2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫が正史を書くようです おまけ「蒋琬のその後と魯粛のあの頃」

2012.04.24 (Tue.)
404 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:45:29.29 ID:Ioh/wXAo


                                             ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                            |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                            |/\/ ̄     --Ⅵー|  
                                            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
   これから諸事情で没にした前回の内容を投下します。         .|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
                                            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
   よろしければお付き合いください                      |::ゝi: i│       /:::i:::|  
                                            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
                                            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
                                            | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
                                            |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                            |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 中編のあとに投下された、おまけです。

405 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:46:41.64 ID:Ioh/wXAo
【おまけ】

                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       諸葛亮の死後、蒋琬が大将軍・録尚諸事となり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       蜀の実権を握った事は先に述べた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
406 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:48:46.97 ID:Ioh/wXAo
【紀元235年頃 蜀首都 成都】

               _. ─  ´ ̄ ̄ ̄  ー 、
              / ̄                   \
               /                     ヽ
           / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     ',
            ,′!               |    |
.            j |   _________.」     |
          |<千 ̄_/|: :人: :|ヽ_,.斗<: : :\  |
          | ∠:/ソ _≧ュ、 \| ´_.二、∨l: : :ト_>|
          |  /!:トイfてハ     fてハV从 j     |
          | ./: :小弋_.ノ      弋_ソ´ ノ: ハ    |      姜維が丞相の後継者!?
          | l: : : |       '        |: .|ノ!    |
         / j: : l人   ┌ ─‐ 、     |: :|: ヘ.   |      .そんなふざけた幻想は私がぶち殺すんだよ!!
          / /: :/{ :lへ、 レ   ノ    イl: :|: :∧  |
           | ,': :/: | :|: : > 、  ̄ _. イrヽ|: :| : : ハ   \
          〃: /: :_! :ト'´ト、   `チ   _ノ  |: :ト-、ハ    \
         /〈 /: /ミ|:..|ヘ  \f⌒ヽ/  |リ  ミl|     |
          ! /: /l |:| \   \/   /仏   | ト、    ト、
.        | {: /⌒Vヽー-へ、 ∧  / /´/ ̄ ヽ 「 \ /  ヽ
.        ト、〈  ⌒ヽ}\  /人V   しl⌒   〉    Y    \
         ノ  ヘ   ⌒l/\\∧Y∧// l⌒   ハ   l       \
.     / //\_フ   \ ∨ /   匸__ノ |\ |       \)
     ( /  |   7     |\|/|     \ | ∨|        \

               蜀 大将軍 蒋琬

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .『三国志』『蒋琬伝』によれば、諸葛亮は劉禅に対し、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       何かあった際には蒋琬に後事を任せるよう上奏している。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .そこには、楊儀はおろか費禕の名もない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
407 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:50:07.81 ID:Ioh/wXAo

              ___
             /、____\
            / |::::::::::::::::::::::| 〉
         r‐'、_ノ 厶:-v、‐:v=イゝ xく)
            T⌒\ |:l '⌒  ⌒Yレく:::∧
         |::::::::/ 从" 「  フ ノ:|  }::::::〉    もちろん食べたぶんだけお仕事はしてるんだよ!
          \/  }:}>rz< }:! __j/
           /V:\_i/ V|V j丁\
            ∨レヘ:八 /::∧ {:ノ/
              /  /::∧:ヘ ∨                          _   .     _
               /  /::/  '::::. '.                    ,. '"´ ̄ .  ̄`゙ヾ´ ̄ . ̄`゙ヽ、
           /  /::/   :';:::. '、                   / .  . . .. ..:.:.:::;:;:;;;:.:..   . . .:.:;:ヽ、   
            /  /::/    ';:::. ヽ                / .  .    . ...:.:.::::;:;:;;;;,:.:.. .   . ..:.::;:;、   
             /  /::/       ';:::.  ヽ                 i       . . ...:.:..:;:;;;;;;:.:..  .. ..:.::;:;;i   
.         /{. /::/       :';:::.             ;'⌒ヾ__( .    . ..:.:.::::;:;:;;;;;;;:.:.. . . ..:.::;:;;!'⌒ヽ   
.         \ /::/        ';:ヘ.  〉           '、     .::`;  .  . ..:.::::;:;:;;;;;;;;:.:.  . . .:.::;:;;i . .::;i   
          ー─-、______j_;;j/            ;'   ..:.:.:::;ノ⌒   . ..:.:.::::::;:;:;;;;;;;;:.:.. . . ...::;:;;;!  `!   
                                  、_ ,.イ ̄ ̄(    .. ..:.:.::::;:;:;;;;;;;;:.:..    ..:.:.:;:;;i、 _;:ノ   
                                      !  .  .   . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:.:..  .. ..:.:.::;:;:;;!   
                                     '、   . . ...:.:.:.:.:::::.:;;;;;;;;:.:.. .. ..:.:.:.;:;;;/   
                                         ヽ. .. ..:.:.:.::::.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;::.:.... .:.:.:.:::;:;:;;;〆   
                                       ヽ、::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:.'"、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;: '   
                                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄   

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      しかし、諸葛亮の眼力の正しさはその死後に証明される。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       諸葛亮の死後、蒋琬は大将軍としてトップに立ったが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       それに関して喜ぶ事も悲しむ事もなかったという。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          彼は大将軍になったからといって、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          態度を変えるような真似はしなかったのだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
408 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:51:49.75 ID:Ioh/wXAo

          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l    一時はどうなるかと思ったが、
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ    .いつもと変わらないじゃないか。
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ近::} /:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!     さすが丞相が推挙しただけはあるな
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/ 
             \|\   ___  __   /  ′                         {ア´: : : :_:_:_: : : : :\  __
             _{i     ヽ _ ノ  /                        / : : /: :/⌒^!: : : : : : ∨ {
            // `\ \     /                            /:/ : | i|:|_:{   _i:i_j_: :}: : :{_, )
         _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、                       .ノi/|:i: :|爪{㍉  |爪{从 : : }'く
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、                  {/: {从{{ ヒ.:)    ヒ.:) 》|: 从,ノヽ
                                            /: : :八_{          |/ ): }: : }
            蜀 皇帝 劉禅                        {: : : {:/:人   { ̄ ̄|   .イ: :{): ,′
                                                 、: : ∨}: :,>  .__,ノ _/ /}/: :/i
                                              {\ {,ノ:(   __/`7爪 {  i/ : :イ: |
    ただの大食らいの呑んべぇかと思っておりましたのに……      ): :){: イ ̄ く_,ノ },ハ_〉-{、:{: :}: :|
                                                /: // i|    { {//   ハ∨ ;ノ
    見直しましたわ                               {: :{/ 、j| /  、/    {/  } }く
                                             `7 .r‐'⌒〈 _ ..  -‐┐/  「廴:)
                                             {/ {__.  ´   ____j/⌒ヽ,} ((
                                                | ´    . <        /   `
                                                 、_ .. イ   `ト  ..__/

                                                蜀 文官 董允

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      国のトップに立つ人間が冷静なら周囲も落ち着くらしく、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .このような蒋琬の振る舞いは、次第に周囲の心服を得るようになる。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       実際、諸葛亮死後の混乱も、彼が中心になって対処したのだろう。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .そんな蒋琬の人となりを示す逸話をふたつ紹介しよう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
409 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:53:21.76 ID:Ioh/wXAo

       /'´ ̄l`//   i   ,v   ' ヽ__ヽ
        |:.:.   l/′ l .:.:.|  /ヽヘ     ヽ l
       l_:_:_:_// :...l.:.:./l_./ィ  、l l 、  ', |
       ヽ:.:./イ  :.:.:lV"´V   ,_ ト/: |. ト、l/
      / `/:.:.l l. :.:.lマ不「`   ォュ.|:.:.ハ.|ァヽ
     く   / :.:.: ' :\l ゝ-'. . . . ,.ヒンハ/-リ、
      Υ :.:.:.:... '⌒ヘ´´´´ ,...,´´´{´:.、 .|
         \:.{:.:.:.:.:、_フ′   ー' /:.ー':´/
         ``ヽr<|`丶 、__.. イノ^ヽ- '′
          _.. -r ' /、|′  |  ̄ィ
       ,イヽ レ Lヽ、  >K {_ヽ、_
        /:l: : :ヽ     l    ヽ、 l: ヽ\
     /.: :l: : : :ヽ .:l/ l      Vヽ!:ノ: ;ハ
      |、:_:_!-‐ァ':.ヽl  l  、   l ヽ:\:::|                              ,  -――‐- 、
     L::::::::::/: : : :ヽ  ヽ  }  /   l: /ノ                        /イ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ\
      に ̄\: : : :.',:.:.:.ヽ/ヽ/:.:.:.:.://>                        / //_____//|  ヽ
                                                 | |/ イイ∧/V\lミ{   |
          蜀 文官 楊戯                            j }':{ノ    `ヽリレ|:l   |
                                               /,リ:l.●    ● .|::l   i|
                                              l' |::l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃j.   │
                                              /⌒ヽ_|::ト   ゝ._)  j:::/⌒i |
                                            \ /::::|::l;;>,、 __, イァ/_/ │
                                      .     从 l||l ノ|/ {::≧=チ::ルl||l人.∧|
                                             ( ⌒ )   ヾ:::::><::://( ⌒ )|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       蒋琬の部下の楊戯という人は大雑把な人柄で、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       大将軍である蒋琬と議論している時ですら返事をしない場合があった
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
410 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:54:07.64 ID:Ioh/wXAo

                                                  ∩___ ∩
                                                 /       ヽ |
                                                 | ●   ●  丶
     大将軍が楊戯に話しかけているのに、                    ミ  (_●_ )    |
     返事をしないとかありえないクマー!                    /´、  |∪|   、彡
                                               ( <`丶 ヽノ  __\
     あいつの目上に対する態度はひどすぎるクマー!!           \_) 丶   (___)
                                                   丶       |
                                                   / /\  |
                                                   (  (    丶 |
                                                   /  )    ∪
          .      ̄ ̄ミヽ、                                 (_/
        /   j_彡-‐…‐- .}
.        i   __」   -‐rr- .._}
.        | て, ,_j厶}从 }廴!ト
      j  ,|八{◯   ◯从
       /| / | |``    ``}ハ            あれでも気を遣ってくれてるんだよ
.      / ,/ i| |、 /` 丿 ∧
     /  ′i从 iトミ‐‐r<. nh }
   く∨  /'! ,」.i|\ \}| }」i||,ノ
    {{___/ |{ }/) \「| { `¨)
.    \_{  ``¨´   `  `i]]

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       当然楊戯に対する非難の声が上がるのだが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       蒋琬は次のように答えている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
411 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:55:32.95 ID:Ioh/wXAo

         ______        
        /         \        
      / ________ ヽ、          
.     /  |  ____  |  \.         
     | /:`7 /-lハ∧: : |\トヽ:\  |          『春秋左氏伝』によれば、
     |,厶: :Ⅳ.二.._ \|_..二く|∧_>|           人の心が同じじゃないのは、それぞれ顔が違うのと同じだよ。
     | {:人{ 弋_フ  弋_フ }八:}: 八        
     ノ_./ヽ{`        ノイ\ ;'_ヽ        .後、『尚書』によれば、
   /   ,二`>-へ 二、 -<´       ヽ       面と向かい合ってる時には従って、後で文句を言うのは、
   ヽ、 く/_ \ \>J)           ノ       昔の人が禁じてる事なんだけど……
二二二二二,二二二二二二二二二二二二二二二
     /   /     ,.へ      ヽ   ',
| ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |

                                                ∩___ ∩
                                               /       ヽ |
                                               | ●   ●  丶
                                              ミ  (_●_ )    |
                                             /´、  |∪|   、彡
                                             ( <`丶 ヽノ  __\
                                              \_) 丶   (___)
                                                 丶       |
                                                 / /\  |
                                                 (  (    丶 |
                                                 /  )    ∪
                                                (_/
412 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:56:16.21 ID:Ioh/wXAo

                 ____
               '´        `丶
               /                \
            /     r           ヘヽ
              ,'     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l〈
          |     |              |│
          |     |            _ト,L_
          |   -=┴:┬: ァ : :7T:7下:/「:、 : !\        楊戯は私に賛成すれば、
          |ノ   厶イ:/! /-孑'´|/ |/二jハ:リ│        .自分の本心と違っている事になって、
.           /     l: j,斗テ圷   弋iナ小/ ,|         .私に反対すれば、
          |      |Vヘ弋)ン      `´ i:|∨|         .私の非が明らかになるから黙ってたんだよ。
            j/      ,'| ''       '    '': |: ' |
           /     /.:|丶、   f^ーァ'   イ: :|: : |    - 3   .楊戯なりに気を遣ってくれてるわけさ。
        /     /|: :|(ヽl> `_ー_. イ:!:| : |: ハ
          /     /-|: :|(>、` ー‐┴' ∧L| : !/: : '.        .晩御飯が待ってるからこのへんにしとこうよ
.         /     ∧. |: :l \      ノ/ } |: :|ヽ: : :i
        /     / ハ.|: :ト.、 \ー‐ / ,/ |: :| ∧: :|
.      ,′     /    |: :l \   \/  /  i|: :l/ '; :|         ./゙)
. \ __ |    /     l|: :|   \ /\/  |i /l   |│        / 'ー--っ_
    }`ト、|,   /    l|: :|    〈=-O-〉   |: | |. │|         __xく  -‐=彡'
 \ | l| \   |     ||: :|    /\__∧  |: | |.  Ⅳ    /\ l|  '´ ̄
    | l|   |\j     ||: :|   ./   ∧ l   |: | |  八    /\ │ レ'
    | l|   |  }ヽ     ||: :|  /   / | |   |: |ノ    }   /   |  | |
413 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:58:49.57 ID:Ioh/wXAo

