2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 後編1

2012.05.05 (Sat.)
716 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:38:01.26 ID:o0EUkVkXo

        /               \
         , 仁二二二二ニ、      Y
      /                   ヽ
.     /                      |
    /   l ヽ.   l |    |   l         |
    l|  |  |  .| |    |   l         |      
    | |  |  |__ l_|_  ,イ|   |   h    |
    | |  |  L___」_Lレ′|   | l リ    |     「やる夫が正史を書くようです」第二十五回後編ですね。 
    | |   | 「i  ´{l:::ン  レイ  |   |   |
    l|| | lノ   :;;;:      |   |   |   |     >>1は投下中にレスを返さないのでよろしくお願いします
    } }| ! 丶_         |   |   |   |
   ノ ィ 人 l  `つ       .|   |  |   |
     | | ト、ヽ   `ー┬‐'´  |   |  |   |
     | | | ト┘ヽ  ,イ.    |   |  |   |
     L_ /  ヽ、l/ |     ノ   |∧ l  __」
         ノ_lヽ、_ソ   ヽ    `ー'/. |/l \
.    , -‐ '´|: : :l  |   \  /   |  |: : :l\
   /.     |: : :|  |  rー、i {へ_.   |  |: : :l  \

やる夫が正史を書くようです 第二十五回 前編の続きです。

717 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:39:24.91 ID:o0EUkVkXo

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \       孫権の心が折れた、ねぇ。
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |     .確かに年食ってから後継ぎに死なれるのは辛いもんがあるお
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /
                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
     孫家の家系は今も昔も短命な人が多いですね。            (`⌒ ´     |
                                          .     {           |
     孫権の兄弟も皆彼より早く亡くなりましたし、                {        ノ
     最近まで皇帝だった孫休も三十歳で亡くなっていたはずです      ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      孫登は孫権を初めとする
        `ヘ:ゝ   _     小/        呉の人々の希望と期待を一身に背負った存在だった
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 21:50:47.88 ID:m3oY64KRo
孫家の短命は、寿命とか病でなく短気からの…
718 :1 ◆ZXqVVWPHtc [sage]:2011/01/22(土) 21:40:51.44 ID:o0EUkVkXo
【紀元209年頃 漢 揚州 呉】

.        /. :                  . : :|
       / ィ .      : ,  i:   : .     : : :|
         i/ i:/   :  i:i{   ハ  . :/!: : ,l: :  : i: : |
       / |i{  、 ヽ: :i八 :! ∨ /r|/ | :/ : :|: :|
.         iハ   :\iヽi⌒ミ、|  V〃 ̄`iイ: : : ! : ハ       私にも子が授かったぞ!
.          ヽ!  \      , .::.     /: : : : i|: : : \
          ノ| . : ‐.ヽ    、    ∠ィ: : :i: 八: : : :\     こうやって見ると子供というのは可愛いものだ!!
         フ:ノヘ :、 \ r 、ー一   ': :ルi/: : トl ̄ ̄`      .
        ∠... イ: :\:、‐-'}/二丶、イ: /` /'ー┴―- _    .私が生まれた時、父はどう思ったんだろうな!!
       .. -―┴一'^ヽ、 {/__  }イ /
.      /           {/ r‐┴ |/7    . 
.       |   :.  .:     .ケ{ t‐  l /    .: .::::
.        |   :::.::/     :ij  フ  .//    ::::::                   , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
.       i   ::::/     : ll /  ||::::::::..  :::::                 //ニニニニヽ   ヽ
                                            //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                               レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
                                              i 小●:::::::::::::●::ノ l !,、.|
                                             __ j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .iム、|
                                           /´:::ヽ__|ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::;j./::::::l !
                                         \::/  从>,、::::::::::イァ/::::::/│
                                   .       从 l||l  // ハ ハ l||l 人.∧ .ノ
                                          ( ⌒ ) | l   ii   | l( ⌒ ) >

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登、字を子高。孫権の長男である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .赤壁の戦いの翌年に生まれ、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       年代的には魏の曹叡や司馬師とあまり変わらない
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
719 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:42:20.05 ID:o0EUkVkXo


               ___
            . "´      `丶、
              /            \
            /               ヽ
         i: : : : : . : : : .  : :      ヽ
         |: : : : : . :  : :、: . : :、: :  | . ト|
         i: : : :_|: : : . ト、|ヽ、ト|ハ: |: ハ|: . |
        ノ: : : ft1: : : :ヽ ´i-'f^`Vイjハiハ/
       /イ: : : :ヽ|:i : : :ヽi   ̄  ヽ |: |
      ∠ィ: : :i: : : |ヘ: 、: :ハ      __ 'ノト|      (しかし、自分で作っておいてなんだが生母の身分がな……)
       ∠ -‐|: ィ: :/ヘ |\ ヽ  ´ /|
          ",レ' |  `  丶i >く、ト|
       . -‐  ': : : ヽ、   | |  /: :\
.      /: : : : : : : : : : ヽ`丶 Lヽ/|: : : : ヽ
      {: : : : : : : : : : : : : \  `i |: : :i/: |
.       }: : : : : : : : : : : : : : : ヽ  、 V: V:|
      j: : : : : : : : : : : : : : : : :ハ  、 V: V:}

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫登の生母は卑しい身分の出と言われている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .そこで孫権は正夫人だった徐夫人に孫登の養育を任せ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .徐夫人は幼い孫登の母親代わりとなって養育にあたった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .ところが、このあたりの孫登をめぐる家庭模様はなかなか複雑だ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
720 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:43:28.35 ID:o0EUkVkXo
【紀元212年頃 漢 揚州 建業】

     ,'  . : : . :   .  . : .  .     . : : : : : :.}
     / ィ . : . . :.i  . : : . : : . : : . : . : . : : : : : : :|
     i/ | : : : : : |、. イ: :i!. : : : . : :、: .ト!i: : :/: : : :i: :.|
      l : :i: : : : |z≧V、',: :∧: : ∠リ-ヽ:/: : : : :|:. :|
      ',: ∧:i\ヽ辷j`ヾ∨ `∨{.ィ::}``イ: : : : : i.}: :|    どうも徐夫人は嫉妬深くていかん!
       V ヽ: :ハ`` ̄     ` ̄´ //: : : : :l: : :l
        ∧: :.ハ     !      /ィ : : : :,': :i:.ハ   建業に移るのを機に、あいつは呉に押し込めておけ!!
        /.イ: : : \   __     /./ . : イ/: : ',ヽ',
.       /' | : イ: i: .\  - `  .// . :/: リ: :l: :', ヽ  お前も今日からは歩夫人を母と思って仕えるように!!!
        ∠:ハ/イ: ',. \__   '  ィ.イ./∧:∧ト、ハ
         リ__... 」- }  \  /´ / /イ\V ヽ. `\
  , -‐ ´ ̄ ̄     |   , ,'   ' l:::::::`ー-- 、_
 ./             |   } i      |:::::::::::::::::::::::::::...`‐ 、        _l    , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
                                           \   //ニニニニヽ   ヽ
                                           <  //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                           /  レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
                                              i 小●:::::::::::::●::ノ l !,.、|
                                               j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .i:ノ、|
                                               |ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::j/  ! !
                                               从/:::`l、::::::::::イァ_  │
                                     .          /:::::// ハ ハ.//   ヽノ
                                               |:::::::l l   ii  |ヒ二ニj

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権と徐夫人の仲はしっくりいっていなかった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .彼は建業に本拠を構えた際に、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .徐夫人は嫉妬深いという理由で建業への同行を許さなかった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .当時の孫権は側室の歩夫人を寵愛しており、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .それに絡む事情であろう事は想像に難くない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
721 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:45:27.18 ID:o0EUkVkXo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      実の母がいて、義理の母が徐夫人に歩夫人。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    母親が三人かお
 \      ` ⌒´   /
                                                 / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                              (          |
           この頃、まだ五歳ですね                .    {          |
                                              ⊂ ヽ∩     く
                                               | '、_ \ /  )
                                               |  |_\  “ ./
                                               ヽ、 __\_/
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ       孫登にとって幸いだったのは、
        `ヘ:ゝ   _     小/         徐夫人にも歩夫人にも男の子がいなかった点
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
722 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:46:18.76 ID:o0EUkVkXo
【紀元212年頃 漢 揚州 建業】

        丶`'、_        ``':;,___、、〆   /
        ノ   "`ー::;、          :`l.、 /
        / ‐‐ r-ュ-、`'''::;、__    __、--j"~ il
--――、、:/   l | .`|:i`   `~/ミ__  リ   ハ
      |    ~゙ゝ---ソ     、イ(. 〕゙ |   ハ
      |              ヾ ー-' ル-―-、|           よしなに
:______J             _  ゝ   リ     |
      j              ''    ノ    |
      l          、--、、、   ノ----、_|
      :|          `'''''''"  /     ハ
      : |\           / .|      ハ                     , ´  ̄ ̄ ̄¨ ヽ、
      : il  ヽ、_       /   .|      ハ                  //ニニニニヽ   ヽ
       !i    `゙;;、、、___/    |       ハ                 //,/__」_」__|_| ヾ 、  ヽ
                                                 レレi::`ヽ:::::::::::ノ::::l/| ! ! .l
         孫権の妻 歩夫人                          i 小●:::::::::::::●::ノ l !,、.|
                                               __ j||⊃::::、_;、_;::::⊂⊃l .iム、|
                                             /´:::ヽ__|ヘ:::::::::ヽ._)::::::::::;j./::::::l !
                                           \::/  从>,、::::::::::イァ/:::::::/│
                                              /  /  // ハ ハ //ヘ、::::∧ノ
                                               \<   | l   ii  | l ヽ `´ >

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .歩夫人は歩隲の同族にあたる女性で、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       容貌の美しさで孫権に愛され、寵愛ぶりは妻たちの中で第一だった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .嫉妬を知らない性格で、しばしば他の女性の後ろ盾になり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       孫権からも大切に扱われていた。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .後に孫魯班と孫魯育、二人の娘を生んでいる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
723 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:47:34.19 ID:o0EUkVkXo

           __
      . ‐'"´  ,. -‐` 'ー- 、
     /    ∠-‐''''" ̄ ̄``ヽ.
    /  .       /~`´ヽ`、`、 ヽ
.   l  .'   :  .' /    l l l l l
.    l  i   i : i | {'" ̄` ヽト、} l |
   l  i  rl l トl、レi´「`  ィTiレヘノ      .義母上から衣服をもらったけど、
   |    l l l、 l  └'     U l        これをこのまま着るのは義母上に対して無礼になる。
   | :   :ヽl l `      、 ll
.   | l : i  | ト、     ー_‐´.イl        沐浴してからありがたく着させてもらうよ
   | l i l i| l      /i |l
  ノ ノ l l l lヽl―‐┐ l二, l lノ
.  i ,' l _ノ-<`     、L_L ムL|_
/ ̄ `ヾ::::::ヽ      。`i/  `i::::i`ー、
       ヾ:::::ヽ     `i。  }:::l   
                                             /\___/ヽ   
                                             /''''''   '''''':::::::\ 
                                          .  |(●),   、(●)、.:| 
                                          .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,,  :| 
                                          .  |   `-=ニ=- ' .:::::::| 
       何もそこまでなさらなくても……                   \  `ニニ´   :/ 
                                          ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                          :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                              |  \/゙(__)\,|  i |
                                              >   ヽ. ハ  |   ||

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登少年は人間ができていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .彼の行動からは継母にあたる歩夫人への気遣いが見て取れる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
724 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:49:00.82 ID:o0EUkVkXo
【紀元221年11月 呉首都 武昌】

//  /      ,   ,              ',
 ,' .ィ     / 从イ  ハ   ,           .l
 l /,'     イ /-、l ./ |  ハ ハ  ,       |
 !' .{ ,  、i! ,リ==ミ!/`  | /-‐∨‐! /       |     さて、今日から私は呉王になる。
   !.ハ 八 ',`' iト-'}リ   V z==テVイ /   !   |     
   '  .〉 , ヽ', `= ' ,     iト‐'::ノ '' リ   .l  ハ     そこでお前を太子としたい。
    ./イ  !`    /     ` ̄´ /    l  ハ|     .
   /イ   ',    `       ./,.   イ/  ト!      異論はないな?
    { イ   \   'ニァ     /イ    ハ!  |      .
    !ハ   ト/ \ `     ,. ィ  / / ! ト .l 
    /'从  ハ「<!ヽ、_  -‐ ' /'  イ /   { ヽ!                 . - ──- 、
    ∠ イ', | }  `` ‐ 、   ,' / リ'  ト  i  ヽ             ,. '"´ ̄ ̄ \    `ヽ、
     /,.> '}      |   ,//    .| \ ',               /    ̄ ̄`ヽ、\     \
                                      〃./`1  l l   `ヽ ヽ\ `ヽ ヽ
                                      〃 l  Lヽ_l_人   |   l    l  l
                                      | l lj    >==`ー'ヽ j ト、    l
     お断りさせて頂きます。                   | U仁、  ヽt少   /`Y l l    !
                                        \}tり          l  |  lノ    l
     根本が確立されてこそ、                    .1く           l  |  l     l
     正しい道も生まれてくるはず。                 l  , -      l  |  l.  |  ト、
                                          ヽ         /ヽノ  l.  |  | ヽ
     僕を太子にするのなら、母上を王后にするべきです     \_ _ /  __l  ト、  ト、 ト、ノ
                                              l  | ヽ 「   l_ノ ヽ\\\
                                           \| ̄|__|  ,. -─  >>ヽ\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .実母や徐夫人の事も忘れていなかったようで、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .後に太子になった際に父とこんなやりとりをしている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
726 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:50:50.44 ID:o0EUkVkXo

.         }    .::       ::::.  .:. :..   :.  .     、ヽ
.         /   .::: .::: .   l :::l:::.  :l:::. : .  l:.   l.  ヽ  ',.',
       /  .:::::.:::/..::   l: ::';:;::. :l;::l::.:.  !l:::.  l:.  l::. l l
      ノ  .:::::::::::l::/: :. :. ';. ::ハト、::::トハ::: . l1: /イ::: :: l:::. !リ
    /ィ ..::::::::::::rlイ::.:::  :.. :ヽ::',_`_ヽl__ ';:: / l∠_」::.;イ./l::: !
    ''", ' .: .:::::::::::{ r!:::l:::.  ::. :::ト;:',`==ミ ∨  '=イl:/ lイ l::/
.   /..:;;ィ´::::::::::::ヽ.!::l::::::. ヽ. :',゙ヾ       、 /:´ i//'´    じゃあお前の母親はどこにいるんだ?
.  /,.- '/:;:::::::i:::::::i:::l::l;::';::  丶.',        ,ソ: :: l l
  '" / -7:::::::;ヘ:::::l、:トハ:::';:. :  l゙ヽ    , -ュ ': : l;: ト!
  -' ´ ノ;ィ/ ト;::l ` ヽ';::';、: :. l‐ __   `7:l::: . ハl
    /彡'´   ii ';l  , ヘ:トヽ:::. ',   /7- '1/!:: /  `                . - ──- 、
  ,.-'"´     ',',.`/  ヽ`ヽ:::.', {/ `ヽ、'´ l::/ヽ.             ,. '"´ ̄ ̄ \    `ヽ、
              ',',ヽ    / `ヾ、! `- 、',',`7' 、_ ト、           /    ̄ ̄`ヽ、\     \
                                        〃./`1  l l   `ヽ ヽ\ `ヽ ヽ
                                        〃 l  Lヽ_l_人   |   l    l  l
                                        | l lj    >==`ー'ヽ j ト、    l
                                        | U仁、  ヽt少   /`Y l l    !
                                        \}tり          l  |  lノ    l
          呉の街にいます                     1く           l  |  l     l
                                          l  , -      l  |  l.  |  ト、
                                           ヽ         /ヽノ  l.  |  | ヽ
                                           \_ _ /  __l  ト、  ト、 ト、ノ
                                               l  | ヽ 「   l_ノ ヽ\\\
                                             \| ̄|__|  ,. -─  >>ヽ\
727 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:51:52.06 ID:o0EUkVkXo

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : : : . . : . : .      \
: : :    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.     ト、 ヽ
: : :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :  :  丶`ヽ`,
: : :   : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :/',: : /:   ',  ヾ、
: : : : : : : : : : : : : :.i: : : : ; :/: : : iヽ: :/-‐|:: /:.   :. ヽ
: : : : : : , : : : : : :,.イ: : ;イ:i-',: : .||: 〉' z=リミi: : .ト、ト、:.ヽ、
: : : :: :/: : : : :,.イ'/: /z=リミ,ヽ: :| V ' iト‐ノ,.|: : ./ ヾ、`丶...、
: : : : /: /,. - ': : |/イ' !ト‐-ノ, ヾ!   '´ ̄ i: :/   l
: : : :/: :': ,: : : : :.|  -ゝ‐'"      ヽ   .}: : ,  |
: : : /': /: |: : : : :|           /   /: : .ト,  |                …………
: : :/:./: : |: : : : | し       __,,..  ./: : .| .l l
: : .i/: : : :l: : : ∧:|丶      '´ - /: : : : | .∨ 
: : : .イ: : :l: : ,イ ヾ  `丶、      / |: :∧: :.|
,./ .}: :/: : /. \      ` ‐,- '::::::}::/::::ヽ:.l`i
   /,イ /    ヽ      /:::::::::::/':::::::::::ヽ|/
 ,. -' ヘ、    l´|     ∧::::::::::::ト;:::::::::::::/ `丶、
'      ヽ、  |:::i     { !:::::::::::| \:::/    \
       ` 丶、l::::l     ` ',::::::::::|  `´      i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権は黙ってしまった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫権の王后、皇后の地位は、群臣が徐夫人を推したものの、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .歩夫人を寵愛していた孫権が承知せず、長く空席となってしまう。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .こういう部分にも孫権の優柔不断が出ているように思う
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
728 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:54:23.41 ID:o0EUkVkXo
【紀元221年頃 魏首都 洛陽】

                  「 ̄ ̄三三二ニ=‐- .. _
                       }////////////////////>、
                       |/////////////////////
                     /////////////////////
                   7ー― -- =ニ二三/////,〈
                   /       /   ハt√`≪7′
                     /    ,'   /  / !i   ハ
                 /    / _,/  /\ l !i  イ }
                   /    / /r 7  /  `j从//ノ
               /    / ヽ`j   i 丶ミ /'′
             ,   ,   /  ,爪  |      〉
               /   /  ,:′//' }  |  (フ/i       私は皇帝よ?
            /   / /j厶≪ _|  |r-ィ  |
              /   /x≪ ´ 、  _「 |  |rくi|   ハ       好きな女を皇后にして何が悪いのよ?
          / ///ハ    ヽ. _l | i: |{=彡 ∧{
            / ///////`ー=ニ__ バ!ハ |レ1//八_
.           /  }/////////////  |  ヾ{い'/////{,_
.        / / l////////////|  }  jハ//////,ハ、
       / イ ,/////////////|       }////////人
.      /  | ,//////////////レ=ミtr‐oァ{/////////ハ
       }/  lく///////////////|///////ハ/////ィ//,\
        ′ 八 `トミ'_'//////////|////////入レ"r=彡/////
          v'//// ̄丁二=ニ´o/////oく_  ,√//////
         ////////,{三三三二ニ=彡ク//厶ィ=ミ////

             魏 皇帝 曹丕(字:子桓)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .余談になるが、同じ頃魏の洛陽ではこの男が好き勝手やっている
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
729 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:55:20.81 ID:o0EUkVkXo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´      
    |     ∩ ノ)━・'       どちらも相当横着者ですが、
  /    / _ノ´         この部分に関しては反対の行動をとっていますね
  (.  \ / ./   │        
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
                               /: : : : : : : : i : : : i ヘ : : 丶: : : \: : : : :.∨: : : :廴
                             /: : : : /: : : : | : : : ト \ : : \.: : : :. : : : : : : : : :. :.  ̄
                            /ィ : : : : ' : : i:. :| : : : |  ` ヽ 厶斗: : :∨: : : :i : : : N
                           /   |:.i:. :. :i: : : |:. :|小:. :!    /ヽ 厶ミヽ ∨:. :.:|、: : :.ト
                       .      |:'|:i: : :|:. :. :! : | { 乂:.     ィ斧:ハ } i`ヽ:. :.| } : i:|
                               { |:l: : :|: : i : 斗七 ` ヽ  ハう::ソ  .: / : : ル': :.ハ!
  それはさておき、                  |:. :. :|: /|:. : :|,ィf斧ミ       ´  ノイ: :. :.小 /
  孫権は孫登をどうにか皇太子にすると、    ハ: : 小{:.l:. : :ト、 うソ          |: : / N }
  彼を後継者として教育する事を考え始める。  ∧:. :! ∧:. :ト:i:ヽ   `   _      |:.:.从{ _
                       .           ヽ:.   \∨: : : 、    ´     /!:/ Ⅶ):. :.ヽ
  このあたり孫権の感覚はまともだ           ヽ    ハ: i : ハ{≧ュ.....  _/  {′ /:. :. :. :. :<_
                                       八:ト、{       .:´ハ     /:. :. :. :. :. ...:::´::イ`ニ 、
                                            } `    /:. :ム}  .イ:. :. :. :. :/::/:. /:::::::::::::ヾ
                                               / ― . . .、/:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::: ∧
730 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:56:50.13 ID:o0EUkVkXo
【紀元221年11月 呉首都 武昌】

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l
     |           从  l|、 l Alム l l |     今日よりお前たちを太子付きとする。
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ        .あいつが道を踏み外さないよう導いてやってくれ
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \            ,.z'                `ヽ_,
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l              /      ,    / _   ,    \
  ´// , /  `ヾl \\ V }}                   l      / ‐ '" |/-‐ ''/ノ! |    ヽ
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \                  l     〃      '     lノ }i    ゝ、
                    \ ヽ               ノ, ,.-、  /    ̄ `ヽ、       ノリ   ヽ
                                       イ.f ri !.l |   イフ;iヾ         |  }i |
                                      | iヾ j|ノl|   ` ‐┴    , -― 、 ノ 川 ハ
                             .           | ヽ ソi    :::::::::      '"ヽ   /ノ
          お任せ下さい                   レi  | l           ! ::::::  /
                                       |  !丶      ヽ、   ′   /  /
                             .           !|. l  ヽ      _ ̄    /  ―
                                       _ !   、            , '    \
                                     ,_/、|    \      /
                               __ ,, -‐T   ヽ     ` ー‐-ィヾ

                                        呉 文官 諸葛恪
731 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:57:31.06 ID:o0EUkVkXo

     |      , - '´  , - '  ̄`丶`ヽ
     j´〉   // , /  , -    ヽ ヽ
     ノィ  / ,.'/ //  /'   , -    `ヽ
   //ゝ タ /' イ /ヽメ、  /   /    ヽ',
   }_´ィ ノ// 〃 / - 、 ヽV/    ィ'       ! !
     'ィヽ !Kl/,ノ ,イj`ll i l、  / '    /  l l
     |`′!/   ー '´   ヽ'/    /   / i
     |,ィ ノ        -‐ _弋ヽ/   // /     道を踏み外しそうなのは太子じゃなくて殿k……
     |ノ'´ !    、   '  ,ィテiヽヾヽ,.ィ´, ' /
     | ) l   -、 '   ゝ‐'ノ _,入_ / ., '
     | '-、.'、   ′    , ‐ ´  ノ /           
     |,.-,ーz> - . _ ._ィ二 -‐_'ノ ノ                    __/"´ ̄ ̄ ̄` '⌒ヽ、
     |ノィ つ, -ィ、     ̄`ー ‐ ´                    /      ,.ヘヘ    、 \
    、ー_⌒!ノ l、, ノ                             {      f,. -‐┤     }: }
  、ー ┴ く /  `l‐、                              )/ / ノ=={ l  l  |:/
   ヽ ̄_ヽ/ヘ-くー'   i                           f´/   /   ___,.ゝヽ|ヽ| ト{
    `ヽヽ ,-_ノ    l                           ヽ、   j≧  <ノtェァ j   ∧ !
                                         | /:{  l     ヽ  /i )l `i
    呉 文官 張休                            .l l:::::l  |      `i `i:':::::ヽ!
                                          ヽヽ::::| `__      | l:::::::::::::〉  
                 シッ!!                     | l::::ヽ´ ‐ `    | l::::::::::::〈
                                            | !:::::::ヽ--- / / ./:::::::::::::::\
                                            |l:::ヽ!:::::|`   〈 <:::j\:::::::::::::〉
                                            |l:::::/ .j     〉 /:/⌒ ̄ ̄`ヽ

                                              呉 文官 顧譚

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .まず、若い世代の優れた人材を孫登の賓友とした。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .諸葛瑾の子諸葛恪、張昭の子張休、顧雍の孫顧譚、陳武の子陳表。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .呉の重臣の子弟のうち、特に俊英と知られた四人である。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .魏で言う曹丕と陳羣・司馬懿ら四友の関係と思えばよいだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
732 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 21:58:51.79 ID:o0EUkVkXo

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_     また、まだ孫登が若かったためか、
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ     太子太傅という役職も設けられ、これには張温が任じられている。
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /      .張温がこの時期までは孫権の信頼が厚かったのが分かる
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、                               / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
  本来なら、彼らが次の世代の呉を担っていくはずだったんですよね   .  {           |
                                               {        ノ
                                                ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |
733 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:00:05.16 ID:o0EUkVkXo
【紀元221年頃 呉首都 武昌】

  /    / /  ,   /  i \ヽ丶
. /    / イ    イ   イ   |   ヽヽ 丶
    i / //   〃  / |   |    ', ヽ l
.   レ / i    /!   i |   |    |  l |
  ! Y  {    i |   | |  ノ     _亅ノ l
  |亅',  |  ┼t- 」_ し   ‐ニ、 卞 _ノ
  了,| L_ト、 _ノ,ィ'f jヽ     , イj リ { |        諸葛恪は馬の糞を食らうべし!
 ! {1|    l   弋ソ,     l  ー'  l |
 |代_|   i ',     ̄       ヽ   l |
. i   |  | ',          '     |
  | i |  |  l        r‐‐ァ   /i |
  | | !  l  ト、      ー‐   イ | |                 ,.z'                `ヽ_,
. │| l   ├1   ‐ _     /| |  | │                 /      ,    / _   ,    \
.乂 川    ト、 _     ニ…└、 |│从 ノ                 l      / ‐ '" |/-‐ ''/ノ! |    ヽ
                                        l     〃      '     lノ }i    ゝ、
                                       ノ, ,.-、  /    ̄ `ヽ、       ノリ   ヽ
                                         イ.f ri !.l |   イフ;iヾ         |  }i |
                                        | iヾ j|ノl|   ` ‐┴    , -― 、 ノ 川 ハ
                                       | ヽ ソi    :::::::::      '"ヽ   /ノ
   それなら太子には鶏卵を食べてもらいましょう        レi  | l           ! ::::::  /
                                         |  !丶      ヽ、   ′   / 
                               .           !|. l  ヽ      _ ̄    /  
                                         _ !   、            , '   
                                       ,_/、|    \      /
                                 __ ,, -‐T   ヽ     ` ー‐-ィヾ
734 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:00:50.73 ID:o0EUkVkXo

<<その出所は同じでございます
   <<はははっ!
                             _ __
                        __   |V   _) ≡≡≡
                      /  ヽ  / / ̄
                    /  ..へ._ V\/ ≡≡≡             太子!
        /⌒ ⌒\   △ィ△ /   ゙ii | |/
       .!ii_i__i__i)  ヽ _`ヘ/___ .  || | |                   .そんな下品な話しちゃダメよ!!
. lWVl入___!ゝ!~! ) |_iヽiノ   ヾ |___.   || | |___,r'7 ≡≡≡
. !_て7」VWlヽ丶つ_ , ヘア⌒`   | ̄    || | |_|__,  ̄\      (´⌒(´
    ヾ て }^  ̄ ̄)  ノ__,ノ‐-__  !!ノ_ノ     ヾ、_ノ ≡≡(´⌒;;;≡
      ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄           ̄ ̄ ̄          (´⌒(´⌒;;

                                           __/"´ ̄ ̄ ̄` '⌒ヽ、
                                          /      ,.ヘヘ    、 \
                                        {      f,. -‐┤     }: }
                                         )/ / ノ=={ l  l  |:/
                                        f´/   /   ___,.ゝヽ|ヽ| ト{
       太子。                             ヽ、   j≧  <ノtェァ j   ∧ !
                                         | /:{  l     ヽ  /i )l `i
       そろそろ狩りの時間です。                  l l:::::l  |      `i `i:':::::ヽ!
                                         ヽヽ::::| `__      | l:::::::::::::〉  
       呉の主となられる方が                      | l::::ヽ´ ‐ `    | l::::::::::::〈
       書物を読むばかりではいけませんからな           | !:::::::ヽ--- / / ./:::::::::::::::\
                                           |l:::ヽ!:::::|`   〈 <:::j\:::::::::::::〉
                                           |l:::::/ .j     〉 /:/⌒ ̄ ̄`ヽ
735 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:02:40.18 ID:o0EUkVkXo



                       ,-=-、
                      / ̄~\
                 〈`9、.iヽr.=∀=,ュ/|
                 ヽヽ' ヽ二口l二ノi_       、、、、
                   `(-l|,`ΦlΦ/,|=-〕
                    (/(=|Θ|=)ヽ`6_)  ←馬
                ,,,, ,,,/≠_」  ヒ_キヽ,,,,,,,,
                    ̄ ̄     ̄
           ,,,,,,,,,,,,,,,,,    ,,    ,,   ∧ニ∧,  ,,,,
                          //^(ハヽヽ     うん!
           、、、     、、       |(´∀` |l,| 
                         ⊂[|| : ||]⊃    でも民草に迷惑をかけないようにしないとね!
                           ヽJヽJ



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫登は賓友たちと布衣無官同士であるかのような簡略な礼をとり、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       彼らと同じ乗り物に乗って外出し、ひとつの几帳の中で寝たりした。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .友人たちに対しては気楽に振舞いたかったようだ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .また、民草や家臣・従者をいたわる逸話も数多く残っている
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
736 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:03:09.03 ID:o0EUkVkXo

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \      良い子すぎねーかお?
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /      曹丕なんかと比べると、クセがないというか……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
                                      _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                  ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                     / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                             .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
                                   / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
                                   l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
                                   ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
   孫登は周囲の期待を裏切らずに育ち、         j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
   孫権が皇帝に即位すると改めて皇太子となる。     ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
                                       ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
   このあたりから国政に関わるようになってくる        `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
                                         ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
                                         ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                         \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                           , '´/ノ      L、 /
                                            ,.-'   | ___._   | `ー、
                                      _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_
737 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:05:35.45 ID:o0EUkVkXo
【紀元229年頃 呉 荊州 武昌】
           __
      . ‐'"´  ,. -‐` 'ー- 、
     /    ∠-‐''''" ̄ ̄``ヽ.
    /  .       /~`´ヽ`、`、 ヽ
.   l  .'   :  .' /    l l l l l
.    l  i   i : i | {'" ̄` ヽト、} l |
   l  i  rl l トl、レi´「`  ィTiレヘノ
   |    l l l、 l  └'     U l      陸遜将軍。
   | :   :ヽl l `      、 ll
.   | l : i  | ト、     ー_‐´.イl      右も左も分からない未熟者ですがよろしくお願いします
   | l i l i| l      /i |l
  ノ ノ l l l lヽl―‐┐ l二, l lノ
.  i ,' l _ノ-<`     、L_L ムL|_
/ ̄ `ヾ::::::ヽ      。`i/  `i::::i`ー、
       ヾ:::::ヽ     `i。  }:::l   i
                                                        ___
                                              ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
                                   .            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
                                            {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
   皆の働きぶりを見るのも上に立つ者の重要な責務。         | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
                                              l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
   くれぐれも怠りなきよう                   .        /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
                                   .        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
                                   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                          呉 上大将軍 陸遜(字:伯言)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権が皇帝になり建業に遷都すると、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登は陸遜らとともに武昌に留まり、同地の役所の管理にあたった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .この頃の彼は何か考える事があったのか、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       義母の親族の歩隲に手紙を出している。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .上に立つべき者の苦労が垣間見える手紙を紹介しよう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
738 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:06:13.93 ID:o0EUkVkXo
【孫登の手紙】
┏───────────────────────────────────────────┓
 そもそも賢者・君子と呼ばれる人々は、政冶教化を盛んにし、
 目前の政治的課題を処理するのに力を貸すことのできる者のことであります。

