2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫が正史を書くようです 第十七回 前編

2012.03.16 (Fri.)
138 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:34:17.33 ID:qSVpsK6o

           ' | :/ : :./: : :./: : : /: : : : : /: : :.Y   ヽ
             /' |: :..:/ : : /: : : / : : : : :/: : : : :/|   |
            ′ |:/_ ..-‐──=┬=───- _ |   |
         |    l/ | ∧ i! /:1 ∧  |、    \!    |
         |/  丿  |十T丁/N V  |/|丁弋|+|  、__ゝ   !
         | -=イ| | V =Ⅵ!ミ     j/.__ヽト ゝ||! \  ¦
         |   |ヘ 从|'{[:r:ィ示`     不r:示フヾi从 トゝ !     蜀の蒋琬だよ!
         |   |从ハ ' く辷ル       k辷ツイ '’| |:Ⅴ  |
         |  ∧:| |ヘ                     | |:.|     |     「やる夫が正史を書くようです」第十七回前編。
           /|  !:.:.:| |: ヘ r=、、    ′    ,,.‐, .| |:.|     |
        /   i!:.: | |:.:.:i ヽ ヽ .._    _.. ,〃' /.:| |:.|    ハ     今回からは『三国志』中盤の山場、北伐だね!
      / i!   i! .: | |:.:.:i!: ヘ}  |     ̄    i  {.:. | |:.|:!  / ヽ   .クライマックスじゃないんだよ?
       .′:.:i!   i! .: | |.:.:.i!:.:ir|  |>、 _,..、イ|  !.:. | |:.|:!       丶   三国時代は後五十年あるんだし
     /   .:.i!  ∧:.:.| |:.:.:|レヘ.!  !ー------ ´.!  ! : | |:.: !       ヽ
     .′  :.:i!  /:. !:. | |:.:/:::::: |  | __    ___ j  {V ! !、:.!      ヽ.   !
   /      /:.:.: !:. | |∧::::::リ /   ヽ--/  \ V' | |:::ヽ      \ |
   .'      /:.:.: z==| |  ヽ/ ´_.. -―〈__:〉ー-..、  〉.| トヾ::ヽ        \
   !      !イ イ  | |   }    _.. --{:.{, -- 、   | | | :.:./\!       ヽ.

やる夫が正史を書くようです 第十六回と(番外編「三国時代の経済事情」)の続きです。

139 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:35:53.95 ID:qSVpsK6o
【紀元226年5月 魏首都 洛陽】

   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \    .   
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      魏の皇帝曹丕の死は、あまりにも突然に訪れた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        風邪をこじらせて肺炎になったのが原因と言われている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   .   
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .後事を託す事のできる時間があったのが、せめてもの幸いだった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
140 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:38:57.16 ID:qSVpsK6o

              ,. '"´ ̄ ̄`丶、
             /          \
          /´` 、 /         ヽ
            ,'    r Ⅵl     \ ヽ    ',
.           i     | l∨|  ! ',  ヽ ヽ    ,
         l     | |`´||',  、  ',  ',   !
         | l   l| ', '、ヽ \,.イ´丁 |     この四人を謗る人がいても
         | | -l‐|―-ゝ\ヽ、イ \\} ,,.|     絶対に疑ったりしないように?
         |  l   ' j___,,.`゙\`====彡' l',
          l  l ‐'"「 ̄ ̄´  、    , ,  l ',     私が信頼してるんだから間違いないわよ?
           l  '  ' l         __,.   //  l ',
.          l ,' ,'  , \    ̄    /' '  l  ヽ
         l / /  ,' l l`i丶、 _,. く:∨    l  __ \
.         l/ ,'   / ノ ! r! r‐''´.:.:.:.:/,' '  ,'/.:.:.\ \                          人      }\
.         / /   // ノ/⌒'、.:.:.:.:.:./ '/  ,'′.:.:.:.:.:. \ ヽ         /\    _ ________ ___/  \ _ /  }
       , ,' ,'   ' /`Y′   \/ , '  /:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽ        {  ヽ,. '´       \_ /´  `ヽく、
      ,' /l i  ,':´/.:.厂`i‐r''ア //   /.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:', .:.:.:ヽ ヽ       ,>/          /{     ∨
                                         / /   ,.  /∨l  i  \ ヽ、     !
魏 皇帝 曹丕(字:子桓)                         \_,l   i  !  |´ ̄|   l、  |`ー',     |
                                           l l  i{  |_ノ!   |\ハ ,ハ ∧     |
                                           | ', |i<「ヽ|    !ノ ̄∨ ̄}/ ¨l     !
                                           | ヽ!ト====     ====='′   !   l
    (ある意味、筋金入りのお墨付きね……)             l   i l               l     !
                                           ',  l八              ,rr‐|    ,'
                                           ヽ !  >.、_ ⊂⊃  _,. < !l |   ,'l
                                              |  l i / `T===''´i    `ヽ.l   ! !
                                              |  l i {   ` ╋ ´      l   ! |
魏 皇太子 曹叡(字:元仲)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       彼は死に際して曹叡を太子とし、その補佐を四人の重臣に託している。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }    .  上軍大将軍曹真、鎮軍大将軍陳羣、征東大将軍曹休、撫軍大将軍司馬懿、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       一族の重鎮が二人、曹丕の腹心が二人という顔ぶれとなる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/      .   こうして曹丕は世を去る。享年四十歳、諡号は文帝。
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       .   生前の彼の望みどおり薄葬で葬られた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
141 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:41:07.31 ID:qSVpsK6o

     ____
   /     \
  /  ─    ─\      なんとも評価にこまる皇帝だったお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |    .しかし、何故に文帝?
\     ` ⌒´   ,/
                                                       / ̄ ̄\
                                                     /  _ノ ,ヽ\
                                                     |   ( ●)(●)
                                               . \    |     (__人__)
                                                 \  .|     ` ⌒ノ
   彼は建前上、『漢の皇帝から帝位を譲られた有徳の聖天子』ですからね。  . \ ヽ       }
                                                     .\_,ゝ     ノ
   治世期間こそ七年という短さですが、魏の初代皇帝であり、              /, r、    く
   そのために変な諡号を贈るわけにはいかないんです。                / 〈  \    i
                                                   . ヽ、 .ヽ   \ i..|
   国政に取り組み、治世も安定していましたし、                       .て_)   \ノ
   それらを鑑みれば無難な線ではないでしょうか?                           .\
                                                              \
                                                                \
142 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:43:00.92 ID:qSVpsK6o
【紀元226年6月 魏首都 洛陽】

                    _
             _厶-‐ ¨ ̄  }-、
               /      __,.ィT7⌒ト、    __
          /|   ∨イ´/:/:::!:イ:::!::!::rミY´:::::::/
          マ∧  -}:!-|-|、|::::「~|:::|::|::::} ||!==く、
            /   /}:|ハ!Vリ|::||! T:丁!::/ リ|`ヽ/l|
             /  / ,.イ:!|ヾ== V ヽィ示iY /イ、::::_|_|!
          ′   / ノ::!|    ,  ヒzソハ.__  `Y \_
         i     }::ド==、` ー-    /l|1`iン′   `丶、
         |     ハ::!::|\}}___ ,. イ7j !:::|`ヽ-一     `丶、
         |   l |::|::::ヘ 〃_`≧ト;/|::|:| {:::{ _`≧ニ.._   }
         l   _,!'´ヾト、:::`ヽ!.|   `丁ヾ ̄/´   /     /
         |`Y´    ヽi::::}:::} ニ== {  ``==、  ヽ _,. '´
         ,ハ. |      |::/:/l |   ヘ  /   __}} -‐'´     
        / /| |   |   ,!:i:/. }_!     !イT::丁 //        最初にやる事は決まってるわね
      /   !::|    '.   {:::ド=-     |:|ヾ:、::マ/、
       /   |:::| l   ヽ.  ヾニ=-     /:j }}ヘ:{{ヾ:!
      \   〉::! !     ` ー ニ ーァi:|/ // /ハ! リ
            |イハ '.     \ ` ー--〈::| |:| |:|
           '. i       ` ー--ハ! ヾ リ
             | |        _/ ∧
            l |        ̄ ̄  // ヽ、
                l.|        --一'´/    ヽ
              !|           /      ヽ
                l.|    \         /:\
           〈T丶、    \__      /:\::::::ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       曹叡は床に届くほどの長い髪、天姿秀出と呼ばれる優れた容姿を持ち、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      侵しがたいほどの威厳を持っていたと伝えられている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      皇帝となった彼が真っ先に手をつけたのは、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      実母の甄夫人の名誉回復であり、彼女に文昭皇后の諡号を追贈している。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         しかし、彼はこの時まだ二十一歳。
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          宮中で育てられたため、多くの群臣が彼の人物像を掴みかねていた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
143 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:45:40.59 ID:qSVpsK6o

    ___/_:_:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.:.:.:>- 、/:.:.:.:.:.\___
   ヽ::::::::::、_::>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´::::::::、:::):.:.:.:.:.:.:ヽ::::/
    \::::::::/.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
       >' .:.:.:.:.:.:.:.:.y、:.∧:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
.      /::,':. .:.:.:.:.://:./ーv-、! :.:.:|:.:.:.| :.:.:.:.:|∨|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、
     /::::|:.| :.|:.:.//:./:|   |;イ:.:}:.:.:||:.:.:.:|/::::::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::>
       ̄ォ_|:.∧:.|从:{ト|   リ }:/|:./ }:.;ノ}::::::::| .: :|:.:.:.i:.:.:f'´
        |:.:乂、{:.|テ示ミ、  /,ィ/テホ≧, /イ:::::| . |:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.ヽヘ{、代::{       ト、爿 // ',刃 :.:.:|:.:.:.|:.:.:|     私、女は胸じゃないって思うのよ?
        |:.:.|:.:.|:Ⅵ  ̄       ̄´   冫ノ/:. |:.:.:.|.:.:l|
        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ             /::::::::::::::::i:::l::::::::l==i:::::::::::::::::::::::::',
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l          ,':/:::::::::;':::::l:::li:::::::l´`` l::i::::::l:::::::::::::::i
                                             .i:;':::::::l:::i::::::l:::l l::::::l / l::l::::::l:::::::::::::::l
                                           l::i::::::::l:::l::::::li:::l ';::::l, ーTヽ:l::::::l へ::::::::l
                                           l::l::::::::l::::l:::::l ';::! ,イ::li:::l l::l::::::l ) l:::::::l
                                             l:l';::::::l:::::l:,ィ'l ',!   L::ノ ,!イ::::::l ,'::::ヽ',
                                              ';!';:::::l::::::l ト!   // ハ. l:::::::lノ:ヽ:::::::ヽ
       そこは共感するものがあるわね                  ',ヽ、:';::::l,,´      u l::::::l::::';:::::\::::\
                                             /:/:ヽ:::ヽ  く つ  ,.イ:::/─i:';:::::::::` ‐、\
                                            /:/::::::/::::;'` ー-- イ l:/  l/` ‐- ァ-、:`
                                           /ノ::::::/::::::i:::::::l::::::::::::r` ノ  /    /::::::::',\
魏 文官 劉曄

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        そんな折、曹叡は侍中の劉曄とだけ謁見し、一日中彼と語り合った。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この時、曹叡の人となりを知りたがる群臣が
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       二人の会話を立ち聞きしたという
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
144 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:49:15.39 ID:qSVpsK6o


.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
      ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:/:=ュ: : : : : : : : : : :i
       !:i: : : : : : : : : : : : : : : : : /:/〃/イ:i: : : : : : : : : :l
     l:l : : : : ;' : : : l: : : : : : : :/:;' ` -:イ:l : i : : : : : : :l
      !:l: : : : :l: : : : l: :i: : : : : /;':i__ l:l: : l : : : : : : l       秦の始皇帝や前漢の武帝の類ね。
     l:l: : : : l: : : : l: :l: : :.i: :/イ:l _  l:l: : :l: : : : : : :!
       !:l : : : l: : : :il: :l!: : :レ',.イ!てー 、! : : l: :i: : : : l    .   資質は少し及ばないけれど
        '; : : : :l: : ',:l:l:!l ';: : :!  ';:::..,,.. ./l: : : lヽ:l: : : : !
      `、: : : l: : i:ト!',! ':,: :l  ゝ::リ:ノ/l: i : ! ノ l: : i: :l
        ヽ: : ',: :l',    ヽ!    ̄ノ l: l: :l: : l: l: : '; l
         ` ‐:ゝ!\  、     /l: l: ;': : : l: l: : :'.! 
         ,イ: : i: : : :` 、 _, '´ ノ, - 、: : l: '; : : l           〉、 ー― ― ' " ̄   ―- - 、_    .ヽ
         ,' l: : :li: : : : : '; :: : : l  /    ヽ: :l: ' : : l          ,!_::丶-....、_                ` ー 、 ヽ
                                        //:7ヲ<:::::::::::::>―-- 、            `ーヽ!
                                 .       /:././:/:/./ / 7 <::::::::::::>..、 ̄                〉
                                       / .杉|/V / / / . /|>i<::::::::::::>..、          /
                                       ,'.:./イ.∧|:/ / /:×ヽ l:.:.リ  |:><::::::::::::>..、     /
                                       !/|:.:} :レ / / /"ラミ:|レ l:. l  l .リlr<::::::::::::>.、/
                                        y,. '"    γrfij ト,ヒ ∧ / ./ .|!  .:ir<:::::::::/
  いずれにせよ、先帝よりは仕えやすいでしょうね    .     ハ     、辷_メ'" V ! ∨ / リ  ::l  >t'
                                        l            l:.:.∨i:   /i  .リ:.:     V
                                         ヽ、         / //.|: /丿 ./ ::.    V
                                         ヽ  ̄       ./ ∧こ| /イ ./   :.:.    V
                                         ハ           ./ ,.'/:/:.:|/.,  /.:.:  :.:.:.    V
                                          ゝ .... _ _ ... // /:/:.:.,. '  /:.:.:.:  :.:.:.:.     V
                                             i  : : :/i   ./ /,. ' /:.:..:.:.:.  :.:.:.:.:    V
魏 文官 陳羣

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      謁見を終えた劉曄は、曹叡に関してこう評している
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
145 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:50:18.87 ID:qSVpsK6o

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \        秦の始皇帝に漢の武帝……
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /         暴君のにおいがするのは気のせいかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |                          
  \ /___ /                           
                                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                                              /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
                                             /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
                                       .    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
                                       .    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   それは追々述べるとして、                      ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
   曹叡の即位は魏・蜀・呉のバランスに影響を与えた。         |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
                                            1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
   これまで魏は呉に対して積極的な攻勢に出ていたが、          ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
   曹叡の即位以降は攻守逆転し、                 .      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
   今度は呉が積極的に魏を攻撃するようになる。               ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
                                                 ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
                                                  ,r'^,!       「ヽ、'´
   その証拠に、孫権がさっそく行動を起こした                 _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
                                           _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
                                          r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
                                         / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ
146 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:53:36.69 ID:qSVpsK6o
【紀元226年7月 呉首都 武昌】

              /                      \
             ./  /      : . : .             ヽ
             .,'  ,' . : :  ヽ、ト'、 ト、 ト!: . ':  .     ',``
             .!  l . : : :   lz≠=ミ トヽ:ハ: /l ,    l
             i   ',:i: : :  ', :!`、弋シ ` '  i∠=i,イ:  . . i
            .i  . : ゝ!: : :.  ヽ'、 ` ̄     'iト-:ノイ: ./: :/
            .,'. : . :.{ ! |: : : .  !        ヽ`` / イ:イ/
           ,'イ: : : : ヽ!i: : : :  |      _ '   ,'  |/
           //: : : : : : :!ヽ: : .. l     / ヽ〉  ., '  |       曹丕が死んだこの機会に魏を攻めるぞ!!
          /イ: : : : : : :ヽ:ト、. .l、    `ニ  ./:  .ハ '、
          ' /: : : :; : : : : >─-ヽ`丶 、_ /i: :  / ヽ       子瑜、お前は襄陽へ出ろ!
          , ': :_ /イ: :/ \::::::::`:: ̄:::7ヽ: : : |: イへ
        ∠ - ' ノ: /    \::::::::::::::!!::/ \: ': :\`         私は石陽の文聘を叩く!!
       _ -─  ̄: | |  / >  \::::::::ll::i へヽヽ= _
  _ - ': : :_ ─ ´ | | ! /    \:::〉〉 \/ ヽト 、: ` ‐ .._
/: : : <      ,. ' / `       >'      ヽヽ `丶、: :丶 、          ,. -一'´     `ヽ、_
ヽ: : < {ヽ   _ - ニ - '         /        `ヽ、  `丶、: :ヽ、       /             `\
                                                 r'´                 ヽ
                                                 ノ  ,.ヘ、   ,. ‐'^ヽ、         l
                                                (.  /   /'l,ィi ´      ゝ      |
                                               ノ ,'   |l |l \、     ヽ     ヽ
                                               (  |    l' ヽ、 `'ー   _(      }
                                               ヽ. |´`==。、  ー=='。、  } ,r‐、  ノ
                                                  )|.    }        { {,r‐.| 〈
                                            .    ヽ|    ノ       u } } ;,リ  ノ
       なんでいつも私ばかり……                           .|   !._        ル'_ノ <´
                                                  l.  `__         |_,r'´
                                                     ヽ   ー    /   |
                                                    ヽ.     _, ‐'´  _|、
                                                     「l`T 「 ̄ ̄ ̄    |
                                                     |.|| ̄|       │
呉 文官 諸葛瑾(字:子瑜)
147 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:55:42.65 ID:qSVpsK6o

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l
     |           从  l|、 l Alム l l |
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ         手の空いてるのがお前くらいしかいないんだ。
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ      西陵の陸遜と江陵の朱然は動かせないし、
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \       朱桓は山越に備えなければならない。
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l          
  ´// , /  `ヾl \\ V }}              .それに私はお前の忠誠心を買っている
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \ 
                    \ ヽ

                                                    ,.- ´              \
                                                  ,r '´                ヽ
                                                 /                       l、
                                               /                        i
                                           .   /       ,                 `ヽ
                                             /     /  ゙ヽ、               |
                                             {,/ィ 、‐'"      ヽ                ヽ
                                             〃|lヾ;、_      ,,.ゝ            ノ
                                             {i !ヽ、   ,. --、ヽ,    __        /
    大軍を任せられるのはそのへんに限られますからね          ヽ.l ヽ 、_,='‐t;ッ   l r'´ ヽ     r'
                                           .    `i         u |. ヾ f ) |      ノ
                                                |           j  }, ゝ人     ソ
                                                /        ノ ,,ノ ‐'   ヽ、r'゙
                                                 ヽ-;      ,.-‐―一 < ̄ ̄ i
                                                  丶- 、.. / -'"´ ̄ ̄ ` ` ヽ、 l、
                                                     `! /            ヽ!
148 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 21:58:07.30 ID:qSVpsK6o
【紀元226年8月 呉 長江流域】



                          汝南                     広陵  `ヽ
                樊城        ○                    `´○     `ヽ
                ○                    合肥      ,-、 ,-‐‐、      `i,
               ○                      ○     /´○~   ヽ,-‐‐-、  _,、`ヽ,
              襄陽                      ,-,_, 、,  /´建業  ,、 ,、   `く,!~`=,-`
 (三峡)                                   `ヽ‐´  i   ,~ノ  ~´‐,‐~=, ○ ヽ`ヽ,~!
,_,、↓_,,    西陵           【江夏郡】             ,、,i`~   ゚o    (,  {,_呉     ヽ,  
´ ~´ `~ヽ-、, ○            ○石陽             _,|            `‐´~    ,--`  
       ヽ,   江陵         ,/ヽ‐i,_          _,i‐´                  ,-‐´  
         !-~`-_,○       ,、/ ○ ~!,_       i´                ,=,‐-´,--、
            ´‐i       _,,-` 武昌  ヽ,_    _,‐´                  `~´    ヽ,_,___,`
          公安○!‐‐-ッ/~~            ~`´}~                           ,/´
           ,、、,  ./‐´|           柴桑○/~!,_                         i=~‐
          /  ~~~  丿                !  ,、,i       
          ヽ,    ノ~                 !,_|.        
           ~ヽ‐i,_/
         ○益陽



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       こうして孫権は魏が代替わりしたばかりで動けないと見て、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      荊州北部に兵を進めた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      みずから大軍を率いて魏の江夏郡の石陽を包囲し、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      その一方で諸葛瑾らを襄陽の攻略に向かわせている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         石陽は魏領荊州の最南端で、なおかつ武昌の対岸にある。
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          武昌に本拠を置く孫権にすれば、是が非でも攻略したい場所だった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
149 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/12/24(木) 22:01:03.66 ID:7Djcid60
孫権が自ら出てくると必ず負けry
150 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:02:20.33 ID:qSVpsK6o
【紀元226年8月 魏 荊州 石陽】

      / ` ーz---------―   ´|/:.∨  ヽ/  /
     /:..:..`..:..ー/------------―..:.´∨      /
    './:..:..:..:..:.::/..:..:!:..:|::.:..:..:!.:|:..:..:..ヽ:..:..:..V7 イ /
   l.l.:..:..:..:./⌒ヽ:/}:.ハ:..:..::|:.ト::...:...,:ィ:..:..:_|_イ |/
    |:!.:..:..:.::|    ト/、__,!:..:.:ハ:レ<:__:レ'´>、 ̄ ̄ ̄ ̄/   ぶび~!ぶびびびび~!!!
    ||..:..:..:::::!    |=ミ、|:.:/ | ,_z==ミ|イ.:..|:..:|`  ―--`ヽ
   |!..:..:.::::::}!   |/i/ |/   ´/i/i/i !::.:.:、‐┴――z
   ∨:,. ‐┤:.....:|  ヽ.__r‐ァ     A::..:∠__ ー<_      援軍が来るまで持ちこたえて!!
   /    、 ::::::ハ  r┴┘(_     八}..:/:,ハ|   ̄ ̄   
  /  、   ヽー, ト、}     }_..∠:::/j:/|/
  !   ヽ  :V/:: Ⅵヽ/´ ̄V/´__|/_/{__ -―z      荊州の人間として、
  ! \  ヽ/⌒   }/:: : : : ,.-V´___ハ ヽ  _ /´      呉の連中には負けられないのよ!!!
  ヽ :::ヽ:__{ r‐ァ-zイ{:::::: :/ ,.=「太守ヽ  ̄ ¨´
    `厂トミ.`¨二彡ハ::///   l´⌒ヽ< ̄`ーz_
     \`ヽ ̄彡イ:.:.|Vイ     ト、ヽト、 }〉 \   \
      |   ´  /.:.:.:.| ハ   | Ⅵ \     ̄ ̄`\
       ,「|   /.:.:.:.:.:.!  }   ヽ    \
     / ヽ  ヽ:.:.:.:.:/  ` ー 、__∧  ト、 ヽ

魏 江夏郡太守 文聘

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      石陽を守っていたのは魏の江夏郡太守文聘だった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      呉軍は石陽を包囲するものの、文聘の奮戦の前に決め手を欠いた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      そのうえ、援軍がやって来るという情報を受け、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .包囲二十日目にして撤退した。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          結果だけ見れば、いつもどおりの展開となった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
151 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:04:08.46 ID:qSVpsK6o
【紀元226年7月 魏 荊州 襄陽】

           ,_:::::::::::::《≦ノ  、::::::::\ \
            ´    ̄゛/`ー-、:::::`::: 、:::::\ \
        /   / /    |  ト、:::::\:::::ヽ ヽ
      /    /   /      |   ヽ\:::\::ヽ ヽ
  ii   ハ        /      | | 冫\::ヽ:|  ヽ
 ヾヽ__| |   i   、            |  i   >t< 二ト、
\ ト::Ⅵ |   |   l    /  /   /!|/ヅ/不 \ \〉〉
::::ヽ::::::::!ハ   ハト、 |  く  /  // |\ト、1|::|ヽ\`_/      飛んで火にいる夏の虫ってところかしら?
:::::::::::::::::::L∧ ヽヽト、ヽl| /   // / ,|   `ー|::| ヽ \ヽ
::::::::::::::::::::::;;|ト \从シ|/  ニ/゙ /<、`   i  |::|  ヽ  i、\   残念ながら、これくらいは想定の範囲内よぉん?
:::::::::::::::::::::<::|ヽ  ヽ      ´、(!l ト<  /  /   !::!i   ヽ ヽ::::::、
:::::::::::::::::::::::::::::::\.ヽ〈      `´  / /   ヾヽ   ヽ ヽ:::弋/
ミヅ:::::::::::::::::::/i ト\ ー 、_     / /、    !ヽヽ   ヽ }/
/::/√ ̄/  | | |::ヽ      ー― ムノ/   /∧ヽ〉__.>/
/  ,  ´ <::::| | |::::::`―t‐<:―,´\/   /ー-一:::::::::::::: ̄=== -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                な
                                                ん

                                                 (
                                                 (´ (((/⌒,>
                                             だ   (/"、/^ 了
                                              っ   〉7  ̄’u リ6)
                                             て     ヽ_,  i ゙''
                                             ?     ヽ ̄ _/_
                                                      ̄「lll| E
                                                    /゙'' ̄;;;;;;;
                                                   ,r'⌒ヾ、´ ̄\
                                                  |    ゙i


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       一方、襄陽攻略に向かった諸葛瑾らの呉軍であるが、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      こちらは司馬懿・徐晃・張郃らに迎撃され敗北を喫した。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .なお、この戦が司馬懿の一軍の将としての初陣となる
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
152 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:05:50.79 ID:qSVpsK6o

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \          孫権の盗っ人精神は相変わらずだけど、
   /  (ー) (ー) /^ヽ          やっぱ陸上じゃあ魏軍の方が強いお。
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ        司馬懿、徐晃、張郃VS諸葛瑾なんて、どう考えても詰みだお
―――――――― \ _ _ _ )

                                                      / ̄ ̄\
                                                   /  ヽ、_  \
                                                  (●)(● )   |
                                                  (__人__)     |
                                                   (`⌒ ´     |
  常識的に考えて、魏の諸将と呉の諸将の経験値が段違いですからね。      {           |
                                                   {        ノ
  この戦に限れば、文聘や徐晃、張郃などの                       ヽ     ノ
  曹操以来の宿将の力が物を言ったわけです                       ノ     ヽ
                                                     /      |
153 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:07:57.20 ID:qSVpsK6o

           /             /´|       . : : : : : : : : : :::..
.         ,′        / .:/  |            . : : : ::::...
        l: : : : : : : : . : . : /: : :/  l: . .       ヘ.        :::::..
        |: : : : : : : : : : : /|: :./   !:{. : : : . .  | l  |: : .     :::::::.
        |: : : : : : : : : : :;'"|:.:厂¨ ‐-{ :_: : : : : : ! |:.:.:|、: : : . .   ::::::::..
        |: : : : : : : : : : :! !:.|    |:l: : : : : : : :|ヽ __:l \: : : : : : :::::::::.
        |: : : : : : : : : : l 」_:!   _ |:l',:. : : : : : :|  |:.:|  ̄\:.:.:.:.| :::::|::::.    雨の日も風の日も、
.          |:.: :.: : : : : : .:.|く:¨- ミ弌 、|:l ': : : : : : :|  l:.リ    \::|_」  ',   この地を守り続けて早幾年……
.         |:.: :.:. : : : : .:.:|(__)   `ヾ:!:l 丶:. :. : :! ィ二 .. __     {_ .. .::
           |:.:l:.:.:. : : : :.:.:|  //〃  jノ   \ : :| '─… - ミヽ  }: : : : :::::
          |:.:|:.:.:. : : ..:.:.:|                \|  〃// (__),':. : : : .:::::
   「 ̄ ¨¨ l:.:|';:.:.:. : : : :.|.         ..:!           /:. : : : : ::::::
.  / |   |   |/| ';.:. : : .:.:.:|:\        ′          ,ハ: : : .:.:.:./::/l
  | |  |   |. | '::.:. ..:l.:.:|::::::.丶     ̄`ー-‐-         /.:;'.:.:.:.:.:.:/::/ l
  | |  |   |. |  ゙、:.:. |.:.:|∨Vレ'!` 、    ``       , イ .::::/.:.:.:.:.::/レ′ l
  | |  ヽ   !    \|:.: !  〈 }     .    ,.  -‐ / メ|//.:.:.:.::〃  /   l
  | |   ヽ  ヽ      \|  |      `¨´   /    /.:.:.::/   /    l


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  ちなみに、この文聘は劉表軍から曹操軍に参加した将軍で、
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         赤壁の戦いの頃から数十年に渡り、江夏郡の太守の任にありました。
 |      (__人__) /;;/         
 .|        ノ l;;,´           その間に関羽と戦って撃破したり、呉との戦いに赴いたりもしていますが、
  |     ∩ ノ)━・'           三国の利害が衝突する荊州の前線を守り抜いたのは特筆に値します。
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            
\  “ /___|  |             張遼を初めとする魏の五将と比較しても遜色ない勇将ですね
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
154 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:09:43.72 ID:qSVpsK6o

     ____
   /     \
  /  ─    ─\      ほんと、魏の人材の層の厚さには感心するお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |     十二州にまたがる領土があるんだから当然と言えば当然だけど
\     ` ⌒´   ,/


                                        _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                    ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                       / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                               .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
                                     / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
                                     l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
                                     ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
                                     j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
  この戦の後、魏では大規模な人事異動があった        ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
                                         ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
                                           `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
                                           ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
                                           ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                           \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                             , '´/ノ      L、 /
                                              ,.-'   | ___._   | `ー、
                                        _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_
155 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:11:52.32 ID:qSVpsK6o

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)               この時に賈詡の後任で太尉になった鍾繇が太傅に転任し、
  |     ` ⌒´ノ               司徒の華歆が太尉に、司空の王朗が司徒になりました。
.  |         }
.  ヽ        }                ここで言う司徒は、相国が改称されたものです。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \      陳寿さん、これらがどういう役職かは分かっていますね?
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
                                                 ____
                                               /      \
                                              /─    ─  \
    太傅が若い皇帝の傅役で、                       ./ (●)  (●)   \
    太尉と司徒が軍事と行政の最高責任者、               |    (__人__)      |
    司空が司法の最高責任者だお。                    .\   ⊂ ヽ∩     <
                                              |  |  '、_ \ /  )
    でも、この異動だと司空のポストが空いてるお              |  |__\  “  /
                                              \ ___\_/
156 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:12:52.29 ID:qSVpsK6o

    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }           少々補足しておくと、魏の三公は名誉顧問的な意味合いが強い。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ            魏は本来皇帝専制の国であり、
      `ヘ:ゝ   _     小/              皇帝の曹叡が若年のため、
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/              実権を握るのは曹真・陳羣・曹休・司馬懿の四人組である。
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ         .    実際、今回の人事異動では彼らの官職も格上げされた
  /  | l:l   l     l   l::l l
  l  ヽハ    l    l  //  |
157 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:13:44.09 ID:GKHd7xco
鍾繇って鍾会のお父さんで山椒食べまくって死のうとした人だっけ
159 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:18:28.37 ID:qSVpsK6o
【紀元226年12月 魏首都 洛陽】
                  _
                / ,.r/´_ ̄`ヽ、
             ,,.-''">-/´  `ヽ‐、/7ヽ
            N´ フ'` ‐-‐''"´``ヽ ト、ヽ  〉
            ヽ>' ,  ,  /l !    ヽ `ヾ!/r、/!
           ,./  / /l / l/l /l   ヽ、∨/// 
          //  l /!‐=ヽ   l/__l  !   i7//シ___
          `7 / ,'!liゝrミ、   ___`メ   ,'/ニイ/‐ァ
          ,' /,' //`!`'ー'   'T7ヽ ∧‐<マ ̄  .   陛下と、我ら一族、名士の方々が結束すれば、
           !/-! /彡 >、 、'__ `7/´ /lヽ ヽ--`、     大魏は未来永劫安泰でしょう
        ∠/=! / 〃〉、/>, - ‐/' /∠`( ヽ `''- ,,_
    ,,.-''"´     !/彡/oヽ/〉イll///o__o`!フ ヽ、  `'' - 、
   /   -''"´   //>"(/ Y/ '/=ァ‐‐-、、/_{ !  ヽヽ    `ヽ、
 /  //__ ____,,..-‐‐-.、,...‐'''"" ̄`)!   :::l/   !  ヽ ヽ     ヽ 
/  // >/´ (:::::::::::::::::::::::::::::::;;-''":::|`ヽ__:::!     !   ヽ ヽ 
                                         /                   \ i
魏 大将軍 曹真(字:子丹)                       /      _    ┌O┐    _     ヽ
                                       /  -‐ "´    ヽ、 \/ ,. ´   ` ‐- 、ヽ
                                       ヽ、   ,.. -─ ‐- 、_,. -─--  、_   / 
                                          ̄|_,. -─r‐ ¬  ̄ ̄/7¬r- 、 `|´ 
                                           |   | lヽ/| ハ.ィ  /、/ ノ | l /`|
                                           | l   |‐l,ニ云´、\ノ 斗ニ..ー ノ/ l |
     そう願いたいものですね                       | !  |/ トィ;cj     {;ィc:リマイ / l |
                                           l {l  l ー゙‐''      ''゙ー'' / / l l
                                            ! ヽ!トヽ      '     /イ  l  l
                                          l   lヽヘ、     _ __    ,.イ   l   l
                                          l  ..::|:.:.:.l:.:丶、     , ィ:´:.l:.   l   l
                                          ,'  . ::.:l:.:.:.:|_:_:_| ` ー ´ |_:_:l:.   ハ   l
                                        /  .:.:.:.|:.:/ rノ      マl |:.   l:.:',   l
                                       / _ 、 - "   |: .   _   l|:   lヽ、、  ',

