2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

アーカイブ:2013年12月14日

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<エピローグ> ―王昭君伝―

2013.12.14 (Sat.)
76 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:16:20 ID:7Dj.GLoI0



     燭怪事件と孫建の死の翌年に、強弩将軍・王駿が西域で戦死。

     新王朝の幹部で、ガチの戦で死亡したのは彼が初。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ,i   / ゙! /!_,,、/_,,,、、、---‐;;='"  _,レ'゙/゙ / !
    /|  j゙  .V'.レシ'"´   _,、-=ニイ‐‐''".,/、‐'゙  /
   j .|  ,j // |'゙    ./゙  //  ‐‐''"´   .ノ.,ノ./
   .j |  i i/ i |,    ゙   ./ /       ,、=‐'゙ /
 i, i, i, v'゙i,/ .| .,i,      / ./           ./
 .|゙i,.>,ヽ,\|/‐'Y'゙ .゙i,     .|  ,|           ./.,ィ      俺の死は馬援ルートの番外編で
  | i, .ヽ,\,j゙ ./,,i_ノ゙゙'v;ジi, _,レ'゙リ、,_        ./,/;'|
 、 .i, ヽ、,\j゙ ',r''i;'i,./゙i゙ .リ |゙゙フ ./  `゙゙ヽ、    ‐'"'シ/./     取りあげられてるが、
  .ヽ;、 ヽ, ゙"''| /i''ヾ,_>, Y'゙_/;;;i∠--u_  .i-'-、、、r‐';、-'゙∠、
  ヽ;゙ヽ、゙;-、| .i ゙'(~)j'゙`ヾ;'ー',ニ=ニ゙`ヾ! ./゙、、、、-‐'"_/゙       こんな最初の1番はイヤだ……。
  ゙ヽ、,_  i u i,-‐'ラ゙ .`iヾ‐i,,,(~),二ジ j、,、、、--ジ´  ,、ジ
    | ̄フi, .) ヾ、   \   ,./ /゙、,゙ヽ,、‐'_,,、‐'/
    |//V゙ .i`゙''ヽ, u,、‐''"゙/ ,ノi,、,,__゙ー-----_/
   / /゙ ,ィ》,  '-、 ノ  //  ,./゙ヽ.ヾヽ,゙ヽニニニ、,,_
   /././//'゙i, .゙'  ,、-i=-‐''´ ,>, ヽ、゙'‐'---、、,,_  二ヽ,
  ./ /;/,/゙/ .j゙''''"゙´,、‐'゙´ ,、‐'゙  .゙'ラ―--‐‐'"´‐''" ̄ ̄ヾ
  i ./゙,/i,、i、_  ,r‐'"  /''゙  _,,、-‐'゙    ./´     _,,、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   もはや新王朝の落日は日に日に濃くなってきた。

   エピローグに入る前に、再び本編で触れられなかった史実の小エピソードを

   取りあげていこうと思う。

.

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<後編> ―高獲伝―の続きです。

77 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:17:44 ID:7Dj.GLoI0



━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻

      番外編 「燭怪」 エピローグ ―王昭君伝― 

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻


―――天鳳三年(西暦16年)、10月。


  [ 太学の寄宿舎 ]           _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
                         \                                  /
          ___            < ライトニング・バトル・マスター!             >
          |__:|_|           <                            >
 ニニニニニニニニニニ|   | |ニニニ∧       < また新たな怪異ネタが見つかったぞ!   .>
/_________.|__レ___/ ∧       /                                  \
___________/   ∧       ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
__________/ _ ∧ニニニニニニニニニ/^\ニニニニニニl
___________/  |_|_| ∧____/  _  \____\
__________/   |_|_|  ゝ_____|_|_|_|_|____\
_________/    ̄   \_____________\
     __    :::|||    _   | ̄                   .| ̄
 エ エ::|:|_|_|:|エ :エ|||    |_|_| ェェ| ____       ____     :|
  エ::: |:|_|_|:| エ |||    |_|_|   | ||_|_|||_|_||      ||_|_|||_|_||   .:|
.       ̄ ̄   ::|||ェェ   ̄   | ||_|_|||_|_||      ||_|_|||_|_||   .:|
78 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:21:18 ID:7Dj.GLoI0

          _ {.へ__  ___         )        { { {
         ,...:ァ:::::::::::::::::::::::`:..< ┐               '、 ヽ∩
      ,.:´:::::/::::::::/::::/:::::::::::::::::\              __ }  ∨
   /:::::::::::::::::::::/::::人:::::::::::ヽ:::::::ヽ               //∧ヘ   !   宮廷内の朱雀門が一日中
   /:::::::::::::/:::::::://::/ ヽ::::!:::∧::::::::ヽ        /////∧ ヽ ノ
  /::::::::::::::;::::::::/:/レ≧z_ V:::Aレ:::::::ヽヽ      ,<////////∨     ひとりでに怪音を発してたらしい!!
  j:::::::::::::::i::::::::レ「r{  ̄', 川 fハ〉!::::::ハ     <////////////>
  ィ::::/::::::rj:::::::〈 { L  ┘ }____じ {:::ヽ:\ ////////////> ´
 ハ:::::::/::/::/::::ハ/―  ̄  ' `ヾ::} }:>////////////
  ハ::::::::/::/::::::〈    _  rァ....┴<////////////          さっそく宮廷に侵入して
   \ハ:::ハ::::::::>:77///7/////////////////
      ∠彡/////////////////////> ´              ジャイアン
      //////////////////////// ´               音響妖怪 を退治と行こうじゃないか!
     /////////////////////// r{ヽ r、

