2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 前編

2012.04.23 (Mon.)

やる夫が正史を書くようです 第二十一回 後編(とおまけ「右中郎将・御史中丞」ってどれぐらい偉いの?)の続きです。

818 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 21:56:33.39 ID:gbkJylAo
【紀元234年冬 魏首都 洛陽】

― 洛陽郊外・峻平 ―

      "::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,''''"゙"' :
        .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.''''''''
         .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,´:
   .:::::::,,    . ., :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,.、,,, ::::::_,,_        .,,,,,:,,,,,.
     ..;;      .゙''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:::::   .:゙ ''゙゛ `.`      ..:
     .;;:,,.      .″  .`  `゙'-.:"     ,      .,
      . .::;;                      .′     :"
       .:;;       .,:''''''
       ,;_,.-ー''"´`゙''ー-、                ,,,,‐'゛`゙''ー-、
   ,,,,-‐'゛;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,::.:, `゙''ー-、         ,,,,-‐';';';';';';';';';';';';';';'`゙''ー-、
,,,,-‐'゛.:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;、~゙"'ー -,"'.:;゙,`:;"、"```: ~゙"'ー- ';';';';';';';';';';,,,,-‐'゛:.:.:;,`:;,:,
,``:'゙":.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,::.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,~゙"'ー - ゛:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,~゙"'
":.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,,,、;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;'.:.:;,`:;,':,:;.、,"'.:;゙,`:;"`゙ ''ー-、、
,゙":.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,::.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:;゙
''""゙"`、``、、:、 '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:;゙,`:;,.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:;゙
,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:.、
:::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::lll:::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
819 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 21:58:05.68 ID:gbkJylAo

 ゙"  "''"  "゙"  ゙"/::ヽ____ ヾ"
 ゙" ゙"  "  ゙"'' ゙" |ヽ/::        ヾ''"
゙"  ゙'"  "゙"   ゙" .|:: |:::         | ゙ "   
  ゙" ゙  ゙"  ゙"''  |:: l:         |      
 ゙"  ゙"   "゙" ゙"|: :|         .|  ''゙"     
゙"  ゙"  ゙""'"Wv,_|:: l         .|、wW"゙"          
゙" ゙"''"  ".wWWlヽ::'ヽ|:::::_::______:.|::\W/ ゙"゙''"       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
"'' ゙"''"゙"  V/Wヽ`―――――――――lV/W  "'                  .'   ,   /  :∧:    ヽ.  :. : 
゙""'  ゙"''"  "゙"WW''―――――――wwww'  ゙"゙''"                  .:  :/ :/: |:| ∨:! |   .:'; i: l
                                            : .:! :i:|:..:|!| | !|  | !リ | !| l: l
                                               j: :l :从 i|ー| 、N|  i__ム斗-リ |: |
                                                {: :l . :ヘN\`ヾノ ノルヘソイ:. |: |
                                            Y:  . :|ヾ==''"   `''==イ从: :|i . !
                                               |:!. . :|i、            /|   リ:八
                                            从:. .:|^ヘ    ′   /^i   {: ヽ.
                                               //.i  . :∨ へ  ´ `  .イ:::::从   :Y  .: 、
                                           // /   .:.∨rー=≧≦=ュ:: /    :八   ヽ
                                            /  厶:     V  ___i|__    ′  .:/:、: `ヽ :}
                                         / ,:イ  :ヽ   :j / /⌒ヽ {    ′ `ヽノノ
                                           {: :/      )  .':Y  /⌒ヾ) ヽ   {     Y
                                        V     /:. .:/ |   l´⌒_」  :y  :Y:     l
                                        i    .,′ 〈  :|   l_つ___!  ′ ノ    l

                                          魏 夏侯尚の子 夏侯玄(字:太初)
                                    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
820 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 21:59:18.31 ID:gbkJylAo

               . - ─ - 、, -- 、
                /:.      ⌒ヾ:.  `: .、
              /:.   :/     ̄`:.  : .、
            .:′.:/  /    .:/ .:/  .:⌒ヾ
              i  :i:i .:;′  .:./ .:/:/ .:ハ  :i ヘ
              l  :l:| .:l   :从.:/:イ .:/ } :l! : }
            ;  :从 :l    :|ィ㍉ム/! /i:. :iⅣリ
             / ://  !  :i |んソ`ヾリ 厶イノⅣ
         / ://   .!  :l |`¨´   んネ:.i|'′
        .:′://   :/|  :l |     ゝ从 i|      安らかに眠りなさい。
        /   //   :/ :|  :l |  -‐ ィ :.:.:.i|
        ;′ .://   :/ : :|  :l |ゝ、_/:.:| : :.:.i|      あなたが遺した娘たちは、
       乂 .:./   :/:_人i!:.  `㍉:.:.:!|:.:.:.| : :.从      私と子元に任せて……
        У    .:/'´   \:.   :Y:.:!i :.:.|i:.:.:.:.:.:',
      {:.   ,.:′      Y :人:.:.';.: |:!:.:.:.:.:.:.i 
        从:   :イ        ノ :{  ヽi|:.从:.:.:.:.:.リ               >'   ´ ̄ ` <
     / :Y i:.:i         (:.   `:、 \:.:.:.:.:.((             /           `ヽ、
      /  .:.i! Ⅵ       \:.  .:ヽ  \:.:.:.: Y  .          /  /  ハ   !    {`ヽykL
                                        /  /.  /  \ ヽ     i /<乂}、
                                       ,'  〃/    \ ヽ   レ'ヽヒ__!
                                       i.  ///        \\  ヽ'⌒´/
                                        ,i 〃' __,ィ    'v--仆―'`ヽ/
                                       |ハi ,ィ伝气ゞ    仍 ̄廴 ! .| .|
                                       )!仆!i廴てツ    弋辷ツ)川!|
    カ、カナもいるから安心してほしいかしら……       ノ彡ヽ、::::::::::::  ,   ::::::::::::>‐,Vi,
                                       ヒ=ニム          ,Tー-->
                                      ( 三三.> 、  ´ ̄`    (三三)
                                        レ' /{   i≧ ー t≦'´  > '//
                               .      / ̄!v.//_  r'⌒ ̄| ̄⌒t__レ//― 、
                                    /  i! Yi   >< ,√ロ弋、   | .〃   ヽ
                               .    /   ヽ, |     / /| |ハ \   !'./     ハ
                               .    /     'i   >-, / ,! !. |y‐、! ノ/      ',

                                      魏 司馬懿の子 司馬昭(字:子上)
821 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 21:59:48.26 ID:gbkJylAo

               . - ─ - 、, -- 、
                /:.      ⌒ヾ:.  `: .、
              /:.   :/     ̄`:.  : .、
            .:′.:/  /    .:/ .:/  .:⌒ヾ
              i  :i:i .:;′  .:./ .:/:/ .:ハ  :i ヘ
              l  :l:| .:l   :从.:/:イ .:/ } :l! : }
            ;  :从 :l    :|ィ㍉ム/! /i:. :iⅣリ
             / ://  !  :i |んソ`ヾリ 厶イノⅣ
         / ://   .!  :l |`¨´   んネ:.i|'′
        .:′://   :/|  :l |     ゝ从 i|       子上、そろそろ行きましょうか?
        /   //   :/ :|  :l |  -‐ ィ :.:.:.i|
        ;′ .://   :/ : :|  :l |ゝ、_/:.:| : :.:.i|       .すぐに日も落ちます
       乂 .:./   :/:_人i!:.  `㍉:.:.:!|:.:.:.| : :.从    
        У    .:/'´   \:.   :Y:.:!i :.:.|i:.:.:.:.:.:',
      {:.   ,.:′      Y :人:.:.';.: |:!:.:.:.:.:.:.i 
        从:   :イ        ノ :{  ヽi|:.从:.:.:.:.:.リ            l   / /     \___辷\ l_,l:::::〉'l
     / :Y i:.:i         (:.   `:、 \:.:.:.:.:.((             l   i/               く厶_ソV l
      /  .:.i! Ⅵ       \:.  .:ヽ  \:.:.:.: Y  .         | :|  - ―- 、      , -― - \ヽV
                                        ∨ .:l  、. ┴ 、丶      /,. ┴ 、  |ヽV
                                        V‐、! /tーぃ::i        t‐ぃ:::iY lーY
                                       /!´ハ 弋t:::ノ      弋t:::ノ   l ̄メ、
                                       / ヽ くハ ,、,、,、    ::i}     ,、,、,、  ハ/ |
     それでは失礼するかしら。                  ! _, --- ハ      、 _ .. _ ,       /ー-、 /
                                     /\_/  \     ー       /.__/\ _
     お義姉様                          ヽ     _     ト 、    ィ ´ゝ-- 、- 、   \
                                       lz:'´二三>‐ '′|>‐< |  r‐┴‐-、ヽ._/
                                      ̄/´     `ヽ /:::::::/ーヽ::::::\l       `ヽ
                                      └――-、  / \:::/|   |\:/ゝ、z==…┘
                                          /` ソ    /::::| C |::::ヽ  「    ̄`ヽ
822 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:01:00.59 ID:gbkJylAo

 ゙"  "''"  "゙"  ゙"/::ヽ____ ヾ"
 ゙" ゙"  "  ゙"'' ゙" |ヽ/::        ヾ''"
゙"  ゙'"  "゙"   ゙" .|:: |:::         | ゙ "   
  ゙" ゙  ゙"  ゙"''  |:: l:         |      
 ゙"  ゙"   "゙" ゙"|: :|         .|  ''゙"     
゙"  ゙"  ゙""'"Wv,_|:: l         .|、wW"゙"     
゙" ゙"''"  ".wWWlヽ::'ヽ|:::::_::______:.|::\W/ ゙"゙''"               子元は自邸にいるのですか?>>
"'' ゙"''"゙"  V/Wヽ`―――――――――lV/W  "'  
゙""'  ゙"''"  "゙"WW''―――――――wwww'  ゙"゙''"                 相変わらず喪に服してるかしら>>



                                   l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ
                                    ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:: ニ'::::l
                                    ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
                                     \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
                                       ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\  ';:::|
                                        / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
  この墓の主を夏侯徽という。                   l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                       `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  曹操の娘を娶った夏侯尚の娘であり、              '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  夏侯玄の妹にあたる。                         rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
                                         ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`
  そして……                                 ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
                                   ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ
                                 ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ
                                 /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
                              .   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
823 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:01:44.06 ID:gbkJylAo

       ,. <,ィ //、、__                 〃/ |\
   ,. <   // //  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、\
 ∠ ___/ / /,′                l         |l /l | \〉
/       厶∨    |     l  |     | l|  、 |   |/ l| ∧  ヽ\
        / l ,    l    |  |    l  |  | |  l l l |ヽ.  \\
         /  | /   | , | `ヽ、 |    l  l  | |   | | l| l |   \\
.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ
       /  /||l | |l l l | _j.Lゝ‐|\   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |  
‐- 、  /  /  | ト、 | l斗七i !| 」{ |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |  
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト|ィ==弐ゞ、 ヘ リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \     l |  
 //  ,    /  レ∧ ヽ {Ч;;'j}    ∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /
´/  /    ,′ 八rヘ.  ゞニ-      ∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉            `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、 
 '′     /  / ,   ∧          i    、_ノ/´ヽ   `、  `、  丶   l
  ___ /  / ,′  / rへ、    - -     / 〉 l|   l   丶  }  |
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、     r~'⌒r勹 l|    l|       /   |
: : : : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  |     |     〈  ∧

            魏 司馬懿の子 司馬師(字:子元)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      司馬懿の長男、司馬師の妻だった女性である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       二人は、かつて曹丕の寵臣だった司馬懿と夏侯尚の子同士であり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .この婚姻自体、主君であった曹丕の肝いりだったのかもしれない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .夏侯徽は教養深く見識ある女性で、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .五人の娘を儲けたが、多産により体調を崩したのか二十四歳で病死した
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
824 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:02:29.73 ID:gbkJylAo

__,, -‐'"                          \_
____________                  ~"'ー、_
::::::::::::::::::::::::::::::::/ l  |  |  ∧ヽ、_                    ~"'ー、_
:::::::::::::::::::::::::::::::|./l ∧ ヘ ̄|~"T.ト、\__                    ~
"'‐、::::::::::::::::::::::|.lヽ | l\ l/i ̄ヘ l ヽ lヽ`イ ̄lヘ,Tト-、_
   ~''-、:::::::::::::::` ヘl ` |ヽpノl `  ``  pノl /ヘ! ∧ T-、_  _,,,, -―‐'"
        ~''ー―''"~'| |  l __ ̄    ,    ̄〃l /| ヽl   ̄
            ヽlヽ_>'::::ヽ    __   ‐'!:::''<レ
                く"~:::::::::::::|、_   '  _//:::::::::::::::~>   後世の史書は彼女の死を、
              ヽ:::::::::::::::ヽ!、T'ー-‐"|/l'/:::::::::::::::::/   司馬師、あるいは義母の張春華による毒殺と記述している。
                  ヽ:::::::::::::::∀    ト/::::::::::::::/     
                __> -、_\  /_/::::::::ヒ'_   しかし、当時の状況を考えると、
              /::::::::::::~"::::|:::::::::`l-‐r'":::::|:::-':::::::::::::'-、 その説には首を傾げざるを得ない
            /   :::::::::::::::::::~"フ"/Tヘヘ''"~::::::::::::::::::  ヽ
825 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:03:29.61 ID:gbkJylAo

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:: ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\  ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl    まず、夏侯徽の亡くなった年は、
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    .魏の青龍二年、五丈原の戦いの起こった年である。
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l   .司馬懿が西方で蜀軍と対峙していたであろう時に、
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ   わざわざその足を引っ張るほど、
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`             .彼の妻と子は愚昧なのだろうか?
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ          .そもそもそれが事実だとしたら、
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ          立場上、司馬氏を自由に批判できた裴松之が、
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l         .この事柄に関する注釈をつけていると思われる
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
826 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:04:59.44 ID:gbkJylAo
― 洛陽市街 ―

       また労役に駆りだされるとか……    最近本当に多いよね     昔の方が暮らしやすかったよ
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /           u \    ト、,:イ   /          U.ト、  /              \    ,:イ
_/   ___ ,,),,) ___ヽ   |/ |__/  _ノ     ''ー- | \/            U  _|_/ .|
...::::ヾ:::::: ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/ | ̄  / .:::l    へ      へ |  l   \,,     ,,/  :::::r'::    /
::;;;;ジ:::::::U ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/  |;;::.シ  .:::;;|:::::            \_|    >      < ::::::::ゞ;;;;.. ジ
 ̄|:::::::::::::::::   i ̄i ̄i ̄i    | ̄   ̄ ̄|::::::::   i ̄i ̄i ̄i     |    \___/  ::::::::::::::::::| ̄
  ヽ:::::::::::::::::::. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ       ヽ::::::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ      \/  ::::::::::::::::::.ノ
┏━━━━━━━━━━━━━
        _,. -―- 、,.-‐、__
    __ ,/.:.:.:.: ,-― ' ,.- ヮi {
   〃、ヽ.:.:.:.:.:.: } ┌‐ヒ薔ハ y !              ━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  亅/.:.:. 〉、.:.:. ヽ\へ〒ヽ_ノ、                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::;;`ヽ、
   i.: l.:.,' `  ̄ =--、l」ニ´i_〉!             /::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;:::::::::::::::¨'''ヽ
   ∨:.{ _,   /x‐=、i!ヘY.:.l              i;;;::::;;;;;;;;;;r‐‐‐‐-- ;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;`、
.     ヽ:ヘ ,=、   弋_ソ l!ノ//               !;;;;;::;;;/ _,,,,,,,,,,,,,,,,,,___ ¨''''-、;;;;;;:::::::;;;;;;`i
       ゙ラ、i::リ       /.:/.:i__             `ヾ、;レ" iヽ ヽ ヽ ヽ¨''i'''''`、;;;;;;;;;;;;;;/
       {::ハ、_ ` っ /シ.: ,イ ヽ               l  l. ヽ .i i l i _!  l   `ヾ;;/
       レ-{゙ー.i/jト、-‐ノ:/.ィ  ',               !  i ! ヽ !V_,v-l、  !  ヽ l
      / 〈ニ/ノ}{ヽヾj .;.:. ノ   ハ              l ト、!、!__ l,! / 」__,!  !  i  !
.      ,ハ  >j 、 ' ,ヘ、`ヲ' _ _ ∠              `l i i_,!,     `! `、  !  !
┗━━━━━━━━━━━━━              ,! ,! lヽ、 -   l   !  !  ` 、
                                   //   !:.:.`ヽ _,/!   l  ヽ   `i
                                 /´ ,'  l__;,;,;,;,;lV´/   /!   `、,,,_l
                                i  ,'  ./::::>  l !  /`ー`--、 !::::ヽ_
                                ━━━━━━━━━━━━━━━━┛
───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       そして、その説が正しいとするのなら、もうひとつ不可解な点がある
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
827 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:06:07.05 ID:gbkJylAo

  / !  /   ,    ,. '´       \  `Y´::.::.::.::.:;:〉 ヽニく ) | }
  ,′ |  /   /  ,.. '´          ヽ  \_:,.ィ´ `ー-<`ヾ、
  l  ', /   / /   __,ノ        `丶、 [__ヽ、     〉::.:::〉
  |   ll   /´        、         , - `ーく l   ,.イノ‐'´
  !    !   l     _ゝ== - 、           _     〈 レ' 彳7
  |   ノ¬、!   メ' /_三三メ       /,..==と_ヽヘ l/
.  l  / ,ハ >  i  つゝニ!ク          イ:ミ三::ヽ`/ ノ       太初。
.  `、l ! 〃   ヽ ゝ--‐ '          .⊃ゝノク ,ヘ´
   \ヽ |l      / l  ! ヽ.    、    `ー' /ヽ         また宮殿造営の人夫が駆り出されているわ
    />|l     U              '      /く/
   /   ヾ、      ノ      ___    .// ヽ、
  〃       ` ̄ 丁´        (   ア   人     l                      _,,ィ升三≧x、、
 ,′    , -=≠=Vヽ、    ___    ,.. '′ `ヽ   }                     _,,ィ升三三三三三=≧x、、
-ヘ    〃 /`  , ィ^l>'´ __ノr<´        }/               _,,ィ升三三三三三三三三三≧>
  `ヽ、_/厶ヘ   / l /   ` く_∧ ヽ_r<ニヽ、 ノ               __,,,ィ升三三ニ==二三三三三三三三Ⅳ
                                           Ⅵ三三ニ==二三三三三三三三三=Ⅳ
                                             Ⅵ三三三三三二ニ==ニ二三=Ⅳ
                                             ``气三ニ才升  | i:|:  i  `"'く
                                                ハ  .:| |:..| j i!|:  l  :i  :.
      この間宮殿を造営したばかりというのに、                   {:i | :i:| |从厶圷ト:. l  :i   !
      陛下は何を考えているのでしょう。                   从乂ムミ、  ´ヒリ:、 !   i   !
                                                 i i ゞリ      i  ヽ :.   :、
      魏の皇室が人心を失えば、                           ; i  |:、` っ   j  .:i  :、  :\
      後漢の轍を踏むのは目に見えています。               /: l  |:::::> .._ イ/  :从  \  ;
                                               ,.イ .:,' .:|:::::::::r「i ̄;   .:人:.    .:Y_:j
      かつての乱世が戻ってくるかもしれません             {  ノ  人 ̄ .:j {  :/  `ヾ  .:j `ヽ
                                             乂 {  (    /i!!  Y.:{     从 Y   l`ヽ
                                                人ト、  :Y  /i!i!!   }从   乂:.  ミY l .:i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .それは、夏侯徽の兄である夏侯玄と司馬家とのつながりが、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      この一件の後も続いている事。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       後々、彼らの間に確執が生じるのは周知の事実だが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       当時の彼らの関係はそれほど冷めた関係ではなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .だいたい妹が毒殺されたとすれば、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .夏侯玄も彼らとつきあおうとは思わなかっただろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
828 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:07:08.62 ID:gbkJylAo

       _  ト、   __     ___
     /´/ ̄ `ヽハ \ ̄    ̄ / ,、  ヽ, --、
     | {    /´ヘ  ̄     {. ∟7ムY  ̄l|
      丶ヽ /   ト、 - -   ヘ /{_ソノー '}
        ̄!   〃   ̄ -- _/ / 厂| /
           |  〃 , -    ´ └ イ-ム.仝!
        ハ  /   -、    '´- 、V l /      でも、お父様がいる限り、魏が滅びるなんて考えられないわ。
        {:. , {   ィ:::ヘ    イ':::::::ト }‐く      
         \_ヽ ハ´::::::|   弋:::ソ イヘ |      孟達も諸葛亮も、結局はお父様の前に死を迎えたわ。
         r‐{ -ヌ ゝ:ソ  _' _  .:.:. ハソ      
     _, , ィ{:| ヽ、ハ :.:.:  {  }  ィフ |}.:ハ      .カナにとってはお父様こそ天下の英雄よ
  /ニi´ {.:|  ヽ! ゝ | ̄>r 、ェァ7l {:/ /_}:.ヘ    
  {´ ∟」:.ゝ、_」イ/ l ̄ r'二/.//_ノ{「 ̄   `ヽ!   
            /     Tエムj  ヽハ、    ハ
        /´       └r¬、  _{ /ハ、   /                        _,,ィ升三≧x、、
        ヽ        /ヽ〉, 下f7    ̄ヽ{                        _,,ィ升三三三三三=≧x、、
                                             _,,ィ升三三三三三三三三三≧>
                                           __,,,ィ升三三ニ==二三三三三三三三Ⅳ
                                         Ⅵ三三ニ==二三三三三三三三三=Ⅳ
                                           Ⅵ三三三三三二ニ==ニ二三=Ⅳ
                                           ``气三ニ才升  | i:|:  i  `"'く
                                               ハ  .:| |:..| j i!|:  l  :i  :.
                                                {:i | :i:| |从厶圷ト:. l  :i   !
 そう願いたいものです                             从乂ムミ、  ´ヒリ:、 !   i   !
                                                i i ゞリ      i  ヽ :.   :、
 (確かに大将軍は当世の周公や伊尹と言ってよいのかもしれない)   ; i  |:、` っ   j  .:i  :、  :\
                                            /: l  |:::::> .._ イ/  :从  \  ;
                                              ,.イ .:,' .:|:::::::::r「i ̄;   .:人:.    .:Y_:j
                                           {  ノ  人 ̄ .:j {  :/  `ヾ  .:j `ヽ
                                            乂 {  (    /i!!  Y.:{     从 Y   l`ヽ
                                               人ト、  :Y  /i!i!!   }从   乂:.  ミY l .:i
829 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:08:25.36 ID:gbkJylAo

            _,,..--‐‐--,,_
         _,,-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::`ヽ、
       ,,-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::¨''::‐-.,,_
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;:: ---- ;;、;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::`、
     /;;;;;;;;;;;;;;;-''´    __,,,,,,,,`_、;;;;;;;;:::::::::::::::::::`、
      !;;;;;;;;;;;;i′  _,,-‐'''´ 、   ヽ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::i
     ヽ、;;;;;;l ,,-f、     `、、' , `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       `ーi"  ! `、   i、、  ト、 ',  `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
          !   !  `、  ! !i`、 !`、    !ヽ、;;;;;;;;;;/
        ! i   !  `、 l _l!-`、! , ! i   ! i  ̄l¨
        ! ヽ `、ヽ  ヽ!' ,,-i''、¨! !l   ! !   !
         ! `、 !ヾ!`、   i i。_/ l,!   l l  !
        ヽ  i、,ri¨、ヽ     /   /  !  !
         ヽ`!ヽヽ`''’i   / _,,,,,_/   ! i   (しかし、大将軍の声望が魏の皇室を凌ぐようになれば……)
          ,!′`iヽ、 _,r'´,' /;;;;;:::::::`、   `、
         /,'  ,l   ¨/ ,'/;;;;;;;;:::::::::::`、   ` 、 
        / , '  / i    ! /;;;;;;;;;;;::::::::::::::::!      `、
       i     ! i _,,= !/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::!        !
       !     >''´:::;;;;;レ!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::!      /
        ` 、  f;;;;;;;;;;;;;// `、:::::-;;;;_;;;;;;;;;;/      i
         ヽ !;;;;;;;;;;/;;!    〉''´;/!;;;`Y´      ヽ
          ! ` 、/;;;;;;;ヽ /_;;;;/:.:.!;;;;::!         !
           !   ,!;;;;;;;;;;;;;;! `i´:.:.:.:.:`iニ!         /
          !  r’¨'';;;;;;;;;!  !:.:.:.:.:.:.:l  _,_ /! _,/
          ヽ/::::;;;;;;;;;;;;;;;`ーl:.:.:.:.:.:.:l/;;;/´  レ"


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      五十年の長きに渡った乱世も、五丈原の戦いを過ぎたあたりから、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .少しずつ天下統一に向けて収束していく。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       ただし、その道のりは牛歩のように遅くならざるを得なかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .理由はただひとつ、魏王朝の混迷に尽きる
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
830 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:09:47.11 ID:gbkJylAo

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:: ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\  ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l  何故、魏王朝は滅びなければならなかったのか?
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ     
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`            何故、司馬家が晋王朝を建国するに至ったのか?
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ          その理由は色々あるだろうが、ふたつ事実を述べておく
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ           .
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l        .
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ     
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
831 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:10:15.19 ID:gbkJylAo

  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐ '::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: /〃7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ -、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ ト\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃    例え、多くの人が犠牲になり、
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \       .夥しい血が流れても……
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl Ⅳ|::::::::::::::::::::::::::::::/    三国統一への道筋をつけたのは、
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/    .間違いなく司馬家の功績である
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{
832 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:11:13.26 ID:gbkJylAo
【紀元270年冬 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/    r…―- ..,,_/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ 
        |  |.___゙|             ,,       |:::/     \ :::::::::::''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          _>、_::::::ヽ、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                         ̄i `丶、:::`丶、_: :::::::::::::::::::::::: ト、 
                                           | ! iハト、 i、丶、___` ー--::::::::::::::::\ 
                                           lハノ!イ仄ゝヽ ナアi`ー-=....,,,____,,.ゝ 
                                           |'、`┘  '^i下心!ハj  ,ハ! 
                                           |/\ 、  ゞ-イ // 
  そして、この時代の人々は皆、               .        ☆ ' r‐i> ‐rァ='7.イ´ 
  忠義とは何か、正義とは何かと思い悩んでいた。             \ ⌒ヽ、,.ヘ.::´:::ハ 
                                             \rイ ,.ィヘ.:::::ハー- 、 
  主君に忠義を捧げても、                             └攵アト=ヘ、::::ヽ ::::::\ 
  それが正しいとは限らない、難しい時代になりつつあった           / 〈::::::::::::\:::::::::::::::::l 
                                                  〉―ァi'´ \ :::::::: |
                                   .               /_ア^'┘  `ヽ、::j
                                                  └ ′         `
833 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:11:52.00 ID:gbkJylAo

          ,,-''¨ ̄ ̄¨'''-,,,_
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::;;`ヽ、
      /::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;:::::::::::::::¨'''ヽ
      i;;;::::;;;;;;;;;;r‐‐‐‐-- ;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;`、
       !;;;;;::;;;/ _,,,,,,,,,,,,,,,,,,___ ¨''''-、;;;;;;:::::::;;;;;;`i
      `ヾ、;レ" iヽ ヽ ヽ ヽ¨''i'''''`、;;;;;;;;;;;;;;/
         l  l. ヽ .i i l i _!  l   `ヾ;;/
         !  i ! ヽ !V_,v-l、  !  ヽ l
         l ト、!、!__ l,! / 」__,!  !  i  !
         `l i i_,!,     `! `、  !  !
         ,! ,! lヽ、 -   l   !  !  ` 、
          //   !:.:.`ヽ _,/!   l  ヽ   `i          やる夫が正史を書くようです
        /´ ,'  l__;,;,;,;,;lV´/   /!   `、,,,_l
       i  ,'  ./::::>  l !  /`ー`--、 !::::ヽ_
       ヽ、;   l:::::::7 人 ヽ !'''''’i´:/  (:::::::::ヽ`、                 第二十二回前編
        ,ri:`、  !::::::l/:!l:ヽ、! !:::::;!:::ヽ、___`ー-、:ヽ !
         V:::::;! ,/::::::::::://::;/  `!'::::::::::::::::::;!  /::::`!
      ,r''l::/,/:::::::::::://::::ヽ  /;;;::::::::::::;r'’i、 ヽ、::;!
      i   i' i;;;;;:::::::::::l.!;;;::::::::;`! ヽ、;;;;;;:::;;;`、/ `ー-7`ー-、
        ヽ ! lヽ;;;;;:::::::l,!::::;;;;f´ ,' ,!;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;i´  ヽ、!
     ,r''´ ,! !/!l !::::::::::::::::::/7、i、/’;;;;;;r‐''''´/ヽ:.:.! ヽヽ!、!
     7,r'レ'i/Vl:.l::!l:::::::::::::::::::!.!:::::;;;;;;;;;;;/ヽ,;/: : :`i’ヽ,! `′
          !:l:l !:::::::::::::::::l l::::;;;;;;;;/VV'l : : : : :l
          !'//:::::::::::::::::l !::::::::;<_    l: : : : : !
          !l l::::::::::::::::::::!l::::;;:::::;;;〈   l : : : : :l
834 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:13:03.24 ID:gbkJylAo

                                                /.:.:.         \
                              ガラッ   .|┃三          /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                    |┃三        /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
 さて、諸葛亮最後の北伐で慌しかった青龍二年が暮れ、 |┃三        /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 新しい年、青龍三年となった。                .|┃        /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                    |┃         N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
 この青龍三年は、ひとつの事件によって幕を開ける    |┃  ノ//      ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                    |┃三           `ヘ:ゝ   _     小/    
                                   ..|┃               ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                    |┃           _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                    |┃三       /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                    |┃三       /  | l:l   l     l   l::l l   
                                    |┃三       l  ヽハ    l    l  //  |

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \                 解説しながら入ってくんな
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /
835 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:15:25.14 ID:gbkJylAo
【紀元235年1月 魏 豫州 許昌】


        〃:.:.:._:._:У-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三三}三!:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ三ソ
        />三ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三以三|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|爪
      ィ升三三/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨三三 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|三》
      \三三マ:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:|>ヘ:.:ヽ:.:.:、:.:.ム三三允:.:.:.:.:.:.:.:.:|夕
       `}>/:.:.:.|:.:.:|:.:|:.:.:{   ヽ:.}:.:.:ハ:.ル:.:.∧ソニ|:.:.:.:.:.:.:.:.|
        ソ三!:.:.:.:|:.:.:{:.:.、:.:.',   }ハ:/_}:升ノj レ}ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       /三{:.:.:.:.|:.:.:ヽ: ト、:.{   ノ ノ ソ / __,,/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        ←┬ハ:.:.:ヽ:.:从乂卞ミ、    ≠" ̄ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ /⌒
          |:.:.:.:.\:.:\ムチ夭;爿         ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨   |      司馬懿を太尉に任命するわ!
          |:.:. .: :.:|\∧、 ゞ= ’  、     リ|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.f   ノ
          |:.:. :.:.:.|:.:.:.|:.:.ヾ、     _  ノ   ∧|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:/  .'
        ノ:.:.:.:.:/|:.:.:.|:.:.:.:|:.>..         , '  |:.:.!:.:.:.:.:.:ノ   /'⌒ヽ_
       /:.:.:.:.:.// :.:.:|:.:.:.:|:.:|:.:.:.|夂r‐---≦===|:.:j:.:.:.:/  、 ノ     }  ヽ
      /:.:.:.:.:./〃:.:.:.:|:.:.:.:|:.:|:.:.:.|:厶` ̄ ̄   ノ:/>'  _  /    ;   , \
    /:.:.:.:.:./  弋>=ニニ)'ー┴ヘ}  ( ̄ ̄ ̄ ̄     \/    ,′ j  }
  /:.:.:.:.:./   /´|           /)`ー‐ァ‐=ー‐、   /    /  ,′ !
,イ:.:.:.:.:.:./     /  !       ___o//_o_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)ー-、 ヽ__ノ  ノ  ノ
:.:.:.(:/:.:/     ,  {  ∨   ゝ―ァ r‐/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ` 、_二ニ=<__.イ
ヽ:.:ヽ:/     |  |  /        // 〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                |

                 魏 皇帝 曹叡

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      一月、司馬懿が三公の一角である太尉に任命される。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この太尉の席は前任者の華歆が病死して以降空席となっており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       司馬懿がその座を埋めた格好となった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .これに合わせて司馬懿の封邑も加増されており、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .五丈原での戦勝に対する論功行賞も兼ねていたのだろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
836 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:16:29.42 ID:gbkJylAo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      大将軍→太尉って、なんか降格みたいな感じがするお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      どっちも一品官だから、よくて横滑り?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                                  / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                                / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                                |  (●)(●)/;;/
                                                |  (__人__)l;;,´|
      やはりそう見えますよね。                          | ./´ニト━・' .l
                                                | .l _ニソ    }
      ただ、大将軍は特別職ですが、                       /ヽ、_ノ    /
      太尉、三公は常設職という違いがあります               __/  /    ノ__
                                              / /  /       `ヽ.
                                              /´  ./       ,.  ヽ.
                                              ト、_,/.       |、  ヽ
                                               |         |/  /
837 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:17:28.32 ID:gbkJylAo

      ____     ┏━┓
    /_ノ   ヽ_\     ┏┛
   /( ●) ( ●)\    ・    つーか、大司馬ってのはないのかお?
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |      大将軍より上の役職といえば、大司馬だお
 \               /


                                                    / ̄ ̄\
                                                  /  _ノ ,ヽ\
                                                  |   ( ●)(●)
                                            . \    |     (__人__)
                                               .\  .|     ` ⌒ノ
   この司馬懿の件に関しては、                            \ ヽ       }
   当時から色々処遇が考えられていたはずです                   .\_,ゝ     ノ
                                                  /, r、    く
                                                 ./ 〈  \    i
                                                . ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                   .て_)   \ノ
                                                         \
                                                           \
                                                             \
839 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:23:30.80 ID:gbkJylAo
紀元235年1月 魏 豫州 許昌】

        \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
         >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
        /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'    司馬懿に与える官職なんだけど、
.        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i    大司馬じゃまずいわよね?
         | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
        | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |    .大司馬司馬懿なんて何か変だし、
        | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |    .大司馬だった曹休と曹真は、
        | i   / ∧、__,,.            / i  |   |    .どっちも在任中に病死しちゃったし……
        | i / / ハ               ,トイi  |   |   .
        | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i    なんか縁起が悪いわ
        |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i  
        |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l  
        / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l  
.        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |
                                        ヽ、   ,.. -─ ‐- 、_,. -─--  、_   /
                                           ̄|_,. -─r‐ ¬  ̄ ̄/7¬r- 、 `|´
                                            |   | lヽ/| ハ.ィ  /、/ ノ | l /`|
   司馬懿は三公の経験がありません。                   | l   |‐l,ニ云´、\ノ 斗ニ..ー ノ/ l |
                                            | !  |/ トィ;cj     {;ィc:リマイ / l |
   実績・名声・年齢を考えれば異論も出ないはず、            l {l  l ー゙‐''      ''゙ー'' / / l l
   今空席になっている太尉を与えてはどうでしょう?           ! ヽ!トヽ::.::.    '    ::.::/イ  l  l
                                           l   lヽヘ、     _ __    ,.イ   l   l
   だいたい大司馬は、遼東の公孫淵に与えたではありませんか  l  ..::|:.:.:.l:.:丶、     , ィ:´:.l:.   l   l
                                           ,'  . ::.:l:.:.:.:|_:_:_| ` ー ´ |_:_:l:.   ハ   l
                                         /  .:.:.:.|:.:/ rノ      マl |:.   l:.:',   l
                                        / _ 、 - "   |: .   _   l|:   lヽ、、  ',

