |  `  丶i >く、ト|
       . -‐  ': : : ヽ、   | |  /: :\
.      /: : : : : : : : : : ヽ`丶 Lヽ/|: : : : ヽ
      {: : : : : : : : : : : : : \  `i |: : :i/: |
.       }: : : : : : : : : : : : : : : ヽ  、 V: V:|
      j: : : : : : : : : : : : : : : : :ハ  、 V: V:}

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫登の生母は卑しい身分の出と言われている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .そこで孫権は正夫人だった徐夫人に孫登の養育を任せ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .徐夫人は幼い孫登の母親代わりとなって養育にあたった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .ところが、このあたりの孫登をめぐる家庭模様はなかなか複雑だ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
720 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:43:28.35 ID:o0EUkVkXo
【紀元212年頃 漢 揚州 建業】

     ,'  . : : . :   .  . : .  .     . : : : : : :.}
     / ィ . : . . :.i  . : : . : : . : : . : . : . : : : : : : :|
     i/ | : : : : : |、. イ: :i!. : : : . : :、: .ト!i: : :/: : : :i: :.|
      l : :i: : : : |z≧V、',: :∧: : ∠リ-ヽ:/: : : : :|:. :|
      ',: ∧:i\ヽ辷j`ヾ∨ `∨{.ィ::}``イ: : : : : i.}: :|    どうも徐夫人は嫉妬深くていかん!
       V ヽ: :ハ`` ̄     ` ̄´ //: : : : :l: : :l
        ∧: :.ハ     !      /ィ : : : :,': :i:.ハ   建業に移るのを機に、あいつは呉に押し込めておけ!!
        /.イ: : : \   __     /./ . : イ/: : ',ヽ',
.       /' | : イ: i: .\  - `  .// . :/: リ: :l: :', ヽ  お前も今日からは歩夫人を母と思って仕えるように!!!
        ∠:ハ/イ: ',. \__   '  ィ.イ./∧:∧ト、ハ
         リ__... 」- }  \  /´ / /イ\V ヽ. `\
  , -‐ ´ ̄ ̄     |   , ,'   ' l:::::::`ー-- 、_
 ./             |   } i      |:::::::::::::::::::::::::::...`‐ 、        _l    , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
                                           \   //ニニニニヽ   ヽ
                                           <  //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                           /  レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
                                              i 小●:::::::::::::●::ノ l !,.、|
                                               j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .i:ノ、|
                                               |ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::j/  ! !
                                               从/:::`l、::::::::::イァ_  │
                                     .          /:::::// ハ ハ.//   ヽノ
                                               |:::::::l l   ii  |ヒ二ニj

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権と徐夫人の仲はしっくりいっていなかった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .彼は建業に本拠を構えた際に、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .徐夫人は嫉妬深いという理由で建業への同行を許さなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .当時の孫権は側室の歩夫人を寵愛しており、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .それに絡む事情であろう事は想像に難くない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
721 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:45:27.18 ID:o0EUkVkXo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      実の母がいて、義理の母が徐夫人に歩夫人。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    母親が三人かお
 \      ` ⌒´   /
                                                 / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                              (          |
           この頃、まだ五歳ですね                .    {          |
                                              ⊂ ヽ∩     く
                                               | '、_ \ /  )
                                               |  |_\  “ ./
                                               ヽ、 __\_/
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ       孫登にとって幸いだったのは、
        `ヘ:ゝ   _     小/         徐夫人にも歩夫人にも男の子がいなかった点
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
722 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:46:18.76 ID:o0EUkVkXo
【紀元212年頃 漢 揚州 建業】