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       まず、曹真が大将軍となり、陳羣が司空となった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼らは洛陽に常駐し、軍事と政務を統括する立場にいる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
160 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:21:57.81 ID:qSVpsK6o

    j/::::::/ /' i l| ヽ   \\ \::::::::::::::::',_
    /::::::/ /'  j i    l l l、 ヽ ヽ \:::::::::::::i`i-、_
   ':::::::/ / / ! i l  |l l l lヽ ヽ ヽ 、 ヽ::::::::::i l l `'ー、
  j::::::/ / / j j  l、 l|| l l| ト、l  l | l |:::::::::::! l l   
  /l!::/j // //  l|l、 l|、l  l l|:l|ハl、  l| ! |::::ト、::|  l`iー、_     揚州牧も兼ねてるんだぜ?
  jl://! i j 〃l|i  |l|i:l l l l |:l|| |l|ト、 l|ハ |::::K}::|   ! ! 
   l|ll:| l/!/l |:l|i | lNl l l |リ|レー!‐トl||::l |:l:l/V!  l       .対呉は俺の担当だぞ? 仲達?
  /|! l| l::l |l |:::l|l l|_」l_|ト、{  l |l ,ニ,=‐テ||ハl|:|}!  j   l
  j{  jハ !:l ハ{::::l|N!ニ,ニ、ヽ `  ` ´ |! /}!  l!   l                      _ _
  ヽ\ ヽ{ヘ::!Vソ `! ` ´r‐、       /  / j|    l               _,ィ升Y⌒:::⌒::ーュ、ー、
   ヽ、\ `{、l |  ト、 / /j⌒!_    , '  / j |   |              /::::{{匆リ::::::::::::::::::::::ヾ、゙ 、
   く (_ヽ`'‐、 l_|  L_`|  |ノ  i-一,、く,___,,、-'゙}_レ⌒ヽ|             /::_:x~~^`~~、:::::::::::::))__\
    )´ノ ̄\ `‐、_ `|  |!  ハ ̄  }ニニニ/}/ l             ,仟厂i    / !   ^Y~>|廴__))、
   { /  `ー---' `ヽ、_'_ -' ,_,.ィ /ニニニl// /             / |!  |  /  | |  ! | (/_}ト、\ヾ、
                                          /  |!  {  /  }/  / |i 气ク\ヽ\>\
魏 大司馬 曹休(字:文烈)                        i | |ハ  トノ |! //|_,ィ升/|  /  | ヽ   \
                                           | | ト、ヽムヘ/レ'/ ォr'i::ソ''/ /   |\〉    \ 
                                         V、/゙小弋iソ    ´ `//|   / \\     >
                                          ヽ入 \  丶    ノ Ⅳ  /    \\,ィ'/::::
       心得ておりますわ                      ___〈/  |`ート、  ‐_‐   .ィ_|i  /\   /::::::::::::/
                                      _≧=、:\Ⅵ   |ノ`7ーェイ/:.:.:/ , ′ \/:::::_:_:_/:::
                                  ニ二二:::::::::::::::::::::ヽl   |、,/_/久}:.:.:.:.:/ 人___/‐'´:.:.:.:.:.:.\:::
                                  __...ン:::::::::::::::::::::::::::丶 |::::://八|:.:.:.:/ツ-'' 勹:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                  ::::::::::::::::::::::::::::/⌒ーV|又/ケ_r|トミ=、   ,勹:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                  /:::::::::::::::::/:.:.:.:.:.}:.:.从_ノ薔}! ||/⌒/⌒勹:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
魏 驃騎大将軍 司馬懿(字:仲達)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      そして、曹休が大司馬、司馬懿が驃騎大将軍に就任した。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      曹休は魏の東方における最高責任者として揚州・寿春に駐屯し、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      司馬懿は荊州・豫州の最高責任者として荊州・宛に駐屯する事になる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         重鎮二人が外地に駐屯する事になるが、呉対策であるのは言うまでもない
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
161 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:22:58.96 ID:qSVpsK6o
【紀元226年12月頃 魏】                               /`ー´
                                              /
                                             (,
                                            ,/´
                                   、--、  _    (´
                                  ノ  / /  ̄|   `ヽ
                   、´ `~ ̄`)       ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
                   ノ     /       (_  ,‐-っ,     く   `|
                   ノ    く        /`‐´ /´     )  /
                 く´~     (      /    /       レ´
            ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´     く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´曹叡       \
       `ヽ,  ´‐‐―`                  《曹休》 `>
        `ヽ,                《司馬懿》   ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,【陸遜】   ,ノ´     し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |
          |, 劉禅   _/~         孫権       ノ´
           |,    ,,ノ~                      ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~                       ノ
                                     ノ
                                   ノ´
                               ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´
                    _/    `´
                    /
───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      さて、この当時の状況を地図にしてみたが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      これを見て何か気づく事はないだろうか?
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
162 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:24:28.94 ID:u/HStLwo
対蜀がら空き?
163 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:25:22.42 ID:VsMtLmco
西側がまるあきだな
164 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:25:27.43 ID:qSVpsK6o

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|            蜀完全スルーされてね?
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

                                        
                                               /.:.:.         \
                                              /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                             /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     正解。                                   /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
     魏の上層部の目は完全に呉の方を向いている。          N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
                                              ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ 
     これは曹丕の時代も同様だったが、                     `ヘ:ゝ   _     小/   
     当時の魏では、蜀が荊州を失い夷陵で大敗したため、          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
     対外戦争には出てこないという認識があったらしい。          _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
                                              /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
     彼らにすれば、呉の方がよほど脅威に感じられたのだろう    /  | l:l   l     l   l::l l
                                            . l  ヽハ    l    l  //  |
166 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:27:23.19 ID:YON42i6o
司馬懿と陸遜がこんなに近くに
167 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:27:31.41 ID:00NHSSc0
このころの蜀は名の知れてる武将のほとんどがすでに故人だよな……
165 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:27:22.17 ID:qSVpsK6o
【紀元226年12月 魏 雍州 長安】

                _,. -―- 、
              / ⌒マ、  \  _,.-―-、
         _,. -―-y´     リl     Y      \
        /    {       /ノ     /,ィ二ミx  ヽ
       /  ,ィ二ミx ミ_ ,. -―チr―‐ -< ィ⌒ ヽ ヽ  ',
      ,′//´  `>´◯        ◯`ヽ  丿ノ  ソ
      {  ',ヘ   / .-一ー一▼ ー一 - . \ノ メ`ー、
       〉、_ヽニ/ /´         !       `I ヽ´     ヽ,
     /´   `-,' (      ,ィ个ー 、 _ _ 人  マ       リ
     ,′   1 /`ー-ーTア´: :/.f: : : : ト、: : : : : 1 |       |
    {       ! { /: : : :/|: :丿/\ : ヾ入. : : :.リ |      /
     マ      マ卞、: :/≧レ´ソ  斗アスマヽ : : | |    _ノ
  rヘ  \    Ⅵ :.Y イf;;て汽   ゙f心rリ 》! : : | /¨゙ 彳´
  ヾ、`y´ ̄`ヽイ¨マ: : 1 圦: 少    ` 一´ 1 : : レ  ノ
  ,ィ´;;;;;;:::;;,,,,.. 〉  マ: 八  ̄  r‐─、    /|: : /一 ´
  ,′::::::: .........: 弋 ー-ヽ : >、 _ V ノ   ィ´./: :/
  ヽ、;;;;;;;;;;. .. ,, , ,,;;; ㍉ ∨:zr孑 r‐、 ̄r-z、/: :/
    `ー-z;;;;;::::::,,,,,... ソ \| ヒノ7.「ヽ 〈 w 厶イrー、
        1...;:;;;;;;;;..,ァーr-ー/´└´ マ ヽノ、 ,ヘ_ソ
         `ゝ=ィ匕__⊥ィ7      マ ヘ ゙ ̄¨
            \ゝ /        |   ヘ
               {       /   ト--、
                 人     / ,-一イ⌒ヽヽ
             /  ` ┬ ´ィ´    |    ))
              {    イ¨ ̄ヽ     !  f⌒マ
              〉ー、j/゙     マ  1 厶ィ´
              `¨″     └一┘
魏 安西将軍 夏侯楙

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  ちなみに蜀と接する雍州には、曹真の後任として安西将軍の夏侯楙と、
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         雍州刺史の郭淮が長安に駐屯していました。
 |      (__人__) /;;/         
 .|        ノ l;;,´           夏侯楙という人は夏侯惇の次男で曹操の娘を妻とし、
  |     ∩ ノ)━・'           曹丕とも親しかったため、安西将軍として関中の軍の統率を任されています。
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            しかし、曹真や曹休、夏侯尚と異なり、軍才が無く金儲けのみを好み、
\  “ /___|  |             長安という要地を任せるには不安のある人物でした
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
168 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:28:49.88 ID:qSVpsK6o

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ            つまり、魏は蜀を軽視、あるいは舐めていました。
.  |         }
.  ヽ        }             .劉備は死に、彼の覇業を支えた関羽や張飛、法正、馬超……、
   ヽ     ノ        \    .主要な人材がほとんど世を去った以上、無理も無い話ですが……
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                               γ⌒)      (⌒ヽ
                                               / _ノ ノ    \  \ `、
   漢中攻防~夷陵までの人材の消耗はマジでシャレになってないお   (  < (○)  (○)   |  )
                                              \ ヽ (__人__)   / /
169 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:30:22.68 ID:qSVpsK6o

    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j          これが諸葛亮の北伐が開始される前の魏の状況である。
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
      `ヘ:ゝ   _     小/            ここから話は北伐に及ぶが、
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/             しばらく魏の事情ばかり見てきたので、
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_             夷陵以後から北伐までの蜀の様子を見てゆこう。
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l            陳寿、説明を求める
  l  ヽハ    l    l  //  |

                                                   ____
                                                 /      \
                                               / ─    ─ \
                 はい?                        / -=・=-   -=・=- \
                                              |      (__人__)  U  |
                                              \     ` ⌒´     /
        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●)
. \    |     (__人__)
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }            蜀の事は蜀の人に聞くのが一番じゃないですか?
      .\_,ゝ     ノ
      /, r、    く             このあたりからの事は陳寿さんの方が詳しいはず、
     ./ 〈  \    i             .私も蜀の事情には通じていないので色々教えてほしいものです。
    . ヽ、 .ヽ   \ i..|
       .て_)   \ノ             しばらく私は常識的な聞き手に徹しましょう
             \
               \
                 \
170 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:31:32.51 ID:cTBWEGco
常識的な聞き手ってなんだよww
171 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:32:33.40 ID:qSVpsK6o

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|          常識的な聞き手ってなんなんだお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |           まあ、せっかくだから説明するけど、
.\  "  /__|  |           前に蜀の話題が出たのは劉備様が死んだ所だったかお?
  \ /___ /


                                                     / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
                                                 (__人__)     |
  ええ、それで南中で蛮族の反乱が起こったとかなんとか……           (`⌒ ´     |
                                             .     {           |
  私の聞いた話では諸葛亮が南中に遠征し、                      {        ノ
  南中の蛮族の首領孟獲を七縱七禽の末に服従させ、                .ヽ     ノ
  蛮族どもを心服させたという事でしたが……                       ノ     ヽ
                                                    /      |
172 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:34:01.14 ID:qSVpsK6o

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ      .   後、南中と言えば、密林の生い茂るエキゾチックな場所と聞いています。
.  |         }
.  ヽ        }          ほら、祝融夫人とか有名じゃないですか?
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く                                          /.:.:.         \
i !l ノ ノ    |                                         /:,:.:.:  /   ヽ    \
⊂cノ´|     |                                       /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                    ___        /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                  /   ヽ、_ \       N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
                                 /(● ) (● ) \       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ 
       …………                  /:::⌒(__人__)⌒::::: \        `ヘ:ゝ   _     小/   
                               |  l^l^lnー'´       |          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
                               \ヽ   L        /      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                  ゝ  ノ            /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                /   /             /  | l:l   l     l   l::l l   
                                                 l  ヽハ    l    l  //  |
173 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:35:05.39 ID:qSVpsK6o

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)      あれ? 私、何かおかしな事言っていますかね?
     |      ` ⌒ノ
      |        }       今のは蜀遠征の時に蜀の民草から聞いた話なんですが……
      ヽ u      }
       ヽ     ノ 
      ノ     \
     /´                                            /.:.:.         \
                                                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                                 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                  . … .          /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                  :____:        /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                :/_ノ  ー、\:       N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
                              :/( ●) (●)。 \:       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
        ぷっw                 :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:        `ヘ:ゝ   _     小/   
                             :|    { l/⌒ヽ    |:          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                             :\   /   /    /:      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                                /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                                /  | l:l   l     l   l::l l   
                                                l  ヽハ    l    l  //  |
174 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/12/24(木) 22:36:06.83 ID:7Djcid60
wwwwww
175 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:36:19.92 ID:qSVpsK6o

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\    /⌒)⌒)⌒)        もう我慢できねーおwwwwwwww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  
| :::::::::::(⌒)    .| |  |   /   ゝ  :::::::::::/         七縱七禽wwwwwww 祝融夫人wwwwww
|     ノ     .| |  |   \  ./  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /          .杜預さんがそんなこと信じてるとは思わなかったおwwwww
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バン バン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、     バン バン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                                                   __
                                                 .,/,-、  \
                                               / ノ:/ ノfヽ.. \
                                               | /:/ /...| |  |
                                               l レ ./..ノ .,''´} i
                                               l   ' ´ .〃 / |
             (何このウザさ……)                      ヽ.     . 〈 .ノ
                                                 \.,_  ._ノ /
                                                  /  /  ヽ
                                                 ./  /   |
176 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:39:16.95 ID:qSVpsK6o

         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |     .七縱七禽なんて荒唐無稽な話、本当にあると思ってるのかおwwwwww
     \、     i⌒i‐'  ,;/      
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く        .それに祝融夫人なんて聞いたこともないおwwwww
   / ,_ \ l||l 从\ \       杜預さんの見てるAVの女優さんかおwwwwww
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ
                                                   / ̄ ̄\
                                                  /  \    \
                                                .(●)(● )  u. |
                                                 (__人__)  u   |
                                                 .(`⌒ ´     |
  じゃあ、実際の南中への遠征はどのように行われたんですか?         {         |
                                                  {      u. /
  (なんで知ってるんだ? こいつ?)                          \     /
                                                  ノ     \
                                                 /´        ヽ
177 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:41:30.47 ID:qSVpsK6o

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\       ひとつ言っておくと、
    |      |r┬-|    |      南中への遠征は蛮族討って終わりなんて簡単な話じゃないんだお。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    色々事情もあるから順を追って説明させてもらうお
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ
178 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:43:07.83 ID:qSVpsK6o
【紀元223年夏 蜀 益州 南中】



                        ''';;''';;';';;'';;;,.,
                         ''';;''';;';'';';''';;'';;;,   バーカ
                         ;;''';;''';;';'';';';;;'';;'';;;;
                      ;;'';';';;';;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;               バーカ
          バーカ     ,.- ; ,.- ;,.- ;,.- ;,.- ; ,.- ;- ;,.- ;.-;- ;
                ,. ー- 、 ,. ー- 、,. ー- 、,. ー- 、.ー- 、 ,. ー- 、    /⌒\
             / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ, ̄ ヽ, / ̄ ヽ,ツ{p ,-、 q}ミ\ < バーカ !!
  バーカ  / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ, ̄ ヽ, / ̄ ヽ, / ̄ ヽリ. `='  ',.^ヽ\
     / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ, ̄ ̄ ヽ, / ̄ ̄ ヽ,  ',     ,二二.)
    /    / ̄ ̄ ヽ,.   / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ, ̄ ̄ ヽ, / ̄ ̄ ヽ, /
    {0}  /'/        ',./'/        ',/'/        ',.     /        ',
    l   ヽ{0}  /¨`ヽ {0}, {0}  /¨`ヽ {0}',.{0}  /¨`ヽ {0} /¨`ヽ{{0}  /¨`ヽ {0}',   バーカ
バーカ|    l   ヽ._.ノ   l i   トェェェイ   l.l   ヽ._.ノ   ',ヽ._ノ l///トェェェイ/// ',
.  /´   リ   `ー'′  ヽ   `ー'′  リ   `ー'′   !.ー′!   `ー'′   !
      /´         `\     /´         `\ /         `\



────────────────────────────────────────────────

                        .まず、南中での反乱が勃発したのは、劉備様が亡くなってすぐ、
      ____              蜀の建興元年(紀元223年)夏のことだお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\      .     この時点での反乱軍の主要な顔ぶれは、首謀者の益州郡の豪族雍闓と、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          それに呼応した牂牁郡の太守朱褒、越嶲郡の蛮族の王高定だったお。
 |        ̄      |         
 \               /         これ以前にも蜀で反乱騒ぎはあったけど、
                        今回のは南中の三郡が叛いた、かつてない大規模な反乱なんだお

────────────────────────────────────────────────
180 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:45:54.96 ID:YON42i6o
おおやる夫が解説してるwwwwなんか新鮮だなー
179 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:45:54.94 ID:qSVpsK6o

                    -―‐- 、__
                _∠_       \\
              /  /        ヽ ヽ
        __.. -一''´  ∠:.:{:. .:.:.. .:.{:.:. .:.  ヽ '
      _,. <{ { 、__ノ   ´/:人:.:.:.{:.:.:.:l\:.:.!:.:. ハ
    <):::::::::ヘ∨-‐一ァ‐:'´.:./<_\{ \|_斗∧:.} :.:|:  '.
/:::::::::::::::::::::::ム.〉  / ハ:.从ィ==ミ   ==ミⅣ:ハj:. │    呂凱ちゃーん。雍闓たちに降伏しちゃいけないの?
::::::::::::::::::xー'´   / :.:.:/:.:| |  | ′  |  |│}/ :.!.:  |
:::::::::::/:ノ \    /:./ :.{: 八| │__  |  |│;  :|.: │
:::::::::::/ :::::::::丶、_{:八.:.:.:.:.:.:..\│     |  i/:/l .:.:.:. |
\::::::::::::::::::::::::::::::`^Y⌒j八.:.:.|:_\__..  <|:/ :|/:.:.:j:ノ
  `丶、:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::\l::::ヘ7丶_ _厶イ.:.:/j:./               //-‐ ニ.' ´ /::ヽ /:ヽ ‐-ニ、‐- _',
     `丶、:::::::::::::丶::i ::::::::::::::::::::\ /不l トノ∠._'´               / /     ト‐-V.-‐l. ,    ` 、',
            `丶、::::: j:::::::::::::::::::::::::〃爪|メ、:::::::::∧ .            ,' ´  i  / l, l !     .l l .!  ,   ヽ!
                \::::::::::::::::::::::::::《{_>、__》:::::V::::}               ,' /   l /!山.リ_     _l,ム,山,l l     .
                                          l /l   ィ「 l | l l     .リ.レ .!l.l`メ. , i l
                                          !l l l, !l',| ',| ゞ      _'  リ レ l. l  !. l|
蜀 文官 王伉                                 ll. ',. ',. l.', ミニニ彡     ミニニ彡 //l ,/ /!|
                                          l', \!ヽ\            ./ィ // / .l
                                          l   `ヾ,\       '      ノイ/ /  .!
                                          l ! .l  小    _ _     7// ,' , l
   当たり前でしょう?                            l !. l  l ` .、       イ1l'  l  l l
                                          l l l  l ! 」 > 、  < l ! !l  l  .l l
   私たちは蜀の官吏なんだし、                      ! .l  !  .l レ-<, `´ ,>ヘ l l !  .l  ! !
   丞相がなんとかしてくれるまで耐え抜きましょう           l l  l  L/   `ハ<´.   .',ドl  !  l .!
                                       _ .」.-'‐' 1 .l l    /=x=',    l l  .ト _ ! ',
                                      /´      .l  l レ/'ハ/小、ヽ`ヽ/、 !  !    ̄
蜀 文官 呂凱

────────────────────────────────────────────────

                        .
      ____              そうやって言うと南中全部が反乱起こしたと考えるけど、
    /_ノ   ヽ_\             蜀への忠義を忘れなかった人もちゃんといたお。
   /( ●) ( ●)\           
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          それが永昌郡の官吏の呂凱と王伉だお。
 |        ̄      |         
 \               /         この二人は反乱軍に降伏せずに
                        永昌郡の官民を率いて反乱軍に抵抗する道を選んだんだお

────────────────────────────────────────────────
181 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:48:22.33 ID:qSVpsK6o

                  ,ト--―'''''´~`'''''´ ̄ ̄`、-‐i_    |_,-'`'‐--‐く
               _,,-´              ~|   ̄ヽ,_,,,,ゝ       `
             r''´           ○    ノ
             |            南鄭 /
              |                 `'‐-'´ヽ,
               |                      ヽ-、
             |                          ヽ
            /                  永安○ ,-‐´
            ヽ  ◎成都             i‐‐-'´
            ノ                    !、
            /         蜀           ヽ
          /                            ヽ
        /                      /`〆 )
      ,/                       !、 ,! `
     /´  【越嶲郡】                 乂
    /                           ノ
   /                     【牂牁郡】  (
 /            【益州郡】            !
/                                )
|  【永昌郡】                  ,、     ノ‐'´~~`ヽ
`ヽ,__,,,,,、                   / \,__,,,-‐'
      ヽ                 |
        ヽ                ヽ,
         ヽ,               ノ
          `'‐-、           ノ             
               `'ヽ,         /
               ヽ   ,,-'´
                レ‐'´~            ,,-、,,,,_
                ヽ          ,、,-`‐'´   ´‐‐フ   ,-'‐´~~


────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           南中の諸郡の位置関係はこんな感じになってるお
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         
 \               /         
                        

────────────────────────────────────────────────
182 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:49:17.20 ID:qSVpsK6o

                                                      / ̄ ̄\
                                                    _ノ  ヽ、  \
                                                  (○)(○ )   |
                                          .       (__人__)   u  .|
                                          .        ヽ`⌒ ´    |
     あれ? 呂凱たちのいる永昌郡が孤立していませんか?           {       /
                                                  lヽ、  ,ィ'.) ./
     この位置関係だと、                                 j .}ン// ヽ
     成都と永昌郡の連絡も寸断される気がしますが……             ノ '"´  ̄〉  |
                                          .        {     勹.. |
                                                   ヽ 、__,,ノ . |

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/       そのとおりだお。
|       (__人__) l;;,´|        
./      ∩ ノ)━・'/        地の果てみたいな永昌郡で頑張る呂凱たちのためにも
(  \ / _ノ´.|  |         一刻も早く反乱を鎮圧する必要があったんだけど……
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
183 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:51:15.90 ID:qSVpsK6o
【紀元223年8月 蜀首都 成都】
                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ
184 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:53:23.06 ID:qSVpsK6o

     r'ニイ : r=〈、: : ,、: :く^; : : :ヘ : :ヘ  l
      |: :ヽ} : :ヽ: :>ヽ`: : .:J、: : ⌒ヽ. ヘ l
      l:.:.:*ゞx : : (: : `ヽ、: : :.ヽ_: : ヽ、} l
      ト- ': : :._ > ― f' ¨下. ̄.ト、 ̄` ヽ、 }
     ノー'´ ̄ / l.  ,ィ !   } ヽ._レ}-ir' i ,>
   ∠ィ 「` 7 十ァ-j、/l イ!   ヘlニj_ハ. ハ | !
    / i .i ,' ,ィt7示x jノ j'   '行h;} jノ!| ソ .l
     { ハノV / ト'じ_;:}     弋tタ ! !i i |  なんかえらく時間が過ぎた気がするんだけど、
    ゝ}  | 乂クソ    、    、、 ! i.| ',  !  とにかく南中の反乱をなんとかしないといけないよ? 丞相?
     ,'-|   ト, 、、               ! ! l  ', !
.   人ニ!  |         - 、   / |l  ',. i
   , ``|  |ヽ、      '´     イ.|  !|  ヘ V
   ,' i  !   |.  `   、     r'  ! |  | .|  、. ヽ\
  ,'  | i|  |`丶 __ _フ ´) V  || ! .|  i   ヽ
  ,'   レ'T.  |         /  \_l| |__|  ',   /
                                 /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
蜀 文官 蒋琬                       /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
                                /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
                              `.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
                               |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
                               |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
                               l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
  残念ながら、それは不可能ですね。      .  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
                                 \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
  夷陵のボロ負けのダメージが大きすぎて      |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
  鎮圧軍も編成できねぇですし、            |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
  その前にやる事が山積してるのですぅ     .  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
                                l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
                               /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
                              /: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
                              : : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
                              : : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
蜀 丞相 諸葛亮(字:孔明)
185 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:55:08.50 ID:qSVpsK6o

                 , .-==== - 、
                  ∠   `^`^~^`ヽ、 \        ──-/ヽ ヽ:/  /
              ,∠ -‐……‐- 、    \ \      \  /` ー‐--‐'}
             / .::.::.::.::.:..;.:.:.:..:.:..`ト、    \ \     <´ ̄:` ー─-イ
            / . .::/.:/::.::.:/.::.::.:://.:l.:|:ヽ     i  \.    ./`ヽ ノ::::::::::::/
              / . ::./::/:.:::.:/.::.:::,.イ/.:::l.:|.::..ヽ    i    \   /::: :::::::::::,.  v'>
           i.:i.:.:l.l.::l「.`メ.:.:///∠ l.:|.::i.::.ヽ  i  __´__/:::::::::::::::::{   \
           |::|.::|:l:::lレ{!、,/ // / ルー'リ:.::.〉 i / \   }:::::::::::::::::7¬ー‐`
           |::|.::|:l:::li  ゙ヽ   ,イ'~__,./ .フ:/  レ'´ .:/  \ ノ::::::::::::::、./
          lハ:::ト、::l`'''"~     `゙    /:/ ,f.: .: .:.:i   /{   ):::::::,/
           rソ   ハ、  _,,..-ー^ヽ, .,イ .,f: : : : :::、──'::::::::::::::::::,/
           rソ  ノ.:i:.`゙-}__..ニニソ~´{  {.: : : : : : \ ノ/ヽ:::::::/
            rソ  ノr'77´ 二`ニ´  ̄`{  { : : : : : : | /`::::|  /:::,ヘ、
         rソ   ノr'77 /^フ介ト、     {  { : : : : : :./:::::::::{/:::厶__ \
        ,f  ノ.:r'77\ //j,。l l〉〉   ,r.{  ト、 : : i /:::::::::::::::::::/     ̄   まずは反乱を煽ったアホ二人を
       ,f  ノ.:.:{ ,′ // j,。.l l/   ,rシハ  い: : :l.i:::::::::::::::::ノ         なんとかしねぇといけないですね。
      {  ,f.:.:.:.{ .′ // j。 ト、  ,r シ( :.:.`ヽい: .:l }::::::::::イ´
      {  f.:.:.:.:.{ L 」」 j,。 ヽl ,r シ( .: .: .: .: ぃ、::ムミy            後は国力回復と軍の再編……
       /{   f .:. :.:ゝ こ L..j,。   `ヽシ( .:. :. :. :. :. .:.:.:{ミ/ト、            反乱鎮圧はその後ですよ
     /i.:{  { .: .: .:1三7><L   j ( .: .:. :. :. r'"`''‐-、.:ヽ
  , .イ. :.:{  {.: .: .:1三l><7三ミミ」/ i .:. :. :. :.V´,r‐   l: : :.\
 三 二ニニ{  {.:./⌒ヽヽ __ノ三三ミ〈  |. :.: .: .:/ //  l: : : : : :\
    -‐ ´{  {′ .:. :i三三ニ -‐┘`ヽ.|. :. :. :.`7∠´   !: : : : : : : \
 -‐ '´_/ /{  { .: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. .:..: .\. :. :.∧LL __ノ: : : :ヽ: :\: :\
 「   /.:.:{  { .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :.: .: .: .: `7// :L_ノノヽ: : : : :\: \: :\
 「「 ̄ : : : : :.L__ 」: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〈〈. : :`ー': : :i}: : : : : :ト、: :\: :\

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              蜀が南中の反乱を鎮圧しようと思っても、すぐには討伐できなかったんだお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           最大の理由は、夷陵の大敗のおかげで軍事行動が不可能だったのと、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          劉禅様の即位直後で体制固めができていなかった点。
 |        ̄      |         
 \               /         それと南中の反乱を裏から操っていた連中……
                        

────────────────────────────────────────────────
186 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 22:59:12.32 ID:LGhTjp6o
ふむふむ。
187 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 22:59:33.91 ID:qSVpsK6o
【紀元223年8月 呉首都 武昌】
          ______
          . ´        `  、
      /レl /レl   lv|  Wvト、\
.      /l, //イ//  lヘ |  ヘl ト、l Wl 丶
      ' lヘl lヘ!    `l   ヘl ヽlヘl 、ヽ
     l    , l、   ∧ . ,  l   、.l`\    劉備に荊州から手を引かせるために
     lイ   l |、ムヘ l / l 从A /l / l, |      南中まで手を回したのは良かったが……
     l.l , |、トl〒ィテ'l'   l'彳ィテkl/l / リ      
.       | ヘ.ト l  ̄ ̄  ,   ̄ イ .イ        今頃反乱起こされても困るんだよな。
.     /  N l、     ,    イN ∧      .  我らと南中の距離を考えれば仕方ないのだが……
    / ィ l|∧lr\  '゙゙ニ゙゙' /// ハヘ
.   /´/ ,l l ヽヽ > __ イ|´l /へトヽ       そろそろ、交州の爺さんにも手を引かせるか
     /ヽl     \ |l| /  l′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【同時期 呉 交州 交趾郡】
                          .     \  / ̄`ヽ.__>'′ :′ く___/─:、  }     >y
                                  \ \_ / ;    ,ハ  {         ; |  l \〈   , ≪  }
                                  /   }  :; -─ ァ‐:ト ハ      ;斗‐ 十‐-\/  }}  ハ__
                                〈⌒ヽ イ  :;   /  |/ Ⅵ    / |  /∨  i    ヾ./ ヽ_
                                ',   |  l:  /      } ;   /  ノ/  ∨  !   :,  》、_}
   呉王殿下の意向には逆らえないし、       ム_/ |  |  /´   `ヽ jノ}  /  ´    `_V |    : ″ /
   私も手を引きましょう                廴__》, :| 笊卞≡=‐z_  ノ/   z斗七爪灯} ノ   : //
                                     〃}人|,八{ 弋ュ__rツ`     ´弋ュ_,rツ ノ'  }ハ ; {
                                  〃     lヽ._   ̄´           ̄´  ハ   ∨八
   どうせ反乱も成功しないでしょう            {{  ,;′!  ∧          ,        / ;} / //  ’,
                                  }Ⅳ ;{{. l  { ハ        _ _,       / / / //   :,
                                   || ∨ハ |  ;{  > .         ィ´  {  { ハ    l ;
                                   リ } 八|  ,ハ     | `       ´  |   八 ∨ }}  ;} /
                                    レ' 乂 (  > ' l           l` <  )ノ 〃イ /l/
                                     . -‐ '"                `  <  l/
呉 交趾郡太守 士燮

────────────────────────────────────────────────

                         この二人をなんとかしないといけなかったんだお。
      ____              
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           雍闓は交州の豪族士燮を介して孫権とつながっていたみたいで、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          孫権の方でも雍闓を勝手に永昌郡の太守に任命してたんだお。
 |        ̄      |         
 \               /         下手に討伐したら、ただでさえ和睦したばかりの呉との関係が
                        またおかしくなるのが目に見えてたんだお

────────────────────────────────────────────────
188 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:02:06.33 ID:qSVpsK6o
【紀元223年8月 蜀首都 成都】

                   ,  -‐―‐ 、
                  /,  -―‐-、\
                  // ,.  -――‐\\
.              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
          / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,     つーわけで、呉と正式に同盟を結び、
.           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !      南中から手を引かせないとならんわけですが……
            / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i      
              / ::: | |lト、         ̄Z /l|      この前来た馮熙に負けないくらいの使者となると、
          /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|      あいつしかいねぇですね。あんまり出したくねぇですが
            / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|      
        / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|      あいつ、自分に行かせろって立候補してきたですし……
          / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\

                                              i r ァ  ( ソ r /  )  人  Y   !
                                              | ,!/ 二ニ= ,―,-r =r' _^) 匕.!    |
                                              l _ソ´ _ /_L _ / ! l L _ ハ `>、|   |
                                            ∠´ィ '´ハムtVi/ ヽ} V_/`}7ト、 ヽ!    |
                                              ,' 人 /'´ん、:}     了示xハ ト、ヽ、_ |
                                             !  l下 弋zク      Kじc八i/ ! ̄ |
                                               ;  ,!|     '    ゞ'='" |  l     !
    鄧芝なら最適だと思うんだけどね                    ,'  ,! i、   、            !   !     |
                                            ; ,:'.l  l,ヽ、  ̄ `ー '     ,.イ ;' |     {
    いざとなれば力押しで交渉してくれそうだし。             ; ,' l  ハ ファ、     _ ィ ).Y i .|   l
                                             // 《|  ! r' l\_T ー.≦ _ </i  }、_}   l
    無駄無駄無駄ーって                          //{ _/  | | |  ` ̄ ̄  /./  .! ハ    i
                                            {人.V  l! ! |  、_   / /  ,' / ::}   ',
                                          /`^' {   !| l     /  /   !/ .:::;   ',
                                          ,'   !  i l. lr=、ト===r'--、 ./   ,'   ::::    }

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           そんなわけで、呉と同盟を結ぶ使者が派遣されることになったお
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         もっとも、これまでに蜀と呉で使者の往来があったのは言うまでもないけど
 \               /         
                        

────────────────────────────────────────────────
190 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:06:25.03 ID:qSVpsK6o
【紀元223年冬 呉首都 武昌】

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|               呉のためを思って言っている。
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/                .そちらが魏と組めば、江東は大王の物ではなくなるだろうな
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))                
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ             ______
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ              . ´        `  、
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |          /レl /レl   lv|  Wvト、\
                                          .      /l, //イ//  lヘ |  ヘl ト、l Wl 丶
蜀 文官 鄧芝                                     ' lヘl lヘ!    `l   ヘl ヽlヘl 、ヽ
                                               l    , l、   ∧ . ,  l   、.l`\
                                               lイ   l |、ムヘ l / l 从A /l / l, |  
    分かっている。                                  l.l , |、トl〒ィテ'l'   l'彳ィテkl/l / リ  
                                          .       | ヘ.ト l  ̄ ̄  ,   ̄ イ .イ   
    馮熙の一件もあったしな                            /  N l、     ,    イN ∧   
                                              / ィ l|∧lr\  '゙゙ニ゙゙' /// ハヘ
    (なんか関羽より強そうな奴が来たな)               .   /´/ ,l l ヽヽ > __ イ|´l /へトヽ  
                                               /ヽl     \ |l| /  l′

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              結局、この年の冬になって、鄧芝の活躍で蜀と呉の同盟が締結されたお。
    /_ノ   ヽ_\             時期的には馮熙が魏に抑留された直後だお。
   /( ●) ( ●)\           
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         
 \               /         とにかく、これで呉に南中から手を引かせることができたわけで……
                        

────────────────────────────────────────────────
191 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:07:30.25 ID:qSVpsK6o

      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <       あくまでも「蜀が呉と同盟を結んでやった」んだお
      <_/       ト-'
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i
  l     正 統 王 朝    /                             / ̄ ̄\
  ゙'-、, _______ ,、 - '"                            /   _ノ  \
                                              |    ( ー)(ー)
                                             . |     (__人__)
                                               |     ` ⌒´ノ
    (本当、蜀の奴らは現実が見えてないから困る)              |       nl^l^l
                                             .  ヽ      |   ノ
                                                ヽ    ヽ く
                                                /     ヽ \
193 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 23:09:40.89 ID:00NHSSc0
>本当、蜀の奴らは現実が見えてないから困る

おっしゃる通りで
209 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 23:31:31.67 ID:LGhTjp6o
>>193
でも、正統王朝を主張する建前があるから、そういう態度を取らざるを得なかったともいえる。

理想と現実の狭間が問題。
192 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:08:40.20 ID:qSVpsK6o
【紀元223年冬 蜀首都 成都】

   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i      . 孫権に手を引かせてやっと内政に専念できるのです。
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|       産業の振興とか武器の開発、軍の再編……
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|       .やる事はいっぱいあるんですよ。
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.     
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |     蒋琬、さっそく費禕と楊儀を呼んでくるのですぅ
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i                    _____ 
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|                 '"´        `丶、  
                                          /   /          \
                                          /    ,r'ー──────-  \
                                            /     |            \},/
                                            ,′    |     ___        |!
                                        j    / ̄了´ /レj: / 「、¨T メ、 l|
                                         l   ∠/: ; :/厶匕_|:/|/ j从`ト|-!∨|
                                         |/   レイV 斗テ圷   ィテ圷j∧}\
                            .            /    /| :| '弋):ン     弋):ソ/: リ. |
   私もお手伝いさせてもらうよ。                 |  ,   人| :| '''      '   ''! : |  |
                            .           j/    /:.!:| :ト、   f^ーーr   ': : | │
   反乱鎮圧の準備が整うまでは、              /    /: :r'| :|;/> _ゝ rイ  イi: : : | │
   南中との境界は全面封鎖しておくね           /      /: :∧| :| \,_>f. |´ : :i i: : : | │
                            .       /     /:/{ | :|.     ̄{. {'7<:j: : :│ヽ|
                                  /      /'´__|_:|\__ ∠゙ヽ`{  \ :│ ヽ
                            .     /     /   、ー‐く|  \{-   Y   ∧ |
                                 /     / 、 j j_ノつ_:|\  ‘ヘ     l_∨ } |   │
194 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:09:52.06 ID:qSVpsK6o

