2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

最近更新を見ないと思ってたらこういう事だったのか。
作者さん好きな作品ですよ。
お疲れ様でした。

ええええ!?好きだったのに残念!!でもお疲れ様でした

キャラと風呂敷を広げすぎた結果終われない話の多いことよ

おつです
作者さんは同時に複数の作品持ちすぎたね

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫は箱入りの魔王さまのようです プロローグのようなエピローグ

2013.09.21 (Sat.)

やる夫は箱入りの魔王さまのようです 第二十四話の後の投下、この回でこのスレは休止(エター)となります。

988 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:51:44 ID:kJSFUMws
.
┌───────────────┐
│プロローグのようなエピローグ    .│
└───────────────┘

                         ∧
                        / ∧ヘ
                         而而 |                実はやる夫が『魔王』真紅が『勇者』として存在する世界は
                        |n l|√ |               高位の存在が生み出した箱庭にすぎない。
                         鬥鬥l__∧___∧      
                     。___|]] |三|]]三三/\ ∧        存在する生命体も作り出されたもの
                      ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|        ただ虚構や仮想の存在ではなく建物も生き物も存在はする
                     I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|      
     ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |       高位の存在は己の力で小惑星を創り出し
     [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |       そこに自分がデザインした知的生命体を配置しては
     |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |       生活する様を眺めたり
     {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |       知られず干渉しては文明の変わる様を楽しんだり
     |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,     飽きたら滅ぼしてし最初から作り直しては退屈を紛らわしていた
     |ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;': ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.



.      'ニニニニニニニニニニニニ7
.        ' ニニニニニニニニニニニ7
.         '.ニニ, -┐f⌒'i^¬r 、ニニ′
       }/j/ ⌒|i八 ∧⌒ト ; \,/    イリヤの正体はその高位存在
       } _jf^沁`  ^'f沁汽{__ |
       ;  i{ Vソ    Vソ }  |    性格は無邪気で残忍、嫉妬深い
.        ,: 八   __ ' __    ,:   ;
        / i  i{丶 ` ー '′ /}   l′   創世をしては気分一つで滅ぼしたりの繰り返し
       |  i{`'┴'⌒'r ≦, ヽ}  l|
.      {/|  iレ⌒ヘ  ^   l }   ,: {     当然箱庭世界の住人に情など持たない
      /ニN }  '^i     レイ ∧ハ;
.     jニニ/{   f'′ ,   V/ニ{ ノ
.    /ニ∧ニ\ 人   }   \ニヘ
    /ニ7ニ\ニV\⌒7ーf⌒¨´ニニ\



         /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|′
         !/!:.:!:.:/ハ:.|:.ト、:.ト、:.|ヾ|ヘ!ヽ!:.:.:.:ヾ!   そして彼女の弟のような存在であるシロウ
         ∨レヘL_」ヘ!ヾ}、,りrt≦二リr‐:.!
            rラにテ!     ヒ少 レゝ }   イリヤが執着するただ一つの対象
            !ヘ ゞ=′    ` ̄´ ソノ
           ヾヘ  ′      /リ     姉に似ず穏やかで残酷を好まない性格
               \ ´  ̄  /  |
               \__ / /  |     イリヤがしつこく誘う為彼も仕方なく力を使い箱庭世界を創造をする
             「::::||::|  「| ̄ ̄ ̄ ̄|
           __,,、r┤:::||┘ |:|_:_:::::::::::::¬ ̄`ー...、,,_
     rー..'':::"´:::::::::\::::|| 、 _|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ーr、
      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   |:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::i
989 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:52:18 ID:kJSFUMws
             ノム      r<二>t        ノム
              rt┼┼┬┬┬┼ 干 ┼┬┬┬┼┼‐r、          責任感の強い彼は
              |r==〒|:立立立立立立立立:|r==〒| | r=- 、       遊びの為の命を生み出した罪悪感もあって
     叭       |辷テ十| r ‐┬┬┬┬┬ 、 .|辷テ十| | Yミ彡ゞ     自らが生み出した箱庭世界に降り立っては
.     | |       | rHt | ||圷圷圷圷圷圷|| | rHt | | シヾヽ彡     身分を隠し人々の様子を見守っていた
 r 、,, 仁ゴ、     | |百| | ||折折折折折折|| | |百| | | ミヾゞゝゞ
ミヾゞtソ|l l | |ィレグイ| |  | | ヒェェェェェェェェェェェヨ|| | |_| | |  }ミソゞ     世界の監視以外にも
,シミ^ゞ彡|l l | |ィkミ彡「五五五五五五五五五五五カ |白| r<シゞミゞミ     尊敬はするが相容れない部分のある姉に疲れ
彡ゞヾハj|l_l | |ソヾtゞ|                    | r-√ミヾ彡ゞゝゞヽ     彼女以外の存在と関わりたかったと言う理由も有る
,.イj;i!i:ト |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `丶、¬ー- 、
ノjiljiハ 八八仁入                       ヽ    \
.    <二rうT.| | }                        }
─|f¬|r⌒|  | レ'                       /
_|_ L ┴ '´                         /