        丶`'、_        ``':;,___、、〆   /
        ノ   "`ー::;、          :`l.、 /
        / ‐‐ r-ュ-、`'''::;、__    __、--j"~ il
--――、、:/   l | .`|:i`   `~/ミ__  リ   ハ
      |    ~゙ゝ---ソ     、イ(. 〕゙ |   ハ
      |              ヾ ー-' ル-―-、|           よしなに
:______J             _  ゝ   リ     |
      j              ''    ノ    |
      l          、--、、、   ノ----、_|
      :|          `'''''''"  /     ハ
      : |\           / .|      ハ                     , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
      : il  ヽ、_       /   .|      ハ                  //ニニニニヽ   ヽ
       !i    `゙;;、、、___/    |       ハ                 //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                                 レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
         孫権の妻 歩夫人                          i 小●:::::::::::::●::ノ l !,、.|
                                               __ j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .iム、|
                                             /´:::ヽ__|ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::;j./::::::l !
                                           \::/  从>,、::::::::::イァ/:::::::/│
                                              /  /  // ハ ハ //ヘ、::::∧ノ
                                               \<   | l   ii  | l ヽ `´ >

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .歩夫人は歩隲の同族にあたる女性で、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       容貌の美しさで孫権に愛され、寵愛ぶりは妻たちの中で第一だった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .嫉妬を知らない性格で、しばしば他の女性の後ろ盾になり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       孫権からも大切に扱われていた。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .後に孫魯班と孫魯育、二人の娘を生んでいる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
723 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:47:34.19 ID:o0EUkVkXo

           __
      . ‐'"´  ,. -‐` 'ー- 、
     /    ∠-‐''''" ̄ ̄``ヽ.
    /  .       /~`´ヽ`、`、 ヽ
.   l  .'   :  .' /    l l l l l
.    l  i   i : i | {'" ̄` ヽト、} l |
   l  i  rl l トl、レi´「`  ィTiレヘノ      .義母上から衣服をもらったけど、
   |    l l l、 l  └'     U l        これをこのまま着るのは義母上に対して無礼になる。
   | :   :ヽl l `      、 ll
.   | l : i  | ト、     ー_‐´.イl        沐浴してからありがたく着させてもらうよ
   | l i l i| l      /i |l
  ノ ノ l l l lヽl―‐┐ l二, l lノ
.  i ,' l _ノ-<`     、L_L ムL|_
/ ̄ `ヾ::::::ヽ      。`i/  `i::::i`ー、
       ヾ:::::ヽ     `i。  }:::l   
                                             /\___/ヽ   
                                             /''''''   '''''':::::::\ 
                                          .  |(●),   、(●)、.:| 
                                          .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,,  :| 
                                          .  |   `-=ニ=- ' .:::::::| 
       何もそこまでなさらなくても……                   \  `ニニ´   :/ 
                                          ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                          :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                              |  \/゙(__)\,|  i |
                                              >   ヽ. ハ  |   ||

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登少年は人間ができていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .彼の行動からは継母にあたる歩夫人への気遣いが見て取れる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
724 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:49:00.82 ID:o0EUkVkXo
【紀元221年11月 呉首都 武昌】

//  /      ,   ,              ',
 ,' .ィ     / 从イ  ハ   ,           .l
 l /,'     イ /-、l ./ |  ハ ハ  ,       |
 !' .{ ,  、i! ,リ==ミ!/`  | /-‐∨‐! /       |     さて、今日から私は呉王になる。
   !.ハ 八 ',`' iト-'}リ   V z==テVイ /   !   |     
   '  .〉 , ヽ', `= ' ,     iト‐'::ノ '' リ   .l  ハ     そこでお前を太子としたい。
    ./イ  !`    /     ` ̄´ /    l  ハ|     .
   /イ   ',    `       ./,.   イ/  ト!      異論はないな?
    { イ   \   'ニァ     /イ    ハ!  |      .
    !ハ   ト/ \ `     ,. ィ  / / ! ト .l 
    /'从  ハ「<!ヽ、_  -‐ ' /'  イ /   { ヽ!                 . - ──- 、
    ∠ イ', | }  `` ‐ 、   ,' / リ'  ト  i  ヽ             ,. '"´ ̄ ̄ \    `ヽ、
     /,.> '}      |   ,//    .| \ ',               /    ̄ ̄`ヽ、\     \
                                      〃./`1  l l   `ヽ ヽ\ `ヽ ヽ
                                      〃 l  Lヽ_l_人   |   l    l  l
                                      | l lj    >==`ー'ヽ j ト、    l
     お断りさせて頂きます。                   | U仁、  ヽt少   /`Y l l    !
                                        \}tり          l  |  lノ    l
     根本が確立されてこそ、                    .1く           l  |  l     l
     正しい道も生まれてくるはず。                 l  , -      l  |  l.  |  ト、
                                          ヽ         /ヽノ  l.  |  | ヽ
     僕を太子にするのなら、母上を王后にするべきです     \_ _ /  __l  ト、  ト、 ト、ノ
                                              l  | ヽ 「   l_ノ ヽ\\\
                                           \| ̄|__|  ,. -─  >>ヽ\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .実母や徐夫人の事も忘れていなかったようで、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .後に太子になった際に父とこんなやりとりをしている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
726 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:50:50.44 ID:o0EUkVkXo

