2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

「少年の恋心・青年の憂鬱」 サイドストーリー~もう一人の青年の思惑について~

2011.02.26 (Sat.)
295 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:54:52 ID:45iYXRVY
            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /     月さんサイド完成ー。投下します。
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \
296 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:55:09 ID:45iYXRVY



             ┏┓                                            ┏┓
             ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
             ┏╋────────────────────────────╋┓
             ┃|                                            |┃
             ┃|       「少年の恋心・青年の憂鬱」サイドストーリー         |┃
             ┃|                                            |┃
             ┃|            ~もう一人の青年の思惑について~           |┃
             ┃|                                            |┃
             ┗╋────────────────────────────╋┛
             ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
             ┗┛                                            ┗┛


「少年の恋心・青年の憂鬱」 最終話おまけ小話サイドストーリー~青年の恋心~の続きです。

297 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:55:28 ID:45iYXRVY

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |
  |:_|          //  \::::::::::::::::::::::::::::::::::┏              
  || ̄|          ∠/     \_____   僕が初めて「あの子」を見たのは、友人の家の前でのことだった。
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..|                                           ┛
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.




      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′     (ん、あれは…)
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/
    \、|ハ!
`丶    \
.   `丶  ヽ
       \}
         \
298 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:55:44 ID:45iYXRVY

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,                   (やらない夫、と…)
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



                  -  - 、
                  / (≡ ≡)ヽ
                  (ヽ (_人_)/^)                   (……誰だ、あの子?
              ヽ     /                     確かやらない夫には妹しかいなかったはずじゃ…)
.                |      |
              .し    J
299 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:55:59 ID:45iYXRVY


                       ┏
   / ̄ ̄\                なんとなく気になって、後日本人に聞いてみたところ
  / _ノ  ヽ、_ \                                                    ┛
. | ( ●)(● ) |   え、昨日一緒にいた男の子?
. |  (__人__)  │   あー、あの子はやる夫って言って、俺ん家の隣の子だろ。
  |   `⌒ ´   |   .うちのやらない子と同い年ってこともあって、よく一緒に遊んでんだよ
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /              ┏
   >     <                   とまあ、ごく普通の、ありふれた答えが返ってきた。
   |      |                                                ┛
    |      |




                        ┏
                          …と思えば
     / ̄ ̄\                            ┛
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)   いやー、いつも面倒見てるせいだとは思うけどさ、
    |     (__人__)    こないだなんか「しょーらいやる夫はやらない夫にーちゃんと結婚するんだおー」
   |      ` ⌒´ノ    なんて言ってくれてさ。可愛いもんだろ!
    ,|         }
  / ヽ       }
 く  く ヽ     ノ             ┏
   \ `'     く                面白くなりそうなネタを、自分から提供してくれるのだから
     ヽ、      |                 本当に、この美筆やらない夫という男は油断がならない。
      |       |                                                         ┛
300 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:56:13 ID:45iYXRVY

  ,. --── 、
////イl!lヽ:ヽ.\
:./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
.:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
/l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
.:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|
.:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
.:.|lハ:!       ,¨´/l./
.:|N    、__' ′/レ′
小! ヽ   ` ー'`, '|/!             __ __ _ __
Nト!  ヽ、___/    ┌─────┤ ll ll lL」────┐
、``''‐- 、」        | ─────‐しl|,. K_ソー'────│
、`ヽ、 │       | 通報しますたw`‐'            │
、\ \ |、      |─────── : ────── |
 \\  | \    |               :.           |




     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |    俺はなんもしてねええええええええよ!!!
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽu      }
     ヽ     ノ             ┏
     /    く                からかえば期待通りの反応をしてくれるのも、また面白いしね。
     |     \                                                           ┛
      |    |ヽ、二⌒)、
301 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:56:29 ID:45iYXRVY