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |        反乱鎮圧の準備が整うまでは兵を動かさない……
.  |           |
.  ヽ       /         妥当な判断です。
   ヽ      /         
   >     <          呂凱たちがいささか不憫ですが、
   |      |          一時の感情に任せて兵を動かすのは一国の相がやる事ではありませんし
    |      |

                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
    そんだけ余力がなかったんだお。                    .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '(ー) (ー) u|
    で、ここで丞相が何をしたかについてだけど……           .   /,'才.ミ). (__人__)  /
    代表的なものをいくつか紹介させてもらうお              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ
195 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:12:16.09 ID:qSVpsK6o
【紀元223年冬 蜀首都 成都】

.     /  ,  /             ヽ
     /     /|    |    l      ',  ヽ
.     ′ /  /  |     |    |     i   ,
    |  ′ ィニ |  :|    |    |     |   i
    |  i  /   八  lヽ   |ニゝ |     |   |
    |  | ′   \|  \|ヽ    |     |   |
    |  ヽ| ィえx        ∨ :|     |   |
    |  ∧ {xイi}    ィえミx∨ |     |   /   丞相、以前お話されていた絹の生産の件ですが、
    ',   l ゞZリ     {xイ} 》∨   /   |  ′ .  どこに出しても恥ずかしくない立派な物が出来上がりました。
     '    | :::::::      ゞZリ  }   ′  |  ′
     V  :l   '     ::::::::::  / /    ,  {     いくつか品物を持参しましたがご覧になりますか?
      |  ヽ   、_,      //'   / 八
      |   |\         イ /   /   \
      |   |  丶 __ .. ≦ _l/   ∧  、   ヽ
      |   |  r:ハ    //    ハ_ ヽ \  ハ
    _j   |イ:./ \ / /    /}:.:.:.>:....、ヽ   }  
  /:.:.:. |    |/:.:|   /^iハ ′   /:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、ノ    
                                                     ,  -‐―‐ 、
蜀 文官 費禕                                          /,  -―‐-、\
                                                    // ,.  -――‐\\
                                  .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                            / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
  これは素晴らしい出来栄えですね。                   ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                              / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
  この出来なら魏や呉、                              / ::: | |lト、         ̄Z /l|
  身毒や大秦に売りつけても一儲けできそうですぅ             /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                              / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                          / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                            / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              ひとつが蜀錦と呼ばれる絹の生産の奨励だお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           蜀は良質な絹織物の産地で、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          領内の巴郡、巴西郡、江陽郡、永昌郡では絹織物の生産が盛んなんだお。
 |        ̄      |         
 \               /         丞相は錦官っていう官職を設置して絹織物の業者を管理することで
                        国家規模で絹を生産して交易に用いようとしたみたいだお

────────────────────────────────────────────────
196 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:14:28.68 ID:qSVpsK6o

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)        魏でも絹の生産は行われていますが、
.   |        ノ        蜀錦は魏のそれより高品質ですからね。
    |      ∩ ノ ⊃       
  /     ./ _ノ         一種の専売制を布く事で、絹を交易に出し儲けを国の物に……、
  (.  \ / ./_ノ │      . と考えるのも無理はありません
  \  “ /___|  |      . 
.    \/ ___ /
                                         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                                .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
                                      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
                                      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
   ……補足。                           ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
                                        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
   この蜀錦は実際に魏や呉に輸出された形跡があり、    ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
   絹の織物としての価値を考えれば、               ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
   かなりの利潤を生んだはずである。                `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
                                            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
   蜀の南征北伐を支える財源の一部にはなっただろう        ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                            \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                              , '´/ノ      L、 /
                                               ,.-'   | ___._   | `ー、
                                         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_
198 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 23:16:56.84 ID:/yqsmJ6o
う~ん、商い。商人で名前が残ってる人いないのかしら?
ss
197 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:16:03.32 ID:qSVpsK6o
【紀元223年冬 蜀首都 成都】

            /  / + ん ⌒y' +   ノ⌒)  ノ:|ハ
        .′ |)V⌒  /'    /ヽ x / +|  i
         |   |ノ + (__んノ /′ノ /) (__,| |
        _|__ ノ`¨ 7 ―..┬‐.ァ..―――――く  |
          `i 7′ :ト :/|.:/|.:i:.ハ:∧:.ト、 :|ノ:.:.ヽ、`:廴
        |/イイ:/lル,≧ミーハ′}ー},ム≦ト、トヽ:V 丁
        }  从 /'|_r::ci`    ' |_r::clヽVト:ト} |     そういえば兵員の補充どうしようか?
         / .  | .:l {{ 廴ツ      廴ツノ' }: |   ∧
       i   |:.i ww     ,    ww 小:|  '  ヽ    まともな方法で兵員を補充しようと思ったら、
      ノノ  ∧小.             八 :|    i    十年ぐらいは身動き取れないんだけど……
     /     ノぐ} {)\   ∠`ヽ   , イ} :/{    {
      /   / ヽ|l{  |.i> . __ . イ/.// :∧ヘ    ハ
     .   (_))イ´ |: :l  l..ヽ、 ` ー ´ /../ ': :i{/.ヘ 〉、   ヽ                       ,  -‐―‐ 、
     }  |     |: :|   ヽ_.\_彡'_;;/ |: :l|  `=ト、   丶                     /,  -―‐-、\
    ∧   }     } |  (こ)__ ヽ/.._jD) |! :l|    |    ∧                     // ,.  -――‐\\
    /....\ノ    |. :l|    ̄ヽ/|ヽ/   |! :l{    |    /....\ .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                               / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                     .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
                                                 / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
   荊州や益州には戸籍に入ってない                        / ::: | |lト、         ̄Z /l|
   民草や蛮族がいっぱいですぅ。                         /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                                 / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
   そいつらを兵員に当てれば相当数補充できるはず            / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                               / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              次に夷陵で失った兵員の補充だお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           今後のことを考えればここが一番頭の痛い問題なんだけど、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          これに関しては、領内の蛮族を軍に編入して問題の解決をはかってるお。
 |        ̄      |         
 \               /         ただし、夷陵では確実に数万規模のベテラン将兵を失ったから、
                        新しく編入された兵にどこかで経験をつませる必要があったお

────────────────────────────────────────────────
199 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:19:23.99 ID:qSVpsK6o

             _ __ __ _
             ,.'´        ``ヽ、
        /              `ヽ
        /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |
       !  l:r┐   //  // // /l   |
       !  l:l !   //  // // //\  |
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1    分かったよ。人狩りってやつだね。
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |    南中攻めるまでには間に合わせるよ
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |    合法的にやるから安心してね?
      ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |    東のG国みたいな事はしないから……
      i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |
      |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |                           _ -- 、
     ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |                  ス        入    _>
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |                  タ        /:::/トイ::::|
   /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |                 タ      /:::/:::|::::|:::::|
  〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1                タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
                                           タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
                                              _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
                                           r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   その件はおめぇに任せとくとして次の案件ですぅ!          └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
                                             `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
                                             ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
                                              / // / //⌒⌒´
                                            ' // / // /
                                            // / / '
                                        .   /
────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           もっとも、この方法で兵を獲得するのは丞相の常套手段だったみたいで、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          劉備様の配下になった直後からやってた方法らしいお
 |        ̄      |         
 \               /         
                        

────────────────────────────────────────────────
202 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 23:22:58.70 ID:ZY2oxqgo
蛮族の討伐>軍兵として編入 は呉でも山越相手にやっているしねえ
200 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:20:49.74 ID:qSVpsK6o

        , -=ニニニ≧ 、
     / ´+ ※  ※ +ヽ\
   // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
  〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
  ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
  l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
  | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\           楊儀、新兵器の出来はどうですか?
  `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
    ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
      `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
      j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
      /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
      /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
    /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
   /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
                                          '´      :/  } トyZ       ヽ
                                          /:/ .:/  : .:/   :| :リ^"ミ   \    `、
                        .            ` ̄ ̄´ /   .:// :;' .:'    j_/_  ミ`丶    \:'.
                                      /:/ :/ .:;' :|  :| :i:|  /;/    ミ:.、:.\j :.:.:.. {
                                        /:イ :l :<|l :| /|_:l:|  ´:/ノィ庁圷  ミ.;ゝ<ハ.:.:.:.:..ハ
                                     レ' | .:,'!.:/|:从 {丁从 :/   弋)以  Y/⌒}l.:.:.:.:.:{ '.
                                            | :八. :|lハ:ヽ汽抃∨        `〉ノノ.:l .:.: ト: ',
                                        乂: \{小.:ゝ、)沙,         、_,イ.:.:l| .:.:| '、 j
                                           /ヽ∧  `        /| /l.:.:.小 .:.:| |│
 あ、丞相、今から発射実験やるんで見ていきます?  (⌒\      / .:./ ∧   tァ  フ    ' j/ノ|.:/.:| :!.:.:| !/
                                   丶 ヽ   ノイ .:;'.:/.:.:,ゝ   ー ´  / _厶八j : |.:j.:. |乂
                                     \f^ヽ_´ |.:.:|.:.:.:./ .:.:/> 、__∠ニ二._  ノ∨j/.:.:.{
                                     /`\.::`ヽ.|.:.:|.:.:/′:;'.:.:/_レ/     `ヽxく八:{∧
                                    ,r'┴、 マ´::ヘ.: {.:{ {.:.:.|.: 「  /   -――  Vハ
                                     r' ー 、.:`く:⌒ ∨八 \{Ⅵ / /       \Yハ
                                     {ーッ、.:::}__人:   }  \ ,ノ レ          \}
                                   ヽ::::.`´       j:   />┤          \}
                                    \:.     ′__∠/: : {{.    \        \
                                      `}    {/ー‐'´: : : : {{       \       \
蜀 文官 楊儀
201 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:22:07.00 ID:qSVpsK6o
【発射実験中】
                                                        /  ..-‐
                                                      /{ ∠ -‐≦-―…¬ヤ
                                                      _〈::レ:´:::::::::::::::::::::::::::::::<
                                                 ,. ::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧._
                                                   ∠. -ァ::::::,イ:!:::lヽ::::::::::::::::::::::::<.  ̄
                                                  /イ :::ハ|ヽ! !ヽ::::!:::::::::::::::\ `
                                                    / l::,イ    !7::ヽ!::::::::::: '. ̄
                                                   |/ ヽ - ィ\!::::::::.ト、::::!
                                                   ,rー≦マ,. イ Y⌒',、! \!
       _,. _-_‐_‐-、                                      イ  イ ヘ厶イ.!   ヘ
    ,.-<' ` 、  \ ヽ                              h_, .<  〈  /.l ./ D  !  ハ
   r'l  ' r、、 ヽ ヽ ヽ'_´ヘ                           r‐'   _, -‐ `ヽ.' l/     l   ハ,
  /  l |`‐ヘ', ハ__ヽ ヘ ∧                           ~廴ぅ'´       i      l.-‐Tフ
. /  l l ヘ  サ´‐'´',´`<、、 \                                   '        7.l  l
/l  ', ',,ィヘ   ィ彡 ∨'ヽ' `ヽ ヽ、   _,、                           ,.'         ,' !  l
| l ヽヽ∧ z彡      ∨ `ヽ、  `ニ`ニ´∠                             /        ム !  l
 ` `゙`T ハ    _ ,.ィ','ヽ  Y´`' ‐-、    /                         〈        ハ,_!  l__
     } , ト‐‐ッ'´`ノl  ヽ'   `ヾ、ヽ,/                           }ー-.. __,.∠.イ !  l_,∠
    /, ',l, / l  | /  ヽ     >                           /  !  l   ! ヘ  !  l,.イ
    l、l、_/トv'´ハ  的   ,.>、 /                            /.   l  l  ', ∨l   !
     l / ´   ヘ    / ∨                             廴_!__!__,..-ィ!  ヘ
     レ    l   {,.,.-r‐'〈_X |                                l    ! ヘ    マ-‐'′
      |,.--、ハヽ‐'゙'''l-7'´  `'                               l    !   ヽ   丶

────────────────────────────────────────────────

                         丞相は戦場で使う武具の開発にも余念がなかったお。
      ____              
    /_ノ   ヽ_\             例えば、蒲元という人に命じて刀を作らせたんだけど、
   /( ●) ( ●)\           その刀を硬く丈夫な物にするために焼入れ用の水まで選んで使ったんだお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         そうして作った刀は竹筒に詰めた鉄の玉でも斬れたらしいお。
 \               /         
                        後、武器開発でもっとも成果があがったのは……

────────────────────────────────────────────────
203 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:23:06.36 ID:qSVpsK6o
【発射実験中】
                                                        /  ..-‐
                                                      /{ ∠ -‐≦-―…¬ヤ
                                                      _〈::レ:´:::::::::::::::::::::::::::::::<
                                                 ,. ::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧._
                                                   ∠. -ァ::::::,イ:!:::lヽ::::::::::::::::::::::::<.  ̄
             , - 、                ,.ヘ、                      /イ :::ハ|ヽ! !ヽ::::!:::::::::::::::\ `
            r´ 「三三三l           !  ト、                     / l::,イ    !7::ヽ!::::::::::: '. ̄
           (( .l.三三三l . ノ!            / \                        |/ ヽ - ィ\!::::::::.ト、::::!
                 ヾ≧彡'           ,/   /} _..-‐¬‐- .            ,rー≦マ,. イ Y⌒',、! \!
                        , - 、   /     ,.r:´         ヘ         イ  イ ヘ厶イ.!   ヘ
                        {   \ Y . : :´ }、          ',.  h_, .<  〈  /.l ./ D  !  ハ
  ′     ’      ;    ∧   | . : :´    1            ;r‐'   _, -‐ `ヽ.' l/     l   ハ,
  ’、   ′ ’   .        { \. : :´  \  ,ノ           } ~廴ぅ'´      i      l.-‐Tフ
’、.・”;  ”  ’、             . : :´      ヘ√.            ;.          '        7.l  l
;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;       . : :´                     ,’           .'         ,' !  l
`⌒)∴⌒`.・ ”   ;     . : :´                     厶イ             /        ム !  l
,;y'⌒((´;;;;;;ノ、"'人   ,.r: ´   ___弖丕二ニ=/1-- ‐ \¨  ̄             〈        ハ,_!  l__
从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、 ̄ ̄ ̄         ヘ  / 〉    |    √              }ー-.. __,.∠.イ !  l_,∠
)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・            Y  く_,ノ   ∨⌒′             /  !  l   ! ヘ  !  l,.イ
 ::: ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ                                        /.   l  l  ', ∨l   !
..;:;_)  ...::ノ ソ ...::ノ                                        廴_!__!__,..-ィ!  ヘ
 ::: ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ                                         l    ! ヘ    マ-‐'′
                                                       l    !   ヽ   丶

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              ……この元戎だお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           元戎ってのはいわゆる連弩の一種なんだけど、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          蜀で開発されたそれは鉄製の矢を同時に十本発射できる代物なんだお。
 |        ̄      |         
 \               /         ちょっとしたハイテク兵器だお
                        

────────────────────────────────────────────────
204 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:25:18.53 ID:qSVpsK6o

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ      強い軍隊を作るには良い武具を作る事も重要な要素ですからね。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ       それはそうと、木牛とか流馬とかいう兵糧輸送車の紹介がありませんね?
  (.  \ / ./_ノ │      どうも蜀で諸葛亮というと、それのイメージが強いのですが……
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

                                                   ____
                                                 /      \
                                                / ─    ─ \
                                              /   (●)  (●)  \
  あれが作られたのはもう少し後だろうし、ここではふれないお。      |      (__人__)     |
                                               \    ` ⌒´    ,/
  まあ、こんな感じで財源の確保や兵員の補充、                /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
  武器開発をやってるうちに二年が過ぎたお                  /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
205 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:26:47.11 ID:qSVpsK6o
【紀元225年春 蜀 南中】

                                                          _y-、_
                                                    _....-―一' ;:;:;:
                                                ,,....--'´    _;:;:;:′
                                _、             ..-‐'´     ィ  ,,';:;:;:广
                        ..-..,,_   _,〃 ,  ''''-...._,,_     _/’    ,,/     _i;:;:;:「
                     __..r'′ '' ̄"''";:;:;:;:;:     ` ̄ ̄''''''゙廴 、 ''ゝ 丿     _u;:;:;:
                    /´ _ ,,、      ;:;:;:;:;:          t_,];:;:;:;:;:;:;:    .. ャ;j;:;:;:′   ゝ
                  _/   ゙ 〕      l;:;:;:;:;:       ゙'、  ;:;:;:;:;:;:~~  _、  ,j;:;:;:;:l′
〃              _/'''''´  ..;:;:;:;:;:;:     .._ ;:;:;:;:;:         丶 ゙;:;:;:;:’    ニ、_u;:;:;:;:;:-
 ヽ           ..-''´     ;:;:;:;:;:      ;;:;:;:′    、   ''   ;:;:;:;:;:;:    ..ィ' ゙/;:;:;:;:;:;:;:′    、
′ r ゙''ー.... __  _ __..r''´      ,_;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:      丶    ";:;:;:;:;:      u;:;:;:;:;:;:;:′
′丶  、  ´  ̄´       u‐^ ;:;:;:;:;:;:;:;:  、              '、''、        _n-  ;:;:;:;:厂 ′
  、 _ ′           _..ィ;:;:;:;:;:;:!                 ''''l{lゞ -        _,jl;:;:;:;:;:
   `ー-      ,,  '''   ....-';:レ´   ;:;:;:          ムfョョ广       _、 ニ;:;:;:;:′
          ''ゝ、_ __l广   ''ll′    ;:;:、          `jr]「        '''´'t;:;:;:;:厂
     ‐ ′   _;:;:;:`           ;:;:;:、         .. ‐゙ヽ、       _u;:;:;:;:;:l′
     _''     '';:;:;:            l;::;:;:∟       -   ゙゙、_  ,,. ___u;:;:;:;:l广フ
     ’ ′   :∟            '';:;:;:;:;:l' ヽ          ゙リllレ1;l;:;:;:;:;:;:;:冖 _ょ
    _、    、              j;:;:;:;:ト             圭_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:′
   ''/^    フ ..、            ..;:;:;:;:;:;:′           _ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   ′    _;:;:;:'、           _;:;:;:;:;:厂             ]l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              南中の反乱が勃発して二年が過ぎた頃になると、
    /_ノ   ヽ_\             反乱軍の方で内輪もめが発生して首謀者の雍闓が殺されたお。
   /( ●) ( ●)\           
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          犯人は高定の配下と言われているお。
 |        ̄      |         
 \               /         それで雍闓の代わりに孟獲という蛮族が
                        反乱軍の首領に推戴されたらしいお

────────────────────────────────────────────────
206 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:27:52.90 ID:qSVpsK6o

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ            ここで南蛮王孟獲の登場ですか?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \                            ____
    |    |ヽ、二⌒)、          \                         /      \
                                               / ─    ─ \
                                             /   (●)  (●)  \
                                             |      (__人__)     |
                                             \     ` ⌒´    ,/
   南蛮王とかそんなご大層な奴じゃないお。          r、     r、/          ヘ
                                      ヽヾ 三 |:l1             ヽ
   雍闓に呼応した益州郡の蛮族の首領で            \>ヽ/ |` }            | |
   せいぜい南中の蛮族の有力者って所だお            ヘ lノ `'ソ             | |
                                         /´  /             |. |
                                         \. ィ                |  |
                                             |                |  |
207 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:30:08.26 ID:qSVpsK6o
【紀元225年春 蜀首都 成都】

.       /   /  ,r;=':/      }  ヽ⌒`= 、  ',  \
     /    / ,rァ''´ .:/     . .: ,::   }  ..  ヽ、ヘ   \
    \    .{彡' . .:/::    .: .::./: /:: / /:  ヽ..  ヽ{    ヽ
     丶、 /  .: ::/::   .:: .:::/::,/:::::,/:.ハ::::.. :ヽ:.  ヽ  /
        7 .:: ::.:::i丶、 .:::::::;ィ:: ィ:::::イ::/ ヽ、-‐:::i:::.  : ',/
        ' .::: :::::::!:::...:::>くノ'´///:/-‐'´ヽ\:::}::::. ::|       チビニンゲン
.        i :::::..:::、:::|「 辷オミ、ノ'´ ,.', ' 彳辷オTハ}:::::. .::|   南中の蛮族どもは内輪揉め、
       ハ:::::::::::、:、 弋‐' ノ  /´  弋ー'ノ /::::::::::/イ    魏の曹丕は呉討伐に赴いたと情報が入ったのですぅ。
        } 八:::、:::::::、、` ̄           ` ̄ /::::::::ィ/|
       // i{\i\::::ヽ       }      ∠ - '´ j}. |    今こそ南征の絶好の好機!!
      // i{  ` _ 「``、   ゝ.二.ア    ィ i  j「 |
      //  .}i ‐ i 、 |:::::ii:`丶、      ィ::::j{ 水 ji::::  |   馬謖、孔明は南征の作戦は練りに練りましたが、
      //  .::ヽ   |:::::ii:::::ii::」` ー‐ ´L_::|::r┴ュ_ j}:::::  、   何か良策があれば言ってみろです
      //  .:::;r;ヘ   |-一''"´ゝ.    ノ' `ゝ<  ヽァZユ 、
.
                                           /: : : : : : : : : : : .:    .: .\
                                          ..: : : : : : : : : .: .   . .: : : : : :\
                                         /: : . . ..       .. . .: ::、 :. 、.: :. : :ヽ
                                          .: :   . . .. .: : :: : : : :::!\: .\: ::. : : :.、
                                        :. : : . : : : : : .:ヽ: : |、:: : : |X´>、ト、::..:.:.:トゝ
                                         !: : ::. : : : : .:.:.::.:ト、!_ヽ:: .:i,rく心.ヽ{\.:.:|
                                        :..:. :.:.. : :{: : :.::从ヘiニ、\| 弋リ  い ヽ!
  用兵の道は心を攻めるのを上策にして、              '.::. :::.、 ',::...:/ xくュ沁     、   }: !
  城を攻めたり武器を用いたりするのを下策とします。        .:!、::∧: \{ヘ{ く込ノ    ′  /: :!
                                         ',い:{ ハ::...:.:.∧       rj  .イ.:|:.:|
  今後の事を考えれば、彼らの心を服従させるのが第一です     ヾーヘ::.: : ∧._       ∠ 」∧:|
                                            \ ヽ:::、.:ヘ.、  ̄丁´ヽ\′',ト、
                                                  >、ト、:',.``丶|rく⌒\ヽ  !
                                               ∧   ヽ:, /ヽく : : : ∨{' !

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              ここまで来て丞相がようやく重い腰をあげるお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           ちょうど魏の曹丕が三度目の呉討伐に向かった時期だお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          わざわざ魏の動きを気にしてるあたり、
 |        ̄      |         相当数の大軍を動員して一気にカタをつけるつもりだったようだお
 \               /         
                        

────────────────────────────────────────────────
208 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 23:31:17.67 ID:GKHd7xco
蛮族の力を削ぐ意味でも、蛮族からの徴兵は有効策だよね
210 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:32:42.26 ID:qSVpsK6o

                                            ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
                                             // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
                                            〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
                                           |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
      百点満点の解答ですぅ!!                      .! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
                                             ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
      おめぇには期待してるですよ? 馬謖?                ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|  
                                              /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
      今回は蒋琬たちと留守を守ってもらいますが、            /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|
      その後の北伐には従軍してもらうので、               ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
      心の準備をしておくのですよ?                   / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|
                                           八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|
                                          '::.::ヽ    r、){ ヽ)//:;ノー 、`  八X|7う、::.::.:!::|
                                          /::.::.:)'^う`)ヘJく)    /:/>'´   , 'XXx|[_): :l::.::.:l:::!
                                        /::.:/; てh_n_n_}    /:/r{_r(_r、∠XXXx|ノ: : :ト、:::|:::l
.  /:::::::::::::::::::::/::::/:::/|:::::::::::::::i::ハ:::|\ヘ::::::::::::::::::::..ヘ
  //!::::::::::::::::::ハ:::/|:/ |::::::::::::::|::|⊥!_!:ト、:::::::::::::::::::ヘ
. // |::::::::|:i:::::├i::|¨| ̄ |ハ:::::::::ハ| リ_サ ∨::::::::::::::::::トヽ
/'  |:::::::::|ハ:::::|ィ斤气k |' ∨::::! |彳テヘミ、|ィ:::::::::::::::::ハ ヘ
   |:::::::::|:::ト:::ハイ:::::ネリ   ∨:|  lY::::::ソ.ハ|:::::::i::::::::::|ハ
   |:::|:::::::::::ヘ|`ゝュzソ   V   込zュノ |::::::イ:/::::::|、ヘ    ……ご期待にそえるよう頑張ります
   |:::|:::::ト:::::|       ,        /イ´::|/|::::i::| V|
   |:::ハ:::|丶ヘ                |:::::/:::|::::|::| |'    (兵書に書いてある事、そのまま言っただけなのに……)
   |::! !::::::∨! 、     ─        イ:::::::::::|:::,'|'
   |::! ∨::::::|:::i ヽ          / |:::::::::/|/
   ヽ!  ∨::::|、:|   ` t、 _ ,. - i´|   |::::::/ |
      ∨::|ヘ|   入        |^ヽ /:://
.         ∨|    / r'      / }':://
211 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:33:53.46 ID:qSVpsK6o

              _______
        .   ´         `''ヘ、
      /     /          ヽ
      , ′          {(       ハ
.     /     /       ∧ \
    i      /       / ,.-‐、{\    j
    |     i      / ー一'^  >ヘ_/,. rrv、_______
    |  八 |     '  xァ=v¬´' 〈 〈 / 厂 ̄ ̄ ̄ ̄〃ハ
    |   Yヽ  八 { 《´ん{{ j     / ,′      {{::}i::}
    | / 小.|   个ト  ゞ仆=!      「三三三三三乂乂
    !:/ /.:::/!    | i xxx ヾ式     r―r‐=ニ二三彡′    なんと麗しい師弟愛……
.    〃 /.::::'从: :.  | i     _ ',     j  j
  /  厶ィく⌒ヽ: :.   |::..    ー' /〉    ,  ,′            楊儀さん、南征用の物資は揃えておいたので、
   /    `ヽ ハ: :  トイ<仄厂./    /  ,         .     後はよろしくお願いしますね
  /         Vハ: : l /ハ∧′/    /  {
          ー=彡ヘ: : .j'.:::ハ:V>'    /    !
              >ミ.::/     /,    !
              /   /      /イ   |                      __
 __\       /         / '     !                      ´ : : : : : `⌒丶
  =彡へ、   /         /       ,′                   /: : : : : : : / : : : : : >:\
                                                /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
                                          ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
                                            : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                                              {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
                                          '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N
                                            } :( ∧       '    , )!
                                             / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│
                                         /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八
   まあ、大軍率いて討伐しに行くし、                  |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ
   大事にはならないでしょ。                       ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\
                                          /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ
                                          {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
   どっちかと言えば軍事演習みたいなもんだし……         〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
                                            ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
                                         {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
                                          レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
                                            \|  /`ー /  /   ∧  \∨
   , ' .r二ゝ.
    {. ィ|irwri|
.  丿.l|.゚ヮ゚ノ{      本命はあくまで次だもんね
   ヽ([リ史リ)
.     く_ムソ,>
212 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:35:37.73 ID:qSVpsK6o

 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;               
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、       、` 彡、        、`\     、`\     、`\
   / __     / / __     /´>  )    / ノ..//    /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           こうして丞相率いる南征軍が成都を発したお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         軍勢の規模は五、六万はいたんじゃないかと思うお
 \               /         
                        

────────────────────────────────────────────────
214 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:36:46.58 ID:qSVpsK6o

                  ,ト--―'''''´~`'''''´ ̄ ̄`、-‐i_    |_,-'`'‐--‐く
               _,,-´              ~|   ̄ヽ,_,,,,ゝ       `
             r''´           ○    ノ
             |            南鄭 /
              |                 `'‐-'´ヽ,
               |                      ヽ-、
             |                          ヽ
            /                  永安○ ,-‐´
            ヽ  ◎成都             i‐‐-'´
            ノ                    !、
            /         蜀           ヽ
          /                            ヽ
        /                      /`〆 )
      ,/                       !、 ,! `
     /´  【越嶲郡】                 乂
    /                           ノ
   /                     【牂牁郡】  (
 /            【益州郡】            !
/                                )
|  【永昌郡】                  ,、     ノ‐'´~~`ヽ
`ヽ,__,,,,,、                   / \,__,,,-‐'
      ヽ                 |
        ヽ                ヽ,
         ヽ,               ノ
          `'‐-、           ノ             
               `'ヽ,         /
               ヽ   ,,-'´
                レ‐'´~            ,,-、,,,,_
                ヽ          ,、,-`‐'´   ´‐‐フ   ,-'‐´~~


────────────────────────────────────────────────

                         この南中遠征の経過を簡単に述べておくお。
      ____              
    /_ノ   ヽ_\             まず、蜀軍は三手に別れて、丞相の本隊が越嶲郡を、
   /( ●) ( ●)\           馬忠の別働隊が牂牁郡を、李恢の別働隊が益州郡の攻略を目指したお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         討伐行は李恢軍が道中で包囲されるなんて出来事もあったけど、
 \               /         全体としては順調に進んで、半年後には全軍が益州郡で合流して、
                        反乱軍の指導者孟獲を降伏に追い込んだんだお

────────────────────────────────────────────────
215 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage ]:2009/12/24(木) 23:38:23.21 ID:lCEv5RMo
むしろここで演習がてら馬弟をついていかせりゃよかったのにねい
216 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:41:23.40 ID:qSVpsK6o
【紀元225年秋 蜀 益州 益州郡】

   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´      すべては孔明の計算どおり!!
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|        敵のAAが出現する前にカタをつけたのですよ!!!
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|        そもそも、知力100の孔明の力があれば、
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|        七縱七禽なんてわざわざやる必要を認めねぇですぅ
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|  
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.      下準備を万全にして、
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |      戦となれば速攻で決着をつけるのが理想ですしね
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|                  /廴 : : :′: : : : : : :> : .  }ヽ
                                           /^ 7 ー { | - - : :く - ヽ ヘ'.
                                         / 〈〉′:./i:.!.{ :/: : iハ 「Z_: : '.: :ハ
                                        .: .: il:. ./:i:.l:..: V:イ .:l:. :i |  ミ:. i : .|
                                         |i.:.:.|{:.:廴|:ト:.{:、V}:..:|:.:/}} u_.ヽ| : .|
                                         |l:.i:从.:|从{≧ー乂/}ナ≦´  ト} : .i.!
                                        N{Vハ{弋:::歹  / 弋::::歹 ノ-、: .|′
  いったい丞相は何としゃべってるのかしら?             { (i///        ///i) }: .{
                                          |ヽ._. u         u ;イ:.. i:|
                                          | /八           小!:.. l:{
                                          ノイ: .:l i> . ^^^^^^^^. イ:.:. {|:.:i:N
                                        / }.: .:li:|!:.:iL i ー i爪li:.:|i:.:. ||:.从
                                          {∧:|}ハノ` ァi r '´ V:小:. :ノ' ′
                                           {__V ヘ _/ ,} }ヽ ノ`ー<:{
                                        /´      〈 j        `ヽ、

────────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \ ( ;;;;(          それで、なんで七縱七禽がありえないのかということだけど……
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/          そもそもこの南征は、
|       (__人__) l;;,´|           曹丕の呉討伐で魏と呉が動けない時期に行われたんだお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     .       ぐずぐずしてると魏が蜀の動きに気づいて攻めて来る危険性もあったから、
.\  "  /__|  |            できるだけ早いうちにすべてを終わらせる必要があったお
  \ /___ /

────────────────────────────────────────────────
218 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:46:33.66 ID:qSVpsK6o

                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >     それにしても永昌の人々が
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ      これほど誠実で正直だとは思わんかったですぅ。
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、     
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、    二人の功績を称えて、王伉を永昌郡の太守に、
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、  呂凱を新設する雲南郡の太守に任命するのですよ
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、
   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、       /     /                    ヽ ヽ
  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l .      /     /           l`ヽ/⌒i           .
                                   ,′     /      / / ,イ , |`¨'゛¨´||从       '.
                                    i      ,′   ./ /'l / |||     ||l |i      i、
                                    l     :i     ,イ / |,' |||     ||| ||  |  | i
                               .    .l     .::l     i |/`¨≧ト、」_l_,.,  厶ィ'「`||  |  ||
                                   l  /⌒l | | | |ィfテ示)ト八l     ,f灯)ト|人/ jl  ||
                                   |   | 〔`| | 八 |〈. |{::::::jリ        |{::j} 八/! ||  ,′
 (田舎者だと思って馬鹿にしてない?           .| ∧ `|八  \ 弋沙,         ヒソ j/:.|: 八 /
   先祖代々永昌で暮らしてるけど、私は漢族よ?)  .|   ヽj :.: \ { ` `¨        ,    イl:.:.|/ /
                                   |    l | :.:.:.: :`ト                 从i/イ
                                   l    l j  :.:.:.:.:ト、             ,イ:.:.:l |
                                    l    i :从  : :.:.l `  、     ' ´ / :|: :.:l |
                秦の呂不韋の一族の末裔→ l  .:,′ ∧   : ト、     `  . _,. イ :.:.:. |: :.:l |
                                    i  .:/ : :/:.:」  :.l `  、    |\__| : :.:. |: :.:l:.|


────────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \ ( ;;;;(          
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)          それと二年間に渡って反乱軍に抵抗していた永昌郡を
/    (─)  (─ /;;/          これ以上放置するわけにはいかなかったことだお。
|       (__人__) l;;,´|           
./      ∩ ノ)━・'/           さっきの地図の位置関係から見て永昌郡を助けるには、
(  \ / _ノ´.|  |            反乱を起こした益州・越嶲・牂牁の三郡を平定するのが一番なわけで……
.\  "  /__|  |            
  \ /___ /            .これまた討伐行を急ぐ必要があったんだお

───────────────────────────────────────────────
217 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/12/24(木) 23:42:20.47 ID:LGhTjp60
七縱七禽は『華陽國志』にある話だけど、どこからそういう話になったのだろう。
219 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:49:59.71 ID:qSVpsK6o

    __
   /   \
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)         キリッ ____
. |     (__人__)           /\   / \
  |     ` ⌒´ノ          /(ー)  (ー) \
.  |         }         / ⌒(__人__)⌒   \    このふたつのことを考えたら、
.  ヽ        }     \     |    |r┬-|      |    .南中でだらだらと七縱七禽やってる余裕なんてないんだお。
   ヽ     ノ       \  \   `ー'´     _/    常識的に考えて……
   /    く. \         \  ノ          \    
   |     \  \    (⌒二                |    七縱七禽なんて、おおかた民間の俗説の類だお!
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |
                                               セリフとらないでもらえます?