      /: : :.¨ <フ´ {: :.:./: :./: : :./: : : : :.:ト、: : : : :ヽ:. }
      //: / ̄/}\__}: :/: :.:.|: :.:./:.:.}: : : :.:| ヽ: :ヽ: :|\
    //: /:,ィ'¨7   ヽ: |:.:/:.:|:.:./{:.:.ハ: : :. ノ  }: : :}: ト、. :!
.   /´:.:.:/:/′/レ'^ー‐< :レヘ: :ト、{ T7〒ヘ(   /.: :/: :| | |   .蒋琬さん。
  /:.:. :.// /l: ://: : : : ゝ :`¨ 癶l ,ィf芹ミxVノ _,≠=x}:.:.:.l j/
. │:. :.〃:/ .|: :.:|: : :.:./へヽ:/   弋):::ノ ′  爪ヽハ:.:/      そういえば、あなたを批判していた
. 人: :.:{{:.l │: :ト、: : :、 (〈      `¨´     Vソ j/      .楊敏の件はどうされますの?
./: : :.\ヽ{ │: :| ヽ: :.\_              '  {
i: : : :.:./!\\ヽ: ヽ.  \: :.l            -    ,′        丞相の時代の前例を考えれば、
|: : : :/l !: :{.ヽ ヽ\ \  `ヽ       ( ノ  イ         流罪でも不思議ではありませんが
.\:.:{:.{ \レ': :,′.ト、:::.  __,}      、    ィ: : |
  \:`y': : : 人 .!:.}:.:| {¨¨¨ 丶 .{ i:.:T´ !:. :.|
    /: : , < 〉: :)′ ノ,ノ     ヽト、|: :l   {:       |      |/)+}∠..ノ: :+:∠: : +: ∠: :+:!: :.!   |
  //: /\/// / ̄ ̄ `ヽ.   /Yヘ:.l          |      Lノノ: :+: :(.../ゝ: : /_:_:_:_.ノ∠L  |
                                |      ノ 厂 ̄ ̄ ̄厂 ̄ノ ハハ:.!ヽ: : : : :\|
                          .         |/  ー=彡' : : : :/: : :/:.:./  !  `トハ l: :.厂 !
                          .       /    /: : ノ: /: :∠../∠厶イノ   」ノ__」ハハ. |
                                /    厶イ: ://______ー    ´弋ン{ |/
                          .     /         |: : {  ヽ  弋Zソ     ー''^|  |,′
        無罪放免で!              /         /|: : |   ^''ー一'     ,    八 .!
                          .   /         /‐|: : |      /、___,     /  ヽ',         __ .、
                           {`ヽ`ヽ.       /ム|: : |`ト .  {    ∨   ..イ |   !  /)  // ノ
                          . (`ヽ「ヽ \i`ヽ /く:.:.:!: : !、\` ヽ..__,ノ  .イヽj: |    |/ ムイ/ /)
                            \ | i ヽ \ \.> |: : |:.\ ` ーニ二厂「 r=ミ.|: |   /      ' //
                            /∧ ゝ、      ヽ.!: : ! :.:.:.\   イ:.: :|  Vノヘ: !   ,'         /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      またある時、楊敏という者が蒋琬を批判した事があった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       楊敏の批判の内容は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       「蒋琬は事を行うに右往左往し、前任者に及ばない」というものであり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .ある者がそれを蒋琬に報告し、楊敏の処分を求めた。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          この手の批判は一歩間違えば重い処分になりかねないのだが……
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
414 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 10:59:43.95 ID:Ioh/wXAo

            ,.  '"´  ̄ ̄  ̄ `丶、
           /             \
          /    /-‐ ─ ………‐- 、 \
           /    l            \ 1
         l      l   _ _ _ _     l1
         l    ノ´ ̄  ,イ / / T>`丶、!1
         }   イ / //七く l/ l/ l/l/メメ、ト、l        .事実丞相には及ばないし、
         ノレ′ l/l/イ t 〒乏 ′t〒そl1l ト、',        取り調べたりする必要はないと思う。
       /    /l:.:iヽ弋辷ソ   弋。ソノ从ソl |       
        /     U1:.l ゙゙      ,   ゙゙1.:.l  l |       .右往左往してるのも丞相に及ばないからだよ
      l/    /爪1 l    t ---ァ   ハ. l  l |
      /    /.:.:.l/1 l/ヽ、 ヽ__ノ  , .イ.:l.:.|  l |
      /    /: :,.イ{ 1 L_ _>=∩ ´i.:l.:.::l.:.|\| 1
    /    /:/ 〈.:.:1 l、      .l h、.l.:l.:.:.l.:.|  ヽ|
    /    /く    \ .l:.\  /⌒V 1 \ l.:.|   |    .       i /: : : : : : : : : : `: : : :.\|   又: : : `、
    /   /  ̄`ヽニつ、.:.:.:`Y´   l   ト、:|   ヽ          _}/: : : : : : : :,_: : : : : : : : : :|  λ`ー‐、: :\
  /   /    ソノノ  1 l\:.:.(    ', ,//l.:|l    l         / /: : : : : : :.:./ ヽ: : !: : : : : :廴ノ ム:.::.:.:.:\: :.\
  /  ,.イ  ー〒´ i ,  1 l  V⌒ヽ、  Vく l:.|l    l        (_/: : :.:.:|:.|: : l:|  |: |:.!:|: :.|: : :.|厶く__| l:.:.:.:.!:.:ヽ:.:.:ヽ
                                      ハ: :!: :|:ト|」_ハ|  }/|:.!」:-:|:. :. |:.:.:.:.:} }ノ:.:.:.:.}:.:..ハ:.:.:.:)
                                      |:ハl|:.::jルィテトリ /ーjルテ=Ⅳ/リ:__:.:,' ,:.:.:.:/:.:./:.:|:.: '
                                      l:.:.:从j从゙ ㌧j      匕ソレ' (ハУ /:.:.:/:.:.∧:.:l:/
                                       :.:.ヽ|:.:.ム ` 、      ̄   r'ノ' /:.:.:/:.:.:.{ )从
        そうは仰いますが……                 \:|:.:.:八   _      .ィ´   /:.:.:/!.:.:.:.:| 〃:.:.'
                                         )::./ i>.  `  .  ´ 」、  /:.:.:/:.l:.:.:.:.:|ノノ:.:.:.|
                                       /:.:/、ヽ!:.::.:.}`=く__/  ∨:.:.:/:./|:.:.:.:..!´ l:.:.:|
                                        /:.:/ ヽハ:ノ!  /  ___,∨/ /八:.:.:.:.l j:. ,′
                                      {:.:.:{   }:.:リ:.:j  / /      Vi:.:レ':.:.ヽ:.:.:∨:/
                                      ヽ:.:l   /:./}:/ _ノ厂二三ミ、   l V/:.:.:.ハ:.:.:.V

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .蒋琬は楊敏の批判は事実だと言って、楊敏を咎めなかった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この蒋琬の態度は問題視されたものの、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       結局彼は自分の考えを曲げなかった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
415 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:00:36.14 ID:Ioh/wXAo


;;;;;;;;;{: : ::/:::.... /: : : : : : : .. .......:::::::::: : : : : : : : : : : : : V;;;;;;;;;;;\: : \
;;;;;;;;;l: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : :.∨;;\;;__;ゝ: : }
、_」: :′: : : : : : : : : : : : : : iへ∧: : : : :| : : : !: : : : : : : :∨;;;;;): :人: :.l
;; \: :l: : : : : : l: : : : : : : : : :〃~`´!: : : : l: : : :ハ: : : : : : : :i| ̄: :/  }: :l
 ̄T'゚`l: : : : : : |: : : :j: : : |: :l:!   } !: : :.|: : /: :l: : : : :ヽ、l|: : /   l:V
 ̄:::::: {: : : : : : |: : : ハ: : !: :l|     lハ: : :レヘ: : }│/: : : ハ」: :(  /:/   .楊敏殿が投獄されてしまいましたわ。
\>-、l: : : : |: :A‐-ト==j-∧{__,   }l| ‐'7=テトV: :l/l: : : :l !人 ∨: :/
「'//rヘY: : :.l: :l ヽ/_」二z_ハ  u ノ レ,ィ7ネソ ノ:.:ノ: ハ: : :N  ∨: :/    前に蒋琬さんを批判したのを考えると、
Y( (´〉l: : 人l=ィ=テ7_;;ラF      -`"´ レ'フ:./: .}: ://_ /: :/:.\   .今度こそ死刑かもしれませんわね
丶\ぃ_l: /  ` ヽ ゞ=-'′         i/レ' : : レ':/ ,`i: :/\: .:ヽ
: : ヽ_ゝ_レ′     ̄          }     __j_: : : :/: :/   .l、'  ) : : }
: : : : \ ̄l\ u            / ヽ _` 、:./     l ヽ/ : : /
: : : : : : \!  ヽ、   t‐-- 一'_,フ ´   丶.` 、 \   /  l: : :/
\: : : : : : )\   >、 _   ̄ フ´       ! \ ヽ ヽ      l: /
  ).: : : : ハ   \   ヽ二>′        ヽ、 / { |     |′
 /: : : /: : :ヽ   \    /      __ ,ィ勹、 〉 人 l      ハ
/: : : :人: : : : \   \ ./     ,イ′/`\// i ´    / }


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .後日、楊敏は何かの事件で獄につながれた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       以前の経緯もあり、人々は蒋琬が楊敏を死刑にすると心配した
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
416 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:02:29.08 ID:Ioh/wXAo

            /         !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
            |         i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, <\
            |         |:.:.:.:.__ ,::  -‐: !「/`i:.!ヽ>
            |         √: : : ::ィ! ⌒iハ: :リ xぇv!:!: }
            |        イ: : : : :/レ斗z- V トリ /リV
            |        イイ: :.イ/ / んハ    ヒ! {
           ∧       i |イ: | ヽ v少     '  !
           /        ムヘ: : |  、、    __,.  人
          /   /    /: ハ !: |、   「  ノ, イ  !
            |_ /      /: !: | |: :!、 > 、  ィ! :.|  / ____      それほど重い罪状じゃないし、
         /        /: :/!: トヘ: '! ̄.ソ介トヽ: :|// / / \    死刑にはしないから安心してね!
         /        /: //:ノ:::::|: !ニ ノ|::|C} |: :| (つ i / ,ノ
          /        /:: 彡へ::::::|: |:::\イ::フ^|: :|  `7'ー-イ   
       /       /:.∠   /〇}: |<:::>イ::! !: |.√〈   ,ハ
      /      イ:.:∠二二.メ、 / |: |`''く:::::|\! |: |::|  \/ !   /)
     /      / |://   厶ノ  |: |  ∨_ハ.|: !∧   \|  //
    /       !  |:/    む'   |: |   \_ソ|: |:::::\   |∠∠ 、
   /          |  、      |:リ    |:::!::::| :|\:::::\/ ー-- }
  /           |   \    从    |::::!:::!从  >r'   、 ヽ.ノ
  ∧           ト、     ー―へ    |::/リ  /::| |   rくソ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       ところが楊敏は死刑にはならなかった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
417 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:03:27.59 ID:Ioh/wXAo



    〉─‐ ァ: 7:¨: :/: ̄.: :|: : : : : \: : : :ヽ: : : : \: : : : \|_
.   /: : : : :/: / : : /: : : : /|: : ∧: : :.|\: : :|\_ :|: :|: : : : : : :_>
  /: : : : :/ :/_:/:/|: : : / :| :/  : : | _ 斗七 ∨| ∧: : : |\:\
. 厶イ : : | /∨|/丁: :`メ. |/    ∨ .:ィァテ气ミl/ ハ: :│ |  ̄
  / | : :八| 〃卞不气ミ:::..     .::´ ト{::::::}.}  }} ' : Ⅳ: |      私はイン●テンツとか、
. /:/|: :/ : | {{  ト{::::::} }         弋辷ノ   | :│} ト、     蒋なんとかとか、空気だとか言われても、
∠人|V : : | ヾ. 弋辷.ノ             -''   : : |ノ │ \    全然気にしないんだよ。
    |: : : : |    ー                      ,′ |:  |
.  /: : : : :|              ′         /l : : |'、 |   |   そう、全然……
  /: : : : : :|\                        厶| : : |:∨ | \/
 : : : : : : : | {\          - ニヽ       イ|  | : : |: :∨  ヽ   .そういうので楊儀みたいに、
 : : l : : : : |   ∨ 丶、            _ ´ j/ / : :/| : :丶    \ 人に当たり散らすのも大人気ないしね
 : : |.: : : : |   \  `  、 .._ . <人.  / /: / :| : : : :\   
 : : | : : : ∧    \   \    /    / / '´ : : :| : : : : : :\  



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .このように蒋琬という人は、個人的な感情で物事を判断しなかった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       諸葛亮は蒋琬のこうした部分を買っていたのだろう
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
418 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:05:53.22 ID:Ioh/wXAo
【紀元238年11月 蜀 益州 漢城】