.         }    .::       ::::.  .:. :..   :.  .     、ヽ
.         /   .::: .::: .   l :::l:::.  :l:::. : .  l:.   l.  ヽ  ',.',
       /  .:::::.:::/..::   l: ::';:;::. :l;::l::.:.  !l:::.  l:.  l::. l l
      ノ  .:::::::::::l::/: :. :. ';. ::ハト、::::トハ::: . l1: /イ::: :: l:::. !リ
    /ィ ..::::::::::::rlイ::.:::  :.. :ヽ::',_`_ヽl__ ';:: / l∠_」::.;イ./l::: !
    ''", ' .: .:::::::::::{ r!:::l:::.  ::. :::ト;:',`==ミ ∨  '=イl:/ lイ l::/
.   /..:;;ィ´::::::::::::ヽ.!::l::::::. ヽ. :',゙ヾ       、 /:´ i//'´    じゃあお前の母親はどこにいるんだ?
.  /,.- '/:;:::::::i:::::::i:::l::l;::';::  丶.',        ,ソ: :: l l
  '" / -7:::::::;ヘ:::::l、:トハ:::';:. :  l゙ヽ    , -ュ ': : l;: ト!
  -' ´ ノ;ィ/ ト;::l ` ヽ';::';、: :. l‐ __   `7:l::: . ハl
    /彡'´   ii ';l  , ヘ:トヽ:::. ',   /7- '1/!:: /  `                . - ──- 、
  ,.-'"´     ',',.`/  ヽ`ヽ:::.', {/ `ヽ、'´ l::/ヽ.             ,. '"´ ̄ ̄ \    `ヽ、
              ',',ヽ    / `ヾ、! `- 、',',`7' 、_ ト、           /    ̄ ̄`ヽ、\     \
                                        〃./`1  l l   `ヽ ヽ\ `ヽ ヽ
                                        〃 l  Lヽ_l_人   |   l    l  l
                                        | l lj    >==`ー'ヽ j ト、    l
                                        | U仁、  ヽt少   /`Y l l    !
                                        \}tり          l  |  lノ    l
          呉の街にいます                     1く           l  |  l     l
                                          l  , -      l  |  l.  |  ト、
                                           ヽ         /ヽノ  l.  |  | ヽ
                                           \_ _ /  __l  ト、  ト、 ト、ノ
                                               l  | ヽ 「   l_ノ ヽ\\\
                                             \| ̄|__|  ,. -─  >>ヽ\
727 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:51:52.06 ID:o0EUkVkXo

