2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

>>754>>759
中堅・ベテランクラスになるとこういう悩みが出てくるのか。
今までひとつしか作ってないんだが、正直自分の作ったものは大好きで仕方ないしw,その感覚はわからないなあ。

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫スレのはじめかた 第5章「テーマ選定とストーリー構成」

2009.12.30 (Wed.)

第5章「テーマ選定とストーリー構成」では、テーマの選定・ストーリーの組み立て方や、短編と長編それぞれでの脚本の違いについて説明します。物語内での伏線の建て方や、登場人物の選び方については第6章をご覧ください。

やる夫とやらない夫による『作品テーマ選定』

132:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:06:46 ID:aOBNqeGM
テーマ選定について、投下してみようと思います。

ちなみに舞台は>>4からのパラレルワールドという設定です。
勝手にネタを拝借するようで申し訳ありませんが、よろしいでしょうか?
133:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:08:13 ID:mwPZvNs2
どうぞどうぞ
134:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:08:36 ID:g3rhws0Y
テーマ選定は気になるな、見てみたい
135:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:09:47 ID:aOBNqeGM
ではいきまーす。

────────────────────────────────────
            ついに、やる夫はやる夫作家となった。
────────────────────────────────────

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) ::::::⌒(__人__)⌒:::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //     
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /|^| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|     ノ     | |  |   \| |              |   ふひひひ!人気ゲームが元だから、
ヽ    /     `ー'´     | |              |   やる夫もすぐさま人気作家になること
 |     |   l||l 从人 l||l.   | |      VAIO.    |   間違いなしだお!!
 ヽ     .---一ー_~、⌒)、⌒)^),| |              |
  ヽ _____,ノ|二二二二|_|_______________|
136:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:10:20 ID:aOBNqeGM

────────────────────────────────────
                     数週間後
────────────────────────────────────

 .         ____
.        /      \
.      /         \     ダメだお・・・、
.    /     ─    ─ \    スレは荒れ放題荒れて、
.     |     .(ー)  (ー)  |    乙なんか到底もらえそうにないお・・・。
      \     (__人__)  ,/
.     ノ      ` ⌒´   \    作るのも大変だし、それに・・・。
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    有名やる夫作者の安川さんが
  / o゚((●)) ((●))゚o \  同じテーマの作品初めて、
  |     (__人__)'    |  しかもやる夫のなんかより
  \     `⌒´     /   よっぽど面白いお!
137:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:10:44 ID:aOBNqeGM

         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \    ああ、これでやる夫の黒歴史が
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ    一つ増えたお・・・。
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ    こんなはずでは・・・・・・っ!!
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    あきらめるのはまだ早いだろ・・・。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
138:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:11:14 ID:aOBNqeGM

      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°    や、やらない夫〜!!
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜   いいところに来たお!
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |   これからどうすればいいか
  \     ` ⌒ ´    /    教えてくれお〜〜!!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、    うん、もう起ったことだけは
  |     ` ⌒´ノr川 ||    どうしようもない。
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;     やらない夫〜
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;    あきらめるのはまだ早いとか
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;    言ってなかったかお?
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;
139:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:11:39 ID:aOBNqeGM

       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱    はっはっは〜!
.     | ::::::⌒ (__人__)    いやな、俺実は超能力者で
.     |     トエエエイ    時間を操ることができるんだよ!
.     ヽ     `""´}    ジョジョでいえばキラークイーン バイツァ・ダスト
      ヽ     ノ     の強力版みたいなやつ?
       /    く


       ____
     /      \
   / ─    ─ \     なにそれ?
  / -=・=-   -=・=- \   ご都合主義?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     うん。そういうこと。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)    ただ、初の作品がこんな形でエター(打ち切り)
  |     ` ⌒´ノ    とか、さすがに多方面から叩かれるだろ、jk。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ   そういうわけで、これからお前が作者になる前まで
   ヽ    ヽ く    戻るぞ。
   /     ヽ \
140:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:12:10 ID:aOBNqeGM
────────────────────────────────────
                   タイムスリップ!
────────────────────────────────────



            / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_\
          .|  (●)(●)  |   で、戻ってきたわけだが・・・。
          |  (__人__)  |   
          っ   `⌒´   |   早速質問だ。なぜやる夫はドラゴンファンタジー5
         / ミ)       /   をテーマに書こうと思ったんだ?
        / ノヽ      /    (以下DF)
        | |/      ヽ
        |  | /|     | |


          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\     それはもう、DFは国民的RPG
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   だからだお!
    |      `-=ニ=-      |   それをやる夫の手で書けば、大人気
    \      `ー'´     / +  間違いなしだお!!
141:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:12:47 ID:aOBNqeGM

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   うーん、実にやる夫らしいポジティブシンキングだ。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)  だがな、考えてみろ、国民的に人気のある作品ということは、
   |      (__人__) /;;/  プレイヤーの中には安川さんみたいな人もいたっておかしく
.   |        ノ l;;,´    ないだろ。
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´       要するに、人気があるっていうことは、ライバルも多いだろ。
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


           _-─—─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ    た、たしかに・・・。
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)     それにだ、もう既にDF5勇者ネタのやる夫スレは
     |     (__人__)     あったぞ、しかも、やる夫より1年近く前に開始
     |     ` ⌒´ノ     して、やる夫よりもよっぽどデキもよかった。
       |         } \
     /ヽ       }  \  お前、ちゃんと調べたか?もし同じネタで
   /   ヽ、____ノ     ) やるにしても、それとは差別化したほうが
  /        .   | _/ いいだろjk。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (   ちなみに安川さんは勇者ではなく賢者の視点から
   \  /   /⊂_)    作品を描いて差別化している。
149:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:17:57 ID:HdkpSawI
安川さんwww
142:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:13:11 ID:aOBNqeGM

          ____
       / ノ  \\         じゃ、じゃあ何を描けばいいんだお?
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   それぐらい自分で考えろ・・・
.   |     (__人__)   といいたいところだが、やる夫の
    |     ` ⌒´ノ   おつむじゃ思いつかないだろうから
   .l^l^ln      }    一つアドバイスしてやるだろ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ    漫画ネタなんかどうだ?
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


      _____     ━┓
    / —   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・  漫画?なんで漫画なんだお?
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |
143:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:13:55 ID:aOBNqeGM

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \    (期待通りの頭の悪さだ)
      |    ( ●)(●)   AA作品そのものの性質を考えた
     . |     (__人__)   場合、その性質は漫画に通じる点が
       |     ` ⌒´ノ   おおいだろ。
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }   実際、AAキャラクターの多くは漫画が
       ゝ  ノ    ノ    元だったりするしな。
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    それに、漫画の構図そのものを
   |      (__人__)   真似るだけでも、結構見栄えがよくなる
.   |        ノ    もんだ。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ    ただAAに台詞くっつけたのが作品として
  (.  \ / ./_ノ │   面白いわけないだろ。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
144:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:14:21 ID:aOBNqeGM

────────────────────────────────────
「例えば、やる夫が怒りに燃えているとしよう」

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  ふざけんなお!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

────────────────────────────────────


────────────────────────────────────
「これに、『ゴゴゴゴゴ』をくっつけてみるだろ」

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"
               .____
            ;/   ノ( \;
           ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
         ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  ふざけんなお!
        ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
        ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

────────────────────────────────────
145:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:14:52 ID:aOBNqeGM