                                                魏 司空 陳羣

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .
. |     (__人__)             残された記録から推測するに、このあたりが太尉任官の理由と思われます
  |     ` ⌒´ノ             
.  |         }              なお、この時期曹叡たちは
.  ヽ        }              .合肥遠征終了後から、ずっと許昌に留まっています
   ヽ     ノ              
   .>    <                .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
840 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:23:58.60 ID:gbkJylAo

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ      どのみち太尉しか空きがなかった、と
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /


                                                      / ̄ ̄\
                                                   /  ヽ、_  \
                                                  (●)(● )   |
                                                  (__人__)     |
     まあ、そうなりますね。                               (`⌒ ´     |
                                              .     {           |
     ただ、司馬懿は太尉になったものの、                       {        ノ
     これまで同様長安に駐屯し続けます                         ヽ     ノ
                                                    ノ     ヽ
                                                     /      |
841 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:25:27.30 ID:gbkJylAo

━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・      なんでまた?
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |       三公ってのは都にいるもんじゃないのかお?
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |

                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
     まだ蜀軍の動向が不透明でしたしね。                    (__人__)     |
                                                (`⌒ ´     |
     ちなみにこの時期は、蜀で楊儀が騒いでいた頃です        .     {          |
                                                 {         ノ
                                              mm   ヽ      ノ
                                             (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                 ̄ ̄ ̄|    |
842 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:26:05.69 ID:gbkJylAo
【紀元235年1月 魏 雍州 長安】

             ノ!
            , ゝi'´ ̄ ̄` ヽ'"´` 、
             / ,  , -    _  ヽ   ヽ
         / /,'l {   `ヽ 、 ヽ  }  l
         / イ{ ト、|゙、 .| {.,i、) .}l .} ミ》   |        太尉任官おめでとうございます。
         レ!小l● ヽトi`● | .i彡!!゙;  |
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂.|ノイノ"|  |        今宵はお祝いの宴席を設けさせていただきます
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   | lノ⌒i  |
      \ /  | イ>,、 __, イ| l_ /  |
         く  N  `l l l. レ レl  / | ノ
         \/::::::` = O = ´ヽ/                |   |   |           ∥  |   | トヽ
                                 __ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
         魏 雍州刺史 郭淮            ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
                                 __/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
                                 ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
                                     ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /
                                 ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
                                 | l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
                                 | |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
                                 | |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
                                 二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
                                 ::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
                                 ::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
                                 :::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
                                 ::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二
                             
                                        魏 太尉 司馬懿(字:仲達)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この一件に関して、司馬懿がどんな感想を持っていたのかは分からない
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
843 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:27:38.07 ID:gbkJylAo

                                                 , --──-、
                                              , イ /      ヘ  ト 、
                                              i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
    太尉。                                        ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
                                                     | ヽ ' _ ` イ         
    蜀軍の馬岱が国境を越え、                             l l  ´=` l
    こちらに侵入していると報告がありました                   ノ  ヽ _,、__ノ          
                                        _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、        
                                       /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_     
                                      丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
   |   |   |           ∥  |   | トヽ           . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!  
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::  
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二
::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .さて、司馬家が晋王朝を打ち立てたのは今更言うまでもない。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       しかし、晋王朝成立に関わる人間の大多数は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この時期まだ姿を見せていない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .いや、この頃から姿を見せ始めると言った方がよいだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
844 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:29:19.90 ID:gbkJylAo

                      __
                   x=x=x=x=x=ュ、_ 、
               __/┌fフこYヽ¬  ̄`マ}__\
              __{f〆 イ{弋勺 リ}〈ー- 、`マ}_ ヽ
                 _{f7 /_/ >===彳 」   _\ マ}ハ
               _{f7 / _f〆^⌒^⌒^⌒i^⌒^マ}/ィ || ト、
            {f7 /f〆ハ   l|         く <_ノ || lヽ\
              /{{| { f」 l | l   l|   l     `'ー小、こ イ 、
          ///|  | |∧   |l    | |l ハ〈 〈/ ハ L} | ヽヽ
           く <__/|   l |  ヽ lヽ  | _L厶⊥!ヽ イ ト--' ノ ノ
        /  >ォ―!  斗-≧メ ∨ |斗=ミx! | l l | //
          / /// / |ヽ ヾ.k彳:::::ヽ    ヽ:::::::ノ|l | |¦l〈/
         // 〈 〈_/| \∧ ゞ ‐'´  ,    ̄丿 l | l l        イ   , ‐…ァ
      / /  ′/`ー'|  l }ハ     .  _,  イ  | |  l l       / 厶イ  /
       〈_〈 / / /¦ |l、 ', ヽ 丶、      /厶 l l   l l    / /   ∠ _
      /   / 厶'  l |l \ ヽ \__ >-r '´/ ノ、 |  l| /_ -‐    _ -‐'″  牛金将軍に兵を与えて、
  __,/_ /     l |l  \\〈/イr┤/ / ,∠、ム― 、l´    _,,. -‐''´ >     退治させなさい。
     >  ̄`ァー―イ ̄ ト---\// 斗-、__  ´/〈 (_   \ <   <
 -‐'´   / / / 亅 〈 ヽ.  〈〈__| j /^ヽ/   |  /     \ `ヽ    ヽ      .追い払うだけでいいわよ
 _ -‐''´   / /   (   \\  >ヘ     |、 丿 〈       ヽ     !
   /   / /      ̄}   ヽ ヽ|   Lノ`ヽ   ヽ〈   \     ト、  \ {
 -‐…┐ ,′〈___ノ ̄ ̄      弋     L    ハ     \____人 \{\ヽ
     └ヘ、 \         \∧」 ̄\  ヘ 〈⌒、      , く ハ ` ヽ〉
    /  >-、 `丶、      / ',     \r' ̄   > ┬<    \ 〉
   / / // `¬!ー'7   /  |   /./    | {_j ト、_〉〉
  //         L.>┐  /    |r'/ /     ヽイ`ー'

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .それは司馬懿の出世と無関係ではない。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       司馬懿は太尉になった頃から、数多くの人材を抜擢するようになる。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .抜擢・推挙された人材は魏後期の柱石となる者が多く、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .その彼らが結果的に晋王朝建国の原動力となっていく
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
845 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:30:14.46 ID:gbkJylAo

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ       司馬家の犬ですね。分かります
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

                                               / ̄ ̄\
                                             /   _ノ  \
                                             |    ( ●)(●)
                                            . | u.   (__人__)
     今の言葉、朝廷で言ったら首が飛びますよ。             |     ` ⌒´ノ
                                            .  |         }
     ただ、魏の後期において軍事や政治で活躍する人は、      . ヽ        }
     司馬懿絡みの人材が多いのは事実です。                 ヽ     ノ
                                                i⌒\ ,__(‐- 、
     蜀を滅ぼした鄧艾からしてそうですし……                 l \ 巛ー─;\
                                                | `ヽ-‐ーく_)
                                            .    |      l
846 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:30:48.07 ID:gbkJylAo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \    マジで?
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \  
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/      マジです。
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |      この辺りの話は長門さんが追々紹介してくれるでしょう
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

                                              /.:.:.         \
                                              /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                             /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                            /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                           /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                            N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
  先に、この年の司馬懿の動向についてふれておく             ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                `ヘ:ゝ   _     小/    
                                                  ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                              _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                            /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                            /  | l:l   l     l   l::l l   
                                            l  ヽハ    l    l  //  |
847 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:32:46.96 ID:gbkJylAo
【紀元235年頃 魏 雍州】

ト‐ヽ    /: : : : : : :/: : : : : : : : : : i: : : : i: : l: : : : l: : : : : : : : l: : l
|ハ : \_/: : : : : : ::/: : : : : : : : : : /: : : : l: : l.: : : : l: : l: : : : : : ll: :l
|: : i : ハ: |: : : : : : : i: : : : : : /: : : /: : : : : :|| ::i:i : : :l : : :l : : : : : l. l::l
.|: : i::i: : V : : : : : : i : : : : : /:__::斗::./: : : / rト L::_∧ : : i : : : : : l l|
. i: : i:i: : |:: : : : : : .| : ,斗 rフ: : :://:./:: : / |L_ l::: /`ト: : l : : : : : l i|
 ' ;::ヽ>:.| : : : : : ィ´:: / /,-r;く.///: :/  フL../;;/ ./:i: : i: : : : : :/ il
   V ヽ|: : : : : : レ' .,斗ェニニミく /::/  "/:::ハイ`/:::l::::/::: : : : / /
   |.  |: : : : i:: |. / ./゙::::;...}  //   ./イ::; } | /:::/:/|/ |: : /
 / ̄ハ |: : : : i:: | / iイ::i i:|  "    | じ.ソ /i //: | ./:: /
  /  >:|: : : .i : | ` .| じソ      ー" / |: : : : レ./        やっぱり孟起さんのようにはいきませんね
   /  |:: : : i:: |   ー"゙´      ..:::::::.. / |: : : ::|
r:く    |: : : i:: l  ...::::::::::::..     `   /  l: : : :l
\.\   |: : : i:: |\.      r‐ ア _ .イ   l: : : :l
  \ \ l: : : i: |  ` r、    "´r ´  }   l: : : :l
   ヽ ヽ l::i: :i: |__ " フ ' " | | .;   i  .ノ|: : :il
    ヽ ヽ.l : i .|.        | |/   |   /: ://

           蜀 将軍 馬岱

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .この年、蜀の馬岱が魏領に侵入。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       司馬懿は配下の牛金に馬岱を迎撃させ、牛金は馬岱を撃破。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       千余りの首級を挙げたと伝えられている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .また、この魏軍の勝利に恐れをなしたのか、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .武都郡の氐族の王苻雙と強端が、一族郎党六千人とともに投降してきた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
848 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:34:02.03 ID:gbkJylAo
【紀元235年春 魏 雍州 長安】

                     =====
                   ´ニ二〈匀}二ニ `丶
               /...::::≦三三三三三≧:::::::..\
                / .::_r<ノ^⌒^⌒^⌒^⌒^ヽ>、::.ヽ
         ┌====x|/」「 ̄   ′   ヽ  ヽ  ̄[\:::l
          ヾ=彡イ / /   / |     '.      └|:k===┐
         / / l〃 '  ハl | | l|      l、  l|  | | ト ニニィ
         /ニ∨/ || l | l/ l|| |\   | \  |l | | ||\ \
      //  //   || | | |¬十ト、 |ヽ \  | -‐ヽ¬| | |L〉〉  \
       |:|   |:|   || | | | キ于 ミ ヽ \ヽ斗千テァハ川 lヾく      ヽ
       |:|   |:|   ∧|ヘ乂ハ   ̄         ̄ /  乂|  \     )〉
  ___  ヾ   |:|. /  |l  \\      l       /   , ∧ 丶 \ ー-、
   ̄三三≧、  ヾ / / ||    \    _ __   イ  / /  \ \ `⌒ _   粟五百万斛、確かにお届け致します、と
、______〕三三\/  ′リ  /    >、     イ   /イ\   \ >z三/
  }三三三三三≧く_ /   /  /く_|_>-<__/  /  |   \ _/三三/ イ三三≧、_
ィ三三三三三三二ニ7   /__/  _丿:::〕=〔:::::/  /:ト、 |__r≦三三三三三三三三三≦ _
ニ二三三三三三三三!   '三>‐イ::: //ハ∨   /.:::|}〉〈{トr――<三三三三三三三三三
三三三三三二ア  ̄|  l┬l|}〉〈{|::〈〈:// l/ l '.::::::|}〉〈{|::|l::::::::::::::..\三三三三三三三{ ̄
ニ三三三三三/.:::::::l |  |::|::l|}〉〈{|::::ヽイ  '  ||\:|}〉〈{|::|l::::::::::::::::::::..\三三三三三三ト、
三三三二 イ/ .:::::::!|__|  |::|::l|}〉 ^⌒|:|  l  ハ.|  ` 〈{!!  `ヽヽ :::::::::::. ヽ三三三三三/⌒
/}三三 〃 __|l  /l ヽi .|::|:〈 ̄廴ト-|:|―| lーl|⌒ /|ト、_ ノノ/ :::::::::::::::::::|\三三三三{
  |三/ l| / ヽ_ノ! !   トヘl| ⌒ ーr‐lィfZ| |ーリ'´//   ! `ヽ!|   !   .、、、\三三三ゝ、
  }ア/...::::!    ヽヽ  !   !|ヽl__!| 〉:ヾごヘ {:::〈 /∧  ∧  |!|\!l !  ノノ\ ヾ三三三|
 '   j|_∧  l| l ヽ_ノ\ !| \l_ノ /( _j|∠ノ   ̄ /! ∧   ̄!| ̄ノ::::/  }バ三三!
/  / ! _ノヽ、_!lノ_.. -―ヽ   ヽ/ ムヽ、!|_ ノ__ / l| /从` ー‐l|<_l      `ヾ{
   __ノ´ !ヽ、_ノ__ >ー‐人ヽ、 \ ≧   !::::::::::::)\! !/  ≦‐-、!   ノ
    /  }:::\:::::::::::::::::::::::::≦   ヽ、\ `>  |:::::::≦  \j / `>   ̄∧|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .一方の内政面。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       同年、関東(函谷関以東)で飢饉が発生したため、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       司馬懿は長安に備蓄していた粟五百万斛を洛陽へ輸送させている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .彼の着任以来行われた関中復興策のひとつの成果といえるだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
850 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:36:47.03 ID:gbkJylAo
【紀元235年春 魏 豫州 許昌】

     /                   \
    /      _    ┌O┐    _     ヽ
   /  -‐ "´    ヽ、 \/ ,. ´   ` ‐- 、ヽ
   ヽ、   ,.. -─ ‐- 、_,. -─--  、_   /
      ̄|_,. -─r‐ ¬  ̄ ̄/7¬r- 、 `|´
       |   | lヽ/| ハ.ィ  /、/ ノ | l /`|        ……粟五百万斛、確かにお届け致します。
       | l   |‐l,ニ云´、\ノ 斗ニ..ー ノ/ l |       
       | !  |/ トィ;cj     {;ィc:リマイ / l |       でっかい借りを作ってしまいましたね。 
       l {l  l ー゙‐''      ''゙ー'' / / l  
        ! ヽ!トヽ::.::.    '    ::.::/イ  l  l       .なんだか悪徳金融から借り入れている気分ですが……
      l   lヽヘ、     _ __    ,.イ   l   l
      l  ..::|:.:.:.l:.:丶、     , ィ:´:.l:.   l   l                    , '´     `¨丶、
      ,'  . ::.:l:.:.:.:|_:_:_| ` ー ´ |_:_:l:.   ハ   l                 /  ,.. -=今>-、   ヽ,  
    /  .:.:.:.|:.:/ rノ      マl |:.   l:.:',   l                r  /    }  ,、 \. r'ヘ, 
   / _ 、 - "   |: .   _   l|:   lヽ、、  ',              i| /: : : : : :/ヾ'´ |!: : : ヽY::}  
   //´ \\     ∨´ -─-`ヽ/    l /`ヽ、ヽ              〉':.:.:.:.:.:.:./    l:.:.:.:.:.:.:...V  
                                              /:.:.:.:.:.:i|;;|!⌒  ノi|;;|;;;|!::iト;:',  
                                            レi|:::i|::| .__,.   .,__,.!!;;;|!.|!  
                                            ,ゝリ!{¨}      ,     l¨}  
     これで飢饉を凌げると思えば安い物ですよ。           /.:./`トヘ,    、-,   .ム;{  
                                          ∠ ヘ;/ i|:.:.|へ.,     .イ.|:: |  
     ただでさえ宮殿造営で民に無理を強いていますし、        .,.. -|::..l‐マ  ` ´ t‐ i!:.:l- 、  
     飢饉で反乱なんか起こった日には……              / ヽ、|:.:.|__ \-   -/l::.:| ノヽ  
                                          /三ミ|\|:.:.|<_.\/,.-.|:.::|.´{. 「.ヽ  
                                    .     /‐‐‐ト!  |:.:.|!ムヽ:::Y ̄ t::::|:.:.lヽ. └‐ヽ  
                                         \ ̄l\ .|.:.:|ハ.}_}/ゝ イ\|:.:.l マ'''7:フ  

                                              魏 文官 陳矯

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       所変わって、こちらは許昌
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
851 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:37:59.48 ID:gbkJylAo

     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /          司空、尚書令、そろそろ朝議の時間です
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |                             ,. - ' ´ ̄  ̄' ー 、
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽                          /'     ‐○‐    \
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽                            /, -‐ -    `´   , -‐- 丶
                                              《´  , , - -ミ≧__≦, - .、  ``)
                                             `┤─ ‐';´:.:.,:.:.:.::.:.:/:7‐-ミ`ト'´
                                              /:.:.:.:.//ノ/::/'7/ミ:.:.:.:`|
                                             //:.:.:./,yt=k   f''示,|:.:.::.:.|
     分かりました。                               ./:.:.:.:/'! ゞrソ′  ゞr'ノl:.:.:.:.:|
                                          _ ノ:.:.:.:./ミl     '    /:.:.::.:.|
     すぐに行きます                            //:.:/:.:.:/>    ‐‐  /:.:.:.:/:|
                                         /:.://:.:.:.:/:.://`l ‐ ._ ,  7 :.:.:/:.:.|
                                        /:.:.:./:.:.:.:.:/:.:./:/_ ,!     /:.:.:./:.:.:.|
                                      /://:.:.:.:.:.::.:/_,..-‐ ',     /:.:.:./`- 、l
                                     //  /:.::.:., ‐ '≦ =、, ヽ==/:.:.:.:ノ,, -‐ ''≧-、
                                   /'´   /:.::./    `- 、_  \/:.:./_,、- ''"   λ
                                        /:.::| ヽ  ',    ー //!‐7: /     / l
                                       /:.:.:.:.:.|  \/      '(○):/     | /   l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この頃、魏の朝廷では困った問題が持ち上がっていた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
852 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:38:53.99 ID:gbkJylAo


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |            問題?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                                 /.:.:.         \
                                                 /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                                /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                               /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                              /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
   以前、曹叡が宮殿造営に傾倒していたという話をしたが、         N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
   覚えているだろうか?                                ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                   `ヘ:ゝ   _     小/    
   この青龍三年は、                                    ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
   曹叡の治世の中で宮殿造営が最も多く行われた年になる           _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                               /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                               /  | l:l   l     l   l::l l   
                                               l  ヽハ    l    l  //  |
853 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:40:07.44 ID:gbkJylAo
【紀元235年春 魏 豫州 許昌】

         ___  , -─‐v‐- 、
        /::::::::::>'::::::::::::::::::::::::::::\r‐ 、
        \__/::::{:::::j:l:!´¨丁ハ:::::::}::::::::>
         l/:::}::::ナメ、ハ   !≦}::l:::トイ
         |:::::::ハ::{代:ソ   ヒ以}イ:/!-「
         |::::l::::fヘ    '   ハ::::|:::|
         |::::|::::`ー、   ` ̄  /イ::/::::!
         |::::|:::::!:::/::ト、_, イ:::/:::::::::|          近々、洛陽宮を大修築するわよ!
         |::/:::::ハ(::::「 ̄ ̄ ̄7:::::::::::ハ
        /´:::::/:::{::ノ: : : : /:::::::::::ノ: : '.         .新しく宮殿も建設して、
          /::::,ィ´: : __/__: : :(::::::::,.ィ´: : : : :ヘ        後漢の洛陽宮なみの規模にしましょう!!
      ノ::::/: i/: : :/: : : : : :)::::( : |: : : : : : : :}
     /::::::ノ: f: : : /: : : : :イ:::::トヽ:l: : : : : : : : \
    (::::::::/: : :| : : : i: : : : : :):::/: : : :> 、 : : : : : \
     \/ : : : }: : :l |: : : :/´ : : : :/:::::::::\: : : : : : :\
     /: : : : ハ: : :| }: : : : : : : : : /::/:::/:::ノ}ト、_,: :´: : : `、
    /: : : : : /:::l: : : : : : : : : : : : /::/}::(::/ / /: : : : : : : : : }
    !: : : : : Y )/!: : : : : : : : : : : {:::(ノ:ノ`, <: : : : : : : : :/
    '.: : : : : '、 /: : : : : : : : : : : : :' 、 /´: : : : : : ,    ´
    \: : : : Y: : : : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : :/


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹叡が治世を通じて宮殿造営に熱心だった理由は諸説ある。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       まず、魏の洛陽宮が後漢のそれと比較して、小規模だった事。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       次に諸葛亮が死んで蜀の脅威が薄れ、ある程度余裕ができた事。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .また、前年十一月に洛陽で地震があり、宮殿を修築する必要があった事。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          ただ、この計画は当初から、群臣の反対に遭った
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
854 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:41:26.28 ID:gbkJylAo

             ___,,,r‐''''''''ー-.,_
.           ,r'"::::::::::::::::::::::::::::::`.、
.          ,f:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、
          !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
         ,!::::::::f:::;i::;r:、ri:i::::::i;::、:::i;:`、::::i
         ,i::::::::::i:::i::;!  i:ii;::::::i:::i;::::i::::i::::i
.        i:::::::::i::i:::i;!ー-.、i;!'i::::;!i::ii_:i'!:::;!:::!
        ,!::::;r‐!:<i iっ:::iヽ .レ' i7::;!,!レ!::::!
.        i::::::i, ,!:::::i、i::::::;!    .i;_;i, .,!:::::::!      不測の事態に備えて準備をしておくのが古代の善政!
.       ,!::::::::::i::::::i  ̄ ,r‐-.、'  ,/::::::::!
       i::i::::::::::!:::::i`,、  i  丿/:i::::::::::i       それなのに、現在宮殿を盛んに造営されており、
.       i:;i:::::::::::i;:::::i;r!,,`_、-,‐';´::::::::!::::::::::!      .対して、連年麦の収穫がありません!!
.       i:i;:::::::;r‐i;:::::`、- 、_, ノ''''i'''''i'ヾ;:::::!
.       i:ii;:::/:::::ヾ:、::::`、     !:`i、::``、;!      どうか陛下には、社稷のためにご配慮を願います!!!
.       i;!,y:::::::::f::::i`、::::i`ー―.':::;::‐:i:::::::`、
       /:::::::::::f:::;;!:::::V:''''ー-::::::':::::::;::::::::::::`、
.      /:::::;r:、::i/ i;:::::::::::::::::::::::::::::::::i ,>‐ヾ::::::`、
      /:::::::::: ̄`ゝ-`、,!::::::::::::::::::::::::::i、_/`、:::::::;/
.     `、:::::::::::::::/`´ /、:::::::::::::::::::::::::::i,`、f i//
       `、:::::::/ 7./  .`i::::::::::::::::::::::::i, i, 'v'''"
        `ヾ、/,,i、_  ,i´::::::::::::::::::::::::::'i,_,!
.           7:::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,

            魏 文官 辛毗

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      例えば辛毗である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この発言自体は五丈原以前のものだが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       当時の状況をよく示した発言なので、ここで紹介しておく。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .彼の発言を見るに、曹叡は魏が不作に喘いでいるのにお構いなく、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .宮殿造営を進めていたのが分かる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
855 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:42:53.39 ID:gbkJylAo

                        __  ,. - 、/|
                   ,、 __,. -ハi:i:i:iY三ミ、\|
                    ///::::: -ミi:i:i:iハ:::ヾミ:::::
              _∠ア::::r'´:::::::ヘ\ヽYi:i:\:::::::
               \i:i/::/:::|iヽ:ヽ::::::!::::',:ヽVi:i:i/ヘ::
                /::::l::l::|'´ヽ:l:',::从Njハリヽ/::|:::!
.              ∩. l:::l::l::l::ト、 リlハ 'ォf乏i> ミ:::|:::l
               | |  l::ヽ从lミ       ゞ'′ {レ:|::::!  .そもそも王者の都は、民の労苦に考慮を払いながら、
               | |  ヽN:::l:::ヽ⌒j      /l:/:::::!  後世にこれ以上増築する必要がないようにするべきよ?
          _r 7 ハ.\   |::l::::j::ハ  t.:::フ   イ:l/:/:/:
.         〈〈 ヽ弋i }   |ノ::〃:::l>...、_ /__l/:/:/l::   それが蕭何が漢のために、
          V Y   /   /:://,. ┴‐- |`¨´:/:/:/:ノ::   後に手直しせずにすむ宮殿を建てた意図じゃない。
.          {、l__,. イ   /:://: / : : o : :/:/:/':,. -
           l: : : : :l、 l:::l/: :,ィi: <\ /:::/::::/::/: : :   .みんな魏の重臣なんだから、
.           l : : : : : |  ∨/: : / イl::/:/::::/l::.{、 : :   そのへんを理解してもらわないと
           l: /: :/:,i:| 彡/、_:_:_〈/ : Vl:::l:::::{{、ヽ)): :
          V: : : /l V: :ハ::::::::::::`ヽ、: :j/ノ:::::)ハ斤三=
            l: : :/i:l: :〉、{i{ヽ:::::::::::::::::: ('〈::,.イムイニ三三
            l: : {i:i:l: i} : :Y::::: ̄`丶、:::::::ヾニア ´::/ l:::l
           l: : Vj' /: : /l::: : : : : : : :  ̄..:::::::::/ :::ト、l
          V{: : :/ /,r{、: : : : : : : : ...:::::: イ l:::l::ノ::::)
           ヽ_:_/ ハ ヽミ、: : : : : :- ''´,.イ| :l,. -‐─


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      ところが曹叡は、このように言い返すのが常だったらしい。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       前漢の蕭何が漢王朝の威信を示すため、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       壮麗な宮殿を建設したのを引き合いに出し、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .自身の宮殿造営事業を正当化する寸法である。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          もっともらしい理由はつけていたわけだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
856 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:44:59.50 ID:gbkJylAo

         ,,....,,.,、__,,..,.,.,.、
       ,:r彡'⌒ヽ, ハ彡=‐、`丶、
       //;;;;;;;;;;;;;;ミ/;ヾ;;;;;;;;;;`ヽ.ミヽ、
     /, ;/;;;;;;;;;;;;;;;:=!;;rミt;;;;、;;;;;;;丶ミ ヽ
     / /;;;〃/´¨ l;;;l `´丶;〉ミヽリ l!
    i/ /;ツ //   l;;;l    ヾ;;、''i! l l!        楊阜様に高堂隆様に蒋済様、次は中書省の王基……
    fH;f ' リ/__   i!;! ___,,,ゝ;i l! l
    l ll;;川;i,,..二ニ^ヾjr`,rz=-、i!;;川 l !        .これで四人目ですね
    川;;;;;;;i´i::o::)`'  l! ´f:o:::)`i;;;;リil/  
   ,リl j;;;;;;l`'゙=''"   l  ー'--'" l;;;j、f
    △'k;;;;;l!        ゙    ι リ;i/!L                   /                   \
   'i´ Y!;ハ、    ノ     ,イj;{ ▽                 /      _    ┌O┐    _     ヽ
      、!リvll\  ,: -- 、  /-、!l                  /  -‐ "´    ヽ、 \/ ,. ´   ` ‐- 、ヽ
      ▽i!jLl!_i丶 ` ̄´,/::r'v"▽                  ヽ、   ,.. -─ ‐- 、_,. -─--  、_   /
      ヽ,r‐'"ユ f^i`'フ":/)迅、ノ                     ̄|_,. -─r‐ ¬  ̄ ̄/7¬r- 、 `|´
      ,、ノ  ヾ/;;r'゙´;f'´ /  ,〉ト、                      |   | lヽ/| ハ.ィ  /、/ ノ | l /`|
  ,:-'"/ i!ミ ヽ /;;/;;;;;;;;゙'ーf′,:' l!::ヾ' ー 、                  | l   |‐l,ニ云´、\ノ 斗ニ..ー ノ/ l |
                                          | !  |/ トィ;cj     {;ィc:リマイ / l |
                                          l {l  l ー゙‐''      ''゙ー'' / / l l
                                           ! ヽ!トヽ::.::.    '    ::.::/イ  l  l
          皆、思う所は一緒ですよ                l   lヽヘ、     _ __    ,.イ   l   l
                                         l  ..::|:.:.:.l:.:丶、     , ィ:´:.l:.   l   l
                                         ,'  . ::.:l:.:.:.:|_:_:_| ` ー ´ |_:_:l:.   ハ   l
                                       /  .:.:.:.|:.:/ rノ      マl |:.   l:.:',   l
                                      / _ 、 - "   |: .   _   l|:   lヽ、、  ',
                                      //´ \\     ∨´ -─-`ヽ/    l /`ヽ、ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      ただ、曹叡の宮殿造営事業の規模は、明らかに度が過ぎていた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       また、宮殿建設の時期が農繁期にあたったため、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       辛毗の他にも、蒋済・楊阜・高堂隆などといった人々も曹叡を諌めている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          魏の朝廷は宮殿造営反対の空気が強かった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
857 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:47:17.26 ID:gbkJylAo

         辷ン´ _             辷こニミlミ   }
        /7 , ´, -               ル :::::::::::ト   |
        く::::/ / / '´, '´ ,'/  i i i i   ! | ::::::::::::i     |
          7i | i i i i i ! __i ! i i i  i V____,ノ::\  ハ
          /::レ l |__|__l_| ハ}  | ! l l_|___'__ ム |:::::::::::ん';;厶___
        ノ::厶小 i i |,「|圷  リ7フりンン/レLノ:::::::::/ ,′: : ヽ: : : : : :`  、
        ` ´rく,ノヘLハハレ′      ィヒ于f}ミ勿冖-'  ,′: : : : :): : : : : : : : \    ま、みんながいなかったら、
        ハ Y  ハ '´ ̄`     辷ソ ソ7}    ,′: : : : :/: : : : : : : : : : : ヽ   .こういう言葉は聞けないわね!
        /l  !ノ / ,ハ ""   ;:    """ /アリ    ,′: : : : /: : : : : : : : : : : : : :ハ
        / l __|__ ,ン´)、 マ 7  /:/:7   ,:′.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : /:/
      /   {  ___ } /:.:.` 、`__ <.:/ /   /:.:.:.:.:.:.:ぐ ̄ ̄ ̄ ア ― ': : :/
    / /  {  __ }ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.:/   /: : , ´: : : \  ,く: : : : : : : :/
  / /   ハ   -< }}|:.:.:.:.:.: 。:.| |:.。.:.:.:.:/// ハ: :/ : : : : : : :ム >、ヽ: : : : :/
 //    /  >、  ̄〈`ヽ,: :⊂ニ .ニ⊃:〈// /ソ ,': : : : :                   _, 、 _ : :
//    // /〈 ヽ _ノi: : ト、: : : :|_j : : : : ! | ′!′: : : :              _,.r'´ ̄: : : : :ヽヽ,
                                             /:/: : : l:l、: ,l、: : : '、 l`:.,
                                             /,':.|:ハ;: :|'|',z辷_トハハ',: l:,
                                            f!:.:l:ト|ニz、!: ´ ゞ゙''ツj/ :!:.',
                                            ト;: |l ゞ'`l      1: : :|: :.,
                                             |::|`  ` _    !: : |: :.:l
     陛下。                                    |::∧  ´= '´   |: : |:.,::.:',
                                             |:.:|:.|\     /!: :.ト;:',: :'、
     うちからもひとつよろしいどすか?                   |:.:l:.| |:介tー '´ .|:.:.:!\;::::ヽ
                                             }:.:|:| |:.:レJ、,、r'´y:.::.l  ,>、:',
                                             |:.:|:!/  /  /: : :|'´    `ヽ、
                                             |:.:!{ ヽ/   /: : :.ノ       ヽ

                                                魏 文官 王基

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹叡は自分の意に反する諫言を行った者を罰する事はなかった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この彼の態度は、私怨で臣下を殺した父曹丕と比較して、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       優れた美点と評価されている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          しかし、諫言を聞いて自分を振り返る姿勢がなければ、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .これは美点でもなんでもない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
858 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:48:45.67 ID:gbkJylAo

      _  __ _
     く〃  ,、,、 ヽス
      Rレ从|""|从!R.|
      | (|─‐ ─‐|)│
      |l人  ヮ uノ| i!|     別にいいけど、あなたは確か……
      ノj |::ブ千弋::| 八
     巛小f レっ! |小 》〉
      "7├‐'´ー┤7 "
        |┬r┬.|
        |_|_|__|_j| 
        ├|   |┤                         l  /  /  ,イ !   l  !       \ │ !
                                     l  〃  |  i ! | |    l、 \  、     \! l、
                                .     l 〈 l  │ l ! ! ヽヽ   | ヽ ヾ ヽ    ! ! !  !
                                     | |  !  | l トヽ‐-ヽヽ、 ヽ-ヽr‐ヽ l、 ! | | ! l ト、 
                                     ! !  rヽ |_ゝ!ニニ,ミ丶  \ゝニヽ-‐リ- ! ! !ハ !  !
   中書侍郎の王基言います。                 ! |  |  !‐ゝ{ゝr`j `     イrアj`ゞ! !ノ  ! ! ! !
                                     ! l  l  !l   ̄ ´    i   ー`- ' レ' !  │ ! | !
   うちの気づいたとこ、                .    ! | |  !       │       /,イ   l  ! !ヽ
   言わせてもらおう思いまして……            /! | !   !       、 ,      /^r v-!   ! ! !  !ヽ
                                .   / |  !│  !ヽ    、_______,  /゙,r'|゙亅 !    ! | ! l ヽ
                                  /    !!   ! \    ─‐  / / / /7 !    ! ! ヽ ヽ
                                  | 〈   l    l、 r`ト、     ,〃/ / 〃l  l    |  ! ヽ
                                -、_l、 ヽ  !    レ' ヽ ` ー- | / / / / / |  !    ! ヽ ヽ
                                  `ーl´ ̄´ ! !   ! l、 ヽ   〃 / / / ! 、 ヽ |    │ヽ 

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .それはさておき、曹叡を諌めた者の中には新進気鋭の官吏もいた。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .彼の名を王基、字を伯與といい、青州東萊郡曲城の出身である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       揚州刺史の王淩が青州刺史時代に抜擢して補佐役とし、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .王淩の下での働きは都にも知られていた。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          後、彼の評判を聞いた司馬懿に召し寄せられ、中書侍郎となっていた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
859 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:50:32.41 ID:gbkJylAo