220 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:51:03.03 ID:qSVpsK6o

                  ,ト--―'''''´~`'''''´ ̄ ̄`、-‐i_    |_,-'`'‐--‐く
               _,,-´              ~|   ̄ヽ,_,,,,ゝ       `
             r''´           ○    ノ
             |            南鄭 /
              |                 `'‐-'´ヽ,
               |                      ヽ-、
             |                          ヽ
            /                  永安○ ,-‐´
            ヽ  ◎成都             i‐‐-'´
            ノ                    !、
            /         蜀           ヽ
          /                            ヽ
        /                      /`〆 )
      ,/                       !、 ,! `
     /´  【越嶲郡】                 乂
    /                           ノ
   /                     【牂牁郡】  (
 /     【雲南郡】                   !
/              【建寧郡】             )
|  【永昌郡】                  ,、     ノ‐'´~~`ヽ
`ヽ,__,,,,,、                   / \,__,,,-‐'
      ヽ                 |
        ヽ        【興古郡】  ヽ,
         ヽ,               ノ
          `'‐-、           ノ              交
               `'ヽ,         /
               ヽ   ,,-'´
                レ‐'´~            ,,-、,,,,_
                ヽ          ,、,-`‐'´   ´‐‐フ   ,-'‐´~~
────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              こうして南征も一段落して、残るは戦後処理だお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           まず、南中の諸郡が再編されて、益州郡が建寧郡と改称され、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          新たに雲南郡と興古郡が設置されたお。
 |        ̄      |         
 \               /         南中の諸郡が広大なままだと、統治しにくいってのがあったみたいだお
                        

────────────────────────────────────────────────
221 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:53:24.77 ID:qSVpsK6o

       , --― ,===== 、
     /    / , -―‐-、`ヽ、
    く    / /    ,ィ l`ヽ 〉
      `7ヽ/ / /  // } |l   `ヽ
     / / ∠-‐,..二`X // l  l  |
     ! l | {〈::.:::.::.:ハ   -‐ヘ l|  }
      | | ト、ヘヽ::_::/   /::下Y /
      ! |  |\_〉  , --、 ヽ::/_/ /      基本的に南中の諸郡の統治は、
    /  「|斗-ヘヽ 〈  /  フ ∧      郡太守こそ成都から派遣しますが、
     レ‐┘し┐ :|| > ニ-<彡1 \  .   実際の統治業務は現地の人間を用いるつもりですぅ
    ∧_}ノ´V |l r个〈:\   ト、_/
    / \:.:「\l〉:ー-YT‐|: : }   |       (漢族と現地の人間で揉められては敵わんですからね)
.   /  / ヽ}/:.`ヽ、乂:人: :ヽ、 ヽ
  /  /   / :\: : : : : : :.:/ヽ: :}\ \
. 〈ー≠ニ二/: : : : \: : : : /: : :∨/_}//
  ヾー-ニ_/ヽ: : : : : :`丶/: : : : :`Y_二ニ〉
  〈二ニ7: : :`丶、:_:_:_:_:_:_:_; : -‐ヘ=={
  `¬く:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : :_:_:_:〉<
        ̄`========'´ ̄                           / ̄ ̄ ヽ,
                                             /        ',
                                             .l{0} /¨`ヽ}0} ,
                                            .l   ヽ._.ノ    ',
          マジですか?                          リ   `ー'′ / ̄/ ̄/
                                           (      二二つ / と)
                                            |      /  /  /
                                             |        ̄ ̄| ̄

────────────────────────────────────────────────

                         次に、南中諸郡の統治を極力現地の人間に任せたお。
      ____              
    /_ノ   ヽ_\             これに関しては、北伐を間近に控えていた蜀が
   /( ●) ( ●)\           南中にあまり人手を割けなかったことも大きいお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         でも、実際に蛮族の指導者は役人に採用されて活躍したみたいだお。
 \               /         反乱軍の指導者の孟獲の場合、
                        成都に上って官吏の監察・弾劾を司る御史中丞まで昇進してるお

────────────────────────────────────────────────
222 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:56:01.96 ID:qSVpsK6o

   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|        楊儀、この南中遠征の本当の目的は?
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|            / : /: : : : /: /:./:!: : : :./: : : :/: :! : | \ : : : : : ヽ
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i               ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : ||
                                       |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
                                       |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |
                                      │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
                                       ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |
                                        ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |
  蜀錦を売りさばく交易路の確保と、                 |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |
  南中の資源の確保……                       |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
                                        |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
  それと優秀な兵士の確保ですね。                 ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
                                           / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \
  すべては北伐のために! って感じですか?        . // i八: : {ヽ/ } ト、/ヽノ    〉、∧八 : :∨
                                     / r┬'─ヘ{'〈   j  /  ヘ〉   /|:::`ー∨\: ヽ、
                                          /|:::!:::::::::::::::::::|\ 〈  /厂 〕  //|:::::::::::::::::::::`ヽ\

────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           最後に、蜀が南征で何を得たのかについてだけど……
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         
 \               /         
                        

────────────────────────────────────────────────
223 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:57:10.73 ID:qSVpsK6o

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \      ちょっと待ってください。
  \          |
    \       /      南中という場所は、そんなに資源が取れるんですか?
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.     どうも、南中は密林の生い茂る未開の地という印象を抱きますが……
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|
                                                    ____
                                                  /_ノ   ヽ_\
                                                /( ●)( ●)\
   これが意外と資源が豊富なんだお。                      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   つーか、別に南中は密林の生い茂る地ってわけじゃないお        |     (  (      |
                                               \     `ー'      /
225 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 23:59:27.77 ID:lRHej8Uo
へぇ
s
224 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/24(木) 23:59:04.17 ID:qSVpsK6o

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´      どういうことです?
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´         (なんか調子狂うだろ。常識的に考えて……)
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /                                      ___
                                            ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                                            ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
                                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.:.`:、
                                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:. :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
                           .           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ハ: :ハ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヘ
                                  /:.:.:.:..:.i:.:∧:.:.ヽ:.、:. :∨:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ハ:.:.:.:.\
                           .       /:./:.:.:.:.:.:.∨:.:.\:.ヘハ:.、ハ:.:|:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.:∨:{`ヽ
                                 /.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.、:.`: i l!:ト:i :l:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :!:.: :',:ヘ
                                ./ ' l:.i:.:.:.:.:ヘ:.:.:.\`ーlハ! l:.:!:.:.:.l.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: iハ`ヽ
  それは私から説明しよう。             /   |:.l:.!:.:.:iハ ー一ィr示㍉:ハ:.:/.:.:.γ、:.:.:.:.:.: : :/.:. :i.ト、:.
                                     !;ヘト、:.ハ:.:ヽ 〃八ぅ::} }'i:.:/:.:.: :' ぅ}:.:.:.:.:.:,:./.:.i :ハ| `ヽ
  南中という地に対する誤解を解く良い機会       {  !/.:イーハi     ゞ' /;イ:./:. :'.:ソ.:.:∧/.:./}:′!
                                    / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'
                                     /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/
                           .      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!
                                      /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_
                                              /´   l.' .:´: : : : : : }
                                                 / : : : : : : : :.:.人
226 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:01:05.38 ID:/wWHTXAo

                                                          _y-、_
                                                    _....-―一' ;:;:;:
                                                ,,....--'´    _;:;:;:′
                                _、             ..-‐'´     ィ  ,,';:;:;:广
                        ..-..,,_   _,〃 ,  ''''-...._,,_     _/’    ,,/     _i;:;:;:「
                     __..r'′ '' ̄"''";:;:;:;:;:     ` ̄ ̄''''''゙廴 、 ''ゝ 丿     _u;:;:;:
                    /´ _ ,,、      ;:;:;:;:;:          t_,];:;:;:;:;:;:;:    .. ャ;j;:;:;:′   ゝ
                  _/   ゙ 〕      l;:;:;:;:;:       ゙'、  ;:;:;:;:;:;:~~  _、  ,j;:;:;:;:l′
〃              _/'''''´  ..;:;:;:;:;:;:     .._ ;:;:;:;:;:         丶 ゙;:;:;:;:’    ニ、_u;:;:;:;:;:-
 ヽ           ..-''´     ;:;:;:;:;:      ;;:;:;:′    、   ''   ;:;:;:;:;:;:    ..ィ' ゙/;:;:;:;:;:;:;:′    、
′ r ゙''ー.... __  _ __..r''´      ,_;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:      丶    ";:;:;:;:;:      u;:;:;:;:;:;:;:′
′丶  、  ´  ̄´       u‐^ ;:;:;:;:;:;:;:;:  、              '、''、        _n-  ;:;:;:;:厂 ′
  、 _ ′           _..ィ;:;:;:;:;:;:!                 ''''l{lゞ -        _,jl;:;:;:;:;:
   `ー-      ,,  '''   ....-';:レ´   ;:;:;:          ムfョョ广       _、 ニ;:;:;:;:′
          ''ゝ、_ __l广   ''ll′    ;:;:、          `jr]「        '''´'t;:;:;:;:厂
     ‐ ′   _;:;:;:`           ;:;:;:、         .. ‐゙ヽ、       _u;:;:;:;:;:l′
     _''     '';:;:;:            l;::;:;:∟       -   ゙゙、_  ,,. ___u;:;:;:;:l广フ
     ’ ′   :∟            '';:;:;:;:;:l' ヽ          ゙リllレ1;l;:;:;:;:;:;:;:冖 _ょ
    _、    、              j;:;:;:;:ト             圭_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:′
   ''/^    フ ..、            ..;:;:;:;:;:;:′           _ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   ′    _;:;:;:'、           _;:;:;:;:;:厂             ]l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       よく中原の人々は南中という場所を熱帯地域のように考えている。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     . しかし、実際はそうではない。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      気候の区分では亜熱帯に分類され、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      同地の標高も2000~3000m級、人々が考えるより涼しい気候である。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         むしろ、寒暖の差が少なく花が咲く事も多いため、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          一年中春のような気候である。なお、夏と冬に雨が多い
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
227 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:02:56.20 ID:G1xRAyIo
と、常春の国マリネラ!
228 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:03:45.26 ID:/wWHTXAo

                                                          _y-、_
                                                    _....-―一' ;:;:;:
                                                ,,....--'´    _;:;:;:′
                                _、             ..-‐'´     ィ  ,,';:;:;:广
                        ..-..,,_   _,〃 ,  ''''-...._,,_     _/’    ,,/     _i;:;:;:「
                     __..r'′ '' ̄"''";:;:;:;:;:     ` ̄ ̄''''''゙廴 、 ''ゝ 丿     _u;:;:;:
                    /´ _ ,,、      ;:;:;:;:;:          t_,];:;:;:;:;:;:;:    .. ャ;j;:;:;:′   ゝ
                  _/   ゙ 〕      l;:;:;:;:;:       ゙'、  ;:;:;:;:;:;:~~  _、  ,j;:;:;:;:l′
〃              _/'''''´  ..;:;:;:;:;:;:     .._ ;:;:;:;:;:         丶 ゙;:;:;:;:’    ニ、_u;:;:;:;:;:-
 ヽ           ..-''´     ;:;:;:;:;:      ;;:;:;:′    、   ''   ;:;:;:;:;:;:    ..ィ' ゙/;:;:;:;:;:;:;:′   
′ r ゙''ー.... __  _ __..r''´      ,_;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:      丶    ";:;:;:;:;:      u;:;:;:;:;:;:;:′
′丶  、  ´  ̄´       u‐^ ;:;:;:;:;:;:;:;:  、              '、''、        _n-  ;:;:;:;:厂 ′
  、 _ ′           _..ィ;:;:;:;:;:;:!                 ''''l{lゞ -        _,jl;:;:;:;:;:
   `ー-      ,,  '''   ....-';:レ´   ;:;:;:          ムfョョ广       _、 ニ;:;:;:;:′
          ''ゝ、_ __l广   ''ll′    ;:;:、          `jr]「        '''´'t;:;:;:;:厂
     ‐ ′   _;:;:;:`           ;:;:;:、         .. ‐゙ヽ、       _u;:;:;:;:;:l′
     _''     '';:;:;:            l;::;:;:∟       -   ゙゙、_  ,,. ___u;:;:;:;:l广フ
     ’ ′   :∟            '';:;:;:;:;:l' ヽ          ゙リllレ1;l;:;:;:;:;:;:;:冖 _ょ
    _、    、              j;:;:;:;:ト             圭_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:′
   ''/^    フ ..、            ..;:;:;:;:;:;:′           _ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   ′    _;:;:;:'、           _;:;:;:;:;:厂             ]l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      また、この地は資源を多く産出する。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      当時の南中の産物として挙げられる物は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      塩・鉄・金・銀・銅・琥珀・水銀・漆・耕牛・戦馬など……
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         多種多様な資源が眠っており、意外と豊かな土地である
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
229 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:06:14.59 ID:/wWHTXAo

                    ふふん
      / ̄ ̄ ヽ,          / ̄ ̄ ヽ,           / ̄ ̄ ヽ,
    /        ',       /        ',        /        ',
    {0}  /¨`ヽ {0}       {0}  /¨`ヽ {0}       {0}  /¨`ヽ {0}
    l   トェェェイ  ',       l   トェェェイ  ',       l   トェェェイ  ',
    ノ   `ー'′  ',       ノ   `ー'′  ',       ノ   `ー'′  ',
   /,, -ー 、  , -‐ 、    /,, -ー 、  , -‐ 、    /,, -ー 、  , -‐ 、
  (   , -‐ '"        (   , -‐ '"        (   , -‐ '"     )))
   `;ー" ` ー- -ー;'"    `;ー" ` ー- -ー;'"    `;ー" ` ー- -ー;'"
   l          l      l          l     l          l
                                                       ,  -‐―‐ 、
                                                      /,  -―‐-、\
                                                      // ,.  -――‐\\
                                    .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
                                              / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
                                    .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
      諸君らは漢室再興の前衛ですぅ!                    / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                                                  / ::: | |lト、         ̄Z /l|
      奮起するのですぅ!!                         ./:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
                                                / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
                                            / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
                                              / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       南中の資源は物に限らない。人的資源もあった。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       南中には剽悍な者が多かったらしく、諸葛亮は南中の蛮族のうち、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      青羌と呼ばれた人々を『飛軍』と名づけて蜀軍に編入させ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      北伐にも投入していたらしい。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         結果として、南中を支配する事で、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          荊州喪失と夷陵の大敗の穴をある程度埋める事ができた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
230 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:08:43.96 ID:/wWHTXAo

                                                 /
                                              /`ー´
                                              /
                                             (,
                                            ,/´
                                   、--、  _    (´
                                  ノ  / /  ̄|   `ヽ
                   、´ `~ ̄`)       ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
                   ノ     /       (_  ,‐-っ,     く   `|
                   ノ    く        /`‐´ /´     )  /
                 く´~     (      /    /       レ´
            ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´     く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~         \
       `ヽ,  ´‐‐―`                       `>
        `ヽ,                        ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,       ,ノ´     し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |
          |,       _/~                   ノ´
           |,    ,,ノ~                      ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~                       ノ
                                     ノ
                                   ノ´
        南中                     ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                 交趾  / ̄( /´
 ←身毒               _/    `´
                    /



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       南中が蜀あるいは諸葛亮にとって重要だったのは、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      これらの理由より、蜀の生命線であったためと思われる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      また、南中は中原から見れば辺境だが、南東に向かえば交趾に通じ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      南西に向かえば身毒(インド)に通じている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         南中~身毒、南中~交趾の経路は『絹の道』の裏道にあたり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          諸葛亮はこの経路を使って国を潤し、北伐の糧にしようとしたのだろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
213 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 23:35:43.85 ID:LGhTjp6o
身毒とはSindの音訳。
パキスタン南部の地名で、インドの語源らしい。
232 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:11:21.84 ID:sLD4.w20
それにしても、インドに対しての当て字がヒドイな
ストレートに音を当てたと考えても、悪意が見える
237 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:19:26.57 ID:rX3JK6ko
>>232
異民族への態度はこんなもんだ。

逆にいえば、ローマ帝国を「大秦」と呼んだのは、相当に高い評価といえる。
ローマ帝国の実力について、ある程度の情報はあったのだろう。
231 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:10:15.41 ID:/wWHTXAo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)            なるほど、蜀にとっては南中の有無が国の命運に直結するわけですね。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }             それで南中が平定されて、めでたしめでたしとなるのでしょうか?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \    諸葛亮の南征以後の蛮族は恭順の意を示し、
   /    く  \        \   反乱を起こさなかったと聞いていますが……?
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

                                                   ____
                                                 /      \
                                                /  ─    ─\
   ハハッ ワロス                                     /    ⌒  ⌒  \
                                              |       ,ノ(、_, )ヽ    |
   そんなのただの伝説だお。現実はもっと厳しいお              .\      トェェェイ   /
                                                /   _ ヽニソ,  く
233 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:14:05.06 ID:/wWHTXAo
【紀元230年代?~240年代? 蜀 益州 雲南郡】

    |      \:::::::::|:::::::::::::: !Vヽ/Vノレ'∧:::::|::::/       /ヽノ:::::::::::.:.:.:
    |       〉::::/::::::::::: |::|       |:::::|::〈      /:::::::::\::::::.:.:.:.:
    |      /:::::::ト、::::::::: |::|       |:::/:::::>----イ:::::::::::::::::::::|::::::::.:.:.:
.    \   /:::::::::::::| \:::::|/_.ノ     |/|::::::::/  |:: /|:::::::::::::::::::::::|:::::::::.:.:.
      |`´ ::::::::::::::::::|   \!          |:::::/  .|::/ |:::::::::::::::::::::::|::::::.:.:.:.:
      |.::::::::::::::::::::::::|                 |/    |/ |:::::::::::::::::::::::|::::::::.:.:.:
      |::::::::::::::::::::::V三三三三      三三三三ミ、 |:::::::::::::::::::::/::::::::.:.:.:   ……これまでなの?
      l\::::::::::::::/                    ` /:::::::::::::::::::/.!::::::::::.:.:
        \::::::/                     //}::::::::::/:::|ヽ::::::.:.:
         `/                     / /:::::/::::::: |ノ::::::.:.:
         /                        厶イ::::::::::: /ヽ:::::.:.::
      . -ニ7                     _.. -‐/..::::::::::::/.:.:.:.\.:.:
__ /\:::人       △          _ .<::::::::::::/.:::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.\
    ̄ ̄ ̄ ̄ ` ー ────────‐∠  \:::::::::/.::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                          ` ̄ ̄ ̄/.::::::::::::く`ー───‐ '



────────────────────────────────────────────────

                         南中というのは所詮未開の地、
      ____              ここの連中も呉の山越みたいに結構な割合で反乱を起こしてるお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           反乱は丞相が北伐やってる時から起きていて、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          郡太守が殺害されることもあったお。
 |        ̄      |         
 \               /         雲南郡太守の呂凱が犠牲になったり、越嶲郡でも蛮族が反乱を起こして、
                        こっちでは太守が怖がって現地に赴任しないなんて事態になったんだお

────────────────────────────────────────────────
234 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:16:35.85 ID:/wWHTXAo
【紀元240年代 蜀 益州 越嶲郡】

           / へ′: /: : : : : : : :ノ .イノ!
        ′. :/: : :/: : : : :/!: : :i: : :.!ハ
.         ′. : : : :.': : : : :/'ーrヽ:!: :.ノ: ;ハ
        i . : : : : :': : : :.i/rぅメ、 ノイノノ! j      おとなしくしてれば危害は加えないけど、
        | . : : : /!: :|: :.乂゙´   '八{ノ'′     妙な真似したらひどいわよ?
         | : : : /:.乂:ゝ、:.く.   '/|
          | : : /: : :|: : { ̄  厂八: | ̄ ̄ フ フ7 ー―― --  . ... __
.        | : /. : :斗{: :i ̄/ ヽ.  ヽ: .、                 _____ ̄厂`ヽ___________
.         | : : /´ 乂::.V//∧//> ): ノ       _____{:::l/ノ l ハ ノ/rrrヘ.j」:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       | : :.′    ).:}//}} }/「 /.:/ /厂 ̄ ̄´         ̄ ̄ ̄ ̄ ゝーー-' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.         ノ. : i   !   {: //' || j/V. :j  '/
       . : : j  |   乂{  ||  ̄)ノ′/|
     / . : : :|  |     厂 !!  |  / .:!
    , ′: : : :|  |     |  ||  j   ハ
   /. : : : : : :|  |    |  ||  {     '.
                                               / ̄ ̄ ヽ,
蜀 越嶲郡太守 張嶷                                /        ',
                                              ,_;:;:;ノ/¨`ヽ {×}',
                                              l   ヽ._.ノ    ',
                                             リ   `ー'.┃ し ヽ
        す、すんませんでした                       ( .      ┃    )
                                             |           |
                                              |           |


────────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \ ( ;;;;(          .こんな感じで丞相が亡くなった後の南中はgdgdで、
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)          その状況を見かねた蜀の朝廷は、張嶷という将軍を越嶲郡に派遣したお。
/    (─)  (─ /;;/          
|       (__人__) l;;,´|           張嶷は蛮族の反乱を鎮圧したり、越嶲郡の統治に尽力して、
./      ∩ ノ)━・'/           十五年間に渡って越嶲郡の太守とのまま南中の安定に尽力したんだお。
(  \ / _ノ´.|  |            
.\  "  /__|  |            まあ、こういうのは張嶷だけじゃないけど、
  \ /___ /            .蜀が南中の経営に注意を払っていた点は覚えておいてほしいお

────────────────────────────────────────────────
235 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:18:26.29 ID:/wWHTXAo

      ____
    /_ノ   ヽ_\      ちなみに張嶷、張嶷将軍は、
   /( 一) ( 一)\     陳寿と同郷の巴西郡の出身で実際に会ったことがあるお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |   果敢で壮烈で忠臣でツンデレで……、立派な人だったお
 \               /


                                                 / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                              (          |
    陳寿さんがそういう褒め方するのも珍しいですね?            {          |
                                              ⊂ ヽ∩     く
                                               | '、_ \ /  )
                                               |  |_\  “ ./
                                               ヽ、 __\_/
236 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:19:09.18 ID:l/ROmPco
張嶷と馬忠は最近は光栄三国志でもかなり優秀に見直されてきてたね。
238 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:21:18.69 ID:bEkANoAo
>>236
馬忠って関羽捕縛した人?
確か関羽捕まえたって所でしか名前残ってないんじゃなかったか?
240 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:23:19.80 ID:gjTatHAo
>238
ややこしいことに同姓同名の、呉の部将とは別人の蜀の人なのよね
中国は同時代でも同姓同名が多いから困る
239 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:21:38.82 ID:/wWHTXAo

             /  : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ \
               /   : : : :/: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :!: : :\
.             ,′: : : : :/: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :|: : : : :ヽ
           |: : : : : :/: : : : : : : : : /: : : /.: : : : : : : : : :,' : : : : : :!
           | : : : : ,': : : : : : : : : : : : : : {: :∧: : : : : :_/| : l: : : : |
           |: : : : :l: : : : : : : : : :,': : :/|⌒ハ: : : : :厶|、/: : : :│
           |: : : : :|: : : :{: : : : : :i: :ィ=≠ゥミ }: : :イ!::j}ハ: : : : ,
           |: : : :八l: : : : : : : : :{Y!{!.::::jト} `j:/ Vソ リ : /:/
           |: : : : : :|.: : : : : : : :.丶弋うソ     、 ´厶イ:/
           |: : /: : :|: : : : : : : \: : \          j |/
           /: :/: : : :'. : :∧: : : : : ヽ ̄    t. フ _ イ
             //: : : : :ハ: |: :\: : : : : \   __   /∨
         /: : : : : : : j/\: : : \: : : : : \:.ハ ̄ : : :.:|
        /: : : : : : :/: : : : : : : : :/\: : : : : \ハ: : : : :│
       /: : : : : : :/ : : : : : : : : : />‐ヘ: : : : : ヽ|: : : : :|
.    /: : : : : : :/ : : : : : : : : : : :/     `丶: : : ヽ : :│
    /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :.:/       ⌒\: : :i: : :|

────────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/          ……いろいろあったんだお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/           と、南征の話はこれぐらいにして次にいくかお
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
────────────────────────────────────────────────
242 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:23:30.36 ID:/wWHTXAo
【紀元225年12月 蜀首都 成都】
                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ


────────────────────────────────────────────────

                        
      ____              
    /_ノ   ヽ_\             丞相は南征の戦後処理が終わると、十二月に成都に帰還したお。
   /( ●) ( ●)\           
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          ここから北伐に向けた準備が始まるお
 |        ̄      |         
 \               /         
                        

────────────────────────────────────────────────
244 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:25:29.01 ID:/wWHTXAo
【紀元226年春 蜀】
                  ,ト--―'''''´~`'''''´ ̄ ̄`、-‐i_    |_,-'`'‐--‐く
               _,,-´              ~|   ̄ヽ,_,,,,ゝ       `
             r''´           ○    ノ
             |            南鄭 /
              |                 `'‐-'´ヽ,
               |                      ヽ-、
             |                          ヽ
            /                  永安○ ,-‐´
            ヽ  ◎成都             i‐‐-'´
            ノ                    !、
            /                     ヽ
          /           ○江州          ヽ
        /                      /`〆 )
      ,/                       !、 ,! `
     /´                         乂
    /                           ノ
   /                             (
 /                               !
/                                 )
|                          ,、     ノ‐'´~~`ヽ
`ヽ,__,,,,,、                   / \,__,,,-‐'
      ヽ                 |
        ヽ                ヽ,
         ヽ,               ノ
          `'‐-、           ノ              交
               `'ヽ,         /
               ヽ   ,,-'´
                レ‐'´~            ,,-、,,,,_
                ヽ          ,、,-`‐'´   ´‐‐フ   ,-'‐´~~
────────────────────────────────────────────────

                         年が明けると、劉備様の死後永安を守っていた李厳が、
      ____              江州に巨大な城を築いて、そこに駐屯することになったお。
    /_ノ   ヽ_\            
   /( ●) ( ●)\           江州ってのは地図で見ると、蜀の中央に位置している要衝だお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\          丞相はここに実力者の李厳を駐屯させて、
 |        ̄      |         自分の留守中の反乱対策にしたようだお。
 \               /         
                        そして、李厳の後任で永安に駐屯したのが……

────────────────────────────────────────────────
245 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:28:25.53 ID:/wWHTXAo
【紀元226年春 蜀 益州 永安】

               /スヽ、..  -─…‐| |´ ̄`  、
           //.:,`'´       ヽ\::::::..  \
          ,〈〈::/   /       \>.、:::::..  \
          ,.' .:/  |  .:.:.|       \::\::::::..   \
        / .::/     ',  .:.:.:ト _.二ニ   ヽ‐\::::::..  \       陳到将軍、後はよろしくお願いします。
       / .:::/     /\::::::::|'´ x≧、、:::::::::::Yl|´\::::::..  \
      / .::::: ! :|   ィ´ ̄\::| f{、ハ '}ヽ:::::::::[I|J V⌒ヽ,、.  \    東の西陵にいる陸遜には、
     / .::::::::::| ,{:.:.:.:.: |ィにヾ `  ヾツ  |::\:::Ll    \./ \   \  くれぐれも用心してくださいね!
      / .::::::::::/|,' ∨ ::小. ヾり ,       |:::::∧|‐,x    /     \   \
    / .::::::::::/    ∨:::|∧    、-、    .|::/  /  ヽr'´       \  ヽ
   /  .:::: :/      \|:::::ゝ.,..__ ,.ニ´ / |/_  `二.¬、          ヽ  :.',
  /  .::  /       ',:::::::/ ミ.彡'ニ.´___〉 ヽ´   ` ァ>、  

蜀 将軍 李厳                               //     l:   ,'        /         l 
                                                ハ   !       /   |        |
                                        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
                                        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
   できれば魏との戦いに従軍したかったけれど、           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
   万が一の事を考えれば、                       ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
   誰かが永安を守らないといけないからね。   .        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
                             .  .        |       八  ヽ         ̄l   レ'     | 
                                                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
   それだけ僕の力が買われていると考えようか         /         \           /   ハ ,'
                             .   .        厶イ八 ハ   ハハ   ヽ、_,,..、 ´ /   / V  /l .ハ ',
                                             ヽ! .\{   Vヽ!\∧ハハ 厶イノ/   ヽ/ j/ ヾ、 
                                                         ',         ヽ
蜀 将軍 陳到

────────────────────────────────────────────────

                         趙雲将軍に次ぐ地位にいたと言われる陳到だお。
      ____              
    /_ノ   ヽ_\             陳到は劉備様の汝南時代に仕官したけど、
   /( ●) ( ●)\           それ以外の経歴がさっぱり分からん謎の人なんだお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\         
 |        ̄      |         でも、永安の守備を任されるんだから、結構有能な将軍と思うお。
 \               /         
                        もし、呉と戦争になれば、この二人が前線に立ったはずだお

────────────────────────────────────────────────
246 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:29:53.18 ID:/wWHTXAo
【紀元226年夏 蜀首都 成都】

             ,. ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
           /    /          \
          /     /             \
         /     /―――――――――イノ
         /     /: : : : : : : : : : : :| |
        ,'    ,∠ __________/ |
        |   <__:.:.イ:.`メ、/|:/ |:./\レ:.:.〈 |
        ノ!     |/リレ',ィrそド"´ レ ィチxV:.!:.V}       丞相、ビッグニュースなんだよ
       /|    /!:.:.! 〈. トzリ     トzリ }:!::Nリ
     /     /ソ:.:.i xx`¨´    , `¨x{:从 }
    /      //|:.:.込、         /:.|.ハ∧
    /     /厶|:.:.|\ ヽ、  r つ ,. く:.:.:! ∧ ヽ        / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
   /    /    |:.:.|::::::> ミ  、 <}  |::.:|   ヽ. }     /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
  /i   〃     レ‐‐く\   ̄´ /::!  !:.:<フ二ヽリ    く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
./   //     / /⌒く:\  イ:::::|  |:. 厶--、 }      \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   / /     (   /,. ┤:::::ヽ /::::::|  |:.厶--、 /        Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
                                       |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
                                       |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
                                       .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   なんだか蜀にとって                        ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
   いい風が吹いてきた気がするのです!           ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
                                      ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
   蒋琬、孔明は年が明けたら漢中に向かいますよ!!  ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
                                    .,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
                                    : : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
                                    : : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
                                    : :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|


────────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \ ( ;;;;(          .
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)         
/    (─)  (─ /;;/          
|       (__人__) l;;,´|           そして、夏の終わる頃に、曹丕の死の一報が伝わったはずだお
./      ∩ ノ)━・'/           
(  \ / _ノ´.|  |            
.\  "  /__|  |            
  \ /___ /            .

────────────────────────────────────────────────
247 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:31:16.18 ID:/wWHTXAo
【紀元226年夏 蜀首都 成都】

                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l      それにしても、
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l      ここまで来るのにいろんなもんを失ったのです。
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l      孔明も老い先短い身、
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l    .  北伐に行ったら帰ってこれんかも……
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ      ……陛下に何か遺しておかんといけないですね
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
         / /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri~l^l '、
       ,/ /  /  ,| ,| {l) ヾ'、三三ミYハ,.」}、'、ヽ

────────────────────────────────────────────────
     ____
   /      \ ( ;;;;(          .
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)         
/    (─)  (─ /;;/          
|       (__人__) l;;,´|           翌年の春になって丞相は漢中に向かうけど、
./      ∩ ノ)━・'/           丞相はそれに際して劉禅様に上奏文を書いたお
(  \ / _ノ´.|  |            
.\  "  /__|  |            
  \ /___ /            .