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : : : . . : . : .      \
: : :    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.     ト、 ヽ
: : :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :  :  丶`ヽ`,
: : :   : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :/',: : /:   ',  ヾ、
: : : : : : : : : : : : : :.i: : : : ; :/: : : iヽ: :/-‐|:: /:.   :. ヽ
: : : : : : , : : : : : :,.イ: : ;イ:i-',: : .||: 〉' z=リミi: : .ト、ト、:.ヽ、
: : : :: :/: : : : :,.イ'/: /z=リミ,ヽ: :| V ' iト‐ノ,.|: : ./ ヾ、`丶...、
: : : : /: /,. - ': : |/イ' !ト‐-ノ, ヾ!   '´ ̄ i: :/   l
: : : :/: :': ,: : : : :.|  -ゝ‐'"      ヽ   .}: : ,  |
: : : /': /: |: : : : :|           /   /: : .ト,  |                …………
: : :/:./: : |: : : : | し       __,,..  ./: : .| .l l
: : .i/: : : :l: : : ∧:|丶      '´ - /: : : : | .∨ 
: : : .イ: : :l: : ,イ ヾ  `丶、      / |: :∧: :.|
,./ .}: :/: : /. \      ` ‐,- '::::::}::/::::ヽ:.l`i
   /,イ /    ヽ      /:::::::::::/':::::::::::ヽ|/
 ,. -' ヘ、    l´|     ∧::::::::::::ト;:::::::::::::/ `丶、
'      ヽ、  |:::i     { !:::::::::::| \:::/    \
       ` 丶、l::::l     ` ',::::::::::|  `´      i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権は黙ってしまった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫権の王后、皇后の地位は、群臣が徐夫人を推したものの、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .歩夫人を寵愛していた孫権が承知せず、長く空席となってしまう。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .こういう部分にも孫権の優柔不断が出ているように思う
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編1”の続きを読む

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編

2012.05.05 (Sat.)
439 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:04:46.76 ID:lKKuw/so

      |┃
      |┃
      |┃ ,.:''::´:: ̄::`:::.、
      |┃,':; '´T 丁l `ヽ:ヽ
      |┃/l |l ト、 l Nトl`iハ
      |┃|l kノノヽノ`ヽリil l|
───|┃l lK ◯   ◯ ソイ|      改めて作者から新年のご挨拶を申し上げるわぁん。
      |┃.l ぃ  ,-┐ ,从!|⌒)
      |┃、 トゝ、 ニ イ ト/f:シ     今年も読者の皆さんのご健康とご多幸をお祈りしているわ。
      (⌒ヽ::.{l {薔 l}::.::.::/
      |┃シ:.::.゙===".::.::./       そんなわけで今年一発目の投下を始めるんだけど……
      |┃::.::.::./\::.::.〈
      |┃::./><\::.::\
      |┃/~~~~~~.>\;/
      |┃     (__@
440 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:05:26.55 ID:lKKuw/so

     |   _,, _
     |-''´ゞ{薔}ンy、
     |:;.- ―― - 、:\
     |          \:ヽ
     | i  ,,     ,  `,,!
     |、i^V1  ノl/| / ト、
     | ◯ !/ ,ノー!,イ  ト ィ
     |      ◯l'// ,i!レ′       ……実は今回、描く事が多いおかげで内容が長すぎるから、
     |u 、__   i/ '/  _,__,     .前後編に分ける事にしたのよ。
     |-、_ ` ´  ,.ィ' //―'":::::;ノ-―ァ
     |::トvriニ「:´ン///::::::::::::::>―'''   .二宮の変の内容がいまいち掴みきれなくて、
      j-、{薇}/::/::レ':::::::::::::::::\__    呉に手を出すんじゃなかったなんて作者は思ってるそうよ。
     { ! ノ:::::!:::::;ト- 、‐------'"´
     |ヽ/<`r‐fr´ll   \        .そうは言ってもこのあたりやらないと、
     |::r( ,)( .ハ_jj i    !        三国志の後半やる意味がないから困るのよねぇ
     |:::ヾ〈〈〈ノ:\\! .トト|
     |::::::::~::~::::::::::\ヽ! ! l
     |:::::A:::::::::::::\::ヾ:、
     |::/><\::::::::|:::\::>ヽ,
     |'_><_,!::::::|i  、\::ヾ!、
441 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:06:13.79 ID:lKKuw/so