      `  `¨⌒^ア  {>-‐‐‐-ミ  \
        ⌒ヽ、 /  /ニ∠二二∠>  \
          ___,}.′ __j∠三三∠二二二>i     -- 、_
        / _,ノ __彡'. ._i_._./|._././ i`'<ニニ|   .∠: : : : : :\      王平!
       {     `7./.斗ぅミ}/}/ 'l.7i. .`¬{__/   \_:_:_: : :
       、_____,ノ|/|《. {r::)     7:代}. } . . V     _,/>く{ : :      元気にしてたー!!?
 \         /./{ ヽヽ    . ヒ::} }}/. .八{       ̄ ̄( : :
    ______, /./.人   ト-- r ヽヽノイ{、 `        {,: :
         __/ . /⌒ミ:\ 、__,ノ   /|. .{ ,)          /}: :}
        . . . ./⌒ヽ \:`:ーr‐< ̄ミ. .∨     . -‐   , : ,′
       _._.ノ'⌒    \ \弋___,) {_,),>、\__/      /: /
    ⌒¨´ /      \_,〉 ,ハ \} {/ _,). .}____ __,ノ⌒′   .         /´ ̄`二ニゝ- 、,ヽ 、
      /       ̄ミ{   {,>、{ } ̄{`}. j八.\                  {:.:.:.:.:.:.:..   .:.:.:.:ル'ハ
                                       .         ヽ::.:.:.:.:...  .:.:.:.:.))ノ.ノ
                                                <::::::::::.. __...:::___:.:.:.'ノ
                                             _. -‐くヽ、._( _,))|r””!|:::::彡
                                            〈:::.......::::::`::::‐- ニ⊆ニニ0:::彡
        んーと。                                .`7''ri┬rz_ー;ヾソテッ:ラ^|.ハミ
                                                ヽ{ |i| ''"「 :|.|゙ヾ-、 :|.|i.}ミ
        あんた誰だったかな?                             >!   ヽ,l_l、'  ! :j_K〈
                                       .    ___小.   _.゙ニ._, i´r 、ヾ__
        笑瓶だったか?                         |=    {.|i ヽ  ‐- r‐┴'─|. |‐1
                                           |=.   _`|.! \.__.|:::::::::r',Zノ、|
                                         ─''"´ ̄/‐ !   ┌─┘-‐:| .!::::j } ̄

                                               蜀 将軍 王平

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .さて、そんな蒋琬だが、延熙元年になると諸葛亮同様漢中に駐屯する。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       ちょうど魏が遼東征伐に着手した頃合であり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .機を見て北伐に取り掛かろうとする姿勢がうかがえる
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
419 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:06:56.52 ID:Ioh/wXAo
【紀元239年3月 蜀 益州 漢城】

          ,. ---- .
         / -―一=ミ. `v⌒h
         ,イ  ,. .┬、┬トv} rく
        {{ィ廴トト!,≦トf∧フ \
         小'⌒ __ ''Y {、 ` =ィ′
        ノ :{'' i/  } 人:ヽ`ァ'ノヽ
       ,ィ7 /:个z.`ニ イ  `.爪.   〉、    大司馬は丞相諸葛亮と同じで、
     {{/{/{:{⌒アとう/'{  /:..:.. ヽ/ ,イ    私だけの専用職なんだよ!!
  /ヽ  ′ /{`ア/{ソ′7´.:.:.:.:.:.:.:トイ:リ
  }:.:.トiミxr廴 イ } /  /ト{、.:.:.:.:ノ}ノ }′    費禕も姜維も大将軍止まりだし!!!
  `T7 } ヽ`く下ノ| { ∧{  \{′
    | {   `ヽ\{|∧ `
  /{ ∧    丶'; ヽ ヽ                                          ___
  {  \ ヽ.       V {  }、                                 、__ ...  - ‐__'' "´     ゙i
  廴_ ≧ > 、   }. ヽ  \                              ヾ   ̄  ̄             |
           { \ ヽ. \   ヽ.                          ヾ`r             |
         ` ー ミ}  \ ヽ   \                         ミ `(            __ r"|..._
             ト、  ハ }  ノ                          ミ  ´(  _____ ....((  )lノ  `ヽ
             {::::厂 } | /                            ヾ  ◎===__====== =- ‐ ′
              `¨   レ                               `r''ヽ ノ tも=ッ‐< rテラ( }
                                              {(り"′ `¨´"/`  「´ l )ノ
                                                シヽヾ)            l l
     俺には違いがよく分からんが、                    .〃 `ー゚ 、       <フ l
     丞相と同じように北伐をやる意思表示でいいのか?     l゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l-=‐= l__
                                           l   (  ) (  )   | `.二´l┐|
                                           |  _`´___ `´    |、___l │|_
                                        /  ̄        ̄ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |__
                                       /             \       O 「 串|
                                      /               ヽ        l │|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .翌年、蒋琬は大司馬に任命される。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       みずから漢中に駐屯し、丞相職に匹敵するポストに就任する事で、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .諸葛亮の悲願だった北伐を継続する姿勢を示した
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
420 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:08:07.30 ID:Ioh/wXAo

              /,r __________  ヘ  \
.              /  !/)   ノ⌒) (/ x  'フ'⌒)) '´フ∨  ヽ
              ∧  |/)x /'~'  , く__ノ ./'⌒)).x /+ !  ヘ
              ,'    |// (_/    /    /⌒) 、_|    ハ
.             /    |/ ̄i ̄!`Τ`| { ̄ 〕~ 「`}゚「~~\!   │
           │  _./ {ァ'爪¨゚}二V ] V  !´丁Τ〕ヾ、.い     |
           |  '⌒7 | / ! ∨   ヽ{  \{ ´` ∨│ iト、\_  |
           |   ! トl ,r===ミ  `   `彡=ミ、 Y.リ|  ̄  |    分かってるじゃない。
           小  人_∧         ,         ,ィ l|     |
         /.1   {ゞ| 7,                  ,'i  !.     !    北伐は蜀のために
.         /  l   |:.:.l /八    r──‐v    ∧  |i     ト、   続行しなくちゃいけないんだよ。
        ∧.    }: :f │lrヽ、  ∨    ノ   /i.:.|  !゚,    l ハ
       ,'     /// ,レ:::::::{´> .`ー‐ ゜  <:::::ヾ.|  !:ハ     ∧
.      /       /ィ.;'  ;::::::::::l  \_ `二´/ :::::::::〕|  !:.∧      ',
     ∧    ,ムィ゚!  {:::::::::∧__       ,/::::::::::|f  ト、:.:,    ∧        r`"⌒`ー=v ‐-、
.     〔    /  │  !:::::::::::∧_`ー─  /,::::::::::::::}}  |  ゙ヾ      }        1:::::.....................  }
                                                |:::::::::::::::::::::::___::リ,
                                                r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ
                                               /``======_‐ラ(6,′
                                              ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′
       簡単にはいかんだろう。                       /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ
                                            ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _
       魏の連中にも手の内がバレてるしな               { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
                                             ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
                                              \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
                                          ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
                                         ::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ
421 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:08:37.78 ID:Ioh/wXAo

                      ____
                            `丶
                 /            \
                    く            ノ   ヽ
                 〉 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     l
                   | |    _____|    |
                  |,厶ア{∧ 丶\ \}\  │
                 │|/f^r芯\ィr芯ヾVヘ  「  ∧
                │ l|〉 V::}   V:::} } ヽ小、
                    ヽ八            .ィ |´ \ ヽ
              _}三ミヽ | |>   -  -=≦/:厶.  \ \       .方法は色々考えるんだよ。
              |.:.:.:.:. \\|: Ⅳ)/{匸斗-=ニ三三}    \}
             |.:.:.:.:.:.:.:. \\L[// ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    \〉::\    丞相のやり残した仕事は、
            (_ ).:.:.:.:.:.:.:.:.: ヾーr':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒ヽ \\:::::〉   .私が絶対に果たして見せるんだから
            ノ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|<>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.( __人\}ヽ∨
           (__ノヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|\ ⌒⌒)
               、 _.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|∨`ー冖
                __ . > 、.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___|
           __{∧./ニ二\_:|.:.:.レ-‐<\    \_
         /  ∧/ハ´ ̄\   ̄´  __ \\    ヽ\_
            ⌒ー=≪}//}_\       {/∧/\ 二二ニニ〉__>、 `丶、
              じヘ、 \       xヘ//ハ>、    \ て:イ \   \
                    ̄`ー─<__ ∧//}/`ー─'^こ>‐┴'⌒\__>
                          ̄`ー'                ̄

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       「諸葛亮の後継者」の北伐が形になるのは、もうしばらく先の話になる
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
422 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/12(木) 11:10:44.27 ID:Ioh/wXAo
新規CAST

~蜀~

●楊戯(ようぎ) 三橋檎サバト(撲殺天使ドクロちゃん)



::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|  
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|              おしまい
|::ゝi: i│       /:::i:::|  
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
423 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 11:15:08.58 ID:/TQxgDIo
こんな時間に投下だと!乙ですー

前任者に適わないこと公言して事を進めてうまくいくって、蕭何亡き後の曹参みたいね・・・
425 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 11:52:52.47 ID:YyZmcE6o
やる夫スレでサバトちゃん初めて見たなww
426 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 12:01:52.12 ID:D6Sk.Rco
乙です

サクラスレといい、インデックスは可愛いのう
432 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 16:27:48.53 ID:vBdDfUE0
韓信の故事はともかく、第一次北伐における魏延の長安急襲策の出典は蜀滅亡前に成立した「魏略」でしょ。
あれ魏国内のネタはやや賞賛しすぎる傾向があるくらいだけど、劉備や蜀絡みの話はほぼ伝聞だから酷いもんだぞ。
督郵ぶん殴った話や劉禅生き別れ説、三顧の礼否定説なんかはその代表例。魏延を諸葛亮の後継者だったとして裴松之から「ねーよwwww」と言われてるのも魏略。
魏略のスタンスからすると当時その情報が流れていたということだろうから、これは単純に諸葛亮の陽動策の一環だったんじゃないかと思うけど。
431 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 16:15:50.71 ID:0CnhF2Uo
どっちも詰んでるんだから体制整ってる相手への北伐なんてやめて
八王の乱くらいまでひたすら引きこもってればよかったんじゃね?
433 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 16:43:41.12 ID:QZzcO3c0
>>431
おおむね天下諦めて割拠でよしとしたら、内紛乱発で死に体になった国がありますが……。
蜀は政権の性質もまるで違うし後継問題もなかったけど、イデオロギー失うと国の意義が揺らぎますからねえ。
438 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 21:25:01.15 ID:w4MSmqoo
>>433
呉は別の要因な気がする。
究極にはやっぱり孫策が早死にしたのが痛すぎた。
地盤が固まる前に幼帝即位始めたような物だし。
439 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 22:20:55.70 ID:CnfUB6Mo
呉の問題は孫策よりも長男孫登の早死にじゃね?
443 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/13(金) 00:03:49.08 ID:avaxOic0
>>439
裴松之は「孫和が継いでも息子がアレだから結局滅びるわバーカ」とか言ってるけど、二宮の変がなければ孫晧もグレずにもう少しマシな政治をしたかも知れない。
これがきっかけで豪族も皇族もガタガタにしたって意味では、やっぱり二宮の変は致命的だったな。
444 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/13(金) 02:13:48.68 ID:aCUuj2ko
蜀と呉を合わせても、魏の国土より少ないのに、二つに別れたままで
事に当たるなんて無理な話だな。そういうこと考えると二宮の変よりも
荊州問題の段階で大勢が決していたとしか・・・そこから考えると周瑜の
早死こそがry
445 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/13(金) 02:27:03.79 ID:nuAR5bY0
匈奴の劉淵や劉曜が晋に反逆するまで、蜀はもたせることが出来たのかな。
その前に蜀にも、李雄や李特が来るだろうし、成漢も桓温に滅ぼされたから
どうやっても、蜀は無理だったんだろうか?
447 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/13(金) 15:07:18.92 ID:5huAEDwo

      \ カタッ カタカタッ カタッ /
              _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
              /   ,′  ´ ̄、`Y  l
________   /    /   、    l くハ |      >>443
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  ,′ , l !   , |  、 |  l l|     自分がどこに住んでいるかを忘れて
___      | | l  | | | /| ∧__ハ| | | |      陸家と呉を叩く裴松之は死ねばいいと思います。
──┐|    | | | |  l | ¦l7/   、| | | |
 ___|│   .:| | |∧ |Nヘ、!/ ●  〉  ,′l|    .……と、朱然殿が言っていました
 |┌‐┘    :| | ´ ハjミYシ、_,、_,, ⊂⊃  /  l| \
 | |_____:|_|  / lト《ヽ、     ,イ  /   l|   ヽ
 | |      _ 入/  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、 
__|_|__   //┌‐`─────┬─┐| |\   `ヽ、 l 


>>425 
『三国志』では何気に重要人物の一人だったり……

>>426
インデックスさんは可愛い(マスコット的な意味で)。

>>432
『魏略』は魏国内はともかく、蜀関連の話は伝聞が元になっているようなので、
その部分に関しては信用しない方が吉かと?