 私は天性暗愚であって、物事の道理に通じておりません。

 一所懸命に心を尽くして立派な徳ある人物に仕え、立派な人物に全てを任せたいと願ってはおりますが、
 それぞれの土地にどのような人材がおり、
 そうした人々をどのように待遇すれば良いかとなると、心中苦慮しております。
┗───────────────────────────────────────────┛

                                .     /                      |
                                    /   l ヽ.   l |    |   l         |
                                    l|  |  |  .| |    |   l         |
                                    | |  |  |__ l_|_  ,イ|   |   h    |
                                    | |  |  L___」_Lレ′|   | l リ    |
                                    | |   | 「i  ´{l:::ン  レイ  |   |   |
                                    l|| | lノ   :;;;:      |   |   |   |
                                    } }| ! 丶_         |   |   |   |
                                   ノ ィ 人 l  `つ       .|   |  |   |
                                     | | ト、ヽ   `ー┬‐'´  |   |  |   |
                                     | | | ト┘ヽ  ,イ.    |   |  |   |
                                     L_ /  ヽ、l/ |     ノ   |∧ l  __」
                                         ノ_lヽ、_ソ   ヽ    `ー'/. |/l \

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登は人々を愛し優れた行いを好む人だった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       しかし、いざ政務に携わると、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       周囲の人々とどう付き合えばいいのか悩むようになったらしい
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
739 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:08:11.85 ID:o0EUkVkXo
┏───────────────────────────────────────────┓
 『論語』は言っております。

 「愛しているのに労ってやらずにおれようか。真心を持っているのに教訓忠告してやらずにおれようか」と。

 私がここで申すのもそうした教訓忠告をあなたから求めたいのであって、
 それは君子に要求してもよいことでありましょう。
┗───────────────────────────────────────────┛

                                      /        ハ   ! '、  、          !
                                      l     /  /  l  ト、ヽ ',        l
                                      |      ! /   ',  l '、ヽ ',  l      !
                                      | |    l /    ヽ !  ヾ` l l  |   l
                                      | l  l ! !|=-‐-、ヽ '、 r弌', | |  ll
   わざわざこちらに手紙を寄越すとはな。           .l |  l l lイテミT`` ヽ',´ ,ィテ! |  l  l !
                                      | |  l 、 !┴―'-    `  ゞ‐l !  |  l !
   助け舟を出してやろうか                    l |   ! ヽヽ     :::::: l    j| l  l l
                                      | l   '、 ト'、    .:::::: '   _ノ 〃 l  l l
                                      ! l   `r、'、      ;   `゙ブ  /  /|
                                .      j l  l 、ヾ'、ヽ、   _,:::::,_  ‐'= '7  /  !
                                      l l ! l l ヽ ヽ ``  ´ - ` r、ト‐;'_,  /   !
                                      l| ! ヾ、 lヽヾヽ      >ニ,,../   l l
                                     l l  !  `r、'、`‐‐、ヽ、_,./-‐'' 7 /    l
                                .     l !   ', ヽヽ ヾ'、 ト、`|||´,ィ   l/     l

                                           呉 驃騎将軍 歩隲
740 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:09:02.84 ID:o0EUkVkXo
【紀元229年頃 呉 荊州 西陵】

         /           .            ヽ
          /    .       .:/ .:: ;:  :     .   ::',
        j .:  .:/   .  .:::/ ..::;:ィノ|:  |:. ::.  ::.   :::l
        | :: :::l  . ::  .:::/ .:::/〃 l:: l::.  ::. . ::::::. :. ::::!
        | :::::. ::j  :: ::: ::::/|::::/〃   |::. |;:::: l::.:.:::::::: ::.:::::!
        | ::::::.:;l  ::.::::: :::/‐l:/_/   |::: ハ:::. l:::::i:::::::::::::::l
.         } :|:::/|  |::::::|::::|z=ミ;ニヽ  |::/,.-l::::.|:::::|:::::::::::i::|   今は英雄を手中に収め、俊英を抜擢し、
.         l :|:::{ | : :i::::::|::::|r‐':ノ`ミ   |/ z;-l:::i!:::::i::::::::::;i:j   .賢者を任用すべき時代です。
        j .l::::゙7:::.:::;:::::l;:::|`''┴      {r':l::l|:::::j::::::::::i/
        l:::|::: :|:::::::::、::::li::!         `7ノj:::/::::::::::/    太子がこのことにお心を注ぐのなら、
         /:::l :: ::!::::i:::::ヽ::lヾ         '  ノ´ノ::/ :::::::::j     .天下の者にとって、これ以上の幸せはありません
       ノ::::j   l:::::l:::::::|``        ′ ``フ  .::::::/
     ∠;;;-イ   ::、:::l;::::::ト、   ` ー一 ト-='-'´ :: .::/
    ,イ く_{_7   :::::;:;::;::::', \    ̄ ,∠ミー‐''...:::ノ{
    ll` -ィ .l:  ::::::::ヾゝ;:'、_`ヽ、_,. '´! `>-‐'´:::::',
    jj   { :::|::.:. ::::::::l`r‐ミ、三三ニニ_/   ..:: .::::::}
    〃  . {: :::l;::::::..::i::::| ||   |ヽ 、 ̄7/ .: ........::::::::;1
        ';::::lヽ;:::::::'、'、||  | ``'ー/.:::::;::ィ´::;:ィ「|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .手紙をもらった歩隲は返事を書いている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .それは当時荊州で手腕を発揮していた人々、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       諸葛瑾・陸遜・朱然ら十一名の優れた点を記した内容であり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       孫登への励ましの言葉も添えられたものだった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
741 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:10:25.16 ID:o0EUkVkXo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     年齢を考えれば、素晴らしい心がけだと思います。
.  |         }
.  ヽ        }     .真面目すぎて少々怖いぐらいですが……
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |                                      , -=―=―- 、 _
    |     |                                   〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
                                            ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
                                           / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
                                           ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
                                         <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
                                           / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
  このような悩みこそ抱えていたものの、                ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
  周囲の補佐もよろしきを得て孫登の人生は順風満帆だった。      j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
                                               リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,
  そんなある日、彼と父の間にひとつの事件が起こる              ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
                                            r=<    V三|:::::::::| |/:/
                                            /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
                                        .   /_j   , X \   ヽ {´   /
                                            〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
                                            `、   ヽ \.>j    ハ│
                                             {     ∨  `ヽ、_,/∧|
742 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:11:09.08 ID:o0EUkVkXo
【紀元232年1月 呉首都 建業】

: :ゝ'ニヽ: : 'ィ: : /ィ: : : : : : : : /`゙´ '--- 、ニィヽ,、: : : : : : : : ij.V'w':
: : : : : : : : : :.ィr'゙´: : : : : : ヽ、; ; ; ; ; ;, へ__,、: ヽj: : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : )': :,ヽ-'ヽ: : : : :)ノ; ;;/>二ヽヽ: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : ,ィ,_,{´` f゙´`´: : : : (' ' ', ,>'∠.ゞ'>';.(: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : lVV,、 ヽ-ゝtヽノ,,,=ニ/.i ヘ; ; ; ; ; , , ' ;ゝノ_: : : : : : : : : : : :
: : : : l jヽjヾ` ヽ: : :.l /_/ニ '¨ ' .l _j; ; ; ; ; ; ヽ ;゙ヘてヽjヽlレ._ノノ: : : :
: : : : ヽ: : : : : : : : : ハ    /  ,l n ; ; ; ; ; ; ; ; ; lソゝ--,/゙/,,//: :
j: : : :ヾ: : : : : : : : : : ヘ  /   , -===.、ヽ ; ; l<´: : : : : ' ヽl: : : :
,ii ,、: : : : : : : : : : : : ∧   、 ..f.'´;; ;; ;; ;;.ヘ  ; ;.lハ: : : : ___: : : :
ヽ f: : : : : : : : ,、‐'ィ / 丶   丶l;;f ̄ .__.ゝ┘ ; ;j ハ´ ̄; ; ; ; ; ;\; ;
: : : : : : : : :.l'' ,, f´: : ;ヽ- ヽ   ヽ‐ニ´─.'   ;/; ; ハヽ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ
: : : : : : : :ヽ.f .l l: : : : : : : ヘヽ   .'      ./; ; ; ;lハ .); ; ; ; ; ; ; ; ;
: : : : : : : : 、 : : : : : ,-- ' .ヘ > .、  _.>'; ; /; ; ; ;ゝ ' ' ' ' ' ' ' ; ;
: : : : : : : : `: : : : /' ' ' ' ' ; ; ;ト.、  、`¨; ; ; ; ; /; ; ; ;/        /; ;
: : : : : : : : : : : :/     ; ; ;l; ; ヽ ヽ  ; ; ;/; ; ; /      /; ; ; ;
: : : : : : : : : : /      , ; ; ;l; ; ; ;ヽ .ヽ   ノ; ; ;./      /; ; ;/

         呉 建昌侯 孫慮(字:子智)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .嘉禾元年、孫権の次男孫慮が病死。享年二十歳。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .幼少時から聡明で器用な人物で、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .孫権は彼の才能を高く買って可愛がっていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .当時、豫章郡のあたりに幕府を開き、同地域の統治に当たっており、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .師友の意見を聞き、法を遵守した立派な統治を行ったとされる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
743 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:12:48.61 ID:o0EUkVkXo


           _ ..  -‐………‐-   .. _
         .  ´                . : .`ヽ、
      /        : :  : : . : : ‐=二  ̄`
    /            . : . : : . :、 : : : : :`丶、
     l        : :、: : : : :、: : : : : :\: : _:_:_:_:_\
     |    ,  !  :ム: :、:\: : :|:\: 、: : : :} : `ヽ、
     |   :|  l /≠Vミ\|\l≧=x;V\:| : :ト--\
     l  ;  \Ⅳ{t:ソ    ,  {tソ, l: : :`: : !
    } {|    ヽ` ̄´    |   ̄´|: : :\|        どうしてうちの人間はこう……
    l :|   ド=-    {     A: : :\:ヽ
.     ノ : |:i : : lヽ    ,_-_、   イ: :丶: : :)イ
.   /イ 从: : : |i: l\   ー   /:厶:_:_:_}\: :|
.     l/Ⅵヽ : |l: |  `   __ イ /l/ : : : : : :7ヽ|
.       l  ヽ! 「: ¬    l/: : : : : : : : /
.     __|     } : :|    |\: : : : : ∠ .. _
   ̄ ̄     | : :|      ): :/     `ヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       言わば孫登に何かあった場合のスペア的存在である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .そんな次男坊に死なれた孫権は、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       悲しみのあまり食事もろくに取らなかったと伝えられている
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
744 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:13:53.06 ID:o0EUkVkXo
【紀元232年1月 呉 荊州 武昌】

.     /                      |
    /   l ヽ.   l |    |   l         |
    l|  |  |  .| |    |   l         |
    | |  |  |__ l_|_  ,イ|   |   h    |
    | |  |  L___」_Lレ′|   | l リ    |      どうも父が気にかかります。
    | |   | 「i  ´{l:::ン  レイ  |   |   |
    l|| | lノ   :;;;:      |   |   |   |      一度父の様子を見てこようと思うのですが……
    } }| ! 丶_         |   |   |   |
   ノ ィ 人 l  `つ       .|   |  |   |
     | | ト、ヽ   `ー┬‐'´  |   |  |   |                 ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
     | | | ト┘ヽ  ,イ.    |   |  |   |                {薔}      λ廻 }⌒ヽ
     L_ /  ヽ、l/ |     ノ   |∧ l  __」              /./       辷ニソ
         ノ_lヽ、_ソ   ヽ    `ー'/. |/l \              / /   l  l l  l (( \
.    , -‐ '´|: : :l  |   \  /   |  |: : :l\             / / l  l| /i| i| i| | | l \
                                        / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                      /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                                      /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                                    /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                                    /  /   / ノ八  _     / /  i!
   こちらの事は我々にお任せください         /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                  .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                  i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                 / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫権の様子は武昌にも伝わった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .話を聞いた孫登はいてもたってもいられなくなり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       昼夜兼行で孫権の下に向かった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
745 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:15:42.77 ID:o0EUkVkXo
【紀元232年1月 呉首都 建業】

    : : . : : : : : : .ト; : : : :l \: '.: : : :ト; : : :; : : : :|``丶 、_>
     : :;: l_ヽ: : : l-',: : : :l ‐,.>=、:',ヽ: : i: : : : :l
   :::ト, : :ト;|z=ミ、: :l \: :l〃r'`}ヽ\i:.\.ト.、: : :l
    l.,〉: |r' )ヽ`ヽ|   ``' ヒ:;:シ, .l`: : : :`ヽ、:丶
    〃V{_r'::::ノ,    、  ' ̄ ̄ .|: : : : : : :ヽ`ヾ
    : :\-ゝ‐'´     丶     l: : : : : : : : 丶        ……よく来てくれたな
     : :ト; ヽ        !     /: : : : : : : : : ヽ'、
: :;     : ', `ヾ、     _   イ: : : : : : l`丶、: :ヽ、
: :〈ヽ   : :i     rニ´.. -'  ,.ヘ: : :ト; : : |   \: :',
: l`丶: .   : ヽ、     ´ /::::::::::∨ヽ: : |     ヾ!、            /                   ヽ
`   ',: ト、. . : ヽ` ‐ 、._,.イ::::::::::::::::::::ヽヽ: ト、    丶      .     /                      |
ヽ   ヾ! 丶、: \     /:::::::::::、::::::::://ヾ!. i                /   l ヽ.   l |    |   l         |
 丶      {` ‐-ヽ、  .∧::!::::::ト.、;;:'/   }               l|  |  |  .| |    |   l         |
                                          | |  |  |__ l_|_  ,イ|   |   h    |
                                          | |  |  L___」_Lレ′|   | l リ    |
                                          | |   | 「i  ´{l:::ン  レイ  |   |   |
     このたびのことは皆が悲しい思いをしています。        l|| | lノ   :;;;:      |   |   |   |
                                          } }| ! 丶_         |   |   |   |
     しかし、子智が斃れたのは運命だったのです         ノ ィ 人 l  `つ       .|   |  |   |
                                           | | ト、ヽ   `ー┬‐'´  |   |  |   |
                                           | | | ト┘ヽ  ,イ.    |   |  |   |
                                           L_ /  ヽ、l/ |     ノ   |∧ l  __」
746 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:18:08.39 ID:o0EUkVkXo

        / .r<-'/// /   \\  \ ヽ'、
       l ' / レ / |      ヽ ヾ  `、 l ヽ
        | ./ l { |  L_     |__jl   | | |
       | l | | 「`´  `ー-    」_,.-'L_」 ノ   未だ天下は統一されず、天下の者は皆、
       l l |  l 〉 ィテT 、`   /ィjT`/」`'´    陛下と天を頼み戴いております。
        .l l l . l Y   0-'ノ     l ゞソ {
      l l l l |  。      l  。|      それなのに陛下は、世間の人々と同じ感情に負け、
      l .l .| l }         _,`  / |      食事を減らし、礼の節度を越えて悲しみに沈んでおられます。
        l j  ハ N、      , - ァ  , イ|f´‐ 、
      ,ノ/ / | ト、 \    `ー' ,イ| .トi、   `    僕は心中心配と畏れを禁じえません
        __ 人ヽ | ` 、_`  、 _ / \ l l
    ' `´\  ` レ    `l   /ヽ  /l  |
ヘ、     \  \    |     | (|    |  /             /.          i        .:.:ヽ
                                       /.:          |:  l   ! i     .:.:.:ヘ
                                       i:.:       i _L.⊥:_ |  、」⊥..」i:|  !.:.:.:ト|
                                       |:.:.     ト、|≠ミ\ト、  |x=ミlN:. }.:.:.:|
                                       |:.:.:.:i     「_辷_]_    \|辷」 }」:.:∧∧!
                                       |:.:r┤  i |        ノ     |/ 〈
                                      }:.:.V  ! l ト、       __     }:. ト|
     人の上に立つのは難儀なものだ             ノ.:.:.:|∧|:.!! ヽ   '´ - `  /.:.: |
                                     //|/.:.:.:.|:.:.|/   `ヽ、      イ.:.:∧:. }
                                      ´/ ̄ ̄``ヾ      \_∠_∧/ ∨
                                    /        丶、_    }  } ″
                                   /         _/∀    ∧ /_
                                .   {     `ヽ  /ヽ \   / ∨   `丶、
                                .   |         }/   ヽ ヽ∧ 〈 、    ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫登は孫権に謁見すると、涙を流しつつも父の態度を諌めたという
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
747 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:19:32.46 ID:o0EUkVkXo

  /    / /  ,   /  i \ヽ丶
. /    / イ    イ   イ   |   ヽヽ 丶
    i / //   〃  / |   |    ', ヽ l
.   レ / i    /!   i |   |    |  l |     ..久しく父母に孝養を尽くす機会のないまま、
  ! Y  {    i |   | |  ノ     _亅ノ l     子としての道を欠いてしまいました。
  |亅',  |  ┼t- 」_ し   ‐ニ、 卞 _ノ
  了,| L_ト、 _ノ,ィ'f jヽ     , イj リ { |       .武昌は陸遜将軍が職務に励んでおられるので、
 ! {1|    l   弋ソ,     l  ー'  l |       .何も心配はありません。
 |代_|   i ',     ̄       ヽ   l |
. i   |  | ',          '     |       この機会に、陛下、父上に孝行する機会をお与えください
  | i |  |  l        r‐‐ァ   /i |       .
  | | !  l  ト、      ー‐   イ | |
. │| l   ├1   ‐ _     /| |  | │
.乂 川    ト、 _     ニ…└、 |│从 ノ         i / /   . /  ,' . /   . . /    .
                               l:/ ′:  . :.' ..イ . :/l   . :,' l   : :
                               l' {: :!: : : :.|: :ムl. イハl . . : ィ : :.|   : :|:   :     .l  : .
                                ': :l: : : : :.|: { zレ≧、 . . :/ l : ∧ : : l: :  :l:      .|  : . :
                                 Ⅵ、l: : : |/ハ トvト、: : ,′_V_、 : :ハl:  l: :     l  : : :.
                                 ヽl \: |、: :l  ̄` V    斗≠/ニト、: .ハ: : :  /  . : l:  
    お前は死んでくれるなよ。                 ヽゝ.{         {ー'::::j ㍉' レ: : ./  . : : l}  
                                     l :.ヘ  , '      `  ̄ ``   |: /  : :イ:/   
    親より長生きすることが孝行だと思え          , /: ヽ 、               ,/   /イ: : :. 
                                    / /l : :i: ヘ               /:/  :/: /: : : : : :
                                      l:/__l :レ' ヽ `_ー-          イ:/   イ: 〈: : : l: : :
                                    / l :/.   ヽ `     _  ´ //: : /ム: :l、: : :l、: :
                                     f   .l/      .ト、_ ...<   ./ィ: /::::::::::ヽl:\:.l::\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       また、彼は十日間建業に滞在していたが、父が心配になったのか、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .このまま建業に留まりたいと願い出た。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       孫権も不安になっていたのか、息子の願い出を承諾している
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
748 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:20:24.75 ID:o0EUkVkXo

   / ̄ ̄\__
 /  _ノ ,ヽ\  \
 |   ( ●)(.●)ヽ、\
. |     (__人__)(<)゚o\       なんて孝行息子なんだお。
  |     ` ⌒人__)   |
.  ヽ      .}⌒ ´  ./       ぶっちゃけ孫権にはもったいねーお
  (⌒) (⌒'― .ニ二 .イ
  .√  .ヽ ̄ ̄, -‐ i´
  .|      i ̄  . |
  .|      |     . |                                    ,、 -─‐- 、,
                                              , ' ´: : : . : . : . :.` .、
                                           /: : : : . : . : . : . : . : . ヽ
                                          /: : : : . :/: .,': . : . : . ',: ',: . :',
                                           /:  /: : /: :ハ: :{ l: . : . : . :l: .i: . :.',
   以後孫登は皇太子として建業におり、               /: : /l: ./|∠_';ト:l: . : . :;: ハ: |: .l: .',
   孫権が諸葛亮に呼応して合肥を攻めた際には、        ,': : :ハj:ハ:ト___、`ヽ: . :.,-─i:|. l . :;l
   後方の処理を全て任された。                    ィ: : |〈|: . |  ..;:j `    ヒセ;'ァ::|: . ハ !
                                         ト/|:.|:.:|: .:|  ` ´     'ー' ム:l.:./ '
   名実共に孫権の後継者の地位を固めつつあった         ヽト;:.l .:人     '   /:.::|/
                                            /',:.:ト、`    ¨ , .イ:.:.,'l
                                         /   ',| \,_.スー ' `7ヽ/
                                        /    , '  /:i::::::ヽ  l/ l
749 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:22:28.64 ID:o0EUkVkXo
【紀元240年頃 呉首都 建業】

  /    / /  ,   /  i \ヽ丶
. /    / イ    イ   イ   |   ヽヽ 丶
    i / //   〃  / |   |    ', ヽ l
.   レ / i    /!   i |   |    |  l |
  ! Y  {    i |   | |  ノ     _亅ノ l       張休。
  |亅',  |  ┼t- 」_ し   ‐ニ、 卞 _ノ
  了,| L_ト、 _ノ,ィ'f jヽ     , イj リ { |         今度の禁令の条文を書いてみたんですけど、
 ! {1|    l   弋ソ,     l  ー'  l |         おかしな箇所がないか見てもらいたいんです
 |代_|   i ',     ̄       ヽ   l |
. i   |  | ',          '     |
  | i |  |  l        r‐‐ァ   /i |
  | | !  l  ト、      ー‐   イ | |                     ,   ¬一- 、
. │| l   ├1   ‐ _     /| |  | │                     /    、 ヽ   \
.乂 川    ト、 _     ニ…└、 |│从 ノ                     〃    } _jr リ     ヽ
                          .                / { i、ト-ァ'  ̄ /       ヽ
                                         i  v‐、  'ィ=‐〈   _,ノヽ   |
                                        |  rァ'     ヾ'′rノ _ノ/
                                            ヽ、 l ` _, -┐   广,/
             任せといて!                     ヽ ヽ ノ   / V
                                              >、__ / _r'^{      /V乙
                                          / ̄ / /^Y´   ` ー厂 ∨        _,
                                          /   r┘」 -ヘ       <  _,ノ  

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       赤烏年間に穀物が不作となり、盗賊が横行したのは先に述べたが、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫登はそれに対する禁令を定めたと言われている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       禁令は悪事を失くすための要点を抑えたものだったという
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
752 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 22:24:00.44 ID:WrH+/seH0
何という麒麟児。
750 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:23:29.74 ID:o0EUkVkXo

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ     これでもう私に何があっても心配はない。
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l    
     |           从  l|、 l Alム l l |    子孝、お前も兄を助けてやるんだぞ?
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨     
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ                 _,____
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\             ,.イ´:::::::::::::::::ヽ`:
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ          /:::::/::l:::::::::::::ヽ:::ヽ:::::ヾl
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \            .リ!::::ir‐!::::::ト::、_|::::トヽ:::::V
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l              l! !:::|r:、lヽ:ム::::ノ!|::j:|l|:::::;イ゙
  ´// , /  `ヾl \\ V }}                    ト::}'Li   {:::r!}:/:ノ:::::イ|
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \                c .|::i、  __   ̄/::::!:::::::::::|
                    \ ヽ               ´ .|l:::l`ir....`....∥::/:::::::::::::!
                                       V!l::|::,r'ノ '/:::/ヽ、::::::::::!
                                          !:|::}/、.../:/ __j´:::::l::::l
                                        ノ:|:j | ,ノ'゙ |::::::|:::::l:::∧
     あのですね、陛下。                       ゙〉:イ V´ヽ .|::::::|:::::|::::lヘ
                                        /ム レ..∧| .ノ::::::|:::::|::::::l `
     あまりそのような事を言っていると……             / /人 ´  ヽ''‐、ノ:_/|
                                        / /|  l     ヽ
                                        .l l .|   !     ヽ
                                        L_|--Y'f |   _...〉
                                          r'_シ .T_T¨
                                              ゙''’

                                     呉 孫権三男 孫和(字:子孝)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .心優しき賢公子、孫権にとっても心強い跡取りだったはずだ
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
751 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:23:56.25 ID:o0EUkVkXo

                                 ':,  \':, \: : !     \:.:ヽ:.:.|:.:.:.i:.:.:.: ト、:.:.:i: !:.:.:.: : i:.:.|:.:.:.Ⅳ
                                   \  \   >        \i:.:.|:.:.:.|:.:: : l ',:.:|、:',:.: : : |:.:.|:.i: !
                                        ヽ           !:.:.!:.:. |:.: : :l  i:.l ',:.',:.:. :.|:.:.|: ! |
                                          i`:..、        |:. ii:.:.:|:.:.:.:.l.  !:l Ⅵ:.:.: |、:.!ハ|
                                          |: ハ: ー、‐     |:.:l l:.:.|:.:.:.:.!   ||   ヽ:.:| Ⅵ :!
                                         !:{ ヽ:. `:.   l:.l l: |:.:.:./   !     ヽ!  >――‐
                                          ヽ!   :.:. ∧   ll ´|:.:!:.:〈       , . : :´.: : : : : :
    そんな存在を失ったのだ。                      \ i:. i `´  ! . |:.:.: ハ      . : : : : : : : : : : : :
                                                 l:.l        !:.:/  i   /: : : : : : : : : : : : : :
    孫権の嘆きと悲しみは察するに余りある                ll      |:/   !/: : : : : : : : : : : : : : : :
                                                !      |'  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                                   _  /: : : : : : : : : : : : : :-=≦三
                                                     /:i:i:i:>': : : : : : : : : : ..z≦三三三三
                                                  ∧i:i:iⅩ : : : : : : : ィ≦/三三三三三
                                                  ∧i:iⅩ: : : : : : :/三/三三三三三三
                                                   ∧i:Ⅹ: : :. :.:.:./三 :/三三三三三三三
                                                   |i:Ⅹ: : : : : /三三/:三:三:三三三三三
                                              Ⅳ: : : : :/ニ三三/三三三三三三三三
754 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 22:26:05.70 ID:KeuZRhDlo
呉が愛してくれた孫登は死んだ。 何故だ!
753 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:25:03.40 ID:o0EUkVkXo
【紀元241年5月 呉首都 建業】

 〃
/ /              /           / ,   ,          '、
 |     ,    i  l | {   /      / /    }   i       !
 |  _/  {    _j_j _j_j厶  〃   __,] 厶」{   厶_ _j/     |`ヽ
 l /亅  '、  |j{ 爪{__j  i{    /_j厶xzえ 厶]  〃      }  }
 }′| '、 ヽ _」xV≠ミtl ハ    / 〃 x-=j厶代_j/      l /
   |  ヽ  ヽ、V{_rK厶!/  Vi / ″ {_,rK_]} 」V       レ'
    '、 ハ  iト|r_y~,う   |/    r'_y-=ニ_'7   ,/     |
    V 小Vハ Y⌒′  }        `^⌒Y゙´/ _,〃      |
   // | トl八                i / ///     {
 厂 ¨  ・…┴-=ミ、      ヽ          /´/〃      ∧
_厶             ` ー-、_ 辷=‐       ゜///     / /  '、
  '、              ̄{─     // 〃    /}ハ ヽ \
   ヽ                l     ≦イ //  イ  /   rヘレ'
   _厶                l¬^´   ヽ ∨/ }/\ /{__厶
    _厶             '、        Vハ    / ∧ /


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫登の遺書と言うべきものがある。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .これは孫登が絶命した後、孫権の手に渡った
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
755 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:26:18.47 ID:o0EUkVkXo
【孫登の遺書(一部抜粋)】
┏──────────────────────────────────────────┓
 臣は真に罪多くして、重い病にかかり、体力の衰えから考えまして、このまま命を落とすと思われます。

 みずからが死ぬことを惜しみはしませんが、
 子としての孝養を尽くさぬまま、腐肉を大地に埋め、永久に宮闕を仰ぎ見ることもなく、
 日々参内することもかなわなくなって、生きては国家のために何も尽くすことができず、
 死しては陛下に深い憂いをお与えする。

 このことを考えると心が塞ぐ思いが致します。
┗──────────────────────────────────────────┛
                                              . - ──- 、
                                          ,. '"´ ̄ ̄ \    `ヽ、
                                          /    ̄ ̄`ヽ、\     \
                                       〃./`1  l l   `ヽ ヽ\ `ヽ ヽ
                                       〃 l  Lヽ_l_人   |   l    l  l
                                       | l lj    >==`ー'ヽ j ト、    l
                                       | U仁、  ヽt少   /`Y l l    !
                                         \}tり          l  |  lノ    l
                                          1く           l  |  l     l
                                         l  , -      l  |  l.  |  ト、
                                           ヽ         /ヽノ  l.  |  | ヽ
                                              \_ _ /  __l  ト、  ト、 ト、ノ
                                               l  | ヽ 「   l_ノ ヽ\\\
                                            \| ̄|__|  ,. -─  >>ヽ\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .長い内容なので、要点のみ紹介しておく
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
756 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:28:02.86 ID:o0EUkVkXo
┏──────────────────────────────────────────┓
 ただいま、国家の大事は未だ見通しがつかず、各地に潜み隠れる賊徒の討伐も終わっておりません。

 国家の人々は等しく陛下を仰ぎ望み、陛下に命をお託しして、
 危難の中にある者は安定を待ち望み、騒乱の内にある者は治安の確立を待ち焦がれております。

 どうか陛下には、臣のことなどきっぱりとお忘れくださり、子を思う凡俗の情をお抑えくださって、
 黄帝・老子の道を修められ、優れた徳の輝きをお磨きくださり、お食事を十分に取られ、
 広々と神の如きご思慮をめぐらされ、万世に伝わるべき事業を完成してくださいますように。

 そうしていただきます時、地上のすべての者が嬉しく心強く思い、
 臣も死後に何の思い残すこともないのでございます。
┗──────────────────────────────────────────┛

   /〃             |
.  /'./         ,ィ /|     /
  ′|    、   |  /.| /|   /l /イ  /|  /
   |     l  | /=|/==|  /ヽl /l=l /==lィイ
   | ハ    | | ト/'"テミ、| /  l' ,ィl'´"テト、!     /
   | l ヽ 、 ヽ,l`lK´.::::} l /     lK"´.:i! ! /   /、
   ヽ| ヽ l゙ト、 l -ゞ='‐ l'´  ::::::... 、ゞニニ'-/ィ   l/ /
       ` l `ト       l ::::::::::      /   /i"´
        |  ヽ       ',         //  /
        /|l,  ヽ.     ,.-=-、     /イ  /
.       /' |ハ  l \.   `¨ニ¨`   ,. ' l //
        // ト、ヽ / `ヽ、     ,.、‐',.、 '´| /イ  ト、
       /'  l/ヽ i、/〃>ー‐くr'r'´ ̄'、l/ ヽ | \
        _,.、-‐ヘ!´〃/     ヽヽ   メ、  /`''‐-、
757 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:29:44.45 ID:o0EUkVkXo
┏───────────────────────────────────────┓
 皇子の孫和は、思いやり深く孝心に厚く、なおかつ思慮を備え、
 その徳のある行いは清らかで豊かでございます。

 すみやかに孫和を皇太子にお立てくださり、人々の希望の拠り所をお与えくださいますように。
┗───────────────────────────────────────┛

