2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫が正史を書くようです 第十八回 前編

2012.03.19 (Mon.)
918 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:41:10.46 ID:fHC0X8Eo

                __ __
     }¨>‐ 、/⌒ヽ、 `、 ヽ、
      ソ  / /(ノ  /  ,、 , -`<⌒ ーァ
    /7  / /-、_‐'´// /,、` ヾヽ }ヽ_,.イ
    ヽ/ / ハ__>{ l //ヘ、/} } l } }  ̄>
     / ,  / V { { | | { ||   } } l| }`ー'!
    / /  /ミシtLl_| ! ト| ||   } ノ リ/ l |      .   「やる夫が正史を書くようです」第十八回前編よ。
    {  l  ,べ〉 マ心テヽ{ |l  ,イァ}イ  l |
    {  |  l(ヾ  ピシ  `  化」∧  l |       .  このスレの>>1は投下中、レスに応じる事はないわ。
    {  |  ト、_ィ、       、  / ヽ l |         そこのところよろしくね?
   {  ヽ、{  / \   -一 /  ヽl |
    ヽ、 \/>- > 、_ __/ \\  \_ __      そろそろ始めましょう。楽しんでもらえると嬉しいわ
     _>-、`ー、_ `ーfァ'll    \\   `ー、 ̄二
    /  ヽ、 `ヽ、  ̄` /⌒ヽ、 ` `ー__ =- 、
    /  ー- ヽ !  ) ノ_」 ̄ て\_ノ´ ̄ _ _ ,. ̄ ¬l
    {      ソ´⌒r'´  |  _入   ' ´          リ
    {    , '´   _, |    〉' _ 」 -- 、        /
    {  '    ´ ハ  {/{/     〉      ,' /
    ヽ、       〉 }  {  {/  _ノ     , ' /
      \     〈 ヽ !  ヽ' /-‐イ     , ' /

やる夫が正史を書くようです 第十七回 後編の続きです。

919 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:42:38.26 ID:fHC0X8Eo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 陳寿の家】

~前回のお話の数日後~

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
920 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:43:32.89 ID:fHC0X8Eo

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |    |r┬-|     |_ゝ\
  (___    `ー'´    ___ _)    今回は石亭の戦いからだお!
       |        /           
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......
                                                 / ̄ ̄\
                                               /   _ノ  \  ( ;;;;(
                                               |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                                               |      (__人__) /;;/
                                            .   |        ノ l;;,´
  春に街亭、夏に石亭、冬に陳倉、                         |     ∩ ノ)━・'
  この年は大掛かりな戦が相次いだ一年でもあります             /    / _ノ´
                                              (.  \ / ./   │
                                              \  “ /___|  |
                                            .    \/ ___ /
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       結果から言えば、石亭の戦いは魏軍の大敗に終わる。
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
      `ヘ:ゝ   _     小/          この戦いは赤壁や夷陵に比べれば地味であるが、
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          魏の抱える問題が露呈するという意味で重要な一戦だった
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_           
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l
  l  ヽハ    l    l  //  |
921 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:44:47.25 ID:fHC0X8Eo

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |                 問題?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                                    . r .‐. ―. .、 _
                                                      イ-‐ . . . -、_/. . .`丶、
                                             ー=='´.: . . . . . . . .´. .` . . .: .: .:ヽ
                                               /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.:ヽ .: ',
                                             // .: .: .: // l. .l. .l . :l .:ヽヽ.: ヘ .:i .: !
                                                 //.!i .: .: /l | |. .ト、ト、丶.: .:ヽi: .:| :l .: |
                                            |l ||.: .:彳卞、从ヽ \\ヽ、!i.: :| :i .: |
                                                 |トi.: .ト;rァx、ヽ`、ー七Tぇ、从 リ/.:.:从
                                                 |l Ⅵ}i`j:::リ   rセヌニx、ハ.://.:..:仆ヘ
   まずはいつもどおり経過を述べていこう                      |:i,,,ー'    i !:::::y'///`Y//l|
                                                  |:ト、  '  ,,, `ー' /// ノ//
                                          |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、
                                         ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ
                                      __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}
                                     //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'
                                    //     (.:.:.:.:.:.:.:i /.:.:.:.:.:.:.:.:.:! l:l .. .. .. .. ..ノ /
                                     | \     |.:.:.:.:.:.:j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l:|.. .. .. ..//
                                    | ヽ \    !.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| l:|__/ イ  /〉
922 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 21:44:57.11 ID:BwmoeO20
ktkr
923 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:48:20.33 ID:fHC0X8Eo
【紀元227年冬 魏 揚州 寿春】

             ,, ―――- 、 ,,
            /          \
        /             `\
        /        ノ^i      ヽ)ノ
         l    ノ^' - '´  l,,      ヽ`
       Jヽ !_i;li     ノ ソ      丶
.        |.  |´,-'、   =_''ヽゾ_ ,       |      ちょっと呉にいられなくなったんで
       ヽ, ノ  i」,.    ´l;j 〈 _ 〃    丿      .魏に帰順しに来ました
         y '''.r'   '' ´  ヽ, =,,    /
         i    _       tγノ.  (  
        丶    `     ,__γ' /   
          \       , ノ. /- ' ´                   /   ヽ;|  \ \\ \  \
        ┌―`t.ー― ' r- ┴ 、,,_                   〃   l l. |  '、 \ ヽ \ ヽ  ヽ
        l   |´ ―ー./´     /                  //   l. l l、「l ヽ ヽ ヽ. ヽ    ゙、
.     r-ァ=-ヽ+r'.、_ 〈.  ____/                  ./ l. l   | |. ! |Wリl. '、ヽ.     ゙、 '、   '、
.    [-' 、 t '" /     -ゝ /- '`ー、.'- 、             /l.  l l |;l.|l.| |   | ト、 '、   l.  l l. l ト!
   /. /  ヽヘ /  /´/ ´ rー ' " ´ヽγ ヽ,         .   l;;|  l l l|l|l l.|i!    |lr|‐lt、  l.  l. l. l. l、l
                                      |;;|  l | |」r|‐|ト    i! .,ィッ‐'、 ll. ト|ヽ l トミ,
呉 将軍 韓綜                            |;;|  l | | !,tッ.、      l {r‐'jヽ. ll.. |;;;」ハl|;ト!
                                     !;ハ ll l. |.l {ヘィj       `ニ′ l.ll'l |;;!}|;;;;;;l
                                       l. |!l l |  `ニ′ ,        i! リl;!'ノ;;;;;;!
                                        l |;!l. `ト、      `  _,     ,i!;;;;;;;ト{
    よく来てくれたな! 歓迎するぜ!!             ``ト!ヽ!|、     `F ̄  }     , ';;;;;;i;;;l
                                           `'!ヽ、    ヽ_ノ   ,/|;;l!;;八{
                                              `'t、、      /::::::|;ル′
                                                 ヽ|` ー‐‐'":::::::: |ー-、
                                            _,、-''"::}.        |`!::::\
魏 大司馬 曹休(字:文烈)


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      そもそも石亭の戦いは、呉の将軍の一人が魏に寝返った事に端を発する。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      将軍の名は韓綜、呉において孫家三代に仕えた宿将韓当の子である。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .韓綜は孫権が石陽を攻撃した時に武昌の守備についていたが、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         その際に不祥事を起こし、孫権が父に免じて咎めなかったにも関わらず、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          後難を恐れ、一族郎党を引き連れて魏に逃亡してしまった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
924 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:51:26.07 ID:fHC0X8Eo
【紀元227年冬 呉首都 武昌】
,
      / /.    .i  .i i  .::i .  . .::  :: ::  :::. :::::::::.. ::',
      ,' ィ .:  :  .:i  .:;i :;i  .::i i  :: .::i  .:i .i: .::i::::::::::';::::. :',
      ! /.| ::; ::l  :l :八∧ :/!ハ ::.::;1 ; 'j/ } .:/:::::::::::::;:::::、:'、
       i/ |::ハ :::i、 :::i ::|≧;、', ::|  l ::/_}/≦ニ}ィ: .:/::::、:';:::::ヾ`
        l'/ヘ ::l:ヽ::i、:|Tニ`ミ、:|  ヽ/'彳-‐'{_`ソ .;::'::::::::|`i、ヽ、\
     , -‐  ̄ヽi::::゙ヽ ┴'‐┴`    ┴‐一'/.イ :: ::::::!、:`゙` ̄   韓綜が韓当の柩まで持って逃げただと!!?
   /}: : : : :} : ::::ヘ     }         /' / :/ ::::::l!!: : : :
  /. /: : : : /イ :: ::::ヘ    _、 _       / / .:l:::jll: : : :   親の功績に免じて無罪放免にしてやったのに、
/  /: r 77 ̄/'| : :i!::| \   {ゝー‐ヽ   イ イ .::ハ/ ll: : :    恩を仇で返すような真似しやがって!!
ーr‐ヘ: {〈 〉    ! . ::ll::|-‐ .ゝ、`‐__-‐' , ' /´/.} :/`7 ||‐、ノ⌒
/  }: V ヘ   ヽi ::l|/  」 {丶.... '  / / } ./ /  !L
 -‐;´>、: 〉 /   , ヘ{└ ´  ヽ |  /  `7, '‐ェ...、,.-
 ,r/  ゙ゝ、ヘ- ニ ィ ´       ヽ| /    ./´ , -1   
/  /  〉_〉 |          /       {  l  . 
   '´   /⌒ゝ、_j        /       ,r' } 
     /  /⌒}丶丶、   /      __ -} 
                                    `'ーヘ   `-´       _ -―‐_{j_」´   
呉 呉王 孫権(字:仲謀)                        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __,.‐‐'´:::::::::::::〉
                                      '、______,,..ィ;エ j::/:::::::::::::;:;イ
                                      /::::::::! ´ゞ-l:/l/ ヽ ̄  彳:::;::::::::::j'/.!
                                      l}ハ::::;',   l       /''イ::::::/´:::}
   彼の配下と私兵、及びその家族で                ヽ{ '、  '           イ:;イ´゙}::::く
   数千は下りますまい。                        ` .',  丶         '´ j  >イ「
                                           ', ,rテ==ヘヽ   /''´/ !
   頭の痛い問題ですな                             ヽ `ニニ~´  /  /   ヽ
                                             ',     /  /      ノ}
                                             '>r‐rr'''´  /     //`ヽ、
                                            ,.ィ { ||  /       //    `ヽ、
呉 丞相 顧雍

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      しかも、韓綜は配下の私兵まで連れて魏に逃げてしまった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      呉の将軍たちは代々私兵とともに各地に定められた拠点に駐屯している。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      これを『世兵制』と呼び、呉軍はある意味で私兵の連合体という側面も持つ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         そのため、私兵を有する将軍が寝返れば軍事力に空白が生じ、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          また、私兵たちは家族持ちが多いため、それだけ人口も減ってしまう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
925 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:52:26.24 ID:fHC0X8Eo

         /   .::: .::: .   l :::l:::.  :l:::. : .  l:.   l.  ヽ  ',.',
       /  .:::::.:::/..::   l: ::';:;::. :l;::l::.:.  !l:::.  l:.  l::. l l
      ノ  .:::::::::::l::/: :. :. ';. ::ハト、::::トハ::: . l1: /イ::: :: l:::. !リ
    /ィ ..::::::::::::rlイ::.:::  :.. :ヽ::',_`_ヽl__ ';:: / l∠_」::.;イ./l::: !      山越の反乱が片付いたと思ったら、
    ''", ' .: .:::::::::::{ r!:::l:::.  ::. :::ト;:',`==ミ ∨  '=イl:/ lイ l::/      今度はこれだからな。
.   /..:;;ィ´::::::::::::ヽ.!::l::::::. ヽ. :',゙ヾ       、 /:´ i//'´      
.  /,.- '/:;:::::::i:::::::i:::l::l;::';::  丶.',        ,ソ: :: l l         本当に頭が痛い。
  '" / -7:::::::;ヘ:::::l、:トハ:::';:. :  l゙ヽ    , -ュ ': : l;: ト!
  -' ´ ノ;ィ/ ト;::l ` ヽ';::';、: :. l‐ __   `7:l::: . ハl         おおかた今回の件も山越の件も
    /彡'´   ii ';l  , ヘ:トヽ:::. ',   /7- '1/!:: /  `         魏の連中が煽っているのだろうが……
  ,.-'"´     ',',.`/  ヽ`ヽ:::.', {/ `ヽ、'´ l::/ヽ.          
              ',',ヽ    / `ヾ、! `- 、',',`7' 、_ ト、
          / ',',丶_/     `l   `゙ =;-⊥. '
                                   {   ノ  \` rr'´/           ̄`i ,.-'′
                                    `'ーヘ   `-´       _ -―‐_{j_」´   
                                        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __,.‐‐'´:::::::::::::〉
                                      '、______,,..ィ;エ j::/:::::::::::::;:;イ
                                      /::::::::! ´ゞ-l:/l/ ヽ ̄  彳:::;::::::::::j'/.!
    最近の山越の指導者どもは、                l}ハ::::;',   l       /''イ::::::/´:::}
    魏に通じて印綬や将軍号を授かった上で、       ヽ{ '、  '           イ:;イ´゙}::::く
    我らに反乱を起こしております。                 ` .',  丶         '´ j  >イ「
                                           ', ,rテ==ヘヽ   /''´/ !
    このつながりを絶つ方策があれば良いのですが……       ヽ `ニニ~´  /  /   ヽ
                                             ',     /  /      ノ}
                                             '>r‐rr'''´  /     //`ヽ、
                                            ,.ィ { ||  /       //    `ヽ、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      呉では、この年まで山越の首領彭綺の起こした反乱が続いており、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .それがようやく鎮圧されたばかりだった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      そこへ降ってわいたのが韓綜の寝返りである。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         孫権は魏に対抗する一方で、こうした諸問題にも悩まされていた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
926 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:54:04.48 ID:fHC0X8Eo

  /                                `、
  /                                ヽ ',
 ,'                 、         、 ,   i  ',ヽ',
 !                  ヽ   ヽ  ',ヽ',..リi   ト、 ,i .リ
 i             ヽ    ',ヽ',ヽ、  ',、 .i-リ=ゞi i / ', i   いや、いっそのこと、
 ',            ヽ ',ヽ、  ',-リ‐-',  .i .Vイ-,},.j /l / .i /   それを利用して敵を誘き寄せることはできないか?
  ヽ     ゝ、    ヽヽ,.-.>、i=ミ ` , i  ゞ‐'"/イ リ、ヽリ     
  ヽ     i `,     ヾ'´ゞ"トゝ-},.  ` \   i  ',ヽヽ   山越の首領を偽降させて、
   '.,    ゝ i'、    ヽヽ`ゞ‐ '´       ゝ  j  ', ヾ、  それで魏軍を釣って一網打尽にする。
    }    ヽiゝ    ヽ``ヽ、        '_ ,. /   ',      
   .ノ     リ ヽ, 、  `、 ``     _,. -‐ ' ./ /リ、 i    魏軍を大破し、内外に呉軍の精強さを見せ付ける
  / ,.       .ヽ,`ヽ、 `,        -‐ /i ./  '.  l    一石二鳥の方法だと思うが……
,/,.- 7        ',ヾ、.ヽ、.'., ‐‐-  ...,,,____,./ V   ', i      
‐ ' /   ,     、`,:::::::::::``ヽ:`` ‐‐--イ>  ``''''''' ̄ ̄``ヽ
 /  ,.// /| ,、 ',ヽ'、::::::::::::::::::::::::::::::://ヽ、: : : : : : : : : : : : ヽ

                                  //  r' { _ '   r ´ ノ      ヽ、_       `} 
                                  {   ノ  \` rr'´/           ̄`i ,.-'′
                                   `'ーヘ   `-´       _ -―‐_{j_」´   
                                       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __,.‐‐'´:::::::::::::〉
                                     '、______,,..ィ;エ j::/:::::::::::::;:;イ
                                     /::::::::! ´ゞ-l:/l/ ヽ ̄  彳:::;::::::::::j'/.!
                                     l}ハ::::;',   l       /''イ::::::/´:::}
                                      ヽ{ '、  '           イ:;イ´゙}::::く
   難しい事をおっしゃいますな                    ` .',  丶         '´ j  >イ「
                                          ', ,rテ==ヘヽ   /''´/ !
                                           ヽ `ニニ~´  /  /   ヽ
                                            ',     /  /      ノ}
                                            '>r‐rr'''´  /     //`ヽ、
                                           ,.ィ { ||  /       //    `ヽ、
927 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:55:04.45 ID:fHC0X8Eo

         ., '. : : : : : : : . :   .             丶
        /: : : : : : : : : . : : . : :               \
        '. : : : : : : : : : : : : . : :  :    .   . . :      丶
       .,'ィ: : : : : : : : : : : : : : : : . :    : . : : :, : : .      ヽ
       i! |: : : : : : : : : : : : : :.': : :    : . : : :/: ィ. : : ,      ',
        |: : : : : : : : : : : : ,..,': : : :   ',: !: /}/_リ_|: . : .   }  l
        }: : : : : : : : : : : :{ ,': : : : :   .!:l' /'〃㍉!/: .,. : / /  }!
       ,': : : : : : : : : : : : Y: : : : : :  ハ:l   ヾト!'/: ィ: / } ハ /
       /: : : : : : : : : : : : :.!: イ: : : .:   | ヽ   ` ヘ// ' /'´
      , ': : : : : : : : : : : : : :{ ヘ!: :',: : :  | `     \
    /: : : : , : : : : : : : : : :.!イ l: : ハ: :.  |       /        いや、そうとも限らないぞ。
  ,. ': : : _,.ィ: ; : : : : : : : ; : : : :.| i: :| ',: : ト .i    ` ,‐' 
 ‐─ ' ´ / イ: : : : /: : :!: : : : :ト.',:.|_ ',: .ハ .l    i´           要はやり方次第だろう。
      './: : :,.<イ: :ハト、: : : !:::'.!::`ヽ,:.l ',ヽ‐- ...イ           .大抵の人間は情実に訴えれば必ず落ちる。
     /:,. -',.へ/,く、 .! 丶: : :!:::::::::::::く'.!. ヽ: |ヽ:|
     ̄ /: : : ヽヽ   \::ト、:::{´: `-、_ヽ!             周魴を呼んでくれ
     ./: : : : : : ヽヽ   ヽ',\{ヽ: : :  ̄ヽ
  ,.. ': : : : : : : : : >,ヽ   ,へヽヽ‐--..._:.}
./:,. -─-、: : : : : /  ヽヽ 〈  .>\ヽ、', `ヽ!
!/     \: : : .<     丶丶ヽ'   \ヾ!  ゝ、


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      この時期から、孫権はひとつの計略を練り始めた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
928 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:56:22.53 ID:fHC0X8Eo
― 数日後 ―

           ,     ̄ ̄ ̄   、
.        /             、、\
     /ィ ,       ,l l/ v l vlヘ ヽ
     , l / レ/レv/   lV ,l/l∧l ヘ ト l ∧
.   /´lヘN N //    l W W  l    ハ
   ' /    l' | l  l,  !| /l  l l |  l |
.   l/| l  ゝ /ヘA / v l'| /=ゝ/W  ハ|       ……と、いうわけだ。
.    l /l | 、V气rfリ  V l' ゞ==彡} l / l/
.    l’ N   ヽ´ ̄   ,      , /, l'  ヽ        誰か手頃な山越の頭目に話をつけて魏に内通させ、
.      |,l Nl从    、   /ィN /  ヽ`\      寿春にいる曹休を誘き寄せるように仕向けてくれ
.     ノ'| レ/| ,> . `三´ ∠ィ /| ,   ヽ
.       | /l /l   「≧、__ <  l/ .l/
.       l' ノ' ノ   \ {{    /  ′
                                            ,.-‐─ ─- 、
                                             ,r'"´  ,r'´ ̄`ヾヽ`ヽ、
                                         /   ,ィ二三二ヽヽV! \
                                          /  ,ィ⌒二ニ、_ヾ/  jリ,.-‐\
                                           / ,// ,イ    V   ,、--、r、, ゙i
                                       / ,// l ノ   ,fィイ ̄    リjノノノ
                                      ,/ ,ィr〈 リ ,イ_,イ」j/リ,,  ,,、、ィイノソ′
   なるほど。                            / / Uj  }リ,!ーt;;ァミ:j t'テァィイ{
                                     ,/'´ ,イ |   l |´`" ´ .:::; `"´ ,'爪
   だけどねぇ、そんな重大な謀略を             /  // /l  l | |    .:.::; '   / | ト、
   おいそれと山越に任すのはいただけないねぇ。   ,イ / / |   | | ト、  - ー‐ /L_」」__ト、 _
                                  //, イ,/  ノ  j | | \ ´ ̄ ,.イ{ ̄\ ̄ ̄ _ `ヽ
   あいつらに任せたら、               '"´ ̄ ̄ノ  \|,イ| l | |,ィ^ヽ`ー‐'゙ ヾi!   \   ヾヽ \
   どっかで事が露見するのがオチだろうね     ̄\//!  \| | | リ/  ー=氷=‐ |    \  ! |   \
                                    V |    \| | | ト、`二>〉j〈二 ハ     /   | ト、
                                    トイ二三二!,j | | \ 二ニ!ニ //ト、 ̄``ー┐ | | i  ,イ
                                    | \ 弋イ | | |   ヾ``Y´,// j \    | jリ/ ,/ |
呉 鄱陽郡太守 周魴
929 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:57:23.77 ID:fHC0X8Eo

          ヽ、 _,,,,..............,,,,__
       _. -‐=、'} ヾ,       `' 、
     . ‐''´ ̄`' `'  l彡-      ヽ
    '´フ´/  '"`ヽ }'⌒        ヽ
    ノ /   ,.‐''ソ /"ry⌒ヽ,  、     ',
    ´7 ノ / / ,.イ. | |::::::::::::::ヽ, li      |
    ´7. | | ト-i、| |::::::::::::::__;ゝ}ミ、      |
     レl | |ャーr,、ヽ|'vッ='-ry:| :レヽ   |
      `'ト、.ト`'ー'^ .i::.、^'ー-‐'゙:::| :|'ア |   |     なんならこの一件、私に任せてもらえないかい?
         | :::|    j::::. `   :::::| ::|_ノ:    |
 .      | :::::l.   ヽ-    ::::::| :::|;:: : .   |     少しばかり時間はかかるだろうが……
       | ;:::::|i:、  ''━ー'  .::イ|  :::|;:l : : .   |
      | ;:::::l「l^' 、._... -''´__,|  ::::|;:l : : :  |
       | : ;::::||:|::ヨ=、`'Y´,..=| li ;::::|;:l : : :  |
       ノ : li:::||ノヲ''=} :∥:}='| | ;::::|;:l : : ::. |                .  ―……―- _
                                         . ィ  /レl  l |W   v> 、
                                        // レ  ヘN   lヘl   トl、lヽヽ
                                   .     /wlヘ/ l  |l,    l       l ハ
                                      / /l {  ト、 |lヽト、 A|    、   ハ
                                      /,/.  lヽl、l ヽl´ ィア行N ./    ヽ l、ハ
                                   .  l/l l ゝl,=ミ、   jz斗 l/|  ィl トN l レハ
                                   .   l l 、 {!(rリ,         l N || {l } ヘl 、ハ
          何?                     .    ゝハ lヽゝ´、        / /l/ |ソ   ト-ヽ
                                        `l |八 't. =‐    /´l  / l     l、\
                                           ||l\ r‐     _」. /川 ,、   ヽ ‐\
                                           |イN/ へ _  彡 ナ/_//   ー- \
                                          l l' /l/`|{{「   , l/ /´
                                          l .//  」ハ}}/ ′
                                          l/   / 」´

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      孫権の計略を実行に移したのは、鄱陽郡太守の周魴である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      周魴は呉郡出身の豪族であり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      鄱陽郡太守として彭綺の反乱を鎮圧し、彭綺を捕虜にした実績を持つ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         今回孫権が彼を起用したのは、彼が山越にパイプを持っていたためだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
930 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:58:36.33 ID:fHC0X8Eo

       ____
     /      \
   / ─    ─ \        本当、呉人のやることはいちいち汚いお。
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |      少しは丞相を見習えと……
  \     ` ⌒´     /


                                              /.:.:.         \
                                               /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                             /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                             /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                           /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                            N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
   弱者が強者に立ち向かうのに、                       ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
   正攻法や正々堂々などという言葉にこだわっていては、          `ヘ:ゝ   _     小/   
   百年経っても勝つことなどできはしない。                     ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                              _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
   ここで孫権を卑怯と言うつもりはない                   /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                            /  | l:l   l     l   l::l l
                                            l  ヽハ    l    l  //  |
931 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 21:59:36.63 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年春 呉 揚州 鄱陽郡】


          〃⌒⌒ヽノ
         /〈ノノ_、^_)))
         / (| | ,_ノ`ノ|_
     _______i,∇りヘ ソりソi______           今日呼んだのは他でもない。
    /⌒ヽ ;/ ,イ (, ,Ψ, ,),r --、 ;;\
   /;; ;; ;;ヽ!___/]つ-=/.r'⌒.i∧;; ;\        実は呉王殿下と喧嘩しちまってね。
   /;. ;;| :: ;;ヽ;; ;;\ ,r'  i-=Ti  ヽ;;__;\      こないだの韓綜みたいに魏に帰順しようと思っているんだ。
  /,; ;;ノ;; ;; ;; ヽ ;; ;;\. ,r'i  ||;\ ,,_/,;; \
  ん;;ノ;; ;ヽ;; ;;,\;; ;; \ . i . ||;;; `';; ;;; ;; ;; >    そこで、あんたのツテで魏の曹休殿に連絡したいんだが……
   ん~、;; ;;;_不ノ~~f、 ,ヽ~'~~~~""
       ~~"^        ` -'
                                           __   _____   ______
                                          ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
                                          'r ´          ヽ、ン、
                                         ,'==─-      -─==', i
                                         i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
   周魴様がそんなことするなんて、                  レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
   何か不満でもあるの?                         !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
                                          L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
                               山越の首領→  .| ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
                                          レ ル` ー--─ ´ルレ レ´
933 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:01:48.10 ID:fHC0X8Eo

     ,,-‐''"          i .l;;;;ヽ             ヽ
    " ̄ /          |;;;;;:::ヽ   ヽ          ゙、
     /         //:::  :::::\  ゙ 、         ミ
    /       /i  i /| |:::::   :: ::\,._ ゙ヽ、        i
   / / /    |:|  .| | | |::::     :   ゙丶、__ヾ __      i
.   | / /    | |:|  | |::ヽ.:::     ,;:-‐二二"\\ ヾ丶,,,   |
   | ::|| /:  |.   | |:l ::: | |::::::     '" /".(゚/_)/. ヽ ゙i⌒.i::::゙゙''i .i
   | :|.| |:  | ||  | .ii,, -‐''二 \    _" ̄      !  / .|:::::::| i
.   |:|. |.|  | ||   |/./(゚ ノ ;   ::::    ̄      i   、l::::::::| |  .  そんなところさね。
   \ i |ヾiヽ\、.i ‐'"- '' .'"   |:::::         ,,ノ / ,ノ:::::::::! !
      \、 ヽ- ヽ         |::::::::    、__,,,-" ,   :::::::::::| !    私は故あれば寝返るんだよ
         |  i:::.ヽ       ::.ヽ.     ー ‐ ' "    :::::::::::| !
        /  i::::::::::.、        .__,,--‐.'         :::::::::::! |
        /   |:: :::::::..ヽ    ー'"、 ‐''"      /   :::::::::::! |
.       /   .|::::::::::::: >^、     ::::       /    :::::::::::| |
      /  /:./:::::::::/  iヽ、         .:" \::::::::::::::::::! |
    /  /.:/::::::::::::|    ゙i..::ヽ. 、    ,./::/  │::::::::::::::::| |
   /  /::: /::::::::::::/  |\゙.i.   `' ‐‐''":::::::/    \.::::::::::::! |
 /  /:::: /:::::::::::/    .|  ヽi       ::::i     │ ::::::::! |


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .こうして周魴は行動を開始する。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼は山越を通じて魏の曹休に連絡を取り、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .信頼する配下を使者として七通の手紙を持たせ、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         魏の曹休の駐屯する寿春に派遣した
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
939 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 22:10:00.50 ID:VioA9lAo
ああ周魴はシーマ様かwwセリフで初めて気づいたww
934 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:02:46.09 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年夏 魏 揚州 寿春】

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| 
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|      鄱陽郡から来ました
   \  `ニニ´  .:::::/ 
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i                             /   ヽ;|  \ \\ \  \
    |  \/゙(__)\,|  i |                            〃   l l. |  '、 \ ヽ \ ヽ  ヽ
    >   ヽ. ハ  |   ||                          //   l. l l、「l ヽ ヽ ヽ. ヽ    ゙、
                                          ./ l. l   | |. ! |Wリl. '、ヽ.     ゙、 '、   '、
                                         /l.  l l |;l.|l.| |   | ト、 '、   l.  l l. l ト!
                                      .   l;;|  l l l|l|l l.|i!    |lr|‐lt、  l.  l. l. l. l、l
                                         |;;|  l | |」r|‐|ト    i! .,ィッ‐'、 ll. ト|ヽ l トミ,
                                        |;;|  l | | !,tッ.、      l {r‐'jヽ. ll.. |;;;」ハl|;ト!
                                        !;ハ ll l. |.l {ヘィj       `ニ′ l.ll'l |;;!}|;;;;;;l
                                          l. |!l l |  `ニ′ ,        i! リl;!'ノ;;;;;;!
     ん? またこっちに寝返りたいのがいるのか?        l |;!l. `ト、      `  _,     ,i!;;;;;;;ト{
                                          ``ト!ヽ!|、     `F ̄  }     , ';;;;;;i;;;l
                                              `'!ヽ、    ヽ_ノ   ,/|;;l!;;八{
                                                 `'t、、      /::::::|;ル′
                                                    ヽ|` ー‐‐'":::::::: |ー-、
                                               _,、-''"::}.        |`!::::\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .周魴の使者が曹休の下に持参した七通の手紙には、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      何故自分が魏に帰順・内応する気になったのか、孫権に対する不平不満、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      孫権の目が荊州に向いている今が呉攻略の好機、などと述べられていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         これらが都合の良い偽情報であるのは言うまでもない
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
935 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:04:44.65 ID:fHC0X8Eo