────────────────────────────────────────────────
249 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:33:24.22 ID:9qQsFHso
いよいよくるか
248 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:32:12.24 ID:/wWHTXAo

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /        ……それが有名な『出師表』
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./            せっかくなので内容を紹介しよう
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ
                                                 ____
                                               /ノ   ヽ、_\
                                             /( ○)}liil{(○)\
                                            /    (__人__)   \
    おいこらぁ!! それ陳寿のセリフだお!!!           .|   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                            \    |ェェェェ|     /
250 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:34:31.64 ID:/wWHTXAo
【紀元227年3月 蜀首都 成都】

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |  臣亮、申し上げます。
      /  //                           |
    . /  //                            .|   先帝は始められた事業が半分にも達しないうちに、
    /  //  .                          | .  中道にして御隠れになられました。
    /  //                             .|
   ./  //                            . |   今、天下三分し、益州は疲弊しきっています。
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |   これはまことに危急の、生か死の瀬戸際です。
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ
251 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:36:02.38 ID:/wWHTXAo

                         __
               ,r==┐__ _ __ノヘVヽ
          /^ト、/}〔/     `^ヽ }
       /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \
        /  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ
      ′ ,ム_i|∥´フフ_`  | #キ‐! }ヽ       
      . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}¦ハ } 、    
        .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }
        :.:i ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/       しかし、近侍の文官は宮中内で励み、
      .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈       .忠実な臣下は外で自分の身を忘れて務めております。
        .:.i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  ,
    ;   :.:!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′
      .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : . ,
    }   .i  }ハ   〈 ` } { `ソ  { i.:.:::.:i . : . {
    i  ;.:!  ..:}ハ     } {¨}   | l:.:::.:i:i :..: .:i
   i  i.:!  ..:.i _y',⌒ヽ. }  {ム-‐J |::.:.:.i.i : .: i  
   l  :.i  .:.:l `〈》《  〈   〉   } |:.::::.i:! .:.: :.:i              ' | :/ : :./: : :./: : : /: : : : : /: : :.Y   ヽ
                                            /' |: :..:/ : : /: : : / : : : : :/: : : : :/|   |
                                           ′ |:/_ ..-‐──=┬=───- _ |   |
                                        |    l/ | ∧ i! /:1 ∧  |、    \!    |
                                        |/  丿  |十T丁/N V  |/|丁弋|+|  、__ゝ   !
                                        | -=イ| | V =Ⅵ!ミ     j/z==ヽト ゝ||! \  ¦
                                        |   |ヘ 从|'イ::::::0`       h:::oハ ヾi从 トゝ !
    つまり、先帝の格別の恩顧を追慕し、             |   |从ハ ' 弋 炒         弋 炒 '’| |:Ⅴ  |
    これを陛下に御報いしようと願っているからです。      |  ∧:| |ヘ                     | |:.|     |
                                          /|  !:.:.:| |: ヘ         ′        ' | |:.|     |
                                       /   i!:.: | |:.:.:i       _   _     ヘ .| |:.|    ハ
                                     / i!   i! .: | |:.:.:i!:.:へ           .ィ:.:.:.:.:| |:.|:!  / ヽ
                                      .′:.:i!   i! .: | |.:.:.i!:.:ir-:.> . __ .. <::| :.:.:. | |:.|:!      
                                    /   .:.i!  ∧:.:.| |:.:.:|レヘ::l^`ー------ ' ト\:.:.:| |:.: !     
                                    .′  :.:i!  /:. !:. | |:.:/::::: ヽ.          /:|:ノ:::V ! !、:.!     
252 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:38:04.51 ID:/wWHTXAo

           _,,,...----..,_
           ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
          /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
       /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
      <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
      Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
        `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′   陛下におかれては、まさに御耳を開き、
          !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/      .先帝の遺徳を輝かし、勇士の心意気を大いに高めるべきでしょう。
       _r<   ヽ    - / '′
       /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/         みだりに自分をなおざりにして、誤った例えを引用なさって道義を失い、
     f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、            忠言・諫言の道を閉ざしてはなりません。
     /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i           
    i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l           
    /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l           宮中と政府が一体となり善悪の賞罰を明確にし、
   i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l         . 食い違いが生じてはなりません。
 .  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!          
   l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l          忠義や善事を成す者があれば、当該官庁に下げ渡し、
   !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!          その刑罰・恩賞を判定させ、陛下の公平な政治を明らかすべきで、
   !;;;!::::::::::::::::::;;;!;;!::::::::::ヽ::::l          .私情にひかれて内外で法律に相違を生じさせてはなりません。
   !;;;!::::::::::::::::::;;;!';;:::::::::::::ヽ:l
   !;;;!:::::::::::::::;;;;;;!;;::::::::::::;;;;;;;!
   !;;;;!::::::::::::::;;;/;;:::::::::::::::;;r7
254 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:39:31.11 ID:/wWHTXAo

                                           一'´ ̄ ̄ ̄  ‐ _
                                          / /      丶     丶
                                             / /       \    丶
                                       /    . : | :   ヽ : .       `,
                           .           /  / .:::/| |.   |\ :. .  ヽ ヽ  ',
                                          ! . :/ _l |l   |  \:. .  l l  .
  侍中・侍郎の郭攸之・費禕・董允らは、           i l   | i∠-一、!ヽ   l ´―ヽ.   | |  }
  皆忠良で志は忠実・純粋であります。            | |   !ⅰ   -、   \ l,       | }  |
                                     ⅰ!  ゝl ≠气     ヽ斤ミx l ハ :! {
                           .           '.ⅰ . ::|〃 んハ      んハ iル' .、 !: ゙.
  それゆえにこそ、先帝は抜擢なさって、           } l  :{、 弋ツ     弋ツ |  ト} |  ゙、
  陛下の下にお残しになったのです。             | :l:. ぃ 、、、   '     、、、 |  レ'ⅰ  ゙.、
                                     | :l:l: ト}              | l:.    ',\
                           .           l :!::l l人    c      /   .: |: .   ゙, \
  私が思いますに、宮中の事柄は大小の区別なく、     ⅰ:l_h. :_.:{:> _     ィ/  /  |: : ゙,     丶
  ことごとく彼らに御相談なさった後に施行なされば、     ,:^| l|| Y.: .: .: >< . ′/  j: : : ゙,   ゙、   \
  必ずや手落ちを補い、広い利益が得られるでしょう。   / /| |ⅰ! 卜:_: : ._.ヽ/ '   _. -ヘ.: : : ゙:,   ヽ     \
                           .           Ⅵ | | .j Ⅵ {/ /.:{/ .. ‐'"´  `く \.: :`,   \    丶
                                      lⅰl    \l !.://´        `く ヽ: `,: .   \    .
                                      ∧ヽ         }:{{             ∨}: :`, : : . .   \  }
255 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:40:39.22 ID:/wWHTXAo

   , ´,r== 、ヽ
   !くl人ノ从)ト、             
   Wリ` ヮ´ノiノ              将軍の向寵は、性質・行為が善良・公平で軍事に通暁しており、
  _(_|| ̄ ̄|∬_           かつて試みに用いてみましたところ、先帝は有能だと言われました。
 |\ ヽ.||――|旦▲.\
 | .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|         それゆえにこそ人々の意見により、向寵は督に推挙されました。
. \|______|三|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 -‐.ニ二ニ ‐-
                                              /三三三三三三ミヽヽ
                                             /三三三三三三三三ミヽヽ
                       .                     /三三三三三三三三三三ミ ', _
                                         -‐-、!三三三ニ--──--ニ三三三=― 、丶
                                        / /⌒>、三/'7   /  / .ハ ヽ‐-、ヽ___ノノ
                       .                 ゝニ-‐〃`/ /斗 ' 7// /!/ ̄ `、‐、-、_ゞヽ'´
                                         //.〃∨ /干─ミ,//' .ニ─テヽ /!l了、',
                                         ゝニ_从 ! /l ',トゞ沙    弋_沙廾y ゝニノ
 私が思いますに、軍中の事柄はことごとく彼に相談すれば、      リヽ! l. ', ド::::::   '   :::::::イ !/   l l
 必ずや軍隊を仲睦まじくさせ、優劣各々所を得るでありましょう。   l ! ゝ. ヽy'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ' ! !   ! !
                                           l ! ,-‐/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ」_.   !
                                           ! .l .ハ .、l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l/ ヽ  !l
                       .                    l/l ! ヽヽ:.:,:-‐n─-、:.:.:.::/'´  !  !l
                                          /l  !  `ミゞミゞ ',川,彡//  .ハ  !
                                          !l / 」  .ヾ爿> >-‐ニ/´  /   !
                       .                   l ./ !::l  ⌒ヽレ_ソ.   ニ'    l´::l   !
                                          l   l::::!  ヘ沙  _ -‐<´ 、 l:::::l.   l
                       .                  l.   l:::::!  / !l  ィ廾、  !   ミl::::::l   !
256 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:41:32.79 ID:/wWHTXAo

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ     優れた臣下に親しみ小人物を遠ざけたのが、
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~          ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ   前漢の興隆した原因であり、
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ  小人物に親しみ優れた臣下を遠ざけたのが、
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l    後漢の衰微した理由であります。
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ∥
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
257 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:42:29.67 ID:/wWHTXAo

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: | 
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ 
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |     先帝御在世の頃、常に臣とこの事を議論なさり、
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|     桓帝・霊帝に対して嘆息なさり、痛恨なさったものであります。
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: | 
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/ 
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',  
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |  
258 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:43:37.34 ID:/wWHTXAo

                _
              __,∠、`ー―---- ._
         _ .-<_    `ヽ.      ‐-ヽ、
        /ィ´/.:.:.:.`´ーァ   ヽ、 、    \
      /イ/_'.-‐/ ¨ ̄.:.`ゝ  'ヽ.\ \   : : :\
.      //i//.:.:.:.:i!.:.:,1:|、:ヽ`ゝ ヽ、゛/'`ィ 、、 : : : : :/
     /:'.:.:.:!.:.:.:::::l!'¨「「:「l¨!ヽ:〉、 ィ !ヽ フ.:ヽ: : : :/、
.     l.:.l.:.:.:|.:.::::::ハ.:l_|::!_!_!::!:ゝ ` {j ´ 〉:、.:', /|.:.:.:i
     Vl.:.:.:l、.:::イ l.:|ァチハ:|::l〈`     ヽ.:.Vi':::/|、.:.:!
      〉!、.:.l V::ヽ レ '1レ1l:ノ:ノ        ノl.:.li:!/.:.|::ヽ|
      〉ヽヽ! ヽ:::}   ,}ブ/ :::〉  r;   ,ゝ!.:lリ.:..:.|::::::   侍中・尚書・長史・参軍は、
.     ,ゝ ヽl _,ノ  :::::/: イ r、 / ,、 {:::ハ:|:!.:.|.|::::::   皆誠実善良で死しても節を曲げない者ばかりです。
     ヽ_  ` ヽ.  _ ' ´ ,ノ ,` ' -‐'イ::}:::::!l:|.:.|:|::::::
.     ,イ_  ,, 〈::ヽ` ′ ,ゝ、/ / }j ,ノ!::|:::::|!:レ'|':::::::|   どうか陛下には、これらの者たちを親愛なさり、
    /.:{ ,、 l' _ ノ:::::`ヽ  _,}   〈'  _〉ハ:::::::|::::::|::::::::|   信頼なさってください。
.   /:,イ `, ´´ 〉:::___:::`¨}     〈 `ヽ|__:::|::::::|::::::::!
   /:/ ゝ´ i!` ゝ/、_:::¨く`     r'   : : : :`ヽ::!:::::::l    そうすれば、漢室の隆盛は日に数えて待つことができるでしょう。
  ,':/  〉   ' ノ|:ヽ::V`r'´    イ  : :_:_:_:_:_:_:\://
. /イ  ゝ   〉|.:∧::Y`    ィ´  .ィ´::::::::::::::::`¨\
 i.:/   〉   ゝ!.:./j、j、     ヽ/::::::: /::: ,イ::::::::::::::
 l,'!   ヽ    イ_,'//、      く':::::: /}:/.:{:::::::::::::::
 レ     ゝ   〈´,' ノ       〈:::/.:./.:.:.:.:ヽ::::::::::::
 ヽ     ヽ_    `}_ハ      `j.:.:./.:.:.:.:.:.:.:〈:::::::::::::
       └、_  {.:.Y`       ヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j::::::::::::
          `Y′:ヽ        〈'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:::::::::::::
259 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:45:44.81 ID:/wWHTXAo

          .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. .  . .. . .. . .. ....:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,
          ;:;:゙:;":;";`;:;":、;.. . .. . .. . .. . ...:..:..:..:..:..:..:... .. .:..:.´.. . . .:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,.
          ":;:、;:;";`;i:;/"、;::;":.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. .;゛;:゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛;:゛;:; ,.
          ::;゙;:;":;";`;ll:; ":、;:;":;";. . .. . .. . .. . .. . .. .,.:゛;:;`;゛;:゛:;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;:゛;:; ,.
          ;":;:、;:";`i!l;.〃:;":、;:;":;";`;:;":、.. . .. . .. `;゛;:゛;:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;:; ,.:゛;゙i゙i:;゛;:゛;:; ,.;
          ;:、;:;":;"//;`;:;":、;:;":;";`;:;":、;:;".. . ,,;:;":;;:;";;`;";:、 ,.、...,.;`;゛;:゛゙_,,;:;,.:_!,i!;;-'''゛'''''゛
          ""'''''"'''-.._:、;:;〃":; ,.,,.、;:、;: .;.. . .,,;:;:;":;";`;:;";:;:;";`;:,,:''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
          .;'":;. :.. ;',,;:;":;;*:;";*;`;";:、:;.``丶、__.,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,":;;:;";;`;";:、'' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
              .,,;:;:;"*:;";`;:;";:;:;*";`;:,,.. . ...,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;:;";`;:;";:;:;";`;:,,.  . .. . .. . .. .
             .,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:*;";`;*:;";,.. . .:;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,:;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,....:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,.
             .,;:;".:*;";`ヾヽ:/、、;:;"*";`;.  . .  . ..  .li.;;| . ,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;..:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,.
             .:;";*:;":";`|, ;i、;:;":*;`;,.. . .. . .. . ..l:; .l.. . :;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,.  ゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛/;:゛;:; ,.
                      li.;;|.. . .. . .. . .. . .. .丿;i;;'、 .. . ..  .li.;;|  . .. . ;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;i!l:゛;:; ,.
                      l:; .l.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . l:; .l  . .. . ゛;:; ,.:゛;゙i゙i;:;//
                  丿;i;;'、.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. 丿;i;;'、  . .. .゛゙ . .. !,i丿'、...
          ::.;;'' ;;:;: :::'*'::.;' ;;:;:*:::''::.;;'' ;;:;: *:::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;::::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;:::''::.;;'' ;;:;:


                   臣は元々無官の身、南陽で農耕に従事しておりました。

      乱世において生命をまっとうするのがせいぜいで、諸侯に名声が届くことなど願っておりませんでした。


260 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:46:47.54 ID:/wWHTXAo

-― ―-、\〈 〈〉/∠二二二二_丶:::::;:::::\        ヽ |  __
      ∠⌒丶/:/:/::l\、_::::::::::_>X::::\:::::ヽ.      /  ̄__ ,.>
   _ >` ´/:::::/:/:::::ト::::\: ̄:、丶:::\::_;ュ、_丶   /, イ ̄
/  /`//::/::l、:l::::::::l、\:::\::::\\:::\‐-、〈_ヽ,_∠__//
 / /:::::://:∧:::l::゙ト、::::!ヽ;斗:‐:\‐::\ヽ::::\了-‐--‐<二二ニ丶、    
/  /:::〃ハ:l:::l::,L:、 \:l  _\_ド:‐-:、‐:\:、:::ヽ::::::::::::::\::::ミヽ‐、
  ./:://:/:::从:ヘヾfiハ  ヽ  ィ尓ヽ::::::l\::::リ:\!:::::::::::::::::::ヾ _:>-‐― ‐- 、
  /::/ l:::l::::l::::lヾヘ弋j     以jリ_ハ:::ヾ:::ヽl:::::::__,ァ '´ ̄ ` フ´       _ノ
  l::ハ. l:::l::::lヽ:::小  ' .___   ゙‐l jヽ:ヽ:::>'´ ̄ /    ‐'    _,. ‐ ´ 
  l/ ヾl:::l::::V:`l:l::l丶 マ `7   ,ィl:  V:/               /     先帝は臣を身分低き者となさらず、
  l'  lヾ\ヾ l:l:::リ:::>`´-<:::::l   V            /l    .  みずから身を屈して三度臣を草屋に御訪問下さり、
      ` \\l:l、:k、lヾl:!l  //:/l  __丶          l /      臣に当代の情勢をお尋ねになりました。
          Xヘ.   l:ll  ;オ/ミ.ヽ〈ー ヽ.          l/!
         / 丶 _∧;l  l  ` バ‐' V‐l   `ヽ    l/       これにより感激致しまして、
           / ハヘ   !_,、_/  .〉  ` }    /ヘ   l       先帝の下で奔走することを承知致しました。
        ,r‐'´    lヘヽ Vhl / ,ゝ‐≦′ /-‐ハ   1
       爪     l \ヽ ゙l / /   /  /  \.V   l
261 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:47:53.88 ID:/wWHTXAo

. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ /// 
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'        その後、戦に敗北した際に任務を受け、
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/         危難の最中に命令を奉じて尽力し……
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}    
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}
,'    ,'   (_ |ヽ{i,ハ   ヽ、」.  \ {{.    }}
                                       , ..../      `ヽ         \
                                       /  {                   ヽ
                                     /   l          !    !      ヽ、ヽ
                                     ,'    }  j     | l l ! l      l ヽ l
                                     j    /   l !    リ/jl-ヽトl、      ト、! !
                                    l     l  /!ト、   l7ィ_ラ:オラ=!      j | |
                                     \  {   !-jニヽヽ { ゞー '゚  }     /   ヽ
      ……二十一年が過ぎました。               ヽ ヘ トf'ヒタjヽヽl       j   /     ヽ
                                       } ヽl l゚ く        /  ∠ク、、    ヽ\
                                       |   ハ   r=-    /  イ7´  } }    }
                                         j /  ヘ、  ゙"    / /ノ/イ_ ノ '  _,  ノ
                                      /イ  /|  ,ヽ、   l /_,_ ニ ァ' _, -/‐ ´
                                       | {  / {/i′  ーr' { !  /イ    _ , ..... _
                                       ! /   !      j l {/,. -┴--/     `ヽ
262 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:48:48.01 ID:/wWHTXAo

           ,∠// ____   ヽ ヽ \
      ,r== <¨ / ,' , '/ ´ ィ    ` ¨ `ヽ ヽ ヽ
    /'´    V / ,' / /| │     ヽ  |  !  ',
    |      ヽ. { { X   ! ハ ヽ    }  |   |ユ\
    |       ヘ| レ' `ヽレ、 \ ヽ_ ,ムvイ  l 」_/}
    V        Vィチ示   ' `'' ,r=zミx| i  ! |ヾハ   
     ヽ       ! Vzソ      kチソ l !  ! |ヽ i|   .
     ヽ       |  ̄ , ― 、  ゞ‐' ,','  ,'_」 V        先帝は臣の慎み深さを認められた結果、
.     /ヽ     ∧   l    !    ,〃  ,' ,'  ,'    
.   r'⌒      '  \ 弋  ノ   ノ/   / / /
.   |    ヽ      \ 二´ィ ´ ィハ , ' , ' /
  丿      <\ |   l    │ ノ∠ /| ,'
  (   、     ィ_.ノ    |    `¨~〉ノ`ー-V
  /    \   /´     l_   _ , ' ´    `ヽ
  \ `\ `ー{,    -―ヘ ~¨´          ヘ     /:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ
    \  ` ー `ー ´     V             |    ./:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',
                                ':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                :.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                                /|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、
                                :.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:`l丶、:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:_..- ':.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ
                                :.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:.:.:.:.:>'<、/ //,:./  !l _><\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:
  崩御なされるにあたって、              :.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾ〒_==ミー7/// ーrィ== 〒ア、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:
  臣に国家の大事をお任せになりました。      -、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_ー'_ノ /'´〃    弋_ー'.ノ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐
                                 ヽ.-l \:.:.:\、     /´        ヽ   /':.:.:.// ,.-J
                                ./  .!   ヽ、:.ヽヽ、      i        ‐,.'ィ":./   !/  `
                                ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-    _._ _._   -‐"‐/l !   l )  / 〉
                                ) .! へ!  //  `丶、      ...     ,. '´   l !  !< ,   く
                                  ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"       !l   !  / -,.、ノ:
                                ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :
263 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:50:57.33 ID:/wWHTXAo

                                             ___,
                                            /ヽ、     ̄ ̄ >
                                          /-  X `ー、   ノく/、j
                                         /.⌒Tー、 Xヽ. ソ'.:.:.:|ソ´
                                        /.:.:.i:.:.:.:|.:.:.:.:.\, ∨.:.:|.:.:| \
                                    .   {.:.:.:.:V: ノ ,.、.:.:.:.:.V.{.:.:.l.:.::!   !
                                        ヽ:.:.:ハ/x'リ ∨:.:.:.} {.:.:.l.:.:.、   ヽ
                                         Y:.} ^′ リ:.:/ト.{:.:.:!:.:.:'ー‐、ノ
 御命令をお受けしてから日夜憂悶し、                 ./-‐ニー< ィく7  {、:.:.:.:.:.:',
 委託されたことについて何も功績をあげることなく、        /+ ,イ 〉‐ ニ -{ ,ト { `ー-、L
 先帝の御明哲を傷つけることになるのではないかと       ./イノ} ′ }< ,!  {ヽ  / ノ
 恐懼致しております。                        ./ /: . { i  く V {  {ソノ ./,-ヘ:.ヽ
                                     /+ /: . : } l.   Yメ } +{′/ソ . : V:.:.`ー--- - 、
                                    -‐‐' : . : . } l_ //X }  } //|: . : . ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 そのために、                        : . : . : . : .ハ-イニ{ V リ -、_レ/ リ: . : . : ヽ:.:.:ー-.:.、.:.::.:.:.',
 五月、瀘水を渡り、荒地深く侵入致しました。        こ!: . : . /.:.:.:ノ::r-‐'  _}   ノ>、 . : ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                                    :|ヘ-ノ彡<:::::::} //イソ、 く::「. : . : . :}:.:.:ー-:.:、.:.:.:.:.:.:!
                                    ;|. レ'. /:/ヽ:::ソ´´::::::::_」 ̄|::V. : . r':.:.:.:_.:.ー:.:、....:.:ト、
                                    ': .レ':::/.: . : . l::::/::::/: .|: . :!:::|: . :/ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:.:、.:ヽ
                                    : //: . : . : . └┴┘: : .}.: . |:::|: / : . : . :ー:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                                    /: . : . : . : . : . : . : . : . : .|: . :|:::|ハ :\ . : . : . :ヽ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.',
                                    : . : . : . : . : . : . : . : . : . :\//: . :/ . : . : . : . : ー:.:、.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                    \: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : :./ . : . : . : . : . : . : . : .ヽ:.:-.:.:.\
                                    、:::\: . : . : . : . : . : . : . : .>'/ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :\:.::. i
264 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:51:57.25 ID:/wWHTXAo

                     ,   ─=、─-=ニL」_
                    /二ニ=‐-=ニ、\    ,>
                  ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ′
                 /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、
 (\ __           ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \
. ,f\孑=ァ),__          | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |    \
〈ヾ、ム,. 》 :|| \        |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※
. `ー'─(,ムイ'   \    ,. -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !          現在、南方はすでに平定され、
     \     `  7マ'7   | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |          軍の装備も充足しております。
.        `  ,     i ,ハ}   |.※ | >x、. イ  ! i|.   !
          `7ぇxl/  ,    !  i  《 ,≫vヘ.)、i),  !          まさに三軍を励まし率いて、
          /  /    |_ i.※ i.  《|{,//iヘ.∨), ∨   ,r- 、    北方中原を平定すべきです。
            /  /     ! )`i   !,  《!_/i |《ヘ.∨), ∨ ,Xヘ. }
        /  ム._.  !/ .|.※ |ヘ.  《  i | 《.ヘ.∨ヘ,.マ^ヽヽノ    願わくば愚鈍の才を尽くし、
        ‘ーx,     i  !  |.   | ',. 《.  ! i 《. | |  メ.}i;xr≦     凶悪な者どもを討ち払い、漢室を復興し、
           ∨  ヽ. |   |.※ |  ∨《  Li  《 L! :|. |    |     旧都洛陽を取り戻したいと存じます。
            \.  ∨   |.   |  〈 》~~~''~ | i    !
             \/   .!.※ ! ,/」Lニ=- |!>X<| :| i    !
             //     ¨¨¨’ >厂    K  >' :| |、 ,ノ
265 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:53:44.24 ID:/wWHTXAo




         これこそ臣が先帝の恩にお報いし、陛下に忠義を尽くすために果たさねばならぬ職責です。



266 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:55:02.73 ID:/wWHTXAo

          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!    利害を斟酌し、進み出て忠言を尽くすのは、
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨     郭攸之・費禕・董允の任務であります。
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′
             _{i       ´   /           どうか陛下には、
            // `\  > _ イ             臣に賊を討伐し、漢室を復興する事業を御任せ下さい。
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_
                                                _
                                              __,∠、`ー―---- ._
                                         _ .-<_    `ヽ.      ‐-ヽ、
                                        /ィ´/.:.:.:.`´ーァ   ヽ、 、    \
                                      /イ/_'.-‐/ ¨ ̄.:.`ゝ  'ヽ.\ \   : : :\
                                .      //i//.:.:.:.:i!.:.:,1:|、:ヽ`ゝ ヽ、゛/'`ィ 、、 : : : : :/
                                     /:'.:.:.:!.:.:.:::::l!'¨「「:「l¨!ヽ:〉、 ィ !ヽ フ.:ヽ: : : :/、
 もし、功をあげることが敵わぬ場合は、       .     l.:.l.:.:.:|.:.::::::ハ.:l_|::!_!_!::!:ゝ ` {j ´ 〉:、.:', /|.:.:.:i
 臣の罪を処断して先帝の御霊に御報告ください。      Vl.:.:.:l、.:::イ l.:|ァチハ:|::l〈`     ヽ.:.Vi':::/|、.:.:!
                                       〉!、.:.l V::ヽ レ '1レ1l:ノ:ノ        ノl.:.li:!/.:.|::ヽ|
 郭攸之・費禕・董允らの怠慢を御責めになり、         〉ヽヽ! ヽ:::}   ,}ブ/ :::〉  r;   ,ゝ!.:lリ.:..:.|::::::ヽ
 その咎を明らかになさってください。          .     ,ゝ ヽl _,ノ  :::::/: イ r、 / ,、 {:::ハ:|:!.:.|.|::::::l:.:.\
                                     ヽ_  ` ヽ.  _ ' ´ ,ノ ,` ' -‐'イ::}:::::!l:|.:.|:|::::::|.:.:.:.:.
 陛下もまたよろしくみずから御考えになり、     .     ,イ_  ,, 〈::ヽ` ′ ,ゝ、/ / }j ,ノ!::|:::::|!:レ'|':::::::|、.:.:.
 臣下に善道をお訊ねになり、                  /.:{ ,、 l' _ ノ:::::`ヽ  _,}   〈'  _〉ハ:::::::|::::::|::::::::| !.:.:.:
 正しい言葉を判断なさって御収めください。     .   /:,イ `, ´´ 〉:::___:::`¨}     〈 `ヽ|__:::|::::::|::::::::! l.:.:.:.
                                   /:/ ゝ´ i!` ゝ/、_:::¨く`     r'   : : : :`ヽ::!:::::::l ,'.:.:.:.
                                  ,':/  〉   ' ノ|:ヽ::V`r'´    イ  : :_:_:_:_:_:_:\://.:.:.:.:
                                . /イ  ゝ   〉|.:∧::Y`    ィ´  .ィ´::::::::::::::::`¨\.:.:.:.:
267 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:56:01.98 ID:/wWHTXAo

           :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.::.:. ' ::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:::.:: ' :.:.:.::::., ' :.:.:./.:.:. /   ヽヽ::.:.:.:.:.:.:.:.ハ乂
           :.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:: /:.:.:.:./:./:.:.:.:,..:.:.:/:.:.:./:.:.:.:. /::.:.:., '!.::. /    |:.|:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:!乂
           :.:.| .:.:.:|:.:.:.:.::.:. ' _:../:.:.:/.:.::;/!.:./:.:.:/ l:.:.:.:./'.:..:.:、/_'_:._/ - ─‐―!'― ..:.:.:.:.:.::.:!
           :.:.| .:.:.:|:.:.::./:.:./_`::ー-/---/、 ' /:.:/ ,'.:.:::.:./ /.:.:/  ___  |:.| ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.!
           :.:.| .:.:.:|:.:.' :.:./:.:,ー三//≡ ,'.: / ,'/  /:.:.:., ' /:.:, ',彡≡≡三!:|ヽ !:..:.:.:.:.:.:. '
           :.:.| .:.:.:|:.:.:.: ':.:.:.:.::'彳ハ/!:::://iヾ/   /:.:./   'イハ::::1 :::::::::::|::レ' !:.:.:.:.:.:. /
           :.:.| .:.::.|/:.:/:.:.:/ ヾl 弋::::::ノ l       ':/         フ::ゝ-_.フ::i  !::::.:.::.:.,
           :.:.:.:.:.:.:.::.:/::.:./、    ゝ,, _ _ ノ      /          ゝ -- -'レ'   ,'::.:.:. /          乂 リ
           :.:.:.:.:.:.::,.イ:.:.ハ:l                                   /:.:.:.:. '          乂/ !.:.:
           l:.:.:.:.: / l!:.: lヽ:.\                     /////    ':.:.:. ,イ           乂イノ:.:.:.:.
           |:.:.:.:./ |:.:.:.|  \ヽ     /////     ヽ               ':.:/           乂イノ:.:.:.:.:.
           l .:..,'   |:.:.:.|   ヽ.ゝ                            /イ乂          乂,イ:. !.::.:.:.:
           l:.:/   l:.:.:.l   乂ハ                               /´イ          乂彳.: !:.:.:.:.
           レ    、:.|    乂):..\          ´ ̄  ̄           / ハ乂           乂)):.:. l:.:.:.:.
           . 乂    ゝ    乂)ヽ:.!ゝ                       , イ  (乂           乂)) :.:.:|:.::.:.:
           (乂        乂|!:::::::| .:.:.> 、               /::/   (乂           乂|!:.:.:.:.:|:.:.:.:.:


              深く先帝の御遺言を思い起こしまして、臣は大恩を受け、感激にたえません。


268 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:57:10.03 ID:/wWHTXAo

              \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
                 \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
                 | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
                 |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
                 |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
                 |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
                 |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
                  /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
                 / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
               /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
              / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
             /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
            / :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
            : : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}
            : : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄   ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}
            : : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}
            : : : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
            : : : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}


         今、遠く去らんとするにあたり、この表を前にして涙が流れ、申し上げる言葉を知りません。


253 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 00:38:42.09 ID:l/ROmPco
危急存亡の秋・・・
諸葛亮の作戦能力懐疑派の人は多くいても、
文章力を否定する人はいないよね。
269 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 00:58:03.55 ID:/wWHTXAo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ        以上が『出師表』の内容となる。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,        丞相の立場から成される劉禅への教導、
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/        諸葛亮が抱く劉備への感謝の念、
       r=<    V三|:::::::::| |/:/        これから始まるであろう北伐への揺るがぬ決意……
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /    .    それらがひとつに合わさった『出師表』は歴史に残る名文となった
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
270 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:00:02.75 ID:/wWHTXAo

        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|       初めて拝見させてもらいましたが、
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |       涙無くしては読めませんね。常識的に考えて……
      i  !,       ノ       
      .',  ヽ、 .   /        年若い主君を輔弼し、勝算定かならぬ戦いに身を投じる諸葛亮……
        \  .     ヽ、    .  .結末を知っているだけに余計そう感じます
         \      |.i
           |    .   | |

                                                     ____
                                                   /      \
                                                 /  _ノ  ヽ、_  \
                      …………                   /  o゚⌒   ⌒゚o  \
                                                |     (__人__)    |
                                                \     ` ⌒´     /

    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }     ただし、この『出師表』は諸葛亮が感情の赴くまま書いたためか、
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j     心を打つ物ではあっても、意外と文章の内容がくどい。
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      
      `ヘ:ゝ   _     小/        もし、文章に造詣の深かった曹丕が『出師表』を読んだとすれば、
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/        いかなる感想を残しただろうか?
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_        
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ       あるいは、これくらい書いておかなければ、
  /  | l:l   l     l   l::l l       劉禅が言う事を聞かないと考えたのかもしれない
  l  ヽハ    l    l  //  |
273 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 01:03:53.71 ID:rX3JK6ko
>>270
文章は、相手が理解できなければ意味がないですからね。
276 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 01:06:55.62 ID:l/ROmPco
燕の名将・楽毅に倣ったところ大なのは間違いない。
くどいほどに先帝への義理を語っている部分は、分かっていても他人の我々の心すら打つ。

まして劉備の息子の劉禅にとっては感激的な上奏だったと思う。
271 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:00:56.50 ID:/wWHTXAo
【紀元227年3月 蜀首都 成都】


 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;               
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、       、` 彡、        、`\     、`\     、`\
   / __     / / __     /´>  )    / ノ..//    /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      かくして諸葛亮は兵を率いて漢中へ出発した
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
272 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:03:20.53 ID:/wWHTXAo

             _ __ __ _
             ,.'´        ``ヽ、
        /              `ヽ
        /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |
       !  l:r┐   //  // // /l   |
       !  l:l !   //  // // //\  |
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |
      ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |    丞相からは成都の留守と兵站の管理を任されてるんだよ!
      i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |
      |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |    漢中攻防の時に丞相がやってた仕事だね!
     ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |    まあ、漢中にも丞相府が置かれるみたいだから、
   /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |    私の責任範囲はそこまでだけど
  〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1
  /\   //   .l:: l   \.:.:.:.:V.:.::/l:.l   ∧
  ,′ \//     l:: l     \/ハ/. l.:l   / ',
  i   //     l:: l     〈  〉 l:.l  /   ',
  l  //      l:: l      /\/:l  l.!      i
  l .//      /l:: l    /.:.:./l.:.:l  l:!     l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       成都の留守を預かるのは蒋琬である。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       彼は以前県令だった時、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      視察に来た劉備に仕事を放置し泥酔していたのを目撃され、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      劉備の怒りを買い処罰されかけた事がある。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         幸い、この時は諸葛亮の取り成しで免官ですみ、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          それ以降は諸葛亮の片腕的存在として働くようになった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
274 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:05:15.73 ID:/wWHTXAo

               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、      n /|       蒋琬は国家を背負う大器であって、
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |       県令のような百里四方の地を治めるタイプじゃないですね。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !       あいつの統治の仕方は住民を安定させる事が根本になってて、
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!       .外見を良くする事を第一とは思っていないのです。
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i       もうちょっとやる気を出してくれれば……
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘
    └イ_:/ : : : : : : : : :  ̄: : : : :∧
       /:ー: :-、:_: : : : : : : : :/ : i
     ヽ: : : : : : : :丶:_:_/ : /
         丶、:_:_:_:_:_; -- ‐'´


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      一見ダメ官僚に見える蒋琬だが、諸葛亮は彼をこのように評している
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
275 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:06:24.28 ID:/wWHTXAo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ             県令はこなせなくても他なら能力を発揮できる……
.  |         }
.  ヽ        }              なんか少し前の龐統みたいですね
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


                                                    ____
                                                  /_ノ   ヽ_\
    確かに蒋琬って人は少し変わり者だお。                    /( ●)( ●)\
                                               /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
    でも能力はある人で、『蜀の四相』の一人に数えられてるお       |     (  (      |
                                               \     `ー'      /
277 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:08:29.84 ID:/wWHTXAo
【紀元227年春 蜀 益州 沔陽】


∧∧∧∧∧∧∧∧∧                                                 
   ∧∧∧∧∧∧ × ∧∧∧  ∧∧    ∧∧
 //  ∧∧   散関 ∧∧∧∧∧ ×∧∧∧∧∧∧∧∧∧    ∧∧∧∧    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 | |    下弁     ∧∧∧∧∧∧斜谷 ∧∧∧∧∧∧  × ∧∧∧∧∧∧ ×∧∧∧∧∧∧∧
//    ○ ∧○   ∧∧∧∧     ∧∧∧∧  ∧∧ 駱谷  ∧∧∧ 子午谷 ∧∧∧∧∧∧
| |        河地  ∧∧∧∧∧  ∧∧∧∧     ∧∧   ∧∧∧∧∧     ∧∧∧∧∧
| | ○武都  ∧∧    ∧∧∧∧    ∧∧∧∧∧∧∧∧     ∧          ∧∧∧∧∧
\\  ∧∧         ∧∧       ∧∧∧∧           ∧∧∧  ∧∧∧
 ..\\       ∧∧  ∧沔陽∧  ∧∧               ∧∧∧ ∧     ∧∧∧∧
   |  ̄ ̄\ .∧∧∧×∧  ◎__________________________________________                 ∧∧∧∧
   ~~ ̄ ̄\\    陽平関 ___________________________________________ \         ○西城
        .|. | ∧∧         ○南鄭           .\ \       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /./        ▲                     \..~~~~~~~~~~~ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    . /./    ∧∧ 定軍山          ∧∧∧∧     ..~~~~~~~~~~~~~~    【新城郡】   
 ∧∧/./ ○白水関∧∧∧∧∧∧∧ ∧     ∧∧∧∧∧∧
\ /./    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧ ∧∧∧∧∧           ∧∧∧∧∧∧∧∧        ○上庸
\~ /  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧   ∧∧∧∧            ∧∧∧∧∧∧∧∧
 ││ ○葭萌  ∧∧∧∧∧∧∧∧ ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 ││      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       やがて、諸葛亮は漢中郡に到着。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      沔陽に駐屯し、同地に丞相府を開設した。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .この沔陽が北伐を行う諸葛亮の根拠地となる
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
278 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:10:03.22 ID:/wWHTXAo

                _
          ∠二二ミヽ \
         /: : :⌒⌒^ヽ ヽ \
        /: : : : : : : : : : : l  |  ヽ
        |: :/: :// \ : :|  |─‐┤
        |: :l: ⌒  ⌒ヽ:|*|: : : :{
        \l ○   ○ |  |: : : :ヽ
        _ゝ 「 ̄ノ  , |*|⌒ト; : \            しばらくはここで軍事演習をみっちりやるのですぅ
    ⊂}_}{   |`≧ロ≦´/L_」 ノ |: : : : ー── 、
     |   ゝ-r| ヽl」l」 ∧  /  |ヽ: : : : : : : : : : :ヽ
     |    | l  ∨V | ∨」  |   ー 、: : : : : : |    (……本当はあの野郎の動向を見極めるためですが)
 テ  ⊥    LL_rイ,__|  }^L∧」\      ーァ--i
ケ // ̄`ヽ   r }_/  レク }  /       /  ト、
  | |   ===┴┘   /  入/       /  / |
  | |      |         | /        /   / し
  \\   / テ       |/ー──‐─一'´   /
     ̄ ̄   ン     /           /
              ∠_______/
                /  |
              /__|



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      沔陽での滞在期間は一年近くに及ぶ。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      諸葛亮ほど拙速という言葉が似合わない人もいないだろう。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼は時間をかけ、慎重に北伐の準備を行った。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         その一環として、魏に対してひとつのゆさぶりをかけた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
280 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 01:11:37.16 ID:l/ROmPco
がんばれ諸葛孔明、超がんばれ
279 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:11:02.88 ID:/wWHTXAo
【紀元227年春 魏 新城郡 上庸】

