2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

待ってました!

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

このサイトへのトラックバック

やる夫のファイナルファンタジータクティクスアドバンス 今までのあらすじ

2011.08.24 (Wed.)
433 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:32:51 ID:5EEcyggM
こんばんはー

今週の土曜日、夜10時から続きを投下したいと思います。よかったらみてくださいね!
前回の投下から間が空いてしまったので、今までのあらすじを簡単に説明したいと思います。
434 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:33:34 ID:5EEcyggM

   o                  。            o
 ;;',   。      。  †   。      。 o
 ,;,;;;「i      o       i"'i       。           。
 ;;;),,;;\   _   。   l l    。          o    l
 ヾ,,)ヾ)\|:::::|    ,,-"l ,;\        io  | 。    /";;;--,,_
 ,,;;ゞ::;;;)┴\,|'-_   | ヘ,: l:::::| 。   ,ヘ /ヽ  i ∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ヾ);"ヾ),;"┴\;;;;,ヘ-,,| l,l|: l:::::|    。|,,l'";,,日::ヽ/\`l;, 田 田:::
 );;;ヾ)ヾ")┬┴\::::::::''、ソ-、:::::|,    /,,-'',,:. ::\/:日_ゝ ::. .. :;
 ;;))ヾ",__,,;;┬┴\/;ヽ,-ヽ.∧二\l,,ム\、,,--'',,,,_;;'| 田 田 ::
 ;;ヾ::::,,////ヽ;;,,;.:┬|/|:::ヽ:::::lΠl,,(;;;, /  ",, |::::::/ノノ、ノ""''''--,,,,_
 ヾ);;)/////ヾ\ ┴|/|'、:::lγヽ(ヾ(;;,,ゞ ,,, |:::/ノノ、入入入入入/::
 |Vvvwi,iir、;^;;|┴┬|/|ii|:::l |:::::|;;,,(ヾ,,::) ;;,,) |/ノ、ノ、入入入入/┴::
 r'i"i,,i-i,ii| |==|┬┴|/|ii|:::l |:::::|(ヾ;;;ヾ),;ヾ:;;ヾ)"''-,,_ノ、入入/┴┬::
 r'i"i,,i-i,ii|_|==|┴┬|/""''''''---;;;;;;lトli (ヾ;;(::) ;;,,  "''-_/┴┬┴::
 r'i"i,,i-i/i,==|;;;,,-''"      ,,、 ⌒ヽl;;:; ;;::.  ";;. ,|┴┬┴┬::
 r'i"i-i'l:::::i';;;;;/             ノヘヽ γ"'; . . : |┬┴┬┴::
 /iツ"i:::::l/  "⌒"'"⌒     ,,   ~ ヽ l   | 、 ,;;|┴┬┴┬::
 : : l/./                     ⌒" ヽl   |:. ...|┬┴┬┴::
 ::::::/,;ゝ           ''"''         ,, ヽ |;,.; ,|┴┬┴┬::
 /ヽ'      "''         '''""''     ヽl  .: |┬┴┬┴::
                ,,,_            \ ,:|┴┬┴┬::
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ここはイヴァリース。雪降る田舎町。

冬休みを目前に控えたこの町の小学校に、やる夫という名前の男の子が

転校してきたところから物語は始まる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

やる夫のファイナルファンタジータクティクスアドバンス 第17話「教えてモンブラン」CMの次の投下です。

435 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:34:59 ID:5EEcyggM


                  -  - 、
                  / (● ●)ヽ
                ゝ(_人_) ノ
                ○ ‘-’ ○
.               |      |
              .し    J

     _                        (●)  (●)
    〃 ` ヽ                        ,))_/(、
    l lf小从} l                       /     ヽ
   ノハ{ ゚ヮ゚ノ八                      ゝ(_人_) ノ
  ((/} )犬({つ)                     ⊂   ⊂ヽ
   /"く/_jl〉`'l         .                |      |
  んーし'ノ-,ノ                       .し    J