   ┏
     ―――それから。
                 ┛


  ========================i'ーi''iii                   |
  ||        /  |||      /| | |||               |
  ||          /|||    /  | | |||               |
  ||        /  |||   / / | | ||.|                 |
  ||            |||. / /  | . | || |                .|
  ||            |||  /     .| .| || |                .|
  ||            |||      ,l ||| |           ._____ |
  ||______|||____|  ||||          |(=)| |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~, ―――‐ 、_____.   |;;;;;;| |
                     .|`ll ̄ ̄ ̄l |、,、___゛,、    |      ||\
 l|' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|l.         | .|l___l |.l|| ̄ ̄ ̄||     ,;|      ||.  \
 ||―‐(⌒⌒⌒)―‐||         .!、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||  ⊂,,⊃.    ||    \
 |,ノ´ ̄´⌒ ̄⌒⌒`ヽ、       . |`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|__.|   |      ||     ||
(  ノ           ヽ、 ̄ ̄ ̄!、||____________||||ニニニ,||   l,_,!\、   ||     ||
 ヽ  ' ,           ヽ,      ̄ ̄ ̄ ̄ ~      ~'       \.. ||     ||
  ヾ  ノ          ヽ       ________,,      \||i   0) ||
   ヾ  ノ          ヽ,      l\           \.      \.    ||
    ゝ   「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|       ll\\           \.       \、  ||
.      ヽ,,ノ|」――――――|」      '~ \l二二二二二二二二l         \..||
                            !|_|             !|_|.          \
                                                  \
.                                                     \
302 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:56:46 ID:45iYXRVY

                                                、 ノ 、
                                            ● ●) ヽ,,  √|_____
              魔王!せいぎのけんをうけてみるおー!     (人__) ノЖll|@|三二-――‐´>
                                              i    ´_ノ   廴| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                {     〈
                                            ` ~ヽ_)




    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l           ぐわああああああ!!
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ     や、やるな…だが私を倒しても第2第3の魔王が…
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶        ┏
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l          僕自身、あの子になんとなく興味がわいたこともあって
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l                                                 ┛
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l




        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::   u     |   ……
     . |:::::::::::     |   (月、ノリノリだなあ…何だあの倒れ方)
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }                 ヤルオト アソンデクレルノハ アリガタイ ケドサ
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ         ┏
        /:::::::::::: く                暇を見つけては、やる夫くんとの遊びに付き合わせてもらうようになった。
        |:::::::::::::::: \                                                           ┛
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
303 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:57:04 ID:45iYXRVY

     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l    ┏
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|       …残念ながら、大学に入ってからは研究やら何やらで忙しくなり、
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |      .遊びに行ける日はどんどん減っていってしまって。
    l  ,     |//ィ '| |       やる夫くんと顔を合わせる機会も、ほとんどなくなってしまったのだが。
    ヽ '-     / l、Ml7                                                    ┛
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ       ┏
     /                  \__       だけど一つ、わかったことがある。
    /                      ヽ                               ┛
.   |                        l
   |                        \
304 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:57:23 ID:45iYXRVY



          ┏
                あの子はやらない夫が思ってる以上に、やらない夫のことが好きだ。
                                                       ┛

                                  ______
                             /           \
                           /              \
                          /      ⌒     ⌒ \
                        /     /  `ヽ    /´  `ヽ\
                       /        (   ● l    l   ● |  ヽ
                         |         ヽ_  _ノ    ヽ_   _ノ   |
                         |       /////(    i    )///   |
                       \          ー‐ ^ ー     /
                        \           ー一       /
                        /                      \
                       /                    ヽ

                ┏
                      それも、「結婚したい」という気持ちそのままの意味で。
                                                     ┛

305 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:57:36 ID:45iYXRVY

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/   ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ _ ,,_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '   (うーん、これはさすがに「面白そう」なんて理由で
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く _ ,, ! !::::!' /     首突っ込んじゃいけない問題だよな。
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/       本当に小さい時から、ずっと変わらず好きなんて
:、:!|ハ     _       /::!:/        よっぽど強く、その人を想ってなきゃ無理なんだから…)
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´        ┏
`  ー  _   T ´            自分でも、どうしてこんな気持ちになるのか、不思議だったけど
、     ` ー 、                                                     ┛
 `  、     i
. 、    \.    l     ┏
.、 丶    \.  !          あの子には、泣いてほしくない。幸せになってほしい。強く強く、それだけを思った。
                                                                    ┛
306 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:57:52 ID:45iYXRVY

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i     ┏
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!       そう思うようになってから、改めてやらない夫を観察していると―――
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、                                                   ┛
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!