     { {:://::::/へ /:::::://::::/i:::::::::::::::: l‐、`ヽ-ヽ
     ゝ`′::/ ::::/ i::ハ::/::/ i::::::::::::::i:: l::: l:::: lへi
     ヽ:: :::i :::::/ :i‐〉:!∨--|:::::::::::: l::ノi:: l:::: l:::: |
      { ::::_i :::/ :::下‐込下、 ヘi i::: /-/:::/:::: l::::: l
      i ::/'i ::i  :: i`、廴リ   /./下ミx i:: /::,: /
      / ::トr| ::i/  i       / i 廴リ /:/: //
      /.:::::ヾ| ::::i  i           /    ムィ ' ´
.    / ::::::::: | ::::l :: l        __     /:::: i
   /.::::::::::::::| ::::l :: l      ´_ `  /:::::: i
   /.::::::::::::::::| ::::l :: l` 、      / i:::::::: i
.  / ::::::::::::::::::| ::::l :: l    ` _ /: | i:::::::: i
 / : ::::::::::::::::::| ::::l :: ト 、 _ __ i´:::::: | l:::::::: l
./..:::::::::::::::::::::::| ::::l :: l` ‐-|| || |::::::: | l:::::::: l
::::::::::::::::::_/| ::::l :: l   `|| || l、::::: | l:::::::: l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫登はこのあたりから後事を託すべき人々を列挙し始める。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .彼が可愛がっていた弟の孫和、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .次いで賓友たちの名が記されている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .主だった人物のみ紹介しておこう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
758 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:31:16.89 ID:o0EUkVkXo
┏────────────────────────────┓
 諸葛恪は、その才略は広く通達したものであり、
 その器は輔弼の臣として時務の処理にあたるに十分にございます。
┗────────────────────────────┛

          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーゝ
            l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:_ノ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ l   /ァー--ィ:::::::::::::::::::::::::\、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::l::://  ー 、  "   ノ /ノ) ヽ:::::::::::::::T
           l::::::::::::::_::::::::::l:/ヽ||.       \      ̄   |::::::::::::::::|
        |::::::/r- |::::::::::トL      r‐t:::.、\   _    ノノ::|:::::::Y:|
         |::::::| l ゝノ レ:::/ヾ         ヽ::ノ  \_ ノ    " |:::::::|::ト
        ヽ::::l ゝ-」 |::/                  r-、―' |::::::/ ヽ
         |::::l    l|.                      l. T::::::ト, l::::イ
         ゝ:::`ーフi                      ヽ`ー' /::ノ
    _ ___   |::::::::/ !            __   "/   /ー"
  /;;;;|ー- 、\Y-'"             /ー-、ヽ、      /
_/;;;;;;;;;;\ー、 ` /                /-'''、;;;;;;;;;ヽノ     /
\;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`ー┐     '、      `ー-、l;;;;;;;/    ./
;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ヽ     \       、__`ー"    /
;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ L_     、\         ,,-'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`Zー、   、,`ヽ、     /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ └-- 、 ` r-`ー-- '"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   `ーイヽ ̄ゝ`ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー- 、 \ ̄`ヽヾ;; ̄ヽ
759 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:33:27.56 ID:o0EUkVkXo
┏─────────────────────────────┓
 張休・顧譚は、それぞれによく切れる頭脳を持って的確な判断を下し、
 宮廷にあっては主君の心腹としての務めを任せ、
 地方に出ては主君の手足として働きを示すことができます。
┗─────────────────────────────┛
        . ‐''"´ ̄`´ ̄ ̄`''‐、
       / /       ヽ.  ヽ
      /   /  ;  .l  :;   i  i   ヽ
    /   l   l   l  l  l  |   ヽ
    /    { _,_l|_l|,_,l|,_|  l    i          どうしてこうなった
   ノ   .「           ̄i      l
    {/   {  ○     ○  ノ   i   l
    l,   ミ.            l   :l   |.                 __/"´ ̄ ̄ ̄` '⌒ヽ、
    `ー、 f`  \__/  ´フ _./-ッ''′                /      ,.ヘヘ    、 \
      `ヽト、  \/    ,.`''Z-‐'´                 {      f,. -‐┤     }: }
         ` 、..    .イ. /                      )/ / ノ=={ l  l  |:/
            |` ''''"  レ′                     f´/   /   ___,.ゝヽ|ヽ| ト{
         -‐ヘー-o--‐ツ''ー-                    ヽ、   j≧ <ノtェァ j   ∧ !
            ヽ   /                       | /:{  l     ヽ  /i )l `i
                                       .l l:::::l  |      `i `i:':::::ヽ!
                                       .ヽヽ::::| `__    u | l:::::::::::::〉  
                                         | l::::ヽ´ ‐ `    | l::::::::::::〈
                                          | !:::::::ヽ--- / / ./:::::::::::::::\
                                          |l:::ヽ!:::::|`   〈 <:::j\:::::::::::::〉
                                          |l:::::/ .j     〉 /:/⌒ ̄ ̄`ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       また、孫登は彼らを推挙する理由として、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .日頃から共に孫権に仕え、能力と実際を承知しているためと述べている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       次に国政の問題点にふれた後、それに対処できる人士の名を記している
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
760 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:34:30.17 ID:o0EUkVkXo
┏──────────────────────────────────┓
 陸遜は、当面する時務の解決に全力を尽くし、生命を賭けて国家を憂い、
 公のために心を苦しめて、我が身のことは省みない立派な節操を持っております。
┗──────────────────────────────────┛

     /,,,;-</(<必>) -二       (<必>)  ヽ
   / / /  ./ ((  ((           )) (( ノ |
   / / ./ ハ /   /         l ハ   / |ヽ
  l | | |  | l .| l  / l |l | ll  | |  | | l |//  ヽヽ
  |ヽ l   |  | || / | |l | ll  | |l | | l i / /i  ゝヽ ヽ
   l .ヽゝ   ll l  |l |  |l | ll l .| || ||l ノ | | l  \ ヽ\
   λ ヽ  ヽ |  |  ! .|!l l  ll l| | l| レ l | |ゝ    ヽ
  / l\    い ヽゝ (( ll |l l|-ー┼レノノ / l | \    ヽ
  .| |  〉 /  〉Ynnヘヘ,,ハ リr'''゙゙゙゙゙''nn、/ ハ .| ヽ  ヽ \
 / | / / / / >/.l |必/ / ヽゝ_゚_ノ./ /、 (   |    \丶
/ /    /.Y 〈 .! \l | .  〉.〉 /./ / l ヽ  ヽ    |l )
  / /   ハ ヽハ ヽヽ   ヽ__/ ゙''゙ '' // l | \ ヽ   リ
../〉 l  | 〈--、  \     .l l    / ,.、┐  ヽ )  /
  ハ ヽ l  > 〉 _rf゙'-z_r-,/r-u-z_/ーz(  .( | l / /  /
// ヽ ヽ |/ └┘T l l / / κ  l l  /」  \l// / / l
 l  \/     .| .! l / /ハ  l l  .l     .ヽ/  //  l
    〈  __  .l   / /-'い    .∥ _   .|l | |  l |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       その筆頭にあがるのが陸遜である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .この陸遜に対する評価は、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       孫登が彼をどう見ていたかがうかがえて興味深い
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
761 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:35:40.91 ID:o0EUkVkXo
┏────────────────────────────────────────┓
 諸葛瑾・歩隲・朱然・全琮・朱拠・呂岱・吾粲・闞沢・厳畯・張承……

 これらの者たちは、国家のために真心を尽くし、政冶の根本に通じております。

 それゆえ彼らにお命じになり、現在取るべき方策を言上させ、諸制度の苛酷と煩瑣を除き、
 兵馬を慈しみ育て、民衆たちを労ってその心を和らげるよう努めさせるのがよろしいかと存じます。
┗────────────────────────────────────────┛

       _,. -─-- 、_
   ,.. -‐''´      ミミヽ、_
   (r''"       ` ーヾミ `ヽ,
  r'´  ミミミニ=-   ,..彡  i'
  ! 、_ ミミミ  ーー_;:'彡;:イ´  liヽ、
  ヽ、ム'=:;;;;:─==:;;''ー"j     }
   、'i'"ィtッ゙ヽ  ゞ='゙`'  } ト、 ,r'               ∨ヽ、   ⌒ヽ、                   l
    ヾ!   /.::..      ! |ミ'i ノ                }  `     .,ヘ     }   __       l
    l   〈 ::::::    ヽ''  !;リ〈                 {         / ゞ    ノ ノ´  ` ,:      l
    <,|  ,.---:;;、.   ヽ,丿 ,l                 ゝ、      /  {〃イ , - '"     ∨:    j
     'i, '` ::::.. ′  ノ<,  ノ、_                  ミ    /   ヽ !リ           ∨:  ,'
      ヽ      ,.‐'´/-クヽ   ) ,                 ∨   ,'      {             ミ:  ,'
     __〉ー--‐',..:ニ´ / ゝ,、 ー'ノ                  ∨ l <≧-.、,,_   {_,,、-≦千> j: ,'
   _,.r'ン / `てY  } /   | `ヽ、`i_                ∨lj  ー tァー ヽ ヾ"¬tァ ー  lヘ,'
                                       !K:!  Y⌒   l  `^⌒Y゙´  j_)}
     呉 衛将軍 全琮                       .l(l:!       j      i    |)/
                                       ∨j  。     ヾ;>         j イ
                                        ヾ、      ______       /|:リ
                                         リヘ    ´  ,,,  `  r‐<j、ノ,,,____
                                     ____| l|\          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
                                   i´::::::::::::::リ| \ ____/|:.:.:/,、,、7:.: /
                                   |:::::::::::::::::::::|  ,、r─ 、____ /:.:.:ム゙'゙'/:.:./

                                         呉 左将軍 朱拠
762 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:36:31.60 ID:o0EUkVkXo
┏─────────────────────────────────────────────┓
 そうされました時、五年から十年のうちには、遠方の者たちは御国に心を寄せて参り、
 お膝元の者たちも力いっぱいに努めて、兵器に血を見ることもなく、天下統一の大業を成し遂げられるのです。

 臣は聞いております。

 鳥が死に臨んで発する鳴き声は哀切であり、人が死に臨んで発する言葉は、邪心のないものだと。
┗─────────────────────────────────────────────┛
 

  /    / /  ,   /  i \ヽ丶
. /    / イ    イ   イ   |   ヽヽ 丶
    i / //   〃  / |   |    ', ヽ l
.   レ / i    /!   i |   |    |  l |
  ! Y  {    i |   | |  ノ     _亅ノ l
  |亅',  |  ┼t- 」_ し   ‐ニ、 卞 _ノ
  了,| L_ト、 _ノ,ィ'f jヽ     , イj リ { |
 ! {1|    l   弋ソ,     l  ー'  l |
 |代_|   i ',     ̄       ヽ   l |
. i   |  | ',          '     |
  | i |  |  l        r‐‐ァ   /i |
  | | !  l  ト、      ー‐   イ | |
. │| l   ├1   ‐ _     /| |  | │
.乂 川    ト、 _     ニ…└、 |│从 ノ
763 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:37:32.39 ID:o0EUkVkXo
┏───────────────────────────────────┓
 どうか陛下には、臣の言葉をお心にお留めくださり、お取り上げ頂きますように。

 そうして頂けますれば、臣は死にましても、生きておるのと変わらぬのでございます。
┗───────────────────────────────────┛

 〃
/ /              /           / ,   ,          '、
 |     ,    i  l | {   /      / /    }   i       !
 |  _/  {    _j_j _j_j厶  〃   __,] 厶」{   厶_ _j/     |`ヽ
 l /亅  '、  |j{ 爪{__j  i{    /_j厶xzえ 厶]  〃      }  }
 }′| '、 ヽ _」xV≠ミtl ハ    / 〃 x-=j厶代_j/      l /
   |  ヽ  ヽ、V{_rK厶!/  Vi / ″ {_,rK_]} 」V       レ'
    '、 ハ  iト|r_y~,う   |/    r'_y-=ニ_'7   ,/     |
    V 小Vハ Y⌒′  }        `^⌒Y゙´/ _,〃      |
   // | トl八                i / ///     {
 厂 ¨  ・…┴-=ミ、      ヽ          /´/〃      ∧
_厶             ` ー-、_ 辷=‐       ゜///     / /  '、
  '、              ̄{─     // 〃    /}ハ ヽ \
   ヽ                l     ≦イ //  イ  /   rヘレ'
   _厶                l¬^´   ヽ ∨/ }/\ /{__厶
    _厶             '、        Vハ    / ∧ /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .遺書を読んだ孫権はいよいよ悲しみがつのり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .孫登の話題が出るたびに涙を落としたと伝えられている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
766 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 22:40:09.78 ID:XUk535uSo
呉は2代続けて、弟に横滑りということになるわけだ。
767 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 22:40:31.82 ID:WrH+/seH0
何という見る目のある皇太子なんだ……
764 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:38:13.01 ID:o0EUkVkXo

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    孫登は死の間際まで呉のことを思ってたのかお……
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /
                                                / ̄ ̄\
                                              /   _ノ  \
                                              |    ( ー)(ー)
                                           .   |     (__人__)
                                               |     ` ⌒´ノ
    呉にとっては重大な損失ですね。                     .l^l^ln      }
                                           .   ヽ   L     }
    彼が亡くならなければ、                            ゝ  ノ   ノ
    二宮の変自体起こらなかったでしょうし……               /  /    \
                                             /  /       \
                                           . /  /      |ヽ、二⌒)、
                                            ヽ__ノ
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      しかし、孫権が孫登の遺言を守ったかと言えば、かなり微妙である。
        `ヘ:ゝ   _     小/      
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       それに関しては追々述べていこう
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
765 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:39:35.72 ID:o0EUkVkXo
【紀元241年6月 呉 荊州 公安】

        _, -'´         ` ー 、
       /                `ヽ
        !                  ヽ
      /                    ヽ
     /    /⌒ヽ、      /⌒ヽ     ノ
     {     {    ` ーl、 ,.く    ヽ  /
      ヘ    j      _ノ!|リ リ     r  ヽ
     ヽ.  /       ̄ノ′     ヽ   }
      l  } ´ ̄`ヽ、 _,    _,. -― ヽ!  /
      レ、 j  ヘニハ   /´ ヘニ'ヽ  {rく
        { ヘ {        |ヽ      j ア !  
      ヽ l !          !       !/ノ
       ヽヽ      r_ヘ      /´    
         ´l、  -=' _ヽ=,   /
            |ヽ  ´ ̄-- `   ,イ
         _!  \        / .!__
        l  ヽ __ ヽ _ / __ノ  l
        |     ̄ TT  ̄    |

         呉 大将軍 諸葛瑾

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .赤烏四年の呉では訃報が続く。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫登の死の翌月、大将軍の諸葛瑾が死去。享年六十八。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       蜀の丞相諸葛亮の兄であり、故に同僚の嫌疑を受ける事もあったが、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .仁義に厚い人柄で孫権・陸遜からの信頼は不動だった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
768 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:41:44.51 ID:o0EUkVkXo
【紀元221年頃 呉首都 武昌】

      '                   : . : : : ',
     ,'  . : : . :   .  . : .  .     . : : : : : :.}
     / ィ . : . . :.i  . : : . : : . : : . : . : . : : : : : : :|
     i/ | : : : : : |、. イ: :i!. : : : . : :、: .ト!i: : :/: : : :i: :.|      .虞翻め!
      l : :i: : : : |z≧V、',: :∧: : ∠リ-ヽ:/: : : : :|:. :|      
      ',: ∧:i\ヽ辷j`ヾ∨ `∨{.ィ::}``イ: : : : : i.}: :|      度重なる無礼、もう許すわけにはいかん!!
       V ヽ: :ハ`` ̄     ` ̄´ //: : : : :l: : :l      
        ∧: :.ハ     !      /ィ : : : :,': :i:.ハ     .あいつは斬罪とする!!!
        /.イ: : : \   __     /./ . : イ/: : ',ヽ',
.       /' | : イ: i: .\  - `  .// . :/: リ: :l: :', ヽ
        ∠:ハ/イ: ',. \__   '  ィ.イ./∧:∧ト、ハ
         リ__... 」- }  \  /´ / /イ\V ヽ. `\    .   /       ,                 `ヽ
  , -‐ ´ ̄ ̄     |   , ,'   ' l:::::::`ー-- 、_      /     /  ゙ヽ、               |
                                     {,/ィ 、‐'"      ヽ                ヽ
                                     〃|lヾ;、_      ,,.ゝ            ノ
                                     {i !ヽ、   ,. --、ヽ,    __        /
                                      ヽ.l ヽ 、_,='‐t;ッ   l r'´ ヽ     r'
                                   .    `i         u |. ヾ f ) |      ノ
                                        |           j  }, ゝ人     ソ
   (まずいな。こういう時は正面から諌めると逆効果だ)     /        ノ ,,ノ ‐'   ヽ、r'゙
                                         ヽ-;      ,.-‐―一 < ̄ ̄ i
                                          丶- 、.. / -'"´ ̄ ̄ ` ` ヽ、 l、
                                             `! /            ヽ!
                                           y'                  \

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .生前の諸葛瑾は孫権を諌める事が上手だった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .彼が孫権に何か進言する際は、決して強い言葉を用いず、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .孫権が意見を聞き入れないなら、別の事に例えて同意を求めた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .これによって孫権が翻意するケースは多かったりする
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
770 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:48:12.25 ID:o0EUkVkXo
【紀元230年頃 呉 交州 蒼梧郡】

.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |      
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!    . 諸葛瑾殿は仁に厚く、
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ     天の法則を体現して万物の命を大切にしている。
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ     
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ      あの時はあの方に弁護して頂いたおかげで、
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _       なんとか一命を取り止める事ができた
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |      .
           _,.> 、__, -‐',コ |        |
        「f´ ̄   ∠∟-‐''´ | |      ,. =‐ |
        | |     |       | |    /  -='
       | |    ,  j      ,>ヽ    /_ -‐`ー─
      _,.ゝニゝ/ / `ー---‐ '´  〉〉 / '´

            呉 儒者 虞翻

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       虞翻は、そうした諸葛瑾の進言に救われた一人である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .彼は知人に送った手紙でこのように言っている
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
771 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:48:49.90 ID:o0EUkVkXo

          ///////////////////////////////ヽ
.        /////////////////////////////////∧
        ///////////////////////////////////.ハ
.      ,イ//////////////////////////////////// l
     / /////////∧lヽ/////////////////////////l
.    l ,'////////ノ l \///////////////////////.l
     l///////-、   ヽ  `ー、////////////////////l   
      ∨/// l ‐ェ下、 \  -==- 、ヽ////////////l 
       \//l 、セ_ l    ´セシ `ー  l//////////// ただ、俺は悪事を重ねて罪は深く、重い不興を被っている。 
         ヽl    ,       ̄    </, -、//////
         ,ll   ヽ          l ソ///////   祁氏の老人に劣らぬ諸葛瑾殿の援助はあっても、
            ミl    _          ///////∧   .俺に羊舌肸のような徳がない以上、赦免は難しいだろうな
       __ヾ 、     ̄`     ',ー/////////
       |      、         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
       |      丶_  - ´._|          |
       |      |三`ー=ニ三三|          |
  / ̄ ̄7、     /三三三三三三.|         /
. /── ´   ̄/ /三三三三三三 /        <__

────────────────────────────────────────────────
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \              
 |    ( ●)(●)             なお、今出てきた祁氏の老人と羊舌肸は、
. |     (__人__)             .祁奚と羊舌肸という春秋時代の晋の人物です。
  |     ` ⌒´ノ             
.  |         }              羊舌肸が捕らえられた際、
.  ヽ        }              .祁奚が彼の釈放に尽力した事で知られています。
   ヽ     ノ              .
   .>    <                .春秋時代における美談の持ち主たちです
   |     |
────────────────────────────────────────────────
772 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:50:01.17 ID:o0EUkVkXo

        _  _,.. ---ー--- ..,,
       ゞ‐'´         `ヽ、
      /               \
     , '            ,、      ヽ
    /             ハヘ i      ヽ
   !            /ノヽ ヽィ、      ',
  l         ィニ'.,´_  ヽ ヽヽ ヽ   ',
.  {        /'1' ,.-r:cテ=ー ヽ_ーヽ   }
  ',          !   ー`=    r'1;Pj`リ  l      さて、と。
   }         {  ''      ヽ ー f'  /
  i         、ヽ_      r_ィ'  i´ /       .また経典に注釈でもつけてみるか。
  1     ri   ヽf    ー---    !ノ
   ヽ     ヽ、_,,. ノ      -     / ゝ        今度は『老子』にするか『論語』にするか
    ヽ、   `フ'´ ヽ _      / l´   
     ` ー-,-'-―‐、 ヽ ` ー , _ ィ , ‐'
    rー '´     |l_`_-__!ェ '_´,, -、   
     ヽ         |l     l      |
     ゝ-、 __   l.l      l     リ
-― '' "´   `ー_ `/ヽ__    l-、   〃
 ー- ..,,,,_   /_   ヽ` ー= ' |   ̄ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .虞翻、字を仲翔、会稽郡余姚の出身。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .『易経』の注釈を著すなど高名な儒者として知られたが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       孫権と何度も衝突した結果、交州に強制移住させられた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .追放された後も学問教育に熱心で、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .その門生は数百人に上ったと言われている
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
773 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:51:24.17 ID:o0EUkVkXo

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:. /:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:. /:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !  交州に生きること十余年、
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./    赤烏二年(二三九年)頃、七十歳で死去。
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /     虞翻を懐かしんだ孫権の命により、
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!        彼の柩は故郷に運ばれて埋葬され、
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./         .その妻子も故郷に戻る事ができた
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、                  ____
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ                /      \
                                            /─    ─  \
                                          / (●)  (●)   \
                                          |    (__人__)      |
     そう考えると諸葛瑾は潤滑油みたいなもんだったと      \   ⊂ ヽ∩     <
                                            |  |  '、_ \ /  )
                                            |  |__\  “  /
                                            \ ___\_/
777 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 22:58:26.46 ID:XUk535uSo
虞翻も相当のサドだからなあ…

麋芳を投降させたくせに、投降者め頭が高いとばかりにたびたび麋芳をいびったのは、
不快感しか感じなかった。
774 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:53:52.78 ID:o0EUkVkXo
【紀元241年6月 呉 荊州 公安】

      /                   
     /    /⌒ヽ、      /⌒ヽ    
     {     {    ` ーl、 ,.く    ヽ  /
      ヘ    j      _ノ!|リ リ     r  ヽ
     ヽ.  /       ̄ノ′     ヽ   }
      l  } ´ ̄`ヽ、 _,    _,. -― ヽ!  /    つくづく元遜が心配だ。
      レ、 j  ヘニハ   /´ ヘニ'ヽ  {rく
        { ヘ {        |ヽ      j ア !     .あいつは頭の回転は速いがどこか危うい。
      ヽ l !          !       !/ノ
       ヽヽ      r_ヘ      /´       お前があいつを助けてやってくれ
         ´l、  -=' _ヽ=,   /
            |ヽ  ´ ̄-- `   ,イ                       ,. -―-――‐-、__
         _!  \        / .!__                     / / Wl ,.=y=、 !、l、ヽ
        l  ヽ __ ヽ _ / __ノ  l                .    lイ /ヘ/Vトl   Nlヘ∧ハ
        |     ̄ TT  ̄    |               .    ゝ: 、{\l_`  ´_lノ| : : l
                                           `vヘ'´ヒッ`   ヒッケ7^K__,
                                          ゝニヘ.{       、ソ:<,
                                          `z‐- 丶、 __   ∠: :‐≦
                                            `¨_フゝ TiT」`≦ ̄
      あの兄さんが私の言う事なんか聞くのかしら?          f´, -‐'.コ八{⌒ヽ:}
                                            ∨、 「: : |  i三!`l
                                            _/  }\_|_  j l
                                           ノ:\/ゝ<土>(___h
                                            〈: : : lノ /: 〉   l : : |

                                           呉 将軍 諸葛融

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .話を諸葛瑾に戻す。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .彼は遺言で白木の棺に遺体を収め、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .葬儀は簡略に心がけるようにと命じている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .次男の諸葛融が父の爵位と兵士を受け継ぎ、引き続き公安に駐屯した
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
775 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:55:20.13 ID:o0EUkVkXo

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |     なんで次男の諸葛融が?
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/     .諸葛恪は親父さんから嫌われてるのかお?
     |        ヽ
     |        |

                                              /.:.:.         \
                                               /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                             /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                             /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                           /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                            N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     そうした面がないわけではない。                     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                                                `ヘ:ゝ   _     小/    
     ただし、これには理由がある                          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    
                                              _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                            /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
                                            /  | l:l   l     l   l::l l  
                                            l  ヽハ    l    l  //  |
776 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:55:58.85 ID:o0EUkVkXo

                                     寿春          広陵  `ヽ
              樊城                     ○          `´○     `ヽ
              ○                      合肥      ,-、 ,-‐‐、      `i,
             ○                        ○     /´◎ ~   ヽ,-‐‐-、  _,、`ヽ,
            襄陽                        ,-,_, 、,  /´建業    ,、 ,、   `く,!~`=,-`
 (三峡)                                   `ヽ‐´  i   ,~ノ  ~´‐,‐~=, ○ ヽ`ヽ,~!
,_,、↓_,,                                    ,、,i`~○ ゚o    (,  {,_呉     ヽ,  
´ ~´ `~ヽ-、 西陵         夏口            皖○ _,|  牛渚      `‐´~    ,--`  
       ヽ,,○  江陵      ○ ,/ヽ‐i,_          _,i‐´                  ,-‐´  
         !-~`-_,○       ,、/ ○ ~!,_       i´                ,=,‐-´,--、
            ´‐i       _,,-` 武昌  ヽ,_    _,‐´                  `~´    ヽ,_,___,`
          公安○!‐‐-ッ/~~○陸口       ~`´}~                           ,/´
           ,、、,  ./‐´|           柴桑○/~!,_         揚        州    i=~‐
          /  ~~~  丿                !  ,、,i
          ヽ,    ノ~                 !,_|.
     荊     ~ヽ‐i,_/   州

┌────────────────────┐
│●丞相         顧雍            ...│
│●上大将軍・荊州牧 陸遜   (武昌駐屯)  ....│
│●大将軍        諸葛瑾 (公安駐屯)    .│
│●驃騎将軍      歩隲   (西陵駐屯)    .│
│●車騎将軍      朱然   (江陵駐屯)    .│
│●衛将軍        全琮   (牛渚駐屯)    .│
│●鎮南将軍      呂岱   .(陸口駐屯)    .│
└────────────────────┘

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .呉には世兵制と呼ばれる独特な軍事制度をとっていた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .これは呉の将軍たちが私兵を率いて各地に駐屯し、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .その駐屯地と私兵を親子兄弟間で継承していく制度である。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .広大な呉領の防衛と開発を行うための制度とも言える
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
780 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 23:01:16.41 ID:m3oY64KRo
言い換えれば、中央の弱さでもあるがなー>世兵制
778 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 22:58:37.95 ID:o0EUkVkXo
【紀元239年頃 呉 揚州 濡須】

      _ .   "            `  ‐ 、
   i'::::::::;:ー - ;::.,. __..             ` 、
  、,:! ィ'   . : ; . .  ヽ.             ヽ
   ,:', ;  , i ;:. :i、lヾ:、:、 ゙、::::::....           ゙、
 //,i' ,.::l i!;l.!.:| ,il.:;ヾi、;:...i:::::::::::::.         ヽ
/' /ハ! i:::i:ll:|,:ィ,:、 ソi:::j` r;:.::::::::::. .:.       :;
  |' l !:;:i゙:i' l:j,!ヾ 、.‐- ‐' |:゙、::::::::. .:::.  ...::::::::::::::/    
   ノ人iヾ!ノ       ,i,:. ;ヾ:::::::::::....::::::::: ::::::::::i      私が死んだ後も、
   '  ゙、l ヽ     ,イ;' / ノ;!::::::::::::::::: .....::::::::::::i     あの子を守り立ててやってほしい
       、  、_.    i;' ノ;:'::::::::::::::::::::::. .::::::::::::i
        ノi;、     |! /::::::::::::::  ......:::::::;;;::::;!
         i|ヽ      /.::::::::::::::::;::ィ;:i_'|;. i  ヽ
             ゙ 、,.... .ィ'r-‐‐‐-,'... : '.., :{;!:, i  ;
                                           /\___/ヽ
         呉 前将軍 朱桓                      /''''''   '''''':::::::\
                                       .  |(●),   、(●)、.:| +
                                       .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                       .  |   ´トェェェイ`  .::::::| +
               勿論でさぁ!                   \  |,r-r-|  .::::/     +
                                       ,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
                                       :   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
                                           |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       先に死んだ朱桓の例を見ると、子の朱異が後を継いで兵を預かる。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .また、朱桓は面倒見が良く、配下の評判も上々だった
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
779 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:00:13.51 ID:o0EUkVkXo
【紀元227年冬 呉首都 武昌】

        /         /    /  /    ! }     }
        l           / -一  、-‐ '       |ノ     |
         |    __ 、  /     __ \    _ ノ  ノ    !
       i   / ,..,_ヾ, /     r;j`ヽ       ,ゝ-= _ノ  |
       ヽ,  | { f  '               _  ゝ、__   /    父上の棺は持ったかい?
       、__} ヽヘ j                  r;jヽ/` ‐- /
         \  `ーi             、  / ノ‐'´     準備ができたら寿春へ出発しよう
          ヽ`   |           __      ├'´
        ┌‐一゙'‐‐┴‐‐┐       `    /
         |          | \          /
         >、       ト 、 _ ヽ、    _,. '
 ,.-‐ヽ'" ̄    \       !   ` ゙ `ニ-ゝ`ー、 __                  /\___/ヽ
                                             /''''''   '''''':::::::\
          呉 将軍 韓綜                         |(●),   、(●)、.:| 
                                            |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                          .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| 
                                             \  `ニニ´  .:::::/ 
               心得ました                    ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                          :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                              |  \/゙(__)\,|  i |
                                              >   ヽ. ハ  |   ||

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .朱桓の例に見るように、世兵制による将兵の結束は非常に強固だ。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .例えば、宿将韓当の子で魏に寝返った韓綜は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .配下の将兵とその家族を引き連れて魏に投降している。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         将兵の関係が一種の共同体のようになった感がある
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
781 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:01:58.07 ID:o0EUkVkXo
【紀元241年6月 呉 揚州 皖】

           /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       i::::::::::::::::/i:::::(‐、;_ヽ-、ヽ::::::::::::::',
       /::::::::::::::イ、| ヽヾ~" `'゛ `t ト、::::::::',
      /::::::::::::;::|        ,、‐'' ` 'i::::::::',
      |:::::::::::┌!     i ./‐-i、,,   7:::::::〉
      `|::::::::/ _,,、->_ '-ニ'`ゞ-'' ゛ ‐'ッ_::::|_           太子の次は父さんか……
        |::::::ゝ'゛7、i )i 〉i "''      "'!i゛ i
       '、:::::::`ニ_'‐`"´ /iii-、          |!i i           あいつに公安を任せるのは不安だが
        \::::三_   〈iiiiiiヾ´       |.j/
         ヽト"''      /`"',,ッ    |
           !、ゝ.    〈,,、-‐~      /|
           ヽ,ゝ、    "~´     / i
              \       /   i
                i`ヽ、 .,,___/  _,,,|...,,,___
                  i_,,..、-,―ニl ̄ |     〉 i`、
              /    i |iiiii|   |     i .| | 

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .さて、諸葛瑾のケースである。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .諸葛瑾の駐屯地と軍団を引き継ぐのは、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .本来であれば、長男の諸葛恪のはずだった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .しかし彼は、若い頃から才気煥発で山越討伐で功を立てたため、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .父とは別に爵位と兵を授かり、当時廬江郡の皖に駐屯していた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
782 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:02:55.89 ID:o0EUkVkXo
【紀元241年6月 呉 荊州 公安】