              /                `\
            /  /  〃 .:         \
.           ,′.:/'  /:/:. ,'.:! .: !    ヽ.   ヽ
.            l.:.:.:.|l   |.:l.!.:..!.:l.: l: .:.:..    }: 、:.::ハ
          |:..:.:.l|   |.:l.!.:.ハ:!l.:八.:.ヽ:.:  /.:.:.:.}.:. :.ハ
          |!.:.:._|   !小-‐弋ヽ‐ヽ.:.:.:. 厶:.:./.:.,'.:j:.|  そこでシロウは
           l!. /f|  ! |ィテ ヽ   ヽ ルト7ハ / /リ
            ll:.ヾj|:   i | V_;rt      f:;r'ヽ〃イ /'   サクラという美しい歌声を持つ少女と出会い交流をする
            |:!.:.:.゙|:.:  i |           ヽ'' 小!::!      
           ノ/.:.:. |!:  !:l       ヽ  ,' /:/    控えめで優しく弱々しい彼女はシロウの心の安らぎとなった 
.          //:.:.:.:/!i.:  :.!:l.    ー‐    イ!./:/
         /':.:.:.:.:/:.|.i.:  :.!.:lヽ、     イ: |l レ′    
.        /:.:.:.:.:./:.:.:| !.:.:.:.:!.:l.  ` r<.:.:.l:. |l |
       /.:.:.:.:.:/:._r┤!.:.:.:.:!.:ト、_ ∧.:.!.:.:.l:. |l |
.      /.:.:, ィ<´   ! l .:.:.:!.:| >Xぐ{.:.!.:.:.l:. l八
  , -‐―<ヽヽ    .! l .:.:.:!.:|//  ヘ fヽ.:小.:.:ヽヽ
 /     ∨\\  ゙ヽ!:.:.:!リ/   | | `ーrtーヽ:\



.          },八   ,.  -‐'    |     l    |
.          i′个 ,           |    √}  |
        l  l }{> ,_  __,,..,,/|     i| ヽ., !    しかしそれを、イリヤが知ってしまう
         l  ; j厂j⌒У  f′l     i|  _,.≫'x
         |     } /  /    {/|i ;   厂ニニニ\
         | '  /j′ .′    {/|N /}/ ニニニニニ;
         | { /ニ}  ;     〔二|l /ニニニニニニニ{
         NVニ/   }       }ニ}/ニニニニニニニ{
         }ニニ{  {      /ニ7ニニニニニニニニ\
        ,ニニ≧=ニ'く⌒ーf'′ニニニニニニニニニニ\
.        /ニニニ/ニニニニ|ニニニニニニニニニニ/⌒)
        /ニニニ/ニニニニニ|ニニニニニニニニ=- 'ニニf'′
.       〈ニニニ7 ニニニニニ'.ニニニニニニ=‐ ´ニニニ八
990 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:52:53 ID:kJSFUMws
                    _ /
                    _  /{:'        /
                  ,.  ´{./         /
            /  /         /__    彼女は『弟の為』に
           /  _             r'´
           / _/´ー‐ ≧=-、         {_,,   その惑星を破壊した
          / ,r'゙´ ` ー '゙,-、 { ヾト、        /
       / 〃 /⌒ヽY (__..ノ}`¨´{:!       /     彼女にとって箱庭世界の住民に心を寄せることは
.       ; {'  ヽ_ノノ `ー ' {⌒!l      /
.        { :      ', -‐ 、〇ヽ/j!    /       己から出た汚物に接吻をするより汚らわしく考えられないことだからだ
       .  、 ...:::::.. {、_ノノrj  ,ム   /
          .  \ ::.    _ /  /         何よりも最愛の弟の心は姉である自分のみで占められていなければならない
            .  ` ー=<__/  /
          ` ー-  ---'''´



                              ___
                          _,..:::'::´:::::::::::`::::‐..、
                         f'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                        ヽ::::::::_;、r;=, ┬-、 :::_/
    r- 、 _                  }7゙´ /~ | |  { 、ヽ     『これでもとどおり!』
    ヽ_、   \- 、             / i_,..|._‐_,ヘ ト、._|-、l l
    /   __  |:::::::`ト 、_            / ,1_,ィ li::jl`  l::il l_|. l    彼女は楽天的にそう信じていた
  (   _/   |::::::::::|ヽ::::`^ヽ_    / /(.| lヾ=′  、` ' !:l  ト、
  {    _,. ィ:=イ:::::::::::}::::\:::::::\::ー.、__,/_/  |  l.  l ̄! ,.イ .l  l l
   ヽ- '´  ヒ/::::::::::::/:::::::::::::::::::/:\:::::::\`ー -、ヽト ..ニィ´/,} | ハ|
         ` ー< _:::::::::::::::/:::::::::::\::::::\:::::::ヽヾf^<Y^Y'\ノ ノ|       _
                 ` ー-'く::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l. L__,| |ヽ\,厂 ̄l-~-、¬r' .)
                    ` ‐、:::::::::::::::::::::|::::::::::| リ::::| |   ∨:::::::|:::::::::::入:::ヽ\
                    / ハ::::::::::::::::::::|:::::::::リ:::::|      l::::::::|::::/:::::ノ::::| ヽ !
                   / / .|;:::::::ト、:::::::|、::::::::::::::|      }::::::|'´:::_/_,ノ \ノ
                     〃/ / |.}:::::::|:::::::::|::ヽ:::::::::::L - ‐:セノ:::::/ ̄
                   V{/| }::::::|:::::::::|::::::\;イ:::::::::::::::::::ヽ::;ハ
                         リ::::::::|::::::::|::::::::::::/O:::::::::::::::::O:ト;::|