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ       ところが曹休は何を思ったのか、これに乗った
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
                                                   ____
                                                 /      \
                                               / ─    ─ \
                                              / -=・=-   -=・=- \
    つーか、これってなんか見覚えが……                  |      (__人__)  U  |
                                              \     ` ⌒´     /
936 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:06:27.07 ID:fHC0X8Eo
【紀元208年12月 漢 荊州 赤壁】

           __,,,,.、、、 --──- .,_
           /            `''ヽ、
        /       ,.,.,.,.,._         \
        / {      ,./    `ヽ、      ヽ
      l  / ヽ-- ''"        ゙、        ゙、
      ノ ./    i '´ ___,. -─‐-、 <         l     ふむ……
     (  l _,,,,,,.___ l  r',,. -o=,.‐‐-ゝ!       i
       ゙i レ .,-o==ヽ   `ー‐''"   r'  i´⌒ヽ  {     わしが曹操に投降しよう。
        ヽi 、`ー''"l  i ゙i      }   ゙i-,  l   .)   
       lヽ,   /   __     /|     }'  l  /     書状を送って投降の意を示し、
         { |`  〈.,,___ ,.-<,._  ' `ニ7,._ノ  /  '-,     .投降すると見せかけて曹操軍を……
       〈,l ,r'´       ゙ヽ、   ̄  `ヽ、___,.ノ     
        | L,,. -────--- .,ゝ     ノ     ゙、-、
         ゙、   ---            /  ,,. -'"-'゙i
         ヽ、,        _,,. -'"_,,. -'" /´   ゙i
           ヽ、____ ,.-'"_,,. -'",.-'" `} `゙ヽ   l- 、
           ゙、 ヽ,___,,. -'",. -'"  、___ノ ノ`ヽ!,.-'";;;;;;;;;`'''-  
            |゙'i | r‐'',.-''"-/   `''ー ' ,.-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 

孫権軍 部将 黄蓋

───────────────────────────────────────────────
          (ヽ三/) ))        
      __  ( i)))           
     /⌒  ⌒\ \         .
   /( ●)  (●)\ )         
 ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\         思い出したお! 赤壁の時の黄蓋だお!!
 |    (⌒)|r┬-|     |        
,┌、-、!.~〈 ..`ー´    _/         .
| | | |  __ヽ、    /           
レレ'、ノ‐´   ̄〉  |            
 `ー---‐一' ̄
───────────────────────────────────────────────
937 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:07:36.55 ID:fHC0X8Eo

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|      なんて思い出してはみたけど、
    /,'才.ミ) (__人__) /       こんな使い古された謀略で騙された曹休は馬鹿なのかお?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
                                               / ̄ ̄\
                                             /  _ノ ,ヽ\
                                             |   ( ●)(●)
                                       . \    |     (__人__)
                                          .\  .|     ` ⌒ノ
                                          . \ ヽ       }
    ですが、周魴の帰順・内応は、                      \_,ゝ     ノ
    曹休にとって魅力的な提案でした                    /, r、    く
                                           ./ 〈  \    i
                                            .ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                              .て_)   \ノ
                                                    \
                                                      \
                                                        \
938 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:09:34.94 ID:fHC0X8Eo



                          汝南        寿春          広陵  `ヽ
              樊城          ○         ○          `´○     `ヽ
              ○                      合肥      ,-、 ,-‐‐、      `i,
             ○                        ○     /´○ ~   ヽ,-‐‐-、  _,、`ヽ,
            襄陽                        ,-,_, 、,  /´建業    ,、 ,、   `く,!~`=,-`
 (三峡)                                   `ヽ‐´  i   ,~ノ  ~´‐,‐~=, ○ ヽ`ヽ,~!
,_,、↓_,,                                    ,、,i`~   ゚o    (,  {,_呉     ヽ,  
´ ~´ `~ヽ-、 夷陵         夏口                _,|            `‐´~    ,--`  
       ヽ,,○  江陵      ○ ,/ヽ‐i,_          _,i‐´                  ,-‐´  
         !-~`-_,○       ,、/ ◎ ~!,_       i´                ,=,‐-´,--、
            ´‐i       _,,-` 武昌  ヽ,_    _,‐´                  `~´    ヽ,_,___,`
          公安○!‐‐-ッ/~~            ~`´}~                           ,/´
           ,、、,  ./‐´|           柴桑○/~!,_                         i=~‐
          /  ~~~  丿                !  ,、,i 【鄱陽郡】
          ヽ,    ノ~                 !,_|.        
           ~ヽ‐i,_/
         


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ( ;;;;(       .  
 |    ( ─)(─  ) ;;;;)         その理由は、周魴の治める鄱陽郡の立地です。
 |      (__人__) /;;/         
 .|        ノ l;;,´           地図を見てもらえば分かるように、
  |     ∩ ノ)━・'           鄱陽郡は長江の中流と下流の境目に位置しています。
/    / _ノ´             
(.  \ / ./   │            つまり、この地が魏の領土になった場合……
\  “ /___|  |             
  \/ ___ /
────────────────────────────────────────────────
940 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:11:19.93 ID:fHC0X8Eo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  
 /  (●)  (●)  \        呉の領土を東西に分断できる、と?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

                                             
                                                       / ̄ ̄\
                                                     /  ヽ、_  \
                                                    (●)(● )   |
     ええ、それに加えて、                                   (__人__)     |
     魏軍が長江の南岸に足場を得る事になります。                   (          |
                                                .    {          |
     魏軍が水戦に弱いのを考慮すれば、美味しい話ではあるんです。       ⊂ ヽ∩     く
     常識的に考えれば、話が上手すぎますがね                     | '、_ \ /  )
                                                     |  |_\  “ ./
                                                     ヽ、 __\_/
941 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:12:48.34 ID:fHC0X8Eo

         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ  .  補足、これは想像に過ぎないが……
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|      曹休が周魴の内応に応じる気になったのは、
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ       彼個人の事情もあったと思われる
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_
942 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:15:58.57 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年夏 魏 揚州 寿春】

            _,. -- -  、_
        _,、-'^Y´::::..:..:.. . . .:.:::`ヽ、
       /.:.:::::::::i::::::::::::::::::::::.: .:::::::::::\
      /:. .:::::::__:::::r‐、-、_::.. . .:.::::::::::::::::`、
     /:/:::::// ハ::ト、 ヽ \、´"''‐、:::::::::::::::::ヽ
    j/::::::/ /' i l| ヽ   \\ \::::::::::::::::',_
    /::::::/ /'  j i    l l l、 ヽ ヽ \:::::::::::::i`i-、_
   ':::::::/ / / ! i l  |l l l lヽ ヽ ヽ 、 ヽ::::::::::i l l `'ー   まさか、仲達の奴がああも手際良く孟達を斬るとはな。
  j::::::/ / / j j  l、 l|| l l| ト、l  l | l |:::::::::::! l l  
  /l!::/j // //  l|l、 l|、l  l l|:l|ハl、  l| ! |::::ト、::|  l`iー、   西じゃ子丹の奴が蜀軍を撃破したようだし、
  jl://! i j 〃l|i  |l|i:l l l l |:l|| |l|ト、 l|ハ |::::K}::|   ! !    俺も負けてられないな。
   l|ll:| l/!/l |:l|i | lNl l l |リ|レー!‐トl||::l |:l:l/V!  l  
  /|! l| l::l |l |:::l|l l|_」l_|ト、{  l |l ,ニ,=‐テ||ハl|:|}!  j   l    .呉の攻略は先帝の悲願でもある。
  j{  jハ !:l ハ{::::l|N!ニ,ニ、ヽ `  ` ´ |! /}!  l!   l    周魴に協力させて長江を押し渡れば後はどうにでも……
  ヽ\ ヽ{ヘ::!Vソ `! ` ´r‐、       /  / j|    l   
   ヽ、\ `{、l |  ト、 / /j⌒!_    , '  / j |   |
   く (_ヽ`'‐、 l_|  L_`|  |ノ  i-一,、く,___,,、-'゙}_レ⌒ヽ|
    )´ノ ̄\ `‐、_ `|  |!  ハ ̄  }ニニニ/}/ l
   { /  `ー---' `ヽ、_'_ -' ,_,.ィ /ニニニl// /
    }′       }!   丁    lニニニl/ /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹休と周魴の接触が始まったのは、第一次北伐の前後と思われる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      ちょうどこの時期に司馬懿と曹真がそれぞれ戦果を上げており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼らと同等の地位の曹休が何がしかの戦果を欲していた可能性は高い。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         また、ここしばらく、呉軍が国境地帯に侵入しており、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          その状況を一挙に打開したいという思惑もあったのだろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
943 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:17:15.44 ID:fHC0X8Eo

          ,, - 、 , - 、
       __,,/   /'Yヽ  ヽ、
      ,/   〃/ || ト、  `i 、
.     //    /,,|l,,l,,,!!,,,l,,l|l |l.  ! ヽ
.    /::l   l |l |!     |l |!. i  i
    l::::l  ,l| l|ー''´    `'一| l   !
.   l::::| l  l:|lニニ。ニ    ニ。ニニ| | |l l
   lイ:| l| |:::|----    ---- lハ,l::| |
    |::| l| |l::| //////////// l:|l|::|l
    |:::|ル'`!ヽ!、          , l/f|!:!      この機会に呉を潰せば、
.    !ハ:::ヾ_,、 ヾ''''''-------ァ'´ ,、ン:!      .魏建国以来の功臣になれること請け合いだな。
     lハ;:::;、:ヽ、`'''''----'''´ ,..::':;ハ/
       _,ニ 、ァ=`r------ァ'ム'`''     .    そうと決まれば、さっそく呉討伐の件を陛下に上奏するか!
.    /:::::|  |!、:::::`'''l  l'''"::::;l「 T''ヽ
.   l::::::::::|  |:::::`''-:::`H"::-''":::| |::::::l      秋の収穫が終わる頃には攻め込んでやる!!
 、-、l::/7/7 ,!、::::::::::::::::ll:::::::::::::::::| |::,.、l
  ヽ `' // // /::::::::::::::::O::::::::::::::::r''i .l llヽ,
   ゙、    /ノヽ::::::::::::::::::::::,.、:::::l l_j lj })
   l      /:::::::::::::O::::::::ヽ`''゙     ,イ
  ,/`''-,,__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::`、  __ ノ j
  ヽ\、__,,ィ::::::::::::::::::::O:::::::::::::::>二__,ノ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      かくして、曹休は呉討伐の決意を固めた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
944 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:18:24.03 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年夏 魏首都 洛陽】

   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴
945 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:19:36.29 ID:fHC0X8Eo

\       ` 、     ‐-‐     ,  '  .._          /
  \   _ .   ´  `   ____ , . '      `  .._    ./
    r‐´    __,;...---‐‐‐‐----、、____       ` 、/
    l  _,;..-‐::::::ム: : ム: ::::/l: :./ l: :ム : :ム::‐r、.__   l
    〉':.´:l: : :l: / ヘ/  l:./ .l::/  l:/  V. i:::l : : :lTi_.l
   /:ィ: : :l: :::〉/ 、ゝ'''''- リ  .リ    lゝ''''''.匕 i::l: : :l::ト. :`‐、
   i:/::l: ::λ:::l.'ニイ .ハ⌒ハヽ     ´ハ⌒ハ ヒ. il: : l::l: `: : ::`‐、_  まずは孟達討伐の成功を祝っておきましょう。
 . レ:::::l: ::iヘ::::l   ,,,マ::::::ソ        マ::::::ン,,,  l.:::/:ハ:: : `.、:::: : :
  l : ::/ヘ::l ヽ::l                    /::/ /l::::: : :`:、::   武帝が今この世にいたとしても、
  l : / ::l :ヘト、\         ′       /夂/: :`、:::: : : :`:  あれほど鮮やかに討伐し終えていたかどうか。
 l :/ ::::l: ::::::/Tlゝ       __... ...___        /i:::`:::::: :`.、::::::: :
 l/: l.:::l::::::::l::l:::l:::\      -       /:i::`、`、::::::: : : 、:::::  陛下もとてもお喜びです
リ : l ::::l: :::::l::l:::l:::::l:::`i...._        _. ィ::l::l::::.`::::`、 、:::::::: : :`:
ll : l : ::::l::::::l::l:::l:::::l:::::l::::::l`  .._  _..  ´ .|::::l::l::::::`、::::`.、、::::::::::::::
l:l :.l : : ::::ヘ::l::l:::l::::::l:/'''}         .{''''/丶、:::`、:::::::`..、::::::::
l :l: l : : : : ::ヘ,:l:::l:/  l'´          /   ` ー- .._:::::::::`:::、
                                                //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
魏 司空 陳羣                                   /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
                                              /.::.:/              \::.::.::ヘ '
                                          /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
                                              '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
                                            / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
                                        /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
   これはこれは……                         / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
                                       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
   司空殿からそのようなお褒めの言葉を頂くとは……    / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |
                              .         / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l
   恐縮ですわ                           / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |
                              .       / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
                                    / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
                              .     / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |
                                  / イ /   /  /ヽ_}「  ∥∧〈::.::.::/ |::.::./ | l::.::.::.::.::.::.::.\l
魏 驃騎大将軍 司馬懿(字:仲達)
946 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:23:29.64 ID:fHC0X8Eo

    \     , -―'´ ̄  ` ー-----‐'´   `'ー- 、_ /
     `'ーi ̄  _ r―――y 7´7 ̄`7 ‐--y‐- 、__i´
        ├―/´ / .::/__:∠._/ : .:://.:ム/_イ.:.:.:.:.:.j
        /  /   /./「∠   i .:/ ,/ ̄´_レ' `i:/.:.:.:/ハ
       / / .i i ,〆!ィチ ̄ヾヽj/    ィ'j´ヾy'/ .:.:/.:.:.:!
     / /  {!ヘ 从 込'r j }         廴d:}イ.:.:.:./.:!.:.:.!.   さて、あなたにわざわざ洛陽に来てもらったのは、
    / /   人ヘ :.ヘ´ ̄ ´          ̄ /.:.:/.:.:!.:.:.!   その陛下があなたにいくつか諮問したい事がある、と
   /, '   /  乂ト、_:.\        '    / ィ.:.:.:.:.:i.:.:.:|
  / .:/  .:/ .::/:.N:ヘ  ̄       _ _    レ'/.:.:.:.:.:.i.:.:.:.!
./ .:/  .:/ .::/.:.:.:./.:.:.>、             ィ .:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:!             ,xXXXxxxxXXXXXXx,. ` 、
/ .:/  .:/ .::/.:.:.:./.:/.:.:/i> 、    ,ィ.´/ :.:.:.:.:.:/.:.:.:.:i             /ァ''^"´,   `^''xXXXXX,.  ヽ.
.:/  .:/ .::/.:.:.:./:/.:.:._r'´,!   ` ´  |'y   :.:.:.:.:/l.:.:.:.:.l            / ´    !       l `xXXXX,    ),
:/  .:/ .::::/.:.:.:.:/ム-'´ ::{'        Y   :.:.:./ ┴‐-'- 、 .        /     l      l   `xXXX,.   ),
  ::/ .::::ム-'´      ::|         /   .:.:./   //, -ヽ         ′     l.     l l   `xXX{.   |
  :/ ; -' ´\\     ::l , -‐‐-、  /   .:.::/ //'´-―-.        !  / /  i| i   ! l / ! ,仆、 `XxL  |
                                         l /,/ | _|小、!   |/)' |/,斗∨ |XXマk !
                                         ! 〉l ∨ |≧t圦  リ_>チ〒ァ、} ! };;ト、 }}
                                  .       l l 从. ト、ト弋リゝ\{ イ弋リノ' ノ ノ/l;;|,リノ'|
                                          | ∥ ', マヽ`ー'      _,ノ / /|;! ||. i
                                         l |  ', '込 ""  、  "" _,ノ,/ / l! ノ' |
   まあ、おおかたの察しはついておりますわ             !十!l´', マ价x、 ー -' , イ/ /`l!ー'く、 i
                                  .       ,´ヽ! !l ', ∨从 > .ィ /../ / l!.:.:.:.:.:ヽi
                                  .       i.:.:.:.:.:.:.:.:!l )ヘ,.∨》,. ≫‐≪ // /《 l!.:.:.:.:.:.:.:;.i
                                         l.:.:.:.:.:.:.:.:.:."》 ヘ{ 《. ∧ 《/}/  》.:.:.:.:.:.:.:.:l.|
                                         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:》     《 》' '《. 》  《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.',
                                        /.:.:.:.:.:.::.l`y'′    》||   ||《   》.:.:.:.:.:.:.:.:.ス

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .孟達討伐の戦後処理が一段落した頃、司馬懿が洛陽に戻ってきていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      石亭の戦いの経過を見ると、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .彼の管轄下にある豫州の兵も揚州方面に動員されており、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         この際に呉討伐に関する合議があったのだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
947 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:24:33.21 ID:fHC0X8Eo

    ___/_:_:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.:.:.:>- 、/:.:.:.:.:.\___
   ヽ::::::::::、_::>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´::::::::、:::):.:.:.:.:.:.:ヽ::::/
    \::::::::/.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
       >' .:.:.:.:.:.:.:.:.y、:.∧:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
.      /::,':. .:.:.:.:.://:./ーv-、! :.:.:|:.:.:.| :.:.:.:.:|∨|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、
     /::::|:.| :.|:.:.//:./:|   |;イ:.:}:.:.:||:.:.:.:|/::::::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::>
       ̄ォ_|:.∧:.|从:{ト|   リ }:/|:./ }:.;ノ}::::::::| .: :|:.:.:.i:.:.:f'´
        |:.:乂、{:.|テ示ミ、  /,ィ/テホ≧, /イ:::::| . |:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.ヽヘ{、代::{       ト、爿 // ',刃 :.:.:|:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.:.|:Ⅵ  ̄       ̄´   冫ノ/:. |:.:.:.|.:.:l|     司馬懿、孟達の討伐での働きは見事だったわ。
        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|      今日はその智謀を私に貸してほしいの
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l
     /:.:.;イ⌒マ//  /¨(衣{´\    ,.':./:.:.:.:.:./:.:./:.:.:|
    ,.':.:.:/   / { ゞ-' ,イ´ ̄| \ \_ ノ/:.:.:.:./iノ:.:./'⌒ヽ
    /:.:.:/  j レ \/, ′  | |´\_/:/:.:.:.:.:.:/:.:.:./   . / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
.  /:.:.:/  | }  /  ′  | |   {/:.:.:.:.:.:/:.//    |./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
                                  /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
                                  ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
                                 ./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
                                 ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
                                  /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
                                 . i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
  私ごときで力になれるのでしたら喜んで       il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
                                 .}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
                                 .ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
                                 リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
                                 ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
                                 、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
                                 .l }   /      /       /  /   ヽ
948 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:26:40.91 ID:fHC0X8Eo

         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´   まず……
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!     最近、国境近くの郡が我が国に加わったけど、
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l     そういう新付の郡の場合、
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l     戸籍が明らかになっていない場合が多いわ。
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、   これじゃまずいから実態を把握したいんだけど、
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ   どうすればいいのかしら?
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !
949 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:28:37.14 ID:fHC0X8Eo


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |    そうですわね。
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !    現在、賊は厳しい法令で
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ    下々の者をまとめていると聞いております。
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´ . それならば、大まかで根本的な内容のみの法を布き、
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //    民草があるがまま安楽に暮らせるよう、
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_   .取り計らうのがよろしいでしょう。
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::  我が国が暮らしやすいと皆が知れば、
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::  下々の者は喜んで戸籍の登録に応じると思われます
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      司馬懿は国境の郡の戸籍の問題に関して、このような発言をしている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      当時、蜀では諸葛亮が法家による厳しい統治を行っており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      この発言はその対極に位置するだろう。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         司馬懿の政治へのスタンスは、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          主であった曹丕や彼の尊敬した漢の文帝に近かったようだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
950 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:32:03.42 ID:fHC0X8Eo

               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',          農業の奨励、浪費の厳禁。
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\        .このふたつが私の統治の根本よ
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
        / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{:::::::::::ト、:::::、ー-ゝ  ',
         / /:::::::::::∧:::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l
       / r'::::-::、:/ {:::::::/´::::`ヽ:/ ̄:「、 レ'  !  ハ !    ! 
      ,'_ノ_::::__::/ ノ:/::::::::::/::::::::::::::| }/|  ,' / l |   l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      また、司馬懿は農業の振興に熱心だった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      荊州を皮切りに、各赴任先、あるいは遠征先で、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      運河の掘削や屯田の開設などを積極的に行い、食糧増産に貢献している。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         彼は戦時における兵站の重要性を充分に理解していた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
951 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:33:39.27 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年夏 魏首都 洛陽】

         ___  , -─‐v‐- 、
        /::::::::::>'::::::::::::::::::::::::::::\r‐ 、
        \__/::::{:::::j:l:!´¨丁ハ:::::::}::::::::>
         l/:::}::::ナメ、ハ   !≦}::l:::トイ
         |:::::::ハ::{代:ソ   ヒ以}イ:/!-「
         |::::l::::fヘ    '   ハ::::|:::|
         |::::|::::`ー、   ` ̄  /イ::/::::!
         |::::|:::::!:::/::ト、_, イ:::/:::::::::|     .      なるほど、参考にさせてもらうわ。
         |::/:::::ハ(::::「 ̄ ̄ ̄7:::::::::::ハ
        /´:::::/:::{::ノ: : : : /:::::::::::ノ: : '.     .     次のお題なんだけど、
          /::::,ィ´: : __/__: : :(::::::::,.ィ´: : : : :ヘ         あなたも知ってのとおり
      ノ::::/: i/: : :/: : : : : :)::::( : |: : : : : : : :}        寿春の曹休が呉を討伐したいと言っているわ。
     /::::::ノ: f: : : /: : : : :イ:::::トヽ:l: : : : : : : : \
    (::::::::/: : :| : : : i: : : : : :):::/: : : :> 、 : : : : : \     でも、少し前に蒋済がこんなことを言ってたのよ
     \/ : : : }: : :l |: : : :/´ : : : :/:::::::::\: : : : : : :\   .
     /: : : : ハ: : :| }: : : : : : : : : /::/:::/:::ノ}ト、_,: :´: : : `、
    /: : : : : /:::l: : : : : : : : : : : : /::/}::(::/ / /: : : : : : : : : }
                                                ーY{薔〉t―- `   、
                                        ,_:::::::::::::《≦ノ  、::::::::\ \
                                         ´    ̄゛/`ー-、:::::`::: 、:::::\ \
                                        /   / /    |  ト、:::::\:::::ヽ ヽ
                                   /    /   /      |   ヽ\:::\::ヽ ヽ
                               ii   ハ        /      | | 冫\::ヽ:|  ヽ
                               \ ヾヽ__| |   i   、            |  i   >t< 二ト、
                             >\ ト::Ⅵ |   |   l    /  /   /!|/ヅ/不 \ \〉〉
                         ―‐≠=::::ヽ::::::::!ハ   ハト、 |  く  /  // |\ト、1|::|ヽ\`_/
                          .二>:::::::::::::::::::::L∧ ヽヽト、ヽl| /   // / ,|   `ー|::| ヽ \ヽ
                         二ニ:::::::::::::::::::::::::::::;;|ト \从シ|/  ニ/゙ /<、`   i  |::|  ヽ  i、\
       …………            -=≦::::::::::::::::::::::::::<::|ヽ  ヽ      ´、(!l ト<  /  /   !::!i   ヽ ヽ::::::、
                           二>:::::::::::::::::::::::::::::::\.ヽ〈      `´  / /   ヾヽ   ヽ ヽ:::
                            ̄ ̄ミヅ:::::::::::::::::::/i ト\ ー 、_     / /、    !ヽヽ   ヽ }
                             /::/√ ̄/  | | |::ヽ      ー― ムノ/   /∧ヽ〉__.>/
                               /  ,  ´ <::::| | |::::::`―t‐<:―,´\/   /ー-一:::::::::::::: ̄=
                                /_/:::::.:::| | |:::::/ツハヽヽ:::ヽ、/    /Yー―――‐-  、
                                | \.::.:::.::::.∧ `|〔::/イゝト|::ヽヽ:::∨   /;ツ  -―――-、、
952 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:34:56.54 ID:fHC0X8Eo
― 数日前 ―

         ______/  \    /´\
      / .//     ` ̄ ̄´    \
    ./   / /     ./:      |    ヽ
    /     |/      |:..|: |: |: ∧: l:   ヽ
    |    :|       :|斗 /‐/|: / |-〈:   |:. ',
    |    :|       :|.:/x示ミ|/   示:|: ∧: |
    |    :|       :l'〈 r'::::}|    r'i| レ':|∨   大司馬が深く敵地に侵入して、
    |    :|       :|  Vzソ   V} {:  !     孫権の精鋭と対決しているうちに、
    |   .:ハ     :|  ー    , ー |  |     長江の上流にいる朱然たちが曹休殿の背後を突くと思います。
    |    ヘハ     |'' ''      。 ''/:. |  
   ノ      .:∧   ∧、       /:.:  |  
  /. イ::.   ヾ.__∨   |_   ァー' |.:.  /  .   私には今回の作戦の良さが分かりません 
    .レ|:.     \\  |::::::ヽ/>、   |.: /
     ゝ、::    ∨ ヽ|\::::|∧ \ |/
    /_,\.:.   |   >‐V/ー<  >、     
   レ/´   >、 |`〈     「| /く  |     

魏 文官 蒋済
953 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:36:13.50 ID:fHC0X8Eo

          , ヘ __...-―‐-――- 、___∠ ヽ
         /三三三;'´:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.ヽ三三ニ=、
         ト三三 /:.:.:.:.:.:.:⌒、:.;:.:、:、:.、:.:.:.:.',三三ツ
        .':.\三' //:.://://^ ^、:ヽヽ:ヽ:.:.:∨<|
         |:.:.:.イニ!:.|:.|:.//:/|:|   }:|:}:.|ハ:.|:.:.:}ミュ、|
          |:.:.:.弋i!:.{:.:|廾卞リ   j廾升||:.}:.:.|ニソ:|
       |:.:.:.:. :::|Yヘ{ャ7圷、     ィ也ヌレfヘ|:::|:.:.:|
       |:.:.:.:. :::|:{ ミ、 ゝ='     ゝ=' / ,'::::|:.:. |
       |:.:.:.:l :::|:.ヽム     ,     ,ツ|:.:.:|:.:. |        .   どう思う?
       |:.:.:.:.|::::|:.|:.::|:ヘ.  、―ッ  ノ|:.::|:.:.:j:.:.:.|
       |:.:.:.:ハ:::|:.|:.::|::::::i> . __ . ィ::|:.:|::::!:.:;':.:.:,イ           あなたの考えを聞かせてほしいのよ
       |:.:.:.:.:.:V: l:.:.|:::::::}ー―‐‐ {:::|:.:|:::|::,':.:.:/:|
       |:.::、:.:.:.ヽ:!:.:.!__ノ::、_:.   _}、|:.:|:::|/:.:./:::}
       人::::\:.:.:\´:.. ::.... `  ' ..:: ̄フ:.:ノ::::/  
      //::::\::::\:.:.:ヽ    。∩ 。  /:.:/::::;イ   
      /ノ  .:::::\:::}::.: /    __| |__  廴(:.:.::{ |                __/┌fフこYヽ¬  ̄`マ}__\
     冫-‐ ...:::::::::リ从:{   └ .┌┘    ):.:.) |               __{f〆 イ{弋勺 リ}〈ー- 、`マ}_ ヽ
   /     ......./'ハ) . ........:| !::::::::::::/:.;イ:! |                  _{f7 /_/ >===彳 」   _\ マ}ハ
                                            _{f7 / _f〆^⌒^⌒^⌒i^⌒^マ}/ィ || ト、
                                         {f7 /f〆ハ   l|         く <_ノ || lヽ\
                                           /{{| { f」 l | l   l|   l     `'ー小、こ イ 、
                                       ///|  | |∧   |l    | |l ハ〈 〈/ ハ L} | ヽヽ
                                        く <__/|   l |  ヽ lヽ  | _L厶⊥!ヽ イ ト--' ノ ノ
                                     /  >ォ―!  斗-≧メ ∨ |斗=ミx! | l l | //
    もっともな意見ですわ。                  / /// / |ヽ ヾ.k彳:::::ヽ    ヽ:::::::ノ|l | |¦l〈/
                                      // 〈 〈_/| \∧ ゞ ‐'´  ,    ̄丿 l | l l     
    そもそも敵を攻めるには、               / /  ′/`ー'|  l }ハ     .  _,  イ  | |  l l      
    必ずその喉元を押さえつけ、             〈_〈 / / /¦ |l、 ', ヽ 丶、      /厶 l l   l l    /
    心の臓を突き砕く事が肝要……          /   / 厶'  l |l \ ヽ \__ >-r '´/ ノ、 |  l| /_ 
                               __,/_ /     l |l  \\〈/イr┤/ / ,∠、ム― 、l´   
                                  >  ̄`ァー―イ ̄ ト---\// 斗-、__  ´/〈 (_   \ <
                              -‐'´   / / / 亅 〈 ヽ.  〈〈__| j /^ヽ/   |  /     \ 
                              _ -‐''´   / /   (   \\  >ヘ     |、 丿 〈       ヽ
                                /   / /      ̄}   ヽ ヽ|   Lノ`ヽ   ヽ〈   \     
954 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:37:29.97 ID:fHC0X8Eo

