2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

しかし後年、彼の行った理不尽な大虐殺がロマノフ家が
ロシア統治をする際に有利に働いて、国家の近代化を成
功させる大元にもなってるんだから面白い話である。

ロマノフ家が政権を樹立する時には、この時に有力な大
貴族の殆どが始末されて、皇帝が官僚を駆使して政治を
行える様になった。また大貴族が国政を壟断する事態が
なくなっていく。結果として国内が安定していく事にな
ったんだよな。

やり方は甚だしく問題があったけれども、いつかは誰か
がやらなくちゃならない仕事を彼はやった。
ガイキチだったけど、政治には本当に熱心で誠実な人だ
ったんだよな。

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

AAで語る中世ロシア史 第12話「イヴァン4世…クルプスキーの裏切り」

2013.09.10 (Tue.)
832 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:00:30 ID:RkbVc.eQ0


         __  ----  __
       /          \
      /               \
      |        /|        ヽ  _,
      |       /:::::|     ∧      |
      \   /:::::::::::|     /::::::|     |     _,_   ─   _
        \/:::::::::::::::::|    /::::::::|     |   /        ' ̄ ` 、
         /:::::\::::::::|_   /:::::::::::::|     |  /                、
        /::::,  ' \   ` ' 、:::::::::::|     |  /  / ,  ,i  ,  、 ,    !  ,
        ,! '  , ,i!|  \    \:::::::|    | /  / / // !  ! ! |、 i    ! }
       /   / /i!|    |    、' ,::|     |'/ / | /i!` !  !i /-ヽi    ! |
      /,  // i! !i    |、i 、   !ヽ|   /|   | | / i!   ! /|/  i!|   i、! |
      { i i  イ/_i!  i! 、  / i!、 i   | |    i!| , i ト| i!   /、/、  !レi  i!ハリ,    第12話デス
      i!| | /!|  ! ̄-!\/ - !_! |、- | |    ` | ト |! |` ┃     ┃ / !  /レ' 、 !
     /i!||、 !| ==  / \ ! i! ! / /!      | !`!ヽ!:::        :::∠/ '/  !ヽ!
    /  i iV`|////  /  == /! !/i!       | !  、` 、 _ --__  , /  /i  ! `
   //   ' / 、u   _) //// /リ' /        |\ | !、ヽ! , レ!イ > /!!  / ノ/ ハ}
   //    /  `  、_ ` _  ノ i |          |  ` ` / |{=}ヘ/-i! ! /レ ' !/ i!
  ! i !   /   /=レ>_<`=、   / .|          |    / <|+|/ /|
  i! !   ∧  / /_ |。 _ハ  /  |          |   /  !>'  / /
   ! ',  | |/  、| |。, ソ ヽ /  |            | /=、/  / | ||
    ヽ と 、  / <! |。 | !',  ',! /i!            ( )' ! 、 / /--、!
     \!\`//o/j-、!-,人_ />、i!             _し`へ/Vイ-゚-!|
   _ _   /ト-' /| |!_||_! `- ' ̄            ,':,:'::::::::::\ ノ  ̄ノ|
   >  ヽ、 ヽ_` -' | |_! >               ',::;:::::',===!======7!
    ヽ、:::::::::::ソ!--''---,-'                 ',::;:::::',\ \ /、 !
       ̄  !  !  !                   ',:;:::::', \/\ヾ!  |^=========^|
         !  !  !                     ',:;:::', /\  \  |\ _ _ /|
         !  ! !                       ヒし'   \_\ |  501   |

.
833 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:01:11 ID:RkbVc.eQ0


               ┏―――――――――――┓
☆*+―+*☆*+―+*☆*+   AAで語る 中世ロシア史  *☆*+―+*☆*+―+*☆
               ┗―――――――――――┛


            \   ∩___∩   /)   /∩___∩
              \  | ノ      ヽ  ( i )))/  | ノ --‐'  、_\
        ∩___∩\/  ●   ● | / /   / ,_;:;:;ノ、  ● |
        | ノ      ヽ \   ( _●_) .|ノ/ ,,・ |    ( _●_)  ミ
       /  ●   ● | \∧∧∧∧/ ¨ ,・ ,彡、   |∪|  ミ
       |    ( _●_)  ミ <    クマ > ’   /     ヽノ ̄ヽ
      彡、   |∪|  、`  < 予 し  >   /       /\ 〉
     / __  ヽノ /´>  <    か >   /        /
     ─────────< 感 い >──────────
        ./     /|  <   な >           〈⊃  }
      ∩    ∩/ : ::|  <  !!! い >   ∩___∩  |   |
      | ̄ ̄ ̄ ̄| : : ::::|::::: /∨∨∨∨\   | ノ      ヽ !   !
      |●    ●|:::::::::::|::/          \/  ●   ● |  /
      | (._●_.) |:::::: /    ∩ ∩    \   ( _●_)  ミ/
      |__|∪|._| /     (-(ェ)-)      \ |∪|  /
            /        (∩∩)        \ ノ /


☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆



          〇_〇
         (。・(エ)・。)
        ┏∪━━∪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 第12話… 「 イヴァン4世…クルプスキーの裏切り 」
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                            〇_〇
                                           (・(エ)・。`)
                                           ∪  ∪
                                            しー-J


まとめブログ様 やる夫之書
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-81.html

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

AAで語る中世ロシア史 第11話「イヴァン4世…リヴォニア戦争」の続きです。

834 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:01:44 ID:RkbVc.eQ0



――― もともとノヴゴロドは、バルト海のドイツ商人たちを通じて西欧社会と交易をしていた。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~~~~~~~~~~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ""~\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄
:::::::::::::::::::::::::::/ スカンジナビア半島        ヽ::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::/       /-ヽ     ∧__/:::::::/~
:::i~~~~~~       _/:::::/       ):::白:::く~~~
::i          /:::::::/        (:::::海::::ヽ
|        スウェーデン        ~~ ̄
______/|.     ⊥::::::::/          ∧,
:::::::::::|      __|:::::::\___   /\             ※ 河川でラドガ湖 → バルト海に出れる
~^|::|    √::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ←|:::::::| ラドガ湖
. /~::::|   /:::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄~   ↑~
3::::::|__i--/:::::::::::::/Y::::|        ◎ ノヴゴロド
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ヽ---ー‐i::::::::/
        ~~~



――― もっと時代を遡れば、そもそもルーシ・リューリク王朝のご先祖様である「ヴァリャーグたち」…

     つまりバイキングはバルト海周辺地からロシアの大地に入植してきた集団である。




                       ヾ.、          f!
                        | ゙ヽ、        .||
             ヾ.、         !   ヽ、     .:||
          ヽ、  ! ヽ、     ,!     ヽ、  ::!|:
     .     ! ヽ、l   ヽ、  ,'|         ヽ、:::!|::
          l   ゙|     ゙ヽ、 l        ゙ヽl.!::.
          l    |.       ヽ.!          ヽ:.
            !   .!         |           ヽ.
           l    !          |            ヽ.
             !   l        |             ヽ.
           l _,,..ィ       .|              ヽ.
           ''´ ,' ;l        |                ヽ. _
            /≧ァ-!         i        _,,,......,,,, _    ソ ,/
           ド≧,,_f:'"キ   _,.._,,_-r゙i-=ニ二_~ヽ. :|..l : :  ̄~"'/ ,/、
.: .: .: : : :.:.:.:.:.: . . ト 、,, ~"'''‐、f"===| .|、 ,'   ~"ヽ :l .| :. :  /~ /
: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.:`''、  ~"''ー-゙ー-=::;;;_l,,,l;;~'' ー-_;,,,..l...!;;zェ==7 ,/
,:,:,;.;::.::.:..: :.:. : :. : :. :.λ      ~""''' ー-=  ̄ = = ==-‐ '''"~ / /
  ~"''' ー .::;; :;;::.: : : : ~'':: 、,,                        /У,,
          ~" ''' ー ''- :~''::ー..-,,-,,-,,,===,:,:;;,,;,    シン゙;;'::;;,:,
                          ~"  "'''~""'''"~''"'
.
835 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:02:17 ID:RkbVc.eQ0



――― しかし15世紀の末、「大帝」イヴァン3世がノヴゴロド公国を併合すると、

     デンマーク王の誘いにのって、ノヴゴロドのドイツ商人たちを追放してしまった。



             ,.,.,.,.,.,.,.,.,__
           ,,;f::::::::::::::::::::::ヽ
           i::/' ̄ ̄ ̄ヾi::l
           |::|       ,|::|
           |r  デンマーク . |     俺と同盟を結ぶ条件として
           (           }
        ,____/ヽ  -==- /      俺の嫌いなドイツ商人どもを
     r'"ヽ   t、  ヽ___/
    / 、、i    ヽ__,,/         お前の国から追放しろ
    / ヽノ  j ,   j |ヽ
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
.
836 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:02:49 ID:RkbVc.eQ0



――― モスクワ大公国には交易船を作るようなノウハウはなく、

     それなのにドイツ商人と険悪になってしまった結果、バルト海の交易から締め出されてしまった。



                 ┌─┐
                 |も.|
                 |う |
                 │来│
                 │ね│
                 │え .|
                 │よ .|
      バカ    ゴルァ  │ !!.│
                 └─┤    プンプン
    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
~ ~  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎->┘◎



        / ̄ ̄\
      /ノ( _ノ  \
      | ⌒(( ●)(●)
      .|     (__人__) /⌒l    オレの代になったら
       |     ` ⌒´ノ |`'''|
      / ⌒ヽ     }  |  |     造船所も作って外に弾けるけどな!
     /  へ  \   }__/ /
   / / |      ノ   ノ
  ( _ ノ    |      \´
         |       \
         .|         \     ~○~○~○~○~○~○~○
        /    ◆◇◆    ~○~○~○~○~○~○~○~○~○
   ((  / .   ◆◇◆◇~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○
    .  /      ◇◆◇◆  ~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○    ←海に放たれ泳ぎ出す船たち
     /      /   \      ~○~○~○~○~○~○~○~○
     /     /      \     ヽ

       【 「大帝」ピョートル1世 】
.
837 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:03:21 ID:RkbVc.eQ0



――― イヴァン4世に時代になってからは、白海の航路でイギリスとの交易が始まった。

     しかし白海の航路は一年の半分以上が凍結して使えない上に、海の難所で船乗りからも嫌われていた。



                      ___   __
          , -、         /{:::::ゝイ::::::}
        /ヽ/: : :.ヽ       ,.ィr:、ノ::::::::::::::::r'
         /: : : \: : :,ィ=ュr‐‐:':´:く:::::::::::::::::::::::::廴
       ヽ: : : : : :./三/: : : : : :ノ- 、::::::::::::::::::::::::}
        ノ: : : : :i三ミ}: : :r‐ '´    ヽ:::::::::::::_;ノ
       ,xz{: : : : : :l三ミ!: : : )   l l  l  ヽ:::::::ゝ
      //}i}ハ: : : : :{三ミ}: r‐' l l l l  l l  ':::::::::::〉
    //l {:i} llゝ、: :lミ三}:./ _l_l_l_ ll l l l l l ::::::/
.   〈〈_l ノノ}.l 、,ノ: :{三i}: 〉l l l l `! ll l l _l_ l l:::::ゝ、       それでもドイツ商人を通さなくていいのは
    ゞi彳i:} l ヽ: : {薔}:.ノ l,ィ示ョ、l从ll从l l`! ,':_::::;ノ
      !  i:} l ヽ`i:{三}) l弋:ツ    示j7l/::} `′
.     l   i:} !  ヽ`ヾミ} l   `     ,ゞ' /_:;ノ           双方にとって魅力ではあったのだわ。
     l    !    `ヽミ}_ヽ、     _   / l
      l    l    ,.ィ':ヽ{__` ー┐__, ィ´ー ヽ
      !    !     >‐-:、ミrヘ`ヽ三ミ}ゝ=-く
.     l    l    /: : : : : ヽー-、く薔}:{二-r―- 、
.     !     l    /: : : : : : :∧r‐'__}ミ}: ;.ィフ` ー ' i
    l    l   ,′: : : : : : :.∧ミヽ: ; ヘ   }  ,ノ
    l    l   /: : : : : : : : : : : :> ':´: : :.〉_ノ: ̄
     l    r‐ ': : : : : : : : : : : :/: : : : : :/: :/;ィ'(_)‐‐-、
.    l     ノ: : : : : : : : : : : : : :}: : : :./: : l: ゝ、___,,ノ      【 イングランド女王 エリザベス 】
.     l   ヽ:_r‐、:_; -、: : : :r‐'、___/: : : : ゝ、_

.
838 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:03:53 ID:RkbVc.eQ0



――― イヴァン4世はなんとかバルト海での交易を実現すべく、

     バルト海におけるロシアの最初の港「イヴァンゴロド」を建設し、「外国船入港指定都市」とした。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~~~~~~~~~~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ""~\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄
:::::::::::::::::::::::::::/ スカンジナビア半島        ヽ::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::/       /-ヽ     ∧__/:::::::/~
:::i~~~~~~       _/:::::/       ):::白:::く~~~
::i          /:::::::/        (:::::海::::ヽ
|        スウェーデン        ~~ ̄
______/|.     ⊥::::::::/          ∧,
:::::::::::|      __|:::::::\___   /\
~^|::|    √::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  |:::::::| ラドガ湖
. /~::::|   /:::::::::::::::::::::| ̄★ ̄~   ~~
3::::::|__i--/:::::::::::::/Y::::|  ↑      ◎ ノヴゴロド
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      |
 ̄ヽ---ー‐i::::::::/    ココダヨ!
        ~~~



                                      , , ニニニニニニニ 、 、
                                  ( (    _    ) )
                                      >'": : : : : : : : "'<
                              __  . :--ッ'′: : : : : : : : : : : : : :》x―一…: ⌒7
                             ァ'´: : : :/ : : / ハ: : : : :ヽヽ, : : 《 : : : : : : : : : ノ
   おいでませイヴァンゴロド、  .       〃 ,.イ : il: : : l:│ }: :.i_」⊥」|: : : :X : : : : : :<
                            /イ   》:刈 | |:」L| ト、「_」上」「: : l : :`令x=彡'′
   来てくれた船は歓迎するよ♪   .     ′   {! 八j:从.〉_    `)rリ |: : 「) :l :|\\
                               X ,イ|: バ⌒ .   ー゚ ,': : :′ノ ノ   ヽヽ
                               / } 从,し┴n マ´) イ: :/j:イ:イ_    j} j}
   ただしリヴォニア、お前は駄目だ!   /   ,>'": : : : :|`う=≦iノメ、ムイ气/V^X⌒X⌒X^'''===ミ、
                          〃  / : : :(匸二]「「「 〉 〉三 _X X X X( >X( >X  >
                          {{  /: : : : : : : : : :.八__ ,イ:// : : : 〉歹=Vvx__乂_乂_ッ====彡'′
   ウチの商人も          .       ゚。  ヽ: : :.,ィイ ̄´/「   /:|:`ー: : /    〈/〃
                                ̄`}| :》   |:|》=ァ'′∨ : :/      〃
   付き合うの禁止ね!      .             jレ′  |//: : : : : :V′   //
                               _,《  / \ : : : : : : :}   〈/
.
839 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:04:42 ID:RkbVc.eQ0



――― イヴァンゴロドはリヴォニア騎士団領のナルヴァに隣接している。

     しかしそれは、なのはブースに並ぶ客層を、昨日できたサークルが奪おうとするに似た行為だった。



         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ::::::::::::::::::::::::::::フィンランド湾::::::::::::::::::::::::::::::
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::(バルト海)::::::::::::::::::::::::::::        ┌―――――――――┐
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/       |  モスクワ大公国 .  |
         ――――――――――――i:::::i ̄ ̄ .       └―――――――――┘
                           ヽ::ヽ
┌―――――――――┐    ナルヴァ 凸|::::| 凸 イヴァンゴロド
| リヴォニア騎士団  |           /:::/
└―――――――――┘          /::/





――― 対岸にあるリヴォニア騎士団領のナルヴァは、古くからバルト海の交易都市として発展していた。

     外国船は変わらず対岸であるナルヴァに入港し続け、イヴァンゴロドには入港しなかった。





           【 ナルヴァ 】                        【 イヴァンゴロド 】

           ∧,,∧  ∧,,∧  ∧_∧
  ∧∧  ∧∧(´・ω・)(´・ω・`)(・ω・`) ∧,,∧        |::::::::::|
 ( ´・ω)(ω・` )l   U) ( つと ノ U U (・ω・`)        |::::::::::|
 | U   |と ノ`u-u'  `u∧,,∧ ∧∧(U U)        |::::::::::|
 (  ´・)   u-u  (  ´・) (    )(・`  )`u-u'         |::::::::::|      ∩_∩   _____
 (l    )      (l    )(    ) (   ノ∧,,∧        |::::::::::|   ブワッ (;(ェ);`)  |        |
  `u-u'       `u-u' `u-u' ..`u-u'(     )       |::::::::::|      |   U)  .|在庫の山|
           ∧,,∧  ∧,,∧      (    )       |::::::::::|      u-u' .   └――――┘
        ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   `u-u'       |::::::::::|
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )            |::::::::::|
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ            |::::::::::|
        u-u (    ) (   ノu-u             |::::::::::|
            `u-u'. `u-u'                |::::::::::|



――― バルト海での交易を成功させるにはリヴォニア騎士団を征服するしかなく、

     こうして「リヴォニア戦争」が起こったのである。

.
840 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:05:17 ID:RkbVc.eQ0



――― リヴォニア戦争の初戦では、モスクワ大公国はリヴォニア騎士団領の東部の都市を20近くも征服。


 ';;';';;,.,
  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ                     ナルヴァは速攻で落としたクマ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩             ユーリエフも占領したクマ
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ      ついでに殺しまくってヒャッハー
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/



                          xz
                        ///{
           {7\    ___     /////|{
           |//ハ ´      ` ヾ////八
           ∨//∧      i    \'/      国境線テキトーですが
              / ∨//    i } |   i  ヽ
             Y .′   | ハ ト、 ト、-  ‘.    地図はこちらをどうぞ。
          i    | |   . 斗  jノ }ノ ヽ  !|
              }  }|i八 ´ /   /   ィ示x 八
            ′i 八  ヽ.ィチ示    弋リ{レi     ttp://cdn.uploda.cc/img/img504c55358886a.gif
.      r=ミ  八ハ  i \ {弋:リ     ,,,八{
  __  寸三≧x _)ノト、  ヽ、,,,,,   __  イノ}ノ
 (三≧ュ、 `寸三/ノ/>='7)ノ、「Vこ. \  ´
  `寸三三三rく///////}  レi:::} \  \
    `寸三ニ{/////> |  | レ'    \∠フ
      Ⅵ⌒´ ̄     |  |
               |_|
                  しJ

.
841 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:05:54 ID:RkbVc.eQ0



――― だがデンマークから休戦の仲介が入り、アダシェフとシリヴェストルら選抜会議は

     この仲介を受けてリヴォニア騎士団と半年の休戦期間をもうける。



             ,.,.,.,.,.,.,.,.,__
           ,,;f::::::::::::::::::::::ヽ
           i::/' ̄ ̄ ̄ヾi::l
           |::|       ,|::|
           |r  デンマーク . |     リヴォニア騎士団は休戦期間中に
           (           }
        ,____/ヽ  -==- /      必死こいて周辺国に助けを求めるだろう。
     r'"ヽ   t、  ヽ___/
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ        オレのとこに助けを求めてきたら
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |        晴れて介入の口実GETだね!
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /

.
842 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:06:32 ID:RkbVc.eQ0



――― そして半年間の休戦期間をもうけてクリミア・汗の遠征をしたことは、

     リヴォニア騎士団に立て直しの期間となった。



lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/   助  ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|    け  . |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   て    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:.!;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;|    下   .|:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   さ   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;::;::;::;::;::;::;::;::;:__O__;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::|   い   .|;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;
;. ;. ;. ;. ;. ,. -|二二l' - .,;. ;. ;. ;. ;..|    :    |;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;..
: :.,. - '    |二二l     ' ‐ .,:. ヽ、_______ ノ :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :..
'        ̄            ' - `.,: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
                         ' - .,: : : : : : :/
         ,ュョニ                   '  - .,/
         ゞ' 丿                      i|
______  _____ / ⌒~~\____________  ,,,,,              !  ,,,,
   f~j   .{     ヽ     i. ,...t__r..,    ,pqi,_       _f_,ノ_
  .iilllllllli;  |`i   /  丶   l!.i;;;;;;;;;;;;;;i   .l_`" ,_i    k:j. ( /i_/;(
  |,{lllllll|{ .} {_  {    l.   l! |,l;;;;;;;;;l.}  _,,,{l  {.i   {`'" .{ {;;;;;;;;;;
  i.|lllllll|.} ゝ.,L._,i'_______ノ   | {,i;;;;;;;;;;l/ (iiiilllヽ‐、}.}.   |,|  |.|;;;;;;;;;;
___ .fL.,..、」__.{:;:;:;i.i.ii):;:;:;:;:;/________i. |;;;;;;;;;;; /llllllllllllllllllヽ.   l,ト-‐/イ.,_r_,.
____ | |.__{ |__ |:;:;:;:;:;:;:;:;:;/____________ {;;;;;n;;; {lllllllllllllllllllllllヽ_____.トr't |_} /_|
  ,{ }  {.l、 '{:;:;:;:;;:;:;:ノ,i      _};;;;i i;;/lllllノillllllllllllllllllヽ  {,| .| l | | `
  '‐‐'  '¬ }:;:;:;:;:;/'       `¬,,,,ノiill/iilllllllllllllllllllllllヽ '-' ,.-' j
        i:;:;:;:;:;ゝ        (ll||||||||||lli`‐r-、..,,____}     ̄
         `¬‐‐'         ""'''''''''''''''''`¬' `‐'



――― この休戦期間の間に騎士団はリトアニアに併合される運命を自ら選び、

     代償として騎士団長はその領土の一部を公国として受け取った。


.
843 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:07:04 ID:RkbVc.eQ0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


                                 .       /|             ト、
                                       //|  . -‐……‐- . |,∧
                                     {/У´            V/ハ
                                     ∨  i }  j/ ! i  ∨/}
  気の毒だけどこれ                    .     ′ 斗ハ ト.斗‐ハ   Ⅵ
                                      |    ,'   Ⅵ  }ノ } i   !| ゙,
  どうみてもアダシェフの判断ミスじゃね?           八  .イ^示   ^行于 |  八 |
                                       Ⅵl| ヒリ   ヒ::リ }ノ|/   |
  北と戦争しながら南にも遠征とか無茶ぶりダロ。         i人  r‐ 、 _ ィ   |   |
                                         |    ̄「レヘノ:::\  |   |
                                         |     |:|::|:tz|::::i:::,  | ノヽ
                                         |    |:|::|:::::|::::|:::::, //xく} ミ
                                         レヘ. |:|::l:::/:::/ニコ'、//ソ /Y
                                        /⌒ヽ|:|::V:::/::彡'  ⌒V//}ノ
                                 .       乂  ゝく,フ´    _ノ¨¨´
                                         `¨¨¨´ー一 ´