∨ソ       ///!l|!    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       .//// .|l|!    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ニ三≫  /////  |l|!    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    / ∧///   |i!    i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__, イliⅣ ::;ilⅣ  .リ    {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
圭圭彡'  /:/       ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      //   _,, r=''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
991 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:53:27 ID:kJSFUMws
                         ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-xv;;;;;;rミ:::ゝ
                          Z;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ`∠_ くノ }:{   \_____
                          {ハ;トx;;;;}=イッ  '  ir'  \__,r------、 //
                             }iY:  x ¨_  i|:     /:i:i:i:i:i:i:i:i://x,             _   シロウは初めて姉を憎み
                             ヽ-、≪イノ :/     /:i:i:i:i:i:i_//:i:i:i:i:iヽ     ___  ニ二二 _
{     ;                            /:i:i:>=ァ¨¨)   /:i:> ィ: ̄:i:i:i:i:i:i:>=-ニニ二<          初めて姉を罵り
\   ';';,         r==x                    ノ:i:i:i:i:i:i:i:iハ:::::{   ム=' /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>'..<:i:i:i:i:i:i:}    --――
  \  '; ';,.     _〃   ヽ           ___ }:i:i:i:i:i:i:i:i:>'   _ ィ:ir-―――{:i:i:i//:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\/ x―――  初めて姉を攻撃した
   \ '; ';,゙  :/     }}         /  {{_j}:i:i:i:i:ィ'  _ ィ=ミ=彡'         `<:i:i:i:i:i:i:>' x<:i:i:\
     \';  ';, /     {{       /    ヽ{=ニ /:iハ                 `¨¨ フ<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i)
      \,  /      {{      /     ノ〃:〃:i:i:i:i:∧                  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
        ¨¨\      {  .  /      /://://i:i:i:i:i:/  \                  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/




.              /                         ‘,
             /     .::::/:.                    ‘,
              .′    │V.:i|       i  i    i   ‘,      ‘
          :     i   |''"´i|  i   |  |    l:   ‘,   ‘,    .
           i i  |   |  i|  |   |  |    |i    ‘,   ‘     :
           | |  |   |  i|  |   |  |    |i    ‘,  |   |  i   イリヤが受けた衝撃は凄まじかった
           | |  |   i  .八  、   :、 :、   、     ‘  :|  |  |
           | |  |   L. ‐-\_\_,, \_\___.\‐-ミ :! :!  |  |   弟は狂ってしまった
              |  |   |  ___ \{\  i|\(\__」\  |: /.:. │ !
             Ⅵ   |   |/,ィ示ヾ   \{   ,ィ示ヽ\、|/.:  │ |   弟のためにしてあげたことを罵られた
             ,: | _ ..-‐《 {i:::::::::i}          {i::::::::::i} 》‐- .._│ |
.            / |       |  とニつ         とニつ ′     | │   最愛の存在である自分に力を向けた
           /  :|       | 。゚                    ゚。i      | │
.         .′ __|       | ゚        i         |      |─=ミ  イリヤは泣き、嘆き、狂乱し
        i /.:.i|       |人        ____         ..:'|      | .:.:.:.:. \
         / .:.:. i|       |:.:.:.\     ー‐ '    / : |      |.:.:.:.:.:.:.:. ‘,
.        /.:.:.:.:.:.i|       |‘, :. ` : . .      . イ.:.:.:.:.:.|      |.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,
.         .′ .:.:.:.:i|       |.:.‘,.:.:.:.:.:.:.. >--< .:.:.:.:.:.:.:.:.: |      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘
992 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:54:01 ID:kJSFUMws
                  .'  //⌒ヽ     ` … ──── r…─- ..._   |
               l,..,.イ;;;/    !  (;;;;)           _|____ >'
       ./;;;          |  /;/.     |    ;;!      f;;;j  , ´;;;!:   |:::::::::::
      ─────── |/;/___|    ;:       イ;;;;;;;;l    |:::::::::::    弟を最初から構成し、正しく『作り直す』ことにした
     .: : : : : : : |:..: : :.: : |;;;;;;;|:.: : : : :..:|    イ     | /;;;! ;;;;;;;|‐r─ヽ:::::::::
    .: : : : : : : : :|: :.:. :.: : |;;;;;;;|: : : : :..:..|  ./;;|;;   イ;;;;;;;;;! ;;;;;;;|:::|: : : |::::::::::    彼女にはそれが『可能』だったからだ
     .: : : : : : : |:.:.:. : : : |;;;i;;;| : : : :..:.:.|/;;;;;;;;;!:   (;;;! ;;;;;;;;! ;;;;;;;|:::|: : : |:::::::::
     .: : : : : : : |: : : : : : し;;;,!:..:.: : : : :|;;;;;;;;;;;;;;| _ _ _ノ;|;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;!: |: : : |:::::::::
     .: : : : : : : :;|;;j : : : : :` ´: : : : : : : |;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;/;;;;;;;/::::|: : : | ::::::
      _: : : : : : : ::|: : : : ;;;;; : : : : : : : : :/;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;/;;;;/ : : |: : : | :::::::
    .;;;;i : : : : f;;;;|: : : : : : : : : : : : : :;/;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;/;;;;;// . : : : :| : : :| :::::::
    .;;;;i: : : : : : :.|.: : : : : : : : : : : : :/;;;;;;;;;;; /;;;;;;/;;;;;/イ:.:..: : : : : :.|: : : |:::::::::
     .: : f;;;;v :.:.| : : : : : : : : : : : /;;;;;;;;;;;;;/;;;/ ー:'’: :..:|: : : : : : : : |: : : |:::::::::
      : : : :i:;;;;;!: : |.: : : : : : : : : : :/;;;;;;;;;;/ イ:..:.: : : : : :.: |ー‐‐‐ ─ ''  ̄|:::::::::
     ̄ ^`ー─┴---------/;;;;;;;/:.: : ::|  ̄ ̄ ̄ ̄         |:::::::::