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

終業式の日。これと言って、特に仲がいいわけではないクラスメート

ルイズ、きめえ夫とともに図書室で、やる夫はある1冊の本を読んだ。

その本はラテン語?で書かれた本。 ファンタジーの世界?のようなものが描かれていた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
436 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:35:40 ID:5EEcyggM


                              /\
                             /   \
                           /      \
                          /             \
                        /                 \
                       /                  \
                     /                      \   ペラ……
                   r´ ´\                     /
                   (    \                 /
                    \     \            / .\
                     \     \           /      \
                       \     \       /          \
                         \    \   /              \
                         \    \∠_________\
                               \   r´=========r´
                                \ 《 三三三三三三三三三=
                               ヽゝ==========

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

3人は本を眺めながら、
「ファンタジーの世界で冒険する自分」を想像する。

それは3人が抱えるコンプレックスが克服された世界でもあった。

やる夫の弟、蒼星夫もひょんなことからその本を読み、4人の少年少女が本に願いを込める。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
437 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:37:25 ID:5EEcyggM



 .. .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... .... ミーンミンミン..        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.ミーンミンミン.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!ミーンミンミン....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::      ○        '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "人'←やる夫,:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

異変は次の日に起きる。


翌朝、やる夫はみたこともない真夏の国にいた。

そこはイヴァリースと呼ばれる大陸……。田舎町イヴァリースと同じ名前?

あの本に描かれていた風景にそっくりだ…。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
438 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:39:53 ID:5EEcyggM



 /∧∧x<: : : : : : : : : : : : : : :\  
/⌒ヾ∧: : :/ : : : : : : : : : : : : : :ヽ 
: : : : : }〉》〉/ : : : : : :ハ : : : : }i:. : : : : :.
: : : : :///,' : : : : : :/ l: : : : ハ:.: : : : :.i
: : : :/‐- i : : : : : // ! : : /\ヽ: : : : :l  
: : :/¨`ヽ| : : : : /  |: /     ': : : : |  
: :,'il   }{ : : : イ i⌒i! |.:/ i⌒i! i : : : }  
:/ |l  ,ニV/:: { とー' /  'ー''  }: : : :ハ  
  |L_ノニノ ' ,⊂⊃       ⊂⊃.:/: :i 
  'ー r 《 >:Ⅵ  / ̄ー‐ヽ   ハ:/: : : l 
   ,.:マヘへ:/リ、 {___ソ  .イ.:/′: : : | 
 ∠-ァ\ヽ::\ >=ァ┐‐≦ | :/ |: : : : :| 
  /⌒ヽー=ニ匸_]〈: :.{.__  |/   |: : : : :|   
. /   〈{ハ: :/.: : :}',: }厂`ヽ   |: : : : :|
/     〈{: :∨iーく: :Ⅵ〉  }    |: : : : :|

仲間A

      |   |
.   \|\|   |/|/
      |   |
  (⌒\ _|__|_/⌒)                             
  \> \  |</                                     /  ̄ ̄ ̄ \:
   /     \|  ヽ                                  ::/        ::::\:
   { u       }                                  ;: |          :::::::| :
  /\  ●  ●/\                                  \.....:::::::::    ::::, /   
  /\__\     /´> )                                 r "     .r  /゚。
 (________|_)ヽ  / (-/                                :|::|     ::::| :::i      
  |  \力__●                                    :|::|:     .::::| :::|:
  |  /\ \                                    :`.|:     .::::| :::|_: やる夫
  | /    )  )                                    :.,':     .::(  :::}:
  ∪    (  \ 仲間B                               :i      `.-‐"
        \.ニ)
                          ,. -.、
                        ,⊿   ヾ 、
                      / / _  ', \
                 .     く _,.f‐'´   ``‐i..,_ >    
                      ハハX_,∨,_メハハ
                     ┌‐| io⌒ ""⌒o! |ー┐
                   ,.^ニニノノ\(⌒⌒)/ゝ、ニニ^ 、
                  く く. //| | o、 ̄/ | | | |   〉〉
                 .   く 〉| | | |   `´  .| | | | く 〉
                  ̄ ̄ ` く X二) ̄ ̄ ̄(二X > ̄'´ ̄
                      彡,ハ}     {ヘ ミ´  仲間C
                      )          (
                      ⌒γ⌒V⌒ヽf⌒
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