>>444
本来なら、曹操が袁家倒した時点でゲームセットだった気がします。
450 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/13(金) 19:41:39.86 ID:vCD9PxQo
>>447
陸遜と孔明というチートと、劉備というジョーカー、
そして魯粛という稀代のネゴシエーターが、
本来なら勝利条件満たしていた魏の勝利を、
遅らせてしまった感じはある。
461 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 21:38:23.31 ID:Xz1E5gQo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      もう一発おまけ投下しようと思うんだけど、
./      ∩ ノ)━・'/      投下しちゃっておk?
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
462 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 21:40:41.61 ID:OqQEivco
どんとこい
今年の夏は暑いから出すもの出してしまいましょうや
463 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 21:43:00.51 ID:F5lUT7go
おkおk
464 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 21:44:02.67 ID:OqQEivco
あ、でもなんか嫌な予感する
エログロなんとかだったら事前注意欲しいかも
465 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 21:46:47.68 ID:3HrxFLAo
ワタシは一向にぜひお願いします
467 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:02:56.60 ID:Xz1E5gQo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/      じゃあ、お言葉に甘えて始めさせてもらうお。
|       (__人__) l;;,´|  
./      ∩ ノ)━・'/       >>464 
(  \ / _ノ´.|  |        そういうのは他所のスレにお任せしますお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
468 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:06:20.08 ID:Xz1E5gQo
【紀元200年頃 漢 揚州 廬江郡】



 /: : : : : : : : : / :/: : :/: :/ :/く\、 : : : : : : : : : : ヽ
/: /: : : :/ :/ /: ;'!: : /: :/ :/≪:\.|: : : : : :| : : : : : :
| /: : : :/ :/ / :/ | :/ : / :/   "≪|: : : : : :| : : : : : :|
|:l: : : : | /`メ、/ | :| : :|.:│    |: : : : : :| : : : : : :|
|:l: : : : l/ :/∨\| :| : :|.:│    |: : : : : :| : : : : : :|
N: : : : |:./|{^ア㍉| :| : :|.:┼ー─- |: : : : : :|: : : : : :        魯粛!
  '; : :| レ;小 ト:ィ|ヽ|\|ヽ|    │: : : : ∧: : : : : j
  \{∨:│ Vリ    x==ミ, /: : : : :/ }: : : :∨  ⌒☆ .あなたの資質と才能は今の時代にこそ相応しいわ!
     |: : !   ´           `/: : : : :/ ノノ: : : : :|
     |:.:人  ′        /: : : : :/_/ : : : : : |       今揚州じゃ鄭宝って人が評判良さそうだから、
      |: : :/\  vー┐  /: : : : :/: : : : : : : : : :|       二人で一緒に仕えてみない?
      |: : :|: : : >、 、_ノ   /: : : : :/|: : : : : : : : : :│
     /{: : :|: : /.: :>‐┬/: : : :/_」: : : : : : : : : : :|      良い返事を待っているわ!
   /∧: :.| :/: :∠二二ニ=ー<___| : : : : : : : : : : |
   /:/: : : :|//       \   \八: : : : : : : : : : :|
  ././l: : :ヽ|/         \   ヽ: : : : : : : : : :|
 /:/ :|: : : ノ           丶   \: : : : : : :│

       漢 揚州の名士 劉曄


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .魯粛と劉曄は親しい友人だった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       孫策が死んだ頃、劉曄は魯粛に手紙を書き、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .一緒に鄭宝なる人物に仕えないかと誘いをかけた
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
469 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:08:08.52 ID:Xz1E5gQo
【紀元200年頃 漢 揚州 呉】
              __,...,_
              /   `゙'''''ヽ
            {          }
            }           j
            ノ        i{',
           lイ       、_ 、, ヾ
              `ヽト-- ‐` `i`ヾ                    孫策殿が死んで、
           ,.-;ケ  ̄~ て;;‐,、__                   .私の投資も水の泡になりそう。
          r'フ'´       L  `ー- ,、_,..,  _,,-――-;---z_
           r'´ rl         ヽ、_,.-'´-''´   ̄ __ノ   /‐て ̄ 手遅れにならないうちに北へ帰る準備を……
          ト、__}!        _y;ニ- -ー--―‐∠,,,.... -┘ ̄`゙  
          | ノヘ'、      _/ l
          /´ ノ1ヽ   ヽ_ノ /'
        」  /  _フにニニニコ,
.       {  }.  //     l!  ゙,
.      r<   l  //     ゙ 、 ',
      l  } ,' //         l! ',
                                                /\___/ヽ
          劉曄の友人 魯粛                         /''''''   '''''':::::::\
                                              . |(●),   、(●)、.:|
                                              |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                            .   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
      魯粛様、周郎が急ぎお会いしたいと!!                \  `ニニ´  .:::::/
                                            ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                |  \/゙(__)\,|  i |
                                                >   ヽ. ハ  |   ||

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       この手紙を読んだ魯粛、一旦は劉曄の誘いに応じようとしたのだが……
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
470 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:10:57.10 ID:Xz1E5gQo

.    /.:: :.: .: : .: ::l.::l'"`ヽ'、::..:. : .:. : : . :ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:|l:.:l   `ヽ:、:.:.:.:.:.:. :. :.:.::.',
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.l_'、ト、   ヽ'、:.:、:.:.:.:.:.:.、:.、:'、
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,l'、!テト=ー''  、弌、l:.:.:.:.:l:.ヾ',ヾ'、    昔、馬援は、今は主君が臣下を選ぶだけでなく、
    ll:.:.,-|:.:.:.:、:.ヽゞ='-    ィテrゞ,:.:.:.:.ト、:'、 ``    臣下も主君を選ぶのだと言った。
    '|:.l'´|:.:.:.:.:ヽトゝ     ヾ`'‐'"ハ:.:.:.| `ヾ    
     !:.'、(l:.:.:.:.:.:.:.、\    ノ   !:.:.:ヽ:.l       .今仲謀は非凡の才を持つ者を招聘して任用しているし、
    /:.:.:.`|:.:l:、:.:.:.:`ヾ、-‐ ミ  ,.:':.:.:.:.:ヾト、      . 俺の聞いた話では劉氏に代わる者は東南から興るという。
.   /ィ:.:.:.:.:.l:.ト、!ヽ、:.:ヾ`、 ` ,ィ:.:.:l:.:.:.:ト、:l`      .
   '´l!:.:.:.:.:.ト、!-`ニミヽ:.ヽ__/! ヽl:.ト、トゝ`       最近聞いた話によれば、今がその時期に当たるらしい
 -―‐ゝ‐-、| `    `ミ`''‐、ト!  ヾ!          .
  ̄ ̄ ̄`'' 、`ヽ  rトl __!/〃
        `''、\ヽ ト' /〃
                             .        /   |                   ヽ   ',
       孫権軍 将軍 周瑜                ,'             /           丶   l
                                   {                 / ,.イ !         !l   |
                                   '、     ,'   /1    / / //l l        jリ   l
                             .       '、   {  /ミ,|    ,イ/__/-‐lハ        /      '、
                                     ',  ', ,' lr;'、  //z;==;=l、!      ,イ      '、
                                     }  ヽ'、iゞ'ヽ l, {  _{ ノ:} ,ミl       / l      トハ
                                     }   ``l / ゙ヽヽ  `'''=  l     /) 'ヘ     j
                                     /   /,',、          j     /-‐;'´/) , イ/
                                     /  / /' ヽ、_          l    /‐''´彳''7 '´
                                     イ /   ,.イ  ヽ`      _/  ./  / |
                                    l /   _{ヘ 丶  ヽ   ,.、‐''7   /      {
                                    l,'  /   ヽ ヽ   ̄ __ ',ノ , イ
                                    {、 <     ヽ丶 ,.-''´ /-''´ヽ ヽ  _ -_ -

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      これを止めたのが、彼と何かと縁の深かった周瑜である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       当時の魯粛は孫家に仕えていたわけではなく、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       ただ江東に疎開して来て居住している立場に過ぎなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .従って劉曄の誘いにも簡単に応じる事ができる。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          しかし、かねてより魯粛の才を認めていた周瑜は引きとめを試みた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
471 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:11:35.18 ID:Xz1E5gQo

               ,..-‐'´ ̄:: ̄::`丶、
.             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ,':::::::::::::;:‐::'´ ̄`::::::::::. : : ヽ
            i.. . :::::::{;、:::::::::::::::::::::::::.. :... ハ
            !::.:.:::::::;--ゝ、:::: :. :::::::::::::::::::::}
            |、:::::::{    }: ..:..:::::::::::::::::::::!         .とにかく、俺は仲謀に賭ける。
            {|::::::::::!==--ノ|:::::;::A::;:::::::::ハ!
            |!::::::::ト!ー=' レ'´'ー≠ラ::::i           いずれ仲謀にお前を推挙するつもりだったが、
            |::::::::::!`    .i::  /!..,.::!          今から会ってやってもらえないか?
           _,从ハ::リ.ヽ、  _, /|::从:|
      _, - ' ´    ヽ!、 .丶、_./.!/´リ `` ー- 、_      .劉曄殿への返事は、
     r'´          ヽ、 |!!}./         `',    それからでも遅くはないはずだ
     |      _, -‐、    `7-〈  /} .,- 、._     /.!
     !  ', >' ´    ヽ   /  .∨iケ./    .`ヽ、 ,' !
    ,'  i./      /`ヽ /   .',´/       !/ ,|               _ -―-, ‐‥-、
    ,' .ヽ/  ヽ   !   |.`    .'´r‐‐=7 ,/  {  〈l             ‐,≠-‐       :`ー-、
   ,' /ノ    }   !   !      .!. _-‐」  !  ヽ ハ            {: . . . : . :    . .   : i、
   !イ´    ノ!   |  .|       ´    .∧   \.',            ヽ: . : ィ:/i: . . ィ: ., : : : . : ヽ
                                            ___ノ: : イ l'`| : / l: ハi: . : : :l : }
                                          /-/hn. . :/fL. ヽi{ l/`メl: : ノ: :l: ,'
                                           ̄_ソ  |: : { `¨、  f、_j/: : :{/
                                           ` ‐/`ー\ f ┐ `彡'  . : :{
                                             ヽ : : : : 、`.ゝノ∠z___ : : ノ}
       あなたに言われると断われないわ。                 L -‐/イ,乂// . :〈 ̄ヽi/
                                      .  \ \       '、/::::::l l  : : `┬‐ッ
       会うだけ会ってみましょう                           >水ニニ\ . : : ト、j
                                                    /::::ハヽニコ\: :}: }
                                                〈::::/ \>  ヽ.レ.ノヽ
                                                    i、i    : .   ノ\!j
                                                    └ 、    : :f´   ´
                                                   ` - t<
                                                      l_ノ}
                                                      し'
472 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:12:50.92 ID:Xz1E5gQo

    /          . : . . .>─-、
   ./        .  : . . : . : {__/   `ヽ
  /        . : : :/-}ハ: :l:(__つ   }
  l        . : :ィ./ ィ≠ミl: :ゝ、`ー T´
  {      l、 : :/ ′i代_ノ::}: : l:.:.`ー':}__,      お前が魯粛か?
  /. :   ヽ/`\/    '¨´lィ:/:.:.:.:.:.:∧'
.  {: ハ: . . .ハ代テ、     ,  ./:.:.:.:.:./¨`       周瑜から話は聞いている。
.  l/ l:.、: :ー-、 ゞ''  、 / .},./:.:.:.:.:./l 
    ` /: ;.>ゝ、__<___ノ/:.:.:.:.:/``         せっかくだし一緒に酒でも飲もう!!
     {/ {  O、__ノ:.:r'/7/:.:.:.:./
       `‐く__ノ、' /ヽ:.:.:.:{                                  __ _
           _. -‐ヽ、__二7                              , -―/. :`ヽ: :\
         .ィ_:.:.:.:、:.//:.:¨¨}                              /  . . : : : : 〉: : . ヽ
         {__く:.:.:.:>i:.:.:.:.:.::j                          ,  .  . : : l : : : ! |:ヽ : {'′   ,
          ゝ- ' {__∧__:/                             {: /: : : l :l、l: : : :トlヽl,: : `=<
              ゝ_ノ |                          、.、: : : ゝl=ミ、l: :Vテl: l: : : : 、:ヽ
              {___ノ                           } :ゝ 、、ゞ-'- ゝ-ヽノィ:, ⌒ヽlヽl
                                              /. :ゝ!. : \  、__ '_, ムミ、
     漢 会稽郡太守 孫権(字:仲謀)                ゝi{_ :ゝ: : : `ニ=- ∠ _,
                                          `  ヽlヽ>‐ ミ<z<
                                           _ -―く \ ∧ Vヘ ヽ-,
                                          , ´   ー\ \ソ }´| l |
         喜んで                                /        \/ /ヽ.| | l
                                          j          / / 、_ \!.|
                                           /   /ヽ   ,. ' ∠  l`<>l
                                       /   /  __/ /: ヽ:/ . :ヽl
                                       _/    /ゝ// /   . : :/. . . : ノl
                                     _./ゝ---'彡ィ-‐< : : _: , ': : : : :イリ
                                      ゝ   //ィ ゝ: : : : : : : /: : : :イ、lハ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       こうして周瑜の仲介もあり、魯粛は孫権と会う事になった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
473 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:14:06.77 ID:Xz1E5gQo