          / ̄ ̄\
         /       \
           |          :|
           |        .:|     ┏
         |         .::|        「ああ、この二人、とっくに両思いなんだな」
           |        ...::::|                                  ┛
            ヽ   .......:::::/
          ヽ.......:::::::::::/
        _, - ''" ̄  ̄` ー、           ┏
       ヽ_..:::-=―--:..、>               そう、確信できるだけの材料が次々と揃っていった。
     _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、                                          ┛
    斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
   .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i
    .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',
307 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:58:08 ID:45iYXRVY

                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\       _,,
               | ( ⌒) (⌒) |.      l;l     でさ、その時やる夫が…
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,      ┏
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,       それはやらない夫の、あの子を語るときの瞳が、声が
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i      幸せを、愛しさを宿しているように感じたことだったり
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,                                            ┛
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|





                ./ ̄ ̄\
               ./     _ノ ⊂_ ‐-' <       …やらない子とやる夫って、ホント仲いいんだよなー。
               |     ( ―)  λ   ヽ      もしかして付き合ってたりすんのかねー。
             ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',     .ま、やる夫だったら安心して任せられるけど…
           __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
         /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l   ┏
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!     そう言いながらも、どこか「切ない」「苦しい」と、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!     全身で叫んでいるような、弱々しい声音だったりしたこと。
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !                                            ┛
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l
                                       ┏
                                          あれは決して、妹を取られた兄の嘆きではない。
                                          僕自身、可愛い妹がいるからこそ確信して言える。
                                                                         ┛
308 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:58:26 ID:45iYXRVY

         /:i: : ∨: : :.∨: : : \: : : --: : 、: : \: : :
          イ: :i: : :.∨: : :.∨: : : : :\: : : : : : >,.、:\:
       /: |: :i;、: : :∨: : : ∨: : : : : : ``ヽ、\イ/>、ヽ
      7: : : : i: ヘ: : \: : : \: : : : : : : : : : i`ヽ、(:::::<
     /j: i, : : ∧: :\: : : 、: : : :`ヽ、: : : : : :ハ キ' 7=
      /:j: :∧: : : ヘ: : : \: : `ヽ、: : : ``ヽ、: : : ', ヽ!´
    j:/:i : : ヘ: : : : \: : : ヽ: : : >--:、_: : : `ヽヘ  i! ,
    |:i∧: : : i'、i,: : :∧`ヽ、_ヽ: :ヘ: : \: : : : :ハ`ヽ ∨    (…この調子なら、僕が何かしなくてもそのうちくっつくだろうな。
    i:|: :.ヽ、: i: ヘ: : :.ハイハ鬱ヾ: \ヽ:\-、: : ハ
    ヘ: : : ハ: i: : ヘ: : : :.〈,ヽ 7  \`ヽ、`ヽ`ヽ: ',       ま、その日を楽しみに待つとしますか)
     .ハ: : : :',: \: : ミ、ヾ, 孑          Ⅵ
       ∨ヽ: ',: : :ヽ: :ヾ!              ヾ
      Ⅵヽ: : : : : ヽ:.|
            \ヽ: ハj
              ヾ 7    _
             ヽ   ´     ,.イ
                ̄ ̄ヘ  </           ,     ┏
                   `‐ i          /          僕は、そんなふうに楽観的に考えていた。
                     `ヽ、     /                                    ┛
                           ハ /
                        /
                        /      _,.-
                        , イ     >'"







           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │                                                    │
           │      ┌────────────────────────┐      │
           │      │                                    │      │
           └───┼────────────────────────┼───┘
                   │                                    │
                   │      ┌────────────────┐      │
                   └───┼────────────────┼───┘
                           │                          │
                           └────────────────┘
309 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:58:44 ID:45iYXRVY
                           ┌────────────────┐
                           │                          │
                   ┌───┼────────────────┼───┐
                   │      └────────────────┘      │
                   │                                    │
           ┌───┼────────────────────────┼───┐
           │      │                                    │      │
           │      └────────────────────────┘      │
           │                                                    │
           │                                                    │
           └────────────────────────────────┘






      ┏
          ―――だからあの時は、本当に驚いたんだ。
                                       ┛


            /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
            /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
           /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
           !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
            i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
             ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
              ト、::! u         j |::/lj:::!リ
                ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
                リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
               rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
              / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'