                 【高獲】

             字は敬公。豫州 汝南の人。

           謎の太学生。やる夫とは同い年。
.
79 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:22:07 ID:7Dj.GLoI0


 [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||               ||               ||
  ||               ||               ||
  ||               ||               ||
  ||               ||               ||
  ||               ||               ||    ……単に建てつけ悪いだけじゃないかお?
  ||               ||               ||
  ||====================||===================||
  ||            / ̄ ̄ ̄ \           ||    つーか、
  ||          /::::::::::::::::    \     ,~~, ||
  ||         /::::::::::::::::       \  (:#:#:#{. ||    やる夫は燭怪事件でもう懲りたから
  ||         |::::::::::::::::::::::::         |  /⌒)#}.||
  ||         \::::::::::::::::        / /  /#/ .||    暇な日は部屋の掃除と洗濯に当てるお。
  ||          | :::::::::::::::      ̄ ̄ / ̄´.  ||
 [ニ二二二二二二 |  :::::::::::::       |--‐‐'ニニニニニ]
            |  ::::::::::     |.  キュッキュッ      寮暮らしは自由な半面、家事は自己責任だし。

            【劉秀 やる夫】

          太学生。長安留学3年目。

.
80 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:23:25 ID:7Dj.GLoI0

        /    ,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::...、   _
      (  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\/ \
       ∨::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽイ
.        /::::::::/::::::i::::::::::::j:::::::::::::::::::::';:::::::::::l::}
      /::::::::/:::/:::{::::::::::::}:::::::';:::::::::::::i:::::::::::}::}
     ,彳::::::/:::/-、i:::::::::::ハ:::∧:::::::::::j::::::::::j:::}      夢多き学生のくせに、生々しい事言うね。
    ノ !::i::::i::::ハ―ヘ::::V 二ヾ、:!::::::::::;::::::::::/::ヽ
      V:::::i:::ハ!`i !\{ ィテfト;:::::::::ハ:::::〃::::}             ピッキング
      ハ::::::ゝ-┘j,    込ソ j::::::::j ,イ:://:::::::}     宮廷内を 鬼門遁甲 で突き進み、
          {::::::ゝ ̄ , ̄` ー-、 /::::::/::://:::::ノノ
        V:::\         ィ:::::/._ 彡‐"      謎を解き明かすのは少年少女のロマンじゃない?
      /`\{ー> ^_  イ:/rT } }┐
.      /   ヽ  ヽ  \ /  り    ノ;\
.      /     ヽ  /⌒ヾ:⌒Y    イ;/  }
     {     ヽ/: : : : :∨: : {   イ j;'  j      ついでにお宝探しも燃えるよ。
     ヽ     (: : : : : : /∧: j三ヨ〃   ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \       宮廷への不法侵入と、窃盗は処刑の上、連座までつくお。
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) U  |     マジ洒落になんないからやめとけお。
    \    (__人__) .  /
     /    _,__,__,_    ヽ
  (( ヽ、二)〉ヾヾヾ(⌒ニノ ))    勝手にやっても、やる夫は止めたからおー。
         ij´`´u 。
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.      |       .|
.        |      |
       |_____|
81 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:27:14 ID:7Dj.GLoI0

            /   /:ヽ: : : : : : : : : :`Y⌒i
            /  /: : ;ィ≠‐: ‐. 、: : : : ::}/ヽ
              /: : :/: : /: : : : 、: :\: : : : :v:∧
           /: : :/:/: : : i: : :} : v: : V: : }:ハ: : i
            /: : /:/:: : : ::|: : :iv: :V: : V: i: :}V:}
           ノ: : :; ::{: : : : ::i: : :i: V: }: : ::}: i!: i .}:}     一人で遊ぶのはつまんないよー。
           }: : : : r、 /i: ri: : :{: : ヽi!: : i`i::/ j: :i
           iハfヘ{ {〈 {: { i: : :{_\{゙i: ::j /{ , : :}
            ,ィ`トヽ` ` V: { ≠'!: :i!'^` /:/}:!    じゃあ、掃除手伝うから
             ;ニニ ≧、__  / V ̄ ‐j: :/7.、ムィ .リ
              {ニニニ/ニニム>号 ィ }/ニiニニヽ、     その後で冒険の旅に出かけよう。
          .iニニ/ニニニ ムr厶r‐ くニニi!ニニニニヽ
          fニ ,ィニニニニニ/ヽ_/、   ヽ7ニニニニニ.}
         j/ニニニニニ/‐' }{    /ニニニニニ/
         /ニニニニニニ/、  jj 、   /ニニニニニ/



           __ ィ≦ニニニニニニニニニニニニ./ニf    ‐-、
           / /=ミrf= /=ミji}、` <ニニニニ iニ /   __,ナ‐、
       ./__./__ /ニ{ /  /i{ `ト }} マニマニ{ニ,      ___,ノ
      /- '´./  /.ハム} ̄ }}}` {___}}`トマ.ム`¨´
       //≦./ニミ./__.マi=='ニミ、}  }}`! マ.}        まず、桶の水を足しておくね。
     /7´ ._/ --f }<ニ}  }} `f==}}i、i⌒マ!
     ; イ´__j_ jニ!\_jr T「ヽj! ̄ }}}ト==i!          ハイリヒヴァッサー
    {_jr'´ 廴ノ、 _ヽ  } , -- 、j f― }}}-v-ヘ        邪悪なる聖水放出!!
    レー' i     乂T k‐⌒>{{_ }}} v__ヘ
    `く |         }!   乂_j{ ̄ 7__}-ヘ
     ´i!ィ≦ニニニ≧ 、ハ  __  ̄ }  r┘ ジョボボボボ…
        マニニニニニニニ}‐ マニニニニニニ≧}⌒`
       マニニニニニニi!   マニニニニニニニ!
82 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:27:54 ID:7Dj.GLoI0

