2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫が正史を書くようです 番外編「手紙について」

2012.04.24 (Tue.)
811 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/08/29(日) 00:57:10.20 ID:43jLEsIo

::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::  
|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
|/\/ ̄     --Ⅵー|     
|:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
|:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
|::ゝi: i│       /:::i:::| 
| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|       さて、次回の番外編の告知をしていなかったが、
|:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|       次の土曜日までには投下に漕ぎ着けたいと考えている。
| ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|       .テーマは「手紙について」、下の御仁の得意分野と言える
|::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

                                              ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                                              ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                                              ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                             ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                           ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                            li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                              i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
  僕ほどの能書家の手にかかれば、                   l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
  手紙の偽造など朝飯前さ                           !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                                            ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                                             ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                        、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
                           `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                       '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                        __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                                 `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                                i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                   l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                                 '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                                   i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/

やる夫が正史を書くようです 第二十二回 後編のあとに投下された、番外編です。

854 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:26:04.21 ID:i2ouMuoo
【某年某月某日 晋首都 洛陽 】

― 陳寿の家 ―

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::| 
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::| 
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::| 
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::| 
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/  
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ   
                                        ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:: ニ'::::l
                                        ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
                                         \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
                                           ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\  ';:::|
                                            / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
     三国時代は文学自覚の時代と呼ばれる。            l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                           `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     今回は文学自覚の時代のひとつの側面を紹介しよう      '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                             rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
                                             ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`
                                              ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
                                       ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ
                                     ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ
                                     /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
                                  .   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
855 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:26:48.16 ID:i2ouMuoo

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \        作者の中途半端な知識による
   /  (ー) (ー) /^ヽ       「やる夫が正史を書くようです」番外編の始まり始まりだお。
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ     先の話作りに苦戦してるからって番外編に逃げるのは良くないと思うお
―――――――― \ _ _ _ )

                                                    / ̄ ̄\
                                                  /   _ノ  \
                                                  |    ( ー)(ー)
                                                 . |     (__人__)
    まあ、それに関しては弁解の余地はありませんが……     .         |     ` ⌒´ノ
                                                 .  |       nl^l^l
    この番外編は、本編で語りきれない話を紹介するのが目的です       .  ヽ      |   ノ
                                                    ヽ    ヽ く
                                                    /     ヽ \
856 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:27:32.75 ID:i2ouMuoo

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      で、今回は何の話だお?
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/■)'    _ /
   ( ^ノ ̄       ヽ
                                                     . __
                                                    ./::::::. \
                                                    /::::::ヽ;;:   \
                                                  . (:::::(::::冫    |
    以前の番外編では、                                 . (:人;;;) .    |
    「軍事力」「貨幣」の話をしました。                          r‐-;::::::. .     |
                                                  (三)):::::.. .   |
    今回の番外編では                                  >::::ノ:::::::::.    /
    三国時代を象徴する「名士」か「屯田」の話をしようかと思いましたが、   /::: / ヽ;:::::::::   /
    今後のネタバレを多分に含みそうなのでやめました             /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                                 (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                                   . |\::::::::::::;;:1
                                                   . |:::::\;;/:::|
857 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:28:55.48 ID:i2ouMuoo

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ   
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ      そこで急場しのぎのネタとして、「手紙」の話をしようと思います
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

                                                    ___
                                               /      \
                                              /ノ  \   u \ !?
      手紙?                                  / (●)  (●)    \
                                             |   (__人__)    u.   |
      これまたえらく地味なテーマだお                  \ u.` ⌒´       /
                                            ノ            \
                                          /´               ヽ
858 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:29:29.30 ID:i2ouMuoo

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ          不思議に思った事はありませんか?
       |         } \
     /ヽ       }  \       『三国志』を注意深く見ていると、
   /   ヽ、____ノ     )      .●●が××に手紙を送ったという話が多く出てきます。
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)       魏、蜀、呉、三国問わずにです
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
                                                   ____
                                                 /      \
       ふむふむ。                                  ./─    ─  \
                                              / (●)  (●)   \
       そういや結構多い気がするお。                    |    (__人__)      |
                                              \   ⊂ ヽ∩     <
       『三国志』の著者としては、                        .|  |  '、_ \ /  )
       ああいうのをまとめるのは面倒で面倒で……             .|  |__\  “  /
                                                \ ___\_/
859 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:31:09.28 ID:i2ouMuoo

   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .    ここで質問です。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .       何故三国時代に手紙のやりとりが盛んになったと思います?
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
                                                     ____
                                                   /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                                |      (__人__)     |
              紙の発明でおk?                        \    ` ⌒´    ,/
                                                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
860 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:31:38.45 ID:i2ouMuoo


              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /
             i⌒ ´ .r-、  |/  /       理解が早くて助かります。
             {     ヽ, ',. .,/ :/',
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',        それではさっそく、
              .ヽ . |   / , --'i|       .手紙が流行するきっかけを作った
              /   {  V , --ヘ       紙の発明について述べていきましょう
              |   ヽ  L| r= |
861 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:33:15.67 ID:i2ouMuoo
【紀元105年頃 漢首都 洛陽】

.     /⌒ヽ   / ⌒ ヽ
    /  , ─`ー'─- 、i
    l/   , ────\
    /   / ⌒   ⌒ ヽ          班昭ちゃん。
   /  /   、〟  、〟 ヽ              
    l  /    /⌒ヽ  ⌒ヽ  !         今までの紙を改良した新しい紙を作ってみたわ。  
    l  |     |  (|   |) |  |              
    ヽ  l     `ー/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7       この紙なら今までの紙と違って、   
    ヽ ヽ     /         /        .自由な書写が可能になると思うわ    
     〉━━/⌒ヽ      /^ヽ          .
    /  _ヽ__ノ      ヽ_ノ             .                 /{\_
  _  l     「 |______l                             , ⊥∟;.:辷 、
 r'o7┤    ヽ、__ノ/                            /: : : |: : : : : `ヽ
  `  ヽ____┌__ |                           /: : : : : :|: : : : : : : : :,
     (____)__ )                            {.: .:.|.:ハ: : : : :从.:. : .:.|
                                           |.:. .:|丁V: : : 厂Ⅵ: : |
     漢 宦官 蔡倫                            `ト、t七テ\/七テ从イ
                                         |.:|.:{       ノ.:|.:|
                                         |.:|: |> ‐ r<:|: |.:|
                                         j.:|: |r/Y襾Y^h|: |.:|
   もう少し早く作ってくれれば、                       イ:|: |.j └‐┘ |イ.:j;イ
   『漢書』の編纂も楽になったのに……                   Ⅵ从      彡ノ
                                              | {____} |
   これから書き写すか?                          lノ=r=r=r=rU
                                           |土土土土|
                                               丁:丁丁:丁
                                               |.:.:.| |: : |
                                               {.:.:.| |: : |
                                             ̄    ̄
                                          漢 女官 班昭

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .紙が発明されたのは、後漢の和帝の元興元年と言われています。
. |     (__人__)             
  |     ` ⌒´ノ             一応、宦官の蔡倫によって紙が発明された事になっていますが、
.  |         }              紙自体はこれ以前に存在していました。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              現に蔡倫以前の紙も発掘されていたりします
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
862 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:33:56.35 ID:i2ouMuoo


        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\    じゃあなんで蔡倫が紙の発明家として有名になるんだお?
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/      蔡倫の功績は、書写に適した紙を作った事ですね
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
863 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:35:07.71 ID:i2ouMuoo



                                          _____
                                  ____/       \_________
                        |\_____/                    /
                       │                              /
                       │                              /
                       │                            /
                       /                            /
                       /         .                   /
                      /                            │
                      /                             /
                     /                             /
                   /                             (
                  <                         _____>
                    \__            ______/
                        \________/



────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .
. |     (__人__)             元々紙というものは、物を包むために用いられていたそうです。
  |     ` ⌒´ノ             
.  |         }              そのため、当時の紙は表面が滑らかでなく、
.  ヽ        }              .字を書くのには適さなかったと言われています
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
864 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:35:54.29 ID:i2ouMuoo


                          /⌒ソ/⌒ヽ、
                       . /  //    ..\      ._,
                       /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
                       /  //                  \,.   _..ノ .|
                   .   /  //                     ⌒´   .|
                     /  //                          |
                     /  //                           |
                   . /  //                            .|
                   /  //  .                          |
                   /  //                             .|
                  ./  //                            . |
                 /  //                               |
                ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
                .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
                         `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                                        .\,.   _., 、  . .リ
                                           ⌒´   \._,ノ



────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .
. |     (__人__)             蔡倫の功績は、そのような書写に適さない紙を改良した点にあります。
  |     ` ⌒´ノ             
.  |         }              彼によって改良された紙は、
.  ヽ        }              .従来の紙よりも滑らかで、書写にも耐えられる代物になりました
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
865 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:36:39.49 ID:i2ouMuoo


            , --──-、
         , イ /      ヘ  ト 、
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ      
              | ヽ ' _ ` イ         
             l l  ´=` l         
           ノ  ヽ _,、__ノ              紙は砥石のように滑らかでなくてはならない
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、        
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_     
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!  
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .後漢末期の学者劉熙は、『釈名』という自著で紙についてこう述べています。
. |     (__人__)             
  |     ` ⌒´ノ             砥石のように滑らかなのが紙の特徴だったのが分かります
.  |         }             
.  ヽ        }              .こうして紙は、それまで使われていた高価な帛や重い竹簡・木簡に代わって、
   ヽ     ノ              .軽くて安価な書写材料として普及していくのですが……
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
866 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:37:52.09 ID:i2ouMuoo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ             紙が普及しきったのは紀元四世紀。
.  |         }
.  ヽ        }              .つまり、晋から東晋にかけての時期と言われています
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
    じゃあ、後漢~三国時代は竹簡から紙への過渡期だったと?    / (●)  (●)   \
                                            .|    (__人__)      |
    なんか、Windows95発売後~今に至るPC普及に似てね?     \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/
867 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:38:59.86 ID:i2ouMuoo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)      ふむ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃      どちらも情報革命という意味では似ているかもしれません。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │      それでは、過渡期にあたる後漢末期の紙にまつわる逸話を紹介しましょう
  \  “ /___|  |      
.    \/ ___ /

                                                     ___
                                                   /      \
                                                 /⌒   ⌒   \
                                                /(● ) (● )   ヽ
                                                  | ⌒(__人__)⌒      |
                                               \   `⌒ ´     /
                                                   /             \
868 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:40:45.96 ID:i2ouMuoo
【紀元110年代 漢首都 洛陽】

            / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)       (- |
        | l   ヽ__ ノl |     .いつも読んでる書物を交州まで持って行くつもりが、
         \  ` ⌒´  /     まとめてみたら馬車二台分になっちまったっていう。
        /        ヽ
       /           ヽ    大荷物だし、洛陽に置いてくしかなさそうだっていう
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |



        交州なんて遠すぎますもんね。

        荷物は必要最小限にしときましょう                    |\_/ ̄ ̄\_/|  
                                                  .\_|  ▼ ▼|_/
                        .                             \  皿 /  
                              =============~.~□( ヽ┬U
                               ◎◎             ◎◎.   ◎->┘◎ キコキコ

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .蔡倫による紙の発明から十年程後の話です。
. |     (__人__)             
  |     ` ⌒´ノ             .呉恢という官吏は、交州の南海郡の太守に赴任する際、
.  |         }             .自身の所持する経書を赴任先に持っていこうとしましたが、
.  ヽ        }              それらは馬車で二台分にもなったため、持って行くのをやめたとそうです。
   ヽ     ノ              
   .>    <                まだこの時期は、竹簡・木簡が多く使われていたのがうかがわれます
   |     |
────────────────────────────────────────────────
869 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:42:10.04 ID:i2ouMuoo
【紀元一世紀頃 漢 揚州 会稽郡】


                                                〃´/   7ヽ,
                                                // /  / .//}
         / ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄'7// /  / .// /
.  .     . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /// /  / .// /
.      . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /// /  / .// /
...      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /// /  / .// /
. . . .  /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /// /  / .// /
       /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /// /  / .// /
.      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /// /  / .// /
     /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /// /  / .// /
.    /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  ///_/__/_.// /
.  . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //'ィ7三ミヾ// /
 . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //'{l「({{句j刈}レ′
 /_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'___,ヵ__弋沁少ィjリ′
 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' ヾ=一"



────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .次に紹介するのは、王充という学者の逸話です。
. |     (__人__)             
  |     ` ⌒´ノ             .王充は揚州会稽郡の学者で、
.  |         }             .彼独自の合理主義的思想によって『論衡』という書物を著しました。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              この『論衡』も、時期を考えれば竹簡か木簡に記されていたはずです
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
870 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:42:46.87 ID:i2ouMuoo

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \       全然紙の話題になっていない件
  |     (__人__)   |
  \     ` ⌒´   ,/
  ノ      ー‐   \

                                                      / ̄ ̄\
                                                    /   _ノ  \  ( ;;;;(
       この話には続きがあります。                            |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                                                    .|      (__人__) /;;/
       王充の『論衡』は南方の会稽で書かれたせいか、            .   |        ノ l;;,´
       中原、北方の人々には知られていませんでした。                |     ∩ ノ)━・'
                                                   /    / _ノ´
       しかし、王充の時代から百年近く後の後漢後期、              (.  \ / ./   │
       .蔡邕という人が『論衡』を発見し、北方にも伝わるようになります      \  “ /___|  |
                                                 .    \/ ___ /
871 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:45:44.01 ID:i2ouMuoo
【紀元180年代 漢 揚州 会稽郡】

,.. ‐ニ":: ̄:```'''‐. 、
::::::::::::      .......`ヽ、
:::::..  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
::::  .:::::::::::、‐``"`"`"``ヾ:'、
:  .::::::::::::r`         ヽ
:...::::::::::::/        _,}{,_  i
、:::::::::::/   __   }{  __l                 l`ヽ、
}\::/    -‐ニ,_ミ   ∠-,'             l!    i  `ヽ、
{  l!    く,ヾ:::ノ`'   f:ノ'/             / ヽ-一'′    \_ ィ    よし。
__,,         '''''"   l‐' i               /    ,. ‐''"``'' -、   |
三ハ            __ ヽ,'           /   .r''"       ,>  ヽ_  『論衡』は確かに写し取った。
、ノ. ',          -‐/           |.    ///// ‐ _.,.. ‐''":/    /
.i,  ` 、     -‐=‐'./            l   /////   /::::::::::/   /    .こういう価値のある書物は、
l !    ` 、    ̄,/             > / /     /:::::::::/   i     ぜひ後世に伝えていかねばな
 |,    r'´/ ` ァ-‐'′             !  / '     /:::::::/´ヽ  ヽ
!l il   // i  l ヘ7イi!          ト、__,.ノ  ///    /::::, '-、  ノ   〈_
 !ハ,イi | |! i| //〉./           ヽ.     ///  // /::::/ ,ノ/ヽ     〉
 || | l! || i| ノ /:::\          〈   / /    /:::::::ゝ'"  ノ   r─'′
ト、  l! 〈! ! / / レ::::::::::ヽ         !  /     /::::::i´、ノ ,/ヽ  |
_ ` ||  | i i! / ソ ::: .::: .::',      、一'′ ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ  ヽ_
ヽ ヾ i 'i | / //7/... ::. .: .:::''┐    ヽ   ///  ///::::::::::,へ、,. イ      /

  漢 文官 蔡邕

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .蔡邕、字を伯喈。陳留郡圉の人。
 |    ( ●)(●)             .
. |     (__人__)             当代最高の学者として名高い人ですが、
  |     ` ⌒´ノ             霊帝の時代に宦官と揉め事を起こして揚州へ亡命していました。
.  |         }             .
.  ヽ        }              .そんな時期に『論衡』に出会い、その価値を認めて北方へ伝えました。
   ヽ     ノ              
   .>    <                .先の呉恢の例を考えれば、蔡邕は『論衡』を紙に写した可能性が高いでしょう
   |     |
────────────────────────────────────────────────
872 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:46:43.25 ID:i2ouMuoo

   / :.:/ : /.: /: : / :/: : : : : : : : :.ヽ : : : : : :ヽ
  /:.:.:/:.:./.: /: :.:/ :/: :|: :|: :.', : : : ',:.:ヽ:.: : : :ヘ
  ,':.:.:/:.:.:,':.:.:i: : :. :./| : : |: :|: lト、: : ::|: : ハ: : : : ∧
  |:.:.∧:.:.|:.:.:.| : :_,厶L: :/: :,イ : l|ハ._: ::|:.: : :!: :ハ: : ハ 
  l:.:.|:.:{:.:.l:.:.∧'´/ |/!:./ l| :,'リ | `メ、:.:.:.|: : ||: :l l|      師匠は素晴らしい方でした
  lV|,八 |∨| {,ィfiテト/ |/  |//ィi升ト、 |:.:.:.|: : || .,' リ
  l: :.:.:.:.〉、Vイ从:::}l|       |トrノリ },':.:./ : /|/                    , '⌒ヽ、  | |
 |:.:.:.:{ \ ∨トr'j{      V炒' //}/ /                  /:::::::::::::::\フノ ̄¨> .
  |:.:.:.:.:.\ .、`''"´,,、    '     ` {\´ /|                 /::::::::::::::ト'ノノ´::::::::::::::::::::::\
 / :.:.:.:.:/ l`¨ヘ.       r ァ   ,.イ::ハヽ.           .        /::::::::|:::::: |´ :::\::::::::::::::|::|:::::::ヽ
,' :.:.:.:.:/:.:,' ::::/,> 、   ` ´ ,. イ |ハ:.:.| }          .         ,':::::::::::|:::::: |:::|::',:::::\::::::::|::|:::::::::::'.         カ
レ{ || /:.:./://「廴__>ー</レ'∧ } }/                   i:::::!::::::|::|::l:|:::|:::ヽ::::::::\:,.-、:::::|::::|      .カ リ
  |八{:.:/:/:::::| ≫- 、::: ̄ ̄\   ハ. /                    |::|:|::|:::|::|::|:|::::',::::::\::::::/  ,!__,!-'     カ リ
                                        .|::|:|::|:::|::|::|:ト、:::::::::::::::/ イ ::::|     カ リ
     曹操軍 文官 阮瑀                       .|::|:|::|:::|::|::|:| ('Y¨¨')´.___ノ|::::::|   カ リ
                                         |::|:|::|:::|::|::|:|/ ̄¨>!、_ |::::::!  カ リ
                                         |::|:|::|:::|::|::|:|       ` ー'、 リ
                                         |::|:|::|:::|::|::|:|            ∧
     百点満点の御仁だった                      |::|:|::|:::|::|::|:|         /  ',
                                         Ll」_|__!_Ll」       /  \',
                                            |    ∧      ∧   `,
                                                ',   / ‘,   /  ',    ',