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    これだけで、随分「怒り」
. |  (__人__)  |    の感じが違うだろ。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)     なるほど!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    じゃあ早速超人気漫画
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\   トラコンホールでスレ立ててくるお!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


   / ̄ ̄\    まだ話は終っていない!
 / ノ  \ \  それにお前に人気作など10年
 |  (○)(○) |  早いわ!
. |  (__人__) .i,r-v'ヽ、ノ ̄ ̄ ̄\
  |   ` ⌒´ r‐く   ヽ'\ノ  ヽ、_ .\
.  ヽ    .ノ   \ \.))))  .(( ◎))゚o ずびばぜん!
   ヽ  イ   \  ヽ い)__人__)'   |
   /  .|  \_  Y  )ノノ ノ .ノ .   /
   |  ,ゝ、 マ_ノー彡'´  `⌒´   <
    | ..  .'rー=≦'"
146:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:16:19 ID:aOBNqeGM

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    お前なぁ、42巻もあるあの
. |  (__人__)  |    超大作をやろうなんてDF以上に
  |   ` ⌒´  ノ    無謀の極みだろjk!
.  |         }
.  ヽ        }     もう少し、手短にすむ作品はないのか?
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)   一つ、短編漫画とかがいいだろ。
   |      (__人__) /;;/   基本一話で終るし、長編にはない
.   |        ノ l;;,´    意外性のある展開は目を引くだろ。
    |     ∩ ノ)━・'     やる人も少ないだろうしな。
  /    / _ノ´       
  (.  \ / ./   │       ちなみに、小説だが短編やる夫ネタとして
  \  “ /___|  |        星新一(バーーローー)なんか割と
.    \/ ___ /       定番だったりする。


     ____
   /      \
  /  ─    ─\    でも、短編漫画でスレ立てとか
/    (●)  (●) \   アリかお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
147:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:16:44 ID:aOBNqeGM

        / ̄ ̄\        // // ////
       /ノ(  ゝ 、_,ノヽ      ___,--、   誰も一言もスレ立てろ
      | ⌒(( ○)(○)      ( ) ) ) ) )   とは言ってねー!
.      |     (__人__) /⌒l  |      ⌒`i
       |     ` ⌒´ノ |`'''|  |     '、  |
      /⌒ヽ     }  |  |  |  /    /
     /  へ  \    }__/ /  /         |
   / / |            ノ_ /       |
   ( _ ノ    |   .   ⌒ヽ_/          }
         |        _____\    ノ
         i     / ̄       `ー-''
         \_/ /     _/⌒  ⌒\_
          _ノ   /    /:●))(__人__)((● \ ぐぇあ
         (   /    |     |r┬-|      |
          |_ノ''      \      `ー'┃     /


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |   まずは、短編スレに投下すると
. |  (__人__)  │  いいだろ。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   ちなみに、短編スレの定番2つを挙げておく。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.42【練習用】
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1254752475/
中編、短編投下所4
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255021906/
148:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:17:44 ID:aOBNqeGM

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     短編やる夫作家から
   |      (__人__)    長編やる夫作家になった人も
.   |        ノ     少なくはない。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ     それに、短編だと大体において
  (.  \ / ./_ノ │    懐中コオロギさんの「やる夫短編集 阿修羅編」
  \  “ /___|  |    に拾ってもらえる。
.    \/ ___ /
                 ここは有名まとめサイトだから、多くの人に
                 見てもらえるだろ。

ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/


           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧   ちなみに、スレ持ちの作者が
        |    (__人__)|    売名・・・いや宣伝のために
        |     |r┬| }    作品を投下することもある。
         |     | | | }
       .  |.    `ニニ  }    これ書いているID:aOBNqeGMがその目的で
       .  ヽ      }     投下したんだから間違いないwwww
          ヽ    ノ
150:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:18:14 ID:aOBNqeGM

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    そうかお。
/    (●)  (●) \   じゃあ手元にあった
|       (__人__)    |   赤山昂昇短編集から
./     ∩ノ ⊃  /   書いてみるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)   赤山先生の短編か・・・
          |     (__人__)   実はグダグダ続くあの探偵モノ
        |      ` ⌒´ノ   より、俺こっちの方が実は好きなんだよな。
          ,|         }
       / ヽ       }    期待してるぞ。
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


────────────────────────────────────
                   そして・・・。
────────────────────────────────────
151:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:18:50 ID:aOBNqeGM
──────────────────────────────────────

637 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2009/10/13(火) 17:47:29 IDXXXxxx

赤山昂昇短編集より「ショットまってて」

おわりだお。


638 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2009/10/13(火) 17:48:52 IDXXXxxx

乙!おもしろかったよ!


639 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2009/10/13(火) 17:50:32 IDXXXxxx

乙でした。
この作品好きだったなぁ。

──────────────────────────────────────
152:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:19:20 ID:aOBNqeGM

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。      やったお!乙10個近くも
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     もらえたお!
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ

────────────────────────────────────
             こうしてやる夫はやる夫作者としての
               徐々に力を付けていくのでした。
────────────────────────────────────


おわり
154:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:21:20 ID:aOBNqeGM
注、この作品はあくまでID:aOBNqeGMの持論であり、
人によって作品を書く理由は様々なので一概に
こうするべき、とはいえません。

また、この作品はフィクションであり、登場する人物、作品名等は
現実とは一切関係ありません。
153:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:21:02 ID:HdkpSawI
乙でしたあ!

こなたとかがみによる『ストーリーの作り方』

155:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:22:29 ID:1QAvrZy6
じゃあ、こっちはストーリーの作り方についてを
156:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:25:22 ID:aOBNqeGM
おお、期待しています!
157:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:26:18 ID:1QAvrZy6

      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_  __ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )           ̄ ̄>:.:. .::.::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::\.::.::.::.:\
  (´   ─、,,_  入_____ク            /.:.:.:.::.::.::.::.:: | .::.::.::.::.::.::.: | .::.: |.::.::.\.::.::.::.:ヽ
  }         \_/   /              /:.:.:/.::.::.::/ .::.: |.::|::.::.::.::.::.:: j :.::.::|/.::.::.::.\.::.::.: ',
  {   ─、,_   !   、ゝ、           _/.:.::i.:.|.::.::.: ,'.::.::.::.:|.::l::.::.::.::.::.::ハ.::.:∧ .::.::.::.l.::ヽ :.::.l  俺がコイツを———
  ヽ      ヽ/  /´|ヽ ̄\       ̄「:.:.:!.:l ::.l .::|:\:/ |.::l .::.::.::.::./  ∨.:ハ.::.::.:.|\|::.::.:|
   ヽ ¬─-ー"  /  ヘ |`    \       |:.:/| l.::.:!.::.| .::/\!∧ :.::.::./ __/∨ |.:::.::.:|.:| .::.::.::!
    ゝ、_     _L /  |      \    |/ |:..::.ハ.::.l :,'   `ーヘ.::.:∧ 三三三 |.::|∨::.|.::.::.::.|
      `゛ー< /   !       ヽ._ _     リ∨ ヘ.:l小. 三三 ∨       ・|.::l.::.::. |^ヽl :|
          ∨  /           ヽ__    Ⅵハ      '      :::::::| :l.::.::.::|_ノ:l :|
           `\            \ ヽ ̄¬_ンーヘ::::::: `ーー ’   │l ::.::.:ハ.::.::V
               `\                 ノ⌒ | l l |ヽ、 _         イ|:l.::.::.:,'.:.::.::.::|
                \ ,..                 | l l | ヘヽ> -‐ '´ん.::リ:l .:: /:l.::.::.::.:|
                    ̄¬ -- ___ _    | l l |   | l l\  ∧ ∨:l.::.:/::.:l.::.::.::.:|
                             `ヽ、__////    V|ヘ ヽ_}_ ∨.:/.::.::.l.::.::.::.:|
                              人彡∠/    V|ヘ  ∨ |//ヽ :.::l.::.::.::.:|
                             /.::.::ヽ、__/  V|lヘ  ヽ j /// }ー-、.::.::.:|
158:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:26:36 ID:1QAvrZy6