       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ      ┏
   /:::::::::        くゝ  )        一人で泣いてたあの子を、見つけたとき。
  ;|::::::::::::          / ;                                  ┛
  ;|::::::::::::::       イ ;
310 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:59:07 ID:45iYXRVY


      ┏
          そして、
                 ┛

                 .. .... ..  .:.:.:..: .:.:.:. . ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,    .. .:.:.:.: .: .... .:.:.:...... .... .. .:.:.:.:. .. ... ....:.:.:.: .: .... .:.:.:.. .. :... .. ..
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ . .:.:.:.... .:.:.:.....   .. .. :. .:.:.:.: ..  .:.:.:.:.:.:.:.... .. . . ..:.:.:..: .:.:.:... .
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ... .
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ   .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  ..
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "    
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "      
 ""|l!|| ll|ソ  ""        
   l;l!ll |l|   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,    ,,,,,, ,   ,,,,,, ,    ,,,,,, ,
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙
   |;l!l| ||l iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iii________ :::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::
   |ill|| lll⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒|≡≡≡≡≡≡≡|⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 二llil|l l!|二二二二二二二二二二.`┳━━━━━┳ 二二二二二二二二二二二二
 、.,.|::l|| !!|、.,.,            ,.、.,┴ ,.、.,.,,.、.,.  ┴.、.,.,
                                      .,.,,.、.,.,,.、




        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \ 




         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈   ┏
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ     やらない夫が、やる夫くんの気持ちを勘違いだと切り捨てたと聞いたとき。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/                                                         ┛
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \
323 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 21:07:06 ID:QkNvOWsk

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/   ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ _ ,,_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く _ ,, ! !::::!' /    (…まあ、やらない夫の気持ちはわからないでもないけどね)
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′  ┏
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'        しっかりしているように見えて、案外臆病なところがある友人の性格を考えれば
::::リ.   \    `   /                                                             ┛
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´     ┏
、     ` ー 、            やる夫くんの気持ちが本物かどうか、わからなくて怖くなった。
 `  、     i         どうせそんなところだろうと、容易に想像がついた。
. 、    \.    l                                                   ┛
.、 丶    \.  !




         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/    ┏
:、:!|ハ     _       /::!:/′      ならば、あいつの友人として、この子に幸せになってほしいと願う人間として
小:!. ヽ       ̄     'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /            僕が、できることは―――…
Ⅵ.     ヽ、     ´                                                            ┛
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !
 \ \    ヽ l\
   ヽ ヽ   |   ヽ
312 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/15(火) 23:59:38 ID:45iYXRVY

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /
N|`ヽ   ヽ、    , '´
``'''‐- ..,_   iT"´
、_    ``''‐N、
 `ヽ、      i
、   `ヽ、   |
、`ヽ、   \  |
 \ \   ヽ.|ヽ



         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |   u (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \
313 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 00:00:08 ID:qn1Xe5VM

         /:i: : ∨: : :.∨: : : \: : : --: : 、: : \: : :
          イ: :i: : :.∨: : :.∨: : : : :\: : : : : : >,.、:\:       ┏
       /: |: :i;、: : :∨: : : ∨: : : : : : ``ヽ、\イ/>、ヽ         きっと弱気になってしまっただろう―――
      7: : : : i: ヘ: : \: : : \: : : : : : : : : : i`ヽ、(:::::<
     /j: i, : : ∧: :\: : : 、: : : :`ヽ、: : : : : :ハ キ' 7=         この子の、背中を押してあげること。
      /:j: :∧: : : ヘ: : : \: : `ヽ、: : : ``ヽ、: : : ', ヽ!´                                    ┛
    j:/:i : : ヘ: : : : \: : : ヽ: : : >--:、_: : : `ヽヘ  i! ,
    |:i∧: : : i'、i,: : :∧`ヽ、_ヽ: :ヘ: : \: : : : :ハ`ヽ ∨    勘違い?感情の取り違え?―――「だからどうした」。
    i:|: :.ヽ、: i: ヘ: : :.ハイハ鬱ヾ: \ヽ:\-、: : ハ
    ヘ: : : ハ: i: : ヘ: : : :.〈,ヽ 7  \`ヽ、`ヽ`ヽ: ',       仮にそうだったとしても、なら一生勘違いし続ければいいだけの話さ。
     .ハ: : : :',: \: : ミ、ヾ, 孑          Ⅵ
       ∨ヽ: ',: : :ヽ: :ヾ!              ヾ      勘違いだろうが何だろうが、貫き通せばそれが真実なんだから。
      Ⅵヽ: : : : : ヽ:.|
            \ヽ: ハj
              ヾ 7    _                   ―――違うかい?
             ヽ   ´     ,.イ
                ̄ ̄ヘ  </           ,
                   `‐ i          /         ┏
                     `ヽ、     /             僕にできることなんて、ただそれだけ。
                           ハ /                                      ┛
                        /      
                        /      _,.-
                        , イ     >'"