                                             曹操軍 文官 王粲

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .なお、建安七子として知られる阮瑀・王粲は、蔡邕の門下生だったりします。
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .特に王粲は蔡邕に目をかけられ、彼の蔵書を譲られています。
.  |         }             .
.  ヽ        }              そうした点を踏まえれば、
   ヽ     ノ              蔡邕は「建安文学」の先駆けを成した人物と言えるかもしれません
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
873 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:48:59.42 ID:i2ouMuoo

      /  fl   / |l   /|| !  \\   ハ
      |   |l  / |l  / |リ   \\  }}
      |   | / /|    |       ヽミVl}
      l   |l/ /^|    「 ̄¨¨"''  ''¨}lリ
      V  / / :|    | 「|「「`   リ「
      ∧V 人_.,」    |:  じ    ゛{
     _{ {ミ`─---|    |           |        私から見れば、蔡邕様が母方の祖父、 
     { \\___|:    ハ          ハ        蔡琰様が伯母に当たる。         
    こ\ \ 〔77|     ',     ‐ ,イ !                                
    =─‐==ニニミ〕/∧    ∧r‐rr-イ ! |       羊家と蔡家のつながりは意外と深いのだ
            ヽ¨ヽ,      V》》  |  l |
                }  }      ∨{,  |  | |
                |  l      Vミx|  |l l
                |  |l、     V、 |   | l
                | ノ∧       V,|   |l |
                |///,∧.     Vl   | l
     ̄¨'''¬=‐- //////A       Vl  |l |

晋 衛将軍 羊祜

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .
. |     (__人__)             .ちなみに、この蔡邕の娘が才媛として有名な蔡琰です。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             .また、晋の重臣の一角である羊祜、羊公は蔡邕の外孫になります
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
874 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:50:22.21 ID:i2ouMuoo

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ       歴史の勉強してると、こういう人のつながりが見えるのが面白いお!
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /


                                                    / ̄ ̄\
                                                  /  _ノ ,ヽ\
                                                  |   ( ●)(●)
                                            . \    |     (__人__)
                                               .\  .|     ` ⌒ノ
  少し話が脱線しましたが、                               \ ヽ       }
  この蔡邕の逸話を見る限り、紙の開発から八十年経った頃には、        \_,ゝ     ノ
  少なくとも士大夫階級で紙が普及していた事がうかがえます。           /, r、    く
                                                 ./ 〈  \    i
  そうした紙の普及をさらに促進したのが、                      ヽ、 .ヽ   \ i..|
  この後に訪れる「建安文学」の動きです                         ..て_)   \ノ
                                                         \
                                                           \
                                                             \
875 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:51:00.14 ID:i2ouMuoo
【紀元210年代 漢 冀州 鄴】

                            __
                           ∫ι__________/丁了
                          丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.    ,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
                         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::    ,.,.,.,,.,.,.;; .ヾヽ
                     .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::   ::::,.,.,.,.,.,. ヾ.ゝヘ
                     ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::    :::::::::,.,:::::::λヘ
                ヘ ,,__ノヾ ~~~~~  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ~~~~~~ゞ,ノヘ
                ゞ;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;ノゞゞ
                  Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒...Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒..Ⅱ三|
                  Ⅱ三三,Ⅱ,,三三Ⅱ三三,Ⅱ三三Ⅱ,三三Ⅱ,三三Ⅱ三三Ⅱ/|
               _ ├┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┐ ___┌┼┼┼┼┤/|_
              ∥ミミ│      /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,     /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    .. │ミミ∥
         ┌凹凹凹凹凹凹凹凹凹___.凹凹凹凹凹 ___ 凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹┐
          ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
     ┌凹凹凹凹________凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹________ 凹凹凹凹凹┐
      .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳./|ミミミミミミミミミミミ
      .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  |ミミミミミミミミミミミ
     . 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  . |ミミミミミミミミミミミ


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             .「建安文学」とは、曹操の時代に起こった一種の文学振興運動です。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             .曹操父子や「建安七子」を初めとする名だたる文人たちが、
.  ヽ        }              自由に詩賦や著作をやりとりして多くの作品を残しました
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
876 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:52:12.28 ID:i2ouMuoo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)    .何故、この時にこんな動きが起こったかといえば、
    |     ` ⌒´ノ    .紙の普及によって、以前より詩賦や著作を書きやすくなったのが一因でしょう。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }     当時の人々は、紙によって書く事の喜びを発見したのかもしれません。
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \      例えば歴史書の数も三国時代からは多くなりますし……
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
                                                      ____
                                                     /― ― \
                                                   /(●)  (●) \
                                                  /   (__人__)     \
                                                   |    ` ⌒´      |
 確かに歴史書を竹簡に書いたら、かさばるのが目に見えてるお。          \           /
                                                     /         \
 その点、陳寿たちのような三国時代の史家は、                      |             )
 司馬遷や班固より恵まれてるお。                        .    |  |         /  /
                                                   |   |       /  / |
 だからこそ挑戦しやすくなった、と                              |  |      /  /  |
                                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                                  (___ノ-'-('___)_ノ
877 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:53:15.99 ID:i2ouMuoo

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)         そういう面もあるでしょうね。
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }         .それはさておき陳寿さん、『呉質への手紙』は覚えていますか?
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ          .正しいタイトルは、『与呉質書』と言うんですが……
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒)

                                            (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
                                                (((i )__  ( i)))
     読者さんに好評だった曹丕が書いた手紙かお。              / /⌒  ⌒\ \
                                               ( /( ●)  (●)\ )
     未読の人は下を踏んで読んでみるといいお                /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                               |              |
                                               \             /
やる夫BOX様
http://yaruobox.blog11.fc2.com/blog-entry-252.html
878 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:54:16.61 ID:i2ouMuoo

   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /    .紙の普及が「建安文学」の呼び水になったのは今述べたとおりですが、
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../     .その副産物とも言えるのが手紙によるやりとりの増加です。
  |    ` /       ``77   /     
.  ヽ   /          / /   /      最初に言ったように、『三国志』には手紙のやりとりが多く出てきます。
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./       .
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /        ここからは、そんな手紙の数々を紹介していきましょう。
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |        .まずは、曹植が呉質に宛てて書いた手紙を紹介します
    |    .\ \      ノ


                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (●)  (●)   \
     兄弟揃って呉質に手紙を書くとか、                   |    (__人__)      |
     こいつらって仲いいのかお?                       \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/
879 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:55:28.24 ID:i2ouMuoo




               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |           同好の士といった所でしょうか?
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉    曹丕と曹植は兄弟揃って呉質に手紙を書いていますが、
        / ⌒ )        /         /     .同じ人物への手紙で述べる内容を見比べるのも
       ,′  ノ          /           /      面白いかもしれません
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l    .『与呉季重書』と題した手紙です
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ




───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .『与呉季重書』、季重というのは呉質の字である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       この手紙が書かれたのは、呉質が左遷され朝歌の県令になった頃であり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .曹丕の『与呉質書』より前に書かれている
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
880 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:56:38.54 ID:i2ouMuoo
【紀元210年代 漢 冀州 鄴】

              ,.r::';:::::::::;;_::::::::::::::::` - 、
             ,/'"    `ヾ、::::::::::::::::::::ヽ.
            ./,.. -‐‐‐‐- ...、  .i::::::::::::::::::::::ハ
           /'::::::::::/!:::::::::::::::`ヽ |:::::::::::::::::::::::ハ
           /::::::/::::! !::i::i::::::i::::::::`|::::::::::::::::::::::::::|
           |:/:::i::::::! !:ii::i:::::::!:::!:::::|::::::::l::::::::::::::::::|
           |!i!:::iゞ::!...!::!.!:ゞ:::ii:ヘ:::|::::::::l:::::::::::::ヾ::    
           丶ゞ!tt- ゞi-t-ト-ヽ.|::::::::l-、:::::::::i::|      .植より申し上げます。|
            |:::!心    むソノ |:::::::::lゝi:::::::::::!:|   
            |:::! ノ        |:::!::::::!ノ:::::::::::i:l      過日はいつも通りに親しくお話しする機会を持ち、
            |::::ヽ、 、 ___     !::l:::::l::::::::::::::::::!|   .  宴の楽しい日々は数日に及びましたが、
             l:::::::::丶      ,.|:::l:::::l:::::::::::::::::::l|     互いに遠くに別れ、再会の稀なる事を思いますなら、
         ,.. -‐‐ト.、::::::::ヽ__,,.. r ''" |::l::::::l::::::::::::::::::::!     やはり、まだ積もる思いを話し尽くせませんでした。
       ,.へ!     ヽ::::::::::i<|_,,.. r|:::l:::::l:::::::::::::::::::::l
     r''",,.二!      !:::::,. -!、_l_,,. r|:::l::::::l!:::::::::::::::::::ヽ
     /  -‐''ゝ     ノ'''" ___,,>、,,..ri::::l::::::l.l!ゝ、::::::::::::::ゝ
.   /  /`つ=二=''" ,,r‐";;;{;;;;;};"‐i::::!::::::.! ゝ、,,.r''"""""ヽ、
    /    i"  l   ゝ";;;;;;;;;;r ト、;;;;i:::l:::::::l.:.:.:.:.:.:.:.:,.r'"     ヽ
.  /    ./   l   i;;;;;;;;;;"//.!;;;ヾ、!:!:::::::!. .:.:.:.:.,r"....:       |
.  /    /   l  ...::/‐/;;/ / i;;;;;;! "!l::::i::!  .:.:./.:.:.:"      |
.  |    !   ,..l ,. r.'/ /;;;/. / !;;;;;!: !!:::i!l   .:.!:.'" ...:     !
.  |    !  ノ ~  /. /;;;/ /   !;;;;;!. |!::lil   :/ ..:.:"  ..   l
881 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:57:37.16 ID:i2ouMuoo
┏━━━━━━━━━━━━
          ,========、
        |i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i|
         |i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i|
         |i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i|           
        |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|           なみなみと注がれた杯が目の前をめぐり、
        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/           .簫笳の調べが背後から発せられる中で、
        \:;;;;;;;;;;;;;;;;;/            あなたは鳳が虎を見つめる如く堂々と立ち上がり、
         ,ヘ''r;,:;、<
         〈入( ヘ\ \
          ∨(ヘ ヽ    ヽ
            ヽ| i ヘ    |
            | |',      i
           ノ入ヽ    l                                   _,,,,,,,,,,,__
┗━━━━━━━━━━━━                                _,,,_f: : : : : : : `ヽ、  
                                                 ,f´: : : : : : : : : : : : : :ヽ、 
                    .                            ,i: : ; ': ; ;:':i :ヽ:、:`、`、: : : ;ゝ
                    .                            ,i:,': i: :;i ;i :/!: : `、ヽヽ`、: : :i,
                                                レ!: i :/i;! レヽ`、:,ノヾ!Vヽi : iヾ
                                                i;__ト' ○_____`__ ○ i':__;! 
   その様子は蕭何や曹参では比較にならず、                  f 、.i    !VVVV!   !r `;
   衛青・霍去病でも敵わないと思われました。                  !  !  .i _,,,,,,,,,,_.i   ,! ,/
                                                `ーo!、 .!´    'i  ,/io'  
   あなたが左右を見回していた様子は、                        レ;iヽ!     i/; i   
   傍らに人なきが如しと言えるでしょう。                 .       ` ヾ;!`ー‐‐ '´!´ヾ;!   
                                                   __,ノ     .i,__    
   なんとも壮大な志ではありませんか。                 ,f´ ̄ ̄!i ̄7/__,  ..:::. 、___.i:i`77''''''''''ヽ、 
                                           ,f ゝ,'''7'''!i,''/ i、      _,i:.,!.i:;! i  ̄`7´`、
                                          ム''´ /、,r‐!i-ゞ:、`ヽ、__,,.-‐';r'´-!:i-i、ヽ'´`ー-.i
                                          ,!___,,/-..,_i,' ,!i-..,,_ `ー---‐"_,,,.-':.i、 レ'´`、   i
                                          ! /   ,',/:.';.:.:.:.:.: ̄'''''''''' ̄:.:.:.:.;':.:`,、!---` 、,,_
882 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 11:58:26.35 ID:i2ouMuoo

                //   ___    |   ヽ
             |厶イ ハ |\ヽ. ̄|   ヽ
             ||∥| ト、 \ヽ|     i
             ||:{| |  \>r土L  | |
             |iハ rt!ト、   '1じリ | | |
             || ,ハ. じ!     ̄ | |  、       かかる時の思いは、肉屋の店先を通りかかり、
.             」L ノ)ヽ ' _,   .イ  i| i  \      口を開けて噛む真似をすると、肉を手に入れなくとも
           / '´∠ ノ) ヽ __ / |  i| i.    \    .金持ちになったような気がして愉快であります。
.         /    ,.ニ⊃丁 ̄ ̄ ]  i|  i     \
       /    ィiリ|   ィf,ス  ̄ 7  '|  ̄ \      .あの時においては、泰山のすべてを肉と為し、
      |   rf ∨i / く イハ!iト、\/ /リ   _ V\   東海を傾けて酒と為し、雲夢の竹で笛を作り、
       |   | i | /  .//  | |  Y /./ //   |\   .食べ物は巨壑を埋め尽くす如く、
.     |   | i /   〈//  | |  .| /j/ /     〉     飲み物は穴の開いた杯に注ぐ如くである事を願いました。
.      |   | i |  ̄` / -- L! - |' .、 /       |
     |  |i |     i        }       |     その楽しみはもとより計り難く、
.   r‐」______h. |.    i        }  / :  |     .これこそ男子としての楽しみではないでしょうか。
   r」_    人亅   i        }  /     |
  ノ   ̄ ̄  ,ノ    .i       }.リ/   :  |
  {  ,. -―‐、/    i   ___r'^Y/_       |ヽ
   ∨/      ̄ ̄ ̄ ̄ |  /  \  ヽ.   |  \
884 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:00:35.58 ID:i2ouMuoo

             _ -‐ー―‐- ,
           /          ヽ
          /    __      ヽ
         イ r '  ̄__  ̄ ¬   ',
        / | L-‐Tハヽヽ `' ‐-., | i  }
         / | i i  ii i ヽヽヽヽヽ ! !  i
.        /  i | i7ナi  iヽヽヽ」レ7i |   |
       i  | レス兀j} i! ヽfj了ラ|  !  i      しかしながら、時の流れは我と共にせず、
       i   !  i | ` ´    ` ´ ! | i i      .日の光は急速に姿を変えていくもの、
       |   |   ! iヽ. `_ _   / i   |       .顔を会わせていても日の光の飛び去るかの如くに速く、
       |   |  |! i ; :iヽ.     ,. ィ!  i   ii
       |   |  ii ', : ; :.`iー ´ //  i  i |i       .二人が所を異にして離れている時は、
      ',  ! |i_.ゝイ ̄L___//,'  i  | i |       出会う事のない参星と商星の如く遥かな隔たりを感じます。
       ',  | |i   レ´¨)! ///  /へ、 ',i
       ヽ | |i  /⌒f´ ///  /  _,\ ゝ、
        i ! !i /  i   /  /  , '  i!}ハヽ
        /! i/   |  ,'  /       1ヽヽ
        /  | !  /   i /  /    | i
      {   ヽゝ /     ! i  Y     |i  i                   ━━━━━━━━━━━┓
      i!  / /     |i!  i     | ', l                        ,========、
      ハ | /      从  i      | ハ !                     |i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i|
      〈__」: レ    ' :,  ハ ,'    ∩i! ヘi                     .|i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i|
                                                  .|i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i|   
                                                 .|i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|   
                                                 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   
  六竜の首をひき止め、日輪の御者の羲和に手綱を引き寄せさせ、       \:;;;;;;;;;;;;;;;;;/    
  若木の華を折り、濛汜の谷を閉ざしてしまおうと思いますが、           ,ヘ''r;,:;、< 
                                                  〈入( ヘ\ \
  天の路は遥かに遠く、                                   ∨(ヘ ヽ    ヽ
  いかに時をかけてもそのようにする様子は見出せません。                ヽ| i ヘ    |
                                                     | |',      i
                                                    ノ入ヽ    l  
                                             ━━━━━━━━━━━┛
885 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:01:06.95 ID:i2ouMuoo

/ヘ  ミ ヽ     "'''-.,,_   :| ..:  |:::::::. : ::      `,
/|ヘヽ\ ヽ::ヽ \、::...:::::::::: "'-、,,| :::::  |::::::::..:::: : :.:.:.   'i
: | :|ヽ,ヽ\ :::ヽ,`、`ヽ、:::::::::::::::::: |::::::.  |:::::,,r‐'''、 :::::    'i
: | :| ヽ,`ヽ、 ::::ヽ,`ヽ、"' 、ヽ::::::::_.|::::::  |::: | /"\:::. :   'i
: :| |.  ヽ, `ヽ、 :::\__,,::-‐'''""~. |::::::  |::::|く    )::. :   'i
.: :|:|    ヽ、  >、::_,,,-‐'"",`冫|:::::::  ||:: | Yつ /:::::::. ::.   !,    .心の思いは晴らされず、
. :|.',',     'x'~,´,,r"、. ';:::ヽ, )/ :||:::::::  ||:: |、ノ /:::::::::::. ::.  '!,   あなたを思って悶々として寝返りをうっております。
. ::| ヽ __      "  'o_,',,-"  :||:::::::  |'i:: |_,ノ:::::::::::::::::. ::.   !,
  γ'~r-、       '""     ||:::::::  | !,::| |:: ::::::: ::::::::::. :::.  : 'i,  .この思い、如何にすればよいのでしょう。
ヽ '::, 'ヽヽ'ヽ,     〃      ||:::::::  | 〉::| |:: ::::::: :::::::::. :::. ::
;,ヽ、`,;::::ヾ、ノ)            ||:::::::  |ノ |::| |:: ::::::: ::::::::::. :::.  ::  .如何にすれば。
ヽ ヽ|ヽ:::ヽく            |||::::::  |  |::| |:: ::::::: :::::::::::. :::. 
\', |\:::::\    _.,..-'"      |||::::::  |  |::| !,:: ::::::: :::::::::::. :::. 
  ~|、 :::::: ::|:`ヽ、.         ||.|::::::  |   |::|ヽ:: ::::::: :::::::::::. :::.
   | ::::::: :::|: ::::`'ヽ、,,_    _,,||'|:::::::  |_,.-'''|::|~'i,:: :::::\::::::::::::. ::
   | ::::::: ::::|: ::::::::', !;:::`'''ー'''i :|| |:::::::  |    |::| ヽ,:: :: ,!::::::::::::::.
   | ::::::: ::| | ::::::::', 'i;:::::::::::::_!,||-|:::::::  |.    'i;i  ヽ, ::: :::::::::::::
.   |. :::::: : :| ', ::::::::', ヽ,-'" || .|::::::  |     'i;i_,,,_,,,>, ::::.. :::::::::
886 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:01:36.70 ID:i2ouMuoo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\       何このラブレター?
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \     
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |      そのまま女に出しても違和感なくね?
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \       
        /:::::::::::: く    | |         |  |       一応断わっておきますが、ここまでが前置きです
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)