         ,.-――‐- 、_               ,.、  ,.
       ,r'´ '⌒   ̄  `ヽ、               l l ./}  ,
.      //   .  r;;;;ヘ. :. .   ヽ          r,  j l_///ノ
      { l .  :.::. :{´ }:.,::.:: : j: :リ         ', '、/__ ´∠-っ
      j l:.:: :.::、ヽト;!  jル1イ/:ル          ヽ ヽ  ` r'"´  秋と冬は狩猟やってみっちり訓練するけど、
   ゝー'′ゝ、:`r= ` 、'´`イ:::...`フ        /{j  '  ./    .春と夏はいっぱい宴会開くわよ!
   ヾー-;;::::ヽヽ`    _  ノ::‐;ニフ        / 丶、_∠、
    `て;;__,`r 、 てノ,.ヘ;‐''´_,,..._      j,. -―、  /    .みんなも友達とか連れて来なさい!!
       _,.┘`''┐ ー1'´  ̄ _/ 丶    /    ヽ /
    _,.-''´     ト、 rll  ,r'´  _,,..ヘ   /    /'      上等な果物と酒用意したげるから!!
. r''"ー- 、_   」`ー1|/ ヽ, ィ´   `‐ r'     /
  l      j  ̄「 ll  ll|   /-、    ,イ     /
  」_,,..-‐ 「   |  ll ll !    {`''‐- 、_     ノ                  /`ー──一'\
 {    _r''´    |  ゙l,/  !   |    ヽ、_/                  ,r(●)(、_, )、(●)\
./  //l    ノ ,「~~l `ヽ、  l                         .|  '"トニニニ┤'` .:::|
                                            .|   |   .:::|  .::::::|
                                            .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
                                             \   `ニニ´ ..::::::/
          さっすが若は話が分かる!                ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
                                          :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                              |  \/゙(__)\,|  i |
                                              >   ヽ. ハ  |   ||

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .諸葛融が父の爵位と兵士を受け継いだのには、そんな理由がある。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .彼は諸葛一族では珍しく華美を好む人物で、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .賓客を招いて盛んに宴会を開くなど、人受けの良い人物だった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .典型的な良家の子弟だったのだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
783 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:05:12.78 ID:o0EUkVkXo

                                                        ___
                                                       /      \
       でも、こういう制度だと、中央と地方で齟齬が出るのも当然だお。    .   /⌒   ⌒   \
                                                   /(● ) (● )   ヽ  
       これじゃあ、国家というよりは豪族の連合体じゃないのかお?       | ⌒(__人__)⌒      |
                                                   .\   `⌒ ´     /
                                                      /             \
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     ちなみに、以前の韓綜の例のように
. |     (__人__)     .呉の将軍が軍団ごと寝返るケースは他にもいくつか存在します。
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      .また、世兵制によって有力者が地方に出払った結果、
.  ヽ        }      中央の混乱に歯止めが利かなくなったのを考えるとデメリットも大きいですね。
   ヽ     ノ      
   .>    <        陸遜や歩隲のような重臣すら首都から離れた武昌や西陵にいるわけで
   |     |       .
    |     |
                                               /.:.:.         \
                                                /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
  世兵制によって地方に根を張った将軍たちは、               N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
  開発によって中央に頼らなくても自活できるようになってしまった。     .ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ 
                                                `ヘ:ゝ   _     小/   
  それが呉において中央と地方が疎遠になった一因だろう             ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
                                               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
                                             /  | l:l   l     l   l::l l  
                                             l  ヽハ    l    l  //  |
784 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:06:24.33 ID:o0EUkVkXo
【紀元241年6月 呉首都 建業】

       .ト   ィ              i    、l
     i  l_',  /_リ',    i   ,イ  ,ィ /     ', |
 i    ',  ト=V==ミ',  .∧  /z| /‐リトl     lリ
,く|    i、l'',ト-‐':}``ヽ l l  イ_,.Vテ㍉/  /   |
 |    |ヽl  ̄ ̄   V  .l/┴‐┴ ' / ./ ', .l             …………
 l  i   | `      ..:::::i      /./  !ヽl i
 .i  ',  l         .!      'イ    l  リ
.ィヘ  ',  ト 、            ,.ィ'ヽ   .l
/  ',  ト、.l` ヽ、   -──  , ' i l .l   ト、 
  ,イヽ l ' ,.l   `丶、  ̄ ,.ィ ィ  .| .リ |  .lゝヽ               〃: :/ : : : : : : : : : : : : : : : \ :. : . :ヽ
,./-┴ヽ丶 '、    | ` -イ /∠ヽ,,,_|  l /          .      .′:/.´. . .: . .: /¨⌒ヽ : : : : : : : ヽ . :. ,′
::::::::::::::::ヽ      .|  / /:::::::::::::::::::`` l/- 、              l: :.'.!: : : : : /: :,′   ヽ :.: : : : : :ハ : : {
::::::::::::::::::::\     | / ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ‐-           l/: :|: : !.|: :l: : {        `¨7 },: : l } : : !
                                       ∧: :ト、:|:.レl从 ヘ、 ___ /..:/: : : :N : :|
                                          ヽ| | ドイアミ     r =ミメイ: : : : | }: :|
                                             | l┴ ┘    レ壬ツ !: : : : l,′. !
   陛下。                                      |.ハ  ,            |: : : : l: : : :|
                                             l : : ' . ヽ          |: : : : l: : : :|
   お気持ちは分かりますが、次の太子を決めなければ……    .l: : : : ヽ 二`    . <|: : : : l: : . :|
                                             |: : : : : !∧ _ . <__」: : : : l: :  |
                                             |:. : : : :| ハ |  || | | ハ :.: : :l : : ム

                                             呉 中書令 闞沢

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       話を本題に戻す。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .大切な存在を次々と失った孫権は明らかに精彩を欠くようになる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
785 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:07:57.43 ID:o0EUkVkXo
【紀元242年1月 呉首都 建業】

            i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ、::::::ヽ
          r´:'l:::::;ィ::;:ィ::;r::::;::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ:::::::ヽr::.、
           |!:::-:ァr-rニr-''/ニ_-::/_:::l:::::::::::::ヽ:::::ヽ::ヽ、!::、)
         /::::::::::':::::::::/:::/:::::::::://ヽ`_'' ::_:::i::::il:::::|l::::::::l::::ヽ
         ゝ:::::::::::i::::/::::i::::::::::::/:::::::|/::レ::..、 、!|l::|lL:ィノ::::ノ
          |::::::l::_:|l::「l::fi::::|:::::::::::ィ:::リ::::::::::::| |ヽ| ' l::::::ィi::ヘヽ
          l:l::::|l:ff'た‐ミl:::l|:::::::/7:/ァr、::::::::l/::jj:l7レ'::/::::ノノ
          〉:l:::l ト弋:ヅ ll:|:::l://ムム.lノ`:/::::/://::::ィ:/::´}
          l::||::|` `     V |´ f:':::::リ/>::::/:::ム/:イ:::ィ゙
         l:::|:|::l     ノ    `゙'''゙‐/:::ィ'::::/ l:::://''''゙
        ./:::|/::::i     l       ‐''゙//::::/ィ::::::l/
        /:::::/:::::l::〉   、..__`      //:::::/l:::l::::/
   ,r:::<:フ:::::/j、::::|/:::ヽ `_ー'''    _ィ/:::::::/|:|::|::::|
  ./´''''ヽ、__//::l V--‐' ヘ    _. ‐ ´:.:.:l|:l:::::l|l|:|::|:::l
 .l      /::::::}/    |:.|''''' ´...:.:.:_: ィ´|||レi||:|:::l:l:::|
 |  |    /::::::::/ l     l:.l./:.:.r ''´    !|!l::::!||::l:、ヽl
 |  |   /::::ィ::/  ヽ   |:.:/      |l:||::::!|::l:ヘ::ヽミヽ
 |  .l ノ::ノ::ノ    ゝ  /:/      ィj:||:::::!|:::::::ヽ‐、:`ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .翌赤烏五年。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .孫権の三男孫和が皇太子に立てられた際の話である
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
786 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:09:00.40 ID:o0EUkVkXo

  ̄`Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_ゝl´/::::::l´
.     | ____oニニニニ二二二二二二二ニニ}       .陛下。
.     「: : : !: : : :\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
.    }: r'¨|: : : : : ト、≧=- __::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     .孫和様が太子になられた機会に、 
.    l: { { ヽ: :ヽ: ヽ 之Zこヽ 7ァ‐‐ァzr‐┬─┬‐‐'    .長年空席だった皇后を冊立し、
     } l l (\: :ト、ヽ   ̄´ /-‐ィ`┴'イノ: /: j       .他のお子も王に封じられるべきではないでしょうか?.
.   〈: ヽヽ-、 ヽ `ヽ     .::: |  /: イル'       
    丶: `ミ¨}                l  7ィノ         .これは皆の総意でもあります
      l,从ト l           _ノ  ,'
   r'1\  ヽ     /  ___ z._  ,′
  / V: : :\ \_   ! ´ ---- ` /                     /    .   .  .        ヽ
/    \ : : `ー-->、       ∠_         .           // . :、: :i: . : : : . :  .      ヽ
\     \: : : : : : : : :\ __ _ノ::::::::\                 l/: : :i: :从: ハ: : 从: :!:|: /:       ハ
                                           |:ハ: :ヽiニハi ヽ| |从|/|: .       i
        呉 丞相 顧雍                      iヘ:ヽヽi化j,    仏癶|: /    i:   、i
                                         Vヽi ̄´.:::.    ̄ ̄|/    h:  |`
                                           / 八 `__       //  :ルiノ:  リ
      そうは言うが歩夫人は死んでしまったしな         /ィ .ヘ `ニ`      レ  :/: : : . : ト、
                                          /. :/:∧      /: . .//: : : : : .ハ
                                            i: /i:/: :>_==ニ./: /i/ヘ: : : :i、i、ヽ
                                            i/ "フィ: :ハ  |. /"´  / \:、i `ヽi

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .この際群臣は、皇后を冊立し、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫権の男子たちを王に立てるよう進言している。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .これ自体は漢でも魏でも蜀でも行われており、不自然な話ではない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .ところが孫権は次のように答えている
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
787 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:10:45.20 ID:o0EUkVkXo

        /                       ヽ
      /          .:   .           丶
       }    .::       ::::.  .:. :..   :.  .     、ヽ
      /   .::: .::: .   l :::l:::.  :l:::. : .  l:.   l.  ヽ  ',.',
     /  .:::::.:::/..::   l: ::';:;::. :l;::l::.:.  !l:::.  l:.  l::. l l  それにだ。
    ノ  .:::::::::::l::/: :. :. ';. ::ハト、::::トハ::: . l1: /イ::: :: l:::. !リ
  /ィ ..::::::::::::rlイ::.:::  :.. :ヽ::',_`_ヽl__ ';:: / l∠_」::.;イ./l::: !  .今天下はなお定まらず、民も疲弊している。
  ''", ' .: .:::::::::::{ r!:::l:::.  ::. :::ト;:',`==ミ ∨  '=イl:/ lイ l::/
 ./..:;;ィ´::::::::::::ヽ.!::l::::::. ヽ. :',゙ヾ       、 /:´ i//'´   加えて功のあった者にも恩賞を授けていない者もいて、
 ,.- '/:;:::::::i:::::::i:::l::l;::';::  丶.',        ,ソ: :: l l      .飢えと寒さに苦しむ者への救済も不充分だ。
" / -7:::::::;ヘ:::::l、:トハ:::';:. :  l゙ヽ    , -ュ ': : l;: ト!
-' ´ ノ;ィ/ ト;::l ` ヽ';::';、: :. l‐ __   `7:l::: . ハl      こんな時期に子弟に土地を与えて裕福な暮らしをさせ、
  /彡'´   ii ';l  , ヘ:トヽ:::. ',   /7- '1/!:: /  `      高い地位を贈って妃たちを可愛がろうとは思わん
.-'"´     ',',.`/  ヽ`ヽ:::.', {/ `ヽ、'´ l::/ヽ.
            ',',ヽ    / `ヾ、! `- 、',',`7' 、_ ト、
        / ',',丶_/     `l   `゙ =;-⊥. ',
     _ -'´  .〉〉       /        ヽ_/ト.l
788 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:12:21.00 ID:o0EUkVkXo

          ______
          . ´        `  、
      /レl /レl   lv|  Wvト、\
.      /l, //イ//  lヘ |  ヘl ト、l Wl 丶
      ' lヘl lヘ!    `l   ヘl ヽlヘl 、ヽ
     l    , l、   ∧ . ,  l   、.l`\
     lイ   l |、ムヘ l / l 从A /l / l, |
     l.l , |、トl〒ィテ'l'   l'彳ィテkl/l / リ      だから、この話はなかったことにするように
.       | ヘ.ト l  ̄ ̄  ,   ̄ イ .イ
.     /  N l、     ,    イN ∧
    / ィ l|∧lr\  '゙゙ニ゙゙' /// ハヘ
.   /´/ ,l l ヽヽ > __ イ|´l /へトヽ
     /ヽl     \ |l| /  l′                {   ノ  \` rr'´/           ̄`i ,.-'
                                     `'ーヘ   `-´       _ -―‐_{j_」´
                                         ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __,.‐‐'´:::::::::::::〉
                                       '、______,,..ィ;エ j::/:::::::::::::;:;イ
                                       /::::::::! ´ゞ-l:/l/ ヽ ̄  彳:::;::::::::::j'/.!
                                       l}ハ::::;',   l       /''イ::::::/´:::}
             はっ!                       ヽ{ '、  '           イ:;イ´゙}::::く
                                          ` .',  丶         '´ j  >イ「
                                            ', ,rテ==ヘヽ   /''´/ !
                                              ヽ `ニニ~´  /  /   ヽ
                                              ',     /  /      ノ}
                                              '>r‐rr'''´  /     //`ヽ、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       ここ二、三年の呉を襲った
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .不作と飢餓、異常な大雪を念頭に置いた発言と思われる。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       結果、皇后冊立と諸王の擁立は立ち消えとなった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
789 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:13:04.55 ID:o0EUkVkXo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  しかし、太子を立てたら皇后はいないといかんのじゃないかお?
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    本来皇帝と皇后はペアなわけだし……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     .皇后すらまともに決められないのかと?
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

                                                  / ̄ ̄\
                                             rヽ  / ノ  \ \
                                             i !  |  (●)(●) |
                                          r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
     孫権の言い分も分からなくはありません           〈_L (`ヽ }  |   ` ⌒´  ノ
                                         l` ( ``/ .  |        }
                                         ヽ   l  .  ヽ       }
                                          |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   最も寵愛していた歩夫人を数年前に失ったのも大きいかもしれない。
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ 
        `ヘ:ゝ   _     小/      ……が、問題はこの後だ
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
790 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:14:24.26 ID:o0EUkVkXo
【紀元242年8月 呉首都 建業】

        /: : : : : : : : : . : : . : :               \
        '. : : : : : : : : : : : : . : :  :    .   . . :      丶
       .,'ィ: : : : : : : : : : : : : : : : . :    : . : : :, : : .      ヽ
       i! |: : : : : : : : : : : : : :.': : :    : . : : :/: ィ. : : ,      ',
        |: : : : : : : : : : : : ,..,': : : :   ',: !: /}/_リ_|: . : .   }  l
        }: : : : : : : : : : : :{ ,': : : : :   .!:l' /'〃㍉!/: .,. : / /  }!
       ,': : : : : : : : : : : : Y: : : : : :  ハ:l   ヾト!'/: ィ: / } ハ /
       /: : : : : : : : : : : : :.!: イ: : : .:   | ヽ   ` ヘ// ' /'´
      , ': : : : : : : : : : : : : :{ ヘ!: :',: : :  | `     \
    /: : : : , : : : : : : : : : :.!イ l: : ハ: :.  |       /         子威を魯王とする
  ,. ': : : _,.ィ: ; : : : : : : : ; : : : :.| i: :| ',: : ト .i    ` ,‐' 
 ‐─ ' ´ / イ: : : : /: : :!: : : : :ト.',:.|_ ',: .ハ .l    i´
      './: : :,.<イ: :ハト、: : : !:::'.!::`ヽ,:.l ',ヽ‐- ...イ
     /:,. -',.へ/,く、 .! 丶: : :!:::::::::::::く'.!. ヽ: |ヽ:|
     ̄ /: : : ヽヽ   \::ト、:::{´: `-、_ヽ!
     ./: : : : : : ヽヽ   ヽ',\{ヽ: : :  ̄ヽ
  ,.. ': : : : : : : : : >,ヽ   ,へヽヽ‐--..._:.}
./:,. -─-、: : : : : /  ヽヽ 〈  .>\ヽ、', `ヽ!
!/     \: : : .<     丶丶ヽ'   \ヾ!  ゝ、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       八月、孫権は群臣の再度の進言を受け、四男の孫覇を魯王に封じた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .年始の発言はいったいなんだったのかと思ってしまう
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
791 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:16:47.21 ID:o0EUkVkXo

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l      あの周公旦は魯に封じられた。
     |           从  l|、 l Alム l l |
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨       .その事を肝に銘じておくように
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\     .
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ             ,r  ,  ´ ̄ ⌒ 、ヽ.
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \              ゞニ´/ ,     \\― 、    _
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l                 /, / ´ / ! !       ヽ.ヽ  \,/ -
  ´// , /  `ヾl \\ V }}                     l 〃,l /  ,! l| |      ト l‐- ヽヽ
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \                   i'| lハl  ハ.!!__、_       ! i!   ソ
                    \ ヽ          .       ,. -ヘl 、 ゝ {ィ弐\ヽ   !{ニ二 八
                                      //, ___ソ`\フ7沁ミ、   ゝ\  ハ \
                                .     ソ ィ ハ      _ヒツ   ヽ\ \ 二ソハ\
                                      いゞ j ′     、__ノ  )z 、二ツ  ≧z
         分かってるわよ!                    {'一'     `ーz彡ク, ノ  l  l
                                          }        _, ,.-bニィ     !   '、
                                          '、__   __f(//  /     ゙ 、 \
                                             ¬ __辷   /|        \
                                         , ―- 、 「r=彡'´ イ !  |    \\

                                          呉 魯王 孫覇(字:子威)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .そして、これが二宮の変の伏線となる
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
792 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:20:22.36 ID:o0EUkVkXo

〃 :.:       ヽ   \ \  .:.
: :/: :  :  ハ :.  ヾ:      ヽ  .:.
:〃: :./.:  .:.|: :.  ハ:ヽ\: . ヽ .:. i :.i
'/ : : | : .: :i|:.:.i  l: :ト、 ヽ   i: :.iハ:!
: : : i | : .: :.小:.l   ハ l厶斗:. :.|: :.|  }:.
: :i:.:|ハ: :._/リ !|: .' ノ′ }:ハ: :|:.:.:!ヽ }
: :|斗七/   |: / ,ィf笊ミy|: ハ: ;. { {     
: :|'..レf示ミ、  | '  八rf:j:} 从ハ/  〔 :.
: :|《ハr':f:j::}  /'    ゞ゚ ' イ乂   ヘ ヽ    .さて、年が明けた赤烏六年は魏との軍事衝突が中心となる
小   う::ソ     ,    | i ト、   ヾ; i   
:.i: :.             小:ト:\ イ ;
: : :.ヘ          ' ‘   イ:.:|ハ!   〔 /
: : i:小. .        个ヘ: |: \ f.:/
ハ:从ハ!   `   ァ―.´:.:.!:.:.:`}:   〉 /
:.:.:≧x      ハ:. :.:\:.:.:.:.:.:  /乂
ハ.:.:.:.:.:..`ーx   ヽ:.: :.:ヽ:.:.:.:  /:  ヽ
八:.:.:.:.i    i   _:. :. :. Ⅵ.:. / i:   Y
793 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:21:54.93 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年春 魏 揚州 六安】

         寿春○ \\
              / │
          _ //\\
         │   \  \\
         │芍陂 │  .││肥
          .\_ /  .││
                 . \\ 水
                 .  \\
                         ○合肥
                     .施 \\                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      水\\     __○居巣            /  _______
       ●六安              / \_/│              ./  /◎
                        / 巣 湖 . │             /  / 建業
                        \__    .\ ○東興      /  /
                            \_/\\        ./  /
                                  \\     /  /
                 ○舒               ││  /  /
                             .濡須口○│└─~  /
                                   /   _/ 江
                                _/   /
                           __/     /
                          /      _/長
                        /   __/
        皖○            /   /
                     /   /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        赤烏六年、廬江郡の皖に駐屯する諸葛恪が魏領六安に出兵。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .魏将謝順の部隊を撃破し、同地にいた民衆を捕虜とした
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
794 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:22:53.68 ID:o0EUkVkXo

  i::::::::::::::::/i:::::(‐、;_ヽ-、ヽ::::::::::::::',
  /::::::::::::::イ、| ヽヾ~" `'゛ `t ト、::::::::',
 /::::::::::::;::|        ,、‐'' ` 'i::::::::',
 |:::::::::::┌!     i ./‐-i、,,   7:::::::〉       お前たち!
 `|::::::::/ _,,、->_ '-ニ'`ゞ-'' ゛ ‐'ッ_::::|_
  |::::::ゝ'゛7、i )i 〉i "''      "'!i゛ i       これより舒に襲撃をかける!!
  '、:::::::`ニ_'‐`"´ /iii-、          |!i i
   \::::三_   〈iiiiiiヾ´       |.j/       用意はいいな!!!
    ヽト"''      /`"',,ッ    |
      !、ゝ.    〈,,、-‐~      /|
      ヽ,ゝ、    "~´     / i
         \       /   i           /\___/ヽ             /\___/ヽ
           i`ヽ、 .,,___/  _,,,|...,,,___     /ノヽ      ヽ、          /ノヽ      ヽ、
                              / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ         ./ ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
                              | ン(●),ン <、(●)<::|  |`ヽ、    | ン(●),ン <、(●)<::|  |`ヽ、
                              |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
                          .   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i | .  ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
       仰せのままに!!           ./ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ .|:::::l |
                            /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄   /  .|^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
                            /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
                           /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      諸葛恪は数年前に志願して皖の周辺に駐屯していた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .以来、廬江郡の各地で屯田を行ったり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .北方の魏領舒を襲撃し略奪を敢行、たびたび魏に損害を与えている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .一方で斥候を派遣して揚州の地勢を探り、寿春の攻略をも策していた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
795 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:24:18.84 ID:o0EUkVkXo

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l        さすが丞相の甥っ子さんだお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /                                / ̄ ̄\
                                             /   _ノ  \
                                             |    ( ●)(●)
                                            . |     (__人__)
                                              |     ` ⌒´ノ
   魏側でも廬江郡太守の文欽があれこれ仕掛けてますよ。      .l^l^ln        }
                                            .ヽ   L       }
   もっとも、戦果という面では諸葛恪の方が派手ですが          ゝ  ノ    ノ
                                            /   /     \
                                           /   /        \
                                         . /    /        -一'''''''ー-、.
                                         人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
796 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:25:10.10 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年春 呉首都 建業】

.           ,iノ::::::::::::::::::: : :::::::ヽ::::::´ ::::ヽハ
.         /´.:  .:.:.:::..: .: .: ::::::,=`、 . : :.::::ヽ!__ ,
         i /:::.::;:::;::::i:::::::i::::i:/´ ̄!:ヽ;::、ハ::┌'´
         /::;::!:::::|:i:i;:::!;:::::|::::!|.   ヽ、:iヽハ:::i
         i::ハ:ト:::::!:!ハ::!ミ、:ハ::ト 、__,._-=ソヘ:::i::i            .陛下。
         ト! ヽ!ヽ、ハ{,ソ_ノヽヾ、 /=ノ}`ハ!:/:::|
.           |::::ハ ` ̄´  .!  ` ̄´ ./::i::::i            また皖の諸葛恪から、
           i:!::::ハ     .,     .,':::::!:::ハ            寿春攻略の許可を求める上奏文が……
          ,/::!:: ::トヽ、  __   ./i::::::i:::::::ヘ
          /::::i ::::!.! .ヽ、 - .`./´.i!.: ハヽ::::ハ
        _/,/;':..::::ハ,   `.ー '´  ./ノ::.::::} iヽ、|                 ______
   _,. .-‐ '"´ //7::;:::::iヘ ヽ   ||   /i//:::::/ヽ',', `` ー              . ´        `  、
. /´    _,. .7//-ヾヽノ_,〉 ヽ  .!! ./  `ヽ'/、`iハ,'、 、_.           /レl /レl   lv|  Wvト、\
                                     .      /l, //イ//  lヘ |  ヘl ト、l Wl 丶
                                           ' lヘl lヘ!    `l   ヘl ヽlヘl 、ヽ
      ダメだ。                              l    , l、   ∧ . ,  l   、.l`\
                                         .lイ   l |、ムヘ l / l 从A /l / l, |
      あいつはよくやってくれているが、               l.l , |、トl〒ィテ'l'   l'彳ィテkl/l / リ
      今寿春まで手を伸ばす余裕はない。         .      | ヘ.ト l  ̄ ̄  ,   ̄ イ .イ
                                     .    /  N l、     ,    イN ∧
      国内を固めるのが先決だ                   / ィ l|∧lr\  '゙゙ニ゙゙' /// ハヘ
                                     .   /´/ ,l l ヽヽ > __ イ|´l /へトヽ
                                          /ヽl     \ |l| /  l′

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        積極果敢な諸葛恪の計画に対し、孫権は待ったをかけている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .この前年にも交州で反乱が起きており、外征どころではなかったのだろう
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
797 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:26:23.18 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年夏 魏首都 洛陽】


   .∥                            ∧          _____| .::|─Λ
   .∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
   .∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
  ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
  ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
  ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
_||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
  |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        このような諸葛恪の動きは洛陽にも伝わっていた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .魏では興勢の役の前年にあたる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
798 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:29:00.34 ID:o0EUkVkXo

      ,'   ,'  l l  l li li l', ヽ    l     l
        i    l  l li lil l l l l.',  ト、   l   \ iト、
        l.l  l  l l l il l ',l', ヽ、lヽ、l ヽ l .l    // \        .太傅。
      l l  l  li「Tイヽ ',l', イプT-ァ、l lヽ  /イ',  ヽ
       l l  l',  ', l:::::l   ',  l::::::::l  l',l l ノ/  l ',  ヽ       廬江郡の文欽の報告によると、 
        ', トヽ l ',ー'    └ー' ,イ ',!'´    l. ',   ',      .また諸葛恪が悪さをしているらしい。
       / ヽ.l ヽl ト、 丶   〃 ,イ_,l l      ', ヽ   ',      .
     /  / 丶 l l ` ‐、._., -'´ l l l       ヽ \ ',     どう思う? 
    /  /     l l  , ┴- 、   Ll /ー- 、     \  i
    / /      ,-l lrー  ̄ゝ ヽ 「ノl    ヽ     ヽ. l    .
   ,.イ       /  ヽ /「 ̄   ',、r-r‐T"「´l ̄l     l', l
  / /     rT7「 ̄l ̄l 「 ィ    ',l_,、-‐ー-- 、._l  ', l
 / /      l-‐'"´l ̄ ̄ └ ',   入ノ      l            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
                                      /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:|
             魏 大将軍 曹爽              /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:|
                                      '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:|
                                     l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ
                                     | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |
      少々おイタが過ぎますわね。             ||ヽ  ト、 >≧            / / |     |
                                    |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |
      私が様子を見て参りましょう                |\|\ >|  \      ィ         |    |
                                        |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\
                                 _     |:|  \ \\ _           |    ハ \
                                 \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
                                  \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
                              ―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.:::::::::::::::::::::

                                             魏 太傅 司馬懿(字:仲達)
799 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:30:33.28 ID:o0EUkVkXo

            , --──-、
         , イ /      ヘ  ト 、
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
              | ヽ ' _ ` イ             しかし、賊は堅固な城に拠り、穀物を備蓄し、
             l l  ´=` l             官軍をおびき出そうとしているのではないでしょうか?
           ノ  ヽ _,、__ノ      
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、            こちらから遠征すれば、必ず賊の援軍が到着し、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_         石亭の戦いの二の舞になる恐れがあります。
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!      .我が国に利があるとは思えません
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|::: 

                             ‐、   |..::..|___/|=/ /  / / /  /|:|   /::/ | ::| ::| ::.| | 》.:.::..|ー 、|
                             ::..:::\ |..::ヘ.-|:「/ / // / /|::/> / :|:|   :::/ | ::|| :| /|::|//~|::|ニ>)
                             :..::..::..::..::\..::..>/| :| //|/ |::レ水 ト、| |  :::/| ./| ::ハ|.|::|::|::|:|ノ:::| く <|
                             ..::..::..::..::..::..::..::/ ヾ| | | | |.:|::|==- 、ヽ :::/ |/-|/-┼ト//トー|\>\>
                             ..::..::..::..::..::..::/  / ハヾ| ヾ:::|イP銀ト、∨   ,,-===/  / |\ \:|
  江東の賊が得意とするのは水戦よぉ?    ::..::..::.::..::./  /// //\\ゝー"     イb燈ア/ ::/::::ハ:: |\_>
                             ..::..::..::./  ,, /  // //\|     ,     ー"/ ::/:::::/ |:: | :::::|
                             ..::../ ::_/  // :/:/__:::::::\   、  __r-< ヽ/::::::/:::|:: |:::: ::|
                             ,'' ,,、-'''  /:/ //::::::;;:>-x へ __ ,ノ     V . .::/:::::|:: |::::: :|
                             / / /::::/ ///:::::::/ ::/::::\ i--} 、     V:/ ̄ヽ|:: |:::::: |
                               :/:::::/:/:/:: |/::::::::::::/ ::/∩::::::/|:::::ト、ト     V:::::::::::V: |:::::: |
800 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:31:31.46 ID:o0EUkVkXo

  く::ャ1/i     _」 L!L_j_  ! | i  / / _j_」 Lハ
   \;ィ个:   | i |_┼十_` tハハ/}/丐弍孑}厂i
   / //|i   l 丐夾禾r'`         ゞこ.ノ-' |
     {:{ j:{    ヽ ヽこ:ノ '               ,
   i j/ {:l    、\                厶'    今賊の城を攻撃すれば、敵の出方を見る事ができる。
   |   jノ    ヾ厂丶      `      / ,
   |   八  \ ` 、      -‐        //    .もし賊が己の得意とする戦法を用いるのなら、
   | ′  ヽ.  ト  \             イ爪     賊は城を放棄するよりほかないでしょうね。
   |/       ハ   '.\ :j`jr . _   _ . ´ _」{.| }
   i !      ,小   {  i !」≧ァ⌒7不ミ く7/,イ|     これで居ながらにして勝利を得られるわ
.   从 , -=ニニ=ミ  '. 川/《 (ノ ィ介x. ヾ> 》ハ
  厶イ/////////ハ (才7//777//イ//7ァ=/,{_j
//////////////∧ (>v/////// !///////人
////////////////∧ ト(>v///// }///////厂
/////////////////ハ '. `(>v/  ムィノvフー'
/////////////////}Z  r‐z_/{  _rヘV⌒L「{_r
801 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:32:54.53 ID:o0EUkVkXo

 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //         もし敢えて守りを固めるのなら、
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、      冬に攻撃を仕掛けてやればいいわ。
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}     
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./      冬は河川の水位が浅くなって賊の船も淮南には入れないから、
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー   水軍抜きで救援を出さなくちゃならないわ。
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::  
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::   結局得意な戦法は使えずじまい、私たちのほうが断然有利よぉ
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::   .
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!
:::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′
:::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /                      , --──-、
                                             , イ /      ヘ  ト 、
                                             i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
                                               ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
                                                  | ヽ ' _ ` イ         
                                                 l l  ´=` l        
                                               ノ  ヽ _,、__ノ      
    (この方が言うから説得力があるんだよな)         _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、       
                                      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_     
                                     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
                                    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!  
                                    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
                                    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|::: 