         ____
       /      \
     / ─    ─ \      ┏
    /   (○)  (○)  \          でも、僕らよりずっと幼い、だけどとても芯の強い…
    |     (__人__)     |       この子相手なら、きっとそれだけで十分なはずだから。
    \      `⌒´    ,/                                            ┛
    /     ー‐    \
314 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 00:00:27 ID:qn1Xe5VM

     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   、 __ _ ,    /' !:://
             リl::l゛、           /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/




          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
315 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 00:00:42 ID:qn1Xe5VM

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    …それじゃ、頑張りなよ?
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥




            | | |

          / ̄ ̄ ̄ \  ペコッ
        /       . \
       /   \   /   \     はい!では、失礼しますお。
      .|   (ー)  (ー) .  |     本当にありがとうございました!
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ




              >   /ごノ   ダッ!
           __,∠     /
          〈、    / 彡
           \、__ノ  彡
316 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 00:00:56 ID:qn1Xe5VM

<タッタッタッタッタッ


     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!    ┏
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ      あの子を見送る僕の心は、晴れ渡っていた。
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ                                       ┛
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   、 __ _ ,    /' !:://
             リl::l゛、           /  |/:/    ┏
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/        友人と、弟のように可愛いと思えた子が、幸福になるための
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/         その、一翼を担えたからだろうか?
                                                                       ┛
324 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 21:07:50 ID:QkNvOWsk

      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′   ……さて、近いうちにやらない夫が「お礼」とか言って
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./     食事か何かに誘いに来るだろうし、自爆させる準備でもしとくかな。
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }      どうせあいつの性格からして、「やる夫と付き合うことになった」
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/         とか、僕相手だろうと正直に話すわけないし。
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /  ~♪
  へハ! }:.:.:/__/                今度からはどうやってからかってやろうかなー。
    \、|ハ!
`丶    \          ┏
.   `丶  ヽ            なーんて考えるあたり、僕も大概性格が悪いんだろうけどね。
       \}                                                     ┛
         \
            ┏
              ま、好きな子泣かせたんだから、それぐらいの罰は甘んじて受けてもらうよ。
                                                              ┛
318 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 00:02:57 ID:qn1Xe5VM


           ┏
             …僕のこの気持ちは、恋じゃない。そう、確信できる、それは本当だけど
                                                          ┛

                                           l^l.| | /)
                                           | U レ'//)
                              ___      ノ    /
                            / ⌒  ⌒\  rニ     |
                           / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
                         /   ///(__人__)///\ / `   /
                         |       `Y⌒y'´    |   /
                         \.       ゙ー ′  ,/  /
                          /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
                          / rー'ゝ        /
                         /,ノヾ ,>         イ
                         | ヽ〆          |

            ┏
              あの子の笑顔にノックアウトされたのは、お前だけじゃないんだからな。
                                                          ┛
319 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 00:03:12 ID:qn1Xe5VM



             ┏┓                                            ┏┓
             ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
             ┏╋────────────────────────────╋┓
             ┃|                                            |┃
             ┃|       「少年の恋心・青年の憂鬱」サイドストーリー         |┃
             ┃|                                            |┃
             ┃|        ~もう一人の青年の思惑について~  完           |┃
             ┃|                                            |┃
             ┗╋────────────────────────────╋┛
             ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
             ┗┛                                            ┗┛