        / ̄ ̄\
      /       \      ____
      |::::::       |   /      \
.      |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
887 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:02:22.97 ID:i2ouMuoo
【紀元210年代 漢 冀州 鄴】

                 _,,,,..... ,,_
              r‐' ̄      `''‐_,,_
            , ' '   '     /   \,
           / , '   , ';   ;l/   ,,r‐`ヽ,
          /;  '  , '  ;:   |   /, ,   丶
          ,' ; ,'  ,' ,'  ;   | /  i l ', ヽ,ヽ、
          i !  ,' /  ,i   :レ' 〃 i i ノ ; ', ;ヽ
          i !  ,'  / ,' i   i // /i/, ' | ii/         .お便りを頂戴致しました。
          | :l    ,' ,' |   レ ノ / _  l /ノ
          i :i   ',  ,' ; , 'i,  iイ /r:j7 ' 、          委曲を尽くした細やかな文章は、
          l ;l   ; ,' ,' l⌒i  l      /          .その流暢なること清らかな風が吹いているようです。
    /ヽ   ! :|   ;   ;ヽLi ; !    _,            .繰り返し口にしてみますと心は広々とし、
   /   `;  i :i   ;   ,' ; | i ', i,__/            あなたを目の前にしている気がします。
 /,;:;:;:,,   ヽ ; :l   ;   ; ,' / ',  i/ ! i
  ,;:;:;:;:;:;:,,  ヽ ! :i  ;   ,' i ; ,_ ',  ', ; i    ____    諸賢の書き表した文章を
  ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:,   ',  i  ,'  ,' // l  ',  ',._i :i    Vー―‐ァ'>‐,  朝歌で何度も口にしておられることを想います。
  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,   ', i ,' , ' ,' / .'ト‐ ヽ ヽ) \   \_ノ / /  文章の好きな官吏に諷誦させると良いでしょう。
 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   ! l, ', :' ,' / .'    ',  ',ヽ ヽ    / /!  i  
 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   i !; ; , //,.'     ヽヽヽ\ !   i  `  〉,
 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   |i; ,' ,' ,'/. ' . '' `' ‐、' ,ヽ' ,     i    /
 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  |;:,' ,' /,'/ :      ! ヽ',ヽ,    l   ./
 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  |i ',  , ,'        i  ヾ, i    :「 ̄∧
 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  l; ', , i  :       !   ヽ!    / , ' ヽ、
 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  i, ; ;  l  :        ;   'ii:   / ,    \
888 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:03:10.70 ID:i2ouMuoo

       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \     文章を書くことの難しさは、今に限った話ではありません。
     \     \    【弁道論】    \
      \     \                 \  .古の君子といえども、これには苦労させられたのです。
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´                     _,. --- 、._
                 \ 《 三三三三三三三三三=                   ,..::´_,. -- 、;_:::::::`::'ヽ、
                ヽゝ==========ゝ                   /r''´  __   `'i::::;:::::::ヽ
                                                //.,.ィT´;:::::::、:::、``ト、!::l:;::::;::::',
                                                   i:;'´/::l::l:::l'、ヽヾ;、ヽ::ヽ:!:::!i:::|:i:::::',
                                               /::l:::{::::|::i.:!l. ヽ:;\;、-、:::|.::|:l:::l::i;::::l
                                             {.:::!::::!;::l;:」;;l.!. ヽ;''f:::::;:トj.::l.:|::::!:l::::::l
  どの家にも千里の名馬があるとするのなら、                 i;:;:ヽヽiri':::;:!   ゙ ヾ=シ.l.::!.:|:::::l::!::::::l
  誰も驥を価値ある物と考えないでしょう。                   ハト;ヽハ.ゞ-' ,       l.::l.::l.:::::|::l:::::::l
                                             /::,':::|:i:::::トヘ   。    /::,'::,':::::,'!::|:::::::ト、
  誰もがあり余る宝石を持っているのなら、                /.:::,'::::j::|.:.::|::::`:::....、._ .,ィ/./::/.::::/:!::|:::::|::!:',
  誰も和氏の璧を貴重な物とは考えないでしょう。           ,.ィ´::::/.:::,'.:.l.:.:::!::::::::r='|  /:/::/.::::/::::!.:!.:::l:::|i::',
                                       ,. ‐;'´/::::;〃::/.:.:,'.:.::r'⌒ヾ.``'Tフ/::/.:::::/`ヽ!:!.:::,':::l.|.::',
                                    ,. ‐'´;//:::;//.:://.:.,'.:.::,'   _,.ゝ-//,.:':::::::/  .リ.:::,'`ヽ!::;:|
                                  ,.:'´;:rンシ'/:::/;:::/.::/:/.;ィj.:.:/ f ̄ ._,ィ/〃:::::::/、  /.:.:/   .〉|!|
                                .:'´;.:'/;/.:::::/::,.:':, ':::/:/:::〃.:/./└'',ィ´::/:::;:::::;人 ,>i/.:.:/    l;!!|
                                /フ,r'/.:::/::::,:'::,.'::,ノ:/:::://:::〃 //::::/:;ィ'/::/  `´./.:.:/    ,.-!リ
                                ,/'´:/.:::/;ィ:/::/.::::/:/:/:::/':‐く /:::/::/.!./:/ ‐ 、 ./::::/   ,ノ  .l′
889 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:05:14.05 ID:i2ouMuoo

           __,,,,,,,,,__
.        _,r''´::::::::::::::::::`ヽ、_
       ,rニ-''''''''‐-、:::::::::::::::::::`.、
      /,,.-‐'''''''''‐-、 ` 、::::::::::::::::`、
      /;':::;i::::i;::`、::::、:`ヽ、!::::::::::::::::::i,
.     f:;i::::;!i::::::i;:::`、:::`、::::::!::::::i;:::::::::::i,
     i::i:::::i ヾ:::::ト、:::ヾ:::ヾ:::i::::::::!:::::::::::i
     Vヾ;:!ヽ`、::i,''>-ゝゝ、!-::::!- 、:::::!     そもそも君子たる者が音楽を理解しないのは、古の達論によれば、
       i`、  ヾ! '´i ::::;! ´i::::::::i'´ .,!::::!     「事物に通達していても覆われている」と評価されます。
.       !:::i`ー',.   ̄  !::::::::i /::::::!
.       !:::7-、_、     .,!::::::::i:::::::::::::!     墨翟は音楽を好まない者でしたが、
      _,!/   ヽ,___, ´ ,!:::::::/::::::::::::::i     どうして朝歌に近づくと車を取って返したのでしょう。
     ,r!ヾヽ、_,ノ',r‐,f ,r'7;:':::/、:::::::::::::::!
.     i `ヾ、`i:;/,':;/、/:,/:':::;/ヽ、!:::::::::i::!     あなたは音楽を好んでおられ、
     ,!    i//!;,i,/-'7:;/,' ,  i:::::i:::;i:i     .墨翟が車を取って返した朝歌県を治めています。
.    i    ,ir'´H、ー´V, .'   ,'.i::::;i::i.!;!
    ,!  ∠,;,;,'7、!:.>'´'   , '; i:::;!レ'レ     あなたが私のために大いに気勢をあげてくださるものと
    `、r‐-,-i---ゝ'´、   , ',/ .i;/レ'       心に思い描いております。
.     f´ i ,f    `   /  ,!
     `、 ヾ,!___________,,/--r''´
       `´!:.i:.:.:.i:.:.:.:.:i:.:.:.:i.:.:.i,
.       ,i:..!:.:.:.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.!:.:.:i                             ━━━━━━━━━━━┓
                                                     ,========、
                                                   .|i:.¨ ̄    ̄¨.:i|
    また、あなたは朝歌の地に在って、                           |i:          i|
    自分から善政をなさっていると伝え聞いております。                 |i:          i|
                                                   |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|
    求めても得られない物はありますが、                        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    求めなくても得られる物はありません。                       \:;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                                                    ,ヘ''r;,:;、<
    .しかも、轍を変え、行く先を変えてしまうのは、                    〈入( ヘ\ \
    有能な御者の行うことではなく、                              ∨(ヘ ヽ    ヽ
    人民をそっくり入れ替えて統治を実現しようとするのは、                 ヽ| i ヘ    |
    有能な為政者の行いではありません。                            | |',      i
                                                      ノ入ヽ    l
                                               ━━━━━━━━━━━┛
890 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:05:48.84 ID:i2ouMuoo

      /:::::ム'´:::::::::::i:::::::::::::::::`ヽ、  `、i::::i::::l
     i:::::/:::/:::::::i:::/!::::i:::::::::::i:::、::`:、  !:::::l::::l
     i::::/!::::!::::::::!:::! !::::!:::::::::::!::ヽ:::`、 !:::::l::::!
     !:::i::!:::!::::::/!:::!  !:::ト、::::::::ヽ::`、::::レl:::::::l::::l     
    !::::!::!:;i_::_:!_l:::l   !::! ヽ::__;;ヽ-ヽ:!‐!‐::::!::::!     
    i:::::l:::l:::!:::;;;l;;;!_lヽ  ヽ! '´`,r'i''''i'i'''iト,+::‐:l:::::l      あなたが任地において努力なされるのを期待しております。
    /::::::l:::V:l:::!l i i::ト、    /  !っl;! ll'::!:::::::l:::::!     
  /::::::::::ヽ!::::!、!、i_`_,!     `ー`‐‐'’!::::::::::l:i:::!     .あなたの使いの者に口頭で申し述べたのですが、
. /::::::::::::::::!:::::l;;i , ,   !     ' ' '   !::::::i:::l:::::!     意を尽くしていなかったため、
. /:::/:::::i::::::l:::::::!`、   ′         l:::::::l:::l:::::!     書簡を交わして述べさせていただくつもりです。
/:::/:::::::l::::::l::i:::::!;;;;`,、  `ー―'     !;;:''::l:::l:::::l     
:::/:::::::::!::::::l::l:::::!;;;;;;;;;;;`,、      _,,-'"l::::::::!:::!:::::!     .
/:::::::::::!:::::::!::!::::!;;;;;;;;;;;;;;;;;`,,、__,, -'"   l::::::::l::::!:::::l     .                            曹植より
:::::::::::::l::::::::!::!::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!        !:::::::l::::!i:::::!
:::::::::::::!:::::::l:::!::::l;;;;;;;;;;i ̄ ̄¨i¨¨ ̄ ̄ ̄!:::::::!:::!:l:::::!
::::::::::::l::::::::l:::l:::::!;;;;;;;;;;!     !   __,,,,,,!:::::::!:::!::l:::::l
::::::::::::l:::::::::!:::!:::l-''''''''!     !- ''´    !:::::::!:::!:::l:::::
891 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:06:21.16 ID:i2ouMuoo

..      ____
     / ―  -\         うーん。
.  . /  (●)  (●)         
  /     (__人__) \       呉質を励ましたい曹植の気持ちは伝わるけど、
  |       ` ⌒´   |       なんか謎掛けを読んでるような気分だお。
.  \           /
.   ノ         \       .要はお前には輝くような文才があるんだから、それを励みに頑張れと?
 /´            ヽ



                                                    / ̄ ̄\
                                                  /   _ノ  \
  この手紙、『与呉季重書』の大意は、                          |    ( ー)(ー)
  昔の宴会の思い出、呉質の文才への称賛、呉質への励ましから成ります。  . |     (__人__)
                                                   |     ` ⌒´ノ
  一見変わった言い回しをするのが、この手紙の特徴ですね。            |       nl^l^l
                                                 .  ヽ      |   ノ
  詩文の天才曹植の面目躍如といった所でしょうか?                  ヽ    ヽ く
                                                    /     ヽ \
892 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:07:29.34 ID:i2ouMuoo

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l      でも、ちゃんと呉質を励ましてやってる曹植はいい奴だお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /                                   / ̄ ̄\
  (___)      /                                 /   _ノ  \
                                               |    ( ●)(●
                                      .         |      (__人__)
                                                 |,      ` ⌒´ノ
 こうした人付き合いの良さが                              │         }
 周囲の人望を集めたのは間違いないでしょう。                    ヽ、      ソ
                                                イ斗┴r┐` .;
 兄の曹丕と異なり、万人受けするタイプですが、             / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
 良くも悪くもお坊ちゃんだったのが災いして、              /     \ ∨\  |,ベ._ / |  
 その後不遇を囲ったのは本編で述べたとおりです          {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
                                         |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
                                         :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
893 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:09:44.64 ID:i2ouMuoo

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     /
.      |     (__人__)     |   r―
       |     ` ⌒´ノ     r'  _ノ
.        |         }       |   l    次に紹介する手紙は、
.       ヽ        }     ) ノ    .この手の話題には事欠かない曹丕の手紙です。
     /ノヘヽ     ノミヽ  丿 (
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.| / _ノ     彼の手紙は『与呉質書』の他にも数多く後世に伝わっています。
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,ッ´  
.    ハ      ヽ   〉  r-//         ここで紹介するのは、曹丕と鍾繇の間で行われた手紙のやりとりです
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ
.  〈_ン>_ }〈:::     く  介、_ノ!
  }:./-ィ.V ‐'     /   弋_ン
894 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:11:25.62 ID:i2ouMuoo
【紀元215年頃 漢 司隷 孟津】

      ,. -  ──   --  .
       !                \
.     i               〉
       |              /       ねぇ子建。
       |__ _ ___,._ __ __    i         
      | i |~´´ | l li l l l``!'        鍾繇殿が玉玦を持ってるらしいんだけど、
       i l ´| ̄ ` | i il‐r-!、i  |        .なんとか譲ってもらえないか交渉して来て欲しいなぁ、なんて 。
     // ==== レレ' レ___レ1  i         
     // /    ,、____  ̄``|.  l        前から実物を見たいって思ってたけど、
.    // /\  /    !   ハ i        私がおねだりに行くのもどうかと思って…… .
   // /  /\ゝ.___ノ ,.イi  l i         .
.  // /  /^ー{__ ̄_ |___j ! ji i        くれぐれも他言無用よ?
  // / / ヽ /   i´  ヽl i ハ
. i/ / /`ー‐/   / |∠__/V  i}
                                           γ´    r   ィ'´  ̄    \
                                          /       |/,'  ,'  /i!| | ヾ ヽ
                                          ′  :::::|  │,/ /  / ハ| |  |! ハ
                                         l     ::::|  |/ / _ /_/// j _/_!/ 
                                         |   :::::|  l/=j/=/j/`j/ ィ= j/
                                         |  y =v'′ | 、   し     iン !!
   ああ、なんだか評判になってる話ね。               |   |{ |  ! |   ̄      ,`´||
                                         |  ゝ..|  !:: | u         , |
   兄さんの頼みだから聞いてあげるけど、              |   !:::::|  !:: |        _  イ: |
   相手が相手だし、あまり期待しないでね?            .|  ::::::|  v: ト .     ̄  .イ:::! |
                                         |  ::::::|   V   丁::::T:::::|!|:::: |
   (譲る事前提なのが兄さんらしいというか……)         .′ ::::r|   ト .._|、::: |::::ハ:|:::! |
                                        /   レ ゝ::: ヾト _   ハ:レ′ |:::! |
                                        ' / /__   \:: \   フ:「::jト、 |:::| |
                                       / イ/ ´   `ヽ  ゝ:: \/:::イート::V:::::| |

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             .曹操が張魯討伐に赴いた頃、曹丕は洛陽に程近い孟津に滞在していました。
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .ちょうどその時、彼は鍾繇が世にも珍しい玉玦を所持していると聞き、
.  |         }             .弟の曹植を使って玉玦を譲ってもらえないかと交渉を持ちかけます。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              どうして自分で交渉しないのかと突っ込みがありそうですが、
   .>    <                父曹操の重臣である鍾繇相手に下手な行動はとれなかったのでしょう
   |     |
────────────────────────────────────────────────
895 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:13:08.67 ID:i2ouMuoo
【紀元215年頃 漢 冀州 鄴】

.      ,  '´ ̄ `ー―‐ 、
     /   /  ̄ ̄ \   ヽ
    // /∠/ 丁| ̄\ }  l 、 |
.   〈/ / /.| /_./ /| l  /l|  |  |
    |/|/l/レ__ レ' レレ / |  |  |
     /f|`|_ノ:|   丁)T. | ハ /       ……というわけでして、玉玦を譲っていただけないでしょうか?
.    / /| ー    ⊥ノ / /.l| .|
    /./ > .  、  〃/ /_ノ |
  / / 「レ1‐、 ―</ /     |
/  / / |   }、___./ / \.  |             l二_,,.-‐==≡≡二≧ミミヽ.jl リソ/∠二三二ミミ゙、
  // / / >  /::::ヽ |/    }.  |             {三三二二ニ≡,r'〃´ ̄`゙ヾヽvリ/ソ/‐'""´ ゙̄`ヽ、!
  |/| /∧__/_/|::/ ;   / ,  |             l二ニ≡=≠〃´         `゙"          ミl
                               !ー‐=/,/                      ミl
                               l三二!/                         !l
                               l三=l'       、          /::         il
                               {'⌒ヽj  、     ヽ、  !   /::  /    /! .リ
                               | rヘ. l   iヽ、____ \_ j|  i //    _,.イ i _l!
  そういうことならお譲り致しましょう。       !{ `ヾト、_l_;r'´:弋ラフ:`ヾリ_jソ,ィ'弋ラフ ̄`i_,.l ! ハ
                                | l (. l !` ̄{l ::::::`::´:::::::!r' ̄ `il::::::::`::´::::: ノr'1i/ l    r‐、
  後ほど従者に届けさせますので、         ! iヽリ!   ヽ ::::::::::::_ノ/     ヽ:::::::::::::::::ノノ !/ ノ    l  l
  子桓殿によろしくお伝えください          ゙、ヽ-'|    ` ̄ ̄ ´       ` ̄ ̄ ´ /l、V    l  l
                                ,.ゝ- l        /      ゙!     / l/ ノ、    l  l
                              / 〉‐‐!        `ー 、   /`  ヽ / / /ヽ.ゝ>、 l  l
                             r' ノ´  l    //!l ll !ll il !`‐‐´!l ll !ll il l | ノ /`ヽ ヽj )_l  l
                            ,イハ ヽ、  ヽ、  l rー‐、-、-------─-イ / (_/  }= } ソソ、_l
                              \ \   ヽ. ヽ ヽ. 丶゙ニ二二彡'´ ノ / /l    / /`ーノノヘ)、
                                \ \   ヽ、 `   ──      / l  //  ゙ーtソ^` ヽ
                                 \ \  ヽ、            / ノ//
                                   \ \  ヽ、        ,.ィ´ ,.〃/