           _ _..ゝ、__,、
          _ノ´ ー 、`ヽヽヘ
         ≧ -=ミ、,、_、、} iV;
        /  ‐= ∠、_`ヾ'ヘ!{
        フ  ,r‐V ‐ャテ' !ィォ           けれど、幾度『シロウ』を作り直しても
         ノィ  ハ(、       〉}     
         'ヘi、:. ,々   - -、/            迎える結末は同じだった
          ′V゙  ゝ- . _ /
          _r=I__I ̄f=―┐_,、..-- 、    
      _,ィr┤[__];;;」: -‐/.: :〃: : : : : : :`、
    /.: :/.:n: :7、'.;;;/,‐‐|:∩: : : : :,/: : : : : : : : : ',   記憶や基本的な性格はそのまま引き継がせたのも原因かもしれない
__ ,. .∠.: : :/t芥っ====== K芥⊃: : {{: : : : : : : : : : `.
\: : : : : :/: /,,{/;;;;;//;;;;;;;;;;;V,,,!: : : : :!!: : : : : : : : : : :
\\:>/: :,V/;;;;;;;;{ {;;;;;;;;;;;;;;V': : : : : 、:、ム、: : : : : : : :
、:_:\\: :〃;;;;>,ニニ、<;;;;;;∨: : : : : ヾi: ヽ:\: : : : :
: : : ̄´7´:>-<;;;;;;;;;;;;;;>ー,,,,∨: : : : : :{: : : :ヽ:\: : :
993 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:54:32 ID:kJSFUMws
              ,z '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ .:´⌒ヽ、____
    __     , 、 /彡//.フ.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.X´///////
    \////メ.:.:.:.:Y//////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\.////
      ∨/./.:.:.:.:.ん////ノ.:.:.:.:.:.:.:.r 、 ∧.:.:.:.:.:.:.:.:..\/
      ヾ/|:.:.:.:.:.:.:.}/ヘ 、 .|:.:.:.:.::.:.|` ` |:.:.:.:ト、.:.:ヾ//ヘ
      //|:.:.:.:.:.:.:.:l/////>.:.:.:.:.:|    |:.:.:.:},从.:.}///ソ
     ヽ/.∧.:.:.:.:.:.:.:ん/ノ.::!ト;.:.:.ト从   从.爪,リ|.ノ//ノ    イリヤの弟はイリヤを愛さなくなり
        . `f∧:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:|ヘ,斗ヒ´   ソ ,ィ斤 |んソ|    
         |.:∧:.:.:.:.:.:.l:.:.:.ミ从,イ天`ヽ     .込ノ l:.:.:.:.: |     時が経てば他の存在を愛し愛された
         |/.:.:}.:.:.:.:.:.:Y   弋´ソ       ヽ   !::.:.:.:.:|
         /.:.:./.:.:.:.:.:.:.ム    `        '  ハ:.:.:.:.:|    イリヤがその存在を殺せば
      /.:.:./..:.:.:.:.:.:./ l.≧、, 、     ー  ' ..:: :.|:.:.:.:.:|
       /.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:|:.:.: f!、 丶     .::.:.|!:/.:.:.:.:.:|    再びイリヤを強く憎んだ
     {:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.: 人人.:ノ二ニミュ、,. ` ≦ -=ミ/.:.:.:.:.:.ノ
     |:.:.:. 八.:. ,ィ二三ニム.`:.マ二二二ニニニニ|:.:.:.: ∧    それを何百回も何千回も繰り返した
      {:.:.:/.:.:.:./ニニニニニニム.:.:.:.:マニニニニニニニ|:.:.:.:〈/.〉
      |:.:イ:.:.:.:.lニニニニニニニニム.:.:.:.:.} O ∩ Oニト、.:.: ∨
      ∨|:.:.:.: |ニニニニニニニニア.:.:.:.:}ニニ ニ⊃ニヽ.:.:.ヽ
      ∨.:.:.:.:マニニニニニニニア:.:.:.:.ハニニム マニニニム,:.:\