         /:/: .:/: : : : : :/: : : : : : : : : : :}: : : : : : : : : :\
          ,'/: : : /: . : . : :/ /: : : : : : : : }: :ト、: : : : : : . : . : .ヽ
       l: : : .:/    〃/       ハ.:.| ヽ }   ヽ   '
        l: : : /   ..:.レ': : : : : : : : : : : :/ j!:.|  ':.:ト、: : : :}: .  i
        | : : ′. : : .: .:l: : :/.: : .: : .: .: '  j:.:l   }:! ヽ.: :|: : : :|
       |: : :|: :|: : : .: .:|/: : .:/: : /   ,':.:'   l|   ': |: : : :|
       |: : :|: :|: : : : 斗─/- :∠.__,ノ /:/ { _,.. ヒ'_"¨´l:!: : : :!
        ト、:.:l L!: : : : : |/.: .:/ニ ヽ::.. /:/ ´   _j_ ,. j|: : : :|
        ト、: | ハ|: : : : : l>''乂示すヾ  //   ''弋ぅタ¨’ !: : : :|
        |: : |:| |: : : : : l'´ ` ー 彡'   イ{  .  ` ー '"′ ;|.: .: .:|   曹丕は私をずいぶんと買ってくれたが、
      . /|: : |:{ |: : : : : |         {!  l          ':!: : : :|   今の朝廷の連中は私をどう思ってるんだろうね?
      / :|: : | ヘ.|: : : : : |           〉        ルj : : : |
      ,′:i: : | !: :|: : : : : l                    /:| |.: .: .:|
    , イ : : l: : |:|: :.|: : : : : :'.          -─=     /: :l :!: : : :|!
  /: .:} : : : : :|:|: : |: : : : : .:ヽ、            イ.: : : .:! |: : | :l:!
 /: : : : : : ': .:|:|: : :|: : : .: .: .:ト、 `'  .     .ィ.:|:. :| : : : : : |: : | :|:'.
 l: : .:} : : /: : j:j: : .:|: : : : : : :} \   `   '′ マ!: :ヽ.: : : : :|: : ! :| :ヽ
 |: : :l : :/: : : |:|/│: : : : : .:}   \   /   | \: :\: : :l: : ! :|: : :}
 |: : :l :/ ;. ´|:|  |: : : : : : :l    /rヘ  ハ ヽ. |  `   、丿: :!.::|: : :|


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       魏の新城郡太守、孟達の調略である。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      孟達は関羽の敗死後、魏に身を投じ曹丕に厚遇されていたが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      その死と前後して親しくしていた夏侯尚らも死没したため、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .己の行く先に不安を抱いていたらしい。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          諸葛亮はそこにつけこみ、孟達に蜀へ味方するよう接触を始めた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
281 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:13:27.17 ID:/wWHTXAo

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ      いまさら孟達ごときに頼らざるを得ないのが悲しいお
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )                                 / ̄ ̄\
                                                  /  _ノ ,ヽ\
                                                  |   ( ●)(●)
                                            . \    |     (__人__)
                                               .\  .|     ` ⌒ノ
  彼が抑えていた新城郡は三国が国境を接する要地ですからね。      . \ ヽ       }
                                                  .\_,ゝ     ノ
  ここがあるとないとでは、                                 /, r、    く
  北伐の展開もかなり変わってくると思いますよ。                  ./ 〈  \    i
                                                . ヽ、 .ヽ   \ i..|
  孟達に反乱を起こさせて魏の注意を引き付け、                    .て_)   \ノ
  その間隙を縫って蜀軍本隊が雍州方面に進出するのが、                    .\
  本来の諸葛亮の北伐プランだったのでしょう                              \
                                                             \
323 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 02:10:03.03 ID:/wWHTXAo
【紀元227年夏 蜀 益州 沔陽】

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\      さすがに孟達の奴も、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      三度目の寝返りは踏ん切りがつかないようですね。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      奴が魏で美味しい思いをしたのを考えれば当然ですが……
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      李厳にも交渉を手伝ってもらいますか
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【紀元227年夏 蜀 益州 江州】
                                            __           _
                                          /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                         ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                                        /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                                         /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                                           / /: : : 」_ ヽ: ::|ヽ_:_:: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                                        /{: : :´/ _` ヽ::i´ \`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                          /: :!: : /イ{゜:i ヽiイiテヾ :i::::|:ヘ: : : : : : ヽ
 『私は孔明とともに先帝の遺言を受けました。          ./: : :.!:./:::代ソ   弋::ソ}|ヽ:|∠ |: : : : : : :ヽ
 憂いは深く責任は重大です。                   /: : : :|V |:::ト,  、_  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
 良き助力者を得たいと念願しております』           /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : :`、
                                      /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : :`、
 よし! できたわ!!                     /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i李.i:::::::',: : : : : : : : : `、
                                    /: : : : : ::{   /:::::|::::::| ii |`iミY:::r-´ヘ::::::》: : : : : : : : : : ',
                                   ./: : : : : : : |   \_|:::::::| ii |:::}   }ヘ:::::::i/ ',: : : : : : : : : : ',
                                 /: : : : : : : : |     |:::::::| ii/_ヽ∠ヽ`、:::ヘ´」',: : : : : : : : : : ::',
                                 ,': : : : : : : : : :',       |::::::∨ーt´--`-}::::;::ヽ:|',: : : : : : : : : : : ',
285 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 01:20:08.03 ID:l/ROmPco
>>282
孟達って・・・裏切るの三度目だよね・・・
283 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:17:17.35 ID:/wWHTXAo
【紀元227年冬 魏 荊州 上庸】

|
|
| ̄ ̄\/|
|  ▼ |/
| 皿 /
|  /
|⊂
|
            ,.. -――-. .、
        /: /´ ̄`: ‐.、ヽ
         ///   ,.ィ .i  ヽヽ
   +   | !: :_/ /:.ハ:| レ| +        諸葛亮だけじゃなくて李厳からも書状が来たけど、
         |:|.:/__`/ノ _`|: :ヒl         .あいつ、えらく厚遇されてるのねぇ。
        i:l/}´ ̄`    ̄`|: :|ノ
      ∧|:|:.ト.´´´┌i´´´ノ: :|:|         .今の蜀って、そんなに人材がいないのかしら?
       Ⅵ:}イ :{>ァrz<l!_|: :|:{.
     + ∨:ハ{ | |〈_乂_〉/人:ヽヽ        これなら新城郡ごと寝返れば、
       {{:弋ユ.{   ノ/:ノ:ノ: :}        重臣として厚遇されるのは間違いないわね
    {二二二二二二二二二二二二}
      | |从ハ{ノY__Y__ソヽz|トト{  | |


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      夏から冬にかけて、諸葛亮は李厳とともに孟達への働きかけを強めた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      孟達も最初は迷っていたのだが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      両者と書状のやりとりをするうちに
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .蜀に再度寝返り魏に謀反を起こす決意を固めつつあった。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          ところがこの一連の動き……
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
284 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:19:43.17 ID:/wWHTXAo
【紀元227年12月 魏首都 洛陽】

        _ ___
  r‐;ァ'⌒7⌒7'´ ̄:ヽ;:.`.ュ_
  L/.:.:.:.:(;;;;_ノ:./:/:,.:_:l:.:.:.:.:.ヾニユ_
  r;'l.:.:.:.:广ヽ;./:./://^ー'1:l:.l:.:Y;;;;;;>
  ∨.:.:.:ハ;;;;rイ|_イlイ{    }.:|:.|.:.ト=く
  |:.:.:.:!:.ハノrflハ「リ  ./イ;イノ-;;r「
  .|:.:.:.:|:.:ト{ ゞ=′   /ナ>ム`'「:.:!
  |:.:.i:.:|:.:トヘ.     , `" //|.:.|.:.:|      『新城郡太守孟達、蜀と内応』って上奏が届いたわ。
  |:.:.|:.:|:.:::::|\  一- ,. イ「::|.:.|.:.:.|
  |!.:|.:.:|:.:r┴-.ニl、r;ニ´:::::||:::|.:.:|.:.:.|      どう思う?
 ,||.:.|.:.:.l::|   /ハY ト-、--v冖、:!
-й.:.|.:.:.ヾ!  ノ什^l.ト 、j |  |  l::!
                                       / /     l: : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                     : / /   '   |: : : : : : : : :| : : : / : : : : : \
                                     /| ∧ /    j.: :.│: : : : :! : : ;瓜人: : \: ヽ
                                     ^jメ、 Ⅵ  l , | : : | :│: : |: : / / ::0',: : : :ヽ: ',
                                     : : : : : :| / /l | : : | :∧: : | :/ j{ :::..:: } : : l: :|:│
                                     : : : :|: :レ /斗┼ーレ孑ヘ: Ⅳ^小、_,ノ| : : |:.:Ⅳ
                                     : : : : :/ / イ! j〃⌒ヾ ヽ| 〃`ヾⅥ: : :ハ |
                                     : : : :/イ,// |乂{{   }}    ヾ、_,ノ { : / j/
  恐れていた事が現実になりそうね。              : : : : : }: : : : |  `ー='"         ∨
                                     : : : : :人: : : :|               }
  ただ、この密告だけでは断定できないわ。          : : : : :トム : : :|             /
                                     : : : :!:l: :∧: :│       r‐ュ    イ|
  どうしたものかしら?                       :. : :.:!:|: : :_〉 : ト   _____.. <: : !:|
                                     :. : :.:!:|:/ ∧ :|`ー一寸  `ヽ、:_:j : !:|
                                     : : _r<    Vl::::::::::::::}     | ト、!:|
                                     厂{ \\   ヾV三三|     | | ∨
                                     \ヽ \\   \   |      j// |


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孟達と不仲だった魏興郡太守申儀の密告により、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      魏の朝廷の知る所となった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .しかし、この段階では、魏の上層部の態度は半信半疑だった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
286 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:22:00.77 ID:/wWHTXAo

                _ .   - ― ― -  .、
             ,.  '"               `  、
            / ,...r'  ̄ )                   、
.           {  |:::ゝ-<                      \
            ヽ_|_>'"                    \
             〉、 ー― ― ' " ̄   ―- - 、_    .ヽ
            ,!_::丶-....、_                ` ー 、 ヽ
           //:7ヲ<:::::::::::::>―-- 、            `ーヽ
.          /:././:/:/./ / 7 <::::::::::::>..、 ̄                〉
         / .杉|/V / / / . /|>i<::::::::::::>..、          /
          ,'.:./イ.∧|:/ / /:×ヽ l:.:.リ  |:><::::::::::::>..、     /
         !/|:.:} :レ / / /"ラミ:|レ l:. l  l .リlr<::::::::::::>.、/
          y,. '"    γrfij ト,ヒ ∧ / ./ .|!  .:ir<:::::::::/
          ハ     、辷_メ'" V ! ∨ / リ  ::l  >t'    新城郡は荊州、彼の管轄です。
          l            l:.:.∨i:   /i  .リ:.:     V
           ヽ、         / //.|: /丿 ./ ::.    V   とりあえず彼に一任してはどうでしょう?
           ヽ  ̄       ./ ∧こ| /イ ./   :.:.    V
           ハ           ./ ,.'/:/:.:|/.,  /.:.:  :.:.:.    V
            ゝ .... _ _ ... // /:/:.:.,. '  /:.:.:.:  :.:.:.:.     V
               i  : : :/i   ./ /,. ' /:.:..:.:.:.  :.:.:.:.:    V
               'i   : : :l   / './:,.イ:.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.   V


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       後の経過を見るに、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      孟達の問題は荊州・豫州を統括する司馬懿に任されたらしい。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .先年の呉軍との戦いに続き、司馬懿の力量が試される事になった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
287 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:23:34.20 ID:/wWHTXAo
【紀元227年冬 魏 荊州 宛】

 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、       
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}        
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./        そんなわけで孟達の所へ使者を派遣して、
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー     挙動を調査するつもりよ。
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::     ついでに書状を出して彼を慰留してみましょう
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!
:::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′
:::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /            /   /               /|   |ヽ
                                    /     /      ∧|  |   lト 、 /| ',
                                   ./    ;′     / ||  |  ハ /`|  |
                                  |    | | | |   /   |ハ  |_ ||/  ∨:|
                                  |    | | l レ'/´ ̄` | ´|\ `ト.ハ   V|
                                        | | |l V .ィチ:㍉  | :ハィチ ㍉| ∧  `、
                                        | | |   〈 r'::::::}|  l/  r':::::}| 〉   \  ヽ
                                        l∧ |、  | Vz:ソ /   Vz.ソ }/ | ',  |
  現状ではそれが一番だと思うのですよ。             | 〉| ヽハ      '       イ / /! | |
                                        ./∧  ゝ    ! ̄l     /  /   l| /
  できる事なら穏便に済ませたいですし        . r 、   r、 // ∧   |> 、 ` ´  イ   /  ',  lr(   ,. ‐ァ
                                 、 \ } ∨/   ∧ |  | ≧ ≦ |,| /   | / ノ / //
                                  ヽ  > } ∨-―‐ハ |<| \_/∨ /-――/ レ'r、 /
                                   ∨ |   }: : : : : .:ヽ|  | xく }、 | .イ.: : : : : :|    } ∨
                                   ゝ `   |: : : : : : : 〈  ∨ 〉〈 ∨   〉.: : : : :V . イ ノ
                                    {: :}   |: : : : : : : : }  } 〈  〉 {  /: : : : : : ノ、_ ,{
魏 荊州刺史 裴潜
288 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:25:18.88 ID:/wWHTXAo
【紀元227年冬 魏 荊州 上庸】

          //                ヽ ヽ
          / /            / ト     Vヘ
        ' / ./   /   /  ハ     V '.
        l , /    /   // /./  '. ト、  l  l l
        l l ,'  _ / -― / / /―‐.l ト、 l  l l
        l l l   / __.ェ_/ /./  ェ=レ、_ l l.  lノl
        l l l  ./vイろ:::l /./   .ろ::::::<l l   lノl       国家の将軍に対する思いに一点の曇りもない、か。
        ノノ l  l _大_zタ //    辷zタ l.l   l l
.      // l  ∧      ,       /  l l       将軍のお気持ちはよく分かったと伝えてくれる?
      //  :l  「 ヘ      _       /   j 人       
     { {   l   V. 丶    `ー'     ,.イ l  / |  }  
      l ヽ   l   ', : l : `ト.、   . イ:l: : :l  |l { /
     ヽ ヽ { l  ' : l: : 人     人l: : / .f.l ∨
      } ノ ヽ.  レ'〈  / >‐<\.  〉/  l l  \
      / ムイ|   |   >'.:./:l.:.lヽ:\/ | l  |‐-- __ l                  , --──-、
     / ,へ  ||   |/.:.:.:.:.:.:冂.:.:ヽ \! l   l / .l                , イ /      ヘ  ト 、
      l f ヽ\|   l\.:.:.:.:.:./ |l.:.:.:.:.:.人ヽ  V.   l                i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
                                                ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
                                                   | ヽ ' _ ` イ    
                                                  l l  ´=` l     
                                                ノ  ヽ _,、__ノ
        了解しました                        _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
                                       /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
                                      丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
                                     . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
                                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
                                     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      当初、司馬懿は孟達の下に使者を派遣して、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       その動静を探ると同時に書状を送った。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      司馬懿の書状の趣旨は、魏が孟達を高く評価し、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .蜀の人臣が未だ孟達を憎んでいる点を述べて、彼を慰留する内容だった。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          一度は挙兵を決意した孟達だが、この書状を読み迷ってしまった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
289 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:26:43.97 ID:/wWHTXAo

       /: :/: :::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}|::::::.|      ヽ::. | ヽ::::::::: :  :
      ′/: : ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:/ }!::: :|        Ⅵ  V:::::: : :. :
     l : :l : : ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::,イ:/ ,イ:::: ′       |:|  ∨::: : : : :
      ! : i!: : ::::::::::::l:::::::::: ̄:>ーx'// / |::./     __.._zz|=―十十 : : :
    l : :l| : : :::::::::::|::::::、:_::_::∠/7ミヽ j:/ヽヽー=テ__|!__乂 : : : :   
.    l: :/ !: : ::::::::::::l::::::`:弋弋z:::歹ヽ /′ ` 'ノ不弐z::::歹了´| : :| : :
   | l |: |: :::::::::::l_::斗 ´.>  ̄= ' /     `丶` ー ̄- ´  |: :.:!: : :   さて、どうしたものか?
    |: :| |: |: :::::::::::|--キ´´                      |: :::| : :   .
    | :l  |: !: :::::::::::|:::::::l           ノ               |: :::| : :    今なら引き返せるけど…… 
    l :l  从: ::::::::::::|::::::ハ         ヽ                |:..:::|: : :   
    | :| /: |!: :::::::::::::|::::::∧                       /!::::::| : :   .諸葛亮が動くのを
   |:! : :.|!:.::::::::::::::l:::::::::::ヽ.        _ _           /::|:::::::!: :    .待ってからでも遅くないか
    ハ::V ::|.:::::::::::::::::|::::::::::::}::\      z- `¨        イ::::::/:::::: | : :    
   /: ∧:Ⅵ! ::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::>..、           . ´ |》::/::::::::::| : :   .
  /:: : : ∧V|.:::::::::::::::::|:::::::::::l::::::::::::/ |丶..__ ... ‐ ´    j//:::::::::::::|: : :



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       結局、孟達は即時挙兵を見送った。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      この時点で彼は諸葛亮に書状を送っている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
290 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:28:05.72 ID:/wWHTXAo
【紀元227年冬 蜀 益州 沔陽】

                       ,. -- 、 _
                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                    /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
                 r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.
               イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ
             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}
             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i
            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´  
           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i     
         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!      ……あのど阿呆が。
        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/       あいつが動かんと先に進まんのに
     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/
    /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i
   r' ※ ,イ:i::::「(´ /ィ! ヽイ' /::;i:::/.:.:.:,イ.   /`ヽ、i,/
  .i   /::::::::i:((  rヽ` /./'7:::.: !:.:.::イ/.    /::::::::::iY:ミ
  {.§ !::i::::::::〈(、 ,∧ヽ ,/ /::::.:'::::/.イ ※ ,ノ::::::::::::::l:ヽヽ
__,,,{   }:::i:::::;;< 7.,ィ',(二` i::::::;.イ.   ._,. イ:::::::::::::::::::|、.:.:ミ
: : :〉.§ }::::;;/. `y.:::::ト-.、` .!''" ※ ,.イ::「;;;7:::::::::::::::::/.:.:.:.:ミ
: ; ;〉.  }'´_,,,.../,:::::::l'ー  〈ヾ、,r;;;;"´;;;;"´;;;;ヘ::::::::::::::::{\.:.:.:.ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       孟達の書状の趣旨はこうである。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       『宛の司馬懿が私の討伐を皇帝に上奏して、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      上庸に攻め寄せるには一ヶ月かかり、その間に城を固める事ができる。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      上庸は大変険阻な地にあり、司馬懿がみずから来る事はないだろうし、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .他の将軍が来たとしても心配は無用である』
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          この孟達の曖昧な態度が、諸葛亮の気に障ったのは間違いない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
291 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:29:48.63 ID:/wWHTXAo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \       他の将軍が来たとしても心配は無用って凄い自信だお。
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\      徐晃なんかが出てきたらどうするんだお?
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/         徐晃はこの年に鬼籍に入っています
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


        / ̄ ̄\
      /       \      ____
      |::::::        |   /      \
.      |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \          …………
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/          孟達なりに勝算はあったんでしょう。
        ヽ::::::::::  ノ   |           \          最も、彼の見通しは完全に裏切られます
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(●)(●) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \          ここから司馬懿は、
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \         恐るべき手際の良さで孟達を葬り去ります
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \           今回のその時がやって来るのかお?
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
292 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:31:41.48 ID:/wWHTXAo
【紀元227年12月 魏 荊州 宛】


              , --──-、
           , イ /      ヘ  ト 、
           i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
             ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
                | ヽ ' _ ` イ    
               l l  ´=` l          ……以上が孟達殿の言葉になります。
             ノ  ヽ _,、__ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、        .どうも使者が出入りしているようですが、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_      未だ迷っていると見受けられます
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|                        ____
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::                   -―‐<     /`lヽ
                                            /  /   `        l ヽ
                                           /   /  / /   i 丶  l  ',
                                           /   /  / / ハ l l i i、\_」L l
                                           |     | | |/| |\リl |l从レヽヽ|「l.|
                                           |    | | /l レ/`ヽリ ィ'^ヽl.ハ ヽ!
                                          |    Vl/ ヽ弋__ノ   辷ノ'リ/ ヽ\
                                               /,l ',    '   イ/ /l ヽ .l
  もうしばらく様子を見た方がいいと思うのですよ?              / ハ .lヽ、  ⌒ ,ィ/ / ,i| il l
                                             /// ヽヽノ iー一jヽ//|l |l |l |
  司馬懿将軍                                   / ,' ̄ ̄ヽヽ .|/介 |.// ̄ ̄ヽjlリ
                                           /r'::::::::::::::::/\l. V__V/l::::::::::::::::::ヽ
                                          /ノ:::::::::::::{::::::::\ ヽ⌒/ ノ:::::::}:::::::::::::ヽ
                                         /∠:::::::/ ̄| ̄ ̄/ ヽV`>'´ ̄ト、\:::::::::\
                                        /   ̄_/l l   \ `く    i.lll\` ̄ ̄\
                                        ',   `> ,川 l    。  ̄}    i川川`>     )
293 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:32:54.26 ID:/wWHTXAo

'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |         これで決まりね。
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /          裴潜ちゃん、兵を集めて頂戴。
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;::::::::::::::::::::::::    後、荊州の土地勘に優れた子を
::::::::::::l|   !:::: ::::::::-_天    !   |   l/´::::::/ /´ト-、------     一人貸してくれないかしら?
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__::// /  \::::::::::
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/   ,:' ∨ /\::::
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   / ヽ/ / /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/   ,   !、_/__/ ノ|
                                                  ____
                                          ___ イ´. : . : . : . : . : `. ヽ
                                          /   /¨\. : . : . : . : /ヽ. : . : .ヽ
                                         /    /. : . : . : . : . : . : . : . : ヽ. : . : . :ヽ
                                      /    /. : . : . : . : . : . : . : . : . : .ヽ. : . : . :.',
                                   ト、  |    /. . /. . . . . . . . . . . . .`ヽ. . ..ヽ. . . . . ',
                                   |l \,l    /. . /. . /. . ∧. . . . . . . . .ヽ__. .ト、. . . ..',
  .将軍。                             .||       ,' ./ l /. l. :./  l.:i. :|: . l. : . : ヽヽl ヽ. : . : l
                                   ||     ,' /: .レ|. :ハ |_ | ハ lヽ ト、\ } トl |ヽ ゝ: . :.|
                                   ソ      | l. : ∧ .|_V_ l | V___ヽ__l |. :|. :ヾ. :ヾ l
  もうしばらくしてから行動を起こしても良いはずでは?       | |l: . |ヽハ弋_ノレ   弋_ノ ノl i: : l、: . ',: .:ヾl
                                           | | |: .| |. :l ` ̄      ̄  レ/:./ ヽ. :l. : . |
  仮に孟達を討伐するにしても、                    V l. :i l. :l、  `       /,イ\ハ ヽヽ \
  陛下の了承がないと後々面倒になるのです              .V ヽi. :i ヽ、~~~  イ// |  ヽ: .l: ヽ: .:.ヽ
                                             |. :|/ `7ーtニイ // |   |: .|. : .\: .:\
                                            /ヽ|   l  l/ \.//  ノ    |: .|\. : .\: .:\
                                             / / ヽ  ', |7 | // ,/     ! :.!  ヽ. : .:ヽ. : ヽ
294 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:35:00.11 ID:/wWHTXAo

   て /  / イ  |   ||       |  | | ||  弋__\  ヽて...、||
   ノ/ /∠⌒|    |    ||       |  | | ||   | | |) \  |  )||
  {_ | / (ヽノ  |   | l  ||        |  | | ||    | | トヘ, ヽ | 〔_||
ヽ ___〕レんノ    |   ||  |l         |  ' | ||    | | | く__,ハ| | | |
/<√ ̄    |ヽ ¬ ト 、 l|       , /  | ||    | ||  〔__|| r┘||   孟達には信義という物が無いわ。
::::::::::::〉|  |      | -\-ハ  \     / / __,ハl|___/|l r―‐く ||>┴‐┐  今の彼は迷っているのよ?
|ヽ::::〈/| |     |㌻7卞ミメヽ ll   /イ  /__|_/ j/ | 「 ̄ヾト{} イ「 ̄〕|
\ ∨/  |   |、ヽ | {:::::::;l゚ト\ ヾ / / ,,斗f千 T卞く厶 | |   小、| | //
:::::トイl |  |   | \ ゞ辷彡,.  \/   〝 |。l::::::::} |! 〃┼ヘ ヽ-'/ト、ー'/|   彼がどうすべきか決めかねている間に、
:::::Lヾ_|   l    | | \ ̄´           弋ー‐グ / ,,″  ̄//| |  ̄  |   さっさと彼を始末してしまうべきでしょう?
::::::: 丁|    |  | ト、                   ̄"~`/ 〃   //l | |    |
::::::::::|_」l    |   | ∧\       l           /// ,  〈/|| L -―       ジャンク
::::::::::::||:|   |   ' ∧       、 __      /  / /  /| |_|       罪状は蜀と内通した罪、これで充分。
::::::::::::||:l     |ヘ   |ヽ\     ヾ、_/       イ /   ′l /        
::::::::::::||/|   |∧  l \\            / // /   / , /         それに他ならともかく、
::::::::::::/ |   | ヽ  、     >,、       ´ // /   / //          .荊州は私の管轄のはずではなくて?
:::::::::/   l  |   \ ヽ  / | ` <〔__/ /´ /  / 〃∧  !
/}∨    |   |     \ /  |       /  /  / 〃/ ハ i  /
                                                    ____
                                              ,イ ̄><     /`lヽ
                                             /  /   `         | ヽ
                                            /   /  / /   | 丶  l  ',
                                            /   /  / / ハ l } i i \=|i、. |
                                            |     | | |/| |\ リl |l从/lヽ|| l|
                                            |    | | /l |/rテT リ 'Tj¨Tj/ヽヽi
                                           |    Vl/ ヽ弋__ノ   辷ノ'リ/ ∧'、
  火種が大きくなる前に消す、ですか?                       /,l ',    '   イ/ /l ヽ ',
                                                 / ハ .|.ヽ、 (⌒) ,ィ/./ .i| il l
  州泰!                                        /// ヽヽ/iー一jヽ//|l |l || |
                                               / ,' ̄ ̄ヽヽ .|/介 |.// ̄ ̄ヽjlリ
  司馬懿将軍に従い上庸までの道案内を!                 /r'::::::::::::::::/\l. V__V/l::::::::::::::::::ヽ
                                           /ノ:::::::::::::{::::::::\ ヽ⌒/ ノ:::::::}:::::::::::::ヽ
                                          /∠:::::::/ ̄| ̄ ̄/ ヽV`>'´ ̄ト、\:::::::::\
                                         /   ̄_/l i   \ `く    i.lll\` ̄ ̄\
295 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:36:20.40 ID:/wWHTXAo

                   /
                 /{     __
                   ヽヘ. zヘ´ / \ `丶、
                   x-‐ /         \   \
                  // /  , l   、   \  ハ
               / .〃 /   ハ. |  ヽ  \ \  }
                レ'/  l  / l __V\  ト,.斗- 、 \!
                  l i| | ィ'´|__ ヽ. ヽ l xzュ、ヽ`}  ヽ
                  | l| | |γて仆 \. | 什r} }Ⅵ ト、ヘ
                  | λ !. ト、 乞.リ   j 辷リ fヽ リハ`       了解!
               '′∨l ヘ.  ̄   '     λ仆
                 ヽl 、ヘ    v‐┐  人以         司馬懿将軍!
                       从> 、 ー' .ィ' ハ|ヾ
.        z_-┐           人-`ニ´Zト、′           南陽郡の州泰と言います!
      / -、λ     _,. -‐ :´/ ト`l-l´ イ ト`: . 、         よろしくお願いします!!
     /  __ヽィノ  r‐: ´ : : : : //  | /ハヘ | ', :ヽ : `丶、
.    /   ノ ィ`′ ハ: : : : : :〈: :/  | /7ヘ. リ  〉: : : : : : : : :`ヽ
   ,ィl_-_'_ェイ    /: : ', : ; : : : : ヽ   !` ` / / : : : : : : : : / : |
 ∠ ⊥ -‐ '´|   /: : : ハ ;' : : : : : : ヽ f'⌒ / / : : : : : : : l /.: : :|

魏 裴潜の部下 州泰                  . / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
                               |./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
                                /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
                                ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
                               ./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
 あらぁ、元気のいい子ね。              ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
                                /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
 上庸までの最短距離を案内してくれる?      i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
                               .il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
 事が上手く運べば褒賞は奮発するわよ?     .}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
                               .ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
                               リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
                               ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
                               、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
                               .l }   /      /       /  /   ヽ
296 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:37:23.02 ID:/wWHTXAo

                 /{     __
                   ヽヘ. zヘ´ / \ `丶、
                   x-‐ /         \   \
                  // /  , l   、   \  ハ
               / .〃 /   ハ. |  ヽ  \ \  }
                レ'/  l  / l __V\  ト,.斗- 、 \!
                  l i| | ィ'´|__ ヽ. ヽ l xzュ、ヽ`}  ヽ
                  | l| | |γて仆 \. | 什r} }Ⅵ ト、ヘ
                  | λ !. ト、 乞.リ   j 辷リ fヽ リハ`
               '′∨l ヘ.  ̄   '     λ仆
                 ヽl 、ヘ    v‐┐  人以      上庸までの行程は最短で十六日かかります!
                       从> 、 ー' .ィ' ハ|ヾ
.        z_-┐           人-`ニ´Zト、′        ちょっと入り組んだ所にあるんで、
      / -、λ     _,. -‐ :´/ ト`l-l´ イ ト`: . 、      日数がかかるんですが……
     /  __ヽィノ  r‐: ´ : : : : //  | /ハヘ | ', :ヽ : `
.    /   ノ ィ`′ ハ: : : : : :〈: :/  | /7ヘ. リ  〉: : : : :
   ,ィl_-_'_ェイ    /: : ', : ; : : : : ヽ   !` ` / / : : : : :
 ∠ ⊥ -‐ '´|   /: : : ハ ;' : : : : : : ヽ f'⌒ / / : : : : : : :   __/::::イ     / l |   〃  〃      |  ヽ
                                  :::::::::::/|    | / 人 `|、|  /  /     |    ,
                                   ̄ ̄  ∧    |/ ,;ミx、| ト |  /        |    ′
                                      l ヽ    ! ″`ヾ、 li| ;'       ;    |
                                      l   \   | _{ f'示ト'il| |   /    / /   |
                                       |    \ l `ヽゝツ ハ| /     //   / |
                                      |     ヽ   `     ∨|  ///  / / j
   もっと早く着けるわよ?                     l       、        ィ≦7/イ /  / / /
                                       '、       ト       、じ少' ヘ.厶イ  / ∧_
   事態は一刻を争うわ。                  \    ヽ     、\   _, ′゛イ/丁   |. /| ∧::::::::
                                  :.:.:.:\   \    ` ー   /_丿  |   |∧:ヽ_ ̄
   とにかく急ぎましょう?                  .:.:.:/::〉,、 | \___  <二...__ノ     \::::ノ
                                  /::::;イ7:ト\| \  |  イ____|    ト、 イ  //
                                  ::::: /_/::::|:|:l:ト-- ‥┴'<::::::::|     j::∠ -':::::/
                                  ::::/ |::::::|:「l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::ノ     /:::::::: -‐<
297 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:38:19.85 ID:/wWHTXAo
【荊州北部略図】
                                    宛
                                    ○││
                                      ││
                                     /./
                                    ││
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  ∧∧∧∧∧∧∧    ././
 ________________________    ∧∧∧∧∧∧∧       ././ ○新野/./  
 ______________________ \     ∧∧∧∧         ││     /./
           .\ \                  .││ ../~~./
             \ \                ││/./~~
  ○上庸 ∧∧∧∧ .\ \_____________    樊城  .│ ~~/
                \_____________ \_______○ ../ /~               ○ :都市・地名
   ∧∧∧                \________ \/ /
       ○房陵 ∧∧∧∧∧∧∧     ○\ ...|
                          襄陽 |  |漢
       ∧∧∧∧∧∧∧∧           .|  |
     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧        |  |
                              \ \水
                                \ \


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      こうして司馬懿は宛を発し、上庸へ進軍を開始した
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
298 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:39:36.02 ID:/wWHTXAo
【紀元227年12月 魏 荊州 上庸】

― 八日後 ―
                                   /: :/: :::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}|::::::.|      ヽ::. | ヽ::::::::: :  :
                                  ′/: : ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:/ }!::: :|        Ⅵ  V:::::: : :. :
                                 l : :l : : ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::,イ:/ ,イ:::: ′       |:|  ∨::: : : : :
                                  ! : i!: : ::::::::::::l:::::::::: ̄:>ーx'// / |::./     __.._zz|=―十十 : : :
                                l : :l| : : :::::::::::|::::::、:_::_::∠/7ミヽ j:/ヽヽー=テ__|!__乂 : : : :
                            .    l: :/ !: : ::::::::::::l::::::`:弋弋z:::歹ヽ /′ ` 'ノ不弐z::::歹了´| : :| : :
                               | l |: |: :::::::::::l_::斗 ´.>  ̄= ' /     `丶` ー ̄- ´  |: :.:!: : : 
  そろそろ、準備に取り掛かろうか? .        |: :| |: |: :::::::::::|--キ´´                      |: :::| : :
                                | :l  |: !: :::::::::::|:::::::l           ノ               |: :::| : :
                                l :l  从: ::::::::::::|::::::ハ         ヽ                |:..:::|: : :
                                | :| /: |!: :::::::::::::|::::::∧                       /!::::::| : :
                               |:! : :.|!:.::::::::::::::l:::::::::::ヽ.        _ _           /::|:::::::!: : :
                                ハ::V ::|.:::::::::::::::::|::::::::::::}::\      z- `¨        イ::::::/:::::: | : :
                               /: ∧:Ⅵ! ::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::>..、           . ´ |》::/::::::::::| : :
                              /:: : : ∧V|.:::::::::::::::::|:::::::::::l::::::::::::/ |丶..__ ... ‐ ´    j//:::::::::::::|: : :
299 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:40:56.14 ID:/wWHTXAo

    |┃三     ∩___∩
    |┃      | ノ      ヽ
    |┃ ≡   /  ●   ● |
____.|ミ\___| u  .( _●_)  ミ         孟達将軍! 一大事だクマー!!
    |┃=___    |∪|  u \
    |┃ ≡   )u  .ヽノ   人 \ ガラッ  .外に魏軍が現れたクマー!!!