     /: .:: : : ::/: : : : : /´: : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ
    /: .::: : : .:/: : : : : /: : : : :/:l : : : : : : : : : : l: :l
.    / .:.:.:.: : .::l::/: : : : :!:.: : : : !: :|!: : : : : : :|: : : :l: :!
   l..:.:.:.:.: : .::l:.! .: : : : |:.|:. : : l{: :ハ: : : : : : ハ: : : :V
    !:.:.:.:.:.:...::/:l:. .: : : : |!:|:.. : ハ { ト、ヽ: : : | ||: : l l    .
.   !:.:.:.:.:.:.:.:.':.:!:..:: : : : :ハ{\::{_ > ´ヽト:..:人ハ..:!:}   
   |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|:.:.:. : : : |  ̄ ` -‐く  ハ'__ ソ:/イ     うちの聞いた話やけど、
   !l:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:. : : :! 、 _-,    ´  /イ: :|     .昔の偉い人は水を民に例え、船を君主に例えたそうどす。
.  ll:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:. : : :!  ´^ ̄`   i^= ァ:.:| : l    
  |..:.:.:.::/:.:.:.:/|:.:.:.:. : : :|        | /:.:.:| : |     民の上にある者は、
  !:.:.:.:./:.:.:./:.:|:.|:.:.:. : : |      _ ´ イ:.:.:.:| : |     常に戒め懼れなければあきまへん。
.  l:.:.:.:/:.:.:./:.:/!:.!:.:.:. : : l     ´ニ´イ:.:|:.:.:.:|: : !    
  l:.:.:./:.:.:/:./ |:.|:.:.:.:. : :ト 、_ イ´/ハ:.:l:.:.:.:| : |     .陛下におかれては、水と船の例えに留意され、
 ,':.:.:/:.:./:イ  l:.|!:.:.:.:. : ト-^ヽ:.:.:.// l:l:.l:.:.:|:. :|     力が尽き果てないうちに馬を駆るのをやめ、
./:.:.:/:.:/イ \ l:ト:.:.:.:.: : :Vr\\< _ l:.!:.l:.:.l:. :!     困苦に陥らないうちに労役を省かれるよう……
:.:.:./:. へ ヽ  \! ヽ:.:.:. : lヽ.人ー\ \l:.ト l:.:|:. |_
:.:./   \、   ト ヽ:.:. :l ハヽ  `ヽ ヽ ヽ:!: | ヽ
860 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:51:59.26 ID:gbkJylAo

                    _,. ‐''"´ ̄ ̄`丶、
                  /´            \
                /         /     \`丶、
                  /      / /  ,     ヽ  ヽ
              /        l / 〃   ! ',  ',   ',
                /        l / // / ,' ! ! }   !   l
            /        l  l/ // _,,厶/j_jム  l  |
              /       |  l7フ ̄///,ノィァテ} , ノノ        今外敵はまだ滅亡せず、
          /  ,    / i|  l气戎⌒   亠'ノノイ!          勇猛な将が兵を率いて守っております。
            /  /   /  ,ハ  '、 ̄´     ,ハ} 川
        /  〃 / /  /rΛ  '、   -‐ / '´ / l '、         これが長期に渡ると
       / /  / /   /\ ヽ. \ _ ,.イ{  ,.イヽ ヽ.\_ __ ノ  後世に問題を残す事になりかねまへん。
      / /    /   /   ` ‐\ \_ハト--‐ヘ、\ \--‐''´
   / /   /    /\    /` ーr--‐ヘ、_,ノ\ \ \     盛明の世に災厄を除くのに努力せえへんと、
  / /   //   / _: : \  /:::::::::::\::::;ィ个 、  \ \ \   もし子孫が衰えはった場合、
/ //  ./ /   /´   \: :`7:::::i::::ヽ:::::Y_::ヾ: : :`ヽ、 ヽ. \ \ .皇室にとって難儀になりますえ
/ /  , ' / /    l     __ _`ヽ{_::!::::::;.<::::\::\:/|  ',ヽ. ヽ }
  /  // / /    /|  /   `ヽ、Y ` ̄: : : :\:::\:::', :l   ' 〉 ∨
. /  // / /   , ' ,'| i       ∨: : : : : : : : :\:::',::}/     ,ハ  ',
/  // / /  / /,ハ. |     `丶、\: : : : :_//: }:∠ハ.   Λ,.〉 |
/  // / / /   // !ヾ、       `¨ヽ、: : : ': /   ` ーヘ./イ l  |



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .王基は民の疲弊を鑑みて宮殿造営の中止を説き、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       それと同時に蜀・呉の討伐が先と示唆している。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .朝廷の中級官吏にこう言わせるのだから問題は深刻だ
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
861 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:52:58.34 ID:gbkJylAo

         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´   言いたい事は分かったわ。
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!     でも壮麗な宮殿を建てて魏の国力を示せば、
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l     蜀も呉も我が国を畏れて自然と降るってものよ
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      しかし、これだけ多くの反対に遭っても、曹叡は意志を曲げなかった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       皇帝専制体制だった当時の魏において、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       一度皇帝が頑とした意志を示すと、これを覆すのは容易ではない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          こうして大々的な宮殿造営に明け暮れる一年が始まった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
862 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:54:49.04 ID:gbkJylAo

              __,,,,,、 ,、
         ,,:r''"⌒´   ,>';;ヽ_.rt_
       ,r'´   ,r ,ィ /;;;;;;;;;;;Y;;;l'"^ヽ
      /   /,r",r'";;;;;;;;.rmィ;;/;;;;;;;;;゙i,
     ノィ' / //イ/^'フ;;/  /ノ^'i;Nト;;i!
    '// ノ,/zァ' /ィ' ‐-ァ'゙、、  ,リ′ l! i ''!
    rレイ //〃/;;;;;,Z,,,.、、`ソ  ,,..,、lハml
   △7jィ'ァrイシ7;;;/ 、{;・;;ソヾ/ ,f二、l;;;;;;;l    司空、お諌めしなくてもよろしかったので?
   ツイ7l Y /;;/  `゙`"ン  ,!'7;・゚;ト!;;;;;リ
   l>'ソ/,ヘ,_ ,/;/  (^ヽ、、  l!´``''ソ;;;;/
    7N/ y;/   ``''ヾ:ヽ._j  ,/l;;;/                        , '           ̄ ` ヽ 、
  ,..、/^tフ /ヘ ヾ二ニ''‐-、ヾ::ヽ, / '^,f^´゙)                  /, .. _               ` 、
   ヽ `△'′tヽヾ三ミヾ::`':ゝ`i ''二ニ`'"                   ヘ     `丶 、            _` 、
   ヽ ^ヽ ヾ:::ヽ`''ヾ::ヽ::::::::::::i,  `''″                     ヘ        `丶、      --( )- \
                                            | ̄¨¨'''' --- 、  `丶、   マiイ/  /
                                           i|           `丶、_`丶, `'´ /
                                          /¨¨¨'''''''ァ‐‐ァ‐‐‐‐‐‐‐   ァ、ニー'´ |
                                       _ /:.:.:.:.:.:.:.:/: : :./: : : : : _ -‐ //:/:.:.:.:`ーt
  皆がこれだけ諌めているのに、                 '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/ : : /: : :._,..イ""/-/:/:://}リ
  私まで公然と反対に回っては政が滞ります。        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/: : /': :/ |示示天 //// ニ/|!
                                     .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::/:./マ.'/| .|!|! 辷_ン丶/  迂斤//
  我が国が抱える懸案をこれだけではありませんし、    .:.:.:.:.:.:::::::::::/ : :.:/./ |.|! |!  ー  /   し_,/ .|!
  この件はいずれ日を改め、                   .:.:.::::::::::::::/: : :.// |! |        , .i|/|!
  私から陛下にお話しましょう。                 ::::,. '´ ̄/: ./, /  |          // |!
                                     /.   //  \   > 、    ` ' .イ/
  そういうあなたの意見はどうです?                 /       ` < __ 丶 _ <
                                              ,. -‐ニニヽ,
                                     r 、_   _,.. -‐,'-'´ ̄ ¨``ヽ≡
                                     {: : : :  ̄: : ./         \
                                     マ: : : : : /     ,. -  ´`丶}
863 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:55:44.91 ID:gbkJylAo

      , /::::::::::::::ミf::ヽ彡:::::::::::`ヽミミ丶
       /::::::::::::::::ミ{:::::liシ::::::::::::::::::::\ミミ
      /:::::::::::::::/ミ`i:::::トyシ7へ::::::::::::::\
      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶
     lト,、',, :'i,          l                               傅嘏?
     llゞ:::::::::',         l
     llリ>、::::::',      〈 _ _
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'

            魏 文官 傅嘏(字:蘭石)
864 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:56:34.86 ID:jojDzvYo
なんて読むのか全く分からん
865 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:57:15.55 ID:gbkJylAo

        ,/:::::::::::::::::::::/"~`゙ソ:::::::えシ、:::::::::::::::::::::::::::l  |  |      ',
       /:.:.:.:::::::::::::::/     l::::::/   ',::::::::::::::::::::::::::l  | | ハ    !
       ,'  .:.:.::::::,:<       ! ,'     ',::::::::::::::::::::::::l  | | i, l    l
      ,!    .:/ `ヽ、   l::..,'     ',:::::::.::::.:.::::::::l  /l ,l ', ! l l l
      l:.  .:.:オ=ぇ、,':,:ヽ  /::/     ',:::.: :.:.:.:.:.:::l ,' l ,l, /l l l, ,!
       l:.:. .:.:,小、 l;;;;;ヾ,i:.:.} /::/ ,,. -――-l::.     .:l , l /l,イ  l l',l
        l::: .:::l l 丶ミ='^:.:.ル'/ ,z==-   l::.:. :  .:/! l/イ /,l / l '!
       l::::::/l ',     :,ィ'"   ==テ三ミ、!:::..:.:.:.:.:.:/l| ,ル' ,イ/ ̄ ̄\
      ',::::', l, ',    '7′    、、`'ー''",ン::::.:.:.:::::/ l/_, ィl! |   :  |
       !::::l l,  ',  /       ``' =彳:::::::::::/ /ハlL/ l!,|   :  |
       l:::::l ',__∧ <              !::::::::::/ // 'i▽li∠   :  |
       l:::::lヽ_/リ',、`'              ,':::::::::/:ィ'′  l 」_l_!|   :  |
       !:::,' リ   ',丶、          ,':::::::::/.:.    }ゝ'ニ,\__/
       l::/     ', ` 丶 、、__,.  !:::::::/ .:.   ,r'"´    ヽ、
       l:,'       ヽ :::....   _,, .:-:''"l:::::/ ::  / , -      〉
      |'>       ゝ-- ‐ 'ヾ´:.:.:.:.:.:.:._l::::L,  / ,/ ,,ィ"   丶、
             /      ヾ:.:.:.:. | ク / / /,ィシ'"       /
866 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:58:29.44 ID:gbkJylAo

            ,.-'", ィ"´:::::::::::::::::Y^ヽ , ‐:''"::::::::::`丶、
           / /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::
         , '′,ィ'::::::::::::::::::::::::::::::::: {::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::
          ,:' ,:':::::::::::::/::/::::::/:,:=、 l::::::::::l,:=:、:::::::::::::::::::::::
       /  /:::/:::::::/::/:::::::::::,イ'ミミl:::::::::l彡ミヽ、::::::::::::ヽ:
        /  /:://:::::/:::/::::/::,r'""~゙゙'i::::::::l'""゙゙`丶、;::::::丶',
       ,'/ /:i/ //::::/:::://    l:: ::l   .:.:.:.:.`ヽ:::::',',
        i′,':::l l ,'' .:/イ/::/      l:  :l   .:.:.:.:.:.:.:.:.:',::::::
        |  i:::l.:l l / /.::/       l:. .:l  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:::::
        |  |:::l:l  / /.::/       ',::::l  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:::
        |  l:::::ll  / /:'-―‐‐- 、、  ',:::l  ,, -‐.:''"´ ̄',::
        l  ,!:::|l  l l //     _ ``  ',:l  .'´: __,, .:.:.:.:.:.',:
      l /l::::|ll .::ll::::,' _,, ===ミミヽ  ',:! ,':.:.:,彡==≡ミ、
     / /| l::::|||::::ll::,' '´     ``   ,リ l;, .:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   宮中の奥深くで育ったお方に、天下は動かせぬかと
     /イノ! ',:::l|l:::::l:,'          /  |;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   /´,ノ/! ',::|::::::,'                 |;;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      / l ,l::::::::::l、              |;;;;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      _,ノ_/}',::::::::lヽ               |;;;;;; :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      |_/l八::::::ト'ゝ、         ノ '" :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       リ ノ  ',::::lWハヽ、  、_     .:.:.:.:.:.:.:.:_, .:.:.:/
           l::::l▽/`>、 丶'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ン´.:イ^'
           |::::|イ  〈::l \ `丶 ___ ,. '´//!:〉:.:
           |::::|   ヾ  丶、   、,,_,,   /.:./:l/:.:.:
         /{`>   丶、   丶、__/.:.:.:/:.:/.:.:.:


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      傅嘏、字を蘭石。雍州北地郡泥陽の出身。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       魏の侍中・尚書となった傅巽の甥にあたり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       傅嘏本人も二十歳頃から名を知られ、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .司空の陳羣に召し出され、その属官となっていた。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          当時、二十代後半の若さだった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
867 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 22:59:33.17 ID:gbkJylAo

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |       ところで、なんで陳羣は曹叡を諌めないんだお?
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

                                                    / ̄ ̄\
                                                  /   _ノ  \
                                                  |    ( ●)(●)
    陳羣という人は、皇帝に政治の問題点を述べる際、              . |     (__人__)
    密かに上奏文を奉り、草稿すら破棄するのが常でした。             |     ` ⌒´ノ
                                                 .l^l^ln        }
    そんな調子なので、当時の人は彼の意見を知る事ができず、        .ヽ   L       }
    「陳羣は何もせず沈黙している」と非難する者もいたほどです。         ゝ  ノ    ノ
                                                 /   /     \
    彼と付き合いがあった呉質にすら、                      /   /        \
    「自分で事に当たろうとしない」などと言われる始末でした       . /    /        -一'''''''ー-、.
                                              人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
868 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:00:59.93 ID:gbkJylAo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ     裏を返せば、陳羣はそれだけデリケートな問題を上奏していたという事でもあります。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }      魏の建国に積極的に貢献し、九品官人法を定めるなど、
    ゝ  ノ   ノ       重要な問題ばかり任されていたせいかもしれません
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
                                                   ____
                                                 /      \
                                                /─    ─  \
    ついでにもうひとついいかお?                       ./ (●)  (●)   \
                                              |    (__人__)      |
    ぶっちゃけ魏の国力なら、                          \   ⊂ ヽ∩     <
    宮殿のひとつやふたつ楽に建てられるんじゃ?               |  |  '、_ \ /  )
                                                |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ        それぐらいですむのなら、誰も問題にしない。
      `ヘ:ゝ   _     小/         
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          ひとつやふたつでは終わらないから問題になる
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_          .
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l   
  l  ヽハ    l    l  //  |
869 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:01:46.69 ID:gbkJylAo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)    正直な話、当時の洛陽は都というにはあまりにも地味でした。
   |      (__人__) /;;/    
.   |        ノ l;;,´      後漢最後の都だった許昌や曹操の本拠だった鄴に比べ、
    |     ∩ ノ)━・'      自身が都とする洛陽の貧相さが曹叡には許せなかったのかもしれません。
  /    / _ノ´        
  (.  \ / ./   │        合肥遠征後長い間許昌にいたのも、洛陽宮の完成を待っていたのでしょう
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

                                               /.:.:.         \
                                               /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                             /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
    それでは引き続き、曹叡の治世の様子を見ていこう           ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ   
                                                 `ヘ:ゝ   _     小/    
                                                   ヾ:{>、 _ ィ<}/|/     
                                               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
                                             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                             /  | l:l   l     l   l::l l   
                                             l  ヽハ    l    l  //  |
870 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:03:12.02 ID:gbkJylAo
【紀元235年2月 魏 豫州 許昌】



                /〃(0(〇r‐γ,_ヽ`7       \
                     /"⌒´ `{ { ( ヾノノ/ ヽ  \   ヽ
                 /  ´       ̄(ゞ-'ノ__ノ´        .
             / ' / , i   i    、 `ー 'ヘ::|           l
                / i i | |   | i   、   、 `|    i l i  l
                | | |ト、  | | 、 ヾ  ヽ |    l   |  |
           l  | | || V |、 |  ヽ l 、 l |      |i   |
           、 i V ! l|, -ヽ」 ┼‐-l-zトヽ」,リ    | i ||  |
.             ヽ | ゙┴´ゝxz、   彡辷=zァ/ ,     l | | |   l
            /    / "ヾ)   丶ゞ-'' //l   イ  ,' l  、
              i     l  .:| У    :::::::::: ///   〃,' l ハ  丶
              |     | :::、 ヽ      | レ   イ l  |   ハ   \
            、   ハ \  丶  ー   ノ'   / | |  |   ハ    \
                  .. _ ` ーニ=- ≧‐- 彡  /rェzェzェ,,|    \    ヽ
                   / / 二ニ,y' 彡   /r': : : :´: : ::<_     ヽ    .
                  //   `7´ イ' 7T ´f/ :>:_::z: : : : :ハ     、   l
            / ./    ノ´      | ,f/: :,{::::: : : : : : : : ::ヽ     ヾ   |

                   魏 皇太后 郭太后

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .洛陽宮の大修築が行われていた最中の二月、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .曹丕の皇后だった郭太后が崩御した。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       曹丕の首陽陵の西に御陵が造営され、三月に埋葬された。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          かつての曹丕の詔勅に従い、薄葬にて葬られている
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
871 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:05:39.47 ID:gbkJylAo
【紀元235年夏 魏首都 洛陽】

          |   Υ|   \\:.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |\\ .`' . |  //\/ '\
          |    | |  /^ヽ \\ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   \\ /. /_/\/ '\
           〈\.   | | ∧ .|  \\: : : : : : : : : : : : : : :.:.:,ィ|     \_〕//_/_/\/ '\
           |\\ | /ィА.:|    .\\: : : : : : : : : :..:::,ィ蕊| .∩    |  /_/_/_/ \/
            |  ` /ィ'双ヌА  /^ヽ.  \\: : : : : ..,ィi蕊ア' | `′∩ | /_/_/_/_/_
            | /ィ'双双双А ||  |     \\ ,ィi'蕊蕊/ | ∩  `' .| /_/_/_/_/_/
            ./ィ'双双ヌヌ双 Α ||  |. ./^ヽ ,ィi'蕊蕊㌢l/| `′∩  /_/_/_/_/_/__
        /ィ'双双双双双'/ .||  |  || .,ィi'蕊蕊㌢|:f,!/ .:| ∩  `' ./_/_/_/_/_/_
       /ィ'双双ヌ双双ヌ/|| | \ |.  ,ィi'蕊蕊㌢.|f,!|/\|. `′∩ ./_/_/_/_/_/_/
      ./ィ'双双ヌ双双ヌ入′.|| | \  ,ィi'蕊蕊㌢ |f,!|/   /\   `'./_/_/_/_/_/_/__
   /ィ'双ヌ双ヌ双双;/|| |/^i| |  ,ィi'蕊蕊㌢l |f,!.|/⌒vヘ∧.  \ ./_/_/_/_/_/_/_
\/ィ'双双ヌ双ヌ;双入  || |/|| |ィi'蕊蕊㌢ f,!.|./  /^ヽ  .|\  . /_/_/_/_/_/_/_/
;\\'ヌ双ヌ;双;双/|| |/^i| |  || |蕊蕊㌢| |f,! /  | . ||  l  |  .\/_/_/_/_/_/_/_/__
乂;;\\'双双入   || |/l| |/^i| |蕊㌢ f,!.|/  \| . ||  | .|   /_/_/_/_/_/_/_/_
乂;乂;`;<\/|| |/^l!| |  || |/ll |㌢| |f,! / \\  ||  | . | ∩/_/_/_/_/_/_/_/_/
乂;;乂;/;ィ\\.l |/.|| l/^i| | .|| | f,!,|/    \\ \.| |. `/_/_/_/_/_/_/_/_/__
乂乂/;乂;;乂\\ || |/l| l/^i| |  /!   ./^ヽ  \\ . . .|. ./_/_/_/_/_/_/_/_/_
乂;;;/乂乂乂乂;\\ |  || |/| |/ ./: : :||  |. : :.  \\.| /_/_/_/_/_/_/_/_/_/
乂/乂;乂乂;;乂;乂;;r<\ l| l .l| |  /.:::: : : :||  |: : : : : : : \|/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
乂;;乂;乂乂;乂;乂;/乂\\!'^i! |/.:::: : : : :||  | : : : : /^ヽ /_/_/_/_/_/_/_/_/_/__
/乂乂乂乂;乂乂/;乂;;乂\\l |: : : : : : : :.:.:\|: : : : :||  |/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        この年の春から夏にかけて洛陽宮の大修築が行われ、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       それと並行して、昭陽殿・太極殿が建設、総章観が増築された。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .工事は農繁期に行われたため、民の負担が増したのは言うまでもない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
872 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:07:00.86 ID:gbkJylAo
【紀元235年7月 魏 豫州 許昌】

              r‐‐ 、   .  -‐‐ - 、        /.7 ,. 、
            ヽ  > ´    ` 「 ̄.`Y ⌒ヽ  ̄ </
             >////^ヘ ヽ 乂.___〈     i   {二二}
            く_ 从il.|  l_!_! ハ<  i.   |
       /´〉    く__/kハ!  レレr==レく_ノ     .i
     /⌒ /    / / |___,    b:::ハ彡-、   !
.    〈 ∩. }   / / c'っ r‐‐ャ  cっ そ/   | 、
    弋{  ノ  /. /   \ 、__ノ   ィ^-ァ    ノハ      このまま計画どおりに宮殿が完成すれば、
     r==='ヘ // /   _ __ _ >r‐‐_r-7'´__  _/   \     来月あたりには洛陽に戻れるわね
     |    i ( (__,. -' r‐‐'‐/7ー/ / / `ヽ      ヽ、
     i    ー ァ    に二ィ7二.ゝ.ヽ/    ヽ      !
.     \    /     i/ / /i  |r-' ノ     ヽ    ノ
       \__ __ ,. ァ'´/ / o .|  |レ'´ ト、     ヽ   (
          r' .ノ / / o !  i    /ヽ.__ _   l  ト           /// ,イト、ノ  \ \ \
          レ'´ノ レ'  o \/   く       ,'  }          / ./ / // l  |   ヾ\\ \
           /  /7 o   {二r‐ '水    ,. -' /iノ         /// /  | l  |  |    |:ト、\\ \
             レハ/  ∧    / 〃  ァ~' ハ/ /          l l | |__,斗─┴ー|/ / //、 \\\ \
               /  / i    ゝ.__ >'   V  レ'            L!<ト、 `z=≠' / /从〉 }ヽ  ヽ \ヽ ヽ
                                              ヲ     //  厶ハ ',   ', ', \
                                              \ __ ,      /  | |  l   | | | ',
     そんな陛下に悪いお知らせよ?                       ヽ-──-く/´二l l  |   | | |  l
                                            /.:.:.:.:.::::::::::::::: ̄`// ,.|   | | |   l
     洛陽の崇華殿が失火で炎上ですって             _ / ̄`ヾ=ー-::、::::::::::::::::// /:|   | | |
                                        '..:.`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ l /  |   | | |
                                        :::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ! {   l|   | | |

                                               魏 中書令 孫資

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .それでも宮殿造営自体は順調に進んでいたのだが……
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       七月、修築中だった洛陽の宮殿のひとつ、崇華殿が炎上してしまう
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
873 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:08:04.93 ID:gbkJylAo

     _______     _,. --- .,_    ___
     ヽ、   \/⌒ヽ /⌒\/´,.  /
      /\___/ , /〃、 ,、ヽヽ.、∨_,ノ`ヽ
        l <ァ l / /! l l^ー^l l l !l l l ヽ> }
        |  {ノ{ {`ト{、lハ  ノ リ斗j }、_{/7/
        |  / ム<"{刃ド ´イ刃`>厶j|{ {
      ノ/ 人_、、込リ __ 込リ、、,.r‐┘l ヽ.
     / / / ,i\ (  )  ,.イ{ {   }  \    何がなんでも再建させなさい!
.   /, ' / /| ii> ニ <!! 「込.___∧\  )
  ( ({ i/   i j  !!/{{:}}\ll | \__ ハ ) /    .遅くても秋のうちには終わらせるよう洛陽に伝えるように!!
    ))/  __ _,ハ. く_,.イol\_ゝハ 〈   ∨ {
  /´ハ ´ ̄ \}、  j」.o|」   ,{ !\ヽ.   ノ、 ヽ
 { ,.イ{ /\   __人〉 、  o  〈人 ノ 厂丁!ヽ ヽ )
 ヾ. ゞ、{ ,ノ刀´/∧  `∧    /∧/ ノ jjノ  )/                        _,. -─‐- .._
      ( ( (У/ .:,\/.:, \/.:.、:∨ 〃  '´                     ,. ´´ ̄,>>ニヘへゝ.._
      丶/.:.' .:/ .:.:.:.:..:.l:i.:.:.:.:.:.:.:.:',.:.:∨                       // /./// /l lヘ. \`
                                                / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ
                                            / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ
                                             / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }
                                          /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ
                                            /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′
   (暴君のテンプレにはまってるのは気のせいかしら?)     /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「
                                        /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |
                                       /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ
                                      /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\
                                    , イ:.::.::.::.::.::.::.:/   l、v  ̄j「、,ゝ、/ \:.::.::.::.::.::.\
                                   / ノ.::.::.::.::.::.::.:/    l ^^'1| _リ >′   \:.::.::.::.::.::.\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .曹叡は知らせを聞くと崇華殿の再建を指示。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この後、彼は八月まで許昌に滞在する
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
874 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:09:14.58 ID:gbkJylAo
【紀元235年9月 魏首都 洛陽】

   .i i i i                      i                         i:i. i:i
   |ニ | l__l                     ハ                        l l | |
   |  ! ! !                 ,. -''"  ̄ ``''-、                 |-||=|
  _|___|_| |                /:::/:      ヽ \               |: ||: |
   }三:{}三{            ∧ /ェェェェェェェェェェェェェェェェ ヽ_            [ニ{ニニ}
   |  .||--|            テ.'''''i'''''i'''''''i''''i''''i''''i'''i'''i'''i''i''''''i             | |  |
   |  .||  |         _,, - {ニ ァニ、ニニニニニニニニニニニニニ ァニ、           | |  |
   |  .||  |      ∠二______|:| | .||/ ̄ ̄_ ̄ ̄`n; | .l~`ヽ、_       | |  |
   |  .||  |      _,l____ _____|::r'  -  ,.イ;彡i iミミ;ヽ、. .::!"  ・iニニニl,,___    | |  |
   |____||--|    _|二|||____H._r-|::| ・  / i^i l^l| |l^l i^i::ヽ:|   |___________|::::\..._ | |  |
   |  |  l   | ! |=ニニニ=、l::| ・  i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i:::|   : ! iニn二nニニニl二i, | |  |
   l   :|  l_,,,,--|__・__レ'二 ヽニ\!   |二二二二二二:ヽ:|   | /__,..- 、ヽ三┐i |-:|==|_ _ _
  ,'_____',/, へ___|,,, / ̄∩~\./二二.|/i⌒iヽ    /i⌒iヽニニニニ゙:l ∩∩|::iヽ、___\ |==| LLL
 , ,|  _,..-'''"    ̄| ∩   ∩| ̄ ̄ ̄| |--| , -┸ 、|--|-トi- , -┸ 、. n !::!    , --┸-.、  ;;

                                   .      ∧                __ __
                                        /  \_ ,.ィ'"´ ̄`l´ヾ¨`ヽ-、 /   /
                                   .    {  ヽ.//.// l l rv、.| l i 、ヾ   /
                                   .   人  /: i:. !l:. l:,!:|`´}:.j_!:l:l:|.:l:!.:∨'∧  
                                      l: /\!:: lーl匕「ハ{ ノノノフ廾1:!.:::}く:i.::',
      洛陽よ!                           |/  人::.イ三三`    '三三ミイ}、ノ、\j
                                      |\  ,{Υ            リ }、 ヽノ| 
      私は帰って来た!!                    |:. l:Υハ.と⊃┌──―┐⊂つ'i: Υl :| 
                                      |:. |: i::| l::ト、  ヽ.___.ノ ,.イ!:! !:: j.:j:!:| 
                                      |:: {: i::| l::l.:介ァ-,、.._ ,..ィ介jリ:i::l:...l::l:l |
                                       ヽ:.ヾ :! !:{::j:j;/´入_八_ノ厂∨::j::l. :{ :{ハl
                                        }:: } :l_レ'´  ̄>个个く ̄``ヾ、:. ):)::)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .九月、宮殿造営がひとまず落ち着いたのか、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       曹叡が約一年ぶりに洛陽に戻る。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .炎上した崇華殿も再建され、九龍殿と改称された
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
875 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:10:16.74 ID:gbkJylAo

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \      
   /  (ー) (ー) /^ヽ      皇帝が寿春に親征してから一年も首都を留守にして、
  |   (__人__)( /   〉|      まともに国政が機能するのかお?
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ    
―――――――― \ _ _ _ )
                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  _ノ ,ヽ\
                                                 |   ( ●)(●)
                                           . \    |     (__人__)
                                              .\  .|     ` ⌒ノ
                                              . \ ヽ       }
  機能します。何もこういうケースは初めてではありません。           .\_,ゝ     ノ
                                                 /, r、    く
  曹叡、先代の曹丕は何度も各地へ巡行していますが、            ./ 〈  \    i
  巡行先でも政務が執れるように高官や官吏随行させていました。      ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                  .て_)   \ノ
  一種の移動宮廷のような感じですね。経費はかさみますが……               .\
                                                          \
                                                            \
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ    .実際、曹叡が建造させた宮殿群はどのようなものだったのか?
      `ヘ:ゝ   _     小/      
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/      魏の歴史を記した『魏略』の著者魚豢は、
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_       .当時の様子を次のように述べている
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l   
  l  ヽハ    l    l  //  |
876 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:11:24.83 ID:gbkJylAo
【紀元235年9月 魏首都 洛陽】

   .i i i i                      i                         i:i. i:i
   |ニ | l__l                     ハ                        l l | |
   |  ! ! !                 ,. -''"  ̄ ``''-、                 |-||=|
  _|___|_| |                /:::/:      ヽ \               |: ||: |
   }三:{}三{            ∧ /ェェェェェェェェェェェェェェェェ ヽ_            [ニ{ニニ}
   |  .||--|            テ.'''''i'''''i'''''''i''''i''''i''''i'''i'''i'''i''i''''''i             | |  |
   |  .||  |         _,, - {ニ ァニ、ニニニニニニニニニニニニニ ァニ、           | |  |
   |  .||  |      ∠二______|:| | .||/ ̄ ̄_ ̄ ̄`n; | .l~`ヽ、_       | |  |
   |  .||  |      _,l____ _____|::r'  -  ,.イ;彡i iミミ;ヽ、. .::!"  ・iニニニl,,___    | |  |
   |____||--|    _|二|||____H._r-|::| ・  / i^i l^l| |l^l i^i::ヽ:|   |___________|::::\..._ | |  |
   |  |  l   | ! |=ニニニ=、l::| ・  i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i:::|   : ! iニn二nニニニl二i, | |  |
   l   :|  l_,,,,--|__・__レ'二 ヽニ\!   |二二二二二二:ヽ:|   | /__,..- 、ヽ三┐i |-:|==|_ _ _
  ,'_____',/, へ___|,,, / ̄∩~\./二二.|/i⌒iヽ    /i⌒iヽニニニニ゙:l ∩∩|::iヽ、___\ |==| LLL
 , ,|  _,..-'''"    ̄| ∩   ∩| ̄ ̄ ̄| |--| , -┸ 、|--|-トi- , -┸ 、. n !::!    , --┸-.、  ;;
 ,, | /i  ri ロロ ロロ |  ∩   !_____| | /     ゙ヽ.|._|/     ゙ヽ_|::|  , ∧  ,.;;:,;;;';.,,:::
 三三 !_ロ,.;i;';;;,, r'ニニ/三.;ii';;,,二Y----i./: . : .: .: .: .: .:.;;:i::、;  n   nヽ:| _/ |lL| ,.;;:;,.;;';.,,,',,

                                         ///     ヽ ヽ  _ノ ヽ
                                        ' /,ィ /   / /  ヽ_}/へ ヽ  .i
                                        /// {  7メlハ |  |i /  ヽ.l  |
   青龍三年、太極諸殿を建造し、総章観を増築しました。    {' l/lハ /.ト、`ト、l l  | v    `  !
                                          lルヘl. l::ハ. l//  l        |
   その高さは十丈(約24m)以上あって、                r '  ム' '/イ  |ヽ        |
   屋上には飛翔する鳳の像が建てられています。           ヽ _  /' l   lノ         !
                                            ヽ    |  ,イハ       |
   また、芳林園の中の溜め池では、                     ,リ ̄「././_」 ヘ         !
   船頭さんが越の舟歌を歌いながら櫂を動かしていました         ヘル'/イ´   >、 \     l
                                           ,.-‐ァ-ァ‐: : ̄\/::>.、    l
                                          「: : :{: r': : : : : : : /::´:::::::::::}    !