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′       呉の喉元と心の臓は、
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳         .武昌のある夏口方面と建業を望む東関方面……
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\       もし、陸軍を編成して皖へ進撃し、孫権を東に引きつけ、
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ     .その隙に水軍を起こして夏口へ進軍して呉を討てば、
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j      必ず呉を破ることができますわ
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉      
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´                     __    ,. -‐‐- -- 、
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ                    \ `ヽ / ´ ̄   -‐ ヽ ー‐‐┐
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ                .    く. ー//// / ハハ 、、 ヽ   /
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |                    i   //// //   | i i ハーく
                                            L../lレィナハi    レナメ、il~ >
                                            lif´i i匕j    i丁.}ヽ ハ__/
                                            |入.!'' ''~    ー '' / }リ
                                            |i iへ  ー----'' '' / イ' |
    ……単純な力押しではダメってことね?           .     ハ j  i\     イll i |
                                            / V ___i_ノ^ーr<_ jl li l |
                                          / / ノ 「| ___/ハヽ  7ハl l ト、
                                         (  // /´,.-「_フ~`ヽ  \!  〉
                                       .  )〈〈   \/// |\  〉  )/
                                         レハ).    /// l|   i´  ((
955 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:38:26.53 ID:fHC0X8Eo

. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /         そのとおりですわ
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i                              _   __
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !                   __    .ィ:´.:.:.:.`´____`ヽ、_....._
.l }   /      /       /  /   ヽ                _/´:.:.:`/ー:.、:.:.:-:.‐ヽi:i:i:i:i:ヽ{:.:.:.:.:.ヽ、、
                                      <i:i:i:i:i:i:i:i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i:i:i:i:i{:.:.:.:.:.:.:i:i:i:i:ゝ
                                         \i:i:i:i/:.//:/:.iヾ"ヾ;.:.i:.:i:.i:.:.У:i:i:i:.:.:.:.:.:.:l/
                                          /i:i:i:i:. i:i:.|:i:.|   |:.|i!| |Ki:i:i:/i:i .:.:.:.:.:.:lヽ
                                       ∠i:i:i:i:i:iリ:.:|:|:.|ハ:|   |:.|ハ!从乂i:i:i:i .:.:.:.:.:.:l/
                                         |ヽi:iハ从斗气    |/千笊'厶彡|:.:.:.:.:.:.:|
    勉強になったわ。                         |:.:.:.:.:.:.|∧x=、  ′ィ==、γy|:.:.:.:.:.:.:|
                                         |:.:.:.:.:.:.|::∧           .(ノ|:.:.:.:.:.:|
    今日はもう下がっていいわよ。                 |:.:.:.:.:.:.|::::ハ   ' __   /トイ|:.:.:.:.:.:.:|
                                          i :.:.:.:.:.:|::::::: i\ ` ー ´  イ |i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
    今後も宛で呉に備えて頂戴                   l:.:.:.:.:.:.:|:::l:::::l:::::::>_ __<__..|i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
                                         ハ:.:.:.:.:.:.|:::l:::::l::r/ 小::i    ___ゝj:.:.:.:.:.:.:|
                                        /:.:.::.:.:.::厶>/ /:/  l::l        /:.:.:.:.:.:.:i___
                                       /:.:/ ̄∨: : :./ /:イ{こ}ヾ、   /:.:.:.:.:.:.:./: :/ ヘ
                                      /:.:.:l    ∨:.//::/ーi!:i\:\/:.:.:.:.:.:.: /: :/   i
956 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:39:23.83 ID:fHC0X8Eo

               ,,,_
            ∠てYフ大>、_
          //イ⌒⌒   `丶
         rくL/∠. /      ヽ  丶
         ゝ..水、j} i |   ヽ  i  、 ヽ
         }71|¨´| l、 i i i  i, |l l ト
         ,j:| |:|丶. ト、|へト. l l  从リ,i i !
        /|:| |:| . ヽ|弋j下ヽリ}ィテ}/.}ル
          / ` "ヘ\\     ,  彡ル |
       /   /∧ ト_、  ー__‐'/ .{ |         はい。それでは失礼致しますわ
    、_/{  { /ムハ l  >z<ム} レ
 _> ̄   ̄ ̄/: : : ヘ Vく/7水{ソ j l、: :ヽ
  >     /: : : : : : :ヽヘ ´ |:|Vヘ/// ∨: :ヽ
<_/   .{: : : : : : : : : ヽY j」厂レハ {/!/: :ヽ
  ∠.. イ ィ/ゝ: : : : : :ノ: : : \ 〈Yフi}: }r//}: : /
     レ1′ | | ヘ: : : :'、: : : : : :\、V ノノ: :'r':/
      l | 、 トl、トヘ: : : :\:__: ィ-‐< ヘ__ノ´           ____    ノiヽ、 _.............._    ノiヽ、    ___
      'i ト ヽ    ヽ: : : : :「 L  ゝ フ {            \i:i:i:i:i:i:i:i:i{i:i:iイ⌒ヽ:.:.:.:.:.⌒ヽくi:i:i:i:iヽ、、∠i:i:i/
                                        ハi:i:i:i:iヾiУ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\i:i:i:i:i/i:i:i:i:i/
                                     l:.:.:ヾi:i:i:i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨i:i:i:i:i:i:∧
                                     l:∠i:i:i:i:/:.:.:.:/:.:/:/.:.:/ヾ;'ヘ:.ヘヽヽ:.:. ∨i:i:iУ:.:}
                                   <i:i:i:i:i:i:i:i:.i:.i:.i:.:/:/ハ:/    i:.!|:.l.:|:.!:.:i:.}i:i:i:i:i:i:\
                                        l:`>i:i:i:从:|:.|十ト、!:i    !:ム斗:t:.:!/i:i:i:i:i:i:才
                                        l:.:lヾi/:.:〉ヘリ!ィf升ハ    /ムィネノノノ小:i:i:イ:!
                                       l:.:l :.:.::::{`ヾ 込り     /込りノ'i/ハ:::|:::.:.: |:!
                                        ハ:.:.:.::::ハ_,ヘ      .    イんノ::|:::.:.: |i
                                     /.:/:.::::/ ::::::i|:ヘ.   、__'_,   /:イ:|::::!:::.:.:.|!
                                      /:./:::__〈::::::::::i|::::::ヽ、  -    ,.イ:::i::i::|::::!:::.:.:.|
                                  /:.:/::/: : :`ヽ;::`ヽイ: :.> __ <ノ!イ: :ト:┴:.、:::.:.ハ
                                  /イ:ノ::/: : :i: : : :',::::: ', ヽ、: : : : : :ノ:ヘ:.ノ : : : i ∨:.∧
                                 `ヽ.ノハ: : : : :l: : : :.}:::.:.::}: :u : ̄ ̄u : :.ノ:j: : : :/: :.i::::i.:.:ト、
957 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:40:31.45 ID:fHC0X8Eo

                                                       ___     _
                                           __  .  ´        >:'___  `ヽ`ヽ
                                     ___∠  /      _  <:::::::::::_::l     :.::::〉
                                      \:::::::::::::_:::ヽ'       ´   ` 、ト::::::/:j::k     v'
                                       \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
                                        >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
                                       /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
                               .        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
     ふーっ。                              | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
                                       | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |
     今までほとんど話した事なかったけど、          | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |
     先帝に重用されてたのは伊達じゃないわね。       | i   / ∧、__,,.            / i  |   |
                                       | i / / ハ               ,トイi  |   |
     そういえば彼には弟がいたはずよね?          | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i
     やっぱり兄に似て優秀なのかしら?            |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i  
                                       |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
                                       / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
                               .        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
                                       {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶
  /  /     __   、  ヽ `´  ヽ
. / /   ,  ' ´__,,,, _ ̄ ` ~ヽ  ゝ、    ',
 l /  / , -‐i ´ l ./ト 、._ ̄、 - ヽ、_ ̄`ヽ .',
. 〈 ィ', '/  l  l / l  i ``トヽ   ヽ、ヾ'   ∨
  `> //  l  レ  ゝ. `- ' /   __,,ヽ l_ ノ
  / / i  l  l   ` ー '     /冫、 l
. / /  l  l  l          { し'ノ|         司馬孚ですか?
/ / / l   l l       __  ` - '/
´ ̄ ミ 、|   ト .l         |    /          兄に似ていますね
    川   l i ト、          /i
.    ↓| ∧ |  ` 、    __  ィ ' /
、    ヽ  ト、ハ三ミx.i`、ー 'ソl / l /
. >   ',  lヾA-弋ン彡、. レ l /
958 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:42:33.49 ID:fHC0X8Eo

                     _,,..........,,__     ,,,,,,,..-''"|
         _,,,....,,r''''"''>''":::;;;;;::::;;......二=-(,,f'::::\_;|
     ヽ,";;;;;;;;;;;;;;;`y''"--,::::::::,,.r--\;;;;;;;;;;;ヽ,;;::::::::::\_
       \;;;_,..-/::;::::::::::;:::::::::::::::;:::;;;\.,_,.-メ,::ヽ:::::::;;ミr
       <;;;;;;;;/:/:/::/:n,:::,.-,'iヽ,::::;;::;;;;;;;;;/;;;;;;;ト,;;ヽ,:::::::;\              
        ゝ;;;;;!.:|.:|...:|..|`'V-'`!', `,:;:;;;:;:;'!/__;ノ;;;;;ヽ,::::::;;\            
        [..-''|:;;!:| :/!;|     ヽ;;::;|!;;;;!,:;;||;;;;|;;;;L.,j\;;\::::::;;\          
         /;:∧;|∧L!|_     |;!,;|'!|||_!;|_!,;;|;;;;;;人;;;\;;\::::::;;;\_  
         !;;:ノ::Nヽ'レtミ.,   ,.レEニ!---ト:|λ∠,;;\;;;\;;\_::\_`''-  じゃあ私は司馬懿を二人も手に入れたのね?
        |;;:/:::|;;:;ヽ`.,|u|     " _|''uNハ! r'ヽ|;;;;;;;ヽ._;\_;;\__;`'-.  
        /::/::::j;;::;;|'!, `'",       `'''"   ノ,フノ-._;;;;;;;;`--.,_'--.,.=..,  これで何の心配もないわ
       /:/::::;/;;:::;|;;\ ヽ _      ""  /-''fヽ,;;;;`-..,_;;;;;;::::`'--.,_
      /'":::;;/;:;;:::;!;;;::;;;\ ヽ ̄ ノ    / / "'ヽ.,__;;;;:-.,_;;;;;::::::::
    ,ノ:::;:::;;;/;::;;::/|!;;:::;;/ \ ̄ _,..-'''" ,.-'"        ,>--,.--'''''''
  .-";:::::;;;;;;/|::;;;:/ |ト,;;::;|    `" '!`-''"   ,.-"      `ヽ、
 /;;;;::::;;;_,r''" '!:;;;;| \-.|       `-.,___,,.-'"           `ヽ、
. |;;;;;::;;;;r"    \|   `''-!        , 「|                  `
 `-----`,;;)   `-...,.--\  '! (ミ_.,_| !。 _,..,
    ,,.-''r"        .  \.j   `', ,ニ-"'"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   /  /            | ^イ ソ / /_/-/ へ
                                  /  /            |    ̄ |^ゝ--/ |   \
                                  |  /          |  |     |  ハ  |     ト
                                  | /          ハ  |      |../--ヽ-|     ∧|\
                                 /| |  |     入   ハ_ヽ     ^リ  | ハ     | ソ
                                 :::| | |    ハ ..-| ^\ ヽ    リ   | / ヽ    |/
                                 ::::ヽ|  |     | / ハ  \ヽ    ../.;===ゞ  /  |/
   そんなわけで尚書に抜擢されたよ。        :::::\  |     |  \ ハ___      /~    / /  ||
                                 ::::::::|  λ   \|   >;;== 、         / イ   /|
   まあ、兄さんの邪魔にならない程度に       :::::::::|  ハ    \∠/       丶  / /|  y
   頑張らせてもらおうか                ::::::::::ハ |ハ     \             /|   |
                                  :::::::ハ | \  \: : : :\     ー ´   / |: : : |
                                   :::::::::::リ:::::\   ^--_>        / ゝ |: : /;;
                                   :::::::::::\::::::::入: : : : : :|: :ト- 、__//  |: :/;;
魏 文官 司馬孚(字:叔達)
959 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 22:43:35.40 ID:B1tQoNUo
そういえばおじさんだったっけ。
960 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:44:01.98 ID:fHC0X8Eo

                               .〃  /: : : : : : : : : : :.:i: : :.:i   、、l_:,イ  、: l.  ',:.:l: : : : : : : : : :
                               /  /: : : : .: : i: : : : :.:.、 ,+-  ヾi: :i _  ヽl.   ,:l: : : : : : : : : : .
                                  i: : : : .:.:. : :.、: : : :.:K :.l     ヽl' /  ̄ `丶 〉: : : : : : : .:. : :
  でもさぁ、兄は驃騎大将軍、弟は尚書って、  .   l: : : : :.:.:. :.:ヽ: : : :.i ヽ:l,二           /: : : : : : .:.:.:.: .:.
  死んだ父さんや伯達兄さんが見たら、         、: : :.:.:i:.:. :.:.:\: : ヘ/ヽ. `        u /: : .: : : .:.:.:.:.:.:.:./
  腰抜かすんじゃないかな?                、: : :.:ト、:.:.:.:.:.:\: ヘ   <        /: .:.:.: : : .:.:.:.:/.:.:/
                                   、: :.:.l 、:.:.:.:.:.:.:.:`iヾ、   , _-‐ ''' -フ / , ィ:. .:.:.:.:.:.:/:.:.:/:,
  元々司馬家は郡太守止まりの家だし、           、:.:.l  、:.:.:.:.:.:.:.:.、    `ー‐ '' ´ / '  i:.:.:.:.:.:.:.:./i:.:./´
  陛下には感謝しないといけないね              、:i. 丶:.:.:.:.:.:.:.:\        ´   i:.:.:.:.:.:.:.:/'.l:./
                                      ヾ、 ヽ:.:.:.:.:.:.i:.:.l ヽ          l:.:.:.:.:.:./  / _,, -
                                         ヽ:.:.:.:.:l、:.l  `丶 __ ,, - ''  l:.:.:.:.:./  r '', - ''
                                           ヽ:.:.:.l_、l      .i    l:.:.:.:/へノ f
                 ____
              〆'- ―‐‐ -、`ヽ、
            /          \;;ヽ、
           /   / /  ',     Vハヽ
           ,' / l l i   l  l  }  Vハ.',
.           l / /! ハ八   j / ! / j  |;;;| l
              レ! l{ V__ヽ\/リ _j/ レ'   l;\|
              ハ ! }´ `   ´ `/イ  j;;;;;;;\
              /;;ヽVゝ"/>  ""   /ー‐- 、ヽ             ありがたいわねぇ
            ./;;/\jl/ッ'≧r‐‐ァ<//―――‐`―ァ
           rr也丁孑 ヽ∠_  '´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
           マj_」厶> (´  >、   !\_;;;;>'´\
          //      `t''´\\ |_ \ ト  i_ \
         ∠ ;;_{ 二二ニ  r'ヘ  \ユ \ V ヽj `¨
            ヽ    __ゝkv\  l  ,v厂
            f′ ̄ ̄  〃 ^\|ゝ′
              ヽ     _,ゝー一'´
              `ー一 ''"

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹叡は司馬懿の才能を高く評価し、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .彼の弟の司馬孚を尚書の一員である度支尚書に任命した。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      度支尚書は国家や軍の経理を管掌する立場にあり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .司馬家の兄弟は兄弟揃って魏の要職に就いた事になる。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          この後も司馬孚は昇進を続け、これがやがて重大な意味を持ってくる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
961 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:45:35.56 ID:fHC0X8Eo

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         それにしても司馬懿って、
    |      ` ⌒´    |         戦は強いわ、内政手腕はあるわ、謀略は言わずもがな……
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   この軍師なのか将軍なのか分からんチートぶりはなんなんだお。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /   
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/  .  さすがの陳寿もちょっと引くお
 |    l  |     ノ  /  )  /    
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

                                                / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                              / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                              |  (●)(●)/;;/
                                              |  (__人__)l;;,´|
   司馬懿という人は万能なんですよ。                      | ./´ニト━・' .l
                                              | .l _ニソ    }
   軍務も政務も両方こなせて、                          /ヽ、_ノ    /
   ある意味理想的な士大夫と言えます                    __/  /    ノ__
                                            ./ /  /       `ヽ.
                                            /´  ./       ,.  ヽ.
                                            ト、_,/.       |、  ヽ
                                             |         |/  /
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ         そうこうするうちに九月になり、魏軍が本格的に動き始めた。
      `ヘ:ゝ   _     小/          
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/           とりあえず、呉討伐に臨む魏軍の編成を見てみよう
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_      
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l
  l  ヽハ    l    l  //  |
962 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:47:29.03 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏 揚州 寿春】
                                         .    ,.r 、__ _
                                            //|.|i  ヽヾ:::゙ヽ、
                                           イ /ル!、  ヾi:::::::::ヽ
                                         rλ!、r' "バ!、 |, |:::::::::::l
                                          ゙!''"!iー、" ハ |ハ|:::::::::l
    俺たちの目標は鄱陽郡だ!                   .  ! ゙!、  〉  !/ツ::;ィ/
                                           \ /`=-__=ノ'"i~ヽ
    周魴と合流後、一気に孫権を叩く!!                 |  |\/ ヽ。゙i ゙ 、
                                             |ノ ゚  |     !,ヽヮ
                                         .   /`ヽ ニ Lニ -''゙ヽ
                                           ∠ニ==-'' ゙̄''ーヒ_____j
          /    /´ -‐…‐- .`\
        /     /´    i   !`ヽト、
.    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
   /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
   \  .| .:i i :i i |´   ノ   ヽ  `!、ハ:!
      `ヽi  从 i i |           !:::::|
.       |  YハiハN ニニ`  ´ニニ '::::N
.       |  ヽゝ u ´         `ハ!`
.       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|      (過去の経緯を考えれば、明らかに罠の匂いがするのじゃが)
       j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|
      ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
.     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
     ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
.    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
   /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i

魏 青州刺史 王淩

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       まず、曹休を総大将とする十万の兵が寿春から皖へ進軍する。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      青州刺史の王淩、瑯邪郡太守の孫礼らが従軍している
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
963 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:48:28.71 ID:fHC0X8Eo

          ´: /二二二二二`丶
        /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
.     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
     ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '
      |: : :l: : :|   ノ        ヽ  Ⅳ: : : :
 ∧___j: : :| : l:|  __     __ !: : : !:Ⅳ
 |    | .: ;レ:.八  ─┰     ─┰ : : : :N
 `ー一'| : { ( ̄               ': :レ'┘      おぬしはどう思う? 孫礼?
      |: :{\ノ           '    {: :|
     |: :\: ーヘ.             ,' : |
     |: : : :Y⌒゙ト 、   ⊂`    イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
                                        /:::::::::::::::::::. .:..:: ::::::::::.::::::::::::::::::::::::ヽ
                                         /:: .:. . .::ハ::::::. .::. . |:::: : ::: :!: .:::. ::::.:::::ヽ
                                       i::: :..:.:.:.::l l:::::::.::::.:: |: : :  ::|:. :: .:::: ::::::::゙:,
                                       !::.::|l:.:::::|  i::li:::::|i:::..|: : .: ::|::: : ::::. :::::::::::i
                                  .     ',:::|!:.:.:::i  リ_l斗'i:::|: :::.:: :::l:: :: .::.::.:::|:::::::|
                                         i::|:::.:.:!〉   ペ:::ノフ'| :::::::::::|:::::::::|:::::::|:::::::|
                                          i.l:::::/``ヽ、 `"  '| :::::::::::! ::::::::!::::::i:::::::|
    周魴が妙な動きをするようなら、                 i.:::::ヽ   ``'  | ::::::::::i:::i::::::l:::::/:::::::i
    即時撤退する気構えでいた方がいいでしょう           !:::::::いー、     |::::::::::/:/::::/:::/;:-‐''′
                                            !::::::ハ ̄    |::::::::/:. -‐''i"
                                           |:::/ ヽ -一'i::::::/:/   |
                                          |/         !:::/''′   ヽ___
                                              ,.へ<!/  ,. -‐''"´:::::::::::\
魏 瑯邪郡太守 孫礼
964 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:52:01.77 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏 荊州 宛】

        ,. -‐ ¨ ̄ ̄ ̄` ー- 、
.      /_               \
    /´     /      \ \  `ヽ,
   /  / / ./  /   |    ヽ 'v-、 '.
  f  〃  {  |〃   j | |   i  ヘ:.:.ヽ|
  | .//  ム---l、|    / ,| |   |   !.:.:.:ハ
  |/.:{   ´{ ー-ヽ| / //ナイ、  /   |:.:.:.:.:|
   |:.:l\  廴 __∨イ´     |/}X     j:.:.:.:.:j
   ∨\ 下、´ ̄`     ==、 }   /:.:.:.:/     関中の諸軍を率いて驃騎大将軍の指図を受けよ、との
.       ヾミ≧   '    _,/   /:.:.:.:/  .    陛下の御命令なのですよ
       ハ \   ` ̄  _≧- /イ/:.:,.イ
     /  \ド> . _ ..>イ |イ/  |
.      f    〃 /|   __,/ ∨イ||  |
      ル┬一 T´ ><´   / ̄ > 、|
    /  :|   /.:.;小:.:.:\ /  /   ヽ
.   /   |   \/:.:|:ハ:.//   /      }\                    ,x)水.ゞムイ´Xx,`   、
                                            ,xXXXxxxxXXXXXXx,. ` 、
魏 将軍 張郃                                 /ァ''^"´,   `^''xXXXXX,.  ヽ.
                                          / ´    !       l `xXXXX,    ),
                                 .        /     l      l   `xXXX,.   ),
                                          ′     l.     l l   `xXX{.   |
                                 .        !  / /  i| i   ! l / ! ,仆、 `XxL  |
                                        l /,/ | _|小、!   |/)' |/,斗∨ |XXマk !
    御足労痛み入りますわ。                     ! 〉l ∨ |≧t圦  リ_>チ〒ァ、} ! };;ト、 }}
                                 .       l l 从. ト、ト弋リゝ\{ イ弋リノ' ノ ノ/l;;|,リノ'|
    ですが、今回は荊州に限れば大した戦はありません .   | ∥ ', マヽ`ー'      _,ノ / /|;! ||. i
                                        l |  ', '込 ""  、  "" _,ノ,/ / l! ノ' |
                                         !十!l´', マ价x、 ー -' , イ/ /`l!ー'く、 i
                                 .       ,´ヽ! !l ', ∨从 > .ィ /../ / l!.:.:.:.:.:ヽi
                                 .       i.:.:.:.:.:.:.:.:!l )ヘ,.∨》,. ≫‐≪ // /《 l!.:.:.:.:.:.:.:;.i
                                        l.:.:.:.:.:.:.:.:.:."》 ヘ{ 《. ∧ 《/}/  》.:.:.:.:.:.:.:.:l.|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       続いて、宛に駐屯する司馬懿の軍が水軍で漢水を南下する。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      おそらく、漢水を下った先にある呉の首都武昌を目指したのだろう。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .こちらの軍には、詔勅により張郃が関中の兵を率いて参加している
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
965 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:53:57.00 ID:fHC0X8Eo

                                               _____
                                           _,/. . . . . . . . .  ̄ヽ、
                                          /. . /. . . . . ._._. . . . . . . ..\
                                         /. . . . .|. . . . \ . .\ . . .\. . ハ
                                        //. .| . .l . . . . . .ヽ . . ヽ. . . ヽ\!
                                       /;;;;;;|、. ヽ. .ヽ . . . . . . }. . . .} . . ..',;;;;;\
                                      /;;;;;;;;|. 丶.,>.‐. . . .├.|‐.-.、!. .l. ..l;;;;;;;;;ヘ
                                      |;;;;;;;;;ゝ、.´ヘr=、ヽ,. ィi==、/ . |. .|;;;;;;;;;;;;|
      こちらは陽動とでも言いたいのですか?        |;;;;;;∧. . .|〈 トイリ ソ .ト;イリ 〉../. /ヘ ;;;; |    
                                      ヘ;;;;{ .ヽ. .ヘ ゞ ' ,  ` ´イ././..!. .};;;;/
                                       ヾゝ へ._._.>       ∠イ. . ..| /イ
                                           |. ..ヽ、 ⊂⊃  イ |.!. . . l. . .|
                                           /. . . . . .≧ァ ' _,/ >, . .l. . .!
                                          /. . r ''"¨/ /! /  /  `丶、. .!
                                         /. . .r|   l i/ /    , -=、ヘ\ _,ノ
                                         /. . .イ゙〉'  / /    イ    /}.|.ヽ
 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}     .  今回の主軸はあくまで曹休殿。
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー    こちらが動く時は東の状況に変化があった時、
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::    .それまではゆるゆると行軍致しましょう。
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::    
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::     どうせ冬が近い今は漢水の水位も低く、
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!     大船が動けませんし
:::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′   
:::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /
966 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:56:30.91 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏 豫州 西陽】

                /    l. l
                /    j l
               /   /!  l
                   /  /  `ヽ,l
               j  、、_____   ,l
              ノ、、 \   / '、
              ノ__ `ヽ、 ` r'  _」
              l-- ニニニヒニ‐t!、
             ノ/ /||佐ぇ  ィッ刋.l.ト、、
             // ,{| l!    i: .:::l.l.| ト、`' .、
            ,.'//l l,|l  .__ ',:::::/|.l | l'、ヽ、`ヽ、     .満寵殿、あなたの経験が頼りです。
           ,/// l ljヘ!l|ヽ、   .:イl リl | l、ヽ ` 、 \
          / /Lト7  `| 、 `::´:/.:ヽ‐、!.l ヽ`、 `' 、 ヽ、.  よろしくお願いします
        _,、-''7, ! {チー─|─`ー'──' j!l、 '、 ヽ、 `ヽ、
     rく´´   /イ!  T`ー‐十─┬──''゙ l.! ``''ー-`-i ヽ
     ヽ,)、 ::::::;',' |{ .::: }   l    ..:::::::::  ll ::.. :::::.....|ト、
     j'  ヽ:::i.! l!::: {!   ::::::::::::!::::::::   l! ::::. ::i リL                  ,. -‐- .、
     「ヽ ::::::l::!i::::::!  l       !:::::::....  ! :::: ::!/!/ |               //7 _  \    , ‐7  ̄ `丶、
    .i! :::ヽ:::::!::i!:::   !       ::::::::::::::::::::::::::: |::/          ,. -―- 、 /〈゙O二 - '_ _>、/ /      __
    i:! .. ::::.ヽ!:::'、   i          ..::::::::::::::::i:. l'           / . '´   >‐r-' ´. - '  7   ; ,,.-==;'´::::::
                                       /  '   / `ヾ/ -' ´      |   ,イ'´, ==〈::::::::
                                      `ヽr '、  /,. -‐ ,==―- 、    ! // //   |::/
                                        |  \|   _|/_| _  `丶、V〈 |/ハ ==〈
                                         〉丶、_>'´,-=、、 ,ィ=;、` ,ニ、‐- 、   >ヘ    _ 〉
                                        |    |()にゞリ八ゞrツ ( ゞソ   _〈=| Y´ _ 〉
                                       { ` Tiく`‐`テ―,-三_ニ--' ´ ̄  |E| Y´  |
                                 


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       最後に豫州刺史を務める賈逵を大将とする軍団が
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      豫州から揚州の濡須口を目指した。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .こちらには前将軍満寵、東莞郡太守の胡質らが従軍している
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
967 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 22:58:31.38 ID:fHC0X8Eo




                                 広陵  `ヽ
                                `´○     `ヽ、,
             西陽       合肥      ,-、 ,-‐‐、      `i,
             ○        ○     /´○ ~   ヽ,-‐‐-、  _,、`ヽ,
                       ,-,_, 、,  /´建業  ,、 ,、    `く,!~`=,-`
                   石亭`ヽ‐´× i   ,~ノ  ~´‐,‐~=, ○ ヽ`ヽ,~!
                    ×    ,、,i`~   ゚o    (,  {,_呉     ヽ,
                   皖    _,|↑          `‐´~    ,--`
        ,/ヽ‐i,_        ○ _,i‐´~ 濡須口            ,-‐´
      ,、/ ◎ ~!,_        i´                ,=,‐-´,--、
     _,,-` 武昌  ヽ,_     _,‐´                  `~´   ヽ,_,__
‐ッ  ,/          ~‐-´`´                           ,/
 "‐´                                        i=~‐



968 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:00:06.21 ID:fHC0X8Eo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)            今回の戦に参加している者のうち、
. |     (__人__)          .  王淩と賈逵は曹丕の時代の呉討伐で活躍した人間で、
  |     ` ⌒´ノ         .   両者とも曹丕に州刺史に任命され、それぞれ治績を上げました。
.  |         }             
.  ヽ        }             .彼らは曹操時代の州刺史と異なり、
   ヽ     ノ        \   . 一軍を率いて戦に望む事もある一種のオールラウンダーです。
   /    く  \        \   国境付近の州では、そういう人材の方が重宝されますからね
   |     \   \         \ .
    |    |ヽ、二⌒)、         