            _   _  - —— - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、
           〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./
           /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\      ————やる夫化するんだー!!
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
         〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \
             `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \
            /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
              //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
            //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
         〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
         /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /
. / _〈  l     _/:/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             /: :/
 ¨´  \_>一 ´/: / !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
159:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:27:03 ID:1QAvrZy6


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》     ……で、何を解説するのよ。
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i      やる夫スレ二ヶ月の新人よりも凄い人が、
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ      AA製作からテーマ選定から何から既に説明してるじゃない。
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ
   /  /   iシ j    ,.イ /i /: :〃! /   j    \`/┴'" ̄  j
  /  /   {      / |,': :|,': :〃/   /     /      / \
 /  /    ヽ    /  《 ヽ: : イ    イ    / i     / ',
/  /      ヽ_イ/   > <     ヽ <¨´  ̄    /  i
  /         ,'  | /::::i~i:::::::ヽ     iヽi_     /   }
           i  } |::::::::;' |:::::::::j     / /: : :\__/    l
 i         l   )ー,:;'  ヾ -' /   / ヽ:_:_:,..イ}      j
 l         {  ヽ //   ‖イ ̄`イ   ヽ ト' )i      l
 ヽ        l   〃ー---‐ヾヽ   ヽ   ∧''" ,'     ,'
  ヽ       l  〃{  i    |::|    i     ', /     /
164:テーマ選定:2009/10/13(火) 18:28:53 ID:aOBNqeGM
>凄い人が、

ちっとも凄くありませんwwwwwww
160:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:27:22 ID:1QAvrZy6


  |:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|   '. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\:.:.:.',
  |:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ′   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ∨.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \:.'.
  |:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ/ /    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|   y'.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧   ヘ.
  |:.:.:.:./.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \,′   !:.:.:.:.:.:/|:.:./,/ '.:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.:/.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./   /` ‐-‐'|:.:.:./ |ァ'´    |:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|  まあ、このスレで説明してもらうまで、
  |:.:.i.:.:./.:.:.: '.:.:.:.:.:.:.:/   ,/       |:.:.:/   ′    }.:.| :.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|  テキストボックスさえ知らなかったからねー。
  |:.:.|:./.: rヘ|:.:.:.:.:.:/:.| 三三三三三  |:./   三三三 ハ|:.:.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.l〃.:{  |:.:.:.:./.:.:.|             l.'         .i.:.:.i.:.:.:∧ :.:|ヽ :.:|  本当もう、勉強不足にもほどがあるというか何と言うか。
  |:.:./.:.:.:.\|:.:.:/.:.:.:.:|                '       |:.:.||:.:/  :.:.| '.:.:l
  |:./.:.:.:.:.:.:. !:./.:.:.:.:.:.'、            ,.ー--、    }.:.:|レ′ ∨  V
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:V '´  ̄`ヽ.、            ´`¨¨{. |_.  '.:.:.:.|
 /.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ `    . __. -r1 |:.:.:.:.:.:.:.:.|
 :.:.:.:.:.:.:, '         '. \    | _.   -┴ー──┴┐
 :.:.:.:.:./           |  \  r' |   -──────i'
161:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:27:51 ID:1QAvrZy6


           _ ーーー
        ,>'´,: : ,: : : : : : : : :~> 、-'7     __
   _, -'_>'ヾ,,;;'~,/ ., : : : : : : ,: : : :.,: : /~`''''二-_<~
-''~:::,/ ::::::::::::〉'~: / : : : : : :/. . /M '' :': : : : : :~><
::,/:::::::::::::''/: :/.: : : : : ::/: : .イ: /|.i ,    '' ''大ー .`_.、
.゙!,:::::::::::::::,.': :/: : : : : ::/' : /./:/:;:;l | :|: : : . . .   `.、  `ヽ
, '、::::::::,',ン'/ : : : :::/:;/: /:;.//;:;:;:;|.:;:| |i : : : : .|: . .   V
Vレ〉.::::/ヘ;/: : : ;/:;:;:;/イ:;:;/';:;:;::;;:;:;|;:;:;| .|::|: : : : : |: ハ、 .|
 ./ .'、::::,/: : .,イ:;:;:;:;':;:;:;:;:;':;:;:;:;:;::;;:;:;,/::;:;:| .|;:;|: : : : .|: : : |.V: :|
../ : :::`'/: 、イ ''':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|/:;:;:| : : : |: : : :| |: :|
/: : ::::::;|:/.ソ' ,,  '''''''''''''''''''''''''':;:;:;:;:;:;:/;:;:;:.|: : : /: : : .|  |: |  ……無謀にも程がある挑戦だったわよね。
: : ::::::/,|'^`.-,、''.         ` ::;:;:;:;:;:;:;:;.|: : /./ : : |  |,'
: .:::::/|: ::::::::|::,乂    ,,,,,,_       ''':;:;:;./|: //;|: : /   '
.::::,//|:.: ::::::|.i/ \.  'ー- .,,_` 丶,   , ./ |/イ;;;|: :/
::::// |:.: ::::::|:i    ` ,、    ~`〜    ン'ノ,'- ~.|:./
::/  .|: : : :::||_,,,,/乙i  `ミ, ,,,,,,,., ,- イ~ i:~:.|   |/
'   .|: : : ::::|、;;;;;;;;;;|~   (\ // ,::::: :i i: i   .'
 ,/.|: : : : :|、.、;;;;;;;| ̄⌒\|;;;;x.'/./::::: :| | :|
/  |: : : : .|、ヽ 、;;;|    /;;;;;;;,゙|/::::: : :| |:.|
   |: : : : |;;ヽ.ヽ.、.|   /;;;;/イ :::: : / |:|
162:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:28:17 ID:1QAvrZy6


       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
     |: : :/ : /| : : :— x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ   でも、そんな奴が何とか長編一本、中篇一本を完成させた!
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|   なら、どうやって作ってたかを軽く説明できれば、
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨   今、やる夫スレ製作を躊躇してる人を勇気付けられる筈!
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/      っていうか勇気を持ってくれ! 補えるから!
     |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |    
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |        みたいな感じ。
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧
163:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:28:47 ID:1QAvrZy6


/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !  で、えーっと。
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |   この駄目駄目な人が題材にしたのは、
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !   アメリカンコミック『ウォッチメン』。
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!   そもそもの趣旨は布教だったし、
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/   マイナー作品だから他に作っている人はいなかった。
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !    奇しくも、今さっき解説された条件を満たしてたわけだ。
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|