                                             魏 文官 魚豢
877 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:15:33.43 ID:gbkJylAo
         , -―- 、
        <      \_ / ̄` 、
        .ヾ   ___  ヽ ヾ<    /
      /  /  /   >┴┴=― 、<
     / /  `<_ /       \_ム
    ./  ̄1 /    /     i   \ト、
   .l    }イ    /    l   }   ヽ ヽヽ
   l    /./  ./_,イ , l  /    ヽ ヾヽ    
   .l    l./  .7| ハ/ノ/メ、l  / /  l  ト .iヽヽ  .陛下は宮内において遊楽を行う際、
   l    l,イ  i .l≠=ミ´l/l ./サ「`メ./  | l l }'   文字を知り、信頼できる女性六人を選んで女尚書とし、
  l     {.l  l<{o:::::ハ  l/ァ=ト<}/  i | | l |   .宮中外からの奏請を司らせ、適当な処置採決を行わせました。
       ( l.ハ  ト マzリ    ん::ハ'/  .l .||l     
 /     `{ l  .lゝ      芝' /'   .,l l |'     貴人以下の側妾、および後宮の清掃に当たる者、
/        ヘ  l、    _ '  /l   /l / /     あるいは歌芸に及ぶ者は、それぞれ千単位の数になりました
       ___ _ヘ l \  ‘ ’ イ ,イ  ./ l/       .
     ./:::ヽ`ヽ\ln/‐n´   /'/ ./ /'
    ./:::::::::::::ヘ::::>‐―、l l _'/ /
    {::::::::::::::::::::〉、   ヾY  /' >_
    Ⅷ::::::::::::::ヘ::L___}ー'、__〉:::}


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \        魚豢、字、出身地ともに不詳。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .後漢までの通史を記した『典略』、魏の歴史を記した『魏略』の著者である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       彼の経歴は曹叡の時代に郎中だった事しか分からない。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       郎中とは朝廷発布の文章を起草する官職である。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          少ない情報から察するに、史書を書きやすい環境におり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          相応に優れた文才を持っていたと思われる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
878 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:16:15.36 ID:gbkJylAo

                , へ
               /   `ヽ 、 _
               >     -ュ ヽ  ` ‐-_ -―‐-
            __/´ _ -― 、 ヾ/^ ーァ__´      \
            >{_r ´ ___ >L_ {___    /
          ./ ,ィ/ ̄/      /   ` ヽ 、  `ヽ  ト、
         ./ /// //    /  /       ヾー-ヽ/_\
         /// '  /  / ,/ ,/ /     i    \ `i|  ` `
        ./' / / ./ /  .l /l /l { _,    / ハ   |  } ヽ.}|
          l /l / l  七T'´冂|    ,ヘ/_ }  l  l  |' |
          |' .| l  {  /アテミヽ'ヘ   /,リ  |>ト、./  l |    穀水の河水を引いて九龍殿の前に流し、
          | | ハ .l iヘ l〈 |´::::::|` ヘ. l ォテ:::トヽ,イ  / l    .白玉で飾った井桁や
          |/ヘ| |.ハ.| ヘ| 辷'_」    ヾ ノ:::::::::} 」/  /l |    .美しい模様のついた手すりをしつらえ、
         /   | {'  ト       ,   .辷_ソ ./ ./ l |    彫像のヒキガエルにその水を受けさせ、
        ./       |   ト、          /ィ  .l l     神秘的な龍の彫像にそれを吐き出させました
        /      ヘ  |  \  ´`'     ,イ´l  / l
       ./     __l  l_八_`ー ァr 7´ / .l  /  l
      /    /`ヽ、:::l .l__」_rヘ / >=―‐| /l  /
     /    /:::::::::::::::ヽ∨: : : : : ヽr‐:r´: : : : : :|/i/ /
   /       {:::::::::::::::::::::l:}: : : : : _}_}ャ‐..、: : : }::}/
  /       ヽ:::::::::::::::::::l:|: : : /::::/ト、||.|:\::\:/::l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .穀水とは洛陽城の外を流れる河川であり、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       そこからわざわざ城内の九龍殿まで水を引いていた事が分かる。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .皇帝曹叡の目を楽しませるために
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
879 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:17:30.13 ID:gbkJylAo

                                          ///     ヽ ヽ  _ノ ヽ
                                         ' /,ィ /   / /  ヽ_}/へ ヽ  .i
                                         /// {  7メlハ |  |i /  ヽ.l  |
                                         {' l/lハ /.ト、`ト、l l  | v    `  !
                                           lルヘl. l::ハ. l//  l        |
                                            r '  ム' '/イ  |ヽ        |
  博士の馬釣に命じて指南車と水転百戯を作らせました。        ヽ _  /' l   lノ         !
                                             ヽ    |  ,イハ       |
  青龍三年の初めには巨大な獣を作り、                    ,リ ̄「././_」 ヘ         !
  魚龍曼延の戯を演じ、弄馬倒騎の曲芸が演じられました。        ヘル'/イ´   >、 \     l
                                            ,.-‐ァ-ァ‐: : ̄\/::>.、    l
  それらはすべて漢の西京の制度と同じでした              「: : :{: r': : : : : : : /::´:::::::::::}    !
                                           }: r‐ケ,ト、: : : : /:::::::::::::::::::l    ヘ
                                          r{/_;イ:::ハ::ヽ: :/\::::::::::::::::/     ヘ
                                          レ': :/:::l: : |v'イr/´::::::::::::::/      ヘ
                                          <__;イ::::ir-ァ__//::::::::::::::::/        ヘ
                                            l:::|::::::::::::::〈/:::::::::::::/         ヘ
                                            |:::|:::::::::::::/:::::::::::::/              ヘ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      ここで出て来る単語を簡単に補足しておく。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       指南車は古代の羅針盤の事を指し、水転百戯は水力で動く仕掛け人形。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       魚龍曼延の戯は大道芸のような物、弄馬倒騎は馬の曲乗りを指す。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          ここまでで述べられた制度・演目等は、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          前漢の長安の宮中の制度に倣った物だったらしい
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
880 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:18:52.10 ID:gbkJylAo

           ____
         /       \
        /   ─     ―        .なんつーか、曹叡が宮殿造営にこだわったのって、
      /     ( ●)  (●)'       ただ単に贅沢な暮らしがしたいだけなんじゃないかと?
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /       蕭何の故事なんて名目使って……
      /       ー‐  '


                                                    / ̄ ̄\
                                                  /  _ノ ,ヽ\
                                                  |   ( ●)(●)
                                            . \    |     (__人__)
                                               .\  .|     ` ⌒ノ
                                               . \ ヽ       }
     そういう側面もあるでしょうね。                          .\_,ゝ     ノ
                                                  /, r、    く
     当時から前漢の武帝の奢侈の真似をしていると               ./ 〈  \    i
     指摘されていましたから                            . ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                   .て_)   \ノ
                                                         \
                                                           \
                                                             \
881 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:19:59.10 ID:gbkJylAo
【紀元235年9月 魏首都 洛陽】

            ,ィ{ ̄ ̄`ヽ_ _,ィ⌒ ̄ ̄ ̄}
          /_ 〉  __「」ー─ 、   〈_ヽ
            , '/  {ィ´ ̄/   ̄\_>、/ \
        /  ̄|/ ̄ ̄         \   __>
        ;′   l   l  /  ! | ! |  \| l     .さて、と。
       / ! /  l |-‐.!ー7、  十ナl「ノ`! .l |l  !
       / |∧ l lハ.!ハ∧/ヽ  /ー=‐、 リ l |l  l    .宮殿に関する記録を取るのはこのぐらいにして、
          l| l l l /^「(○) ∨  F:ハ 〉 / .ll  |    今日も陛下の観察を始めましょう。
           ∧!/〈./ |.|l ̄|_____辷ソ !/  .ll  .l
           l/  l  |.|l  |      |   /!  / l  .l    .陛下はガチでイケメンなんで見てて楽しいんですよね。
         /   .[二l」l_|二二二l-‐'./ / .l  .l   
          / ___,ィ'  |ヽ|丶、|  |イ ̄//_   l  .l    そのうち陛下が擬人化された蜀と呉にレ×プされる
      />´   ハ.lノ  `<>[]< 〉 ' ノ./\  l  l    同人誌を書きたいものですけど……
       l:::::::::::::::::::::l l l   ./l/ .|\   ):::::::::\   l
      {::::::::::::::::::::::l l_|ー‐´  |∨|  .l\ノ、\:::::::::\ |
      / ̄\:::::::::::ヽ」ノ´`X」/oLィ´)__ノ|  \:::::::::〉、         /  /     __   、  ヽ `´  ヽ
                                     . / /   ,  ' ´__,,,, _ ̄ ` ~ヽ  ゝ、    ',
                                      l /  / , -‐i ´ l ./ト 、._ ̄、 - ヽ、_ ̄`ヽ .',
   ───────────────            . 〈 ィ', '/  l  l / l  i ``トヽ   ヽ、ヾ'   ∨
                                       `> //  l  レ  ゝ. `- ' /   __,,ヽ l_ ノ
   ───────────                    / / i  l  l   ` ー '     /冫、 l
                                     . / /  l  l  l          { し'ノ|
   ────────                      / / / l   l l       __  ` - '/
                                     ´ ̄ ミ 、|   ト .l         |    /
   ──                                   .川   l i ト、          /i
                                     .    ↓| ∧ |  ` 、    __  ィ ' /
   ────────                       、    ヽ  ト、ハ三ミx.i`、ー 'ソl / l /
                                     . >   ',  lヾA-弋ン彡、. レ l /
                                     -‐7    ', l ,r`‐、´i / i    レ
882 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:20:53.55 ID:gbkJylAo

             , -―- 、
            <      \_ / ̄` 、
            .ヾ   ___  ヽ ヾ<    /
          /  /  /   >┴┴=― 、<
         / /  `<_ /       \_ム
        ./  ̄1 /    /     i   \ト、
       .l    }イ    /    l   }   ヽ ヽヽ
       l    /./  ./_,イ , l  /    ヽ ヾヽ
       .l    l./  .7| ハ/ノ/メ、l  / /  l  ト .iヽヽ
       l    l,イ  i .l≠=ミ´l/l ./サ「`メ./  | l l }'
      l     {.l  l<{o:::::ハ  l/ァ=ト<}/  i | | l |
           ( l.ハ  ト マzリ    ん::ハ'/  .l .||l      今のは司空ですよね?
     /     `{ l  .lゝ      芝' /'   .,l l |'
     /        ヘ  l、     _ '  /l   /l / /       .陛下に何か用があるんでしょうか?
    ./      ___ _ヘ l \  ‘ ’ イ ,イ  ./ l/
   /     ./:::ヽ`ヽ\ln/‐n´   /'/ ./ /'
  ./     ./:::::::::::::ヘ::::>‐―、l l _'/ /
  /      {::::::::::::::::::::〉、   ヾY  /' >_
/       Ⅷ::::::::::::::ヘ::L___}ー'、__〉:::}


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .青龍年間のいつなのかは判然としないが、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       陳羣は宮殿造営を推し進める曹叡を諌めた事がある。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .この一件は秘密裏に行われ、群臣は誰も知らなかった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
883 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:22:34.61 ID:gbkJylAo

              , ヘ __...-―‐-――- 、___∠ ヽ
             /三三三;'´:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.ヽ三三ニ=、
             ト三三 /:.:.:.:.:.:.:⌒、:.;:.:、:、:.、:.:.:.:.',三三ツ
            .':.\三' //:.://://^ ^、:ヽヽ:ヽ:.:.:∨<|
             |:.:.:.イニ!:.|:.|:.//:/|:|   }:|:}:.|ハ:.|:.:.:}ミュ、|
               |:.:.:.弋i!:.{:.:|廾卞リ   j廾升||:.}:.:.|ニソ:|
           |:.:.:.:. :::|Yヘ{ャ7圷、     ィ也ヌレfヘ|:::|:.:.:|     用件は分かったわ。
           |:.:.:.:. :::|:{ ミ、 ゝ='     ゝ=' / ,'::::|:.:. |
           |:.:.:.:l :::|:.ヽム     ,     ,ツ|:.:.:|:.:. |     でも王者の宮殿はいくつも造営されて当然よ?
           |:.:.:.:.|::::|:.|:.::|:ヘ.  、―ッ  ノ|:.::|:.:.:j:.:.:.|
           |:.:.:.:ハ:::|:.|:.::|::::::i> . __ . ィ::|:.:|::::!:.:;':.:.:,イ    .それに賊が滅んだ暁には、
           |:.:.:.:.:.:V: l:.:.|:::::::}ー―‐‐ {:::|:.:|:::|::,':.:.:/:|     これ以上土木工事を行う気はないわ!
           |:.::、:.:.:.ヽ:!:.:.!__ノ::、_:.   _}、|:.:|:::|/:.:./:::}
           人::::\:.:.:\´:.. ::.... `  ' ..:: ̄フ:.:ノ::::/     そもそも立派な宮殿を建てて国の威信を示すのが
          //::::\::::\:.:.:ヽ    。∩ 。  /:.:/::::;イ     .蕭何の大計のはずよね?
          /ノ  .:::::\:::}::.: /    __| |__  廴(:.:.::{ |
          冫-‐ ...:::::::::リ从:{   └ .┌┘    ):.:.) |
         /     ......./'ハ) . ........:| !::::::::::::/:.;イ:! |
       /   ...::::::::彡-、:::::   .: ::::::::∪::::::::::久ノ:::::} |
     /   ....:::::::/:/:::∧:::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :.|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .当初陳羣は、宮殿造営で国力を消耗するのは蜀と呉を利すると述べた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       曹叡は蕭何の大計を持ち出して陳羣の諫言に反駁した
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
884 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:24:03.75 ID:gbkJylAo

        /             \
       /                \
     /                   \
    /      _    ┌O┐    _     ヽ
   /  -‐ "´    ヽ、 \/ ,. ´   ` ‐- 、ヽ
   ヽ、   ,.. -─ ‐- 、_,. -─--  、_   /
      ̄|_,. -─r‐ ¬  ̄ ̄/7¬r- 、 `|´
       |   | lヽ/| ハ.ィ  /、/ ノ | l /`|
       | l   |‐l,ニ云´、\ノ 斗ニ..ー ノ/ l |        昔、漢の高祖はただ項羽と争っただけで、
       | !  |/ トィ;cj     {;ィc:リマイ / l         .項羽が滅亡した後、宮殿は焼失していました。
       l {l  l ー゙‐''      ''゙ー'' / / l l
        ! ヽ!トヽ::.::.    '    ::.::/イ  l  l        だからこそ蕭何は宮殿・武器庫・食糧庫を建造しましたが、
      l   lヽヘ、     _ __    ,.イ   l   l       全て必要に迫られて建造された物でした。
      l  ..::|:.:.:.l:.:丶、     , ィ:´:.l:.   l   l
      ,'  . ::.:l:.:.:.:|_:_:_| ` ー ´ |_:_:l:.   ハ   l      それらの宮殿は壮麗さとは程遠かったと伝え聞きます
    /  .:.:.:.|:.:/ rノ      マl |:.   l:.:',   l     
   / _ 、 - "   |: .   _   l|:   lヽ、、  ',
   //´ \\     ∨´ -─-`ヽ/    l /`ヽ、ヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       陳羣は曹叡の反駁に対して、蕭何の大計当時の実情を説き……
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
885 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:25:31.82 ID:gbkJylAo

    \   ,.‐'´  ,.. - 7l"´ ̄ ̄ `7ァ- 、 `ヽ、    /
      ヽ|  ,、‐i |-{‐|-l 、    /-─ノ-|、ヽ、 `l‐ ´
       `|l   |、| _ヽ_ 、 ヽ  / 、 ‐ _  |!  l`Y
       | !  |、/ f;:心ヽ  ´   イぅふヽ| / !|
       | ゙,   |゙,、弋ソ      ヾ_ソ_, jイ  l |       現在蜀と呉はまだ平定されていません。
         i| '、 ト :´.::.::.       ::.::.::`::/ /│i
       l.|  ヽヽ        '       //   | !       実際、過去と同様に考えるのは適切ではありません
      l :|   トヽ、    r_,    ノイ    | l
       l  |   |l |ヽ、         ,.イ |    | l
     l  l   │l:.:.:.:|`丶、 __,、‐´|:..l:.:|   │ l                       _   __  /::::|
     l  ハ   Y:.:_:_:|       |_:_l:.:|   │  l             ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
    l  / l    |/__ノ         |、 ヽ|    |   l            / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ 
    l 〃  |    | |        ` | |   │   '、   .      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|
   / / ‐ "´l    | |   ,. -‐¬- 、 ||     |`ヽ、 ヽ   .       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::| 
                                   .      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|
                                            ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|
                                            | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|
                                           | ヽ:|ハハ:||\!  ,_jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |
                                   .          |  `ヽli. '=-   ┴`-' /j/ハ| ::: ::' : :|
                                   .         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:| 
                                           ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/ 
                                            / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|  
                                   .        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|  
                                          / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |  
                                         /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:| 

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       高祖劉邦の時代と、曹叡の時代との違いを説明する
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
886 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:26:37.30 ID:gbkJylAo

                ,. - ' ´ ̄  ̄' ー 、
             /'     ‐○‐    \
           /, -‐ -    `´   , -‐- 丶
            《´  , , - -ミ≧__≦, - .、  ``)
           `┤─ ‐';´:.:.,:.:.:.::.:.:/:7‐-ミ`ト'´
            /:.:.:.:.//ノ/::/'7/ミ:.:.:.:`|
           //:.:.:./,yt=k   f''示,|:.:.::.:.|
           /:.:.:.:/'! ゞrソ′  ゞr'ノl:.:.:.:.:|        だいたい人間は自分の欲求に対して、
        _ ノ:.:.:.:./ミl     '    /:.:.::.:.|        必ず理屈をつけるものです。
         //:.:/:.:.:/>    ‐‐  /:.:.:.:/:|
       /:.://:.:.:.:/:.://`l ‐ ._ ,  7 :.:.:/:.:.|        ましてそれが天子とあれば、
      /:.:.:./:.:.:.:.:/:.:./:/_ ,!     /:.:.:./:.:.:.|        思い切って逆らう者はいないでしょう。
    /://:.:.:.:.:.::.:/_,..-‐ ',     /:.:.:./`- 、l
   //  /:.::.:., ‐ '≦ =、, ヽ==/:.:.:.:ノ,, -‐ ''≧-、     例えば、先に武器庫を壊そうとした折には
 /'´   /:.::./    `- 、_  \/:.:./_,、- ''"   λ    壊さないわけにはいかないと言い、
      /:.::| ヽ  ',    ー //!‐7: /     / l    .後にそれを置こうとした折には
     /:.:.:.:.:.|  \/      '(○):/     | /   l    .置かないわけにはいかないと言いました
   /:.:.:.:.:.::,/l   l       /:::::|/       Y   ゝ
  /:.:..:.:.:.://┘  l,       /:::::::|       |   《:.:l
/:.:.:.:.:.:./:.:/コ   /      /ヽ/l    ノ  /   丶
:.:.:.::.:/:.:.:.:/___/  ', i  /:.!ミ彡ユ!   i   ',_____|
.:.:./:.:.:.:.:.::}:.:. |  /   | |/: :/ヽ/l     |    ', |‐‐ ´
887 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:28:49.40 ID:e39lLfUo
ここまで、面と向かってはっきり言うのも勇気がいるよな。
888 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:30:04.05 ID:gbkJylAo

        /             \
       /                \
     /                   \
    /      _    ┌O┐    _     ヽ
   /  -‐ "´    ヽ、 \/ ,. ´   ` ‐- 、ヽ
   ヽ、   ,.. -─ ‐- 、_,. -─--  、_   /     もし、それを作られるのなら、
      ̄|_,. -─r‐ ¬  ̄ ̄/7¬r- 、 `|´       当然臣下の言葉で取りやめるべきではありません。
       |   | lヽ/| ハ.ィ  /、/ ノ | l /`|
       | l   |‐l,ニ云´、\ノ 斗ニ..ー ノ/ l |       ただ、もう少し御心を留められ、
       | !  |/ トィ;cj     {;ィc:リマイ / l |       .きっぱりとご意向を変えられるのなら、
       l {l  l ー゙‐''      ''゙ー'' / / l l       それもまた臣下の及ぶ所ではありません
        ! ヽ!トヽ::.::.    '    ::.::/イ  l  l
      l   lヽヘ、     _ __    ,.イ   l   l      .そもそもどうして王者が一人の臣下に遠慮するのでしょう?
      l  ..::|:.:.:.l:.:丶、     , ィ:´:.l:.   l   l
      ,'  . ::.:l:.:.:.:|_:_:_| ` ー ´ |_:_:l:.   ハ   l     .それはつまり、人民のためであるからです
    /  .:.:.:.|:.:/ rノ      マl |:.   l:.:',   l
   / _ 、 - "   |: .   _   l|:   lヽ、、  ',
   //´ \\     ∨´ -─-`ヽ/    l /`ヽ、ヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       陳羣の諫言は、曹叡に皇帝である事を自覚してほしいと、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       遠まわしに言っているように思える
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
889 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:30:48.62 ID:gbkJylAo

  ,,.-'''"~            ``''ー-,>
-''"           _,,,,,....、、---r'"
      _,,..、-‐''''"" _,,,.. ,--──''、
  _,,. -''"_,,,. ,-─'''"~: :'; :.i    \ '、
r''" ,,.-'''": : : :`、: : : : : : :'; | _,,,,,,....., ',
>''": :i: '、: : : : : :`、: : `、: : 'i. ', '、;;;;;ノ| .i       .私が言いたいのはそんな所ですね。
: : : : i: : :`、: : : : : ヽ; : :ヽ: :',. ヽ、,,,,.ノ  .|
: : : : i: : : :.`、: : : : : ヽ; : :\'、     /|       .文帝から後事を託された者として申し上げました
: : : :;': : : : : `、: : : : : :.\: : i\  / /
: : : ;': : : : : : :::\: : : : : :i\:', ∠_/
: : :;': : : : : : :::::::::i\: : : : ', \_,,.-'"
: : ;': : : : : :::::::::::;'::::::i\: : :'「 ̄
                                              , - 、   _ _ _   ,. - 、
                                             / 《_, '´     `ヾ_》 ヽ
                                             l   /  i  i^'^i  i ',   }
                                             l   |,.ヘAヘ}- -{ヘAヘ}   l
                                             l   〔i ≡≡ ≡≡ !〕  l
                                             j   {        j l〉  j
        ……ちょっと考えさせてもらうわ                  { {{ ` ー ,- - 、‐ ' i l  {
                                              } } l   r'  †  ヽノ) ト、 Y
                                            {_ノ l_((::{ fi   i |  ̄  ! 〕
                                                 タ/ソヽ/じ、   ( ら
                                                 く/_/_l!_l_ゝゞ'   `¨
                                                    |::::l Y:::|
                                                    ヒ:::!  ヒ::!

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       さすがの曹叡も陳羣の意見を無視できなかったのか、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       進行中だった宮殿造営の計画を一部縮小したと言われている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
890 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:32:10.89 ID:gbkJylAo

                ___、__ ,:‐、 ,.、
             _,.ィ'´    /;:;:;:}';:;ヽ
            'フ _,. /_  /;:;:;:;ド-;:.:'、
           _∠-―ァ'´  /:.:.:./‐、 !;:i;ト、
          `Z-ァ‐'"´/,ィ';:;:;:;;;ハ_I7 !ノ;!       司空。
            'イ´ィ彡´,ソ;:;:;:;:ミ  ノ,.ゞ
            ,.シくZイ7;:;:;:;/` ー-y';リ       宮殿造営計画が縮小されるようですが、
         _,. '´::、::ヽ,イ;:ィ'"`> 、_/'イ        何か進言でもなさったのでしょうか?
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ 
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',                    ヘ     `丶 、            _` 、
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',                    ヘ        `丶、      --( )- \
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l                     | ̄¨¨'''' --- 、  `丶、   マiイ/  /
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj                    i|           `丶、_`丶, `'´ /
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll                   /¨¨¨'''''''ァ‐‐ァ‐‐‐‐‐‐‐   ァ、ニー'´ |
                                     _ /:.:.:.:.:.:.:.:/: : :./: : : : : _ -‐ //:/:.:.:.:`ーt
                                 -‐ '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/ : : /: : :._,..イ""/-/:/:://}リ
                                 : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/: : /': :/ |示示天 //// ニ/|!
                                 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::/:./マ.'/| .|!|! 辷_ン丶/  迂斤//
    陛下のご意向でしょう。               .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::/ : :.:/./ |.|! |!  ー  /   し_,/ .|!
                                 :.:.:.:.:.:.::::::::::::::/: : :.// |! |        , .i|/|!
    私がどうこう言ったからではありませんよ     .::::::::,. '´ ̄/: ./, /  |          // |!
                                  '/.    //  \   > 、    ` ' .イ/
                                 '     /       ` < __ 丶 _ <
                                            ,. -‐ニニヽ,
                                   r 、_   _,.. -‐,'-'´ ̄ ¨``ヽ
                                   {: : : :  ̄: : ./         \
891 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:32:51.55 ID:gbkJylAo

        ,. -- 、、    __
      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ                  (欲のないお方だ)
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽
     _/    '´_∠ ┴z_    '′
    /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人
  ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、
. | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
. リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
. / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
/  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,:'l::/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:/:,. - '´ ̄):.:._,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  /:,ン:;:;:;/--―ッ'":;:;:;:;:, -'´ィシ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:rイ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       陳羣という人は、度量が大きく驕らない人物だった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
892 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:36:18.06 ID:ZnG9Fnko
漢武帝、始皇帝のともがらというが、煬帝ともかぶるのよね個人的に……
893 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:36:50.33 ID:gbkJylAo
【紀元219年頃 漢 司隷 洛陽】

           ,. -―ァ―-- 、
        、v,.'´: : : :/ : : : : : : :}
         /:.:. : : :/: ,.-‐辷¬{___
      /:.:. : : :/:./ , ァ' /, `)、ヽ`ヽ
.      /:.:. : : : /,ィ'´l/ / ,イ //} ! ト、     弟が魏諷の反乱に加担した劉廙の件ですが、
      /: : : : /,イl | / ,ムん/ / l/l }     彼は国家のために働ける人物です。
    {:.: :.: :/:,イリ.川| /,ムャリV/_/ン/
    └―く;イl|ム{「| {化ソ   j付lY、     聞けば本人は乱に加担していませんし、刑を減免してはどうでしょうか?
       ,イ¨Y-=ゝ{ ! `¨`   `''{ | ヽ
        / | リ>=ァ从ト、     ' イリ
     〈| l川 / ノ⊥,  r一'′                          r=、ノ:::::::::::::::::::::(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ _
      `¨''''  /: : : :.\え=t___                        し、::::::::::::::::::::::, '\_:.:.:.:.:.:.:.:.ハ::`ヽ、 _=、
         ,ィ彡⌒ヽ: : : :{: ̄|: :l}                          ,)::::::::::::::::/./   ̄):.:.:.:.:.:.|:::::::::::Y:.:.:)
       //,イ: : : -=\: '、: :|:.:lト、                        {::::::::::::::::/ /  ト、丶{:.:.:.:.: : |::::::::::::|:.:.:ゝ、
        ,イf¨「|:.}: : : : : :| じヽ刄:ム 〉                      ゝ=、::::::///l.  l.ハ l l `ヽ:.:.:|::::::::::::|:.:.:.:.:.)
     //!==l.|:.|: : : : : :ト、二¬ぅ_》′                            r'::::l l l、lヽ トメ-― ):.:.:|::::::::::リ:.:.:.:.:ハ
                                               {_:::::l| l =、 Vl 行テT7:.:.:l:::::::::/:.:.:.:.:.:リl
                                                `ヽ ハヒj.  ┴ '"´l `lリr-V:.:.:.:.( ̄ |
                                                弋ハ 、      ! リ{ ョ] ):.r-イ  |
     確かに劉廙は有能な人材、元の官職に復帰させましょう          |lィ ヽ. -‐   j /l'"r.ー'   l  |
                                                     /l}  ,= '-‐'ィフ 人jT' l   l  l
                                                 |7/|イ匀ヵ/ ノ イリ .!ヽ、 l    l  l
                                                    /リ;||ノ-'ト'.l イ// .ノ:.:.:ヽl    !  

                                                 漢 魏王 曹操(字:孟徳)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      こんな話がある。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       曹操時代末期、劉廙は弟が魏諷の反乱に加担したため、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       連座で死刑と判決された。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          この時陳羣は刑の減免を曹操に進言し、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          曹操もそれを認めて劉廙を復職させた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
894 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:37:58.64 ID:gbkJylAo

        /ニYニヽ
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \     陳羣殿には危ない所を助けられて感謝してるっていう!
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /
                                                   ,. -―ァ―-- 、
                                                、v,.'´: : : :/ : : : : : : :}
                                                 /:.:. : : :/: ,.-‐辷¬{___
                                              /:.:. : : :/:./ , ァ' /, `)、ヽ`ヽ
                                        .      /:.:. : : : /,ィ'´l/ / ,イ //} ! ト、
                                              /: : : : /,イl | / ,ムん/ / l/l }
   あなたはでっかい勘違いをしています。                 {:.: :.: :/:,イリ.川| /,ムャリV/_/ン/
                                            └―く;イl|ム{「| {化ソ   j付lY、
   刑罰について論じたのは国家のためであって、                ,イ¨Y-=ゝ{ ! `¨`   `''{ | ヽ
   個人のためではありません。                         / | リ>=ァ从ト、     ' イリ
                                             〈| l川 / ノ⊥,  r一'′
   それにあなたの刑が減免されたのは殿下の意向、             `¨''''  /: : : :.\え=t___
   私の知った事ではありません                            ,ィ彡⌒ヽ: : : :{: ̄|: :l}
                                               //,イ: : : -=\: '、: :|:.:lト、
                                                ,イf¨「|:.}: : : : : :| じヽ刄:ム 〉
                                             //!==l.|:.|: : : : : :ト、二¬ぅ_》′

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .赦免された劉廙が陳羣に感謝したのは言うまでもない。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       ところが陳羣は言う。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       彼に言わせれば、官吏の刑の減免を主張したのは国のためであり、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .刑の減免が叶ったのは君主の意向だったという
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
895 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:38:48.00 ID:e39lLfUo
欲がないなー。普通なら恩を売るところだろうし、誰もそれを非難しないだろうに。
896 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:38:53.96 ID:gbkJylAo

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ       .本当に欲がないお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/       お前が助かったのは俺のおかげとか言う奴もいるもんだけど……
 /  (丶_//// \

                                                / ̄ ̄\
                                              /   _ノ  \
                                              |    ( ー)(ー)
   諫言も助命もあくまで国家のため……                   |     (__人__)
                                              |     ` ⌒´ノ
   上奏文の草稿を破棄していた態度を見るに、              .l^l^ln      }
   功を誇るような振る舞いとは終生無縁だったのでしょう。      .   ヽ   L     }
                                               ゝ  ノ   ノ
   さすがは清流派の流れを汲む家の人だけあります            /  /    \
                                             /  /        \
                                           . /  /      |ヽ、二⌒)、
                                           ヽ__ノ
897 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:39:50.10 ID:gbkJylAo

         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ     .そんな一件もあったが、
       ヘ!:|         ノ!/′      この年の十一月、曹叡はまたも許昌に行幸する 
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
         ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、
       (_;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)
        ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´
                                                  ____
                                                /ノ   ヽ、_\
                                              /( ○)}liil{(○)\
             またか!!?                       /    (__人__)   \
                                             |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                             \    |ェェェェ|     /
898 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:41:29.62 ID:gbkJylAo
【紀元235年11月 魏首都 洛陽】

             ,.ィ
       _  _/;;;;!.----..、 _  ,.ィ
       ヾ;;;>へ'r、:::/`ーヽヽ;;;;;>'-、!
         l/;l:::::::::iヘ:|::::::::::::ヾ〃;|::::::}
        |〈;|:;ィ:::ノ  |:;ィ::;;;;;;;;ヾ<|:::::::|
       ノ::!イ:i''Y"´ ヾ`ヾヾ!'レヘ:::::::|
       /:::::::≡≡≡ ≡≡≡ ,)::::::|    宮殿造営はしばらく規模縮小しても、
      /::::::::::(         ''ノ^::|:::::::::ト、   .こっちは続けるわよ
      /::::::::::/ ,>,、 __,.. ‐' :〉::::|::::::::::l:ヽ、
     ノ::::::::::/</ |:/:`ニ≡: : :\:::|:::::::::::l:::::〉
   /::::::::/     /: :l: : : : :十: iヽ:|::::::::::::|:::;>  ブロロロ…
   ヽ、:::::(  ,. -─{‐‐‐'-ニフ_: : :|/\ー-、(´
      >:r' /   l'二!:/´〃| : :〉二'、 ノ:`Z_
    <:ノ /   r',r'⌒ヽヽ// |lV;|;ヽ;/r、` ̄ヽ)
   ,r'二、ーL.__{_{.><.} }__,イ|_;;;|;/|| |_,.ィ> ´        今回で何回目?     許昌へ行くは四回目じゃね?
  `{.l二リi/三 三ヽr'⌒ヾi  ∧ | ̄ 7´ リ>     |\_/ ̄ ̄\_/|     |\_/ ̄ ̄\_/|    
   _lゞ=ン{ 三  三,ィ!i 三,リ  {ii|/-- ノ/|__/>     \_|▼ ▼  |_/     \_|▼ ▼  |_/    
  (二二| }ニニニニ{ |二二二){|;|____||i;L〈        \ 皿  /        .  \ 皿 /       
     ̄し'、[_R_],.し'-、  ;-  !|--、  |;|>ゝ        U┬,r' )□ キコキコ      U┬,r' )□ キコキコ 
       ヽ____/   ヽ_ハ___ノ  ヽ___ノ           ◎└<-◎ ~~       ◎└<-◎ ~   


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .曹叡は治世の間に六度行幸を行っており、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .特に許昌へは五度立ち寄っている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       行幸は民草に魏の威容を見せ付けるのが目的であり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .それ自体は別段糾弾される行為ではない。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          ただし、宮殿造営と度重なる行幸は、確実に魏の国庫を蝕んでいた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
900 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:43:37.20 ID:jLyBx.Qo
収支バランスでも示せば少しは自重したのかな
899 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:43:06.80 ID:gbkJylAo

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    なんか、宮殿造営とか行幸っていうと秦の始皇帝を思い出すお
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /
                                                   / ̄ ̄\
                                                  / _ノ  ヽ、_ \
                                                . | ( ●)(● ) |
                                                . |  (__人__)  │
   生まれながらの皇帝、                                 |   `⌒ ´   |
   先祖の遺産を食い潰して無茶な事業を行う。                  .  |           |
                                                .  ヽ       /
   以前劉曄も「秦の始皇帝や前漢の武帝の類」と言っていましたが、       ヽ      /
   確かに共通項は多いですね                               >     <
                                                   |      |
                                                    |      |
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      曹叡は翌年の十月になって、ようやく洛陽に帰還する。
      `ヘ:ゝ   _     小/   
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/        案外許昌という地が気に入っていたのかもしれない
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l
  l  ヽハ    l    l  //  |
901 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:44:58.26 ID:gbkJylAo
【紀元236年5月 魏 豫州 許昌】

               /: : : : : ′: : : : : :^\\
                  /イ /: /: :{: :|: ヽ : ヽ:、: :|: : \
               l:/| l :仏:Vヘ:lヽハ`ート}: : |: : : : ヽ
             +  Nヽ}=≡  ≡≡}ノj/リ: : :\: :ヽ
              +{⊂⊃ r‐┐ ⊂⊃: :∧ : : : : : : 〉
               ノ: :人  、_ノ   〃: :∧: ヽ: : : }:/ /|
              {: :/⌒ >zr- =≦-=ヘ^ヽ、_:>f'´   |   乱世に生まれて八十過ぎまで生きて、
              Ⅳ     \ixく \ _)__/ハ__}⌒  〉、  三公まで昇れたんですから満足ですよー!
                  ,′       (__>、八{   /|: :\ー' /
              i           `ー‐`‐<_j\ : \/
              /                 ̄ ̄/:リ
                /                    /∨
            /                    /   ☆
           ☆/                    ,′
            \                  i     \
             \                 |   \  \
               ヽ、                  |
                 i      /⌒丶      |
                   ☆    /      `丶、__ノ ☆
                  ヽ_/    \\

                  魏 司徒 董昭

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      なお、許昌滞在中の五月、司徒の董昭が死去。享年八十一。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       曹操の魏公就任を積極的に推し進め、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       数々の進言によって魏の成立・安定に貢献している。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .定侯と諡された
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
902 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:47:58.51 ID:gbkJylAo