                                                 ____
                                               /      \
                                              /─    ─  \
   そいつらにプラスして、                           ./ (●)  (●)   \
   張郃や満寵みたいなベテランが参加……                |    (__人__)      |
                                             \   ⊂ ヽ∩     <
   本当にこの面子でボロ負けするのかお?                  |  |  '、_ \ /  )
                                              |  |__\  “  /
                                              \ ___\_/
969 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:01:55.36 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏 揚州 寿春】

.          . '   _ 二二 _ .、
          /    /´ -‐…‐- .`\
        /     /´    i   !`ヽト、
.    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
   /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
   \  .| .:i i :i i |´   一  ー  `!、ハ:!
      `ヽi  从 i i | ニニミ    .ニニ !:::::|
.       |  YハiハN  {r::リ`  ´{r::リ '::::N
.       |  ヽゝ   ´´     ``ハ!`      大司馬殿、その周魴とやらは本当に寝返るかのう?
.       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|
       j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|
      ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
.     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
     ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
.    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
   /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i
                                    //  /   // / |     ゙、   ヽ ゙、::::ヽ
                                   / /  / ./  l/ /|l l!  l|   ゙、    ゙、゙、:::::゙、
                               .    / イ   / ll  ll| lトl| il|  ||、   l    l l:::::::',
                                  /,.イ /  /  ll  l|ll |   l!  l|lト、   l   i l l:::::::l
                                 j/l l ,'   l!  l |  l|l| l. |   ll  l| l_lト、  ll  l l| |:::::::l
                               .  / l ! !   l!  l ll lT'トl |   !l |´|_,lム  |l   l ||l|:::::::l
                                  l゙ト|  i!  ! |ハTテミ、゙!     l |ィ'゙_j‐tぃ. !l l l l|l|:::::::|
    大丈夫だと思うぜ。             .      l|、!l  |l,  |! iドしj!      `' {i し'}! ト|! ! l リl!::::/!
                                   l! i ! | '、 l ゞ'='゙          `=゙ '゙ ! l! l/}!:::/
    周魴の使者から聞いた話なんだが……        、ト、ト、{゙t、|               l l:! j/l!:/
                                     ヽト、 い      ヽ '         ノイ'}./:::::/
                                      ヽ`' ゞ、   、____ _ __,     /'7':::/l′
                                         ノlヽ.            ,イ::/::::/ ′
                                          lバi::.、          / !::;イ/
                                              }ハ: ` 、___,,、-''´  .{::{ }′
                                             _,ノ}!               V_

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      曹休が周魴の寝返りを信じたのは、もうひとつ理由があった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
970 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:04:55.06 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年夏 呉 揚州 鄱陽郡】

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    周魴殿、あなたが魏の曹休と内通しているともっぱらの噂です。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |    
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    (前々から思ってたけど、この人、なんか裏切ると思ってたんだよな……)
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\
                                               ,.-‐─ ─- 、
                                                ,r'"´  ,r'´ ̄`ヾヽ`ヽ、
                                            /   ,ィ二三二ヽヽV! \
                                             /  ,ィ⌒二ニ、_ヾ/  jリ,.-‐\
                                              / ,// ,イ    V   ,、--、r、, ゙i
                                          / ,// l ノ   ,fィイ ̄    リjノノノ
                                         ,/ ,ィr〈 リ ,イ_,イ」j/リ,,  ,,、、ィイノソ′
                                         / / Uj  }リ,!ーt;;ァミ:j t'テァィイ{
                                        ,/'´ ,イ |   l |´`" ´ .:::; `"´ ,'爪
   何言ってんだい。そんな事するはずないだろう        /  // /l  l | |    .:.::; '   / | ト、
                                      ,イ / / |   | | ト、  - ー‐ /L_」」__ト、 _
                                     //, イ,/  ノ  j | | \ ´ ̄ ,.イ{ ̄\ ̄ ̄ _ `ヽ
                                   '"´ ̄ ̄ノ  \|,イ| l | |,ィ^ヽ`ー‐'゙ ヾi!   \   ヾヽ \
                                    ̄\//!  \| | | リ/  ー=氷=‐ |    \  ! |   \
                                       V |    \| | | ト、`二>〉j〈二 ハ     /   | ト、
                                       トイ二三二!,j | | \ 二ニ!ニ //ト、 ̄``ー┐ | | i  ,イ
                                       | \ 弋イ | | |   ヾ``Y´,// j \    | jリ/ ,/ |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      事の経緯はこうだ。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      周魴が曹休と連絡をとり始めた頃、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      これが孫権らの知る所となり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .呉王の詔によって周魴の下に詰問の使者が派遣された。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          結果、周魴は剃髪して孫権に謝罪するハメになってしまう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
971 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:07:12.06 ID:fHC0X8Eo

  ヽ.、           ,.:r―――、         ,ィ
   \\_       / !   __  \      //
    \:.\___./   !  _ l !   \   _/ ./
      ヽ、_    "ヽ i! l ヽj し'゙l  :.. ̄  ノ
       / ゙̄ー‐-、 i i!  \  ./  :: _,.-‐{_
      / ..::     ゙ヽ._」.  ヽj'  _,.r'"   .\
     /T...::::         :.、   .::        ト、
    ,イ !     __,.--‐r'"-―\/ '"゙ト‐-、_    l i
   ,ハi .!   ,r'"ー‐‐、r‐‐ー―――--トー--ヽ.   l .ト,
   i l l! / i"_,.-,ィtン;;二゙ヽ、  ,,r-;=;;'ヾ、  \ 」 !i
   ,i .l  Yトー! !.  j=行。t-、,....:::::iイ.;r'f。t''、_`1  :「.l l]_
  」,.-‐! .!l! ,} !  i`i"゙二"´゙   l!、゙ ̄ ̄`゙::::!、  l ,l ┌--゙i:、
  i r―」  l l! 」! :.. ,j  ::::    _. r:::"::..   ::::!_! l! ト--┘|
  l. 二:-!  !.「゙{  !爪       ´:f"''     :::!  l .l [二ニ! l   殿下もお人が悪いねぇ……
  l! L_」  i l }. {. `    ;._,;r='ー;;;.、_    :::;! .,! l F---:ノ
  \―へ  i_ト、} ヽ:::::....   `゙ー;==''"    .j--/ ノ .ハ__/    こんなツルツルの頭じゃ出歩けないじゃないか
   `イ  !:  ー‐‐--、__  .,__::_,._/_/'"  / ,i!   
    ヽ ゙i        「ーi.l     j、 ゙T     i! /    
     \ヽ       l  l ー――' l!  l    / /
      ヽ `:r―‐-.、  !  l! 「 ̄ ̄l l!  l ,rー-ィ_/
       ゙ヽL __>j_」 i!   l! !--'" ̄ ̄i


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       しかし、これは孫権と周魴が仕組んだ狂言であり、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      周魴がいかに呉で冷遇されているかを示す一種のポーズだった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      普通士大夫は、容貌、容姿を大変気にかけており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      このような屈辱的な謝罪を強要された事で
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .寝返りに説得力をもたせるという寸法である。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          先に述べた曹休への手紙にも、この一件をうかがわせる記述がある
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
972 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:08:43.38 ID:B1tQoNUo
ツルツル頭のシーマ様か…(ゴクリ
973 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:09:12.49 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏 揚州 寿春】

         _ ,、‐r 、‐‐、-、、、 、
        / {;;;;;|ヽ \\ \ `ヽ、
      /   ヽ;|  \ \\ \  \
     〃   l l. |  '、 \ ヽ \ ヽ  ヽ
    //   l. l l、「l ヽ ヽ ヽ. ヽ    ゙、
   ./ l. l   | |. ! |Wリl. '、ヽ.     ゙、 '、   '、
   /l.  l l |;l.|l.| |   | ト、 '、   l.  l l. l ト!
.   l;;|  l l l|l|l l.|i!    |lr|‐lt、  l.  l. l. l. l、l  
  |;;|  l | |」r|‐|ト    i! .,ィッ‐'、 ll. ト|ヽ l トミ,       周魴の奴、いきなり剃髪させられたんだぜ?
  |;;|  l | | !,tッ.、      l {r‐'jヽ. ll.. |;;;」ハl|;ト!  
  !;ハ ll l. |.l {ヘィj       `ニ′ l.ll'l |;;!}|;;;;;;l        普通、ここまでされたら誰だって寝返りたくなるだろう
    l. |!l l |  `ニ′ ,        i! リl;!'ノ;;;;;;!
     l |;!l. `ト、      `  _,     ,i!;;;;;;;ト{
    ``ト!ヽ!|、     `F ̄  }     , ';;;;;;i;;;l
        `'!ヽ、    ヽ_ノ   ,/|;;l!;;八{                     /    /´ -‐…‐- .`\
           `'t、、      /::::::|;ル′                   /     /´    i   !`ヽト、
              ヽ|` ー‐‐'":::::::: |ー-、            .    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
         _,、-''"::}.        |`!::::\              /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
                                       \  .| .:i i :i i |´   ノ   ヽ  `!、ハ:!
                                          `ヽi  从 i i |           !:::::|
                                    .       |  YハiハN ニニ`  ´ニニ '::::N
                                    .       |  ヽゝ u ´         `ハ!`
                                    .       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|
   剃髪、ほとんど髠刑ではないか。                   j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|
                                          ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
   気の毒な事じゃな                      .     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
                                         ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
                                    .    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
                              髠刑経験者→/      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       これに曹休は完全に引っかかった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼は孝心が厚く、礼を重んじるタイプだったようで、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .そういう事をされた者なら寝返りは間違いないと判断したようだ
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
974 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:10:06.18 ID:fHC0X8Eo

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
::::::::::::::::::::/:::::∧:::NN Vi::N ::N::N:ヽ:::::::::::::::l    
:::i!:::i::::i V/:::i:N V i ::i:::::i:::::N i:::i N:::N:::::::::l
::i: V N M::l:::l::::N::::l:l::::::ト,:::::,:::::l:::N:::::l::l:N::  l   
N ∧/il:::i::::::::l:ト,:::::::l l::::| l::::l.l::::::ト:N::::l::l::N:::::::l
::!::!::i:::il::l::::トl::::| l::::::| .l:::| l,::l l,::::l''l::::::::l::::::::::::l::l   
::i::i:::!:::il:l::::l、l:::| l::::| l::|   l:lr'"'l''7',:::::l::::::::::::l::|
::::::::::::::il:l::l===;;‐ll-、:.l|  .i/ム::// l::::::|::::::::::::l::|  
:::::::::::::::il、ヽ 、;;;.::/ ヽ    l ゞ"  l::::::::!::::::::::::l::l        (どうも気にかかるな……)
::::::::::::::::il` `''''"   ,. r '"i`'''‐‐.l::::::::::i::::::::::ll::|
::l::::::::::::::il    ,. r ' ´    〉  ./:i:::::::::l:::::::::l ||
:::l:::::::::::::::il ‐ '´        ′ /::::l::::::::::l::::::::l .|
:::::l::::::::::::::il      ,.r ''7´ /、::::l:::::::::::l:::::::l
:::::::',:::::::::::::il    :;:;.ゝ‐ '' ., '  `'ヽ、:::::|:::::l
..、:::::ヽ::::::::::il 、.,  .く`'i.‐ 、'     ヽ、|::::l
、 `ヽ、ヽ::::::::il  `7 -'l、.\ ヽ  ,.,   'll:::l
:.:.`ヽ、 ヽ、:::::il ./、  l.ヽ ヽ \.i `ヽ |i::l
:.:.:.:.:.:.ヽ .ヽ::::il :.:.:.\ | ヽ ヽ、`ヽ、. ヽレ、
:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ'''ヽ、:il :.:.:.:.:.:lヽ ヽ  '   `ヽ .ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:il :.:.:.:.:!、 ヽ、'       ` .',

                                               /ニYニヽ
                                              /( ゚ )( ゚ )ヽ
     報告だっていう!                             /::::⌒`´⌒::::\
                                            .| ,-)___(-、|
     周魴は石亭で大司馬様を待ってるっていう!            .| l   |-┬-|  l |
                                             \   `ー'´   /
975 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:10:58.72 ID:fHC0X8Eo


                                     ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                                     ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                                      ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                                      ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                                      mmmmmmmmm
                                    mmmmmmmmmmmm、
                                   /ニYニヽ/ニYニヽ /ニYニ /ニYニヽ
                                /ニYニヽ0)(0) (0)(0)/ニYニヽ / /ニYニヽ
                         /ニYニヽ  / (0)(0/ニYニヽ / (0)(/ニYニヽ / (0)(0)ヽ
                   /ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ / (0)(/ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ´⌒ \
                  / (0)(0)ヽ⌒`´/ (0)(0)ヽ⌒`´ / (0)(0)ヽ⌒`´⌒/ (0)(0)ヽ(-、.|
                 / ⌒`´⌒ \/ ⌒`´⌒ \/ ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \ l |
                | ,-)    (-、.||,-)    (-.| | ,-)   (-、 | | ,-)    (-、.| ´
                | l  ヽ__ ノ l ||l  ヽ__ ノ l | l  ヽ__ ノ l | l ヽ__ ノ l |
                 \  ` ⌒´   /\  ` ⌒´ / \  ` ⌒´ /  \  ` ⌒´  /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      こうして曹休率いる魏軍十万は周魴と合流すべく、石亭に向けて出発した
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
979 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:15:00.91 ID:ygEcj1Qo
赤壁の苦肉の刑とかもそうだけど、どうもこのあたり、南と北で価値観に若干のズレがあるような気がする
980 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:19:16.02 ID:B1tQoNUo
あんだけ広大な土地だと、南北で文化も違うだろうし。
982 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:20:09.88 ID:t6JJEsw0
南は北の価値観がわかってはめてるあたり、南がなりふり構ってないのか、ホントに価値観のズレがスゴイのか、どっちだろな
976 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:11:51.36 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏首都 洛陽】

   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       同じ頃、洛陽の朝廷には、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      呉軍が江夏郡の安陸に侵入したとの知らせがあった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .突然もたらされたこの情報に対し、呉軍の動きを疑った者がいた
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
977 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:13:17.47 ID:fHC0X8Eo

             _ -―-、
           , -――‐ヾ、―‐-、
         /,イ  ̄ ̄ ̄ }) ̄ ̄ヽ
        / /  /\  / ,へ、  \
          / /  /. . . . ー''―'. . . .ヽ、 ヽ
       l /  / . . /. . . . . . . .ヽ. . ヾヽ ',  
       ||  ,'. .. ./i. .i .| ,ヘ. . . .l. . . lヾゝ|
       l」  |: . : .!フニ!ミi;/ !ァ;ニ_}. . . |: ::| l  
       ヽ  |. . : <ト'  !`  'ト' .!〉. . |:.i:.|ノ
          \l. . . .lゝ- '  ,  `-'j , , レり.     今、呉が西の方で動きを見せているのは、
             ∧. . l "  r‐ァ  "イ//人      兵を結集させて東方を狙うつもりだからだと思います。
         /l: :ヽト、>、 __ ,イ/ノイ::}、〉   
             レVV': :゛:|ー┐┌|: : }リV       急いで他の部隊を曹休様の救援に行かせた方が……
           r‐'´\: :|\ 二ノvV⌒)ー、
         /`ー--_リ'⌒7rjヘi⌒ヽ/ _)
         / ̄ ̄ ̄\__/´ ○〉 V  ̄  |
         ,'    \ くr┴'⌒::V´\.   |
          /、0 ___/V::::::::::::::::::|―^0r―‐|
        {  V   // ̄\:::::::::ヽヘ/ _イi
       ヽ___イ7 /     ヽ::::イ_,イ  l ',
        /||  /||\       ノ´__| /   ハi.|


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      蒋済である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      元々彼は今回の呉討伐に否定的な立場だったが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      それを抜きにしても、彼の戦略眼は優れていたと言わざるを得ない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         孫権は以前にも似たような手口で合肥を攻めており、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          当時合肥にいた彼がそれを経験していたのも大きいだろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
978 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:14:19.70 ID:fHC0X8Eo

         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|     言われてみると確かに変よね。
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l     こっちの大軍が呉に向かってるのに、
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l     .みみっちい反撃なんてしないでしょうし……
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、   すぐに詔勅を出して、曹休を支援させましょう.
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !
981 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:20:01.02 ID:fHC0X8Eo

| |   | ||   |   !      \     \ 
| |   | ||   | | |     ヽ ヽ     ',
| |   | ||| | | |  |     ',  ',      l ,. -─ ´ ̄` ヽ、__
| |. |  | l|| | | ト、. ! l     |  |      |´    //´ ̄フ=ヾ、 、
| l  l  | l|| |从 ! ',| |   | |  | !   |  //{  //  i|ミト、\
| ',. ヽ ハ 从 ̄丁`> 、ハ. l   ,' / / ,'  l l | / / ゞ二/:/    l|:',  ヽ ヽ 
  ヽ \ \,ィヾ≠=z、_\{ ',l  /// / /  / | l / //  /://,  l| |::ヽ }:|  ',
\  \ \ ヽ,、厶r'::ハ   | //<,/ /   | |' / {   レ l|   l| |:ヾ二/  , 荊州の司馬懿軍は
\  ヽ \_ゝ  `´      ,ィテミ、/` / / / 厶‐十- 、 l ll   l| |:::} //  l  行軍を中止して待機。
\ \ 弋 ̄           , 辷:ハ/ ,イ / ∧||__|__|__|| l ',  /| └゙ //   } 
\\ ゝー'          {  ∠,イ /ハ{\{,ィfでミ、 `'┴ゝ、/`ト、 //   / / 豫州の賈逵軍は当初の予定を変更し、
\ゝ \            /   //// ! ヽ} ヾヽゞ′    ,ィ≠ミ、// / /  .曹休軍の救援に向かわれたし……
  \ ̄、      ー -   / /   / | ハ        ,  ゞツハ/ィ´ /{  こんな感じでいいかな?
    \ \      ´ ,  ´  ,'   /  .|   |ヽ           ///   !  
     \ l> 、 _, <´     /   ,'   レ'个 \   ` '    ,イ='´|  |  ',
       }/        \  /_ ,. - ー' ´   ノ    \ _,   -<l | l  l  |   ヽ   劉放の書く文章って
        /          ∨                      \  |  |     \ いつ見ても素敵ね
      /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
               /           V A I O             /
                /                           /
中書監 劉放
中書令 孫資

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      結局の所、蒋済の進言と、この詔勅が魏軍を最悪の窮地から救う
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
984 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:21:38.03 ID:oHiZK4wo
この二人が文書扱うというのも似合わねえなあww
983 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:21:32.94 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏 豫州】

      _,,. -‐  ̄ ヽ
     く‐-、    }  \    ___
      ヽ 丶   /   ヘ,r'´   `ヽ
       ヽ/ ヽ'    /ヾ.、  , 、 l〉ハ
        /==ュ、 ヽ.   /  ヽ\ ヽO_コ_, --  _
      /´   ヾ、 l /    ヽ `7フ´ヘ `丶 `ヽ
     /.-- 、   }}.ヘー---  ..___`T´  l   >‐‐‐;>    …………
      l´ ̄`ヾ./! `ー- ._   / ̄l7丶 l /  !'´
.     l._;== 、.l1 \丶._  r'ヽ r=、 _l!___ヽY , -==、
.      l'    l´'⌒ヽ`丶 ヽ'=._ 廴ノ〃,)r;/^V   __!
     l,.  ̄ヽ!    ヽ  `ー-、`―--.='1  Vr'´ ̄ヘ        l       〉    _j‐'           |
.     /   ヘ    ヘ    /ヽ_l´ ,.〈    V, '⌒1        |〉    _}― '' "       _,, 、-''|
                                        i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
                                      j、,___}___ 、-‐ '' " l、!::::l!::::::: l
                                      /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
                                  .   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
                                     j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
                                     | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   満寵殿、今詔勅が届いたのですが、           | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',
   どうもまずい事になりそうです。              ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
                                  .   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
   急いで曹休殿の救援に向かいましょう           l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
                                      ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/--へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
                                       ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
                                       r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''- ̄´"7l:::'、
                                      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
985 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:22:43.93 ID:fHC0X8Eo

     _,,. -‐  ̄ ヽ
    く‐-、    }  \    ___
     ヽ 丶   /   ヘ,r'´   `ヽ
      ヽ/ ヽ'    /ヾ.、  , 、 l〉ハ
       /==ュ、 ヽ.   /  ヽ\ ヽO_コ_, --  _
     /´   ヾ、 l /    ヽ `7フ´ヘ `丶 `ヽ
    /.-- 、   }}.ヘー---  ..___`T´  l   >‐‐‐;>    …………???
     l´ ̄`ヾ./! `ー- ._   / ̄l7丶 l /  !'´
    l._;== 、.l1 \丶._  r'ヽ r=、 _l!___ヽY , -==、
    l'    l´'⌒ヽ`丶 ヽ'=._ 廴ノ〃,)r;/^V   __!
    l,.  ̄ヽ!    ヽ  `ー-、`―--.='1  Vr'´ ̄ヘ        l       〉    _j‐'           |
    /   ヘ    ヘ    /ヽ_l´ ,.〈    V, '⌒1        |〉    _}― '' "       _,, 、-''|
                                       i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
                                     j、,___}___ 、-‐ '' " l、!::::l!::::::: l
                                     /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
                                 .   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
                                    j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
                                    | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   どうして大司馬と仲の悪いお前が            | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',
   必死になって援軍に行くのかですって?        ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
                                 .   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
   少なくとも、私は大司馬を嫌ってはいませんよ?    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
                                     ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/--へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
                                      ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
                                      r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''- ̄´"7l:::'、
                                     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
986 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/01/26(火) 23:22:55.53 ID:zqnNQ.o0
マンチョーさんは何故ゴッグなのかを知りたいぞ1
987 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:25:21.21 ID:fHC0X8Eo
【紀元220年代前半 魏首都 洛陽】

      ,,.-一'''''''--,,,....___......,,,,,,_
    .,////////" /'' // ヽ,     
   .,///// ////,./  //.l /|\    
  .//  // /////l./  // /ll /| ヽ   
  .///      /// .l  ,/ ' // /∥,,ヾi.   
  l///// / / / /|;; l ,/  // /.ll l.ヽ :i,   
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;|;; l ; ,i ./' .入 ll l lル'l:i   
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;//"''ヽ|  l l ll ./// _,ヾ ll::/l; l   
  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;l ( ./'l;i  ./llソ  | lj .l/レ'lル'l   あの野郎は俺たち武官を舐めてやがる!!
  '!l;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ'‐.、';,';l /ll;!  .'--' .ヽ!/    
   '!;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ..,,,,, ';, l "   .....,,_  ,!    . 節を与えるのは絶対に反対だ!!!
   'レ'l;;;;;;;;;;;;;;| ""     ./''''-;/ .!
    ヽ!;;;;;l レ'      l:   /'ノ
     ヽル' '!   ゝ.  """./                          ,. -───- 、
     ,/===-.,,,,_ 'ノー-=/                         r-‐'´          \
    / __,,__""''-=,;l                              |  |ヽrl l 、  、 ヽ、 ヽ
   / _':"-''-";ヽ.  "'l                             |  |   | !ヽヽ ヾヽ l   l
   //-''"""''-,ヾ;,,  i、                            ト-|---ヾ ヽヾー‐l┼ |  |
                                          | ≡≡≡  ≡≡≡ |  |
                                           |  |            | |  |
                                     .    |  {    __     | |.  |
                                         |   |`ー-.,二` ,, -‐'::! |   |
    今回は聞いてあげるけど、                    |  ノ  ∨ヾ厂ヾ=シ::l |ヽ  l
    もう少し仲良くしたらどうなの?                  | /   {::::V7Tレ'::::/ /::::ト/\|
                                         |/    〉::::|'ブ::::::/ノ´_:::}
    賈逵ほど優秀な刺史は他にいないわよ?              /ヾ´l/`>ベイ\ー}
                                            >'  | `^´ l  ヽ  ノ
                                           `ヽ,ムL___|!__ヽ Y′
                                             | ,イ /  `ー┘
                                             `′ー′

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       今回の呉討伐の主将を務める曹休と賈逵は仲が悪かった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      かつて曹丕が、賈逵に法を犯した配下を処分できる節を与えようとした時、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .曹休が「賈逵は平素将軍を軽んじている」と讒言し、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         取りやめになった経緯があったりする
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
988 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:26:57.70 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 魏 豫州】

              |::::::::::::::::::::::::::::\    |
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::\ |
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
                |_______;;;;!--|
             |______;;;;;;;;;;、‐r:|
               /:::::::::;l:l::::::::::|      _l:::|
               /:::::::::/l::l:::::::::| ̄`    ´ |:::|
           /:::::::::/::l::|::::::::::ヒ:イヽ   イ}`l:::|
           /:::::::::/h'll:l::::::::::|'='-    ゙'´l:::::|
           /:::::::::,l.ヒ。!|l|:::::::::|      ' ,!:::::|
.          /::::::::/::`''t'|| |::::::::|   ー‐' ,イ'l:::::|
         /::::::::/:::::::/ | |::::::::|、     ,.:l:::| l:::::|       それに、これは国家のためですからね。
         /::::::::/::::::/ `'‐l,,|:::::::|:::7::::- '::::l|::|. |::::|
          /::::::::/:::r''''''''''---l::::::トくト、::::::::/l:::| |:::|       呉軍は我々の援軍はまだ来ないと見ているはず、
.        /::::::::/r'" ̄''' -- 、l:::::|''--仁‐'、l:::|  l::|       急いで進軍して、逆に敵の不意をついてみましょう
      /::::::::/:j/,___、 ゙l`l l::::|-'-'、r'゙y‐一i |:|
      /::::::::/://_  ヽl |  l::|   `「`ー一l ||
     /::::::://'/ー‐ `ヽ/ └‐‐‐‐.、  |    l |
     ,':::::::/〃'   - 、 /l     -',  |    l
    ,':::::::/l/    _,,、ァ' |      イ  |      l
    ,':::::::,':| l / _,ィ7    |     l'  |     l                  ,. -‐- .、
    l:::::::i::::l|/ 「 l l      |    ノ  l     l                //7 _  \    , ‐7  ̄ `丶、
    |:::::::l:::/ /| l l     |--::T´|   ,!      l        ,. -―- 、 /〈゙O二 - '_ _>、/ /      __>、
    |:::::::|/,/ |,! |    l  l:::: | |  ,!      l        / . '´   >‐r-' ´. - '  7   ; ,,.-==;'´:::::::::〉
                                   /  '   / `ヾ/ -' ´      |   ,イ'´, ==〈::::::::/
                                  `ヽr '、  /,. -‐ ,==―- 、    ! // //   |::/
                                    |  \|   _|/_| _  `丶、V〈 |/ハ ==〈
         …………                     〉丶、_>'´,-=、、 ,ィ=;、` ,ニ、‐- 、   >ヘ    _ 〉
                                    |    |()にゞリ八ゞrツ ( ゞソ   _〈=| Y´ _ 〉
                                   { ` Tiく`‐`テ―,-三_ニ--' ´ ̄  |E| Y´  |
                                    }`ーイ|  /_/|        , --、  |ヲ / ヾ==ヘ
989 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:28:55.13 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 呉 揚州 石亭】



        :::::::::::::::::::::::.................:::::::::::::::::::....       .......: .: .: . :.:.:.:........
        ゙゙゙゙゙"""""""''''' ''''''''''
                                                           ,/
                       .....::......... .....                           ,/´.,:;
                 ,_..,,:..、, :..::;::::::::::::::;:;:;:::;::;:::........:: ....  ..  .....::::::::::::;;;::,,.. ,,,;;:::::::::::::::,...  ノ´..;:
          ,.、    ,,...,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;: . ..,, .,.,.、,;..__ .;'゙゙;; ::
        ''"゙゙:: ^''"":::::::::::::::::,,....,、,、:_::.,;;..,,;:;,,__;,:: ,,,,..::;:_;.:;;'゙゙゚”.._,,::;"" ::; ::..::;.::; ::,;::; ;;: : ;'; : .:..ッ':: ;; ;;  ,;
        "';;,""''''゙゙゙゙"゙''"“,:;"  ;'::; ";:...;:.. ..,::'' "'':.:.:.. ,:.:、.::.;:.;.,.;:. .:; ..:;.'^  ,:; ... 、,; :.:; ._,:'.:;” . .  ''
        !,;!..;;:r^、;:''l;.;;r.、::___;:;;:;i;:___,;___、,:''、,,.:'':;";:'',:.,';:.;:.;,:...i',:;_.. :: i'.. .:.:'..:,.;.';:..;..:;.,. ,.;r;'".,;:ゾ;; . ,'  ..::
        ''"゙" ''゙゙    ...    .....               ゙゙゙" . ..''~~~ ..  (,:;',,;.'゙:::  ,..'..:: ..::   '
         '''   ...            . ..  :.      '            (''´;;: ; ; ..,' ..,,; ::;'  ,.;'
               r,;:;:;;;.,                              'ヾ,:::;::::;;; ..;::;  ,.'
              ノ,:;riッ'}}                               ヽ、,._;;:,::'';''"゙゙':,,:;'';,_
               ~~゙"'''゙゙      . .                        ....    ~゙゙''"'':;;.:;_;'_,;__
                              ....... ... .....             :::: .. ::..
                              ::'  ::                ::  ...