    ノ                   }
     ヽク                  ノ }
             __,イ|__ ... .ィ  ヽソ
         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴    ……正確には予告編まで作ってらした方がいたんだけどね。
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨   チェックしていなかったせいで、無視するような形になってしまって……。
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | Ⅳ |:「ヽ}
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|     その節は本当に申し訳ありませんでした。
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :|
      | : : :',: :', 、  '. /   :| : :′:!
      | : : ∧ :ヘヽ、 Ⅴ ,. イ| ∧ : |
      | : 〈  ヽ:ヘー r‐ァ—-く/  〉:|
      |: : :|\_{ヽ{   ハ   ,イ_/l: l
      |: : :{三マ\__/¦\_/ |三イ} |
      |: : : 7 {  /     }  }´ ', :│
165:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:30:27 ID:1QAvrZy6


         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`    あ、AAの作り方とか配置とかについては一切解説しないよ。
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ       もっと上手い人がやってくれるだろうし、
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ    基本的に『やる夫AA録』さんからのコピペ+台詞。
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、   それと小手先の改変。
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl     これだけで意外と何とかなるもんです。
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
  /:.:/ `` ミヾ:l、、ヽ l 彡/l.:∧
  /:.:/    l lVミミヽl彡/l l/ ヽ
  l.::.l     l, `、_ヽl/ノ |  ヽ 〃
 /::.l  ,  ‐L /  l  ヽ.l    〉/
 l:.::l /  ,─,,ュ'、、_ ハ  l|  ,-l/-、
│:.:|´  // / 、 、 V ヽ  l /、/, , `l
166:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:32:41 ID:1QAvrZy6

                               _      ____,ノ〉
                      _,.-‐::─‐:-/::}-‐'" ̄: : :_::/
                   ,.イ´.: : : : : : : :: : : :|::. : : : : : : : :`ー-.、__      で、完全オリジナルはまだ未挑戦なので。
                ____,/:; : : : : .:: : : : :: : : : :|:: : :.、:: : : : : . . . . ......`ヽ、   一先ずは『やる夫化スレ』について解説してくわね。
               ,ィ'´;;;;;Y;;;}:/: : : : :::;: : : :;ィi: : : :jヽ:: : :i:: : : : ..、::. . . ....ヽ::...\
           /;r‐::‐:;r';;;/: :;ノi:: :::/ : :/' |: : :/ ∨:.:|:.:i:: : : : i:::. : : : :.ハ` ̄`
            〈;;;;;;|: :::/;;;;;/: :(_,ノ::::/ : :/   j: :/   ∨:!::|V::.: : :|::::::. : : : :|
           \;j:.:/;;;;;/: : : : :.::::j:::‐/‐-、/::/    |:_;:|-l‐‐:: :|:::::: : : :: :|    これにあたってまず一番重要なことは、
            |:〈;;;;;;;j: : : :; :::::::|:::/  /::/`'"  `´|:.:| ∨:.: :|:::::::: : :i:.:|
            |: :\;|: : :/|: :::::;|:/___j;/_、     ,__j;/__ V:: :|:::::::: :/|:.:j
            |: :::::::|: :/:::|: :::/:|マテ弐オゞ      チテ弐テ7ハ;/::::::::/ j;/       「 原 作 を 読 む 」
            |: :::::::j;/: :::|:::/::.:|、Vz:;ソ ,'       Vz:;ソ,,' ハ::|:::::::/| ´
            |: :::::::'i::::::::|;/、ヽ:| ゛ ̄´     、   ̄"´ {ソ::|::::/:.|
             |: ::::::::|: ::::::`ーrヘ、              ,ノ:i:::j;/:::.:|
              |: ::::::::|: : :::::::::|   ヽ、    -─   ,.ィ'::::::|::::::::::: :|       ぶっちゃけ、コレにつきるわね、本当。
               |:.:::::::::|: : : ::::::|      >‐r- -r::‐<:::ノ:::;ノ|:i:::::::: :|
                |::::::::::::|: : : :::::|  _,ィ'"´ 〈:ノ    }   }`ヽ、. |!:::::::.: :|
            |:::::::::::::|: : : : ::|/´ |    ヽ、_,/   |   ハ|:::::::::: :|
             |::::::::::::::|: : : : :|:   ヽ、    ヽ/   /    }:::::::::: :|
168:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:35:25 ID:aOBNqeGM
>>原 作 を 読 む
映画原作やっていますが、私もDVDにレーザーで穴が開くほど繰り返し見ています。
167:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:34:56 ID:1QAvrZy6

    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :    読む、見る、遊ぶ、何でも良いけど。
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :    とにかく原作を読まなきゃ話にならないからねー。
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :   …………いるんだよ、うん、本当。
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''—- 、ヾヽ: : :   「二次創作でしか知らないですけどSS書きます」
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!  とかやっちゃう子。しかも長編で。
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |  当然、エター突入は確定だよね。
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー——,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |:
169:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:37:12 ID:1QAvrZy6

                   ,../´ ヽー———-- 、
      、ー- ..__   __,. ‐'´:/: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        `丶、   ̄ ,.. '´: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \      ————で、原作を読む。何度も読む。
         ,.> '´ : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       ,. '´/: : : : : :/: : : |: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   大筋のストーリーを頭に叩き込む。
     / ,/: : : : : : : /: : : ,.!: : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : \ : : : : : ';
    /:,. '/: : : : : : : : /: : : / | : | : : : : : |、: : : : : : : : : : : ヽ: ヽ : : : : |
  /:/ / : : : : : /: : :l : : /  |: :l:!: : : : : | ヽ:__: : : : : : : : : :!: : ',: : : : |
  //  /: : : : : :/: : : :!:,. /-、 l: : !: : : : : l ''´\` 丶: : : : : :l: : ハ: : : l   そうすると必ず出てくるのは、
 /'   /: : : /: : l: : : : |: :/    l: :!: : : : : |   \: : : : : : : |: : : l: : :|
.      !: : ,イ : : |: : : : |: l _    !:|、: : : : |     \: : : : : ト、: : l: : |
     |: :/ |: : : |: : : : :!:| ヽ! ̄`ヽl:! ヽ : : |. ´! ̄ ̄ l'7、: : :| ,!: : | : |   「ここは外せないな」って場面ね。
     | / |: : : ,!: : : /|' ヽ 'r'、__,| !  ヽ: :l  r'、__ノ | l:|ヽ: : |´ヽ: ! : |
      |/   !: :/ ヽ: : ! |: : '、ヽ___,!     ヽ: ! ヽ._,ノ |:|: ヽ: |-‐ヘ|: : |
     __ヽ:|  ヽ: | |: : : !    '   ヽ!     ・|:|: : ヽ|: |: : : : :|   そしたら、即座にそれをメモに取る。
,. -‐ ' ´__ ` 丶、 ヽ! !: : : ヽ、,. -‐ '" ̄ ̄ ̄ `丶<!:!: : : :|: :l: : : : :|
‐ '"´    `ヽ、  \ |: : ,. ''´ ,. -‐ ''´ ̄ ̄ ` '' ‐- 、`ヽ: : ト 、! : : : |
          \_∨´ /             `'ヾ. |/> 、: |
、           ヽ  `ヾ                     |:l/ / ヾ、
ヽ           ヽ   ヽ              r--┴、/   ',
(`丶、          ヽ   ヽ              r--`=-  ヽ     !
.〉-`、´._           ヽ   ヽ            ( ' ー-    ヽ   ヽ
ヽ ---‐'、           ヽ   ヽ               `丶、    \   \
170:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:40:15 ID:1QAvrZy6