                                       曹操軍 文官 鍾繇

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             .交渉は難航が予想されましたが、
  |     ` ⌒´ノ             .意外にも鍾繇は曹植の申し出をあっさり承知します。
.  |         }             .
.  ヽ        }              鍾繇はすぐに使いの者に玉玦を持たせ、曹丕の下へ届けさせました
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
896 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:14:44.95 ID:i2ouMuoo
【紀元215年頃 漢 司隷 孟津】

          _,.;r‐''''''''''ーv‐- 、_
        /    __     \
      ,/ ,ィ /´ __`゙'''ヽ、  ,ヽ、
      // /∠ィ'',゙゙/ /| 7'‐-、,| ;,'; ヾハ
    //,イ / ,イ /N! / .! !  | | ',',';  `:}
     .レ'| ,イ A{/-H;/ .|/ ij! ./;j| ; ';'   |
     | レ'|,:{ r'7フヽ   i!.,コリ_ム!i!'; ';.   |
      ' :/ {'i `{,;:/|    i'j;.,}`ij,;' f'i,  j      正直、こんな簡単に話がまとまるなんて思わなかったわ。
       ./ / '! ー'´    {;_ソ_};'. /j':} ;'
     ,/ /  ヽ、"      ,, `/ j゙/ |       .兄さん、鍾繇殿にちゃんとお礼言っておいてよ?
   ///  /jr;、> 、 `   ,.イ /   |
  /// /;j./ /´jィj`ー三ニ7'./    {
 ' './ / |    7、_,.;:イノ \、   |
  // /! ./ 〉   /:::;:::':j !/    j  |
  .' | ./ | イ fj   /!;/|;;;/ |     ノ  |
   |/ .| j'\'ー久' |/'  f-、   / ./! .}                          , -──- 、
   |!  'トt、_`(ヽ(,,/ ,r'゙-、`  j'/j / | /                         , -'、        `ヽ
       ヽ、´  ``''''ヽ  |  / // //                         /            ヽ
       ,j'`'''ー-rv-〈__ノ{ノ{ ゙'´ /                           l l  fヽ/| l i 、   ヽ ヽ l
                                              | |  |``"| ||| __l_l | ||
                                              | | イ⌒ヽヽヾト、|ヽ`ト ||
                                              | |  レ==ミヽヽシ==ミ| ||
                                              | |  |''''        ''''| ||
    当然よ。                                     | |  |、   l  ̄l   ,イ ||
                                               | |  | \ ヽ ノ / |  | |
    私は受けた恩は忘れないわ                          | |  | | r〕、ー イ、 l |  l|
                                             | | ノ-'〈::::::::><::::::::〉`l|  ||
                                             ,r:i| l|゚:::::ヽ,イ_>、/::::゚||  |::ヽ
                                             /:::l| l|::::::::::::/〈j ヽ::::::::l| i,|::::::l,
                                             / ::::l| ト、:::::::::l  i |:::::::ノ| リ::::::::l,

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             .曹丕は玉玦を手に入れると、
  |     ` ⌒´ノ             よほど嬉しかったのか、鍾繇にお礼の手紙を書いています。
.  |         }             .
.  ヽ        }              以下に内容を紹介しましょう
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
897 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:15:37.69 ID:i2ouMuoo

そもそも玉は、君子の徳に例えられ、詩人に褒められている。
晋の垂棘、宋の結緑、楚の和璞は万金を超える価格で都市城郭よりも貴重であり、
過去において評判を立てられ、将来に名声を伝えられた。

だからこそ、晋に出土した垂棘に目のくらんだ虞と虢は滅ぼされ、
和氏の璧は秦に持ち込まれた際、その所有を巡って趙の藺相如は節義を貫いた。

                                                   /        `丶、
                                                   /   /        \
                                                    /   rvイ          ハ
                                                / /  /`゙'/      \  '.
                                                  /〃 /  l ,イ  i 、    '、 l|
                                              / / 斗-‐メ{ ハ  { ハ    } l|
                                               ,′/  /   レ \ナナメ、  / }j
                                                // / `7ヾ=='    \ レ' | / 〃
                                              f/ /  ハ        `ー=z, レ /′
                                             l {  Y:::\   _ ′    /` / !
                                             |ハ  {:)::(/:\   _,. 〃  /、|
                                             | ヘト ト|:::/:::_r=>::´::::/  ,人 },|
                                             レ/:::ヽ|:::: ̄{__ノ}:::::〃  /::ノハ|
                                             l',:l::::::::/´/ハ::: ̄/ /::イ::::::} }
                                                 lj:::::7  7 l:::::/} /::::/:::::::::://
                                                /:、:::て /_|::::l::レ::::/::::::://
                                            ,イ:::::::\:{`:::::::::::::::::::::/::::/
                                           /{{|:::::::::::::j:::::::::::::::::::::::{:::イ
                                            /  ヾ、> ヘ::::::::::::::::::::::::Y
898 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:16:24.29 ID:i2ouMuoo

密かに玉の専門書を見た所では、
美玉を称えて、白い玉は切り裂いた脂肪の如くであり、
黒い玉は混じり気のない漆に例えられ、赤い玉は鶏冠と見まごうばかりであり、
黄色の玉は蒸した栗に等しいと言っている。

私はこの言葉を伝え聞きながら、未だその実物を見たことがなかった。
私の徳は君子のものではなく、義は詩人の称えるものではないとはいえ、
高き山、大いなる路に対しての如く、心中玉を仰ぎ慕うものである。

しかしながら、晋・魯・宋・楚の四つの宝玉は遥か彼方の時代のものであり、
秦と漢の時代にはそれに匹敵する良玉の存在を聞いたことがない。

そのため、永年に渡ってそれを求めてきたが、心中の願望は果たされず、
飢え渇きは未だに満たされなかった。
                                      /     トv1 {     {        ヽ     ',  ',
                                    /    j  {  :.    ' .  ,     }     l   i
                                    .′   '   '  }、    \ ヽ.    i      '  {
                                    l      |   '. ト   、   \ \   |      |  ',
                                    |!   斗 ―- ヽ { \ \ _ .斗:‐ t‐ 、|     |   :
                                    |i     |  z::=ミ、\ \{\辷=ミ、{\|`     |   i
                                    |:     レ/ ん:心       " ん::心ヾ:、!_     |   |
                                    |j   ̄「` |1:::rv         { 1:::rv j√ ̄   |   |
                                    〃   .:圦 弋こノ       弋こノ  |       |   |
                                   |    l:Ⅵ                  j     |   |
                                   |    | 八       ′           /!       |   |
                                   |     j/  \     t-,        /´|     |   |
                                   l     |    \            イ   |     |   |
                                    j     |      >  _ ..  ´  トミ:. |     |   {
899 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:17:30.05 ID:i2ouMuoo

近頃南陽の宋恵叔と会い、君侯が立派な玉玦を所有していると聞いた。
それを聞いて驚き喜び、笑いがこみあげると同時に手を叩いた。

当然自身で手紙を書くべきだったが、
私の気持ちを充分に表現しきれないのではないかと懸念された。

そこで舎弟の子建に言いつけ、荀仲茂を伝手として小生の気持ちを伝えさせたのである。
それをいい加減にうちすてることなく、懇ろに行き届いた言葉を下された。

                                   ∨/////////厶斗‐  ´  i    ̄ ¨ ┬- Z///
                              .      ∨////厶才`"'ヘ    i  |   l      |   `Y:〉
                                      〈L才"   .′   \   |  |   l _i_ l |     {
                                      7/    /_ ..-‐ - `トゞ、l .才´ヽ \`ト    i
                                      .:    /  __   \ ヾ{ ,ィ禾ミx Y     |
                                       i|    L:ィ芹:::ミ丶      rぅ:::tv} 〉ァ=― |
                              .        | _,.イ/ rぅ{:::}:li       弋::::'::ソ 1
                                      | |   `ト 乂::::ソ         ¨´  |    .:
                              .      ||   .:|   ¨´     :{           |    i|
                              .        |   .:|ヽ         _,      .:|    |:.
                                    l  |    「ミx     ` ̄       /.:7    | i
                                     |  |   .:|: : : へ.         /: : i     |ハ
                              .     | イ     :|: : :.川L≧r:. . _  .. 1:_:_: : :.|      l :.
                              .      } 爪     :|: : ム´ 才ト、     -┴=ミ:vク     :. {
                                     /7    ├ ' レ´    >´     `Y .:     i
900 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:18:05.99 ID:i2ouMuoo

鄴からの使いの馬はすでに到着し、玉玦が届いた所だ。

おしいただいて箱を開くと、まばゆい光が目一杯に入ってきた。
かたじけなくも野暮な資質でありながら、世にも珍しき宝玉を見ることができた。

                                      }厶三三三1_///////////////////////////////
                                _ ..-‐=彡′   ト、/{  ̄¨ ‐- ::_//////////////////////
                     _ .. . -―…   ¨ ̄     /     ハ`"1  i      ` ≪;_'///////////////
              -‐=ニ二  ̄ ___ ..-‐… _ァ " /     /   |  |i         i `≪'/////////
                   ´  ̄    ̄¨ ニ=≦ _ =彡       /__  ! ハ   ∧    |   `トミ////
              彡´            ̄´        ム ´  ̄ `ヾ. | i|   { ',    /    i  \::>
                                    _ :イ   ___   Ⅵ :}!   l  l __;ィ    イ l    |
                          __  _  -‐  / _1__/√,z=ミゞ:、ヽ八 ! 1´ / |\ / | /  }  |
                  __, -―   _ -‐ ´     '  v`Y´ん、::::j} '′   \! j_/_ | /ヽj/k / ハ
                /  _ ==  ̄        ! 、{   {廴::v/        '.ィチミヾ;/  /イ: / / '
              才´ ̄/´            _ -‐   ヽ }   ` ̄        ん、::::::j} }} /小/.:ィ  |
              厶 ´        _ . -‐ ´         ,圦                弋 :::v/ 人彡j/ ハ  |
              ===≦三三ニ==‐-::r ´  ̄{  _ 厶..∧       ′    `¨´ 〃 ` ' /  } .:
              /////////////////|     `「     \\    r― 、     x≪     .:イ:   /
              /////////////////|      \     =ミ:、  ` ー ′ x≪      / :′/ .:′
              /////////////////j:.       ヽ / ⌒ヽ \  x≪       /: : /  j/
              /////////////lヽ.//|: :、       /    、 _ >¨´          /: : : :/  .:′
              //////////r―ヘ \L斗V⌒´  ̄ `ヽ._ /, -‐        /ヽ:  ,:イ  /
901 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:18:57.55 ID:i2ouMuoo

一人の使者をわずらわすことなく、多くの城邑に匹敵する金銭を失うこともなかった。
秦の昭王が章台で行った観賞を我が物とした上に、藺相如が奪い返した時のような奸詐はない。

良き賜り物に丁重なお心遣い、謹んでお受けせずにおられようか。

                                           _,. -‐ー―――‐- .,
                                         ,. イ: : : : : : : :     ; ; ;\
                                        i; ; : . . . . . . . . . . .    -‐;:i
                                         ',: : : : : : : : : : : : : :     ,'
                                         i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
                                         i`ー-v.__.: : : : : :__,..--‐┤
                                         |,'   i  i ̄i ̄i ', i ;  |
                                         |i  ⊥.,_', ヽ ヽ__L. 」 i. |
                                         |i  |  ヽ,ヽ,iヽj\| :i |
                                         |i -1`゙゙゙´   `゙゙゙´i` i |
                                         |i  |ヽ  __'__  ノ! i |
                                        / ̄l   |(. iヽ.,__,.イ | :ir‐‐v
                                       /: \ i;.  ! く.     ノ´ i  l ,. へ
                                           /: : : : :`i;  |., `r ~ヘ  l  |/: : : :ヽ
                     .                     /: : : : : : :ヾ | `' i   i´ | /: : : : : : : ヽ
                                    / : : : : : : : : :ヽj Y    Y | /: : ; ; : : : ; ; ;ヽ
                     .              /: : : : : ; ; : : :; ; ; ;;i :  :: i l/: : : ; ; : : : ; ; ; ヽ
                                       /; : : : : ; ; : : : :; ; ; i  :   ::  i : : : ; ; : : : ; ; ; ; ; ',
                                  く.,_: : : : : ; ; : : : ; ; :i  :. .:  i : : ; ; ; : : :; ; ; ; ;ノ
902 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:19:59.09 ID:i2ouMuoo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \        よくもまあ、玉のひとつで
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\      こんな手の込んだ手紙を書けるもんだお。
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \    
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |     しかし、なんだって鍾繇は曹丕に玉玦を譲ったんだお?
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/     珍しい宝物のはずなのに……
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――    その答えは鍾繇の返書で述べられています
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
903 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:22:02.31 ID:i2ouMuoo

以前曹公にお側づとめをかたじけなくした上に玉玦を頂きました。

尚方の老人にいささか古物を見分ける者がおりまして、
玉玦に見られる筋目から、必ずや相応しい場所に落ち着くだろうと判断しておりました。

                                 l二_,,.-‐==≡≡二≧ミミヽ.jl リソ/∠二三二ミミ゙、
                                 {三三二二ニ≡,r'〃´ ̄`゙ヾヽvリ/ソ/‐'""´ ゙̄`ヽ、!
                                 !ー‐=/,/                      ミl
                                 l三二!/                         !l
                                 l三=l'       、          /::         il
                                 {'⌒ヽj  、     ヽ、  !   /::  /    /! .リ
                                 | rヘ. l   iヽ、____ \_ j|  i //    _,.イ i _l!
                                 !{ `ヾト、_l_;r'´:弋ラフ:`ヾリ_jソ,ィ'弋ラフ ̄`i_,.l ! ハ
 ちなみに、尚方とは器物を担当する官職だ      | l (. l !` ̄{l ::::::`::´:::::::!r' ̄ `il::::::::`::´::::: ノr'1i/ l    r‐、
                                  ! iヽリ!   ヽ ::::::::::::_ノ/     ヽ:::::::::::::::::ノノ !/ ノ    l  l
                                 ゙、ヽ-'|    ` ̄ ̄ ´       ` ̄ ̄ ´ /l、V    l  l
                                  ,.ゝ- l        /      ゙!     / l/ ノ、    l  l
                                / 〉‐‐!        `ー 、   /`  ヽ / / /ヽ.ゝ>、 l  l
                               r' ノ´  l    //!l ll !ll il !`‐‐´!l ll !ll il l | ノ /`ヽ ヽj )_l  l
                              ,イハ ヽ、  ヽ、  l rー‐、-、-------─-イ / (_/  }= } ソソ、_l
                                \ \   ヽ. ヽ ヽ. 丶゙ニ二二彡'´ ノ / /l    / /`ーノノヘ)、
                                  \ \   ヽ、 `   ──      / l  //  ゙ーtソ^` ヽ
                                   \ \  ヽ、            / ノ//
                                     \ \  ヽ、        ,.ィ´ ,.〃/
                                      \ \   ゙ ‐‐---‐‐'´ノ_,.イ/ /

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●)            
. |     (__人__)             .鍾繇は曹丕の手紙が届くと、すぐに返書を送りました。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             そこには玉玦を譲った経緯が書かれています
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
904 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:23:29.68 ID:i2ouMuoo

高官のうちにそれを珍重する者がいるのも考慮致しましたが、
上の理由から相応しくないと考え、献上せずにおりました。

幸いにもお受け取り下さったので、真に喜んでいる次第です。

昔、和氏は璧玉献上に対して懇切誠実な態度をとりましたが、
私の方はご命令をお待ちしておりました。
このため、気恥ずかしい思いを抱いております。         >  <  \/   \ _,.. --─--
                                    //\\/\ /_, '"          
                                      // \  ._,r'"            
                                    >  <  / ,.イl/r' /⌒´       
                                            j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三 
                                          /ト{⌒`´″      l|  三
                                          { }i{             リ  三
                                     \/   ソ -、           三 
                                     /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ
                                         _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
                                        └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
                                          ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
                                            ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
                                       \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
                                       /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
                                              ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
                                      ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
                                               い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
                                            ×  }            ,. '"   } / / /
                                    \  /        '、         _/    ///  /
                                      ×        ``=ニr‐ '"/      /  /

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●)             .暗に玉玦は曹丕にこそ相応しいと言っているようにも見えます。
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .この時期はまだ曹操の後継者の座は確定していませんが、
.  |         }             .第一候補の曹丕の心証を良くしておこうぐらいの気持ちだったのでしょう。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              そこへ丁重なお礼の手紙が届いて面食らっている感じでしょうか?
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
906 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 12:24:53.99 ID:MYvXR7Mo
持ってて妬みを買うくらいなら、上の人間の好感度アップにつなげた方がマシだろうしな
905 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:24:15.34 ID:i2ouMuoo

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     ぶっちゃけ、後で会った時に礼言えばよくね?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                                                       / ̄ ̄\
                                                     /   _ノ  \
                                                     |    ( ●)(●)
    返礼を先延ばしにして、                                   | u.   (__人__)
    変な噂を立てられても困りますからね。                          |     ` ⌒´ノ
                                                    .  |         }
    直接会って話すより、手紙で書いた方が楽かもしれませんし……         .  ヽ        }
                                                       ヽ     ノ
    せっかくなので、曹丕と鍾繇の手紙のやりとりをもうひとつ紹介しましょう         i⌒\ ,__(‐- 、
                                                        l \ 巛ー─;\
                                                        | `ヽ-‐ーく_)
                                                    .    |      l
907 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:25:30.51 ID:i2ouMuoo
【紀元220年頃 漢 冀州 鄴】

.          l三三三三三三三三三三三三三三ニj
           l三三三三三三三三三三三三三三/
.            l三三二二ニ=====ニ二三三三/
          V:イ: lヽイ |   l l  l       :l  :ゝ
            |   |  !:.:.|、  l l  l ヽ ヽ  l  |:i
            l   |  ∨| ∨:l lヽ: \\: \l:.: | l
              l   .|ー-- 、 ∨\\\-≠ー:.ハ:|.:l
          l    |,ィT戈、、ヽ\ ィ升戈ヾ/  :.| :l
            l . ̄〈 lc:り      lc:り ノ! ̄: !:.:l   南から届いた報告によると、
.           l|    | ゞ-'′      ゞ-'′ j   | l   孫権が臣下の礼をとって、関羽の首を送ってきたそうよ。
          l:i    ト       〈        小.  :!. l
            l l   .|:lヽ.    ヽ ̄ノ   .イ ||   |:. l  .あなたの意見を聞かせてほしいわ。
.           l: |   .|:|::|::>.、  `  .イ||::::||   |  :l
          l:.:|   .|:|::l∠ニ| >-<ニ|二ゝ、:!  : |  :.l
            l:.:.|   .|/  `V /7  Y´ ̄ :l l l  : l
.           lイ|: | i:|ヽ __/  :/!   l   _ ノl l lー┐l
       /´   :l: | i:|___{   ハ.  l /  l l l   ̄ヘ
        i,∠7>、V i |     :〉 / i  l′   / / /__//小,
      //////∧ヘi :| 、____/ /  l  l___/ / ////////ハ
.     ////////∧ヘ:|//// /    l  l///ハ//////////∧
     ハ////////∧l:\!/      l  l///ノ///////////∧