         ,, -==´ ̄ ` ヾ ´::::::/!
   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>―= 、    \.::::::::|
   ',::::::::::::::::/            ',:::/
   ヽ:::::::::::/ , ,,    /  、 、  〈
    ハ、:/ / / /  / / ハ  ヽ  ',
    ,':::/ /  ,' /  / / /| .ハ  |  '、     クリミア・汗とはずーっと紛争状態にあるから、
   ノ/´:j  ,' / ,,ニ=-/ / |ノニトノ.|   ト`
  /´::::::/i |  !/!//ノk.!/  |',小〉/  ノ|      どのみち南北の二正面作戦になるのは
  ,'  ノ:::| |  | | rf'゙;c| ゙   !ソノ {:::/ ノ
  |  ::::::::|ハ、 ハ| ゙ゞ=ノ    、   |´ハ        避けられなかったわ。
  ||  i:::::::'ト=ゞ!z、.         ノ/  `
  ヾ ハ ハ::::ハ/\ 丶、  '’ /|ノ、
   `````:/\  \ |`   く  /´|
     ,<ヽ  ',  ノ/ヽ/\´/  |         案の定、恒例行事のように攻めこんでくるし。
     |      |´|〈   `> ハ  |
     |      |:::|ノ ̄`´  ヾ,  .|
     |     |:::ハ    ',   ', ハ
.
844 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:07:38 ID:RkbVc.eQ0


       /        /   i         ヽ,
     /    /   .! i ,∧ l i         ヽ
     / /    .!    .! ∧ l ∨ / 、   l i    !ヽ
    / ィ     !∧ N/ i l  /∧ヽ ヽ  l i !   i i
    レ' i  }  ∧-‐''  ゙̄i ! //i .!  ヽ‐-i__∧i   !人
      W l、   !  _, ==、ヽi '  ヽ -、 ==、 ヽl   i i `
      ∧l ヽ i ィ' イ::ナi       r'イ::ナヽ i  ノ∧        問題なのは、速攻で終わらせないと
      /   トt  `ー゙-'         `ー゙-´  .! /   ヽ
     リ    ヽ  , , , ,   ,   , , , ,   ィ'     .!
     .! i {    i、             /       i       リヴォニアはバルト海の開運の要所なんだから
 rf^f^f^f^f^f^f^f^f^f^f^f^f^┐ .     ,イ l    ,イ/V
 | ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ||、___  ィラソ^i iレ' メ
 |  欧州情勢は    .  ||,ーt+t‐´Υ   V            国際問題化すると認識していなかったことね。
 |  複雑怪奇デス      || V| | |   !__
 |             r'ニニ弋l|     ゙ ケー--、
 |_____,-、____r'--   ヽミ、   //  | 1
      //__ヘ   入ー,   `l  ヽニシ     |  |
      〈 ´ ィ、j ∨\ ~ ヽ   ヽ        { t
      N   ヽ Y\\  /ヽ__ -‐'^ヽ.-‐、 ∧  }
      |∧   | {  \\//    __〉  V乂 r'
     .!__〉 __ __ン¨l    K   , - '  ∧  |  |
     r' イ^     !   .! ヽ /      ∧ i   i

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
845 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:08:11 ID:RkbVc.eQ0



――― こうして速攻で征服することに失敗し、リトアニアやスウェーデン、デンマークの干渉を受けることになる。




         /:::             \
          /:::.               \
       /:::::                     \
        /::::::       ヽ        ::::  \
    γ'X`ヽ、         \       :::::... /
   / />-y´>、      ..::::>、          ..:: /
-―''´、/i   i  ヽ >、 :::..      iゝ、      /                       ワールド
    Vi   |   l  フ\     K(::入    /       リヴォニア騎士団領は我が領土となった。
   t──-´`ー´`''´  |\     \/  ./
 .....::::、     |        |.  \    ´  ./
    \  ノ:\     `   \     /          モスクワ大公国は即刻、占領した地域から出ていけ。
  :::......::. \//::::::\   i   -=-、ヽ、/
        ヽ:::::::::::.\  |  ヽ て´
:::...:.       \:::::...:.::\\   /┐
/ /  r────‐\/ ̄\\i ./
| |  \       \   \_/

  【 ポーランド国王 & リトアニア大公 ジグムント2世アウグスト】



――― とりわけリヴォニア騎士団から保護を頼まれ領土を譲り受けたリトアニアとは、

     これまでの国境紛争とは規模の異なる、旧リヴォニア騎士団領をめぐる全面戦争になってしまった。

.
846 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:08:59 ID:RkbVc.eQ0



――― この外交の失敗を、イヴァン4世はアダシェフに全ての責任を負わすことで清算しようとした。



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ      アダシェフが悪意でリヴォニア戦争の妨害をしなければ
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !      今頃は全ゲルマーニアが正教の帝国になっていたんだ!
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i        何せあいつはこの戦争に反対だったからね!
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ




       / ./ |  |  //i |    |   |ヽ  | | | | |ヽ.|
       |  |  |  | /,rr―|lヽ  l、 、 .|´t-r-、l | | |,.| |
       |  |  |  | l/ |l  `、ヽ l ヽヽ | ヾiヽ,.l  | |/,l|       いや、その…えーと…
       |  |  i  |,'l ノr=-、 ヽ ヽヽヽヽト=-|、 l|| .| ト, l|
       |  |  |、 | / r'//i    `   r'//、ヽ| l | |}.l l|
       |  |  |ヽ |  { `-'l     u     ト-.'l}  .| ! リ,' lヽ、     お、穏便にすませようよ…
          | .|  l |、{ 弋_リ       弋_リ  .| ,'  r' |l|ヽ
        |ヽ l  ヾ.|  ,,,,   u  '    ,,,,,  .| l | |l.|
        リヽ l  ヽlゝ.   u  、 _ __ ,  u  .,./ / /|l | リ
        |  ヽヽ ヽ `ヽ 、_        ,. - ' ,/ イ/ ! ,リ
          ヾiヽ r、 i  _,> 、 __ - '´|_r4 / i/ !'´         【 ヴィスコヴァティ 】
             ヽ ヾ |ヾf==ヽ、___, ,___ t==.}
              ヽ、 ,り     ,l|l    ,.[              リヴォニア戦争の賛成派で
         ,r‐ -- '_´ノ-' ̄ ̄ヽ、__,l|l_,r,///,,`ーr=r- 、___     なおかつ外交部の責任者
       /   l  |///////////,|///L,-///////`ヽ    ヽ
.
847 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:09:31 ID:RkbVc.eQ0



――― イヴァン4世はかねてよりアダシェフに不信が募っていた。


     いちど不信に火がつくと、アダシェフが忠義を尽くして、戦場でも政府でも多くの功績があろうと

     そんなものは考慮に入らず、すべてを悪い方に解釈された。


               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
     ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////     ボクが病気で死にかけた時は
    〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
        { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>     息子への継承に難色を示した…
      Vi `i   {i     _'_    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ              10年たってもまだ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ                   大貴族の専横は終わらない…
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'                   士族を優遇と言って
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/                      好き勝手に国土を統治している…
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ
.
848 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:10:04 ID:RkbVc.eQ0



――― リヴォニア戦争で総司令官として現地入りしていたアダシェフは、

     その任を解かれてユーリエフの防衛任務に移された。




                           r=ミ、 /}/}_,..   -‐‐-   .,,}/r\  //}|
                         }/} >’               }/} \V/ }!
                        }/!                }/}   ノ⌒ヽ\
                   ー-= ア     /          }/L_ {   \__
                     / /   /      :!    \/'|   /   \
             .    ー-=ァ 7'     __/  i|    |、 -┼‐-  ノ人/  ,⊆、  \
             .         / /  .   /{  八   | \ |、  i   |.  └ァ厶   |
                     / /  /   /,. ‐- {  \  !  -‐ 、 \|   |.  └~┘  .|
             .       / i  /|  〃 .'⌒     ヽ   '⌒ ヽ :|   |    ((⌒))   .|
                   / . | / |  イ{ {  }       {  }  } |   |      {i     |
             .     ′ { l′ .}/ :!   ゝ ノ      ゝ ノ   | !: \    o.  /
                 i /{   / : :|   ‐  `      ‐    |  |:   \.___/、
                 |/ |     : :人      __          ,.| ,′  ,   }  }  )
                 {   i   i: : : : .     ’ ノ       ,.  | /   /| ./   /
             .      |   八    介: ..           イ   |/}  /|/ ! /
                     | /  \ |     .ァ '. : : : : :|  ノ ! /  |/ |./
                    |/    \!      .|: : : : :   |、    ノイ  ノ  }'
                                -=  ̄j      `゙' 、r‐‐-、
.
849 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:10:37 ID:RkbVc.eQ0



――― しかしユーリエフにいた軍司令官は、左遷されてきたアダシェフを城に迎え入れることを拒否。



. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |     _______
      | /  ヽ/  ヽ |  |     /
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    |
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  お前の席ねーから
   \ ̄  ○        /    |
.     \          厂     \
     /  _____/          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \



   /: : :/: : : : : l: : ://: : : : : :l: : : /:/ |: : :l:/  ヽ: : ヽ: : : ヽ: : :ヽ: : : : :ー―'
,. イイ: : : : : : : : : : : : V /: l: : : : :l: : :l:/_レ: :l:l    ヾ゙十-、: :l::::: : ヽ: : : : :ヽ
../: : : : : : : : : : : : : : : V: : :l: : : :Ar-チ___ l: :/リ    !ヽ_lゝ: : : l:\:: :ヽ: :ヽ: :ヽ
/:イ: : : : : : : : : : : : : : l、゙、: : l: : / |:,ナ<― .|:/ ,!     イ'rvヽヽ: :ヽ: :...ー: : :i_: :ヽ
/l: : : : : : :l: : : :::: :i: : :l ヽ.、: :V  イi//ゝi  レ      | しl| ヽiヽ:}: : : i: : : : l\:ヽ
 l: i: : : : :l: : : :::::: l: : :|.. ヽ ヽ/ {ー=' リ        弋-リつ |: :`ヽ: ::i: : : : :|  `゙
 |::: : : :/:l: : :/::::::i: : :ト::: : : : : ヽ とー'´       ヽ   ヽヽヽ |::i:::::::V::i:::: : : |
 l/: : :/ |: :∧:::::::l: :}l ヘ:::: : : :、ヽ  ヽヽヽ            |l::i:::ヽ::::::lヽ:: l:|
 l: : /  l: :l ヽ: : :V:rl  iヽ:::.. : ヽヽ     , -―‐       /ヽ: :iヽ!ヽ::l ヽ: リ
 l: /   .l: |  ヾ::::::::|ヽ::.-、_ゝ:::.. :ゞ、    L  _ _ '    /  ヽ:.i   ヾ  ヽ.!
 レ     V   lヽ:::::| ヾ!   \::. ヽヽ         ,  '     ヾ
           ヾ.!       ゝ:::l `゙ ー― rr '     , -、
            , ―- -、 F======Tr=i _,r,<   `ヽ、
           /    ヾ、\:::::::::::::::::::::::::::::|.l|:::::::|::: ヾ、     ` ー―― --、
     , - ―― '       ヾ、 ヽ `ヽ、::::::::::::::|.l|::ノ,r ' ´ ̄ ̄ ヽ l         ;ヽ
    /::ヽ            >r- ' ´ ̄ 二ニr―f--      |ヾ        /::::ヽ
   .{:::::::ヽ         :.l <           l.....|..       | ヽ      /::::::::/
   ヽ::::::::::\       ::::l ヽ        /:::トrゝ::::     {  ヽ:..   /::::::::/



――― 士族層や領民には為政者として好かれていても、

     選抜会議のリーダーとして大貴族たちの権力を削っていた成り上がり者を忌む者は多かった。


.
850 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:11:10 ID:RkbVc.eQ0



――― 昨日までの寵臣にして為政者だったアダシェフなら、その横暴さに断固抗議しただろう。




                  / /: / / : : / |: : : : :|/:`ヽ
                  /: ,.:/ /:: : :/::/ : : : : }: : : : : ヽ
                    / :/ ,!: !: : :厶/ !: : : :/:: : : : : : : ',
                i/ { |: | : /: : :/|:\/ /:: : : : : : : ',
          ,‐---― ´ ̄`ヽ `!: ! /フ⌒ヽ、/:X: : :/ : : : : : i
.        /   ̄`ヽ     ト<|: i/O(__ツ l/l/|: : / : : : : : : i、        お願いします、お城に入れて下さい。
        {      |    }./|从 ゚o      ノ: /: :/: : : : :/ \
.       Y⌒   i   /∧ .川       - 、| ∧: : : : :|  /
        /       |   }  .i `i ゙ヽ ′ (_ツ }/: :i : :/|/l/        お願いします、お願いします!
    _/    / 厶-=´  ノ/\     0<} /:|::/: : : :}
 ̄ ̄/      | ./ー-ァ-=´ .厂\ ゙>-‐i´: /|: /: :|//| : /|
  /       |/  /// !¨  /―| /l :/ ゚。∧: :/ .|::/
. /           }  ∨ .i .|_ン    \|/  0 |/  |/                           キコエネーヨ>
/            /      .∨_ -―  ̄ /
======、、 /  ア‐-‐ ゙´\     ./                                   ギャハハハハ >
       ヾ/  /         Y   /



――― しかしツァーリの寵を失ったアダシェフは、そこの軍司令官に受け入れてくれるよう懇願し、

     拒絶されると叩頭して乞い求めるしかなかった。


.
851 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:11:42 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてしばらくして、アダシェフは自分の全ての領地の没収を宣告された。




       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /     没  収       /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



                             rr=ォ __ ____. rr=.ォ
                         __. ィ|l.´: : : : : : : : : : : : : : |ilー!} 、
                         `ア.: ::|l/ : ll : : : : : : : : : : : 乂: : : : \
                        /: : :/:/ : :八 : : ト、 : :ト、 ヽ: : |: : : : : : : \
                      ーイ: ー=彳:'yレ  \: l `、:| `、i : | :|: :j: ::ト、 : :ヽ
                        |: : : :l l: iiリ三    三三三リ リ:.jiレ: : :l: : l⌒
                        |: : : :l;:i: .(ノ        "/ひ::/::::i:.i:..}: :ハ: :j
                        |ハ: :人八个r┬::r兄┬ァ厶、=彡ヘ:‐'|/  .|/
                             ヽ..∨:j:i:::レく/   厂》-ヘV
                               ⌒ ´_r<  厶彳  ∧
                              /{    イ     ∧
                             (_,..イ7::ークヘ      ∧
                             /:::::::/::::::::/ /ハ      '、
                               /:::::::/::::::::/V/ ヽ)
                              ノ:::::::/__ノ (八        }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                           ‘ー一'´:::::::::::::::\      ノノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..

.
852 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:12:31 ID:RkbVc.eQ0



――― 次に能力と忠義を疑われたのは、ツァーリの懺悔を聞き入れていた司祭シリヴェストルである。



                       /: : , 、: : : : :/>ミ、: : : : : : />x: : : : :i: :
                      /`ヽ: :i: :\ : /: : : : : > 、 : : : : : : : >.、:.!:
                     ,: : : : : !: : : :`": : : : : : : : : : \: : : : : : : : : :ヽ!:
                     .,: : : : : :!: : : : : i 、ヽ: : : : : : : :ハ: : : : : : :\: :\
                     i : : : : : V: : : :ト ! \ヽ、: : : : : : ハ\ 、 : : ム: : :
                    .i: : : : : : :V: : : iヽ、  \ヽ <: : : :∧ :ヽヽ: : :ハ: :
                    .!ハ: : : : : ハ : : ム ヽ   ヾ、 ` >x:ムヽ!ノノヽ:ム:
                    .!! .V: : : :{ rミ、:.ハ   、   ,>",__ z-┐!ヽ ( `i !
                    .i  .ヽ: : ハ V):ヽxヽ  ゝ '  〃:示  ./ヽ    ノ!
                        \ ム ヽ::::}      .弋::::::::!    .rイヽヽ
                         `ゝミ、¨        ゝ- '    /!///ヽ
                           ヽ    '     _  ''''   /' i!////
                          , -≧ 、  V  `'ヽ  , イ"/, イ////
                        , <      .i>. .二¨¨<-" ヽV/--- ミ
                      /          ! i"///>--- ,"/!`>、 i
                     /           .! !//////////i八::::::::i .//
                  ., イ             .!.i//////////L > "L'
                    ヽ         ___ ! i///////////,¨ム//ヽ¨
                     ハ      , -‐ 、  ! i/////////////////,o
                      !  ,> "     \.i .!//////////////////


――― 彼は色々と「変わり者」だった。


.
853 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:13:04 ID:RkbVc.eQ0



――― 聖職者であるにも関わらず、教会の権力と財産を維持することよりは

     ツァーリや選抜会議と一緒になって教会の力を削ぐことに協力した。



      /:./ /: : / : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :l: : : : : : : : : ヽ: : : : : :ヽ: : : : : : :ヽ\ :\
     /´  /: : /: /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : ∧: : : : : : : : : '; : : : : : : : : : : ; : : : ハ \: ヽ
     /   /: : :/: / : : : : : : : : : / /: : : : : : : /: / l: : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : ヽ: : : ハ   ヽ: }
       /: : //: : : : : : : : : :/:/ //: : : : : : :/ /   l: : : : : : : : : : } : : : : : : : : : : ハ: : : ヘ   V
       ': :/ /: : /: : : : : : :/:/ !:|: : : : : ://:/   l: : l: : : : : : : :j : : : : : : : : : : :ハ: : : }
       {: :l l: l :l : : : :\:/:/  !:l : : : : / {:/   l: : l: : : : : : : /: i: : : : : : : : : :} ヽ: : }
       {: :l l: l :l : : : :/:/ヽ{、_ハ: : : : l {:{    |: :ハ: : : : : :∧: :!: : : : : :i : : : }  ヽ: }
         V:l l: : :V: : : l :l  {  l\:_:{  {{    l: ハ: : : : / }: :} : : : : : i : : : !   V
          l :l !: Vハ: : :≧=z{z、_ ゝ: : { ̄ {  _j:レ┼: ┼--ト、!: : : : : : : : : ,′   }
        V |: :.{ V : V {イ.:::::j...テミ、:.{  ヽ   /  }: /   l: /ヽ: : : : /: : :/
          l: :.{  ,ヘ: :ハ ゞ::_:ソ  \       〒テレ==zz、レ l: :/ : : /: : :/
            l: : :\,| \;               {:...::::j:::ノ 〃´l /: : :/: : :/
           ,′: : : :ハ   ヽ ヽ       ,        ̄ ̄   /:イ: : イ: : /       教会の連中ってさー
         l : : : : : : :\                 ヽ ヽ ヽ  /´ノ:/: !: /
         l: : l : : : : : : i :ー 、     ─ 、             /イ:/: : : : /
         ,': : ;' : : : : : : i : : : :>   ゝ  ノ    _ . . イ: : : : : : : : l         ちょっと私腹肥やしすぎだろ
          /: :/l: : : : :/: : !: : : : : :|  ` ー--─┬: ´: : : :i : : : i : : : : : : : : !
       /: :/ /⌒∨: :/ ノ⌒ヽ:}        {: ⌒ヽ:_:ィ⌒\: : : : i : : l
        /: :/´   ヽー‐´   ├'        ゝヽ     }   \: :i : : :ヘ
        ,': :/     ヽ     l   ヽ  ,   ,′   j′     〉:ヽ: : :ヽ
     /: /∧      ヽ    l    \_r,_./  l      /     /ヽ: ヽ: : :ヽ
    /: //ヽ       ヽ    ヽ  __|i|__ /     /    ////\ヽ: : :ヘ
  /://////\      \   ヽー.. ̄|i| ̄    /    ////////\ヽ: ハ




          x,          x,
           } 、\___// }     /
           厶- }      {‐ く    〈{_____
        / /         \ \   \     \
        _/   i{ (C)    (C) }i  '.  _  7^     丶      財産もなしに貧民を助けろと?
      〃7   八   、_,_,   八   V^)) /         '
  _/{{   /  ` ァ    r '   {{、  〃'く__      }
 (__.:.:゚。:.ヾ=彡     .′     '.    ゞ=彡.:.:.:.。゚-く       ′     わけがわからないよ。
  ーt__゚/      /{      ト,     \゚_r'′    /
            .' } ト ┐ l f⌒丶,_/⌒'      /
             {  } l   | { }               /
             丶 し'  し' 厂 ̄  ー----=彡   【 府主教 マカリー 】



――― そしてツァーリとの絶大なコネにも関わらず、地位を欲することもなかった。


.
854 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:13:37 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてツァーリに対しても口やかましく、容赦なく説教がとんできた。




   |: : : : |: :,′: : : : : i: i i: : / //::::::::::::::::::::ヽ',∨// ∨//////////∧//|i
   |: : : : i: , : : : : : : :.i‐- ト、i i/:::::::::::::::::::::::::::ij ∨':::::::::i////////////',//i
   j: : : : i: !: : : : : : : i__  ミ 、:::::::::::::::::::::::: 斗 ´ __:i////////////}i/ i
   i: : : : i: i : : : : : ´:i ̄て):::::t 、`::::::::::::::::::::::::彡7、:::::::i i//////,イ/////i/,′   そんな不信心なことやってると
   i: : : :∧∨: : : : : :i、 i:::{:::::}::} ゛:::::::::::::::::::::::::::' i¨{::::}:} i////// i/////,i/
   i: : :./ i ∨: : : : :.i  、:`¨::ノ.:::...ゝ¨¨i::::::::::::::::...∨¨ノ i/////::://∧//,i      天罰が下るぞ!
   i: : /   !: ヽ: : : : :',:ゝ ⌒ ‐-‐'    ,::::::........:::::::::::::::::::i////:::/// ∨/!
   i: /    !: :i `ゝ、: :',:          i:::::::::::::::::::::::::::::::::i/////   ∨i
   i/     !: i: : : :ゝヾ、        _:_:::::::::::::::::::::::::::::: イ´///∧   ヽ      そして永遠に煉獄で苦しむぞ!
        i:.i: : : : : : > .     ´..::`::::::::::::::: .< ///////∧
        i,′: : : : : : : : /〈`t . .....:::::::: .<、ヽ///////////∧
        / : : : : : : : : : iヽ`ヽ :::::::: ̄:::::::::::|ノノ////////////∧





      | |  |     ,′ , イ′ヘ, ト、  ヘ, ヘ,
      | |  |   /| /|  |   l | |   |   |
   │ │ l 八  / |/ | ,.イ   ト、| |   |   | │
   │ │  l  ∨  」>く       `'<,_ ハ  |  j     i            ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
   │ │  | 厶ィ斗扞Tァ      r于テミメ、 l /     l|            ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
 |  八 八 ヽf^)-y仆、 刈        ト、 .刈`《V./     リ            ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
 レ、  \ \|/ .人 V//(       |V//( YY^l    k     ト、        ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
. 〉 〉、   \/〔 {  ゞ(`)┘  .、   └ (`)_,/ .j l    | 》   |V》,       ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
_,《V  \j\j| ` ∨////        ///,ノ / /   |│|V》  | V》,
《V  |    ∧   \_     (´ `)   __/   _/   ,ノ│| V》\j
V{   │ r―宀冖  ̄ ̄   ¬┐ ,/ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ミメ.リ V》,        ※ イヴァン4世はとっても信心深い
′V .小 |              | |           /  | /V》,

.
855 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:14:11 ID:RkbVc.eQ0



――― 最初は政治にまるで関わろうとしなかったが、従兄弟のスターリツァ公とのいがみ合いが起こってからは、

     スターリツァ公のもとを訪れて、改革路線である選抜会議との仲介役となっていた。



              _
            ..::::::::::::::::::::::.....、
       __∠::_:::::::_::;;;_;;;:久__ _
         〉圭圭至孑弋::::へ、:::::芍圭/
      /^待㌢::::::::::::::::::::::: i::::i::::::::::`;:..、
      X:::::::::: |/::::/:::::::!!:::/::::::ト; ト-ヘ::::::::::i::t_
.   / /:::::::::::{:::::/:::::::::|V:::/::::| |:!  i:::::::::i::::トミ
     〃/:::::::::{:::i::::::::::::| .V:::::::| |:!  i:::::::::i::::i:::}
     ./::::::::::入|::::::::::i:|  `ーf´リ`‐匕:::/:/::::|            あたしでよければ話を聞いてやるよ
     i:::::::::::::γゞ:::::::iリニ==ヾ  ==|^/:∧|
     .i:::::::::::::: { i r,V::|```___     ```レ::/ リ
     i::::::::::/斤\__ヾi. i `´  ̄ヾ7  .i/             ツァーリや選抜会議には
     i::::::Y-‐-、x≪\:..ゝ _  ,ノ  .:イ
    /::/ \_ ` .,,x≪\≧- ...=≦iソ              色々と不満もあるんだろ??
   ./Y     `⌒ヽ 、  \亅/ i |
  イ/:|           ̄ 彳   i .!
  /::::}           i      |  !i {    _ _
. /7::∧        .ノ    〈r-= ,-┴-- ´ - 、、、
  {:/ 〉|      く 、  _rイ  /-‐イ    _二ヽ ヽヽヽ
  ⅱ} .i    孑 ⌒ν=〈    |   人_ ̄厂  `'ヽ_j_j_j
   ハ ヽ 〃 /⌒        人∠_ラ'
  i  V 人       >ー…    ̄イ



         ____
       /      \
      / ─    ─ \         あなただけは話がわかるので
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |        私も母上も助かっていますよ。
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |         【 スターリツァ公 ウラジーミル 】
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |          イヴァン4世の従兄弟





             ∧  ,ィ  _,. ー 、_
             ∥ V/|l. ::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:::..∧ ∧、
         ,.ヘ∥ У´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....V/_.}}
       ,ィ:.:.:,;.{{〉´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヽ∥ヽ
     //:.:.//´  .:.:!:.:/|/j∧:.:.:.:.:.:j:.:.:.jヽ:.:.j.:.:.:.:!:.:.';:.:.:.:..       ごめんね、シリヴェストルちゃん。
      !:.j:.:.:.:|:.j .:.:.:.:.:レ' ⌒_ヽ V、:.:.:.!ヽ⌒ヽ:.}:.l:.:.|.::.:l:.:.:.:.:.ト
.       j/!:.:.;.:j:.:!:.:/:|:/ yfテt   \j =x V.:.:.!:.:i:.:::j:.:.:. : |
        ' !:.:.!:.|/!/!:.j' 〃んハ      んハ ヽY:.:.:|.:::'::::.......'       面倒な仕事やらせちゃって。
       |:.:j!;.:.:j':(|:.i ' ミz:ソ       ミ::ソ ' l:.:.:.ly' :::;::!:::..j
       レ' !j.:::|:::j::l、/ l / l   '   l/ l / l 八:.j':::::::j::l::::人
         i::/ V!.:{ >    ` '   . イj/! ∧/!/レ'
         j'   !∧   _,.≧ー チ,.._   j/ j/   /
.            ,: ー -r:r`   ||   ケr- ー 、
.
856 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:14:43 ID:RkbVc.eQ0



――― しかしそれがイヴァン4世には裏切りに思え、加えてリヴォニア戦争に賛成でなかった事が疑惑を呼び込んだ。


     疑惑を感じるようになってからは、事あるごとに「そのような真似は神罰が下る」というお説教が

     自分を子供扱いして恐怖で縛ろうとする行為にも思えてきた。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::  ::::::::::::::::::::::::    :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::    ::::::::::     .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ::::::::::::::::::::   ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''' ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                                           ...................................
                                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                              :::::::::::::::   あいつもアダシェフと同じ、         :::::::::::::::
                             :::::::::::::::                              :::::::::::::::
                              :::::::::::::::   ボクを軽んじて国政を私物化している! :::::::::::::::
                                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                           ...................................

.
857 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:15:29 ID:RkbVc.eQ0



――― ツァーリの疑惑に気がついたシリヴェストルは、自ら僻地の修道院で隠棲することを申し出た。

     ツァーリは自分の師でもあるこの博識な司祭を止めようとしなかった。



            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll       隠居したいって?
   〃  ∥ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ∥
  ∥    ∥ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ∥      好きにしなよバカ、
  ∥       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ∥
  ∥      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ∥      もう君なんか必要ないから♪
  ∥      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ∥
  ∥      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ∥
  ∥      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.
       ,','::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::ヽ

.
858 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:16:02 ID:RkbVc.eQ0



――― そして…この年、最愛の妻であるアナスタシアが病没した。





              /  ∥ =只= ∥ ヘ
              i  /   ´ `   ヘ  i
               ゙、 ヘ.___,ヘ__,ノヾr’
               |=.|.| | ´╂`.| |..|.=|
               | | | |,・╂>.|,| | i
                ; ,|//.・╋> ;ヽ| i.         プラーン
              /´,`ヾ、∥, /`ヽ、.i
             /  /   | `´冫 丶. \        プラーン
           /  /    |  /   .丶  ゝ
           \ /⌒へ、 | 丶,ィ´⌒冫 ノ
             ` ` .|  |ソ__,ノ  |-_〆、  ノノ
                |――|ー|――|
                .| l l l:l| . | l .| l:;
                冫; ; ;! |. l : 〈
                // l l| !l l l i!
                ! l .l l|  i l l l i,.
                /\/| |\/:i
                |..:::::::::|   i.::::::::::|
                .!:::::::::|   !.::::::::|
                |::::::::!    !:::::::|
                ,|:::_:|   / レ、
                ||/ `   |  /
                `|.  l  /  丿
                 \_/  ヽ-´ 彡




――― この時のイヴァン4世の悲しみ用は尋常ではなかった。



                 ,, - ´ ̄ ̄ ̄`   、
             ,.  ´               ヽ、
            /                 、\
          ィ´       /       ヽ   ヽヾ;ト、
        / /        l r   i     丶   ', l;|  \
     /  /        / ,l l   ト、   i ',    !l;|   ヽ
    /   / ,' /    / / ! !  l l ',   ! l    };|    ゙ 、
   ノ  i j !  l   , ィ==、! ;l  |l_L==- 、l  !   |;|    i ',
   /  l  l |   ! 〃 / / _ | ハ l !|   ヽ  l\|   l;;| }    l i
   l /|  | ハ  l   ;'≠ニヽl l ヽl リr z==x、ハ }   !;;| l   l', l      うそだ……
   レ' !  リ ', '、  lイ /:::::ヽV   イ/:::::ヽヽ〃   メ,l;| i !    l !l
     l   ∧ ハ、l ト;::::::r}     ト::::::r} /  /`l;|/ |、  l リ
     ',  / l;|`|  N Q--。′     ゞ=Q。   i_ノl;| lハ  l
      ', / !;l ! ハ//〃" 丶   ´" // /   ,'l  l;| / l ,イ
      V  l;'ハ l  ゝ .,   , -- 、    ,'   / ,l l;;l/  レ'|;l
          !;l !l'、  |ヾ≧ュ ー'⌒ー', イ-i  / / l/l;;l    l;l
        l;;l  リ ',  l_∨lr‐/ゝ_;;/  j  ん-─‐|;;ト、   l;|
        |;;! /〆|  ̄, - 'ィ天ヘ、 l ,'     ,´|;;| ヽ__,、|;l
         l;;lイ / ! l //¨//,'Y ,ヘヽ| !、  : |;;|  \},|;|
       z以 i  ! Ⅳ//  // ,' l ! ヽl ハ  ,' 以  / ハ
      ,く /  |/ ヾヽ// , '  l、\ ソ } l /     / / \

.
860 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 22:16:59 ID:Io1H3CCU0
こんな場面で笑かすなwww
859 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:16:44 ID:RkbVc.eQ0



――― アナスタシアはイヴァン4世との巡礼中に病にかかった。


     だがそこでリヴォニア騎士団が休戦協定を破って攻めてきたとの報がはいり、

     急ぎの帰還を要請されたことも、アダシェフやシリヴェストルへの怒りにつながった。



               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧    ┛┗   ヘ     ト、  i/7////∧////     慌ててモスクワに帰還したら、
     ,イ_       7! .,'i |::::ヽi、 、 ┓┏    ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨::::::::::::::::ヾヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//     すでに撃退済だったじゃないか!
        { A ハ   | ◯:::::::::::◯ `i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
      Vi `i   {i   _'_.   ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、( V. V ),.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧      ボクは病気の妻の治療すらも
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ              満足にさせてもらえなかった!
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧                 妻はあの2人のせいで死んだんだ!
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'                 あの2人のせいで!あの2人のせいで!
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/                   あの2人のせいで!あの2人のせいで!
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/                    あの2人のせいで!あの2人のせいで!
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ                        あの2人のせいで!あの2人のせいで!
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ

.
861 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:17:16 ID:RkbVc.eQ0



――― アナスタシアの死はツァーリだけでなく、ロシアの領民にとっても大きな不幸だった。

     彼女は怒りっぽい夫を、いつも上手くなだめていたからである。



                   x-ー--,,、 _, ,,, ,,,,, ,,,, ,,_
                  /: : : : : : ゙'"       ⌒'-,,,-'':~:゙:'-、
                /: : : /⌒v            、 -、xー-、:'、
                 i : : : l    /           ヽ `'x, i: :}
                   {: : : : ゝ /               i   ヾ:丿
                 ヽ    /     _,,/   /   /  '、  く