                 _____,ヘ.______
         ‐-==ニ二:":: : : ::/:: :: :: :: :: : ::`::‐:-.、_
          ,ィ´:: :.:,ィ:: :: :: :;λ:: ::.:|:: ::ヽ、:: :::ヽ、:: :`ヽ__      そしたら、次にやるのは「ストーリーの解体」。
         //7:::/.: :: : : : :/ V:: :.:|、:: :: ::ヽ:::、::ヽ;: :::t~;;;\
         '゙ /:.:/:: :ィ:: :: ::/  V: ::|ヽ:: :: :: :|:::i:: ::ヽ;::;ソ\;;;;\
.          /::,メ.: :/:: ::;-:十、 V: :| 斗‐-、:レ'|:: :: ::Y;;;;;;;;;;;>;;;;;;〉  おおまかに「起」「承」「転」「結」に分けるだけでも良いわ。
    〈`ヽ   /ィ 7:::/:: :.:/i:.::|   V::|  V: :|::|:: :: :;.:|;;;;;;,イ;;;;/
     \ \    |;/|:: ::/ ヽ;| __,  ヽ:| ___ Vヽ;|:: ::/::.|/l:|/
      ヽ,イ`ヽy´,)|:.:;ハ ミz≠'     ≠Z彡|::;∧:.:|: ::l::| 
      ,r' "ニ ,j / V:i:λ     ' __     |;/ }V:: ::j::|
      { ヘ ソ  }  |:i:::j    f´. `、    '゙_,ソ:: ::.:メ:.:|      単行本の何巻から何巻は「起」。
      ヽ, "  ,,ノ  |:i::::ヽ   ∨_.ノ  ,/  メ:: .::/:: :|      第何章から何章は「承」とかね。
      丿  /   |::i:: ::i::i` ‐-〟-‐τ´   /:: ::/:: :.::|
.     /   /    |::i::. :|::|  ,ィ'j   !`マヽ、/:: :.:/:: : :: :|
     /   /〜、__|::i:: : :|:|,ィ´ |    /  /:: .::/`ヽ;: :: :|      完結作品とか短編がお勧めされるのは、
.    /   /     ~|:: : :|:|   |-‐‐-./  /:: .::/   ハ::.:|      この作業がやりやすいからでしょうね、きっと。
171:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:43:21 ID:1QAvrZy6


           ,.-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ、
           '´ ̄_,.>'´. . ....:.:.:.:|.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ
           ,ィ' . . . . . . . ./ . . |::: . ...:.:i:.;:.:...... . . |. . ...:ヘ.......:.:.:.:ヘ    そしたら、これを更に「解体」する。
            /:.:.;/:.:.:::/.:.:.:/.:.:.:.:.;|::::.:.:.:.:.:|::i:.:.:.:.:.:.....|:: . . . ヘ . . . . .ハ
         /:.:.:;ィ'.:.:.:::/.:.:.:.:|:.:.:.:./ |::i:::.:.:.:.:|.:|ヘ:.:.:.:.:.:.:|:::.:.: . . ヘ. . . . . }   ……といっても、そんなに難しくはないけどね。
          j/ /:.:.:::/:.:.:.:.:.ト、:/  |::|、:.:.:.:.|:.| ヽ;/:.:|::::.:.:.:i::::.∧.:.:.:..|
            |:.:.:::::|:.:.:.:.:.;|:.:/\. |::|∨:.:.:|:;l ,/ ∨::j;::::.:.:..|:::.:.:.:ヘ:::.:|
              |:.:.:::::|:.:.:.:.:/|/___`|::| ∨::.:|'`____∨ |::::.:.:.:ト、:::.:.:∧:|   「起」「承」「転」「結」を、さらに「起承転結」にわける。
          |:.:.:::::|:.:.:.:;ハマテ〒行|j  ∨:| 〒:テチヤ7i:::.:.:.:.|::`ヽ:::.:ヘ、
             |:.:.::::;|:.:/::ハ ik'。ィ::|´  ヽ:| |k'oィ::j.,' |::.:.:.:リ:::.:.:.:.i\::l   そうすると、だいたい合計して16個のエピソードになるわけで。
           ヽ:.::|∨::::::λ`--'┘    ` └'--".j|::.:.;/:::::.:.:.:.|:.::| `
            ヽ| |:.:::::::j      '         /:|;ィ' ):::::::.:.:.|:.:|
              |:.:.:.:::ヽ、     ー'ー'    ノ::::./'":::::::::.:.:.:|:リ
                 |:.:.:.::::i:::`>‐-ァ-, -‐<´:/::.:.;/-γ'´ ,,フ:::|'     …………あ、長編とか作品によっては、更に細かくできるけどね?
               |.:.:.:.::|‐i´{i ,ィ:ノ____,/ /::;ィ´,.f´{  ´ -‐'⌒ヽ.
                ,r|.:.::i::| {| :|| /   /  /.:.:{ {:{ | j (´ ̄`,}ーr‐'   おおまかに、って事で。
             < |:.:.:|:リ || :V  /=="j:.:.:/ {:{ | {(_ ̄゛ |:: |
             ノ" ヽ、:{\ヾ、|/ _,.-‐ァ'|::.:{  Vハ (  ̄__,ノ:: j
            /     ` {"ヽ、 ,ィ'´  / |/リ ヽ. i λ:: ̄:::::: ,人
          /      〈  ハ,/  _,ノ     :::::V   `=ニニィ"::∧
            〈    ~`ヾ::::..ノ,>   <´      :::::`ーr---‐'´:::::.:.:∧
          \     /´  /  ::: `}         |::::::::::::::::::::.:.:.:.ハ
172:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:45:41 ID:1QAvrZy6


             ,ィ,ニニュ、_
             //    ``ヽ
            __《_______
          ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-ィ´ヽ、_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::|:::`ニニ=‐-
         / : : : :.:.:.:.::.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.`ヽ、    でまあ、そしたら後はシーンの「取り捨て選択」。
       j: : : : : : : : ./:.:./:.:.:..::ノ:.::.:λ:.:リ::::.:.:..:.ヘ、
       { : : : : :.:.:∠:j:.::/::.:;/'⌒/|:.:/::::::::ト、:.:.:ハ.
       ∨:.::.:.:.:..:::.:.:|::/:;/|/:;/_j;/,':/|:::| \:.:|   ようは、メインのストーリーをやる夫スレ化する上で、
       ∨:.:.:.:::::.:.(_|::'"::::::|´ ≡≡ 〈:/ |/   ヽl
        j:.:.:.:.:::.:i:.:/:|::::.:.i::|       〉          「ここはいらないな」「これは削れそうだな」って、
        |:.:.:.:::::.:|/::..,|::::.:|::|  (.`ゝ/ 
         |::.:.::::::./:.:./、|:.:.:|::|‐-‐::'l´            ダイジェストにしていくわけだ。
          |:.:::::::./:.:./ ヘ:.:.::λ:::::::::|
       |:.:.:::::/:.:./==、ヽ:.:.ヘ、_::::}
        |:.:.:::/.::/ ,   \\::|,j::リ            流石に全部のエピソードをAAにするのは無理だからねぇ。
       |:.:.:.:/j i    i {.\`_ |            涙を呑んで削った場面も一杯あったりするわけだ。
       |:.:/::|」| |  ヽ、 | `V   V}
         j:.:|:::::゛}.|    {  `ヽ、`|            でもま、エター突入するよりはマシだもんね。
         |:.j::::::::`|      |    〉 ;}
173:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:48:11 ID:1QAvrZy6