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●              関羽が死んだ頃の話です。
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .この時曹丕は、魏諷の乱の一件で免職された鍾繇に、
.  |         }             .手紙で事態の推移を知らせています。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              今回の手紙のやりとりでは、孫権の話題が議題になっています
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
908 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:28:13.31 ID:i2ouMuoo

臣と同郡出身の元司空荀爽は、このように言っています。

「人間とは感情を重んずるものだ。
自分を愛してくれる者はひたすら可愛らしいし、
自分を憎んでいる者はひたすら憎らしいものだ」

孫権について考えてみますに、実際ますます媚びを含んで可愛らしく見えます。

                                                 _____
                                               ,∠_ ̄`ヽ::::\ヽ``ヽ-、
                                              /:::::::::``ヽ、 \::ヽ.゙、:::::リ ト、___
                                              /'"´"ヾ、::;:、ゞ-‐-、ヾ::/ノ::::仄`ヽ
                                            i'"´ ̄ヽ/7′     ̄"`ヾ:'::「\
                                              l::::::,.-‐-{ |!  __       {:::/
                                            |,∠_ /     ヽ\__,w、_/|彳
                                             { r ヾ|==Y´ ̄`ヽ::::::;:‐┴'、
                                            } '      |    /⌒|   /
                                             /\__   ヽ、 `‐-‐'   ト-イ
                                         ,.-┴-、/ `i   ヽ     、  {  /
                                        /::::::::::::::::`ヽ」.    ,. ,.__ゞ__,.-;. {
                                      /::::::::::::::::::::::::::::\   ' `ー‐‐‐'" /
                                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       /
                                  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐-r--‐'′
                                  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\L___

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             
. |     (__人__)             .鍾繇は曹丕への返書で、皮肉交じりにこのように述べています。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             .孫権が魏側の人々にどう思われていたかが分かります
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ             
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
909 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:29:41.09 ID:i2ouMuoo

返書を受け取り、南方のことを喜んでいるのが分かった。

荀公の人物談義を読み、孫権の媚態の箇所までくると、
手紙を手にしながら思わず吹き出し、手から離せなかった。

もし、孫権が再び狡猾に立ち回れば、
汝南の許劭が毎月一日に行った人物評によって叩いてやればいい。

孫権は二国の間を泳ぎまわり、
荀・許に褒められたり貶されたりするのがお似合いだ。              /     |    | l   l   l   |    |
                                                  |      |   | ト、  ト、  ト、  ト、   |
                                                  |       ! , -ヽ!、ヽ | ヽ | _ヽ|_ ヽ |
                                                  |    │´    、 ヽ!  '´!    `丶.|
                                                  |     |   ___       ´      |
                                                  |      |_〃´ ̄ ヾ     ィ==、、  |
                                                  |      l|               ヾミ |
                                                  |    /l      丶         |
                                       -、        |     |八      Y  ̄ ̄}     /_|
                                       {  \     │  ..:.:|:.:l:ヽ.     !    l    /!:.:|
                                        \   ` ー─ 、|  :.:.:.:|:.:l:.:.:l:i\  ヽ __ ノ   .イ:.:.l:|:.:|
                                         ゝ、 _   ヽ  :.:.:.:|:..l:.:.:l:l:._:_| 丶、__,.. - '´ .:|-┴-:|
                                       r/  /   /二´  \:.:.:.:|::.l_/´ r | __r‐y─ヘ :|::::、:::::|
                                      //  /   /´:..::/´   ト、「「/  〈/  //    }|:::ノ:::::|
                                      l { 〈  〈::..:/  ..:ノ::}:::|リ{  /   〃     ノ´:.::   |

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .曹丕は鍾繇の返書を読むと、その感想を鍾繇に送っています
.  |         }             .
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ             
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
910 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:30:39.89 ID:i2ouMuoo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     .孫権がみんなの嫌われ者なのがよく分かるお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      そりゃ長生きもするはずだお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                                 / ̄ ̄\
                                               /  _ノ ,ヽ\
                                               |   ( ●)(●)
                                         . \    |     (__人__)
                                            .\  .|     ` ⌒ノ
  そんな感じで当時の人々は、                          \ ヽ       }
  何かあるたびに手紙によって連絡を取り合っていました。          .\_,ゝ     ノ
                                               /, r、    く
  他の事例も、二、三紹介しておきましょう                   ./ 〈  \    i
                                             . ヽ、 .ヽ   \ i..|
                                                .て_)   \ノ
                                                      \
                                                        \
                                                          \
911 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:32:33.68 ID:i2ouMuoo
【紀元223年頃 魏首都 洛陽】

/.: / .: .::.::.::.::     /   /⌒ヽ/」{ / _/___」 i   \
.::. / .: .::.::.::.      /  /      `´    | |   :.. ヽ
. // .::.::.::  .:.:  /  .:/                 | l   l::.:.  ',
// .::.::.:. .:.::.: ./  .:/    、             } l   l::.::.:. !     文休足下。
/ .::.::.::. .:.: .::./ .::.∠== 、   ヽ、   ,      」 l  l::.::.:.:.{
.::.::.::.::..  /.: .::./≠=rミ、ヽ=一}/ /ー==三;{ l  '、::.::.::!     平安にお過ごしとの事、大変結構に存じます。
::.::.:. . イ7. .::./` 、_{r辷frァ癶、 __′/r=≠fこ7ハ ',   ヽ::.{ 
::.::. /.::/.{: .::.:イ            /  `弌x少/} {\ヽ   ヾ、    .お別れしてから三十余年経ちましたが、
.:: イ.::/.::.!: .::.::`ァ==¬       ′     / | |  {ヽ、   ヽ   .その間、お会いする機会がないとは
/.::|::{::.::.:廴. ‐<⌒}:  ,′     {     /   } }   ', \    i   思いもよりませんでした。
.::.::!::|::.::/ `ヽ、 \}:. /       /    .イ   , ,′  ',   i 、、}
::.::.|::{:ノ     }ヽ、_/ /、  -‐==ァ    /ノ  //    }   } ヽヽ  …………
、::.:Ⅵ    _  `7/、  ヽ、ー一  . イ__  -‐ ´    / .::./ / }ハ}
. \:{ー==≠<_>ー 、'ー‐` イ´‐ァ ヽ ____  -‐ ´ .::.ノ {{ノ ノ
:.  ヽ、  ヽヽ} `}   「⌒「  {/ /    丶、_   -‐ ´ /`二〈、
::.:.:.   ヽ、 \\|   !   i  V       ` ー‐‐r一 ´ー= ´ ヽ、
::.::.::.:..   ヽ、 ヽ} i |  |   }           i          \

             魏 司徒 王朗

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .魏の三公の一人である王朗は、
. |     (__人__)             .蜀の司徒の許靖と旧知の間柄で親交がありました。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             .魏の建国後、王朗は許靖に長い手紙を書き、安否を気遣っています。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              なお、文休というのは許靖の字になります
   .>    <               
   |     |
────────────────────────────────────────────────
912 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:34:38.64 ID:i2ouMuoo

……今ご子息は何人おられますか。年齢はおいくつですか。

私の方は、続けざまに息子一人と娘一人を亡くして、今は息子が二人です。
大きい方は名を粛といい、二十九歳、会稽で生まれました。
小さい方はやっと一年余です。

手紙に向かって悲しみ湧き起こり、思いはいつまでも果てしがありません。

                                             _,... -‐-.、_.,x‐=ニ三 ̄ハ
                                           ,r"´     .i´  .: ..::::::.. .ハ
                                             l  .::::::::- 、 __li___r'"__::::::. .ハ
                                           .| ,x-=ニ、彡ニ-‐‐->'´ヽ、::. `ヽ、
                                             !' .:::;r‐'´    、.、  `ヽ、ハ:;:...  `ヽ、
                                           .ノ! ,r'..., /   .ハハ ハ..ヘハ;::ハ`ヽ、::...  ヽ、
                                          ./ |f r .,' .:|:    .::l...l:. ::l ::l::l:::::|::::::::ヽ;:::.  l
                                         /.:/:|l :l .::l. ::l::.   .:::l:.:l! .:i! .:/ノ::::::!::::::::::ノ::  ノ
                                        .l l、|ヽヽ、lヽ|.、:.. .::::/l/l:ノ.lイイ ::::::|::::/: /
   この手紙で私の年齢と出生地が分かるわけです       ヽ、`| `ヘ.┬┬ヽノ  ┬┬‐.|. :::::l::(:::. ,r"
                                             ∨.ハ!.乂jノi    ヽ'__ノ.l .::::l`、:\:ヘ、
                                         /∨ ∧ `´         ∥∥ヽヽ:::)__ノ
                                           .( :::r'∨::::i 、   △  _, ィl / _ノノノ
                                           .\l ∨::l .||≧-‐≦||  l /
                                              /`/lヽ--/l∥ ~ヽ
                                              ./ ,イ |〔VV〕|l|   ハ
                                              .i  |.∧___/i.|      |
                                            |  |.l    .|.|      |

                                             魏 文官 王粛

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .手紙の内容は挨拶から始まり、別れた後に王朗自身が苦労を重ねた事、
. |     (__人__)             .荊州遠征の折に曹操と許靖の話をした事、
  |     ` ⌒´ノ             .これからは生き方をともにしようという誘いなどが記されています。
.  |         }             .
.  ヽ        }              また、許靖の近況の質問をしたり、自身の近況を述べたりしています
   ヽ     ノ             
   .>    <               .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
914 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 12:36:39.73 ID:MYvXR7Mo
しかし戦乱が続くのに、いくら貴重品とはいえ燃えやすい紙でできた手紙がよく残ったもんだ
913 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:35:28.00 ID:i2ouMuoo

        / ̄ ̄\
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \       しかし、許靖は王朗の手紙に返書を送りませんでした。
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\      
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \   そこで王朗は再度手紙を書きますが、
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |   .やはり返事はありませんでした。
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/    
        ヽ::::::::::  ノ   |           \   .陳寿さん、あなたなら理由を知っているんじゃありませんか?
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――      
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
915 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:36:57.40 ID:i2ouMuoo

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \         そりゃそうだお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /         王朗が手紙を書いてた頃に、もう許靖は死んでるんだから……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

                                                           / ̄ ̄\
                                                         _ノ  ヽ、  \
                                                       (○)(○ )   |
                                               .       (__人__)   u  .|
                                               .        ヽ`⌒ ´    |
           なんと……                                     .{       /
                                                       lヽ、  ,ィ'.) ./
                                                       j .}ン// ヽ
                                                       ノ '"´  ̄〉  |
                                               .        {     勹.. |
                                                        ヽ 、__,,ノ . |


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      王朗の最初の手紙が書かれたのは、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .息子の王粛の年齢から推測して紀元二二三年と思われる。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .相手の許靖は、前年の紀元二二二年に世を去っていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .つまり、王朗の手紙を許靖が読む事はなかったのだ。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          当時の情報伝達の遅さが悔やまれる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
916 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:37:54.93 ID:i2ouMuoo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)        それでは気を取り直して……
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }         次に紹介する事例は、
.   ヽ   L     }         .三国志にふれた人ならよく知っているかもしれません。
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \         関羽と諸葛亮の手紙のやりとりです
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

                                                      ____
                                                    /⌒  ⌒\
                                                  /( >)  (<)\
              おっ、来たお                          /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                                 |    /| | | | |     |
                                                 \  (、`ー―'´,    /
                                                      ̄ ̄ ̄
917 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:38:55.91 ID:i2ouMuoo
【紀元214年頃 漢 荊州 公安】


.              /: : : : : i: !: : i: : : : : : ヽ: :ヽ: :ヽ: : ヽ
.            /:./: : : : : :i: :i: : :'、: : : : : : ヽ: ヘ: : ヽ:.:.ハ
             i:./: : : : /:./V:.i: : :ヽ: : : : : : :.ヘ: :i: : :.',: :.i、
.            |:.!: :i: : :.i:.,'  、:'、ヽ: :\: : : : : : ',:.i: : : i: :.i:i
.            i:.i: :.i: : :.i i.,斗セ≦ ヽ、.\≧ト之_!: : :.i: :リ.i
              Vト: :'、: :.ト ,ィ=ュ      ,ィ=ュ、i: : /:,.': :i     諸葛亮へ。
             ト:\:ヽ:.!イfr';;:::|      |r';;::::レ!:,イ、: :.:i
             レ: ハ iへ 弋zソ    ,  弋zソイ: :レ:i: :i     近頃来降した馬超の人物と才能は
           /: : /:i: : ハ      , ,     ハ: :i: : i:.:.i     誰に匹敵するのかしら?
             /: : /: |: : : i ヽ           イi: : : |:.:.i: :.i
           /: : :/: :.| : : :.| : . > 、    イ: : :|:.:.:: :| : i: :.ヘ
.         ,.': : : /: : :|:.: : : |:/:.i_|  ` ´  |_\:|.:.:: : |: :i: : : '、
        /: : : :,': : : :|:.: : : |:.:.:.:.i        i:.:.:.|:.:.:: : |: i: : : : :'、
.        ,': : : : :.i:.,ィ<!: : : :| :.:.:.i >‐‐‐‐< i:.:.:|: :.:.::リ:>、: : : :.ヽ
.      {: : : : : ,' i:.:.i;;;Vi: : :.!:.:.:.i_, -‐‐‐‐-、_i:.:.:リ: :./リ;;;リ:.i V: : : ハ
        V: : : :.i .i:.:.!;;;i.、ト、:ヘ:.:.i r,/7_‐--、.i:ノ:シ//;;/:.i .i: : :i: :i
        V: : .i、  i:.:Vヘ:.:.:.:`'‐-ノ/ .i .iTヽ:.i:.:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:i   i: : :i/
.       ヽ: :i \ i:.:Vヘ:.:.:.:.:.:f./  /¨ヽ/:.:.:.:.:.:.:/;;/:./ /  i:.:.:.i

             劉備軍 将軍 関羽(字:雲長)

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .この手紙は、劉備の入蜀の際に従った馬超について、
. |     (__人__)             .彼の存在を気にした関羽が諸葛亮宛に書いた手紙です。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             .関羽が負けず嫌いなのを示す話ですが、
.  ヽ        }              諸葛亮はそれを踏まえて関羽に返事を送ります。
   ヽ     ノ             
   .>    <               .以下に内容を紹介します
   |     |
────────────────────────────────────────────────
918 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:41:53.89 ID:i2ouMuoo
【紀元214年頃 漢 益州 成都】

孟起は文武の才を兼ね備え、武勇は人並み外れた一代の傑物であり、
黥布や彭越の輩であります。

益徳と先を争う人物と言えますが、やはり髯殿の比類なき傑出ぶりには及びません。

                                    _,.、,.‐-、,.-、 _
                                 ,..´* ,. __,ィ、_*_ `ヽ、_
                               ,./´ ィ=彡': : : : : : : : ̄:`ー-、*ヾ:、
                              ,ィ"k,.イ: : : : : : : : : : : : i:|: : : : : :`ー、ヘ `ー- 、      お・   そ. お
                             //ノ: : : : : : : : : : : : : : :ハ:ト、: : : : : : : :ヾ} , /イ     前・  う  前
                          ,.イ ノ/: : : : : : : : : /: : : :ィ:/ }:! \: :、: : : : :.∨/        ん・  な  が
                         <  〃: : : : : : : : : /: : ィ'// j:l ___ゞ: }: : : : : Y          中・   ん. そ
                           ヾ:、 }!: : : {: : : :/:.//'// /厂__  ヾリ: i: : : :イ:、        で   じ  う
                           \| : : : !i;:イ斗''‐''"/イ /イ,ィチ芋ミァ}:.|: : : /i}::.       は    ゃ 思
                             i: : :厶:イxチ笊ミ、     弋:z:ツ '゙/イ: : :/ i}:ヽ.      な    な. う
                             ト、: : :ヾ` 弋:zツ            /イ: :,イく l}: :‘,         い ん
                             }:{i \: : \       ヽ     'ィ彡'ノ   i}: : ::..         で. な
                              i: :〉, >ヾ、:ヾ、   _,.-一 フ′ ´.イ     リ、: : :.ヽ          す. ら
                              |: :ヾ  ` く¨´   ` ー.=彡   ,.:i:{|   、〈: :ヾ、: : :\      か
                            八: : }iヽ l /i}≧ュ:.       イ:::lイヽ ! / j}、: : :.\: : :ヽ      ぁ
                           /: : : :イ{l / !ヽヾ:、::::`ャ‐ : :=彡 |:::{イ / |ヽ ィ、: :\: : : ヾ: : :.
                       .    /: : : /: : 〉,    }i_:,へj      /`;/     j} `ーァぇ、: :}: : ヽ
                          /: : : //〉`Yi    )}   \   /  /′  、〈   くソ::::`ヾ: : :\
                       .  /: : : /イ}`ーァ{ ヽ l /} } ,ィニァ介::くミx{ {ヽ l / j }  {ニrフ::::::::ヘ: : : :.ヽ
                        /: : /:::::::辷くj〉 / |ヽ 〉〉:/ /ソ己ヾ::ヾY i / |ヽ〈〈  厶イァ::::::::::::i: : : : : i

                                劉備軍 文官 諸葛亮(字:孔明)

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .
. |     (__人__)             関羽は頬髯が美しかったため、
  |     ` ⌒´ノ             .諸葛亮は彼を「髯殿」と呼んでいます。
.  |         }             .
.  ヽ        }              手紙では時折冗談を交える諸葛亮らしいと言えるでしょう
   ヽ     ノ             
   .>    <               .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
919 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:43:11.89 ID:i2ouMuoo
【紀元214年頃 漢 荊州 公安】