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      はたして蒋済の予想どおり、石亭には周魴ではなく……
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
990 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:30:17.72 ID:fHC0X8Eo

.  /   /::::::::::::::::;::-‐‐''¨¨ ̄ ̄¨¨''‐-::、::::::::::::\ ゙:、  ゙、
  / / /:::::::::::::r '´             `ー 、:::::::゙::、゙、  i
 i! i! /:::;.r '´                   \:::::::::゙:、 ::|
. i! iノr'´                       \:::::::l!  i!
..i! | /    ./                    ゙:、::::l  .i
.i! /     / ,:'   ,.i' il   i  、    ヾ      ゙、:|   :、
:i/ /      ,' ;'   ,:' i l l  .l゙:、 ヽ: 、  \.  ゙:、  i!i   ゙:、
.,' /   i.  ; ./i  /. i!l l  i ヾ、゙:、\   ヽ  i!  .l ヽ   ヽ    
i! i!   l!   i./ i  .,'.  il. ゙、 i.   \ヽ \  ゙:. .l   l  \  \   
| i゙、  l  |!¨i!  !==::i! 、 ゙、 ゙、 _,,,,.-::==゙:、.l .l   l ヽ、\  `ー‐
i!i.iヽ  ゙、 i! !. |0 ̄ フヾゝ ヾ: V'=' 斤o‐‐┬i!l i!  ;'l   ゙ー-、__       物見から報告だよ。
.ヾ| ゙:、ヽ. ! ゙、 .i`ー‐'_..  ヽ. ヾ、  、`ー- ' _ i!./   / !゙:、      ̄¨
_,,..i!   \ヾ ゙:、 ゙、i¨ ̄    .:::i   \    ̄¨~ //  ,:' ノ  \__         曹休は予定どおりこちらに向かっている。
:::::::i!  (::::::oi:ヾ:、 ヾ、.  .::::::|        // ./¨゙:、--、_ ̄\__
、::::::i!  `iー‐'::::::.       :::::::!         .ノ/i   oi::::::::::::::::¨=-、       じきに到着するだろうね
. ヾ:;;i  i  \:::.        '´ -         /i:`ー‐i'::::::::::::::::::,.r===
  ヽi!  l   ゙i 、::.    、....._ __,,...:::.    /:::i!  i!::::::::::::::/   i  
    i!  i    !::ヾ、   ー ==-     / /::::i!   :i!::::::::
     ゙、 i!   i!::::. `:.、         , ´/:::::/   /::::::/
     l! .i   ゙、:::.::::...`  .,_,.  ´,..'::::::::/   /:::::::/ 
                                      _,. -''" ̄ ̄ ̄`丶、
呉 将軍 朱桓                             f´           丶
                                   _/          ''彡 '、
                                  〈    、_     _,.ィ´    >-、
                                    \ `r、__;ニニ;≦;;ニ~ヽ }-、/   !
                                    ノ {=;:-、`''´ ゞ'‐  | ヒ}{   !
                                    ~`ヾ,´ゞ' ,     z' 7ハ  {
                                        ハ  丶  __,、  `r7 ハ └-,,.._
   それはよかった。                         Z ヽ  r‐''´ _ノ   / ヘ `ト   /  `ー、
                                         ~`ヽ、`''ニ´  / / ∨ 、/    ノ {-、
   この作戦のために、                           ゙>,  /'~ /~ 、  {_  /  `ヽヽ__
   わざわざ荊州から君に来てもらったんだからね            ヽ「「   〈   `ヽL ∧ /  } ト、ヽ、
                                     ____,.-''" { ',',   _>、__ {丶}''-r1__,. _,.イ | ト,  \
                              ,.r‐''" ̄ ̄ __,,..ィフ ,- > { }} /く、__ヽ`て_ヽ、____ノ /./ ヽ‐r‐
                             / {  ,ィ" ̄ _///_ -'´ ∨/      ゙ヾヽ ̄   _//  「ヽ
                            /  ! / }_,.-ニ;-┘    ,.-''´        _>、ヽニニ-‐'´     ヾ
                     .       /   _>」 ト、ヽ/      /     _ - '´_ ̄―''"ヽ          」
呉 将軍 全琮
991 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:31:37.55 ID:fHC0X8Eo

:: : : :l:: : . |!    l    l |   l i      |  l |  l}
`丶、:!:: : .l|    l|   :l |!   l| l      |  |.| l|
| l: l:: : .l|    !l   i li  l| l     |  | ! ∥
」!  l: i:: . l:!   i |  ,: l!  l! l |   .i  |  | /  |!
   i:: i::_:_l廴丿l| -- l 、l_l! l l .  |. i |  /   .リ
i  l, ィl: : |:l   l !  l l| l li T ト、 .|  |.|. /!  /
  {」:: .i: l:l.  i l  l i ! ! l|| ! l .| ! .|.|/ |  / /
| |::.`ト、:l:|:i l l /イ工三厶./ // j |.|! |   /
| l:z: ',: ヽl l:!   ′, イ:::;::-::; iヽy イ | .|  |  ./
: ! 」_:」ソ:: /        l:::i::ー':j::ツ  / l |  | /.|
/ /彡':j/:: .         ̄ `` ¨  .イ | l  j / |       ―― 陸遜君!!!
! {:: ィ:´: :: : :. _            /l | /     j/  l|
 !:: :: : : . :: .          ハj |   l /   i
./:: :: : : __ _ _        // /   l /'   /
l|:: :: :: : .` ー ´       イ { /    j/   /
li:: :: : : : ..         , ' - 、  / i' l   i
!l>-::、:: : .       ,<⌒`''‐"フ// l /     ヽ
 !:: ::/>::::.._.....::, /ノ    / ' /   l     |
l !:: :ト、/⌒:.x:'´/´ ̄   イ"   i|    li     l
ヽ |:: :: : . 「_}       |    li    lヽ     l
 i l:: : : : :i′ '       '\   i     i|   丶
、ヽ!:: . .  `゙}         `''‐-=、,,,,,,_! i
 ヽ|:: : .  }
   ';:. . . ノヽ

呉 荊州牧 陸遜(字:伯言)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      陸遜・朱桓・全琮を主体とする呉軍主力九万が待ち構えていた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
992 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:33:49.92 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 呉 揚州 皖】

    /                     i  l
.   /            /         }  |
   l ,l    !   | i ;   ハ   /l /  ハ  {
   |/ | i  {  |! {  厶l≫汽イイ  |} }  、
    | | ∧ 斗{弐  {  ヘt沙ノ |/  |_ノ  : :ヽ
    | ∧ { \{弋ソ\l    ̄´  |i   |{   : ヽ: \
    |{  ヽ\ ∧ ̄ }        |l  }i : : : \: ヽ:_:>   この戦に勝ちたいなら前線に出るなと皆が言うんだ。
        ` | ! ヽ、ヽ,、      〃  ハ : :\: \:\
        冂 i  |_≫゙^.   // : :/   ヽ、 : ヾ⌒ヽ:_>  まあ、陸遜ならやってくれるだろうが……
        { Ⅳヘ 〃    ` フハ/ : :/   _x≧≠`ー-   .._
        __〕]≧うム≧ユ/〃ハi:/    〃´/       `ヽ
       { └i/⌒ }_> { __j{_  ´___〃/              '.
.     , -ミ三三≧|   ゝ jj   ´ _,〃´    ,          i
    / r‐.、_}    !   `{{ー‐  ´〃      {          } 
    f '┴…┐   l     ||    〃       |          ,'
   { ー…ァ'′  ! 〉  ||   〃       |、      / /                , - l |  l / .| i: : | ヽ 
    {  ,二フ    |:/    {{  〃         {≫==ミ 、i′ l  /  /  /   : :  ,.--/ '  | , |, ' |  l: |: : ヽ i
    V Ⅳ三三ミ}{     }}〃          l      }ノ   l /  : / /   : : ./  /_/' '  / / /: :|: : : | |
                                     | l.l  : :| /_|  : : :/     /,,.......... /:../- 'i: :/: :  .ハ |
                                     ヽi i: :iヽi.z=l : /|: |_    / :/  : :   : l/: :  ハ.l
                                       ヽ: ヽ .|''iノl i l :i   _'_‐-//l  : :  : : lヽ: :  / l/
                                        ヽ .lヾ-'\i ヽ 'i,_...li‐.` '/ : :/  : : :ハ: ヽ: /
                                         l: :l   /     ヽノ_l .〉/: :./ : ://: :ヽ: ヽ/
                                         | :ヽ 〈.       -'‐'´/: : :/|/: : : ヽ ヽ
     (仲謀殿の勝ち運のなさは異常ですもの)          l : ヽ,          /, . '´: /: : : : : ハ ヽ
                                        .l  : : :i, ` ‐-'      ' ´/:  : l: : : : : :/ |ヽ ヽ
                                        l  : : lヽ,  , .. - ' ´ ./  : :l : : : : : i l ハ ヽ
                                        l  : :lハi i`l       l |  : :.|: : : : : l: ヽiヽ >
                                     -‐‐<l l  : :l  ',',  ,-,    .l l  : : lヾ‐- ..l: : l ヽ '
呉 文官 張昭

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       また、後方の皖には孫権みずから駐屯していた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      この一戦にかける孫権の意気込みがうかがい知れる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
993 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:35:28.05 ID:fHC0X8Eo

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |     どうみても試合終了です。本当にありがとうございました
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


                                               / ̄ ̄\
                                             /   _ノ  \
                                             |    ( ー)(ー)
    孫権にしてみれば、                            . |     (__人__)
    わざわざ自領に敵を引き込んでいるわけですから、           |     ` ⌒´ノ
    絶対に負けられません。                            |       nl^l^l
                                            .  ヽ      |   ノ
    そのための陸遜投入でしょうね                         ヽ    ヽ く
                                               /     ヽ \
5 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:39:02.75 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 呉 揚州 石亭】



        :::::::::::::::::::::::.................:::::::::::::::::::....       .......: .: .: . :.:.:.:........
        ゙゙゙゙゙"""""""''''' ''''''''''
                                                           ,/
                       .....::......... .....                           ,/´.,:;
                 ,_..,,:..、, :..::;::::::::::::::;:;:;:::;::;:::........:: ....  ..  .....::::::::::::;;;::,,.. ,,,;;:::::::::::::::,...  ノ´..;:
          ,.、    ,,...,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;: . ..,, .,.,.、,;..__ .;'゙゙;; ::
        ''"゙゙:: ^''"":::::::::::::::::,,....,、,、:_::.,;;..,,;:;,,__;,:: ,,,,..::;:_;.:;;'゙゙゚”.._,,::;"" ::; ::..::;.::; ::,;::; ;;: : ;'; : .:..ッ':: ;; ;;  ,;
        "';;,""''''゙゙゙゙"゙''"“,:;"  ;'::; ";:...;:.. ..,::'' "'':.:.:.. ,:.:、.::.;:.;.,.;:. .:; ..:;.'^  ,:; ... 、,; :.:; ._,:'.:;” . .  ''
        !,;!..;;:r^、;:''l;.;;r.、::___;:;;:;i;:___,;___、,:''、,,.:'':;";:'',:.,';:.;:.;,:...i',:;_.. :: i'.. .:.:'..:,.;.';:..;..:;.,. ,.;r;'".,;:ゾ;; . ,'  ..::
        ''"゙" ''゙゙    ...    .....               ゙゙゙" . ..''~~~ ..  (,:;',,;.'゙:::  ,..'..:: ..::   '
         '''   ...            . ..  :.      '            (''´;;: ; ; ..,' ..,,; ::;'  ,.;'
               r,;:;:;;;.,                              'ヾ,:::;::::;;; ..;::;  ,.'
              ノ,:;riッ'}}                               ヽ、,._;;:,::'';''"゙゙':,,:;'';,_
               ~~゙"'''゙゙      . .                        ....    ~゙゙''"'':;;.:;_;'_,;__
                              ....... ... .....             :::: .. ::..
                              ::'  ::                ::  ...
6 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:42:28.01 ID:fHC0X8Eo

                                         /.:.:::::::::i::::::::::::::::::::::.: .:::::::::::\
                                        /:. .:::::::__:::::r‐、-、_::.. . .:.::::::::::::::::`、
                                       /:/:::::// ハ::ト、 ヽ \、´"''‐、:::::::::::::::::ヽ
                                      j/::::::/ /' i l| ヽ   \\ \::::::::::::::::',_
                                      /::::::/ /'  j i    l l l、 ヽ ヽ \:::::::::::::i`i-、_
    さて、周魴と合流予定の石亭まで来たが……     ':::::::/ / / ! i l  |l l l lヽ ヽ ヽ 、 ヽ::::::::::i l l `'ー、_  
                                    j::::::/ / / j j  l、 l|| l l| ト、l  l | l |:::::::::::! l l   `'‐
    遅いな。ひょっとして……                /l!::/j // //  l|l、 l|、l  l l|:l|ハl、  l| ! |::::ト、::|  l`iー、_  
                                    jl://! i j 〃l|i  |l|i:l l l l |:l|| |l|ト、 l|ハ |::::K}::|   ! !  「 T
    いや、もうちょっと先にいるのか?            l|ll:| l/!/l |:l|i | lNl l l |リ|レー!‐トl||::l |:l:l/V!  l   ! !
                                    /|! l| l::l |l |:::l|l l|_」l_|ト、{  l |l ,ニ,=‐テ||ハl|:|}!  j   l
                                    j{  jハ !:l ハ{::::l|N!ニ,ニ、ヽ `  ` ´ |! /}!  l!   l
                                    ヽ\ ヽ{ヘ::!Vソ `! ` ´r‐、       /  / j|    l
                                     ヽ、\ `{、l |  ト、 / /j⌒!_    , '  / j |   |
                                     く (_ヽ`'‐、 l_|  L_`|  |ノ  i-一,、く,___,,、-'゙}_レ⌒ヽ|
                                      )´ノ ̄\ `‐、_ `|  |!  ハ ̄  }ニニニ/}/ l
                                     { /  `ー---' `ヽ、_'_ -' ,_,.ィ /ニニニl// /
     /:::;;:;:;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /:/!/!/!/:/:/;;:/!;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:レ/:/:///,l/レ,:/ l:/!//::::/::::::::::::::::::::::::::'、
.  /::::':::レ/;!//, /l:/i レレ/l:/:/:::::::::::::::::::::::::::::::',
  i:::::::::::/:::':':l//:::/:!/! il:/:/:::::::::::::::::::::::i:i!:i!i!:',
.  !:::::::::::i!::::::::::'::::/::|::|i/:'/:/:、_リ!:::/!;!:::::i!l:..:iN::::!
. l::::::::::::i!::::::::::::::::i!:::::::!!:::i!:i!,ォ/N/ l!|:::/'l!l!||:l!:::l    ここが石亭。
 l::::::::::::i!::::::::::::::::i!::::::::::::i!:〃{!`i'゙rミ、|/,':::l!:::::;イ;!
. ヽ、:::::i!:::::::::::::::::i!::::::::::::i!:l! ゙、{;:;/ ゙'/,':::::;::::/ /    内応が事実なら、もう現れているはず……
   ヽ::i!:::::::::::::::::i!:::::::::::i!:l!,___ ``__,....{:::;/!:/
    ` 、::::::::::::::i!::::::::::i!:l!  `゛゛゛´ ', ! /       これ以上の深入りは危険です
     | `ヽ、:::::i!::::::::i!:|       /l
   _,'    `ヽ::i!:::::::i!:!    ̄`´::::;'
  /`<_       ヾ!:::::|:ト、._,.ィ´:::::::::i
,.く    ``ー- 、_  ト、::|:|   ヽ:::::::::l
7 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:43:26.15 ID:fHC0X8Eo

      ,,.-一'''''''--,,,....___......,,,,,,_
    .,////////" /'' // ヽ,       
   .,///// ////,./  //.l /|\      
  .//  // /////l./  // /ll /| ヽ     
  .///      /// .l  ,/ ' // /∥,,ヾi.    
  l///// / / / /|;; l ,/  // /.ll l.ヽ :i,   
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;|;; l ; ,i ./' .入 ll l lル'l:i   
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;//"''ヽ|  l l ll ./// _,ヾ ll::/l; l     そうはいくか!!!
  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;l ( ./'l;i  ./llソ  | lj .l/レ'lル'l  
  '!l;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ'‐.、';,';l /ll;!  .'--' .ヽ!/        ここまで来てなんの手土産もなく帰還したら、
   '!;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ..,,,,, ';, l "   .....,,_  ,!       物笑いの種じゃねーか!!
   'レ'l;;;;;;;;;;;;;;| ""     ./''''-;/ .!
    ヽ!;;;;;l レ'      l:   /'ノ        後から来る賈逵の奴に馬鹿にされるのはゴメンだ!!!
     ヽル' '!   ゝ.  """./
     ,/===-.,,,,_ 'ノー-=/
    / __,,__""''-=,;l                                  ´: /二二二二二`丶
   / _':"-''-";ヽ.  "'l                               /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
   //-''"""''-,ヾ;,,  i、                            /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
                                    .     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
                                         ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '
                                          |: : :l: : :|    _ノ~   ヽ    Ⅳ: : : : |
                                     ∧___j: : :| : l:| ___..二     ニ.._ !: : : !:Ⅳ
                                     |    | .: ;レ:.八  弋::::ノ    弋::ノ `ハ: : :N
                                     `ー一'| : { ( ̄    ¨       ¨   ': :レ'┘
   そんな大司馬殿に最悪のお知らせじゃ。              |: :{\ノ           '    {: :|
                                         |: :\: ーヘ.   r、___    ,' : |
   物見の報告によれば、                        |: : : :Y⌒゙ト 、  `ー -'´  イ: : :|
   この前方に呉の大軍がおるそうな                   ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
                                         /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
                                    .   /: : :_/ -|  |       {rヘ|   |:│ |
                                       /x<::::::::::L___j _      \{__ト│ |
                                      /  ヽ ::::::| : : |   ヽ.  /  ̄|: : :|:::}`\
                                    . /      Y⌒| : : |~ー─-~─|: : :|ー|  ヽ
8 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:46:03.54 ID:fHC0X8Eo

                _,. -─    ー─- 、_
             _.イ_ -‐───── 、 \
           /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
            / / /    / ハ    V     ハ
          / / /    / / 〉   イ   ',   l
         /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
        / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |
      ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐    敵軍を指揮しているのは陸遜らしい。
          |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
          /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !       我らと直接干戈を交えた事はないが、
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |       あの劉備めを葬り去った男、
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |       一筋縄ではいかぬじゃろう。
          |    ヘ、    ´`      /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |       どうも妾たちはハメられたようじゃな
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
                                  ,:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                                    i:::::::::i::::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::∧
                          .         l:::::::::l::::::::::::::::::::::/::::::i::::::::::::::::::::::::::::/::::::l_::,::、::::::::::::::i
                                 l:::::::::l::::::::::::::::i:::/::::::::l::::::::::::::::::::::::::/::::::::ト ` l::::::/ヽl::
                                 l:::l:::::l::::::::::::::::l:/::::::::::l::::::::::::::::::::::::::l::l:::::::ト、゙l:::/`ヽl:l`ヽ
                                 l/l:::::l::::::::::::::::i:::::::::::::l:::::::::::::::::::/l:::l/l::l::::l、`.|/`ヽ llヽ }
                                 | l:::::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i.:l:::l.:.:l:ト:::l.:ヽ l`ヽ、`ヽ  l
   なるほど、合点がいった。               ヽ::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i_l::l.:.:.:!.:.:リ:.:i `ヽ  丶  /
                                    \:::::::::::::l::::::::l::::l:::l::::::::::::::l l::l`-===ト、 i`    /
   初めからこうするために、                 /\::::::::l:::::::ll:/l:::l:::::::::::::l l::l       ! i    /
   周魴は動いていたんだな                 ./   \:::l::::::ll、l::ll::::::::::::lul:l     _ ゝl     イ
                                ___/      \:::l `l:ll:::::::::::l リ- 、_, ´   ヽ    lヽ、
                             /`丶、ノ         ` ./l l:::::::::::l  ,-.'::/   l´、i    lノ|
                             /    `丶、        /   l:::::::::l イ::::::/   .l、 ` - '´  l
                            ノ        `丶、    /   l::::::::l l:::::/    l、ヽ _ _ / l
9 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:46:54.72 ID:fHC0X8Eo

                   _____
                  ,   x-‐…ー- 、 `ヽ、
                  /,∠ -―- .._   \  \
            // , /      ヘ  \  \
              , ' /   /   / /  /   \ /
             /  厶⊥」..._// /  リ    ∨    i
          厶イ  / ヽ  ` \,イ  !   /     |
              | { __、    __ \ | i /  ,    |
              j/j/l イバ      `   乢/  /     ,′
             ,' tkノ    丐=ミ   /  //   /      さて、どうする?
                     {k.ノハ/  //   /ー┐
               |  '      `¨  z,彡kj/}  /ー‐┘    大司馬殿?
               八   、 __           - ソ  ,′
            /   >、       / ̄匚彡 |
             / //`'ーr―ァ' ´   イ    |     
          ///   / /\_/  |  ¦   |     
          // (   ( /  /\  |  ¦   |          /:::::::::::::::::::::::////  //// `iヽ   
.       //    \ / x-<.: : .:∧ {      '.          :::::::::::::::::::::::/ '/   ///   /ハ, ',  
    //  ,x==彡'  /    ヽ: : :.| ヽ     \        :::::::::::::::::::://   /'"      /,/ | ',
    { /   ,《   / /        i.: .:lノハ\ \   \      ::::::::::::::::::::::/ /   / / / /,イ.  ! i |
                                       :::::::::::::::::::///  /,//イ/  //!|i  i ! !
                                       イ:::::::::ノ'y/::/  //-メ、_/, //|! ,' ,!'  
                                       /::::::::{ ("!'/| // 弋Z7`/ 〈レ'`l ,',/  
                                       イ/|:ハ:ヽ`_,,// u   ''     ∨ l,//   
                                        \ !ハ!  ヽ           _ ノ '"   
                                          \   \    、__   _,/  
                                       \    \  `' ,、     ̄' \  
                                       `'、`、    `' ,、,:r'^' ,、_/`i |/  
                                         ` ヽ     ,ri   /\| |l  
                                          ゙、   / 〈::: ,/  /  ,'|  
                                           ヽ/   ` / /  / |  
10 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:48:32.61 ID:fHC0X8Eo

        :::::::::::::::::::::::.................:::::::::::::::::::....       .......: .: .: . :.:.:.:........
        ゙゙゙゙゙"""""""''''' ''''''''''
                                                           ,/
                       .....::......... .....                           ,/´.,:;
                 ,_..,,:..、, :..::;::::::::::::::;:;:;:::;::;:::........:: ....  ..  .....::::::::::::;;;::,,.. ,,,;;:::::::::::::::,...  ノ´..;:
          ,.、    ,,...,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;: . ..,, .,.,.、,;..__ .;'゙゙;; ::
        ''"゙゙:: ^''"":::::::::::::::::,,....,、,、:_::.,;;..,,;:;,,__;,:: ,,,,..::;:_;.:;;'゙゙゚”.._,,::;"" ::; ::..::;.::; ::,;::; ;;: : ;'; : .:..ッ':: ;; ;;  ,;
        "';;,""''''゙゙゙゙"゙''"“,:;"  ;'::; ";:...;:.. ..,::'' "'':.:.:.. ,:.:、.::.;:.;.,.;:. .:; ..:;.'^  ,:; ... 、,; :.:; ._,:'.:;” . .  ''
        !,;!..;;:r^、;:''l;.;;r.、::___;:;;:;i;:___,;___、,:''、,,.:'':;";:'',:.,';:.;:.;,:...i',:;_.. :: i'.. .:.:'..:,.;.';:..;..:;.,. ,.;r;'".,;:ゾ;; . ,'  ..::
        ''"゙" ''゙゙    ...    .....               ゙゙゙" . ..''~~~ ..  (,:;',,;.'゙:::  ,..'..:: ..::   '
         '''   ...            . ..  :.      '            (''´;;: ; ; ..,' ..,,; ::;'  ,.;'
               r,;:;:;;;.,                              'ヾ,:::;::::;;; ..;::;  ,.'
              ノ,:;riッ'}}                               ヽ、,._;;:,::'';''"゙゙':,,:;'';,_
               ~~゙"'''゙゙      . .                        ....    ~゙゙''"'':;;.:;_;'_,;__
                              ....... ... .....             :::: .. ::..
                              ::'  ::                ::  ...


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       ここで曹休が取れる選択肢はふたつあった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      ひとつは、この石亭で陸遜率いる呉軍に決戦を挑む事。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .もうひとつは、即時撤退して自軍の被害を最小限に食い止める事
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
11 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:50:26.60 ID:fHC0X8Eo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       即時撤退なんて、そんな簡単にできるのかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                                / ̄ ̄\
                                              /  _ノ ,ヽ\
                                              |   ( ●)(●)
                                        . \    |     (__人__)
                                           .\  .|     ` ⌒ノ
   この石亭の戦いはいきなり奇襲されたわけではありません。   . \ ヽ       }
                                              .\_,ゝ     ノ
   進軍中に呉軍を発見しているはずなので、                /, r、    く
   本格的にぶつかる前に撤退という手段もあったんです。        / 〈  \    i
                                            ヽ、 .ヽ   \ i..|
   もっとも、呉軍の追撃は受けるでしょうが、                  て_)   \ノ
   こんな状態で正面切って戦うより被害は抑えられたでしょう              \
                                                       \
                                                         \
12 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:50:54.27 ID:9ZVkf9oo
引っ込みがつかなくなったか
13 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:51:42.93 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 呉 揚州 石亭】

/:::::::::::::::::::::::////  //// `iヽ   
:::::::::::::::::::::::/ '/   ///   /ハ, ',  
:::::::::::::::::::://   /'"      /,/ | ',
::::::::::::::::::::::/ /   / / / /,イ.  ! i |
:::::::::::::::::::///  /,//イ/  //!|i  i ! !        王淩、俺はこの国の大司馬だ。
イ:::::::::ノ'y/::/  //-メ、_/, //|! ,' ,!'  
/::::::::{ ("!'/| // 弋Z7`/ 〈レ'`l ,',/         そんな人間が騙されて逃げ帰ったなんて真似、
イ/|:ハ:ヽ`_,,// u   ''     ∨ l,//       .  本当にできると思っているのか?
 \ !ハ!  ヽ           _ ノ '"
   \   \    、__   _,/             それに数ではこちらが上、
\    \  `' ,、     ̄' \          .  呉軍が陸上で弱いのはアンタも知ってるだろう?
`'、`、    `' ,、,:r'^' ,、_/`i |/
  ` ヽ     ,ri   /\| |l        
    ゙、   / 〈::: ,/  /  ,'|                      / / /    / ハ    V     ハ
     ヽ/   ` / /  / |                   / / /    / / 〉   イ   ',   l
                                   /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
                                  / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |
                                ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
                                    |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
                                    /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
                          .        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
   では決まりじゃな。                  / ′ /   ∧             ィ7厂   | _ , -―- 、
                                    |    ヘ、    ´`      /  | | l/ !     __,r‐、
   大司馬殿の性格なら、                   |   / ノ> 、    _ イト、  /  /  !{ !     / ノ 〈
   そう言うと思っておったが……               |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  |  \  ,.-ノ / /
                                    |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  / >、 Υノ  /
                                    |  _|  ||  \      |  |,'  / {__!  !;.-'  /
                                    // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈   l \|   イ、
                                  //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\ノヽ_ ヽ/丿
                                /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \   ̄ |
14 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:52:41.56 ID:fHC0X8Eo
― 呉軍陣営 ―
                                      ィ⌒ヽ
                                          )  __
                                      iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
                                    ィv┘./  /         ` 、  .r'´
                                  r  >イテ   i             \/v
                                 >フ/  /  l  l        l   {人レ、
                               , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
                             / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
                            /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
  敢えて死中に活路を見出すと?     / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
                          {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ
  逆境にあっても               V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',
  自分の誇りを優先させるのですね?   V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',
                           V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
  愚かしい                    /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
                         ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
                       イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
                       ../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
                       il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
                         y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i 



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      このようにして、石亭で魏軍と呉軍の正面切っての激突が始まった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:56:30.55 ID:3qPK4GUo
さすが陸遜、悪辣(個人的に非常に不本意だが、褒め言葉)だ。
15 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:53:38.87 ID:fHC0X8Eo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     それにしても魏軍と呉軍でこういう戦いになるのって、
./     ∩ノ ⊃  /      めずらしくないかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       ほとんど、合肥や濡須口みたいな拠点の奪い合いだお
  \ /___ /

                                              / ̄ ̄\
                                            /   _ノ  \
                                            |    ( ●)(●)
                                           . |     (__人__)
                                             |     ` ⌒´ノ
    そういう意味では石亭の戦いは少し特異ですね          .l^l^ln        }
                                           ヽ   L       }
                                             ゝ  ノ    ノ
                                           /   /     \
                                          /   /        \
                                        . /    /        -一'''''''ー-、.
                                        人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
17 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:54:32.46 ID:fHC0X8Eo

    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       あるいは曹休は、野戦、会戦方式の戦闘ならば、
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ        勝負になると踏んだのかもしれない。
      `ヘ:ゝ   _     小/    
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          しかし、事は彼の思惑通りには進まなかった
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l
  l  ヽハ    l    l  //  |
18 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:56:05.59 ID:fHC0X8Eo
【紀元228年9月 呉 揚州 石亭】

                    r'ニ;v'ニ;、
           r=、r=、     _,!0_i0) )i:、
          __{0_{0_.}   /  `ヽ,. ┘ ヽ        /ニYニヽ
     ,、 ,、 /´l r `'、_,ノi、  i ′′      }       /(0)(0 ) ヽ
   , - (・(・ ){       ) l、      (    ,!      /⌒`´⌒   \
  ( ''  ,r'⌒゙i`、   _.r(_ ノ  ヽ.__. ^ 、∠!     |      (- 、 |
  ヽー< ,,ノ `´-r _ノ: :\    `T-  ヘ>     ト-―――-` l  !
.      i′  ,f´: :,. - - 、ヽ  ,,.-テ| ,/  `ヽ、    ヽ `⌒´    / /、
      l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: - ヽ      `コー   /,ノ:::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::|   ,.ィ":::::/::::::     (話が違うっていう……)
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      最大の原因は魏軍の士気の低下である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      従軍している兵士たちは、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      「ここで戦闘するはずはない」と思っていたはずである。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         それがいきなり戦闘すると言われたら、どうなるだろう?
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
20 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:57:07.04 ID:fHC0X8Eo