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        司馬懿は諸葛恪の動きを問題視し、自身が諸葛恪討伐に赴くと主張。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .慎重意見も出たが、最終的には司馬懿が東征する運びとなる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
802 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 23:34:27.50 ID:WrH+/seH0
実績が伴った発言は、異様な説得力を持つな。
803 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:34:38.58 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年9月 魏首都 洛陽】
                                              _ , ..
                                        ⌒>,.‐''": : : : :`゙'
                                       ≠ミィ◯: : : : : : : : : ヽα<^
                                       イ./://|: : :/:/}::}::}:::}:|:ヾ.ヾ,ミヽ
                                        {::{:|::|: i/Χ'|.从/孑}:}:}::|::!::}
        爺!                              》ゞ!: : | >  <. !イ j/j/
                                        {: ::ゝ从 /` _,.  }: ::リ
        頼んだじぇ!!                       ゙`ヾ丶x,ゝ,./_, .ノ!::ノ    .____ _,.、__
                                      .    /::::\∽}:::::/´ ̄ ̄"´ {∥{´ィミ/¨~
                                          ,'、`ヾ__,∨彳 _,,.‐''" __ ,,-‐' ̄´
                                         ., \ ≡イ_.」´ |,. - ' ´
   {ilililililillilil/ノ /   /      ヽ \                   |   |  |::!!  }
   {Ⅶilililili/ノ  il   i    ヽ   ハ ',                   | \|  |::|| │
   {Ⅶil≦イ  il  .il  ト、   i    V                   {   |  |:::||  !
 _,彡イ 水 ̄ミヾ=.il  .il  ハ   ヘ  i .il       
イイ  //ハヽ  //   il  i ト   ハ  il il                   魏 皇帝 曹芳
ヾ .//  Ⅶ_/ il  .升 | リハ il リ イ 丿
 .Y /    iliイ.  iト  ハト>K彡' }/ イ.//
 //    川  .il ヽK' / ィ= / i、 il 
.//     ハi.l  人} ィ匕r:j    `ー,          賊の討伐はこの爺めにお任せください
Ⅵ     i i.l  .ハリ   ̄ ̄     /
illi}    il il  il il        _ _イ
ilil}    il Ⅵ/ ノ       - ' ノilリ
人     ヾ≧ '         / /
ilililゝ, - - 、 \\ r、___ /i./
ィ三三三三三ミ、ヽⅦミ=、_
三三三三三三三ミ、 \iミミ、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        九月、秋も終わりに近づく頃、司馬懿が諸軍を率いて洛陽を発した。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .皇帝曹芳が洛陽の津陽門から軍を送り出している
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
805 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 23:36:38.22 ID:uspPf3tWo
じっちゃん働かされまくりだ
804 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:36:35.32 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年9月 魏 豫州 潁水流域】
                                                                   
                                            ┌┐                     
        ┌┐             ~~~       ~~~   7''~゙i| ;;7'~゙i                    
      7''~゙i| ;;7'~゙i                               )  | ̄)魏)        ~~~~     
      )  | ̄)魏)       ~~     ┌┐             i-ゝトー'-t´___、                 
      i-ゝトー'-t´___、           7''~゙i| ;;7'~゙i           7二二二 ̄[,r'                  
     7二二二 ̄[,r'            )  | ̄)魏)       ~~~~~  ~~~~゛゛ ~~   ~~~~
  ~~~~~  ~~~~゛゛        i-ゝトー'-t´___、                       ┌┐        
                ┌┐     7二二二 ̄[,r'             ~~~     7''~゙i| ;;7'~゙i       
              7''~゙i| ;;7'~゙i   ~~~~  ~~~~゛゛                  ) | ̄) 魏)      
               ) | ̄)魏)              ┌┐          ~~    i-ゝトー'-t´___、    
        ~~    i-ゝトー'-t´___  ~~~     7''~゙i| ;;7'~゙i               7二二二 ̄[,r'     
             7二二二 ̄[,r'             )  | ̄)魏)       ~  ~~~~~  ~~~~゛゛
~~~  ~  ~~~~~  ~~     ~~    i-ゝトー'-t´___、                  ~      
                                 7二二二 ̄[,r'              ~~       ~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━
   / f// 〆´ ̄ ヘ  `ヽⅸ
  r=ュェr 、〆  i  ヽ        ㍉
  《// ll ヾj i ! l!   ',     ヘ ヽ .Wj
  ト=尖ぇノ l l lト   l il    i! ハj V
  Kィ介J!  トl-L_ゞ、 .i! | .}、从 }! ト,
  l `1l lト、〒≧=-x ヽリルイ.x=z V iK
  l  ll ll }}人以ソ ゙    似ソ .,' 八_ゝ
  l! ll ll ム' ヘ、    ,    ∧ ル'
  l! i ll ll ヾ 弋`  _ _    ∧ .Y
  l! i ll ll  i、 ト.    ,r- イ  .ルイ
  li j!杉不≧≡==≧チJ ヘヘ〈ノ
┗━━━━━━━━━━━━━━━
806 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:37:24.15 ID:o0EUkVkXo



      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―



807 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:39:15.86 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年冬 呉 揚州 皖】

            /\___/ヽ:
            /''''''   '''''':::::::\:
         .:| (◯),   、(◯)、.::|:         し、将軍、一大事です!!
         .:| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".:::|:
         .:|   ´,rェェェ、` .::::::::|:         北の舒に魏軍が集結しているのですが……
         …\  |,r-r-|  .::::/…
     : __. ィイ´ .|ヾ `ニニ´  /  `i,r-- 、_
   〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽ :
  : /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`         i::::::::::::::::/i:::::(‐、;_ヽ-、ヽ::::::::::::::',
 : !      .|:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ', :        /::::::::::::::イ、| ヽヾ~" `'゛ `t ト、::::::::',
                                    /::::::::::::;::|        ,、‐'' ` 'i::::::::',
                                    |:::::::::::┌!     i ./‐-i、,,   7:::::::〉    
                                    `|::::::::/ _,,、->_ '-ニ'`ゞ-'' ゛ ‐'ッ_::::|_
                                     |::::::ゝ'゛7、i )i 〉i "''      "'!i゛ i    
       それがどうした?                    '、:::::::`ニ_'‐`"´ /iii-、          |!i i
                                      \::::三_   〈iiiiiiヾ´       |.j/    
       寄せ手は文欽か諸葛誕か?               ヽト"''      /`"',,ッ    |
                                         !、ゝ.    〈,,、-‐~      /|
       それとも王淩が出て来たか?                ヽ,ゝ、    "~´     / i
                                            \       /   i    
                                              i`ヽ、 .,,___/  _,,,|...,,,___ 
808 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:40:16.41 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年冬 魏 揚州 舒】
                        _,、_,ィ~r=;、_
                    _f〆::::::f{匀〉:::::::ヾマr=ミ
.                   _f/:::::〆⌒'⌒'⌒Vマム_/ノ~=
                 /ム))::〆    ヽ  ヽ  ヾ:K=彡
              ヾ=ー=彡 .!    l} }斗   トく
                l/7ゞ{  | 士ミ/ルィtfソ} ノ   \         __,        _,
                     / 八 ヽゞソ  、   /イ:!ヽ   /{≦7   ,..≪ニ二三三三二≦
 ー=ニ三三三三≧=ヾ三三ヾーミー≧  ー ' / l| l―‐く三三三三三三三三二ニ≦
   ヾ三三三三三三三三三/::::::::::\ >z-イ} リイ:::::::::::\三三三三三三三三三二ニ=一
=ニ二三三三三三三三三7-==ミ/:ヽ  {薔}イ}从:::ヽ::::::‐z:ヾ三三三三三三三三ヽ  _人人人人人人人_
ー=ニ二三三三三三三三三ヾ:::::::::(:::::::::::{{ ¨¨ /::::::::::::)::::::::::/三三三三三三三三三{  > 司馬懿です!!<
       ≧三三三三{{ヨ〉:::}ー‐ヽ:::::::::::\_/:::::::::/:::::::::く三ニ斗< ̄ヾ三三《__  ̄^YY^Y^Y^Y^Y^Y ̄
           イ .: 7::::// /  Vハ::::::::::::::::::ー=ミ} \:::::::::∨  ヽ ヽ \ヾ三三ア´
         / ..:  /⌒}^~{_j◎/ }l j}:::::::::::::::::::::::::|  ∧:::::::::\ノ} }  |  ト、 \ _人人人人人人人人人人人人人_
        /  .:  /{/⌒YヽL}ヽ_/ 〃::::::::∧:::::::::::{ /} ∧:::/::∧`ーミ. ノ  } ヽ  >揚州の諸軍も合流したとの事!<
       ′  ィ  〈::::〉  ト‐zf⌒ヽイ/::::::::/ ヽ:::::::::\/ ∨::〈V⌒ヽ \ /  ノ   ̄^YY^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y ̄
      /   / ! ./∨ヽイ く⌒ヽ、}7:::::/>X< \::::::::::>-V::::ヾ\ \ ト- 、 レ'
.      {  〃 .}/  _rY }   V⌒Y:::/ .// ヽ\ \:::::::::::::∨:::::V⌒) (⌒Y ヽ
      ‘  l!    <::::::ヽソ~^ー‐/\V \_/ヘ\ ヽ::::::::::∨:::::V⌒vイく ゝ-ト、
       ∨ /::::/::::::/:::::::::::::/  // \/   > >く::::::::::::∨:::::〉⌒Y  _\ 、 {_
         /:::::::/:::/::::::::::::::::/-~´/  r――</  ∨:::::::::∨::}ト、/ く  Y ヽ \
.      /:::::::/:::∧:::::::::::::::::/ ̄ ̄>― / ̄ ̄ヽ\   V:::}::::::∨}} 人 _ノ、_ {_/ ノ:\
.  . <:::::::::/::::::/:i∧::::::::::::/__// ̄\\__/ /   V:::::::::/:∨~{ヽ_Lト-{_/::::::::::ヽ
 ̄:::::::::::::::::/:::::::::/i:i:i:i∧:::::::/―一 '       `ー― 、 \   ∨:::∧::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
809 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:41:33.53 ID:o0EUkVkXo

                   _,、_,ィ~r=;、_
               _f〆::::::f{匀〉:::::::ヾマr=ミ
              _f/:::::〆⌒'⌒'⌒Vマム_/ノ~=
            /ム))::〆    ヽ  ヽ  ヾ:K=彡
         ヾ=ー=彡 .!    l} }斗   トく
           l/7ゞ{  | 士ミ/ルィtfソ} ノ   \        
                / 八 ヽゞソ  、   /イ:!ヽ   /{≦7   ,..≪
三三三三≧=ヾ三三ヾーミー≧  ー ' / l| l―‐く三三三三三三      お久しぶりですわ。王淩殿
三三三三三三三三/::::::::::\ >z-イ} リイ:::::::::::\三三三三三
三三三三三三三三7-==ミ/:ヽ  {薔}イ}从:::ヽ::::::‐z:ヾ三三三三
三三三三三三三三ヾ:::::::::(:::::::::::{{ ¨¨ /::::::::::::)::::::::::/三三三三三
  ≧三三三三{{ヨ〉:::}ー‐ヽ:::::::::::\_/:::::::::/:::::::::く三ニ斗< ̄            ´: /二二二二二`丶
      イ .: 7::::// /  Vハ::::::::::::::::::ー=ミ} \:::::::::∨  ヽ ヽ           /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
    / ..:  /⌒}^~{_j◎/ }l j}:::::::::::::::::::::::::|  ∧:::::::::\ノ} }  |        /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
                                       .     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
                                            ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '
                                             |: : :l: : :|    _ノ~   ヽ    Ⅳ: : : : |
                                        ∧___j: : :| : l:| ___..二     ニ.._ !: : : !:Ⅳ
      直接会うのは二十年ぶりぐらいかのう?         |    | .: ;レ:.八  弋::::ノ    弋::ノ `ハ: : :N
                                        `ー一'| : { ( ̄    ¨       ¨   ': :レ'┘
      後は孫権めがどう出てくるかじゃな                 |: :{\ノ           '    {: :|
                                            |: :\: ーヘ.   r、___    ,' : |
                                            |: : : :Y⌒゙ト 、  `ー -'´  イ: : :|
                                       .      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
                                            /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
                                       .   /: : :_/ -|  |       {rヘ|   |:│ |

                                               魏 車騎将軍 王淩
810 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 23:43:10.67 ID:D7wxEB4No
軽い気持ちでちょっかい出してみたら、
核兵器持ってこられたような気分だろうかww
811 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:43:34.80 ID:o0EUkVkXo

   〃    /  /  /   l  l 、          ヽ
   {i{イ   | | | /  | ∥l∥l l ヽ{   ミ、 ヽ、 ri }、|
   _ツ   /|| || || /|、| || l | lト、 `ヽ 、、ミ、 l| { }八!
  ≧‐_,  lハl| lNl/ lト、l|| ヾ! l| ヾト、 }|ト、 ミ、ノ  メ,_ノ
    / ィi l l ト三≧x、il_ヽ ヽ l_,,リ≦三 ヽ|l  `=彳
    l/ lい、l ト、lゝ `ニ’`ヽ(\ ヾ `ニ’_,`  }! 、トー '
      ヽハ{、         ` ヽ    〃7リ       つかさ。
        ト、_j                  厶イ
       ノイ lハ       _ _     / トゝ        なんで隠居同然の太傅が来て大将軍は来ないのかと?
        j/| |l 、     __     /!l l ト、
           jノ|| \   ´ 二 `   /|从ハ{、
           ト、ヽ  \     /  |!  ヽ\
          _| \\  ` ー─ '    | l / /               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    _,. -‐くヽ!   | |          ∨ / / \               /::/::/.::l/::V::/::::!::V/:::::`ヽ:::::::::ヽ
                                   .      ,′′.:::::::|::::/:/:::|::|::::::::::::::ヘ::::N:::::::}
         魏 揚州刺史 諸葛誕            .      {/|::::::::::::::ハ::ト、:::::|:::::::::::|:}:::::::V:::::|ハ|
                                           |::::::|::::::ト|::ト{:::::|::::::/:从/|::::|:::::リ
                                   .        |:::::|从|ーtテ戈::::::/:イtテァ}::/:::イ|
                                             レl {:::ト  ̄  ヽ/イ   ̄lハ:/}/
                                           ヽヘト          l::/ノ
            俺が知るか                         |::ヽ     ‐'     ハ´
                                   .           _|/::|ヽ、   ーヾヽ. イ::::ト、
                                           /:::::::|   \   ムij |::::::::∧
                                           /:::::::::|ヽ、 __ 二r― 、ナ::::::::∧
                                   .       /:::/ヽ::| //     V } /∧:::∧
                                   _  ,......-‐:'/:::/:::::::|リ ,′   |   V//.::∧::∧ー.... __

                                           魏 廬江郡太守 文欽
812 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:44:54.40 ID:o0EUkVkXo

         寿春○ \\
              / │
          _ //\\
         │   \  \\
         │芍陂 │  .││肥
          .\_ /  .││
                 . \\ 水
                 .  \\
                         ○合肥
                     .施 \\                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      水\\     __○居巣            /  _______
       ○六安              / \_/│              ./  /◎
                        / 巣 湖 . │             /  / 建業
                        \__    .\ ○東興      /  /
                            \_/\\        ./  /
                                  \\     /  /
                 ●舒               ││  /  /
                             .濡須口○│└─~  /
                                   /   _/ 江
                                _/   /
                           __/     /
                          /      _/長
                        /   __/
        皖○            /   /
                     /   /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        司馬懿率いる魏軍は皖からさほど遠くない舒まで南下。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .太傅みずから遠征してきた以上、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        東方戦線の面々も合流していたかもしれない
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
813 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:45:34.32 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年冬 呉 揚州 皖】

           /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       i::::::::::::::::/i:::::(‐、;_ヽ-、ヽ::::::::::::::',
       /::::::::::::::イ、| ヽヾ~" `'゛ `t ト、::::::::',
      /::::::::::::;::|        ,、‐'' ` 'i::::::::',
      |:::::::::::┌!     i ./‐-i、,,   7:::::::〉
      `|::::::::/ _,,、->_ '-ニ'`ゞ-'' ゛ ‐'ッ_::::|_      くっ!?
        |::::::ゝ'゛7、i )i 〉i "''      "'!i゛ i
       '、:::::::`ニ_'‐`"´ /iii-、          |!i i      急ぎ建業へ援軍要請の急使を送れ!!
        \::::三_   〈iiiiiiヾ´       |.j/
         ヽト"''      /`"',,ッ    |        魏軍の主力を叩く絶好の機会ですとな!!!
           !、ゝ.    〈,,、-‐~      /|
           ヽ,ゝ、    "~´     / i
              \       /   i
                i`ヽ、 .,,___/  _,,,|...,,,___
                  i_,,..、-,―ニl ̄ |     〉 i`、
              /    i |iiiii|   |     i .| |
815 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 23:47:56.65 ID:m3oY64KRo
準備不足のまま想定外の主力決戦なんてやってる余裕なかろうよ
814 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:47:44.18 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年冬 呉首都 建業】

          , '       .  .:: .  :. . :::::.. .\
      , '     . {:.:;i .::ィ ..:  :::::.:::::::::::.:.::.ヽ
     / .: .:    .::.:/|/_V_|.:/ .:::::::::::::::::::::::::::. ',
 __ .. ' ィ .:::::::/ .  .::i::|ゝィソ`lイ .: イ: イ::::::::::::::::::. i
-=ニ..., .:::::::' .::. : :ハ:!    j/ /イフムイ:::::::::::::i;|
    ノ.:::::::;'  ::::. :l `      ' `‐く 7:::::ィ;::::::!l
  /.::ィ.:::::iイ. :::::、 :|      _ '   ノ//ハ::/       諸葛恪には柴桑に移れと伝えろ。
/‐ ´ノ.:::::::::ヽ. :::iヽ!、    ̄_ヽ  フ:: :i / l'
  /イ. イ::::i:{ 丶::! `ヽヽ、    _ '´:::::: :ト{          司馬懿も長江を越えはしないだろう
   /´ /::イリ , -``--、\`ニ_:i´::i:::::: i、::. ヽ
      /´/ィく      \ヘ 7iヽト、:: | 丶、ヽ
     //   `丶、    ヽヘ  ` ヽi   ``    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    .イ<ヽ、    丶__  トヽ                    寿春          広陵  `ヽ
    /' 〉、 丶、     `゙ヽヽヽ                   ○          `´○     `ヽ
    /:/ { ヽ   丶、     .}.ヘ ヽ                 合肥      ,-、 ,-‐‐、      `i,
    }: :〉 {  丶    \_ .. イ L. }  ヽ_                 ○     /´◎ ~   ヽ,-‐‐-、  _,、`ヽ,
   j: :ゝ ヘ  ヽ. 匚二コ /  L ヘ  r;ヘ                 ,-,_, 、,  /´建業    ,、 ,、   `く,!~`=,-`
    i: : L i. 丶、 ヽ    ハ  ヘ ヘ ノ{`{                 `ヽ‐´  i   ,~ノ  ~´‐,‐~=, ○ ヽ`ヽ,~!
                                      舒 ○ ,、,i`~○ ゚o    (,  {,_呉     ヽ,  
                                     皖○ _,|  牛渚      `‐´~    ,--`  
                                      _,i‐´                  ,-‐´  
                                     i´                ,=,‐-´,--、
                              ヽ,_    _,‐´                  `~´    ヽ,_,___,`
                                ~`´}~                           ,/´
                              柴桑○/~!,_         揚        州    i=~‐
                             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        事態を知った孫権の対応は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .諸葛恪の熱意とは裏腹に冷めたものだった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        江北での司馬懿との交戦を避け、諸葛恪に皖から柴桑に移るよう指示
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
817 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 23:50:11.79 ID:D7wxEB4No
これは正しいよなあ…
司馬懿が言ってたように、呉は得意の分野で戦えない状況だし、
いろんな意味で準備が間に合わないだろう
816 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:48:50.76 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年冬 呉 揚州 皖】

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ        以上が陛下の御指示となります
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                      i::::::::::::::::/i:::::(‐、;_ヽ-、ヽ::::::::::::::',
    >   ヽ. ハ  |   ||                      /::::::::::::::イ、| ヽヾ~" `'゛ `t ト、::::::::',
                                    /::::::::::::;::|        ,、‐'' ` 'i::::::::',
                                    |:::::::::::┌!     i ./‐-i、,,   7:::::::〉    
                                    `|::::::::/ _,,、->_ '-ニ'`ゞ-'' ゛ ‐'ッ_::::|_
      そうか。                          |::::::ゝ'゛7、i )i 〉i "''      "'!i゛ i    
                                     '、:::::::`ニ_'‐`"´ /iii-、          |!i i
      陛下の御判断なら仕方ない。              \::::三_   〈iiiiiiヾ´       |.j/    
                                       ヽト"''      /`"',,ッ    |
      叔父上の仇を討ちたかったが……             !、ゝ.    〈,,、-‐~      /|
                                         ヽ,ゝ、    "~´     / i
                                            \       /   i    
                                              i`ヽ、 .,,___/  _,,,|...,,,___ 
818 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:50:39.49 ID:o0EUkVkXo

 (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、       ,   ヾ、     (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、
 ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,   ´、(ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、 ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,
!)ノ'  ノ ,(  `    ´(     ,ノ ) Y  人 ヽ)ゝ!)ノ'  ノ ,(  `    ´(
((  ´!. 、   t ヽ、 `t  , !)ノ'  ノ ,(  `  / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  ,
, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y/ ((  ´!. 、   t ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(
f  ゛   ) Y´ l'′  ,′, ヽ    tゝ、丿i /f  ゛   ) Y´ l'′

                    ザッ          ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;  
                                ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                                      vymyvwymyvymyvy  ザッ
                           ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、  焼きおにぎり美味しそうとか
                             Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ思ったらダメだぜ
               ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                         __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
              /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
             /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
          .  |(●),   、(●)、.:|(●),   .|(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
          .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
          .  |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ=.|   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
             \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
             /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        諸葛恪は渋々ながら撤退を決断。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .備蓄された物資を焼き払って皖から柴桑へ退く事となり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        ここ数年間の彼の活動は全て水泡に帰してしまった
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
819 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:53:01.83 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年冬 魏 揚州 舒】

    (_{ヽ‐、rzノ{__,
    _,>ヽノぃ   /´ ム
    _フ / ,ハヽ、 、   ノ
    Z |/{トN、ミリ_l ミ>      諸葛恪軍の撤退を確認っと。
     ノ'{l 〒 〒ノィトr'´
      、 _'_  /N{、      .そういやうちの娘は元気にやってますかね
       ヽ ‐‐ 'l‐、_
     /::|l、 「/ /  \
     l:::::::|l / /      |
                             . / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
                             |./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
                              /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
                              ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
                             ./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
  それはもう。                    ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
                              /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
  貴方の家とは仲良くやっていきたいわねぇ   i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
                             .il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
                             .}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
                             .ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
                             リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
                             ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
                             、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
                             .l }   /      /       /  /   ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      それを見届けた司馬懿は、十日ほどして舒から撤収。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .年内の間淮北に滞在し屯田の視察等を行い、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .翌年になってから洛陽に帰還。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .魏の東方における騒動はこうして幕を閉じる
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
820 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:54:41.78 ID:o0EUkVkXo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }             さすがに役者が違いすぎますね。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ             呉きっての俊英と言えども……
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
                                                   ____
                                                  /      \
                                                ./ ⌒  ⌒   \
       丞相でも倒せない奴だし、まあしょうがないお            /  (ー) (ー) /^ヽ
                                              |   (__人__)( /   〉|
                                              \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                            ―――――――― \ _ _ _ )
821 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:55:48.08 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年冬 呉 揚州 柴桑】


            l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:_ノ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ l   /ァー--ィ:::::::::::::::::::::::::\、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::l::://  ー 、  "   ノ /ノ) ヽ:::::::::::::::T
           l::::::::::::::_::::::::::l:/ヽ||.       \      ̄   |::::::::::::::::|
        |::::::/r- |::::::::::トL      r‐t:::.、\   _    ノノ::|:::::::Y:|
         |::::::| l ゝノ レ:::/ヾ         ヽ::ノ  \_ ノ    " |:::::::|::ト
        ヽ::::l ゝ-」 |::/                  r-、―' |::::::/ ヽ
         |::::l    l|.                      l. T::::::ト, l::::イ
         ゝ:::`ーフi                      ヽ`ー' /::ノ
    _ ___   |::::::::/ !            __   "/   /ー"
  /;;;;|ー- 、\Y-'"             /ー-、ヽ、      /       俺の力はこんなものじゃないはずだ!!
_/;;;;;;;;;;\ー、 ` /                /-'''、;;;;;;;;;ヽノ     /
\;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`ー┐     '、      `ー-、l;;;;;;;/    ./
;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ヽ     \       、__`ー"    /
;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ L_     、\         ,,-'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`Zー、   、,`ヽ、     /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ └-- 、 ` r-`ー-- '"


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        賓友を務めていた孫登、そして父に死なれ、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }       .自身が計画していた作戦も頓挫。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j       .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ        才人と名高い諸葛恪だが、赤烏年間の彼は挫折の連続だったりする
    `ヘ:ゝ    .'    小/          .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
822 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:57:57.17 ID:o0EUkVkXo

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'     こういう逆境でこそ真価が問われるんだお。
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/     ここが踏ん張り所だお
      /      ー‐   ヽ

                                               /.:.:.         \
                                                /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
                                              /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
                                              ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ   
       ここから数年、諸葛恪の我慢の時が続く                 `ヘ:ゝ   _     小/     
                                                   ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
                                               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
                                             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
                                             /  | l:l   l     l   l::l l  
                                             l  ヽハ    l    l  //  |
823 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/22(土) 23:59:02.29 ID:o0EUkVkXo
【紀元243年11月 呉首都 建業】

                      ヾ叉7
                      _ⅲL_,, ,. _
               ,,、、-‐'''""´: .: .: .:::::::::.:.:.:. : :``ヾ、、、
          ,,. '"´. .:.: .:.: : .:r==.: :. :.: .:. :. :. :..: .: :. .::. :.`ゞー-、、
      ,,. '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.`''ヽ、,,
   ,r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;:;:;:;:.;:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;;:>
   ``ヾ、;:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;r==;:;:;r==、;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:;r==;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:r''"´ .
      ``ヾ;:;:;;:;:::::;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;===;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:.:.:.:.:.:,r'゙
           ̄`¨`ヾr==.: .: .: .: .:. :. :. ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :r=z,;,;,;::/
               `¨`ヾ.:.: .: .:.:::::::::;:;:;:;:::::::::;:;:.:.:.:.:、、-‐''"´
                  `>;:;:,';: .,':;:;:; :;:; :<´
               ,、r''"´. :.: .:. :. . :. :. :. :.: .: .:`ヽ、
            ,、r'"´.:.::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:.:.:.: .:. . .:.::::::`'ヽ、
            ``ヾr==;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;::.:.:. :.: .: . :.: .: . ::.:,r'´
               `ヾ::.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:. :. :.: ; :; :.: .:.:.::r'
                 ゙、:;:;;;;;;;;:;:.:.:::==.:.::::::.:.:.:.:/
                  `ヾ.:;;;;;;;==.::.::.:.:..:.::r'´
                  _,」;;:;:;:;;;:;::.:.:. :. :.:. j
                 ``ヾ;:;:; :;::;;: ;r==.:.j
                    ゙i:;:;:.:. :.: .:. :.:.:.:,!
                    l;:;: .:.: .: ..:;;;:;;;!

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .いや、我慢せざるを得なかったと言うべきだろうか?
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
824 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:00:17.38 ID:Pq6LvJ8uo
― 顧雍邸 ―

   !  , -'´         :::r'"´  ーr'      \
.  ノ .i´        .....r---'     l       .:::::ヽ
.  !  |       ..:::::_lニニニニニニニニニヽ    ....::::::::::
  ヽ !     ..:::,.-=ニ、,,_   ヽ  / __,,,..ゝ、. ..::::::::::::::/    
    | \  .::::, '  ‐t;;;j_"`''  ` l ´ rt;;;r_ヽ;::::::::::::/    諸葛恪の軍は無事柴桑に到着したそうです。
   !  |  .:::::l.            |:.     !'、::::::l      
   !  ! : :::::|               |::      .l l::::::|      司馬懿も舒を引き払い軍を返したと報告がありました
   |  !   :::l:           |:::    |ノノ';::::!
.   ! |,  :::::|:         '' ''     .r':i:::';::|
   ,' :':、  :::::!'、..    ,. -――‐-、  /:::|;::':::!
   !  :::|  ::::| l ` 、:.    """   ./!:::::::l:::::::|
 /,.- ::::!  :::|. ',   ` 、        ,.':::::,!::::::;':::::::!
,' /  ::::::!  :::', ',    `ー----- '::::::/|::::;'::::::::::ヽ

                                    {   ノ  \` rr'´/           ̄`i ,.-'′.,
                                     `'ーヘ   `-´       _ -―‐_{j_」´
                                         ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __,.‐‐'´:::::::::::::〉
                                       '、______,,..ィ;エ j::/:::::::::::::;:;イ
                                       /::::::::! ´ゞ-l:/l/ ヽ ̄  彳:::;::::::::::j'/.!
     最悪の事態は免れたか。                   l}ハ::::;',   l       /''イ::::::/´:::}
                                         ヽ{ '、  '           イ:;イ´゙}::::く
     しかし、内憂外患とはよく言ったものだ。            ` .',  丶         '´ j  >イ「
                                            ', ,rテ==ヘヽ   /''´/ !
     ゴホッ!! ゴホッ!!                               ヽ `ニニ~´  /  /   ヽ
                                              ',     /  /      ノ}
                                              '>r‐rr'''´  /     //`ヽ、
                                             ,.ィ { ||  /       //    `ヽ、
827 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/23(日) 00:03:04.52 ID:qcN80smIo
あらら重鎮さんまで病気が
825 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:01:43.97 ID:Pq6LvJ8uo

       /               `ー‐- 、
      /             ..       \
    /             ...:::::.. :        ヽ 
   ,'´    /        ....:::::::,.-.、 ヽ      /
   !  , -'´         :::r'"´  ーr'      \
.  ノ .i´        .....r---'     l       .:::::ヽ
.  !  |       ..:::::_lニニニニニニニニニヽ    ....::::::::::|
  ヽ !     ..:::,.-=ニ、,,_   ヽ  / __,,,..ゝ、. ..::::::::::::::/
    | \  .::::, '  ‐t;;;j_"`''  ` l ´ rt;;;r_ヽ;::::::::::::/
   !  |  .:::::l.            |:.     !'、::::::l        だからこそ、この国にはお爺様が必要なのです。
   !  ! : :::::|               |::      .l l::::::|
   |  !   :::l:           |:::    |ノノ';::::!        .要がしっかりしていれば、国家はまとまりましょう。
.   ! |,  :::::|:         '' ''     .r':i:::';::|
   ,' :':、  :::::!'、..    ,. -――‐-、  /:::|;::':::!        なにとぞ御自愛を
   !  :::|  ::::| l ` 、:.    """   ./!:::::::l:::::::|
 /,.- ::::!  :::|. ',   ` 、        ,.':::::,!::::::;':::::::!
,' /  ::::::!  :::', ',    `ー----- '::::::/|::::;'::::::::::ヽ
!,.' ! . .:_r‐'  .::::ヽ ヽ、     ::::::::::::::/. |::::l: 、!ヽ::::`ー.、
,.-'_,/ ヽ ヾ_r`/  ヽ        /  !\':、 !ヽ):::::::)ヽ
、     `!:::,.-、'、   ヽ        /  !  `l::::,、;:::::::'、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .顧譚、字を子黙。顧雍の孫にあたり、父の顧邵を早くに亡くしている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .帳簿の検査をする際、算木を用いずに暗算で誤りを全て見つけ出し、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .それによって配下の役人から心服された逸話を持つ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         他人との付き合いに頓着しなかったために恨みを抱く者もいたが、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          その才能と見識は孫権からも高く評価された
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
826 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:02:37.86 ID:Pq6LvJ8uo

  ̄`Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_ゝl´/::::::l´
.     | ____oニニニニ二二二二二二二ニニ}  
.     「: : : !: : : :\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
.    }: r'¨|: : : : : ト、≧=- __::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.    l: { { ヽ: :ヽ: ヽ 之Zこヽ 7ァ‐‐ァzr‐┬─┬‐‐    .それよりもこの国とお前の行く末が気にかかる。
     } l l (\: :ト、ヽ   ̄´ /-‐ィ`┴'イノ: /: j
.   〈: ヽヽ-、 ヽ `ヽ     .::: |  /: イル'       どうもお前は君寵を鼻にかける所がある。
    丶: `ミ¨}                l  7ィノ        .
      l,从ト l           _ノ  ,'          人と親しくしないのにそれでは、家を損ないかねんぞ?
   r'1\  ヽ     /  ___ z._  ,′         .
  / V: : :\ \_   ! ´ ---- ` /
/    \ : : `ー-->、       ∠_                    __/"´ ̄ ̄ ̄` '⌒ヽ、
\     \: : : : : : : : :\ __ _ノ::::::::\                 /      ,.ヘヘ    、 \
                                       {      f,. -‐┤     }: }
                                        )/ / ノ=={ l  l  |:/
                                      f´/   /   ___,.ゝヽ|ヽ| ト{
                                      ヽ、   j≧  <ノtェァ j   ∧ !
                                        | /:{  l     ヽ  /i )l `i
                                        l l:::::l  |      `i `i:':::::ヽ!
          心しておきます                     ヽヽ::::| `__      | l:::::::::::::〉  
                                          | l::::ヽ´ ‐ `    | l::::::::::::〈
                                          | !:::::::ヽ--- / / ./:::::::::::::::\
                                          |l:::ヽ!:::::|`   〈 <:::j\:::::::::::::〉
                                          |l:::::/ .j     〉 /:/⌒ ̄ ̄`ヽ
                                        /|レ{、   ,. -‐ .ノ /ノ     /´⌒\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .母が孫策の娘という関係から、孫権から目をかけられる存在でもあった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .祖父とともに孫権の私的な酒宴に招かれる事もたびたびで、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .その席上で酔いに任せて延々と舞を舞い続け、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       祖父に叱責された逸話が伝えられている。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .呉の人らしい逸話だが、堅物の顧雍にすれば心配の種だったようだ
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
828 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:05:21.76 ID:Pq6LvJ8uo