          ___
        /      \
       / ―‐    ― \       え……お前、今どこから
     /  ( ○)   (○) \
    | U    (_人__)   |     水出したお……。
     \      ` ⌒ '   /
     〃⌒k          \
     |    \         | |
     |  \  \        | |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       ___/     \
                 ..:: :: :: :: :: ::ノ>、__.xヘ_ ¦
              .::: ::/ :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ:`く__〉i|
             /:: ::/ :: ::/ :: :/: :: :: :: :: :: :: \リ    私はちゃんと後世の列伝でも
               /:: :: :: :: i/ :: :/::./: :: :: ; }:: :: ::∨
            /:: ::. ::i:: : |::..イ⌒|:: :: ::/イ::│ :: |
              厶イ::/´|:: :i|/__|/ 小:: :/:=|::八 :i::|     「雨を降らすことができる」能力があると
             |八_,|:: :i|__ノ__V气。イ:: :/|::|
               V7|:: :i| ""   ' \У: 厶レ 〉    書かれてるのさ!
               人:从  ( フ  /:: / |/ / /)
            /  ̄ \:>ァrー=≦|:: 八/ _//
               /       V⌒{)⌒\|∧Y つ'二}    鬼神を使役して、ちょっとスッキリしただけだよ。
           /|,      \| /}     〉_l人 `'ーノ
             {_j         ∨ノ  _/|_,,| {` T゙
83 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/03(日) 20:30:45 ID:7Dj.GLoI0


            / ̄ ̄ ̄\
          /     l|l|l| \     ……お前の降らす雨は黄色でアンモニア臭が
         /  ─   \   ヽ
         |  (●)  (●)   |   すんのかお……。
         \  (__人__)   __,/
         /  ` ⌒´    |
        / y         / |     殴られたく無けりゃ桶の水、ちゃんと井戸から
        / / |ξξξ/ /  |
   (⌒,,)~~~~~(⌒,,)   .|     汲み直して来いお。
   /            /     |
  ./            /     |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ちなみに朱雀門の怪異事件は、王莽におもねる官僚達が

   新しい人材を増やさせるための予兆として利用し。

   正体は謎のまま、お蔵入りした。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<エピローグ> ―王昭君伝―”の続きを読む

スポンサーサイト

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<後編> ―高獲伝―

2013.12.14 (Sat.)
774 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 21:13:19 ID:ilYk0kDE0



━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻

           番外編 「燭怪」<後篇>  ―高獲伝―

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻

                      ー―''⌒ヽ
                         -┴―-  ___
                    {ー'´: : : : : : : : : : :{ }`>    話の途中だが、こっから
                    / : : /: : |:..:.、|: : i: :ヾ⌒:,
                 ー=彡:.: イ: : : |: : :.|: : |: : : |: : |    小説原作の創作パートだ。
                   >{:/-{:、: 厶: :..|: : |: : : |: : |
           ,:⌒i___       /::「 ̄|リーヘ::|: : |_: :: |: : | ニ=-
            {  ___}      |::::{_,| 艾亥|: : | }:::::|: : |       ニ=-
           ゝ.ノ      ゞ:ヘ  `¨¨¨¨|: :/ィ{ノヾ:ノ⌒ヽ        ニ=- γ...ヽ  放火事件は史実に無いので
                ,,  ̄`/i:≧号‐≦{イ:i:i:ハ ´: : : : `¨¨`丶、         ゝ_,.イ
             ,, ´ ̄ ̄/、:/¨¨¨`yi:i:i:i:i:i:i:i:iム: :ヾ(: : : : : : ` 丶 、   |   |  悪しからず。
          __/´ ̄ `ヽ  ー'   ヽ/、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム: : : : : : :⌒⌒ : :..ヽ  |   |
     ,, --- ´ /: : : (⌒__): : :` 丶、  (ヽ__> ´  ̄ `ヾ}: : : : : : : : : : : ノ   |   |
   / ) : :(゚ω゚)/: : ,、_,、 : : : : : : : : __:\     \    \: : : : : : ( : : : : / ヽ .|   |
 .::'゜ー'゜ : : : : 、 : :..(゚ω゚) : : : :,、_,、(___ ヽ:\       ̄ ̄ `ヾ: : : : } : :../  -‐  |   |
 |: :r~y : : 、ノ ): : : : : : : : : : :(゚ω゚): : : : : : : :ー―――  ____  \ ̄ ̄~~        _|   |
 |: :ー‐′: : :_´__ : : : :_,ノ ):_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_(⌒): : : (゚ω゚): ノ ) : }    {       -‐        |
 {⌒ヽ: : : : :ゝ _): : : : ´: : : _,ノ ): : : : :,、_,、 : : : : : : : : ,、_,、: : }   }:-‐       ニ=- |   |
 `「ヽ::}⌒ヽ : : : : : : : : :r~ 、: : : : : : :(゚ω゚): : (⌒): : (゚ω゚)イ}__ ノ ニ=-        |   |
.  |   |ー‐::::::⌒ヽ:_:_: : :`⌒´: : : : : : : : : : : : : : : : :_:,,'"⌒::::/=-               |__|
.  |__|   `ー~ :::}⌒ゝ:_:_:_:_: :(⌒) ノ ): : :_:_:_,ノ:::{:::::::ノ―′
            ー―ヘ:::::::::}¨¨¨i¨¨¨¨¨{:::::::j{::ノ⌒