                _,,  -‐‐-x,ヘ__
             , -‐:::::::::::::::::::::::/i::k::::::::::::`丶、
            //´::::::::::::::::/:/i  l;:iヽ;::::::::::::::::::\j^\__
          //::::::::::/::::::/:/ i!  ゙k! ヘ;:::::::::::::::::::::j!: : }: : ::}   ここで役に立つのが、さっき書いたメモ。
         / ,/::::::::: :/:::::x‐t-/ l!   ヘi  x一t-、::ヾ{: : :j!::::ソ
          /:::::/y゙:::::::::/ i/   |   ヽ ヘ;::ト、:::::::::`x个<
            i:::;イ:::::i!:::::::::zェェx,,      ,,xェェty::::::::/: : i::::\   「外せないシーン」って奴よ。
            |/ |::::;i!::::::::ヘ k,,x:::`|    Yリ: :i! j!リ;:/: i: :::k:;;/
             |:;:::i:::::rxi ゙マk_rj      ik_, y ,ム-、~了゙: i
             |:::::|/i!  ',. ゙-‐゙     `ー゙ /.  ノ::j!:::::::|     重要なシーンっていうのは、
             |:;:::i!:::ゝ- t ゙゙゙゙゙゙   ___  ゙゙゙゙゙ノ-z''゙::::j!:::::::: |     必ず、なにかしらの伏線がくっついてるわ。
             |:!::::::::::k::::::::゙'i x、,, ゙ー゙ _.ィ'゙ /:::::::::jk::::::::::|
             |;!::::::::::| >''゙ ̄ ̄ミ二二,,ブ''‐/;;':::::::/i|::::::::i::|
             |j::::::::k:|     __j!_   /〃::::y! i!゙;:::::::i!|    なら、そのシーンと、それに繋がる伏線。
             |;::::::::|ヘ! /     j!'    /〃:::::/ l ヘk::::: i!|     これは残しておかなきゃいけない、って一発でわかる。
          ,/j!| :::::|  ;/     .j!    //j!:::::/ :| ヾ::::::|ヘ
          /   | | ::::|,/i!         /' j!:::/  |  ヘ::::゙、\   作業がだいぶ楽になるわね。
       ,r' >k  |:::::|.  |      ..........:::::::i :/    |    ';::::i  ヽ
       i゙    ヾ∨.| : |.  !     ゝ 丶:::::::::|:/i     |   i!:::|
        \    ヾ!::::|.  |            |j |    :|    ヘ |
        \   ヘ;:|ヽ.!           i!| } /  i!    リ
          \   ヾ / ゝ、     -‐ 7 .| |/   }
           ヘ  ,/ \      /  ハ ,!    .i
174:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:49:59 ID:1QAvrZy6


                         _. - ._             _
                     /. --- \             l `i   __
                        //      ヽ          } ´ ̄ ´ '´ う  そして作業が終わると、あら不思議。
                    |{      /\  ____  j     /
     ( ヽ              '.l.   ___/    ヽ´  ー-=ニ.¨`7     r '
  r──’ `ヽ            .ゞ ' ´         '.       `丶、  /
(´_ ̄       ヽ         /             |       \  \/       単行本何十冊とか、何時間の映画とか、
‘ー⊂.         \      /  ,    l  |    |、        ヽ‐-,ヽ       挑むだけで心が折れそうだった作品が——
     ̄ ̄\     \.     /  /     !  ∧   ||ヽ__|     ∨ `
         \     \  /  /     | / '   ||'´ヽ l      l. ',
           \     \l  '    |  ,ィ´′ ∨ ハ. |   Nヽ.   |、 i
             \     \l.    |  /|/     / /       ',   |、ヽ!       「製作しなきゃならない何十個かのシーン」
               \     ヽ、.  | i       ∨    三三 ハ.  ! \
                 \.   /\ | | xィ彡        ・{ l. ∧ /
               /\ /   }'ヽ! "´       ,、_,   l |∨ ∨       ——っていう、良くわかるものになったよー?
                 / /   /   \     ‘7´  )   .ノ |     l
              {      /    ',\    、__,. ' ,/  |    /
                \   /      ', ヽ----r ' ´ |   |  ./
                | ー ´         ',  ',   ヽ    |   |  /
175:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:52:17 ID:1QAvrZy6


           _____        __
          `ヽ、: : :`:=:=-.、__,}::`:ヽ:ー::‐::‐-:.、_
          --‐‐>:'´: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /:. : : : : : : : ;': :;|: : : : : : \: : : :ヽ: : :ハ
           /::,ィ ': : ;': : : :.:/: :/|∨: : :i:.: : :ヘ:: : : :ヘ: : :}ィ:ヘ、     あとはまあ、これの応用というか、繰り返しよね。
         ///: : : :/: : : :/: :/ | ∨: ::ト、: : : :ヘ:: : : ハ:/::::r、::\
        '"  j: : : /: : : :/|-/‐' | ∨::|ーヽ:‐': :|:: : : :|:::::::|::|:::::::;〉
              |: : :/: : : :/._|:/__、 |  ヽ:| ,__ ∨:.:|:.: :|、:|::_::」::|:/
          |: : :j: : : :ハ マャ==ォ、    ,ォ===ァ∨: : :|::` :|: : :|     自分が作りやすいってレベルにまで、解体してけば良い。
          |: :/|: : :/::ハ 弋zク    弋z;ク, ∨: :|、::.:|: : :|
          |:/ |:.:/:i::::::} "   ,      j´|´|ヽ:|ノ::/:: : :|
          '"  |/: :|::::::i:、    -‐' _r‐'´ ,ノ:: : :;/:i::. : :|
             | :::|:::::|:::::;>‐-r-.::/´`ヽィ'´:: : :;/: ::|::.: : |
             | :::|:::::|:::/" {-、 〈" .‐-{::: :;/ヽ、:|:: : : |     やらなきゃならない事が眼に見えるだけでも、
             | :::|:: :l:/ ヽ `‐-‐{     〉:/   }:|:: : : |     製作するにあたって、気分がだいぶ楽になるわよ?
             |: :::|:.:/   :}    〈     {´    |::|:.: : :|
             |: :::!/   ::|  '" |    〉'"   {::|::.: : :|
             |: ::〈   ::/|    }     i::..    |::|::.: : :|
177:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:57:46 ID:1QAvrZy6