                 ゙7‐  {       /   .,イ   / \゙''i ニz,_
                  {  ,ィ┐     / / |  /    \} ,!
                     l ,r'v-i     l/ __,,, l,ノ    ,,__  リ /    /
                  〔_ く `ヘ.  l  '゙゙ ̄      ゙̄' {、i_    ―
    .,-‐''" ̄ ̄ `''-、_       レ⌒゙'弋 .l  '' ''       '' '' }乂`i    ヽ
   /./././ : : : : : : : : . `'-、  ゙i、  彡'>'、     ( ̄フ   _人_彡'
  /././././. : : : : : : : : : .  ヽ   二ニニ≠,rー>=-ー、,,........ __z<,ト-ヘフ __         駄目よ、怒ったら。
  i'/././././. : : : : : : : : : :   l  !__,,_彡'/       ` ̄|j ̄|)7.: : : .∨r'
 i/./././././. : : : : : : : :     l    )ヾ/        _., x斗ー' i : : : : :.ノ
 l/./. : : : : : : : : : : : : .     l.   乂/     -ー'´ !_j゙`y′ 乂__ソ
 ゙l: : : : : : : : : : : : : :       ∧  ./           〈
  ゙l : : : : : : : : : :          \/     /       \
   \                l_,x个x,._     /\,_ \
    \             /:::::/:::::::::\_ _,xイ::::::ヘ:::::`ー'\       __
      `''ー ..,,__     __,, <:::::::::/::::::::::::::::|::::::::∧::::::::\:::::_;;x:;> _   ((|`゙゙゙゙゙´|
           ゙゙゙゙゙̄ ̄   ヽイ;_:::::::::::;;;;ゾ´ ̄ ̄ヽy⌒y´  `Y )  (.`ー--´,)
                      ̄ ゙̄`ーー----┴-'´`゙゙゙゙゙゙゙´ ̄     ̄ ̄

.
862 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:17:56 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてまもなく、アダシェフやシリヴェストルに反感を持っていた貴族たちが噂を流した。



      ∩___∩
    / ノ `──''ヽ マジかよ。
    /      /   |         ∩___∩     アナスタシア様は病死じゃなくて謀殺だって。
   /      (・)   |       /       ヽ
__|        ヽ(_●       | ●   ●   |
   \        |Д|      | ( _●_)     ミ             アダシェフとシリヴェストルの2人が
     彡'-,,,,___ヽノ   ,,-''"彡 |∪| __/`''--、
  )     |@      |ヽ/     ヽノ ̄       ヽ          魔術をかけて呪い殺したクマ。
  |      |     ノ / ⊂)            メ  ヽ_,,,---
  |     .|@    | |_ノ  ,へ        / ヽ    ヽノ ̄
  |     |_   / /  | /  |        |  ヽ_,,-''"
__|_    \\,,-'"\__/  /     ,────''''''''''''''"""""""
    ~フ⌒ ̄ ̄  ~ヽ ヽ   ̄ ̄"""'''''''--、""''''---,,,,,,__
    /       ̄''、|ノ           )ヽ
___/       ̄ ̄)           / |___




     ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))     あの2人は皇妃さまが政治に介入することを嫌がっていたクマ。
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /       それにツァーリが病気で倒れた一件では、ザハーリン家とぎくしゃくしていたクマ。
  彡、   |∪|   ,/
  /    ヽノ   /




     ∩___∩
     | ノ      ヽ      だからアナスタシア様に魔法をかけるか、あるいは毒で殺したクマ。
    /  >   < |
    | //// ( _●_) ミ
   彡、     l⌒l  ノ     いんやー正義感ぶってやることエグいクマ~♪
   / __  \ \ヽ
  . (___)   \__)

.
863 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:18:31 ID:RkbVc.eQ0



――― ツァーリが噂を信じたかどうかは分からない。

     だがアダシェフらに疑惑の目が向けられ、トドメをさすには十分な理由になった。



:::::::::::::
::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::  ::::::::::::::::::::::::    :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::    ::::::::::     .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ::::::::::::::::::::   ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''' ::::::::::::::::::::::::::::::::




.
864 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:19:03 ID:RkbVc.eQ0



――― モスクワで開かれた欠席裁判では、アダシェフとシリヴェストルは「名うての悪漢」として断罪された。



  =//=,,             /           ,! |
   〃 〃        _ /_ f -、    ノ、.ノ-,
            ,:'"´     `゙ヽ  />'、`ヾ
    ヾ /'      {ミ:、._   _.彡}  ゙ヾ:、r '| |
    、_〃        ノ゙=========''ヽ  ゙⌒ヽl_丿
           |ゝ、.._    _..ノ|、 ー,ノt彳
   |l |l      ,!、     ̄ ̄   ,.! `7 |'´
    ・ ・       {{、` ー------一 ´,.}}/ー'
              '!、ミ========彡!-'
    _z       |ヽ._` ー--一 ´_.ノ|     z_
  、Z       ,. -= ゝ、  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ =- 、    Z,,
<      /,'::.   i"_` ー---一 ´_゙i   .:',\     >
 ".,,   / {:::.    lミ゙======''彡l    .::}. ヽ  、゙
     |゙、ゞ::::.....  ` ー-----一 ´   ....:::ツ , '|



        r-、             , -──‐‐-、         r、________,.へ
       _ノ ノ     ,.へ      / ,-─==-‐‐、\         | r--、 r--、 r--、 r'′
 lニニニ''' ムニニニニ---ゝ    / ,,---、  ,,,---、ヽ       | |__| |__| |__| |
      フ ∠____,へ、      i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i        し'─ r-z r-z ─‐-'
    ノ ┌───l  |      |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |      lニニニニニ |  | ニニニニ'^ゝ
    ノノ| L___.|  |     __| ,,、--└Li┘---、 |___           | |  | |
 _ノ-" | |ー──‐-、 |     { ti/   /\   \iァ }   .lニニニニ  |  | ニニ'^ゝ
     | Lニニニニ. |      Y    ./´ ̄`\   Y´   r-、__,. -''~ j.  | |
     | |      |  |     ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ    ゝ、,. -''~フノ  | ニニニ'^ゝ
     | |     _|  |   / /  /  i  ヽ ヽ   \     ノ "   | |
      ー´    `ゝ、.ノ   i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !  -''~      ー
                 | i   i     i    i  }    }
             ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
          ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
       ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
      /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
     / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i



――― しかしアダシェフを追い落とした者たちは、後にツァーリの「直接統治」を経験して

     アダシェフらの改革路線のほうがはるかに穏健だったと後悔することになる。


.
865 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:19:37 ID:RkbVc.eQ0



――― アダシェフは左遷・滞在していたユーリエフで投獄され、数カ月後には熱病にかかって死んだ。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... . . . .  . :::::::::::::::::::::::::::::::
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::: : : : :
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
 ....::.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
 ....::.:|                                       《》 《》
 .....;::|                         ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
 .....;::|                       ,.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
 .....;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
 .....:::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
 .....;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||_||_,lYニl   《》 .《》
 .....;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|''r┤   《》  《》
 .....:::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....:::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
 .....:;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
 ..::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》 .《》
 .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"l_. ._ l,..-‐; |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》 《》



                                少‐: :'': : .、
                               /: : r ''´: : : ::ヽ/)        体があついよぉ…
              .   _       _,, __ _=∠ミ;-<: : : : : :ゝ:/ .f‐--ッ
               / .`i _,,.-‐''¨´ ∠らヾ,,、 ム=>: : : :ー:{  |`''f,゙
             ,.└‐-≠、          ゞy ' ⌒ ヽ: : : : ゝ、ノ: : :゙i,      お水…のみたいよぉ…
          ,,.'´,,,,,,,     ー- 、       f    丿ッ、::/ |: : : :ト、!
        /゙゙゙゙゙゙゙´ ∥   , _     ` >'^ヘ____ゝ--イ ,/へ'  ,!: ::| ::|
       /     /ム==''¨ベ.、    └-ッ'/  ./   └゙へ   ン: : ∧::|      おみ…ず…―――――――
      f  /  , ,        ヾ,、   r'゙,xヘ_マ_'\ /// ,vi´ /i: : / ヾ
     f´ゝ、_i   i i      , /  >ミ彡^)   _≫>v'゙ .'´<_ //ヘ/////      ―――――――
     ゝ~ヒ_`''_++=  ,,___ノ_/__      Fu´-i>゙h{_ っ'´///////
          ̄'-=,,r‐rー' ,,,/  s-っ_∫Ψヽ-゙ ∫ ノ'´/////
               ゝ┘`¨¨ (_i `''=ミx、 ̄ ゙''´
                     `''<//.)'



――― 下級貴族から出世し、「官庁の椅子からロシアを支配した」とまで言われた為政者の最後である。


.
866 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 22:19:39 ID:4.1jZFnE0
元々猜疑心が強いのが嫁さんの死で決定的にイカれたってのも後輩の鉄人との共通点だな
867 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:20:09 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてシリヴェストルは静かに隠棲など許されず、終身刑として白海のソロヴェツキー島に流された。





                                        /l  .∧_    ./|ヽ
                             ,.、    /:!:: | /:∧l\ ∧|::|:..|
                             ,イ:! ∨\/::∧ ∨: : /!: : ∨::|∨:::|
                                /|::|::!: :|:.:/l∨|: ∨: : /|:|: : /:川:.:.∨\i
____ , ____   ___ _,,,,  ./l\/!!|∧! ∨::ヽ、__/: : /:|.!:!.:/:: :::∧:j:|: ::/:|__   _  ,,, __ __ _
: . : . : . : . : . : . : ____ i;::;i__戈 ̄!川戈\ \:: ::ムイ川:|:|/:: :: ::川∨!∧!|::ト-、 |:|  /:i     : . : .
: . : . : . : . : . : . :<___i|_≦三三三三三≧、二 _≧三三二≧=-、二二三三≦三三≧ァ、__ : . : . :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :





/ ̄ ̄ ̄\j i| / /⌒\}
:.:/ ̄ ̄ ̄\リ:.:/
/ ..-─‐ァ┬┼く__ .....-=:.:.:.: ̄ ̄:.:.:=-.....、_
/:.:.:.:./i:i:i〆i:i:i:i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:二ニ=->:.:.´:.:.:.:.\___         あたしやアダシェフを切り捨てて
:.:.:. /i:i:i:i:i:i:i:i:i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉 :.:.:.:.:.:.゙,
:./_j:j/\/| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /::: .:. i:.:.:.:‘,        それで政治がうまくまわると思うのなら
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.: / ゙;::::::|:::.:.:.:‘
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:./:.:i:.:.:´ ̄\ ハ: i:.:.:.:.:.:‘,       勝手にすればいいさ。
:.:.:.:.:.:./ :.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:三二ニ=|:.:.:':.:. |:.:.:.:.i:.:|  \|/}:|:.:.:.:ト、\
: .:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | / :.:. | :. /ドーr-ミ `| |:.:.:.:   ー-
:.:.:.: ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.i:.:.:.:.i :.:.:.:.:.γ⌒ヽ:.|「 :.:.:.:.:. i |:i r':|  | i:.:.り
: .:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.| :.:.:.|:.i :.:.:.:.i ⌒ぅ`|i:.:.:.:.:.:.:.| lリ ゞ'   乂ノ         ただし後で後悔するなよ、
:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i: ゝ:.:.:ゝ\ :.:|   ( ハ:.:.:.:.:.:.| ゝ .:::::.    〉
:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:. \:.:.\:.: \ ーミ ‘;.:.:.:.:.|                  あたし達を悪く言う追従者たちは
:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:.:.:.:.:i:.:.\:.:.\:.:.\_ア`ー─ ‘ :.:.:.|     rvァ/
:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:|:.:.i:.: `ー=ミ:.:.y′      \{      ー'            はたして有能かな。
:.:.:.:.|:.:.:| :.:.:.:.:.:i:.: |:.:.:.i:.:.|⌒Y}              /
:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:. i:.:.| : |:.:.:.i:.:.i  ( }           r───
:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:. |:. | : |:.:.:.i:.:.| _,|           |                  r──-、
:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:. |:. |:.:.:._j_/ リ           ㎞、                >ー-_、_\
:.:.:. ゝ :ゝ:.:.:ゝ:/.................. ゝ        {、..j\_         __r_,.ィ(_r─‐ミト、
:.:.:.:.:.:.:\.\:.{..\.......................\         |................|⌒ト、     {三三j_ 斗ノ  ̄`ヽ }








                   ┌―――――――――――――――――――┐
                   |  こうして選抜会議は崩壊したのである。 .   |
                   └―――――――――――――――――――┘





.
869 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 22:20:55 ID:4.1jZFnE0
ひょっとして収容所群島で名高いあそこか
868 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:20:54 ID:RkbVc.eQ0



――― 自分の顧問を切り捨てたイヴァン4世は、彼らの痕跡を消し去ろうと務めた。

     宮廷に道化を呼んで遊興を行ない、自分が密かに疎ましく思う者に強い酒を飲むよう要求した。




        =ニ二二ニ=
       ,  -―- 、
    /⌒Y /  、   ヘ ヽ
.  ,イ  /l i!_/iハ!Tトi、 N. |
  i/! i /! | l/r=、 r=、i/.!ハ!      ボクはみんなと仲良くしたいんだ♪
    iハi! レ‐ト、''┌┐''ノレj.i! i!
    i! i! l  ‐、ノ)ー<_  i! i!
    i! i! .`ト.イy 〉-、:i、i. i! i!      さあウォッカ一気飲み、いってみよー!
    i!   |`ー ' ̄ ::::::}|    i!
    i!   |:::`ー:::::::ー'.|    i!      皆でどっぷり酔ってハイになって遊ぼうよ★
       ./:::i三`ー' _ノ
      /:::::::`ー' ̄ヽ




     ∩___∩
     | ノ      ヽ
    /⌒) ●   ● |       ツァーリ、そんな不信心なことはできませんクマ。
   / /   ( _●_)  ミ
  .(  ヽ  |∪|  、\
   \    ヽノ /´>  )     前はこんな事はしなかったのに。
    /      / (_/
   / /⌒ヽ  ⌒ヽ
   (     )




          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i      「前は」??? 「不信心」???
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,      ああ、説教好きなシリヴェストルが居た頃は
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、    そうだったよね。
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム    つまりシリヴェストルの頃の風紀が正しかったと、
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|    君はそう言いたいんだ、ふっうーーーーん……
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|



    ∩___∩
    | 丿     ヽ
    / ●   ●  |
    |   ( _●_)  U ミ
   彡、  |∪ |  ,,/    しゅ、酒宴に参加させて頂きますクマ…
   /    ヽノ   ″
  |´  丶 ヽ  ヽヽ
   r    ヽ、__) (_丿
   ヽ、___   ヽ ヽ
   と____ノ_ノ


.
870 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:21:31 ID:RkbVc.eQ0



――― この酒宴は全員がへべれけになるまで続けられた。

     まずツァーリが杯を飲み干し、同じ杯が皆に配られて強い酒を飲み干すよう求めらる。



             _
               /.ヘ  . -‐…‐-  、 x.、
           // ヽY _ '''二二 _ヽノ//} }
             j i   /7´       `丶//
          / ⌒V//          \               うぇっぷ、ゲホゲホ…… >
        〃〃   ∨i ///   / i i   iハ
        ///     ノ //ア二メ./  i ! i  i !
.       ///   / ル〃んハ/   ノナメ  ii∧
       N/  / i i i l ヒ:ン   んハ! // ハ
      //レル'/i 从 i i |'''  r , ゞ'厶イ从 i|       あれあれ、蒸留酒もググッと飲めない人に
.      //  // ルノハ i 个ト . __ ..イル爪/ }}ハノ
     //  //      Ⅵ仄二ニr'"´ ̄`Y´ ノリ          いい仕事なんかできないよ?
.    //  //     r‐=≧≦//:::/:.:.:.:.:.:.|_彡'
   〈/  〈/   ___」{〃jj`ヾ{::〉/.:.:.:.:.:.:.:.|
    -‐== ニ二 =彡く′ jj::::i.:.:.:.:.:.:.:.:ノ            上の人間の酒が飲めないとか、世の中舐めてない?
   (( ____ .. -=r.::i  ヽ〃::/.:.:.:.:.:.:./|
     ̄ ̄ ̄   |:::.:.、   ∨.:.:.:.:.:.:.:i.:.|___         いつまで学生気分なの、ん?
             |:::.::ハ   /.:.:./.:.:.:.:.i.:.:.:ノ.:ノ.:.:.:.:.\
             |::./.:.ト.、/.:.:./.:.:.:.:.:.j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /V.:.:.:ヽ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:>、 ̄ ̄      空気を読むってこと覚えようよ。
          /.:.:.:.i.:.:.:.:.)i.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ∨:.:.:/ヽ \
.      /.:.:.:./j.:.:.:.:i丿:.:.:.:.:.:.:.:/  Y厂  \\ \
.     /.:.:.:.厂/ヽ:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  〃 ヽ    \  ノ>





    …それともシリヴェストルの頃の     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      無駄に厳しく暗い風紀が、       :::::::::::  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::  ::::::::::::::::::::::::    :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,  :::::::::::::::::::::
                                 'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::    ::::::::::     .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,: ::::::::::::::
                                -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ::::::::::::::::::::   ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-  ::::::::::::::::::
      まだ君から抜けてないのかな~?     ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''' :::::::::::::::::





――― 参加しないのは論外だが、飲み干すことを拒んだり、途中できちんと座っていられず寄りかかったりすると、

     アダシェフやシリヴェストルの精神と慣習から抜けていない、と責められた。


.
871 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:22:10 ID:RkbVc.eQ0


                 __
           ___,. <     > 、
           /_, / /  ィ ハ ヽ  、fj=ミ
.        ≠フ. /ィ / ./// j/  ', ト, ',  ゚ ,  ヽ\
      -=彡' 〃 l , /レ'r匕   ト-V∨ ∨ .∧ヾ、     そっかー、シリヴェストルが懐かしいんだー。
      _/=‐ィ>' ∨}'  ◯     ◯  }l  ト,',、 ',
        />' ! ,  /| ,,,,      ,,,, リ|/ |Ⅵヘ|      会議で有罪になったアイツらが、君は懐かしいんだー。
.     /, '  |ハ i {.ト、        ,. ィi| ,' ',ハ j
       ∨   //.Ⅵ ,r≠≧=号=≦レレ' j/|:i ',ハ
.           //  ヾ,'::{:::::::}==大==}___,.r-、 Ll |::|
         |:|    {:: i::::::::∨/|l>i´ Y{  }   |:」       それってつまり、今のボクに悪意を持っているんだー。
         ヽ_,. ィ:::::::i::::::::::: ̄:i:::::| ./∧イ
         ,. <:::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::}':____j'
.      /:::::::::::::::::::::::/-≧====y'






  これは仕事の一環でやってるんだよ?    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              :::::::::::  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::  ::::::::::::::::::::::::    :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,  ::::::::::::::::::
  君らと酒の席で分かりあうことが             'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::    ::::::::::     .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,: :::::::::
                                 -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ::::::::::::::::::::   ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-  ::::::::::::
  この国のためにもなると思ったのに…       ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''' ::::::::::::






              ∩___∩
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽノ     ヽ      の、飲みますクマ!
  C.|        Y  / |||||,,.ノ ヽ、,, |
    |   y     |  |  ◎   ◎ ミ     飲ませて頂きますクマ!
  _|   |,,,,,,,,,,,,,,,, | 彡    ( _●_) /`
§___丿      .|_))) ゝ,、、|∪|,,,ノ
                 ヽノ



――― 無茶ぶりなのは前からだったが、この頃から明らかに頻度が増えてきた。


.
872 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:22:50 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてツァーリを支えてきたアダシェフたちに替わり、

     ツァーリの意向を察して追従する者たちがツァーリを煽り立てるようになる。



                             //, イ//////// \
                       ///  ∨/,O/// \/\
                       fヽ //     V/O//    \/\  イ
                      .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
                        /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.         キヒヒヒヒヒヒヒ
                    ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧
                ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧
.        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}
.        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i        ツァーリ、貴方は偉大なのです!
.        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /
            ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ
  r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/ 〉、      従わぬ者や疑わしき者には
.  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./ /Oヽ
    乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./ /  j:7      情けなどかけてはいけません!
      /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  //O_{/
.     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//O_{/
    .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//O_{/
.  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./O_{/ ̄≧ー‐:.、
.      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|  \  || ||||||i:.ヾ\{:/:::/::::::::::::::::::::ヽ

                【 バスマーノフ 】
                古参の貴族
                基本、ロクなことをしない



――― この「追従者たち」の中で特に有名なのがバスマーノフである。

     リヴォニア戦争の初戦ではナルヴァを陥落させるなど、軍司令官としては無能でないので余計にタチが悪い。




               ,ヘ
                  /:o:\
               , ' i:::::o:::i. ` 、
            , '、  '、 i::::o::i  /  i` .、
        ィヽ、  ヽ.,、-‐'¨¨¨`'‐-./  //|
      /、,i .'、ゝ/- __,.‐‐、__  -ヽ. /i ∧
      ,'  i i '、i ,rタ´_ ゝン_ ``ヽ V.ィ./. ',         ツァーリは大貴族を憎んでおる…
       | ‐‐-i n.'、/ ---、ニニ,---.V ク/‐‐ |
      V __i iヘ.| ィ≧ 、 _ _, ≦ャ | iリ/--. /
      V   V ゝ 亡ケ_マフ  f././、_ /         ワシも大貴族じゃが、逆らって痛い目にあうよりは
       ヽ' ´ ゝ:ヘ._‐.ノ`ニ´ゝ、ノiハ、  /、
       /\.'´7クレ:ヘ ヽ;;;;;/./ケN. /  .ヽ        取りいって信頼を得るほうが
      /。'ヽ  `ゝ 、, i__ヽww/__i,、- '     。.ハ.
       7:\。'ゝ    Vi i i i iV    ,、。 .,、‐エ       賢い道というものじゃよ、キッヒッヒ♪
     /::i::::::\。\._/i i i i i \ /。 /:i::::::::|
      {::::::i::::::i:::::\__.   i i i i.i.i、 __, 、‐'::::i:::::::::::::}
      ヽ::::::::::i:::::::'、:::i.   i.i i i.i.i   i::/:::::::::ゝ:::::::/       ツァーリの新たな側近はこのワシじゃ!
        ゝ::_i:::::::::::::i.   i.i.i i.i.i.   i::::::::::::::i_::/
          /:::::::::::::i    i.i i.i.i     i::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::i    i.i.ii/     i::::::::::::::::::::::ヽ



――― 後の話になるが、私欲で悪魔使いを気取った代償は高くついた。

     寓話でも、悪魔の使役に失敗した者は地獄に引きずり込まれると相場が決まっている。


.
873 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:23:27 ID:RkbVc.eQ0



――― そして4年後の1564年には、師だったマカリー府主教も老齢で死去。



                                   / |
                               _/  人_,、
                            厂   __ \ \_,
             ギュップイ    _  八, く    (℃)   ヽ (;;
                      \`¨/,;;(__ノl         \\__ノ\,. ─ 、
                         乂ヽ、;;;;;,ノ        , - 、   | \  / '⌒ヽ \
                      / `⌒)   ー'^¨′ /,;;'⌒ヽ |   //   \) |
                 /仄//⌒∨ /,;;イ⌒',   |,;人__丿 ノ / 八、    ヽノ
                 ノ| |'′〈     \|,;;;人_丿  ` ー‐' /   | :l  |l    _ 〉
                ⌒|人  丶、    >ー/′ , - 、_<     ヽ:.ヽノ  ,イ'⌒′
      /⌒:: : .    /^ー' 。 \_〉:〉     /   /,;;'⌒′      / o  |,;|
     /      : :丶 ,'.:;イ .::..  ゚ 厂      /   人;;;> イ       /..::::...   乂
   /          し' l:::::人:::.l       /_    `¨;八       l.:::/|.:::://
  , ′            人/  V    / ,イ'⌒ヽ      l     `¨  し'
 ノ                \     ノ_/八 _丿    ノ  |
   .: : : : : : : : . .         \_  `⌒/  `¨´/  ,イ⌒'┘
       : : : : : : . .        /,;;〉    l    /  |;人__,.、
          : : : : : . . . . : : ::/;乂__ ノ|    l   ヽ、;;;イ
   : .       \: : : : : : : : l   `¨´ |  /厂>ヘ  ノ
    \       丶: : : : : : |     八 /,;;;;人  丿 /⌒ヽ



――― 妻のアナスタシアに続いて、アダシェフ、シリヴェストル、マカリー府主教と、

     頭はいいが傲慢で怒りっぽいイヴァン4世を制止していた者が、次々と退場していった。


         ⊂⊃
        , -─-、           ⊂⊃        /i´Y´`ヽ
        ,マミ-─-'、      .  i>i<!´`⌒ヾ<i   .  ハ7'´ ̄`ヽ.
       ν*(ノノ`ヽ)      .((( ノノリ从从ゝ      l ,イl//`ヘヘ!
        ξゝ ゚ ヮ゚ノξ   .    ゞ(リ ゜ヮ゚ノリ       リノ(! ゚ ヮ゚ノリ             ⊂⊃
         ⊂) 巴)つτ≠=一 .  ⊂}li:i}つ      ノ /)i杏i|、              ∧_∧
         く/±|jゝ          く(人人)ゝ      (( Uく__ハj_)====<>   //(・ー・)ヽ
      .    し'ノ              し'ノ          し'ノ            /ノ ( uu ) ヽ)

.
874 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:24:04 ID:RkbVc.eQ0




         ┌――――――――――――――――――――――┐
         |   この辺りから、やることが短絡になってくる。.    |
         └――――――――――――――――――――――┘




――― アダシェフやシリヴェストルを退場させて選抜会議が崩壊した後、ツァーリは新たな政府を作ろうとしたが…




                                    ,. -――‐-- 、
                                     ヽ (´  ̄ ̄``丶`ヽ、
                                    ヾ=-,. ---- 、 `丶ヽ、
                                     _/      `ヽ='-' ∧
  よし、ヴィスコヴァティを国璽尚書にして         /´/  //ハl、  l l l⌒ヾ-'、
                                 /ィ f l ィTト ,lィTTト! l !   \l _
                                 / /,l Vlr;=、  ,ィ=、l ! ト、ヽ ヽY_,>、
                                r‐、レ'//lヽト ヒリ,  ヒソ} /)'lハノ リ-、 ||
  それからザハーリン家の者で               ヽヽ'ヽ リ! |`ト、 ワ _//イイ|‐' ∨ ヽ-ヽjl
                                /{`ヽ〉 Y´!l l∠ニ了´イ/‐'、'ヽヽ  r┴-〃
  新政府を作るんだ。                 〃〈ニヾノ ! ハl>イ/ハイ'/´ ト、ヽヽ'j゙T〃
                              〃 ,lフ´   l,ル'イ〃'´ソ´!   、 !'  ヽヽ〃
                              ||  >、   l/ 〃{{、/ /l!   ゙|ニフ `〃>
                              ` /  ト、 /ハヾ |ヽ〉 { ||    !  〃|
                               l!  \ ソ {_} |ト! o `ハ l   l   |l !
                               l!   /  〉三l  `ヽヽ!   l   !| j
                               l! /     l } l l\    ``ー-!... _!| !



            ,__ ___
        ,. ':´|: :`: : :`:ヽ、
       /: : : : |: : : 、:ヽ: ヽ:\
      /: i: : l: :A i:ヽ: :l: :l: : l i:、:ヽ      実質、私が新政府の宰相のようなものですか…
     l: : l: : l:/! |゙、:i、: |ヾi.: | l: i: :|
     |: i: l: |/t―! ヾ ゙、|rt-;|;:|: :l: |      ご期待にそえるよう頑張ります。
     |: i:.ヽ|/r=,      T;;ヽ |: :l: :{
     !: i: : :iヽU      U  .|: i: |
     i: l: : :|、'''    '  ''' ,.!:/i/
      !!l i vr,ヽ 、 _´`_ , ィ;´//         ところで新政府のメンバーですが、
        ヾi  rノ--r-゙-,´
       __ ,..-'―-rr―'--.、          ザハーリン家の方々よりは
      /  |  r'´,.AL  、/` ヽ
     /   ヽ _,.イ.liii l`i、__/   !       選抜会議の重鎮だった貴族を引き続き任命して下さい。
    r'´  .V L__/ |!!!-i L_」 ,|  `ヽ
    ヽ`ヽ /   / l   l .i  .ヽ_, r'::/
     >.-、{ ........ー...........ー......... }::,.ィ'      彼らは実務の実績も、軍功もあります。
     i  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |
     |  i |ー   ´ ̄`ー '/i   .|

.
875 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:24:39 ID:RkbVc.eQ0



      | |  |     ,′ , イ′ヘ, ト、  ヘ, ヘ,
      | |  |   /| /|  |   l | |   |   |              えーーーーーーーーヤダぁーーーーー
   │ │ l 八  / |/ | ,.イ   ト、| |   |   | │
   │ │  l  ∨  」>く       `'<,_ ハ  |  j     i
   │ │  | 厶ィ斗扞Tァ      r于テミメ、 l /     l|         死んだアナスタシアの実家のほうが
 |  八 八 ヽf^)-y仆、 刈  :::::::::::   ト、 .刈`《V./     リ
 レ、  \ \|/ .人 V//( :::::::::::::::::: |V//( YY^l    k     ト、    ボクに好意的で扱いやすそうだもーん。
. 〉 〉、   \/〔 {  ゞニ ┘  .、   └ -ニ゚_,/ .j l    | 》   |V》,
_,《V  \j\j| ` `               ,ノ / /   |│|V》  | V》,
《V  |    ∧   \_     (´ `)   __/   _/   ,ノ│| V》\j     それにボクが大貴族を嫌いなの知ってるでしょ?
V{   │ r―宀冖  ̄ ̄   ¬┐ ,/ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ミメ.リ V》,
′V .小 |              | |           /  | /V》,




   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }: : : : : : : : : ヽ
  ,       . . . .|. . : : : : : : : : : :ト、 : : : : : |: : :丶
  i: : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : 〃 \: : : 」_: : :ト、、      …分かりました。
  |: : : : : : : : : : : :|: : : : : |: : : :/    \.:.:| : : :| \
  l: : : : : : : |: : : : |: : : : : |: : :厶イ    ,.斗y : |
  l: : : : : : : |: : : : |: : : : : |: :/      ´ r'} N:.:|
  ∧.:.: : : : : |: : : : |: : : : : | / _,x≪      り |:.Ν       ( すっごい不安 )
 / ゙; |: : : : :|: : : : |: : : : : |〆_)、_リ     .:.:j: |
   从: : : : |: : : :! : : : :| 弋_ノ    丶 イ:/
     \: 八:ヽ : :゙; : : :八  :.:.:    , /::从         ( ザハーリン家ってツァーリの親戚なのを鼻にかけて
      \|\ \:\ : : ヘ、_   ´ くヽ}イ、
         〕\{\{\: :',   ヾ爪 /:}  }           他の貴族から顰蹙かってるしなぁ… )
        /≧=‐-``.._\',  ノ_jr'ヾ:.:.:|  ヽ
       /             ヽ 「:.:.:ゝく:.:./    〉





――― 新政府の会議は、ザハーリン家と聞いたこともないような者が参加し、

     まるで権威のない政府となった。




      ∩___∩
    / ノ `──''ヽ マジかよ。
    /      /   |         ∩___∩       実績あるのはヴィスコヴァティぐらいで
   /      (・)   |       /       ヽ
__|        ヽ(_●       | ●   ●   |      他はザハーリン家のボケどもと無名の貴族だクマ。
   \        |Д|      | ( _●_)     ミ
     彡'-,,,,___ヽノ   ,,-''"彡 |∪| __/`''--、
  )     |@      |ヽ/     ヽノ ̄       ヽ
  |      |     ノ / ⊂)            メ  ヽ_,,,---
  |     .|@    | |_ノ  ,へ        / ヽ    ヽノ ̄
  |     |_   / /  | /  |        |  ヽ_,,-''"
__|_    \\,,-'"\__/  /     ,────''''''''''''''"""""""
    ~フ⌒ ̄ ̄  ~ヽ ヽ   ̄ ̄"""'''''''--、""''''---,,,,,,__
    /       ̄''、|ノ           )ヽ
___/       ̄ ̄)           / |___

.
876 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:25:18 ID:RkbVc.eQ0



――― こんな権力基盤のガタガタな状態で、大貴族の財産に手をつけようとした為、

     政権は一気にブーイングの嵐となった。



            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |       1562年に、新土地法を定める。
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll       兄弟や甥に土地を相続させるには、ボクの許可が必要だよ。
   〃  ∥ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ∥       あと土地を勝手に売ったり譲渡・交換も駄目だからね。
  ∥    ∥ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ∥
  ∥       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ∥
  ∥      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ∥
  ∥      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ∥       これは遡及法で、ボクのパパの代まで遡って調べあげて