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ      なあ、魯粛。
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l
     |           从  l|、 l Alム l l |      今漢王朝は傾き、四方が乱れている。
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ        .私は父と兄が遺した事業を継ぎ、
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\       .斉の桓公や晋の文公のような功績を上げたいと思う。
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \       .そうするにはどうすればいいんだろうか?
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l
  ´// , /  `ヾl \\ V }}
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \             /    : : . : :/    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、ヽ 
                                     , '      . : . . : :/  /  . : . : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :',}
                                / ィ      . i . :/{ /{ ,  . : . : : : : /:  : : : : : : : : : : : : : : : :l
                                  { / {    . . : { :/‐∨‐l/{  . : : : : ィ ∧ : : : :l: : : : : : : : : : :l
                                  l/ ',   : . : ヽ{「「ゝミ、l {   : : : : / V ', : : /|: : : : : : : : : : :、!
                                  、   : : : l  {--'}ヽ'、  : : :/  ̄ ̄} . :ノ }: : : : : : : : : : : {
                                   ヽ.   : : j ``‐く  ヽ  : :/ z=≡}/`/イ: : : : : : : : :i; : ト、
  ……あなたは思い違いをしているわね         / ヽ   : :l       } ,  {  {、......ィケ、/ . : : : : : : :}i: :!: \
                                    /'´ノ}  . :'、     ´l/\ 、 `‐-< / . : : : : : : :/ }/: : : :ヽ
                                     , ' } ,  : :人    、   ``    /ィ  . : : : : : :/: /: . : : /
                                  , ノィ . :/   \ ヽ、:_          / . : . : : :/: : : . イ /
                                   {  / /    ヽ ` ‐ ̄   _ ..../ . :  . : /、7: : / /'´
                                  ヽ//       `r―    ̄ /  ,/ _  '´  /‐ 'ヽ.
                                   ´ 、     \  ヽ.   / , 'ノ ‐ ´        ヽ
                                      ,       ヽ、   /‐ ' ´__              }

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .この二人、随分と気があったらしく、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       孫権は出会ったばかりの魯粛にこんな相談を持ちかけている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .若かりし頃の孫権の望みとでも言おうか?
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
474 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:15:17.77 ID:Xz1E5gQo

              /:::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ
         / ̄::::::: :: :::::::::::::::::::. ::::::::::::::、::ヽ::::::::::::::、::ヽ
.         /  ::::::::::  :. ::::::::::::::\:..、_ :::::::::}、:ト、 :: :::::::ヽ::ヽ
       /  .::::::::::::.    :::::::. ::::::{ヽ、`丶、/-リ ', : :: ::::::ト. l
       {  ::::::、:::: :::、 ヽ.  ::::.. :::ヽ/z≡〒7  } : :: ::::::!::l!`ヽ、
          〉 .::::::ヽ::. ::ト、 ヽ、_  ::. ::::ヽ´ゝノ::ソ   j  .::::::|::::::. :::ヽ    昔々、漢の高祖は真心を尽くして
       l  : ::: :. ::ヽ-\z≡;ミー- 、 、\"´  /イ  .:::::::l:::::::. ::;::}    楚の義帝に仕えようとしていたわ。
        l   :::. :. :\rヘ_ノ::ソ  、ヽi`゙`   // } .:: :/:::,ヘ.  l l
        l l、   ::::::ヽ、`ヽ'"´     、    ノ´ /  ,  l/  } /l/    けれどそれができなかったのは、
       i ! ヽ、_    :::`゙ヾ      .._ ィ   .イ  /|. /  ノ'´      項羽が邪魔をしたせい……
       `!   `iヽ   ::. ::丶、   ` ニ  , '| / l/
           , ', ' .`:、  :::::i:::` ;;;r‐ - - '  |./` ー--   ...........  今の曹操は昔の項羽みたいなものだから、
          ノ'/  ,::::::} i, :::i''"´  ヽ      l'             .孫権殿が桓公や文公になるのは不可能。
           {  /}:::/l/} :/  , -'"´\        _.. - ´       
           ヽ { ヽ{ | {- '´     ヽ    ,-‐''´         そんなエンディングはないでしょうね
            `` `, へ{  、__  --、               
                 /
                  /
475 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:16:22.97 ID:Xz1E5gQo

                                        /    . : : : : : . : . . : : : : : : : : : : : : : \
                                       /    . : : :     . : . : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                     / ,    . : : : :   /. . : : : : : : : : : : : : : : : : : : i: ',
                                    /. イ   . : . :  . ィ . : . : : : : :/: : : : : : : : : : : : : l: i
                                   '´  /   . :  . :i / / イ . : : : : :/: :,ィ: : : : : : : : : : : : :i:|
                                       {     i. :/|/‐ "、,' : : : : : ,l: :/ !: : : ィ: : : : : : : : :{: l
  私は漢王朝の再興は不可能だって思っているし、     、  . . : i:/i z≡ミ、{  : : : /_!/_/: / } : : : : : : : : ∨
  曹操もすぐには倒せないと思っているわ。          、 : . : : l: } 、{- ' }ヽ : : :/ l'_/∠_`ソ.ィ: : : : : : : : :!
                                       } : : : : : |   ̄``/ .イ/  {_r‐' }`´ / . : : : : : i: :l
  孫権殿にとってベストなのは、                  ノ : : : : : :l    // '   ` ‐ ┴/.  . : : : :/}:八
  この江東の地を足場にしながら、               /  . . : . : ヽ  ´ '       /イ . : : : : :/:/´: :ヽ
  天下のどこかに破綻が生じるのを注意深く見守る。   / ィ . : /} , -‐ヘ  マ_-..._      /. : : . : , ': :  . : ヽ
                                    j/ {: / _'´  -‐ \ ー   _ / . :  . : /: : : :  . : :/
  たったそれだけ                          , -l/  ̄       {`ー ''" /  ィ / ̄}/}  ノ}/
                                   , '       、_      }   ∠ -‐´/ '´\ '´  j/ ′
                                  ,          ` ‐-、ノ            丶、
                                 ,                  -―――一     ヽ、
                                ,                                丶
                               /       }                          、
476 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:17:14.37 ID:Xz1E5gQo

       /  . : : :   . : : : : : : : : : : : : : ̄`ヽ、
     , '   . : : : :   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /   . : : : :    : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}、
   , '   . : : : {    : : : : : : : : : : : : : : : : : : { i
  / /   : . : :ハ  i、  : : : : : ,{: l、 : : 、: : : : : : : '、{
  j イ   : :ヽ :{__ヽ{ ヽi : : : 八{ ヽ : }ヽ: : : : : : :ヽ
   {    : : : トlr‐;弌、 ヽ  : :{ ‐弋 ヽ/、 }l: : : : : : :',     不思議に思っているかもしれないけど、
   ヽ、  : . : :', _{ニ'_}_ ヽ  :{  彳フテ、 }: : : : : ヽ }     .私がこう言うのも北方には直面する課題が多いからよ。
     ヽ  : : : :',      ヽト丶 ┴‐┴ /  . : : : }lへ
     ノ.',  : : : l     '       , '  . : : : /: : : ヽ   .北の曹操が袁家との戦いに追われているうちに、
    ´フ . } , . : :人     '       /ィ  . : : : :/: : : : :}   江夏郡を守る黄祖を除き、
    { /}イ . :/: : :ヽ、 ヽニ=‐   _ / . : : : :, ': : : , /   .軍を進めて劉表を討ち、長江の流域を占領し……
    ゝ{ /: /`フ-‐ '´ト、 ̄ _  '´/   イ/ヽ: : ノ}/
        / '´     _ノ、  ̄    / //   ノ'"´ ′   ……帝王となって天下の支配へと突き進む
       _ .. -‐ ´   }      /'"´ヽ、
     /   ` ー‐-、 ノ         ` ー-  、 
    /              '´ ̄ ̄ ̄      ヽ
   /          _                    ',
   {    、i    /__ヽ                   }
  |   :::j    , '  、__`ヽ               '
   j   , '   /   ー、`゙{       ::i       '
477 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:21:09.91 ID:Xz1E5gQo

                                      /    . : : : : : :  . : . : : : : : : :丶: : : :___\
                                   , '    . : : : . : :  . :  . : : : : : : : : : : : : ´: : : : : :ヽヽ 
                                   /    : : . : :/    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、ヽ 
                                    , '      . : . . : :/  /  . : . : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :',} 
 これこそが漢の高祖の事業と言えるわ。      / ィ      . i . :/{ /{ ,  . : . : : : : /:  : : : : : : : : : : : : : : : :l 
                                 { / {    . . : { :/‐∨‐l/{  . : : : : ィ ∧ : : : :l: : : : : : : : : : :l 
 どうかしら?                        l/ ',   : . : ヽ{「「ゝミ、l {   : : : : / V ', : : /|: : : : : : : : : : :、!
                                  、   : : : l  {--'}ヽ'、  : : :/  ̄ ̄} . :ノ }: : : : : : : : : : : { 
 別に真新しい事は言っていない。             ヽ.   : : j ``‐く  ヽ  : :/ z=≡}/`/イ: : : : : : : : :i; : ト、
                                  / ヽ   : :l       } ,  {  {、......ィケ、/ . : : : : : : :}i: :!: \ 
 先人の道に習えばいいだけ……             /'´ノ}  . :'、     ´l/\ 、 `‐-< / . : : : : : : :/ }/: : : :ヽ
                                   , ' } ,  : :人    、   ``    /ィ  . : : : : : :/: /: . : : / 
                                   , ノィ . :/   \ ヽ、:_          / . : . : : :/: : : . イ /
                                  {  / /    ヽ ` ‐ ̄   _ ..../ . :  . : /、7: : / /'´ 
.        /l     ,、                      ヽ//       `r―    ̄ /  ,/ _  '´  /‐ 'ヽ.
  (ヽ  {V {____」 W{_   ,、                 ´ 、     \  ヽ.   / , 'ノ ‐ ´        ヽ
  ヽ}  )         `  _乂)                   ,       ヽ、   /‐ ' ´__              }
  _ Vレ'        .     ヽ.
   )      . : : : : : :、  .、 }
   }  、. :i_ : 、: : : :ム厶 . : :V
   ノ . . :\lx=ミト、:/if⌒liV : ヽ}_,
  く:ィノ : : : 、{{_ _jj   ゙=゙ l/: 、:_ノ
 , ,、{ : : : :ヽl ̄´__,r‐'^l  ハ: :ト|
.(_乂ノ:/、:\: \{    {.イ V
   ⌒lハハハドl∧    ヽi\_
        l`゙トヘ    ヽノ:ヽ
        l__」_ 厶  __}ヽノ`つ
          ノ_::::}了^V_> 、フ`′
        ーァ´ }ー'{\_/\
        \_ノ⌒7⌒丶.   ヽ.
           |  /     \   ヽ
478 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:22:23.86 ID:Xz1E5gQo


                                     /    . : : : : :/  . : : : `ヽ、 : : : : : : : \
                                    /    . : : : : : :  . : . : : : : : : :丶: : : :___\
                                   , '    . : : : . : :  . :  . : : : : : : : : : : : : ´: : : : : :ヽヽ
                                 /    : : . : :/    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
                                   , '      . : . . : :/  /  . : . : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :',}
                               / ィ      . i . :/{ /{ ,  . : . : : : : /:  : : : : : : : : : : : : : : : :l
                                 { / {    . . : { :/‐∨‐l/{  . : : : : ィ ∧ : : : :l: : : : : : : : : : :l
                                 l/ ',   : . : ヽ{「「ゝミ、l {   : : : : / V ', : : /|: : : : : : : : : : :、!
                                 、   : : : l  {--'}ヽ'、  : : :/  ̄ ̄} . :ノ }: : : : : : : : : : : {
                                  ヽ.   : : j ``‐く  ヽ  : :/ z=≡}/`/イ: : : : : : : : :i; : ト、
  (漢王朝なんてデストロ~イ! なんてね)      / ヽ   : :l       } ,  {  {、......ィケ、/ . : : : : : : :}i: :!: \
                                   /'´ノ}  . :'、     ´l/\ 、 `‐-< / . : : : : : : :/ }/: : : :ヽ
                                    , ' } ,  : :人    、   ``    /ィ  . : : : : : :/: /: . : : /
                                 , ノィ . :/   \ ヽ、:_          / . : . : : :/: : : . イ /
                                  {  / /    ヽ ` ‐ ̄   _ ..../ . :  . : /、7: : / /'´
                                 ヽ//       `r―    ̄ /  ,/ _  '´  /‐ 'ヽ.
                                  ´ 、     \  ヽ.   / , 'ノ ‐ ´        ヽ
                                     ,       ヽ、   /‐ ' ´__              }
                                     }           ´ ̄ ̄              i
                                     /                            i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      この時代、荀彧、周瑜、諸葛亮といった王佐の才を持った者たちは、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .程度の差こそあれ、漢を再興する事で乱世を終わらせようとしていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       漢王朝が四百年続いたのを考えれば当然と言えるが、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       それを踏まえれば、魯粛の発言がいかに異彩を放っているかが分かる。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .漢に代わる新たな王朝の建設、当時にすれば悪魔の発想である
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
479 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:23:46.33 ID:Xz1E5gQo