320 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 00:03:34 ID:qn1Xe5VM

              _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{、_
          _,フ'            __`ヽ.
          -───- 、      \`ヽ
     /            ヾ        `フ
    .                    `ヽ
  /   /    !            ヽ  \ヾ   投下終了。
 ,′ ∧   |     i           ノ ヽ._
 i  7―V\ |\ ハ  リ  !      {   | ´ ̄   なんか、書いてるうちに月さんがやる夫を好きみたいになってしまった。
 |;;;;;lァ、    ゙ 、   ∨   |   彡,イ 人
. |;;;j.示      `ー |    !-=彡 / /.ノ'      最初は「本当にくっついたら面白いなーw」ぐらいの気持ちだったけど
. |;;;' ソ   .ィ'示t、 l   |   / 从           一途なやる夫を見てるうちに、純粋に幸せになってほしいと思えてきて、
  |∧      少 ノ '   /  ,イ           もちろん友人であるやらない夫にも幸せになってほしくて、だから応援する。
  |;;;;l〉、        /  ./  /_          という心理を書きたかったのですが…うーむ。
  l;;;l!  ヽT_y  u   /ー-ィ'≦`'、;;;; ̄>
  l;;l!   .イ`‐ェッ-''7  /.   `、::ッ`ヽ`'、A       あ、綺麗な月さんは書いてて新鮮な感じで楽しかったです。
  |;j ./ .| l:::l l:::,'  メ、    .>'::::::::`.、`゙      .もっと増えないかな、綺麗な月。
  lj!. / .| l:::l l:/ X  !   ,ィ':::::::::::::::ハ、
   /  | .l::i ソ;ヘ、_'~ーァ''":::::::::::::::::;:-‐'¨ハ
.  /    | ヾッ!' ,..-‐''___,,,.. -‐ニ"-‐''"二、`i
 /    :| ,ヘ'≦ー…三三二ニ -‐'''"´.  `リ
321 名前:風と木のやる夫 :2011/02/16(水) 14:22:12 ID:F8LPi62o
おつ華麗!
うん、これは絶対に、決して、「月はやる夫に対して恋愛感情は無い」
でないとダメというか、だからこその感動がある。

この作品の場合には、月がやる夫(もしくはやらない夫)を本当は好きだけど、
あえて二人の為に自分は身を引く……ってのは不純物になると思う。それがないからこそ、
>>317が爽やかで読後感いいし、「それぐらいの罰」というのは自分が失恋したことに対する
軽い仕返しとかではなく、純粋にやる夫を泣かせたことに対する罰、となって
月のいい人度というか、ある種のカッコ良さが際立ってる。

ノックアウトされた、のは恋心ではなくて「この子には幸せになってほしい」という保護の心。
友情でもない愛情でもない優しさ……これもまた良し。
322 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/16(水) 21:06:20 ID:QkNvOWsk