イヴァリース大陸は「ロウ」と呼ばれる魔法に支配された世界。


あの本を読んだからこの世界に迷い込んでしまったんだ…。

きっと、ルイズも、きめえ夫も、蒼星夫も。


イヴァリースで出会った仲間たちとともに、やる夫はもとのイヴァリースへ帰るための手段を探す。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
439 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:40:24 ID:5EEcyggM





                 \  ヽ    i  |     /   /     /
               \
                                              -‐
              .ー              ,、
             __             / | \                 --
                 .二           |\∧/| 
               ̄            | ||  |                 ̄
                -‐          |/∨\|               ‐-
                            \ | /
                /            `´
                        /               ヽ      \
                /                    丶     \
               /   /    /      |   i,      丶     \
             /    /    /       |    i,      丶     \ 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

元の世界に帰るためには

イヴァリース大陸のどこかに存在する「クリスタル」を全て破壊しなくてはならない。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
440 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:41:04 ID:5EEcyggM




      ____ 
    /:::::::::::::::::::\ 
   /::::::::::::::::::::::::::::::\   
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  \ 
 | :::::::::::::::::::::::::(●)  u | 
 \ # u (__人__);;;;; / 
  /    `⌒´ . |   

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

クリスタルを破壊して行くやる夫

しかし、その中で、
この世界は、やる夫たちの願望を反映させた世界であることを知る。

やる夫たちの願望が、田舎町イヴァリースを変貌させたのだった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
441 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:41:31 ID:5EEcyggM




: : : .: :.:.:|;|: : : : |: :|: : : : : : : : :| |: :: :: :| |: :| | : : : : | |: :: :: :| |: ゙_ _,,.. .-――――― - 、: : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |:: |: : : : : : : : :| |: :: :: :| |: :| | : : : : | |: :: :,,_| | ,f´三三三三三三三三}       l: :: : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : | ::|: : : : : : : : :| |: :: :: :| |,,,r''''' .゙'゙゙゙: :""": :: ::゙,|三三三三三三三三ニ:     l: : : : : : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |: :|: : : : : : : : r'''゙~:.:. : :|,,|、  ;;'"゙~' ′   ゙^゙ .|三三三三三三三三三:     l
.r゙: : : .: :.:r~゙" ゙ヽ"" ;,:;;、:. ;,       """   """   ""::|三三三三三三三三三       l
   _,,.-‐ … - 、  .,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,       |三三三三三三三三三!:.    l
. Y´l: : : : : : : : : }        __                |三三三三三三三三三}:      l
  | |: : : : : .: :.:.:|       /      /:: ̄:`:.、  ;,:;;、:. ;,:;.  |三三三三三三三三三}:     l
  | |: : : : .: :.: :.:|  __ /    /: : : : : : .:.:.:\     , ,   |三三三三三三三三三}!     l
  | |: : : : : :.: .:.:| ト ."___/: : : : : : : : : : : : :.:`ー...、  ;|三三三三三三三三三}l.      l
;,:;;、:. ;,:; ;; ,""""" |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:}  : ::|三三三三三三三三三il!     l
           |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : :    |    |三三三三三三三三三}l!     l
           |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : :      |; ,   |三三三三三三三三三}l!:.    l ̄ ̄, -' .
       :; ;,:;;、 |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : :        |  ; , |三三三三三三三三三}l!}     L -'"   l
 ,,,,,,,,,,,       |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : :          |   |三三三三三三三三三三           l
:;;、:. ;,:;;、:. ;,: 、     」::::::::: |: : : : : : : : : :.:.   __,,.. .-‐ "_,..-''≡≡ニニ二三三三三三三            l
              /::::::::::: |:.:.:_,,.. .-‐:::::'''""~  _,..-'''"                 _,..-''" ̄            l
            /::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::_,..-'''"                   _,..-'''"    :::::::::::     ::::::::::   l
    ;:...:,:.:.、、;:...:,:.:,:.:.、、;:...:,:      /三三三三三三三三三三三三l        :::::::::::       :::::::::   l
   ;:...:,:.:.、、;:...:,:.            |三三三三三三三三三三三三ニ                        l
                 ;:...:,:.:.、、|三三三三三三三三三三三三ニ     :::::::::::::::           /
    、:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、 、:. ;;'        |三三三三三三三三三三三三三      ::::::::::::::::::        /
                      |三三三三三三三三三三三三三}    :::::::   :::::::::      /
      、:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、 、:. ;;'"゙    |三三三三三三三三三三三三三ェ        :::::::::::::::::    ',
                          |三三三三三三三三三三三三三ェ       ::::::::::::::::::    ',