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<中編> ―孫建伝―の続きです。

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<後編> ―高獲伝―”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<中編> ―孫建伝―

2013.12.14 (Sat.)
664 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:47:49 ID:ilYk0kDE0


では、投下します。およそ半分投下して明日に分けますのでよろしゅう。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻

           番外編 「燭怪」<中篇> ―孫建伝―

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻

           ヽ_/{ /__/{    |||
            /  {_   人    |||                            ミ「|彡
           \_< , _<   |||                         ミ|:|彡
               ||  ̄  ''⌒   |||                            ミ|:|彡
     〈〉       ||           |||                         |:|
      |⌒{_r―ァ ; ||            |||                             |:|     /L   _
,   ,, ト┐  <   ||  ,        |||                                |:|    / /  ̄/ /
,     |   ̄ ̄⌒ , ||     ,      |||                             |:|   / /   / / _
,      |   ;|;|  , ; ||         |||                           |:| / /   / / |:|\_
,,    |   |;|     ||          |||                              |:|/ /   / /  |:ト _「
     |   ;十ト ,   |,;||           |||                                / /   / /   |:|
      |   ;;|| , l || ,         |||                        _,/7_   / /   / /   |:|
    ;|     |l   | , ||        |||                        7/´   ,/ /   / /   |:|
     ;|     ;||  |  ||         |||                         //  , / /   / /,     |:|
;;  ;; |  _ || | ;|| _ _    |||                      //  , / /   / / ,,_ ; |:|
  ミ | /ートハ|| , |  ,ハ/ハー〈}   |||                        //  , / /   / //∠   |:|
    (|     || ⌒ヘ/ V ⌒人〈\三||| ⌒「ハヽ∠ ̄> ⌒>L,_ _ //  , / /   / /   <  |:|  へ_
  ̄ ̄7Уー―|| ム/\ \  \へ{ |||   / >―く //⌒ヽ\/介ミヽ,/ /   / / У⌒∠⌒ヽへ〃 >
  ̄ ̄ \_ 从乂彡 /_ァ‐ ァ ⌒>、_,||| _ <X _ 〉ミx/ 「三/ ん/  / /   / /   /    ̄У〃 //
     /  > x 林彡<〃〃 /⌒  ||| / > _「人 } }\ ̄/  ん/  / /   / /   ムヘ   ∠二二ヽ
   〃     / ⌒ > 、  \// x/ ||| / /{{⌒V ヽ ,|  У⌒んム ,/ /   / /   ノ_ > ―‐ 、

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<前編> ―劉信伝―の続きです。

665 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:49:04 ID:ilYk0kDE0


   王莽は、前漢の有力皇族・劉信らを滅ぼし。

   その勢いで、とうとう前漢の簒奪を決行した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           /     ヽ
                           |  ┳嬰┳  ||
                           |  (゚ー゚*)   ||
                            |  ψ y φ   ||
                           _| iソ ノψヾi   ||__
                    ____ / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /|_____
                __/  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   //   /|____
               / /    |_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //  /|
             / /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄     // ./ /
            /  |二二二二 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二|/ / /
          /          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             / /
       ____二二二二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二二二|/
        .||.|王莽|.||         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ==={==lニl=〈===    麻呂は、仮皇帝(摂政)として陛下を助けたかったのに。
       (  ゚Д゚)
       (  ̄)))~).      天命と民の切望に迫られ、
.       / _ハ__゙i
       /ニニニニi      陛下に代わり、天子にならねばならなくなったでおじゃる。


  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧                  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_
 (    )(    )(    )                   (    )(    )(    )(
_∧ ∧_∧  ∧_∧   )                  (  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧
    )(    )(    )  |
666 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:49:55 ID:ilYk0kDE0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   王莽は、平和的革命を演出するため。

   伝説時代の五帝が行ったという帝位譲渡の儀式、禅譲(ぜんじょう)を復活させ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 堯です。   |  舜です。    !   / 禹です。      \
         .|  禹に禅譲   |  |              |
 舜へ禅譲  |  しますた。  |  | 禅譲もうダサくね? !
 初めますた ./\___ __/  | 子に相続させるわ  |
__ ____./       V      \__ ______./
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、       V
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j  /ミ`┴'彡\

 【堯(ぎょう)】   【舜(しゅん)】    【禹(う)】

        伝説時代の名君トリオ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
667 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:51:07 ID:ilYk0kDE0


   徳の無い幼帝( 赤子に徳を問う方がおかしい話だが )から、

   徳の高い自分へ帝位を譲らせる代わり。

   定安侯の位が劉嬰に与えられ、長く賓客扱いすると王莽は宣誓した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           |         ||
                            |         ||
                           _|         ||__
                    ____ / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /|_____
                __/  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   //   /|____
               / /    |_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //  /|
             / /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄     // ./ /
            /  |二二二二 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二|/ / /
          /          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             / /
       ____二二二二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二二二|/
        .||.|王莽|.||         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ==={==lニl=〈===
       ( TДT)       ┳嬰┳ ?
       (  ̄)))~).      (゚ー゚*)
.       / _ハ__゙i       ψ y φ
       /ニニニニi      iソ ノψヾi
            ∧
    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     | これからは孺子が麻呂に             .|
     |                            |
     | 臣下の礼を尽くさねばならぬでおじゃる。   |
     |                            |
     | おお!天命とは残酷でおじゃるなあ。    |
     ゝ___________________,ノ
668 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:52:42 ID:ilYk0kDE0