             ヘ _,ヘ、_,=、
          /`l" :.:,.' . :./. :ヘ_,,.、
       /⌒´ :._:', :.;、:.:.:´,.-‐"´__;,ゝ、,_      >>321
      /r'ニニ干{_l!_}壬圭圭≧〟,. : : .`ヽ    乙ありがとうございます!
.     //,〉彡''"´    `゙''ミ圭彑   、:.: ヘ
    〃彡"       :..  ~ヾ从   ヽ:.. }    >「月はやる夫に対して恋愛感情は無い」でないと~
  _,,..ノ/ .: .l   . .:';.:.:..:.:; . : :ヾ从 : : : '; : l    私自身、「月はやる夫が好きだから、やる夫の幸せのために
  ゝ-,n' . . :.i. ,!l :.:, .、 :_',_'_,_l :.. :.:.:}川ト: : : .l:.:l    .あえて身を引き、やる夫の背中を押した」という形には
.  .,《,'.,' . :.:」-+ァ, .:l、{ヘ__)ヽl` : : : |川込; : l :.l    .絶っ対にしたくなかったので、そう言っていただけると本当に嬉しいです!
  〃l,{ . : :.:l厶ェュ、.:',ゝ行:Ⅸ,ア : : ; ;l l : ゙ゞ :.l:.;'
    l,ヽヽ :ヾ戔} .ヽY 刈以〃:;/人!:l : : : :l:/    .月のやる夫への気持ちは、あくまで小動物を可愛がるのと同じ感覚、
    ヽ ヽ ヽゝ¨ ,:     ,〆//: : :.l l : ://     いわば「保護欲」であって、それ以外の何でもありません。
     ヽl 冫ゝ、 ワ  ∠イ ツ: :l : ;'l l :/l.{
       ,ノ: ィ: :.y:ヘ-イ,,,.イ! : ; .l :,' リ/ ヾ      .そのあたりをちゃんと書ききれたかなー…と心配でしたが
     ∠/.ノノェソ,ィ'゙'!!!!!!''´`ヽ、 ェェ        上手くいったようで安心しました!
        ,'´{/¨´ ぷ》     `〃;`ヽ
       /;;{{ェ,,  ,  __,,,、,、  〃;;;:::::::ヽ      熱い感想をありがとうございました♪
.         /:::/::::::""'''゙゙´´::::::::::ヾ,〃;;;;:::::::::::ヽ
.       /:::;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;ヾ;;;;;::::::::::::::::ヽ
     (::;;;;;;:';;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;::::::::::::::::::;;ヽ,
      ヽ::;;;;;:y'::::::::::::::::::::''''';;;;;;;;;;;;:';;;;;:::::::::::::::;;;;;ノ
325 名前:風と木のやる夫 :2011/02/17(木) 01:55:03 ID:huHG3wV6
乙です!!
既に語られていますが、やっぱり月のそれは純粋な保護欲ですね。
ちゃんと伝わってきましたよー。
毎回意図された事がちゃんと物語の中で表されているので、
なんだかいつも自分の中にそれらがすんなり入ってくるんですよね。
それがとても心地いいというか。
しかしやっぱりバレバレだったんだなぁ、やらない夫の態度w
あとノリノリな魔王月吹いたw素敵な兄ちゃんだw
326 名前: ◆9L2y/GgKr. :2011/02/17(木) 19:24:53 ID:62d8RhBc
乙でした!やる夫は若さゆえのやらない夫は大人であるがゆえのそれぞれの
形の違う純愛感情なのだと思いました!月テラ漢前!!自分もキレイな彼を書きたいです。
そして月→やる夫の恋愛ではないけど相手を大事に思う気持ちは大好物です。
327 名前: ◆qu4BrS7Cco :2011/02/18(金) 22:53:46 ID:AZJMkB1U

      __
       > `ー∧―一 Z
      /r__     、 `ユ
    厶'⌒ー一 ⌒ヽ ヽ」 \      乙ありがとうございます!
     /      ヽ \\   二ア
    ./   /   !  、」  ヽハ 、. ハ     >>325
   /   !ハ ! !    、 ヘ iゝ>ハ    >ちゃんと伝わってきましたよー。毎回~
 /i .i! l_i V ヽ_  \≧、 r‐\  毎回「ちゃんと伝わるだろうか…」「この書き方で意図を表しきれてるだろうか…」と
  ̄! l!ト.∧iヘ   iヽト、. } l/   .f     .ドキドキしながら投下してるので、ものすごく嬉しいコメントです!
  .人ハi |:::::::ト、r、!|:::::::| j!/i` .∧{     なんだかすごく幸せな気分になれました♪素敵なお言葉をありがとうございます!
   ゝ} 、 `ー '    `ームレ |/レ′
   } ト、>x. _ワ_ .ィj ハ.|            >やらない夫の態度
   レ ゝ ヽ-r1ハ¨¨i/./‐x           バレバレでしたwwwまあ月さんだからこそ気づいたとも言えますがw
      i \ゝ:l]::::::彳’  ハ         ,ノリノリな魔王月にも吹いていただけたようで何よりですwww
      | i  ヾ. y”   / ハ
      |ノ    ゙     }  .ハ           >>326
      l!        λ  ヘ       「思いの形は違えど、全員が全員、純粋に誰かを想っている」が裏テーマだったり。
      |ゝ       f ヘ  ∧         最初から最後まで、書いてて本っっっっ当に楽しかったです!
      | ノ         キ ヘ.  ∧
     y′         キ /`  .∧       .>そして月→やる夫の~
     /         ヾ     〉     いいですよねー!愛情でも友情でも、ましてや好意ですらない、純粋な保護欲超萌える。
    ./           \ ./
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。