.              /                         ‘,
             /     .::::/:.                    ‘,
              .′    │V.:i|       i  i    i   ‘,      ‘
          :     i   |''"´i|  i   |  |    l:   ‘,   ‘,    .
           i i  |   |  i|  |   |  |    |i    ‘,   ‘     :
           | |  |   |  i|  |   |  |    |i    ‘,  |   |  i
           | |  |   i  .八  、   :、 :、   、     ‘  :|  |  |  『 だからイリヤはとうとう決断をした 』
           | |  |   L. ‐-\_\_,, \ \.___\‐-ミ :! :!  |  |
              |  |   |  ___ \{\  i|\(\__」\  |: /.:. │ !
             Ⅵ   |   |/,ィ示ヾ   \{   ,ィ示ヽ\、|/.:  │ |
             ,: | _ ..-‐《 {i:::::::::i}          {i::::::::::i} 》‐- .._│ |
.            / |       |  V辷シ        V辷シ .′     | │
           /  :|       |                 i      |
994 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:55:06 ID:kJSFUMws
                          xヘ         ,  -―- 、
            , -―‐- 、     ,.: / :. :.、   /       \
           /       \  / /   :., :.、/          \      次作り直した『弟』には
           /          ,.:'.:  '    '  :丶               \     高位存在としての記憶も能力も引き継がせなかった
       /    .       .〃:'i /:.、 :/\  :i:.、. .    \: . .     ヽ   
        〃     .:     . : ::〃+ :!:': :  :ヽ/  :丶i :.、: : : .  :.ヽ:l:      l   代わりに『魔族』を統率する役割と
     /     :   . : : : : /:   /      |     ',  ::, : : : . . : :l:|:      l   『人間』に憎まれ時が来れば『勇者』に殺される
     ,        :|: . : . : : : : /:  ,       |     +,  :::. : : : : : : |        |   『魔王』の役割を命令づけた
     |      l: : : : : : :.:/+ /      |     :i  ::+、: : : : :,'      |
     |      ',: : : : : :./:  ,.:、     .人     ,:.、  :+: : : :/       |   新しく生み出す箱庭世界の『住人』として
     |      \: : : :.:i、 /+ ゚:.、   /  ::\  /  + 、+: : :〃       ハ
     l: .         \:.:.:|::i+    Y‘     ::+'     |:; : /        . :}  当然魔族も人類も勇者もイリヤが作り出す生き人形だ
      ,: :         ヽ+:.i     :i         :|     l:/       .   .:;'
     ヽ: .         ヽ:、      :i       i    〃       .:  . : :/   イリヤのプログラム通りに動くだけの存在
      〉: : : : . .     \:\ 、:. / `::. . . .  '´ 丶+/  . : :   . : : . : : /
      {: :|: : : : : : .    : :\j+i'      y'´ , -―='´. . : : : . . . : : : . . : :/:/    魔王を憎む人類、魔王に人類への憎悪を吹き込む魔族
      八J、: : : : : : .     : : : : `丶、   :! ∠ -―--‐'. : : : : : : : : : : /: /
         \: :.',:r‐ 、: : : : : . ⊂ニ´ ̄ ̄ ̄´  . . : : : : : : : : : : : : : ::/ {/     魔王を殺す勇者 魔王は必ず勇者に殺されなければならない
          ヽJ:丶、`  ー--‐ ' ̄: : : : . . . : : : : : : : : : : : : : : :/
            >―≧=ー--: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : _/
             ̄` ー――――一ァ一': : : :_彡 '´  ̄
                         ̄ ̄ ̄



:::::::::::::T::::::::::{:|Ⅵ:| ,ィ´≧r、::| {|  ,イ::|:::|::}:|: :/_,|:_:!__,|: | マ : : |マ_,{: : :|: : .
::::::::::::::|^ヽ::/  Ⅵ {  て刈リ   , イ|:::}:/:/リ: {  Ⅵ  !: ! マ: :.| }:/l: :/: :l!:,
::::::::::::::|(ヽ     `    弋(ソ   { |!{//イ:{|: : | ,ィチ㍉`リ  }:./イ示:/l: :リ ゝ
::::::::::::::ト、ヽ                 ヾ、: |{/{!:Ⅵ:!{ら::刈      / {刈 イj!:/   『勇者』は弟が愛した女たちのデータを元に作成した
::::::::::::::|\ー 、             /: ヽ-、 ヾ!弋こソ      ゞ゚' !{/
::::::::::::::| 从! \       ( V  ,:': : : : :ー 、          '   八    と言っても彼女たち自身が『サクラ』のコピーのようなものだった
:::::::::::::::、   |   > .         ,.イ: : |: : : : : :ト、      ー ‐   /:|
:::::::::::::::::ヽ--、    ` ,:......._,..:'::::::マ: :!: : : : ,-'_ >      イ: : |リ     
:::::::::::::::::::::\ `ヽ、  {\::::::::::::::::::マ:ハ:|、::/  `ヽ、  `¨ ´: : : r77/ ̄`ヽ、
995 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:55:40 ID:kJSFUMws
            人'//////////////////////////////
.             Y厶////////////////////////////
            } ` ァ-=ニ _////////////////////ノ  イリヤは勝ちたかったのだ
           ,′ 〃      ̄ ¨  = ==r…  T¨{´
           |   .:                |    ` ',   最愛の弟が『サクラ』を選ばず己を選ぶ
           |   i                      i
            j  |                       |   そんな未来を手に入れたかった
.             '   |              i      |
          i    j             |     |   そうでなければ一度裏切られ
           |  /,′              |、     ,
            |  /イ!     i          い     i   汚物以下の存在を己よりも優先された恥は消えなかった
            l .川j      |          トミ:     |
             i_厶斗ハ     |          |  \   |
.        _ .x'≪77|  i     |          |   、   |   しかしどれだけ待っても願う未来は訪れない
         ////////j       |          |       |
       j///////〃  l     |          |       :.   だから彼女は次の手段に進んだ
        .′//////:i   l     |          |      ハ
     /////////|  :     |          |     /  }
.    //////////.:|   |    |          |       イ
.     /////////// |   |   |          {      八
   //厶 ///////|   |   |        丶      ヽ
   く:///////////|   |   |             \      }