  ∥      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ∥
  ∥      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |             容赦なく国庫にボッシュートだからね♪
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.
       ,','::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::ヽ




   /::::::::::, -=二三二=- 、丶
 //:::::::/‐´ ̄:::::::::::::::::::::: ̄`ヽ::\
/:::/:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::ヽ::::\
:::/:::::::::::::|::|ヽ::ト、:::::::::jハ:::::::::::|:::::::ヽ:::..ヽ
/;:::::::::::::::|::| ,斗匕 ̄`| |ヽ:::::::!:::::::::::i::::::..
:::!::::::::::::::|::j´ !/ ヽ::::! ! ヽ`|ヽ、::::|::::::::.            ちょっとぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ !!!!!!
/|::::::::::::::j:::|xろニミ、 ヽ|  z=x|、 ト、|:::::::::
:::|::::::::::::::ト;:| {ヘγ)     κヽヾ j:::}:::::::::.l
:::l::::::::::::::l !  ̄´       ゝ㍗  ,':::::::::::{l::|
::::l:::::::::::::|   ヽヽヽ   `   ヽヽλ::::::::::::l::|            特権もってるのは認めるけど、
/l::::::::::::|      _         { ヽ:::::::::||
::::::l:::::::::::ト 、  (   `)    八 }::::::::| !            コレはないんじゃないの!?
:::::::l::::::::::|_>。_ ̄ ̄ _   <:::::) |::::::::!j
:::/l:::::::::|_二ニ=ミ〔:::::::::::::/:::/  |:::::::l
/ ノl::::::::|―- 、 ,,_|::}::::::/:::::::)  l:::::::l
` ̄ l:::::::レ' ̄,-――、_〉>´ヽー'⌒ー-j::::::l
    l::::::|  ノ ―、‐'{ }  ヽ ̄ヽ  |:::::lヽ
   l:::::|/_x=z、 `ヾ´)ヽ     〉 i!::::l ‘
   }γ/ ー―、 `<´ ヽヽ、   { |::::l   |           【 クルプスキー 】
\ / { |  ―‐、_)ヽ_)   | | \  lゞ !:::l  !           イヴァン4世の友人で、軍司令官
  ヽ}`ー――― /==| |==`´ノ |:::|   |           先祖はキエフ大公の大貴族

.
877 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:26:01 ID:RkbVc.eQ0


        =ニ二二ニ=
       ,  -―- 、
    /⌒Y /  、   ヘ ヽ
.  ,イ  /l i!_/iハ!Tトi、 N. |
  i/! i /! | l/r=、 r=、i/.!ハ!       ボクのパパもママも、お爺ちゃんも
    iハi! レ‐ト、''┌┐''ノレj.i! i!
    i! i! l  ‐、ノ)ー<_  i! i!       分領公の土地を削って特権を剥いだでしょ?
    i! i! .`ト.イy 〉-、:i、i. i! i!
    i!   |`ー ' ̄ ::::::}|    i!
    i!   |:::`ー:::::::ー'.|    i!       同じことやってるだけじゃん♪
       ./:::i三`ー' _ノ
      /:::::::`ー' ̄ヽ



                       __
                   ´::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.               /:::::::::///////////////ハ::::::::ヽ        ここまで一方的じゃなかったし、
               /:::::::::/:::::::::::/::::|::::::::|:::::::::|:::::|::::::::::::
.              /::::::::::|:::::::::::/::::::|:::::::::|:::::::::|::::::|::::::|::::::',
              ,'::::::|:::::|:::::::::/::::::::ハ::::::::|::::::::|.|:::::|:::::::|::::::i      「大帝」イヴァン3世だって
              |::::::|:::::|::::::::|::::::::/ ::::::::|::::::::|::|::::|:::::::|:::::::|
              |::::::|:::::| ̄"|""/ヽ \:|厶斗‐|‐|:::::::|:::::::|      戦争中は遠慮してたわよ!
.              |:::::|:::::| ィtオテ,ォ     ィtオテ,ォ.|:::::::|::::::|
.              |:::::|:::::| 弋:::ソ       弋:::ソ |:::::::|::::::|
.              |:::::|:::::| ///    ,    ///!:::::::|:::::|
.              |:::::|:::::|              |:::::::|:::::|       忘れてるようだけど、今はリトアニアと
.              |::::::|:::::|::ヘ    c-.っ    .::|:::::::|::::::|
..               |::::::|:::::|/.> 、      , < ヽ|::::::|::::::::|       国運をかけた全面戦争中なのよ!
               |::  '|:::::| .|八 _`_ ̄_´ _ ノ.|||:::::|ヽ:::::|

.
878 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:26:38 ID:RkbVc.eQ0



――― 政治権力は「新参」のザハーリン家に奪われ、土地財産までもツァーリの新土地法で剥がれた貴族たちは、

     亡命や寝返りを考えるようになる。




      ∩___∩
      | ノ  ___ヽ        こんな国もういやクマ。
      /。・゚・(____ `・゜゚・。
      |    u( _●_)ヽ 〉
     彡、   |∪|   /
    . /    ヽノ . /´


       //
     /  /
     //⌒)∩__∩
    /.| .| ノ     ヽ       クマーはリトアニアに亡命するクマ。
    / | |  ●   ● |
   /  | 彡  ( _●_) ミ
   /  | ヽ  |∪|  /_
  // │   ヽノ  \/
  " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(..ノ



    ∩___∩     ガオガオー!
    | #\   /ヽ⌒)
   /⌒) ●   ● | .|
  / /   ( _●_)  ミ/
 .(  ヽ  |vWv|  /        クマーの領地はリトアニアとの国境に近いから、
  \    .|vwv| /
   /     ̄ ̄/
   |       /           いっそリトアニアへ寝返るクマよ!
   |  /\ \
   | /    )  )
   ∪    (  \
           \_)

.
879 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:27:15 ID:RkbVc.eQ0



――― やがてイヴァン4世は理性を欠いた行動を取るようになり、疑わしい者を拷問・処刑するようになる。




     ぴぴるぴるぴる
         ぴぴるぴ~♪

        ⊂⊃
       / ̄ ̄ヽ
      ル)"ノノル ハ
       ルリ゚∀゚ノリ
      ⊂●Ж●つ-+#####
       /_〉〈ゝ
        しソ



          #
       ⊂⊃ #ミ
     `/ ̄ ̄ヽ# ミ
     ル)"ノノル ハ   グシャッ
     ルリ゚∀゚ノリ ヾヽ∵:,
     〃 _]]つO+####ヘ∵:
     /_〉〈ゝ ∵(λ⌒ヽ
      しソ __⊂_ つつ
           ̄ ̄ ̄ ̄




        r' ニニニ ヽ
        ゝニニ ‐‐< __
       /Y /   、  ヽ\
      / r ,イ l_/ィハトリ j.l }
      jイレ! | |z→ ,←イ l ハ   ─ァ゚┼゙   __
     〃 !゙fヽlヘ" ワ"イルj'| |   / ┼ ┼i     ”┘
     |  |. i ´_/フ丁Tヽ  |
     |     トLツ⊃ ヽ.|  |

.
880 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:27:47 ID:RkbVc.eQ0



――― アダシェフの親族や親戚たちや、シリヴェストルの追放に反対した者もリトアニアへの裏切りの疑いで

     拷問されて追放か、あるいは処刑された。




           ||        ||        ||       ||        ||        ||
           ||        ||        ||       ||        ||        ||
           ||        ||        ||       ||  ~・   .||        ||  ・~
           ||        ||  .・~   ||       ||        ||        ||        ___
         ∩||∩    ∩||∩    ∩||∩    ∩||∩    ∩||∩    ∩||∩       |    |
        (  ⌒ ヽ  (  ⌒ ヽ  (  ⌒ ヽ  (  ⌒ ヽ  (  ⌒ ヽ  (  ⌒ ヽ      | 重 |
         ∪  ノ   ∪  ノ   ∪  ノ   ∪  ノ   ∪  ノ   ∪  ノ      | 罪 |
          ∪∪     ∪∪    ∪∪    ∪∪     ∪∪    ∪∪   .    | 人 |
                    プラーン           プラーン  .               |___|
                                                     .   ||
   "゙"~"゙"~"゙"~"゙"~""""~"゙"゙"゙~"゙""゙"゙"~""""~"゙"゙"゙~"゙""゙"゙"~""""~"゙"゙"゙~"゙""゙"゙"~""""~"゙"゙"゙~"゙""゙



                             //, イ//////// \
                       ///  ∨/,O/// \/\
                       fヽ //     V/O//    \/\  イ
                      .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
                        /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.
                    ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧
                ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧     ツァーリ、その調子です!
.        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}
.        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i
.        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /      裏切り者・売国奴に情けをかけては
            ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ
  r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/ 〉、    いけませんぞ!
.  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./ /Oヽ
    乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./ /  j:7
      /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  //O_{/
.     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//O_{/
    .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//O_{/
.  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./O_{/ ̄≧ー‐:.、
.      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|  \  || ||||||i:.ヾ\{:/:::/::::::::::::::::::::ヽ



――― 実際に裏切り行為を働いかどうかは重要ではなく、疑いをかけられたらそこでアウトである。


.
881 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:28:20 ID:RkbVc.eQ0



――― そして宮廷での混乱だけでなく、もっと深刻な事態が目につきはじめた。


     経済の疲弊である。




::::::::_;l__;;_l:::ヾl_」__l;;;!;_;l_/_」;;___|_i__|_li_:::::::::::::::::
::::::::::::::__l`:::::_| 、_;;rl_,,lニ'!'´⌒''lri、;;_l,,i__l_|_:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::|_::\_l、L,ゞ_k‐"´       .~`ニi、/yI_|_::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::_、_ニ,:'´l'´             ~、;i !二l_|´:::::::::::::::::
:::::::::: :::::: _,,.|.l´           .._,_n_,_ `|.|,,_,,,_|,,_,,.,|:::::::
:::::: : : :: __,|_.,_|.|         ..,- ''`/ ll ヽ`|.[_|__|,,.:::::::::::
:::::::::::::::::: :: :__|.|         `''─--;ii;--::|,|_<_;l_::::::::::::::::::::
:::::::::|__|_|,|          .∩.∩||.  |.|,;_;,__!__,,.|_::::::
:::::::: :: ::___|.| ,,、_,._._、 ,,_∧   .((エ),`,||.  |.|_,l__|_,,:::_::::::
::::::::::::.. _|_,_] |,;'ヾ_,,.._、.(#゚;;-)   | つ0   .|.|_、,i.__;;:__|_,,.::::
i-‐‐::i┐__.,,|:|,;i~i#;;;-;i':~ `J  . |  |   . |.|,_|,;___:: ::: ::::: ::::
|l旦l;;|z|_|_|:|\|;_;、_;;;__;#y!  ..:U´J    .|'|___i;;__,,i_:::::::
|l丱l;:|lI|_____|.| ::: ::: ::: ::: ::: :::  :: ::: :: ::   |.|_,|__|,_;;::__::::::::
|l爿l::|k|_|_|」 : :: ::: ::: ::: ::: :  : ::: :: :::.   .l,|;、_|__|_;_::::::::
|」HLl,/      ::: ::: ::: ::: :   :: ::: :: ::::::..... 、   '
         '      ..,  .::::: :::: :::: :: :::  ,; -~。'‐、 ~
  "   、,            ::::: ::::: ::::: ::::::   ~'-‐'ヾ、ノ




――― イヴァン4世は即位してからずっと、戦争を繰り返していた。


     長引く戦争は兵を供出する貴族だけでなく、それを支える農民たちの負担でもある。





                                    ∩_,,,    ( ゚(ェ)゚)
 ヽ ̄/∩,,,   ヽ ̄/∩,,,   ヽ ̄/∩,,,    ヽ ̄/∩,,,,  と(*゚(ェ)゚)廿 /:;:;つ、
 / \( ゚(ェ)゚)  / \( ゚(ェ)゚)  / \(゚(ェ)゚)   / \( ゚(ェ)゚)  |‐--、;:つ (;メ:::;| \   ハハ__ハハ__
 ヽ_(;:つxl   ヽ_(;:つxl   ヽ_(;:つxl   ヽ_(;:つxl  / ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄|    ー-ミ ゚_')゚_')
  ~(;:メ;:;:;:|     ~(;:メ;:;:;:|     ~(;:メ;:;:;:|     ~(;:メ;:;:;:|. |‐○‐|  (ニニニニニニニニ) ノ " ノ
    (;:/´l;:ノ       (;:/´l;:ノ       (;:/´l;:ノ       (;:/´l;:ノ  \_/-------´  || ̄>^||´>^||
""" "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ ""



――― 負担に耐えかねた農村では、農民の逃亡が相次ぐようになってきた。


.
882 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:28:52 ID:RkbVc.eQ0


  |////////|       |/////////`´ -' /_////>======x|/////
  ',///////∧       !////////  };   /:::::::::::::;::::::::::::::::::::::::..ミム;:..、
   \//////∧  _.....zzz|//////_ノノ/::::::::::::::::/::::::::!:::::::::::::::::::::::Vハ::ヽ
    \/////∧////..=-───-ミ:/:::::::::::::::/::::l::::::::::|:::!::::::::::::::::::::::Vハ:::’
.       \//////: : : : : : : : : : : : /::::::::::::::::::/::::/|:|::::::ノ:::|:::::::::::::::\::::メ}:::::’
       /: Y// : : : : : : |: : : : : : :/:/ ::!:::::::::/|:::/ .|:|/::|:::|\::ヽ::::::::::ヽ::::ヽ::::!
     /:/:/'/: : : : : !: : :八: : : : :./:/{:::::|::::::/__|/ ノィ::::::| ::!  i_:_i__:::::::::i::::::::|::l
     ,:./:.:|/: : : : : : |: :/  \: : :.|:{::|:\!::::'  ! ̄ ||:::::::|`" ̄j::ハ:ト;::::::|::::::::!:j
.    レ': :/: :.|: : : |: ハ::{, -─-ヽ:.:N::|⌒:|:::|`:.,圻心ヽ!ヽ:::! ィ圻心ヽ} }:::::|⌒!:|ノ
    /: :/|: :.:|: : : |::| ヘ!     ヾ!: :|\ハ::|: :.}弋:::リ  ヽ! 弋:::リノ ノハ:l) リ/!
.   /: :/: |: :.:|: : : Ⅴ _,ィ圻!ヽ  |: ; ィ≠Nハノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   }!ノ         場面キリカエダヨ
   /:.イ: :.:|: :.ム、: 八<弋)r'リ    |/  ::::::|: :ハ    `        /ミ彡;ィ≡
 /´ ;. : :.|:.;'ヘ |\: :\ `¨´      '   !: : :.}ヽ、  、__     /ハ乂/::::::::::
    /: : :人ト、 l : :\: :\:::::::    __   ノ}:}: :j ,/:> .    . ィ,ノ゙iト从!:`ー-─
.   /: : : : :/: :/弋: : : ミー-`- (三 -' /Vソ }ノ/::::}i≧x T_´z=x、 |;'ヽ、:::::::::::::
  /: : : : :/: :/: : :.\:_:_:_:゙彡.._    /ヽ::::/;/:::::/(三ニ}弐ニ三´ ノ};';';'弋ニ=z、
. ノノ: : : :/: :/: : : _ノ ` \   /Τ__  !/;';'/:::ノ/|三人 ヾミリ/ |;';|川ハマソ;'
./: : : :.// ̄`゙⌒ヽ.  rzzx<´_/三{   !{;';/__/ `ヽ'⌒ヽ_...´   |;';|川;'ハ/;';'
: /: : :ノ7      ``\ )三ニ}弐三:{ ! ||/´  `    _,        /;';';';';';';ハ;';';'
/: ノ´:/         ゝミУ  ```゙-' .{      y '´     ヽ }~~^ノ-;';_;'
ノ:::::::;'                 ノ    \    / ,...--.、    У;';';';';/;';';';';';'
:::ヽ:/     , ,       \/       i\ .j//////\__/;';';';';';';'i;';';';';';';';
::::::\     /-v        `ヽ     j// ヽ///////;'´;';';';';';';';';';';'/ ̄ ヽ
:::::::::::ヽ  / /       __   ’   /|火´__!////;';';';';';';';';';';';'/
::::::::::::::\/:{ {    , - 7///,\  } ,..ィ///!∨!|//,/;';';';';';';';';';';';'/
:::::::::::::::::::|:∧.ヽ ///////////>'//////ノ;';ヽ|/;';';';';';';';';';';';'/


              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □


.
883 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:29:24 ID:RkbVc.eQ0


――― さてリヴォニア戦争だが、リトアニアに加えてデンマーク王国が参戦し、

     1560年4月にサーレマー島(エーゼル島)を領有。


     その1ヶ月後にはスウェーデン王国がタリン(又はレヴァル)といった北部エストニアを占領した。



       ミ ̄:::─-、
       {::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄ ─ -、_ -─::ァ
       ヽ::::::::::::::/´ ̄     、 ー、::::::::::::}
       ´ ',:::::::::::/  /     ヽ  ヽ::::::::'
     /   ヽ:::::/  /  /     } 、  ',:::ノ
      /   У  /  /  , イ  ! ヽ  V      このへんは現在の「バルト三国」なんだけど、
     レ   ./    !  / / / | メハ  ヽ ハ
    / 、_ ノ    {  ハノjノ イ j .} i  }  ヽ    名前だけ言われてもサッパリだろうから
  /ィ /`ーイ   { | /ィぅ卞ミ jノ jノハ イ  トヽ
 / /{ {   { {   Vjノ`弋り     仞ァノ } }jノ    地図を見てね。
. jノ  , ハ  ヽト、  ゝ :.:.:.:.:.:     り {jノ ハ ,'
    ヽハ ト  ヽ>、 ヽ       '::人//リ
       jノ ヽ ハr}!`ー`    ` ´イ}ノ´ ハ       赤い線で囲ったエリアが旧リヴォニア騎士団領よ。
         jノノ `ー、__f≧=-≦j::ハ:: ハ }
       , '⌒`ヽ    |!!ト、jノjノノ  } / jノ
      /  , ─‐-ヽ  .j!|  }ト、   jノ        ttp://cdn.uploda.cc/img/img504cd2f238af6.gif
    .  { /   ヽ ヽ_云、 .!!  ヽ
      ! {     \トヘ:_::{`   ! }
      |ヽ!      ヽ  }::|   |ハ
      | ヽ      \ |:::ヽ ィ´ヽ }

                                       ト 、         /ハ
                                       |/ハ         ////,}
                                       |///}        |////|
                                       |///|. -‐…‐- .|////
                                       |,/        \/
                                       /               ‘,
                                     ′ ト、 __   l| l __    ', ‘,
                                     l|   ! \   | }へ.   }|
         外野のハイエナっぷりがパネェ…         八  | ┃ )ノjノ┃ }  八 |
                                     \{        厶イぅ } |
                                      人    r‐..ュ  u .__,/  |
         国境線が確定する前に     .           i≧=‐r‐v‐=≦ヘ   !
                                       |  /::|:Y^V´:::{:::‘,   ‘,
         取れるだけ取っとけってやつダナー。           | ':::::|::|::::|:rz:‘,::‘, 人_ゝ
                                       Ⅳ::::::|::|::::|:::|:::::‘,::‘,
                                           {:_:_::|ー――‐‐ヘ:::::::〉 /し、
                                        ー' |__厂| ̄\___`し'/《 ノ
                                            Y⌒i⌒Y⌒V\//乂
                                              ゚。 |  ‘,  ‘,
                                                {__ノ   \__}

.
884 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:30:13 ID:RkbVc.eQ0



――― かくしてリヴォニアの騎士団領はモスクワ大公国とリトアニア、スウェーデン、デンマークに分割された。

     ここからは現在のバルト三国である、旧リヴォニア領の争奪戦である。




          /: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ
        : : : : : : : : : {: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : :ヽ: : ヘ
         /: : : : : : : :{: :ハ: : : : ヽ: : : ヽ: : : : : : :ヽ: : ヘ : ハ       何としても対モスクワ包囲網は防がないと!
.       /: : : : : : : : |::,' ': {: : : |: : : : ',ヽ: : ヽ:',: :!: : : }7 ハ
       : : : : |: : /:/!:{  ',: !: : :',ヽ: : : ', \: :',:ヽ|: : : :}7:} }
      |: : : : |: : |/ |::|   ,!ヽ: :', \: }_,ィ_ヽ}、::| : : : |::: :|ゝ
      |: : : : {: : | ≧ミ_,{ \{ `¨Vイ:c、ヽヽ|: : |: :!::: :|\     南のクリミア・汗とは講和!
.       /: : :!: ヘ: :', 〃r'c、`   ゛   {:i:::::ハ  |: : |: :|:::: :!
     /, イ: ト、:ト、{'{:i::i::}       弋_少  |: :,'|: :|::::: |
   〃ヽ/ |: : ヘ: :',\ 弋少       /i/ハヽ |: :,:: : }:::::|:!      それからデンマークとは友好条約を、
   {  V |: : ::::\ヽ、/i/ハ    '        |: ,::: :,i::/!リ
   ヘ  ヽ、、: ::::::人`       /二二ヽ      .イ:,!:: /|/ |′        スウェーデンとは休戦期間をもうけるわよ!
    ゝ、  `ヽ、::l::{:>     {    }    イリ!ハ://
    ノ、 ヽー  ヒ‐-、::::::Vヽ> ヽ--- ' イハル′///
 //  }  } r―‐ ヽ }ヽ7 \ `ー _ イ /、
.( .〈  |  ヽ ー- __レ }`丶、   //_ イ  `}ヽー-- 、
  ヽ ヽ )ヽ_ )ー´ /  ヘ:::::::::ヽ、_//, -‐――' '-,  / ハ
   ヽ _)、\_ /   ヘ::::::::::y':::::}_::::::::::::::::::::/  /  |




                 __
           ___,. <     > 、
           /_, / /  ィ ハ ヽ  、fj=ミ       エー
.        ≠フ. /ィ / ./// j/  ', ト, ',  ゚ ,  ヽ\
      -=彡' 〃 l , /レ'r匕   ト-V∨ ∨ .∧ヾ、   スウェーデンの奴には北部エストニアを盗られたんだよ?
      _/=‐ィ>' ∨}'  ◯     ◯  }l  ト,',、 ',
        />' ! ,  /| ,,,,      ,,,, リ|/ |Ⅵヘ|    本来なら全部ボクのも―――
.     /, '  |ハ i {.ト、        ,. ィi| ,' ',ハ j          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
       ∨   //.Ⅵ ,r≠≧=号=≦レレ' j/|:i ',ハ         <                           >
.           //  ヾ,'::{:::::::}==大==}___,.r-、 Ll |::|         <  欲張らないで下さい!          >
         |:|    {:: i::::::::∨/|l>i´ Y{  }   |:」        <                          >
         ヽ_,. ィ:::::::i::::::::::: ̄:i:::::| ./∧イ             <  ナルヴァが手に入ったんだから     >
         ,. <:::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::}':____j'             <  バルト海航路は問題ないですって!  >
.      /:::::::::::::::::::::::/-≧====y'                 <                         >
                                       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
.
885 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:30:45 ID:RkbVc.eQ0



            , '" : : : :/ヽ、.: : : : : : :`  、
          / . : : : : : { : : : `: : : : : : : : : : ヽ
         /  : : : : : : : :; : : : : : : : : : :'. : : : : : \
.         ′   /  . . ::ハ: : : : i: : : : : : : : : '.: : :\
      i  . : : :′: : : :' ′'.: : : :!: : : : : :i: : : :}: : : :'.:.ヽ         これで敵はリトアニアだけに絞れるよ。
        l  : : : ; : i: : : :リ   '. : :'ヽ: : : : 」_: : ;’: '.: :ト 、:ヽ
        | :′.:i: : l: : : i{ __,. -'",: :'.\": ! `メ、: : i:ⅰ  `
        | ; : : l: : : ; : :lリ    \::'.   ヽ!V ':: : !::!           最初で最後の攻勢のチャンスと思ってね!
        | i : : !: : : :' !  ___    ヾ   r =x !: : | l
        |:i l : : !: : : : ハ{ ,r ⌒ ミ           !: : lリ
        |:l!: :l: : : :ii  "         丶  ヽヽ !: : !             っ_
.      从 ’: :l: : : :i{  ヽヽヽ r---ァ     ィ゜: :'          / // __
         '.: :'.: : : :ト个  _    - '  イ : !: :,′         /  -v'´'´, ´     特にタタールなんて
.        ; 从 : : :| ノ r」 ==` 、 -zイ ,′,: :/        ′/ / / ‐っ
.          ヾ \ iヘ ノ       Ⅹ ∨__/ 厶         l   .′  r '´     いつ講和を破棄するか分からないわ。
           _  ヾ´ \     {{ }} ノ::     ` 、      l    }  ′
.        /        `> ‐-ゝ-- く        '.    j   ノ  ノ
.        ′      /   ,  '" ̄ヽ ` 、     i    /ミ:.、  く
      '     ...:/   /        \ `  、::::::::::l  /  ` :::==ア
        i::::::::::::彡 ’  /トr-v-- r1 ̄ハへ  ` =彳v′     {





             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::_,,,,,,_ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/:::::::::[| l |:::::::|::ヽ、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/--=‐| l |:::::::|::::ハ        上出来よ、ヴィスコヴァティ。
.     .'::::::::::::::::::::::::::::::::;イ/´ ̄ ̄ ̄| l |:::::::|::::::::ハ
.       ':::::::::::::::::::::/:::::::/:/:::::::::::::::::::;::| l |:::::::|`ヽ:::ハ
     .l::::::::::::::::::::イ::::::/::/::::::/::::::::::/:i:| l |:::::::|`ヽ}::::}
      .l:::::::::::::::::::i:::::::/:/::::::ノj:::::::;イ:/l:| l |:::::::|::::::.}::::}       ツァーリはちょっとぶん殴ってやりたいけど、
      .l::::::::::::::::;イ::::/:/// ./:;// .l:| l ヽ;;;;|_:::::}::::l
    .,'::::::::::::::/:;i::/:/イ亦卞ミ  ´. ./.| l  |.|::|:::::i::::i
.    .'::::::::::::::/:/i:::::l ト-,シ′     | l  |.|::|:::/::/        リトアニアを倒してからにするわ。
.    .'::::::::::::::::;イ、{:::::l            | l  |.|::|//
   /::::::::::::::::/:/>l:::::l        ,    .|_.  |.ゞ:ゝ、_
  ./::::::::::::::::/:// .l:::::ト、    _     |l l゙l | iイ゙l´l`i   ジャキ
 /::::::::::::::::/:/`\l:i:::l \    ̄ _ ,. |l l_l |゚, |:i_| .}::l
./::::::::::::::::/:/   ヽ::l‐-=,^ー-≦:;;//^|l l_l | .l::'| }::},,.
'::::::::::::::::/:/ー=、  ヽ  ii iiー--<_.´ | ̄´ | .,fニ{ lし/⌒Y^y-、
::::::::::::::/:シー-  `ヽ、 `  ll ll゙\  ヽ, .|  .三| {;;_;;l  V  ./ ./  /--、
:::::::::::/:/    ̄`ヽ\,  ヾヾ, \  .l..|  .三| {;;;;;{        {:::::::/i
::::::::::/-―===、  ``\      }.  .└i  ニ| .``.|       .i::::::l:::l
::::::;イi       \   .ヽ,   ,l  .゙l ),r-亠、/∧        .l::::::l:::l
/,:: l           l\   ∨,>lv.、 .´i¨   i_i i      ./;;;;;;l;/

.
886 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:31:18 ID:RkbVc.eQ0



――― 1563年、モスクワ大公国はリトアニアを直接叩くため、ポロツクを攻撃。

     他の全ての国々と講和を結び、国内の動員可能な兵力を総てつぎ込み、5~6万の大軍で攻め込んだ。




::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`



――― なおポロツクとは現在のベラルーシ共和国であり、

     キエフ・ルーシ時代では「ポロツク公国」というルーシの領域だった。


.
887 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:31:51 ID:RkbVc.eQ0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


             /         ゚。
         . .           {   .    \
.          /. .{        ∧   l|       ゚。
.         . . . {     |  /    八 _」_            なんかさー、キエフといいポロツクといい、
       i . . {     .斗 /⌒  ∨   |ハ   |
       | . . {     |/ 斗-ミ \{_」_ }  八       リトアニアの領土って旧ルーシのが多くない?
.         !. . {     Ν/ ん(     ん.V
          . . 人   | {{ Vリ    vリ ん′
          }. . { \  |   , , ,     、 , ,{
          }. .人〔k\〉         __,   八          ポロツクってあれだろ、番外編2話で
          }. . ./.`¨¨〕iト     ´    /
.        } . {. . | . .__}   .                 ゼロのルイズが公女役で出てたとこだよナ。
.         } . { . .|. /...........‐-..l〕爪, {
          . . . {.__」く.............。.8.ハ..\ {
       / r<___彡...\........o/.{{∨.二ニ=┐  →ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335777689/335-344
.      / /⌒丶...............`¨¨´....{{.................. |



                                                __  _ ミヽ
                                         ミ`:::、 ,.. ´   `´ `ト:::ヽ
                                         ミ::ヽ:´>´     、 く::::',ハ、
  ルーシがモンゴル帝国/キプチャク・汗に征服された時に    . 人:::/ /  .!  、  ヽ ヽj::}ヽ
                                        / ::7 i {  jハ ! 、 ヽ  ヽ 、}
  リトアニアに多くの領土が取られたからね。      .        ' イ::/ イ ハ ,イ  ! }  ヽ:::ハ  ハ ヽ
                                        リ{ ::{i /jノ イノ -jノヽハノヽ:}  ! ヽ \_ _,
                                         ゞjハrぅテ  ´う卞ァ  jノ  ト-'ハー‐´
                                        / ::ト:代ソ   弋り'  ./ :::jノ! ハ }
  そして後の帝政ロシアではまたロシア領になるけど、     .  {人_..ゝ `      ∠ _イ:::::jハ} ノ
                                          jノ`ト ..´`  _....:::' jノ、_:r=く ´
  だからロシアの歴史教科書では                 .     ヽハ::≧r=f>  {ソ:::::,r⌒ヽ
                                             { 辷}:!ソ  _〈{::::ムノ  }
  「ロシア史として」 リトアニアの歴史も学ぶのよ。     .         l {!:::{` ´/´:::f'´   ,
                                   .          ! }:::、ヽ/::::::::!   ,
                                              l ,'::::::ヽ::::::::::::l   ,'
                                   .           !{::::::::::、:::::::::::!   ム

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
888 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:32:24 ID:RkbVc.eQ0



――― このポロツク攻略戦では、クルプスキーは前衛軍の司令官を務めた。

     この地位には通常、もっとも有能な司令官が就き、またもっとも危険な激戦区でもある。



                                             ヽ- ヽ      i `-'   `-'   |  / / /'
                                            ゝ、     へ 、 i           ̄   / i!
                                               >   /   `'            /// i!   ,.
                                          -=ニ、   i\                <、 _i!<
                                                ̄ _>    _          >´  i!
                                                r 、\    f   ’.        <   >i!、
                                              <   Y  ,. -‐- .,_  k          ̄三ーヾ
                                                    ゝ  ! .f | (  ) | -            ニ=
        _                                       _,,...-‐.) ', |ムー - ‐j           r-‐―
     , ::::´:::::::::::::`:ヽ      _                    _,..-‐'"´   _,..- ' ´  ̄ ̄ ̄           二ニ=-
    ,:´:::::::;:== = =::::ヽ    .(  )             _,..-‐'"´  _,..-‐'"´, <  ) ヽ               i
    ,'::::://:::::/i:::::::i:::::ヽ::::::',  , -六         ,.-,‐ ^f~`´   _,..-‐'"´  -´¨    i/i `ー '7             ∧ i
    i::::::::::::::ri/ヽ/i/ヽi/i _.f ¨´ k _ j   _.r‐´ f  i  i  ソ ´              /´/ /7   ,、   r fヽi \
.   i::::;;i:::::::i ― r‐-f´i 乂_,_,‐ニ-‐"´  i  乂 乂 ソ ´                  フ >/  r-' N  N \
.   i::::;;i:::::::i f匕ソ.L, -‐ ¨´i { /i_,..-‐'"´ ヽ_ム / ̄ヽ                     / ̄ / /    i i
.   j:::::;':::::;'   r ´i  _,..-‐'"<   _,..-‐'"´ r/ rニ、 ヽ                   /´         i i
 .,.´ ̄,  .f ^´ i_,. -'"´    i, -‐- '´      //    ヽヽ                           ∨
..! ニ./ ./   ><   !  ,.! .!-f'        //      .ヽヽ
::i  /  / 、, -― = ニ、__i,> ´ ∧ハ       .//       丶丶
::i ,' ./ /   ,f -='、 ∨  /^/     //         ヽヽ
::i .i /i// _,.. - ' xrf^´ヽ `-∠/     //          ヽヽ
::i `r `^´i;;;;;;;;;;;;;ヽヽヽ ノ、_.`>‐-、     //            ヽヽ
::'. {    \;;;;;;;;;;;;`ーf;;;;;;;;/´   .i   r//               ヽヽ
:::::ヽ`--――`ー- "`ヾ;;;;;{     !   / /                ヽヽ



――― そして包囲されたポロツクは無条件降伏した。

     この時がリヴォニア戦争における、モスクワ大公国の絶頂期といって良かった。



  → 地図はこちら ttp://cdn.uploda.cc/img/img504cd2f238af6.gif
.
889 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:32:56 ID:RkbVc.eQ0



――― この戦勝に自信をもったイヴァン4世は、

     デンマークとスウェーデンの王に「誹謗と嘲笑」といってよい手紙を送った。




          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /



            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                    |
            |  テメーなに横入りして  |
            /  領土ギッてんだよ   /_____
            /  アホ!ボケ!    /ヽ__//
          /  カス!死ね!   . /  /   /
          /  おまえのカーチャン   /  /   /
         /  でーべーそー    /  /   /
        /             /  /   /
      /   偉大なツァーリより /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


.
890 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:33:39 ID:RkbVc.eQ0



――― デンマークの使者は、この手紙を王に渡す決心がつかなかった。

     スウェーデン国王は、黙ってこの屈辱に耐えた。



          . /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.ミ:.. ,
       ‘ ,:':.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:\ :
       . /:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ .
      : /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:人:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ハ ;      ツァァァァァァァァーーリィィィィィィィィィーー!
       .:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.: ̄/ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.',:.十‐:.:.',:.:.:.:.:.:.:.
      . i:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:./     V:.:.:.:|:トハ:.:.:.:}:.:.:.:i:.:.:| :
      , |:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:z=====ミヽ:.:.ハ| z==ミノ:.:.:.:|:.:.:} ;
        : ',:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:./c((___))   V   ((___))|:.:.:.:.}:.:.:′      ちょっと何やってんすかぁぁーーーッ!
        ヽ:.:.∨ハ:.:.i ー v┘     ーyイ:.:.ハノイ/ ,
       : V:.:.:ゝ、从  |!   __   リ:.:.:.|:.:/  ‘
         ,: 从:.:.:.:.:.:.八. ;j   ` ー ´  l!:.:.:イ:.′ ,       せっかく休戦協定結べたのにぃぃぃぃぃぃ
         ‘.\:.:.:.:.:.:>。、      イ:.:.:.:ハ{ :
           : )ノ\ト __} `辷二「__从ノイ  ;
         ぷ      : 「 ̄ ̄} 厂 L   __
          る   ; 〉__| |―┐/ニニ}―  , ぷ
             , ―― /ニニニYニYニニニニヽ  \ :  る