.    //            _/_,∠__
    /.:/     '"  ̄ ̄ ヘ     __ ¨.二ニ=-、
    {::{  /: : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :`丶、
     ヾ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  /_     気楽に製作できるようになれば、
     >′.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ.::.::.::.::.::. \-.::.::.::.::.:\_.::.::.\´ /      エター突入の可能性もグググググッと減るからね!
.     /.::.::.::/ :.::.::.::.::.::.:: |.::.::.::.::.::.::.|::\.::.\.::.::.:\`\∨
    |.::.:: /.::.::.::.::.::/|⌒:j.::.::.:.:::.::.:: |.::| _\.::.ヽ.::.::. ヽ
    |.::.:/.::.:: /.::.::.::.: | .:/ \.::.::.::.::.:レチ斤| ト.::.',.::.::.::.:l
    |.:/.:,'.::.::|.::.::.::.::/|:/__  ヽ.::.::.::|ち:::| {.::Ⅳ\.::.j
.     Y.:/! .:: l.::.::.: / ィチ行   ヽ.::.| Vヒi ',::.l   ∨          もちろん、これは個人の場合だから、人によって大きく変わるし、
     レ.::|.::.::.|.::.::.ハfヘノ:::::ハ   ∨    ・}.::.l             自分にあったやりかたがあれば、それに越したことないけどね。
     lrーゝ、∧.::.l∧ V;少''     _'    イ.::.:|
     j \ \∨.::. ヽ, -、    こ.ノ ∠l | ::.:|
.     ,'.::.::.( ̄`ヾー、_/ /、 __ ///}│ .:l
.     /.::.::.: ( ̄ ヽノ    {\   ハ /V/│.::.!
   /.::.::.::.:r'¨`ーt'   ノ.::. \ー‐'´| 川{ ∨リ             というわけで、投下は以上!
.  / :.::.::.::. `ト ー′  イ \.::ヽ\ | // ノ
 /.::.::.::.::.::.:人ゝ、_   lノ ハ.:.:}∨ヽ!シイ
/.::/.:::.:::.::.::〃 \ \/ /) V二ニ¨´¨`ヽ
.::/|.::/.:::.::.::{{   \三/人    /  }  \
/ V.:::.:::.:::.:::ヾ      イ  `  (   {`ヽ、_ >
178:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 18:58:58 ID:Gdzbv7nI
参考になった
179:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 19:02:29 ID:aOBNqeGM
乙でした。
取捨選択って、なかなか難しいですよね。
180:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 19:04:49 ID:D5WpW/Kc
ストーリーの作り方はともあれ、大型AA連発で見にくかったかな
181:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 19:07:20 ID:1QAvrZy6
>>180
むむむ。
やっぱり其処は改善していかないとなぁ……。
182:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 19:09:52 ID:psLefmlU
>>180
それはあるね。こういうのはテンポが大事だし、
中AAでサクサク進めた方がよかった。
>>181
あとここはパー速と違うから投下間隔ももっと短くていいんだよ。
上の方とか30秒とかからず投下できてるでしょ?
184:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 19:14:23 ID:2JIJ7zys
乙です

俺も書いてみたい題材があったので、今日DVDをレンタルして
今2週目って所です。

レンタル1週で足りるかなぁ
185:名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 19:14:44 ID:iZPUwK4w
大型AA連続より、中型、小型のAAで1レスに2キャラくらいの目安でやっていく方が読みやすい
大型は迫力がある分、見せ場とかに持ってくる方がいい

あと行数開けはある程度法則性持たせた方がいいし、開けるにしても1,2行がいいよ
開けすぎると文が離れて読み難いし、見辛いし、汚いし

まあ、構図や構成で変えなきゃ行けない時もあるけどね

インデックスによる『長編やる夫スレの書き方』

527:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:13:06 ID:p9bSB/Rg
ちょっと投下します。
528:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:13:19 ID:p9bSB/Rg

             /,r __________  ヘ  \
.              /  !/)   ノ⌒) (/ x  'フ'⌒)) '´フ∨  ヽ
           ∧  |/)x /'~'  , く__ノ ./'⌒)).x /+ !  ヘ
          ,'    |// (_/    /    /⌒) 、_|    ハ
.             /    |/ ̄i ̄!`Τ`| { ̄ 〕~ 「`}゚「~~\!   │
         │  _./ {ァ'爪¨゚}二V ] V  !´丁Τ〕ヾ、.い     |     はい、自重できなかったインデックスだよっ!
          |  '⌒7 | / ! ∨   ヽ{  \{ ´` ∨│ iト、\_  |
          |   ! トl ,r===ミ  `   `彡=ミ、 Y.リ|  ̄  |     反省はしてるけど、説得力は皆無だねっ!
         小  人_∧         ,         ,ィ l|     |
        /.1   {ゞ| 7,                  ,'i  !.     !     ・・・AA変えようかと思ったけど
.         /  l   |:.:.l /八    r──‐v    ∧  |i     ト、    癪に障るからこのままいくよっ!
       ∧.    }: :f │lrヽ、  ∨    ノ   /i.:.|  !゚,    l ハ
      ,'     /// ,レ:::::::{´> .`ー‐ ゜  <:::::ヾ.|  !:ハ     ∧   作風も本来のやつに少しだけ戻したよ。
.      /       /ィ.;'  ;::::::::::l  \_ `二´/ :::::::::〕|  !:.∧      ',
     ∧    ,ムィ゚!  {:::::::::∧__       ,/::::::::::|f  ト、:.:,    ∧
.     〔    /  │  !:::::::::::∧_`ー─  /,::::::::::::::}}  |  ゙ヾ      }



                  ,.  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
                 /   /         \
               , '     /-‐─-‐──-- 、 \
               /    l            \ }
              ,′    |   _____         ||
              l    ノ´ ̄/ ,小川/坏不Tヽ 八    さて、今回は
              |   〈/ l /レィ衫レトN  T什ト从ノ |  
              |/    {从人リf圻'ト   f芹ミN川  |    『長編のやる夫スレの書き方』
              /    ,ィ仏レ'代kり    ゞヅル刈  |
             //    川 |  ""    ,  "" ハレ' !   について話してみようかな。
             {/    小イ:ト、    rー‐┐  /l |   |
.              /    /::レ'| l,ノ>、 ヽ.__rイ_,. イ ,l l   |
            /    /::∧l| |>===ニ|!_| リ ¦!  、|
.            /    //{:::::! |        {. ト、}>、l. l   \
529:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:13:36 ID:p9bSB/Rg

           /,  --——————ヘ      \
         ノ/              |         ヽ
        r' /               |
        | |        _____│         l
        | |  >  :7 「: : :.j、__ヽ: : : :\         |      長編スレや中編スレの境目は曖昧だけど
        | {_/ : : : / {: : }八\: :}\}∧j          |      2スレ以上続けば、長編って言ってもいいのかな?
        l /: : : |-八  \{  ヽィ==ミ\:|          |
        |厶/: N斗=ミ.       {{//ハ Y|、       ヘ     
        | 八从Y{{//ハ        う:ソ  |: '.       丶     長編ものを大きく分類してみると
        │ `∧ヾ うり          |: :|`:、      \〉
        │ / ∧ ´  '         |: :|: { \     /     ・一話(もしくは数話)で完結するもの
         | ./ l:小    _  ノ      j : !: }  ヽ   〈
         |/   |l: : ゝ._        ィ/: 厶イ        \    ・第一話から最終話まで続いているもの
         /   |: : :|: :{ >  .__.., イニ/: :/ │     丶    ヽ
        /  i  |: : :|: :'. : : : /  //: :/,//     i    l  の二つぐらいに分かれるのかな?
       /   :l  |: : :|: : :\/  / /: :/´ │     │   │
       /     |  |: : :|i: : : : ∨/_, /: :/    |              |
.       /     l:  !: :.八r┬≠¬))': :/   │            |
     〈     │ /: :/ 弋匕≠彳 : /      |            |
          | /: :/   / |  / : ,' /     |            |
       \  | |: : |  /ノ∨ /'|: : l {    |           │
        /\| |: : l  |  / / |: : |     /' |          │
       /  ノ |: : l  |/ │ |: : |  , /   |               |
       |   / 八 ∧ |    | │!.:|  ∨   |             \
530:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:13:47 ID:p9bSB/Rg