       、   . : .::.::.::\::.::.::.::.::i:::.::.: . : . :.:. : . . .
         ` ー::.:.:. . :.、::.::.ヽ::.::.:_|::.::.:.:. : :: : :. : .
          . :.:..::.::.::.丶、::.V´ !::.::.: : :. :.: .:       これから弟は『魔王』だというそれだけの理由で
            .:.::.::.::.::.::.::.\l  |::.::.:.:.: : . . 
          .::.::.::.:::.:::::::::::/⌒「::.:: : : . :        それだけの理不尽極まりない理由で、人類に憎まれ奪われ
         .:.::_.::_.:::::::::.: イ    }::.::.:.:. : : .
      ー‐. :.::.::.::.::.:.イ「 !   :;::.::.:.:. : : . : .       最後に勇者である『サクラ』のコピーに殺される
 ー──── ‐‐:.:.ィ「 ! } |  } /.::.::.::.::.:.:. : : . :.
        .:.::.rf千l ! | l∠L/..::.:、::.::.::.:.:. : : . : .     これを繰り返せば弟は人類を憎み、サクラを憎むようになるだろうと考えた
       ,f 「 i「T l」 ! |少'.::.::.::i: .:.::.::}::.::.::.:.:.:.:. : .
     ,ィ「 !! l |少'.::!:.::.::.::.:{::.::.::.:|::、:::.::.::.:.:.: : .. .    当然憎むようになるまで繰り返すつもりだった
     fⅥ! | i| | lr┘.::.:::|::.::.::.::::',::.::.::.l::.::.、::.::.::.:.:. : : .
     l 刋!」少′.:::.:::.::l::.::.::.::.::丶::.:::', ::.::.、::.::.:.:.: : : : .
丶、  `¬宀´.::.::.::.::.:::::::::',::.:. : .:::.::. \::. .  ::.::.::.:.: : : :.
  丶、  .:.::.::.::.::.::.::.::::::::::::::ヽ::.::. :.:.:::.::.::ヽ  .::.\::.::. : . :
996 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:56:19 ID:kJSFUMws
         , -─‐──‐-、
        /、ハ,        \                  そして『魔王』は殺される
      /^ <  て        \
      l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、           そして又『再生』をする
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、    魔王の配下は人類を、そして『勇者』を憎み
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ   幼い魔王にその憎しみを吹き込む
     ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
      ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_                そして魔王は成長し又勇者に殺される
   ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
      - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
        廴_i!i!ノ



            /     |    | l   l   l   |    |
              |      |   | ト、  ト、  ト、  ト、   |
              |       ! , -ヽ!、ヽ | ヽ | _ヽ|_ ヽ |
              |    │´    、 ヽ!  '´!    `丶.|
              |     |   ___       ´      |   当然『弟』を殺した『勇者』をイリヤが許す筈もなく
              |      |_〃´ ̄ ヾ     ィ==、、  |
              |      l|               ヾミ |   任務を終えた彼女たちは直後に惨たらしく殺された
              |    /l      丶         |
   -、        |     |八      Y  ̄ ̄}     /_|    しかも今まで魔王討伐の旅を共にしてきた『仲間達』の手によって
   {  \     │  ..:.:|:.:l:ヽ.     !    l    /!:.:|
    \   ` ー─ 、|  :.:.:.:|:.:l:.:.:l:i\  ヽ __ ノ   .イ:.:.l:|:.:|    その死代々の権力者たちにより魔剣の力を奮った代償として処理された
     ゝ、 _   ヽ  :.:.:.:|:..l:.:.:l:l:._:_| 丶、__,.. - '´ .:|-┴-:|
   r/  /   /二´  \:.:.:.:|::.l_/´ r | __r‐y─ヘ :|::::、:::::|    そうするようにとプログラミングされていたからだ
  //  /   /´:..::/´   ト、「「/  〈/  //    }|:::ノ:::::|
  l { 〈  〈::..:/  ..:ノ::}:::|リ{  /   〃     ノ´:.::   |
997 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:56:55 ID:kJSFUMws
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三     遠い過去勇者の一人であった蒼星石も
        /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽ:`、:::::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヾー--ト ,._ヾ:: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三    仲間の裏切りの結果瀕死の重傷を負った
       |::l!:::::::/::::|,.-‐'、:l ヽ-ゝ ゝォ=ミ≡ァ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|,ィ= 、\     r::::ハリ イ:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /      しかし当時の魔王の親友であり片腕であったやらない夫に
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ-r'っj/!イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|rぅ-'         `.j /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l          道化極まりない一生を哀れまれ
      /  l:::ヽ:::ヾ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
         ヽ:::::トー`  r 、        ,   /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,           「生きたい」と願ったことで救われる
          ):::ヘ    ー'     u´ /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´




          〈/ /   /   /  イ /          |          |:::レ::∧/ |
          / /   /   / / l ′          ;    ,    |ヾ イ / /
        ′/   ,,   l  | | |           / .′   /   l |、}:::K ∧ /  もう一人の生き残りの勇者である水銀燈も
          | /| ″ l | | | |       / /    /     ト、::ノ //
          |'  | |l   |`ト、l | | |         / /    /    / | |:| ´  /   魔王討伐後味方から剣を受け重傷を負う
        /l   | ||   |⊥ 〕ト、l |      / 〃   /′   , ′|l:|  /.:: 
ヽ   /  /|ハ  l|ヾ汀トミメヘ     /// ∠ _/___/   , jノイ::::::::::    仲間達を全員切り伏せ死に行く中で
 \/   /   |′ヘ  | 、ヽゞソヾヽ / 斗≦三..,,/ -‐' /   / ′:::::::::/
\ \/    |   ヽ.|  `  };;;{  u  〝{ リ ノ厂>/     ' /.::::::::∠     かろうじて息のあった魔王に治癒をかけられ
_\ \ \   !   \ ij   /    };;;{`¬彡 , ′ /  ∧.::::::::::::::
:::::.\}:.、__\ \/|    |ヽ    ゙     ;;;i!    / /   ∧|::::::::::::      そうして『真実』へ辿りつくことを託された
:::::::::::::::::::::::::.\ \l     |/ \   r=-_、   U ∠ イ     /.:::| |::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    | }\\ 辷ー'     ィ:::::/     '.:::::::| |\:::::::::     結果彼女は真紅一行の仲間となり彼女らを導くことになる
::::::::::::/ ̄ 二ニニィヘ.   l /.::::.\丶_ -‐ 7´:::::|:::/   イ::::::::::::|/.::::.\:::
:::::::::/ /.::::::::::::::::::::::::::::.\ '、:::::::::::::`ー >┬くニニУ  /.::l::::::::::::::::::::::::::>\
::::::/ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::::::/ィ:TT:ト、ヾ ' /ヘ::::::|::::::::::::::::::::/   /
998 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:57:35 ID:kJSFUMws
.