        ぷ  /     |ニニニニ 人ニニニニハ   ヽ ;
           る :/      ヽニニニニ} {ニニニニ/    }



――― というのもデンマークとスウェーデンの両国はリヴォニア争奪戦をきっかけに

     外野席で戦争中だったからである。(1563年、北方7年戦争)


.
891 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:34:22 ID:RkbVc.eQ0



――― モスクワ大公国の外交はこのように、冷静な計算ではなくツァーリ本人の傲慢な性格に引きずられた。



           _..x-───‐-- 、
       ,ィ>'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ:、
      ,ィ/          __ノ }
     ( (_  , -‐    ̄` <≧ィ'′
      >'   /        }`丶
    ,∠.._/   |' /   /, ,イ 、  、ヽ
    /7⌒)}   |/l_//// | }  } ハ
.   //  〈(    f´{∠ `Vノ ,ノイ  ,' l ハ.       リトアニア大公に断固として要求する。
   ′  /:}|  l |'斥云ミ    个v′ }}リ
  {   ,' ||  | | :辷ソ    左ミ、 /,/
.  '. | |  ||  | |       にノ/ /:〈
   V' | ∨|  l|ハ_   r- 、′ ,厶イ |ハ         西ドヴィナ川より東はぜんぶ
.   ∧ | |!〔  ト、卞、 l ノ  ,ノ }| }:|ヘ}
  / ハト、{| |>{、ヾ、> , r<:}ル'/イ |弌:、       モスクワ大公国に明け渡すんだ!
  // ,r<| |   \ __,Z]〕ヽ.リ__  レ′ i |
/'´  {   L|  《 ̄匸 ̄汀≧=ミ、   | |.
     ヽ   `ヽ`===彳||ヾ㍉__)}   l j、
.      \    \  |!! \ヾ:、\ //       (※西ドヴィナ川の位置には先程の地図を参照)
         \    ヽ. | ||   }} }] Ⅳ
        {\   \!.||  d} |[ / j _
         \\   ̄`l| `ン}}_ ||/,イf‐┴



                                 /   厂         : : : .
                                /    |.   l         : .\
                                . :    /  |:   |: . l: : . \    ヽ :.
                              / . : : : /l :/ |: : . |: : :.|ヽ: : : .ヽ   |≫l
                              .: :.l : : :/ |/  |ヽ: :|\:」/\:: :.l   |≫|
  ツァーリ、                   .    : : | : :/` |≧ー' ∨ ` ヽハ仆;\|:  |  |
                              |: :l: :///;ハ       |l しリ  |:.  :|  |l
                              |: :l: :.|  l:しリ        `¨´ //|::  :l :八
  そんな相手が呑むわけない条件じゃ     ノ:八: :ト//`¨   ´__       |:: . / :/
                             /', : 〉ヽ、      ' ⌒ヽ   /|:: //           ヘ
  まだまだ停戦できませんよ!           ∨ヽ: :> .    ー─'  . イ ///           ⌒l \\
                                 \: : /: :>ー┬  ´_|_/           | (\ | │
                                  ∨∨/厂Y厂 ̄ ̄ ̄L./⌒ヽ       (\ ヽ \/
  長引いたらクリミア・汗が攻めて来ます!  .   / ̄厂 ̄`ヽ┴/ ̄ ̄`//      \    (\\\〉 l
                               /   /      L丿⌒    l/    ` ー─ヽ  へ \〉  /
                             /    |    //| |\    |│       //〈     /|
                            〈    人_///| |│ \_ノ人       / /| \ / /ノ



――― リヴォニア戦争は25年にもおよぶが、長期化の原因の1つはこの「悪癖」で

     軍事的に優勢になっても外交で終戦するチャンスを逃したからである。


.
892 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:34:58 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてこのポロツク攻略戦の後、もっとも活躍したクルプスキーにとって

     耐え難い出来事が連続して起こった。



   nn          n ∩   ∩   nn          n ∩   ∩   nn          n ∩   ∩
   UUノ゙7___に二二l U ||  ∪   UUノ゙7___に二二l U ||  ∪   UUノ゙7___に二二l U ||  ∪
    く/ `アi′     くノ  ○    く/ `アi′     くノ.  ○    く/ `アi′     くノ  ○


:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::



     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|       みんな戦勝に湧いているけど…
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|        なんで私はユーリエフに左遷なの?
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|
        l::::::::|`ー'、        , -   ....:::::::|:::::::::|        自惚れるわけじゃないけど、手柄はたてたつもりよ。
        |::::::::|:::::::::>- __      イ__:::::::::|:::::::::|
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノノ}::::::l:::::::∧
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ (__::/::::::∧:ヽ、
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ

.
893 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:35:36 ID:RkbVc.eQ0



.    /:..:..:..:./:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:..:..ヽ:..:..:..:..:.丶:..:.\
    /:..:..:..:..:./:..:..: |:..:..:..:|:..:..\:..:..:..ヘ:..:ヽ:..:..:..:..:..:..:丶
.   /:..:..:..:..:..,':..:..:..:.|:..:..:..:|ヘ:..:..:.丶:..:..:'.:..:.ハ:..:.:.:.:.ハ:..:..:.\
   }:..:..:..:.i:..:.|:..:..:.i:..i:..:..:..:|:.|ヽ:..:..:..ヽ:..:.|:..:.:.!:..:.|:.:.:.:|:.:.:|\ヽ
   |:..:..:..:.l:..:.|:..:..:.||∧:..:..:|:.i__.\:..:..:..:..:|、:.:.|八}:.:.:.:}:.:.:|  `\
   |:..:..:..:.|:..:.|:..:..:.|l ハ::.:..|リ    \:..:..:| Vリ  |:.:.:/|:.:.|
   |:..:..:..:.|:..:.|:..:..:.|i   j:.り __,   ヽ:..| fラ゚灯|:./:.:|:.:.|        べ、べつに左遷じゃないわよ…
   |:..:..:..:.|:..:.|:..:..:.| 斗ャえ゚「^    丶 ヒr.ツ i/ |:.:| i:|
   |:..:..:..:.|:..:.|:..:..:.| 込ぅ_.り         ´、、. i:.:| |:|
   |:..:..:..八:..:..i:..:.|  ¨´、、、、      ′   八:| l:|        ユーリエフの防衛任務だから。
  ノ}:..:..:..ヘj:..:..}:..:.ハ.   u       _ 、    ィ}:.:.:.l j:|
. /八:..:..:..∧:..:.i:..:.:入               /:.:|:.:./.ノ′
    ヽ:..:..:.ヘ:..:.',:..:..:|:..>         ィ:.:/:.:.:.|:./
    丶\八:....ヽ:..|f^ト-、___    ̄ j_人:/|:.:./j/
       ヽ:\:..:.:.:V      ゚̄「「./ / |:.//            でもツァーリはリトアニアに内通して(と疑われる)
         __\:.:.V`>-、_  }ll { __j/__
       _,..へ=ミ\}--─‐‐≧t=t':::::::::::::::::}            それで処刑された2人の貴族と、
      /     }::::::::::::::::::::::::::}::::}:::::::::::::::〈
.     /       \::::::::::::::::::::/Ti^}::::::::::::::人、           あなたが知り合いなのを疑っているわ。
    /           }::::::::::::/} } } \:::::::::}  |i
   /       ヽ   \:::/l::::| j i  ヽ/i 八



:::::::|::::|:::::::,<  |  |:::::::/   !  |:::::/       |::::|::::::::::l:::::::::|::::|::::
:::::::|::::|:::::/ `¬‐-弌∠_ | j:::/      }::::!\:::::!::::::::|::::|::::
:::::::|::::|/ ,__   _   `   }/    __ム/_斗匕:::::|::::|::::
:::::::|::::|  ´ ̄〕ラヮ‐-=ニミ     ′   ̄    /    ヽ| \|::::|::::     その2人はポロツク攻略で活躍した
:::::::|::::|   、弋人//ノノヾ        彡ニニ≠┬=弍、  〉/:::::
:::::::|::::|    `ー=-‐                { 八//ノノ   //:::::::     とくに有能な軍司令官よッ!
:::::::|::::|                          ー≧ー='"   /イ:::::::::
:::::::|::人                             ヒノ::::::::::
:::::::|:::::::::::....           ’               /:::|:::::::::::
:::::::|::::::::::::::::::::::....        __             /::::::!::::::::::     必死で戦って手柄をたてても、
:::::::l::::::::::::::::::::K  l 、   ´    ̄`         x<::::::::::::|:::::::::::
::::::::l:::::::::::::::::::| \|   >  _  ...  -=≦イ::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::     濡れ衣で裏切り者呼ばわりされて処刑なんて
:::::::::l::::::::/ ̄ {   ‐-  _   _   -‐ '  ト、::::::::::::::::::::/::::::::::::::
::::::::::l:〈/   \     ー、 Y ,一   ´/ ノ  ヽ‐-―/::::::::::::::::     ありがたすぎて涙がでるわ!
:::::::::::∨     \      } l {     / ´    |::::|i /:::::::::::::::::::
:::::::::::::ヽr‐  ̄ ̄ ̄` - r――┐ ‐ ´ ̄ ̄ ‐ - |::::|/::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::|     __ {     }  __    `ヽ/:::::::::::::::::::::::::

.
894 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:36:11 ID:RkbVc.eQ0



三三三イ三三三三 |:::::::::ヽ三|\三三ヽ三三三三三三!
三三三ハ三三三イニ!:::::::::::::\|:::::\三/三/、三三三三ニ!
三三ニ/::ヽ三三/lニ/:::::::, ≦三三三 /三/ニト、三三三三|
三三/:::::::::ヽ三/::l/:::::::´ {i  l  l  /三イ三| ',三三三三|            …で、私は何の褒美も賞賛もなく
三イ::::::::::::::::∨::::/::::::::::::::つ ゝ_ノ /lニ/三ニ! l三三三 /
',三|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` `===l /l三ニ,  |,三三三,  _            ユーリエフに左遷ってわけね。
 ヾ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l三 l  /l三三三l/  l
',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|三, /三!三三,/   !\
;;,:::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::         |三l_/三三',三l    |三\
ニ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          |三l三三三、三!    |三三\       ここってつい3年前に、
三',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,      /l三|三三三',三!     !三三三\
三 ',:::::::::::ー_――― ニ '     ,.イ/三,三三三三',;l     三三三三      アダシェフが左遷された末に投獄され、
三三:::::::::::::::::: ̄ ̄        /ニ/三/三三三三三、    ',三三三三
三三.、::::::::::::::::::::::      ,.イ三三三/三三三三三三、   ヽ, ´`',三三    そのまま獄死した場所よね。
三三 ヽ> 、     _,.. イ  |三/三/三三三三三三三',   /   ヽ三
、三三',    ` ー ´ _, - ''"´ /三/三三三三__人-三ニl  /      ',三
|、三三', `  ー ''"´      /三/三三三三三 ) (-、三,| /     ,  l三    私にもそうなれ、と?
| 、三三、   | | |         /三/三三三三三/ー:.:、、::ヽ'     /  - 、
}  ',三三',.   | | |      /三/三三三三三//:::::::::::ヾ、/    / /
\ ,三三',   | | |        l´     `ヽ、三//:::::::::::::::ノ  , //
  \,三三',  | | |   , / `ヽ、_      ∨ {:::::::::::::::{、 _´ノ/






 l//l///////!/// l///l|:::::::::::::ハ:::::l ',::::::l:::::|::::::::::::|::::l
 |//|/// |//-!//‐-!//、 ',:::::::::/ ,:..l::::l-―、::l、::|::::::::::::|:::,
 ',//!/// |/::_l//__l/:::::::::l:::::/:::::::l::/__リ ',::|::::::::::::|:/
  、/|////!::' ト-'::::::ハ`:::::::::l::/::::::::::/ト-':::::ハ ` `!::::::::::::!′     戦争なんだから、劣勢な時もあるわ…
   ,!////!:::::込二ソ::::::::::::/  ::::::::込二ソ  |::::::::::::|
   l|////|:::::::::::::::::::::::::::::::::::,   :::::::::::::::     |::::::::::::|
  ,/|////!:::::::::::::::::::::::::::::::::::           |:::::::::::,|       そのたびに裏切り・内通を疑われて処刑じゃ
  l/',////l/::、::::::::::::::::::::::::::_ _       ...:::,.イ::::::::::,::.
  |//、///l///>:...._:::::::::::::::    _ .....:<:::/:::::::::/::::.      私たちは何のために戦っているのよ。
  |///',//| ///////l> . _ . < |::::::::::::::::/:::::::::/::::::::.
  |////、/!///////l\::::::::::::::::/.| : ::::::::::/:::::::::/::::::::::l

.
895 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:36:46 ID:RkbVc.eQ0



    ///|/////|//ハ////l//l//////! l,:::::::::,、:::::::l:::::::::l:::::l
    l//,!/////|/,/-‐l///-l/ハ/////リ-、:::::リ-',::::::|:::::::::l:::::l
    |//|/////|//:::::::l//:::::l/l ,////   l::::/  ヽ:::!:::::::::l::::!      忌々しいのは、追従者のバスマーノフよ!
    l//|/////|/ィ 云ニ=-,、:::::  ,/,/ ィ -ニ云,-、l:::|:::::::::|:::l
     ,/|/////,|  辷z__ソ     ∨   辷z__ソ  l::|:::::::: |::,
    }/|/////|::::::::::::::::::..  ..::::::'            l:|::::::::::|:,       あいつはツァーリの猜疑心を制止するどころか、
    ,//!/////l:::::::::::::::::::::::::::::::::::             l:!:::::::: |::,
   ,//,l/////,l:::::::::::::::::::::::::::::::,_-_、        l:l:::::::::::!::.       自分が取り入るために煽り立てて
   ///|/////,ト、:::::::::::::::::::::::::::::::         /:!:::::::::,:::::.
   ,/// ',/////!/>:..._:::::::::::::::::::::      _..:<,::::::::::::l:::::::,      そして無実の人間を断頭台に送り込んでいるわ!
  ,/////,/////l//////,ュ::::.::::::::::.   . ,.<::::::::::,:::::::::::::,:::::::::.
  ///////,//// l////,-┴―-、=, -´- '-、::::::::::,::::::::::::/:::::::::::.
 ////////:,////l////三三/,ニYニl l三三|::::::::,:::::::::::/:::::::::::::::.
,//////////,////l///三三l l三 | ニ!|三三|::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::.





                             //, イ//////// \
                       ///  ∨/,O/// \/\
                       fヽ //     V/O//    \/\  イ       なに、前線で奇襲を受けた?
                      .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
                        /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.
                    ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧     ツァーリ、それは内通者です!
                ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧
.        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}
.        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i     軍の作戦内容を知っている者が
.        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /
            ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ     怪しいですぞ!
  r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/ 〉、
.  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./ /Oヽ
    乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./ /  j:7
      /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  //O_{/
.     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//O_{/
    .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//O_{/
.  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./O_{/ ̄≧ー‐:.、
.      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|  \  || ||||||i:.ヾ\{:/:::/::::::::::::::::::::ヽ

.
896 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:37:25 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてポロツク攻略から翌年、モスクワ大国は更なる勝利を目指してリトアニア内部に進むが、

     そこでリトアニア軍に徹底的に叩きのめされた。



                        \
\     ギャアアアアッッ!!!!     \\    ヒィィ
 .\チューン               \     \     \
   \        \         .\チューン  ・ ∩_∩ .\チューン
    ・        .\チューン       \∩,,,∩ (・(ェ)・;  \\   ∩,,,∩
              \ 、,.λ∩ ゲフ  ・ ´(ェ)`;) i   i’))   \  (;゚(ェ)゚)
     グボア,,, 、,.,,,,.,,,)  ノ・;;(#゙;;(ェ)゙),,, ∴、/ /  、ノ⌒;;,、,.、,.   (、.,,,.,,.,,つつ
  <@;;, (メ_;;。#)@;;';;@)(@∴U(゙p;`;,)ξ;,と@;, (、0;'。#)っ@)~ と´#;;メつ#!i;-゙)っ
     "'`''"";""゙'";;'""∵""''"""゙'"       ~;゙`'゙゙;''∨""     "'`;"""∵∵`'



――― リヴォニア戦争が始まって以来、リトアニア軍の初めての本格的な大勝利である。




      /:::::::::////////////////\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,::::::::::////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::.
     ,:::::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::l、:::::::::::::::::::',:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::.
     ,:::::::::イ::::::::ハ::::::::::::::::::::::::l 、:::::::::::::::::l:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::.
    /:::::::::,::::::::/ l::::::l:::::::::::::::::|  、::::l、:::::::::!::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::l
    ,:::::::::::::l,::::::l  ,:::::|,::::::::::::::::!   ,::l ヽ:::::l::::::::::::::::|:::::::::l:::::::::::|       ━━┓┃┃
    l::::::::::::ハ::::::|  ',::::! 、:::::::::l::|   、:! ∨::|:::::::::::::::|:::::::::|:::::::::::          ┃  ━━━━━━━━  ┃┃┃
    |:::::::::::| ,::::ト、 ,:::l ',::::::::l:リ   ,斗 、::l::::::::::::: |:::::::::|::::::::::          ┃                  ┃┃┃
    |::::::::::l  ,::::! \::!  ,:::::l | /___:|::::::::::::::|:::::::::|::::::::::|                                ┛
    |::::::::::|――_― リ   、:::!   , ´ `ヽ !::::::::::::::!:::::::::!::::::::::!
    |::::::::::|  /´ `ヽ     }リ   {     } |::::::::::::::|:::::::::|::::::::::|
    |::::::::::|  {   }         乂__,ノ│::::::::::::|:::::::::|-‐-、!
    |::::::::::|  乂__.ノ          ─── |::::::::::::::|:::::::::|   }
    |::::::::::|、 -──             |::::::::::::::|:::::::,   /l        どこかのバカが
    ',:::::::::|::}                  |:::::::::::::::イ::/__,ノ:::l
    ,::::::::|゚ゝ。゚ 三≧  ゚'ゝ ≧        |:::::::::::::リ|:/::::::::::::::::::,        有能な軍司令官を次々と粛清するからよ!
     ,::::::-== 三      ≦。       |:::::::::::/ l/:::::::::::::::::::::,
    . ,::。::l -=≦        ,ァ-"  _, < |::::::::/-./_:::::::::::::::::::,
 ゚ ・ ゚。  三<      、,Jト '' ´ _,./   !:::::/    `ヽ、:::::::::::.
        ,:≦ ッ     ッV´≧ ̄       l:::/        \::::::.
      。 ゚ 。 ミ´ 、、 ハト・。゙i ゚。        l/          \

.
897 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:37:57 ID:RkbVc.eQ0



――― すると南では、クリミア・汗が講和条約を一方的に破棄した。



                 ,;;
                 \                      |\               ;;,.
                   ヽ,                   |  )            ,/
                                         | (
                                 ,;;     |ヽノ
                                  ヽ,    | (      /彡.
                                         |ヽノ    、-〈巛.
                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ          ヽミ彡/
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ         /|  iヽ
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=       o,|   ||ol.
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ  /〈|`‐' |〉
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) / c|、____, |っ へ
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ   | 川リl |  ,;' ).
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|      ヽ |ー| / / (ヽ
 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ      ノ ゝノ ゞ
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   /ゝ /ゝ
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //
    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /       /
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /     /
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // / // /
_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:''   _,..:'  /   /  //  / /     /  /  / /




           , '                     ヽ
          /        _               ヽ
         /         / \          l  ヽ  ヽ
         |   ,   /  /       | i     |  l  |
         |  /  /  .|        |  |    l   |  |         どーすんのよコレ…
         |,,,,/r=-<   |   ,   i  |  .|    lr',´ | |
         /,.. ィ'  `,,ヽ, |   |     .|  .| l   ,|/__ | |
        /r//  /  `ヽ、  | |  |ヽ .ト  .| |   レ,ヽ}| |         もうリトアニアと全面戦争なんか
        /ィ/  /  ,. r-、}  | 、|、 | l .| ヽ | |   |_  | |
         {'    '´ ,ィ、 }  | .`-t--|‐'ヽ| |  ,|/// |          やってる余裕ないわよ。
         ゙、      <-しヽ .|  V_,. ---っ |  r_,/ ,l,{
        .,r'ヽ     ゙、.`  ヾ}  ゛'   ;;'| .|  / /i /リ`
      ,/  ゙、     ゙、   '       ;;.| |  /r-'´ ̄`ヽ、
   ,r --'´   ,. -,>,     l _______,..    ,' |.i  |        ゙、
  ,/     / ,r/ `     ノ- '、ー―`', -, '´リ|  /l        ゙、
  | ヽ  ,. r'´  ヽ    ,/ ヽ  TiT'´  /__| / |         ヽ
  |  r/     ヽ  ,.イ, -―--=、,!!!r‐'´` ̄  ,/<|| /        `ヽ、
.
898 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:38:34 ID:RkbVc.eQ0


           ,.....::::::: ̄ ̄::::::.....、
           ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
       ,.:::::::::::::::,//7//7//7、:::::::::::::::.
      /:::::::::::/::´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,::::::::::.      この敗北はとてつもなく大きい…
      ,::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::、::::':,::::::::::.
     ,::::::::::::/::::::イ::l::::::::l:::::::::ト、::::::l:::::l:::::::::::l
      i::::::::::::l:::::/ !:::l,:::::::!::::::::| ヽ::l:::::|:::::|::::l
      |::::::::::::l"7ーl--、:::| 、:七''´ ヽ:::::! :::|::::|     クリミア・汗と講和してようやく全戦力をリトアニアに向けたのに…
      |::::i:::::下云ニtォ ヽ! ,ィニ云アl::l:::::|::::|
      |::::l:::::::| 弋zソ      弋zソ /イ::::::|::::!
      |::::|:::::::|:,           u   .,':|:::::::|::::|      そのクリミア・汗が講和を破棄した今、
     ,::::::|:::::::|:::.、. u   '    , イ::|:::::::|::::|
     /::::::::,::::::',::::::>_ . ´` . _<::::::,:::::::,'::::::.     また兵力を南方に割かないといけないわ…
.   /:::::::::::',::::::',:::::{//ハ `¨´ ハ//}:::/::::::/::::::::::.
   /::::::::::::::::',::::::l/ ////Y ////`/::::::/:::::::::::::::.
.  /:::::::::::::::/l::::::l//////,.| l/////::::イ//`ヽ_:::::::.
 /:::::::::://///',:::::l//// /|∧、 ヽl////////r-,:::::..




                _
            ,...:::::::::::::::::::::::....、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ,.:':::::///7//7//7//l:::::::::..
         /:::::/::::::,::::::l:::::l::::::::::: |::::::l::::.
        ,::::::イ:::::::l:::::::|:::::|::::::l:::::|::::::|::::l         対リトアニア戦の完全勝利はここで無くなった、
        l:::/::!:::::::|:::::::!:::::!:::: |::: |::::::|::::|
        |:{l:::::,::::: |:::::イ,:::ハ:::::|:::::!::::::!::::!
        |:ハ:::ハ:::イ!::/ リ ヽ:|:::リ::::::|::::l         そう言ってもいい敗戦だわ…
        |! }::::::リ l/     ヽ:从:::lソ::|
        | ,:::l::l:、         l:::|::: |
         ,::::|::|:::.、  -_っ , イ:|: |::::::.
          / :::|::|/7` 、ー, ´///,|:::|、::::::.
         _/<,|:::|//////∧////,|:::|l レ\__       ツァーリのことだから、司令官たちの責任を問うし
      /:.:.:.:.:.:|:::::,////イ/l ヽ///::://:.:.:.:.:.:.}
.      /:.:.:.:.:.:.:.|、::::,/// /∧  l/:::://!:.:.:.:.:.:.:l       敵との内通も疑いにかかる…
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lト、::./ / l/l /イ:///:.:.:.:.:.:.:.:.:、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l//\/l !/l /イ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l////,| |/l////:.:.:.:.:.:.:.:.:/
      ∧ 、:.:.:.:.:.:!////| lY! l//,':.:.:.:.:.:./l:::::::.
     /::::, \:.:.:.l/// | l |.! l//:.:.:.:./ /::::::::::,
     /:::::::',  \|//:.:.| | |.! l/_,:./  ,::::::::::::::::,
.
899 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:39:07 ID:RkbVc.eQ0



   l:::::l::::::::::::/,.-/////////-―――- _/////!:::::::l:::::::::l
   |::::|:::::::::::,//////:::::::l:::::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::ヽ|::::::::l::::::::|
   |::::|:::::::::::|///:::::l:::::::::|::::::::::::::ハ:::::::|::l::::,:::::::::l::::::::|:::::::,           私は間違いなく疑われる!
   |::::|:::::::::::|,イ:::l::::イ::::::/l::,:::::::::::l  ,::::||:|,:::l,::::::::|::::::::|:::::l
    ,:::!:::::::::::!::::::ハ:::l l::::::l |:::l::::::::::|  、::lリ 、::,ヽ:::|::::::::|゙l::,:\
    冫:::::::::::|::::/ l:::| |:::::| l::ハ ::::::リ 、_リ_,..ヽ:jヽl::::::::::,!:!::::::\
   /:::|:::::::::::|::/ -リ-ヾ::l‐リ' l::::::/    __,..., |::::::::::,/::::::::::::\        戦場で死ぬのは恐れないけど、
  ,/:, -l::::::::::::イ _,...ニ`   |/   ,イ  _,.ハ l::::::::::':, ̄:.:`ヽ、',
 /イ:.:.:.:.,:::::::::::l 下-、_ハ          弋_,.(つ'  ',:::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.\       犯罪者として断頭台か獄死なんて
/ :.:.:.:.:.:',::::::::::l 弋っ>'     ,       リ  ∧:::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:__`ヽ、
-、:.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::ト、  i|               /,.イ:.:.:l::::::::::!:.:.:.:/  ヽ:.:`!}    あんまりよ!
  \:.:.:.:.:.:.,:::::::::l:.,>',。 _    r_―っ _,. イ´//:.:.:.:.l:::::::::|./     \/
   \:.:.:.:l:::::::::|:.:.,/////`,vr ―--<-――'、:.:.:.:.:.!::::::::|
     ヽ:.:|:::::::::|:.,.- ''"´ ̄ ̄T⌒T´     {:.:.:.:./!::::::::|





                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ
                            /:::::::/:::::::::`ヽ、:::::::::::::::::::::\::::::::::::::::.,
                           ,イ:,::::::::::::::::\:::::::::\:::::::::::::::::::::、::::::::::::::.
                            /:://-――-、_\:::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::,
                        _/:/::l:::::::,::::::::::::::: ̄:::、::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::.
                    ーニ二_,イ::::::!:::::::、::::::l:::::::::::::::::':,::::::::::::\:::::::::::::::::::::::l
                        /::,イ::::/,::::::::l:::::ト、:::::::、:::::::':,:::::::::::':,:\::::::::::::::::::l
   …逃げるしかない!   .      ,:::/ l:::/r/ヽ‐、-、_、`ヽ、::、:::::l、_:::::::::ヽ::::\::::::::::::::.
                        l:/ |::{:〉' / / / }:.、ー- '、´!l:::,、:::::::::、:::::::\::::::::::\
                        |   ヽl{ ´、 ,   〈!  、__ッ'|::l ,::,:::::::::',:::::::::::\::. 、:::`ヽ
    さらば、我が祖国。            /::ヽ      ',/// ゚̄ l:/ l::ト,:::::::l::::::::::::::.\:::::::::::::\
                         /::::イ,`--、   }     |!゙ ,.l::| ヽ::::l::::::::::::::::::::\:::::::::::::ヽ
                    二ニ=-ニ - '´::/!   `ヽ/ ー=っ !,.イ !:!//!:::l//`ヽl:::!::::::::\:::::::::::.
                        _,..- イ/:.}--、   /:...、 __,..イ゚ //イ///,::l////l:::l/ヽ、:::::\::::::::.
                    _,.../_,..-:.:.:.:.://///\/:.、/|///,V∧,//////.,リ////イ ´ ̄`ヾ、::::::::::.
                        l:.l/`ヽ////////:.:.:.:://, -‐,-,_///////////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::l
                       l/   \/////:.:.:./  //ヽ ヽ///////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                       /      \/:./  / / /l ト, ∨/////:.:.:.:.:.:




――― 1564年、クルプスキーはポーランドへ亡命した。


     一般に理由は敗戦の責任を問われて処刑されるのを恐れて、とあるが…

     すでにリトアニアと寝返りの交渉をしていたとする説もあり、詳細は不明である。

.
900 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:39:40 ID:RkbVc.eQ0



               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
     ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//     クルプスキー…
        { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
      Vi `i   {i     _'_    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi          無能なだけではなく、
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!.              本当に裏切り者だったとは…
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/         |  ツァーリ、             |
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/          |  ポーランドから手紙がきてます >
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ               \_____________/
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ




――― そしてクルプスキーは、亡命先のポーランドからイヴァン4世あてに手紙を送ってきた。



          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /     氏  ね      /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

.
901 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:40:27 ID:RkbVc.eQ0



――― 世に言う、「クルプスキーとイヴァン4世の往復書簡」である。




三三三イ三三三三 |:::::::::ヽ三|\三三ヽ三三三三三三!
三三三ハ三三三イニ!:::::::::::::\|:::::\三/三/、三三三三ニ!           「かつては輝かしく、神に祝福された君主よ。」
三三ニ/::ヽ三三/lニ/:::::::, ≦三三三 /三/ニト、三三三三|
三三/:::::::::ヽ三/::l/:::::::´ {i  l  l  /三イ三| ',三三三三|
三イ::::::::::::::::∨::::/::::::::::::::つ ゝ_ノ /lニ/三ニ! l三三三 /            「今日では悪魔のごとき狂気に侵され、
',三|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` `===l /l三ニ,  |,三三三,  _
 ヾ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l三 l  /l三三三l/  l          良心も腐り果てた君主よ。」
',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|三, /三!三三,/   !\
;;,:::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::         |三l_/三三',三l    |三\
ニ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          |三l三三三、三!    |三三\
三',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,      /l三|三三三',三!     !三三三\     「いかなる不信の徒であろうとも、
三 ',:::::::::::ー_――― ニ '     ,.イ/三,三三三三',;l     三三三三
三三:::::::::::::::::: ̄ ̄        /ニ/三/三三三三三、    ',三三三三      これほど堕落した暴君はあるまいが、
三三.、::::::::::::::::::::::      ,.イ三三三/三三三三三三、   ヽ, ´`',三三
三三 ヽ> 、     _,.. イ  |三/三/三三三三三三三',   /   ヽ三     今私の言うことを聞くがよい。」
、三三',    ` ー ´ _, - ''"´ /三/三三三三__人-三ニl  /      ',三
|、三三', `  ー ''"´      /三/三三三三三 ) (-、三,| /     ,  l三
| 、三三、   | | |         /三/三三三三三/ー:.:、、::ヽ'     /  - 、
}  ',三三',.   | | |      /三/三三三三三//:::::::::::ヾ、/    / /
\ ,三三',   | | |        l´     `ヽ、三//:::::::::::::::ノ  , //
  \,三三',  | | |   , / `ヽ、_      ∨ {:::::::::::::::{、 _´ノ/



――― 過激な弾劾で始まるこの手紙は、

     武勲ある軍司令官や功臣を、濡れ衣で粛清したことを厳しく批判した。

.
902 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:41:02 ID:RkbVc.eQ0



       /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      /::::::::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::/::::::::/:::::::://///7-、_::::::::.
.    /:::::::::::::/:::::::イ::::::::/::::::::/:::::::7-、ヽ、::.      「ツアーリよ、汝は何ゆえにイスラエルの強き者を滅ぼし
   ,:::::::::::::::/::::::/:::::::::/::::::::/:::::::イ:/l:::::::ヾ、!:.
  /::::::::::::::/:::::,/::::::::::イ::::/::::::,イ:::/:::::|:::::/:::::l::l      神が授けられた軍司令官をさまざまな形で、
  /:::::::::::::/,::/-,::::::::::/:!::/:/:::::l:/l:::::::|:::/::::/::::!
. /::::::::::::/:::l rl:::::::::,イ,l::/、::\::::l'::::!::::イ:/::::/::::::|      死に至らしめたのか。」
/:::::::::/:::::::::∨::::::イ::! l:トzソォ,::::::::::::!:/::l'::::/::::::::,
::::::/:::::::::::::::::}::::::::,l::l ! `::::::::::::::_/::::l::イ::::::::/
/:::::::::::::::::::/ ,::::::/ リ 、   :::::::::トソォ/:::l:::::::/