             / : : : : : : : : : : : /、_ヽ: : : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : /弌从l: 、 : i: : ヘ
         //: : : :/: : :i |: : l: :|     ヘ: !: :|: : : !
           /イ: : | i |: :| イ_|:l |:イ|- ´ `ート|: :|: : : :!
         |' |: : |: l !:イ/|/|从|リ ィTtセァ:! :.|,、: |:.l
        | !: :ハ l | |ヤ孑ラ    之´j |l: :.|ソ.!:|: l          この国、本当に大丈夫かしら?
          | / !| ト! 弋タ      ̄ イ: !:|ノノ ヽ!
          |'  | |: ヘ    '、      |: !:|´: |: :|
                ,|: |:ト、   __    イ| |:.!: : i: :ハ
                 ||: |:|: : ヽ __ ‐´__|}|/ l: : : !: :ハ                   _,,.-----.,_
                 ||: :!|-─イ´ ̄ ̄:::__ l| 人_:|: : ハ                ,r-"::::::::::::::::::::::::.ヽ、
               /|: :l|   |, - 、:://: /   ク-、 ハ               f´::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ,
             / | | : |   |-‐ -/  l: /  //´\l               i':;':;;;;;:::::;::;::::';::::; ......::::::. 'i,
            /7  | ト、|、、  !  /  / / //l /  「i、         .    i:;':::i ヾi;:ヾヾ;:ヾ:ヾ::::::::::::. i,
          イ l ヽ .Y、ヽ!_\_| /__ r ソ彡 ´ / l   | i     .        i:i'i:ii,,,_ヾ';;:ヾヾ;;ヾ;i;:::::i;:::: i
                                              `.i;;i┬.,` `'' ┬┬i:::;::ii;::;;:i
               魏 文官 劉曄                      i:::i, -'    -' i::;::ili;:;;::i
                                    .          i:::::',.、′    i::;:::illi;:;;:i
                                         .     i;;::::illヽ´   , ' i::;:::illli;:;:i,
        司空がいるうちは大丈夫でしょう                   i;;:::;illll_`i ´  .,!:;;::;i;;lllii;::i,
                                              ,!;:::;illlノ _|_,,--,i'::;::;! ヾ;li;::i,
                                              ,,i;:::;i"フ /:::::i, ,i':;::;i'_,,,-"ヾ;i,
                                             /i:;!::;!: ;!'/'''i-´i_,!;:::/": : : : : :'ヽ、
                                             / i::i:;!: i'/::::;!  /:i;;/: : : : : :_;-'''''''i,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       青龍年間は、劉曄、辛毗、董昭と魏の要人が立て続けに亡くなっている
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
903 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:48:55.97 ID:gbkJylAo
【紀元236年12月 魏首都 洛陽】

― 陳羣邸 ―

゙:,゛:,゙:,\                [二二]ヽ
゙:,゛:,゙:,゛:,:.\    ,.;i;';.,,   i ニニiヽi_       ________________________________________________________
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|  ;';,. ; ;';,/ZZZZZZZ \゙'ー 、_   {iエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエi}_________
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|  ;;';.,  /ZZZZZZZZZZZ:\   ゙'ー 、_:.:[]i.:.:..:.:.:[]i.:.:.:.:(二二二)i.:.::.:.:[]i.:.:..:.:.:[]:..:.:.: |エエエエエ}
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|,.;i;';., /ZZZZZZZZZZZZZZZ\ヾヾヾ ゙'ー 、_ .:.:i.:.:..:.:.:/TTT\i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:::|i.:.:..:.:.::::|
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,| ;';.,/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ :\ヾヾヾヾ `゙'ー 、|__iトi__,.;i;゙';.,イi;';.,,____i三i : :.:..:.:.::::|
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,| ./ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ \ヾヾヾヾヾヾヾ\NNNNNNNNNNNNNN\ .:.:.::::|
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ:\ヾヾヾ irー-、: \NNNNNNNNNNNNNN\ :::!;;:。;:;。;:.;;:。;:
゙:,゛:,゙:,゛:,/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ\ヾヾi|   | ヾ \NNNNNNNNNNNNNN\.;; :。 :;.;
[エエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ ]二ニニニニニニニニiエエエエエエエエエエエエエエエエエ]
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .:.:.:|: . | |l::.:::.: .: .:|l: .:::.|l: .|| : .: .:...:..:.||: .: .: .:...:.:||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .:.:.:|: . | |l: .  'rニ|lミ  |l: .||: .: .,ェェ、::||: .: .,ェェ、:.||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .,仁| |lミヽ: .: .: .: .: .: .: .::,イi| |lニミヽ: .: .: .: .: : .|  | |l   ||iii|l i| |l: .||: .|i__|__i| ||: .|i__|__i| ||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .N_i| |l レ!: .: .: .: .: .: .: .: ト|!| |l|_ト!: .: .: .: .: :.:|  | |l   ||iii|l i| |l: .||: .|i__|__i| ||: .|i__|__i| ||: .: .|..__||____________
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .ト! .| |l ト|: .: .: .: .: .: .: .:.:レ:!| |l|  レ!: .: .: .: .:.:::|  | |l   ||iii|l i| |l: .||.________||.________||._.|_||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .iコz| |lE}: .: .: .: .: .: .: .:.:.iニ| |l ニニi!: .: .: .: .: : |  | |l   ||iii|l i| |l,-||ェェェェェェ::||ェェェェェェ::||:ェェェェz||
.: | |l_,,.-‐'|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: /三ヽ.:/三| |l /三ヽ: .: .: .:.::.:|  | |l   ||iii|l,ィ ソ!l,イ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ィi| |l  _,,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .::{三三}:{三 | |l{三三}: .: .: .: : .|  | |l   ,ィ彡!l,イ/L   .,,, ..,.,.,   ,,.
 | |l-‐''ン三三三三三| |l三三三ヽ三ノ:ヽ三| |lヽ三ノ三三三三E| |l 彡, イ  |__L/  .,,, ..,.,.,   ,,..,,, ..,.,.,   ,,.
 冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖              .,,, ..,.,.,   ,,.
                  .,,, ..,.,.,   ,,.                               ....

                         .,,, ..,.,.,   ,,..,,,  ..,.,.,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この年の冬には、もう一人の三公である陳羣も病に倒れた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
904 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:50:09.24 ID:gbkJylAo

     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /     近々、陛下はまた許昌に行幸します。
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /      陳矯様や司馬孚様が頭を抱えておられました
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |                                       , _
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |                               _, 、_   , __// >--- 、
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽                           , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄//
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽                               /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/
                                .              /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ
                                              |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉
                                              |: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ /
                                              |: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/
      そうですか。                                 |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧
                                              !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ
      あの二人では陛下を諌めるのは無理な話、                i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ
      私が出仕できる状況なら話も違いますが……      .         l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ
                                                 /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ,
      せめて司馬懿が洛陽にいれば……                    !   |l i       l_l: \: :.|   /,'
                                .               ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,'
                                                 / / |{  i       l }: : : : |\!l
                                                 Y  |\ >'ヾ'-‐ } |: : : : :i ヽヽ
                                                λ  |. !:`,r'  ̄`´`| |: : : : : l l l\ヽ,
905 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:55:31.13 ID:gbkJylAo

                                                          , _
                                                  _, 、_   , __// >--- 、
                                              , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄//
                                              /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/
                              .              /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ
                                            |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉
                                            |: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ /
    まったく、太祖も先帝も今の陛下も……                |: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/
                                            |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧
    代々行状に問題があるのは血筋でしょうか?            !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ
                                               i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ
                                     .         l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ
                                               /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ,
                                              !   |l i       l_l: \: :.|   /,'
                              .               ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,'
                                               / / |{  i       l }: : : : |\!l
                                               Y  |\ >'ヾ'-‐ } |: : : : :i ヽヽ
                                              λ  |. !:`,r'  ̄`´`| |: : : : : l l l\ヽ,
                              .                ∧  .|. l : :ハ     |.|: : : : : ハi |  ! /
  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ       それゆえに司空には長生きしてもらわねばなりません。
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>     この国はまだまだ問題が山積しております。
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉      そのためにも今は身体をお休めください
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽
906 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:56:17.45 ID:gbkJylAo

,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ::::ヽ::::::::::::ヽ‐- 、:::,
,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::',:::::: l:::::::ヽ::::::::::::':,  ',:::,
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:l::::: イ::::::::::',::::::::::::∨ }::::,
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヽ::::::::::l1:::::::|ィチ不.,::::::ヽ:::∨::::::,
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::',::::::::||:::: んヘx:j ム::::::::',::::::::::::: ,
|::::::::::::::::::::::::::{::::::::::|::::::|:::::::jl:::/{ヽ.匕ン ,::::::::,:::::::::::::::,
|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|::::::|:::::/ ´ ヽ     :|::::::::},:'!:::::::::::,         .蘭石。
|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|::::├ '           |::::::〃 V:::::::::i
|:::::::::::::::::::::::: L::::::;ィチ不云ミ.        |::://  }`ヽ!:::|         .父がいなくて司空府は忙しいのに、
',::::::ヽ:::::::::::::::::::::V,,ヽ.匕ン     ,   _, l/./  .l  |::::|` ‐- ..     わざわざ見舞いに来てくれたのには感謝する
 ヽ::::::ヽ::::::::::::::::::::>. ..    __   '  .イ   l  |::::|   }} ヽ
  \_; ヘ:::::::::::::::::::::::::: >< _  ヽ ¨      |  |::::|   j  }ヽ
      ',::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::\  \.     l  |::::|.   l!  |::::',
       l::::::::::',::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   \   l  |::::|   j   |::::::;
      |:::::::::::N{:::::::::::::::::::::::::::::::::::: \   \ ! .|::::|  /  ::|::::: }
      |:::::/ ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ヽj  !::::| ./    .|:::::::|       /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
                                           /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
              魏 陳羣の子 陳泰(字:玄伯)         / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
                                           ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
                                           //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
                                          l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //
       玄伯か。邪魔をしているぞ。                   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ / 
                                            l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /
       司空には常日頃から世話になっているからな。        .▽ |:::ハ      /    }:::// |  
       部下としては当然の心がけだ                    ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |  
                                            ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽  
                                            /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽      
908 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:58:30.19 ID:OQVFSF6o
おお陳泰はあいちゃんか
907 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:57:12.43 ID:gbkJylAo

                                     ////////|////| |///|///////////|////////∧
                                 /////////|////| |///|///ィ///7_7/>/////|///l
                                   //////////|/z//─////// ̄/づt;;;::〉ム/////|///l
                               ///////////|≦云ヘ、 ̄ ̄   ヘごz斗///////!///!
                                 ///////////ぐ、);;;;;ソ ´       ///////// |///l
                              <////////////   ̄         /////////ノl|///|
                              〈∧////////∧        ‐ ´     ̄ ├7///|///|
                              ///////////∧        _,.. _      ///l///|///|
 その人相で言われても説得力がないわね / 〈//////|///l//\     ´°     イ///|///|///|
                                ̄ ̄/777777///> 、        / |///|///|//ハ|
                                 //////////////∧ `   -‐ ´   l|///|///|//l/|
                                   ////////////////∧           |//////l|//|∧
                                 /////////// ̄∨ ヽ        |/////////l//|
                                 /////////    \zz\      //////∧//|//||
                 .             ////∠∠<        \z     ///////  \|//||
                           ////∠∠ ̄ ̄\         \   ///////     ̄ ̄ ̄l|`ヽ
                           /////三ニ\     \          \////|__        /  |l
                  ________//////|三三三ニ\     \      //// ̄ ̄ ̄〉     /   /|
                  ___///////|三三三三ニ\     \   ////三三三三l|    /   /ニ|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .陳泰、字を玄伯。陳羣の子にあたる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       当時の魏には大官の子は任官されない決まりでもあったのか、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この時点では無位無官だったと思われる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .父の部下である傅嘏とは友人であり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .司馬懿の子である司馬師・司馬昭とも親しい間柄にあった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
909 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/11(日) 23:59:35.68 ID:gbkJylAo

                ___、__ ,:‐、 ,.、
             _,.ィ'´    /;:;:;:}';:;ヽ
            'フ _,. /_  /;:;:;:;ド-;:.:'、
           _∠-―ァ'´  /:.:.:./‐、 !;:i;ト、
          `Z-ァ‐'"´/,ィ';:;:;:;;;ハ_I7 !ノ;!      司空。
            'イ´ィ彡´,ソ;:;:;:;:ミ  ノ,.ゞ
            ,.シくZイ7;:;:;:;/` ー-y';リ      失礼ながら、ご子息にどういう教育を施したのです?
         _,. '´::、::ヽ,イ;:ィ'"`> 、_/'イ
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´         友人に罵倒を繰り出すなど……
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',                           , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄//  
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',                           /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/  
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l                         /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ  
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj                         |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉 
                               .               |: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ /  
                                              |: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/  
                                              |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧  
                                              !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ  
                                                 i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ  
    あなたはどことなく不遜に見えますから。                   l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ  
                                                /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ,  
    以前に官吏の勤務評定の制度の議論があった時の事は         !   |l i       l_l: \: :.|   /,' 
    今でも忘れていませんよ                            ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,'  
                                                / / |{  i       l }: : : : |\!l  
                              .                  Y  |\ >'ヾ'-‐ } |: : : : :i ヽヽ  
                                                λ  |. !:`,r'  ̄`´`| |: : : : : l l l\ヽ,
                                                ∧  .|. l : :ハ     |.|: : : : : ハi |  ! /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       傅嘏という人物は、少し変わった所があった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
910 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:00:20.54 ID:6bS4Kqgo
【紀元232年7月 魏首都 洛陽】

           __}〉___
        ,. -´―‐- --―‐`ミヽ、
        /             ヽ\
.    , '/  ,  / !  i:.、 、、  丶.ヽ
    / /  /  |.::|   !:ト、ヽ丶 ヽ ', '、
   ,' /   / 、 /|:.:l  :|:.| ',:..l、.|:. ! F;T!
   |イ / .:.!/ ∨_,k:.!:.....:トリ、_V_ヾ}:.. |:.. |シ ',
   リ!.i:..:.:厂 ̄´_∨、:.:.:|  __   ̄Vl:.:..ト、ト'、    陛下の命令どおりに官吏の勤務評定制度を考えてみたわ。
   ,ノノ:.:./! ===ミ  \| '===ミ リ!:.:.l:.:.!
    ヘ:.:|{i、             /}∨!:/      後は三公の方々の所へ持って行って、裁可をもらうだけ。
      ヾゝ'、            ム'ノN′     
       ヾト;、   r;――┐  /:ri:/        .うまくいけば、私の名前が後世の歴史に残るかもね
        ヾ>、 ゙ー--‐ '  ,.イノ' ´
          ヾl>、 `"  /|/′
           /} ` ̄´  |〉ヽ
         / ゙ト   _/  丶、
      , -‐f´|__∧ /ヾ     /7` 丶、
     /   |/::::ヽL/ノ⌒ヽ   //    `丶、
    /    ,ィ|::::::ミロ彡:::::::|、 //          ヽ
    /    ヾ!__,.イハヾ、:_::ノソ//         ',

          魏 文官 劉劭

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .これより数年前、不正行為を働いた夏侯玄一派を免職した曹叡は、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .吏部尚書廬毓の進言を受け、官吏の勤務評定の制度を定める事にした。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       さっそく劉劭という人が制度を策定し、それが三公の役所で審議された。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .当然、陳羣と傅嘏のいる司空府にも話は回ってきたのだが……
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
911 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 00:01:06.44 ID:Csu1bsA0
符隻て、五胡十六国の覇者前秦の符堅のご先祖?
912 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:02:37.02 ID:6bS4Kqgo

         /   i        ∨;| ヽ
         l  , ハ|/l  ,、|i、  ヾ!  ゝ
           l 、 /ィ-lノ_ト、 !_l.Lt、 N!i , li
           l i /!_リ-,.、l ∨_,リ-,lミ、 トi | l j     この制度は周の制度を参考にしています。
         ト! K〈 l゚::l`   l:゚::l 〉ヽhl リ′
          W゙、`´     `´  ',ノ /      それからそれから……
             、 _`__   / }へ、
               \ヽ_.ノ,.ィ" /   |ー-、   .こっちはこういう感じにするつもりです
           _,. -->‐;'´   /   |    丶、
       ,. -‐'´    /  l_  /   /     `丶、
     _/ ヽi、    /   ,..,〉 ,}ィ>、 /       ,ィ \
   ,、_.ノ ,、 ヾミ、   lィ彡ミt∨ノノツ、゙′      /,'!   \
  /    \ヾヽ'、   f´z=={::::}==`ヽ      j/l    
/゙´  _,. ィ== ミヾ丶  ヾ彡'"ィiハ:トミーr'′    /シi                   __,,,,,、 ,、
                                            ,,:r''"⌒´   ,>';;ヽ_.rt_
                                          ,r'´   ,r ,ィ /;;;;;;;;;;;Y;;;l'"^ヽ
                                         /   /,r",r'";;;;;;;;.rmィ;;/;;;;;;;;;゙i,
                                        ノィ' / //イ/^'フ;;/  /ノ^'i;Nト;;i!
                                       '// ノ,/zァ' /ィ' ‐-ァ'゙、、  ,リ′ l! i ''!
   そのような古代の制度、                     rレイ //〃/;;;;;,Z,,,.、、`ソ  ,,..,、lハml
   とても現状にあっているとは思えませんな。        △7jィ'ァrイシ7;;;/ 、{;・;;ソヾ/ ,f二、l;;;;;;;l
                                      ツイ7l Y /;;/  `゙`"ン  ,!'7;・゚;ト!;;;;;リ
   勉強し直して来るのをお勧めする               l>'ソ/,ヘ,_ ,/;/  (^ヽ、、  l!´``''ソ;;;;/
                                       7N/ y;/   ``''ヾ:ヽ._j  ,/l;;;/
                                     ,..、/^tフ /ヘ ヾ二ニ''‐-、ヾ::ヽ, / '^,f^´゙)
                                      ヽ `△'′tヽヾ三ミヾ::`':ゝ`i ''二ニ`'"
                                      ヽ ^ヽ ヾ:::ヽ`''ヾ::ヽ::::::::::::i,  `''″ プッ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .ここで傅嘏は劉劭の案に噛み付いた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       彼は劉劭の案があまりに現状に即していないと長々と述べ、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .さらに次のように言っている
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
913 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:03:18.82 ID:6bS4Kqgo

ノ / /   /:::: .::: .:::: .::::::/    `丶、   ,!::/   ',::::: ::. ::::::::|
  //   ,/::: .:  .: __.:::/ 、_       ヽ, /::/ ,. -‐lT:: : ::::::::l
イ /   /.::  .: .:',テイミ,=、丶、     /:://.:.:.:  l  : : :::l
 /  ,イ:     、ャ、 `''" .:ノ`ヽ、ヾッ   /://, -―  l::.   ::::l
ノ / ,'.:    .:/ヾミ:=≦´   ゙'     // ,ィti7'"ブミl:::.   ::l
 ノ ,,'.:    .:./   `~゙゙" ''' "    ,// l{ミ=彡' ,ィj::::    ,!  昔、聖天子が人材を選抜した時には、
ア /,!: : .: .::::/            ,ィシ'  ,' `==彳ハ!::::    ,'   必ず郷里における徳行に基づき、
/ ,':. .: .: .:::/           ,/´   l     /.:.l::::   :,'   学校において道義を教えました。
 i l::::::::::::::/           /       l     / /l::::   ,'
 '、,l::::::::::::/           /      l     ///!:::: .: .:/    徳行が充分であればそれを賢者と呼び、
  l::::::::::/          ノ       l   / /イ!::: .:.::/     .道義を身につければそれを能者と言いました
  ,l:::::::::/                  _j  ,イノ ,':::..::::/
  l:::::::/     、           ''"´ ,イ/ ,.イ::::::::/
  l:::::/ヽ、    `` =、- 、___,,  ,.イ / //::::::/
  !:::,'  \        `` ―一 '",イ ー--//:::/
ヽj::::l     \      丶、 _ ,. `メミ三三 ⌒^)、
. /::,ヘ、    丶、 ふ ぅ ... // /  /フヽ- '-'
914 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:05:09.56 ID:6bS4Kqgo

         , ――‐- 、       _,. -―- 、__
         /::::::::::::::::::::::::::`丶、___, '´  __ ―-ミ'、`丶、
        ,'::::::::::::::::::::/:::_::::::::::::::/  ,. '´  --―-'、二_ヽ、
        !:::::::::>―'‐'´:::::::::/  / ,. - _,. _-‐==ミ、_ ,. ','、
       ,ノ>'´:::::::::::::::::::::_,ノ/  / /  , "´ , ― 、ヽ',-‐ ヽ'、
      /:.:.:.:,. --::――:::ァイ  //  /   /::::::. .:ミミ\}_,. -‐、','、
     /:.:.:./::::::::::::::::::::::::/::/ ,.ィ′ , '   /.::::::_彡‐ミミミ;彡彡ミ'、ト'、 郷老は賢者・能者の名簿を天子に差し出し、
.  /.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::{l>イ'´/|  /  / .:,.<    `ヽ彡ァ=ミ:..', ',  天子がそれを敬意をもって受理しました。
  /:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::'´l|/! /|ノ ,イ   / ,ッ≧、\    //   ハ l !
. /:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!::l7::l / l  /:..:/!l:f6!:iヾ',ヽ  /,ィニ才:. l、| その賢者を起用する場合、
//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!:::ヽノイル! /!:._;' ゙' =='-  ,.ン'イi} ノイ|l:.:::!l | 地方に出して首長とし、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,:::/:ハ!小ノ |:八   __,. '´ ト='彳 {{!|::::ハノ 能者を試す場合、朝廷で行政を担当させました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::/ |i l  |:ト、ヽ、      |/| !ヽ〉,!:/ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ、 !l l>‐{:トヘ.ヾゝ- 、__ 、_」| 八|  /'′  これが過去の聖天子が
::::::::::::::::::::::,. :: -――- 、:::::::::::::', ハ/ /△'´\`^'テ'´  <7  ▽    人材を登用した時の建前です
:::::::/::,.:: '´::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::V彡'´   ヽ  `オ´   ´   丿
:::::{/:-―::::::::‐-::、::::::::::::::\::::/        /:/
,∠:-‐:::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::::::У\     /.:.:/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::.:.ヽ   /.:.:.:. ,'
:::::::::::::::::::::::::r:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ヽ:.:.:.ヽ/:.:.:.r、ノ
915 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:05:57.24 ID:6bS4Kqgo

   !:::::::::::,!  |::| `~¨""'ヽ:::::::::::::::::::::.:.:.:.:',
   ..|:::::::::::|‐ 、 |::|      \:::::::::::::::::.:.:.:.:',
   |:::::::::::ト,、ミ|::'、       ヾ::::::::::::.:.:.:.:.:|    現在、九州から首都の民に及ぶまで郷老からの推挙はなく、
   |:::::::::::|{fiト;ゞ::':,  ,. -―   ̄`ヾ::::::.:.:.:.:.l    人材を選抜する職務は吏部に任せきり……。
    !::::::::::|`ー'-ト、'、 ,二ニ ―-  |:::::.:.:.:.:.,'
    |::::::::::!   ,' ヾ、 、t{fi}l下ニア'|::::.:.:.:.:/     .しかも、品行を考えて選べば実際の才能は相応しくなく、
    !:::::::::ハ  /   ヾ、`゙'ー'-彡|:::.:.:./{',    多少の功労を元にすれば
    !::::::/| ∨     \     |::::::::/イj',    徳行は問題にされないケースが多すぎます。
    |::::/:l|/l'-、―      `    ,!::::::/`ー| /
    |::/: リ| トミ、_____ ノ'  j:::::/   ,K_   以上の如くでありますから、
    」:{_/′ヽ !lヽ ー―      _,/:::/_/     評定の制度を定めても人材を取り上げていない事になりかねません
    l>/   .`l,ハ __ ,. -‐ '´V:::/  |
    :.'il´              _/::/   {' 、
    /′               |l>>`ヽ、 \
                 /'´    `ー-ゝ
916 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:08:54.05 ID:6bS4Kqgo

  /:::rヘ:::::| 、_:ノ    、    \/.::::::/;:;r 、:::::::,.ィ"`丶::::::::::::..  ヽ ヽ ヽ ヾヽ、
  ゝ_) `"  |   i 、ヽ、 i   |:::::::f彡{:::ト‐'´    _>―-::..   ', ', ト、 ', ',、>
  //    i  |   '、 ヽ,. ―-、  | :::::「´ ',::'、    /_ _,.zヽ:::    ト、i | \',ヽ\
 ,'!l   | /! /ヽ  ヽ / |ヽト、ト、.| :::::|  _、::ヽ   ' 'イti下フ:: .: .::| ヽ | l ゞ`!ゝ、丶
 l| !  i |斗lV、__l>、 メヽl, ―ミ、',! ::::','´__-_、:ヽ    ゝ‐ '" ',:::::.:.:::|  ヽ | i ヽ| 、ヽ``
 |l |  ,イ| |,ゝ―ミ、\ ','`(・:) ' ', :::::ヽ〈 ti::}t、:',         |::::::::::li ト、 | ト、 ヽ卞△_
/|「l  | ト< (:・)`  ` ` "¨´  ム, :::::::ヽ ‐ '´\:'      |::::::::::l _lム>――`ー- 、    .このような問題は、
/´!`ト、 ト! 、,_ ''"´   、   f  /:::|',....:::::::ハ   |``     _,.|::::::::ノ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  .本質の深い問題である以上、
  ', | ヽ | rf::ヽ ヽ__  _,. ~´|, |:::::、',:::::::::|  \  `` _,. ‐ '´ /!::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  .簡単にはいきますまい。
  、ト、 `トヾ',::::',  Y´~´    ハ /::::::::〉、:::::|'´ ̄`丶 `丶_/ |:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ヽト、「l:!::::、_, ゝ、___/ /:::::::::{/ヽ:::!      ヾ>、 "´ /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  な?
      ` |:、:::::`:‐-、_-_,.ィ:::::::::::::l   ヾ:、     ヽ:.|`二]::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,. --::_,.:.:.:.:.:
          `ヾ、`::、::::::`::ー:'::::::::::::::::',    ヾ,、| 、   ',|  |l>/!:.:.:.:.:.:.,. -‐ '´::,.:-:'´:.:.:.:.:.:.:.
     , -----ヾ:、ヾ::::、_:::::::::::::::::::::::::',   <7}|  ',   ':, '´ |:.:.:./:::::::,. -:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    は、はぃぃぃ!
    /       !:ヽ::丶_:::::::::::::::::::::::::::|   i`^!、 l    ',   t:'´::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    |    \  ` ー 、::::::::::::::::::::::::::::!   | |   |    |、  !ヾ::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    |     \  くヾ>,、::::::::::,. -┴―-'、 |   |    |:ヽ |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     、      ヽ  `>ミソ`t/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V!   !    |::::ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ←劉劭さんの方が年上です
    ヽ     、 丶  ヽヽ「>':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',  |   |:::::У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       結局、傅嘏の他にも反対する者がおり、劉劭の案は立ち消えとなった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
917 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:09:50.79 ID:6bS4Kqgo
【紀元236年12月 魏首都 洛陽】

― 陳羣邸 ―
                            .                            , _ 
                                                _, 、_   , __// >--- 、 
                                            , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄// 
                                            /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/ 
                                          /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ 
                                          |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉 
  まさか自分の部下から、                         .|: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ / 
  九品官人の批判を聞くとは思いませんでした。            .|: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/ 
                                          |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧ 
  前から聞いてみたいと思っていたのですが、             !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ 
  あなたは人材登用についてどう考えているのです?           i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ 
                                   .         l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ 
                                             /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ, 
     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ                      !   |l i       l_l: \: :.|   /,' 
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|      .               ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,' 
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \                      / / |{  i       l }: : : : |\!l 
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }                     Y  |\ >'ヾ'-‐ } |: : : : :i ヽヽ  
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l // 
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /     そういう意図はなかったのですが、
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /      .九品官人法には改善の余地があるかと?
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |     
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |      .それに我輩は思うのですよ
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽
918 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:11:04.76 ID:6bS4Kqgo

/  /  | l、`゙ヾ:;:;:;:l    -‐ '´  〈
  / i l / ` ‐ヘ;:;:;:l         ',
. /l  l ル′',   ';:;:;ト、_____ノ
/=レV'′  ',  ,!;:;l    _,. - '"´
、_/ `丶、  ', ┴'ァ  ,'                .才能と徳行は果たして一致するのでしょうか?
::リ\ 、 `丶、;-ゝく /
::::::::::\',、丶、..ヾ′ `Tヽ                我輩はこの謎を解きたいと願っております
::\:::::::::丶、:....::l  、 ', ヽ 
:::::::`ヽ::::::::::\:..l  li,    ',
::::::::::::::ヽ::::::::::::ヾ  lli,    ';
::::::::::::::::::゙',:::::::::::::\l|li,  i,  ;                                            , _
:::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::ヾi,  ', 、 ',                                   _, 、_   , __// >--- 、
:::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::ヽ ', li, ',                               , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄//
、:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::〉、l、li, ',                              /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/
::ヽ:::::::::::::::::::L::_:--―▽::::ヾ li l              .              /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ
                                              |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉
                                              |: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ /
                                              |: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/
                                              |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧
                                              !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ
        …………                                   i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ
                                       .         l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ
        参考になるかは分かりませんが、                   /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ,
        昔会った人の話をしましょう                       !   |l i       l_l: \: :.|   /,'
                                .               ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,'
                                                 / / |{  i       l }: : : : |\!l
                                                 Y  |\ >'ヾ'-‐ } |: : : : :i ヽヽ
                                                λ  |. !:`,r'  ̄`´`| |: : : : : l l l\ヽ,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .このように傅嘏という男は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       常に才能と徳行は一致しないのではないかと論じていた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .陳羣の下に、こういった人物がいるのも興味深い
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
919 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:11:34.80 ID:6bS4Kqgo

/:::.:.:.:.::.::::_:∨ {┤ | 、 ;  ハ
{:.:::.:.:.:::/::::::∨ ヘ'、 }:、 }  ;  |
;:.::.::.:./:::::::::::::::\ハ ヽト、ヾ  , -┴ 、
;:.:.:::_.、-‐rッ  ̄ \ フ´| /__:::::::}
  |::: ̄:::::ー─‐  ´ . :.:.:| |::__.:::}.::/
  |::::::::::::::.:        .:.:.:l |::_::V.::/            ┌─────────────────────┐
  |:::::.::::::::.:      .:.:.:.l レ:::Y::/              ―― その者は輝くばかりの才を持っていましたが、
  |::.:.:::::::.:      . :.:.:.l |__/:/              └─────────────────────┘
  |::::.::.:.:      . :.:.:.ハ|__ノ_
  |:.:::.}      . :.:.:.:/ ノ/三 \
、_ノ'"´       . .:.:.:イ /三三三ヽ_
──────'.:.:.::/f| /三三三三 {三≧= __
___   ..:.:.:.:.:/.::{レ三三三三三;三三三三三≧= 、_
圭三´ . .:.::.:.:.:/.:::::::.l三三三三三三,三三三三三三三三
  . .:.:.:.:.:.:./.:::::::::.: :|三三三三三三!三三三三三三三三
 . ..:.:.:.:.:/.::::::::::::. :. :|三三三三三三;三三三三三三三三     l: : : : : : : : : : : 彡                  ヽ
                                       |: :ミ: : : : : : : : : : :             ヽ       l
                                       |: : 彡: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ  /  ハ: . l:、 ヽ  l |
                                      |: : : : : : 彡: : : : : : : : : : : : : : ./ /:::::::l:  |: ', |  |リ
                                      |: : : : : : : : : : : : : 彡: /: :///::::::::::::l: l/j/ヽノ
                                      |: : ソ: : : : : : : : ;. ''´:: ̄ ~" メ、::::::::::::  レイ f
                                      |: : : : 彡_:_: i:!:|:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..,,ム 'フ/
┌───────────────────────┐  :l: : : : / r‐|: : :| "、´ ̄(ッ ̄~"フシ  く'゙′ /
 ―― 徳を積まず、身を保つ事を知らず、命を縮めました   l: : : :.| i: :lN: |:::: :::=≡≠::: .::::::::::', . /
└───────────────────────┘   !: : i.!ヽ :、ヽ、:|::::    /  .::::::::::::::::', ./
                                       |N: : : :\_ノヘ::::::::.    .:::::/::::::::::::::::', .
                                       /|:!: : : : : /::::ヽ::::::::....:::::::/::_:`:-ァ.、_'、
                                     /  |l: : : /::::::::::::::ヽ::::::::::::く:'^::ー ´ /
                                    三三;;;;\´::::::::::::::::、::::::\::::::::::::::::-‐:: /
                                    三三三;;;;;:丶、:::::::: ヽ:::::::丶、::::::::   /
                                    三三三三;;;;;:::::`::-:、 ヽ:: /;;`丶、_/
                                     三三三三三;;;;;:::::::::`:.‐-'、::::_く
920 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:12:42.83 ID:6bS4Kqgo

                 ___
           . : : ´: : : : : : : : : : : : . . .
          /:. :. :.:/ : : : 厶   ´  ̄ ̄   、
         /: : :〃 イ: : :. :.′   . . ―――. .\
       / : : : : {{:/ | : i:.:.| イ:!:.:.i:. :.i:. :.:ハ : ヽ: :.ヽ
       .′ >七て | : |:.:.|: :| ト、:ト: :l:i /: :∨: :Ⅵ :.:.
       i: : ム    / | : |:.:.|:.:i!」ム斗:廾: : : : : :|: Ⅵ ハ
       |: : :i廴才  |: :.!: :| 八!ハ:{ヾ }ヘ : : |: i!: :i !':.:|
       |: : :|/小廴|:. :.:i人i ィ示ミ、 ハ: x|:il: : |:.ハ |
       |/ / /: :| |fォ|!: : |:.:ハ《{rし゚}   Yrルリ:.:.:l: !リ
     /:./ / i:.:| |( |l: : | | ! 弋_ソ     ゞ:. :.i:.:ル ノ′ ┌──────────────┐
     :.:i| {: i.|:.:| |ヽハ:.:l ハo゚    _  〉:.i: |イ     ―― 反対に徳行を積んでいても、
     |: :|ハ乂ハ:乂: l i:.:{':∧    ( y 厶:|: | !    └──────────────┘
     |: ハ: : : :i:.:iヽヘ八:. :i:个     ` イ: :.i:|: |
     |/ ヽ 从小ハ∧ ヽ从乂: `: :T //:.:ハ!:リ
     {   }' イ:. :.`ヽ }    }` 、:.ヾノイル' ノ′
      /:. :. :. : : : : \  x― :. :.ノ'ト
      .: .: .: :. :. :. :. :. :. :. :.く    i : : :| :i
      i x―‐   : : : : :. :. : : :.    |:. :. :! ハ                ,,.-'''"~            ``''ー-,>
      |′      >‐ 、:.: :.: :..  |!:. :.  !             -''"           _,,,,,....、、---r'"
            ヽ  :. \:. :. Ⅵj:. /                      _,,..、-‐''''"" _,,,.. ,--──''、
      ト、         乂 :   \                      _,,. -''"_,,,. ,-─'''"~: :'; :.i    \ '、
                                      r''" ,,.-'''": : : :`、: : : : : : :'; | _,,,,,,....., ',
                                      >''": :i: '、: : : : : :`、: : `、: : 'i. ', '、;;;;;ノ| .i
  ┌────────────────┐         : : : : i: : :`、: : : : : ヽ; : :ヽ: :',. ヽ、,,,,.ノ  .|
   ―― 才がなければ生き抜くのは難しい          : : : : i: : : :.`、: : : : : ヽ; : :\'、     /|
  └────────────────┘         : : : :;': : : : : `、: : : : : :.\: : i\  / /
                                      : : : ;': : : : : : :::\: : : : : :i\:', ∠_/
                                      : : :;': : : : : : :::::::::i\: : : : ', \_,,.-'"
                                      : : ;': : : : : :::::::::::;'::::::i\: : :'「 ̄
921 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:13:47.86 ID:6bS4Kqgo