            / ,.イ  /   / | |        Y ヽ  ヘ   ヽ
              //  /  / /! l !      l  i  │i   ',
            ′i  イ   i7⌒Y ト ヽ  ─-、j  |  │|     i
              | / ||   ト ,r=ュ、j  、\    ハヽ/   / j   │  .この手紙を見てください。
              |'  ヾ.  { f'みラ! ヽ \ 示ミュイ   / /     !
             !    \ハ じク      iクルハj / /     j   やっぱり劉備軍で
     ,r 、            | `i ` ´ '     辷ン ノィ /.イヽ     l    最も優れた将は私なんです。
     / /          j  、   「` ¬     / ´ {リ  ,  l
 /⌒∨ ,′         ノ  丶  ヽ _ ノ     /   l   /  l    もう怖い物はありませんよ!
ハ`Y !. i        _,. ィ ´   / 丶 _,  -‐' 7    j /   ',   
/ { ヽ ヽ  |    _, -‐''´ /     / _,厶イ   /     / ,'     、
ヽ_ト/〉 ` j‐' ¨´      / i   , / ̄ , -┘  /      /ヽi  |   ヽ
i  /   /   _       !ハ! /| ,'  厶二 `\f   //    >、|     ヽ
|     lテ' ´     /ヽ' N  厶-、 \,イ   イ´   /´  >、
                                             巛彡彡ミミミミミ彡彡
                                            巛巛巛巛巛巛巛彡彡
                                            |:::::::          i
                                            |::::::::     /' '\ |
                                            |:::::    --- , (----   
     (こんなん社交辞令やがな……)                    | (6    u ) ・ ・)( ^ヽ 
                                            | |    ┃ノヨョヨコョヨi┃ | 
                                            ∧ |    ┃ |コュユコュ|┃ | 
                                          /\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ 
                                          /  \ \ヽ. ┗━━┛/ \
                                          .    ‐-‐-‐------ーイ   `、

                                             劉備軍 文官 潘濬

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .諸葛亮の返書を見た関羽は大喜びして、
. |     (__人__)             .来客に見せびらかしたりしたと伝えられています。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             .微笑ましい光景とも言えますが、関羽の単純さが浮き彫りになる逸話です。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              こんな軽々しい振る舞いを見せられると、
   .>    <               .彼を軽蔑する向きがあるのも不思議はないと思います
   |     |
────────────────────────────────────────────────
920 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:43:48.30 ID:i2ouMuoo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)           ここで把握してほしいのは、
  |     ` ⌒´ノ           関羽という人が乗せられやすい人だったという点です。
.  |         }
.  ヽ        }            .これが次に紹介する逸話にも関係してきますので……
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \                                       ,ヘ
                                                  ____      / /
                                                 /\  /\   / /
                                               /( ⌒)  (⌒)\/  /
                                              / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
                                              |     |r┬-|       |
    じゃあ次の話題にいってみるお!                      \     ` ー'´     /
                                              /          \
    こうやって手紙を眺めるのも楽しいお!!                /             \
                                            /  /\           ヽ
                                             /   \          ノ
                                            U      ヽ        ノ
921 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:44:22.24 ID:i2ouMuoo

              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /     これまで見てきたように、
             i⌒ ´ .r-、  |/  /      .『三国志』の時代は手紙のやりとりが盛んになりました。
             {     ヽ, ',. .,/ :/',
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',      .しかし、これは良い事ばかりとも限りません
              .ヽ . |   / , --'i|
              /   {  V , --ヘ
              |   ヽ  L| r= |

                                                    ____
                                                  /      \
                                                 /─    ─  \
                                               / (●)  (●)   \
       悪いこともあるのかお?                         .|    (__人__)      |
                                               \   ⊂ ヽ∩     <
                                                 |  |  '、_ \ /  )
                                                 |  |__\  “  /
                                                 \ ___\_/
922 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:45:47.27 ID:i2ouMuoo

            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |             .当然です。
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }             手紙による交流が盛んになれば、
          ヽ  ./,二ニソ}             それを悪用する動きも出てきます。
          _ヽ/  ,-― 、}ノ             
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ            .石亭の戦いにおいて、
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}            呉の周魴が魏の曹休に偽の降伏状を書いたのは
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\          .覚えていますよね?
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\        
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、      ようするに、「手紙による謀略」です
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~       それが最も効果を発揮した実例を紹介しましょう
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/
923 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:47:33.22 ID:i2ouMuoo
【紀元219年冬 漢 荊州 陸口】

           __   r' _ : : : `ー..ォ
        _ ノ: ::,. -`‐'_ :::::::‐-..、: : :.|
       r ' : : /:::::::,-|:::::`ヽj::ヽ:::\ノ- 、
       ヽ.: ./::::::::: _j::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::ト、ン
          Y:_:::::::: l:: \::::\::::::::::::::V:ん`
        r|::::::::ヽ∧:ヾ:::ヾヾヽ::::::::::::∨|     .関羽に手紙を送るですって?
        イ:::::::::|゙"´ヾ:l::::::l::!,_j|_ゝ::ヽ::::ハ
        |::l ::::|‐-- l:l:::::イl ォリtzト::::ハ:::ハ    .関羽と戦おうって時に仲良くしてどうするの?
        レ'::::::|,.ィ:7バ:::/ i ゞ-' !::|イ:::::ヾ,、
         |:::|::::ハ ゞ‐'j/、   ::::::,.イ::ハ:::::::l!:||:|
          |:::|:::::::: ゝ .::: ' ´ ,/|/:::::l!:::::::1lリ
         |:::l::::ヾ::|- 、.> ´  !\ノj::://l|
          ゞヾ:V::| ` ー i  ,. -‐ 〃⌒ヽ               /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
                                        i    ト、   //  , /      ド'   i
           孫権軍 将軍 朱然                .|     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
                                        |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
                                       //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
                                      //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
                                    //   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、
    ただのご挨拶ですよ。                  /   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
                                    ///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
    無駄な血は流したくありませんので          . (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
                                    ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
                                     \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
                                       ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
                                      ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
                                    / , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /

                                           孫権軍 将軍 陸遜(字:伯言)

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              関羽が樊城攻撃に赴いた頃の話です。
 |    ( ●)(●             .
. |     (__人__)             .この時、孫権陣営は関羽不在の荊州の攻略を計画しますが、
  |     ` ⌒´ノ             .荊州には相当数の守備兵が残っており、
.  |         }             .荊州攻略は簡単ではないと思われました。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              ここで登場するのが、呂蒙の後任として荊州問題を担当する陸遜です。
   .>    <               .彼は一計を案じ、樊城の関羽に手紙を送りました
   |     |
────────────────────────────────────────────────
924 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:48:02.98 ID:i2ouMuoo

         ___
.       /ノ( _.ノ \
     / ⌒(( ●)(●) /⌒l                    / ̄ ̄\  また関羽将軍を笑い者にする気かお!
    /⌒ ヽ  (__人__)ヽ |`'''|                 /  ヽ_  .\
   /      \ ´ ⌒` |/ /                (●) (● )   |
 / /⌒l     ⌒ヽ、ノ'' ノ             二三 (__人__)   u |
( _ ノ   |        `ヽ´      _           l` ⌒´     |
       |          `ヽー‐-''" ̄  ゙̄''ー'´ ̄`ヽ   {           /  そういう気はありません。
       .|                       _ノ   {       /
       ヽ             __,, -‐ ''"  ̄ ̄ ̄     ヽ     ノ    ただ、読者の方にお願いがあります
        \       , '´  ̄            ▼/ ̄      ̄ ̄)____
         \     (                 〃(⊥) ´/   / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
           \    \          ___i /⌒\./   /∧ ∧し'__|;;;;;;;;;;i
925 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:48:48.86 ID:i2ouMuoo


        /   (●)  ヽヽ
       /   (⌒  (●)/
      /       ̄ヽ__) /
      /     ____/
      /   /( )三( )         今から紹介する陸遜の手紙なんですが、
    /   /  (__人__)  ヽ        ぜひ関羽になったつもりで読んでみてください。
  /     |            i
  i    |            |       状況は関羽が于禁を捕らえ、龐徳を斬った直後になります
  ヽ   \    n⌒)  /
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |
926 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:50:09.67 ID:i2ouMuoo
【紀元219年冬 漢 荊州 陸口】

先に承りました所では、貴方様は相手の隙を見て行動を起こされ、
兵法どおりに軍を進め、小さな力をもって大きな勝利を収められたとのこと。
なんと高々とそびえ立つ立派な手腕でございましょう。

敵国が大敗を喫しましたことは、同盟を結ぶ我々にとっても幸いなことであり、
勝利を収められたとのめでたい知らせを聞いて、手を打って喜びました次第でございます。

                                         _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                                         /   ,′  ´ ̄、`Y  l
                                       /    /   、    l くハ |
                                       ,′ , l !   , |  、 |  l l|
                                    .   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
                                      | |  l | ¦l7/斗‐r、 | | | |
                                      |∧ |Nヘ、!/ ==、〉 ,′l|
                                      ´ ハjミYシ′  ::::::::: /  /  l| \
                                       / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
                                    .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
                                      l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
                                      |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
                                      / /{_)'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
                                    . / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
                                    / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
                                    ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
                                     `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
                                     ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈    ` ̄ ̄
927 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:50:56.71 ID:i2ouMuoo
やがては敵国を完全に伐ち平らげられ、
両国がともども王者の統治を実現するべく協力しあうことともなりましょう。

このたび非才の私が任務を授けられ西方にやって参りましたが、
貴方様の輝かしさを仰ぎ慕い、立派なご計略をもって我々にご助言頂きますよう願っております。



                                                 ___
                                       ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                            .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                      {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
                                       | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
                                       l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
                            .         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                            .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                            . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
928 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:51:35.55 ID:i2ouMuoo

于禁らが貴方様の手によって捕らえられましたことについては、
遠近の者すべてがそれを喜び賛嘆して、将軍の勲功は末永く語り伝えられるべきもので、
晋の文公が城濮において楚と戦って収めた勝利や
淮陰侯の韓信が趙を陥落させた巧みな策略だとて、
このたびのお手柄を超えるものではないと申しております。

                                / ((   i!  l    l ヽ ヽ ((ヽ  ヽ ヽ  ヽ    l
                            .   /  l.`l   i! l l!  l! l .ll lヽ ヽ.. )) ヽ  ヽ l   ヽ!   l
                              〈  .l .l! l l! l l!  l! l l l l l!  ヽ l ヽ  ヽ     l  l
                               ∨ l l.l! ll l! l l!   l! l l l l l! l. ヽ.l  ヽ!  l     l  l
                               ∨. l .l l! l!l l l! l l! l l l l li!.l! l   l!  l .l  l    l.  ∧
                                l!. ∨.i! l从斗、 l l ll!l/!、!l l从l!   l /!  /  l   ヽ.  ∧
                            .   l l  ヘ!从イン仆、.l! l l l 、___, l l  /   /  l l    \ \
                            .   / .l  リ/`ハゞ薔ソ        ̄ |   /   /  / ヽ      \ ヽ
                              /  l /  ./_ゞУ `、_     |     / ./  ヽ     l  l
                            .  l.  l.l´ r‐、ノ `ー'`ー、、` ´ , ィ'.リ   /_,、 r―yヘ. ヽ     l  l
                            .  ∨ l l .|ヽ  | /  /  ̄,ィ  |/ ,イく.し'  ´  /  〉 \   l  ヽ
                            .  ヽ .〉ゝl   j   i./ゝ‐^ーッノ     ¨´         (_,、   \ !   ` ー
929 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:52:15.25 ID:i2ouMuoo

聞き及びますれば、徐晃らが少数の騎兵をもって陣地を定め、
貴軍の本陣をうかがっているとのことでございます。

曹操めは悪賢い者でございますゆえ、
貴方様に打ち負かされたという腹立ちに任せて、困難を省みず、
密かに兵士を増強し、その野望を逞しくしようとしております。
その軍勢は老いぼれてしまったとは申せ、まだ勇猛な者も残っております。

                                      ノー:::::::ヽ::::,-`ー、:::::::::::::::::::`i、_ r‐、    __
                                     (: ̄:::::::,ィ'´   l:::::__:::::::::::::∨|`´::ノ_,ィ=テ" ̄ゞミi!
                                     `j::::::/        `´ `jー::::::::∨!::´:)ヽ=≠=彳
                                      ゝ:/    i      ゝ-、_:::::|ミ|::::::`i ヽゞ_》
                                       `l i l  l    l   ノ:::::::|ミ|:::::::ノ   l.ゞ!
                                       l l! .l l ll! l  l l .l  l `i:::::::||!:::::_)   l |ミ|
                              .          l.ト、ト、!从 l  /l /l / .(_:::://:::( l   l |ミ|
                                         l! ヽィャォ.ヽ/_'´_.l/l/ /ィュ、::ノ.l     l. ¨
                                          l ゞイ  ´弋::ソ//.弋ソイ  l    l
                                         ゝ   ___   `´// /    l.    l
                                         //ヽ,`ー',、-‐//:´ヽ    | l!  l
                                           //ー、〉::◎::::/ .l:::::::::ヽ   l l.l   l
                                        / _,」l::/\l  l:::::::::::::ヽ   l l l   l
                                    .____, ィ┬.rヘ:__:ゝ、 ヽ:::::::::::::\_l l .l   ヽ、
                                    {___! l l i_ノ__}二二二二二二二二ニニニニニ==─
                                      ,.ィ`´´r┘、_:::´:::{_二>:::::ィケ"  l l/´   l
                                     ィ'´  / /l:: ̄`ゞ==//_テ"¨ヽ  / ´      `i
                              .       ヽ_ー'ゝ/ィ-―-、/:::ゝノ:::::::::::::/    _.,、-‐''´
930 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:52:59.35 ID:i2ouMuoo

それに勝利を収めた後は、得てして敵を軽んじやすいものであって、
古人の兵法でも、勝利の後にはいよいよ警戒を強めたものでございます。

どうか将軍におかれましては、広くもれなく手を打たれて、
先頃の勝利を完全なものとしていただきますように。


                        / /       i    i  i   il       ハ .il .il   il   Ⅶ   ハ
                       /            il i__ ハ.  il     .升 iⅦ   i   i.lハ  ノ ハ
                        i     i    ナTl   il    il    -ハナilー -.i  il   ト ソ   i   i
                        |       il    il il     il i  il i  /  il .il ilハ/ .イl   il     il {ハ
                       人.     il    il ilゥ≦ミ=、 il il il / 行芯及ァイ//  小、 i  .il   ヽ
                       ハ.    il     il ノ/<t 」ノ ゝハi .il ハ   {辷t jrリ./イ  / il  il.   il ( ミ;,、
                         V>‐  il  i  il人ゞ- 、 _ハノ ハ' ´   弋z_ソ.//  / .il  il  / ハ  ヽ
                         } i ハ .il  ハ ト≧_>イ           イ.  /  il  il ./    i   ヽ
                        ノ  .|/ Ⅶハ i i i ノ人(    _       -=彡イ   il   // i  人   ',
                       , '´ /   /  ヾハ 人 (  `ヽ           /.< ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_il / il    ノ
                     /   /        }人≧、    ー =-    イ} })    /  (  .il   (
                    /ハ   /         il  ゞ >        イ∧_∧ /    /    ∧  il    ヽ
                    iハ ゞ. i        ≧}人 K  /> ─ ´i   || | | .| i    .i    / ゝ i ヾ _ ヽ
                     i   .|        彡イ人ゞ  / /∧∨/ /  / / ハ     //  /ソ   \     
931 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:53:56.39 ID:i2ouMuoo

私は書物を学びました者で万事に疎く、
只今能力に余る役目を授けられたのでございますが、
嬉しいことには威声と恩徳とを備えられた方と隣り合うこととなり、
すべてを貴方様にお頼りしたいと願っております。

まだ共同して敵に当たることにはなっておりませんが、
すでに欽慕の情に耐えぬ所でございます。

どうか貴方様にお寄せする心をご理解頂き、ご高配を頂けますように。

                               /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
                                 i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
                         .      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ
                                |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ
                               K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
                               /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }
                         .     / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
                             /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
                         .   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
                            i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
                            l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
                            /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
                           ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .
. |     (__人__)             .以上が陸遜の手紙の内容になります。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             .関羽の緒戦の勝利を祝い、今後の戦況案じ、
.  ヽ        }              これからは関羽を頼りたいと述べた、恐ろしくへりくだった手紙です
   ヽ     ノ             
   .>    <               .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
932 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:55:02.84 ID:i2ouMuoo
【紀元219年冬 漢 荊州 樊城】

                                          //:.:.:.:./:.:./:/ |:.:.|:.、:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.l|:.:.:.:ト!
                                            |:|!:.:.:.:.:!:.:.|:/  !:.:|:.:l:.:.:._l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.||:.:.:ノ|
                                            |ハ:.:.:.:.:|:.:.|'| ̄ !:.:ト、\:.:.:.|l`ヽ|:.:.:|:.:/l:/ハ
   書状を見る限り、おとなりさんは青二才のようですし、      l! ヽ:.:.:.l:.:.l:|  ヽl  ヽ=≠-、:.l|:.:.:|//彡/:|\
                                            \:|:.:.|=-‐    トしrハ|:.:ノ|/! |´|:.:|:.:.:ヽ  
   江陵の兵も呼び寄せて、一気に樊城を陥落させましょう        . i`:.l     ,     ー‐' ,':.:.:.:トノ:!:.:l:.:|:.|:.l!|
                                               |:ノ:.\iヽ ー‐    /:.:.:.:/:|:.:.:.|:.:|:.:lソレ'  
                                             //:.:.:.l「| ト、__,.. ィ/:.:.:.:斗-!:.:.:|:.:.:.:.ヽ
                                             /:.:/:.:.:./l/ ノ,へ ! /:.:./   \l:.:.:.:.:.:.',
                                           /:.:.:/:.:.:./|/ 'ー-ri /:.:.:.:/  ,    |ヽ:.:.:.:.:.:',
                                         /:.:.:.:.ノ!:.:./ !  二j´ /:.:.:.:/ /       l:.:.\:.:.:.:.',
                                        /:.:.:.:.:.:/ ∨ノ/  ,rノー|:.:/ノ´_,,. -‐  /!:.:.:.:.:ヽ:.:.:l
.        / ヽ_/_ ノ:::::::::::::::::::|f:::::::::/¬‐゙丶、ト∠ァzヘ:::::|:::: ぃ
       /  `"フ:::::::::::::::::::::::: |!:::::::/          V :|::::::|::!
―- 、___」   /:::::::::::::::|::::::::::::|::::::/   _       V |:::: |:|
   >   |   {::::::::::::::::::ハ:::::::::: |::::.r'" ̄      '"¨'' ‐V|:::::|:!    こんな手紙書いてくる奴が
 >     ` ̄~ヽ.:::::::::::::lヘ|::::::::: !::/ ._ ニ    ,=-   V:::::|j    .大それたことするなんて思えないよな。
'´           、ト、:::::: | {|:::::::::.Vイ"7テト     チテヽ. /::::::|ト、   
   //         ヾい、|:::::r‐.ヽ`_込ソ     ピリ '´/:::::: j  \  これで全力で徐晃と戦えるけどさ
.  /   \       'ヽ::j:::: |       ̄`¬‐-、`'´ /::::::::/___ヽ__
.        \       乂ハ |            ̄`Y"¨ ̄      /
    -―-、   ヽ      'く リ              !         /
-‐ '"     \ }      / ̄¨ヽ、          j       ,>┴
          ̄ ̄¨ヽ_/_∠ニヽ-'          /       ヽ-z=-