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

そして、この世界はきめえ夫の願望

「死んだ母親をよみがえらせて、家族3人で居たい」

が、一番色濃く反映されている。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
442 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:43:41 ID:5EEcyggM





                

                      
                            ∧
                            |.l.|
                         、 ノ |.i.|
                         (● ●宀
      , ^@ ̄@^、              (人__)rE)
     !iノ从ノ))))              ヽ   イ |
     ノ从∂ヮ゚从               /   ノ
    ( (とt,,,ξtつ)              (|    |
    ) )(,,ζ,,,,)( (              ゝ l  |
   ( ( (  UU ) ) )              `(_ノ
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

その根拠が、イヴァリースを統治する王宮だ。


王宮にはきめえ夫の父親がいた。

記憶を失っている彼は、ジャッジマスターという、ロウを司る権力者としてこの世界に君臨。



そして、生き返ったきめえ夫の母親は女王として王宮に。


きめえ夫自身はこの世界の王子になり、変貌したイヴァリースを好きなように動かしている。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
443 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:45:43 ID:5EEcyggM



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。        
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

やる夫は、別行動をとっていたルイズと接触。

事実を教え、世界をもとに戻そうと呼びかける。しかし、ルイズは拒否。やる夫に刃を向ける。



この世界はルイズにとっても都合のいい世界だった。

それは、行方が分からぬやる夫の弟にとっても同じことだろう。



この世界にとって危険人物とみなされたやる夫は、ほどなくして王宮へ連行される。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
444 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:48:18 ID:5EEcyggM
 _ n_   n     _ n_   n     _n_,、
..l リ r┐|. /厶__  ..l リ r┐|. /厶__ └i rヘ〉
└1」 L」└'^ー┘ └1」 L」└'^ー┘ (才P_)                        
                                                 | ̄ヽ  | ̄ ̄
  r┴┐   l |    .  ―┐ ....  ー‐ァ” ..   |     _ ノ     、  .....  |   |  |ー―
.    ノ   ノ レ      ノ  ...  /\     |_ ノ    |     _ ノ    |_ノ   |__   ┌────────────┐
 l⌒l                                                         │       ____          │
,│.└───‐ 、  / ̄ ̄ ̄ ̄ l                                          │     /      \      │
゙└─────' / / ̄ ̄|  |                                             │   / ─    ─ \       │
 ┌────‐、| /   ./ / _/__             /                          │ /   (●)  (●)  \    │
 └────‐'     / /    /      ヽゝ_       /        ┌─┐[][]           │ |      (__人__)     |   │
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  ../ /     // ̄ヽ   ̄\_)    /⌒!     .   ̄/〈              │ \     `⌒´    ,/   │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |.../ /         _ノ     ヽ     /   \ノ     く∧〉             │ /     ー‐    \   │
         |/ .../                                .                 └────────────┘
       .. \/