                           ト 、 |: : : : : :| : : : : : : : : \:./ / //: : : /三 _... -―十十|―: : : :
                    ̄ `丶 、  } : : : `丶、: : |:.: : , -‐: : ̄/ヽ./://: : /≦彡-―‐- 、 !: | !: : : |: : :
                   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : /: : : : :/   >=/: /三/         |メ、 |: : : |: : :
                   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :/ヽ、o '  //三三              |: : !: : :
                   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : :\ }: : :\   '´三三三    o        |: : /: : :
                   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : `: : : : : \ 三三三三_         |: /N: : :
                   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : :\        ̄ '' ‐- 、   |//: : : :
                   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ             `   /: : : : :
                   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨             /: : : : : :
                   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /              /: : : : : : /
                   :.:: : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : i           /: : : : : : : :/:
                   : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .:.:.:.:.:.:.: : :.:.|           / , ィ: : : : : /: :
                   : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.',        / /./: : : : 〃: :/
                   : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧     /: : / /: : : : / i: :∧
                   : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       ./: : / /: : : : / | / ヘ、
300 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:42:32.78 ID:/wWHTXAo

                             / : : : : : / : : /: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : :ヾ'   / : \ 
                          /: /: : : : :./ : : : : : : : : : : |: :l: : : : : : : : : :ヽ : : : : :',: : : : : : : : : ∨ /: : : : : 二
                          /: / : : : : /: : : : :,' : : : : : : |: :| : : : : : : : : : │ : : : : | : : : : : : : : : ∨_: : :ヽ.: : ト
                        /: /: : : : :./ : : l: : |: : : l : : : |: :|: : : : : : : : : : :| l: : : : :|: : : : : : : : : : : \゙ヽ: .\|
                         ∨l: : : : :/ : : : |: : |: : : l : : : |: :ト、l.: : : : : : : : :| |: : l: : |: : | \ : : : : : lヽ:∨\: :|
                           !: : : :/: :| : : |: : |: : : |! ヽ、|:_:|_ム: : : : : : : : :|_l: :∧-|: : |∠ム:.: : : : :lハ:∨: |V
 天を欺く逆賊孟達!!           |: : : :|: : | : : |: : |: : : |!: : : |∨\\: : : : : :l:| ∨ _j斗千下 入: : : : :|_ハ V| ̄
                           |: : : :|: : | : : |: : |: : : |: : : :{ f代外、ヽ: :.:、_斗 孑圦 じc' |〃Vヽ: : : :|: :∧ | 
                           l: : : :|: : | : : |l : l: : : | : : :ヘヾ ∨じ'トヘ:.: : :.レ'´ 弋..辷’人. |: :.l : : :|/ ;小
 今度の謀反の件!             ヽ: : :| {ハ:.:.八 : : : : , : : : :ハi /ー='彡ヘ : /ー=ミ` ̄ ゙̄ヽ ! |: :.|.: :.:.|: :// !
 申し開きはあるか!!             \レ ハ: Vヘ: : : : ヽ. : :ハ.i     ∨        i i |: :ハ.: :.:|:// /
                                ∧:ヽ \: : : :\: : :ヘ    、ノ            j レ|:/ハ: :.|'/ /|  
                               ,′'\{  \: :∨\: :|ゝ     t‐=  ⌒>   /=´|′ 〉│/ l   
                                │        ヽ/│ハ:|   > .,_`ー 一'´ /     //V/   !  
                              /|       /\\ ',!  │ l  >ー=彳⌒ト、   │| ノ   /  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
\|:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.l:| ヽ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:.:.l
\!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:/:/:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:/:!  ',:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.!:.:.:.l
:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.: ,':.:.:/:/:.:.:.:.://,:.:.:.:.:./l:.l/  i:.:.l:,:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.|:.:.:.:!
:._:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!/:/ :.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:./ l:/   ,ィ:´!:.:l:.:.:./:.:.:.:.ll:.:.:.:!
´ |ハ:.:.:.:.:.:.:.:l:./:,,===、:.:.:.:.:.//:.:.:/ /ムz≦=l:/ァ/:.:./:.:.:.:.:.l !:.:.:|
 |!-!:.:.:.:.:.:.:l´:.:.:{{   }}:.:.//:.:., '{ィイ ´  ゚ /./:.:.:./:.:.:.:.:.:/ |:.:.,'!
,〃 !:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.゛=="/, イ:. /  /ヽ、___.ノ l:.:/:.:.:.:.:.:/ .! / |
/、ヽ.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:// l:./  / ヽ_`ー== /イ:.:.:.:.:.:.i  l/ l
  `ー!:.:.:.:.:.|-― ''´ ´  〃  'i      /l:.:.:.:.:.:.:.:.:!  /  ,'    いったいどうなってる!?
   |:.:.:.:.:.|       /    ノ      /:.:.:.:.:|:.:.:.:! ,'  /
   /!:.:.:.:.:.!                 /l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.| ,'  ,'     あれは!!?
l / /:.:.:.:.:.:ト、      ≦ニ='     /.,':.:.:.:.:.l:.:.:.:.:| !  !
:! ./:.:.:.:.:.:.:ヘ ヽ、       ̄    , <  /:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:ヽ. |
:.!./:.:.:./:.:.:.:.:.ヽ  `丶、    , イ!    `,':.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:ヘ |
:./:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    /` 7´   !|    /:.:.:.:.:,' ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
/:.:.:.:.:|\:.:.:.:.:.:.:.ヘ   ,'  /    ||   !:.:.:.:.:.|  \:.:.:.:.:.:.:ヘ
301 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:44:03.98 ID:/wWHTXAo

                         ノ                 , -―- 、
                            , イ;               // ̄`ヽヽ           ミ::.、    ,..:/
                           ,彡 '´            i八iト、从}ハ:}           |::::〉   /::〈
                                           .ノi ゝ _'_ ノイ{ ::::: ,.-、-、     ,ノ'´    ` ~
                         ;` ::....      __-=ニ二.\ヘi_j>rく」ム>:  ̄: :`丶、_   }:.、
                         ;  ヽ:::::>;   __>: : ̄: : : /: : i/ハj{: : ヽ: : : : : : : Z ヾ::::::)´   j)
                            `( :    ̄ ̄フ: :_∠:〈 : : V@j: : : 〉:、: : : 、二ニ=)'´       :.
      あらあら……                   ノ{.:´({ ̄ i イ「ヘY: i}: ヽ/ ,i: :「i下.`iT`           、::...,:'
                               {::::イ _   ヽ{ V f}: 〃: {: {: :{ j/. ヽ!             l:::ィ
                            ト   ヽ(    __ ..` - ┴': :∠へ:\l>、__               ノ'´
                             j::)    `; /: : : : /: /<>.i: : : : ̄ ̄\
                           ノ'´     /: : : : :〈、: ∧ ̄´ヽi: : : 、: : : :\
                                /: : : :、/: : へ/ くゝ..., 、レへ : _、_: :、_: \
                               /-‐‥ 7: :/`:/ムゝ∠土> ‐ムへ: :\: ヽ `'‐-
                                  /: ://     ゙t‐vーf´    \: 、: ヽ  j〉 ヾ( l:〉,
                                   /: /´       ヽ:|:::::|       \: 、: i ;      ノ:!,'
                         .        /"´             ゙i:::::|           \:i:      `)′
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
\|:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.l:| ヽ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:.:.l
\!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:/:/:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:/:!  ',:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.!:.:.:.l
:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.: ,':.:.:/:/:.:.:.:.://,:.:.:.:.:./l:.l/  i:.:.l:,:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.|:.:.:.:!
:._:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!/:/ :.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:./ l:/   ,ィ:´!:.:l:.:.:./:.:.:.:.ll:.:.:.:!
´ |ハ:.:.:.:.:.:.:.:l:./:,,===、:.:.:.:.:.//:.:.:/ /ムz≦=l:/ァ/:.:./:.:.:.:.:.l !:.:.:|
 |!-!:.:.:.:.:.:.:l´:.:.:{{   }}:.:.//:.:., '{ィイ ´  ゚ /./:.:.:./:.:.:.:.:.:/ |:.:.,'!
,〃 !:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.゛=="/, イ:. /  /ヽ、___.ノ l:.:/:.:.:.:.:.:/ .! / |    ……司馬懿、か?
/、ヽ.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:// l:./  / ヽ_`ー== /イ:.:.:.:.:.:.i  l/ l
  `ー!:.:.:.:.:.|-― ''´ ´  〃  'i      /l:.:.:.:.:.:.:.:.:!  /  ,'    なんだってここにいる?
   |:.:.:.:.:.|       /    ノ      /:.:.:.:.:|:.:.:.:! ,'  /
   /!:.:.:.:.:.!                 /l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.| ,'  ,'
l / /:.:.:.:.:.:ト、      ≦ニ='     /.,':.:.:.:.:.l:.:.:.:.:| !  !
:! ./:.:.:.:.:.:.:ヘ ヽ、       ̄    , <  /:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:ヽ. |
:.!./:.:.:./:.:.:.:.:.ヽ  `丶、    , イ!    `,':.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:ヘ |
:./:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    /` 7´   !|    /:.:.:.:.:,' ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
/:.:.:.:.:|\:.:.:.:.:.:.:.ヘ   ,'  /    ||   !:.:.:.:.:.|  \:.:.:.:.:.:.:ヘ
302 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:46:00.66 ID:/wWHTXAo

                                             / /         |     |   |  {::{   ノ::;ハ |:|
                                            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
                                        /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:|
                                          /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:|
                                        '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:|
   謀反と聞いて飛んできてみれば……             l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ
                                       | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |
   八日も時間があったのに、                   ||ヽ  ト、 >≧            / / |     |
   備えらしい備えもしていないじゃない?           |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |
                                          |\|\ >|  \      ィ         |    |
   どうしようもないおばかさんねぇ? 孟達?            |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\
                                   _     |:|  \ \\ _           |    ハ \
                                   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
                                    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         /-:/.:..:..:..:../: :/..:..:..:..:..:..:..:..:..:`ヽ、
        '':..:../.:..:..:..:..//..:..:..:..:..:..:..:..:./..:/.:..:ヘ.
        {:.ヽ/.:..:..:..:''/..:..:..:..\:..:..:..;.イ:..:..:/|:..:..:..:.:,
        {ミ:l:..:..:..: {厶r-∠_、-へ´_/.:..:.ノ |.:..:..:..:.}
       八r|:..:..:..: }  ト .,__・ヾ  /.:.:/、__j.:..:..:.:ii
.       l:..:{ |.:..:..:..リ       ノ/:/、_ー-ノ}.:..:..:.jj
.       |:..:.`!:..:..:..|  u      ノイ 、・`ヾ}.:..:..:.jj           なっ……!?
        .:..:..:.j.:..:..:..|            ′ ゙`'' ノ.:..:..:.リ
      /.:..:..'ハ.:..:..:..|   r‐-、_     _,ノ.:..:..:!:{            八日でここまで来たぁ!!?
.     /.:..:.:.{{.:.|.:..:..:..|.   `''‐、,_`7    /.:..:..:..:|ノ
    /.:..:..:..{{.:..|.:..:..:..|\          ィ:..:..:ノ:..:ト、
    ノ.:..:..:..:.ハV:|.:..:..:..l   ` 、_  r<|:..:.ノ.::彡: .: }==ミ___ _  -─-ヘ、
 /..:..:..:..:.ノ.;ハ j|.:..:..:..|        {/ ∨.::'´:..:..:..丿   ̄    丿       \
/.:..:..:..:..:..:.. ノ/ 丿:..:..: |ヾ、     /  /.:..:..:..:..:/                 ハ
303 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:47:05.66 ID:/wWHTXAo

       /: :/: :::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}|::::::.|      ヽ::. | ヽ::::::::: :  :
      ′/: : ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:/ }!::: :|        Ⅵ  V:::::: : :. :
     l : :l : : ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::,イ:/ ,イ:::: ′       |:|  ∨::: : : : :
      ! : i!: : ::::::::::::l:::::::::: ̄:>ーx'// / |::./     __.._zz|=―十十 : : :
    l : :l| : : :::::::::::|::::::、:_::_::∠/7ミヽ j:/ヽヽー=テ__|!__乂 : : : :
.    l: :/ !: : ::::::::::::l::::::`:弋弋z:::歹ヽ /′ ` 'ノ不弐z::::歹了´| : :| : :
   | l |: |: :::::::::::l_::斗 ´.>  ̄= ' /     `丶` ー ̄- ´  |: :.:!: : :   ……くっ、これまでか。
    |: :| |: |: :::::::::::|--キ´´                      |: :::| : :
    | :l  |: !: :::::::::::|:::::::l           ノ               |: :::| : :    蜀と呉に援軍を要請しろ!!
    l :l  从: ::::::::::::|::::::ハ         ヽ                |:..:::|: : :
    | :| /: |!: :::::::::::::|::::::∧                       /!::::::| : :   急ぎ篭城の準備を!!
   |:! : :.|!:.::::::::::::::l:::::::::::ヽ.        _ _           /::|:::::::!: : :
    ハ::V ::|.:::::::::::::::::|::::::::::::}::\      z- `¨        イ::::::/:::::: | : :   援軍が来るまでは持ちこたえるんだ!!!
   /: ∧:Ⅵ! ::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::>..、           . ´ |》::/::::::::::| : :
  /:: : : ∧V|.:::::::::::::::::|:::::::::::l::::::::::::/ |丶..__ ... ‐ ´    j//:::::::::::::|: : :
304 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:48:06.59 ID:/wWHTXAo

       /l
       l:l    __      __
         l:l l´: : : : : :`:`: .<: : : :  ̄: .─ . _
     __  ヽ ヽ: :  ̄: : ─ _: `: . . .、: : : : : : :`ヽ
  -=ニ -─-、rー`.ミ、: : : :- 、: : : : :ヽ、 : : : :ヽ : .、: : : ヽ_
        , -l: : : : : :l:l: \: :\.、: : : :\:\: :\ `_: .、ヽ ` 丶、
     / /: :/: : l: :l、l、: :\ 、:\ヽ、: : \:ヽ.、: ヽ: ヽ`ヽ   l
.   /. -//:/: :l : l: :l \\:\_.斗 _=ニヽ:ヽ ヽ: :\: ヽ    l
  ////: :/: : l: : :l、:l  _\'´ヽ /riー弌`i 、:l: :l-、l l\:l  /
    /: /: : l: l: :l : : :lヽl´ __ ヽ   t乞ク   l:ヽ l i): :l ヽ. _/
.   //:l : : l: :l : l : l: :l. /r。弌     ´ ̄   l: :l、l/ l、: l  >〉     将軍! 敵の早馬が!!
    /イ: :/:l: l|: : l: : l、l〈 iス.j:}          l: :レ'l : l:l\l  l
     l: /l/l l l : lヽ: l \ ゞ'゙ 〈        l: :l:l、 : :l l 、_ l     援軍が来るのでは!?
     l/ l |l l: :l l:ヽ:l: : l       r ¬    /l: l: :l:\:N\\
    l   l  lヽ:l l:l \: ヽ、       / l: l l、 l、: \ \\
            V\ヽ/ l: :l|:/i`  、   /_  l: l r─-ヽl   \\
             l/l: l// l|、: :l/`´.r-. 、l: lー-.l:.:.r-、l     \\
              ヽl / l `</:l:.:l::::::::〃  ̄: l:.:.l  l     \
                                 / / /_,/ 八ル'       /         \ミヽ、
                               /__〉--// /  }       //   /     ヽゞ=、ム
                               ――― '' / /,  /      ,イ/    //       ;   ゞム
                                       //,<__/     ///    , / /          }   ヾ
                                     // /    `メ、 //   ,イ/ /         /     ',
                               .   //  |    /   ハ  /' / //!       }      |  ハ
                               .  //   |   /}ト、 | トミ/、/ //|      /    | j }
                                /__//    ,イ |  {、 ,んヽ\ |ミ∨|| |     /   ′  }   |
   兵を割いて牽制させるわ。            ./ //    /人{、 {| ゞミメ少ヘN j}' リ |    /   /   /    }
                                 〃     // ヽヽハ   `      ノ  /,'   ノ   /  / ,'
   まあ、この程度の備えなら、             {'    // {   \          ゝースノ_彡'´     /  / /
  .援軍が来るまでには落とせるでしょう。       |   ∧! ∧             っ=ミ、-ニヌ、  //  / /
                               \|    ,/__≧-ヘ    丶    ,    ゞ、タ≧三二ノ / /} ,'
   いかに堅固な城でも、                 |   /ん==ァ、     、 \_ ´     `イ´  /|´/彡' _ノ'
  .備えがなければ宝の持ち腐れ……         |  ,'((__/介{ヽ        ヾー‐ '― ー‐イT‐ ´
                                 |   ト、//´゙///} (/`ー―――‐ 7´≧=ァ__ イ /||  
                                 '   | 《 } /// | {| ))        }/`ー´/ / / ||  
                               -、 ヘ | 《},/// | })ソ         /   ′/ , ||  
                                 }-{! | ̄{//'_  |ノ)Y\       /   / / /  ゝ'_
305 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:49:28.36 ID:/wWHTXAo
                                                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                     .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                           ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;
                                                  ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                       、              .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                         .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                            ― 本当におばかさぁん ―                ,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                                         .. ., ..  ..:.  .    ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
                                    ..  .   ..       ,    .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.:;.,.;:,.:;,;;;;;;;;;;;;;;;;
                                           ..  :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,:.,:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                             :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
306 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:51:32.81 ID:/wWHTXAo
【紀元228年1月 魏 荊州 上庸】

                                         :;;::         ::;;:
                                        :;;::    i     .::;;:
                                       :;;::    l    i ::;;:
                                       :;;::    |      .::;;:
                                         :;;:: i           ::;;:
                                         :;;::         ::;;:ヾ
.                                      :;;::         ::;;: "
       _                               :;;: .        i   ::;;:
    , ィャj--、  ´ '  ,                           :;;::         ::;;:
   ,.'ーセリ- 、 丶     ゙ .               _            :;;::     i    .::;;:
  / /  ,  ,  \ ヽ      ' 、       , _'´ --´丶         :;;::     | .    ::;;:
 ,' ! ハヘ ! __', ヽ|_       ' ー  - '´     ̄´ 丶ヽ        :;;::         ::;;:’,
 l ハ.j、_ ヘ.|ハトヘ {_/\'__, -――- 、          ´丶. _ , '   :;;::   l      .::;;:
 丶/ハ. ,  ー‐ l', \二 丶-- 、  ,        , ‐;-           :;;::       | .::;;: ;)  ”,
  i |l ト ー__ イl '、 ヽ_ ,>x-‐ '´- 、_    ;' , -―- 、 __ .'(,,";.、:;;::    .. ..   i .::;;::. ;;;(´⌒从`ー ^..:::;、 ,.
  / '; '、, -::」   」::、  \:_: : : : : : :丶 ̄  , '´,,;从´;:;)´(⌒;l⌒;(. 、:;;::    l.:::  | .::;;:从人(;;(. ::⌒:) ;;ノ;⌒`(
  丶 ゝ、_.ゝzzz/::::::::'::::i―:‐:'´: : : : : : :´`'ー- 、 __);; ∴ (,, ;:";人:;;::    ::i. ::.   .::;ノ (⌒ ; :;; ・人 (´⌒;人;)
    〈::/薔 /:::l::::::::::::::〉´'ー-、!: : : 丶-、: :、_: -‐ '´ ̄人;;);;;;:人;;:.`:;;::   `:: .:::::'  ,::;;:;;ソ⌒ 人;;;;`) ';(∴(;;( ::::从;;:";人;;;
      /:l_/::::::::::ヽ:_:/_, -――丶、: :\´_,,;;:";人;;;: (´⌒;;:(从;\:'";;、、"';、、,,,,、:;;:、,;""'';:/(,∴;人´⌒;人;;);;;;;: (´⌒;;:(
     l::i:::::::::::::::::::/ ,l::::|::::::::::::; -―'´  ̄´___;;;(⌒ ; (´:: ;; ;;へ!、 从⌒;人 ;;゚∵."':;;.,`.,:);;;;;,' ,");⌒::):::从 ∵)
     l:X:::::::::::::イ::::::l::z:\:/_, -‐::'::´:::::::::::::::::::゙ー-、_ヘ;/、;;゛、⌒::、(::.:...∵;从;;`人 ⌒:);; `v';;,:::ノ人  ⌒)”::)
   , --l::X::::::::::::::`ー:l:::|\::\::::::::::::::::::::::::::::; -‐ '¨´ ̄ニ _ - ̄ _ ― ― _ ‐  ̄ =-ニ- ニ _ - ニ _ -  ̄ =-ニ
  ,:'::::::::ハ::X::::::::::::::::::::::l:::|」j>、:: ̄´゙フ::::::/ ― -=-_- = - _ ̄― -= -_- = - __ -_―_ - -= -_-
 /::::::::/::/l:::::::::::::::::::::::|:j_」__|_j>-イ:::/  ̄ =-ニ- ニ _ - ̄ _ ― ― _ ‐  ̄ =-ニ- ニ =_ - -  = - =_

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       およそ半月後、攻撃開始から十六日目に
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      城内の内応がトドメとなり、上庸城は陥落、孟達は斬殺された。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .都合一ヶ月もかからぬうちに孟達を消した事になる
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
307 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:52:28.67 ID:/wWHTXAo

━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.      ちょっと待ってくれお。
| (●)  /_  (⌒  (●) /.       
|   (__/      ̄ヽ__) /       . 宛と上庸は十六日かかるのに、
 \  /´    ___/          なんで司馬懿は八日で上庸に行けるんだお?
   \|        \            .ガチで仙術でも使ったのかお?
   /|´        |

                                                     / ̄ ̄\
                                                   / _ノ  ヽ、.\
                                                     |  (●)(●) .|
     いや、確かに宛と上庸は十六日かかります。                   !  (__人__)  |
                                                     , っ  `⌒´   |
     種明かしをすれば……                               / ミ)      /
                                                 ./ ノゝ     /
                                                 i レ'´      ヽ
                                                 | |/|     | |
308 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:54:02.04 ID:/wWHTXAo

          ,ィ
        _ (.{ _,.  ----  、
     /-- ` `'    / \. \
     /  / `ー '     ヽ   ヽ
    /                ヽ ヽ ',
.   /  / /  /     l l   lヽ .ト、
   l ./ //  //∧ l    l ト、l l. ヽ l、 \
   l /! :l l   l┼ト、l ト.   _レl┼l l  l トゝ  〉
   レ l  l l  :flr__\ .lイ__l.l: l.l.l /
     l l.l:.l ハ ' ∪   V  ∪ '小 l リ/
     ' l l∧.l ハ ` ´   ,   ` ´ハムレl∨
     V ∨.v l ト、   r__ァ   /./  l l      将軍、凄く……、眠いです
        / / 人|.l:>.、   . ィ/レ'\ l l
     /_/_∧ ` _>ミ.Τ.彡くl.  ∧l l
     /  / .〉l /:::::::::|.:.|:::::::::ハ j〈  l ̄ヽ
.    /  l_/ V.:.:.:.:.:.>t<.:.:.:.:.:.V \l   i
   ノ     レ rト、:.:.:.:.ト-イ.:.:.:.:.:.ヘ_ V    ト、          〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
  /    /  ll.:.:.:\.:l: : l:.:/.:.:.:.ll=l    \        . i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
.〈       /.  ll.:.:.:.:.:.:.:| : :l.:.:.:.:.:.:.:.:ll  l       〉        〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
 ヽ    .l  ll_:.:.:.:.:.l : :|.:.:.:.:.:.:.:._ll  l.    /       // / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
                                   / i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
                                   .  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
                                   .  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
                                   .  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  でも、貴方の予想より早く着けたでしょう?         !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
                                     i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
  勝ちやすきに勝つのが私のやり方よぉん          ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
                                   .   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
                                   、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   ::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   :::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         彼らは昼夜兼行で行軍し、十六日間の行程を八日間で踏破したんです。
 |      (__人__) /;;/         
 .|        ノ l;;,´           種を知っていれば驚きもないでしょうが、事情を知らない敵から見れば、
  |     ∩ ノ)━・'           人ならざる神の如き速さで来襲したように見えるでしょうね。
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            実際に孟達が諸葛亮への援軍要請でそのような事を述べています
\  “ /___|  |             
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
310 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 01:55:51.22 ID:rX3JK6ko
しかし人間は、8日間も寝ないでは耐えられないと聞いたが…
317 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:04:14.07 ID:l/ROmPco
日本軍には二十キロからの装備を背負って歩きながら寝たという記録がある。
敵対したイギリス軍兵士の生き残りが孟達と同じような驚きの言葉を語っている。
309 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:55:50.91 ID:/wWHTXAo

                      __
                   x=x=x=x=x=ュ、_ 、
               __/┌fフこYヽ¬  ̄`マ}__\
              __{f〆 イ{弋勺 リ}〈ー- 、`マ}_ ヽ
                 _{f7 /_/ >===彳 」   _\ マ}ハ
               _{f7 / _f〆^⌒^⌒^⌒i^⌒^マ}/ィ || ト、
            {f7 /f〆ハ   l|         く <_ノ || lヽ\
              /{{| { f」 l | l   l|   l     `'ー小、こ イ 、
          ///|  | |∧   |l    | |l ハ〈 〈/ ハ L} | ヽヽ
           く <__/|   l |  ヽ lヽ  | _L厶⊥!ヽ イ ト--' ノ ノ
        /  >ォ―!  斗-≧メ ∨ |斗=ミx! | l l | //
          / /// / |ヽ ヾ.k彳:::::ヽ    ヽ:::::::ノ|l | |¦l〈/
         // 〈 〈_/| \∧ ゞ ‐'´  ,    ̄丿 l | l l        イ   , ‐…ァ
      / /  ′/`ー'|  l }ハ     .  _,  イ  | |  l l       / 厶イ  /   孟達の背後にいるのは、
       〈_〈 / / /¦ |l、 ', ヽ 丶、      /厶 l l   l l    / /   ∠ _   おそらく蜀の丞相諸葛亮……
      /   / 厶'  l |l \ ヽ \__ >-r '´/ ノ、 |  l| /_ -‐    _ -‐'″
  __,/_ /     l |l  \\〈/イr┤/ / ,∠、ム― 、l´    _,,. -‐''´ >     黄権殿の話では、
     >  ̄`ァー―イ ̄ ト---\// 斗-、__  ´/〈 (_   \ <   <       ずいぶんできた人らしいけれど……
 -‐'´   / / / 亅 〈 ヽ.  〈〈__| j /^ヽ/   |  /     \ `ヽ    ヽ
 _ -‐''´   / /   (   \\  >ヘ     |、 丿 〈       ヽ     !     どうするつもりなのかしら?
   /   / /      ̄}   ヽ ヽ|   Lノ`ヽ   ヽ〈   \     ト、  \ {
 -‐…┐ ,′〈___ノ ̄ ̄      弋     L    ハ     \____人 \{\ヽ
     └ヘ、 \         \∧」 ̄\  ヘ 〈⌒、      , く ハ ` ヽ〉
    /  >-、 `丶、      / ',     \r' ̄   > ┬<    \ 〉
   / / // `¬!ー'7   /  |   /./    | {_j ト、_〉〉
  //         L.>┐  /    |r'/ /     ヽイ`ー'

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         
 |      (__人__) /;;/         司馬懿という人は、
 .|        ノ l;;,´           こういった虚実・緩急を使い分けるのに非常に長じていました。
  |     ∩ ノ)━・'           
/    / _ノ´             やがて諸葛亮が相対する敵は、こういう男です
(.  \ / ./   │            
\  “ /___|  |             
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
311 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:57:22.96 ID:/wWHTXAo

          ,ィ
        _ (.{ _,.  ----  、
     /-- ` `'    / \. \
     /  / `ー '     ヽ   ヽ
    /                ヽ ヽ ',
.   /  / /  /     l l   lヽ .ト、
   l ./ //  //∧ l    l ト、l l. ヽ l、 \
   l /! :l l   l┼ト、l ト.   _レl┼l l  l トゝ  〉
   レ l  l l  :flrイ為lヽ\ .lイ為トl.l: l.l.l /
     l l.l:.l ハ ' k::rj   V k::rj '小 l リ/
     ' l l∧.l ハ ` ´   ,   ` ´ハムレl∨       今度は蜀軍と戦うんですか?
     V ∨.v l ト、    ー    /./  l l
        / / 人|.l:>.、   . ィ/レ'\ l l
     /_/_∧ ` _>ミ.Τ.彡くl.  ∧l l
     /  / .〉l /:::::::::|.:.|:::::::::ハ j〈  l ̄ヽ                            r〈沙夊ァ
.    /  l_/ V.:.:.:.:.:.>t<.:.:.:.:.:.V \l   i                       ,x)水.ゞムイ´Xx,`   、
   ノ     レ rト、:.:.:.:.ト-イ.:.:.:.:.:.ヘ_ V    ト、                    ,xXXXxxxxXXXXXXx,. ` 、
                                             /ァ''^"´,   `^''xXXXXX,.  ヽ.
                                           / ´    !       l `xXXXX,    ),
                                  .        /     l      l   `xXXX,.   ),
                                           ′     l.     l l   `xXX{.   |
                                  .        !  / /  i| i   ! l / ! ,仆、 `XxL  |
                                         l /,/ | _|小、!   |/)' |/,斗∨ |XXマk !
                                         ! 〉l ∨ |≧t圦  リ_>チ〒ァ、} ! };;ト、 }}
                                  .       l l 从. ト、ト弋リゝ\{ イ弋リノ' ノ ノ/l;;|,リノ'|
   まあ、彼らの頼みの綱の孟達は始末したし、           | ∥ ', マヽ`ー'      _,ノ / /|;! ||. i
   荊州に向かって来る事はないでしょうね。             l |  ', '込 ""  、  "" _,ノ,/ / l! ノ' |
                                          !十!l´', マ价x、 ー -' , イ/ /`l!ー'く、 i
   戦場になるとすれば……                       ,´ヽ! !l ', ∨从 > .ィ /../ / l!.:.:.:.:.:ヽi
                                  .       i.:.:.:.:.:.:.:.:!l )ヘ,.∨》,. ≫‐≪ // /《 l!.:.:.:.:.:.:.:;.i
                                         l.:.:.:.:.:.:.:.:.:."》 ヘ{ 《. ∧ 《/}/  》.:.:.:.:.:.:.:.:l.|
                                         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:》     《 》' '《. 》  《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.',
                                        /.:.:.:.:.:.::.l`y'′    》||   ||《   》.:.:.:.:.:.:.:.:.ス ,
                                       !.:.:.:.:.:.:.:.:,! 〉      ||  ||     )、.:.:.:.:.:.:.:ハ ,
312 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:59:05.63 ID:/wWHTXAo

                       ____
               ,    ´ -―r〈匀}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--. ……雍州、かしら?
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄   夏侯楙殿には荷が重いでしょうねぇ
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【紀元228年1月 蜀 益州 沔陽】
                                                  ,. -- 、 _
                                              ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                                               /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
                                            r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
                                          /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.
                                          イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
                                         !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ
                                        { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}
                                        { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i
  あの野郎を頼みにした孔明の不明ですね。           /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´
                                      /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i
  当初の予定通りに軍を進めるべきか……         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!
                                   / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
                                 ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/
                                ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/
                               /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i
313 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 01:59:59.20 ID:/wWHTXAo

.  / / /       l    ヽ     \ \   \      \ \
  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _」,. -ヽ \  !! ヽ ミ、
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  / ,ニ,.-‐':ヽヽ l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _           クf;::::::;:::::.::l | !   ! l トヾ
_ィ | l  l     l l ハ/ __`          つ.:.:::::.::j | |   l!l
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--:::::ミ、           ヾ_ - ′l l  .! トN   誰もが予測し得ない司馬懿の強襲により、
../ | ハi  ハ l  V/〈〈 ら::::':::::.::l                 //!  ト、|    孟達はあえなく死を迎えた。
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛う:.:.:.:.:::j                  //ll   ! l |
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ-‐´        ′       /j   ハ N   .この上庸攻防戦の結果、
    l∧リ, 〉ヽヽ  \\           _      ///  / ,リ ′  諸葛亮の北伐は出だし早々狂いが生じてしまう。
       V ヽヽ\  \ミ、、         ´    / /l l /
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////       まるで、蜀の前途を暗示するかのように……
           ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ′
        __ ヽ `へ \、-j         l \
314 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:01:08.10 ID:0WSDv.wo
司馬懿さんの油断させて急襲作戦はエゲツないわあww
315 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 02:02:41.82 ID:/wWHTXAo
【紀元228年春 魏 雍州 天水郡】

                                                     , - '──‐ - 、  . .:.:.:.::::::::::::\
                                                    /          `丶、 .:.::::::::::::/
                                                    \ _ __ _. . .:.:.. :.:.:.:.:::.`ヽ、.:/
                                                    /,イ:.:::::.::::.:::.:`:`丶、.:.:.::::::::::.:.\
                                                       /.:/::j::/.:.:::::、.::::.::::::.:.:::.`ヽ .:.:.::::::::::\
                                                   /.:::l::::i::ト、;;:、::::`ヽ;i:::::j!:::.::i;:;;\.:.::::::/
                                                    l/l:;|.:/N  ,ィ≦二l!::/.::::!::|;:;:;;:;;:y'´
                                                   `ト、:fリ  {カj 7 |:/:::::::|:::!;:;:;:;:,′
                                                         ソ  ´ ̄  リi::::::::!;;,!;:;;:/
                                                       ト、 __      |:::::::j/;;イ
     (退屈だな。この天水では毎日が平凡なまま過ぎてゆく)              l/'、     |::::,イ;:;;/
                                                         |:;ゝrァ┐ !/ l;/
                                                        |/^l/ィュ-─‐- 、\
                                                       , ィフ.:.:.:.::::::::::::::::.:ヽト、
                                                   , ィ ´.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.〉j|
                                              _, <二ニフ´ ̄`ヽ.:.:.::::::::::::.::::::::::.::::ヽト、
                                  _  _,r‐ュ--─<二ゝ、_ _      \.:.::::::::.:.:::::::::.:.:::i:|/
                                , イ 仄,r'´   `ヽト、      \  ``ヽ  _ jL.:.::::::::::.:.::::.:.::|:|
                                しJl///, ヘ _ ノ ヽ        j!    , イ_イj!;:;:;;;;;;;:;:``77ヽ::」
                               / Y ⌒Y^ヽ ト、 ``j〉 |   。  °L _/ヽj'^ヽ|;:;:;;;;;;;;;;;;;;//ス/
                               ! ハj! ハ i  i ! !  fコ L。_, ィソ´ ̄    ,ス<7;;;;;;;:;:;:;;:;;;;;厂
                               | !.:|l| .:| | | | |人j〉_ソノ ̄        /><7;:;::;;;;;:;;;;:;:;;j
                               | |::|||.::::j | | | |             /><7;:, ィ7三三jト、
魏 天水郡の官吏 姜維(字:伯約)
316 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 02:03:36.03 ID:/wWHTXAo

            ,.-─────-、
          /      .:.:.:.::::::::::::::|
         /     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::|
        ./     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::」_
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/       (できるものなら、戦場を駆け巡って武勲を立て、
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l              国士無双と言われるような大将軍になりたいのに……) 
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/  
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_ 
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\
      ,イ .:.:.:::::::::)i 〈〈 __// f{ト、:/ |(:::::::::::.ヽ_
       / .:.::::;::::::::〔 |  `ーr<. f{ |:|  | 〕:::i:::::::.i:::::.\     _ノ 〉
  .   / .:.::::/ .::::::::)!   |;| f{ !:|  |{.:::::|::::::::::::::::::.:.>  ,ィj}   `_ーっ
    / .:.:.::/ .:.:::::::〔 !   |;| f{ |」  | 〕:::|::::::::::::;:ィ´レ'´ :i j} ー-っ'´
  . / .:.::::/ .:.:.::::::.::)!     f{ |  .|{.:::::|::::::/ ,′   .レj}不フ
   / .:.::::/ .:.:.::::::::::::いrェ‐ェェ-ノ〈 ⊥_jソ.:.::j:::/   {      Vハ7
   \:;:イ⌒弋:::::::;:;:;:;:;;<こんんふフ.:.:.::::,:ィ(   ヽ   。 。_V
318 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 02:05:18.29 ID:/wWHTXAo

    .:.::/",-入
 .:.:.::/シ´:::::::::ヽ
    |ニ./ /ニニ二二二二ニiーr、
    lニ/ /ニ二二>´ ̄ ̄、 ̄`ー、}
   !/ニ二>' ´ ‐-      ヽ   ハ
   /ニ二/  \ _   \ >、-\  !
  lニ二/、 ` _ヽ  __ ≡±-ト、、.∨|
  └―{i   !ゝ,、_\=`゙ 「 lソ  !` ヽミ
     |l 、 lヽ}ス! ‐  ̄ `´   }l ヽヾ
      ヽ\ノ 、ー‐' i  _   ト i、 ト ヽ、
      ` ∨\   ´  / !ハl  ! `!|
          ヾ _二=― 'ー-、! ∨「  レ      (僕のような身分の人間が成りあがろうとするなら、
         ソ::::∧:::::乂ハ、v、ヽ>rr< ーッ、                        戦場にでるしかないんだ)
          「シ:::::::::::V::::::仏 ∨_l::トハ>}::::{
        l !:::::::::::::::v::::1-ヒ  l::| 小 ヽヽ
        y!::::::::::::::∧::::l::::r{、 l::! V] ヾヽj
        i'::ト:厂ト 、:::::V::|::::`} !_ ~__ ヾr、 Vf、   (でも、この天水郡にはそんな機会は転がっていない)
        }::「 /  ~「ハ_j:::::::ヽ-<_>‐くー_,、)
        ゙´! /   ハニニニニ、ノ::::::!、.〉〈fト;j::::i
        _y     ,' \ニニニニ≧ニ`ー´j-、{
       「  _  ,!    !ニニニニ ,--、ニニ{. <\
        _]_-― v   ゙iニ /´:::::::::_\弘::::ハ、_
      { jュ      !    |/::::::::::::::'::::::::::、::::::::::::::::::: ̄::ー-...
     "`'      l     !:::::::::::::::::::::::::::::`::ー::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ
319 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 02:06:13.65 ID:/wWHTXAo
                                                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                     .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                           ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;
                                                  ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                       、              .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                         .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                         ― どこかで戦争、起きないかなぁ? ―           ,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                                         .. ., ..  ..:.  .    ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
                                    ..  .   ..       ,    .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.:;.,.;:,.:;,;;;;;;;;;;;;;;;;
                                           ..  :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,:.,:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                             :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
320 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 02:07:46.57 ID:/wWHTXAo
新規CAST

~魏~
●夏侯楙(かこうぼう) セイバーライオン(Fate/stay night)
●州泰(しゅうたい) スバル・ナガシマ(魔法少女リリカルなのはStrikerS)

~蜀~

●鄧芝(とうし) ディオ・ブランドー(ジョジョの奇妙な冒険)
●費禕 (ひい) 琴吹紬(けいおん!)
●呂凱(りょがい) 川嶋亜美(とらドラ!)
●王伉(おうこう) 櫛枝実乃梨(とらドラ!)
●張嶷(ちょうぎ) 逢坂大河(とらドラ!)