               .. - ─……‐-. .、
          ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
              ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
         /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
        , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
         |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
         |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
         { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
           ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
           l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
           l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
            l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/     しかも相手は、「あの」陸遜である。
              \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
                   l:/ ,. -─┴┐        彼の夷陵での戦果は天下に響き渡っており、
              ∠二二ヽ    !        .当然兵士たちの耳にも入っていただろう
            ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
         ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
       ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
        |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{
        |:| i/.:.:.:.:.:{. : : : : : :.:.:.:.:l L_ _ __{」
21 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/26(火) 23:58:10.98 ID:B1tQoNUo
無血占領の筈がミラクル・ヤンと戦わされるでござるの巻き
22 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/26(火) 23:58:32.67 ID:fHC0X8Eo

                 _      _
             r土 ̄ _」┬┬ ト.、 _」      \_WWWWWWW_/
             |   ||== ⌒=||       ≫       ≪
           _|‐ ' ´  ̄ ̄O ̄ |        ≫     げ ≪
.            ,':ri‐:':::二二::: ̄::;´::`!       ≫   陸  え ≪
           l::l.l:::/     `''´ ヽ:!、       ≫      っ ≪
.            !::|l::〉 /⌒_' ........,'⌒'| ',     /     遜     ≪
          /ヽ!l| "::::'´ o.!::::::::l´o.}:! |     ̄≫         ≪
         | 9.|l u   ̄    .| ̄ |! |     /~MMMMMMM~\
.         `ーl.l.       _ j  ,'
            | ',   〃,.-―-jl,'
           .| ヽ  {l '-一-'.,i′
.           ,rv'   ` .'l  .,;;;,./
          _/ハ::::::\    `ヾ;;;/ハ
      /::ノ:::ヽ:::::::::`:..、.  `/:::::\



───────────────────────────────────────────────


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\        兵士たちにしてみたら、こんな感じかもしれんお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /


───────────────────────────────────────────────
23 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:01:50.33 ID:xo2slm2o
【紀元228年9月 呉 揚州 石亭】

    | /   / .                ト、     /|ヽ\
    | /   ,/ / / ,/ ,  i i!   |! ヾ   ヘ.  / ! ヽ \
    |/   / / i l   | |   | | i  |! i ヾ   '. /   !ヽ. |  i
   / |    |. | | |   | |   | | |! |! |! ハ. i Ⅵ   !ト、 |  |
   |    ) | | |   | |   | | |! |! |! | | |  !|! | || |!  |
   | 、_/ ! ! ! |!  |! |i | | | |! |! |! | | |  i   ! !! !  .
   |  ///| | .λヽヾ 人从| | lハ‐卅ト、| |i/   !  i! !! !  |
  |/ / / | !、.|/|、__フ、/^ リ||/,イ三ミt、i|リ 爪f/ | |l i   !
  | /i| ヽ  .i/、,ヘー、il〉-、  〃 ん',ハゝト、从/   | |i |  l
  |/ ||  i , |ヽゝー-,j  i     弋__ノ ノ川 l   ! !i ! l
 ./.  | ./"/ /l,`-''、'"i  | ;.   ""/ )从j八  | リ ! !        全軍前進……
/|     .|. | .ヾ)"  .|  |_  _  / /( /  ヾ l / / /
 ハ/ . 〈_,-ヽヽ(_,\.ノ  ヾー´_/ /_才 ){ _ノ リ / /        左翼の朱桓殿と右翼の全琮殿にも
../      .ヽゝ/     ̄   ( _ -‐  ̄  ノ/ / /    .     手筈通りに動くようにと
..ヽ   ,ー--- '"             _ -‐ ¨ ´  ̄\{
  \  `ー------、          (´        入
   .|`'ー-、___  | 丿 气_          ̄ ̄¨)    ,/ /\
   ゝ    |、  ゙"^--、 ヽ__ , =ニ二三三く.:------、   \
    |     ,-、__ _>=、_ソ i      , /_____   \    .
    i、 \i  ヽ  ヽ、    /、__ ./^"  ,/  / :`ー-、\   !
    ヽヽ  \ \ ζ   ;-"_\/    /  / /      \|
      ゝ---,   /"ー、 ( ̄¨´     ,イ  |  |
      ゙''ー-、,__ /    `´       i||   ヽ \
           ヽ               ヾ    \ |

──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       そんな要因も絡み、石亭の戦いは呉軍が圧倒的に押しまくる展開となる。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      まず呉軍は、中央の陸遜、左翼の朱桓、右翼の全琮が
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .各三万ずつを率いて前進を開始した
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
24 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:03:12.25 ID:HPbFeTko
孫呉は水軍だけと侮ったのもいけなかった
25 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:03:19.02 ID:xo2slm2o

         |
    / ̄ ̄\                 .曹休
   /   _ノ  \.              ■■■■
   |    ( ●)(●)              ■■■■
.   |  ::::::⌒(__人__)            ※       ※       簡単な布陣図です。
   |     ` ⌒´ノ
.   |         }.    。                        もっとも、記録から類推した図なので、
.   ヽ        }    /     □□□ ..□□□ □□□    参考程度に見ておいてください
    ヽ     ノ   ./       朱桓   陸遜   全琮
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                                ___
                                              /   ヽ、_ \
                                             /(● ) (● ) \
                                           /:::⌒(__人__)⌒::::: \
    へたくそな布陣図だお。その※はなんだお?            |  l^l^lnー'´       |
                                           \ヽ   L        /
                                              ゝ  ノ
                                            /   /
26 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:04:48.42 ID:MpYMpKUo
陸遜に加えて朱桓と全琮か。呉も本気ですなww
27 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:06:15.30 ID:xo2slm2o

         |
    / ̄ ̄\                 .曹休
   /   _ノ  \.              ■■■■
   |    ( ●)(●)              ■■■■
.   |  ::::::⌒(__人__)            ※       ※    
   |     ` ⌒´ノ         □□□ ..□□□ □□□    ※は曹休が事前に伏せておいた伏兵です。
.   |         }.    。     朱桓   陸遜   全琮  
.   ヽ        }    /                        伏兵を使う事で、
    ヽ     ノ   ./                       .  呉軍を混乱させようと考えたのでしょう。
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'                          .さすがに曹休も場数は踏んでいますからね
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                                  ___
                                               /)/ノ ' ヽ、\
                                              / .イ '(●)  .(●)\
                                           .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
    そんなうまくいけば苦労はないけど……                 | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                           . \ ヽ           /
28 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:07:08.40 ID:xo2slm2o
【紀元228年9月 呉 揚州 石亭】

                                                  /フYヽ
                                              o ゚ ゚o/( o)(o )ヽo゚ ゚ o
         伏兵が突破されたっていう!!!                  / ⌒`´⌒ \
                                               | ,-)___(-、|
                                               | l    `⌒´  l |
                                                \       /
: : : : : : : : : : : : :!: : : : |: : : :_!:}
: : : : : : ! : : : : : :|_,レ'´ ̄L}
: : : : : : !: : : : : : | | |ト、|| | ;
: : : : : : |: : : : : : | | ||  ト、」 ;
: : : /⌒ヘ: : :: : : |  -===- | ;
: : : { ⌒い: :|: : :.| u    \ ;
: : : .\ヽ `^^^`  r― ¬  } ;                 なんじゃと!!?
八: : : :`¬.     |    | /
: : ヽ: : : :.∧    |    |ノ
: : : |\_ノ_\.  |    |
: : :√:/´  \:ハ.‐1   i
: :/::::/     Vヘ└‐‐ ┘fY'} ;
:/::::/       }:∧ /7rく. }ノ /7-、/7 ;
:::::/       |: :.ハ/ -‐'ノ / Y^Y ムク ;
:::::|        !: : :.|   ノ /  '´/ / ;


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      ところが魏軍の伏兵は簡単に蹴散らされた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
29 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:11:01.04 ID:xo2slm2o

        /,  '´          `丶、 \    ヽ
       / '´                `丶、ヽ    ヽ
    _, '´                      ``、    ヽ
   ̄ >               ヽ          ヽ    ヽ
   /  /         i   ヽ  ヽ          ヽ   ヽ
.  //  /      /  / i   iヽ  ヽ   ヽ     i }ヽ   ヽ
.  ! /  i      /  /  i    i `, '´ `丶、 ヽ     !  ',.   ヽ
   {  !      .i--テ=- i   i-=√二`丶-ヽ   ノ  }.   ヽ
   i  i!      i /-'二丶ヽ !  '´__(_::)- '´ ヽ  /  丿     ヽ
    i  i i     ハ'´__(_::),  ヽ!   , ''''""" " | i /_/i      ヽ . 長年山越に振り回されてりゃあ、
    ヽ !ヽ iヽ  ヽ ,,,,,.   i            f'´ ̄ `',i       ヽ この程度の伏兵どうってことないんだよ!
     ヽ ヽi ヽ、_ゝヽ    ノ           i:::::::::::丿!
        ヽ  ! {.ハ    ` - `           ,` T'´  ヽ、   ,.....'´:  手筈通りに敵を囲いな!!
 _____   ヽヽ_.ゝ     -== ア      / .〃i   ヽ`-'´:::::::/
'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` >'´`─ '` 、    ` -- '    / 〃  !     !:::::::::::/  
        〃::::::::::::::::::::i∥\       /::::/    !    ヽ:::::::/
        〃::::::::::::::::::::::ヽ\_ `丶、_, '´::::〃     i    }::::::{
       〃::::::::::::::::::::::::::::',  ヽ /::::.....√´      /!    !:::::::i
       〃:::::::::::, --、::::::::ヽ  ∨:::::::::/      /:::::i    i:::::::::i
       {::::::, '´    ヽ:::::::ヽ   ヽ::::::::{      /::::::::::::!   ノ:::::::::::}


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ   .    曹休が置いた伏兵を強行突破した呉軍は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      勢いに乗じて魏軍に襲いかかった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       この戦の指揮を執る陸遜、朱桓、全琮は
    `ヘ:ゝ    .'    小/         長年山越討伐に従事した経歴があり、陸戦の経験も豊富にある
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
30 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:12:22.78 ID:xo2slm2o


        /    /  ⊂)  /    ,.-――--、 \ ──────────
       /    ∠.____/    /       \ ヽ ───────
     /     /       i    /   __    ヽ. ゙i. ━━━━━━━━
     レ|     /        |    ノ< ̄  ゙ヽ    i i
     lン   /     ,.--ッ--、i.   ゙,ニハ     |    i | ________
     |     _,.:-;t'゙"「 /-,,, l l   `''ニハ    j'     i !  ━━━━━━━━
     |    /「  '!从./,r゙ブ ヽ\   く/~" ̄      〉/ ─────────
     \ .f'  |   ヾ;リ~"    \ヽ  \    _,..-=ニヲ~\    _,.-‐:/ ──────
      ヽ!   .!    /      /' 入.   \/    /    ヽ_/  / ──────
           ゙、.  <_,_ ,;=:、`:. //  \./~    /     /   /
           \   ~'^ ),;j! /~   ./     /      ./    il
             ヽ   ゙'''V゙     /     /      /    ハ  私が本当に裏切ると思ったのかい!
              〉:、  /~   /      ./       /    / .ヽ
             /  >-i|    ∠:..----、_/  ,:クヽ  /     i   . 私は故郷だけは裏切らないんだよ!!
           __」__」   \__/ |  |   〔.i!  //〈ク.〉 i     i
          _j    ヽ____jヽl  l   ヾ、 ヽ:.ij.:/ ./!     i
       ,r―"        ヽ  ゙i  i    i\  ~^ / i     .i
     _/             \ i  }   ゙i ヽ.__/  !     |
   __/                \!  }   i ー十'^  !     !
 /                _,.r‐‐'へ ヽ.  ヽ.  !    ヽ    ヽ


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      なお、曹休を誘い込んだ張本人である周魴もちゃっかり参戦している
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
31 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:12:53.68 ID:FcwkNqoo
裏切らないシーマ様とかwwww
32 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:13:37.05 ID:MpYMpKUo
シーマ様がそれをいうと違和感あるなwwwwでもいい配役wwww
33 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:13:55.06 ID:CfXFV3E0
シーマの故郷はソーラレイになっちゃったからな
34 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:14:48.08 ID:xo2slm2o

         |                 .□  □
    / ̄ ̄\                 .曹休
   /   _ノ  \.             □■■■■□
   |    ( ●)(●)        朱桓 □■■■■□全琮
.   |  ::::::⌒(__人__)              .□□□
   |     ` ⌒´ノ                            魏側の記録によれば、
.   |         }.    。          陸遜        .   この時に魏軍が呉軍に包囲されたとあります
.   ヽ        }    /                         
    ヽ     ノ   ./                         
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'                           
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                                  ___
                                                /   ヽ、_ \
                                               /(● ) (● ) \
                                             /:::⌒(__人__)⌒::::: \
      これじゃあ魏軍がフルボッコだお                  . |  l^l^lnー'´       |
                                             \ヽ   L        /
                                                ゝ  ノ
                                              /   /
35 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:16:07.03 ID:xo2slm2o
【紀元228年9月 呉 揚州 石亭】

/:::::::::::::::::::::::////  //// `iヽ   
:::::::::::::::::::::::/ '/   ///   /ハ, ',  
:::::::::::::::::::://   /'"      /,/ | ',
::::::::::::::::::::::/ /   / / / /,イ.  ! i |
:::::::::::::::::::///  /,//イ/  //!|i  i ! !
イ:::::::::ノ'y/::/  //-メ、_/, //|! ,' ,!'    
/::::::::{ ("!'/| // 弋Z7`/ 〈レ'`l ,',/     まさかこうも手際良く追い込まれるとは……
イ/|:ハ:ヽ`_,,// u   ''     ∨ l,//   
 \ !ハ!  ヽ           _ ノ '"      こうなったら覚悟決めるか
   \   \    、__   _,/
\    \  `' ,、     ̄' \
`'、`、    `' ,、,:r'^' ,、_/`i |/
  ` ヽ     ,ri   /\| |l
    ゙、   / 〈::: ,/  /  ,'|
     ヽ/   ` / /  / |                   //_....:‐‐:.:.:─,:.:-:...、 ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.丶
                                   /∠イ:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:`ヽV:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                 /:.:./:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                 /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:l:.||:.|:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.!:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                 /:/:.:.:.:.:.:.:.::/|!:.:.:.:.:.:.|」 | |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.!:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                ,:./:.:.:.:r― ´ ー―'´   `ー 、:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                               ,:.:リイ´               `ヽ:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|    _
                               .':./:.:.:!                   \/:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:}─‐ '  /
   大司馬殿、ここは妾が血路を開こう。     |:.|:.:.:.:',  __\      ,ノ__      /:.:.:.:.://:.:.:.:.:.ト、___/
                               |/|:.:.:.:.', ''7。ネミ、    ' ,=テ。≡ヌ- /:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.'
   魏の大司馬が虜囚になったとあっては、     ト、:.:.:ハ   ぅ_ソ       _ぅ__:ソ /イ:.:.://_ヽ:.:.:.:.'
   国家の沽券に関わる                 ト、∧              〃j/ /( |:.:.:.:.!
                                  |:.:.:.:.:,                 ノ/:.:.:.:.|
                                  |:.:.:.:.:..,    `           .ィー:.':.:.:.:.:.:.:.|
                                  |:|:.:.:.|:.ヽ.   ‐-         !:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:|
                                  |:|:.:.:ハ:.:.:.:>..       ,   |:.l__:.:.:.:,イ:.:.|:.:.|
                                  |:|:.:.:|:.}'⌒゙|:.:.|`:>、  -=' __ノV ヽ/|:.:.:.:|:.:||
                                  ||:.:.:.|:.|  |:.:.|:.:| `{/! ̄ ̄   /  /:.|:.|:.:.|:.:l:|
36 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:17:04.89 ID:xo2slm2o

  |ト、  |     |l::ト、 |、   l ヽ   ヽ、    '、  ヽ ヽ  l|::::::::|
  l| ! |l |  l  トl| ヽ |ヽ   lヽ '、、 '、ヽ    '、   lト、ヽ、l|:::::::|
.  l! l ||l | | l | 、 `ヽ、! ヽ  l ヽ'、`'_、'、-\、  ヽ l! `トヽ:::::::|
.   ! l ||l |l |ト{ /`''ー、ヽ'くヽ、 '、ヽー''"、_,,二二`' 、_! !  lノ!T`::::|
     l ||l| ト、!|ヽ 「     i  `''ヽ、  '''(__)´ヽ r' |::::l!イ  l ,/:::ト:{、
      l || l! l:|`! l {      !           } l l:::ハ! l,r:シ'l:|
      l{  `' lヽ'、    ノ           .! ! l/ ,l l |:! l!    ここで逃げたら、
           ヽヾ、   \  _        .j . / / |//l!      輜重を全部敵に渡す事になるぞ!!
            ヽ'、  ヽ、___         (_j /   /
             |\  、ヽ、 ̄ ゙゙゙̄三)  ,..‐O    /
             |l `'ヽ `''‐ ̄ ̄´  ,.‐'        /
             | l   `' 、   _,.-'   o    /
             | l     `>''く          /
                                                    __
                                               ,. ´:::::::::`ヽ
                                              r':::::::::::::  ..:::::ヽ    ハ      
                                              !::!i:|l::l!: .!::::i!::::i!:;〉_,ノ:::::!       
                                               !::l:リ,料l!::::i!::::l!::ル´:::::::::::::!     
                                              ヽ!l)_゚"|l::::l!:::j!八__l:::::::::::|-、   
                                               ト く`|l::::lK ,ィr-|::::::::::! l `!、__  
                                               |:::jl`'l|:ル゙V_」∟/:::::::/|  l l '/\
     そんな事言っている場合か!!                 ∧      |/   リ、:::::ヾilフ_,. -' _j  ll/_,、‐'´
                                         /  l           l `'-'iこ} ̄  l  l~"' 、 
     ここで輜重をばら撒いておけば、               |  .|.      / lヽ!//小   l l  '、  ヽ 
     敵の追撃が鈍ると考えろ!!                 | r'´`i   //‐、V ,ィ' ノl.  ノ ヽ  '、 -
                                        | |  |  //|   |'‐ク |/| l____,. -rァ〉   
                                         | |`Y´/∠ /`一´ /_,rtー'-‐-――l´   
                                          | | | ' ,ィ′ |    _,>/ /ll::l::l/l:l l:::/ハ、   
                                           | |'´`i l、_/ ,. '´// /::l|::l//:::| l//l:::li   
                                          /| |   | ′  / /::::/ /i:::l|//::::::l// l::::l|   
                                         //| |`Y′  (´ ̄{:::::/ / l//::::::::/  l:::::l|
                                   // ..| | |     `~し}、_l/ ∠_/_∠,-r┴,、l|
37 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:18:24.32 ID:xo2slm2o



. ヘ  | |  |  |    | |   |  \ ヽ' /   |   | |   |  |  | |  _
. |  ̄| |  |  |___| | -‐l--‐//\\   _!‐- _| |_ |  |  | |`´ |
. \_| |   ヽ | =-、_    \/V    Vヘ/   _,.x-='  / /   | |  /
    | |    | |   /,.ホミ::、_        _,彡ホミ:ハ   /     ト- '
.    | \.  |、ヽ.  i::{:::::::u}::i `       ´ i::{::::::::u}::i  /    l ノ
.      |   \ |ll ヾ. ヽヽ辷:ソ         ヽヽ辷:ソ  /   , -、 ' |
     | \ ` l  `、 __ ,ノ    ,     ` 、 _ ,ノ// ̄ /  |
     |   \.  !        ,_______      / /    |      王淩隊に告ぐ!!
     |   / `ー、    Yヽ /\/ヽ /ヽ /、/i     /´      |
     _|___| f´ `Y、   |              !    / Y⌒Y_  |      これより妾たちは死地に入る!!
  /     ヽ|   | \  l            |  / l   |  ` 、
 / |      )  |    \            ノ '´   l   |     ヽ    勇気のある者のみ続けい!!!
 |.  |     /-=-/    ヽ `  ,      ,  ' l       l    !     |丶
 |  |.     |.   |     l    ` ‐- ' ´   l     ハ‐' ` |    / |
 |   |    |   |                l     l l    !    /  |
 |    |    |   |                     / |   l  /  |


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      呉軍に包囲される形となった曹休たちだが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      王淩の力戦もあり、包囲を突破、かろうじて退却する事ができた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:18:29.67 ID:rGv4cmko
包囲殲滅は無理か? ゴクリ…
40 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:20:13.44 ID:tzLC1ZIo
>>38

 完全な包囲殲滅戦は難しいって、白善燁将軍も言ってた。
39 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:20:12.15 ID:xo2slm2o

      /  /::.::./         /ノ /i! / | .i i ヾ..           \ ヽ、
    ./   .i!::./        ./ ,:'/:/ ./  ! i! .i! i ゛、      ゛、 ヾヽi!
    ./    |/ ,.     /  / /'":::;//  i/  i i!. .i!         ゛、 ヽ
    /     /. ,i'     ./! / __......ノ'_ ミ=、     l !  i i       ゛、、゛、
    /    ,r┤/ !.i     l!.i / ´  /´`i ゙:、ヾノ .::  !./.:彡'i! i!| |      i! ヽ .!
  ./  /,へ!iヾ.||   | !i  `゚゙゙゙゙゙¨ ̄    ..:.::: i/,.-‐-レ' i .i!       i!  ヾ
  /   i i::.:.::.i!、 ii.、  .i! .!          .::::.:::: V´ ゙i ヾi/     .i  i
./     ! !:.:.  、i! ゛、 !  ゙         .::::::::::::::: >ミー´{!  .|   ! .i!
,i      ヾ、ヽ _..=‐-、゛、i             ::::::: /    i   ii   /i ./   敵が囲みを破ったよ?
      \,:´:::::0::○、ヾ、      .            ;!  ," ! ./ .i/
    i!    i::.::.:.:..:..。::!  ヽ    .   _....、、--、     ノ / .i!/     一気に追撃するべきだね。
    .|     ゝ、::.::.:::ノ:.              `   .∠=-":i         なんなら先回りして、
  . |      ¨T¨::::::::::..                  /:::.oノ         敵の帰り道を塞いでもいい。
    .|       !):::::::::::::::::...              / ‐‐ "         .
     !      ゛、:::::::::::::::::::..           /.: (            こんな機会は滅多にないからね
_,,....... ,,_ ヾ     ゛、ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i     / .::  ヾ、


                                  _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                                  /   ,′  ´ ̄、`Y  l         //^7\
                                /    /   、    l くハ |        //||//:::::::\.、
                                ,′ , l !   , |  、 |  l l|      ./ ||::: :::::::::::::::::ヽ.、
                             .   l  | | | /| ∧__ハ| | | |      ,/ /\  ::::::::::::::::::::ヽ:、
                               | |  l | ¦l7/斗‐r、 | | | |     / /   \  .:::::::::::::::|:|
                               |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|    / /     \ ::::::::::::::|:|
                               ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \  / /       ヽ  :::::::|:|
  それには及びません。                 / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ/ /            | ::::::::::|:|
                             .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ} / /             | :::::::::|:|
  追撃はしますが、                   l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   / / l            | ::::::::|:|
  適当な所で切り上げましょう。            |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \ / /! |           | :::::::|:|
                               / /{_)'′   / ∧ ト、| |  / / /              | :::://
  敵の増援が来ないとも限りません        / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ/ /l||               | ://
                             / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| / / l| |            / :://
                             ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | / /ノ| ∧{             / ./
                              `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j/// /ヽレ'´ `ヽ          //
                              ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈  ∨ ` ̄
41 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:21:18.37 ID:xo2slm2o

                , -‐'"´ ̄`ー- 、._______
           /,.ィ    _         `ヽ、
           ノ {/'´ ___    `ヽ、       ヽ
           /   .::: {:::::`ゝ、  :...\  :::...    \
         ノ ,.ィ .::::::::::ヽ.r‐┘\ :::... ヽ、 :::::::.... 、  ヽ
       { ,/ ::::::::::::::::,ゝ   `ヽ、::::...ヽ.ヽ、::::::...ヽ  }
       ヽ、  __、:::::/  ‐≠==.、`ヽ、::.\`ヽ、:::::,ノ   
         l .:/,.-| ::::ヽ   tu;ァミ、`''ー `‐、_ヽ」_\{
          |://,`j ::::::::}     ̄`''    ,pぇ丁Γ`)
           l{ !{ 〈 :::::::(__         {``' .l:::ノヽ
       、__ノ ,\‐ヽ、__;;/´            、 /'´      ずいぶん慎重だね。
     ,  `7,〃.:::::〕ー|           _ ノ/
    ,{   {('´::::_「`''‐ゝ.        ヽ:ー‐-;ァ /         まあ、これだけやれば充分な気もするけど
    j|  `) ::::「`ヽ   \       `ニ゛ /
   /´ `ー‐'´.::::/        丶、     /
   `う 、__ノ;;;;/_          `''r‐-<
.  /.:::/      `ヽ、        /     ,>
                                 .  /  /  i  / i     i   i        iミ>
                                  /  イi  il  /  .il  i   il   .il    i  i   lイフ
                                 . レ イ ./   i|  i ))il  .il  .il   .il    il  .il  .K/
                                 {     i   .i!((.il  ハ  .il  、⊥   il  .il  .i彡
                                 ..V    i! i! ,-ミゝ=、i ハ  \ il ` ー Ⅶ .il   lr::
                                  ゝ     i! Vイ≧ェア┐ \ハ ヾ≧= 、_V /  |il
                                 ..人    VYK {ヾ=)>ナ   `  イ芯zカアYイ  .il
                                 '   ヾ   ⅦゞミK _ /ノi}      ゞ=彡/./  /i
   殿下の狙い通りではあります。           ゞ   Y   ト、ハ  ̄))/  i       /イ   // i
                                 ::... )  \  }  ゝ ((           彡  ./ i l
   この戦の本当の目的は……            r‐ 、   ≧__(´`ーv / )-、   / ̄{  / ノ 彡
                                 .)  >'´ (    }  / ,<     イ /i レ'´イ / /
                                 i  .(_  ヽ_.∧ /  /_` ニ _´rK /.イ レ ./ /
                                     ヽ   | ./     , -─'´イ  \  \ / 彡
                                 _,-=-、_  \ i '      ──ァ ) (⌒)\  \/ ili
                                      , ノ |      ィ> ̄ (_ ) .(_ )   ヽlil
                                      ヽ .ノ      />><<|  |i  \  Ⅶ
42 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:23:11.10 ID:xo2slm2o

   |      j_ _ゝ_ノ-'―v'  ./
   ヽ      ヽ _ノゝ _,.ィ  / /        _
    \         ゝー、 /   ./ ,. ´
       ` 、        ' 7/   / ,/   _ _
  -= 、    `ー ----、/ // ,. '  /    ´     _
    \、      /|ー// / ,. イ // /  ,.  ´
\:::::::::......ヾゝ    ゝ. ァ r-レ_j/  ,イ /  /
:::::::ゝ_.::_::::..._j ゝ, ---レ( l⌒l.ィl / ,' /  / ,. '"´/
 :::::_ __,..>' l |_,. -‐    ミゝン ´  // ,. /  /  /
 - 、::::::::::: イ |_ .. - rー ´     ' //_ ,.ィ" \/   /
       _i ,   , イ           ゝレヾj V/ ヽ/
      j /   r  `         ./j:::ヾ|ハ. ハ /    
  _ ___//___ イi           _  l ゝ-r::ハ / /:,:∧/
 ::::::, ' ∨/、 __ / ト、          ゝ,. `  ´  |!' /://  | , '
    7/   / i`ヽ l             `      レ、//  /'  ―― この戦の勝利をもって、新たな国を建てること
    //  ./                      V  //
    フ/  '                      Vィ /
---'/  |                 ,. --- .、//::::ィ
 ̄     人.               /      ォ |ヽム
    /:::::へ..              ,'     イ │:|--`
 ,. -ー― '  ,.. へ.          _j  / /,. イ ::|
      /    _ヽ.     / | / /:::/  l ::|
     / 〃⌒Y´  \   f   │ i/ :::::/   | ::!
  ::::::入  || f'j| |!   :::::ヽ  \ レ::::/::::::/    ゞ\/
43 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:24:12.89 ID:xo2slm2o
【紀元228年9月 魏 揚州 夾石】