  ̄`Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_ゝl´/::::::l´
.     | ____oニニニニ二二二二二二二ニニ}  
.     「: : : !: : : :\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
.    }: r'¨|: : : : : ト、≧=- __::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.    l: { { ヽ: :ヽ: ヽ 之Zこヽ 7ァ‐‐ァzr‐┬─┬‐‐
     } l l (\: :ト、ヽ   ̄´ /-‐ィ`┴'イノ: /:
.   〈: ヽヽ-、 ヽ `ヽ     .::: |  /: イル'
    丶: `ミ¨}                l  7ィノ            ……そうか
      l,从ト l           _ノ  ,'
   r'1\  ヽ     /  ___ z._  ,
  / V: : :\ \_   ! ´ ---- ` /
/    \ : : `ー-->、       ∠_        
\     \: : : : : : : : :\ __ _ノ::::::::\      



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .赤烏六年十一月、丞相顧雍が死去。享年六十六歳。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫権は葬儀に際し、素服を着て親しく弔問しており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .彼と顧氏一族の親しい関係がうかがえる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         粛侯と諡されている
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
829 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:06:57.57 ID:Pq6LvJ8uo

       /               `ー‐- 、
      /             ..       \
    /             ...:::::.. :        ヽ 
   ,'´    /        ....:::::::,.-.、 ヽ      /
   !  , -'´         :::r'"´  ーr'      \
.  ノ .i´        .....r---'     l       .:::::ヽ
.  !  |       ..:::::_lニニニニニニニニニヽ    ....::::::::::|
  ヽ !     ..:::,.-=ニ、,,_   ヽ  / __,,,..ゝ、. ..::::::::::::::/
    | \  .::::, '  ‐t;;;j_"`''  ` l ´ rt;;;r_ヽ;::::::::::::/
   !  |  .:::::l.            |:.     !'、::::::l
   !  ! : :::::|               |::      .l l::::::|            このような時に……
   |  !   :::l:           |:::    |ノノ';::::!
.   ! |,  :::::|:         '' ''     .r':i:::';::|
   ,' :':、  :::::!'、..    ,. -――‐-、  /:::|;::':::!
   !  :::|  ::::| l ` 、:.    """   ./!:::::::l:::::::|
 /,.- ::::!  :::|. ',   ` 、        ,.':::::,!::::::;':::::::!
,' /  ::::::!  :::', ',    `ー----- '::::::/|::::;'::::::::::ヽ
!,.' ! . .:_r‐'  .::::ヽ ヽ、     ::::::::::::::/. |::::l: 、!ヽ::::`ー.、
,.-'_,/ ヽ ヾ_r`/  ヽ        /  !\':、 !ヽ):::::::)ヽ
、     `!:::,.-、'、   ヽ        /  !  `l::::,、;:::::::'、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .十九年間丞相を務めた顧雍の死は、きわめて悪いタイミングで起こった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
830 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:07:58.73 ID:Pq6LvJ8uo

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |        だけど、こればっかりはしょうがないお
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ

                               /: .,: : : i: : : : : : : : : : : : : ,、:: : : : : : : : :.: |: : : ::::::::::::::::::|::::::::/::::::::::::::::
                               : : ,|: : /: : : : ∧: : : : : . :: ::|ヽ: : : : : : . .::.| : : :::::::::::::::::::|:::: /::::::::::::::::::
                                /|::/: : : ―ト-、:ヽ: :.:: : : | 斗―‐―-:::.i::::::::::::::::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::::
                                  |: : :.:|::::::.::|  レ' \ :::::i  __ \ヽ、:::::|: ::::::::::::::::::: : |/::::::::::::::::::::::::
                                  レ::::: |: :::ヘ:i ィ=ミ、.  \| -‐≦==ミ、|: ::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::
                                  |: : :::| : : :ヽ`ト':::}     イ゚'::.:::::i} 》 i:: :::::::::::::::://iヽ::::::::::::::::::::::::::
                                  |: :::∧: ::: :ヽ代ソ      マヽ‐ソ/ |:: :::::::::::::::/:|〉 }:::::::::::::::::/|::::
    理由は呉の宮廷における事情である。       |: :/ ヽ:::i:::::i  ,       `¨´   i::::::::::::::::/: / /::::::::::::::::/ レ 
                                  |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/ イ::::::::::∧/
    少々話が前後するが経緯を述べる         /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/      
                                       レヽ::::::ヽ  ``         /::::::::::::::/::/:::::::::/
                                       ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ
                                        ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧
                                         ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
                                            _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
                                        ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\
831 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:09:09.35 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元242年8月 呉首都 建業】

     . .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.}/.:/.:.:l /
      i:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.|:.:.:.:.:.:.:l:.:|:.:.:.:.|!:.:.:/.:. /.:.:,'.:.:.:.:.:V^〈:.:.:.{
      {:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l、:.:.:.:.:{:.:|:.:.:.:.|}:./l:./i:.: /.:.:.:.:.:.:.i{_ }:.:.∧
.      v:.:{:.:、:.:.:.:.:{:.:.!ヘ.:.:.:.:.:Vi、:.:.ィナ≦|ィ|イ:.:.:.:.:.:.:.:{) ハ:.:.∧
     Vヘ:.:.\:.:.:V从ミ、:.:.:.ト! V´ヾtツ´ |:.:.:.:.:.:.:.:.l//.:.:i:.:.:.:∧
       \Vト斗ヾtツi\|         |:.:.:.:.:.:.:.:.|イ:.:.:.|:.:.:.:.:∧
.          `|:.:∧    }           |:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:∧   、         |:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ←当時十九歳
           |:.:.:.:.:.\   ヽ` __   |:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.:.:.:.:.:i丶 `´ー     ,|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:{:.               l/: : : : {、_,.: :´: : : : : : : ,..: :-: : : :7- 、
           |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.` 、    /_|:.:.:.:.:.:.:.:.{、:.:.:.:.           、_// : : {、:≧‐: : : :_,. : : : ´: : : : : : : : : : ヽ\、
           |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:`¨¨{ {/ |:.:.:.:.:.:.:.:.! \:.:.:          `ー 7: : : : ≧:、: 二.: :_: : : : : : \_ イ: : : :l: : ハ.:\_
           |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ /]:.:.:.:.:.:.:.:.|_/_>              |:l: :ハ:/:〃¨`{ : : / ̄ { 了か ヽ.! }: : ,′: :| ´
           |:.:.:.:.:.:.:.:|_, ´ ̄ ̄``] Ⅵ]:.:.:.:.:.:.:.:.|_/  .             ヘ{:{/ {/ { { 〈 ヽ:.{    {じク  l/: :/: :l: : {
                                          /       〉:/: : ゝ`_    ̄`   `` 、_ /: 禾 、!: : ヽ _,
                                        { 、 __ /〃: : ./: :ハ          { じ7: /l: :「 ̄
                                          `フ : : : :/:.l: : :.{: :l′       r 、_  ' ≧イl八:.{
                                      ,  ´: : : :/: : l: : : l: :ト、   、    い ア .イ:l: :{_,  `
                            生年不明→ /: : : : : :/: : : :/| :.:. l: :l \ \   ヽ¨ /イ:/`¨
                                   _/: :/: : /: : : :/: :l: : : ト、} 〉 ` ‐<` ー '   ´
                                . ィ / 〃,. ´ ̄ ̄`ヾ 、ヽ| : : ハ\_/ `V: l:{

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .前年の赤烏五年、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫権は三男の孫和を皇太子に、四男の孫覇を魯王に封じた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .孫登の死によって、後継者を考え直す必要が生じたためだ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .孫覇が魯王に封じられたのは万が一の代役と推測され、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .実際に彼以外の諸子は、この時点では王に封じられていない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
832 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:10:52.88 ID:Pq6LvJ8uo

       〃: :/ : : : : : : : : : : : : : : : \ :. : . :ヽ
.      .′:/.´. . .: . .: /¨⌒ヽ : : : : : : : ヽ . :. ,′
     l: :.'.!: : : : : /: :,′   ヽ :.: : : : : :ハ : : {
     l/: :|: : !.|: :l: : {        `¨7 },: : l } : : !
    ∧: :ト、:|:.レl从 ヘ、 ___ /..:/: : : :N : :|
       ヽ| | ドイアミ     r =ミメイ: : : : | }: :|     中書令を兼務したまま、
          | l┴ ┘    レ壬ツ !: : : : l,′. !     太子と魯王殿下の面倒まで見ることになったわ。
          |.ハ  ,            |: : : : l: : : :|
          l : : ' . ヽ          |: : : : l: : : :|     あなたに迷惑をかけそうね
          l: : : : ヽ 二`    . <|: : : : l: : . :|
          |: : : : : !∧ _ . <__」: : : : l: :  |
          |:. : : : :| ハ |  || | | ハ :.: : :l : : ム
          | : : : : |/ } !  || !入 : : : : ト、: : r`ヽ    .、 ::::::::::::,. -'''"´ ヽヽ`ー、_',..='‐'//   :::::::::::\   
     ィ T´ヽ: :ハ| ∨ 「  ||__〉: :ハl  ` 丶、     `'ー‐.'l      ヽ'-----―' '     :::::::::`!ー'´
    〃 /  |「     |    ̄ ̄/' ´ \       >        |、--‐‐_,,  ニニニニニニニニニニニニニニl !,'
                                     ,!', 、ヾー-----、     , ----- 'フ/ノヽ
                                     /';;ヽ、_`三三三____二二二彡r'´;;;;;',
                                     !;,l'!l;;;;;l_ヾ二.,;ヾ !、   ,,. -‐,.ニ-r-'、'ノ: ;;;;;;l
                                     |,'i、i,';;;;ヾ、!r::"i``'     ‐'i´::'"l /, ','/;;;;;,.l
   いえ、お気になさらず。                   '!.';ヽヽヾヽ ̄´    :.    ̄ ̄/;;'_.,、/ '
                                      ヽ,'、ヽ;`-      |!:::     '"/,. ;' ' '
   以前孫慮様のお付きをしていたので慣れています      `'、ー      !       ,.'.'
                                          \   ,.---.、   ,_ '´
                                           ゝ、   ̄´  ,.-'‐' !
                                           |!l',.;`_.、___,. r'.l !::::::::|
                                         ___.l.// .! ::::::!.|. |.|:::::::,'l、,...、

                                          呉 文官 薛綜

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫権がこの二人の教育に意を注いでいたのは記録からはっきりしている。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .まず、皇太子孫和の太子太傅に闞沢、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .太子少傅に薛綜が任命される。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .呉有数の碩学である彼らに子供たちの教育を託したのだ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
833 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:12:34.48 ID:Pq6LvJ8uo

    ///  /|//| / ∧/| ヽ、
   / / / . . /   /   L.  /:::. ヽ
  /    ..::..::..:::. . .:.  :. |'ヽ、ト:::::::.. ヽ
 f   ..:::::/入::.::::::. ::::.. NT'ft。ト、!:::::::. }
 |:.. .::::::::::{{(、`(、::::::::、::::.. {  ヽ1'`j:::::::::. リ
 {:::..::::::::::::::〉、ー、{ \:::t\ゝ   ` ` 、._j'    むしろこう考えましょう。
 ヾ:::::::::::::::ハ._    ヽゝ `        ノ
  ヽ::::::::::ハ  `l          ..___ .j´      次代の呉の君主を育てるのは私たちだと
   ヽ::::/    ヽ         `ソ
     |∧      `  .     `'f
    l           ` ___  _ノ
   / ̄`ーr----r-rr-< ̄   ̄                      /:.:.:. .:. .: .: .:. .: .:.::::::∠ニ、:. :. :.:. :.:. :.:.:ヽ:.::.::!
  _.//   /    || | | |                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:/;.:.:.:.{:..:/´     ヽ:.. .. :. ::::::.:ヽ:::.
 ̄//   /    || | |  |                        /イ:./:.::/i!:.::!:!:.:.:::i!:.{         ヽ、:、:.:.:::::::::::ハ::
                                       { i!:ハ:.::{:.i::.::!.{:.{:.::i!、!        }j{ハ.:::.:::::::::::::ハ
                                        {:!.{:.::{:.{ヽ{ヽ从、H{  `ー―--ノ、!:}、:::::::::ハ、:::
                                  .      ヽ \、ヽ、/{、j示!     ィ'テ不、i!|::::::::::| }.}::
   それもそうね。                                ヽ::::ト ` ̄`     ゝ--く  i!:.:.:::::j j/:::
                                            }:.:::i!   /             i!:.:::::::レ'::::::
   太子と魯王殿下には、                           j!:.:::ハ  ヽ             j!:.:::::::!.!:::::::
   地位に相応しい振る舞いを身につけてもらわないと        /:j: ::::.:.|\ ー---     ,イ: :::::::{ |:::::::
                                        _ イ‐‐'ノ..::::.:.:| ̄ ヽ、ー    , イ/:.: ::::.:::! !:::::::
                                  .   ,イ:/ /  /:.::.:::::::ノ    !ヽ _ . イ_∠ノノ: . ::.::::! ';::::::

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .薛綜、字を敬文。豫州沛郡竹邑の出身。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .若い頃に交州に疎開し、同地にいた学者劉熙の下で学問を受け、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .経典に精通し文章が巧みな事で知られていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .交州に孫権の勢力が及ぶと呂岱とともに統治にあたり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .当時の交州の事情を詳細に記した上奏文をまとめている
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
834 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:13:31.48 ID:Pq6LvJ8uo

      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   lノ┬‐'┬ / /  / ´‐┬ ! / ,/  / リ   他にも薛綜は数多くの詩賦や論文を残している。
     イ 八{´l  !|  |::::::::! '´      l::::::::!  イ  }  /     
.        Vハ  l  ゝ:;;;ノ      ゝ:;;ノ ./}, '//      .しかし、その事績において一際目を引くのは、
        ヽ ',  |              チ' /        .彼が斉の孟嘗君の子孫と称していた点だ。
         `ヘ lヽ              厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /         .……真偽の程は定かではないが
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、           / ̄ ̄\
                                     /       \        ___
                                     |::::::        |     /     \
                                    . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
 孟嘗君の子孫って途絶えたんじゃなかったのかお?     |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
                                    .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
   聞いた話では孟嘗君の孫と称する人物が          ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
   薛姓を名乗ったのが始まりだとか……             ヽ::::::::::  ノ   |           \
                                       /:::::::::::: く    | |         |  |
   本籍の沛郡では代々郡太守を輩出した家柄だそうです - |:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
                                        |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
835 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:15:48.88 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元242年8月 呉首都 建業】

 "'ー┐'"   _,,,...   --ーー  '''' ""  ̄ _ }
    ゙tュ''",. 、  t,___,,.''" ̄、 ̄  ̄、_    'い、
.     ノ' "\.ヽミ'''___,,.'''""",,,......  ....,,,,__"''_''"_,,..ノ
.    ,' .,、,、 ヾ'''':;;''"....,,,',リソi`   ,. r''",. r/;'.ノ, . )
    i ti'.i.'.i"iヾ,rーァーェュ、"ヽ'、   ,rてゝソ, ''/. ,ノ       本日の講義は以上です。
..   i、ii i .i i...\-ゝ゚ソ- `      " ̄,,.r', /'
    i.i i i i 、,_ゝ-      i       '''"          次回の講義までに内容を復習しておいてください
...    i i l .i iゝ-''ー-         ',       ,'
    i i ,' ' .i、」'、        _,,'_   ./
   ,i.' i     i '," ヽ,      " ニ "  イ                    /{_/レ|.-――|ニニヽ=--VニニV  | 〈
   i'      i.ri、   ┐、   " /i 「'ー- ..,,_               ,'r―'´ ̄|    、      |   V / _)
   i      i '、、  i i i"i' ー-, '' 、,', i)     ̄  .         |′   | l      |. 、  |   l     | { /
   i     ..i  '、、..U ,i i   i  、'v.i _       .         ||   |、 \  、 |ヽl、川ヽAl     | ヽ{
                                      ヽl、  V≧ァゝ 丶l r ァfj汀アl     |  |
                                       `ヽ ヽ}_}心ツ`ヽl  └‐'´ l     |  |
                                           |  ∧     }       l     l ト l、
     ありがとうございました。                    |   丶  ヽ '       l     | l V∧
                                           | |   \  - -一   l     | \ .∧
     それでは失礼します                       | |     丶  ̄  .イ | l   |  ヽ∧
                                           | ∨  |   Fァ‐彡 , 二| |   |    ヘ
                                           | |  |   ト V /   l |  |     ヘ
                                           |__j  {   j |.| |_____/ |  |__/ ̄ ̄ ̄ 厂 厂ヽ
                              .       f¨Y  ̄ |  VY エ `Y´ _./ /   //     / /  |

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .闞沢と薛綜は、複数ある経書全てを学ぶのは困難であるとし、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .それらの要点をまとめ、孫和と孫覇に学ばせた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
836 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:16:19.94 ID:Pq6LvJ8uo

        /:.:  .:.:.:. .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::>:.:.:.:.:.:.'ヽ
       ノ/:.:.:.  .:.:. .: . .: .:.:.:.:::::::::7:.:.:.:. :.:.:.':'.
     ー'ラ':.:.:.:.:.:.:.:.:.: :. :.:.:.::.:./ ̄ ̄ヽ:.:. :. :.:.::::i!
        〃:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.j、:.:::.::{     {:.:.:.::.::::::::i!      今日は作法について学びましょう。
        {ハ:.:{.:.{:.:.::.:A.:{从::::::{!   , --ヽ!.:::::::::::!
       ヽ!:::ト、:::if〒テト丶、  ´f_テト}i:::::::/|       上に立つ者には必要な事ですよ?
        iヽ!:::丶┴‐┘  :::: ┴‐┴j彡'::i::::!
        | :.!:.:::::!      !:::::   ´.|:.:.::::!:::!
        i :.|:.:.:::ハ.          イ:.:.:.::l:::|               , ―‐v フ´: : : : : : : : : : : : `ヽ _
        !: :! :.::::::::fr.、. ´ ̄`  .イ!:::!:. :.:.:!:::'.            /: : : : |/: : / : : : : : : : : l: : : : ヽヘ
         ノ:.:.i:. :.::::ノ! `¨丶 _ .イ  .ト、i:. :.::::!::、'.          /: : : : : : /.:/: : : : : ./: : : : :|: : | : : ヽ|
       〃.:::j:.:.:.::::!. ∨   !:!   ./ .j.:.:::::::!::::iヽ、          |,′: : : : {{/ : : : : : : /l : : | : |: : l: : : : ハ_
                                      V: : : : :/:/ ≧―ォ┤ :/: :A:-:|‐: : `≦¨`
                                       Vー≦_/ : : ,   ´ _/ :/: :/ |:∧: :l: : :l
                                       V:_/:__: /F=气/:/ F=== !:/:/ l|
                                          l¨/¨!ハ {、 ̄`   ´¨ , /  ー≧_/ィ
                                    .   Ⅳ |: : `ー、       , -、    '-'
           手短にお願いね                     l : : ヽ≧' 、  辷_ノ .イ
                                         /: : : : ヽ|  `  r、__/::l::|
                                      、_/: : : :|: : :.ヽニニ| | ┤: :|: ヽ _ノ
                                        フ : : /:: :l : : | :l l   | | ||: : _`ーイ}ト、
                                     /, ― 、 :ヽ : レ_l  | | ||:_:l .}: : く:ヽ:l
                                    /: :.′   Vヽ `┬≦ / __´_, V: : : :ト、l:!
                                   /: :/: l     ∨} / vハ ',l   ,ニヽ 、: |  ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       また、二人に外出の際や賓客と会う際の作法をレクチャーしている。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .これらを見る限り、二人とも対等に扱われているのが分かる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
837 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:17:49.04 ID:Pq6LvJ8uo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |         太子と魯王の扱いが対等ってのも……
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /                                       / ̄ ̄\
                                                 / _ノ  ヽ、_ \
                                               . | ( ●)(● ) |
                                               . |  (__人__)  │
                                                 |   `⌒ ´   |
                                               .  |           |
         揉め事の種になりかねませんよね                 .  ヽ       /
                                                  ヽ      /
                                                  >     <
                                                  |      |
                                                   |      |
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ       それでも闞沢と薛綜が手綱を握っているうちはまだよかった
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
838 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:18:32.18 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元243年春 呉首都 建業】


              ,.  -ーー- .,
            ,. ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`' 、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         , ";;;;;;;;;;;;;;f'" `'ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;,'     i;;;;;;;;;;;;;,i;;;;;;;;,
       ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;i    ,.r'リi,;;;;;;;,リ'、;;;;,.i
       i レ、;;;;;;;;;iリ、.、,,∠_,,,,,'ノi;;;;リヽノ;;/   エ゙ホッ
         ヽ、リソ',ー、  ´"::::::: ''" ,.イ;;/     ゲフッ
    r-ー''" ̄"'','  'i,r┴-、     ノ,.-'"i
   ム.      i  (.,_'"   `ユ ./'"   ,.>-'7
   「i       i /7'-,   ,,_ 'i"、、' >r_';;;;;/./
   ヽ,       ,ト/;;;;;;ヽ_,/:::::"'ヽ''" '' /;;;;/
.   i」_ _-ー,-"ー-、/ /:::::::::::::::::::'、  '' ̄
.   , へ、  イ、>  、i  i::::::::::::::::::::::::',
  /:::イ  _,. '::/ /  ,i:::::::::::::::::::::::::',
  i::ヽ;i /::::::::i /   ,ヘ:::::::::::::::::::::::::ヽ


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       ところが翌赤烏六年。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .まず、春に薛綜が世を去る
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
839 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:20:35.04 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元243年冬 呉首都 建業】

                _,,、 ------‐‐- 、
           ,、,-‐,コ"´ ヽ-、,        `` 、
         ,r',r'´ /_,,_,,,,r‐=‐_''‐‐-、__     ` ‐ 、
          / .f. ,r'"´   ,r"´  ヽ,   ヽ、      `ヽ、
‐ 、      i  l,r'     ,/ , -= "´``=-、 `ヽ-‐ "\.   ヽ
  `` ‐ 、 r´j. /     '"´       -、"´      \  ヽ
.      `{ ,r'"´              ‐-"´   , ‐、 \  ゙、
.      ノ'                 ‐-、ヽ, r '´,、-‐ "´   ゙,
     /f                 `` ヽf ./       .人
     / {                  _``ヽ,r"         j ; ヽ,
    / ',              ,ri,,"´,,-"7.   ,、-"´``ヽ  //.  ヽ
    /  '.,             fノ ````ノ  r' ,r'"´ヽ j/ノ   .ヽ
    ノ   .',             ,r'r-,. jr"´  ゙、 { (_,,// 、      i
  ,'      ',            .r''"´ .フ    ゙、`‐,'r' ´   `` ‐ 、.  l
  ゙、     ヽ、         ,ノ,,_,,,,_/      "´,ノ        `` ‐ 、
    `ヽ、    `゛゛``` ゙ヽニ{"´~  j '       /
      ヽ、 r'"´`丶,_,r'"´ `ヽ、、 ノ       /
        ゙ヽ、


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       冬に闞沢が病死。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .孫権はその死を哀しみ、数日食事を摂らなかったという
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
840 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:21:08.33 ID:Pq6LvJ8uo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \       そして丞相の顧雍まで死んじまったと。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |     .確かにタイミングが悪すぎるお
 \      ` ⌒´   /

                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
   中央にいる重臣が一気に三人鬼籍に入ったわけですか。         (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
   太子たちの教育が始まったばかりだけに痛い話ですね           {           |
                                               {        ノ
                                                ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      こうした状況で、孫権はそれぞれの後任人事を迫られた
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
841 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:23:40.38 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元244年1月 呉首都 建業】

  /                                `、
  /                                ヽ ',
 ,'                 、         、 ,   i  ',ヽ',
 !                  ヽ   ヽ  ',ヽ',..リi   ト、 ,i .リ
 i             ヽ    ',ヽ',ヽ、  ',、 .i-リ=ゞi i / ', i
 ',            ヽ ',ヽ、  ',-リ‐-',  .i .Vイ-,},.j /l / .i /
  ヽ     ゝ、    ヽヽ,.-.>、i=ミ ` , i  ゞ‐'"/イ リ、ヽリ
  ヽ     i `,     ヾ'´ゞ"トゝ-},.  ` \   i  ',ヽヽ
   '.,    ゝ i'、    ヽヽ`ゞ‐ '´       ゝ  j  ', ヾ、 .顧雍の後任が務まるのは陸遜をおいて他にいない。
    }    ヽiゝ    ヽ``ヽ、        '_ ,. /   ',
   .ノ     リ ヽ, 、  `、 ``     _,. -‐ ' ./ /リ、 i    .誰も異論はないだろう
  / ,.       .ヽ,`ヽ、 `,        -‐ /i ./  '.  l
,/,.- 7        ',ヾ、.ヽ、.'., ‐‐-  ...,,,____,./ V   ', i
‐ ' /   ,     、`,:::::::::::``ヽ:`` ‐‐--イ>  ``''''''' ̄ ̄``ヽ
 /  ,.// /| ,、 ',ヽ'、::::::::::::::::::::::::::::::://ヽ、: : : : : : : : : : : : ヽ
'_,. -‐ ' .//,.くソ ヽ ', `ヽ、::::::::::::::::::::::l l i  ヽ、: : : : : : : :_,. -,: ヽ
.     '´ /ヽヽ  ヽ、',   `ヽ 、::::::::::::i i i, '‐- .,ヽ,.. -‐ ' く >', /',
     /: : : :ヽヽ   ``    /ヽ,`ヽ 、i i ! ヽ.,, ヽヽ、  ヽ く >i/.,.'、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .赤烏七年一月、陸遜が丞相に任命される
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
842 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:26:15.79 ID:Pq6LvJ8uo
【孫権の詔勅(一部抜粋)】
┏────────────────────────────────────────┓
 あなたは天性聡明であって、その輝かしい徳はあまねく人々を照らし、
 軍の最高責任者として、国家を正しく導いて危難を克服された。

 そもそも一代に卓越する功績を立てた者には、必ずそれに相応しい恩寵が与えられるべきであり、
 文事・武事に優れた才能を持つ者には、必ず国家を支える重任が託されなければならない。

 昔伊尹は政治的な手腕で殷の湯王を守り立て、呂尚は軍事的な才能で周王朝を支えたが、
 あなたは彼らと同様の能力を立派に兼ね備えている。
┗────────────────────────────────────────┛

         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │      陛下の命により、丞相の印綬をお持ちしました。
        /‐:::  `-=ニ=- ' /
      _,,,l ;! |:::______/         なお、従来の職務はこれまでどおり執り行うようにと
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l                          ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|                        ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i
                                            / /  フ  r     i  ゞ Vvi . ∩
                                            i '  il l   >   V |  |  .   ||
                                            ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .i^^^ |
                                             ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il |   |
                                             i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/.l   i'    
       身に余る光栄ですわ。                         / ti, -Y^ト  __ _ ` ´//j i r+^z'.`ヽ,
                                            y´Yi 廴t>、 ` '  /,、y/|    i'   
       謹んでお受けいたしましょう                   r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ |    |
                                          \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ.|    |
                                           .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、., |    |
                                            itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/      |
                                            i  / /`''´X>`´<ソY  ,     |
                                            ',  ハ  `ァx, -''´    /ヽ丶_ノ
843 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:28:21.71 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元244年1月 呉 荊州 武昌】

        ∧         ∧
        / ヽ       / .∧
     /    ̄ ̄ ̄ ̄    ⌒ヽ
    (______呉34___ )____
                               でもさぁ、いくら無敵超人の陸遜君でも、
    /:::::::    /   ┌──┐ \ ヽ       丞相職と荊州牧を完璧にこなすなんて無理でしょう?
   /::::::::::           ├──┤    |
   |:::::::::          └──┘    |       .そのあたり、陛下はどうお考えなの?
   |:::::::::          ┌────┐   .|
   |::::::::::       ├────┤   .|  
   ヽ:::::::::      └────┘  丿←潘濬の後任として武昌に駐屯

       呉 鎮南将軍 呂岱

                                               /\___/ヽ
                                              /''''''   '''''':::::::\
                                             . |(●),   、(●)、.:|
      ここだけの話なのですが、                       |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
      顧譚様が平尚書事となって中央の政務を見られるとか……    |   `-=ニ=- ' .:::::::|
                                              \  `ニニ´  .:::::/
                                              /`ー‐--‐‐―´\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .なにやら陸遜一人に負担がかかり過ぎている気もする
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
844 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:29:33.33 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元244年春 呉首都 建業】

           _  ―――  _
         ,  "´          `  、
.       /,     l、 l、  vl \ 、 lヽ\
.     / Wレ/    l N ヘvl W  ヽヘ\トl ヽ
    /l /l/      lヘl  ヘl   |      ヽ    顧譚、お前を平尚書事として中央の政務を任せようと思う。
     | l'           ヽ  、   ト、l、 . ト、l    
     |           从  l|、 l Alム l l |    死んだ顧雍に負けない働きに期待する。
    V         、ト.l≦ヘ/`ヽl 比{^V∨
     V  〃N    、K(rィリ_    ヽ ∨ヘ      .吾粲、孫弘、お前たちも頼んだぞ
      }  {{ ヘ  、 ト ̄       小 、\
      / ,  ゝ ヘ  ヘl丶       __ .ィハ l、l`‐ヽ
.    / /    `¨ヘ | 、Wハ    `¨了ヽ ト \                  __/"´ ̄ ̄ ̄` '⌒ヽ、
.   /ィ/レ/   从 lヘ lニゝ ヘ __ ノ  `l                   /      ,.ヘヘ    、 \
  ´// , /  `ヾl \\ V }}                       {      f,. -‐┤     }: }
 彡 ´ ̄ / ´          ` ニ(( \                      )/ / ノ=={ l  l  |:/
                    \ ヽ                   f´/   /   ___,.ゝヽ|ヽ| ト{
                                         ヽ、   j≧  <ノtェァ j   ∧ !
                                           | /:{  l     ヽ  /i )l `i
                                           l l:::::l  |      `i `i:':::::ヽ!
            非才の身ではありますが                ヽヽ::::| `__      | l:::::::::::::〉  
                                             | l::::ヽ´ ‐ `    | l::::::::::::〈
                                             | !:::::::ヽ--- / / ./:::::::::::::::\
                                             |l:::ヽ!:::::|`   〈 <:::j\:::::::::::::〉
                                             |l:::::/ .j     〉 /:/⌒ ̄ ̄`ヽ
                                           /|レ{、   ,. -‐ .ノ /ノ     /´⌒\

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .さすがに陸遜が荊州を離れるわけにもいかなかったのか、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .しばらくして顧譚が平尚書事に任命された。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .平尚書事とは、魏や蜀でいう録尚書事にあたり、政務の統括にあたる職。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .このあたりから呉の中枢にも比較的若い世代が登場してくる
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
845 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:30:27.70 ID:Pq6LvJ8uo