       : : : : : : :   : : : : : : : : :     : : : : : ヽ
       : : : : : : : : : : : : : : . . : : : : : . . . : : : : : : 丶
     . : : . : : : .i: : : : : ト、: : : : : : ; : : : . : : : :,、: : : : \
    : : . : : : : : : .ト; : : : :l \: '.: : : :ト; : : :; : : : :|``丶 、_>
     : :;: l_ヽ: : : l-',: : : :l ‐,.>=、:',ヽ: : i: : : : :l
   :::ト, : :ト;|z=ミ、: :l \: :l〃r'`}ヽ\i:.\.ト.、: : :l          い、いや、そうは言うが……
    l.,〉: |r' )ヽ`ヽ|   ``' ヒ:;:シ, .l`: : : :`ヽ、:丶
    〃V{_r'::::ノ,    、  ' ̄ ̄ .|: : : : : : :ヽ`ヾ、        .私は地方にあって全力を尽くし、
    : :\-ゝ‐'´     丶     l: : : : : : : : 丶         漢王朝に力添えをしたいと願うのみ。
     : :ト; ヽ        !     /: : : : : : : : : ヽ'、
: :;     : ', `ヾ、     _   イ: : : : : : l`丶、: :ヽ、       お前の言う話は私の力が及ぶ話じゃない
: :〈ヽ   : :i     rニ´.. -'  ,.ヘ: : :ト; : : |   \: :',
: l`丶: .   : ヽ、     ´ /::::::::::∨ヽ: : |     ヾ!、
`   ',: ト、. . : ヽ` ‐ 、._,.イ::::::::::::::::::::ヽヽ: ト、    丶
ヽ   ヾ! 丶、: \     /:::::::::::、::::::::://ヾ!. i
 丶      {` ‐-ヽ、  .∧::!::::::ト.、;;:'/   }
   \    l:::::::::::{   i  }:::::::::i `'     イ
    丶  __ヽ::::::::l   `  }::::::::::ヽ    / .|


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       事実、話を聞いた孫権ですら、こう答えている
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
480 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:24:16.36 ID:Xz1E5gQo

                                                  , ´ ̄` 、,  ⌒ヽ.
                                             / ̄`´  /l     、 l、、\
                                          , ' /l /レl lV レレ/   .トl ハ: ハ、
                                           // /イl'/l/ ヽ/l/l/ : : : .、 lハトl: : ハ
                                         l/!: : l' : l、: . . : : /:/lハ: :/: : : : :ハ
                                         ' 丶 . : . : lへl、: : /l/≠kl/l . : :l: : : l
                                            ヽ : :ヽlイjテ∨  ´l-彳 /. : : ハ: : :l
                                     .       l : 、ゝヒリ    └rうフN: :{ソ : /
               本音は?                      ノィト: :{rう  、     /, l/ : l: : :l
                                            l N:, l> ,、'~'   /ヘ: . :ト l:l: :l
                                            l: ハ|{/_ノ>┬ 彡!、ヽ: l, `ト、l
                                     .         V 「 ̄ { イィヘく// ヽ`l∨ `
                                               〉  _ ィ::l/// ,l  ハ、_,、__
               ___                            `¨´ 〈::/:::::{_{   _〉:::::::::::_)
            . "´      `丶、                            >tェ彳ゝ-tクヽ\::::::::_)
              /            \                         _/:::|l!| 丶 : `<`´ ̄
            /               ヽ                       _ハ_/l'リ    : : :7
         i: : : : : . : : : .  : :      ヽ                     ヽ. :  . :   : : .  /
         |: : : : : . :  : :、: . : :、: :  | . ト|                      `¬___r┬‐ '′
         i: : : :_|: : : . ト、|ヽ、ト|ハ: |: ハ|: . |                              ヽ=l=1
        ノ: : : ft1: : : :ヽ ´i-'f^`Vイjハiハ/                           ヒ.ヒソ
       /イ: : : :ヽ|:i : : :ヽi   ̄  ヽ |: |
      ∠ィ: : :i: : : |ヘ: 、: :ハ      __ 'ノト|
       ∠ -‐|: ィ: :/ヘ |\ ヽ  ´ /|                   …………
          ",レ' |  `  丶i >く、ト|
       . -‐  ': : : ヽ、   | |  /: :\
.      /: : : : : : : : : : ヽ`丶 Lヽ/|: : : : ヽ
      {: : : : : : : : : : : : : \  `i |: : :i/: |
.       }: : : : : : : : : : : : : : : ヽ  、 V: V:|
      j: : : : : : : : : : : : : : : : :ハ  、 V: V:}

      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
481 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:25:22.63 ID:Xz1E5gQo
      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                        l:::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::i::::|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                        {:::::::::::::::::,' ∨:::::::::::::::::::::::}::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                          Y::::::::::::::ト、 ∨::::::i::l::::::::∧::ト.i!:::::::::::::::::::::::::::::::}
    仲謀に仕えてくれるそうだな。                  l:::{:::::::::::lz≧、∨:::从:::::/≠リ‐i!|:::::::::::::::::::ト::::/
                                        i::ハ::::::::::l代ィ:}`∨j i!|::/{_.ィ::}ヾ l:::::::::::::::::iト }::{
    俺としてはありがたいが、                    V ヽ::::::|` ̄,  V .l' `¨¨¨´ ./::::::::::::::::::l./::::l
    どういう風の吹き回しなんだ?                    /::::ハ` 、        /::/::::::::::::::::l::::::ハ
                                          ./::ィ:::::ヽ `_       ./::/:::::::::::::::∧:ヽ:ヽ、
    (てっきり仕えないと思っていたが……)             /' ハ::::::::ヽ `;ー-    //i::::::::i::::::l::::l::::ハ丶
                                           {::::::ィ::::Nヽ ¨    _  '/l::::::イ:::::lへハ::::} \
                                           {::://|::/ヽ. ト、_.  ´   |::::ハ::/  .} ヽ|  \
                                           .Vノ l'   \  > 、 . .|::/´ l'   |      ヽ.
       __         ,.-''" `丶、,.- '' '''‐-、          _/       ヽ  > ´ .l'     j、   /´⌒ヽ
     ,.-''"   `丶、    , '´             lー 、
    /         ',  /                ` --ゝ、
    |         l. /                     `ヽ
    |         | {                       ',
    |         | ',   ,   / ,イ                 }
    |         |  ヽ  l  ,イメ、!          !         /
    |       {`ヽl/‐ィ}  |, lrリミ、! ,    ,イ ,イ         l
    |    ,.、,.-f' r !-‐'ァ  ゙, l ヒ_ハ l!  / //,.メ、! /        l、   .周郎のお美しい顔に泥は塗れないでしょう?
    |   r'ヘ ヽ f‐イ''| /   ,イ`  ``l', l!/-ァ=ミ、lイ       ! ヽ、
  _,,.-|―''l '、 ', ', ,l'´ !'  /|   , ' ヽl′ヒ__バ'/      / ヽ  .江東の腐女子に刺されるのはごめんだわ
'´_  |  _,! `¨''"`′ ! ./_,ィハ  、;;       フ´     /  , ハ/
  `゙ ! ´       ノ!//ゞ-‐'"`''-ミ`'' ‐;:=''´    _, r'   ノ,.-‐
    |     _,.-‐''´ |l !. {/,.     `ヾ´_     ,.∠イ-―''"´ ̄
    |_,,.、-‐'´       |`゙. ',//        `゙ ̄ ̄ ̄ ̄
―''"´|            !  ヽ/ ィ‐、
    |            !   `''-''´ `'' ー ―――――--
    ` - ____, -'
482 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:26:52.16 ID:Xz1E5gQo

              ,. -――‐ 、
               ,:'::::::: :::::::::::::::::'、
             {:::. :::::.:.::::::::::::::::::}
                !::::::::::::::::::::::::::::::l
                !::::::::::::::::::::::::::::::l
            /イ:;::::;::::;:;::::;ィ:;ヘ::!             まあ、いい。
                7l/-`-'"-´-、l`
           _,. -‐''"´:::::;::::::::::::::::::::;::`''-..,,_         .それにしても、お前には借りを作るばかりだな。
        〈::',::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::;::::::::::::/::!
            l::ヾ:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::;::::::::::/;::!         では俺も忙しいから、これで失礼する
            {::::ヾ;::::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::l/:::}
         /:::::::l:::::::::::::::;:::::::::::::::::::;:::::::::f::::::l
        /:::::::::!::::::::::::::;:::::::::::::::::::;::::::::::l:::::::',                                           
        /:::::::::/!::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::l::::::::',         __         ,.-''" `丶、,.- '' '''‐-、          
       /:::::::::j. l:::::::::::;::::::::::::::::::::::;:::::::::::l;::::::::',       ,.-''"   `丶、    , '´             lー 、
       l:::::::::;' !::::::::::;::::::::::::::::::::::;::__,.j ';::::::::',     /         ',  /                ` --ゝ、
       !:::::::::!  `¨T'' -‐ r ''"´ !    ';:::::::l     |         l. /                     `ヽ
                                 |         | {                       ',
                                 |         | ',   ,   / ,イ                 }
                                 |         |  ヽ  l  ,イメ、!          !         /
                                 |       {`ヽl/‐ィ}  |, lrリミ、! ,    ,イ ,イ         l
                                 |    ,.、,.-f' r !-‐'ァ  ゙, l ヒ_ハ l!  / //,.メ、! /        l、  
   (これからたっぷり返済してもらうわよ?)     |   r'ヘ ヽ f‐イ''| /   ,イ`  ``l', l!/-ァ=ミ、lイ       ! ヽ、 
                               _,,.-|―''l '、 ', ', ,l'´ !'  /|   , ' ヽl′ヒ__バ'/      / ヽ
                             '´_  |  _,! `¨''"`′ ! ./_,ィハ  、;;       フ´     /  , ハ/
                               `゙ ! ´       ノ!//ゞ-‐'"`''-ミ`'' ‐;:=''´    _, r'   ノ,.-‐
                                 |     _,.-‐''´ |l !. {/,.     `ヾ´_     ,.∠イ-―''"´ ̄
                                 |_,,.、-‐'´       |`゙. ',//        `゙ ̄ ̄ ̄ ̄
                             ―''"´|            !  ヽ/ ィ‐、
                                 |            !   `''-''´ `'' ー ―――――--
                                 ` - ____, -'
483 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:28:14.93 ID:Xz1E5gQo

                             __ _
                        , -―/. :`ヽ: :\
                      /  . . : : : : 〉: : . ヽ
                  ,  .  . : : l : : : ! |:ヽ : {'′   ,
                     {: /: : : l :l、l: : : :トlヽl,: : `=<
                  、.、: : : ゝl=ミ、l: :Vテl: l: : : : 、:ヽ
                   } :ゝ 、、ゞ-'- ゝ-ヽノィ:, ⌒ヽlヽl
                     /. :ゝ!. : \  、__ '_, ムミ、
                  ゝi{_ :ゝ: : : `ニ=- ∠ _,
                 `  ヽlヽ>‐ ミ<z<          .孫仲謀……
                    _ -―く \ ∧ Vヘ ヽ-,
                 , ´   ー\ \ソ }´| l |        適当に賢明で適当に愚かで、故に扱いやすい、
                    /        \/ /ヽ.| | l        なんて言えないわよねぇ?
                 j          / / 、_ \!.|
                  /   /ヽ   ,. ' ∠  l`<>l
              /   /  __/ /: ヽ:/ . :ヽl
              _/    /ゝ// /   . : :/. . . : ノl
            _./ゝ---'彡ィ-‐< : : _: , ': : : : :イリ
.             ゝ   //ィ ゝ: : : : : : : /: : : :イ、lハ
             }  / ' ',l  ∧―― ´: : : : : , ! Vlハ____
            ノ   ///l ヘ \: : : : : / //|  l ハ └――  二二二
              /    / //! |: :\__`'‐-、: :/} ∧ l  l、       . <
              l     / l l: l: : : :|: > 、「`ト┴‐┴┴--┴―――<
              l     / l l: l: : : :l : : : : 「`l-――┬┬‐┬┬─‐-、 \ /
.            、 、__/   、 、 : : : : : : : \\ \ \ヽ ┴┴――-` ==\
.             ゝ      ヽ: : : : : : : : : : \` ‐-- 、\\          ̄

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      この日以来、魯粛は正式に孫家の臣となる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       孫権は魯粛を厚遇し、彼を嫌う張昭らの苦言に耳を貸さず、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       さまざまな便宜を図ったという。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/          魯粛の言葉に心を動かされたのは間違いないだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
484 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:28:53.59 ID:Xz1E5gQo