::::::,-、////\!::::/、   、\_  ` ¨´イ::::::::/!        「汝はなぜ、神の教会で司祭が儀式を行っている最中に、
:.:.:.:.:.:\////l:::/、 ヽ   ̄    /:::::::::/:::::l
:.:.:.:.:.:.:.:l l///l://∧,_ `ー::..--::':::::::::::::/::::::::l         勝利を得た司令官たちの聖なる血をさらに流させ、
:.:.:.:.:.:.:.:l l///l////l///!::::::::::l:::::::::::::::/、::::::::.
:.:.:.:.:.:.:.:l l//////l l{_}-、 \::::l::::::::::/ \::::::.        教会の敷居を彼ら殉教者の血で汚したのか。」
:.:.:.:.:.:.:.:l l/////l:.l l`ヽ、\ \!:::/   / ! 、:::::..
:.:.:.:.:.:.:.:l l/////l:.l、ヽ ヽ \ >    l } \::::::`ヽ、


(※ 「イスラエルの強者」…ここではロシアの諸侯、軍司令官、貴族のことを指す)



        /:::::::::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::////////`ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::/::::::::::::::::::/::/:l:::::::::::::::`ヽ',
      /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::,'::::::::::::::::::/::/l:::!',::::::::::::::l:::::::.
      ,::::::::::::::::::::::::::/::::::::::,::::::::::::::::::/::/::::!::! ,::::::::::::::l:::::::..
      /::::::::::::::::::::::::/::, - 、'::::::::::::::::/::/:::::::l:リ l:::l::::::::リl::::::::.     「汝はなぜ、汝の成功を祈る者、
    /:::::::::::::::::::::::::〃/ヽ:::::::::::::::/::/ \/:::::l::l:::::::/::l::::::l、:.
  /::::/::::::::::::::::/:::::l イ{/ ,::::::::::::::/イ/ ̄ん、\::l/!:::/::::,!:/::!:      汝のために命を投げ出した者に対し
,/::::::::/:::::::::::::::,:':::::::::! l, ,:::::::::::::,イ: リ   ト-' ソ`::::l::/_,../リl:::l
::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::.`ヽ!:::::::::::::/   `ー  :::::::::/,/!/:/:l:/!      拷問や迫害、処刑を行おうなどと考えたのか。」
:::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::/ヽ、!:::::::::::,'             {ソ:::::::::::,'
::::::/::::::::::::/::::::::::::/::::::::/ |:::::::::::l     , -- 、  `::::::::::,
:::/::::::::::::/::::::::::::/::::///ヽ!:::::::::::!    {:.:.:.:.:∨ ,イ:::::::::/
:/:::::::_,-'-――''"´ヽ////,l:::::::::::ト 、     ー ' ,.イ/::::::::/       「正教を奉じる者に
:::::/ ̄`ヽ      ∨/∧:l:::::::::./!>  _,..イ  /::::::::/
::/      ヽ     ∨//l:ハ、:::::,//     l::| /:::::イ/         背信や魔術や悪習などの濡れ衣を着せ、
´ 、      l  ,-――――{/ 、::.     l::!,/::::://
          -ォ-― ''"////,\     |:/::/           そうまでして、光を闇に変え、甘いものを苦いものと
          / /´ / /\//      // '
         ` ´  / /  l l     /::::.              呼ばせようとするのは、一体どうしてなのか。」
            //  | !    イ::イ:::l
\         //    | |   /::/!:::|

.
903 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:41:35 ID:RkbVc.eQ0




      「彼らキリスト教徒の指導者は汝の前にいかなる罪を犯したというのか。」



      「彼らはわれらの父祖が臣従していた驕れる国々を打ち砕き、

       汝の前に服従させたではなかったか。」   (※カザン汗とアストラハン汗のこと)



         ,_,,            ,、
    、       ''         、くヽ、、            ,___,,,,,
-‐'''""            、    /'`_いヽヽ 、.        `  ''''’
ミヽヽ         ,-ー 、. ||  /' / ///=ミヽ`、
`  /\.      ヽ -=}.|| /'  ,'=/ミ/ヽ/ 、.X i\
 X ri \     ノ ヽゝ'_.||    /  /_ー=ミヽヽ  ヽ             ,,,,-
 ( ヽ    ヽ   /⌒/= 7<||   /  ノ ヽ`  /\,‐' /\   ,,,く,ヾ-‐''""
/\ \ _ソ . /=/|  |:l.||-...__/≡ー=ミ  X ri \,,,,-く,ヽ'''"",、 ヽ、ヽ
   `‐'      ゝく  ̄"(に}   ー=ミ    ( ヽ    ヽ //|. /__\ l'K) ,、
           /"'''''''"ヽ \ー=ミ   / \ \ _ソ \ ヽノヽ) ソ////__\
    _,,,..----.._/___|ヽくlー=ミ\   /  / `‐' .,、   `、//=l//ソ ヽ/__\
彡三ミ  || .   |ヽヽミ彡ヽ |    ̄   /   /__\  /( /(く/、x) ヽ ソヽ
...ヽ ===========|   `r く) |========〈    ノl o ハ  /=/|7⌒/ /=/ヽ ヽ
ノ |\    ヽ   |\__|‐l |/|    ヽ 人,,,,-‐ー、.    へ    ヽ \  /て ̄
..丿 ヽ    ヽ  ヽ   ヽ 〈  |   ,、  \   _ \ /__\   ソ⌒ヽ / / ̄
ノ  く) \    ヽ‐-、\ ノ つ/  /__\  \''' ̄ヽ ノ_ソ_ヽ   (彡ミミヽ<
ヾヽ    \   |     ̄ ̄   ノヽ) ソヽ   \  /|     |ヽ  ヽ/⌒ヽ/

.
904 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:42:07 ID:RkbVc.eQ0



      「ドイツの堅固なる都市は彼らの働きにより、神から汝に与えられたのではなかったか。」


         (※ リヴォニア戦争では初戦で20もの都市を制圧し、
            スウェーデンの横槍が入った後もナルヴァの港はずっと維持していた)




              ,-‐-、            (.,;;;;;;;;;;;;)゙,;;;;; ::;.:;");; :... :..       ....;;;; :: ;; :  :.. __
.         ,-、   /  IIヽ             ノ.,;;;⌒ヽ;;;;;::;;;); ::; :┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
        く  \ ノミノ゚,、゚),===========i,=..:::;;;;;;(,;;; ::,;;; ;;)",;;;:,;;; |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
        /∠◎ヽ≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ .,;;; ;;;;:;;;;;;;; ;): ;"':; ;;;;  ::.|┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
    (⌒ヽ ノミノ ・ ),===========i,=..:;,;;;;;;;.);;;;;;;;;;;;;;:':; : _ヽ   : └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
    ヾ Δ≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄.,;;;;;;;;;⌒;;ヾ;;;;;ノ,;;;; ノミノ ・ ),===========i,=..:;;;;;; ':;,;; ;;;;;└┘;:: ,;;;:::;:......
    ノミノ丶),===========i,=..:;:;;;;;;;;);;;;;.;.,;;;;':;.;"':; /≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ ̄ :;;ヽ;;;;:";"; ;;;;;;;;;;);;;::";;::; ;;::;:...
   /≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ ̄   :;;;:ヽ;; ノ゙_ヽ ;"  ヾく彡ノ]    ,;;;⌒ヽ;;::;;;;;;;;;;("':;,;;; ;;;;; ;;: : ::.. .
   ヾく彡ノ]`‐‐´ヽヽ ヽ |     ノミノ ・ ),===========i,=..:::;;;;;;,;;;;;;";"(,;;;;;;;;;;;; ;:;;,;;;:)゙:;;,;;;,;;;: ::..
   (  ◆ ) ヾヽ > / `っ   /≡/ ('-、っ' ̄ソ ̄ ̄ ̄     : ;;;;:;;;;;;;;;;;ノ':; ;;;; ::;.: :::;::...
  ∠≡∧≡ヽヽ ヽ |   ̄     ヾく彡ノ]`‐‐´くソ  ,、ヽ / く.    :;; ヾ;;;;;;;; :";";";":.:;;;;:::...
  くソ ノヾヽ > / `っ        (  ◆ ),--、  ̄  ヽ' `ー-'     :;; :: ."; ;;;; ::;.:; ;; :..
   | /   ヽ |   ̄        /≡∧≡ヽ/ >               "::;;::::.."
  ノ )   / `っ          くソ  ,、ヽ / く.
   ̄     ̄ ̄            ̄  ヽ' `ー-'




      「これに対し汝は哀れな我らを、一族諸共滅ぼすことによって報いたのではなかったか。」



        =ニ二二ニ=
       ,  -―- 、
    /⌒Y /  、   ヘ ヽ
.  ,イ  /l i!_/iハ!Tトi、 N. |
  i/! i /! | l/r=、 r=、i/.!ハ!       おまえ疑わしいから死刑ね!
    iハi! レ‐ト、''┌┐''ノレj.i! i!
    i! i! l  ‐、ノ)ー<_  i! i!       おまえ疑わしいから拷問して追放ね!
    i! i! .`ト.イy 〉-、:i、i. i! i!
    i!   |`ー ' ̄ ::::::}|    i!
    i!   |:::`ー:::::::ー'.|    i!       武勲?なに自惚れてるの?
       ./:::i三`ー' _ノ
      /:::::::`ー' ̄ヽ

.
905 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:42:39 ID:RkbVc.eQ0


                                               ,.......-――..-
                                             ,‘=ニ三三三≧= 、::::::::`ヽ
                                           /'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ|::::::::::::::`
                                         ,.'::::::::::::/::::::::i|::::::::ト: : : :ヽ:::|::::::::::::::::::::ヽ
 「私は一切を奪われ、                            /: : : | : /!: : : | | : !:| |:::::::::::!::|::::::|:::::::::::::::::ヽ
                                        /: : : :,'::::! .i:::::::!__i:::|::!-ヽ ̄:|:::!::::::!:::::::::.:::::::::::,
  汝によって神の地から理由なく追放されてしまった。」      ,:::::_/|:_:|_ !:::::| ‘,:|__ヽ::i!::!::::::,:::::|:::|:::::::::::::!
                                        i:::::::::{ .!::|! ヽ:|   ''¨万恣拆:':::::/:::::!:::|:::::::::::::|
                                        |:::!:::,|,ィ恣ヽ `    ` ¨¨´/:::::/:::::::, -!:::::::::::::!
 「汝は善に対しては悪、                           ヽ:!::!、 ‘¨´ ノ       /:::::/:::::::::!` |::::|::::::::|
                                        /::::`::{              ,'::::::,:::::::::::,'-'/:::::!::::::::i
  愛にたいしては憎悪をもって私に報いた。」           ,::::/:::∧      _     !::::::::/::::-/¨´:::::::!::::::::!
                                        /:::,::::::{ !ヽ    'ー`   //::::/:::::::/::::::::::::::|:i::::::::,
                                      ,:::::i!::::::!i::::::,\        /,':::,/,':::::/:::/:::::::::,':::!:::::::::,
                                      !::::|!:::::::i!::::::::/|`.. 、 __ oO:´:/:::::::,イ_/:::::::::/:::::|:::::::::‘,
 「神は人の心を見透される。                    |:::::!::::::::|::::::::!/:::::::!::::::| ,:::::://:::::/ニ{:::::::/:,'::::::::|!:::::::::‘
                                      |::::|!::::::::,::::::/::::::::/:::::r'/::::/´:::::/三:|::::/::::::::::::::!|::::::::::::::,
  私は良心を証人に立てて考えたが、      .          |:::::!::::::::i!::::'::::::::,、 -‐!,':::::,::::::::/三ニヽ,:::::::::|!::::::|.i::::::::::::::::,
                                      |::::i!::::::, -―‐ '{  `r.!::::/:::´!,'三三三\::_||::::::| i:::::::::::::::‘
  自分が汝にいかなる罪を犯したのか分からなかった。」    |:::::!/. . . . . ,'/三フ¨|::::!::::::/三/' 三≧ 、ヽ::::! !::::::::::::::::‘,
                                      /!::::i . . . . . . ./ニ//!:::|:::::/三三>'’. . . .¨`ヽi !:::::::::::::::::::::,
                                      /::|:::::! . . . . . .!//ニ/|::::,:::,'≠'.’. . . . . . . . . . . .ヽ::::::::::::::::::::::,
                                    ./:::::!::::|. . . . .//三 / .|:::::::{ . . . . . . . . . . . . . . . . . ,::::::::::::::::::i
                                    /:::::,'.|::::{. . r ´., '三/,'. ./!:::::::|. . . . . ./ . . . . . . . . . . .‘::::::::::::::::::::|
                                  /:::::/| i:::::! ._|/ , `|,i. / ./ .|:::::::|. . . .//. . . . _._. _. ._._._..:.|::::::::::::::::::::|
                                  ::::::::/,:|'.:!:::,!'´  / i. ./_,.'. . レ'|:::i!. . . ., . . ' , -―――_、`!:::::::::::::::::|
.
906 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:43:12 ID:RkbVc.eQ0



 「私は汝の軍勢を率いて出撃し、                                  ___
                                                   ....::::::::::::::::::::::::::::::::....
  一度も汝に恥辱を与えたことがなかった。」                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                               //////////////.ハ:::::::::::::::::\
                                             _,_ィ::::::::::|::::::|:::::::|:::::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::
 「むしろ主の天使の御加護により                /.||. ―‐''''"´ /::::|:::::::|::::::|:::::::|:::::::::|::::::::|::::::::i:::::::::::::::|
                            .         | ..||.      /:::::|:\:::|:::::|::::::|厶斗‐‐‐|::::::::::|::::::::::::::|
  常に輝かしい勝利を得て、汝の栄光を顕した。」      \||.     / |::::|::::::\∨|:/ィtオテ,ォ |::::::::::::|:::::::::::::|
                            lッ、             / .|:::|:::i.__,,    弋:::ソ  |::::::::::::::\:::::::::|
                              \、    /l      /   |:::|::::|゙ ̄ ./       |∨:::::::::::::::\::::\
                               \ヽ、 ∨      _,,,......l...,,, ,l_   _,._-‐_、  ./::::::::: ──  、::\
                                ヽ.. l、     _. γ:::::ヽ ̄ ̄\ .\.`ー― '  /::::/ ̄: : : : : : : : :\:::\
 「私は汝の軍勢の背を敵に見せたことがない。    `- l\.  / /、:::::ノ\   | | |ヽ _ _--''千‐―'''': : : : : : : : : |::::::::\
                                  .゙'く\_从_,.. / / /   \ .| | |.二 /::l ` : :`、: : : : : : : : : : : : :|\::::::::
  逆に汝の誉のために敵を華々しく打ち破った。」     ."=. ィ  /.\    /| | .| ̄/广┴‐ゝ: :゙ー―---- 、: : : j::::::\:
                            __       } ≪、.   \/  .| | .|ニ/'´    -―‐―.ヽ: :\l/:::::::::::::
                             ゙三゙,,、..、     {     /    / ./ .//            /ヽ: :イ::::::::::::::::
                            .     /  -丶'.'''''. :(_ /   // / /         _-‐''´ /: :゙'、|::::::::::::::::
                            ⊿    / ./\.、__.ノ───  ./ / /         ‐'/   /──`::::::::::::::::
 「それもこれも一年や二年のことではない。」 .   / /.//__/   ∇   / / /         ,/   /::::::::\:::::::::::::::::
                              /././ |         /  /././ |/       /    /:::::::::::::::::::\:::::::::::
                             / | .| .|     /  /././、        ./    /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::
                            . γ:::::ヽ__/  /././/  \     ./    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                            ..| .、:::::ノ     /.././ ./  ,/  ゛.''''''     ( :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            . ゙'、.\. ̄ ̄ ̄ ..//. /  _/     __..    _,-' _______::::::::::::
                               \..二二二..'" _.-'_ 「    ̄ ̄      l/: : : : : : : : : : : : : : /:::::::::
                            ___________,,.... .'......::::::::::::彳           \/ ̄ ̄ ̄ ̄/: : : \:::::::
907 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:43:44 ID:RkbVc.eQ0




    「私は生みの親を見る機会も少なく、妻を知ることもなく、故郷から遠く離れ、

    汝の最果ての町にあって常に汝の敵と戦い、病苦を耐え忍ばねばならなかった。」



    「これについては、わが主イエス・キリストが証人であられる。」


          iv'ヘ
          | ;`;|
 . . . . . . . | ;'l:|           i'`'i             、   、"''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::!:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥   . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"..._|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>     ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//:;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._   |_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .   |_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| . . . . . : : . :
';'::'''"       |_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、  |_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;.. |_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:| ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '




               ,...::::::::::: ̄ ̄:::::...、
             /:::::::::::::::::,:::::::::,//7ハ
               /::::::::::::::::::/::::::/´:::::::::::l:::::.
                i:::::::::,:::::::/::::::/:::/_/::::l::l...,...,
                |::::::::::::::/:/::/::,イ,./ュミ|::l::l:::ト、
            ,::::::::::::/:イ::/:イ:/弋(ソ/イ:/:::| ',
            /:::::::::/:::!::l/:l ┃    、イ:|::|      「数々の戦闘において私は蛮人により負傷させられ、
- 、_ ヽ 、__,.../::::,..- 、::::イ::::::::.,┃ っ.イ:::::|リ
、:::::::::::::::_::::::::/:::::/:.:.:.:.:.ヽ-i,、::::::、 ..- ´ |::l:::!        全身これ傷だらけになっている。」
::::: ̄ ̄:::::::::/:::::::::l,. - 、:.:.:.:.:.lニ 、,::::リ:::::l  l:イ:/
::::::::::::::,..イ:::::::::::::::::l'   ヽ:.:.:.l//l ,:::l:リリ、  l/
::::::::/:::::::::::::::::::::/;:;,_  ト、:.:.∨|l ,リ、:.:.:.:l
:::/::::::::::::::::::::::::{;:, ニ  ', ! ',:.:.:./!| ', ',:.:.:|          「だがツァーリよ、
´::::::::::::::::::::::::::::::::l_ニ  |-,_ ∨ l.! l/ 、:/
:::::::::::::::::::::::::::::::彡;:;};',   ,}-=、  /  l/           これらのことはすべて汝には無関係なのだろう。」
::::::::::::::::::::::::::::::{/;:;:  ゝ_ノl/l  \'   l'
:::::::::::::::::::/::/';:    l///l     `   !
:::::::::::::/// l;:{    /`ー'_     l
:::::::/ /  /    l   `ヽ____ノ、
::/     /     !      |/|:.:.\ \        ※ クルプスキーは1550年に軍司令官になってから、
/     ,//!    //l、      |/|:.:.:.:.:.\ ヽ         ほぼ毎年軍事行動に従事している
.
908 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:44:16 ID:RkbVc.eQ0
     \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
   : t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
     .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
   !、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
   ;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
   ;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
   ;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.


  「ツアーリよ、我らがすでに汝によって、罪なくして滅ぼされ、抹殺されたと思わないほうがよい。」


   ;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
   ;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;;;;;;;;;;./  /;;;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐


 「空しい勝利を誇るかの如くに喜んではならない。

  汝に処刑された者たちが主の玉座の傍らに立ち、汝に対する復讐を求めているからだ。」


   ;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   ;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
   ;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
   ;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   ".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
   ;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
   '.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/
   . ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !;;;;;;;;;;;;;;;;;,/      .‘゛ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  '、_./     ..
     .!;;;;;;;;;;;! . l;;;;;;;;;l   ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./ ;;;;;;;;;. /              l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!'゙!     ,゙ 、,, r‐''''~
909 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:44:48 ID:RkbVc.eQ0




  「このかりそめの儚く過ぎ去りゆく世において、驕り高ぶって、誇らば誇るがよい。」



  「汝はおもねりへつらう追従者どもと、クロノスの神官も顔負けのことを行っている。」

   (※ ギリシャ神話のゼウスの父で、血に飢えた巨人)



                             //, イ//////// \
                       ///  ∨/,O/// \/\
                       fヽ //     V/O//    \/\  イ
                      .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
                        /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.        ツァーリよ、
                    ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧
                ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧       貴族どもはみな裏切り者です。
.        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}
.        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i       断固たる処罰が必要です。
.        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /
            ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ
  r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/ 〉、
.  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./ /Oヽ     しかしツァーリ、私だけは
    乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./ /  j:7
      /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  //O_{/      ツァーリの味方ですぞ!
.     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//O_{/
    .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//O_{/
.  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./O_{/ ̄≧ー‐:.、
.      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|  \  || ||||||i:.ヾ\{:/:::/::::::::::::::::::::ヽ




                _____
               /:::::::::::::::::::::::::::..
                ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧、
            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::/::::::::.
           .::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::iノ)ノ)::)
            i:::::::::::::::::::::::/`!::::::::::!`ヽУ     「彼は今ではツァーリの耳に偽りの言葉を囁き、
           ∨::::::::::::::::::乂|::::::::,′ゝ(
.              |/:::::::::::::::/ .!:::::::i  ゛ >      キリスト教徒の血を水の如くに流している。」
            /::::::::::::/  .|:::::::|  ヽ '
           /:::::>-―==‐-、l:::::::l, __ /
          /::::/  ̄`ヽ///::∧:::::!:::|
.      /::::∠_      ∨::/ .,'i::::l::::!        「ああツァーリよ、このような追従者を
.     /::::::::::∨ `ヽ、     .∨ i::|Ⅵ:::|
.   ...::::::::::::::::::,′   \   /.|::| ∨:|         側近におくべきではない。」
.  /::::::::::::::::::::,′  .i. j  \/  .|::| iヾ、
. .:::::::::::::::::::::;i    |./       .|::l j }:}
 i:::::::::::::::::::/     l′      |::|./ 从
.
910 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:45:23 ID:RkbVc.eQ0





   「だがこれについてもこれで止めよう。」                  ._,... -――- ......,_
                                          ,..:'゙::::::::::;:::::::::::__::::::::`:':..、
                                          /::::::::::::::/‐''ニ..-―‐-..ニ.,ー.、:':.、,.. ァi
                                       /::::::::::::::::::;'´::::/:::::::::::/::;::::::::`':、ヾ;'、7/
   「私は汝とともに、                          ,.'::::::!:::::::::::::!:::::イ::::::::::;.'!::/!::::::::!::::::ヽ!:'/
                                         ,'::::::::!:::::::::::::l::/ l::ー-;.'、':/ .!::::::;' !:::l:::::i::',
    わが神イエスの裁きの場に出たいと思う。」    .   ,':::::::::l::::::::::::::!'  !:::; ' ./  l::::/ _!_;'l::::::!::'、
                                       ,'::/::::r!:::::::::::::l ィニ=ミ、   .!:/  l/`l::::;!i:::!ヽ、
                                       ,';.'::::::::!,!:::::::::::::!.《 r':::::l   ./'´ ィニミ、,!::/::i::lヽ/
   「アーメン。」                          ,.'::::::::::::::::i:::::::::::::l.  ゞ‐'     r'::::;!/ノ::::::l::!
                                   ,..::'::::::::::::::/:::::';::::::::::::,       ,  `´i' ';::::::::::!:!
                                  ,....:'::::::::::::::::::::/:::::::::':;::::::::::'、    _      ,! ';:::::::::!i
                           ,.....::'::::::::::::::::::::::::::;:'::::::::::::::::'、::::::::i`i ., __ ,....  ´   ;:::::::::i
                         ,...::':::::::::::::::::::::::::::::::::; ':::::::::::::;:.-‐'ヾ::::::',!_ノl`' ..,_.イ:::;!     !::::::;'
                      ,...::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/ : : : ヾ :ヾ;::',i!'ir、>l: :';:/     l::::/
                     ,....:':::::;::::'::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/_: : : : : :ヾ /`ヾ l'i 、l : :〉     .l;:'
.
911 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:46:01 ID:RkbVc.eQ0




          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ       …この書簡を持ってきたのは?
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !             r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,             |   クルプスキーの従者です。
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',            ヽ_____________乂_
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|      拷問にかけて、奴のことを聞きだせ。
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|




――― この従者は拷問にかけられても口を割らず、最後まで主人のクルプスキーを称え続けたという。




            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

.
912 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:47:13 ID:RkbVc.eQ0


               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
     ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
        { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
      Vi `i   {i     _'_    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ              …誰か、紙とペンをちょうだい。
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ





――――― イヴァン4世は、クルプスキーに返事の書簡を送った。





          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     / 氏ねじゃなくて死ね  /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



――― それはクルプスキーからの手紙とは比較にならないほどの、本にできるほどの長文だった。


.
913 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 22:47:27 ID:CrR7/qJE0
なんか見てると有能な君主に思えなくなる
916 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 22:49:17 ID:4.1jZFnE0
前半生見る限り間違いなく有能ではあったがメンタルが幼少時の悲惨な環境もあって弱すぎたと思う
日本だと大友宗麟とかあたりが近いか?能力はあったが宗教キチで情緒不安定
914 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:47:54 ID:RkbVc.eQ0



――― そこには過剰なほどに聖書や聖人からの引用が散りばめられ、

     明らかにポーランド・リトアニアの宮廷で公開されることを見越した討論状である。



             .   ´  ̄ ̄   =ミ
          ,,´           `ヽ、
.         ,                  ヽ
      /        / /  }       ‘,           これ、やる夫スレが1シリーズ作れる分量なので
.      ,         ′ / ∧ ,′
     / /     / | /|i | ∨    i               部分的に編集して紹介するわね。
    ノイ  i   ハ 斗/-|{ | /ヽト、_   | i   | i
     |{   |  ′Ⅵ′八{    \ヽメ、   | ト、
.     八  | | y'fチ斧  ヽ   x=ュ、 |    |{,ノ \
     / \ト、{ 《弋うノ      "{じ::ハ》|{i  八              r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.      ′  ` ハ            ゞ '  八 , '  ‘,            |  作者は全部読んだノカ?
.    i{   ! `         '        厶イ     i             ヽ____________乂_
    八   |   ヽ      _     イ  |     i|
        \{ヽト、  i>      イ }/i ,  i{ 八
        ヽ  )ノ /\≧≦i){ノ}/ }ノ}/ )′
            /  | | |  |   /)              ごめん、ギブアップしたわ。
      __,,  fi´    ノ | |  ` //   _   /)
     /    ||  /イ:T:rへ / `こ7 _ 厶}//        リンク貼るから興味のある人は挑戦してみて。
.     ′    ヾ/   f⌒Y/    ヽ{ ,へ ヽ∨
     i          !::/     /ソくノ)  , ′         栗生沢先生、貴重な資料の公開を有難うございます。
     |     /7≧x.、  /\   .イ7く /r‐'  /
     | {: /三三ニ/   `くミ三三{ ′ /           ttp://barrel.ih.otaru-uc.ac.jp/handle/10252/1850
     |  Vニニニ/ \     〉三三}___{_           ttp://barrel.ih.otaru-uc.ac.jp/handle/10252/1836
     |   `寸i/      ヽ /三「     |           ttp://barrel.ih.otaru-uc.ac.jp/handle/10252/1820
.
915 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:48:36 ID:RkbVc.eQ0



    「過去のいつの世にも今の世にもあられるわが三位一体の神、

     始めも終りもない永遠の父と子と聖霊。」




                      ./| ̄ ̄|
                       |  |    |
                       |  | .∧_∧
              ____ |  | (  ´Д`)___
           ./ |      ミ.  / (ヽ ./.)ヽ     |
           |   |______ .  (  ,\\i | .____|
           | /____    ヽ、,/\_,,i  彡 /
                    |  | /  " |  ̄ ̄ ̄
                    |  | i   , .|
                    |  | .|  .| .|
                    |  | |  i .ノ
                    |  | / イ/
                    |  | | //
                    |  | | .|/
                    |  |( i |
               .____|  |i し |__
             |\.      \ |し'_|   \



   「我らが生き活動するのはこの方の力によってであり、

    ツァーリらが大いなるものとされ、強き者らが法を定めるのもこの方のおかげである。」


.
917 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:49:22 ID:RkbVc.eQ0



   「正教を奉ずるロシア帝国の専制は、神の思し召しにより、

    ルーシの地を聖なる洗礼によって照らした大公ウラジーミルに始まり…



                      r‐ ' _ノ
             /ニYニヽ     _ ) (_
          / (0)(0)ヽ   (⊂ニニ⊃)
         / ⌒`´⌒ \  `二⊃ノ
        | ,-)    (-、.|  ((  ̄
        | l  ヽ__ ノー┼¬U
         \ ` ⌒´   /           オレ様すっかり聖人だっていう。
        /        ヽ
       /           ヽ          いや実際に聖人だけどさぁwww
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |



   「神を知らぬドイツ騎士団に対し勝利をえたアレクサンドル・ネフスキー、

    ムスリムのタタールに勝利をえたモスクワ大公ドミトリー・ドンスコイを経て、我らに至るまで続いている。」




>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム        この手紙は真の正教キリスト教専制国家からの、
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ       クルプスキーへの「命令書」である!
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ      彼はかって真の正教キリスト教世界と我らが専制国家の
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ        貴族にして顧問官、軍司令官だったが、
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i         今では主の十字架への宣誓を破り、キリスト教徒の殺害者、
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ         キリスト教の敵への内通者である。
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ




                     __
          .  '"´        .
                         \
      /  /
               / /   /        ゚。
    ノイ   |  / / /   }        ゚
     |   斗 /-‐{イ   斗ハ-ミ
     |   /|厶=ミ八   |ノ   V `    |      なるほど。
.    八   |〃 ノ:ハ \{  x=ミ     l|  |
      i\{  弋..ソ    〃 ノ:ハ  八
      |{_l ,,,,,,        弋..ソ  /} /       たしかに敵地で公開されることを見越した文章ダナ。
        圦      ′    ,,,,,, 厶イソ .′
     /      r‐ 、____   ι.
.    /  |  丶 `⌒ ー'  . イ
   /   八 _/l≧=‐-‐=≦   |  l| {
 . ‐= ニ二. ./. . .|      /. ト . | 八{
/. . . . . . . . .〈. ‰.|     /。.゚.|. . .\  {

.
918 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:50:06 ID:RkbVc.eQ0


             _
               /.ヘ  . -‐…‐-  、 x.、
           // ヽY _ '''二二 _ヽノ//} }        クルプスキー、なぜお前はいずれ死ぬ肉体を救うために
             j i   /7´       `丶//
          / ⌒V//          \        魂が地獄に堕ちる裏切りをしたのか。