              劉備軍 将軍 関平

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .この手紙を読んだ関羽の反応は大変分かりやすいものでした。
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .彼は手紙を読み、心中大いに安心し、
.  |         }             .先に最も危険な呂蒙が病気になった事もあり、
.  ヽ        }              孫権に対する警戒心を解き、根拠地の江陵・公安の兵も樊城に動員します。
   ヽ     ノ             
   .>    <               .結果どうなったかはご存知のとおり……
   |     |
────────────────────────────────────────────────
933 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:57:15.13 ID:i2ouMuoo
【紀元219年冬 漢 荊州 江陵】


.  /  /  i  / i     i   i        iミ>
 /  イi  il  /  .il  i   il   .il    i  i   lイフ
. レ イ ./   i|  i ))il  .il  .il   .il    il  .il  .K/
{     i   .i!((.il  ハ  .il  、⊥   il  .il  .i彡
..V    i! i! ,-ミゝ=、i ハ  \ il ` ー Ⅶ .il   lr::
 ゝ     i! Vイ≧ェア┐ \ハ ヾ≧= 、_V /  |il
..人    VYK {ヾ=)>ナ   `  イ芯zカアYイ  .il
'   ヾ   ⅦゞミK _ /ノi}      ゞ=彡/./  /i        ペンは剣より強しですわ。
ゞ   Y   ト、ハ  ̄))/  i       /イ   // i
::... )  \  }  ゝ ((           彡  ./ i l        .紙を詩賦を書くだけに使うなんてとんでもありません
r‐ 、   ≧__(´`ーv / )-、   / ̄{  / ノ 彡
.)  >'´ (    }  / ,<     イ /i レ'´イ / /
i  .(_  ヽ_.∧ /  /_` ニ _´rK /.イ レ ./ /
    ヽ   | ./     , -─'´イ  \  \ / 彡
_,-=-、_  \ i '      ──ァ ) (⌒)\  \/ ili
     , ノ |      ィ> ̄ (_ ) .(_ )   ヽlil
     ヽ .ノ      />><<|  |i  \  Ⅶ


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .
. |     (__人__)             .呂蒙を大将とする孫権軍は関羽を捕らえてこれを斬り、
  |     ` ⌒´ノ             ありえない手際の良さで荊州を占領してしまいます。
.  |         }             .
.  ヽ        }              陸遜の手紙は、この作戦の成功に一役買ったという次第です
   ヽ     ノ             
   .>    <               .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
934 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:58:12.06 ID:i2ouMuoo

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ       
          │         }        それにしても、関羽という人は与しやすい人だったんでしょうか?
           ヽ、      ソ        
          イ斗┴r┐` .;          戦場の武勇はともかく、手紙一枚で舞い上がりすぎでしょう
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |     
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐

                                                  ____
                                                /      \
                                              /  _ノ  ヽ、_  \
         鬼か悪魔か陸伯言……                     /  /⌒)   ⌒゚o  \
                                             |  / /(__人__)      |
                                             \/ /   ` ⌒´     /
935 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:59:07.91 ID:i2ouMuoo

          / ̄ ̄\
         /  _ノ  ヽ
         |  ( ●)(●)
           _|    (__人_)
     r.:.:'"´/::|.    `⌒´|、_         関羽の話題はこの辺にしておきますが、
    ハ::::::/__:'ヽ_.    _ノ.:.:/         このように手紙は謀略・外交にも用いられます。
     |::::',:::::::::'‐-ヾ' 7Υ} ...:.:{.          
    }>‐'、:::::::::::::::∀.,ィt!.,へ:!         .例えば、諸葛亮の北伐の緒戦となった上庸攻防でも、
    }, -‐'―__,. - '´ 'ツ/(三ヽ        諸葛亮・司馬懿・孟達の三者が盛んに手紙のやりとりを行っていました。
    Y ´ ̄__,.. -‐r-イ/`tミ_ソ
.    └/⌒`ヽ、::::ノ::::ヽ`ー'´ __ ,. --‐、   .諸葛亮と司馬懿が直接戦った祁山の戦いでも、
     /    ヾリト从ン'´ ̄      ',   .司馬懿が手紙で黄権の安否を知らせたりしています
____,{   .:.:./ハ人/_,,.. -―_ッi:..   .:!
    |  :...:.:.//`""""´ ̄ ̄´ |:.:.  .:.:{―
    |! .:.:.://〉         〈 :.:. /.:ノ
    |l .: ///!          }! :.  :|
    ||  / / ,!            |'、   |                          _∩
                                               / 〉〉〉
                                               {  ⊂〉     ____
                                                |   |    /⌒  ⌒ \
                                                |   |  /(●)  (● ) \
    それだけ手紙が一般的になったんだお。                   |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                                                ヽ   |     |,┬‐ |       |
    持ち運びに不便な竹簡だとこうはいかんお                   \.\   `ー ´     /
                                                   \       __ ヽ
                                                    ヽ      (____/
936 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 12:59:41.19 ID:i2ouMuoo


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     /
.      |     (__人__)     |   r―
       |     ` ⌒´ノ     r'  _ノ
.        |         }       |   l      ただですね。
.       ヽ        }     ) ノ
     /ノヘヽ     ノミヽ  丿 (       そうやって外交戦で手紙が使われるようになると、
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.| / _ノ       今度はその手紙を偽造して、
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,ッ´          敵を混乱させようとする動きが見られるようになります。
.    ハ      ヽ   〉  r-//
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ          .続いて紹介するのはそんな逸話です
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ
.  〈_ン>_ }〈:::     く  介、_ノ!
  }:./-ィ.V ‐'     /   弋_ン
937 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:01:35.47 ID:i2ouMuoo
【紀元233年頃 呉 荊州】

                                      
                                      ∧
    , ' ̄ ̄ ̄ ゙̄ヽ                       ∧ ヽ
,イ /         ヽ  ト、                    /  ', ',
i ヽ─、         |ー' i                 /    ! 
ヾ_,,;;;》  〉 ヾj j/ 〈;;_ノ                   /   ││   お前、呉の使者だな?
   l     ヾニア  fニアl                   /     | | 
   i  〈       i             .       〈     | .    .その手紙、ちょっと寄越せ!!
   |     トェェェェイ /                  .}      ,' ,'
  .|   \ `ニニ´/                     /     / /
  |      ヽ ー '_                   /    / /
 ,-ー、    ヽ;;;;;;;;;;;`ー-、               /    / /   
 ;;;;;;;;;;\ー、  ,-i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ..    .         /    / /    
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\            /    / /     
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶__      /    / /      
                                             /ヽ
                                            ノ:-  ̄::.―-/\
                                            ○)  ヽ   .:::.::::\
    近道しようとした結果がこれかよ。                  (,   (○ )    ..:::::l
                                           (、_, ンヽ、,,    .:::::::::l
    命だけは助けてくれ!                          ト=‐ヽ      ..:::::: イ、
                                           `ニ´         ヾ:.\
                                           ヽ-     ― ′l :


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .魏の青龍年間、諸葛亮最後の北伐が行われる前の話と思われます。
. |     (__人__)            
  |     ` ⌒´ノ             当時、諸葛亮と孫権は共同で魏を攻めようと計画していました。
.  |         }             そうした折に孫権が諸葛亮に宛てて手紙を送ります。
.  ヽ        }             
   ヽ     ノ              ところが孫権の手紙を持った使者は、途中で魏の物見に捕らえられました
   .>    <               .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
938 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:02:26.39 ID:i2ouMuoo
【紀元233年頃 魏首都 洛陽】

                    _,. -─‐- .._
               ,. ´´ ̄,>>ニヘへゝ.._
              // /./// /l lヘ. \`
                / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ
            / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ
             / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }
          /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ
            /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′     孫権の奴、今度は蜀の諸葛亮とつるんで
          /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「        .一緒に攻めて来るみたいよ?
        /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |
       /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ        毎年毎年うるさいったらありゃしないわね
      /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\
    , イ:.::.::.::.::.::.::.:/   l、v  ̄j「、,ゝ、/ \:.::.::.::.::.::.\
   / ノ.::.::.::.::.::.::.:/    l ^^'1| _リ >′   \:.::.::.::.::.::.\
  //´.::.::.::.::.::.:.:::/      ヘ\ |:| /        }:.::.::.::.::.::.::

            魏 中書令 孫資                   /   /                  \
                                            |   ′/           !
                                            |  | '    /  /  .|   |
                                            l l ! |  ィ ヽ  /   |   |   |
     やられっ放しも面白くないよね。                  |从lハ/ /ィ/ ∨    ′  ′  |
                                              ノ z=ミ  /     /   /   |   /
     せっかく孫権の手紙があるんだし、                、´     >'   /   /     /   /
     ちょっと意地悪してみようか?            .         〈    孑   ィ   /    /   /
                                           ゝ,  ´  ̄  川 ィ    /  / /
     多少は効果があるかもしれないよ         .        |        / _ ィ    ィ /
                                             !       ´_ ̄/ィ イ  / / ̄ ̄
                                              `  ̄ ̄ `ヽ   /Ⅵ |/l/ ̄ ̄: ヽ
                                                   \/ /: : : : : : : : : : : : : :

                                               魏 中書監 劉放

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .
. |     (__人__)             .孫権の手紙は洛陽に送られてしまい、
  |     ` ⌒´ノ             .蜀と呉が魏を攻撃しようという計画は魏側に漏れてしまいました。
.  |         }             .
.  ヽ        }              この時、魏の中書監だった劉放はある計略を思いつきます
   ヽ     ノ             
   .>    <               .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
939 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:03:28.79 ID:i2ouMuoo

 |  | |   | ||   |   !      \     \ この諸葛亮殿ってなっているのを満寵将軍って書き換えて……
 |  | |   | ||   | | |     ヽ ヽ     ',
 |  | |   | ||| | | |  |     ',  ',      l ,. -─ ´ ̄` ヽ、__
 |  | |. |  | l|| | | ト、. ! l     |  |      |´    //´ ̄フ=ヾ、 、
 |  | l  l  | l|| |从 ! ',| |   | |  | !   |  //{  //  i|ミト、\
 |  | ',. ヽ ハ 从 ̄丁`> 、ハ. l   ,' / / ,'  l l | / / ゞ二/:/    l|:',  ヽ ヽ 
 ',  ヽ \ \,ィヾ≠=z、_\{ ',l  /// / /  / | l / //  /://,  l| |::ヽ }:|  ',
  \  \ \ ヽ,、厶r'::ハ   | //<,/ /   | |' / {   レ l|   l| |:ヾ二/  , 後何箇所か字を入れ替えれば……
 \ \  ヽ \_ゝ  `´      ,ィテミ、/` / / / 厶‐十- 、 l ll   l| |:::} //  l
 \\ \ 弋 ̄           , 辷:ハ/ ,イ / ∧||__|__|__|| l ',  /| └゙ //   }
 \\\ ゝー'          {  ∠,イ /ハ{\{,ィfでミ、 `'┴ゝ、/`ト、 //   / /
   \ゝ \            /   //// ! ヽ} ヾヽゞ′    ,ィ≠ミ、// / /    ……完成、と
    \ ̄、      ー -   / /   / | ハ        ,  ゞツハ/ィ´ /{
      \ \      ´ ,  ´  ,'   /  .|   |ヽ           ///   !
       \ l> 、 _, <´     /   ,'   レ'个 \   ` '    ,イ='´|  |  ',
         }/        \  /_ ,. - ー' ´   ノ    \ _,   -<l | l  l  |   ヽ
           /          ∨                      \  |  |     \
        /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                 /           V A I O             /
                  /                           /


────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .劉放という人は、詔勅を司る中書省のトップだけあり、
. |     (__人__)             .文書を書くのが上手でした。
  |     ` ⌒´ノ             .
.  |         }             そこで彼は孫権の手紙を改変し、本文を入れ替えるなどして、
.  ヽ        }             .諸葛亮宛の手紙を満寵宛の手紙にしてしまいました。
   ヽ     ノ             
   .>    <               文面は、孫権が魏と協調しようと考えているという内容になっています
   |     |
────────────────────────────────────────────────
940 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:04:41.06 ID:i2ouMuoo
【紀元233年頃 蜀 益州 漢城】

   ,.ィ´   米 -‐-‐-‐- 、米 \ヽ
 /./米,r '´    .:.:::::i:::.:ヽ `ヽ 米ヽ.\
   l‘,r'      .::::::::,::|.::::|::i\ `\ `, \
   レ′     .:::::::::/::|.::::|::|;;:.:.ヽ::.:.:.ヽ1  /
 ヽノ  |   .:.::::::::/.:/|:::::|::|;;;;:.: ',:::.:.:.:|/
  i  .:| i .:;::ィ-ナナ´|.::/:∧ーヘ:|::::.|::|
  |  .:::|:l.::ノノ_/_/  |/:/ __`ヾ:::l::.:.:|::|      歩隲!!
  |  .::::リノ,イr‐、`.  l/ 1 r=、7 〉.:::|::|
  ∧  .::::', '辷ソノ  ,   l 込ソ /.:::/l/      .これはいったいどうなってんですかぁー!!!
 /.:`ト、ヽ.::.\  ┌‐─┐  /.:/ }:',
./.:.:.:{ _ i _T:::::、   |.:.:.:.:.:.:|  ,.イ:{ _ i _}:::',
.:.:.:::::{. 下 }!.::|i>.‐ヽ::::::ノ<:::|::|{ 下 }:::::',
.:.:.:::::{   }|-─く L>ー‐ く.ー┴|{   }::::::!
.:.:::::::{ ⊥}|   `ー── '   |{ ⊥ }:::::::!

    蜀 丞相 諸葛亮(字:孔明)

──────────────────────────z____________________
【紀元233年頃 呉 荊州 西陵】
                                       /.:.: .: .:.:.:.∧  ト 、 :.:.、\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                                       /.: . .: .:.: :./  、 l  \ :.:\\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                                  .     , /  :.{ :|__  ヽヽ (、≧≠≡ミヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                      | /l   :.ゝ | , ≧、 ヽ\ 〃 fj)  ,l | :.:.:|:.:.:.:.:.:|
    い、いや、俺にも何がなんだか……             |{ |   :.:トl{ fj) ,  `\三三彡l l.:.:.:.|、:.:.:.:.:|
                                      `l ゝ 、 \\三彡 /} 三三 ー=イ: .:.:l }:.:.:.:.:|
    ちょっと陛下に事情を聞いてきてみよう             ヽi .: :.`. ニ=- ゝ.)    、_///.:.|':.:.:.:.:.:|
                                          l .:.: :.:.ヘ    ,´== 、 `¨¨¨|/ : ,':.:.:.:.:.:.:l
                                          l.:.:.:|:. :.\  ‘ 二¨´   ィN /:.:.:.:.:.:.:.:l
                                  .       /.:.:.:.l :.  :.l > . 三  ∠ィ l ∧:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                        /.:.:.:.:.:.、:.:、 VT ミ≧=≦  {|/ / l  :.:. :.:.:.:.:.:ヽ
                                  .     /.: .:.:.:.:.:ヽl`.‐ヽ      /イ!  | l :. :.:.:.:.:.

                                              呉 将軍 歩隲

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .この怪文書を得た諸葛亮が慌てたのは言うまでもありません。
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .諸葛亮は蜀呉国境に近い西陵を守る呉の歩隲に怪文書を送りつけ、
.  |         }             .事の真偽を問い質します。
.  ヽ        }             .
   ヽ     ノ              これには歩隲も慌てたらしく、
   .>    <               .みずから建業に赴き、孫権に説明を求めたそうです
   |     |
────────────────────────────────────────────────
941 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 13:06:00.75 ID:pEoVbw2o
釣り乙だな
942 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:06:03.03 ID:i2ouMuoo
【紀元233年頃 呉首都 建業】

          ,.-''´   ..  .. . ヽ
           /  .::、 :;、. ::::::.:::::::.:::..:.ヽ
        ,'  ::::ハ.:', ヽ:;::;::';::::::::::::: ',
         |  : l:l:! ヽ', ゙;l:;i :ト;:::::::::::|
         l : ::l;:ilz-`` ノji_!:l_1:::::::::,.l
        l ::.::lゞ'- ' 、_ノノ !:l::::::l }
        l:! :: :;',   丶  、__ノイl ::::l'!        陛下、この手紙に見覚えはありませんか?
        |;l :. :トミ、  'ニ゙''   ノ/ :::::!l
        'i!',:ト;.';:::ヽ、_  _ー;イ .::;l: ::',
         l ヾ :ヽ::::}~  ̄`ll「f-イl: : :',
         ノノ  :::::{  r」|||〈! !/  ::',
    __,,..-‐'‐イl :ト、::ト'、ー _」ll-‐∠ィ...::ノl_                           ___
  r''´    _,.`ゝ‐ゝミ`   /`ヽ、 ` ̄,、_ ` ー- 、                  .  "´      `  、
  j    /      \ ./    \. /  `丶、  l                 /Zィ            \
  }   /     r‐''"~ 「       ,`__   ヽ !        .       , 'l/ //           \\
                                             l lィl/   /  /!      ヽ.ヽヽ
                                      .         ,′     /レl / レ lW  |、ト l l  ハ
                                            /   /     lW ヘl ヘト  トl、 |   ハ
      私の字には違いないが、                      /  ィ ,   ィ |、 /l  l|l| l  / レ   . ハ
      こんな事は書いていないぞ。                  .//レ{{イ l|  |l厶V‐A / l| ム/N    |、 l
                                         ∠彡ィl ヽ|/レi |辻ィ正 V  レfィ壬|/  / l/
      何が哀しくて合肥の満寵なんかに、              /  , ||ヘト トl      l   ̄イ  イ ′
      手紙を書かないといけないんだ               /    /ヘl、l, ト、       ,   ィ   ト、 l
                                            /   lヽ lヽ\   ´ニ ’イN 从 | ヽ
                                                 `l  >>r 彳|/ // ゙l
                                                     l | ノ /'´

                                             呉 皇帝 孫権(字:仲謀)

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .
. |     (__人__)             .歩隲の報告を聞いた孫権は、
  |     ` ⌒´ノ             .諸葛亮が疑いを持つ事を懸念し、自分で手紙を書いて弁明したそうです。
.  |         }             .
.  ヽ        }             .一歩間違えれば蜀呉の同盟が破綻したかもしれない。そんな話です
   ヽ     ノ             
   .>    <               .
   |     |
────────────────────────────────────────────────
943 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:07:14.24 ID:i2ouMuoo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      油断も隙もあったもんじゃないけど、
 /  (●)  (●)  \    .これって、劉放は孫権の筆跡を真似ることができたってことかお?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /



                                                       / ̄ ̄\
                                                      / ヽ、_   \
                                                    . ( (● )    |
     そうと見て間違いないでしょう。                             (人__)      |
                                                    r-ヽ         |
     この種の手紙偽造は他人の字を真似ないと成立しません。           (三) |        |
     裏を返せば個人の筆跡が認識され始めたんでしょうね。             > ノ       /
                                                   /  / ヽ     /
     諸葛亮が呉に真偽を問い質したのを見る限り、                 /  / へ>    <
     劉放作成の怪文書は諸葛亮すら欺いたわけです                |___ヽ  \/  )
                                                      |\   /|
                                                      |  \_/ |
944 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:09:05.75 ID:i2ouMuoo
【紀元263年頃 魏 益州 成都】

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|      左が鄧艾の字で、右が僕が書いた鄧艾の字だ。
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/       .違いが分からないだろう?
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | DEATH NOTE .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ DEATH NOTE      .|
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |                    :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |

魏 鎮西将軍 鍾会

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              .
 |    ( ●)(●             .他に手紙偽造を得意とした人には、魏の鍾会がいます。
. |     (__人__)             .
  |     ` ⌒´ノ             .魏後期有数の策士である彼は、
.  |         }             .手紙の偽造を得意とし、数々の謀略を行いました。
.  ヽ        }             .
   ヽ     ノ              例えば、蜀討伐時に鄧艾の上奏文を偽造し、
   .>    <               .最終的に鄧艾の追い落としに成功しています
   |     |
────────────────────────────────────────────────
945 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:10:42.03 ID:i2ouMuoo

           ____
         /       \
        /   ─     ―     どうも鍾会っていうと、成都での無様な最期が思い浮かぶお。
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |    能書家の鍾繇の息子だから、字は上手いんだろうけど
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

                                                     / ̄ ̄\
                                                   /  _ノ ,ヽ\
                                                   |   ( ●)(●)
                                             . \    |     (__人__)
   そう思うのも無理はありませんが、                        .\  .|     ` ⌒ノ
   彼は才だけなら、魏の頂点に立てるだけのものは持っていました。     . \ ヽ       }
                                                   .\_,ゝ     ノ
   それと彼は三国志後半の登場人物の中では、                    /, r、    く
   多くのネタの持ち主でもあります。                           / 〈  \    i
                                                 . ヽ、 .ヽ   \ i..|
   今回のテーマである手紙ネタも多いですしね                      .て_)   \ノ
                                                          \
                                                            \
                                                              \
946 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:12:21.96 ID:i2ouMuoo

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|       じゃあ、紹介してくれお
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
                                                  / ̄ ̄\
                                                /   _ノ  \
                                                |    ( ー)(ー)
    そうしたいのは山々ですが、そろそろ時間です。            .   |     (__人__)
                                                 |     ` ⌒´ノ
    まあ、鍾会絡みの話は本編にとっておきたいので、             l^l^ln      }
    そのうち長門さんに説明してもらってください。              .  ヽ   L     }
                                                 ゝ  ノ   ノ
    他にも『三国志』には手紙に関する話題が多く出てきますから、      /  /    \
    興味がわいたら調べてみるのもいいかもしれません            /  /       \
                                             . /  /      |ヽ、二⌒)、
                                              ヽ__ノ
947 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:13:23.83 ID:i2ouMuoo


          . -─‐- 、
      /        \
     / ̄       ̄   ヽ.
      / >    <     ハ,4L_
     :  (_ , 、 _)      ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /      それじゃあ、朝廷の書庫行って手紙漁りでもして来るお!
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /         .手紙って書くのは面倒だけど、読む分には楽しいお!!
   1  _ イ        |          .
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .ちなみに、陳寿は『三国志』において、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .記述されるべき手紙の内容を省略したり、掲載しなかったりしている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       これに関しては注釈を入れた裴松之も指摘しており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       『三国志』の問題点とも言えるが、裴松之によっていくらかは改善された。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .簡潔な記述を好んだ陳寿にすれば、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .長々とした手紙は好きではなかったのかもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
948 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 13:14:00.40 ID:i2ouMuoo
【第二十三回前編に続く】

新規CAST

~漢~

●蔡倫(さいりん) ドラミ(ドラえもん)
●蔡邕(さいよう) クロロ・ルシルフル(HUNTER×HUNTER)

                                          ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::    
                                         |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|  
                                         |/\/ ̄     --Ⅵー|  
                                         |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
                                         |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|  
                                         |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
           おしまい                         |::ゝi: i│       /:::i:::|  
                                         | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|  
                                         |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|  
                                         | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::| 
                                         |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
                                         |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
949 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 13:17:21.88 ID:wnWi0IIo
お疲れ様でしたw
950 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 13:17:33.92 ID:.z60b6Mo
乙ですー
春秋の頃と比べても謀略の効く余地がかなり広がったのね
951 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 13:19:11.59 ID:pEoVbw2o

紙の進歩による通信手段の発達によってそれを逆手にとった謀略もまた発達したと
952 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 13:21:43.45 ID:OV/mvLco
お疲れ様です
954 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 13:45:01.37 ID:IwA6Wlco
乙です。

関羽はマジで士大夫層とのつきあい無かったんかなあ。
手紙の読み方がわかってないことからすると。
955 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/05(日) 14:21:28.23 ID:5LYVeUU0
お疲れ。
この時代の正史には書かれなかったけど
後の北魏の先祖である、拓跋力微なんかは出てくるんだろうか?

鮮卑ネタ多少あったし。莫護跋や慕容木延も魏に協力して、公孫淵や高句麗討伐行ったようだし。
957 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 15:07:05.02 ID:bYcRGSU0
乙です
>>893
スイーツ曹丕が主人公の建安マエストロでも出てきたエピソードですな
958 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/09/05(日) 16:30:08.05 ID:Ca4BTZYo
>>954
お世辞であることくらいは認識していたかも知れないが、
何しろ碌に情報も入ってこない時代だから…

直接会う事なんて滅多にできないわけだし。
959 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 16:43:13.76 ID:IwA6Wlco
>>958
いや、直接会うことが滅多に出来ないからこそ手紙が増えるんでしょ?
それで盛り上がるとか油断するとか、やっぱり手紙慣れしてないのでは?
960 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 18:30:47.15 ID:JMQXo9Io
おつー

王朗と許靖がそんな仲とはしらなんだ
961 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 19:13:44.56 ID:tSNyNgYo
よく言えば素直すぎる、のかねえ関羽は
単純明快な世界で生きてきて、これまでそれで通じた
劉備の庇護下にあったから)というのもあるんだろうけど
962 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:16:40.00 ID:7VkPHT20
髭がそんなおだてに乗せられやすいだけのアホなら曹操に引き抜かれてそうな気もするけどねぇ・・・
単に陸遜が詐術を得意としてただけじゃないの?
963 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:42:55.28 ID:tSNyNgYo
>>962
誉められて喜ぶことと、誰に仕えるか忠誠を奉げるかは別だからじゃない?
あと、当時の関羽は、功績の面で同僚や新人に追い抜かれて(本人主観)
一人取り残されていたという境遇。曹操の下にいたころと変わっている。
そんな時に諸葛亮から才能を絶賛されたり、陸遜から功績をべた誉めされたら、
まあ喜んで調子にのっちゃうのも無理ないかな、と。
自制心が無いという批判ももちろんあるだろうけど。
964 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:48:09.12 ID:7VkPHT20
やっぱり髭は使えねぇな
965 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:58:30.88 ID:.z60b6Mo
>>964
そんなあおり文句は要らないよww
古代で人の上に立つだけでも容易じゃないのさー

偽手紙といえば昔どこかの小説かなにかで
長篠城攻防時の徳川軍のところに信長から手紙来て
「今回も援軍出せないムリポ」だったのを、
徳川の誰かが
「これはいつも信長殿が送る京の紙と墨の匂いじゃない!武田の偽書だ!」
と看破してた話を思い出した。
966 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 23:53:06.30 ID:Ncto9dAo
>>914
三国時代以降の人々は、自分が好む書家の手紙等を写し取って鑑賞し、書を学ぶようになります。

鍾繇が書いた『墓田丙舎帖』という手紙が現代まで伝わったり、
曹丕の『与呉質書』、曹植の『与呉季重書』が、三百年ほど経って編纂された『文選』に収録されたのも、
そうした動きの結果かもしれません。

>>955
異民族に関しては、あまり突っ込んだ事は書かないつもりですが……
誰か「やる夫で学ぶ鮮卑」とかやってくれませんかね?

>>960
許靖は若い頃、魏の王朗や華歆、陳羣の父の陳紀と仲が良かったそうです。
そのため、華歆や陳羣も王朗同様手紙を出していたとあります。


※投下日決まってませんが、次回予告いきます。
967 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 23:54:20.72 ID:Ncto9dAo
【次回予告】


           ,  -── - 、
       , - ´          `‐、
  -‐ ' ´                  ヽ
    /   i    \          ',
   / /    l i    ヽ         i                    ,
  ,' ,'   l il li    ヽ', - 、   _  l               _ ,. ィ
  i l   ,イ l ', ! ', ト   ',i「ヽ ',  l::r-ヽ l            / /-ーl
  l li    i l l,. -ァ ',! ',  ',lヽl l  L\ \         , -/   l -ー l
  l ll   l /ト..イ ', ト、 l  /    \  \ , - 、 , -'´  /   l -‐ ' ',
   ',l ', i ',  l:::::!    l ヽ l-'´    _ ノ\/ -‐ '´         ',-‐ '´ ` ‐-r '´  私が大将軍の曹爽である!!
   ', ヽ!ノ  ソ Zz   !  l',ヽ/プ´   ̄/  /            ヽ、/_, -'´
    ' ,/ l   , - 、 l  l /:::/,'     /  /                /
    /  ',  く     )l  l:::::::/ i   /              , -─‐ '
    ,'  / ` ‐ 、     l ,'::::::/  l             , -‐ ' ´         / 
    i ,'      `ア´l /::::::;'   ',     ,  -‐ ' ´   \ \   ,  -‐ ' ´-‐ '´
    l ,'     /::::ノ::::::::::i    ` ‐ 、 イ:::::::::〉\ `‐ 、  \ \'´::::::::::::::::::::::::ニ二
    !,'     く::::::::::::::::::::::ノ       i  l:::::/   `‐ 、 ` ‐ \ \:::::::::::::::::::::::::::三
          ヽ::::::::::::::::/          l  l:::::` ‐ 、  /:` ‐ 、._\  \二ニ - 、


───────────────────────────────────────────────




                           曹操も劉備も諸葛亮もいない





───────────────────────────────────────────────
968 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 23:57:27.11 ID:Ncto9dAo
                 _......._
            ,、.- .''"´    ^`'ヽ、
         , .イァ           ヽ
          ,'   ,'         ', .',
          ;'  l i i l 仆ヽ ヽ   ',  l
           !l  l l l .l l 从ヽヽ '、  i  !
          ',l  l l ‐l-i、ハl ヽヽ、,-‐', l 、l、
           ト ',.', lイ弋リ ^'1ユ>l l.トシトヽ       子元。
           ヽ トト'、-‐′  ‐-' イYノヽヽヽ
            >、ミ、ト、,  '_  _,ノ1 l   ヽヽヽ     これからよろしく頼む
             / , '^ヽ.', r卞‐ '"lヽ、l.l_  ヽヽ'、
          ,.'., '   ,乂 r'ー‐‐ヘ l,'、::::::::::::i ヽ'、'、
         ,.' ,.' r'"::::/  ト、` .´,イ '  ヾ:::::::::l ヽ.','、
        , /  !::::::/   '、ヽノ ,i 、 _,,>::::::l  ヽハ
       /,:'   l::::::ーイ   ト. †ィハ ヽ、::::::::::{   ヽヽ

                    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     : : : l:i|: |:i:i:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’:::::'´:::::://::::::: /:/ /ィ/!|: : / :|
                      : : : l:i|: |:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶::::/´:::::::/'´レ':::::/::|: /.: :ル′
                      : : :.!:i|: |:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>          ::/∨/!: :/、
                      : : :|:i:|: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'         .:/ : : ' j,ィ'\\
    はっ!!            : : l:i:::|:.. |:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :/: : : l|"   \
                      : :.!:i:i:|::. |:i:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::              /: : :  |    
                      : :l:i:i:i|::: |::i:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`¬…‐- .__           ィ: : :    |     
                      : !i:i:i:i:|:: |::::i:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::   ̄       / l|: : :   |   
                      :l:i:i:i:i:i:|: |:i:i:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´           /: : : l!: :     |  /
                      `...、, -|:.|..、_:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         ィ: : : : : : l!: :     | / /
                      _ ノ\. |:.|   ̄ ` ‐ 、::::::::::::::::::::::::::::::     .- ィ ´| : |: : : : : : |: :     |´/
                   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
───────────────────────────────────────────────




                             そんな時代の物語





───────────────────────────────────────────────
969 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 23:58:50.58 ID:Ncto9dAo

             / /  イ / レ / ' /ヽ ' ハ il       ∨jノ_ ______
┌ ─ ─ ─ ┐    ' イ / /__/,..イ  │/  |:| | │!! !  | l  ! 'v:::|
│い ヤ ウ│_ .. イ / /  ,′ l/  l!| / l/i   |:! | | || | ヽ| l  !  iヾ| あ   気
│い ク. チ│  ,  ' /  //| |! -‐ |廾i─|   レゝ| _j__| |ゝ V / /ト | な   に
│わ ル. に. | /  レ / /∧l! 、,. == 、         _l j/メ,\.′' ハ| た   入
│ぁ  ト 来.│-‐  / イ|/ | | ’ f仡::!       ィ, ニハ,ィ / / ハ |     っ
│   .飲 て.│- ‐ '  / l从!∧ゝ  ゝフ        f::うfj ’.′人   │     た
│.   ん .   │   /  / , ' ゝ! ::::::     '    `  ′/ ,.イ   V │  .  わ
│   .で   .│- '’ /  イ  i:::l       r ‐─ 、 ::::: 'イ_ノ    ∨ | 
│.       |   '′ . イ ′ :::ハ      v ⌒ ヽl       ハヽ \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄'  /   /::::::| i   ::::::l\    丶.   ノ     ,.イ!、 乂 ゝゝ \ \ \
      /    ′ ,/ ::::::::: | | l| :::l  !ゝ .    ̄    .イ|_ )| ゝ:: ̄:: ヽi:::\ \ \
     ′  / / ::::::::::::::: | | l|  ハ ∨ ::: >-- .イ:::::::|==〈乂_j_::_ノ\l|::::::::ヽ  \

                                  //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
                                 /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
                                 |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
                                 |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
                                 }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
                                 |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
      は、はぁ……                   / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
                                   .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                   r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / /
                                 /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ 
                                ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |  
                               |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / | 

───────────────────────────────────────────────




                              次回、鄧艾登場





───────────────────────────────────────────────
970 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/05(日) 23:59:36.66 ID:Ncto9dAo

.          l: /:.:./.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.ハ k
        イ.i:.:.:.i:.:.:.:.:.:.i`ヽ '"".i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.ハく
        /: : :.i:.:.:.:i:.:.:..:.:.:i     i:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:ハ:.:.:.ハ:.:.,\
        `ヽ、:ノi:.:.:.:i:.:.:.:_:.:i     i:.:i:.:.:.:.:.:i:.:.:'、:.:.:.:i:.:',:.:',:.:i‐‐ヽ
.       '<: i:i:.:.:i:.:.:.:.:.`>x、,, i:.ハ:.:.:.:.i ',:.i ,x斗i:.:.:i:.:i:.:!
          i:.:.:..:i:.:.:. イ伝≧ぅxiー i:.:. ,'xィセ示x、i:.:.:i:.:.N     呉軍は陸遜だけじゃないってのを
           i:.:.:.ri:.:.:.:.:.ifr';;;;::リ    i:.:; fr';;;:::リ i:.i:.:.i リ i     樊城落として天下に見せ付けてやるわよ!
.          i:.:.:.:'i:.:.:.:.:.i 弋_以   i:;' 弋_以 ハ:.:.:i
         i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i          ,      .ハ:.:/i       あなたも武昌から見てなさい!!
.         i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ヽ               , ':.i:.:iハ
.          i:.:.:.:.i:.:.:.:.::.:.:i:.:>.   ´ `   <:i:.:.:i:.:i.i:.i
.         i:.:.:.:.i:.:..:.:.:.i:.:i,ィ |  `  - i´,:.:i:.:.:i:.:.:i:.:i i:.i              r- -≧=i-- ─ 、 _   ィ-、
         i.r‐ i:.:.i:.:.:.:i:.:iハ       {, ` ー―‐x.iリ              |/´    `     `Y〃、 `,
                                              /  /  ィ       { i綺i}} ヽ
                                               /   i  /i  ,;,   ヽ  , ミ=及  ヽ
                                            i   l ハ;, i ',   il  i 、/ i;:l   }
                                            |i   从ケ=ミ、| ヽ ─}}  l V//}   i
                                           / ゝ、 Y{{薔}彳  ィ芯ミァ l V l   !.
   背後は私がいますのでご心配なく……               /   i 入i 〃v/    んソ トi Y /  l
                                         /   i l  l>=,  、 _,  ̄ ノi.|} }/   /
   大敗しなければ結構ですので                   ,;'  ,' .l l r、ヽ >=Y ̄-⌒廴/〃  ./
                                        /  / l l  フ r-,  <  r-、 rイフ⌒>-' ´ノ
                                         /  / // />-、ニミ=彡//´〃 /''´  i´ ー 、
                                         /  / //  > >  ̄ ー  ハ / {   _ _ ヾ 、_ }
                                 .      /  / ノイ  / i     ('ー' 廴≧人 ; ,;ヾヽヽ //
                                      /  / .//  /i}  r,_ ノ   /   i l.l | |_i`' { {
                                    //r─〃'´   /ノ i  ) ̄  -{V   ` ´  ハ  i i

───────────────────────────────────────────────



               「やる夫が正史を書くようです」第二十三回前編 近日投下予定


                              ご期待下さい



───────────────────────────────────────────────
971 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/06(月) 00:01:55.88 ID:4/m1mGYo
乙です。
蜀は蒋ショウさんが苦労する時期ですね。わかります。
972 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2010/09/06(月) 00:11:28.10 ID:pyk4z9Mo
【それはさておき】

※やる夫光武帝様、二年近くに渡る連載お疲れ様でした。
  毎週の土日の投下が楽しみでたまりませんでした。

※またあなたの作品を読めるのを楽しみにしております。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        あの変態漢詩には圧倒されました。常識的に考えて……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\                                     ____
    | `ヽ-‐ーく_)                                   /      \
.    |      l                                    / ─    ─ \
                                             /   (●)  (●)  \
                                             |      (__人__)     |
     なお、当スレの>>1は変態ではございませんお             \    ` ⌒´    ,/
                                              /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                             /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                            /    / r─--⊃、  |
                                            | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
973 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/06(月) 00:21:19.65 ID:EeuBtrQo
…………えっ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。