  |   _,.,-r''fi,ッ、_
  |-''´:::::ゞゝ,iソノ,=ッ、.
  |::::__:tr-、r--、,:::::::::::ヽ
  |r'`´       `'''r、:::\
  |            '\:ヽ
  |   i  ,,         `,,|
  |. /! /|    /|/|  ,  ト、
  |ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
  |、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
  |  ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!
  |"           ̄/./ ,,,/i!レ'
  |         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆  それじゃあ前口上は終わりにして始めましょうか?
  |\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
  |::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆   「やる夫が正史を書くようです」第二十五回前編、スタートよぉ
  |,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
  |.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
  |Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆
  |:::::::|}〉 〈匂〉 〈{|::::::!::/::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
  |丶 ;;タrnnnnrタ;;ノ/:::::::;/ヽ,,
  |ソ::::::::::::::::::::::ヽヽ | !  ̄ i    !
  |\:::::::::::::::::::::, ヘ. N    l 、 |
  |::::::::::::::::::::::::::::::\.\|  |ヽ|ヽ!
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,\| i! |
  |::::::::::::::∧:::::::::\::::::::\,,
  |:::::::::::/,><\::::::::!\::::\\
  |:::::::::/,><,,\:::|,, \:::::>,.ヽ,
  |:::::::/,,,><,,,__.|:::|!  、\::::\,!.
  |::::/'' ー-、,,,__ノ|:ノ ,,  ゝ\::::::ヽ

やる夫が正史を書くようです 第二十四回 後編の続きです。

442 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:07:31.65 ID:lKKuw/so
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/   
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
443 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:08:57.93 ID:lKKuw/so
【前回のあらすじ】

                                      _, -‐  ̄ ヽ
                  , 」 ̄{_「 ̄}__,へ,x '.  ̄二ニ≠ '´xy __,. -一く
               __   /            ̄Z ̄xxXX >  ´ ̄ ̄  ̄
          /: :二>'                L> ´   _
     _    (: : : :{_」 _, =ー-,ィへ,}:!_         ヽ     (: { ̄
   /   \   ヽ; : /  ̄と_ム_{;(、`ー - 、  ノ  [ 、__ _):ヽ
  /  ,j!、 >x、_};!/ .}{≧_≦}{  );!`ーァ  ノ   __」: : : : : : :,ノ
.≦   /  \,   〃  >' __ ヽ、 〃⌒ヾ  />一7: : ; '  ̄ ̄
「`ー-vヘ: : : :く  .{:(  /   `´ ィぇ〈:{.    イ: : : : : l : /
レ》),ヘ.〉 ):,-一ヽ_ハv从{:i!:}〃ノ}ゆ{)トハ____,!:ヽ: : : :.l:.:{_ ___
~~じ' /:/: :/: : : :}!:ソ:/:1i!;/:1: :ゞツイ: :ハ: : :ノ: l: : : :∨: : : : : `ヽ
  , :´: :,': : i{: : : : /: : :,!: :!レ: :イ;/:/: : /: ノ:<: :く: : : : : } ̄, こ }: :.!
 {: : : :.l : : : <: :l :{fy): : : : /:/: : :{fy):.{: : : :ヾ :`; : :.ノ  `ー一′
 ヽ: : : ゝ: - :、:ヽ!: : ゝ: :ヾ: l: : : : :_: : : : :ヽ: : :ノ: /: :, '
   ーy: : : ノ: :.i :.}: : : : : : : : : ;./: : : : : : : }!:j: : l: :/
    /: : :,': : : :!;ム; 一1: : : : :{ : : : : : : : : ノ:ノ: :,'ノ
   ,: : : :l : ://: : : : : ゝ: : : : ヽ: :_:_: : :/: : /
  .l: : : : ∨  !: : : : ; -― ャ: : 7´  ヽ: : : :.(_
   \: : :.{_.ノ: : /     }:./    }: : :): : :ヽ
    >: : : :_:_ノ   ___ノ/     ノ:./: : : :.ノ
   //  ̄        ̄      /:/  ̄ ̄
   l{_ _)!             l:.{__,
     ̄                ̄
       呉 丞相 陸遜(字:伯言)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .呉の丞相陸遜が死んだ
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
444 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:09:30.54 ID:lKKuw/so