          _ -―-, ‐‥-、
        ‐,≠-‐       :`ー-、
        {: . . . : . :    . .   : i、
        ヽ: . : ィ:/i: . . ィ: ., : : : . : ヽ
      ___ノ: : イ l'`| : / l: ハi: . : : :l : }
    /-/hn. . :/fL. ヽi{ l/`メl: : ノ: :l: ,'
     ̄_ソ  |: : { `¨、  f、_j/: : :{/
     ` ‐/`ー\ f ┐ `彡'  . : :{
       ヽ : : : : 、`.ゝノ∠z___ : : ノ}      そういえば劉曄に返事を書かなくちゃ
        L -‐/イ,乂// . :〈 ̄ヽi/
.  \ \       '、/::::::l l  : : `┬‐ッ
            >水ニニ\ . : : ト、j
              /::::ハヽニコ\: :}: }
          〈::::/ \>  ヽ.レ.ノヽ
              i、i    : .   ノ\!j
              └ 、    : :f´   ´
             ` - t<
                l_ノ}
                し'                  
──────────────────────────z____________________
【紀元200年頃 漢 揚州 廬江郡】
                                  .': : : :.|:. :. |: : |: :|: : :.i: :. !: :. :.! ̄´`'`ヾ'|:. :. :.|: :. :. :.|
                             .    i : : :. :|:. :. |: : |: :|: : :.|:. :.|: :. :.|     .|: : : :|: :. :. :.|
                             .    |:. :. :.:.|: : :.|:. :||:.:|、: : !: : |: :. :.|     ,|: : : :|: :. :. :.|
                             .    |:. :. :.:.|: : :.|: :.|ヽ:! !: :|:. :.|: :. :.|   _,イ !.:. .:.:|: :. :. :.|
                             .    |:. :. :.:.|:. :._|_!_ヾ、ヽ:!; : !、:. :.|,r<ミ=-、,|: : : :|、 : : : |
                             .    ヽ: : : :!: : :.! く了不ヽ ヽ:| ヽ/!.ト、_ノ| リ|:. :. :.| }: : : :|
   ようやく魯粛から返事が届いたわ。          ヽ: : :|: : :.|ヽ` ヾ炎}  ヾ ヾ'弋ヒン ' |:. :. :.|ノ:. :. :.|
                                   ヽ: |: : :.|: :|'.  `‐'         ̄   !: : : :|: :. :. :.|
   さあ、これからは二人で天下を暴れまわるわよ!   ヾヽ: :|: :| ヽ    、           |: : : :|: :. :. :.|
                             .           ヾ|: :| |: :ゝ   ャ―‐ァ    イ.:. .:.:|ヽ-、:.:|
   さっそく手紙を読んでみましょう!!              |: :| |: : : :.>、  `―'   イ |: : :.//  `ー―‐ 、
                             .           |: :| | __,イ i>―、 ´   ,| ://        \
                                        ヾ|'´    ヽ :: ::ヾ____/ |: /'       /     \
                                        /ヽ     ヽ :: ::::::::::::::::::::|/        /       ヽ
                             .          /   ト      `――‐― ´'      /

      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
485 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:30:45.34 ID:Xz1E5gQo
      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―



  / /     l: : : : : : : : : : : : : : : : : \
: / /   '   |: : : : : : : : :| : : : / : : : : : \
/| ∧ /    j.: :.│: : : : :! : : ;瓜人: : \: ヽ
^jメ、 Ⅵ  l , | : : | :│: : |: : / / ::0',: : : :ヽ: ',
: : : : : :| / /l | : : | :∧: : | :/ j{ :::..:: } : : l: :|:│
: : : :|: :レ /斗┼ーレ孑ヘ: Ⅳ^小、_,ノ| : : |:.:Ⅳ     あ、あなたの胸のように、
: : : : :/ / イ! j〃⌒ヾ ヽ| 〃`ヾⅥ: : :ハ |      貧しくて希望のない人生を送りたくありません。ですって?
: : : :/イ,// |乂{{   }}    ヾ、_,ノ { : / j/
: : : : : }: : : : |  `ー='"         ∨        .何よ? これは?
: : : : :人: : : :|               }
: : : : :トム : : :|             /         .いまさら孫家につくとか何考えているのよ?
: : : :!:l: :∧: :│       r‐ュ    イ|
:. : :.:!:|: : :_〉 : ト   _____.. <: : !:|          後で後悔しても知らないんだから
:. : :.:!:|:/ ∧ :|`ー一寸  `ヽ、:_:j : !:|
: : _r<    Vl::::::::::::::}     | ト、!:|
厂{ \\   ヾV三三|     | | ∨
\ヽ \\   \   |      j// |


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       歴史はふとした偶然の連続で動いていく
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
486 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/14(土) 22:31:22.41 ID:Xz1E5gQo

::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|  
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|              おしまい
|::ゝi: i│       /:::i:::|  
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
487 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 22:37:44.62 ID:OqQEivco
乙ですー
魯粛って結構フリーダムだったのね
488 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 22:53:30.59 ID:9L7zbBQ0
乙です
魯粛さんフリーダムすぎるw
正にデビル
489 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 22:53:30.68 ID:DWxMhDMo
乙乙でした

魯粛はもうとうの昔に漢王朝に見切りつけてたのね・・・
490 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 22:57:13.68 ID:yr.lw4ko
乙です。
しかし魯粛と劉曄が同じ君主に仕えてたら……凄いな。
491 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 23:12:17.89 ID:3HrxFLAo
乙でした。

まあ、簒奪・王朝交代は前例がないわけでもないけど、無茶な発言には変わりないよなー。
493 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 23:46:24.01 ID:ZqgC1OE0
ペラペラ喋るステラはホント別人だな
なんでこの配役にしたんだろ?
494 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 23:46:49.41 ID:JlXUAPMo
私見だけど、孫呉に漢への忠誠心はなかったんじゃないかって思うんだよね。
孫堅は伝国の玉璽を見つけた時、それを皇帝に渡さず自分で持ち帰ってる。
(これは当時董卓の傀儡と化してたから、という理由で正当化はできるけど)

でも、孫策がこれを兵を借りるために袁術に渡してる時点でもう無理でしょ。少なくとも孫策には無かったと見られる。
(日本で言うなら、壇ノ浦に沈んだ三種の神器を見つけたけど兵を挙げるために質に入れたような感覚じゃないかなと)

そして孫権は漢の官位を受け入れながらも漢を補佐してる曹操に従うことなく赤壁の戦いを起こし、
漢から魏への禅譲や蜀に劉姓の皇帝が生まれるのを見ると、自身が名分なく皇帝を名乗った。
498 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/15(日) 00:34:16.46 ID:G3.rPkso
>>493 最初はこういうのがやりたかっただけでしたが……】

                  ̄//レl:::::::::::::::::::::::\
        _, --、_   /イ:l/レl::NレlW::::::::::::::ゝ
     ,  ´   : : . \   /:::::ィfi!::::::::::::::::l:::::::::::ト
.    /レl lWl    ,、: : ト. /:;l:::ン´lィ::::::;::::从:::::::i::|   呂蒙、勉強するのは嫌?
     { . .  :、l从| :ムlィ: l i/ Nゝッ l:l::/l:/l::::::::::ル'
    }: f| : lt少レ丶 lィ:ヽ   リ. 7行´ ̄ ̄ ̄|           うっ……
    ノィ:リィ 、:ゝ  、_ッ/l: :ト、 ,. -‐┴ゝ------ 、l__
    ノィ_ハ: ヽi‐-- イ_,! リ /__: : : : : : : : :_: : : : : \
    / ヽ\l/ヽl〃^l/彳之}: : :_、-‐'´  ヽ: : /\
   ⌒ヽ /∨  { /: : : ̄彡'´ ,.     ヽ/
      レ′ _r一'´l: : ,.-‐'´  /
499 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/15(日) 00:36:07.22 ID:G3.rPkso

::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|      魯粛に関しては、どうしてこうなったというのが作者の感想。
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|     
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|      >>494
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|      呉の史家の私の立場で言うのもなんだが、
|::ゝi: i│       /:::i:::|      玉璽絡みの話は呉の正統性を示すための理論武装に過ぎないと思われる。
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|      実際孫家に漢王朝への忠誠心があったかどうかは(自主規制)
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::| 
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     .なお、陳寿殿の記述では玉璽の話はスルーされている
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

                                                      ____
                                                    /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                /   (●)  (●)  \
   孫堅が玉璽拾う話の元ネタは、                          |      (__人__)     |
   この韋昭が書いた『呉書』だお。                           \     ` ⌒´    ,/
                                         r、     r、/          ヘ
   立場上気持ちは分かるけど、                    ヽヾ 三 |:l1             ヽ
   玉璽一個で天命があるとか暴論だと思うんだお            \>ヽ/ |` }            | |
                                            ヘ lノ `'ソ             | |
                                             /´  /             |. |
                                             \. ィ                |  |
                                                 |                |  |
502 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 01:29:08.84 ID:A9VnfXo0
げえっ、確認したらマジで呉書だ。その注の書き出しが江表伝だったから江表伝出典で覚えてた……。記憶だけで書くもんじゃないな。恥じてしばらくROMろう。
503 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 03:07:27.72 ID:AboiONwo
父と兄の築いた地盤を元に、国力伸張と衰退の双方に大きく関わった孫権
自分の基盤が全くない場所で、最終的にはかなりの勢力を築いた劉備
人物の優劣はともかく、実績は劉備が上かな。
505 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 04:02:02.92 ID:Nse540.o
劉備の血筋って劉性だけだろww
孫権の比較対象は曹丕、劉禅にすべき
506 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 07:31:34.87 ID:vd/o5iAo
>>505
それが重要だったんですよ。
蜀漢が曲がりなりにも漢を名乗ったのもそれがあったからですから。
507 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 09:22:18.40 ID:RpsVnp6o
十分恵まれたバックボーンあったって事で
508 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 12:33:53.20 ID:2OLLbnIo
孫権と同じ立場で孫権と同じことができる奴は幾らでも居そうだけど、
劉備と同じ立場で劉備と同じことができる奴は他に居るとは思えないからなあ。
509 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 13:06:44.95 ID:RV3fvZYo
>>508
なんか凄い納得したww
510 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 14:17:34.54 ID:ZrqadBM0
>>508
正論だなww 曹操すらできるか怪しい。

・本人が将として絶望的に才能がなく出負け、しかもよく出たがる
・後継問題で国を衰退させる
・創業者ではなくあくまで二代目

この三点があるから曹操はおろか劉備との比較対象にもならない。二代目としては十分優秀なんだから、曹丕曹叡や劉禅と比べるべき。
511 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 14:33:47.83 ID:fxhkC8Eo
劉備にとっての孫権と劉ショウってある意味では似てるのかなあ。
孫権:オヤジと董卓討伐でちょっとかかわった
劉ショウ:黄巾討伐でオヤジにちょっと世話になった。
512 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 14:36:39.47 ID:jQWzTx.o
孫権が戦場に出たがるのは父親と兄貴の影響じゃないか?
513 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 15:35:02.49 ID:aG3lTBU0
孫権は本質は兄貴と同じだよね。酒癖とか虎狩りとか焼き討ちのエピソード見るに
国を治めていく能力云々というのはそれがあの情勢で求められただけで
あ、でも兄貴と違って戦は悲しいほど弱いか

>>511
劉焉の話は演義だけだった気がする。劉虞とごっちゃになってるんだっけ?
514 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 16:00:58.18 ID:Rx6fS0Mo
>>505
超名門ではない地方豪族出の光武帝が漢を再興した前例があるから、
戦乱で成り上がった劉性持ちの人間が簒奪に対して再興名目で皇帝位に就くのはそれなりに筋が通ってる。
515 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 16:23:31.24 ID:vd/o5iAo
孫策も大軍の統率は経験が無いので、小部隊の駆け引きと個人の武勇はともかく、
赤壁以降の整備された大軍同士のぶつかり合いでどうだったのか。
あの性格だとどこかで結局戦死しそうですしねえ。
516 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 16:25:32.39 ID:bimwhoUo
>>512
戦を見てきた二代目って戦に出たがるもんなのかもね
曹丕も呉との戦に二回自分で行ってるし
517 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/15(日) 19:49:35.78 ID:Zx5/Kvso
【次回予告】


              /       /     }       \
            /          /     ハ    ヘ   ヽ
          〃   /    /     / ヽ    ':.   ',
            ″   /    ,{      イ   ,    :.   '.
             | '    {  / ハ    //  -‐-', }   :.   l
             l│ |   レl 「厂ハ j//      | ハ   |   |   
            l│ |   | |j/ { Vノ      __ リ│   |   |
           l |  |  | |ル,:'=- `    ''⌒゙`ヾ|   |   |   確かにあまり聞かないかもしれないわね。
           l |  |  | '´              |   |   |   
           l |  ヘ  |       ,        丿  |  │   私が調べた限りだと、
            |人 { \|:、        _         リ  八   |   倭人は楽浪郡の海の向こうに住んでいるらしくて、
            i| /∧   い、     V ⌒7    ,.イ 〃   |   そこには倭人の国が百余国あるとかないとか……
          j// ヘ、 ∨ |l  .   ` ‐'′  イ_/ ∧ 、  |
          /  /   \| ∧(| `   ._,. '′ j/ イ  \ ヽ :、  .楽浪郡とは交流があるそうよ?
            /  /     j/  \      /   |、 {   \  :、
        /  /   ,. '{::ハ   \    /    ∧}:「` r- 、  \
          /  厶ィ   {:{∧    ム=く    / |}:}   | : : 「` 、 ヽ
       / {{::{     {:{  \ /{::.::.::.:}\  /  ,|}:}   | : : |  }::}\


───────────────────────────────────────────────




                             未知なる東夷との遭遇





───────────────────────────────────────────────
518 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/15(日) 19:50:42.60 ID:Zx5/Kvso

                _  - ―― 、
               イ.:::::::  -――-\
            / /.::::/      ヽ  \
           / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ
           /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |
           / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /
            /      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
            /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ
         /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ        これが私からのご褒美よぉ~
       /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
      ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |
      /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ
     ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
     | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
     | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、
     ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく
     /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l  ヽく_r勹
     ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ丨
          /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |

                        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                       <SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI! SBI!>
                        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                          、        、        、       、        、
                        /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
                       / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
                       \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )


───────────────────────────────────────────────




                              司馬懿の人心掌握術





───────────────────────────────────────────────
519 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/15(日) 19:51:22.48 ID:Zx5/Kvso