     /\___/ヽ                 /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、              /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ              / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、        | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl        |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |    .   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |       /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄      /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ     /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ     /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    \_/\  \           ,.イ |        |ヽ
                                    \ \  \        / /   \      |  \
                                        / ̄\  \       / イ/      \___|
                                   j-< ̄ミ`ミヽ、\  //://           \
                                   /  ヽ、`ヽヽ\ \ヽ彡 ':.ル//                \
                                 ,ハミ㍉仗、ヽ\ヽヽ㍉`ヽ:.:.://  __,-‐y‐y‐冖、
                                  { ト乂㏍ソ`ヽ\ヽ}Viト{^ヽ:.:.:| L_/∧Y´//,ハ ヽ
                                     ぃミメ/¨`¬ ヽ ハV<_}:.:.:.:.:.| | ノヽ/ V  / { |  \
                            __       ヽ{^、<⌒ヽ 〉 lN   |:.:.:.:// \`く \!〈  !| 〉,==ミj
                        __,.、_/t‐、ヽ____|l |∧ド='ノ弋l| ヽ,/|:.:.//|   /~ト-'⌒^ヽ V/'yーr〉
                      `ー‐~{ {\ヽ} }─ ─ヘ l{ \ヽ:.:.: lリ i弋ヨ://j |   { 人     └-V}   \
                           `'┬┬'  _ ヽ|  ,-\ヽ:l!`ゝト_|彡‐'′ __ >一ァ-、 _/  、, i`n┐
     ,.-‐''二二二二二二二二二二二二二二二二フ ,--ゝ‐ヽ//フ∧`<彡く_〉-=二== ̄>l   |j /―/ / /ノJ
      `"ー‐く__>─‐く__>─‐く__>─‐く__>─`-ニ7ー‐ァヽ∠ノ7ー、ゝ、 トミ三___厶=‐'゛  |   |`′└'し'´
                                !__j       / / ̄     \ >ミ、=ニ=`ヽ、_ ムゝJ


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      結局魏軍は、石亭の北方にある夾石まで呉軍の追撃を受けた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      この戦における魏軍の損害は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      死者及び捕虜が一万余、もしくは数万に上ったという。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         また、他にも牛・馬・騾馬・驢馬や車両一万台、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          軍糧・兵器を残らず奪われるという惨憺たる結果となった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
44 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:25:31.69 ID:MpYMpKUo
呉軍大勝利だなあ
45 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/01/27(水) 00:26:48.69 ID:h6BJu9M0
馬おいしいです^^
46 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:28:12.05 ID:xo2slm2o

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .'
::-::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .'
::::::::::::-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .'
::::::::::::;r'^'' - ,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .'
:::::::::;' ̄'''-- ,,_ '' - ,,_:::::::::::::::::::;' .'
::::::ハ-ェ__   ''- 、  ''- ,,_:::::::::::;'
;ハ:!\ヽ. ヒフミ、        ___.::::.
 ハ  \`'''"''        ___,,.:::::.::.           一足遅かったようですね。
/ ヽ  ヽ       /"ユフミ::::::::.::.:.          呉軍と衝突する前に駆けつけたかったのですが……
   ヽ  \       ゙゙ .::::::::::::.:: :::..
    ヽ   \    :  .::::::::::::::::.::: :: :: ....       ここで合流できたのが不幸中の幸いです
     \   \  : .:::::::::::::::::::.::.:: :: :. '' ::: :: .. .
       \     .::::::::::::::::::::::::.:::.::: : :: ..     '' '' ' ' … … ‥
:.    、_      .::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.::: :: ::: :..
::::.    、'''':::::;;r''::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:::..::: ::: ::::: ::..
.'':;:::.   ''''...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::..::::..:::: :::: ::: :: :::..                /    /´ -‐…‐- .`\
\ ':;::.  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::.:::.:::..::: :::: ::: .. :: ::.:..           /     /´    i   !`ヽト、
  \ '';::;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                       ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
                                      /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
                                      \  .| .:i i :i i |´   ノ   ヽ  `!、ハ:!
                                         `ヽi  从 i i |           !:::::|
                                   .       |  YハiハN ニニ`  ´ニニ '::::N
                                   .       |  ヽゝ u ´         `ハ!`
    いやいや、よく来てくれたぞ。                   . |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|
                                          j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|
    今回ばかりは死ぬかと思った。                  ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
    おぬしがいなかったらと考えるとゾッとする           /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
                                        ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
                                   .    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
                                      /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー  .    曹休軍はこの夾石で豫州から急遽駆けつけて来た賈逵と合流、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       呉軍がこれを警戒し追撃を諦めたため、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }   .   どうにか態勢を整える事ができた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .こうして石亭の戦いは、魏にとって赤壁以来の大敗北に終わる
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
47 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:29:24.23 ID:xo2slm2o

  +        ____    +
     +   /⌒  ⌒\ +
  キタ━━━//・\ ./・\\━━━!!!!
   +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +          魏の不幸で今日もメシが美味い!!
       |  ┬   トェェェイ     |
    +  \│   `ー'´     /    +
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
     /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
   Χ   ─ / / ̄ /   / .. | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ   __ノ   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o               / ̄ ̄\
                                            /   _ノ  \
                                            |    ( ー)(ー)
                                         .   |     (__人__)
    (うぜぇ……)                                |     ` ⌒´ノ
                                            .l^l^ln      }
    しかし、石亭の戦いでの敗戦の傷は、                 ヽ   L     }
    戦で負けたという以上に深刻な物がありました            ゝ  ノ   ノ
                                            /  /    \
                                           /  /       \
                                         . /  /      |ヽ、二⌒)、
                                          ヽ__ノ
48 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:30:26.14 ID:xo2slm2o

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |           ひょっとして、長門さんが最初に言ってた問題ってやつかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                        _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                    ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                       / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                               .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
                                     / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
                                     l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
   正解。                              ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
                                       j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
   その問題が顕著になったのは、                ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
   石亭の戦いの直後の事……                   ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
                                           `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
                                           ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
                                           ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                           \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                             , '´/ノ      L、 /
                                              ,.-'   | ___._   | `ー、
                                        _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_
49 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/01/27(水) 00:30:30.41 ID:v9WzGNU0
損害数万程度なら赤壁の戦いに比べたらカスリ傷に思えるけど・・・
50 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:34:10.38 ID:xo2slm2o
【紀元228年9月 魏 揚州 夾石】

           ___        
        ,.-=Vへ\      
      / ./i从i \ヽ.      
      // //|!::::!|ハi, ヾ|      
.     ||/| |《\;;/》|l ||!
     |!| ヘ|  ̄'_ ̄ |/、__ 
.      Wゝ, f ~) ,イ ヽ\`丶、 
       / !, \="//-┘ハ  |`'ー、 '       賈逵!! お前、来るのが遅すぎなんだよ!!!
.      /.  |/゙丶/ / / ヽ /ー 、 `、"
     /      !  |" ̄ ̄   ゙、 ヽ      そもそもお前らがもっと早く動いてくれれば、
     |r  、 |  /|  |        冫 ゙、     こんな醜態晒さずにすんだんだ!!!
     |、  \| /ヘ 〃        |  ヽ
.     |ヽ   V | / |        V--'     今から石亭に行って、捨ててきた武器を拾って来い!!!
.     |! \  ゙、 |.  |                  ii ii
      tー-|!-、-''ヽ|.  |\             i||  !||i
.      | \  \. ヽ |  |            i|||  |||!
.      |゙  `''" ヘ  |!、 _ノ
      ヽ.    /:::||i, !||、||             i|||!  il||!
      |:lヽ:::-":::|i::::||i   !!||              il||l!
      |'ll l:::::::::| |:::::|li ii i|l|ii            il||||!
.      | l l:::::::::| |::::::||!||||!! !!               ||| |||
       | ' l:::::::::|.|ヽ、:::::::/    ... .:::..::: :.. ..      ||| |||
.       |  l:::::::::||l:.. ''l:::::::|   .. .:. r⌒ヾ:. .: : .:.. ..:.. .. lll lll

──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      石亭の戦いにおける魏の殊勲者をあげるなら、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       窮地に援軍にかけつけた賈逵だろう。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      本来であれば、曹休は彼に感謝しなければならない。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       しかし、日頃賈逵を嫌っていた曹休は、感謝するどころか、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         逆に賈逵を叱責、このように無理難題を押し付けるありさまだった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
51 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:34:33.99 ID:FcwkNqoo
DQN過ぎる
52 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:35:05.15 ID:MpYMpKUo
曹休、おお曹休・・・
53 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:35:47.28 ID:xo2slm2o

           /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : :\
             /: :∠:_:_/ : : : : : /.: : : : : : : : : : |: : : : ヽ
         /: /: : :/  ` ̄\/ : : : /| : : : : : : |: : : : : :'.
           //|: : /  \  丶  ̄ ̄ ̄ |_: : : /: : |/ : : : : |
         /: :,レ'/   ・ \    -    \/: : :/: : : : :| j
          /: ( ,'  ー‐        ー───\/: : : : : / ′   
.         / : : ヽ{            、 ・    /: : : : : : : '\    どこから突っ込めばよいかのう
        /: : /: :/'.                 ̄   厶: : : : :/:/   >
.       / : :/ : /八                     //∧/:/\/
      / : :/ : /  /                 ,__,ノ: : :/
.     / : :/ : /  /: :/:.>、  二)        ィ/\/: : :./
    / : :/ : /\/:_:/_/:___/>r---z‐=ァ<: /  /:/ : /
.   / : :/ : /: : /_______,入 ̄  ( : : /  /: {: : :|       ,.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  / : :/ : /: : /{         / ノ\  `゙7\/l : |: : :|       ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                                    /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                                    ,:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                                    i:::::::::i::::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::∧
                               .     l:::::::::l::::::::::::::::::::::/::::::i::::::::::::::::::::::::::::/::::::l_::,::、::::::::::::::i
                                   l:::::::::l::::::::::::::::i:::/::::::::l::::::::::::::::::::::::::/::::::::ト ` l::::::/ヽl::ト、_ ノ
                                   l:::l:::::l::::::::::::::::l:/::::::::::l::::::::::::::::::::::::::l::l:::::::ト、゙l:::/`ヽl:l`ヽ
                                   l/l:::::l::::::::::::::::i:::::::::::::l:::::::::::::::::::/l:::l/l::l::::l、`.|/`ヽ llヽ }
  逆境に追い込まれると本性が出ると言うが……    | l:::::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i.:l:::l.:.:l:ト:::l.:ヽ l`ヽ、`ヽ  l
                                     ヽ::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i_l::l.:.:.:!.:.:リ:.:i `ヽ  丶  /
                                      \:::::::::::::l::::::::l::::l:::l::::::::::::::l l::l`-===ト、 i`    /
                                         /\::::::::l:::::::ll:/l:::l:::::::::::::l l::l       ! i    /
                                      /   \:::l::::::ll、l::ll::::::::::::lul:l     _ ゝl     イ
                                ___/      \:::l `l:ll:::::::::::l リ- 、_, ´   ヽ    lヽ、
                                `丶、ノ         ` ./l l:::::::::::l  ,-.'::/   l´、i    lノ|
                                   `丶、        /   l:::::::::l イ::::::/   .l、 ` - '´  l
                                      `丶、    /   l::::::::l l:::::/    l、ヽ _ _ / l
54 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:36:39.18 ID:ie6eGg.o
賈逵ちょっとパン買って来い
55 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/01/27(水) 00:37:33.83 ID:h6BJu9M0
横光三国志なら少しは感謝してたようなのに!
56 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:38:34.22 ID:9UhDIwg0
曹休は決して無能ではないんだが、
石亭絡みの間抜けっぷりから小物臭く見えるわ
57 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:39:16.38 ID:xo2slm2o

                                        l
                                        |      /       ,       |
                                       l       〉    _j‐'           |
                                       |〉    _}― '' "       _,, 、-''|
                                        i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
                                      j、,___}___ 、-‐ '' " l、!::::l!::::::: l
                                      /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
                                  .   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
                                     j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
   私は国家のために豫州の刺史となっています。     | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
                                     | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',
   捨ててきた武器の類を拾うつもりで            ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
   来たわけではありません                .   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
                                      l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
                                      ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/--へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
                                       ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l::
                                       r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '
                                      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
  .//  // /////l./  // /ll /| ヽ 
  .///      /// .l  ,/ ' // /∥,,ヾi. 
  l///// / / / /|;; l ,/  // /.ll l.ヽ :i,
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;|;; l ; ,i ./' .入 ll l lル'l:i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;//"''ヽ|  l l ll ./// _,ヾ ll::/l; l
  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;l ( ./'l;i  ./llソ  | lj .l/レ'lル'l
  '!l;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ'‐.、';,';l /ll;!  .'--' .ヽ!/   
   '!;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ..,,,,, ';, l "   .....,,_  ,!      何ぃ!!!
   'レ'l;;;;;;;;;;;;;;| ""     ./''''-;/ .!
    ヽ!;;;;;l レ'      l:   /'ノ    
     ヽル' '!   ゝ.  """./
     ,/===-.,,,,_ 'ノー-=/
    / __,,__""''-=,;l           
   / _':"-''-";ヽ.  "'l                 

──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       賈逵は言う。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      どうもこの二人、見かけによらず水と油のような気がする
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
58 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:40:12.98 ID:VXoY5Ywo
見かけによらず、っておいww
59 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:41:02.70 ID:MpYMpKUo
ああだからキャスティングがヒカルと佐為なのかww納得納得
60 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:41:22.97 ID:rGv4cmko
AAネタww
61 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:42:28.91 ID:xo2slm2o

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    メチャクチャじゃねーか!!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    曹休はそんなこと言える立場じゃないはずだお!!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    蜀なら馬謖みたいに首が飛んでるお!!!
   ヽ           i    丿   
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


                                                   / ̄ ̄\
                                                 / ノ  \ \
                                                 |  (●)(●) |
                                    .             | u.(__人__) .|
                                            r、      |   ` ⌒´  .|
    気持ちは分かります。                         ,.く\\r、   ヽ      ノ
    常識的に考えれば、賈逵に咎はありません。           \\\ヽ}   ヽ     /
                                          .rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
    曹休に問題があるのは明らかです。                └'`{  .   \.|   /   i
    彼は彼で気がたっていたのでしょう                    ヽ、._   ヽ、_,r'   |
                                                `ヽ、   /'  |
                                                   `'ー'´
65 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:48:19.30 ID:MpYMpKUo
曹休ひでえww
62 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:44:04.68 ID:xo2slm2o
【紀元228年10月 魏首都 洛陽】

   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      この一件は洛陽の朝廷でも問題になった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
63 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:46:42.35 ID:xo2slm2o

              _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |   ねぇ、孫資。
           V V \ ヽ \       マt7./   ,′
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /   大司馬から賈逵殿を弾劾する上奏文が来たよ?
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ '   /  /
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',                    /  / / /   | |_//     \\    `丶
 .   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }                    /   '  //   ' |_|_/ i     \\      \
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |\                    /  / ,|__{ /    ¦        ',  \   \
                                   /  ′ /  / / / /    }  | ¦     | |   \
                                     i   |    ' ′  ′    ′| |     | |     .
                                     | i | i |  | | | |    /   ,′ ′    | |     |
                                     | | | | |  l,.⊥ L..|_ //  // /}  }| | |  .     |
                                     l | | | |  | |_,」 ⊥ // ` // //  . 厂 丶|  i     |
                                     | | | ∧ !-‐、――- 、__//} / / / ヽ  . |    |
    馬鹿馬鹿しい。賈逵が正しいに決まってるわ。     \| |V  .  'フ孑iT ア'   /イ}/ /ヽ.   }| |   ¦
                                           \i|   }シ    /' ノ /  }   /       !
    賈逵ほど優れた人はめったにいないわよ?          リ         /     {_ ノ/  i
    文武に優れた才能、鉄みたいな忠誠心……         /               r‐ 'l    |     ヽ
                                       丶.__                ′|   l
    そもそも彼を朝廷に推挙したの私よ?               L. _                |   i |
                                                {___             |  |  、
                                              ∧         /  _八   、 \
                                              ヘ.___ .  ´| i\/{.   \  \ \
                                                       }_   | |∨    /\  \ \
64 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:48:15.27 ID:xo2slm2o

                             __ ∧_ヘ__
                      _,,, --‐''''''''/ ''-!:::::ヽヽ、>
                ___  ,/:::::_::::ヘ::::::/  '''!::ヽ:ヽ::!'
              /   >'":::::::::!ミ,,ハヽ::~!'''''' ̄!ヽ:::::ヽ:::!
             ∠___/:::::::/::!:::!    ヽ:!:::!::::!:::!:::!::ヽ::!:::!ヽ
               ///::::::::!:::!:::!:!    !-‐!''!'''''!/:!::!ヽ:!:::! ヽ
              /r//!:::::!::!::::!:,,!,,!..   !!:::リ,,、、リ へ!:::::/!::::! ヽ
              /::::!::::!:::::!:::ヽ-'"リヽ  リ. "、、、、 !ゝ/::/::!::!::! !
            /::::::!:::::ヽ:::!:::::ヽ'r''""  、    ノ!-'/::::!:::!::! /!
           /::::::::::/::,rヘヽ:::!ヽ ```  __ ノ/:::::/::::::/:::!:!//
         /;;;;; ,/::/   /:::'':::!:\__   (:::::::::/:::::::/::::!'''~   一族の人間にひどい仕打ちはできないもの。
     ,, -- ''"::::__,,,../    /:/:ノ::!::::!_:::~!''''''', ii::iヽ::::ノ:::::/
   /:::::,r''''''~ ̄ , -‐''''''~'''''"::::::/"--,-\~~   !:!.!:! '--i'''''''!--、  .元気づけるためにも、
   /:::::/    /:::,r-/::::::::::::::::::/  ヽ、!  ヽ、  //,,ヽ''--!__ ! ! !   何か待遇でも考えますか
  !:::::::!    /:::/ /::::::::/::::::::::::ヽ  ヽ.  >''' >=!ヘ__/ .! ! ヽ
  !::::::!    !:/   (::::::::/::::::::::::::::ヽ   ヽ!  \///Vヽヽ ヽ/ /
  \:::!    !:!   ヽ::::/::::::::::::::::::::ヽ,   !  ,,,-''"/ ヽ ノ !  ヽ/
    \!_  !::!   !:::!:::::::::::::::::::::::::ヽ,  ヽ< /  ./ 丿  !
         \'==-\!:::::::、--、::::,-!ヽ,  ヽ ∨    ! /   /


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .当然、朝廷でも賈逵が正しい事は把握していた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      ただし、曹休が皇族の一員として重責を担っている点が考慮され、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      朝廷ではどちらも処分しなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         それどころか曹叡は、曹休が負けて帰って来たにも関わらず、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          従来以上の儀礼・賜与を加える事で気遣いを見せた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
66 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:51:52.24 ID:xo2slm2o



  |ト、  |     |l::ト、 |、   l ヽ   ヽ、    '、  ヽ ヽ  l|::::::::|
  l| ! |l |  l  トl| ヽ |ヽ   lヽ '、、 '、ヽ    '、   lト、ヽ、l|:::::::|
.  l! l ||l | | l | 、 `ヽ、! ヽ  l ヽ'、`'_、'、-\、  ヽ l! `トヽ:::::::|
.   ! l ||l |l |ト{ /`''ー、ヽ'くヽ、 '、ヽー''"、_,,二二`' 、_! !  lノ!T`::::|
     l ||l| ト、!|ヽ 「     i  `''ヽ、  '''(__)´ヽ r' |::::l!イ  l ,/:::ト:{、
      l || l! l:|`! l {      !           } l l:::ハ! l,r:シ'l:|
      l{  `' lヽ'、    ノ           .! ! l/ ,l l |:! l!     くそったれ……
           ヽヾ、   \  _        .j . / / |//l!      
            ヽ'、  ヽ、___         (_j /   /        どの面下げて
             |\  、ヽ、 ̄ ゙゙゙̄三)  ,..‐O    /        .武帝や先帝に会えばいいんだ
             |l `'ヽ `''‐ ̄ ̄´  ,.‐'        /
             | l   `' 、   _,.-'   o    /
             | l     `>''く          /


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      当の曹休は石亭での敗戦がこたえたのか、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      その後しばらくして背中に悪性のできものを患い、逝去してしまった
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
68 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:54:43.03 ID:u0rldpoo
リベンジの機会もなくか…同情しづらいけどナム
67 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:54:37.89 ID:xo2slm2o

                    ,;,
                    ,':; ,
                    ,':::; ,
                   ,'::::;  ,
           ,'´´',     ,'::::::;   ,
           ´''''´    ,';:;:;:;:;,.,.,. ,
                  ;'´:::.:::::::::`,       ,,
                    ;::.:::...::::::::::::,     ,::´ `::,
                 ,::.::::...::::::.::::::,    ';::.  .::'
                ,,,;::.:::::...::::::.::::::;,,,,,   `'::::::'´
             ,,. ''" ,. ;:.:.:::::...::.:::.::::::.:,  "'' ,,
             ',  '" ,':..:.::.::...::.:::.::::.::.:,  "' ,'
            ,' ',  ,':.:.:..::.::..::.::....:::.::.:;   ,' ',     国の御厚恩を受けながら、
            ,' ', ',  ;:.:.:..:::.:::..:.:.:....::.:::.:; ',,' `',     孫権を斬って先帝にお目通りできないのが残念です
            , '  ' ,':, ;::..::..:::.::::.:.:..:.:.::.:::.::; ,':,  ',
     ,'´´',   ,.'   , ;:::',:;:..:.:.::::.::::.:.:.::.::..:::.:::;:,'::::',  ',
     ´''''´  ,'   ,' ; :::',;:::.::.:::::.::.:.:.:::::..:..:::;',':;' ',  ' ,
         ,'     , ';'"';::::...:::::.::.:::::::..:.:::,'';::;     ',
        , '  ,  ,.::::,'',`'';、;_;_;;;_;;_;;;_;_;、;' ,'';:, ,     ' ,
       , '   ,'  ,.:::::,' ' .:,':-:-;';--;';-:-'', '' ';::., ':, ',   ',
       ,' ,', '´  ,.::::::,':. ..:.:.':、,,,'::::::::::.::',,,,,、'.:..  ';:::, :':., ' ,  ' ,
       ,' '  , ' ,::::::,:' ',:.:.:.:.:.:.:,'::::.::::::.:::::',:.:.:.:.:.:,.:.:';:' ::::::':..,  ,:;' ,
     , ' _ _,. ' ,.::::::,' ;,_ _'_,:.:.::,'::;:::.::::.:.:..:::.:',:.;,:.''..:.:.:;;:':, :::::::::':::'::;' ' ,
   _,. '_ _,.....`' ,'::,::;' ,'...........:.:.,'::::';:';:::..:.:.::::;.::',:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:... ::::::::..:..:..: ' ,
  ´-  ´´´  `  '     ',:::::::';:';::.:.:::::;'.::;'     ' ''        `

──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .同じ頃、賈逵も病気にかかって危篤となり、逝去してしまう。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      享年五十五歳。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .賈逵が生前統治していた豫州では、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         彼を敬慕する官吏と人民が石碑と祠を建てたと伝えられている
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
69 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:56:05.71 ID:xo2slm2o


           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
           /`ヽ、;,;,;,;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,,-ー'|´::ヽ
           i:::::::ミ   ,,,,,,''''''''''''',,,,,,:::::::::ノ::::::::i
          ..i::::::::ミ  ´- ′  '- '´:::::::`丶::::ト、
           |.i::::i''  --- 、,   , --- 、:::::::`i::::r/
          ヽi:::i  -<写-、 |::::,/冥`;::: :::::i:::リ.|
           ト、i   ''_,ノ  |::::::、__ノ ;::::i:::i /
            |_ii      ,  、:::::  ;:::::::::i:i_/ 
            li     /,,,、 ,,ヽ::::: :::::::::::i:l
             |      ''';''  ヽ::::::::::;/
             丶   -―-一ー )::::::/゛ト
              1、  --一  ノ:::::ノ/ ノ ヽ
             ,,ノヽヽ、     ,,ノ::/ /;:;:;:;:`,,丶
            ノ;:;:l | `ヽ::::::;;;;;;;;::::::/ /;:;:;:;:;:;:;:r ヽ
        ,,, -''''´'i;:;:;:;i ヽ    ;;;;;:://;:;:;:;:;:;:/::::ノ ヽ、
    ,,--''' rー-ト、'、;ヽヽ    ;/ /;:;;:;:;:,, -'' ン    'ヽ、
  ,,/     ト、_r-- ''''''--'-ー-''-''''ト-'''''  ,,/        'ヽ、
 l          ヽ、__    ̄ ̄


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       ちなみに、賈逵の子の名を賈充という。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼が何を思ったのかは定かではない
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
70 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 00:56:18.94 ID:VXoY5Ywo
賈逵もナムナム

それで息子があれかwwいま気付いた
71 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:56:55.08 ID:xo2slm2o

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \     文句ひとつ言わない賈逵は官吏の鑑だお……
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /




                              ':,  \':, \: : !     \:.:ヽ:.:.|:.:.:.i:.:.:.: ト、:.:.:i: !:.:.:.: : i:.:.|:.:.:.Ⅳ
                                \  \   >        \i:.:.|:.:.:.|:.:: : l ',:.:|、:',:.: : : |:.:.|:.i: !
                                     ヽ           !:.:.!:.:. |:.: : :l  i:.l ',:.',:.:. :.|:.:.|: ! |
                                       i`:..、        |:. ii:.:.:|:.:.:.:.l.  !:l Ⅵ:.:.: |、:.!ハ|
                                       |: ハ: ー、‐     |:.:l l:.:.|:.:.:.:.!   ||   ヽ:.:| Ⅵ :!
                                      !:{ ヽ:. `:.   l:.l l: |:.:.:./   !     ヽ!  >――‐
  この石亭の戦いの頃から顕著になる魏の問題……    ヽ!   :.:. ∧   ll ´|:.:!:.:〈       , . : :´.: : : : : :
                                       \ i:. i `´  ! . |:.:.: ハ      . : : : : : : : : : : : :
  それは、皇帝とその周辺の曹氏一族と               l:.l        !:.:/  i   /: : : : : : : : : : : : : :
  曹操以来実力で立身してきた名士・将軍たちとの間に      ll      |:/   !/: : : : : : : : : : : : : : : :
  少しずつ距離が生じ始めた事にある                 !      |'  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                              _  /: : : : : : : : : : : : : :-=≦三
                                                  /:i:i:i:>': : : : : : : : : : ..z≦三三三三
                                               ∧i:i:iⅩ : : : : : : : ィ≦/三三三三三
                                               ∧i:iⅩ: : : : : : :/三/三三三三三三
                                                ∧i:Ⅹ: : :. :.:.:./三 :/三三三三三三三
72 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 00:59:03.49 ID:xo2slm2o
【紀元228年冬 魏 青州 臨淄】

                _,. -─    ー─- 、_
             _.イ_ -‐───── 、 \
           /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
            / / /    / ハ    V     ハ
          / / /    / / 〉   イ   ',   l
         /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
        / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |
      ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
          |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
          /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !      賈逵が死んだじゃと?
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |      惜しい男を亡くしたのう
          |    ヘ、    ´`      /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈
        //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\
      /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \
     /   |   |  ||   ヽ__ヘ       |  ヽヘ.  \
    /    |  / /!\_|l⌒l|ヘ、___ノ|  | |    )
  /      l  / |ヽ |匚l 囗二l|   ヽ|  | |  /

──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      やがて、それが多くの人を巻き込み……
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
73 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 01:00:21.99 ID:xo2slm2o
【紀元228年冬 魏 荊州 宛】
                         /    ,  /     // |    j、    /!     / /´ |:::!:::\   /::/
                           /  /  / .i│    //  j    /i !  / |   /:: /i   l::::!ヽ::::\::::∧
                        /  //   i  l l     //  /l    /_j_|_/ |  く:::::: く_l_  |::::!、 \::_:ノ  i
                        /  i /   |   l l   ,/  / j_,. ィ´// /  l    `ーr-.::` -:::j:::! \!ヽ  \
                        i  ,l l   l  ヽ! _ /   ./ ./  /_/,レ''=/ /i      ノ   ` ーイ:::|   ヾ\\ 
                       l  /l l   i、  /`jィ   / / , イ jr }_,. ,/ /    /      |::::|    ヽ::!  
               .          l  |ヾi    |ヽ.イ´ _ゝ_ j  / / ー` ´ ´,ノ /    /!        |::::|      i::|  
                         ! │ ヾ.   l! ヽ!イ,iriヽ'   ´         /   /,j. |        |:::::ト     i::|  
  不思議ねぇ。             ヽ,l   \ {! V ゝ '、               /  /,/│!     /|:::::| \   i:::|
                         `    >_\ ゝ   ヽ         /_/    |/     ∧|:::::|  \ ヾノ
  どうして優秀な人ほど             /::::,へ. \   r= -   /' ´      ,/     /  L_::!    \
  早く逝くのかしら?              /::::/  | ` ーゝ               /,,j    /    \     \
                            /::::/  |    \.            ./ //   人      \     
                          /:::::/   /!    |!へ.     _ . -‐'     //    /  \
                          `─'  /ノ|    |!  ` ー--r‐、ー.、,, ==//   ィ_.    \
                             /' │   |リ    /r{_::::::}f`\::\/  /三.`l    \
                           ヾ,,_  ヽ   |  _,/://:::/ |:::! 三`/ ィ_ 三三 ヾ     ヽ
                          / \;;`メ、\  | !:::f'´ /:::/ . |:::|=./ヘ´ヽ:::ノ三三 ヽ        , -
                 ー====;;='─--ゝ、;;;;;;\;;ヽ!、 ヽ::\/::/   |::::|三三三三三三三三 \     /三


──────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      魏王朝の存在を揺るがす事態に発展していく
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
──────────────────────────────────────────────
74 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 01:01:17.77 ID:xo2slm2o

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    この問題が、司馬家が台頭するきっかけになるってことかお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |                                _,,,......,,, ,--‐-、__
  \ /___ /                                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
                                       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
                                     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
                                   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
                                     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
                                     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
                                      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
     最終的にはそうなる                      !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'
                                       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
                                          !.!: :ト     __       /: : /!/
                                         l.ト、|..\        /.!: / |'
                                         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
                                           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
                                         /:::r'´     └、:\
                                       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
                                    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
75 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:01:56.96 ID:v9WzGNU0
流石に身内に甘すぎるよなぁ
76 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 01:02:16.33 ID:xo2slm2o
【紀元228年冬 魏首都 洛陽】