                         __{: |              __           / : : : : ;{: : : : :人: :}: : : \ :| 
                        ////,>‐… : : : : …‐- ミ /////〉          ⌒{: :{/-\/ ―V\ : : : ∨__,
                    r‐、  ,〈///: :/^Y: : : : /\: : : : \///: /L.          ∨ {         ヽ: : ;ハ  }
  \|\| |/|/        r‐┘ 人: : У: :∠.. _ |: : : :/ ___\: : : .:ヾ{/\  )        ハx=ミ   ,x=ミ、 /: ∨}: ∨
「\   | |   /7!       | / ///: : /≫≠ミ 、.: :|  =≠≪.: : .: :Y/\ ` く        /: {.:.:. __ .:.:.:/: /r ,ノ: :!
.ヾ >‐┴┴‐<.//'       `/ ////i : : |   トィ:} \:{  トィ:}  : : : :|//,∧  }、       / : 人  {    }  |: :{‐く: \: :\
.  Y ●  ●ヽ   .      \{///,'| : : }  Vツ       Vツ  |.: : .:|////}/: ヽ      {: :/ /` : . _´ ,.|: :|:\:\: \
  |.         |        /: :⌒V/| : V ⊂⊃        ⊂⊃: : :人,///: : : : : :.     |: |  |: : |: : |/{ V/|: :| ̄`ヽ \:
   \ \   /イつ  .     /: : : : : ⌒ヽ人     r―― 、    ィ/ イ⌒′: : : : :      |: |  |: : |: : { ‘、  |: :|`Y 人: :
   (((つ ヽ●'         ′: : : : : : : : : .:/≧=‐-、--v--‐=≦///  | : : : : : : : : : i    r' : |   、:‘、: `Y 〉_,|: : Y二): }\
   //   ⌒)    .     : : : : .: : : : .: : :/  \(⌒V⌒V⌒)//   | : : : : : : : : : |    | : [_   \: /⌒  ]: : L`^⌒ヽ
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

やる夫の仲間たちは 王宮から追われる覚悟で、やる夫の救出を誓う。

何も知らぬ彼女たちは、このイヴァリースの謎を解き明かす決心をする。



次回、第18話「絶対に笑ってはいけないFFTA」 もとい第18話「クリスタルⅤ 前編」

ご期待ください。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
445 名前:芽留子 ◆IxgUBEQd6M :2011/08/23(火) 00:49:20 ID:5EEcyggM
以上です。

それでは今週の土曜日、夜10時にお会いしましょう
446 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 00:49:45 ID:/BN8Ef3g
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!?
待ったかいが有ったってもんだ!
超期待sてるぜ!
447 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 00:51:31 ID:FIb2/WC6
絶対に笑ってはいけないってw
448 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 00:51:59 ID:AZmfH2E.
ミクのケツバット期待
449 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 00:53:39 ID:T34EnA4g
ついに沈黙を破ってめるしが動き出したか
450 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 00:53:42 ID:nvrjWGu.
絶対に笑ってはいけないFFTAwwwwwwwwwwwww
451 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 00:54:26 ID:JuQ5jljQ
パロッシュwwwwwww
452 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 00:55:00 ID:d4dBcoPE
期待しつつ乙
453 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 12:06:30 ID:utzd/8v.
わんわんお!
454 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 19:36:28 ID:jI.sPy.g
ウルフズレインDE!
455 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 19:47:51 ID:bscQFyRs
ミクちゃんズ!
456 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/23(火) 19:50:47 ID:AU6qzkAI
久々にこの流れを見たw
457 名前:名無しのやる夫だお :2011/08/24(水) 00:54:29 ID:e/T7UyVM
クラン名を決めたあの安価は神がかってた
スポンサーサイト

コメント

待ってました!

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。