※今回はここまでになります。幕間は今日の夜に投下します。
321 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:09:17.95 ID:rX3JK6ko
お疲れ様でした。
322 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:10:01.84 ID:808jWIQo
乙ー
324 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:11:05.25 ID:gV7ufgYo
乙です。
325 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:11:34.02 ID:5IS7XyIo
乙!

そしていよいよ蒼姜維の出番か!
326 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:12:33.41 ID:0WSDv.wo
クリスマスイブなのに乙でしたww南中は蜀にとって結構重要な土地だったんですねえ。鉱物資源がとれるというのは意外でした。
327 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:14:11.32 ID:Uh3OO3go
蒼姜維、キタ!!これで勝つる!!
328 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:14:14.12 ID:3.r8cTgo
おつりん。
329 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:14:38.54 ID:l/ROmPco
遅くまでお疲れ様でしたー

訂正ですか。
諸葛亮的には劉璋はノーカウントって事で解釈してました。
330 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:17:21.20 ID:ZdNBwP2o
乙でした。

>>310
秀吉の中国大返しみたいに、足の速い兵だけ先行させたのかな?
331 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 02:22:48.34 ID:JVsfcTQo
お疲れ様でしたw
337 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage ]:2009/12/25(金) 11:50:17.36 ID:yAoLtCko
とうしさんだけで魏を滅ぼせるww
チョウギョクじゃね?と思ったらチョウギでもいいのか
333 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 08:04:07.51 ID:0vuU2Fco
乙です
南蛮の創作っぷりは本当に酷い。
初めて読んだ小学生の頃でも祝融夫人の辺りからこりゃねーだろ、と思ったしなあ…
そして張嶷の史実と演義での扱いの落差を知って泣いた。
実際は優れた統治者として名を残したのに、
女に負けたやられ役とか、どんな悪意があっての改変なんだ。
335 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 09:32:10.54 ID:808jWIQo
>>333
改変というか、正史での張嶷の業績が、演義で諸葛亮に吸収されるか無視されるかだからな。
あとは活躍するエピソードを新たに創作するか、モブキャラとして放置するしかない。
336 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 10:20:02.79 ID:9cMtAlgo

南蛮に関しては民間伝承を聞いた羅貫中がのりのりで書いちまっただけだと思うぜ
ぶっちゃけ三国志演義で子供に人気があるのって南蛮討伐だと思う
俺も孟獲と愉快な仲間たち好きだぜwwww
340 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 12:30:30.38 ID:MH7DWyEo
>>336
演技本では、孔明はビルマの奥地を想像させるようなジャングルまで進撃しているから

東南アジア近辺の原住民相手に数十万の軍勢で快進撃!
だから蜀って面白い

呉も蓬莱島を侵略して軍港を開設し、のちの呉鎮守府になりました
ぐらいの法螺話があれば人気もでたかな?

341 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 12:42:42.28 ID:DkLeluIo
>>340
台湾で良いだろ
338 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 12:06:48.03 ID:MH7DWyEo
>>333
横山三国志や吉川三国志の南蛮征伐で孔明が50万人の軍勢を率いたことからすれば些細なこと

それが横山三国志の北伐行では軍勢が30万人に減ってるんだよなあ
南蛮征服して兵力が大幅に減ってるしww

339 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 12:09:02.49 ID:G88G/ggo
国民皆兵でも無茶ってレベルだなその動員数ww
349 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 22:48:26.68 ID:NDZVQ7.o
>338
それだけ大軍勢持っていって、ノロノロと7回も釈放とかやってたら
間違いなく魏か呉に滅ぼされてるなww
342 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 13:20:00.64 ID:psBDcqso
つか、諸葛亮にしたって講談的な盛り上がりのために、
肝心の内政能力の方が殆ど無視されてるからなあ。

民衆に愛される法家というだけで化け物なのに。
343 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 18:02:11.18 ID:jf5zTtMo
士なんとかさんの影の薄さときたら
344 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 19:25:51.68 ID:rX3JK6ko
士燮一族は、大層な実力者のはずなんだけど。

正史の時点で既に、魏以外の異民族の列伝が省かれている(魏を正統とする建前上
そうせざるを得なかったのだろうが)から、異民族と関わった人物の扱いは小さくなる。
345 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 20:28:09.61 ID:au4Qcxso
>>344
ベトナムの教科書に登場するんだっけ?
>士一族
346 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 22:15:46.07 ID:8GSMGE.o
ゲームでも出たり消されたり繰り返してるよね
347 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 22:19:03.68 ID:h8u9DIoo
出師表は、「コレ読んで泣かないヤツは人間じゃねえ」
みたいな評論があって、「そんな文章あるわけねえだろ」と
思いながら読んだら泣いちゃったさ。
348 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 22:47:00.28 ID:808jWIQo
実は、泣かなかった。
心配している、って気持ちは痛いほど判るんだけど、なんかくどいなあって感じて、
最後まで読んだ時には随分と冷めちゃったというか一歩離れたところで見るようになってた。
350 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 22:56:48.99 ID:a6Dmflko
馬忠もだけど、蜀の呂布ってホントにいたの?
アンサイクロにホントって書いてあったけどなんか信じられない・・・。
352 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 23:50:21.44 ID:G88G/ggo
>>350
ま、居たんじゃないかね。
名前被りは案外ある。劉岱みたいに諱と字両方被ってる例はあまり聞いたこと無いけど。

名前被りなら新の時代とか凄いぞ。
王匡が二人、樊崇が二人、王覇が二人、王遵が二人、李育が二人、劉[音欠]が二人、おまけに劉秀まで二人。
あと趙匡と王豊に二人疑惑。
時代がちょっとずれると劉尚が二人、王鳳が二人、劉信が二人、劉賜が二人。

ちなみに王匡は王匡vs王匡、真の王匡を決めるドリームマッチが実現してる。
後漢末の王匡が加われなかったことは残念でならない。
351 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/25(金) 23:07:09.60 ID:KZgdMRI0
今日、幕間の投下があるんだよね?
353 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 23:51:35.37 ID:PK7b19Yo
【幕間】

            ,. -―‐  ー- 、
       _  /          \
      /  `   ー- 、 iソ´ヾl ,、_ ハ
     //   ,〃 \ 、  >!<,j- 、__ヽァ ',   >>132を最後にお兄様の消息が途絶えてるかしら。
     l/    l/    ` ー=(,〉 {薔}-' ノr' ハ
     丶   !i       ゝ'i_ィ、‐、"  .}     >>157 正解。
           ',  -'    `ー     >-、 /     
           ! ━      ━  r=っ У      >>166 当時、お父様の駐屯地は宛で、陸遜は西陵(夷陵)にいたの。
.         /ハ         |l _'_   .         呉の首都も荊州の武昌にあったし、
         ゙ 「 、   n     ,.ィ゙_ i           それだけお父様は重要な場所を任されてたわけね。
         ´ニユ_>-rr彡´ノt=ュァ_´ー 、
.          /└‐、7((ニアトゝ) 'ーァ‐'   ハ  . >>314 お父様は基本これだから手に負えないわね。
    ,'⌒   /`´ /`イll ! ̄   テ    ハ
     ヽ_ノ  i / l  ljl.j   / /     ハ . >>325>>327 喜んでいられるのも今のうちよ?
        く |   ヽ _   _ノ   ',     〈
.        / ! i彡ア、<     /       >>333 火薬使ってる時点でお察しくださいという感じね。
        / /  `//!ト--'     ヽ    く
.       / /   `/lj        |      ヽ
354 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 23:53:57.99 ID:PK7b19Yo

                 __
            「ヽ ̄\ ゞ_、__
           /入 \ _jl´frォ j}
          / /  ` ーヽハ-メ_jヽ.
          ' ,' ,. -     ´`ヾヽ !
          i イ  , =、    ォ= 、 川!
          ゞハ, ハォ.j     辷j |メ.
           `ハ ::::   '  :::: イ_ ヾ
           ,.,ゝゝ、 ` ´ イミミjノ       >>337 『鄧芝伝』読んでて、この配役が思い浮かんだの。
           l!V:三} ゙><  ゝ-'⌒丶           後、登場人物の名前の読み方は、
           / ゝリ! jハ!   レ′  l           『正史三国志1~8 ちくま学芸文庫』準拠で。
          く    :.:!   o   〈   - |
           ゝ l:.:.|'\ o _ .人 l 〆ノ      >>342 『三国志演義』の諸葛亮は持ち上げすぎて、
           |  :.:.| /介!V  イ´            士大夫からかけ離れた妖術師みたいになってるわね。
           |  .:.:| `   7  /              ああいう事する士大夫は軽蔑されるような……
           /ヽ..:.:.| ,. 、 / , イ
             / / .: .|/ /    |ヽ. 
       , イ  ,  :. :|/      \\
      /,___ハ 1   ,' ,. -── - 、\\
     レ'′ レvゝ_ イイ   .. : : : : :\ト_. ヽ
     /      ゝ-ハ/ : : : : : : : : : : : : ノーァム_      ∫
      '    : : : : : : /  : : : : : : : : : : : ::/ヽ┐::::` 、   r----ォ
    ゝ  ハ: : : : : : : :l!   : : : : : : : : : : : :l: : >::::::::::)  |::::茶:::|
     `ー-、: : : : : :ノゝ.. : : : :: : : : : :ヽ : :イ_:_>─‐ '  ゝ---,.'
         ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           ̄
355 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 23:56:37.32 ID:PK7b19Yo

        〃⌒ ,、
        !i   ,l `ヽく⌒ヽー-- .、
         {ゝ.__/\.   \ ヽヽ. ,.- 、\
         `ー'〈  ,/`ー 、 \  {l >-、ハ
.           ハ /    `ー 、{l /r〈l} .}
            〉 i ⌒    '⌒ヾ::|'1| /
           ヽl,.'f´ミ、   ィf`ミ 7└'ヽ
          / !弋リ .   弋リ ト/) └,         ……と、おしゃべりはこのくらいにして、
         /Yi .>、 ∩ーー  ,.イヾト、 //〉、
           〉.ゝニ=' .| l>、‐ ハ、__ノノ \/_/        今回の幕間のテーマは、『外交官』についてね。
           〈 〈    ! ´.> {`~´   :   ` ̄`ヽ
          'ァ-,rL r,|/ヽ-ァ、_ゝ-  テー- 、     |    とりあえずゲスト……、蜀の費禕さんかしら!
        ( (   ', ヾ´ ゙̄ヾソ    \/     !
         `゙.  ', |    /ハ     <l:i      .|
                 | !  / / 〉、   レiゞ、 ___,ノヽ                       ______
                 ゝ _ノ / 〈_,.ヘ   `^V_、 ̄´ハ ヽ.                    ´        `  .
                /人ノ   <´\     ヽl∨゙   ハ          . ´              `ヽ
             /イLノ y    `(. \__        ハ          /
                                        /
                                     /  / /|    i             i
                                     ,′  / 」     i、            |
                                      | i  i彡ヘ   ミヽ         i     |
                                      | i  |   八i   |ヾV   !    |      |
                                      V八 j.ィ=ミヽ{\ |- ヽ |   |  i  i  |
   こんばんわ。                           Ⅵヽl《 rし}   ヽィテ㍉ }ノ   | ノ ノ
                                        | ハ ゞシ     rしハ | ノ  |く     八
   この場をお借りして、                        l'  i"  ,     ゞ゚シイ   l ノ  ー=ミ \
   三国時代の外交官がどういうものが説明しましょう      .i 人    __   '' |   八      ヽ \
                                       i     ‘ー '    .イ  /i::::::ー==ミ.    \
                                         i     /ヘ.._ ...イ 」    |::::::::::::::::::::::::ヽ     \
                                        i  i  〈:::::::::::::::x仝xノ    |::::::::::::::::::::::::::::::\    \
                                       i  i   }:::::::::::::::/ハ'    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
356 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/25(金) 23:58:36.05 ID:PK7b19Yo

    _
  , ':::::::::ヽ、
 /:::, --、:::::ヽ
. l::::::ヽ  ノ:::ノ
  ゙ー´ /:::::く
     ヾ;;;;シ_
      l:::::ヽ ,,==、
      `ー´ |l
          ヽ-‐ ´ ` ヽ、
          / 入  `,'´⌒ヾ、
            i´ / ヽ、 !,‐-、/´⌒i
         (,○  `ヽ-レ、ゝ'ト::ヽノ
          (     ○ ノエニ'ナ'´     .   その前に、貴方は外交官だったかしら?
       (⌒)ヾl二二i‐--,ーノ〃、
        ハ´ ヽr':ヾi -=゙ラ、,∠          確か蜀の宰相格よね?
          ! `Vン:、 ノ 、  ヽ ッ,コ
        `´/ヲ´`、7 |   ヽ″
         !´ 、   ヽ.|   ノ                                ___
          `r-rゝtー┼rく´                               -‐'´    \
           ヽフ  ヽフ `´                                  //{  ト、 ヽ  ヽ
                                               //厶{  | ム、 }
                                               / { ァぇ\レ心∨   {
                                              八:i{ ヒリ  ヒ.ソ/ /、 八
     外交もこなしているわよ?                       /: : ( '' 、 , ''/ /_人  丶、
                                            / : : :/> n/ /ー:、: \   \
     内政に取り組んだり、北伐に従軍したり、             |: : :く_弋^⌒ヽ/》/ ::::::}\: : : : : :|
     キ●ガイ二人の仲介をしたりと                   .| : 乂__人__,ノ´r‐く:::::::{: :j\: : :八
     色々な仕事をこなしているわ。                    ∨ ̄\ ̄/( ̄└く⌒::::}ノ  }:/ ノ
                                                / ̄ : : 〉::::::::::::\ノ\_ノ´ ∠
     その合間を縫って、呉へ使者に赴くわけね。              {/{ : : : {::::::::l::::丶/::/\
                                                ヽ人/{\∧_:/ }/
     後々私が国政を司るのは、その働きぶりが評価されたからよ .       /\/_/_仁
                                                  {  /  イ ̄}::}
                                                   \{___..ィ⌒{J
                                                       ̄
360 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage ]:2009/12/26(土) 00:06:31.93 ID:jzpZcAso
キチガイ2人・・・
楊さんと魏さん?
357 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/26(土) 00:00:24.77 ID:XGlHkmUo

                一'´ ̄ ̄ ̄  ‐ _
               / /      丶     丶
                  / /       \    丶
            /    . : | :   ヽ : .       `,
.           /  / .:::/| |.   |\ :. .  ヽ ヽ  ',
               ! . :/ _l |l   |  \:. .  l l  .
            i l   | i∠-一、!ヽ   l ´―ヽ.   | |  }
.          | |   !ⅰ   -、   \ l,       | }  |      それじゃあ本題に入るけれど、
          ⅰ!  ゝl ≠气     ヽ斤ミx l ハ :! {      この時代に外交で有名になった人は、
.           '.ⅰ . ::|〃 んハ      んハ iル' .、 !: ゙.      蜀、もしくは呉に多いわ。
          } l  :{、 弋ツ     弋ツ |  ト} |  ゙、
          | :l:. ぃ 、、、   '     、、、 |  レ'ⅰ  ゙.、    まあ、理由は両国が喧嘩したり仲直りしたりで、
          | :l:l: ト}              | l:.    ',\   そのたびに使者が往来するせいね
.           l :!::l l人    c      /   .: |: .   ゙, \
           ⅰ:l_h. :_.:{:> _     ィ/  /  |: : ゙,     丶
            ,:^| l|| Y.: .: .: >< . ′/  j: : : ゙,   ゙、   \
.           / /| |ⅰ! 卜:_: : ._.ヽ/ '   _. -ヘ.: : : ゙:,   ヽ     \
.           Ⅵ | | .j Ⅵ {/ /.:{/ .. ‐'"´  `く \.: :`,   \    丶
           lⅰl    \l !.://´        `く ヽ: `,: .   \    .
           ∧ヽ         }:{{             ∨}: :`, : : . .   \  }
                                                ,. -―‐  ー- 、
                                           _  /          \
                                          /  `   ー- 、 iソ´ヾl ,、_ ハ
                                         //   ,〃 \ 、  >!<,j- 、__ヽァ ',
                                         l/    l/    ` ー=(,〉 {薔}-' ノr' ハ
                                         丶   !i       ゝ'i_ィ、‐、"  .}
                                               ',  -'    `ー     >-、 /
  確かに諸葛亮、魯粛、諸葛瑾は有名だし、                 ! ━      ━  r=っ У
  最近だと、馮熙や鄭泉なんてのもいたわね。         .       /ハ         |l _'_
                                             ゙ 「 、   n     ,.ィ゙_ i
  でも、魏の場合はそういう人間はほとんどいないわよ?         ´ニユ_>-rr彡´ノt=ュァ_´ー 、
  孫権にハメられた浩周くらいかしら?                    └‐、7((ニアトゝ) 'ーァ‐'   ハ
                                             /`´ /`イll ! ̄   テ    ハ
                                              i / l  ljl.j   / /     ハ
358 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/26(土) 00:03:54.99 ID:XGlHkmUo

                                               _____
                                              ´          `丶
                                            /  /           \.      \
                                           │ {   \    ヽ      \
                                         / ,  /|   、        ',       ヽ
                             .          ,′   / |   |\    ヽ   |
  魏の場合は立場上、                         /  | _j  |  ヽ    |-、  |        i
  外交官の出番が少ないから仕方ないわ。           | l  l'´八  |      |⌒.  |        |
                                      | l  |⌒ _\|    \|  ', j  '  |   │
  外交を行う必要があるから、                  i 八  |xぅ心.     ィアi心 ∨ /   |
  外交官が必要とされるわけで……               ', ∧ |{{ ト/ハ.       ト//ハ.}}∨   |   /
                                          ∨ ヽハ V:ソ     込:.ソ ,′  ト.   ,′
  そういう蜀や呉の外交官の働きぶりは、            /    、、   ,     、、、 ,′   jノ  {
  『三国志』のあちらこちらに出てくるの    .            i    }             /     八
                             .            |    人    ー '    /        \|
                             .            |   /   >      イ′  / 人    \
                             .            |     ∧  />r ´ /    / /  \   \
                                      人 │ / }/::/ 〉//   / /\  }    \
 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/
   y-、     y-、\   ,\/     興味がある人は読んでみてほしいわね。
  弋__丿   弋__丿  Y 〈
             lー┘       でも、外交って「同盟してください」とか言って平身低頭するのかしら?
`l       A     /
_」            /、
ー 、        , '´  /
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\
359 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/26(土) 00:05:53.38 ID:XGlHkmUo
【馮熙さんのケース】

            ,f"    ',          : : :`.、
           ,i'        ,,     , ':,  : : :i,
           ,!   .,i  , /;';!   ', :. : , :, ', : :.i,
           i  .,'  i  i''`´''''i i  .i, :. :i, ::i,.i, : :i,
          i  ,'  .i  .!   ! i,  ii;::. : i'i :::i, i : :.!
          i .,'  i  .i    i, i,  !i;:. : !.i, ::i i: : :i
          ! .,'   !  .!''―-...i,,i_`、 i i;:::;!_,,i-iV: : :i  .  孫権が魏との関係を元に戻したいと思うなら、
          i ,'   i  _i,,r‐┬-、 ` ヾ .ゞ,┬Vi: : : :.i  .  まず蜀へ兵を進めなさいよ。
          !; .: .:::!‐'''ヽi :::: ,!,, `   イ::;! /'i''ー : :!    
          i' .:: .: ::i :: .: i.  ̄        ̄  i!: : : :.i    それなのに、蜀に使者を派遣して和睦なんて、
         /.::: .: .::,!i :: :: !       _ `   /:! : : : :i  .  何かまた良からぬ事でも考えてるんでしょう?
       /:::  .::::/''i ::.:: i.、     ´  /::::::!: : : : i    
   ,r‐,,,,∠,_   .::::;/:.:.:.i ::::: ! `ヽ、 ___,./::::::::::::!: : :i i       
  ./:.:.:.:.:'i;'´r.、7''i''ヾ:.:.:.:.:.i :: .!_  /:.:.:i:.`ー-.、 ::::: :::!: : :i i
 /:.:.:.:.:.:.:.i,:.:`´.`´:.:.:`、:.:.:.i :.!.i:.`.、,ト、:.:.i.:o:.o:i:.i:::::: :::! : :.i.i
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.i,:.:.:.:;;;;;:.:.:.:.:`、:.:! :!.i/ ̄:`、:i.:.i.:.:/.:.i;:::: :::i  : :i.i
                                            /: /: :/: : : :/._/!:l: : : !、: !: : : : ハ ハ
                                           / イ: : :/: :/イ::/ l l: : : !: !:ト: ヽ::l: l : l
                                           /: l: : : :l : : / l/  l !: : :l ',l ヽ: : :!::l: :!
   んー、蜀に使者を送った事は否定しませんよ?          r: /l: : : :l:: :/rt‐‐┐{!、: :l r‐‐tト: : l::l::l
                                          l:/ !: : : l: :f、 .ト__ j  ヽl ト__ j ヽ: l::l:j
   私の聞いた所ですと、                         !'  !: ∧!::!: !.丶-'     丶‐' ∧::!ハ
   その時の使者は単に答礼のために赴いたにすぎません。      ヽ:l !/: 丶゛゛  'ー'ー'  ゛゛ ィ: l:l::!
                                              ゛ l!: : l: : `.ノ〉‐- ‐ ´: :/: :l!: !
   次いでに蜀の弱点を聞きだす事もできたらしく、               ll: : ヽ:l:/,イ、   ヽ:::V: : /l: :l
   陛下の考えるような謀議は一切なかったそうです              l: 、: : v  ^`i―/:::::ノ: :/ 、: :!
                                               !/:ヽ: l   ノイ /:::::/: :/:イヽl


───────────────────────────────────────────────
  _
´     ` ヽ
     ヾ   ;,               そういうケースもあるけれど、その場合は足元を見られがちね。
  ハ    ハ , ,:
. /彡 、   ..|ミ、   i              以前登場した馮熙さんや鄭泉さんの場合のように、
/   vへ |  ヽィ ノ              相手を説き伏せる弁舌や機知、押しの強さが重要な要素だと思うわ。
'  ==     ミ i ノ              絶対に弱みを見せないというのも大切ね。
ヽ::::::     :::::: { j              
 "   ワ   ノ  \            .私たちが相手をするのは癖の強い君主ばかりだから……
  " ー―  ":: ミ  ハ
───────────────────────────────────────────────
361 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/26(土) 00:07:44.47 ID:XGlHkmUo
【鄧芝さんのケース】

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l
     |           从  l|、 l Alム l l |
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨      天下が太平になった後は、二人の君主が国を分けて治める。
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\     .それも愉快じゃないか?
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l
  ´// , /  `ヾl \\ V }}
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \                     | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
                    \ ヽ                    〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
                                          |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
                                         〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
                                         . r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
    天に二日なく、地に二王なし。                  . |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
                                         . \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
    君主がそれぞれ徳を盛んにし、                   j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
    臣下がおのおの忠節を尽くす先は……              ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|
                                          |  |  !、           .| |
    ……戦しかあるまいな                       ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
                                         ..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_
                                         ..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
                                         :.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、

───────────────────────────────────────────────
  _
´     ` ヽ
     ヾ   ;,               ちなみに今回出てきた鄧芝さんは、
  ハ    ハ , ,:               呉との同盟成立後に再び呉へ赴いた時にこんな発言をしているわ。
. /彡 、   ..|ミ、   i              
/   vへ |  ヽィ ノ              はっきり言って喧嘩売ってるように聞こえるけれど、
'  ==     ミ i ノ              時にはこうやって相手を驚かすのも必要かもしれないわね。
ヽ::::::     :::::: { j              
 "   ワ   ノ  \            .こういうやりとりを重ねて相手の国との交流も行われるし……
  " ー―  ":: ミ  ハ
───────────────────────────────────────────────
362 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 00:08:48.01 ID:pjG0daoo
鄧芝さんパねえっすwwww
363 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/26(土) 00:10:39.13 ID:XGlHkmUo

                   ̄` ‐-
             /  /    ∧     ヽ  \
             '   ′   /   ,,       ヽ
        /     {   /主彡ヘ.   ト、
          /      }  /    、    ハjミ」
        ′   i|  |, / ,ィf羔ミ,  }ノ ,..  |   }
              l|  |/ 〈{ 辷tタ    f市k| / ,
       {    ,'ニ|  |  x.x.x    ヾツリ′ ′   後、この逸話からも分かるように、
          { (|  |          ' ''{  {     孫権様は蜀の使者と話したり、問答したりする事が多かったの。
             `T|          r‐-,   }  |
        〉  l |  ヽ      ̄   ノ |
          /   ノノ    ',         , イ  |    私もお酒飲んでる時に、
          /   ∧ }    ,-‐1 ,   |  .  いきなり国政の質問された時は驚いたわ。
        _」..  _,′    } ,\  ∧ ¦ ′  |
     /    {   {`V/  ヽ{ }‐-|/         酔いが醒めるまで待ってもらってから、
                ∨'\/, ,{二}、′  /} ,     .応対させてもらったけれど
      ,|            \ ∨/} }l n{    {//
    / |       |ヽ    ヽl {/ 八l八    〈                          /}
                                                   _ !l ,.- 、
                                                  //|| ̄ `ヽ⌒',
                                                / /  ヘ入ヽ  ∨
                                                !|  //ー, \, }
     無礼な振る舞いなんて、できるはずないものね。              l  .// ○  ○{
                                                 \(⌒リ"  △"ノ
     孫権もそれが分かってて試しているのでしょうけれど             {こ.フ>、ー,.イ
                                                 〈二}/  ∞Y_〉
                                                  └ 〉  ハ〈┘
                                                     /     ヘ
364 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/26(土) 00:12:04.47 ID:XGlHkmUo

            ___
          ´      `  、
      /           \
      ′    /    l     ヽ
         /  /l    l   ヽ   .
     l i /  / ! l   ||   l ハ i
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /       そういうやりとりを重ねる事が同盟の維持につながるのよ?
     l  |   |    __'    /   ∧       
     }  l  人    ー'    /  / ∧       今回は幕間だし、これくらいにしておきましょう。
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !      これから視察があるので……
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|
  /丨    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }                        ,,==、
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /                        |l
                                                ヽ-‐ ´ ` ヽ、
                                                / 入  `,'´⌒ヾ、
                                                  i´ / ヽ、 !,‐-、/´⌒i
                                               (,○  `ヽ-レ、ゝ'ト::ヽノ
   貴方、働きすぎじゃないかしら?                        (     ○ ノエニ'ナ'´
                                             (⌒)ヾl二二i‐--,ーノ〃、
   そんなに蜀って人がいないのかしら?                   ハ´ ヽr':ヾi -=゙ラ、,∠
                                                ! `Vン:、 ノ 、  ヽ ッ,コ
   それじゃあ、今回はこのあたりでお開きね!                `´/ヲ´`、7 |   ヽ″
                                               !´ 、   ヽ.|   ノ
                                                `r-rゝtー┼rく´
                                                 ヽフ  ヽフ `´
365 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/26(土) 00:15:26.04 ID:XGlHkmUo

         /´  , - '´ ̄r-、ヽ
        {|  r┴- 、/rf薔}_}ムイ
        ゞ=イ「 ̄`>'Zl:|、/ ̄´'.
          {:|_   ィ:=、'\Yヘ. l
          ヽr=、  ゞ 'xx /ソ / ヘ _
             !じj , ┐  仏ノヘ/'´ハ _
           人 ヽ.ノ/ `> 、 _ \_.」ヘ」r
           Z, 了'´  r- 、 _/_〉_, -、
            /寸   l L/  ̄ヽ
            7¨\_  _,/ i    \__┌-、
    r¬、_, - r_ッ'┐   . :.::\ l   _/, ┐' //
    ヽ Z / _/!ー'     . :.::.::.l  __「,_,ヘ,_!′'ー┐     次回は第十七回後編、第一次北伐がメインかしら!
     ,〈 { {才フ      . : .r'゙ヽ.」 ,r‐'´,_ ,一イ ̄´
     しL.∨へ       ノ\ { 〈:.: ̄: ::._.:/         目標は年内よ!!
       l j:.〈└i      ',  `ヽL>-'´__
       /.: : L.└、         _r '´/¨フ
       〈: : : : :.}   ¨L,     r ┘ _r'´.:.:/
          }: : : : :.下∟└t. -冖’ _r┘:.T゙´
         /. : : : : .:.ヽ:.:'ーt._, -┘: : : : :ヽ
       {: : : : :. :. :. :l:. :. : : : : : : : : : : : : :i
        |: : : : : : :. :.:.ヽ:. :. : : : : . : . : : :.:ノ、
         j: : : : : :: :. :; :. }:. :. : : : : :: : : ;.:.': :r:ゝ
      -=:^:. : : : : : .: .: ノ'ー- 、: : : ; :ヘ:/`ヽ
      厶:. :.;、:´:.、:..イ     l/l: :ハ   ',
          Y  `7´ ̄      l/  V .ハ
366 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 00:16:02.90 ID:pjG0daoo
乙でした。外交官は胃が痛くなりそうな仕事ですなあww
368 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 00:16:41.11 ID:Oa5Iaa6o
四相はみんな得意分野持ちつつ、官僚型内政官として化け物ぞろいだからなあ
371 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage ]:2009/12/26(土) 00:44:55.05 ID:jzpZcAso

しかしトウシはどう見ても前線指揮官タイプなのに外交官も出来る
この時代は文武両道がゴロゴロいて、分業てナニ?おいしいの?
状態だから困る
372 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 00:46:25.80 ID:S3zrkvco


トウモロコシおいしいよ
373 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 00:53:24.32 ID:x1bR0cQo
乙です。

>>371
でもそういう人に頼りすぎると、いなくなったら
「どうしてこうなった」状態に陥るよね。

劉禅の治世なんて正に上記の例そのもので、
諸葛亮→蒋琬→費禕 まではそれなりに
うまくいってたけど・・・
姜維が北伐!北伐ゥ!になって頼れる人がいなくなったんだよね。
374 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 00:59:11.96 ID:exY8HCYo
状況の違いってのもあると思う。
姜維のころになると、呉は呉は内輪もめばかりになって、外交で丁々発止している余裕もなくなる。
375 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 02:40:24.38 ID:E0i49Ug0
>>373
>>姜維が北伐!北伐ゥ!になって頼れる人がいなくなったんだよね。

逆じゃね? 費禕が死んだからこそ姜維の強行論が止められなくなったわけだし
376 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 05:34:30.09 ID:iMAG4rQo
横山三国志で鄧芝は今回の外交デビューで異例の抜擢みたいに出てきて、
忘れた頃にいきなり前線指揮官で再登場した時は同一人物と最初気付かなかったww
孔明が出てきた辺りから、そういうどっちもやる人ってあまり描写されてなかったから
377 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 05:37:34.40 ID:Hwys00Qo
乙。

外交官――居丈高になれば「他国との友好」という最重要課題を達成できなくなる恐れがあり、
かといって下手に出れば国民や政治家から「弱腰」「売国奴」と呼ばれる究極の中間管理職。
378 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/26(土) 07:01:05.60 ID:aTVbi5oo
大抵の外交問題は即ちこれ内政問題だから、
中が纏まっていれば何とかなる。
406 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2009/12/29(火) 20:29:46.62 ID:CC/jYmEo
【お知らせ】

.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |    .  お前は関中を攻めろと言うが、
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|      俺たちが漢中に来た時に
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    .  桟道を全部焼いてきたのは知っているだろう?
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´                       r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、                      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、                 尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\                Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ
                                         ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l
                                         klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈
                                          ヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ | iー - -、_
                                           `Tヾ(____ノ __V ,イ /  !     ,ハ
                                          / . ヽ、''ー-=≠'"ノ /l    〈  /
                                         ,    〈l t― ー_´  r' i    v /  {
  もちろんですとも。                           /   , 、 \ 丶 ̄   !    レ゙    i
                                        {  〈`ヽ  j__ \  ヽ  /    〉  {   ヽ
  しかし、今は使われていない道が          .        〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=v    /  ′   ゙,
  残っているではありませんか?                    丶} ;'  厶_/ // /!  /   ! {    !
                                       |    ∨ /  / // , !  /   }!  ?@
  いずれにしろ、                            {     ′/、 / 〃丶′! .゙    ヽj    {
  関中の諸王が油断している今が好機です            ヽ    〈  ゙ y  /  /、丿イ      〉   ム
                                       丿   __>、 ′ ′// 丿     ∠     }
                                       〈_/┌/ `ーー-r匕 r''⌒ヽ z―‐t /ヽ  /〈

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       次回「やる夫が正史を書くようです」の投下は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      12/31(木)15:00ぐらいを目安としている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
    `ヘ:ゝ    .'    小/
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。