       / : : : : : : : : : : : : : :.}、: : : : : : : '.
        ; : : : : : : : : : : : : : : / ヽ: : : : : : '.
      i : : : : : : : : : : : : : /    \ : : : i
      | : : : : : : : : : : : /       /ヽ: :l
      | : : : : : : : : ///)ー- 、  /えア}: /                 はっ!!
      l : : : : : : : ////)戈癶     |'
        ! : : : : :.(/////        ゝ  l
       ; : : : : :/ ' ' /       __,  /!
       ',: : : :/   ∧     ̄ー′/: !                          ______ __
      ヽ/   /: :j  ` ー-  _ イ.:丿                        ,、:.´: : : : : : : : .`: 、
      /ヾヽ    ':_:「`ヽ_/.:.:.:.:.:.:.:.|"                           /: : :_:_: : : :):.):八: :.ヘ
    ,く:.:.:.:.:.:.:\イ____トゝ:|||:.:[ ∞ ]:.:.:!、_                        ,': /´  ` ー ´  ヽ: :i
  /ニヘ:.:.:.:.:.:.:.:〉:.:.:. ヾ:.:jjj:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.…ーxrrx、、            i: /          i: :!
/三三ニヘ:.:.:./≧、:.:.:.:.:.:}}}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://仁ニヘ            {: !           j:.l
                                              ',:! __ 、  ,__  i:/
         呉 太子太傅 吾粲                         ヘ!. ゚ー`/   `゚-´ リ)
                                             { {;ヘ   ,      j:ソ
                                                ヽ、リ  ハjゝィ小   ムノ
                                                !、  `ニ´  /!
       陛下のご期待に応える所存                       |ヽ     イ j
                                                ト、ヽ __, /i
                                                {ヽ;:>.v.<::;ノ}
                                      __、        ____jヾ;j::::| | |:::i_シj、____       ,__
                                   ム7´ ̄ ̄ ̄::´::::::::::::::\::::| | |::::_/::::::::::::::`:: ̄ ̄ ̄`7ム
                                  /:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`| | |´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::',

                                             呉 中書令 孫弘

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .また、闞沢が務めていた太子太傅に吾粲、中書令には孫弘が任命された
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
846 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:35:00.71 ID:Pq6LvJ8uo

         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ   太子孫和派と魯王孫覇派の対立が本格化するのは、
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N    呉の体制が刷新された赤烏七年以降の話である。
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ     それでは続いて、
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/       どのように両派の対立が激化したのかを……
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_
                                                    ____
                                                  /     \
                                                /_ノ  ヽ、_   \
         ちょっと待ってくれお。                        ./(●)三(●))   .\
                                               |   (__人__)      |
         肝心の孫和と孫覇ってのはどんな奴なんだお?         \ ヽ|r┬-| /   /
                                               /   `ー'´      \
847 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:35:45.51 ID:Pq6LvJ8uo

ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::      残された記録を調べた限り、
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`      孫和の逸話はあっても、孫覇の人柄を示す逸話はほとんどない。
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ      .
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::      これは後に孫覇が自死に追い込まれたためだろうが、
  ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::      彼の人柄はこれから起こる事件で察しはつくと思われる。
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;     
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/      それなので、孫和の人柄を示す話を紹介しよう
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///      
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:

                                                   ____
                                                 /      \
                                                /─    ─  \
                                              / (●)  (●)   \
                                              |    (__人__)      |
            ふむふむ                .            \   ⊂ ヽ∩     <
                                                |  |  '、_ \ /  )
                                                |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/
849 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:38:27.61 ID:Pq6LvJ8uo

                     , ' ,   ,  {      {   l  . !
                        /  /  /  j `ヘ 、  V   l  i !
                     '   ′ j{  | jヘ_\丶\_ !|   ! !
                       { i{!! |ヘ ヽ |'´ _≧こ≫‐'ァ  ,j {
                        \Vヘ jyィ斥ム,_{_,ヘt炒^ク¬'  !i〔 ハ
                       {___ンヘ.小.二ノ'} `^ー…'´ , {   V、 \ __,)
                      `7/イ j八  '-、      jハ ヽ ヽぃ ヘく
                     { i' { |i、_ 丶   ー_='   /  }i| !l }!  } !
                 _  -─┴`ヘ廴__`二>.、__  ´  _ノ'イ^!/ル'  jく   }
             ,   ´ -‐ァ ¬     ` < 、_  `!   ´  ソ'⌒丶ぃ.`ニイ
          r~'´ ´     /     `ヽ ヽ ヽ     _  -─     _〕!>べ._
          ンi'  , '   〃,       ヽ V!ヘ `   ¨´      _/ ヘ   ヽ
         r'V   /  / / !|   !、  ヽ  l  トい     _  ¬ 7´  |    ',
         {7  j   j イ ハ_l,   !_ハ ハ }  l  ! i_ 〕'丁 ̄「|   j/ ,    ,'    i
         `!|! { _]ム|ニムl l  |ル!厶jムj }i j,ル'l !  ! l   / j,   /       !
.           j八l ハ  ! jr!_:八!ヘ!乂jr!_:}_} /' /ハ  } j  ,  !    ,/  , '        i
             `!Vぃi` ̄        ̄/イ/イ ∨ {  j ノ   V!{ /  _,    j
            | l ム ```   {       /ム i |  V  {〈    `j  , '´     ,
            | | !:へ    __  _   .イ !i ! !、丶\ ムヽ.    }_/      /
              i| ! l , !`! .  -  ィ! !| !l i |ト\ `ン'} ! Yヘ  ,ノ´  _..二 丶 V
         , 「´ヘヘ jl | ∨|!l  ー '´ | ! !' j   l ぃ≫' / j j {、'¬く_∠ ,─ 、_ i〔
.       r'{ ! j_厶/ ! ト. V_,ン}      j、j_V, l l| l ト`ヘ_{__」 !ぃ‐</´   i` {

                              呉 孫権の妃 王夫人

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫和、字を子孝。孫権の三男で側室の王夫人の子である。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .王夫人が寵愛を受けていたために幼少の頃から孫権に可愛がられ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .他の兄弟たちと比較にならない待遇を受けていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .十四歳になって彼直属の官僚機構と護衛兵が付けられ、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .太子になる以前から中書令の闞沢が書物や稽古事を教えている
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
850 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:39:07.16 ID:Pq6LvJ8uo

         l:::::::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l:::l
        l::::::::::::::::::l:::::::::|l:::::::::::::::::::lハ:::::::::::l::::::::::::|:::l
      l::::::::::::::::::|l::::|l:ハ:::::::::::::::::|l l:::::::::l::::::::::::l::::|
       |:::l:::::::::::::L!::Hl'''ヾ::::::|:::::;'リ''''}リ::::ハ::::::::::;':::,'
       |::::':;::::::::::|_,キ_l!=ミ、ヾ::l:::;'  彡l≠ェ};;/ノ::::;!
        l|::::::ヾ::::::{く{ヒ::;タ_,  l!'   _ヒ:::タ},ハ:::::::::l
      ,!|:::::::::::`:、`、  ̄       ` ̄  l:::::::::ハ
     ,'::l:::::::::::::ト.',       |       ,'::::::::::ハ
     /::::|::::::::::::l::`',       !     /:l:::::::::!:::::',
     /:::::::l:::::::::::|:::::::ヽ    r――ァ  ...::::}::::::::|::::::::',      世にいる人物は学問や技芸をしっかり修めて、
    ,!::::::::::l::::::::::!::::::::::::l\   `=''  イ::::::,':::::::::l::::::::::ヘ      弓矢や馬術に習熟すべきね。
   _,!z-―=l:::::::::|:::::::_ノ  `  ___ / k:::/:::::::::,!::::::::::::::l
 /     |::::::::F'i"           7::::::::::/-‐=‐-x、    それを現在当面している課題を処理するために
/       l:::::::::l \ ー-、  , --‐‐/::::::::::;'       ヽ  .役立てるべきだと思うわ
         ヘ::::::::l  \      //:::::::::;'         ',
      \  ヾ::::::ト、  \   / l::::::::::;'          ',
       ___ヽ }:::::::| \  \/ /!::::::::;!    /      l
     , '´  ̄`ー、::::l  \  /  |:::::::;'     /       |
    ノ  ノ   ヘ:::|    `´   |:::::/     ,'         |
   (_/ ヽ、    ̄ヽ      |:::/     /         |
      /  ヽ/⌒/⌒y⌒r‐,   |::l    , '          l
     ヽ / / / / /    |:|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .孫和は聡明で生真面目な人物だった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .文芸を好む一方で騎馬や弓にも巧みであり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .才能のある人々に目をかけてやっていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .呉の太子として、まずは問題ない人物だったようだ
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
851 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:41:55.47 ID:Pq6LvJ8uo

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ      .そんな彼が嫌ったのが博奕である。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,      要するに双六による賭け事だが、
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/      当時の呉では随分と流行っていたらしい
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ                       ____
       `、   ヽ \.>j    ハ│                    (⊃      \
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|                   (⊃ ─    ─ \
                                      (⊃  (=)  (=)   \
                                     /|     (__人__)    |
                                   /  \____` ⌒´    /
  いつの時代も一攫千金は男のロマンなのかお?   (               \
                                   \_ |            \
                                      ヽ|          ト、  ヽ
852 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:43:41.09 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元243年頃 呉首都 建業】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ______
     /  _      /|
   /  (圭圭)  /
 /       ̄  /                                             _ ノノ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |                            ノノノ             _ノoノ
                 ______           |∥   ミ        ∥     ̄  ̄
               / ●       /|              ヾ ___    │      _ //  ∥
             /    ●    /            ⑩   /1000 / ⑩      ./8/
           /       ● /            | |       ̄ ̄ ̄     ⑩  /。/    |∥ ⑩
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |              ⑤        ①
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━       m n _∩                   ∩_ n m
                               ⊂二⌒ __)    /\___/ヽ       ( _⌒二⊃
                                  \ \   /''''''   '''''':::::::\     / /
                                    \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /  ⑤
                                     \ \|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|/  /
                                       \ .|   ´トェェェイ` .:::::::|  /
                                        \\  |,r-r-| .::::://___   ノノノ
                                          \`ー`ニニ´‐―´/  \ 5000 \
                                          /        /      ̄ ̄ ̄

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫和の側近の蔡穎は博奕を好んでいた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .孫和直属の官吏たちの中には、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       彼を真似て博奕に興じる者が少なくなかった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
853 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:45:43.56 ID:Pq6LvJ8uo

       _,..........,r::::::::::::::::‐:::-=、
   ,..x:^:::´::::::::::::i'::::::::::::::::::::;::::::::::ヽ
  ノ/::/::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::ヾッ::::::::}
  〉::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::}
  {:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::〈
  ゝ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::ェ:::l:::::::::i::::}
  .{:::::::::::::::l:::l_:::ヾ::::::::::::::ノ=x.|:::::::::|::ハ
   V::::::::::::f':::;x=、:::::::::::/f::じ:vM::::::|:::ヘ         博奕は仕事の妨げになって時間を浪費するばかり。
   V::::::::ヽVf:じ:ヽヽ'´ l::::::リ  |:::::|::::ヘ
    ト、:::::r 弋:_:リ  ,  `´⊂ ソ:::::|:::::ヘ        .精神を疲れさせ頭を使う割に、
    |:::|::::::ヘ rっ    __   イ:|::::::|::::::ヘ        そこから何かが生まれるわけでもありません
    |::::|:::::::::ゝ..._   ´  ィi::::::|:::::::|::::::::ヘ _
    |:::::|::::::::::(⌒ヽT=ニ´シi、:j:::::::::|--―i ト、     それからそれから……
    |::::::|:::::::::::ヘ >- 、(ヽ|j.ィ |/::::::::::|   ノ | ヽ
    |:::;::」:::::::::::::ヘ   )( V |/__::::::::::|  //   \
    !:::| l |::::::::::::ィ{ ノヽ ノi l | |:::::::| /'´      ヽ
    /::∧ヽ!:::::::〈 l T'''''´ ノ | レ'|:::::::| l        |
   /:::/  ` |::::::::ヘ ヽ|   | ノ´ |::::::::!          ノ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       そんなある日、宴の席で博奕の話題が出た。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .配下の官吏の様子を苦々しく思っていた孫和は、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       博奕の無益さを長々と説いて次のように締めくくっている
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
854 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:47:47.00 ID:Pq6LvJ8uo

        _,....‐::‐::-r::‐:::-..、
      ./::::_;::::::::::::::'、::::::::::::`ヽ.              _
     .//::::/::::;::::/:/:::::ヘ:::、::ヽ::::::ヽ         /  i
    //_;:/ェ=l=-lェレ‐:::ヽ-.t-::〉、i::〉i        ./   |
    f/l:ー1:::::l!:::::|!::|::::::::l:|::::l:::`:i.トl、ィ'i       l    /
    |!::|!:::|!::l:l::::/l!:ハ:::::::ili|::::ハ:::::l|:l|:!:l.l       ./ . : ::/
    !:|!:::|!:/` ト、 { リ!::/| _孑iリ::リl|:l::il|   __  / . : ::/
    l:||:::::l| イ,.ノハ ノ ィ ,.ノ::ト/:l:::/リ rー' /  `.:/_`ヽ   確かに人には気楽な楽しみごとがなくてはなりません。
      ヾ::::| |::しリ   |::しりi::::;、{´ / / ---、'´.:: : ::  |
      V:::! ゞ= '  .  ゞ= ,l!:;リ/ ̄ヽ { |   : ::.ヽ:__  ヽ .ですがそれには、宴会や琴書や弓矢馬術があります。
      !:::l    , - 、   イ!' |': : .:.:.:} }\__:ノ::.. . . イ}
      |l:::ト、  l   l   |::!ll: : ./.:/丿 l└ -、`T:: . ̄丿 〉 どうして博奕以外に楽しみがないと言えるのでしょう!
       !:、l:i<:>―rt.‐<V:/リ: : l: :{└、 {.      ̄ ̄_rイ
     /´.!::∧´ ̄|冂| ̄`//::i!: : : : :ー、L.i     r‐'こ ノ
    /: : :|l::ll ゝ、ノiTヘ、 ー'||:i|::. :.、: : :.::厶└ 亡二 ノr ┘
    / ̄iー、、|、/ / l ヽヽノi!リ: .:/´ ̄  └―'´  ̄
  「 ヽ .:l  .:}l  / .:  ヽ .||| .:/
  .」、_ .:トイ}/    i  ヽイリ.:/
 {〈__/ /l 「:l     /  /..;:/
                                               /\___/ヽ
                                              / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
                                             . |(●),   、(●)、.:|
                                             | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::|
            ……すいませんでした                    .|.u   (^ー^>  。.::::::|
                                              \ ゚  ⌒´ u .:::/
                                           ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
855 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:52:49.62 ID:Pq6LvJ8uo

       .′ '  ハ   ヾ:::  |\  ハ |   ヾ;.  |:::::      ヽ |
        | | │ /-\-  ヾ |ニ| /-i!│  |: i::::::ト.::::       ∨
        | | │ハ|_二.ヾ 、 │ィテj/=、ヾ|  / i::::/:::∨ヽ:::::: /
       |ハ Vィハrぅハ  \|ノ 弋_フノ // ,/ V:::::::::::::::(::::::!|
        l ゝ.\`-' ノ        イ // ) |:::::::::::::::::::\ |      ……太子らしい
          「 `   ヽ        /jイr '_ノ::::::::::::::: ハ::::ノゝ
            ハ        _       rイ:::::::::::::::::::::/
            ゝ.   ´         イハi!:::::::::::::: //
              ` .      . '′ | ヾ.::::::::::::ハi
               >- r_ノヽノ\/|  ∨ゝ::|           / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}
      /|          )::::::::::::::::::::::::::::::{.     `          /.`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ
     ′ ! /イ     ノ:: - ― … ...-::` …‐- 、          i:::::::.i:::://      [..-}::::i-ー:::::|::::::::::|
                                        i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}
            呉 文官 陸胤                 {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i  
                                       i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
                                    .   {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
                                        .i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}
     真面目な方だからな。                     .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
                                    .     {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
     よほど腹に据えかねていたのだろう          .     i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
                                    .      i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
                                           i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{

                                           呉 太子中庶子 韋昭

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       後日孫和は、側近の一人である太子中庶子の韋昭に、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .自身の主張を補強させる形で博奕を論じる文章を作らせた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       韋昭が書いた文章は『博奕論』と呼ばれ、今も伝わっている
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
856 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:53:31.74 ID:Pq6LvJ8uo

       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\      お堅いタイプだお。
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |    まあ、次期皇帝がだらしなかったら、それはそれで問題だけど
  \               /
                                                  __     ━┓
                                                / ~\   ┏┛
                                              / ノ  (●)\ ・
                                            . | (./)   ⌒)\
                                            . |   (__ノ ̄   \
     何か釈然としませんね。                           \          |
                                                \       /
     このようにしっかりした後継ぎがいて、                .      \  ⊂ヽ∩
     どうしてあんな事態になってしまうのかが見えてきません           /´    (,_ \.
                                                   /       \. \
                                                  ./   /       |. \ソ
                                                (  y'      .|
      /.:.:.         \
       /:,:.:.:  /   ヽ    \
     /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`
     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
   /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
    N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
     ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ      率直に言って、孫和の資質に問題があったのではない
        `ヘ:ゝ   _     小/   
          ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
      _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_    
    /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ  
    /  | l:l   l     l   l::l l  
    l  ヽハ    l    l  //  |
857 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:55:23.10 ID:Pq6LvJ8uo

          / /: : : :/ : /: : : : : : :i: : : : : : : : :. : : : ‐ ― :ヘ
        /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : :.
        ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :.
         /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. :.
            ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : : :.
         |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: :i:.
         |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示伝テ:! : : : : /Y:.l!: ト\   問題は孫和の母親の王夫人にあった
         {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ } ハ:|
            }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/  イ/ }'
             |ハ: ハ           / j: :/´ ∧:.i
                    l:i : :..     ‐        イ: /i: イ ハ|
                 从 i: :.>.、       < / イ:ハ{
                    ハ: |    ー<     /' < ̄:.
                    ヾ|    }ハ   /:. :. :. :. : \
                           ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\
                          /:. :イ:. :. :. :. ´  ̄ ̄ `:. :.ヽ            / ̄ ̄\
                                               /   _ノ  \  ( ;;;;(
                                               |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                                               |      (__人__) /;;/
        なるほど。                              .   |        ノ l;;,´
                                                |     ∩ ノ)━・'
        後宮が絡んでくるんですね                      /    / _ノ´
                                              (.  \ / ./   │
                                              \  “ /___|  |
                                            .    \/ ___ /
858 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 00:57:32.96 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元243年頃 呉首都 建業】

       ,//,r':.ィ//:/:.:/ィ:.:.:./:.l:l:.|:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.ll
       ///:/://:|':,イ.:il/i:.:.:./:.:l.:|.ll:.:.:.:l.:.:.ヽ、:.ヽ
      ,|ll:l.l:.|/:i.:ハ::l l:l| |i:./.:./|:.|、l:、.:.l.:、:.l:l.:.l:.:lヽ
      .{:.:|:ll:|:!:.:l.:.l 'l`'、l、 '、:l:.:.{ ヘ、_,、ヽ:.l:.l:l.:|.:.|:.|:ll.
      、:.:.ヽヽ:.::代f't:ミ,ヽ ヽ、又,..ゝ-、ヽ:l.:'.l:.:.:|.l:.:l
       ヽ:.:.:i`lTt-`¨´ rl┼、, ' ゞ=ィ' ノ:j:.':.:.:.:'.:./    .子孝が太子になった以上、
       i ヽノ}jl:.:ヽ ̄´  j  ゙ ー---ィ'.ノ:.:.:.:.:.:/     生母である私以外の妃は地方に住まうべきでしょう。
       ''-ィノ:.:.:ノ     l 、    r´i:i.:.:.:.:.r',´
        .{:l.;.:.r'、(ヽ  =-   ,l:l|.:.l:.:.:_.:゙ノ       .よろしいですね?
         ゝ-゙'   r'ヽ ´ ,.ィ'´ィi‐ijノ:ノ
                 !.ヽ`' ´ィ´イ::|ー''´                          ______
    ,_,.........-――:::i::|::l 'i /./:::::::::::|'ー..、_                         . ´        `  、
,r'´ ̄( (::::::::::::::::::::::::::::l/:{::::l !./::::::::::::::::::::::::::::`'''ー-..._                /レl /レl   lv|  Wvト、\
                                       .      /l, //イ//  lヘ |  ヘl ト、l Wl 丶
                                             ' lヘl lヘ!    `l   ヘl ヽlヘl 、ヽ
                                            l    , l、   ∧ . ,  l   、.l`\
                                            lイ   l |、ムヘ l / l 从A /l / l, |
                                            l.l , |、トl〒ィテ'l'   l'彳ィテkl/l / リ
              あ、ああ……                 .       | ヘ.ト l  ̄ ̄  ,   ̄ イ .イ
                                       .     /  N l、     ,    イN ∧
                                           / ィ l|∧lr\  '゙゙ニ゙゙' /// ハヘ
                                       .   /´/ ,l l ヽヽ > __ イ|´l /へトヽ
                                            /ヽl     \ |l| /  l′

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      孫和の母の王夫人は琅邪郡の出身とされる。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      彼女は逝去した歩夫人の次に寵愛を受けており、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      孫和が皇太子になると孫権は彼女を皇后にしようとしたとも言われている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         しかし、彼女は歩夫人と異なり、他の妃たちには冷淡だった
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
859 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:01:32.37 ID:Pq6LvJ8uo

  //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::、:::::ヽ;ノ
 f/l::::::::::::::::::::::::::::;::::i:::::::::i:::::::;:::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::/:::l゙ヽノ
 |' |::::::::::::::::::::::::::/:/l:::::::/l:::::/リ|:::i:l:::::::::::::::l::::::::::/:::l::::::|
 ' l:i:::::::::::::::::::::/l:/;/:::://_;/,/-:j‐l::::::::::::::::r 、/::::l:::::::|
   .、ヽ::::::::::i、::r、l /l:/7´/≠=ナ=':::::::::::::::l- l:::::::l:::::::::l         子烈。
     〉、:::::ト'弋jl ' " '  _辷_j/:::::::::::::::l'ノ ノ:::::l:::::::::::l
    /:::::ヽ:ヽ  l       /:::::::::::::::::l-',イ:::::::::::::::::::::l         今度のことはなんと言ったらいいのか……
    /:::::::::::::l r'       /:::::::::::::::::r'l::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   /::::::::::::::::j、`ヽ '    ,イ:::::::::::::::::/ 、:::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::/ ヽ ‐- 、 ,イ:::::::::::::::::::/  /::::::::::::::::::::::::::
  //:::::::::::::/  |ヽ ` ,イ:::::::::::::::::::::/-‐ァ:::::::::::::::::::::::::::
  //::::::::::::::/   l 、:>:'::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::              /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::ハ
                                             ,':::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::ハ
                                           ;::.:::.:::.:::.:::.:ハ:::.:、:::.:::.:::.:::.:::.:::ハ
                                            l:::.:::.:::.:::.::,'‐ ':;::',ヽ、:::.:::.:::.:::.:::.',
                                           ,:::,イ:::.:::.::lニ、 ';::',ニz、:::.:::.:::.:::.:l:,二ヽ
                                         r'ニ;::.ト/::,ィ:::.:lヒリ  ヽt ビy:::.:::.:::.:::',ゞ´.:|
                                        ,':::`ヾ;'::.:; l:::.::l    ヾt u.}:::.:::.:::.:::.:', :::L_
             …………                     ;::゙"゙"/:::.l、l:::.:リヽ、 __ ヾイ|:::.:::.:::.:::.:::'.,::::::::ヽ
                                        ,:::.  ,':::.:/'::;-、::_:`..‐.'´,〉ー|:::,ィ-::、;_:::.:::,-―;:,
                                       ,'ー' ,':::./:::l´:::::`ヽ、ヽ:::/ /::::::::::::l l:::.:',  ::::',
                                        ;:  .,':::.i:::.::l:::::r‐‐--`¨ヽ./"´ `l:::::‐':l:::.:::', ゙‐'',

                                           呉 孫権六男 孫休(字:子烈)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       孫和が太子になり、王夫人が重用されるようになると、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      孫権の寵愛を受けた女性は、都から追い出され地方住まいを強要された。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .何故この命令出たのかはよく分からないが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .王夫人が寵愛を競ったライバルの追い出しを謀ったのかもしれない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .追い出された一人である孫休の生母の南陽の王夫人は
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .移住先の公安で亡くなっている
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
860 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:02:14.89 ID:Pq6LvJ8uo

  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/     ずいぶん調子に乗っているわね。
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|      母上と子高兄さんが生きていたら日陰者だったくせに
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|              ,//,r':.ィ//:/:.:/ィ:.:.:./:.l:l:.|:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.ll
                                        ///:/://:|':,イ.:il/i:.:.:./:.:l.:|.ll:.:.:.:l.:.:.ヽ、:.ヽ
           呉 孫権の娘 孫魯班               ,|ll:l.l:.|/:i.:ハ::l l:l| |i:./.:./|:.|、l:、.:.l.:、:.l:l.:.l:.:lヽ
                                       .{:.:|:ll:|:!:.:l.:.l 'l`'、l、 '、:l:.:.{ ヘ、_,、ヽ:.l:.l:l.:|.:.|:.|:ll.
                                       、:.:.ヽヽ:.::代f't:ミ,ヽ ヽ、又,..ゝ-、ヽ:l.:'.l:.:.:|.l:.:l
                                        ヽ:.:.:i`lTt-`¨´ rl┼、, ' ゞ=ィ' ノ:j:.':.:.:.:'.:./
      あなたの家は後宮ではないでしょう?            i ヽノ}jl:.:ヽ ̄´  j  ゙ ー---ィ'.ノ:.:.:.:.:.:/
                                        ''-ィノ:.:.:ノ     l 、    r´i:i.:.:.:.:.r',´
      嫁ぎ先に戻ったらどうかしら?                 {:l.;.:.r'、(ヽ  =-   ,l:l|.:.l:.:.:_.:゙ノ
                                          ゝ-゙'   r'ヽ ´ ,.ィ'´ィi‐ijノ:ノ
                                                  !.ヽ`' ´ィ´イ::|ー''´
                                     ,_,.........-――:::i::|::l 'i /./:::::::::::|'ー..、_

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .こんな調子だったためか、彼女は歩夫人の娘孫魯班と仲が悪かった。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫魯班は全琮の後妻となって全公主と呼ばれ、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .公主という立場もあり、後宮に自由に出入りできたらしい。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .子供と継母の仲が悪くなるのはよくある事例だが、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .この両者の場合は本当に収拾がつかなくなっていく
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
861 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:05:28.08 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元244年頃 呉首都 建業】

            / ,- '7‐'''',''ゝ
           ./,., '1 ,/  j'´7 ,
           ,.'/l,ヘ !  /, i /l     .| /| ∧ト、 ',   、
            ' l ハ}  // .,l l l.ト   .l|./ | ./=リ=ヽ.l   .|、
            '| {  |/.| L',l,,,,,',|ヽ  .l'''''"レ=,=テ〒リ   .| l    どうも体の調子が悪いな。
            ` ',    ',|ニl-,=i-、ヽ l   ''{-'=ゝ ' /   l/
              }    /.、ヾ=ゝ‐. ヽ.|      ./,   ノ     .子孝、私も年だ。
       ./´` ヽ、/    /i ',     .}      ./.イ  /./
      /- 、  ヽ、 ./ .i ヽ    ヽ     / / .//      .今度の宗廟の祭祀はお前が代行してくれ
      /- 、:::ヽ、   ヽ<  .l.イ. `丶、 ' ニ `   , イ /lイ  i
     /- 、 ヽ 、:ヽ、  ヽ ,リ,.l .{ソl  ヽ 、  ., '´フ // l  /
     /:::::::::::ヽ 、 ヽ、::ヽ、 ヽ- l l ノ  ,.,'ク,"'''"ヽ / , ヘ /イ/ ヽ        //:::.::::.::: 、:::.:::.:::ヽ ::\
   ./:::::::::::::::::::::ヽ、 ヽ:::::', ./""=l l=ミYi'', ';;;;;;;;;;;;;//  ',/ .i/ゝ、         //ノ:::::/:::_::/::_lL_、:::.ヽ:ヽ::vi
                                            /7トー '二 /_ __, L _ ` = 、Yl
                                            レl,.r::"!i:::7::!::l::::::|li:::;l:i::゙i:::ヘ トli
                                            vi::!i::::::j_:|_:L,i::::::i厶ムl-!|::!:l::レ
                                             V!ヘl::|テrt:ミヾ!::/ソ'イ:r;リj/;リ::!
        分かりました。                           il|::ヘ;lト ゞ'′ノ   ゞ=イシ:::::|
                                             !|::::l、     |      ,!:::i::!
        くれぐれもご自愛ください                      |::::i!ヘ    __     /l|:::;::|
                                             |、::| \  ´ ` ィ、 !レ!:|
                                             | v|  /!、 ー ,.. ri:Y´,.イ|
                                             ト、;| {〕l ヽ /´  !:l/:l:::!|
                                              l!::i !ァ´/   |     ゙i::::|::::ト、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       そんな折、孫権が病床についた。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .ちょうど宗廟の祭祀があったため、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       体調の悪い孫権に代わり、孫和が祭祀を行う事になった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
862 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:06:28.41 ID:Pq6LvJ8uo

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ       太子、そろそろ宗廟に到着します
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                       /7 (/__;::/-‐'´/ __,. L.._`l‐ヽ=ヽVVli
    >   ヽ. ハ  |   ||                      | ! .l ..ィ!f:::7!::{「:::::::ト!|::::i::l.l:ヘ!:‐、 l |:||
                                      レ|r|「::::::|:|:::{|:::|!li:::::::|.||、::|:::|::::|:::i::|.ト|Y
                                      V|::l l::::::_:i_:|__:|_,i:::::::l、ムム:l-l:|!::|:l.|::レ
                                      V!ヘl::::|テrt:nミヾ!::::/'ノ'イ:でリj:ノ:リ:::|'
                                       i||!:ヘ圦、V:Z   ノ   ゞ='ィシ::::::|
  そういえば、この近くに張休殿の邸がありましたね。      ||!:::::トゝ       |       イ::::::::|
                                       ゙|!:::::ヘ     . }     /!|:::l::|
  通り過ぎるのもよくないので挨拶に行きましょう          |!::::||'ヘ     __    , ' |.|::| |
                                        |、::l||  \  ´ニ`  ィヽ .| レ| |
                                        | V||   /|` 、  / .トi:V ' ,.|
                                        |.、 || ∧` ‐ 、`,´‐ ´ !:| ,.イ:||
                                         |!::l l! {;ノ!   V     V::::l:::||
                                       .!!:::!.|ァ’/'    |      |:::::|:::||゙ ‐ ...__
863 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:07:20.15 ID:Pq6LvJ8uo
― 張休邸 ―
                                            ,   ¬一- 、
                                             /    、 ヽ   \
                                           〃    } _jr リ     ヽ
                                           / { i、ト-ァ'  ̄ /       ヽ
                                         i  v‐、  'ィ=‐〈   _,ノヽ   |
        太子、もうすぐ祭祀の時間じゃ?            |  rァ'     ヾ'′rノ _ノ/
                                          ヽ、 l ` _, -┐   广,/
        私の家でゆっくりしてちゃダメですよ?           ヽ ヽ ノ   / V
                                              >、__ / _r'^{      /V乙-‐
                                          / ̄ / /^Y´   ` ー厂 ∨   
                                          /   r┘」 -ヘ       <  _,ノ    
                                           ! └ {   r‐-     } 」   /  
       //_;:/ェ=l=-lェレ‐:::ヽ-.t-::〉、i::〉i
       f/l:ー1:::::l!:::::|!::|::::::::l:|::::l:::`:i.トl、ィ'i
       |!::|!:::|!::l:l::::/l!:ハ:::::::ili|::::ハ:::::l|:l|:!:l.l
       !:|!:::|!:/tlr_‐t{ リ!::/|rj:ァ‐リ::リl|:l::il|
       l:||:::::lVT:i:Yヾ゙ ノ ''T:iYV:/:l:::/リ
        ヾ::::| ヾ¨´    l   `´ノi::::;、{´     それが、陛下の代理で祭祀を行う事になってしまいまして……
          V:::!      |     ,l!:;リ `
         !:::lヘ   _`__    イ!' |        何か助言を頂けないものかと……
         |l:::ト:ゝ     ,.イ.|::!l l
          !:、|:iく!_` - ´_レ! .|:/リ
         /!:::〈!  `ヽ l´  ト、!::i|
       _,. ' 7:::::ヘゝ、 V .. イ V:/ト .._
 , - ‐  ´   /|!::∧´ ̄|冂| ̄`//::|!  ` ‐-