  --                 , -'"  ̄ ` 丶、  /   定   赤  孺
  ─--            /         \|    安   ち  子
               /            |    侯   ゃ  だ
  ───           i   _ _     _ _   ヽ_  と   ん  と
   ̄ ̄         | /二`     "二ヽ、 |  〉 呼  で  ?
              _|  _,ィiュミ   r_,ィiュミ  レ-| べ  は
  二二二         ヾ!   - ' r  `ヽ  ̄´  | ∧     な
  ── ___      ゙!  〃  ^ ^  ヽ   l-/  〉    く
   ま             i   { ='"三二T冫  /´_ノ/\__
   さ  二ニ    _,ィヘ  ヽ ヾ== 彳   /:::/`ー- 、
   に     _, ィ´:::::/ l\ ト、 ー一 / /::/      \
   外     /  |::::::::: ̄ ̄ ̄::`ー=彳_∠ _      ヽ
   道   /   |::::::::::::::::::::::::::::(‥):::〈_     \       l
      r'"`丶、 |:::::::::/:::/::::´:::::::::::::::::(_     ト、      |
  _/ / `ー 、 \|::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::(_      \   \

              【劉嬰(りゅうえい)】

          もと前漢の第14代皇帝。3歳。

       新たな爵位は、南の果て、交州の定安侯。
.
669 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:54:09 ID:ilYk0kDE0

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     あ、はいでおじゃる……。
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l    ( ウゼエ。
                 l   ,.,__、   U ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′     殺しはしないが
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/         封地は流刑地も同然。
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、     どうせ後は、会う事もないでおじゃろう…… )
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
  ,イ´     /        /               /
  / /       /         /            /

                【王莽】

             もと前漢の仮皇帝。

            現、新王朝の真皇帝。
.
670 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:55:15 ID:ilYk0kDE0

   \ヽ l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l //
   \                                                /
   二     /    /   /  | / ̄7l l _  / ̄7l l _|_           二
   ―   _/|  _/|    /   |  \/   ― / \/    |  ―――     ―
   二      |    |  /    |   丿   _/  /     丿           二
   //                                               \
    // l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ヽ\

   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|   i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、  .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. 丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi.
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ 'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i     ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \   ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   『漢書』によると、儀式の場にいた百官は感動の涙を流したという。
.
671 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:56:05 ID:ilYk0kDE0


   感情的に言えば長年前漢に仕えてきた老臣以外に、泣く要素は無いのだが

   禅譲の形式は伝説時代から引っ張って来たもので、まだ細かい決まりが無い。


   そこで王莽は、臣下に前もって命じるかして、哭礼の儀式を加えてみたのかも知れない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ|
   |丶、;;; _;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,: ィ";_|
  .ト、;;;;;;` ` '' ー --- ‐ '' ";;;;;:ィ;:;!
  {;:``' 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - -'ヽ;:;:;;;{
  l;:;:;:;:;ミ  _` '' ー -‐ '"   リ;:;:l     こらこら、まだ皆が泣くタイミングではおじゃらぬ!
  |;;;;;;r゙ '´゙゛゙゛゙`ヽ  /'゙゙゙゙゛`ヽ';;;;|
 rヾ;;;;;|   r旬-、   ィ旬-、  |;;|
 |`ヽ;;;|   ` ̄´   i`─'゙   };|´)
 ヽ |::|    / r   '、  u  !:| /    変なアドリブ入ってズレただけで、
  !、 |:} し   弋r、_r-ノ    |:lノ
   `'|    ,ィ'    ヽ    /´     この後、麻呂が孺子の手を取り
    |     | ,ィ==、 `、 U/
    |   ヽ. ヽi}⌒⌒}lノ  ./       最後の宣誓をするから、その後でおじゃる!
   ./|ヽ u ヽ 弋、ェェェノノ /::/
 ,r'゙^| | \ 、 `──'´ノ/
´ ヽ{::::::|  \ヾ、   ノ'゙/::::\
672 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:56:49 ID:ilYk0kDE0


       │    ○     / ̄ /
       ├──     / ==/
       │            /     〇  〇  〇
       └──      /

  あ、リテイクだってさ。リテイクー。
                                            泣き方やめー。
       ∩      ∩        ∩       ∩         ∩
   ( ゚Д゚) |   ( ゚Д゚) |     ( ゚Д゚) |    ( ゚Д゚) |    ( ゚Д゚) |    次から本番。
   (    ノ   (     ノ    (    ノ   (     ノ    (     ノ
    |   |    |   |     |   |      |   |     |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;」
 ├r―――┴――一 ''' ""三 ̄´::::::ヾ
 /::{  ィ'三)   (三ヽ   ,ッミ::::::::::::::::ヽ
 {:::シ ~´           `ヾ、:::::::::::::::::l
 l:::l ,. ニ 、 :.  .: ,r ニ 、   ミ:::::::::::::ム、    頼むでおじゃるよー。
 l:::! 'イでiン、 : :. ,イでiンゞ:.:.  ミ::::::::::/^い
. l::l :.`^"´ノ.:  :. ヽ`~´ノ:.:.:.  ミ:::::::イ  リl
. ヾ! ` " ´ /  ::. ` ´     ミ:::::/ム_ノ/    麻呂、噛まずに宣誓文言い終えるのに
  'i,     ,'  '^ヽ       ミ::::l 'ー' /
   'i    ヾ'ー ''"く、   U  j::::クーf′    必死なんでおじゃるからー。
   l        `ヽ     {:::リlミ:::ヽ、
   ヽヽ ,ィニニ丶、_ ゙:      "´fミ≧ゞ
     ヽ ^ヾ二´ノ´ _,ィ ,.ッ  //イぅ-、
     丶 `"   "´  ,/ ,.ィ" , -‐'",ノヽ
      `ト、 ___,, ィ"彡,r'´ , -'":.:.:.:.ヽ
       l    =ニ彡,ァ'",-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L..、、
673 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/02/01(金) 19:57:37 ID:ilYk0kDE0