/:/:/:: |:::|::::::|   |  .|  ./://ハ::/ |::! |::::/:|:/|ハ |;::i:::| /〃! !:| ,|::|  /:!:::|    /:|.ィ...!|
:://::::::|:::|::::::|   !,  |  !|i:|l:| |′ .!:| .Ⅵ |':::|':|:|V∨!|::|l:::|. ,|::! /:|:|∧/::|::::|   ∨|':|. |l
〃:::::;イ:::|::::::!    !.i  ! l::|i:|i|    ハ|  ハ|   ' ハ|:ヘ';::ハ|:/!/1:レ/:j: /|::::::|::::| ,| イ:/!:| |!
'::::::;イ:|::::|:::::|   .l .!  .|..∧:Wリ   ,    ,;;;;;;;;;     ヾ;| ' {:リ::/:::/://::!::::::l::::! /j//]/1:! |
:::::/:レ|::::|:::::|   .! |  ! |: :.    .ト\ ;;;;;;;;;;; ;; ;;;;;;;;;;;;   ィ:::/:/::/:/!::j:::::/::::l///// !:イ|
::/:::::::|::::|:::::!   l .|  ! |: ;;;;;;;;,,,,,, ヽ\`丶、   ;;;;;;;;;;   / //:::///:/::: /:::::::://〃 //l|
':::::::::::!::::!::::! ,|. .| |  ! |;;;: :. ,;;;;;;;,   丶`  `丶;;;;        /イ::〃〃;:::::/::::: イ/〃 .// |!
:::::::::::|::::|::::|. !|  | l  ! |;: : : . ,,;;;;;,    \    、` 、   ;/'; ::/':イ//::::/::::/イ/'  ./イ |
;::::::::::!::::!::::| l:!  .| !  |l |: : :,,;;;        `  ,,_>一  ,;;;;;;;; /:///:/:/イУ  ./′
∨:::::|::::|::::|. !|  !  |:!|: :,;;;;: : .    :::::丶..        ;;; ;イ:::/イ://イ| |  !
;:∨:::!::::|::::| l:|  |  ト!.| ;;;; : : : .            ,,  _,. イ|::::::/'::|/イ  !.|  |     太尉の他に誰がいるのかしら?
ハ:∨|:::::!:::l | l   .|  |:|.ト、;: : : : : .       _,,...:,<|:::::::::!:|:::::::::/i::!|  .!|   |
:::ヽヾ::::|::::| !:|.   |  |:|.レヘ;;: : : : : . . . . _,,. <:::::::|:::::l:::::::::|:|:::::::::::l::|l  !|i:! !
::::::ヾ!::::!::::!.|:|   !  .И|、:::|::::|:> ,_,...イ:::::_⊥ .-┴ '-ミ::::l:|::::::::::::!:|:!  .|:i:| |
::::::::::|::::|::::| !|.   ! , | |l \:::!:::::::::|:斗‐'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ;::::::::::!:|:!  .| |l |
::::::::::!::::|::::|.l:|   ! ! .l l|   ` <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::|:l:|  |l | !
::::::::::!::::|::::l.|:|   | | !.|!     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:::!|::!  |l...| .|
匕:/|:::::|::::リ::|   l | | |       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅶ:|.   l| ! |
:::::;' |:::::|:::::::::|     ',∨ト、        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ   !| | |
::::匕!:::::!::::::::|     .| ト、ヽ        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ハ   l| . | !
:::::::/|::::|:::::::::!     .| Ⅳ/         ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:::::::..:.:.:ハ  l|  !|


───────────────────────────────────────────────




                              宮中に渦巻く陰謀





───────────────────────────────────────────────
520 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/15(日) 19:52:36.30 ID:Zx5/Kvso

   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
     ゞ! \  i! /i ,ィ';-f='j〆   // /::|  /  !:::||
         \|::/ "/:/ /     j/  !:::|  /,//j/
          ,. ゝ'  ´ ̄´"     / ,イ! :| ,,/ イ/
       ,.                / / | .::|/ /
        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /
        i         // ,ィ " | | :::| / j !
         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |
        丶     ´        // `"'j/  | | /           尻拭いばかりの人生よねぇ?
          `!           //  /:::|   | | |
          !           //  /|::::|   | | l
          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                   //. / ,,イ| |   |
                _., -/" / // / |   |
             /::/''// /: : j / ::|   |
            /:::::/ ,/ / : : : /メ:::::|   |
            \::::::ソ ./: : : : . //::::::|   |
    ____      /イ: : : : : : : //::::::::|   |
   /      ̄ ̄''メ── ----//:::::::::::|   |
   |         /// : : : : :: // ::::::::::::|   |


───────────────────────────────────────────────



               「やる夫が正史を書くようです」第二十二回後編 8/22(日)投下予定


                                  ご期待下さい



───────────────────────────────────────────────
521 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 19:59:48.89 ID:fxhkC8Eo
ああ、またカガリがヒャッハーするんですね
522 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 19:59:52.85 ID:cDSwdAMo
wktk wktk
523 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/15(日) 21:56:27.67 ID:Zx5/Kvso
【後すごくどうでもいい話】

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\          このスレにはヒロインも嫁もいないお!
     /    (__人__)   \        作中の陳寿の年齢は三十過ぎ!
      |       |::::::|     |        .もう立派な仙人様になっちまってるお!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !      .
     /     `ー'    \ |i       .どんな歴史系やる夫スレでもヒロインの一人ぐらいはいるはず、
   /          ヽ !l ヽi       一年半も雇われてやってんだから作者も考えてほしいお!!!
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ  <ドンッ!!
               レY^V^ヽl
                                           / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}
                                       .   /.`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ
                                          i:::::::.i:::://      [..-}::::i-ー:::::|::::::::::|
    ふむ。                                  i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}
                                          {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i  
    メイン級の史実の人物に、                      i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
    俺の嫁的なキャラを続々と投入した結果がこれだ。        {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
                                           .i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}
    そもそも先を考えれば、                         {:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
    陳寿殿の嫁という空気確定のキャラに投入するAAなどない。   {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
                                       .     i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
    このスレのヒロインは『三国志』、それでいいではないか   .    i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
                                             i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{
524 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:02:27.25 ID:kxCAFz60
オリキャラの長門がヒロイン扱いじゃなかったのか
525 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:05:13.69 ID:TUaOY7oo
枢斬 暗屯子とかどうよww
526 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:17:05.95 ID:a2Is5KQo
>>525
犯したるの人か
てか画像検索したら画像が酷過ぎるwwww
527 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:28:14.79 ID:fxhkC8Eo
どこかで見たような人、でもいい気がしないでもない。

ライダーでもいいんじゃね?もういっそのこと。
528 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:42:12.46 ID:f2uTKO6o
>>523
今会話してる相手に走れば良いじゃないか、とりあえず美形だぞwwww
529 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/16(月) 00:21:04.88 ID:kZyKBxQo

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ___         >>525
     (⌒    \::.      犯されたお……
   /  _ノ  ヽ、 _ \:: .    
  /  o゚⌒   ⌒゚o ヽ    .>>527
  |  O  (__人__) # |     仮面ライダーとかおかしいお。
  \     ` ⌒´   /   .:.:| 
   >  ニニ⌒)(⌒ニノ      :| 期待した陳寿がバカだったお
   /  / ^ ヽ ^ ヽ     .:|
  (__/\_)_) ̄ ̄ ̄\
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                          ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                          |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                          |/\/ ̄     --Ⅵー|   
                                          |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|  
   >>528                                   .|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
   生憎、私は配役が男だから無理だ。                 |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|  
                                          |::ゝi: i│       /:::i:::|  
   なお、ご提案は真摯に受け止め、                  .| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
   前向きに検討させていただきます                  .|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::| 
                                          | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|  
                                          |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                          |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
533 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 05:39:38.01 ID:lWDNpU6o
>>529
Fateのライダーでは?
まあ、第四次はガチマッチョだが。
534 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 06:51:26.79 ID:dmr1rd.o
>>533
あの人は男色もOKだからそれはそれで問題ないw
535 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 08:20:49.05 ID:iAwr6R20
>>533
Fateのライダー(5次)は、確か曹洪かなにかだった筈。
よって4次のDQN大王を嫁に(ry
536 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 13:45:51.12 ID:UlQQWjY0
>>529
BL展開ですね、わかります。
三国志の時代、同性愛てどれくらいの認知度だったのかな。
日本の衆道みたいに大っぴらに認められてたのかな?
532 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 03:21:41.64 ID:L/MIeqA0
そういや司馬氏に取って代わるwwとまでいわれた牛金は出てきた?
538 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 18:18:16.26 ID:.Vs1o/oo
4徹してやっとここまで追いついたぜ。。。
539 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 18:29:39.31 ID:E6qWwVco
>>538
至福の時間だったろ?
543 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/16(月) 23:39:55.68 ID:/eR4A82o

         ____
         / _ノ ヽ_\          >>532
.     / (ー)  (ー)\         牛金は犠牲になったんだお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \       
    ヽ   L   |r┬-|    |       曹仁配下→司馬懿配下と渡り歩いた剛の者だけど、
     ゝ  ノ  `ー‐'    /        出せそうな江陵攻防戦は曹操の行動追いたくてスルーしたし、
   /   /         \       樊城攻防戦は龐徳や満寵を活躍させたかったから登場せず……
  /   /            \     
. /    /         -一'''''''ー-、.   .北伐で登場させようとも思ったけど、ベテランの将軍では張郃がいたし、
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))  いい出し所がなかったんだお


                                            / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}
                                        .   /.`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ
                                           i:::::::.i:::://      [..-}::::i-ー:::::|::::::::::|
                                            i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}
  結局、誰彼構わず出せないという事情が大きいな。          {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i  
                                           i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
  一回の投下量も多いし、                          {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
  登場人物が多くすると、投下量がさらに跳ね上がってしまう。     i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}
  一応断わっておくが、これでも出演者数は加減している。        {:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
                                            {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
  どれだけモブのマモノやダディ、クマーに助けられたか     .     i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
                                        .      i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
                                               i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{
544 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/16(月) 23:41:05.04 ID:/eR4A82o

        ____
      /      \
     /  ─    ─\             でも、今読み返してみると、このスレって三国志のスレの割に、
   /    (●)  (●) \            名場面(?)端折り過ぎてないかお?
    |       (__人__)   |           
   \      ` ⌒´   /            特に黄巾の乱~呂布死亡のあたりはひどいお。二回で終わったし。
   ノ            \           . あんたの国の小覇王なんて登場したの2レスか3レスだお。
. /´                 ヽ         
 |    l             \        ま、第七回以降は曹操-司馬懿中心でやってるからしょうがないけど
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                                           / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}
                                       .   /.`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ
                                          i:::::::.i:::://      [..-}::::i-ー:::::|::::::::::|
                                          i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}
  そもそも、このスレのストーリーは最初、               {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i  
  蜀の滅亡→三国統一→三国志を書く→裴註            i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
  ……と来て、折にふれて過去の逸話を扱うつもりだった。     {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
                                          i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}
  第五回と第六回で陸家と二宮の変をやったのも、          {:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
  そのために呉の衰退の理由を先に説明する必要があったから   .{:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
                                       .     i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
                                       .      i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
                                             i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{
545 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/16(月) 23:42:42.77 ID:/eR4A82o

  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       /       .::::::::::::::::::::::\       でも、その流れだと晋側の事情がさっぱりだお。
  | |       /          ..::::::::::::::::::::::::|      
  | |      .|          ...:::::::::::::::::::::::::|       ……ってわけで第七回からは
  | |       |        ....:::::::::::::::::::/       .魏の歴史を紹介していくはずだったんだけど。
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<       .こっからがもう、ね。
  └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::::::::|       
  |\    |           :::::::::::::::::::::|       本当は簡単に説明していくはずだったのに……
  \ \  \___      ::::::           


                                         / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}
                                     .   /.`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ
                                        i:::::::.i:::://      [..-}::::i-ー:::::|::::::::::|
                                         i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}
   説明する事柄が多すぎた。                     {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i 
                                        i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
   第七回~第九回までは飛ばし気味に話を進めたが、      {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
   赤壁で前中後編やった所で 諦 め た 。            i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}
                                         .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
   それ以降は色々な逸話を引用しつつ、                {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
   牛歩のように投下している                        i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
                                     .      i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
                                            i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{
546 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/16(月) 23:43:32.29 ID:/eR4A82o

::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|       ただ今では、官渡までの流れを全て拾って話を進めると、
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|       いつまでやっても話が終わりそうにないので、
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|       あれはあれで良かったと考える事にしている。
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|      
|::ゝi: i│       /:::i:::|      .小覇王の活躍をカットしたり、
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|      .赤壁での周瑜が魯粛や甘寧に食われたり、
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|      .馬超の涼州転戦をバッサリ切ったのも良い思い出だ。
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|      ……という作者の愚痴でした
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |


                                                    ./ ⌒`"⌒`ヽ、
                                                   /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\
 こんなスレでも>>538のような新規の読者さんがいてくれるのは嬉しいお。   /,//::         \
                                                 ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
 作者に成り代わり御礼申し上げますお                       ./  /、:::::...           /ヽ_ \
                                               (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
                                      .          `ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"
547 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/17(火) 00:10:26.91 ID:A.q30jgo
乙ですよー

段々密度が濃くなっていってしまうのはよくあることww
548 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/17(火) 00:20:02.19 ID:GR95F.6o
呂布と高順と陳宮がサラッと死んだのも今は良い思い出…


じゃねぇよ、陳宮と?萌の反乱の解釈楽しみにしてたのにwwww
549 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/17(火) 00:29:49.69 ID:fJh06zco
>>523
そんなアナタに三国時代の賢悪女特集!!幕間でやってみては?
自分にはどんなタイプの女性があってるか?過去の判例を検証するのもいいかも!
あっ!すいません!俺がみたいだけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。