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       二宮の変ですか。
.  |         }
.  ヽ        }        .そういえば、魏の正始年間は二宮の変の真っ只中でしたね
   ヽ     ノ        .
   .>    <
   |     |
    |     |
                                                  /  ̄ ̄ \
                                                 /ノ  ヽ__   \
                                               /(―)  (― )   \
                                               |.  (_人_)   u |
                                                    \   `⌒ ´     ,/
     とうとう陸遜まで逝っちまったのかお……                  /         ヽ
                                               ./ l   ,/  /   i
                                               (_)   (__ ノ     l
                                               /  /   ___ ,ノ
                                               !、___!、_____つ
445 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:10:35.07 ID:lKKuw/so

      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ     ところで二人は、二宮の変についてどの程度知っているのだろうか?
        `ヘ:ゝ   _     小/        
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
    /  | l:l   l     l   l::l l   
    l  ヽハ    l    l  //  |
                                      / ̄ ̄\
                                    /       \        ___
                                    |::::::        |     /     \
  孫権の息子二人が喧嘩して、                |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
  結局共倒れになったぐらいは知ってるお。         .|::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
                                   .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
  後、陸遜が巻き添え喰らって憤死したとか……      ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /:::::::::::: く    | |         |  |
      呉から降ってきた人たちから、     -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
      だいたいの経過は聞いていますが……        .|:::::::::::::::|ヽ、二⌒
446 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:11:24.36 ID:lKKuw/so

                                      / ̄ ̄\
                                    / ⌒  ⌒\      ____
                                    |::::::(●)(●) |   /      \
                              .      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \
                                     |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
   ま、いずれにせよ詳しい事は……(×2)          |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
                              .       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
                                      ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                      /ヽ三\´     | |          |  |
                              -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ    今回の話を始めるにあたり、どこから始めるか悩んだ。
       ヘ!:|         ノ!/
        ヾ!>ー-   -- <イリ      その様子なら、五丈原以降から語った方がいいかもしれない
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´
447 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/05(水) 11:12:42.04 ID:lKKuw/so

          l: :   i :  :     :. :.  :. 、  :. :.  }∧ \
           l  :  .: l {  _|、   :  :. _、 -: ._  :. :  :ハ:ト\
          j  {  :i l_ ィ ´:.「ヽ  |l  :.、:. }lハ `  !| ハ 、
          / i :.  :.|ハ|ヽリ_ ヽ {ヽト、}ヾソ_Ⅵ |l / ト、\
       //!  :. :.∧ ィr'笊ト、 \  イr'/;仆j:|∨レ i | `    
        / |i ヽ 、:ゝ{c//j        ∨//ソ//:/: i.:从    私は昔呉に住んでいた事がある。
            Ⅵ、 : \`:,,, ′        `,,,´/ / :i |ハ{      .
              |l ヽ| :.` .\     ′    / :/ハ ハ|      今回はその時の見聞を基にして話を進めていこう
              j:、:. \     ‘`     ィ7/ リ′
                  \ ト、> :. _  _. :イ:/}/、:{
               ヾ リヽN      K j/ `
                 `,.ィ´ノ   ;' ∨\
                  _ _/ : /' _   { _゙}: : ` : . ._              / ̄ ̄\
         , :-r<: : : : : : :{  _ 二 ..__//:j: : : : : : : >- 、         /       \ ____ ヒソヒソ
                                           |:::::       |/      \
                                          . |:::::::::     |:⌒  ⌒   \
                                            |::::::::::::::::    |●) (●)    \
        (今さらだけど、長門さんって年いくつだお?)        |:::::::::::::::    |::(__人__)      |
                                          .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
             (気にしちゃいけません。常識的に考えて)      ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
                                            (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
                                     -―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
                                              |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

“やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.