                                                             , _
                                                     _, 、_   , __// >--- 、
                                                 , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄//
                                                 /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/
                                 .              /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ
                                               |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉
                                               |: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ /
    だからこそ、九品官人法ではどちらも評価対象にしました。       |: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/
                                               |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧
    才能・徳行のどちらも必要というのが私の考えです            !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ
                                                  i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ
                                        .         l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ
             ,...、、                                   /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ,
         _,. -f;:;:ヾ丶、                                !   |l i       l_l: \: :.|   /,'
         /   |:;:;:f _ヾ;ヽ                .               ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,'
       /  i ',  l:.:.:l´,rtiド`-;                               / / |{  i       l }: : : : |\!l
       !i r! ,! ,ヾ:;',  ̄リ  ';、                              Y  |\ >'ヾ'-‐ } |: : : : :i ヽヽ
       ll l V , !ト'、:':、  - '´'、
       'l | l | ノi リ`^',:;l、___,ノ 
       'イノルl/lツ、 ヾ7 ,r'´
        '´/`ト、``ーチー'、 
          /:`丶:`丶、j 、 ヽ               …………
         /:::::::::::`ヽ:::::\'、、ヽ
        ,'::::::::::::::::::::ヽ:::::::\ ':,ヽ
       ,':,.:―: 、:::::::::::ヽ-‐l7\; ',
       V:::::::::::::\:::::::::` ̄`ヽ:ヽ}
         !:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:'、
       ,!:::::::::::::::::::::::〉:::::::::::::::::::::ヽヽ
922 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:14:32.27 ID:6bS4Kqgo

                       _ ― -
                             ヘ\
                        ., -‐‐- ,_.}::/,, _
                       / /: : : : : :.ヘ
                 ,. '.´`ゞ.: /: : / / ヘ: : : : : : ヘ-.、
               /_,:::::-‐'ア::/: : : / / /.i: : : : : : : : :ヘ::::':.,
            , -:::―     { {/:::::::/l /l i::::l:::::::λ::::::::}::.}\::::':,
        , '´-ァ::- ̄     /:/:::/ |;|斗||ヘ:|::::::rァメ}::::l:ノ   ;:::':
      /.  /:, '        /::i/:/ /|彳ラト ヘ{ /ィ/テ}::::}.カ    ',:::',
      ,.'  /,. '          ./:::::::/::. i.A.|''ー´    ´‐'/:://     ',::.i
    /  ,.:: , '         ./ ::::/: :::::|::'ヘ     '  ///::{       }::!   あなたはまだ若い。
      /., ´          ': ::::::/::::::::::!/{'丿 .  ´`  .イ、;;:::{     :/    急いで答えを出す必要はないと思います。
     ,:::/         ,.': : ::::, - ` ̄l.ハ   ` ‐ /ヽ| |  ̄ ' 丶、::/
     !:{          ': : : ::/       ! ハ、      ___/.リ      ハ     .それはそうと、
.    `.{          ' : : ::::/       マ ハ ̄ヽ. ゙/ン       / .}    .あなたたちに聞きたい事があります。
     丶-‐'   / : : : :::::{ : :      \`ー-//      ハ.  {
         ,. ' : :: : : ::::::::}: :\: :      `/ .ハ ヽ       レ´  ヽ   あなたたちは何に仕えているのでしょう?
        , ' .::::/ : :/ : ::::l:::.}: :.:.:.>.:._     ,' /===マヽ     kニ=┘
      / .: :::/ ::/l : :::::!',::!ニニ''{ヘ: :   / /   ヽ.ヽ     〉  |
    , ' .: ::// :::::' l : ::::l. ',:::::ハ.. }:.:.    ハ {     ヽヽ  .ハ /
.   / : :,:'  ,' ::,'  ., ::::{. ':/::ハ./  : : :ハ リ : : : : : : : :} } /::: V:,
   ,.' .: ::/   ., :::,.  ', :::{ /:/'::,:} : :  :ハ ノ--‐ァ:.:.:.:.:.:.l.i /::.  }::::'.,
  ,' . :::/   ! ::,   ', : :V:/   / : :  / /:.:.:.:.:.: -‐' リ:::    l:::::::',
923 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:16:04.05 ID:6bS4Kqgo

  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ            .天下ですな。
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\          .天下は天下のための天下です。
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´          陛下といえど、天下に仕える身には変わりありません
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j           .
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽            |:::::::::::::::::::::':, L::::l \l:」  |::::::::::::::| |:::| |::i::::::::::::l!::::::| l::| |:::::::|::::::::::::::::::
                            |:::::::::::::::::::::: vz ェ 、 ヽ  L::::::::::: l L:j ‐!::l::::::::::::l:::::::H:::| |:::::::|::::::::::::::::::
                            |::::::::::::::::::::::: iVテ圷ミ 、           └L::::::::⊥:: 」 l:」 |:::::::|:::::::::::::::::
                            |:::::::::::::::::::::::小{ r,,,. ハ                        └ :┤:::::::::::::::
                            |:::::::::::::::::::::::::|. ', ー' 小          .ィ弌テ云三气ミ、  |::::::::l:::::::::
                            | :::::::::::::::::::::: | マ辷 .ン, '        / { ! r,,,,,   `.V ㍉イ:::::::::|:::::::::
  私たちの主君は、               |::::::::::::l::::::::::: |              ' 、 V、  ー'′  / , イ:::::::::/:::::::::
  陛下をおいて他にはないわ。         |::::::::::::|:::: l::::::|                  `<辷z 少 '  /::::::::/:::::::::::
                            |::::l:::l:::l:::斗::::ヘ     ,:                      /:::::::/:::::::::/::
  陛下に忠誠を捧げる事が           l:斗┴'´ |:::::: ヘ.     〈                   /:::::::/:::::::::/:::::
  国のため天下のためにつながるはずよ        |:::::::l::::ヽ.                     /:::::::ム - 7:::::::
                                 /:::::: ト、:::::\     、__               ̄  //:::::/:
                                 /::::/l::| ヽ::::::\.  ` ー ‐- ,               /  |:::::/:::
                                  /::::/ .l::|\_,>::::::: ヽ     ̄           .. イ    .|:::/:::::
                          .      /::::/ .|::|::::::::::::::::::::::::\          ..  <       .|:/:::::::
924 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:18:46.92 ID:6bS4Kqgo

                                                            , _
                                                    _, 、_   , __// >--- 、
                                                , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄//
                                                /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/
                                .              /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ
                                              |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉
                                              |: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ /
   ……そうですか。                                 .|: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/
                                              |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧
   私は清流派の名家と言われる家に生まれた者として、          !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ
   その名に恥じないよう生きてきたつもりです。                  i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ
                                       .         l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ
   例え、不忠者の汚名をかぶろうとも、                      /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ,
   漢王朝を終わらせ魏王朝を起こしたのは、                   !   |l i       l_l: \: :.|   /,'
   この乱世を一刻も早く終わらせたいと願ったため……            .ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,'
                                                 / / |{  i       l }: : : : |\!l
   それぞれ考えは異なっても、                            Y  |\ >'ヾ'-‐ } |: : : : :i ヽヽ
   あなたたちが協力して乱世を終わらせてくれる事を願います         λ  |. !:`,r'  ̄`´`| |: : : : : l l l\ヽ,
                                .                ∧  .|. l : :ハ     |.|: : : : : ハi |  ! /
                                                /: : {  i. l : :l ハ    |!: : : : : : ハ!  | l
                                .               /: /: i  !. i : l  ハ    ',: : : : : : : ハ | |
925 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:20:49.77 ID:6bS4Kqgo

゙:,゛:,゙:,\                [二二]ヽ
゙:,゛:,゙:,゛:,:.\    ,.;i;';.,,   i ニニiヽi_       ________________________________________________________
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|  ;';,. ; ;';,/ZZZZZZZ \゙'ー 、_   {iエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエi}_________
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|  ;;';.,  /ZZZZZZZZZZZ:\   ゙'ー 、_:.:[]i.:.:..:.:.:[]i.:.:.:.:(二二二)i.:.::.:.:[]i.:.:..:.:.:[]:..:.:.: |エエエエエ}
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|,.;i;';., /ZZZZZZZZZZZZZZZ\ヾヾヾ ゙'ー 、_ .:.:i.:.:..:.:.:/TTT\i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:::|i.:.:..:.:.::::|
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,| ;';.,/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ :\ヾヾヾヾ `゙'ー 、|__iトi__,.;i;゙';.,イi;';.,,____i三i : :.:..:.:.::::|
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,| ./ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ \ヾヾヾヾヾヾヾ\NNNNNNNNNNNNNN\ .:.:.::::|
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ:\ヾヾヾ irー-、: \NNNNNNNNNNNNNN\ :::!;;:。;:;。;:.;;:。;:
゙:,゛:,゙:,゛:,/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ\ヾヾi|   | ヾ \NNNNNNNNNNNNNN\.;; :。 :;.;
[エエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ ]二ニニニニニニニニiエエエエエエエエエエエエエエエエエ]
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .:.:.:|: . | |l::.:::.: .: .:|l: .:::.|l: .|| : .: .:...:..:.||: .: .: .:...:.:||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .:.:.:|: . | |l: .  'rニ|lミ  |l: .||: .: .,ェェ、::||: .: .,ェェ、:.||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .,仁| |lミヽ: .: .: .: .: .: .: .::,イi| |lニミヽ: .: .: .: .: : .|  | |l   ||iii|l i| |l: .||: .|i__|__i| ||: .|i__|__i| ||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .N_i| |l レ!: .: .: .: .: .: .: .: ト|!| |l|_ト!: .: .: .: .: :.:|  | |l   ||iii|l i| |l: .||: .|i__|__i| ||: .|i__|__i| ||: .: .|..__||____________
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .ト! .| |l ト|: .: .: .: .: .: .: .:.:レ:!| |l|  レ!: .: .: .: .:.:::|  | |l   ||iii|l i| |l: .||.________||.________||._.|_||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .iコz| |lE}: .: .: .: .: .: .: .:.:.iニ| |l ニニi!: .: .: .: .: : |  | |l   ||iii|l i| |l,-||ェェェェェェ::||ェェェェェェ::||:ェェェェz||
.: | |l_,,.-‐'|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: /三ヽ.:/三| |l /三ヽ: .: .: .:.::.:|  | |l   ||iii|l,ィ ソ!l,イ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ィi| |l  _,,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .::{三三}:{三 | |l{三三}: .: .: .: : .|  | |l   ,ィ彡!l,イ/L   .,,, ..,.,.,   ,,.
 | |l-‐''ン三三三三三| |l三三三ヽ三ノ:ヽ三| |lヽ三ノ三三三三E| |l 彡, イ  |__L/  .,,, ..,.,.,   ,,..,,, ..,.,.,   ,,.
 冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖              .,,, ..,.,.,   ,,.
                  .,,, ..,.,.,   ,,.                               ....

                         .,,, ..,.,.,   ,,..,,,  ..,.,.,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .青龍四年十二月二十四日、魏の司空陳羣死去。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       事実上の魏の宰相の死だけあって、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       死没した日付まで記録に残っている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .靖侯と諡され、子の陳泰が後を継いだ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
926 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:22:07.48 ID:6bS4Kqgo


                                      γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                                      (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                                       ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
                                   γ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                                   (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
  ,,.-'''"~            ``''ー-,>              ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
-''"           _,,,,,....、、---r'" 
      _,,..、-‐''''"" _,,,.. ,--──''、  
  _,,. -''"_,,,. ,-─'''"~: :'; :.i    \ '、
r''" ,,.-'''": : : :`、: : : : : : :'; | _,,,,,,....., ',
>''": :i: '、: : : : : :`、: : `、: : 'i. ', '、;;;;;ノ| .i
: : : : i: : :`、: : : : : ヽ; : :ヽ: :',. ヽ、,,,,.ノ  .|       文帝の四友の名は伊達ではありませんよ
: : : : i: : : :.`、: : : : : ヽ; : :\'、     /|
: : : :;': : : : : `、: : : : : :.\: : i\  / /
: : : ;': : : : : : :::\: : : : : :i\:', ∠_/
: : :;': : : : : : :::::::::i\: : : : ', \_,,.-'"
: : ;': : : : : :::::::::::;'::::::i\: : :'「 ̄


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \        なお、陳羣が上奏文の草稿を破棄していたために、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      世の人が陳羣の働きを軽視していたのは先に述べた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .しかし、陳羣の死から数年たった正始年間、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .詔勅によって宮中に秘蔵された群臣の上奏文が編纂され、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .『名臣奏議』と名付けられて公表された。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          そこで陳羣の上奏文を見た朝廷の人士は、皆感嘆したという
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
927 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:23:16.00 ID:6bS4Kqgo

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ      .とうとう陳羣まで死んじまったお。
       |         ::::::::::::::  ヽ     
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)     . 君主の曹叡が危なっかしいのに、
       ` 、        (__人_)  /      先代からの重臣がバタバタ倒れて大丈夫なのかお?
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\
                                                    / ̄ ̄\
                                               rヽ  / ノ  \ \
                                               i !  |  (●)(●) |
    大丈夫じゃありませんよ。                        r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
                                            〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
    陳羣が死んで曹叡に意見を言える重臣がいなくなると、     l` ( ``/ .  |        }
    曹叡は箍が外れたようにおかしくなっていきます          ヽ   l  .  ヽ       }
                                            |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      陳羣の死の二日後の十二月二十六日、
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ       曹叡はまたしても許昌への行幸を開始。
      `ヘ:ゝ   _     小/    
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         これが曹叡の治世中、最後の行幸となる
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l   
  l  ヽハ    l    l  //  |
928 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:23:53.34 ID:6bS4Kqgo
【紀元236年12月 魏首都 洛陽】

             ,.ィ
       _  _/;;;;!.----..、 _  ,.ィ
       ヾ;;;>へ'r、:::/`ーヽヽ;;;;;>'-、!
         l/;l:::::::::iヘ:|::::::::::::ヾ〃;|::::::}
        |〈;|:;ィ:::ノ  |:;ィ::;;;;;;;;ヾ<|:::::::|
       ノ::!イ:i''Y"´ ヾ`ヾヾ!'レヘ:::::::|
       /:::::::≡≡≡ ≡≡≡ ,)::::::|    陳羣には悪いけど、
      /::::::::::(         ''ノ^::|:::::::::ト、   元々決めてた事だし……
      /::::::::::/ ,>,、 __,.. ‐' :〉::::|::::::::::l:ヽ、
     ノ::::::::::/</ |:/:`ニ≡: : :\:::|:::::::::::l:::::〉
   /::::::::/     /: :l: : : : :十: iヽ:|::::::::::::|:::;>  ブロロロ…
   ヽ、:::::(  ,. -─{‐‐‐'-ニフ_: : :|/\ー-、(´
      >:r' /   l'二!:/´〃| : :〉二'、 ノ:`Z_
    <:ノ /   r',r'⌒ヽヽ// |lV;|;ヽ;/r、` ̄ヽ)
   ,r'二、ーL.__{_{.><.} }__,イ|_;;;|;/|| |_,.ィ> ´        また許昌かよ……  たまには別のとこ行きたいよね
  `{.l二リi/三 三ヽr'⌒ヾi  ∧ | ̄ 7´ リ>     |\_/ ̄ ̄\_/|     |\_/ ̄ ̄\_/|    
   _lゞ=ン{ 三  三,ィ!i 三,リ  {ii|/-- ノ/|__/>     \_|▼ ▼  |_/     \_|▼ ▼  |_/    
  (二二| }ニニニニ{ |二二二){|;|____||i;L〈        \ 皿  /        .  \ 皿 /       
     ̄し'、[_R_],.し'-、  ;-  !|--、  |;|>ゝ        U┬,r' )□ キコキコ      U┬,r' )□ キコキコ 
       ヽ____/   ヽ_ハ___ノ  ヽ___ノ           ◎└<-◎ ~~       ◎└<-◎ ~   


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       何故このタイミングで曹叡が行幸を決行したのかは不明
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
929 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:24:49.92 ID:6bS4Kqgo

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \      劉禅様でも丞相の喪に服したというのに……
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /      まあ、事情が分からんし変な事は言えんけど
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                                              /.:.:.         \
                                              /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                             /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                            /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                           /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
                                            N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
  年が明けた三月、曹叡は暦の改革を行う                  ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                `ヘ:ゝ   _     小/   
                                                  ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                              _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                            /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
                                            /  | l:l   l     l   l::l l   
                                            l  ヽハ    l    l  //  |
930 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:25:24.98 ID:6bS4Kqgo
【紀元237年3月 魏 豫州 許昌】

                          __ __
              }¨>‐ 、/⌒ヽ、 `、 ヽ、
               ソ  / /(ノ  /  ,、 , -`<⌒ ーァ
                /7  / /-、_‐'´// /,、` ヾヽ }ヽ_,.イ
               ヽ/ / ハ__>{ l //ヘ、/} } l } }  ̄>
                / ,  / V { { | | { ||   } } l| }`ー'!
                / /  /ミシtLl_| ! ト| ||   } ノ リ/ l |
              {  l  ,べ〉 マ心テヽ{ |l  ,イァ}イ  l |
               {  |  l(ヾ  ピシ  `  化」∧  l |
                {  |  ト、_ィ、       、  / ヽ l |       青龍五年三月を景初元年四月にするわよ!
            {  ヽ、{  / \   -一 /  ヽl |
                ヽ、 \/>- > 、_ __/ \\  \_ __    新しい暦は『景初暦』と名付けるわ!!
              _>-、`ー、_ `ーfァ'll    \\   `ー、 ̄
             /  ヽ、 `ヽ、  ̄` /⌒ヽ、 ` `ー__ =- 、
              /  ー- ヽ !  ) ノ_」 ̄ て\_ノ´ ̄ _ _ ,. ̄ ¬l
                {      ソ´⌒r'´  |  _入   ' ´          リ
                {    , '´   _, |    〉' _ 」 -- 、        /
               {  '    ´ ハ  {/{/     〉      ,' /
                ヽ、       〉 }  {  {/  _ノ     , ' /
               \     〈 ヽ !  ヽ' /-‐イ     , ' /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .本来、歴代の王朝は自身が天の代表である事の証として、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .王朝が建国されると新しい暦を作るのが常だった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       しかし、魏では後漢から禅譲を受けたためか、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       漢王朝の暦をそのまま使用していた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         それがこの頃になって、暦を改定すべしという意見があり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          『景初暦』が新たに使用される運びとなった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
932 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:27:46.30 ID:6bS4Kqgo

     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \     なんかまたややこしい事を……
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

                                                       / ̄ ̄\
                                                    /  ヽ、_  \
                                                   (●)(● )   |
                                                   (__人__)     |
     暦の改革自体は問題ないんですよ。                         (`⌒ ´     |
                                               .      {          |
     『景初暦』は後漢の『四分暦』よりも優れた代物でした                {         ノ
                                                 mm   ヽ      ノ
                                                (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                    ̄ ̄ ̄|    |
934 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:28:36.19 ID:6bS4Kqgo

    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }     ちなみに『四分暦』の一年は三百六十五日と四分の一日。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j     『景初暦』の一年は三百六十五日と千八百四十三分の四百五十五日。
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
      `ヘ:ゝ   _     小/        .当時の学者たちの努力によって、暦の精度が向上したのは間違いない。
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_         ところが問題は別の所にあった
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l   
  l  ヽハ    l    l  //  |


                                                   ____
                                                 /      \
     そういや蜀は『四分暦』のままだったはず、                ./ ─    ─ \
     こういう面で比べると蜀が後進国だって思い知らされるお      ./ -=・=-   -=・=- \
                                              |      (__人__)  U  |
                                              \     ` ⌒´     /
933 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:28:04.76 ID:DgHuGkoo
太陰暦は大変だな
935 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:29:14.68 ID:6bS4Kqgo

   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::    この時代の儒者の考えによれば、
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::    .暦には夏・殷・周の古代王朝が用いた
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i    .三種の暦があるという。
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ    夏暦では一月、殷暦では十二月、
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙    周暦では十一月が正月になる。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/      普通は一月が正月と誰もが思うはずだが……
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


                                                ____
                                              /      \
                                             /─    ─  \
     まあ、そうだお。                             / (●)  (●)   \
                                           |    (__人__)      |
     実際、晋も一月が正月だし                      \   ⊂ ヽ∩     <
                                             |  |  '、_ \ /  )
                                             |  |__\  “  /
                                             \ ___\_/
936 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:30:01.64 ID:6bS4Kqgo

   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::   三種の暦は天地人に対応しているとも考えられ、
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::   .夏暦は人統、殷暦は地統、周暦は天統と呼んでいた。
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   .これらを合わせて三統と称し、
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   .王朝の交代によって暦も変わるべきというのが、
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙   .儒者による主張だった。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/     .この考え方は前漢の儒者董仲舒以来の思想である
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

                                                ____
                                              /      \
                                             /─    ─  \
                                           / (●)  (●)   \
     確か漢王朝は夏暦人統を使ってるから、             .|    (__人__)      |
     魏の場合は殷暦地統を使うべきってことかお?         \   ⊂ ヽ∩     <
                                             |  |  '、_ \ /  )
     そうすると年始が一月から十二月になっちまうお          |  |__\  “  /
                                             \ ___\_/
946 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:39:57.95 ID:Yv6brDAo
> 王朝の交代によって暦も変わるべき

その感覚が現代人からしたら一つも意味がわかんねぇ
で、しかも順送りって…
951 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:44:22.04 ID:o6QrHBoo
>>946
今でも天皇陛下が代替わりしたら元号は変わるじゃん。それをちょっと大々的にしたようなもんかと。
937 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:31:21.87 ID:6bS4Kqgo

   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l:::: 
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::     正解。
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l    それを今回実行する運びとなったが、
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ    十二月が正月になっては諸事不便なのは明白。
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙ 
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/      .しかも、この三統の考えによって改暦を行ったのは、
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/      .過去に一人しかいなかった
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
                                        ━┓
                                        ┏┛     ⌒
                                        ・      ___⌒
                                            / ― 乂____    ━┓
                                          /ノ  (●/   ― \   ┏┛
         どちらさんだお?                    . | (●)   |     (●) ヽ\ ・
                                        . |    (__ノl   (⌒  (●) |
                                        . │       〉     ̄ヽ__)   |
                                          \__/´      ___/
                                              /|          ヽ
                                               | |         |
938 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:32:14.06 ID:6bS4Kqgo
【紀元8年 新首都 長安】

  ,ィ、 ,、    /    l ヽ                  
  ,'i ヽ' ヽ  ./  .    l  ヽ   ,/´^v'^、        
 ,'.l .ト ヽ、V,'    _,,、'-‐''" ̄/  , -、'、 '、
 . l  .l \ \r''"´/ィ、ヽ   / ./ __ヽl、 '、
 --、 ヽ `ヽ、ヽ'"/ l ヽ.ヽ、,,/ /./´__ヽ.l ヽ,,l _,、-''´ハ
   l\ ヽ、  `"´    `-r" / /__ ヽl,/'、ヽ  ノ ,l 
 ー┴-ヽ ヽ─---  、. . 'v' //ヽヽ l''"7ヽ l/,イl  
 ::::::::::::::::::l l`"''ー---=-、、.l 'イ .O.l::/   ヽ,、-'"/ l__.ィ
 :l ̄`ヽ:::::l !  /::r==--、、l:::ヽノ;/___   //l l ヽv'::
 ::l ‐ッ、ヽ、 '、 fl:.:.`、ー┴'-ヲ:::::: K‐Ξー--'7r'"_l_l__」/::::/
 ,ハ  l ヽ ヽ'、 l.|:.:'"''  '"''":.:.:: ,,.l、`'亠'::::l /__:::::::::::::::::::::/
 /ハ 'vr"^/イ!`i.|.r' ,     _r'_,,:::..l `" ':,'/, /:::::::::__,/
 / ハ ヽ ,'i l.| l.l'"''  ,r''"、、 `''"^ヽ 、il/l'イ/ ̄ ̄
 ,/ ヽ .ヽ,'.l l.| l |  ,:'  ,r-----、" l ,/ lハ/
   /,ヘ、,' l l|  l|、,,   ;'   ̄二 '  '.,ハ l l
  / ///,' l || ||//ヽ、,,ィ  ,ィ1"''ヽ /l l l |ヽ
 / /// ,' l .l | ll// /ヾィr'1l l  l.lヾイl .l l lヽ\
  /// .,' .l .| | l|// / i l l.| l   l l l l .'、.'、'、 ヾ\
 /// ,' .| l | l.|l l l l .| l| i l  l l |.ト '、 '、ト、 ヾ\
 "''ー、l .l! l | l | ! l l.|  l  l  l l |.l'、 '、 '、ヽ  ヾ\
 ::::::::::::l .l .l | | l.|l l l | l .|.  |  l l l |ヽ ヽ ヽヽ  ヽ\._
 :::::::::: l l| .| l .l l| l  .l .l l |  l  l l |、ヽ  ヽ ヽヽr'" ̄`ヽ、-───、'''"
 `ー''"l l | l | l .l l | l l . l .l .l l ; lヽ、ヽ   ヽ ̄::: ̄ヽ  ヽ_,,、-‐'''"l:::::
   く;;l l l l | ll l  l l l l l .l l l、lr:::ヽ ヽ   ヽ::::::::::ノ   ,ノ____/::::::::

              新 皇帝 王莽

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        こちらさんだ
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       (なお、後世においては、則天武后も同様の改暦を行っている)
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
939 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:33:08.66 ID:0AGGzRwo
始皇帝かと思ったらこちらさんでしたかww
941 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:35:44.79 ID:dmeJMeUo
トンデモ改革と言えばこの人だなww
940 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:34:31.44 ID:6bS4Kqgo

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \           縁起悪っ!!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
                                                    / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
   そのせいか曹叡の死後、正月が一月に戻されます。              .(__人__)     |
                                                 (          |
   ただし、『景初暦』自体の出来はよかったため、                  .{          |
   こちらはそのまま用いられています                        ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                  |  |_\  “ ./
                                                  ヽ、 __\_/
    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j 
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ     なお、ここからしばらくの間、月の表記は従来のそれに従って行う
      `ヘ:ゝ   _     小/    
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l   
  l  ヽハ    l    l  //  |
942 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:37:34.12 ID:6bS4Kqgo
【紀元237年5月 魏首都 洛陽】

       /    /       Λ _,、    ゙~ヽ    ヽ.
        /   , '    ; ,i! i;;;;_v';_| l     `ヽ.   i
       /  / / ; / ! :i'| |    i |  !i     ゙j  |
     ヽ_,,ノ;  !: l/| |, Li !     i i! l,|  .:|   :|   |
      ´フ:: |: |: i'"|_i_,! |_!   |_i' /、!  ::!  .:;|   !
        /;: |::. l;__! __,,,,_      ` | .::/  ::|;レ'"    三公になれるなんて夢のようですね。
        !:: {:_j. ''"   `    ‐'''‐、,`"''! .:ノ.;ゝ
       レ'"l|  |         ,     ` ./__/´.::l      もういつ死んでも満足です
       /  l.|  |     ,,,, __       /  !ヾ;ノヽ,
       /  /i´ ̄|、    l   ;゙     /|_|  i   ;
      ,!.へi |:.   |'゙ヽ、  ゛- '   ._,イ/|  i   |.へi
      !.へ.! l::  │_l゙丶、 __ ,, ‐'l  " |  :|   i,へ.!
           !::   l´l'丿       lヾヽi  ::|                       ,.、-rァァァァァ‐-,.、
    _,, -‐ '´|::   | l´         ソ |  ::|'' ‐- 、_                   ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
   /ヽ.     |::: │ヽ         ./  ! .:::!   /\              lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
                                             || へ、_`ー '_,._へ ||
           魏 司徒 陳矯                           rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
                                                |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
                                 .             ,ゞ|   人__人   |く
                                      _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
   お前さん、そういう事言ってると……           /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
                                    /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
                                   ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
                                 .  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
                                   ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
                                   〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈

                                             魏 司空 衛瑧

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      四月、曹叡は洛陽に帰還。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       五月になると、病死した陳羣と董昭の後任の三公を任命する。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .これにより、尚書令の陳矯が司徒に、尚書右僕射の衛瑧が司空となる。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .太尉の司馬懿は相変わらず長安に留まっていた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
943 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:38:11.59 ID:6bS4Kqgo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \        .衛瑧は初顔だお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /         どんな奴なんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                              / ̄ ̄\
                                            / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
                                            |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
     曹操が董卓打倒に決起した時に、                  . |  (__人/     \ヽ、,.// ../
     スポンサーを務めた衛茲という人の息子です。           |    ` /       ``77   /
                                           .  ヽ   /          / /   /
     衛茲は榮陽の戦いで戦死しましたが、                  ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
     衛瑧は功績を重ねて司空まで昇進しています。            /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
                                             |. \   〈\.\,〉 `,  f
     硬骨な人物だったと伝えられています                 | . \  (ヽ ヽ `..   |
                                              |    .\ \      ノ
944 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:38:59.73 ID:6bS4Kqgo

    /.:.:.         \
    /:,:.:.:  /   ヽ    \
   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
  /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    
   ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ       ところがこの一件の矢先、司徒に就任したばかりの陳矯が病死
      `ヘ:ゝ   _     小/    
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_     
  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
  /  | l:l   l     l   l::l l   
  l  ヽハ    l    l  //  |

                                                      ____
                                                    /      \
                                                  / ─    ─ \
         おお、もう……                              / -=・=-   -=・=- \
                                                 |      (__人__)  U  |
                                                 \     ` ⌒´     /
945 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:39:49.30 ID:6bS4Kqgo
【紀元237年6月頃 魏首都 洛陽】

          ト、  ,.   ―--、__
          レ' ´      ,__} `ヽ
          _,/     ,. ィ´  `Y´ ̄`ヽ、  __,.ィ
           </    ,f´! ノ / ,ィik i  (ヾ<´/ノ     _人_
         |    j i| /A/_/   }ノ!川i l〉 }))/ト、      `Y´
         !ヽ   |ルヘ{^Vヽ イヒ卅ミ//イ`Y! ヽ
           l     ! ト、_,   ,ィcミ、{(_ 〈__」i|  }      また宮殿を建設しようと思ってるんだけど……
            l     ,ハ !'' ̄  ,  〈_r'ノ》'ヘ、 \ァ-、
            !    } ト、_ー-  '''~/イリ/!\_,ノ _> 、_      
         i    ハ VK ̄))_,. イリ|i// | K        `ヽ
           {   ,/((ヽ\ (( ̄二ニユ|{:{y┴'='`ヽ、__    }
         A       ヾ `ヽ}」L_, t-=、 __       ,.  '           ,x-=ニ、彡ニ-‐‐->'´ヽ、::. `ヽ、
       /リ}             ヽ| ̄ ヘ、  ̄_`))> '~                !' .:::;r‐'´    、.、  `ヽ、ハ:;:...  `ヽ、
      ./ ∧        )   }_    7 ̄ ((                  .ノ! ,r'..., /   .ハハ ハ..ヘハ;::ハ`ヽ、::...  ヽ、
               (  ,ノニ='  }                    ./ |f r .,' .:|:    .::l...l:. ::l ::l::l:::::|::::::::ヽ;:::.  l
                ヽ(_,     ノ                    /.:/:|l :l .::l. ::l::.   .:::l:.:l! .:i! .:/ノ::::::!::::::::::ノ::  ノ
                                          .l l、|ヽヽ、lヽ|.、:.. .::::/l/l:ノ.lイイ ::::::|::::/: /
                                           ヽ、`| `ヘ.┬┬ヽノ  ┬┬‐.|. :::::l::(:::. ,r"
      いくらなんでも建てすぎです。                    ∨.ハ!.乂jノi    ヽ'__ノ.l .::::l`、:\:ヘ、
                                           /∨ ∧ `´         ∥∥ヽヽ:::)__ノ
      農民は労役に駆り出され疲弊しています。           ( :::r'∨::::i 、   △  _, ィl / _ノノノ
                                             .\l ∨::l .||≧-‐≦||  l /
      それでも工事を行うのなら、                        /`/lヽ--/l∥ ~ヽ
      無駄な出費を抑えてから行うべきでしょう               ./ ,イ |〔VV〕|l|   ハ
                                                .i  |.∧___/i.|      |

                                               魏 文官 王粛

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      しかも曹叡は、口うるさい老臣がいないのを幸いに、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .宮殿造営の動きを再び活発化させていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       散騎常侍の王粛が思いとどまるよう諌めたが、効果はなかったようだ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .他にも多くの群臣が反対しているが、曹叡は彼らの言う事を聞かなかった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
947 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:41:39.56 ID:DgHuGkoo
金がありませんとかストレートに言ったらどうなんだろwwww
948 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:42:12.11 ID:6bS4Kqgo

      | /     /    i   i    i       .i       l    l   /
      |.!     i     !  ヘ   i l     ヽ  |   i  i ,!   .j  /
  .、   i,!     |       ヽ  i、  ヽヽ    ヽ |  /  //i    /lィ´
  |   .i!       |       l\ヘ\  ヾ\    i |  / ,イ/ /_,,ィ' .l ヘ
  !.    !.     |       l  ヾ- `ヽ、!_ ` ヽ、 i.! !/_!'、,,"_.ll  .l /
 /     ヘ    l     i  l     _,,、r- ''¨'''  ヽ|// ̄ _,,  l l  l/
/    /ハ    l    l  l,、r- ''¨´  _,r-        / r'´  l .l  l
    / ノ  ヘ i´ ヽi   l   l   ,、r '¨´ !        '   _,ri! .l  .l
   _,r'´    { !´ヘ.|   .l. .l    __,,,,,,,,        ,rヤ¨!.リ l  l  やはり、仲達殿に帰って来てもらわねば……
 /7    ,r'´\ 〈 !   l  l ,r=====テ、       /!_彡:', i  l .l
〃, {    {|:::::::::::\_i   l  l〃弋゚r_ノ_ノ  `      `ー ´.l  ! ト、  .陛下も仲達殿が長安にいるのをいい事に、
! ハ {.   i !:::::::::::::::::::i   l l  ` -ー ´             i.  ! .!:::i!  思うがままに振舞っておられる。
\ヘ \ヽ_ i ゝ.:::::::::::::::.ヘ  .l l             .i    / ././::/i
 ゙ー  ̄  i::、\::::::::::::::ヘ  i.!ヽ            ´   /  //,r',i'!  .老臣の方々が亡くなって、
       i::::\\_:::::r'ヘ  i!\.ヽ        =ア   /|  ,ム'´,r'::l  馬脚を現したという所でしょうか?
        i:::::::''-,,_`'' - i、 .l:::::::\ ヽ 、      /ヽ:::|   | r'::::::|
          }:::::::::::::::''-,,_  ̄`''- ,,:::::`''::-..,,`ヽ=-<´   `l  l l:::::::::!
      /\:::::::::::::::::::::: ̄`''- ,,_ ̄|::::::::::::~7 i'´|:::ヽ  l  l l:::::::/
    /:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::| |\:::::::ノ 〉.|::::::ヽ. l  l .l:::::'