        〃〃   ∨i ///   / i i   iハ
        ///     ノ //ア二メ./  i ! i  i !
.       ///   / ル〃んハ/   ノナメ  ii∧       お前が信仰ある者ならば、なぜ使徒パウロの言葉に従わない?
       N/  / i i i l ヒ:ン   んハ! // ハ
      //レル'/i 从 i i |'''  r , ゞ'厶イ从 i|
.      //  // ルノハ i 个ト . __ ..イル爪/ }}ハノ       『 全ての人は支配者の権力に従うべきである。
     //  //      Ⅵ仄二ニr'"´ ̄`Y´ ノリ          なぜなら神によらない権力は存在しないからだ。
.    //  //     r‐=≧≦//:::/:.:.:.:.:.:.|_彡'          だから権力に反抗する者は神の命に反抗する者である。 』
   〈/  〈/   ___」{〃jj`ヾ{::〉/.:.:.:.:.:.:.:.|
    -‐== ニ二 =彡く′ jj::::i.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
   (( ____ .. -=r.::i  ヽ〃::/.:.:.:.:.:.:./|           …なぜなら、善いことを行って苦しむのは、神の御旨だからだ。
     ̄ ̄ ̄   |:::.:.、   ∨.:.:.:.:.:.:.:i.:.|___         (ペテロ3章17)
             |:::.::ハ   /.:.:./.:.:.:.:.i.:.:.:ノ.:ノ.:.:.:.:.\
             |::./.:.ト.、/.:.:./.:.:.:.:.:.j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /V.:.:.:ヽ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:>、 ̄ ̄    お前が信仰心厚い者なら、この悪い君主に従って苦難を受け
          /.:.:.:.i.:.:.:.:.)i.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ∨:.:.:/ヽ \
.      /.:.:.:./j.:.:.:.:i丿:.:.:.:.:.:.:.:/  Y厂  \\ \    命を落としても本望だろうに。
.     /.:.:.:.厂/ヽ:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  〃 ヽ    \  ノ>

.
919 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:50:47 ID:RkbVc.eQ0


            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__        信仰心では、お前の手紙を持ってきた従者のほうが
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.    はるかに勝っている。
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ    かの従者は拷問されても、主人であるお前を称え続けた。
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll    お前はこの従者の勇気に恥じるところはないのか?
   〃  ∥ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ∥
  ∥    ∥ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ∥
  ∥       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ∥   だが実際には、ボクが敗戦に腹を立てて発した一言に、
  ∥      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ∥
  ∥      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ∥   お前は勝手に怯えて逃亡したのだ。
  ∥      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ∥
  ∥      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |         もしボクがお前が言うほど邪悪な君主なら、
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.            そもそも亡命は失敗して捕らえられているだろう。
       ,','::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::ヽ
.
920 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:51:20 ID:RkbVc.eQ0



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ       お前はボクが多くの無実の者を殺めたと言う。
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ     お前が悪人を殉教者と呼ぶのに何らの恥らいも感じず、
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ    その者たちが苦しんでいる理由を顧みないのは
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i    どうしてなのだろう。
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j     使徒も言っているではないか。
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i      人が信仰のゆえにではなく、
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i      悪事のゆえに苦しみを味わうとしたら、
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ      その人間は栄光を受けることはないと。
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ





   「神学者クリュソストモスと偉大なる神父アタナシウスも、その教えのなかでこう言われている。」




.            |  |:::::::.:.:.:.:.:.!、;;,丿..........|.  |
.            !  |:::::.:.:.:.:.:.:ڪ.............|  |
.           ,,:┤  l::::::.:┌ー┘ └┐......l  |
.         ィ'.:.:.:.:!   |:::::::.└ー┐ ┌┘.....|  !
          !::::::::::!   !::::::::.:.:.:.:.:.:|  l............l  !      『盗人、山賊、悪人、姦通者は苦しみにあうだろう。
.         |:::::::::::l  .|::::::::.:.:.:.:.:.:|.__」............! l
          !:::::::::::l  |::::::_;;;;;;;;;;;;;;;_::::::|.:.:|       というのも、彼らは神のためにではなく、
        !;::::;;;;;;> ※アメ、_  .//ノ/,ク7ァ┤
          Y´| ; |. |〃、_,,ニ''〃//、/ハ: !'        犯した罪のゆえに苦しむため、祝福をうけることがないからだ』
.           l:.l .::'λ !"`=''"    ゞ='',{:.l
          l:.| ,:〃.!:.゙、"""     ,"" ,!;.|
         !:.l; /'ゝ!、:ヽ    ,..  .ノ!l:.l
.         l:.:|〃!|:.lゞヾ>=┬-;<´|:. !|:.l
.           |:.:!/l{ {::.:..`ヾ;、.__゙ーπi、:.!;'|:.!.|
         !;:!l::!::l!ハ;::::. ヾ、 ̄´_ヾl |,'ノlリ|
        リィ'l|:::|l:!::{゙、:::. ヽ!::.ヽ ヽ\'.:,|: !
        ハ! lハi|:l::ヽヽ::.:. ゙、::.┘└ノ:ノ:丿

.
921 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:52:54 ID:RkbVc.eQ0



――― そしてここから、自分が処刑・追放した貴族や顧問たちが、

     悲劇の忠臣どころか、君主である自分にどんな仕打ちをしてきた悪漢なのかを長々と語りだす。




   「当時はお前も幼かったとはいえ、知っているだろう。」


   「ボクが3才の時に父が死に、われらの母、信抑篤き皇妃エレナはいとも哀れな寡婦となってしまった。」





##################################################

                         |イ:::::/l:::::::::l:::::::::::|::::',:::::;'´!| _x≦彡  !       ≠l:/ミXリ }::::!:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|
                          |/ |:::::::::l:::::::::::{:::从::| 乂≠云` ヽ        ' 〃:_:::ハヾ.|/リ:::::::::{l:::::::::::::::..::::::::::::::|
                            ト、::::l:::::::::::从::{::::ト 〃f::::f^):::}         {:::{ )rう }}:::!:::::;'::::;|:::::::::::::::::::::::: :::::|
                                  \ト::::::::::::ヘ ハ人 { 乂:::rうノ        ゝ==イ ア:::}::::/:::::ノ:::::::::::::::::::::::::.:::::|
    あなた…なぜ死んだの…              \从イ:::::i  .と二つ¨ ....::::::::::::::::::::::....`に二つリ.゚o/.:/,;;j:|::::::::::::::::::::::..:::::::|
                                ,' 'lハハ人.゚o///ij//// , ///////ij//.:/リノ:j:::::::::::::::::::::::::::::::|
                                |; '  ,'.:;小`。   ;l                /;l:ノ :イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    イヴァンはまだ3才なの…               l::(| |い    ゚     __          :; /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                   ゝ:::::l=込.       (   )        。 イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::|
                                /::::::::::::::::::::\>.       ̄        イ.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                               /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\> .         升:l |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::|
                              〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ`v Y`ヽ> -  ≦  /⌒) |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|

##################################################



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム          ボクの母はまるで四方を炎に囲まれたようであった。
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i        リトアニアにポーランド、タタール人どもの侵略。
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j         それどころかは汝ら裏切者からも
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i          あらゆる不幸と辛酸とを舐めさせられた。
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ
.
922 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:53:41 ID:RkbVc.eQ0



   「裏切者らはわが叔父のアンドレイを我らに対し立ちあがらせた。」

   「叔父のアンドレイは裏切者らとともに挙兵を試みた。」



                   __
                , ´    ` 、
                /           ヽ
                    j       °° ',
                r'-、  ,.ィ、  °°  !           ぐえっへっへっへっへ!
                 i:⌒!  /ヾ、 °°,〃i
                ヽヾ、 ハ.  `。., ,.。'´//
               `ヽ   ``  ー:イ            モスクワ大公の座は俺がもらう!
             _,ィソ′ 、.,` ‐ '. イ
          _,. イ   ヘー-ミ、_rニ> ̄`ヽ_          士族や貴族たち、俺に加勢するんだ!
          _,ri!       ヽ: : : : : : : :j    ヽ__
       ノ!: :ハ      ヽ  `ヽ、: :/     /',ハ_
     /  ∨ヽ:ヘ ヘ    ヘ    `  ,.-、∨,ノ: : / ヽ
     i -、_ ≦ヾ、_,.-‐i'    ``ヽ、  .{ 亀 }i___;.イj .._',
    ヽ     /ヽ |  、  ヽ  _ ><.| ̄\  /
      ヽ、  /: : r-'--、_,. -----{,: : :}---ィ´¨`ヽハイ
        `ヽ、/    t!-‐──7:./¨ヘヘ‐-!ノ  ,ノ¨´





                              /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.!:,才´:.:.| ',:{   \ヽ 斗≧=、\:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!/:.|\‐- _
                             .i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.::.:.!:.:.:.:.:.ヽ{ ,≧ヽ \    ´ ト′::::ヽヽヽ:.:|/:.:.:.:.:!:./:.:.:.:|
                             .!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:{.〃fう::::',      {:::::::,--} 以/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.!
                            .',:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:!《 i::::::ら      弋zzシ  ´/:.:.:.:.:.:.:/´ `i:.∧
                           /.i:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:| ` 乂zソ ,     ―‐‐´ /:.:__/:|   !/:.:.:ヽ
                         /  !:.:.:.:.:.:.|、:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.ヽヽ ヽ‐ ´丶         ̄ ̄ ̄ |:.:.:.:.:.|  ./ |:.:.:.:.ヽ_
 夫が死んだ途端に手のひら返して、  / --‐‐ヽ:.:.:.:.:{ ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:./:.:.:.!      _ -、   U      |:.:.:.:.:.|/ __|:.:.:.:.:.:.:.:.
                        / ´     ヽ:.:.ヽ ',:.:.:.:.:.:| ヽ/:.:.:.∧     ヽ‐‐ '           !:.:.:.:.:.!   | r_ヽ、:.:.:.:.
 なんて非道なの!                   \:.ヽ ゝ:.:.:.:|  {:.:.:.:.:/ヽ                   }:.:.:.:./.   | |  ヽヽ:.:.:.
                                 ヾ、| \:.| /|:.:.:.:.:i:.:.:.:>           /  /:.:.:./    | |    |:.:.:.:.
                                   | /\ !:.:.:.:.:|`ヽ _   >       <   /:.:./-- ´ ! !    {:.:.:.:.
 …お、お願い、何でも言うこと聞くから            |/    ',:.:.:.:|ヽ.    -┴≧ T-┬‐‐二//:::|    //   !ヽ:.:.:.
                                       |     |ヽ:.:.|:.:∨         ├┐| i´::::/:::::::::::ヽ、  〃    / \:.:
 イヴァンにひどい事しないでほしいの!                |:.:ヽ:|:.:.:.∨      |::::| | |:::::::::::::::::::::::://  /
                                        |:.!:.:.\:.:.└-- _  /:::r‐‐‐‐┐::::::::::::://
                                        |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, イ .!ヽ:::::L______」::::::::::::::| |




――― 「クルプスキー、お前はこれらの者たちを褒め称えている!

      ボクのために生命を惜しまぬ善意の者というのだ!」 ―――――


.
923 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:54:27 ID:RkbVc.eQ0



――― そして話はさらに、母エレナが死んだ後の自分への仕打ちとなる。



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム     ボクが8才になって、家臣どもが支配者のいない王国を
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ    手に入れるという野望を実現したとき、
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ   あの者たちは忠義を尽くすべき立場にあったにもかかわらず、
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ     君主たるボクの一族をいっさい顧みることもなく、
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i      自らの富と栄光だけを追い求めていった。
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ



                                                    ,......:::-‐=‐- .......
                              .                ,..,'rく⌒ヽ::,r= 、::::::::::::`::≧x、
 「その後、あの者たちがしでかしたことはどうだ。」       .    ,x≦:::/  \ ,}::{./  ',::::::::::::::::::::::::::\
                                        /::::::::::::{   ,.-.l|l.-、   ト-x、:::::::::::::::::::::`、
                                          /:::x, イ¨´ヽ  l◎.|.◎!   ノ   `ヽ,::::::::::::::::::\
 「余の父上の味方であった大貴族や軍司令官が、       ,':::/ ヽ、   ゝ=≦≧= =彡  , イ  \:::::::::::::::::',
                              .         /::==‐   _   ヾ圭彡'  彡'       ヽ:::::::::::::::..
  何人、虐殺されたことか。」                      |/ r=、  ̄      {      _,,..-‐''"´   ,‘,::::::::::::::}
                                      { |! ___     {      __       / .}:::::::::::::}
                                      | ヾ          {         ̄ ==xイ __ !:::::::::::::}
                              .             \         |           _,彡'/    !::::::::::::,
 「そればかりか、宮廷も村々も奪いさり、              ',  `二==  __|______, イ   /     ,:::::::::::,
                                         ヾ  `ミ|  |   |    |    |_彡'     ,:::::::::,イ
  余の叔父上たちの財産を没収しては、        .       ヽ   、  |   |    |  x≦     /:::::::/
                                            \  ` ̄ ====彡'         /::::/
  ことごとく自らのものとしたではないか。」       .         《ヽ=======|===============ニ二}
                                         ,::!ヾ三三三,イ=、三三三三二ニ=≦゙∧
                                        /:::,'::::::, イ  { ̄i ̄}  ̄ ` ヽ:::::::::::::::::::::::::::∧
                                          /:::::{::::/.    ゝ┴..'      ヽ::::::::::::::::::::::::∧

.
924 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:55:09 ID:RkbVc.eQ0



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム         彼らはボクを外人か貧乏人の子のように養い始めた。
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ        ボクは着るものにも、食べものにも事欠いた。
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ       両親が残してくれた財宝は、すべて彼らに着服された。
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i          シュイスキーに至っては、父とボクの大公の椅子に座り
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i          ボクを見ても平然としていた!
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ




ー=二‐   〃////《_》レ,ヽ く
=二   / {{,レ=‐ ノ }  〉 気 す 生 き
=二 / // , ミ ,. -‐ ´  ,/ <   分 べ き さ          「その後彼らは各地の町や村に襲いかかり、
 _, { レ} { ミ( /徇 /    〉  し て 死 ま
ノr彡 ヽゝヽ/⌒ `ー ´    <   だ お に ら           乱暴の限りを尽くして住民を虐待し、
_// ,(,ノr佝} `⌒、""´,,. イ  〈.   い れ の に
{{{{ }ー´〈i、 - ,,. イ_/ヽ  }  よ  た 理             その財産を容赦なく強奪した。」
_ノノ |  _r ,,. -‐ ´y≦く <     ち 由
/ィ ヽ< く::く_ュ≠ ̄::/⌒ゝ , \   の は
_/  / \\\:::::{⌒´   } } }く        い
ノ  /´  \\ヽ::ヽ    トイ| \      ら            「いたる所に不正と混乱を巻き起こし、
 ,/ ,   i ', ', }=}   r≦} }  ノ    ん
〃/ /  / | | } | |≧==´ / /  ⌒ヽ    !            誰であろうと法外な賄賂を要求した。」
{{/ /  イ //| | { ヽ―… ´ /   / /
  { / | | | |´\ヽ―‐… ´  /::::.r⌒∨⌒ヽノ⌒
  ヽi | | {,ハ.|,ヽ r::.    /::::::::: |  __/三三Q
      ヽヽゝ } } |i( .::....  ノ::::::::::.//7三>三ィュ/
      ヽゝ レレヘ ヽ―‐ ´.::::::::: イ三/    /:/
.
925 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:55:47 ID:RkbVc.eQ0



   「ボクが15歳になって成人した時、われらの罪ゆえに神は怒りを顕した。

    帝都モスクワは大火災で焼けおちてしまった。」



.;":    : ..;".从;;:        从          从\   .;.;".;
 .;".;;:    从 ノノ:;".;": ..从;.;".;;: .;";  ": ;";"  .;"从 .;".;
 .;"     /;   .;".\从..;"   从从从.;"人w :" ;从 \从;"
  ;".;" 从"..从从  ;;:.;\;".; 人   .;.从_   ;".;"   从从
    ;ソ;"ノ  ;".;"  从人  从从从ー从‐‐;".;"――‐;".;"从ー"―;从ゝ;"
  从;;: 人  ;:从从从;".;":   ;".;":从.  アアア タスケテー   ;". ノし从人
    | ;:  ;".;": ..;".;;:  从从| 人  ┌"―――┐┌;".―从┐.;| ".
    |    |从从从.;"从 人 ノし |    ヽ(´(ェ)`;)ノ 从人从;"人 ;:|ノし从
    从  :从;"从从从;";" | 从从从   ;:└‐―――从;.〃"; ー从;从:;|;:从
   从从从.;".从  .;从从  .;":.; 从从     ;".;"      从从


       ∩,,∩ ひぃぃ       ∩,,∩  ウワァァン     ∩,,∩  家が燃えちゃうクマ~
      (;´(ェ)`)         (;・(ェ)・)        ( T(ェ)T)
     / つ _つ         / つ _つ         / つ _つ
-=≡人  Y      -=≡人  Y     -=≡人  Y
-=≡ し'(_)     -=≡ し'(_)     -=≡ し'(_)





   「その時、クルプスキーが殉教者と呼ぶ貴族どもは、民衆をそそのかした。

    ボクの祖母が魔術でこの火事をおこして、ボクもそれを承知していると言うのだ。」




    ,ィィr--  ..__、j            ∧
   ル! {       `ヽ,    /\/ ∨ ∨
  N { l `    ,、   i _/
  ゝヽ   _,,ィjjハ、   | \    グリンスキー家の女が
  `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ   >
     {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ∠   魔術でこの火事を引き起こしたんだよ!
    '、 `,-_-ュ  u /|   ∠
      ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
--─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__   `´
    く__レ1;';';';>、  / __ |  ,=、 ___
   「 ∧ 7;';';'| ヽ/ _,|‐、|」 |L..! {L..l ))
   |  |::.V;';';';'| /.:.|トl`´.! l _,,,l | _,,|  , -,
    ! |:.:.:l;;';';';'|/.:.:.:||=|=; | |   | | .l / 〃 ))
    l |:.:.:.:l;';';'/.:.:.:.:| ! ヽ \!‐=:l/ `:lj  7
    | |:.:.:.:.l;'/.:.:.:.:.:.! ヽ:::\::  ::::|  ::l /



   「なぜボクが自分の帝国に火を放たなければいけないのか。

    下僕が気に入らないからといって、家財ごと下僕を焼き殺そうとする愚かな主人がいるだろうか。」


.
926 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:56:20 ID:RkbVc.eQ0



   「そしてボクの母方の叔父グリンスキーは教会の中で無残にも民衆に殺された。

    そして犯罪人の死体ででもあるかのように市場に捨ておいたのである。」




  |       /\ |  /|/|/|  ドドドドドドドドドドドド!!
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|     (´⌒(´⌒`)⌒`)
  |  /  /  |露|/ // /  (´⌒(´ヤッタるぞゴルァ!!`)⌒`)
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/    (´⌒(´∩ ∩⌒`)`)`)⌒`)
/|\/  / /  |/ /     (´⌒(´(,゚(ェ)゚ )つ `)`)
/|    / /  /ヽ  (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)
  |   | ̄|  | |ヽ/|  突撃――!!!   ( |  (⌒)`)⌒`)
  |   |  |/| |__|/    ∩,,,∩ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ
  |   |/|  |/  (´⌒(´( `(ェ)´ )つ  ド  ∩,,,∩⌒`)
  |   |  |/    (´⌒(´( つ/] /    ォと( ・(ェ)・ ) グリンスキーの一族を殺せクマ――!!
  |   |/        ( |  (⌒)`)  ォ ヽ[|⊂[] )`)
  |  /         (´ ´し'⌒^ミ `)`)ォ (⌒)  |




                   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄`   、
                /                \
                /                . :\
             /  . ; -‐  ̄ ̄ ̄ 丶、 : : : : : : : ヽ
              ,'  : /  イ ̄ ̄ ̄`丶、\ : : : : : : : ',       /}
               |. : ://:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\ : : : : : :|    /::.::/
           {\| /:::::/:::/::::|::ヽ:::\::::::',::::ヽ:::ヽ ヽ: : : : j   /::.::./
          N.::∨:::::,'|::::|l:::::|:::::::\::ヽ ::|: ::::|∨|⌒) : : ,′/::.::.∠       ボクが何をしたっていうの?
          ヘ:.:l :::/::|::::|l: ∧ヽ ::`ト-ヘ:|ヽ-|∧|_,人: :/ /::.::.::.::.:フ
             '、|::::l::::|:::l|-孑ヘ:|\| 三三.Ⅵ:::::|、 ∨/::.::.rー'´
               |::::|::::l:小.=彡     |  | l|:::::l::\ \ー'´           栄えあるツァーリの一族なのに…
               |::∧:::V:ヘ | │ x.   |  | リ!:::|:/l:∧厂  く
          く  ヽ{ハ:::マ:个ーtz‐r-r=彳´「|:::厂  ̄`\  す
            す    \∨^ ̄ ヾ∨ ̄ 》/´|/___  ヽ  ん
              ん     /ニ二二ニ}〕亢〔 |´-―――-、\ハ  :
            ___:__ | /⌒ヽ/  ̄`ヽ       \∨_____
        /::.::.::.::.::.::.::.::∨   /      j〉==ミヾ    j/::.::.::.::.::.::.::.::.::.. 二ニ=-
       __⌒つ=ーz:.:_//レ─-、レ―- 、 ,/    }斗─-'´ `⌒ヽ厂`ヽ、_:.\
   ∠ ̄:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. 7{」___,,」,___ V    /゙寸_》\.::―:―.::.::‐.::―::. :::―:.-: ._
.      ̄ ̄⌒Z_:.::-=っ/{ ̄ ̄¨{ ̄ ̄ ¨`{-一'´  八___》\-、.::-っー、_:.::.::っ-‐─‐一`
     __/:.::.::.:://{____{.__  ∧     /小、 ̄  \>、   ⌒´
   /:.::.::.::.::.::.::.::.::{{/_/></>< `トイij}___/ノ人::  ̄\  》.::.`ー-、__
.  /.::.::.::.::.::.::x'´ ̄  /__/___ ノ ヘー---‐'´   ̄ ̄):\/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヽ
   `ヽ、.::.::.::(     {__{_____jz=‐┘        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ノ
     ` ̄`ヽ                  -==ニ二´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./



    「はたして彼らが善意をもってボクに仕えるというのは、この事なのであろうか。」

    「お前たちはボクに律法を聖なるものとせよと言いながら、自分はそのような道を歩もうとはしない。」


.
927 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:56:54 ID:RkbVc.eQ0



          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \        クルプスキー、犬よ、
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ       お前は騒り高ぶって何を誇っているのか。
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !       なぜ裏切者の犬どもを勇敢な戦士と称えるのか。
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、     主イエス・キリストは述べている。
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム     『 もし国が内部で分れるなら、
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|      その国は立ち行かないだろう。』
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|

.
928 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:57:30 ID:RkbVc.eQ0



――― そして話はさらに長々と進み、選抜会議についても語られる。





             ∧  ,ィ  _,. ー 、_
             ∥ V/|l. ::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:::..∧ ∧、
         ,.ヘ∥ У´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....V/_.}}        「ボクはアダシェフを塵芥の中から引き揚げ、
       ,ィ:.:.:,;.{{〉´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヽ∥ヽ
     //:.:.//´  .:.:!:.:/|/j∧:.:.:.:.:.:j:.:.:.jヽ:.:.j.:.:.:.:!:.:.';:.:.:.:..        忠義を期待して高官と並ぶ地位につけた。
      !:.j:.:.:.:|:.j .:.:.:.:.:レ' ⌒_ヽ V、:.:.:.!ヽ⌒ヽ:.}:.l:.:.|.::.:l:.:.:.:.:.ト
.       j/!:.:.;.:j:.:!:.:/:|:/ yfテt   \j =x V.:.:.!:.:i:.:::j:.:.:. : |       こんな栄誉を与えたことが今まであっただろうか!」
        ' !:.:.!:.|/!/!:.j' 〃んハ      んハ ヽY:.:.:|.:::'::::.......'
       |:.:j!;.:.:j':(|:.i ' ミz:ソ       ミ::ソ ' l:.:.:.ly' :::;::!:::..j
       レ' !j.:::|:::j::l、/ l / l   '   l/ l / l 八:.j':::::::j::l::::人     「これに対して、ボクはアダシェフから
         i::/ V!.:{ >    ` '   . イj/! ∧/!/レ'
         j'   !∧   _,.≧ー チ,.._   j/ j/   /         どんな誠実な奉公を得られたのだろうか。」
.            ,: ー -r:r`   ||   ケr- ー 、



         ヽ 、     . -‐ ―
        \ヽ  /'  /
     / ̄ ̄  ハ/ /―z
.    /´V777777スxnz////77>
    /∨/〆⌒  xヘ、ヾ// \         「そしてボクは、シリヴェストル司祭を
   /  /厂`     ト、 〈 } ̄`
   / 〆 .′〃/\ j | | ',`ヽ          わが霊の導きと魂の救済のために受けいれた。」
.  |/√ | 77/   }/l⌒j  i} |
.    //  N┬、  ノ' ィ㍉} ハ |
   /人 八 U     U ムノ } }
  / 个x{`        ノイ
       ノ≧¬ョ云ァ≦|   !            「神の書物には、善き教師には迷わず服従すべしと書かれている。
.       /  / `、,「|_,く`ヽ, 八
     ノ' 〔\_}  ミ k'ヽ   \           だからボクは霊の助言を求めて、自らの意志でこの司祭に従った。」
.  , ´   /〉‐-人_,イ  ', 〉\‐ ゝ
 /  / :/λ r'   /|  /〈  丶、
./ //  / ハ} l   厂}  { ト、   ヽ
{ / l  j  { jヽ__ノ {   | | }  )ヽノ
{ 八 {ヽ /     |   | |ノ _ノ ´
    ゝ  く     |   { |´
.
929 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:58:03 ID:RkbVc.eQ0


              _
            ..::::::::::::::::::::::.....、
       __∠::_:::::::_::;;;_;;;:久__ _       丶、/
         〉圭圭至孑弋::::::へヾ::::芍圭/        /ヽ/
      /:::待泌:::::::::::::::::::::::::i::::i::::::::::`..       ./ ヘ.
     ∠::::::::::::|/::::/:::::::!:::::::::::::ト;::|-ヘ::::::::::i:::.       ."´i ̄
.   / /:::::::::::{:::::/:::::::::|V:::/::::| |:!  i:::::::::i::::トミ
     〃/:::::::::{:::i::::::::::::| .V:::::::| |:!  i:::::::::i::::i:::}
     ./::::::::::入|::::::::::i:|  `ーf´リ`‐匕:::/:/::::|
     i:::::::::::::γゞ:::::::iリニ==ヾ  ==|^/:∧|          「だがこの司祭はすぐに権力に目がくらんで
     .i:::::::::::::: { i r,V::|```___     ```レ::/ リ
     i::::::::::/斤\__ヾi. i `´  ̄ヾ7  .i/              俗人と同じように徒党を組むようになった。」
     i::::::Y-‐-、x≪\:..ゝ _  ,ノ  .:イ
    /::/ \_ ` .,,x≪\≧- ...=≦iソ  ギャハハハ
   ./Y     `⌒ヽ 、  \亅/ i |
  イ/:|           ̄ 彳   i .!
  /::::}           i      |  !i {    _ _        「そしてアダシェフと通じ、
. /7::∧        .ノ    〈r-= ,-┴-- ´ - 、、、
  {:/ 〉|      く 、  _rイ  /-‐イ    _二ヽ ヽヽヽ     ボクを分別なき者とみなして謀略をめぐらした。」
  ⅱ} .i    孑 ⌒ν=〈    |   人_ ̄厂  `'ヽ_j_j_j
   ハ ヽ 〃 /⌒        人∠_ラ'
  i  V 人       >ー…    ̄イ


                                        「また貴族全員を徐々に不服従へと導き、

                                         ボクから権力を奪い、私物化した。」
            ,.           |ヽ  /l|
           / |  _,.. --'´ ̄ ̄ `ー-v'___,.||
       ||\  | ノ ´            \,||\
       ,.||-- Y´                 ヽ、ヽ、    ウェヒヒヒヒヒ
      /  l /       l l、  ヽ  ヽ     r-=-
     /  V       /| | ヽ  |、  ト     ヽ \                 rfh_
    /    |     i  / | / ヽ  |_、  |ヽ    lヽヽ|`ヾ、  ,.-、__ , --―‐ニ二/  ヽ
    /,イ   |     | / ,.|/   ヽ |`ゝ-|-ヽゝ  | ヽ| .|   .レ'´-〃、:::` ̄ ̄ ̄:::::::::!   |
   / / ,i  ヽ    /l,./'´ l'    ヽ!  ヽ!  ヽ|ヽ |  | |  /,. ̄/({_/ ̄>────-〕  く
    / /|   、  | /l/         , ---、  | |ヽ|  |ヽ| _」i:::::::|:::.イ-:〈────‐r',. =、、!
    | / |   ヽ ,r |/  ,.-‐-          ,| | |  |  〈ハ::::::::::!:ヽ!:::::::!:::::::::::::::::::::| 、、__,.リ !
    |/ |     { Y、 、、、     ,   、、、  |,| ハ |   frヽヽ:::::\_ヽ:::ヽ__二二ヽニニ〃
    |  |  ハ  /r,{ ヽ      __ ,    ,/l | ,.| V  -く:.:リ:!:::宀¬:::::::/r― 厂
      | / ,|/ v| |`゙ - 、__    _ ,.イ_  v V   /-' ̄`ヽ__::::::::::|r' r'/
      |/      V  r-、,r<|__ニ__====|-r--'´ ̄//       / `ー77 L!
            lヽ、/ / `ヽ、] > '/|- '´  |   /|
.
930 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:58:41 ID:RkbVc.eQ0



   「ほどなくボクは病気にかかり、ひどく衰弱してしまった。」



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./::i | i   ' ム              ボクはきっともう死ぬ…
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ::::.!|Vj     ! ヘ
  /i / i//   .|::::{{   }}::::::::::::::リ .}},`  ' i | ,ハ  ゼェ ゼェ
 /  j/  y':/   j:::::{{ _ }}::::::::::::::{{ }}  //i∧  i            アダシェフ、ボクの息子に
./  //!  .//     |   三三 :::::::::::::::三::|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|    u   .___ ' ``.i ' ∧V .iヾ  ハァ ハァ      後継者として忠誠を誓ってくれないか…
 j::,′lリ//  ,  .i,.! u   ,': : : :,i u 从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ     _y⌒ヽ-
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ' !:i      ´      ヽ
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′  i::i     (        }
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _j::i     ヽ    _,,ノ
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ       ゝ一''
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ

.
931 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:59:15 ID:RkbVc.eQ0



   「そのときお前が善意の人々と呼んだ者らが、シリヴェストル司祭やお前らの頭目アダシェフとともに、

    さながら酔漢の如くにボクに叛旗をひるがえした。」




   ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)     ヽ/⌒)     ヽ/⌒)     ヽ/⌒)
  /⌒) (゚)   (゚) | .|    (゚) | .|    (゚) | .|    (゚) | .|      お断りします! お断りします!
 / /   ( _●_)  ミ/ ( _●_)   ミ/ ( _●_)   ミ/ ( _●_)   ミ/
.(  ヽ  |∪|   /  |∪|   /   |∪|   /  |∪|    /      お断りwwwしまwwwすww
 \    ヽノ /     ヽノ ./      ヽノ /      ヽノ  /
  /      / ./       / ./      / ./         /         ねえどんな気持ち?プギャーwwww
 |   _つ  / |   _つ  / |   _つ  / |   _つ  /
 |  /UJ\ \.|  /UJ\ \|  /UJ\ \.|  /UJ\ \
 | /     )  )| /     )  )| /     )  )| /     )  )   ←大貴族の方々
 ∪     (  \      (  \      (  \      (  \
        \_)       \_)       \_)       \_)



        /″       l 、   l         ヽ /||〆
       /      /   人.ヽ  |\丶   、   ゞ'|.|´ `丶、
.     ∠‐,―‐/    l|  少一゙、ヽ  .|、上_ヽ_ i    ゙iノ 、     \
     /  /   /十 ̄/    \゙、 l   \、`ト、 i.  ト、ヽ   ヽ.丶、
   _ イ  ノ./i  .i./ x===     \. |≠==ミヽ|、 l.  lヽ 丶  .ヽ`ー       赤ちゃんがツァーリとか、ギャグ??
    / ー-'‐ ´.|  l/.《 ||.、,゙l      ヽ. ||.、,゙.l 下ト |  | ヽ  .  ゙l `、
.   / l   l   | /    - ‐'   ,      ‐ - '  .| ヽ|./.|     l   l、l
   i ./|   |  .l ⅵ                  |  l_// .|     |   l丶l        え、ツァーリと幼君への宣誓?
.   |/ |  .|  |./|{{          _. ィ       .| .|ィァl}  |.l   ト、  l ゙
   |!   |  .|  | ゝ|{{      ー-=- '       | |), !l   |. l   | \ l        そんなもん方便でしょ。
      l .| .| l  |゙.\                | /_ノ l.  |ヽl   |   \
       l .| | ヽ .i | !゙丶            イ .|/|/ヽlヽ .|  |  |
      ヾ∨  ヾ.リ | .|  `>x _ . <|´   '     ゙,!   l ,|
                ヾ   _.|      ト,           !
                 i ゙==y = = ´´|
               _ ィゝ   |||     '`ー,- _ _

.
932 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 22:59:53 ID:RkbVc.eQ0



   「リヴォニア戦争が始まると、シリヴェストル司祭はお前たち助言者と一緒になって

    この件でボクたちを激しく非難した。」



    //. /: /: : : : : : : : : /: : : : : :|: : : : : :ヽ: : : : : : ヽ: : ヽ\\
    /   /: ://: : : : : : ,/: : : : : : :ハ : : : : : : ',: : : : : : : ヽ: :ヽ .ヽヽ
       /: :/ : : : : : : //イ : : : : // |: : : : : : : | : : : : : : : |: : ハ  V
     ': :〃:/: : : 、 // ||: : : : /イ   !: :!: : : : :リ、: : : : : : :ハ: : :|
      |: :! ! |: : : : /ヽ |: : : :/〃   |: :| : : : /: :!: : : : : : | ヽ: :!
     V:| |: V: : l_l { \_: : |_,{{   |: ハ_:_:./_!: |: : : : :!: :|  V