   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      冬、石亭の敗戦から間を置かず、今度は西方が騒がしくなった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:04:02.68 ID:HPbFeTko
蜀の北伐か
78 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 01:04:58.24 ID:xo2slm2o

                        ___     _
            __  .  ´        >:'___  `ヽ`ヽ
      ___∠  /      _  <:::::::::::_::l     :.::::〉
       \:::::::::::::_:::ヽ'       ´   ` 、ト::::::/:j::k     v'
        \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
         >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
        /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
.        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
         | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
        | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |
        | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |   諸葛亮が陳倉に攻めて来たですって?
        | i   / ∧、__,,.            / i  |   |
        | i / / ハ               ,トイi  |   |   なんか交互に仕掛けられてるわね。
        | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i   同時に来られるよりはずっといいけど……
        |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i
        |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l   曹真、悪いけどお願いできる?
        / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
.        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
        {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶
        ノ  j/     |:::::::::{ L ノノ/77ヾ、     //::::l  ` ‐--‐ \
.     //i /    |:::::::::ト-- ´イ{{ }}\ヾニニ ∠:::::::ゝ --──-  \
79 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 01:06:39.63 ID:xo2slm2o

〃 //i|  〃l //||  il || i |  | i, | i、  | i  |.|   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.  i
/ 〃/!|  //.| ,〃 || ||l || | |.  ! __i_|__|i__ |. |  !|   |;;;;;;;;;;;;;;;;;(,)  i
  i i|| |__,,lL⊥」!. || !l|  ! | |! /´ .リ i,. `|`|  ||   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   !
  .| 7l´| | l | i|  ヾ; | l ノ l lレ' _____l|. | |  ||   .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   l
  | l; | |i_,i⊥-‐l-、  `      ´     l7ヽ、! ||   .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   l
  | |!.| ヘ |   ヽ         ,.-‐‐--、、,  |l ||   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   l,
  |、|i.|x‐,ゝニニ.',‐        ,.‐'i"´l`i`'''i`<|_l,.⊥  ,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:' _,.-''
   |゙ir'"i 'い,_ノ!`             ',. '. '‐/ '/ | ||  /;;;;;;;:::: ''''_,.-‐'"i
.   ! i', ',   ,'           、'、_,/,.. / /| || /'''' _,.-‐'"    l
   | i| ン';‐-‐''″    ';         ' ` /./ .| |! /ー'"、 ヾ  i   !     陛下、備えは万全です。
ヽ  'iハ //      l      // ノ /ン゙| | /  |ヾ  i  | l  i
.|iヽ, ヾ、ヽ,                  /''| | ||/ヾ  | i  i    i ヽ    なにとぞ御心配なされぬよう……
j| ||\ `,ヽヾ、、     ー‐-‐一     //| |l レ|| i| i | |     | | ヽ
/ || |ヽ,ヽ`` `'';‐、     ̄     ,-r"///| i! / || ! |   i   i   |   \
 ||  || l` |lヽヾ,.>`,':;- 、.,,,_,.. ;‐',"  {,ヽ〃|i/ /, || | ||   |   |   | |   \
. ||  ||l ト、ヾヽ(  (´ |`フ/ソ-!|ヽ'  | ,) )|l|//. ||. | ||   |   |   | |
〃 /l|| |ヾヾ、、|ヽ、`'‐// ! .| | ヽ,../,/|//〃 i.|. | |      |   |  ヾ、
/ / /| | i|ヽ\| ;;;`''/ ,' i二l | ヽ‐'";; |〃/ || || |     |     | |
 / / |! i|l || ヾン、 ;;;;;;;;;ヽi_,/|;;;;|ヽ,/;;;;;;;;; |ヽ、 i| || |     !    | |  ヽ
// i| ノl| |/ ,;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;| |;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;/;;, \/ / | |     |    | |   \

魏 大将軍 曹真(字:子丹)
80 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 01:07:59.81 ID:xo2slm2o
【後編に続く】

新規CAST

~魏~

●孫礼(そんれい) 津村斗貴子(武装錬金)

~呉~

●韓綜(かんそう) カツ・コバヤシ(機動戦士Zガンダム)
●顧雍(こよう) トダカ(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)
81 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:11:31.42 ID:r3vScVQo
乙ー

しかしまあ、皇帝が身内に実権を集めて貴族と対立するってのはこれから続く時代の流れといっちゃうこともできるからなあ。
82 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:12:00.96 ID:u0rldpoo
乙です
将軍職に以前よりも政治的な才能が必要になってるんですかね
舵取りの難しさ倍増
83 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/27(水) 01:12:08.76 ID:xo2slm2o

       _}\∠二  ̄ ̄`ヽ、  /}
      `>‐O   ̄   ̄ ̄`く厶
.      /,イ l   l i  l !  、 `、
     /// l | l | |  |||l  |
.     // l  l l 仁ト、|   | l l||| [_ヽ
    | l |  l N::.:`ヽヽ ∧土Z | |l }
   〈〈 |  | l|ヽ::_::ハ l/ 《函「∨ l//
__   } } |  | |ヽ'''   __  `ブ | //
ト、/\ノノ |  | レ‐>‐-v-‐<  ∨/      時間が遅いので幕間は明日の夜に投下するつもりです。
ヽ、\\」  | /^ヽ:.く:_:_O_:_ィ「    \
.  \ \\,イ: :.:/〉: : : :Y: :八 `ヽ 、\    お疲れ様でした
   | l> rくY : /∧:_:_:_人:_:〉:ヽ、_ \\ヽ
   | | ̄lヽ ノV /: : / : : : ):ハ : }_) 、 ヽ }ノ
   ヽ} レ' /|// :/ : : : /:/ : :∨  l  ト、
      丿/ >、_:_r彡^ヽ、: :/ヽ  ト、 l| |
    //  `7‐イ⌒‐┬〒  `ヽ l }八ヽ
     | {_,  /。 /    |。|     }ノ __〉〉
     ` ̄ ̄ 〈_/      L__〉
84 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:12:53.26 ID:MpYMpKUo
乙でした。石亭の戦いがそんなに重要な意味を持っていたとは知らなかったなあww
85 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:13:17.41 ID:AK0yNkoo
乙でしたー
86 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:13:29.57 ID:FcwkNqoo
>>1乙、面白かったよー
87 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:14:07.46 ID:VXoY5Ywo
おつおつ
88 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:18:38.56 ID:9UhDIwg0
乙!
後編における陳倉での彼の活躍に期待
89 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 01:32:07.19 ID:4FjHz5co
>>73
ヤク中に乗せられる程度の輩が、国家の重職を占めるような事態になるわけか。
武帝が宗族を減らしまくった弊害かな?
93 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 08:53:04.60 ID:r3vScVQo
>>89
武帝って一族を圧迫したりしたか?文帝曹丕の間違い?

どっちにしても、ヤク中がどうこうってのはこの後の西晋朝でさらに強まるのだから、
皇族宗族がどうって問題とは無関係だわな。
94 :89 [sage]:2010/01/27(水) 17:10:47.81 ID:4FjHz5co
>>93
すんません、文帝の間違いです。
周王様と代をごっちゃにしてた。
90 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 03:10:24.68 ID:HfYo7x60
こういう賈逵みたいな人物も漫画やゲームの出番が少ないとかの理由だけで
『評価されてない』とか言い出す奴がいるんだよな・・・・
92 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 07:30:23.18 ID:b4E0UAgo
>90
そりゃその漫画やゲームでは評価されてない、という意味なら
間違ってないんじゃね?
95 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2010/01/27(水) 18:20:00.80 ID:6A.Yjwg0
魏は相続争いの邪魔になりそうな近い親族を排除していたから、一門といっても
比較的縁の遠い人が高官には起用されていた。

序盤で晋がこの逆をやろうとしたことが語られているけど、どちらも成功したとは言えない。
96 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/27(水) 21:21:36.21 ID:2lcWW5I0
幕間は何時からかな?
97 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:12:14.17 ID:MbtYhFg0
>>92
正史に燦然と功績が列挙されてる人が、そんな枝葉末節の作品の中での扱いで
『評価されてない』とか一般論にしちゃう感覚が理解できねーなぁ
つーか、ゲームとかですら別に不当な評価がされてるわけでも無いだろ実際

何か知らないけど一部の武将や文官をやたら『不当に評価されてる!』
って声高に叫んでる人がいる気がする 
98 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/01/28(木) 00:18:45.33 ID:Hy3xWew0
よそでおやりんこ
99 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:31:17.59 ID:CtmOyuMo
【幕間】

            ,. -―‐  ー- 、
       _  /          \
      /  `   ー- 、 iソ´ヾl ,、_ ハ
     //   ,〃 \ 、  >!<,j- 、__ヽァ ',
     l/    l/    ` ー=(,〉 {薔}-' ノr' ハ
     丶   !i       ゝ'i_ィ、‐、"  .}
           ',  -'    `ー     >-、 /
           ! ━      ━  r=っ У
.         /ハ         |l _'_      今回の内容、孫権と陸遜の高笑いしか聞こえないわね。
         ゙ 「 、   n     ,.ィ゙_ i
         ´ニユ_>-rr彡´ノt=ュァ_´ー 、   次回(後編)で孫権が皇帝になるから仕方ないけれど……
.          /└‐、7((ニアトゝ) 'ーァ‐'   ハ
    ,'⌒   /`´ /`イll ! ̄   テ    ハ
     ヽ_ノ  i / l  ljl.j   / /     ハ
        く |   ヽ _   _ノ   ',     〈                   _,. -―‐¬ス仁ニ、
.        / ! i彡ア、<     /     ヽ              ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
        / /  `//!ト--'     ヽ    く            /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
.       / /   `/lj        |      ヽ          / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
                                .      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
                                     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ
                                      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |
                                     lN XヾV佖イ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
  この頃が孫権の絶頂期ですもの。              /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、
                                    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  今回の幕間は、                      └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
  そんな時期に交わされた                     // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
  孫権と陸遜の会話を紹介しましょう             / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \
                                   /  / ハ ヾニ=扱从} : : : : : : : : : : :_:r―冖‐ミ、  ヽ
                                .  〈  / /  \{>斤'′: : : : : : r―‐'´: : : : : : ::r‐ヘ\  \
                                   \ l l    7んヘ: : : _:_: r‐'´ : : : : : : : : : ::人  ヽ ヽ
                                     l| |    {: : : : `^´: : : : : : : : : `丶、:_:r'′ l  l  l
100 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:32:42.91 ID:CtmOyuMo

               ,.'´  ,rー≧~~~`ヽ
         <´: : : : : : :{ (⌒~'⌒ヽ.ム
.           ,へ : : : : : :{ レ‐{薔}ニ].}
         l: : :i`゙ー- 、_ゝ、,く_l::!、∨ノ
         '; : :! __  `゙=‐l::lハ:;〉
.            '; :ハ,.-r.、`  ´ゞ' 7/)ヽ
           〃八. ゞ'   ,   /'⌒ヽ
             ゙ '⌒ヽ、rvy.、_ィ_ |=シ             何の会話かしら?
           ヾ,-‐{y′ ´r‐'ヽ. ラ-、
           ∧ラ ヽ、 ヽ.、-.!、  ヽ
          .ハ └' r'7   { ヾ;j .!   ハ
          i    {. ヽ バYヾ!|    }
          :、  ノ ヽ∨. ', }、. |    〈-┐
             >介1   ヽヽ l.}v',.>   ハニ.、
           `1/<    ゙iゝ}´     ,}、}}
          //- {`て ̄ ̄´    ,. へlj`
           `  >、 ヽ      /    \
            /ヽj_!、,、\_ _ ,人      \                /   / .'   ll   l     | l   l i
                                                ,.イ    '  i i、 |l-、 | | l l | | | l l  !
                              .               / | i   | | l ∥ `|l、 l j | l l | | | l l  |
                                             l i| | | ,ハ |!  || 刈/l/リ | | | l |  {
                                             ヽl、 レl 代fr㍉|∨ {`メィf范}レ| リ   '.
   『三国志』『呉書』『呂蒙伝』に記されている会話。             / ヽトli ゞ-′   ヾ トミyノ l/i′
                                                /  / '.   〈    `ーrヘ、 l
   孫権が陸遜相手に、                            ./  /   ヽ   ‐ -  `ー' ,.ィ^)|
   周瑜・魯粛・呂蒙について語った逸話を紹介しましょう       __厶- ー ..._  `ゝ、    _厂 ̄}l
                                            ヾ 、     ` < \ヾー '7 // ̄入
                                            ノノ        \ ヽ\l/ .′ /  \
101 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:34:10.86 ID:KPlSGmUo
キター。支援支援
102 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:34:15.91 ID:CtmOyuMo
【周瑜について】

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l     周瑜は事を成さんとする大きな気概を持ち、
     |           从  l|、 l Alム l l |     胆力と才幹を人より優れ、
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨       曹操を打ち破って荊州への道を切り開いた。
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\    .  あの気宇の壮大さに及ぶのはなかなか難しいが、
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ     今はお前がそれを継いでくれている
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l
  ´// , /  `ヾl \\ V }}
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \ 
                    \ ヽ
                                                    ___
                                          ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                               .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                         {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                          | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
 (周瑜と陸遜、何故差がついたのか? 慢心・環境の違い)   l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                               .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                               .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
103 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:35:18.33 ID:CtmOyuMo
【魯粛について】

           ,     ̄ ̄ ̄   、
.        /             、、\
     /ィ ,       ,l l/ v l vlヘ ヽ
     , l / レ/レv/   lV ,l/l∧l ヘ ト l ∧     .昔、周瑜が魯粛を招いて、私の所へ連れて来てくれた。
.   /´lヘN N //    l W W  l    ハ       
   ' /    l' | l  l,  !| /l  l l |  l |     .最初はあいつと気楽に話してただけだったが、
.   l/| l  ゝ /ヘA / v l'| /=ゝ/W  ハ|    .話題はすぐに天下の大計と帝王の事業に関する内容になった。
.    l /l | 、V气rfリ  V l' ゞ==彡} l / l/
.    l’ N   ヽ´ ̄   ,      , /, l'  ヽ  .   これが第一の愉快な事だった
.      |,l Nl从    、   /ィN /  ヽ`\
.     ノ'| レ/| ,> . `三´ ∠ィ /| ,   ヽ                            ___
.       | /l /l   「≧、__ <  l/ .l/                     ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
.       l' ノ' ノ   \ {{    /  ′          .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                         {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                          | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
                                          l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                               .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                               .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
104 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:36:41.15 ID:CtmOyuMo

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l   赤壁の時、張昭たちは曹操に降伏しろと言っていた。
     |           从  l|、 l Alム l l |
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨    .だが、魯粛は周瑜に軍勢を任せて、
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ     曹操を迎撃した方が良いと反対した。
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ   これが第二の愉快な事だ。
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l      今にして思えばあいつの策略には、
  ´// , /  `ヾl \\ V }}           蘇秦や張儀の策謀をはるかに超える配慮が込められていた
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \ 
                    \ ヽ
                                                    ___
                                          ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                               .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                         {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                          | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
                                          l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                               .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                               .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
105 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:37:31.22 ID:KPlSGmUo
周瑜はイケメン、性格良し、戦争強い、音楽に優れる、実家が名家、嫁が美人という完璧超人だもんな。足りないのは寿命くらいのもんだ
106 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:38:27.35 ID:CtmOyuMo

              ___
          .  "´      `  、
         /Zィ            \
.       , 'l/ //           \\
       l lィl/   /  /!      ヽ.ヽヽ
.         ,′     /レl / レ lW  |、ト l l  ハ    
      /   /     lW ヘl ヘト  トl、 |   ハ    まあ、劉備に荊州を貸すようにしたのは失策だったが、
       /  ィ ,   ィ |、 /l  l|l| l  / レ   . ハ   これはふたつの立派な行動を損なうほどじゃない。
    //レ{{イ l|  |l厶V‐A / l| ム/N    |、 l
   ∠彡ィl ヽ|/レi |辻ィ正 V  レfィ壬|/  / l/   周公旦は一人の人間に
  ´ ̄/  , ||ヘト トl      l   ̄イ  イ ′   万全の能力が備わっている事を求められなかった。
.   /    /ヘl、l, ト、       ,   ィ   ト、 l
      /   lヽ lヽ\   ´ニ ’イN 从 | ヽ .    だから私は、あいつの落ち度を忘れて優れた点を尊重し、
           `l  >>r 彳|/ // ゙l    .   常々あいつを鄧禹に比してきたんだ
               l | ノ /'´
                                                    ___
                                          ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                               .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                         {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                          | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
   (御自分は光武帝気取りなのでしょうか?)           l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                               .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                               .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
107 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:39:37.82 ID:CtmOyuMo
【呂蒙について】

         .  ―……―- _
      . ィ  /レl  l |W   v> 、
     // レ  ヘN   lヘl   トl、lヽヽ
.     /wlヘ/ l  |l,    l       l ハ   .     最後に呂蒙だな。
   / /l {  ト、 |lヽト、 A|    、   ハ
   /,/.  lヽl、l ヽl´ ィア行N ./    ヽ l、ハ       若い頃のあいつは勇敢で大胆なだけだと思っていた。
.  l/l l ゝl,=ミ、   jz斗 l/|  ィl トN l レハ
.   l l 、 {!(rリ,         l N || {l } ヘl 、ハ      だが、年をとってから学問によって視野を広げ、
.    ゝハ lヽゝ´、        / /l/ |ソ   ト-ヽ     .飛びぬけて優れた計略を立てるようになった。
     `l |八 't. =‐    /´l  / l     l、\     .周瑜に次ぐ人物だと思う。
        ||l\ r‐     _」. /川 ,、   ヽ ‐\    
        |イN/ へ _  彡 ナ/_//   ー- \     .あいつの意見は壮大さと鋭さが欠ける分、
       l l' /l/`|{{「   , l/ /´            周瑜に及ばなかっただけだ
       l .//  」ハ}}/ ′
       l/   / 」´
                                                    ___
                                          ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                               .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                         {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                          | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
      (高望みしすぎですわ)                    l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                               .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                               .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
108 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:39:58.31 ID:tE9EJf6o
話聞いてるばらしーが可愛すぎるんですが…
109 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:41:37.65 ID:CtmOyuMo

          ______
          . ´        `  、
      /レl /レl   lv|  Wvト、\
.      /l, //イ//  lヘ |  ヘl ト、l Wl 丶
      ' lヘl lヘ!    `l   ヘl ヽlヘl 、ヽ      . そのかわり、積極的に関羽を捕らえようと計った点では、
     l    , l、   ∧ . ,  l   、.l`\      魯粛より優れていた。
     lイ   l |、ムヘ l / l 从A /l / l, |    
     l.l , |、トl〒ィテ'l'   l'彳ィテkl/l / リ        だいたい魯粛の奴は、
.       | ヘ.ト l  ̄ ̄  ,   ̄ イ .イ          .「関羽はあなたの先駆けをしているだけだから気にするな」
.     /  N l、     ,    イN ∧          なんて言ってたからな。
    / ィ l|∧lr\  '゙゙ニ゙゙' /// ハヘ     
.   /´/ ,l l ヽヽ > __ イ|´l /へトヽ         自分が対処できないからって言い訳するなと
     /ヽl     \ |l| /  l′       
                                                    ___
                                          ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                               .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                         {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                          | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
 (私が関羽に手紙送ったから楽に勝てたのをお忘れなく)     l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                               .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                               .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
110 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:42:38.19 ID:CtmOyuMo

         ., '. : : : : : : : . :   .             丶
        /: : : : : : : : : . : : . : :               \
        '. : : : : : : : : : : : : . : :  :    .   . . :      丶
       .,'ィ: : : : : : : : : : : : : : : : . :    : . : : :, : : .      ヽ
       i! |: : : : : : : : : : : : : :.': : :    : . : : :/: ィ. : : ,      ',
        |: : : : : : : : : : : : ,..,': : : :   ',: !: /}/_リ_|: . : .   }  l
        }: : : : : : : : : : : :{ ,': : : : :   .!:l' /'〃㍉!/: .,. : / /  }!
       ,': : : : : : : : : : : : Y: : : : : :  ハ:l   ヾト!'/: ィ: / } ハ /
       /: : : : : : : : : : : : :.!: イ: : : .:   | ヽ   ` ヘ// ' /'´
      , ': : : : : : : : : : : : : :{ ヘ!: :',: : :  | `     \
    /: : : : , : : : : : : : : : :.!イ l: : ハ: :.  |       /    ま、私ぐらい度量のある君主になれば、
  ,. ': : : _,.ィ: ; : : : : : : : ; : : : :.| i: :| ',: : ト .i    ` ,‐'     これぐらいの事で責めたりはしないんだぞ?
 ‐─ ' ´ / イ: : : : /: : :!: : : : :ト.',:.|_ ',: .ハ .l    i´
      './: : :,.<イ: :ハト、: : : !:::'.!::`ヽ,:.l ',ヽ‐- ...イ       .魯粛の軍隊の指揮ぶりは、
     /:,. -',.へ/,く、 .! 丶: : :!:::::::::::::く'.!. ヽ: |ヽ:|       .脱走者がなくて軍令は守られ、
     ̄ /: : : ヽヽ   \::ト、:::{´: `-、_ヽ!         領内には悪事を働く奴も
     ./: : : : : : ヽヽ   ヽ',\{ヽ: : :  ̄ヽ       落とし物を着服する奴もいなかった。
  ,.. ': : : : : : : : : >,ヽ   ,へヽヽ‐--..._:.}
./:,. -─-、: : : : : /  ヽヽ 〈  .>\ヽ、', `ヽ!      あれはあれでなかなか素晴らしかったんだ
!/     \: : : .<     丶丶ヽ'   \ヾ!  ゝ、
!        \: : .ヽ      〉 〉     .ヽ`ゝ,  .!、
                                                    ___
                                          ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                               .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                         {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                          | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
   (一行目と二行目に、すごく突っ込みたいですわ)        l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                               .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                               .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
111 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:44:25.57 ID:CtmOyuMo

            ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
           //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
         //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
        //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
       //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
     / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\
     ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉
        //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //
       //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
     //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く       ……と、こんな内容ね。
    〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
     \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\    四人それぞれが高く評価されているのが分かる
     // / / ヾ: : : :〉: : :ヽ!./〉 /: :`ヽ: : : : :./ /  > 〉
    //   / / /: :、 /` ゙̄/ヾ´r─:.── ': : ´: : :/ .//
  //   / / ./: : :._{: : : : }/´: : : : : : :_{: : : : : ノヽ/ /
. 〈 く     / //: : :./ |: : : :〈: : : : : : : :/人: : : メ、 〈 〈                ノ  ヽー- 、
  \\ / / -ー/  l: : : : :',: : : : : : _:_:/ .|: : : ト、〉 .\\             , '´ ヾ  ヽ  , '-
                                            /     入...   |  ` ´ ヽ
                                            '::.    /  \:::::. ヒィ秘)、./
                                           /:::   l/ - ─ '  `'ヽ\ __ン
                                           i::::   /   ○     \ヽヾ|
                                           Y⌒V          ○  | /
                                            { ノ          '     j/
                                          r ーノ     ,. - 、 _      ノ
   孫権、贅沢言い過ぎではないかしら?               /   _ノゝ 、      ⌒_, ヘ
                                         !∠´    ト`_二_ 二.イ:::::::: |
   周瑜や陸遜たちがいなかったら、                 iヽ::::\   ノ{::::,ィ:::j::ヽ `>-<
   とっくの昔に詰みでしょうに……                  ゝ_ ` ´   | |` |:::! !::|`| {:::::::.ノ
                                            ∧    | |. `´ `´│ フ´
   逆に言えば、彼らの力で呉が成り立っているようなもの……   ./ |"  | \   イ │
                                          /  |:   |   ` '´ │ "|
                                         '   |:   |      |  |
112 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:46:01.50 ID:CtmOyuMo

          _  --- 、/^ハ __
    ,、  , -‐ァ´    _ 二V∠ -<
__く`レ-      ̄ ̄ \´〈 トー-、-\
` ァ‐ィ^ー/    l    l   ヽ| | \ー- _
// ′ l      ! |  l    トj   `ト-二 ‐ 、
´  |  l   |__ |  ! | ||| |  :    |、  \\
  | ‐ト、_ l{⌒j}.: | l |_L.L!|: |  :   トヽ   >>
   |   !:ト、` 7ド、∠lAAA|ハリ     |ヽヽ//     まったくそのとおりね。
   |!| l.士l土メ、|ハ{ }マ{リィjリj|′    ヽ |/,、く
   l小|小_迷j` ヽ ヽー'‐メ 小     / / ヽヽ     .例えば陸遜の場合、荊州牧として荊州を統治し、
     |.バ´ 〈      ̄イ ト.| l |:.  / ハ| _l |     .蜀との外交を受け持ち、
     ! .:ヽ、 -_‐  _/l |ィ! l l   {_‐ 二二二_ー 、   その間に魏と戦ったり、山越討伐に赴いている。
   / ,、_ノ_ノ>  _ j |!| |ノヽヽヽ:.    ヽ  || > >
.  / {_: : :  ̄ヽてソァj´ ヽ ヽイ \ ヽ:...    ヽ//   諸葛亮やお父様を相手に
  / /´ノヽ、: :ryjァiヘ´{ / >ー--`---ァ―_ニ ヘ||     直接交戦していないから印象は薄いけれど、
//{: :{:.. ヽ ヽソ‐イj:._ : : : : : : : : : <<`ヽ.  ヽ    将軍としても為政者としても一流なのは間違いない
/ |: :ー{__ノス⌒ノ 、: : : : : \: : : : : 、 \\:\ ヽ


                                         、 /   l    l    _    ヽ
                                         /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
                                        '   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/
                                           y-、     y-、\   ,\/
   そういえば石亭の戦い以降、                      弋__丿   弋__丿  Y 〈
   魏軍が大々的に呉に攻め込まなくなっているわね。                    lー┘
                                        `l       A     /
   呉への攻撃が再開されるのは陸遜が死んでから、       _」            /、
   やっぱり恐ろしい存在ね                       ー 、        , '´  /
                                         / >‐t_j‐<l {―=ニ´\
113 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:46:33.83 ID:tG33sYco
俺の魯粛タンをこれでもかってディスられているぜww
114 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:48:21.26 ID:4XBZY1Eo
西の蜀がウザいってのもあっただろうけどね
115 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:49:23.88 ID:CtmOyuMo
    _
  , ':::::::::ヽ、
 /:::, --、:::::ヽ
. l::::::ヽ  ノ:::ノ
  ゙ー´ /:::::く
     ヾ;;;;シ_
      l:::::ヽ ,,==、
      `ー´ |l
          ヽ-‐ ´ ` ヽ、
          / 入  `,'´⌒ヾ、
            i´ / ヽ、 !,‐-、/´⌒i
         (,○  `ヽ-レ、ゝ'ト::ヽノ
          (     ○ ノエニ'ナ'´      ふと思ったけれど、お父様と陸遜はどっちが強いのかしら?
       (⌒)ヾl二二i‐--,ーノ〃、
        ハ´ ヽr':ヾi -=゙ラ、,∠       この二人がぶつかったら、
          ! `Vン:、 ノ 、  ヽ ッ,コ      三国時代最強の将帥を決められそうな……
        `´/ヲ´`、7 |   ヽ″
         !´ 、   ヽ.|   ノ       これは>>1の主観になるけれど、曹操を抜きにすれば、
          `r-rゝtー┼rく´         どちらも当代最強クラスの将帥だと思うわ
           ヽフ  ヽフ `´

                                              _,. -―‐¬ス仁ニ、
                                          ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
                                        /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
                                       / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
                                 .      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
                                      |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ
                                       |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |
                                      lN XヾV佖イ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
   そんなことを妄想するのも、                 /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、
   歴史を学ぶ楽しみでしょうね。              /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
                                   └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
   では、今回はこのあたりで……                  // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
                                      / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \
                                    /  / ハ ヾニ=扱从} : : : : : : : : : : :_:r―冖‐ミ、  ヽ
                                 .  〈  / /  \{>斤'′: : : : : : r―‐'´: : : : : : ::r‐ヘ\  \
                                    \ l l    7んヘ: : : _:_: r‐'´ : : : : : : : : : ::人  ヽ ヽ
116 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:52:15.46 ID:bGGXfWco
幕間までおつー
117 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:54:18.38 ID:KPlSGmUo
乙でした、孫権は魯粛が劉備に荊州を貸与したことを評価してないんですねー。あのときの状況を考えるとそこまで酷評されることでもないと個人的には思いますが。
しかし周瑜魯粛呂蒙が短命だったのは非常に残念ですなあ。もっと活躍を見たかったww
118 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:54:28.08 ID:WPcL/3Ao
乙ですー、次はどこまで見れるか楽しみです
119 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 00:58:04.97 ID:nileoOgo
乙でした。
ばらしーが辛辣でいいなあww
120 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/01/28(木) 00:58:18.98 ID:CtmOyuMo

第十八回後編は、第二次北伐、孫権の皇帝即位、第三次北伐をやるつもりです。
第十九回からは諸葛亮対司馬懿の予定です。

投下日時は後日連絡します。
121 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 01:00:49.91 ID:kNyJNDUo
>>108
貴様、きらきーとばらしーを間違えるとは・・・
122 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 01:07:38.89 ID:tG33sYco
乙でした。
123 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 01:13:52.59 ID:dumJ1yAo
 魯粛は戦略家ですからな。戦略眼と戦略構築能力だけなら、曹操に匹敵してますし。
つくづく、短命だったのが残念。
124 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 07:28:05.75 ID:MbtYhFg0
逆に長生きしてたら孫権とそりが合わなくなった可能性も否めんがなぁ
125 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/01/28(木) 07:48:06.62 ID:tE9EJf6o
乙でした!

>>121
しまった!
ちょっと切腹してくる…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。