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹休・曹真・陳羣が死んで、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        曹丕が後事を託した臣は司馬懿のみとなっていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .曹叡の無茶な振る舞いを糺せるのは、陳羣以外には司馬懿しかいない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          そのような空気が魏の朝廷に満ちつつあった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
949 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:43:00.08 ID:6bS4Kqgo
【紀元237年6月 魏首都 洛陽】

― 洛陽市街 ―

     またまた労役に駆りだされるとか……    もう勘弁してほしいよ     うちの田畑なんて荒れ放題……
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /           u \    ト、,:イ   /          U.ト、  /              \    ,:イ
_/   ___ ,,),,) ___ヽ   |/ |__/  _ノ     ''ー- | \/            U  |_/ |
...::::ヾ:::::: ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/ | ̄  / .:::l    へ      へ |  l   \,,     ,,/  :::::r'::    /
::;;;;ジ:::::::U ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/  |;;::.シ  .:::;;|:::::            \_|    >      < ::::::::ゞ;;;;.. ジ
 ̄|:::::::::::::::::   i ̄i ̄i ̄i    | ̄   ̄ ̄|::::::::   i ̄i ̄i ̄i     |    \___/  ::::::::::::::::::| ̄
  ヽ:::::::::::::::::::. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ       ヽ::::::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ      \/  ::::::::::::::::::.ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.       !ニ三三ニ三三三三三三三三三三三三三三ニ}
      iニ三三:ニ三三三三:λ三三三三三三ィ!三三ア
      !ニ三三三ニ三三三::|ニ三三三三三∧i !三ィ"
     .iニ三三三ニ三三三:lニ:三三三三ヘ薔}l|三:|
      ./ニ三三三ニ三三三!ニ:,>-‐ "´ 、`!l|i!三;!、
    /ニニ三三ニ三ニ三三iニ:∧     __' 人i!三ニ!       ―― 君主は民のためにあるもの
    /ニ三ニ三三ニ三ニ三三三ム     ´ ,イニⅦ三ニ}
   ,'ニ三三ニ三三ニ三ニ三三三:',、   イ l|三三ニシ
   ,'ニ三三:ニ三三ヽニ三ヽニ三三:! /ノ´! | !三三イ′
  ムニ三三三、三三ヽニ、三ヽ三三、!{ .ノ!.|リ三三 |
  }ニニ三三三ム三三、ニ、ニ三ヽ:三: リ !i/三イ三:|
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       しかし、五丈原以来の魏は、表面だけ見れば至って平和だった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
950 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:43:57.15 ID:6bS4Kqgo

      ,'ニ三三三三三三三三三三三三三三ムニヽ.
       lニ三三三三三三三三三三三三三三三ヽニ、i
.      iニ三三三三三三三三三三三三三三三三ニl、
.       !ニ三三ニ三三三三三三三三三三三三三三ニ}
      iニ三三:ニ三三三三:λ三三三三三三ィ!三三ア
      !ニ三三三ニ三三三::|ニ三三三三三∧i !三ィ"
     .iニ三三三ニ三三三:lニ:三三三三ヘ薔}l|三:|  ―― 民を大切にしないのは、
      ./ニ三三三ニ三三三!ニ:,>-‐ "´ 、`!l|i!三;!、
    /ニニ三三ニ三ニ三三iニ:∧     __' 人i!三ニ!  ―― 君主の職責を全うしていない証。
    /ニ三ニ三三ニ三ニ三三三ム     ´ ,イニⅦ三ニ}
   ,'ニ三三ニ三三ニ三ニ三三三:',、   イ l|三三ニシ
   ,'ニ三三:ニ三三ヽニ三ヽニ三三:! /ノ´! | !三三イ′ ―― 桀紂は暴君であり、民を苦しめた。
  ムニ三三三、三三ヽニ、三ヽ三三、!{ .ノ!.|リ三三 |
  }ニニ三三三ム三三、ニ、ニ三ヽ:三: リ !i/三イ三:|    ―― だからこそ湯武は彼らを倒し、民を弔い罪を伐った
  .ハ1ニ三三三三ヽ三三、ヽ三三`゙三レ'三三:ムニ:|
 /ニ:!ニ三三三三三三三三\三三三三三三ムニ!
./ニ三ニ三三、三三三三三三三`:三三三:〃三三、ハ
'ニ:三ニ三三:ヽ三三三三三三三三三三:レ三三三ニ',
952 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:44:42.60 ID:6bS4Kqgo
― 何晏邸 ―
                 _ __ _ __
         __  , . "´   ´      ` rく ___
     ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
    /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
     ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
     ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
       〃/l        l| __ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
      .〃/ l! l  i l|  `ヽ!l、l"⌒i!  |l ||l /  l/ ハ    丶\
    〃/ {  l  ! l! i_!」Ll」_ `ト i|、  孑士ナナノノ从/ハ     〉 } .ならば、宮殿造営で民を苦しめる今の陛下は、
    〃/  ヘ l! l!  云=ミl ヽ  ,ヘ{:::{、Yリイj::}|レ′  ハ   //  桀紂のように討伐されるのでしょうか?
    {L{..__ l| ヾレ仆从 弋:l! }` V′ ヾト-rァ/ ハ     . .//
    `¬7メ、/    |ヘ ´ ̄`  ,    `ーイj/ l|     .∨/    何晏先生?
        }ハ 、 〃T 、   _  ,    / i l|      y ∧
        ノノ }i! l|  i ,ゝ、       ィ>、_l l|     { {ハ
      / ∠⊥⊥ i!く_   ` ≒Y r、´/   ル. l|     ≧ニニニミ 、
     / /      `ヽ、_ノ`ー'',ヘ^、 ヽヽ. r、/ l| lr'´ ̄` ー - 、__ ) )
  // ハ _ _ ,        { ハ .| | | { { Y´ ′     __, - '/レ' /
  /〃,'  {  し~ 、 _     .〈 l .l `v′ヽ、∨       ノ   / / /
  `≒=、 ハ      ヽ     |.ヽヽ     }    ,r~´   / { {_
 / . \\ヘ      `⌒ー 、人    |\ /ー‐ ' ´      ノ   ≒ 、`ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .司馬師、字を子元。司馬懿の長男である。 当時三十歳。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .生まれつき容貌に優れ、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       冷静沈着、大きな知略を持っていたと言われる。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .若くして夏侯玄・何晏と親しく、彼らと名声を等しくしたが、
    `ヘ:ゝ    .'    小/          当時はまだ無位無官だったらしく、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          先年の夏侯玄一派の免職には巻き込まれなかったようだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
953 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:47:17.81 ID:6bS4Kqgo

      .'   ,   /  :∧:    ヽ.  :. :
     .:  :/ :/: |:| ∨:! |   .:'; i: l
    : .:! :i:|:..:|!| | !|  | !リ | !| l: l
     j: :l :从 i|ー| 、N|  i__ム斗-リ |: |
      {: :l . :ヘNx=ミ、ノ ノノ云ソイ:  |: |       孟子ですか。
     Y:  . :|イ 廴;リ   ´廴;リイ从: :|i . !
     |:!. . :|i、            /|   リ:八       あなたは時々突拍子もない事を言いますね。
     从:. .:|^ヘ    _ ' _    /^i   {: ヽ.
    //.i  . :∨ へ       .イ:::::从   :Y  .: 、    .あまり不穏な発言をしては、
   // /   .:.∨rー=≧≦=ュ:: /    :八   ヽ   .お家の大事に関わりますよ
  /  厶:     V    i|:    ′  .:/:、: `ヽ :}
/ ,:イ  :ヽ   :j :.  ̄`!´ ̄ {    ′ `ヽノノ
{: :/      )  .':.   :i!    ヽ   {     Y              / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
 V     /:. .:/     :i:!      :y  :Y:     l           / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
 i    .,′ 〈     :i:il     ′ ノ    l          ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
                                        /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|
                                      , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
    ははっ、構わんよ。                      .l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /
                                       ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l
    今の陛下は寛大なお方だ。                   l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l
                                       j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl
    むしろ今の言葉を聞いたら、どんな顔をするやら     /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐
                                         l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
                                        ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

                                               魏 文官 何晏
954 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:49:58.83 ID:6bS4Kqgo

        .:′.:/  /    .:/ .:/  .:⌒ヾ
         i  :i:i .:;′  .:./ .:/:/ .:ハ  :i ヘ
         l  :l:| .:l   :从.:/:イ .:/ } :l! : }
        ;  :从 :l    :|ィ㍉ム/! /i:. :iⅣリ
         / ://  !  :i |んソ`ヾリ 厶イノⅣ    .子元。
      / ://   .!  :l |`¨´   んネ:.i|'′
     .:′://   :/|  :l |     ゝ从 i|      あなたは今に大魏と司馬家を背負って立つ身、
   /   //   :/ :|  :l |  -‐ ィ :.:.:.i|      .野に在るのを良い事に気ままな発言を重ねては、
   ;′ .://   :/ : :|  :l |ゝ、_/:.:| : :.:.i|      周囲によく思われません
   乂 .:./   :/:_人i!:.  `㍉:.:.:!|:.:.:.| : :.从     
     У    .:/'´   \:.   :Y:.:!i :.:.|i:.:.:.:.:.:',     .
   {:.   ,.:′      Y :人:.:.';.: |:!:.:.:.:.:.:.i
   从:   :イ        ノ :{  ヽi|:.从:.:.:.:.:.リ    
  / :Y i:.:i         (:.   `:、 \:.:.:.:.:.((             _-==ニ三フ            ヾ 彡 ≦ミ三≧ヘ、
 /  .:.i! Ⅵ       \:.  .:ヽ  \:.:.:.: Y           /:::::/:;ィ7/    ′     、   丶  ト、 ヘ  ` ̄´
  {   :j!  }:!            ))  .:)   Y :ソ            ̄フ::/ l ",  /  ,,  i    l   }  l|  ヾ ヽl\ ヽ
                                      //  ,' ./ /  l|  l   !   l!  !  }  i! 丶\ 
                                      "  ./ /! l|   l!  |! "⌒)-チ‐|!- リ   l   |   \ヽ 
                                          / /ヘ リハ  T〒ミx `メr≠ニミl'   l!  l|    ヽ\ 
                                      ./ /  ∨ ト、 K弐ヾ、\j{〈{匂イ}j   l|  l!     \ 
                                       / /   Ⅵヾ∧ゝ__リ    `辷ソイ'   }  i|        
  だからこそ親しい間柄でしか、                ./ /     ゞⅦハ  ′   、_){   /:.  l|      ム 
  このような話はしない                     / /     リ  l ヽ  ``    /  /:.:i:.  !    /  
                                      / /     / , ク '  l:.:._>- r ≦/  /:.:.:l::. 八_.  / / 
                                     イ ,'      /r' ム-久l:r、Y⌒Y^lノ  ,ハL:.」_;水´{ ∠ く_ 
                                   ム l{     // ' ,ィく ヽV /}泌r/  /: : :イ: :_:_:ヘ:》  `ー ニ 

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .夏侯玄と司馬師。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       義理の兄弟でもあった彼らが、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .次代の魏を担う人材であろう事は衆目一致していた
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
955 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:50:44.24 ID:6bS4Kqgo


       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l     
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ     
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',    .夏侯太初は、
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l    表面に現れない道理を推察する事ひたすら深い。
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',           .それゆえ、天下の人々の意志に通暁するだろう
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .そんな二人を何晏はこう評している。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       まず、夏侯玄についての評
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
956 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:51:17.77 ID:6bS4Kqgo

                        ____
                      ,, ´.  . . .: .::.:`::..、
                   _彡 . .. ..::. :.::.. .::..::.::.::::.::..
                  /. .:.:.::/. :.::/..::.:.:/:.:::.:::ハ
                / :/.:/:::/.:.:::/. .::/:::/.::/:::/..:: ',
.               ///.:/.::/く//: ://!:i:{:::/..::::.:.}
             {ハ{|:j{.:/y'泝メ/ァ=―j:ハV.:.:://
                 }|:Ⅳ/} `'l/′ -も笏ラ.::/.i:/
               八い从 〈   `ニ彡'’ク/从
                    ″》、`ニー- /,爪//        司馬子元は、微妙な動きを察知する事ができる。
                  'jノ》:ァ=≦=彡'从j{
                  _ _,〕.. .-=ニ:_:_:ハ         .それゆえ、天下の務めを果たすだろうな
               ,, -‐=彡≦芋芋ミ寸冖;
               rく //,x〃.: : : : : : :州: : :‘,
.           //,>'^X//i{: :_: : : : : : 州.: : : :\
            〈// /://l小 : :\ : : : 州: : : : : : ヽ
           `てぅ'’y /〉ハハ.:i: :\: : :〔沙x:_: : :/.:リ}
             ,イjv' /{{八ハ| : : : \:i//:`' ミく.:/》’
.            厶≧'^: }}: .:刈 : : : : : |'′: : イ:>'》′
.          ‘v/: : : :人'v_i.:]| : : : : : |.: :/彡〃
              ‘《 : : : : :`:┬j| : : : : : | /.: :\:j|


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       続いて司馬師の評
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
957 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:52:37.87 ID:6bS4Kqgo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    高評価なんだろうけど、こいつの評価ってのが……
|       (__人__) l;;,´|     
./      ∩ ノ)━・'/     杜預さんは司馬師の事、何か知らないのかお?
(  \ / _ノ´.|  |      .杜預さんも司馬師とは義理の兄弟のはずだし……
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
                                                       / ̄ ̄\
                                                    /  ヽ、_  \
                                                   (●)(● )   |
     いや、私は彼の事はほとんど知りません。                     (__人__)     |
                                                    (`⌒ ´     |
     私が司馬家に近づくようになったのは、                       {           |
     義兄上の代になってからなので……                         {        ノ
                                                     ヽ     ノ
                                                     ノ     ヽ
                                                      /      |
958 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:54:19.83 ID:6bS4Kqgo
【紀元237年6月 魏首都 洛陽】

― 何晏邸 ―

    //   /       l  l l  .|   |      ヽト、
   //   /        | .l .ll  .ll  i .|!      ヽ \
  / /    ./        i  |  i! l l l.l.l l! l l  l .| .i  i!ト、ゝ     
. 〈 〈_.  /       |  |! l!ll ヽ! ヽ ll lヽ .l .l  l   lヽヽ      話が長くなりました。
  ゝ―、`十‐-、     l   l! l `ヤ又ョュi! i! ヽ l(( l  l   l. \\   .
      ̄`ー、 〉    l  .l l |  ゞヒ.i.ン`   ヽ!.)). l i ト、!.       そろそろ失礼致します
     / //    l .// l l   `´    トイ`fヘ,//! / .| 
.    ///       // ./ /        レ弋ン"/ .|/  
  ,ィ=´ィ'´      .//`j//       ´   トゞ"´  ./               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.r‐〈〈――---、  /`ー、.//ヽ,     `'   ((! |   .|              /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
.|: : ヘ.V: :_,ィ-、: :`ヽ: : : : ://:ノ: イー、 _ ,  <´ )) l   l             /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
..l: : : 〉〉: : : : ゝ_,,、:`、: :.://: `´`´:ヽ´`ィ--.、,_   | .l   l            ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
                                           /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
                                           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
                                            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
        うむ。                                 l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
                                             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
        また来るといい。                             |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
                                             ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
        閑職についていると暇で困る                      |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                                                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
                                              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
                                           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .若い頃の司馬師について、分かっている事は少ない。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       いや、彼の生涯において、彼の人柄を示す逸話は数が限られる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       後世語り継がれるのは彼が成した事実がほとんどだ
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
959 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:55:06.70 ID:6bS4Kqgo
― 洛陽市街 ―

     ,'.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::i
      !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
    l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!   子元。
    |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l 
    |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」 ,.弌¨  .ハ|.:::.:l:.:!   また何晏の家に行っていたの?
    |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.||, イ ,d |   {ソ!::.::l|:l   
      !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|lヽ 辷ノ '   'V:.::l.|:!|    あんな鼻つまみ者と付き合っても
      |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川    良い事なんてないわよ?
      |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´     .
     |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′       太初といい、あなたといい……
     |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|       
      !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
      ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|           ハ三三三三三三三三三三三三三ツリ
   /:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.://:ハ::.:::.:l'  \ ヽ  \|!            i三三三三三三三三三三三三三/:/  
                                       |:三三三三三三三三三三三三:/:/ 
                                       !:三三三三三三三三三三三:/:/ 
                                      ,!三三三三三三三三三三;:< :三{ 
                                     /l:三三三三三三三三:/   / 三! 
                                     ハ三三三三三i三三三/   ァ' :三:!  
    私が付き合う人間は私が決める            ハ三三l!三三三l!三三ハ>- ' :三:シ 
                                   //:三://l:三三三:!l三三三ヾ/三/ 
                                   ハ三三/::i!:三三三:、ヾ三三三l三{ 
                                  .ハ三三'三!三三三ヾヽ:\三三ト、:i 
                                  ハ:三:/:三三三三三:\ヾミ、 三三`ヽ 
                                .   ハ三:/:三三三三三三:`ヽヾト、\三/
                                  ハ三/:三三三三三三三三三三:∨{:i
960 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:56:55.99 ID:6bS4Kqgo

         /三三三三:\
         /三三三三三三: ヽ
      / /三三三三三三三ニ:、
       ハ/三三三三三三三三:i ハ
     i/三三i三三三三三三三! :i
     {i三三:l!三三三三三三三!::l      玄伯。
     ハ{三三:!l三三三三三三!三:!l
      ハ:!l三三! !:三三三三三:l !三!i    何晏様の邸の前で、
    ハ::ニ三三レ´ ̄ヾ三三三j l三リ    わざわざ待っていたのはどうしてかしら?
    i三:ニ:三:{ `¨´ `ー==ァ'三/ハ
   ハ三ニ三三:、   _'_  /!l∨:ニ!:ハ
   //三三ニ三三ゝ ___ .ィ i lリ'三i三ハ
  / i三三三ニ:三:l }} /  ,{!/三ニl三ハ
 //l.!三三三ニ:三:ゞヽ{  ,〃三ニl三三ハ                             .. -─── -..._
/三!l三三三ニ三三:ヽ.ソ三三ニ:リ三三ニ:、                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
三三:三三三ニ三三三三三三ニ三三三ニハ                          '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                                 ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                                /::::::|:::::::|:::::/!::::::/l:::::ハ::::/::::::::|
                                                '::::::::::|::::::l'_Vメー ' -'ニ._7::::::l::::l
 速報よ。                                ´'⌒ヽ`.      /::::::::::::ハ:::::!辷ハ   '辷'/::::::/7:::ヽ
                                    _.. -―...>` ー.':::::::::::::::::::::ゝ-         ゝノ:::::::::::::\
 遼東の公孫淵が謀反を起こしたそうよ。      ,  "´´:::::::::::: _,.. -─ ' ::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ   -   イ:::::::::::::::::::::::
                              ∠::::::::::::_.. '" ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_> - イ::レ':::::::::::::::::::::::
 国号は燕。                     /:::::::::,.. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ハ\   /ン:::::::/i:::ハ:::::::::
                             `'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.. - ´::::::::::/::::∧ : :\_V ´:::::::::ノV:::l : :ゝ、_
 百官を設置して、                  j::::::::::::::::::::.. -― "´ /::::::::::::::イ '::::::::/: : ゝ '´:::イ::::::/__ l::: |: : : ! 
 年号を紹漢と称したって聞いたわ        ゝ::_..イ/´     '::::::::::::::/j :/:::::.:ノ:/:::::/::::::::/  Yノ:::イ: : :::l 
                                      /::::::::::::://::/:::::, /::...イ::::::::::/、_>':::/': : :/:.:|. 
                                      '::::::::::::::/ ':::::::::レ '´ イ/::::::::::,へ /::::/^ハ:.:./: : | 
                                    /イ:::::::::/ /:::::::::/...イ>'::::::::::::/'ー― へ ノ、  V: : : ハ
                                     ノ::::/  イ:::::::::ィ: : : : く::::::::::/- =_ ≡ = 、   \| : : : :
961 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:57:42.24 ID:6bS4Kqgo
【紀元237年6月 魏 幽州 襄平】

       /:;ィ::::::::::::i\\\\\,.////     i::::::>、ヘ;;// __  i
  ___ i:::i l::::::::::::lヽヽヽヾ○゙    ,.○   _.. ィ´  ) ) / } ,!
  ∨.___ o77''‐- ..!,,_     \  /  _..<   _ // ^_=ニ i
  ヽ;ヽ、_\! {       `゙> 、 ゙V∨ / _.. -‐==‐-Y /_ノ ノ
    !. r‐- 、\\ _,,.. -‐- ..,,_   `i.l!!'," /,. ニ‐ ミ  l:::|l  二-、 !
    ヽ ヽ-‐" .>「r::', ̄_,,...ニ、>、!';;l i// == `/ i//;'´‐--.' /
      ', ', ̄¨>。',',::::i'´ ==_..ゝ.八 ol ゙丶、 ̄¨゙"_//r─‐┐ i、
      ヽ¨"r‐‐-、∧:i`ーニ¨=イ..-‐ヽノ‐‐=ニ‐ ̄‐- ..,,__`ニ二,ノ、 ゙i
        ト,ヽ._/__,,.`¨ ̄/.//´   l    ヽ.._‐'"ヘヽ! ',i,-、 !.l          蝶・サイコー!!!
       ';:゙i ヽ¨___ノ /_//.   ヽドヘ     "/!i`> 、 oヽ、"/
        ';::\__,..イ"ケ¨,,<`.___,,.. -゙"‐─‐ ''"´`i i::::::::::ヽ ト、\
        ';:::',ヽl  /', \ ,、 r-‐…'' ¨ ̄レ!/l ,'::::::::/_,入ヽヽ ',
 .         ';::'/ i'、:::::::゙、 ',ヽ! `         l .,'::::://  `ヽ、  ',
 .        i / ! i,.へ、:::::゙、∧  ,._  ,. --トy .,'::://!      \.',
         ,' l/./    \.、::゙、ヽ' レ! `Y  lヽi .,'/ / l
          i /      \ヽ \ !   l  lノ/ / l
          レ        l \  ゙.l   l   l,.  /  l
                 /l   \`',     l /  .l \
               /  l    ゙ヽ',   i´   l   \

燕 燕王 公孫淵

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       景初元年六月、かねてより不穏な動きを示していた、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       遼東の主公孫淵が自立して燕王と自称
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
962 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:58:17.39 ID:6bS4Kqgo
【紀元237年6月 魏首都 洛陽】

              ,.=三三三三: \
         /三三三三三三三 ヽ
.         //三三三三三三三三:ヽ\、
        //三三三三三三三三三:ヾ三ト、
       ハ三三三三三三三三三三三三:ヾ:、
       ハ三三三三三三三三三三三三三ツリ
        i三三三三三三三三三三三三三/:/
        |:三三三三三三三三三三三三:/:/
        !:三三三三三三三三三三三:/:/
      ,!三三三三三三三三三三;:< :三{
      /l:三三三三三三三三:/   / 三!                 そう
     ハ三三三三三i三三三/   ァ' :三:!
     ハ三三l!三三三l!三三ハ>- ' :三:シ
    //:三://l:三三三:!l三三三ヾ/三/
   ハ三三/::i!:三三三:、ヾ三三三l三{
   .ハ三三'三!三三三ヾヽ:\三三ト、:i
   ハ:三:/:三三三三三:\ヾミ、 三三`ヽ
.   ハ三:/:三三三三三三:`ヽヾト、\三/
  ハ三/:三三三三三三三三三三:∨{:i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       後から思えば、この事件こそが本格的な魏の混迷の始まりだったのだろう
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
963 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/12(月) 00:59:22.76 ID:6bS4Kqgo
【第二十二回中編に続く】

新規CAST

~ 魏 ~

●衛瑧(えいしん) 利根川幸雄(カイジ)
●劉劭(りゅうしょう) 桂木弥子(魔人探偵脳噛ネウロ)
●傅嘏(ふか) 脳噛ネウロ(魔人探偵脳噛ネウロ)
●陳泰(ちんたい) 閻魔あい(地獄少女)
●魚豢(ぎょかん) 椎名真冬(生徒会の一存)

※幕間は今日の夜か明日の夜にやりたいと思います。お疲れ様でした。
964 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 01:00:06.06 ID:oO7taTUo
乙でした。魏もゴタゴタしてんなあww
965 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 01:01:24.43 ID:QPoEfUEo
乙でしたー
司馬懿この時期何してたんだろうってのはありますよね
967 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 01:05:03.18 ID:3u46Wpso
乙です
戦争は国の体力を奪ってくんですね……
968 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 01:06:09.21 ID:CMlfTXso


曹丕は一応欠点もあるけど君主の務めを果たしたと評価できるんだけど、
曹叡はどうしても評価できん。
970 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 01:33:33.69 ID:RGxKwkso
乙でしたー。

あれだ、ちょっと秦皇漢武タイプが出るにはあまりにも早すぎる。
971 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 01:55:42.32 ID:CMlfTXso
>>970
なんだよねえ、どちらも、統一された前代までの蓄積があっての行為だったし
973 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 05:52:31.32 ID:69u.ZpUo
乙です。
陳羣に変わりうる人がいなかったのが痛いね。
蜀の人材不足が嘆かれるけど、国政を担って君主と和し、
忠誠心が篤い人材なんてどこの国でもそういるもんじゃない。

>>907
>当時の魏には大官の子は任官されない決まり

ぶっちゃけ、曹爽からこれが崩れるからヤバいんだよな。
974 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 07:52:04.90 ID:RGxKwkso
>>973
>当時の魏には大官の子は任官されない決まり

まぁそこの所はどうなんでしょ。
高官フルコンプに近い鍾ヨウの子の鍾毓が鍾ヨウ健在の太和初年に確か黄門侍郎になってたし。
それ以前の14歳の頃から散騎侍郎についていたようだから。
一部の高官の自主規制だったか、あるいはあまりに低い官は記述から省かれたと取るのが一番シビアな見方だと思う。
975 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 07:58:26.53 ID:69u.ZpUo
>>974
ああ、高官の子供が高官に任官されてないってのが論点ね。
言葉足らずで申し訳ない。

個人的には、これが崩れたのが司馬氏の政権奪取の要因だと思ってるから。
3 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:02:21.82 ID:8yqXrYMo
【幕間】

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_         さて、ここからは幕間になる。
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´         今回の幕間は、本編投下に関する補足
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (●)  (●)   \
     何故にこの組み合わせ?                        .|    (__人__)      |
                                             \   ⊂ ヽ∩     <
     いつもの二人はどうしたんだお?                      |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/
4 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:03:29.16 ID:8yqXrYMo

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:. /:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:. /:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./   .これから先の事柄を彼らに喋らせるのは、
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ    .なんだか気味が悪い。
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!        .まあ、薔薇水晶氏の本編出演も叶った事だし、
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./         ちょうどいい頃合ではあった。
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´          .彼らの本編での活躍を願っている
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ
                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (一)  (一)   \
        大人の事情かお……                        |    (__人__)      |
                                             \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/
5 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:06:24.41 ID:8yqXrYMo

         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ     とりあえず今回は、陳寿が本編で不思議に思った事を聞こう
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
         ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、
       (_;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)
        ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´
                                                   ____
                                                 /      \ ( ;;;;(
                                                /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
   まず陳羣。                                    /    (─)  (─ /;;/
                                              |       (__人__) l;;,´|
   なんかこの人を調べてると、                         ./      ∩ ノ)━・'/
   劉備様の逃がした魚はとんでもなく大きかったんじゃないかと?    .(  \ / _ノ´.|  |
                                              .\  "  /__|  |
                                                \ /___ /
6 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:07:28.77 ID:8yqXrYMo

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.    .実際大きい。
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、     
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/     .ただしこれは、「徐州に行くと袋叩きにされる」という趣旨の陳羣の進言を聞かずに、
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ      陶謙の後釜となり、袁術と交戦し、結局徐州を失った劉備に非がある。
   \ヽ、 _ , イ!::/      
  / ヽ{  ト、ヽ l:′      .劉備は彼の進言を聞かなかったのを後悔したそうだが、
 ∧\  マ三ソ| \       .陳羣もその一件で劉備に見切りをつけたのだろう
./: : \\ ヾ-〃 /∧
                                                 ___
                                                /      \
                                               /  ─   ─ \
 そんとき逆に「徐州へ来てくれ」って言ったのが陳登だお。        /    (●) (●) \
                                            .|      (__人__)   |    __
 でもなんだって、                                  \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
 陳羣は劉備様の配下になったんだお?                   (⌒      /     /     /
                                            i\  \ ,(つ     /   ⊂)
 同じ潁川郡の名士(例:荀彧)たちみたいに、                 |  \   y(つ__./,__⊆)
 曹操陣営に参加してもよさそうなのに……                  |   ヽ_ノ    |
                                            |           |_
                                             ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
                                             と_______ノ_ノ
7 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:08:52.63 ID:8yqXrYMo

      /: : : : : : : :/: : :ム'  ̄          \ー 、_
      /: : : : : : : /: : :/    , - ― ――― 一 - 、,  \
    「 ̄ ̄ ̄ ̄7: : : l  , - : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ,_,>'
    ヽ    /|: : : :|/: :,イ: lヽ: : : : : : :ヽ:ヽ; : : : : : :.ト、\',
     ハ_/  .|: : : :l: : : / !:.l  \: : : : : :ヾ; : : : : : : .l: ヽ ヽ
     l : : Z_  .|: : : :l: : ム斗:|-一"ヽ: : : : : ト: :ト: : : : :.l: : :L」  .孔融様の紹介で招聘させてもらったけど、
    .l: : //: /7ヽ|: : : :|: :ノ __ヽ!_     \: : ノ云ミ、: : : :ト; : i   まさか本当に来てもらえるとは思わなかったわ。
    l: ://: :,' {: : :l: : : :|: ムキ三ミ      ィ示行}: : : :|ヽ: l  
    l: ム!: :.| l: : : }: : : kイ::い::::バ       い:::7 ハ: : :.l l: l  .よろしくね?
    ノ: : : : :.| l: : : i!: : : ヘ弋::::ノノ       ゞノ {: : : :.l !:/  
   /: : : : : :Ll: : : i!: : : : :ヽ` ´        ::::::::ハ: : : :| f' 
   /: イ: : : : : : : : :i!: : ト; : : ヽ ::::::::::::    '   ノ: 川: :l ←凄く気を遣っているつもり
  .l: /l: : ハ: : : : : :.i!: : i!ヽ: : :丶    ー   '   へ: :| ハ:.l                 ,. -―ァ―-- 、
  .l:.ハ: :l ヘ: : : ィ:∧: :リ  \: : ゝ、 ___  ≦:.:|  ソ!  リ              、v,.'´: : : :/ : : : : : : :}
  .|:! ヾ!  ヽ:/ リ/ Ⅵ   >一´    ~ `ヽ                    /:.:. : : :/: ,.-‐辷¬{___
  .i!   r´   //    //           ∨               /:.:. : : :/:./ , ァ' /, `)、ヽ`ヽ
     /   //   //             }          .      /:.:. : : : /,ィ'´l/ / ,イ //} ! ト、
     /   //  //              l               /: : : : /,イl | / ,ムん/ / l/l }
                                          {:.: :.: :/:,イリ.川| /,ムャリV/_/ン/
                                          └―く;イl|ム{「| {化ソ   j付lY、
                                             ,イ¨Y-=ゝ{ ! `¨`   `''{ | ヽ
                                              / | リ>=ァ从ト、     ' イリ
                                           〈| l川 / ノ⊥,  r一'′
                                            `¨''''  /: : : :.\え=t___
                                               ,ィ彡⌒ヽ: : : :{: ̄|: :l}
                                             //,イ: : : -=\: '、: :|:.:lト、
                                              ,イf¨「|:.}: : : : : :| じヽ刄:ム 〉
                                           //!==l.|:.|: : : : : :ト、二¬ぅ_》′

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .劉備と陳羣には孔融という共通の知人がいた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孔融は陳羣を子供の頃から評価しており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .その事によって陳羣は早くから世に知られていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         劉備が陳羣のような高名な名士を一時的にしろ配下にできたのは、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          孔融の紹介か何かあったと考えるのが自然だろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
8 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:10:29.08 ID:8yqXrYMo

           , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
          | |,,_   _,{|      ,..、
          N| "゚'` {"゚`lリi    _,,r,'-ュヽ     さあ、曹操……
 ビ リ      ト.i   ,__''_  !l  ,イ彡く,-‐' ゙i,
  __,,, :-―, /i/ l\ ー .イ|、― ´ ̄`ゝニ'ィ,〉    今日こそ、や ら な い か?
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、_`ーァ ̄ヘ>'" ,,..,,、  /lトィヘ
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.   ミミ、 ヾ== ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ |  l 
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.    `ミミ、    弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ  | ハ
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:   ミミ彡ミ三=-、  | |   i ヘ   | | イ ー'_,.-==-_、 し-、:::::ゞtヘ匀  |
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:          `  ||  i ,..ゝ‐、| !/、-=' 〃 ̄`)〉- | ん:::`iヾ='  | 
                             ミミ、        ヽ\ ヽ〈〈,/ヽ       ''   '-||  く:::!  /:::  | 
                             ミミ彡ミ三==-   \ ー-\ハ   |      ' ー''`||||!| | | (:/ /:::  | 
                                    〃       ハ"'ーノ        i   ||| | | | /::://   | 
    お断りなのだわ……               彡三=''        | :.  \     !.j   ||| リ| !/ /   |  
                             ミミ彡ミ三ン''         | ヽ.    r‐-、      || //! |′    |  
                                            | /ト    `ニ`  u,. //  ̄| 「|_     |  
                             彡三=''          / /| |   > _r' ´ //   | | ||    |  



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .また、同時期の兗州では曹操と呂布が交戦していた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .当時は曹操が地盤固めに四苦八苦していた頃で、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .まだ彼が乱世を勝ち上がる保障はどこにもなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         そんな状況下で地元の豫州の刺史となった劉備から招聘を受け、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .とりあえず応じてみる気になったのかもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
9 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:11:30.84 ID:8yqXrYMo

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.      .劉備没落後の陳羣は戦禍を逃れるため、
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、      そのまま父とともに徐州にいたらしい。 
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/       
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ         呂布の敗死後になって曹操に招聘され、
   \ヽ、 _ , イ!::/         司空(当時の曹操の官職)の属官となる。
  / ヽ{  ト、ヽ l:′         
 ∧\  マ三ソ| \          .ここから彼は治績を上げ、曹操が魏公になった頃には御史中丞まで昇進
./: : \\ ヾ-〃 /∧