   \ヽ l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l //
   \                                                /
   二     /    /   /  | / ̄7l l _  / ̄7l l _|_           二
   ―   _/|  _/|    /   |  \/   ― / \/    |  ―――     ―
   二      |    |  /    |   丿   _/  /     丿           二
   //                                               \
    // l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ヽ\

   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|   i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、  .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. 丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi.
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ 'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i     ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \   ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ちなみに禅譲の完成形は、後漢から魏に政権が移行される時に行われたのが

   後世の手本になったという。


   詳細は他の三国志スレ様で解説してると思うので、当スレでは省略。
.

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<中編> ―孫建伝―”の続きを読む

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<前編> ―劉信伝―

2013.12.14 (Sat.)
417 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/01/24(木) 20:22:19 ID:2UfvSxCw0



ゲリラ投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻

      番外編 「燭怪(しょくかい)」<前編> ―劉信伝―

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻
                    
                     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
                   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ|
                /´ ̄ ̄``'ー-.、、,ィ      ヽ、__ _.,,、、-‐''"´ ̄ ̄`ヽ
               /;;"":.:.:.:.:.:,:.'.:.:.:.:/         \:.:.:.:,:.:.:':.,:::.:.:."':.:.:.:.:':i
               ;':::.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:::|  (●)  (●)  |:.:.;,:.:.:.:.:.:',::::.:.:.:.:.:.:.:,:.i,
             i::::.:.:':.:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:::、   トェェェェェェェイ  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,
              i::::.:.:.:.:.:.:.:.:.';.: _,、-<:.ヽ、 ヽェェェェェ/ '´ヽ, ;,;,:.:.:.:.:.:.;::::.:.:.:.:.:.'.:.:.:.i
              !::::::.:.:.;,;,;. ,r'´三/:.:.ヽ:.:,{iヾ;,`ー;≦;、i:.:.:.;.ィ:t:.、_ :.:.:.;;::::.〃:.:.:.:.:.:.:i
            i!:::::.:.:''':. /:.i;三/:.:.:.:.〈:.:.iヾ、リニ《::::::;リ:r'゙i:.l:.:.i,三ヽ, ;::::.:.:.:.:.:.:.゙.:.:.;i:
              {:;:::.:.:.: ,/:.:.:.:i;ニi:.:.:.:.:.:.:ヽ;':,:::::::::::::~テン´:.∪:.:.:i三ミ/':, ::.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.
               i::::::: ,,f゙、:.:,;_:.:'i;i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾi;:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.i;ニ/:.:.:.'-、 ;,;,:.:.:.:.:;{{l
              i゙::: ,r゙ー:. :.:..:.:.'':.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;.:i:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:i/:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.,,,,_ :.:.:.l,
          ,.、‐-゙、-.、:.:ヽ:.:.:''''}:.:.:.:.;,:.;.:.:.:':.:.〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i;ノ:.:/.:.:.:.:.;.r'シ--、ヽ, l
        _,,,,,,/、:::::::::::::':,. ';.:.';.':;.:.,{-、;.:.;,.ノ:,;,、r';,;,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.ソ:.:,;〃i:./,.:'´: ̄`ヾ,
     ,〃/::::;::::::::';::::::::::::;!,ノ;;;;!;;ノ" )::::';:::'':.:.:.:.:'、ー:.:.:.:.:.:'':':.:.:.:.:.:.:i ̄``ー-'、j,{:;、‐'''''''ヽ:;;〉
   _{::i:::i:::i゙フ:;:、-'ー‐-::':::`~ '-、::: '、;,:.-:.:.=-:,ノ:.:;,;:.:-:.:,;,.. :.:.:.:.〈 ::::::::::::: ,r-;!:::ri:::i';::':,':;ヽ,_
  ./´::`゙ーゝ'^;':::::::::_;;;:、、--‐‐‐‐‐‐-゙'、ー=:、;,:.:.};ニ-::'''_;,、===<:;;;_ ::::: ;゙::::::ヽ:;)i:::i 〉::〉i'i;jヾ;、
 /;:;r''´;;`ヽ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓:.:.:.:.゙i:i:
/:::i::::i゙:::::゙i::::┃ これは王莽の黄金時代から始まる、とある怪異な話である  .┃:.:':.:.;!;!
:::;;:ヽ;;゙''''"ノi┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛:.:.://
´::`;::::: ̄: r゙、:,;,;,ノ: /ニ"::::〉、\::::::;::n::\i:::i:_;,;,;,;_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;,ノ'':.:.:.i:.:.:.:.:.:;!:i:i:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.rツ-
'ー::'、_;;r:、 ;!\\_;r'、、::::Y、:::::\\::;;~:::::;;;ヾ、__;,;,;, ̄二ニ~-~:゙i:.:.:.:.:.:.:`:‐-/.::l:l:.:.:.:.:.:.:.:.'':.ll

やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 ―班超伝、和帝紀― 第52話。の後に投下された内容です。

418 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/01/24(木) 20:23:19 ID:2UfvSxCw0


―――居摂元年(西暦6年)。


   前年、前漢の14代皇帝・平帝が未央宮で死亡。14歳。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   [ 前漢の首都 司隷 長安 ]

      *             ┼
        ,~-,~-,~--,
   十    |_ 長  安  |      +
       _|_~~~~~~~~~~~~        ┼   *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
419 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/01/24(木) 20:25:51 ID:2UfvSxCw0


    次期皇帝、劉嬰は2歳のため、外戚の王莽が摂政として補佐する事となった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ┏────────┓
                        |    l     ヽ 廾   |
                        |  ー人一  丶中  |
                        |  ノ  ヽ、  ,ノ 夫  |
                       ..┗────────┛
                             / ̄ヽ、
                           /     ヽ
                           |  ┳嬰┳  ||
                           |  (゚ー゚*)   ||
                            |  ψ y φ   ||
                           _| iソ ノψヾi   ||__
                    ____ / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /|_____
                __/  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   //   /|____
               / /    |_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //  /|
             / /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄     // ./ /
            /  |二二二二 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二|/ / /
          /          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             / /
       ____二二二二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二二二|/
        .||.|王莽|.||         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ==={==lニl=〈===
       (  ゚Д゚)    先帝は、麻呂の手厚い看護の甲斐なくお隠れになった。
       (  ̄)))~).
.       / _ハ__゙i    大変遺憾でおじゃる……。
       /ニニニニi

  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧                  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_
 (    )(    )(    )                   (    )(    )(    )(
_∧ ∧_∧  ∧_∧   )                  (  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧
    )(    )(    )  |                   | .(    )(    )(    )(
420 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/01/24(木) 20:27:32 ID:2UfvSxCw0

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉    だが国事にある者、いつまでも
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l    悲嘆と喪中に明け暮れる訳にもいかぬ。
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/    今上陛下のため、麻呂は
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/       いにしえの周公のごとく支え
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,       国家の大事に当りたいでおじゃる!!!
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_

                【王莽】

            字は巨君。平帝の舅。

         官位は、大司馬(国防大臣)兼、

    *四輔(しほ:三公より上位職)の太傅(皇帝の師)。

            爵位は安漢公。
.
421 名前: ◆FVgnd.HyPc :2013/01/24(木) 20:28:00 ID:2UfvSxCw0


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ■解説■


      四輔は周王朝の制度を真似て、前漢の初期に設置されたもの。ただし

      その後、適任者が無く、風化してたのを王莽が元始元年(西暦1年)に復活させた。

      太傅の他に太師(皇帝の師2)、太保(皇帝のお守役)、少傅(皇太子の師)がある。


      その後の王朝でも置かれたが、適任者が無ければ空位のままとされ、
      特に実権のない名誉職だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           / /  r  ヽi /⌒i 、 ヽ    i ヽ、
         / /   i /`ヽ レ´ヽi i  i  ヽ  ヽ   ヽ
          } 〃 i / i i`'ミッ、iュ〃i l i ヽ  ヽ   { ヾ l
        _,ム/ / /i i.i   ;   l.i.l ', 、 ヽ  ヽ, 、i_ i.l
       ̄_タ ノ / /i.l.   i!.  /l!i!、 i ヽ_   ヽ ヽ__lェ、_        宮廷内争いに利用される以外、
      ≠ュ_ーノi. /_i.l 、  i!  /:i! i!i i  i ヽ_、__ヽ__ェュ、
    ---クー'´/ノ./lヽ弋i、   f´__i__i!.i l  ヽヽiヽヽ、 ヾ、__,       ほぼ日の目を見ない官職だからな。
   _,孑二フ'´ /.//l ノ ̄`'}  i_ク:(__):::i l、ヽ ヽ ヽ ヾi、___,辷ノ
 _  _,/  ̄ク  イ /l    /  l: :ヽ、__ ,i lヽ,ヽ ' ,' ,_ ___ヽ_, ̄ ̄\
   ̄    ` ̄ ̄l イiヽ  く、  ヽ、: : : : :ヽi: :iヽ、ヽ、 `ヽュ___   ヽ
        / l/i冫ヽ  、   ヽ: : _: :ハi: i/i`〉lヽr-ー ' ´_,   }   ググっても有名人が
       /  >ノ//ヽ,  . ̄   ヽ l: : ///i /l  〉、弋千   l
       ヽ  、_/ / / ヽ   _, -.´::´ / /i/ l  lヽ、___ァ孑´ l    自分ぐらいしか出て来ないし。
 、      ヽ  フ/  イ/  `ヱ´::::::::::  ノフ//i l  l }      l
  ヽ      i .//  イ/ / ,iヽ、 __ , .-'´:::::iノl /  イi ./      l
 --ヘ_      l/ /l/l //:::i::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ /  /l./       l

              【聞仲(ぶんちゅう)】

       殷王朝の太師。『封神演義』の中の武将。

             史実にはいない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

“やる夫と後漢初頭を生きるようでス。 番外編「燭怪」<前編> ―劉信伝―”の続きを読む

AAで語る中世ロシア史 番外編「オリガとその一族 その3」

2013.12.14 (Sat.)
579 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2013/11/28(木) 21:00:25 ID:.G/jG8no0