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       その際、孫和は宗廟の近くにある張休の家に立ち寄った。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .張休は孫和の妃の叔父にあたる
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
864 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:08:20.55 ID:Pq6LvJ8uo
― 宮殿 ―

           ./,., '1 ,/  j'´7 ,
           ,.'/l,ヘ !  /, i /l     .| /| ∧ト、 ',   、
            ' l ハ}  // .,l l l.ト   .l|./ | ./=リ=ヽ.l   .|、
            '| {  |/.| L',l,,,,,',|ヽ  .l'''''"レ=,=テ〒リ   .| l 
            ` ',    ',|ニl-,=i-、ヽ l   ''{-'=ゝ ' /   l/
              }    /.、ヾ=ゝ‐. ヽ.|      ./,   ノ    子孝の奴、なんか心配だな……
       ./´` ヽ、/    /i ',     .}      ./.イ  /./
      /- 、  ヽ、 ./ .i ヽ    ヽ     / / .//   
      /- 、:::ヽ、   ヽ<  .l.イ. `丶、 ' ニ `   , イ /lイ  i
     /- 、 ヽ 、:ヽ、  ヽ ,リ,.l .{ソl  ヽ 、  ., '´フ // l  /         __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
     /:::::::::::ヽ 、 ヽ、::ヽ、 ヽ- l l ノ  ,.,'ク,"'''"ヽ / , ヘ /イ/ ヽ      / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
   ./:::::::::::::::::::::ヽ、 ヽ:::::', ./""=l l=ミYi'', ';;;;;;;;;;;;;//  ',/ .i/ゝ、     /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
                                          ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
                                          V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
                                           〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
                                          ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
      陛下は横になっていてください。                 llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
                                            }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
      私が人を遣って様子を見させてきますから             l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′
                                               /::丶、   ,, ィ´:::〉
                                               ',::/ト、`´, -┤〉〈
                                              〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
                                          / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、
                                         /   //, 、r^ェ '´`丶、r^ュ,、:l l   ',
865 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:09:00.01 ID:Pq6LvJ8uo



      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


      ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――    ==__ ̄―===━     _  ̄ ̄─
      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


866 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:09:36.11 ID:Pq6LvJ8uo

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|         公主。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/         太子は張休様の邸に立ち寄られているようです
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                     .    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
    >   ヽ. ハ  |   ||                       /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
                                      !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
                                      !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
                                      ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
                                       ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
                                        `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
     陛下が病床におられるのに、                    (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
     宗廟にも行かずに何をやっているのかしら?           ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
                                             ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
     よからぬことを考えていそうね。                     /:::ヘ i ̄ 、    /
                                             ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
     あの母親の子ですもの                         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
                                           〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __
                                            〈::ム_/: : : : : __ :l|L :r-、: ヽ`ヽ
                                            ,. " ̄ ヾ.、,-、ゝ_メ: : :`X´: : : ', !
                                         /     li:ゝ .) :/ : : : : : :\'´):∨
867 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:10:49.02 ID:Pq6LvJ8uo

  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/      .陛下。
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ       太子は宗廟にこもらず、
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|       .張休の邸宅に入り浸っています。
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、          陛下の容態が思わしくないのにこの振る舞い、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|          .何か良からぬ事を考えているのかも……
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ 
                             / ´/ . . .  . : . : : : : : . . : :  . : : :  : . : : : : : : . : . ヽ
                                   /. . : : : : :.{: :.l . : : :./ . : :/ . :,: : :   : . : : : : : : : : : .
                              /. :/: : : : :人.イ. : : : / . : /i. : /: : :   : : : : : : : : : : : : : :
                                //: : : : : :./≠、{: : /'. :ィ≠ミ/.l: : :   : : : : : : : : : : : : : :
                             '  |: : /: :/: :iト} l: / l/{_ノl ㍉ / . :  . . : : : : : : : : : : : : : :
                                  l/: : : : _ノゞ' ′   _ヒ::j__ //  . : . : : : l: : : : : : : : : : :
                              / . : : {´        ` ̄´ /'. :  . : : : : : :人: : : : : : : : : :
          は?                   /. : : ィ: ヽ.         .// . : : . : : //  l: : : : : : : : 、
                             / / /l : : r 、_       /'i . : : : : : : : /i/  .ノ:: : : : : : : :ハ
                              /'    / . : ゝ¨ `      / . : : : ; : : /___ /: : : : : : : l : :ハ
                                     / . :./}`       ./. : : :/: / ̄/: : : : : : : : : : :.l: :i: :
                                / ./  ゝ、__......../. : :///─-/ィ: : : : : : : : : : :.|: l、
                                  //r─…ィ´:::::::>-./.: イl¨/' ̄l   /: : : :./: : : : : : :.l: :l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫和の様子を知った孫魯班は、孫権にあらぬことを吹き込んだ
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
868 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:11:51.54 ID:Pq6LvJ8uo

           ,. - 、
            /    ヾ7-‐- x‐‐-.、
        ,'       }フ ::::,:'::::::::::::::)..、
        !      ノ<::::/::::::::::/::::::::ヽ
        ヽ.,_ _、_ノ〈´:::,'::::::::::/:::::::::::::::::ハ
         ヽヘ^='^´:::::::{:::::::::::{_i|_:::::::::::::!
           {:::::::::::::/`ヾ::::::::::!,.=ュヽ;_:l_;;ノ  そういえば陛下の下に参上する前に王夫人とすれ違いました。
           ヽ;::::::::ヽゝヘ;:::::::ヘ;:ノ !
            〉::::::丿ゝレ\::::;ゝ  、    あの方、陛下の具合が悪いのに喜色を浮かべていましたよ?
          ,r‐<::_ノ     ヾゝ__, ´
        ,.┌;丿 「ノ} __      ,.'      太子と何か企んでいるのではないでしょうか?
     ,.┌;丿  ,.「:ノ/´ ̄ :`:<` ‐- '
   ,.┌;丿   ,.「ノ / : : : : : _/
 _「ノ    ,.「ノ ,.イ: : : : :/  `ヽ


 ┛┗     i    i    i ::::::..     ..::i::: .::i:::.     .:::::::::   .::i:::  .:,::::
 ┓┏     .i   ./i    /i :::::::::.    .:::::i::: .:i:::::. .:   .::,:::::::  .::/:: . /::::
  ::     、  i.',  ,i__'、  :i | .i、:::::.   .::::/:::..:/:::::. ::  .:/:/::.: ..::/::: .:: ./::::::
  ::.     ヽ  |´、:|__i  :,二',:|=i::::::..  ..:::::/|:::::/::::::: .::  .::/:/::::: .:::,_|:::::::::/::::::::
 .:::      ヽ .i´`、i_-=ヽ ,'、`_ リ、',:::::::. .:::::::/ |::::/i,:::,::..:: .::/i/',::::::/_i::::::/,::::: .::::
 ::::.    :.  |,、i三リ'´_,'i`リ ̄``ミ、,::::::::::::::/ |::/ .i:::i,::::: .:://',-i:/=ミi::::/|::/::::::::::::::,
 :::::.    ::.  .i`ミ   l_,!      `、:::::::::/  |:/  i:|.i::::::/."´|ノ|'   i/,ミi/::::::::::::::/
..::::i::.    ,:::. .i   、__   ___,  ',:::::/  .l'   リ.|:::/_  `´    ´'/::::::::::::/::   あの女!
. :::|::::.   ヽ:.. i     ` ̄´     .',:/      ´ .i.'´ ``ー--―'"  ./i:::::::::/:::
. :::|,::::..   ヽ,:.. ',            '      .           //:::::/:: :::::    調子に乗っているな!!
.i,:::|',:::::.    i 、:..i                  i.          /:/::/:::::: ::::
.|.',:|iヽ::::..   | ヽ,`i                  |         / / '::::::::::::  ::
.| .',|.i ',:::::.  |,.  ヾ、.                 'i.        /:::::::::::::::::::::: ヽ、
..| i ', ヽ:::::.. |ヽ、 `              __,. ‐'       /::::::::::::::,:::::::::::  |ヽ
..|  .', '、:::. |.\\            _.__,       ./::::::::::::::::/::::::::::::.  .i
、i,   ', ヽ,:::.|.  \.\,         ̄ ̄ ̄´     _,..-',´::::::::::::::::::::/::::::::::i、::..  i
. `.   ',  ヽi    `-、丶、       `゛    ,. .'´::::::/|:::::::::::::::::::::/i:::::::::/.ヽ,:.  ',
     ヽ  ヽ     `` `          '´ /´i::::/. |::::::::::::::::::/ .|::::::::i  ヽ
869 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:12:47.98 ID:Pq6LvJ8uo

       ,//,r':.ィ//:/:.:/ィ:.:.:./:.l:l:.|:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.ll
       ///:/://:|':,イ.:il/i:.:.:./:.:l.:|.ll:.:.:.:l.:.:.ヽ、:.ヽ
      ,|ll:l.l:.|/:i.:ハ::l l:l| |i:./.:./|:.|、l:、.:.l.:、:.l:l.:.l:.:lヽ
      .{:.:|:ll:|:!:.:l.:.l 'l`'、l、 '、:l:.:.{ ヘ、_,、ヽ:.l:.l:l.:|.:.|:.|:ll.
      、:.:.ヽヽ:.::代f't:ミ,ヽ ヽ、又,..ゝ-、ヽ:l.:'.l:.:.:|.l:.:l
       ヽ:.:.:i`lTt-`¨´ rl┼、, ' ゞ=ィ' ノ:j:.':.:.:.:'.:./      全公主にしてやられたわね。
       i ヽノ}jl:.:ヽ ̄´  j  ゙ ー---ィ'.ノ:.:.:.:.:.:/
       ''-ィノ:.:.:ノ     l 、    r´i:i.:.:.:.:.r',´        子孝、あの女狐には気をつけなさい。
        .{:l.;.:.r'、(ヽ  =-   ,l:l|.:.l:.:.:_.:゙ノ
         ゝ-゙'   r'ヽ ´ ,.ィ'´ィi‐ijノ:ノ           くっ……
                 !.ヽ`' ´ィ´イ::|ー''´
    ,_,.........-――:::i::|::l 'i /./:::::::::::|'ー..、_
,r'´ ̄( (::::::::::::::::::::::::::::l/:{::::l !./::::::::::::::::::::::::::::`'''ー-..._                  _  _
                                             _,ィ彡―Y―ミヽ,_,.
                                          rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
                                         rク/::/::/:./:..::.:i:.:.:ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
                                      .   {:/:./:./:../:..:.:..:.}:.:..:.:.i:.:.i:.:..:i:〈
                                         {イ: .|:..!::.ト:!.:..:.:/:.}.:从|.:.}:.:.:.}:.}
     お母様。                               ||:ヽ:{-'==∨ =='ソリ:イ.:/:.|
                                      .   》、::ミ | |、_,、_,  | |  彳|.:|::|
     しっかりなさってください                      |:ヽ|l | |. {  }  | |  /:.::|.::.:.!
                                         |: :lr'⌒)、._ ̄_ (´ j /:.:.::|.::.:.!
                                         |:/ヾ三}  Y.r' {彡'´} :|.::.:.|
                                         |:l   ノ  l l l |   l .|.::.:.|
                                         |: ゝー' ∧ l l l∧__j |.::.:.|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       娘の話を鵜呑みにした孫権は立腹し、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .王夫人に対しひどくあたるようになった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       王夫人は心の憂いのあまり病死してしまう
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
870 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:14:02.99 ID:Pq6LvJ8uo

.     /.::..:::    : .:  :. :.     .    ヽヽ
    /:::::::::: .:   : :.. :::.. :.. :::..::.  :. :. ::..   ';、'、
    l:::::::::::..::: : . ::::. :::::. :.. :::::::. l、i、:.. ::.. :.. l;l`゙ヽ
    {:::::::l:::::::::.:. : :. :、:::::ト、:::'、ヽ::::. l `z;、::::. ::. !!
    ',::::::i::i:、::;::::::. :.'、'、::',_ゝ、'、ト、:::|イノ」::ヽ:. ト;!
     ',:::::ヾ:_ト;'、::::::::::ヾf` {r'j` ヽヽ! ´ l::::::ヽlヾ.
      i :::::(( !;:::ヽ:::::::::::ヽ~´     ` l::::. 、;;:.ヽ`-
     l :::::::ヽl:i、:::::::::::::.ヽヾ     _../::::::::.ヽ`‐丶
      j/:::;:::::::リ::ヽ:::、::::::. ヾ\  ''´ィ::、:::\:::. ',
     /j:;イ:::::l:i:i:::::llヽ、ヽ、:::.ヽ__ノヽヽ`゙``ヽ',
    ///:::/l::;、';::',ヽ、゙`_> 、ヽ /   l l ̄`ー` 、__
     ´ノ-‐'‐1l ヾ;、\ {     ``/    l l       `ー  /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/ゝ、_,;;、_:::::::_;:::イ
 ,.-‐''´   _」l  , `i゙`l    / r 、  '! l__       ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::|::::::::/:::::::::::/::::::::::::`´:::::::::l 
                                  .l:::::::::::::::::::::ト::::::::i:::::::::::::::::::|::; ‐ 、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l
                                  |:i::::::::::::::::::::| :|ヽ::i::::::::::::::::::r'/-__ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                  .|'i:::::::::::::、:::::l,〉'´゙,j::::::::::::::::::|゙-、 } |:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                  !ヽ:、:::::::ヽi、:、j,イヽ::::::::::::::::| /,ィ r、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                    ヽヽ:、ーヽ`' 〉`!:::::::::::::::|  ',ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                     ` `゙ j    |::::::::::::::::| .|  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                       ノ    l::::::::::::::::l  '  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                       `ー、'  l:::::::::::::::::l   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                          ‐i7::::::::::::::::l ィ _,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .当然、親子の関係もギクシャクし始めた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
871 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:17:32.95 ID:Pq6LvJ8uo

             , -‐- 、
           /     \
          〃 // / ヽ 、 ヽ
          {{ { l {   }{ l !
          リ い ト、 小V |
            ‘.  トf_テ ソrfテリ {
          i  l、  ,!   ノ !        吾粲、私は廃嫡されてしまうのかもしれません
.           、 V>、'ニ゙/j [
.            ∧ V、`Tj―1 !、_
         _.r'゙´`, l 丿   ! {  ハ
.        rく    l ! (o_ ノィ { ' !
        { \   j { /!\l lV  l                          ..:.:一'´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、
       V 、丶i ! レ  `、 ! !、 (                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          )  \V||   》 l | } l                      /.:.:.:.:::::::::::ハ:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.、
        V   `j|   〃 l 〃/ |                      .′:::::::::::: /  ヽ、 ::::::::::::::::::::::::::.,
                                          ::::::::::::::::: /    `  、、:::::::::::::::::.,
                                       i:::::::::::::: /      ,ィ斥ミY :::::::::::::,
                                       |::::::::::: /才=ミヽ  ヘ汐癶 |i_::::::::::: i
  太子が陛下に対して謀を企むなんて虚言もいい所。     |::::::::::イ 癶汐 :)      ||_}!:::::::: |
                                       !:::::::::ハ    ヾ'     リ丿::::::: |
  心無い者の中傷はお気になさらぬよう。             ..:::::::::::{ハ.    ‐ -    八::::::::::::!
                                       .:::::::::::`ーへ.    "    イ::::::::::::::: ′
  私が身命を賭してお守り致します故                '::::::::::::::::::::::i>   __/ |::::::::::::::/
                                        ヾ:::::::::::::::くj______..ト、:::::::/
                                       __  \:::::::| : : : : : : : : O:{{::/
                                      _「|__|`ー─==j : : : : : : : : : :_j_jヽ、、__r─-、
872 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:19:01.41 ID:Pq6LvJ8uo

                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
              /.:.:.:.:::::::::::ハ:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.、
              .′:::::::::::: /  ヽ、 ::::::::::::::::::::::::::.,
             ::::::::::::::::: /    `  、、:::::::::::::::::.,
          i:::::::::::::: /      ,ィ斥ミY :::::::::::::,
          |::::::::::: /才=ミヽ  ヘ汐癶 |i_::::::::::: i
          |::::::::::イ 癶汐 :)      ||_}!:::::::: |     生まれてきたお子のためにも
              !:::::::::ハ    ヾ'     リ丿::::::: |
              :::::::::::{ハ.     ー ´    八::::::::::::!
             :::::::::::`ーへ.    "    イ::::::::::::::: ′
              '::::::::::::::::::::::i>   __/ |::::::::::::::/ 
              ヾ:::::::::::::::くj______..ト、:::::::/                   /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\
          __  \:::::::| : : : : : : : : O:{{::/         .           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ
         _「|__|`ー─==j : : : : : : : : : :_j_jヽ、、__r─-、、          ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、
      / || : : : : : : : : : 八: :____彡'//: : : : : : └一'"入            i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.
                                              !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!
                                    .        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!
                                              ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ
                                                ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
                                                 i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ
               ありがとう                         .|.:.:∧     '     /.:.:.|
                                                 |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
                                                 |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
                                    .           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
                                               ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
                                    .   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .孫権の孫和への寵愛は以前ほどではなくなり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .逆に太子の位を退けられる心配をしなければならなくなってしまう
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
873 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:19:42.97 ID:Pq6LvJ8uo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      そもそもの発端は女の争いですか。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l     .王夫人がもう少し良識のある女性ならよかったのかもしれません
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \                                    ____
                                               /_ノ  ヽ、\
                                             /( ●)  (●).\
                                            /   (__人__)  u. \
      こういう女はごめんこうむるお。                  |ni 7   ` ⌒´    . |n
                                          l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
      女は家庭で慎ましく家族に尽くしてればいいんだお     ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
                                          {    〈         ノ    /
                                          ..i,    ."⊃    rニ     /
                                           ."'""⌒´       `''""''''
874 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:20:50.77 ID:Pq6LvJ8uo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      だいたい、女がこういう場に出てくるとロクなことがないお。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    中国四千年の歴史が証明してるお
 \      ` ⌒´   /

                                     ,: : /: : : : : : : :〃: : : : : : : : : : : : :ヽ:\ : : \ハ
                                   ,: : : ;: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :ト、: : : :.',: : : : ヾ}
                                    i: : : : : : :/ : : :/: : : : : : : /|: : : :: :ハハ:: i: : : : : : : y
                                    |: : : : : :;': : : : i: : : : : : :./.ノ: :,ィ: : iム_从!: : : : : : : i
                                  八: : : : i: : : : :.|: : : : :.∠/: :/ j: :./ ,__ハ: : :i: : : : !
    否定できないのが哀しい。               ∨: :_j: : : : :.|: : :ィ/_//_ // ,ィf笊ミ}: :/: : : :.,’
                                    Ⅵ 小rイ: : !: /イf示笊ミ./   r'f::j ,':/: : : i: :
    この親子の間隙に付け入ったのが、          ハ{ 从::i: :.:Ⅳ ヾ{イf::j:リ     `'''´イ: : : :ノ:/
    魯王孫覇の一党である                   }ト、._∧: :トミ、 ゞー''´      ヽ   i: :イ:.:/
                                        }:.ハ: :ヾ:.、       _ _   イ: : :/イ
                                          /^}レ:ヘ: : ヽ 、.         /i:ノ!:.:/
                                      ,.:.:.:.:.i{  \: ',  >   _./、  j;/
                                     /:.:.:.:.:.:..ヽ   \   /:.:.:.:|::||:::.
                             .     ∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..∧     イハ:.:.:.|::||:::::i
                             .    /:::::::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧     ノ i : :|::||:::::|
875 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:21:50.94 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元244年頃 呉首都 建業】
                      , -,‐
        , - _ニ二 ‐、        /:./-_=-____,
     /:.:.:.:./j/ヾ:.:.:ヽ     /{/:.//: : : :___r'`r、
      /:.:,ィ'//|:.:i:.:ヽ:.:.:,   ヾ': : : : : :  ̄: : : ヘ`、 ` ‐ 、  __
    '.:.ム_|/  j:.!:!:}:.}:.:.:.!   /!: : :、: : : 、二、: : : >‐ 、    ヽ}
    |:.}`‐} -=zイ:/:/:.:./    !j: : : |-ヽ:ヾ刄,ヽ¬`ヽ_`二∠
    |ハ r'   ̄, !'ム/    _ノ ,: 八刄r'   ,  }:.:|
     !ヘヽ、_,   /,ィ'/      ̄ へ: ヾ ' _/ソ /}:.:ヽ、__,  /
      |i`-┬ /' j/         ノ/'>,、二∠ハ:.:ヽ「─ '
         j¬' ̄ } -‐==vr ‐‐-、/⌒ヽハ「 ヾ  ',i:.:.}\
      _ノ /_ 、_/, -.:.:.:.:.:.:.:⌒ヽ __.>/:.:.ヽヽ  ̄ヾ - ^ク \、 ,
    /`〃〃  フ//:./:.:.:.::.:{:.:.:V:.:.ハ:.:.j:.:i:.:{`   }}  ヾ=、 \    楊竺! 全奇!
   / /   !|   {/:/:./:.:{:.:!:.:.ヾ:.:.:v':.:.}:.:.:ヽ:.:ト  〃    ヾ
    <    :{{  _ノィ'/:.l:.!ム:、ヾ、ヾ:.:_彡!ヾ:.:.:/   |i    }:.  ヾ    これってチャンスだと思わない?
    ヾ  .:人   从/{ヾ:必ヾノ 必イムj、}:.ノ}  -||、__  '"
   __,.i/  l   `^ヾ川:..! '、__,  ∧:.|、"´ ,'    ヾ           .私が太子になる絶好の……
    l|   _|   、_ノ:.:j:.:.ゝ、`_' </:.:トヾ 人    }}  ,
  、__.|i - '  '    7/ノ:.:.::.}r===|乂ノ /   、 `-  !|/
     |l --' ヽ   トv/:./:,'   i    {ヽ  } - jj
     |l      ',   | ヾ/ノ    }   ',_',   !   li
   丶ト、     /}   l//   Y  ヾ   :}^ヽ ,'   !l    / `
    /} ヽ   _./__  }    .:!   ',  ノ   !j==' L__  {:.  ,'
    |i  ∨    ̄7 ‐ァ、 ..::::..  /> '    ノ  //¬===
   __|L -‐ヽ、_______,.L__,.--`、__,.ィ´    //==' L ____    、
       _  {   /  j`{   {  ,ゝィ ヘ  \  { f  ̄ ‐- ==
   .:.:.:-.:_,. 斗`ヾ/  ' しッ _〉'  /  ∨  ̄ `丶、_',
   == r= ' 7   /  /     ̄    {  /ヽ   ヽ`r' |  /_/_/
876 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:23:04.88 ID:Pq6LvJ8uo

      /: : : : : : : .: : : : : : : : /::. : .::/丶:. : : |: : : :ヽ
.     /: : : : : : :/.:: : : : : : : ./:―x ´   l:. : :∧: : : い
     ': : : : .:: .::.l.::.: : : .:: : .:/::.∠ \  l: : / V: : :!!
      |: : : : ::.::.::.!::.: : : ::. .::.lィ丸系ミ、ヽ /: ム_!: : :l: |      勿論
     V: : : ::.::.,rl::.:: : ::.::.::.::l    ̄   /: イ切アハ:.∧|
     V: : ::.::/r|::.:: : ::.::.::|:|        /´ '. ̄:!.::.:;′\
.       V: ::.::l 、l::.::.: ::.::.::.|:|         丶 |::.::l          ___  -x、
.      V::.::ヽ l、::.l:.::.::.|:ト{       ´ /  ,':.::.l       ,  ´:-=ニ二: :\ヽ:ヽ j、
         V::.::.::゙ぃ::l::.::.::l::l   ゝ===- .y /|::.::l      /: : ,: : : ´ ̄ ̄``ヽ`i: :l/:|
____  ';::.::l:|:| l::|;:.::.::!:.l     ` ー一'゙ 〃l::.:;′  、, ':_/: : : : ,: -: : : : : : : V: :ム
    く ̄`ヽj::.::!:v j:ハ::.::ト:l       ̄  ':l l::;′   ヾ: `=‐: .:.:./: : : : : :!: : : : :!: ヽ:ヽ
     \  '|::.::!:{ノ′‘:.::! {        ノ:.l i;′     ハ:.:.:.:.:/: : : .:/.:.:ハ|: : :.:.|:ヽ: l、i
      \」::.:l::l==ヘ::!__  ̄  Tニ´|::.l /      ' .:.> ´: : .:.:/:__/ l: : .:.ィ:. l:.;' ` 全家としては
.   / ̄\ ヽj:ぃ   __゙l ̄ ̄`  =l \rl:∧        | :.:.≧z:.:.:.:_、ィ:奈ミy、.:尤!:./:.{   太子が変わらないと困るしな
  ,   _  ヽ \   l !  ___」 , 、ぃ{い      ヽ:.|:.{{V: :.:./  ゞ'-`//ヒ.イ:小:ミ、
  /  /  \ \ ` く /  |     「/ Ⅵ H 、     |:.|:.:.ソ:.ィ(     ノ´  〉八ノ
 {__>、   )   ヽ  \_l     「   l弋 ぃ`ーt―‐<:.j:.:.:T { ``  t.__,´∧≧‐
  `- _   ̄    \  丶、____l__! Ll∧  \  \:.:{、 \      -‐ /l:/
-、_    -、_    /               V   丶   ヾ `==ミ.. 、   /、i'
  ` ‐-、_     丶、/                |    \   \l l 「 了「 h l‐- 、

              呉 文官 楊竺              呉 文官 全奇

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .父と兄が疎遠になっていくのを見た孫覇は太子の位に野心を抱いた。
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .兄の凋落振りを見れば無理もないだろうが、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .彼は側近たちとともに後継者争いを引き起こしていく。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .側近たちの意向も強かったのはまず間違いない
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
877 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:24:03.86 ID:Pq6LvJ8uo

.         /: : : : : : : : : :      ー- 、`丶、
        , ': : : : : : : :- 、    . . `丶、`丶、`丶ヽ
     /: : : : : :    . : ヽ: : :`ヽ、: : ヽ.: : \. \
     , ' : : : :   ヽ、:、: : : : :ヽ`丶、\: : :ヽ.\`、
   /::: : : : {  ',: : {ヽ、ヽ、::::::. :\-ヽ=、: : :.';. }.\
   ;.:.:.: : :  ヽ: : ヽヘ -\` ー- 、} _}_ {ヽ: :}/、         .孫覇が皇帝になれば、
   {:.:.:. :   : : l\/\      イテ"ワ; :}/:.: : ヽ、       .彼らの栄耀栄華は思いのままなのだから。
.   !: :  . : : : :.V ヽx==ミ     マ_:j V:::...: : \ヽ
   '   : :: : : : :ヽ 《 マんハ,    丶    ;\::::::: : ヽ      後継者争いのテンプレどおりの展開
.   ヽ:\:.:.:.:.:.:.. : \ ゝ '’    ,、    八 ヽ`丶、|
     }.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.: : :`丶、_    '    ′  ヽ   ヽ
.      !ト、 :.:::::{丶、:.:_:_: : : :\      ,.'
.     '| ヽ{\`ー‐‐ <`丶: :ヽ -‐ ヽ./ ̄ ̄:~` / ̄二ニ=、                 / ̄ ̄\
.            ヽ|`丶、|\  `ヽ   /:. :. :. :. :. //:. :/;';';';';';';';`丶             _ノ  ヽ、  \
                                                (○)(○ )   |
                                        .       (__人__)   u  .|
                                        .        ヽ`⌒ ´    |
     曹丕と曹植の後継者争いを彷彿とさせますね。               {       /
                                                lヽ、  ,ィ'.) ./
     あれも積極的に動いたのは、                         j .}ン// ヽ
     丁儀や楊修といった曹植の側近たちでした                 ノ '"´  ̄〉  |
                                        .        {     勹.. |
                                                 ヽ 、__,,ノ . |
878 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:24:48.74 ID:Pq6LvJ8uo
【紀元244年頃 呉首都 建業】


                      ヾ叉7
                      _ⅲL_,, ,. _
               ,,、、-‐'''""´: .: .: .:::::::::.:.:.:. : :``ヾ、、、
          ,,. '"´. .:.: .:.: : .:r==.: :. :.: .:. :. :. :..: .: :. .::. :.`ゞー-、、
      ,,. '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.`''ヽ、,,
   ,r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;:;:;:;:.;:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;;:>
   ``ヾ、;:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;r==;:;:;r==、;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:;r==;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:r''"´ .
      ``ヾ;:;:;;:;:::::;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;===;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:.:.:.:.:.:,r'゙
           ̄`¨`ヾr==.: .: .: .: .:. :. :. ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :r=z,;,;,;::/
               `¨`ヾ.:.: .: .:.:::::::::;:;:;:;:::::::::;:;:.:.:.:.:、、-‐''"´
                  `>;:;:,';: .,':;:;:; :;:; :<´
               ,、r''"´. :.: .:. :. . :. :. :. :.: .: .:`ヽ、
            ,、r'"´.:.::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:.:.:.: .:. . .:.::::::`'ヽ、
            ``ヾr==;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;::.:.:. :.: .: . :.: .: . ::.:,r'´
               `ヾ::.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:. :. :.: ; :; :.: .:.:.::r'
                 ゙、:;:;;;;;;;;:;:.:.:::==.:.::::::.:.:.:.:/
                  `ヾ.:;;;;;;;==.::.::.:.:..:.::r'´
                  _,」;;:;:;:;;;:;::.:.:. :. :.:. j
                 ``ヾ;:;:; :;::;;: ;r==.:.j
                    ゙i:;:;:.:. :.: .:. :.:.:.:,!
                    l;:;: .:.: .: ..:;;;:;;;!

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      .太子派と魯王派の対立は次第に顕著になり、
/!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       互いの側近同士が相手を敵視し、猜疑しあった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .そして、そうした対立は重臣たちにも影響を及ぼすようになっていき、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       多くの者がその子弟をそれぞれの皇子の役所に仕えさせるようになる。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          .呉は真っ二つに割れようとしていた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
879 :1 ◆ZXqVVWPHtc [saga]:2011/01/23(日) 01:28:06.94 ID:Pq6LvJ8uo

 |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   
 |/\/ ̄     --Ⅵー|  
 |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::| 
 |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|   
 |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|   
 |::ゝi: i│       /:::i:::|              続く
 | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|   
 |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|   
 | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|
 |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|                   /: :/ : : :// : : : :/:j: : { : : : {: : : : : : :} : : : : : : :ヽ \: {
 |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |                    {: //: : :.':' : : : :/ /}: : '.: : : :i: : {ヽ: : :|、: :ヽ : : : : ': ヽヾゝ
                              .    Ⅳ{{: : : {:{: : : : {/_/ ∠h: : : ',: ヽ,_}: :j_ヽ: :} : : : : }: : }: }
                                     ヘ : : l ', : : : | //⌒ ヽ、:ヾ、{ j / ` Ⅵ: :j : /: :/j/
                                      ヽ: ヘ:ヽ: : :'{{孑守ア'  \{ 孑守ア}}': :/ :/: :/
                                        } } ヘ:}\:ヘ゛`一"    ヽ `一"/: :/ :/: :/
     後編はここからが本番です。                /イ: i j!\ヽ{        i       厶イ/: /{
                                       Ⅵ, : : :∧  {^ヽ      /^}  /{: ;}: }ヾ
     続きは来週中に時間を作って投下します          ヾヽ}://{\ ', ' ー- 一 .' .', イ}::Ⅳj/
                                          ノィf: :}::::|^} |     { { |::|,|::|'
                                           |:{Ⅵ::::| { f^ヽーf^くl ,},|::|:|::|
                                           |:ヘ,j/^j/⌒ヽ/⌒\|^\::j
                                         _..x<´   / -ー¬{ }¬ー '.   >x..._
                                      /´        j    ー}{一   i       `\
880 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/23(日) 01:31:27.54 ID:8kGkYq0So

なんというか、テンプレみたいな争いなんですよね二宮の変って
881 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/23(日) 01:32:15.16 ID:qcN80smIo
おつ
ロランの死が痛いなあ
  • 長いので分割しました、後編2に続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。