                                                   ____
                                                /     \
                                               /  ─    ─\
    名声だけの名士とはモノが違うお                     /    (●) (●) \
                                             |       (__人__)    |
                                             \        |\  / /|
                                             /     /⌒ノ  \/ ( )
                                             |      / / |       |
14 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:16:14.31 ID:nZdL25.o
劉備さんとこで経験をつんでおいて
才のあるもの(経験者優遇?)で知られて、曹操さんとこに移ったって感じかしら
10 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:13:45.24 ID:8yqXrYMo


    /:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::: : |::::::::::::::ト::iト::┴<:::|:::i::::::\::\
   /:::::::::::::::::/:::::::: /::::::::::::::::::: ::イ::::::::::::::ハ::|    Vノ: |:::::::::ハ ̄
.  /:::::::ィ:::::::/::::::::: /::::::::::::::::::::::/-∠ヽ:::::', ヽ  .イ:::/:::::::::i::ヽ
 /:::/ |::::: {::::::::::::i:::::::::::::::::::/__≧:::::ハ  _∠:/:::::::::人:::::ゝ
.//  .}::::::i::::::::::::|::::::::::::/ ||' r ̄ (:::). Yヾ:::i  r===レi::::::/:}\i    僕に何かあったら、
     ノ::::::|::::::: : |::::::/|  .|| \ _ i ハト=イ(::)ヽ{:l:: /:::i      子供たちの事を頼みたい
     ハ:::/i::::::::::ハ/ヽ/  ヾ___ノ   }、- i::./ハ.|
   /=\ レヘ::ハ ヽ {     ̄ ̄ ̄    ノ  |'´                               , _
  /'´   \\::::ヽ ヽi        _ _    /                        _, 、_   , __// >--- 、
  {       ̄\ ̄`ー 、      'ー-'   /                     , ' ´. : : : : : : ` ‐ト 7 \/ ̄//
  ノ`ー ─ ミ、  .\\   ̄}     ` /┐                     /: :/: : : : : :|: :i: : 、: : : Y' }=='/
. ( /      \   \\  i  >──'´  ヽr-、   .              /: :/: . : : : :/: : |: : ',彡/ V',´li`ヽヽ
 .Y         \   \\廴r >'´   /   /                 |: : l: :|. : : ://:i: :! :├ ': : : : }: ! ||  ヽ〉
 /          ハ    ミ=V    //  イ                 |: : |Vl. ://‐ノ: i: :/_: : : : : :i: :l/ /
                                              |: : |マiY 'i茫ア// /r }: : : : :/: :|/
                                              |: : l〈   `´//l / ノ: : : : /: :.∧
                                              !ソi∧ 、   '  '/: : : :/: : /:| ヘ
                                                 i:ヽ、_, - ´: :_:_:/: : : ./: :| ヘ
                                       .         l;入_,=//`‐-、ヽ: :./: : .|  ,ヘ
                                                 /  i //´      ト、l: |: : : :|   ヘ,
                                                !   |l i       l_l: \: :.|   /,'
                                .               ハ   ,}|ノ      . `i: : :\!  /,'
                                                 / / |{  i       l }: : : : |\!l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       そんな陳羣に目をつけていたのが荀彧だ。
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       荀彧は生前、同郷の名士である陳羣に自身の娘を嫁がせており、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .両家は縁戚関係になっていた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       これが魏における陳羣の立場を強化したのは言うまでもない。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          後に荀彧が死ぬと、陳羣は残された遺児を養育していたりする
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
12 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:14:32.41 ID:p.V2WUYo
逆に、あの時期に曹操に目をつけた荀彧とか程昱とかはスゲエな
13 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:14:41.91 ID:oRCGBlMo
あらそんな縁戚関係が
11 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:14:15.61 ID:8yqXrYMo

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ. 
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、    朝廷における陳羣は、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/     .好悪によって物事を判断せず、
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ      .道義に外れた事を人に押し付けなかったという。
   \ヽ、 _ , イ!::/    
  / ヽ{  ト、ヽ l:′       また、人材を見分ける能力には定評があり、
 ∧\  マ三ソ| \        .荀彧ほどではないが有能な人材を何人か推挙・抜擢している
./: : \\ ヾ-〃 /∧


                                                   ____
                                                 /      \
                                                /─    ─  \
                                              / (●)  (●)   \
         例えば?                               .|    (__人__)      |
                                              \   ⊂ ヽ∩     <
                                                |  |  '、_ \ /  )
                                                |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/
15 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:16:33.36 ID:8yqXrYMo

             ,  - -- - 、
           , '    __   ヽ、
         , '   y '´,:へ/ヾ-ヽ、  ヽ
        ,'   ,彡´`  iM;l  ``ーヽ /',
         |  /´ i l  ハ|  | ハ l  、ヾ、vi
        l.ノl l A  ト.| |_レ!__l∧ l .',V,
         ! | i |ァ' ,rfFミ :   ヶ=ミ トi l |ノ
        ∠|ヘ .| ゝ; ソ    t;ソノ |_/>
          i ├',     :     l i ヽ
         ク今t‐t    ,rn,、  ,イ`~|ミ
           / | : Y`r、i .| .| |゙iイj|| : |ヽ                       ,...、、
         /へ∧ :`<i_゙|ー--!.ト、| :├‐ヽ                 _,. -f;:;:ヾ丶、
         二!/.┤ :. レ     | | : |/ ̄                 /   |:;:;:f _ヾ;ヽ
        /二ミ.、 l : !  ∠ヽ i) | : |`>、               /  i ',  l:.:.:l´,rtiド`-;
         i´  ヽ、`i : ヽ l二ニi i'´:ュ| .: |´ 入               !i r! ,! ,ヾ:;',  ̄リ  ';、
       |      ト|.rー¬ーt 、 `| : | ト' ',              ll l V , !ト'、:':、  - '´'、
                                         'l | l | ノi リ`^',:;l、___,ノ
                                         'イノルl/lツ、 ヾ7 ,r'´
                                          '´/`ト、``ーチー'、
                                            /:`丶:`丶、j 、 ヽ
                                           /:::::::::::`ヽ:::::\'、、ヽ
                                          ,'::::::::::::::::::::ヽ:::::::\ ':,ヽ
                                         ,':,.:―: 、:::::::::::ヽ-‐l7\; ',
                                         V:::::::::::::\:::::::::` ̄`ヽ:ヽ}
                                           !:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:'、
                                         ,!:::::::::::::::::::::::〉:::::::::::::::::::::ヽヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      例えば司徒の陳矯であったり、今回登場した傅嘏がそれにあたる
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       彼らの伝を調べた限りでは、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       陳羣は実務家を好む傾向があったように思える。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .職務を考えればもっともだが……
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
16 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:19:05.70 ID:8yqXrYMo

       ____
     /      \
   / ─    ─ \      つか傅嘏って誰?
  / -=・=-   -=・=- \    
  |      (__人__)  U  |    初めて見たって人も多いんじゃないかお?
  \     ` ⌒´     /


                                                .. - ─……‐-. .、
                                           ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                                               ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
                                          /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
                                         , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
                                          |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
                                          |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
    主に活躍していたのが魏の後期なので、             { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
    知名度は低いかもしれない。                     ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
                                            l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
    しかし、後々の展開を見ると、                    l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
    なかなか興味深い人物だったりする                 l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/
                                           \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
                                                  l:/ ,. -─┴┐
                                               ∠二二ヽ    !
                                             ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
                                          ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
17 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:20:36.98 ID:8yqXrYMo

     ∨/////////厶斗‐  ´  i    ̄ ¨ ┬- Z///
.      ∨////厶才`"'ヘ    i  |   l      |   `Y:〉
        〈L才"   .′   \   |  |   l _i_ l |     {
        7/    /_ ..-‐ - `トゞ、l .才´ヽ \`ト    i
        .:    /  __   \ ヾ{ ,ィ禾ミx Y     |
         i|    L:ィ芹:::ミ丶      rぅ:::tv} 〉ァ=― |
.        | _,.イ/ rぅ{:::}:li       弋::::'::ソ 1         
        | |   `ト 乂::::ソ         ¨´  |    .:     私には顔回がいるから、
.      ||   .:|   ¨´     :{           |    i|     門人たちは日に日に仲良くなってるわ
.        |   .:|ヽ         _,      .:|    |:.
      l  |    「ミx     ` ̄       /.:7    | i
       |  |   .:|: : : へ.         /: : i     |ハ
.     | イ     :|: : :.川L≧r:. . _  .. 1:_:_: : :.|      l :.
.      } 爪     :|: : ム´ 才ト、     -┴=ミ:vク     :. {
       /7    ├ ' レ´    >´     `Y .:     i
    / / .′   .:|   .′      ,    ∧′    ト、 ハ
.   /_厶ィ:.    .:  {         /     い     / .′トミx
  〃//小:.    /  人       /    〈/.:′   .′{///7ヘ、


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      さて、このような陳羣を高く評価していたのが文帝曹丕である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       曹丕は敬意を持って陳羣を重んじ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       友人に対する儀礼をもって処遇していたという。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .上のセリフなどは、曹丕がいかに陳羣を買っていたかがよく分かる
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
18 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:22:20.53 ID:8yqXrYMo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      曹丕は孔子なんですね。分かります
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

                                            _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ 
                                        ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ 
                                           / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ 
                                     .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
   顏回は孔子の弟子の一人であり、                  / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
   孔子門下随一の秀才として知られ、                  l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :} 
   名誉栄達を求めず、質素な暮らしぶりで有名となった。     ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
                                          j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ 
   また、顔回の名は、                              ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N 
   「最高位の弟子」という比喩に用いられる場合がある。          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
                                               `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ 
   曹丕の悪ふざけなのだろうが、                         ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
   あながち的外れでもないのかもしれない                    ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                                \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                                  , '´/ノ      L、 /
                                                   ,.-'   | ___._   | `ー、
                                             _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_
19 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:24:08.70 ID:8yqXrYMo

      ,. -  ──   --  .
       !                \
.     i               〉
       |              /
       |__ _ ___,._ __ __    i
      | i |~´´ | l li l l l``!'         陳羣に水軍の指揮を任せるわ!
       i l ´| ̄ ` | i il‐r-!、i  |
     // ==== レレ' レ___レ1  i         えっ? 軍の指揮を執った事がない?
     // /    ,、____  ̄``|.  l
.    // /\  /    !   ハ i        大丈夫でしょ? 船の扱い得意そうだし
   // /  /\ゝ.___ノ ,.イi  l i
.  // /  /^ー{__ ̄_ |___j ! ji i        
  // / / ヽ /   i´  ヽl i ハ
. i/ / /`ー‐/   / |∠__/V  i}                   /      _    ┌O┐    _     ヽ
                                      /  -‐ "´    ヽ、 \/ ,. ´   ` ‐- 、ヽ
                                      ヽ、   ,.. -─ ‐- 、_,. -─--  、_   /
                                         ̄|_,. -─r‐ ¬  ̄ ̄/7¬r- 、 `|´
                                          |   | lヽ/| ハ.ィ  /、/ ノ | l /`|
                                          | l   |‐l,ニ云´、\ノ 斗ニ..ー ノ/ l |
                                          | !  |/ トィ;cj     {;ィc:リマイ / l |
                                          l {l  l ー゙‐''      ''゙ー'' / / l l
     いったい陛下は何を言っているのです?            ! ヽ!トヽ::.::.    '    ::.::/イ  l  l
                                         l   lヽヘ、     _ __    ,.イ   l   l
                                         l  ..::|:.:.:.l:.:丶、     , ィ:´:.l:.   l   l
                                         ,'  . ::.:l:.:.:.:|_:_:_| ` ー ´ |_:_:l:.   ハ   l
                                       /  .:.:.:.|:.:/ rノ      マl |:.   l:.:',   l
                                      / _ 、 - "   |: .   _   l|:   lヽ、、  ',
                                      //´ \\     ∨´ -─-`ヽ/    l /`ヽ、ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      曹丕はこの「最高位の弟子」を録尚書事に任命して政務を任せ、、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .呉遠征の折には遠征に随行させて、遠征先での政務に当たらせている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       また、呉遠征の帰途には水軍の統率を任せたりもした。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .他にも近衛兵を指揮する中護軍・中領軍のポストを兼任させたりと、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .名実ともにナンバー2といった重用ぶりだった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:27:05.99 ID:x61yoqYo
いくらなんでも軍務未経験者を上に置くなよ
25 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:28:12.02 ID:oRCGBlMo
ゴンドラの扱いは上手いとはいえwwww
24 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:27:48.79 ID:p.V2WUYo
後知恵で言えば、逆だよなーww
20 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:25:03.96 ID:8yqXrYMo

━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・     
. |    (__ノl   (⌒  (●) |      前線に連れてくなら司馬懿の方が役に立ちそうな気が?
. │       〉     ̄ヽ__)   |      
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |                                 ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
                                                ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
                                              ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
                                              ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
                                              ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
                                            /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
  この時点での司馬懿は後方で兵站を担当している。          i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
                                             ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
  曹丕は司馬懿に蕭何の役割を期待しており、                 ヘ!:|         ノ!/′
  彼をを謀臣・内政家として見ていたのだろう。                  ヾ!>ー- ´`-- <イリ
                                                 (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
  戦をやらせてみても強かったのが分かるのは、                 ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
  曹叡の時代になってからだ                              〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
                                                く;;;;;;;;;;;;i;!;;;;;;;;i;!;;;;;ゝ
                                                   i、__,,/  !、__,,!
                                                  `ー'′  `ー'′
21 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:26:58.04 ID:8yqXrYMo

  ,,.-'''"~            ``''ー-,>
-''"           _,,,,,....、、---r'"
      _,,..、-‐''''"" _,,,.. ,--──''、
  _,,. -''"_,,,. ,-─'''"~: :'; :.i    \ '、
r''" ,,.-'''": : : :`、: : : : : : :'; | _,,,,,,....., ',              クドクドクドクドクドクドクドクドクド
>''": :i: '、: : : : : :`、: : `、: : 'i. ', '、;;;;;ノ| .i
: : : : i: : :`、: : : : : ヽ; : :ヽ: :',. ヽ、,,,,.ノ  .|      
: : : : i: : : :.`、: : : : : ヽ; : :\'、     /|
: : : :;': : : : : `、: : : : : :.\: : i\  / /
: : : ;': : : : : : :::\: : : : : :i\:', ∠_/               \:::::::::::::_:::ヽ'       ´   ` 、ト::::::/:j::k     v'
: : :;': : : : : : :::::::::i\: : : : ', \_,,.-'"                  \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
: : ;': : : : : :::::::::::;'::::::i\: : :'「 ̄                      >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉
                                     /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
                             .        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i
                                      | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
                                     | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |
                                     | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |
                                     | i   / ∧、__,,.            / i  |   |
                                     | i / / ハ               ,トイi  |   |
                                     | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i
                                     |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i
                                     |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
                                     / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
                             .        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
                                     {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .続く曹叡の時代の陳羣は、司空として引き続き政務を担当し、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .同時に若い曹叡に対して何度か諫言を行っている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       例えるなら若殿と御家老のような関係だろうか?
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .実際、陳羣がいたからこそ曹叡も勝手な振る舞いができず、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .その死後は曹叡の所業に歯止めがかからなくなってくる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
23 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:27:45.10 ID:8yqXrYMo

         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \        今回は曹叡の悪い部分を紹介したけど、
    |         (__人__)|        もっとひどくなるのかお?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \        
  /´               ヽ

                                    /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : :.
                                    ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :.
                                     /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. :.
                                        ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : : :.
    答えはイエス。                       |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: :i:.
                                     |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示伝テ:! : : : : /Y:.l!: ト\
    彼の所業が最もひどいのは、              {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ } ハ:|
    陳羣の死後から遼東征伐の手前あたりだ。         }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/  イ/ }'
                                         |ハ: ハ           / j: :/´ ∧:.i
    よく曹叡という人は名君と言われるが、               l:i : :..     ‐        イ: /i: イ ハ|
    『三国志』あるいはその注釈を見るに、                从 i: :.>.、       < / イ:ハ{
    とても名君とは呼べない                         ハ: |    ー<     /' < ̄:.
                                                ヾ|    }ハ   /:. :. :. :. : \
                                                       ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\
                                                      /:. :イ:. :. :. :. ´  ̄ ̄ `:. :.ヽ
26 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:28:53.80 ID:8yqXrYMo

           ____
         /       \
        /   ─     ―        あんまり長くなるのもアレなんで最後にもうひとつ。
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |       陳羣が死んだ時点で、
      \        ` ⌒´ /       司馬懿を陳羣ポジに据えなかったのはなんでなんだお?
      /       ー‐  '


                                      ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
                                      7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
                                      :::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
  口うるさい老臣たちが軒並み死んで、             イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
  思う存分羽を伸ばしたいであろう曹叡が、           l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`
  わざわざそんな真似をするとは思えない。           . l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ
                                       ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::
  対蜀前線の責任者として長安にいてもらった方が、       ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::
  彼にとっては好都合なのだろう。                    ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
                                            ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
  もっとも、公孫淵の反乱でそうも言っていられなくなるが……       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
                                           _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
                                       _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:
27 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/16(金) 23:31:44.39 ID:8yqXrYMo

               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                    `ヘ:ゝ    .'    小/
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ       .そのあたりについてはまた次回。
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |       次回第二十二回中編は遼東征伐中心の内容。
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l
               | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|       尺に余裕があれば、
             ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|       .東の島国の人々も出るかもしれない
            {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,  | ヽ
           j  /{ `ヘ三三三三三)< \ } ぱたん
           {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ
           `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく |                   ____
                | |    ∨  〉〉〈( j    }|                 /⌒  ⌒\
                K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|                /( ●)  (●)\
                                           / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                                           |     |r┬-|     |
                                           \      `ー'´     /
                                             >         <
           お疲れだお!                        ( |        / )
                                             `|       /'
                                                |   r  /
                                              ヽ  ヽ/
                                               >__ノ;:::......
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:35:40.10 ID:p.V2WUYo


実際、君主としての曹叡はなあ。
劉禅のがマシだったんじゃねとも思う。
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:36:15.38 ID:l7EpBfco
乙ですー
司馬懿もこの主君に対して何考えてたのだろうね
32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:36:48.66 ID:nZdL25.o
乙です
演義のみ(しかも漫画だけ)なんで、こういう人物がいたのかと面白いです
33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:36:57.63 ID:livoPcYo
乙でした。陳羣さんチート過ぎww
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:51:15.46 ID:rCjro8ko
乙でしたー

でも曹叡は戦略眼は悪くないからなー
土木好きのオカゲか運河も整備して防衛戦の優位を磐石たらしめた希ガス
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 16:51:06.35 ID:D2wt4ico
曹叡も水準以上の君主だと思うよ。
誰が行ったか知らないが「名君が三人続けば奇跡」なんて言葉もあるし。
曹操ー曹丕ー曹叡と能力的には十分でしょ。呉とか晋の惨状見れば……
問題は二代目、三代目がそろって早死したことと、一極集中のシステムにあったのではと。
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 22:55:57.80 ID:.5/EUaQ0
早死にした事も問題だけど三人とも後継者にどう継がせるかって事に
執着が薄かったのも不味かった気がする
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 23:06:20.79 ID:iHflwcMo
曹操は一応整えてはいたと思う。
曹丕は当人がまだ死ぬなんて考えてなかっただろうしなあ。
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 21:47:51.76 ID:hsC2wlAP
40歳なんつったら曹操なら呂布にボロ負けして死にかけてるくらいの年だしなぁ
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 22:13:20.72 ID:3yid096o
よもや息子がそんな年齢で死ぬとは、曹操も思うまいな。
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:40:51.23 ID:C9r.VwEo
更に孫がもっと早死するとは思うまい。
後漢も魏も呉も皇帝早死だよね。
多忙以外に何か理由あるのかな?
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:48:18.55 ID:8XITj1Uo
普通に盲腸で死ぬ時代だからなあ。
63 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/20(火) 01:20:06.10 ID:eNjohDAo
【このスレやっていて最近思う事】

     ____
   /     \
  /  ─    ─\     .やっぱアンタ凄いお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |   丞相や司馬懿も陸遜も凄いけど、それ以上に
\     ` ⌒´   ,/                                   rーイ ̄¨ト、-┐
                                              ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
                                    .        _i -、_>- --- <:::::┴i     +
                                   ┼        〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
                                    .        _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉
                                         _   ┐::i .|⌒リk i|⌒|ソ . i_イ、_
                                       ( { 九ハ_i,-‐-   -‐-ソ,ハ ヽ} )
   ようやくその理解にたどり着いたようね!      i      { ̄ ̄} /| ト、  ┌‐┐,  / / \{ ̄ ̄}
                                __人__     .{  二}_〉./_ヽ>ヽ. ノ__イ-_}  ._{二  }
                                 `Y´     {__} l¬::::} 「て) .く二}:「 l {__}   ┼
                                    .      \__ノ__l:::::レ"= 介、__l:::::\::_ヽ__/       .i
                                            | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
                                    .       <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>> _ _人_ _
                                   +          ヘ_`へ::_::_::r~r‐く`" >ー".    `Y´
                                               i、_ソ   `、ソ
64 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/20(火) 01:22:13.78 ID:eNjohDAo

>>13
陳泰と陸抗の血統の良さはガチです。

>>31
それに関しては次回以降ですね。

>>32
そう言ってもらえると作者冥利に尽きるってものです。

>>57-62

なにしろ日本がまだ弥生時代ですからね。

後継者に関しては、その時その時の君主がどうにかするしかないというのが>>1の意見です。
現代から過去は見えても、過去から未来は見えませんから。

不人気さんはあの時点で打てるだけの手は打ったと思います。
曹丕の場合は急でしたが、選択自体は間違ってはいないと思います。
では曹叡の場合はどうなるのか? というのが今後の問題です。

    __
   /   \
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)         キリッ ____
. |     (__人__)           /\   / \
  |     ` ⌒´ノ          /(ー)  (ー) \    ぶっちゃけた話、>>1は司馬懿と陸遜が好きなんだお!
.  |         }         / ⌒(__人__)⌒   \
.  ヽ        }     \     |    |r┬-|      |
   ヽ     ノ       \  \   `ー'´     _/      ……だから筆も甘めなんですね。
   /    く. \         \  ノ          \      .度の過ぎた脚色はしていないはずですが
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |
66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 12:36:39.49 ID:H0gR8uso
信長みたいに準備してても後継者と一緒にあぼーんみたいなこともあるからね
こればっかりはしょうがない
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 13:44:09.14 ID:TIDQZfAo
まあどんな国も三代目が長期政権の鍵、と言われるもんな。
それだけ取り扱いが難しい立場って事だろうけどね…権力的にも、
王者として生まれた生い立ち的にも。
68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 15:36:44.26 ID:Wo5404wo
信忠は本能寺の時、急いで京都から脱出しようと思えば成功する可能性はあったのに信長の救援に行って結局自害してる
運が悪かったというより大将としての教育が足らなかった感がある
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 15:52:48.37 ID:4vdo4Tco
>>63
マイナス方面にベクトル発生させてもすごいのがなあ。
まあ、あれだけ「やらかして」実質死ぬまでには三国志の勝者の位置まで持っていっただけでも
もうとんでもないってレベルすら超えているけどな。
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 16:02:42.84 ID:8LOOUuwo
まぁ、大将やその予備は誰よりも自分を優先して扱わないと話にならないからのう。
合理性から言えば、信忠がとった行為よりも曹操が曹昂の馬を借りて逃げ出した行為や、
劉邦が馬車を軽くするために子を投げ捨てた行為の方が遥かに正しいわけで。
目先の血族を助けようとする方が、より多くの血族に桎梏を味合わせたり、
乱世に逆戻りで大勢を犠牲にしかねない立場だからね。

信忠の例はぶっちゃけ事態の収拾に当たった秀吉(耄碌前)が、
日本史上最高クラスの傑物だったからマシな結果に落ち着いただけみたいなもんだし。
71 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 17:40:08.91 ID:ErCmzAA0
>>69
吉川英治も北方謙三も「やっぱ曹操が一番だ」みたいなこと書いてたしなあ。
おおむねプロパガンダの曹瞞伝を採用してもなお、劉備や孫家三代、臣下では諸葛亮のような人物から一歩抜けてる。
蒼天航路以後は過度なマンセーもよく見かけるようになったけど、軍人でも政治家でも各種の文化人としても超一流なのは事実なんだよね。
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/20(火) 18:51:35.21 ID:xyGIScgo
そこで「非常の人、超世の傑」に落ち着く訳か。
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 19:07:37.25 ID:WNo.pk6o
>>68
それは、状況に関する情報をほぼ完全に知った人間でないとできない決断>脱出の可能性
信忠は「包囲されていて逃げられないだろうから」二条城に篭城する選択をした。
たしかに逃走の選択をしていたら逃げられた可能性はあると自分も思うが、
その決断が大将として不覚だったとみなすのは人間の能力を超えた要求だと思う。
74 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 19:07:47.02 ID:SRc1Pd6o
蒼天だと巻末の料理や御酒の紹介とか好きだな
曹操が自分で作ったでなければグルメ紹介になるのかな? 文人の領域ww
75 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/20(火) 19:19:35.84 ID:xyGIScgo
>>73
普通の人間ならあり得ない突飛な行動を、普通じゃないときに取れる人間じゃないと、
英雄にはなれないってことなのかな…
76 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/20(火) 23:21:40.28 ID:af3gbVco
>>70>>75 そういう意味で考えると、この人が一番凄いような気がします】

    /                         l
   ,'          l               |
   ,'    l  i  |   i |     i |  |  | |    |
  ,' /   l   .|  |  .| |i   i | |  |   | |   |
  | il  | |  |  il  | l |   .| lハ.l   |   | |   |i      兄が更始帝に討たれた件について?
  | l|  | |  l―ハ |lハ i.  ,ハl リ-―l.  | |   | i
  | ハ   ヽ l |r T ̄T ||ヾ | 'T ̄`jヽl | |   ∧.l     それに関しては兄にも非があったはずなので、
  V | i V、 |ヽl-'::: | リ l ! |-'::: | /l |/   l l|     これから更始帝に謝罪してこようと思います。
    ', l | l ヾ.| 弋辷j   ヽl. 弋辷j/ /V   j  リ
     ', |V'iヽ__',      ,      /ノ  /| /        後、この件に関して僕から口を開く事はありません
     v .|  l ヽ、    _ _   ノ i l / リ
       VVヽ i\       イ / /V
           ヽ|V,ri` ー--‐´ |VVv'
            / l       |∧
          //   \   /  l\

※普通、実の兄が殺されたら暴発しても不思議ではありませんが、
  こういう振る舞いができる時点で只者ではないんでしょうね。
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 23:29:27.65 ID:WNo.pk6o
劉邦の子捨てとかもそうだけど、やっぱ統一を成し遂げる皇帝は冷徹非情さが求められるんだと思う

田中芳樹が「曹操は身内への感情で生涯に何度も戦略ミスをしている」と言っているが、
たしかに彼は激情が強く、それがミスを招いていると思う。
その意味では、呉人の「軽薄」という評価も一面では肯けるな。
78 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 23:40:06.03 ID:H0gR8uso
光武帝は人格がチート過ぎますね
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 00:00:16.63 ID:PoBbS720
>>60
おいおい早世した曹昂や曹沖はどうした
>>64
孫権の場合は何がマズかったんだろう・・・時間は充分あったはずなのに
>>71
逆にどういう切り口で見ても間違いなく英雄になっちゃうのが個人的には面白みに欠けるなぁ
80 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 00:08:53.49 ID:Rwt9j2Eo
>>79
曹昴の場合は戦死だし、沖はまだ幼少だったし
成人した男子が四十で急死ってのはちょっと予測できない

孫権は、これは袁紹や劉表にも言えることだけど、
後継者に選ばなかった側を、はっきりと廃しておかなかったこだと思う
81 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 00:27:03.02 ID:PoBbS720
>>80
38歳で早死にした軍師もいたが
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 00:49:48.17 ID:OnCsXLMo
>>79
孫権は張昭や諸葛瑾のようなストッパーになってくれる人が死んじゃったのが、暴走に拍車をかけたと思う
83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 01:28:12.41 ID:SYMmhxso
光武帝は敵中で休んでる時に敵にカマかけられた時の対応や、何かと丸腰単騎で人に会おうとする辺り、
あれだけ軍事的実績持ちながら晩年に微塵も外征への色気を出さなかったところなど、
自制心がかなり発達していたイメージ。

光武帝といえば、陸遜のご先祖様の尚書令陸コウは、光武帝に端麗な容姿で寵愛されて特製の服をプレゼントされ、
「ここで着て俺に見せてくれないか?」と口説かれたというとんでもないエピソードしか現存していない。
自制してくれ、頼む。
84 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 04:49:38.57 ID:Yi2yL2ko
>>82
張昭って孫権の心の奥底に火をつけてしまった人なんじゃ・・・
85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 13:54:26.10 ID:GhUJVigo
曹昂出てなかったんだなそういえば。リストになかったような。
「敵将の嫁とチュッチュしていたら世継ぎが殺されたでござる」とか
「俺あそこにいたけどこうしていきてるもーん」by曹ヒとか考えてみたらすげえなあ。
86 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 17:49:43.58 ID:94NpF72o
>>64
>後継者に関しては、その時その時の君主がどうにかするしかない

いやあ、人選はともかく、継がせ方の過程はその前の君主の差がはっきり出ると思うけどなあ。
下手に後継者問題発生させると、後継者になった方を推した側近の力が増す、
ってのは歴史的な教訓だから。

現在から過去が見えるからこそ、繰り返してはならないトラブルだと思うよ。

まあ、きちんと解決したのは遥か後代の秦の雍正帝の「密勅立太子法」なんだが。

そういう意味では、後継者決定の過程は曹操も拙かったし、
司馬昭も司馬炎も同じような失敗繰り返してる。

歴史に学んでないと言わざるを得ない。
87 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 17:51:14.94 ID:94NpF72o
>>86
自己訂正

秦→清 

……orz
88 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 18:20:31.95 ID:Rwt9j2Eo
それ言ったら、太子密建まですべての君主が後継者認定に失敗したとなってしまうような
89 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 18:26:06.76 ID:94NpF72o
>>88
別に後継者争いを起こさなければ(人選はともかく)、問題じゃないと思うよ。
もちろん、それは方法として優れていた訳じゃ無くて、
個人的な眼力に帰着するから優れた方法とは言えないけどね。

「密勅立太子法」は方法として優れてるのがミソ。
90 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/22(木) 00:18:35.10 ID:2g1DOsEo
>>79>>82
今にして思えば、孫権のアレは色々な要因が絡まった挙句、どうしようもなくなった気がします。
これに関してはまたいずれ……

>>83
その逸話を最初に見た時、光武帝はそっち系の人かと思ったのは良い思い出です。

>>86
皇帝ほどの権力者の跡目となると争いにならない方がおかしいので、
どう収拾をつけるのかが大事なのかなと思います。

それで大失敗したのが孫権や司馬炎なのかも……

その意味では雍正帝の「密勅立太子法」は興味深い制度ですね。
皇帝に眼力がなければ宝の持ち腐れになりかねませんが。


         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \           暑いおー。
      l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、
       |          u.    ;   |ー       \   .アクエリアスが美味しい季節になったおー
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  (ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'              ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                         |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                         |/\/ ̄     --Ⅵー|  
                                         |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
                                         |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
   次回投下は月末までには行いたいと思います。          |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|  
                                         |::ゝi: i│       /:::i:::|
   上の饅頭のように熱中症に陥らぬよう、              | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
   皆様くれぐれも御自愛ください                    |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::| 
                                         | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
                                         |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                         |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
91 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:27:51.96 ID:8CMJHkQ0
>>64
陸遜の件で気になったんだが、このスレで裴松之についてはどの程度触れるつもりなの?
92 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:55:50.10 ID:I1RVl1Eo
了解!現在の標準アクエリアスは薬臭くてかなワン。発売当時の味が最強って年齢がバレルな!
だから、ポカリ最強ww
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 12:38:50.08 ID:ebGYlqY0
孫登が生きてれば問題なく後継者決まってたかもしれないのにねぇ…
94 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 14:05:07.24 ID:A3cQ53go
曹昂もボンクラではなさそうだしな
曹丕はああ言ってるけど、曹沖うんたら以前に決して無能ではない長兄が生きてたら
自分が帝位に就くことはないからこその発言だろうし

スムーズに後継できたワリに蜀は…
95 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 14:14:27.37 ID:qwld.g.o
あれはスムーズに後継できようが出来まいが詰んでたというだけの気がするが。
96 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 14:37:11.88 ID:mDj.3MUo
劉備も養子がいたからな。あれが生きていれば、やっぱり多少は混乱したかも。
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 14:40:08.26 ID:G0anq5Mo
病死した曹鑠さん(曹昂の弟、曹丕の兄)のこともたまには思い出してあげてください・・・
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 15:49:59.45 ID:O0tutWEo
>>96
それで思うのだけど、中国における養子の相続権ってどれほどのものなの?
もちろん時代によっても違うだろうけど。
例えば、一族のものや連れ子を一緒に養育して、同族として遇するということは曹操も孫権もやってる。
けど、そういった者には相続権はほとんどなかった。少なくとも、直系の血族がいる限りは。
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 17:50:56.19 ID:LHJjJAk0
>>93
仮に孫登が多少長生きしたとしても、結局二宮の変ほどでなくとも主流対傍流の名士豪族層の争いや、孫静系一族が出張ってきてトラブる可能性は高かっただろうけどね。多分孫権死後か、どうせ血の問題なのか長生きできないであろう孫登死後には。
後者はともかく、前者は孫呉が40年抱えて悪い意味で煮詰まっていた問題がきっかけを得て噴出した形だし。
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 00:19:19.52 ID:8fUOGf6o
曹昴が生きていたら…
虐め被害はちょっとは少なかったんじゃなかろうか。
101 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 17:54:08.91 ID:gM91taQ0
そうなってたら葡萄と真定の梨うめー、蜜柑すっぺーとか言いながら、
孟達に北京ダック風の益州の料理のレシピを聞いて実践するグルメ詩人が誕生してたわけですね。
102 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 20:58:15.63 ID:FQ.ZXU60
ぶっちゃけ、曹丕は歪んだファザコンゆえに曹操の後継者になりたかったけど、
皇帝になりたかったとは思えんのだよねえ。
長男である曹昴生きてたら普通に身を引いたんじゃないか?
103 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:22:04.08 ID:bFavbRQo
ちゅうか、曹丕歪んだ理由の一つにも思えるからのう>曹昂の死
106 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/07/29(木) 01:49:55.94 ID:liF2PWMo

::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|  
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|     >>91
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|     裴松之に関しては、きちんとした形での出演、
|::ゝi: i│       /:::i:::|     事跡の説明を行うのは終盤になります。
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|    .
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     ただ、注釈の説明等で幕間に出る場合もあると思います
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|  
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |


                                            zzzz....
                                                .____  .,-'"~"'ヽ
  『三国志』にふれるなら、裴松之は避けて通れんお              ./⌒  ⌒\./  。○)
                                             ./ (ー) (ー.ノ     /        ダオー
                                               .|   (__人___く___,ノ
                                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。