 すでに日数が過ぎていますが、ロシア史ニュースをお知らせします。

 「タタールのくびき」という言葉が、この世代で消える事になりました。


【「タタールのくびき」消える=ロシアの新歴史教科書】
ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=201310/2013103100077&g=int

                                    _
                                  ,. : ´: : : :ヽ         , =ミ
                               __ /: : : : : _:_:_:.:Y      rく_,ノ
                           .  ´    `  <    八     /:::::::/
                      , ‐==ミ∠、           \/        /:::::::/
                    〃: : : : :/              ‘,    /:x≦/
                    {{.: :.: :._ :′        i ハ }      . \   //☆/
                    |: : : :/ !     i    |{  }ハ i   i   . //,γ:⌒:ヽ
                   人: : :{  |   , ハ i 八 /  }ノ イ |{   i|////{: : : : : }   rく⌒Y
                  /   ̄ ̄ハ   j/ Ⅵ/    ● | 八 八Y/,'人:_:_:_ノ    /::::::7
               .  .′    八 丶 { ●   .    レ' 厶イ  }///////,イ:`Y′:::/
                 i           ーⅥ     ヽ /    /_}}  |///,>ニニ,|:::::::::::::/
                 |           ⌒ヽ       イ }  ̄   八{:::}ニニニ| -‐=彡
                 、             r‐こ「 ̄ ̄ ̄ 人x≦二二二二二,/
               .   \            ゝ ノ    /  ト、\    `寸ソ
                    \           ⌒´ ̄      |  ー'
                       ー=ミ              ,
                          ヽ              /
                            ー――――― ´





          〉//    :i       、 ト、    ∨‘,
    .     ,' У    /|       :. | :|ヽ      .
    .       . ′  / / .   :i   i  ト、 :.     i
         i i   / /   、 :|   | jハ:i\:.   |
         | | -/j/― '"ヽ |ヽ  ̄|丈 jナ ‐ヽ ‘,:!       今の教科書はたしかに
         | |  ,/yfぢ斧x ヽ{  \ィ斧ミx  ,‘,| :!
         | {‘,| ゛弋:::ソ    \   弋:::ソ″,´ Ⅵ |       『モンゴル・タタールのくびき』っていう記述ダナ
    .       | ヽⅥ:.                 , ノ /  !
    .      |   \:.         '      /-‐'  :|
    .     |  i  ヽ      __     /     i |     …で、タタール系歴史家からの批判を受けて
          |   |   >   ´  `   .イ       : |
          |   |      r| `  ‐  ´|  !      | |       別の名前に変わるわけか。
          |   |    ,: :\___/ :, |     | |
          |   |   /: : :o/|:|:i:o : : \__     | |
       _,,-‐=ニ二{: : :o:.:./ :|:|:|: : o: : :/、__ ̄` ー- 、
      /: :.iゝ‐‐=≠:': :\: o/: : |:|:ヽ:o: /: : : : `i: ―-f: ‘,
 F¬≠=≡三三ニ≡=_ : : `:´: : :.|:|O `:´.: :-‐= ニ三三三ニ≠¬|
 |l        ̄¨¨ ¬ー-、ヾ\V⌒V/_,, -―¬ ¨¨ ̄      l|
 |l              {{ ̄ ̄ ̄ ̄}}                  l|
/.|l  ロシアの教科書   } |      | {  6年B組 さーにゃ  l|
l .|l                   | |      | |                  l|

.
580 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2013/11/28(木) 21:01:18 ID:.G/jG8no0


               ┏―――――――――――┓
☆*+―+*☆*+―+*☆*+   AAで語る 中世ロシア史  *☆*+―+*☆*+―+*☆
               ┗―――――――――――┛


            \   ∩___∩   /)   /∩___∩
              \  | ノ      ヽ  ( i )))/  | ノ --‐'  、_\
        ∩___∩\/  ●   ● | / /   / ,_;:;:;ノ、  ● |
        | ノ      ヽ \   ( _●_) .|ノ/ ,,・ |    ( _●_)  ミ
       /  ●   ● | \∧∧∧∧/ ¨ ,・ ,彡、   |∪|  ミ
       |    ( _●_)  ミ <    クマ > ’   /     ヽノ ̄ヽ
      彡、   |∪|  、`  < 予 し  >   /       /\ 〉
     / __  ヽノ /´>  <    か >   /        /
     ─────────< 感 い >──────────
        ./     /|  <   な >           〈⊃  }
      ∩    ∩/ : ::|  <  !!! い >   ∩___∩  |   |
      | ̄ ̄ ̄ ̄| : : ::::|::::: /∨∨∨∨\   | ノ      ヽ !   !
      |●    ●|:::::::::::|::/          \/  ●   ● |  /
      | (._●_.) |:::::: /    ∩ ∩    \   ( _●_)  ミ/
      |__|∪|._| /     (-(ェ)-)      \ |∪|  /
            /        (∩∩)        \ ノ /


☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆



          〇_〇
         (。・(エ)・。)
        ┏∪━━∪━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                ┃
        ┃     番外編 … 「 オリガとその一族 その3」    ┃
        ┃                                ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                    〇_〇
                                   (・(エ)・。`)
                                   ∪  ∪
                                    しー-J


まとめブログ様(やる夫之書)
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-81.html


.

AAで語る中世ロシア史 番外編「オリガとその一族 その2」の続きです。

“AAで語る中世ロシア史 番外編「オリガとその一族 その3」”の続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。