      V .|: :ハ:/、/≧=ァミ: :| ヽ ーj/¨|: / |`リ、: : :/: :リ        リヴォニア騎士団と戦争?
       |: | ,ヘ:ハ弋:::ノ `ヽ     〒テニzzレ|: /: :/: :/
       |: :\| \{ヽヽ        弋:::::ノ〃リ/: :/: :/
       /: : : : \       '   ヽヽヽ /ノ:/: /          お前バカだろ、あたしの言う通りにしないなら
        /: : |: : : : |> .   ‐‐、      イイ : : イ
.      /: : イ: : :/: ! : : 个.- ニ′-‐: ニ :´:|: : : : |           神さまから罰が下るぞ。
     /: //⌒Y_ノ/⌒j′    |⌒ヽ-イ⌒ヽ: : |:ヘ
.    /: /′  {    |´  、    ´7   }   〉: ヽ:ヘ
   /::/ヘ    ヽ   ヽ    ′ /   /   / \: : :ヘ
 /: /   \    \  \-----/  /  /   \: :ヘ



 iヘヽ//.|::| '               ヽ、 .|::|
,┘-ヽ',イ::i   ./    .∧  |、 ヽ  ヽ ヽ」:L__,
   `ヽ!:ノ   .,'     / ヽ, .イヽ  廴  `, ヽ' <
     |   |'  / 孑七 ヽ |: : \ |:ヽ  i ヾヽ`、
      ∨  | /.| ムィ==ミV: : : : ヾx_ヽ .| ヾヽヽ       まーったく、ツァーリには困ったもんだよ
. ,イ   ト.∨  .V: :/ {. ii } : : : : : {.i }ヽト!.、ヽ:i:|`
/::i    |ヾ!   .|: : : : .┴--┴ : : : : : L`j: :| |:::ヽ!:|:|       ウェヒヒヒヒヒ
:::::|   ト、ヽ  |: : : :_  --‐‐  ̄  、 ‐- .」 .|::::::|トj
::::::l ト レヾ ヽ  .| '                } .l::::::i
∧::! ,ハ.| ヽ.ヽ  |             .イ i.i/V
 ヽト  , - ヾヽ >....、    -'--`._ <.i::ヽ.|
   /     \ヽ- 、`≧ェァ== '    .WV

.
933 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:00:36 ID:RkbVc.eQ0




   「そしてアナスタシアが病にかかるや、ボクが彼らに服従しなかったからだ、と主張した!」




   「病身のアナスタシアとともに帝都モスクワに戻ろうとしたあの辛い旅を

    思い出さずにおられるだろうか!」



                                     _
                                、 _zー=ミY´::::::::::::≧x
               zー - 、            /     }《´  ̄` 、:::::ヽ      ゼェゼェ…
                -= ミz≦ \ー- 、      -‐ 、{ イ  , /〃      \:ノ
                 入        ヽ  }´    r、{ /ノ "  -‐     ヽ
. 、           .. -=/ ノ     ≠´:z´/  :.   <ヽⅣ  ∠ -‐= __   / :
. /> ⌒Y/ニミ辷彡≫ ´  >  //:::::::/ /    ヽzミメ }/癶メ/´ ノ /   ト     モスクワはまだ…なの?…
..′z:7::込廴..ィニニ{   <    {:{:::::::/ V_    人 ヽイ     ー=彡メ/  ノ  \
//ィ⌒ヽ/ニ{/ニニ込   r'  __込::::{  ムミ 〉 ´rーミ }八< 、 ' 以ゝ/ /    }リ
 〈 {zz≪ニニニニニニニ=-z彡 ´     `¨7   〉-‐}i } {Lj ≧=‐- =彳r 彡==彳 /
  辷三ニニニ=-   ‘ー ´           /   /   ゝ{ ヽゝ         /  { /




   「巡礼で祈りを捧げることも、お前たちの校滑な策略により、できなかった。」


   「あのときには皇妃の健康のため医者の治療をうけることなど考えられもしなかったのだ!」




                                    「 ミヽ // > ´               ` <彡┐|
                                    | | _ヽ.> ´                     \||
                                  /| | /                      \|\
                                ∠  / /       ./     .l      l       ヽ ヽ
                                 /∠ イ       /.| l     |      |   l.    ヽ|  |
 リヴォニアが休戦協定破って攻めてきたから   .   ,   /       l   / | |     |\|ヘ.   |   |.   Ν  \
                                |/  ' ./ l   .|ー/--乂|ヽ.  | --ヽ―.l |    |     \
 遊んでないでさっさとモスクワに帰って来い。       |  |/| | l   |∨/示   \ |  示\|| リ .l  |      「
                                 |  | | |.、  | /  う:ハ      う:::ハ ヽ /  | ,      |
                                 | l. | N \| {  |ト::イ|       |ト::::イ| .|/   ハ/      Ν
                                 |./|   、|  |  弋_ク     弋__ク ./   /丿     |
 皇妃が発病した?             .          |  ハ   .           ′     /  ./  |  ./   '
                                  .  / ヘ 、 |ヽ、     r―┐   / ./  / |  / l /
 道路状態が悪い?                      ∨ / / \|\|> .   ー '   . イ/|/  |/l  |/
                                    ./ /         ≧r ―‐ ´l>        乂.|
                                 // /Xヘ      _ | Τ  ̄ ̄  .| _
 皇妃は馬車の床にでも転がせなって。         /    /ヽ   /  /、 _| ___ / .>\
                                |     /ノ  / /⌒>-γ⌒ヽ  /   \
                                |     |   ./ / ー./ ./- 、  ∨      \

.
934 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:01:23 ID:RkbVc.eQ0



   「お前たちが人間にあるまじき方法でボクに課したこのような重荷は、ボクには耐えがたかった。

    それゆえボクはかの犬アダシェフと、彼の助言者全員の裏切行為を調査し、わが怒りを彼に顕わした。」




      | |  |     ,′ , イ′ヘ, ト、  ヘ, ヘ,
      | |  |   /| /|  |   l | |   |   |
   │ │ l 八  / |/ | ,.イ   ト、| |   |   | │
   │ │  l  ∨  」>く       `'<,_ ハ  |  j     i
   │ │  | 厶ィ斗扞Tァ      r于テミメ、 l /     l|          みんな、なんでこんな酷い仕打ちをするの?
 |  八 八 ヽf^)-y仆、 刈        ト、 .刈`《V./     リ
 レ、  \ \|/ .人 V//(       |V//( YY^l    k     ト、
. 〉 〉、   \/〔 {  ゞ(`)┘  .、   └ (`)_,/ .j l    | 》   |V》,
_,《V  \j\j| ` ∨////        ///,ノ / /   |│|V》  | V》,    ボクがいったい、
《V  |    ∧   \_     (´ `)   __/   _/   ,ノ│| V》\j
V{   │ r―宀冖  ̄ ̄   ¬┐ ,/ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ミメ.リ V》,        君たちに何をしたっていうの?
′V .小 |              | |           /  | /V》,
  V/| ∧              冂!             イ  |/  V》,
    .リ__,厶             し1           「>、    V》,      ボクだってさすがに怒るよ!?
   ん,   ) ヽ         |_人          ∨ / \.  V》,
.  /  \ (   \         |  ̄〉、         ∨  /}  V》,





   「だがそれも寛大にであった。死罪にではなく、各地への流刑に処したのである。」


.
935 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:02:04 ID:RkbVc.eQ0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

           /   , ― -     ´ ̄`ヽヽ
              /              丶
       /   /            ヽ    ‘,
.      /   '               i   i    ‘,
      ′ /            /  ハ / }     ‘,
     i   /      / /   /| / V ト、      .\     …とまぁ、延々と選抜会議や貴族への悪口や、
     |  ′      / / ! / }/  / ヽ{__}_i 、   i  )
     | /       ,' j ハ斗/七/  /   \ノハ:i   |
      /  i      | /   }厶≠x       イ斧ミ |  ハ{        お前らがボクに協力してくれていたら
     ,  |{     |  〃f::::しj        {じ:j″ / ノ
      /   八    .  ヽ弋::ソ         ゞ'゚ , j/ ヽ        今頃は全ゲルマニアがロシア領なんだい。
.     /     \   ヽ               !|′ ‘,
.   ′      ヽ ー  ゝ         ´  八     i       クルプスキーお前は言うほど武勲ねーだろ
   i{ |      丶 \         , -   .イ     !|
.   八ト、  、    i ヽ  >           /  /}    八       でも別に処罰する気もなかったんだぞ?
    ヽ \ ヽ   |ヽ{  r|   ≧=‐  イノ} / !   /
.        \{ )ノ  \j ` TT ´ ̄  ヽ. jノ  j//
            `    /ヽ  | |        ` ー=ミ
          ,, ´     | |         />  _        …という具合にダラダラと続くわ。
        r‐ ´|      /∧       //    / ヽ
        |:{  |   , ィ:´:ー::ヘ、    //    /   i


                                             -‐…‐- .
                                         /        \
                                          /               ‘,
                                        ′ ト、 __   l| l __    ', ‘,
                                        l|   ! \   | }へ.   }|
           積もった恨みつらみと被害妄想と         八  | ┃ )ノjノ┃ }  八 |
                                        \{        厶イぅ } |
                                         人    r‐..ュ u .__,/  |
           自己正当化の執念がパネェ…             i≧=‐r‐v‐=≦ヘ   !
                                          |  /::|:Y^V´:::{:::‘,   ‘,
                                  .          | ':::::|::|::::|:rz:‘,::‘, 人_ゝ
                                          Ⅳ::::::|::|::::|:::|:::::‘,::‘,
                                              {:_:_::|ー――‐‐ヘ:::::::〉 /し、
                                           ー' |__厂| ̄\___`し'/《 ノ
                                               Y⌒i⌒Y⌒V\//乂
                                                 ゚。 |  ‘,  ‘,
                                                   {__ノ   \__}
.
936 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:02:48 ID:RkbVc.eQ0


     {777≧x、__      _  _       _,x≦77
     |/////////,>  ´       `   x≦7//////
     ∨/////,〃                  ∨///////
.       ∨////´                     ヾ'/////
        ∨//            i|         ∨/,'/
       ハ,′   /   i    !|            ヾく
       i      ′  ∧  八i    i   !|            それからイヴァン4世はこの書簡の中で、
       |      | i|  | ヽ / i|     |  八     !
.       八   ! i| i|  | /\{\  }  / i      |{
      /  ヽ. | !| 斗‐―-   `  ヽハ‐-ノイ    八       自分の専制権力が神聖なものであると
.       ′   Ⅵ八                八 /    ヽ
    ノイ    ハ ゝ=≠'      ゝ=≠'  厶イ     ト ゝ     ハッキリと述べているわ。
     |       ∧                /       |
     |{   !   !        ′     /     ,   |{
.     八   ト、 ト、 ヽ     _ _     イ  } i  ハ  八
       \{ ヽ{ \( >        <ハ}ノ)ハj/ )ノ       クルプスキーたち門閥貴族階級は、
           `      「\__/ i/´     ´
                   ノ   ||   |                  ツァーリに助言するため神に選ばれたという意識だけど
             _, ´    ||   ー  =ミ
        , ´ ̄   {{    八__/    ` 、         イヴァン4世のほうは、
.        ′       \__/:::::∧/,/          i
        i           /⌒7 `´           |         自分が責任を負うのは神に対してだけ、という意識よ。
        |     i      /::::::/       i    |

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
937 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:03:25 ID:RkbVc.eQ0



>' ´       >Y         ``ヽ、           今日に至るまで、ロシアの歴代君主は自由であり、
,__,イ    ,.   i:i   /          \          独立した存在であった。
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム       彼らはみずからの思うところに従い、
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ      誰からも責任を問われることなく、
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i      臣下に賞罰を与えてきたのである。
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ      このような秩序は、今後も変わらぬであろう。
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ       ボクは神の恩寵と聖母マリアならびに
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i        諸聖人の御守りを必要とするが、
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ        人 間 に 教 え を 乞 う こ と は な い 。
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ
.
938 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:03:43 ID:4.1jZFnE0
頭のいいガイキチ権力者ほど厄介なものはないな・・・
939 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:04:16 ID:RkbVc.eQ0



――― この長文に対し、クルプスキーは返事の書簡を書いたが、内容は一言でいうとこうなる。



                   /:::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:.:.:.:/、:.:\ ヽ\\      ___
                /:::::::::/::::::::::::::::::/':_:/:|:.:.:. 〃 |:.:.:. |\:!\ヾ!ヽ,  /     ヽ
                 /:::::::::/:::::::::::::::::./::|:/::::`|ヽ//  |:.:.:/|.:.:.ノヽ _ | '  / そ そ お \
              /:::::::::/:::::::::::::::::::笏テ::rヾ|://  :|:./:¦/ |.:.:.:.ト、! /  う  う 前   |
                '::::::::::::!:::::::::::::::::./: :込r少:.〈     ./ ‐/- .j.._:/|:.:.|/   な 思 が
            i::::::::::::ィ::::::::::::::::.':.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:ヽ     ィ=ミ、、|:./!.|:.:.|   ん う
            i::::::::/r!::::::::::::::.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   :廴:.rバイ!.:.|:.:.|   だ ん
            i::::::::ゝj::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..: ,   `ー^  iリ :.从:|   ろ な
            |:::::::::/:::::::::::イ.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/      ∧イ:.:.:|ヽ.  う  ら
            |::::::/:::::::::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r _ァ        /:.:.:i|:.!:.|   ゝ
            |:::/:::::| ::::::::::|:.:i\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       人:::::i|.:!.:|/    お ・
            |/::::::::| ::::::::::|:::|:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:...{     .イ:::∧:::i|.:!.:|  で  前 ・
           ,/::::::::::| ::::::::::|:::|:.:.:.::.:.:.`:.:.:.:_.ノ_:.::.<:::::::::::!:/ }::::|:.!:.|  は  ん ・
          /::::::::::::| ::::::::::|:=:=:==ミr=:=┐:::::::::::::/  i!::::!:.! |  な  中 ・
         /::::::::::::::::::| ::::::::::|: : : : : : : : :{i「:..:..:  |::::::::::::::|  i!::::!:::::ハ           /
        /::::::__::_:_::>从 :::::::|:.:.:.:>─ミr┴<_:._:\__::::::|  ノ:/::lヾ:::::\____/



――― しかしながら、どうもこの返信は書くだけ書いて、投函はしなかったようだ。



     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|        私はもう亡命どころか、
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ        今やリトアニア軍を率いてロシアと戦う将軍よ。
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|
        l::::::::|`ー'、        , -   ....:::::::|:::::::::|         わざわざ反論して、それが何になるの?
        |::::::::|:::::::::>- __      イ__:::::::::|:::::::::|
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノノ}::::::l:::::::∧
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ (__::/::::::∧:ヽ、
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ



――― クルプスキーはリトアニアに領地をもらって貴族となった。

     およそ90年後には孫がロシア軍の捕虜となり、そのまま再びロシアのツァーリに仕えるようになる。


.
940 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:05:03 ID:RkbVc.eQ0


            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V                   \
           レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',                    ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::ヾ::::::::i          /          ',
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::':,:::::::i           i!. i          i
         /:::::/::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::_、::::::::\:::::i:::::::!     / イ ハ  !          !
         /::/::::::::::::::::ト、::::::::::::::\:::::::::_::><:::::ヾ:::::::i:::、::::!:::::!─ - / ///  ! ! i    i    i
         i::::/!:::::i::::: ̄ト-ヾ::::::::ー:::::::::=─-- _::::::!::::::!::::ヾ::!:::!  //  / ─-+ _ !    !    i
         V !:::::!::::::::::!  \::::::::.,  ̄ =イ ̄r==、!::::!:::::::V!:::!_<          V     ハ   i
          .i::::::!::i:::::::! ィ=ニ_- 、:::::..,      i:::::U::}!:::!::_ - }::i ̄\    >_  /     i ヽ  i
           !::!:::!::i:::::!  ヘ:::::、 \:::、    ゞ- ¨ i::イ/⌒ i:!///       ̄ >/ /   i - 、  i
           ';::!、::!::!:::i   ヾ_リ        /// レ ゞ /{   `     /// / /    /- / /
           ';! ヾ::>::、///  `          ノ  ヘノ∧、   、--─┐  /イ     / / i
            i!   !ヘヘ               イ>=イ  \  ヾ/  !  /     /k/ \!
 場面切り替えダヨ     i! 丶 ヽ、      _    //::/!:i! ,   /ヽ、 `ー' /     /:L=
               ! _..--=  、      / /::::::/::!:::!∧/!/ _....... ̄::V ィ   /:i/::::-──-、
                ヾ:::/:i::!   _...ィ:iー ´  /:::::/::::::iート、:::::-──ッ...<::::! /::::::::::::::/:: ̄:::: ̄i
             ,-=-::::::::/:!::!::::7: :/: : :!i    ,.::::/:::::!: :-i!: :  ̄ ̄: /: : : !::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::!
            ,..::::::::::::::::/──: : :/: : : ! i  ,.:::::/:::::::!: :| i! !: : : : : : /: : : !:::::-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          ,..:::::::::::::::イ: : : : : : : : :/: : : : !/<::/::::::::::::/: : :| i! !: : : : : : : -..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::!
          /::::::::::ィ::/: : : : : : : : : /: : : : : ! ,.::::::::::::::::/: : : :! 」 i!: :_..-::::::::::-:::::_::::::::::::::::::::::::::::::/::::::!
          !::::::/!:/: : : : : : : : : /: : : : : : V::::::::::::/}: : : : : レ=-:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::/:::::::::::!
          !::/: : :i!: : : : : : : : : /: : : : : : : :{:::::::/ /: : _...-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::!


              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □


.
941 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:06:01 ID:RkbVc.eQ0



――― さてモスクワの政局だが、末期の鳩山政権なみの行き詰まりとなっていた。



                       _______
           _              | 政局が炎上中 |
        `))               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ( )            ∧
           ( )         <⌒>     (⌒ ⌒) |
      ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)/
         人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )
        ( ( )( )  ).三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )!
       __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )
      /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | *   +
     /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[ *
     |ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
        λワー  ∧     λワー   λワー
       λワー   | |  λワー    λワー



――― 選抜会議の崩壊、新政府のザハーリン家に対する貴族たちの不服従、

     性急な改革に対する大貴族たちの非難と相次ぐ亡命、泥沼化したリヴォニア戦争に経済の疲弊…




   ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)     ヽ/⌒)     ヽ/⌒)     ヽ/⌒)
  /⌒) (゚)   (゚) | .|    (゚) | .|    (゚) | .|    (゚) | .|    もういい加減にリヴォニアは諦めろクマ。
 / /   ( _●_)  ミ/ ( _●_)   ミ/ ( _●_)   ミ/ ( _●_)   ミ/
.(  ヽ  |∪|   /  |∪|   /   |∪|   /  |∪|    /
 \    ヽノ /     ヽノ ./      ヽノ /      ヽノ  /       それより南方のクリミア汗国を倒すべきクマ。
  /      / ./       / ./      / ./         /
 |   _つ  / |   _つ  / |   _つ  / |   _つ  /        やーい、ツァーリの戦略オンチー。
 |  /UJ\ \.|  /UJ\ \|  /UJ\ \.|  /UJ\ \
 | /     )  )| /     )  )| /     )  )| /     )  )
 ∪     (  \      (  \      (  \      (  \      ねえねえ、改革も挫折して今どんな気持ち?
        \_)       \_)       \_)       \_)

.
942 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:06:40 ID:RkbVc.eQ0



――― そこに加えてクルプスキーの亡命は、ツァーリの統治に対する深刻な一撃になった。

     イヴァン4世の失政はもう誰の目にも明らかだった。




      ∩___∩
    / ノ `──''ヽ マジかよ。
    /      /   |         ∩___∩      ツァーリの側近で有能な軍司令官のクルプスキー、
   /      (・)   |       /       ヽ
__|        ヽ(_●       | ●   ●   |     ポーランドに亡命したクマ。
   \        |Д|      | ( _●_)     ミ
     彡'-,,,,___ヽノ   ,,-''"彡 |∪| __/`''--、
  )     |@      |ヽ/     ヽノ ̄       ヽ
  |      |     ノ / ⊂)            メ  ヽ_,,,---
  |     .|@    | |_ノ  ,へ        / ヽ    ヽノ ̄
  |     |_   / /  | /  |        |  ヽ_,,-''"
__|_    \\,,-'"\__/  /     ,────''''''''''''''"""""""
    ~フ⌒ ̄ ̄  ~ヽ ヽ   ̄ ̄"""'''''''--、""''''---,,,,,,__
    /       ̄''、|ノ           )ヽ
___/       ̄ ̄)           / |___

.
943 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:07:13 ID:RkbVc.eQ0



――― イヴァン4世が政治を続けていくには、残された手段は2つしかなかった。


     1つ目は大貴族たちに頭を下げて妥協し、彼らの協力を仰ぐこと。

     2つ目は士族層にさらなる特権を与えて彼らの協力を仰ぐこと。



                                ,,...、--―-..、.
                            .,.<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>..、
                      .,、イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
                       ,.イ:.:!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;j`::..、
                  /:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.`::..、
                 ,:':.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/;!i.:.:.:.:.:.:.:.:..`::.、
                   /:.:.:.:.:.: /!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:/;/:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
                     /:.:.:.:.:.: /:j:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:./;/:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                !イ:.:.:.: /:/.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:. /;/.:.:.:ヘ:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                ! !:.:.:./:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ;'.:.:.:.:.:.:/;/:.:.:.:.!:.:ヽjヽ.:.:.:.:ハ:/
                   |: :/:/ :イ:|.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./;;/.:.:. /.:.:/   l.:.:./ j′
                   ∨:イノ |:.||.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:. /.:.:/   j:ノ
                     /::/   !:|∨ヽ;:.:.:.:.l:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:.:/.:.:/
                 /::/   ヽ! ∨!∨.:.:l.:.:.l:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:.:/.:.:/
                    /::/       ヾ\.:.:! :∧:.:.:. / |.:.:.:.:.:.:/;;/:.:;イ:.:.;:'
                 /::/        冫、>::/ ∨:/ .!:./!://;;////
             /::/         /  i!∨  ∨  レ' ':/;;/ ` く
                /::/        i   \        //;;/    ヽ
.
944 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:07:45 ID:RkbVc.eQ0



――― しかしイヴァン4世は、第3の道をとった。

     自分に従わない貴族たちに、あらゆる専制権力を「非常大権」として認めさせることである。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::  ::::::::::::::::::::::::    :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::    ::::::::::     .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ::::::::::::::::::::   ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''' ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




――― かってシュイスキー家の専横を打ち破った13才のクリスマスの時のように、

     危険な政治の賭けに出たのである。


                                           ___________|\
                                          [|[||  To Be Continued...     >
                                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

.
945 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:08:16 ID:RkbVc.eQ0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


                 __  __
            ,, -‐ ''     ` ‐- 、
          /イ''             ヽ,
        //               `ーヽ
       /        /   i         ヽ,
     /    /   .! i ,∧ l i         ヽ
     / /    .!    .! ∧ l ∨ / 、   l i    !ヽ
    / ィ     !∧ N/ i l  /∧ヽ ヽ  l i !   i i
    レ' i  }  ∧-‐''  ゙̄i ! //i .!  ヽ‐-i__∧i   !人       本日はここまでです。
      W l、   !  _, ==、ヽi '  ヽ -、 ==、 ヽl   i i `
      ∧l ヽ i ィ' イ::ナi       r'イ::ナヽ i  ノ∧
      /   トt  `ー゙-'         `ー゙-´  .! /   ヽ
     リ    ヽ  , , , ,   ,   , , , ,   ィ'     .!       選抜会議の崩壊と行き詰るリヴォニア戦争、
     .! i {    i、             /       i
     V ヽN、   i ヽ     .     ,イ l    ,イ/V       相次ぐ亡命といった
         ヽMNヽ'ヽ` ュ  __   ィラソ^i iレ' メ
               fヾ,ーt+t‐´Υ   V
    f 、       __ ノ ヽ V| | |   !__                 ドツボ一直線のモスクワ政府でした。
     ! .l _,-、-‐‐' ! i  r'ニニ弋.l|    ゙ ケー-- 、
.     i V ヽ」   i ! r'--   ヽ、ミ 、  //  | 1
     ∨/__ヘ   レ'入ー,   `l  ヽニシ    |  |
      〈 ´ ィ、j ∨\.  ~ ヽ   ヽ       {  t          なお次回はR18指定です、
      N   ヽ Y\\   /ヽ__ -‐'^ヽ.-‐、 ∧  }
      |∧   | {  \\ //    __〉  V乂 r'          エロではなくバイオレンスな意味で。
     .!__〉 __ __ン¨l    K   , - '  ∧  |  |
     r' イ^     !   .! ヽ /      ∧ i   i
.
946 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:08:48 ID:RkbVc.eQ0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                次 回 予 告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
     ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
        { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
      Vi `i   {i     _'_,    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧        もしかして、聖職者のトップだから殺せないと思ってる?
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/         ボクは神にのみ責任を負うツァーリだよ?!
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ





            //  ィうヾ        \ヽ
            | j     >=彳       ::::l |
            | l  ___|   |__     ::::l|
             /l | |        |   .::::l l::\      ――― 「ぴぴる ぴるぴる ぴぴるぴー♪」―――
           | .| | └─┐ ┌─┘  .:::::l l:::::::.\
            l ! |    :::|  |     .::::::j ,'::::::::::. l
           | l|  ::└ー┘    .::::::::j ,'::::::::::: ,'
             ', ', l _,;:ァ-rーヾー 、_.:::::::://::::::::::: ,'
            ,.-'´::::::::::::;::::::::::::::-、::::::::::::\:::::ヽ /.
         ,.- ア;:::::::::::::;::::;:!:::::::::::::::::::`ヽ::::::::::ヽ:::::::':,`ヽ
        / /:;ィ::::::::!::::/::/l::::';:::::、:::::::::::::ヽ:::::::::ハ::::::ハ  ',ト、
.        ;':/ ,':::|:::|:::::|:;'  ヽ::;ト::::',‐、._::::::::ト.::::::::::';:::::::l..  l l `i、
        l;' !:::|:::|:::::Nソ 、  \::',ヽ::メ:_;:ノィ‐}:ヽ::::|::|:::|::l  | l、 `l__
          ,'l:::|、:';:|,r  ̄`ヽ   ヾ|ァ^¬ヘ. ハ:::l:::ノリ::::l:::|、-,.l   ', ` ー 、
.       ノ::lヾ:ト:::l l     l   l′    l.  l:::ノ:'フ:::::::';::|::、|   l.    ヽ
     ,.,イrlィ:´:/:/ ヽ、  ノ     、    ノ /..::::'く::::::::::へ:|:ヽ ´| l-一 ´
    (...__| '/://.、' '   ̄      ` ー ´ /リ::::八:..:ヽ::::::7/`ヽ一 '′
       /'ヽ:.:{、.:.` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィ::::;::::/::ム::::.:.:ハ⊥ -'
        ' "´ `        `¨ ¨´  l:!:/}:/i.::.イ:/
                          ´ :/ ソリ/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    AAで語る中世ロシア史 … 第13話 「 イヴァン4世…オプリーチニナ隊員 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.
947 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:08:58 ID:4.1jZFnE0
948 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:09:05 ID:dqYvu2Z20
乙でした
R-18Gですねw
949 名前:夢茶 ◆CJKYxwcPjQ :2012/09/16(日) 23:09:20 ID:RkbVc.eQ0


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_人_入_人_入_从
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) お付き合い頂きありがとうございました。
          .}.|||| | ! l-'~、ミ   `)  では(・w・)ノシ~
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   `)
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒Y⌒W^Y⌒Y⌒
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/
950 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:11:28 ID:2SIty5YY0
乙でした~
951 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:16:14 ID:LTyGRr6k0
乙でした
R-18ですか?やったー!!

Gがつく方じゃないですか!やだー!!!
952 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:17:11 ID:JC0B79rk0
乙!
イギリスのメアリ一世も真っ青…
953 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:18:02 ID:CrR7/qJE0

ロシアの権力者にはなりたくねえなあ
954 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:18:18 ID:j5tN8zRo0
乙!
イヴァンだめじゃんw
雷帝っていう位だからもっとちゃんとした人なのかと思ってたw
955 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:20:12 ID:2SIty5YY0
>>954
雷帝の雷は、気象現象の雷じゃなくて、
恐怖すべき、ぐらいの意味のあだ名を遠回しに訳したものだよ。
956 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:21:12 ID:2G2E4Fzo0
乙乙! 頭おかしいぜぇ!
次回はもっと頭おかしくなるしな^^;
957 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:27:11 ID:Io1H3CCU0
ところで次スレ建てて埋めるタイミングだと思うんだが、前スレもまだ埋まっていないんだぜ…
958 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/16(日) 23:30:32 ID:YapubBZM0
英語だとイヴァン雷帝ってIvan the Terribleだもんね。
terrible=恐ろしい
959 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 00:45:46 ID:Ct7iAE0c0
ヒャッハー!次回は遂にオプリーチニナの登場だァー!!
960 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 00:50:09 ID:9Onrz9DY0
乙でした
961 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 01:49:18 ID:STlkskh20
ロシアって本当に救いようがねーなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
962 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 06:11:51 ID:ysLobMTg0
おつです。
しかし、作者さんはピョートル大帝になんか恨みでもあんのかwww
963 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 11:01:27 ID:psNbZEtI0
乙です~。

名君が転じて暴君になるとここまでタチ悪くなるのか……おそろしや。
しかしこれでまだ序の口なんだよな。
964 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 19:17:33 ID:pYaVaPhQ0
乙でした~

メンタル面の繊細な早熟型の天才ほど、一旦タガが外れると酷いな
965 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 20:16:15 ID:d9Xu.caw0
>>958
仏蘭西のダヴー元帥のあだ名も「恐怖」だったなあ。実際、国家としては有能でも、部下にとっては理不尽の塊だけど



しかしまあ、現代ならこんな長文も「ロシア語でOK?」「3行でヨロ」で反論になる恐ろしさ。頭のいい粘着質には、生きていくのがつらいね
966 名前:クマー :2012/09/17(月) 20:46:54 ID:33JEK4C20
世界史で習った雷帝キタ――(゚∀゚)――!!
967 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/17(月) 22:53:37 ID:aVWttgWg0

絶対的な権力は人を狂わすなあ…。
968 名前:名無しのやる夫だお :2012/09/18(火) 19:58:49 ID:/2LcDqiQ0
さすが雷帝、本宮の「夢幻の如く」でラスボスを務めただけはある
スポンサーサイト

コメント

しかし後年、彼の行った理不尽な大虐殺がロマノフ家が
ロシア統治をする際に有利に働いて、国家の近代化を成
功させる大元にもなってるんだから面白い話である。

ロマノフ家が政権を樹立する時には、この時に有力な大
貴族の殆どが始末されて、皇帝が官僚を駆使して政治を
行える様になった。また大貴族が国政を壟断する事態が
なくなっていく。結果として国内が安定していく事にな
ったんだよな。

やり方は甚だしく問題があったけれども、いつかは誰か
がやらなくちゃならない仕事を彼はやった。
ガイキチだったけど、政治には本当に熱心で誠実な人だ
ったんだよな。

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。