          __                          時は満ち箱庭世界に生まれた二つの『バグ』
        /::::::`ー-i
          ヾ.:,.-―ヾ\_    r┐
          / / / ハヽ、::「!::〈_   rL.7             それはどちらも少女だった
     _  i! ヽ l ! ノi',::!|ノi ハ/::::::/
  r' ̄「::\ } ・   ・  .!:リ-、! |:::::/    ___________       『魔王を殺せ』と言う
    ̄{::::.:::::ヽヽ"ー' "イ...|l{y}i |/   ∠::::::::::::::::::::(,r_‐-、
      ̄`l;;;::::〈:〈 薔 〉:::::::} l l   /::::::::::::::::::::::::::::)>┴‐'   創造者が遺伝子よりも深い部分に記した命令から
       ( (~::~~~~^~::( (/:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
        ≫ ヽ:::::::::::::::::::::::≫:::::::::::::::::::::::::::::ノ        解き放たれた結果枷としての呪いまでかけられた『勇者』
         ≪   ヽ,:::::::::::≪;;;;:::::::::::::::::::::::::ノ
           ≫    \::::::::::::≫:::::::::::::::::ノ           しかしそれでも彼女は『自由』だった
              {:::::::::::::::::::::::::::ノ
              i::::::::::::::::::::::ノ
              i::::::::::::::::ノ
               ~~i~i~~
               }ー1
                {ーリ
               └'



                           ___
                   __ /: ̄ヽ_ ̄ ̄ ‐ 、
                      |  /: : : : : : : : :ヽ/:|__  \
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|―.、 \\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : ヽ. \\
                  /: : : : : : :_: /: : : : : : : : : /: /: : : : : : :',  ヽ
                     /: : : : : : :./\ : : : : : :.//: /.!: : : :|: : : :   `    そしてもう一人
                |: : : : : ∠'心 : :`: : : :/// |: : : :|: : : : |
                |: : : : : /!ん'ハ ̄ ̄´ //_  |: : : :|: : : : |
       ___        |: : : : / 込zン    /'   `\!: : : ,: : : :/   /   まるで『サクラ』の生まれ変わりの様な
   z≦三三三三二≧ュ、.ヽ: : :/  `¨′     "¨て心. |`: /: : : /   /
. ,.イ三/二二二ニ==ュ、三三ハ: :{          んしハ》ヽ/: : : /   //   歌声を持つ計算上にないローレライ  
会ニ/二/ ̄ ̄\二二>‐-ヘ: 、  ′       ゙ヽz:ン"/.: : , ′  /: :
ニ/二ニ/      ヽ二二二ニ>.ヘ  ヽ_ゝ         /: : :/    ./: : :
イ二二ニ\___ // ̄ ̄\ニ∧ \       ,.. :": :; イ´    , ′ヘ: :   彼女は『魔王』を慈しみ愛した
二二二二二二二ニ/      ヽニ∧ ヽ__ー=ニ-ニニ/     /: : : : ヘ:
I / ̄ ̄\二二二\__ / ̄\ヘ   〉: | /   /      ∧: : : : : :    その歌声は懐かしくやる夫の『魂』を揺さぶる
/      ヽ二二二二二ニ|::::::::::::::::\  ハ/    /     /  V: : : :
\___ // ̄ ̄\二二>、::::::::::::::::ヽ/厂     |      |   V: : : :    サクラの声を『シロウ』が憶えているのだ
ニ二二/ ̄ヽ     ヽニ./三ヽ::::::://へ  __  _ `      |   V: : :
三三/::::::::::::::|___//三=/:::/ / ̄ヽ/  / ヽ ヽ     !     V: :
‐寸/:::::::::::::::/二二ニ/三=/:::::厂 ̄/::.::.::.::.|  /  |\ |    :    ∨:
999 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:58:10 ID:kJSFUMws
.

    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :    二つの奇跡と出会い関わり
.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :
      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :    『魔王』は今度こそ
      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :    死の運命から逃れられるのか
      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :   
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..   
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙



                        , -‐ ´ ̄` ‐- .
                       ,__ _        `ヽ、
                , '´ , 彡'⌒^⌒^ミ丶、: : : : : :    'ハ
                 / /∠二r辷_   `ヽ\ : : :     ハ
                /,:':::/::.:/::.::.;:.:`¬、  ハ: : :     ハ      歪んだ創造主から解放され  
                    //::.:/:::/::.:::/::.::/::;ハ  } l: : : :      ヘ
                  ヽ,'::l::/:斗-x彡::.;:イ_/ |:l:ハ  ) \: : :     ヘ     安らかな愛を手に入れる事はできるのか
                l|:::|:l|:/、厶::.:/ /:/ `!:::!::j斗-‐'′: :     .} 
                   ハ:lノハ` ̄   ヾ==ッ::/:/:{::|、. : : : _     /     望む結末はあなたの心の中に 『在 る』
                ∧ト、:ヘ.  、 '__ ""/::/:/r┘| ` ̄    ̄`'ヽ'   
                 /::/厶_/::ヽ、 _ 彡ィジ ハ::|:::l: : : : : :     ヽ,
.                /::/イ_/ r =トr<^ヽ !_j:::l::!::ハ: : : : : :       ハ
                /::/(_∧〈_r仆`ヽヽ)l|ムヽ、|::|:l:::ト、: : 、: : :     ハ
.               /::/に/ j `了/| l Lノ八|l丿 : l:::l:|:::|::ヽ: ヽ: : :       ハ
              /:'´(_/r┘ //X ! ト-'′(l| う: : !:ハ:::、:::`、ヽ、: : :      i、
          ,.イ: : :(廴て__l_| }l{ | |!   rJ!i┘: :丶::ヽ::ヽ:::ヽヘ.: : : :    ハ
          /r 介x :`ーヵこ/_Z_⊥レヘ_爿j_) : : : : \::.:::丶:丶ヘ : : :     ハ
         .:':::/∨lト、_〉}:/丿;'∨lX7‐冖-r彳: : : : : : ;ノ::.:、:::ヽ:::l ヘ.: : : : :   ハ
        /::.:/:.://l|.:>'⌒ヽ;';';'∨;';';';';';'人:`ヽ; -x-ヘヽ::、:、::.::l::|
        ,' ::/:_://// : : : : :V7;';>' ´ ̄`ヽ《 :小、:/〉|:::l::、::.::l::ト、                             <完>
1000 名前: ◆hrPgATdXSI :2013/03/11(月) 11:59:26 ID:kJSFUMws
┌─────┐
│お詫び  ....│
└─────┘

大体こんな感じの設定を使った話でした。
最終的にイリヤに次ぐ高位存在であるシロウの力が目覚めたやる夫と
創造主からの命令干渉を一切受け付けない真紅とそれぞれの味方によって
イリヤは違う次元へ追放され、やる夫たちとは永久に決別。
世界は高位存在の干渉を受けないいわば神去りし大地となります。とりあえずハッピーエンドです。
しかし前提としての設定がこんな感じですので中盤から後半は、あれな感じで味方が次々と大量にあれしちゃう上
翠星石もイリヤに利用されあれされちゃうので、最終的に全員生き返るにしても描写する事が現状の自分では無理でした。
イリヤの正体が正体だけに結構ダイナミックな感じになってしまうので。今の私には無理です。根性無しですみません。
ちなみに、やる実やレミリアは『この世界おかしくね?魔王と勇者の件とかなんかおかしくね?』みたいに薄々感づいていました。
ただ自分たちだけじゃどうにもならないと知っていたので特に判りやすい行動は起こしませんでした。
弁護をすれば時期を待っていたということになります。
長門さんは、やる実のつくったホムンクルス兼一番弟子でした。やる実殺すよと言われイリヤのパシリをしていました。
赤の国の国王陣も真紅程ではないですがバグっています。赤の国の血統自体に元々些細なバグが積み重なっいて今回で派手なエラーが出た感じです。
なので魔王討伐後の勇者を始末するとか考えていませんでした。だから勇者の仲間も真紅が適当に連れてきたのにOK出しました。
イリヤが翠星石、水銀燈、蒼星石、真紅の勇者組みを何故ほいほい生かしておいたのかと言うと『嫁いびり』のような感じです。
翠星石のことは真紅に殺させるつもりでした。
結果『勇者』をやる夫が勇者を憎むようになったら高位存在としての力を目覚めさせてやり
やる夫自身の手でサクラのコピーである水銀燈たちを世界ごと滅ぼさせる計画をわくわくとしていました。
その為に翠星石とやる夫がいちゃいちゃと絆を深めるのを放置していました。
ちなみに薔薇水晶と雪華綺晶は『シロウ』がこっそりと創り出していたシロウとサクラの子供のようなものです。
双子は長い間存在を隠すように封印され隠されていましたが、とうとうイリヤが気づいてしまいました。
殺してやりたいぐらい憎い存在ですが確かに弟の一部でもある為、自分の手で消滅させることも出来ず箱庭世界に捨てました。
そうすれば、いずれシロウ自身が世界ごと消してくれると思ったからです。
イリヤはシロウ自身は何回も殺害していますがその度に同じ材料を使い生き返らせているのでノーカンだと思っています。
殺したのではなく作り直した。リセットさせてあげた。そういう思考回路なのです。
イリヤを別次元放逐後は、高位存在の力を使いきり子供のままのやる夫を翠星石たち魔王軍勢が相変わらず親バカ全開で子育て。
勇者陣ですが、水銀燈は先代魔王が見たかった景色を見る旅に出ます。金糸雀も一緒です。食べ歩き目当てです。
尚、真紅を勇者として働かせる為イリヤがかけさせたジュンに対する眠りの呪いはとけました。
しかし真紅が犬になる呪いは真紅の自業自得が原因の為とけません。なので真紅はやる夫の貞操を狙いっぱなしです。
そんなこんなで解決後は翠星石VS真紅のドタバタ対決で仲良く喧嘩している毎日になると思います。
これらをAAストーリーとして最後まで書ききれず申し訳ありませんでした。

以上で本編のエター宣言とさせて頂きます。
何かあれば ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1332982469/
ヒロイン板の件教えてくださった方々ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

最近更新を見ないと思ってたらこういう事だったのか。
作者さん好きな作品ですよ。
お疲れ様でした。

ええええ!?好きだったのに残念!!でもお疲れ様でした

キャラと風呂敷を広げすぎた結果終われない話の多いことよ

おつです
作者さんは同時に複数の作品持ちすぎたね

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。