             /│    ___       │    |
             | | -=: 7: : : :/ : :/` ー- _    |    |
             |ノ´: : /‐ト: :_/{ : :ハ __jヽ : `丶、|    |
           ー=≠ィ/´Ⅳx=ミV \{.ハ_ノ`|:メ} : ヽ|    |
            / 八: /Y トi:ハ.     ィテ=ミ∧ : ヽ\  |
            |   ト ゝ うソ       トi.:::ノハjノリ:厂  │   一話で完結するタイプっていうのは
            |   |: :i //   '    ゞ.ン ノ|: : :|    |    ドラえもんみたいなやつのことだよ。
            |   |: :|     __     ///  |: : :|    |
            |   |.:人   ∨  フ      ィ:j : : |   、|   キャラクターや世界観は一緒だけど
            ,' /i|: :/个 _  ー'´   イ∨ |: : .:|    |   話の内容自体は一話で完結してるやつだね。
           / /´7 : !'^7´〈 〈`ト-‐  ´  |ノ/リ: :.:∧   }
          / /{∨: : | |  |ヘ`ー-─一'´ / /: : /^入.  |   所謂、起承転結が一話の中に入ってるってこと。
          / 人K|: : :.| |  | 、     / /: : /∨ ハ  ヽ



            -‐……‐-   .
       /              `ヽ
      /   /-‐ァ¬._フ¨¨フ 7 ァ┐l
.     /     ′゚/^ ∠ ゚/⌒ ゚/ ||
     '     {__/,/,_/__ノ___|_{
.     {    ノ   _」.⊥.∧∧}⊥|.」 ト、>
     }    `T /}∧j └′  ' ┘}ノハハ     これは、その・・・
.    /    「l | ^'宀'^     ^'宀{ ,  }
    {    ,ノ{| | '' '     '   ''}{  {     『短編の書き方』
.     ∧   /`T| |    __,_,   ,小、
   /   /l  l | ト,    | |  イ|| ヽ    になっちゃうから今回は省くね。
.  /     l  l | ト{└fエエエエエ}| |   }
        |_」.L| |\|> .二ユ r_,l |   /
        |>く_,| l\/  .二ユ l-{厂` {
531:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:13:59 ID:p9bSB/Rg

             _ __ __ _
          ,.'´        ``ヽ、
        /              `ヽ
       /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |   ということで、話が全て繋がっているタイプの
      !  l:r┐   //  // // /l   |    やる夫スレの書き方について話してみるよ。
      !  l:l !   //  // // //\  |
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1   もちろん、自分に合ったやり方でやればいいと思うから、
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |   鵜呑みにはしないように。
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |   突然、読者さんが激減したり絶交されても知らないよ。
     ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |
     i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |
     |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |
    ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |



          i r ァ  ( ソ r /  )  人  Y   !
          | ,!/ 二ニ= ,—,-r =r' _^) 匕.!    |
          l _ソ´ _ /_L _ / ! l L _ ハ `>、|   |    まず最初にやることは漫画家さんと一緒なんだけど
        ∠´ィ '´ハムtVi/ ヽ} V_/`}7ト、 ヽ!    |
         ,' 人 /'´ん、:}     了示xハ ト、ヽ、_ |    『脚本、ネームを書くこと』だよ。
         !  l下 弋zク      Kじc八i/ ! ̄ |
         ;  ,!|     '    ゞ'='" |  l     !   やる夫スレ自体がネームみたいなものだけどね。
         ,'  ,! i、   、            !   !     |
        ; ,:'.l  l,ヽ、  ̄ `ー '     ,.イ ;' |     {
        ; ,' l  ハ ファ、     _ ィ ).Y i .|   l
        // 《|  ! r' l\_T ー.≦ _ </i  }、_}   l
.        //{ _/  | | |  ` ̄ ̄  /./  .! ハ    i
532:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:14:09 ID:p9bSB/Rg

                  , -‐ ' ´ ̄ ̄ `ヽ、
                /            ` ー- 、
              /                  }
             /                 __,. ‐ヘ
            /         f__,  -‐ ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:|       貴方の頭の中で書きたい作品の世界観や
            /         !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}       素敵なキャラクター達が楽しそうにしてると思うけど
            |         i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, <\      それをまず箇条書きで書いてみよう。
            |         |:.:.:.:.__ ,::  -‐: !「/`i:.!ヽ>
            |         √: : : ::ィ! ⌒iハ: :リ xぇv!:!: }      さて、ここで注意しないといけないのは
            |        イ: : : : :/レ斗z- V トリ /リV
            |        イイ: :.イ/ / んハ    ヒ! {         『AAで表現できるのか?』
           ∧       i |イ: | ヽ v少     '  !
           /        ムヘ: : |  、、    __,.  人        これだと思うんだよ。
          /   /    /: ハ !: |、   「  ノ, イ  !
          |_ /      /: !: | |: :!、 > 、  ィ! :.|  / ____
         /        /: :/!: トヘ: '! ̄.ソ介トヽ: :|// / / \
         /        /: //:ノ:::::|: !ニ ノ|::|C} |: :| (つ i / ,ノ
        /        /:: 彡へ::::::|: |:::\イ::フ^|: :|  `7'ー-イ    〜 ♪
       /       /:.∠   /〇}: |<:::>イ::! !: |.√〈   ,ハ
      /      イ:.:∠二二.メ、 / |: |`''く:::::|\! |: |::|  \/ !   /)
     /      / |://   厶ノ  |: |  ∨_ハ.|: !∧   \|  //
    /       !  |:/    む'   |: |   \_ソ|: |:::::\   |∠∠ 、
   /          |  、      |:リ    |:::!::::| :|\:::::\/ ー-- }
  /           |   \    从    |::::!:::!从  >r'   、 ヽ.ノ
  ∧           ト、     ー—へ    |::/リ  /::| |   rくソ
 /::::\            | ヽ        ヽ /:/  /::::::::| |ー‐' |
 \::::::::\        |  |         レ'⌒ ̄ |:::::::::| |   !
533:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:14:21 ID:p9bSB/Rg

               _. ─  ´ ̄ ̄ ̄  ー 、
            / ̄                   \
           /                     ヽ
           / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     ',     作品を書き始める前に、貴方が絶対に表現したいシーン
          ,′!               |    |
.            j |   _________.」     |     絶対に外したくないシーンをまとめてみようっ!
          |<千 ̄_/|: :人: :|ヽ_,.斗<: : :\  |
          | ∠:/ソ _≧ュ、 \| ´_.二、∨l: : :ト_>|    そして、そのシーンだけを練習を兼ねて作ってみるんだよっ!
          |  /!:トイfてハ     fてハV从 j     |
          | ./: :小弋_.ノ      弋_ソ´ ノ: ハ    |
          | l: : : |       '        |: .|ノ!    |
         / j: : l人   ┌ ─‐ 、     |: :|: ヘ.   |
         / /: :/{ :lへ、 レ   ノ    イl: :|: :∧  |
         | ,': :/: | :|: : > 、  ̄ _. イrヽ|: :| : : ハ   \
        〃: /: :_! :ト'´ト、   `チ   _ノ  |: :ト-、ハ    \



/         /_ / ,  人,  / ) / i、  ハ
     _ ノ `,ー - ニ _ /   /)ノ しV |
...:;:'   ´7 , _/ ! ,イ .,イ /`ハ ̄` ー--'-{  |     ど、どうかな?
:;:'     /イ /`T/T/7イ / l`ハ、_i ,   >/
:   ..::.:/,ィテ7ァー、  j/  .l/ l/l7i .ハ/ /     貴方の満足できるものができたかな?
   ..:::;イ.,' 弋ソタ        rfテT j' ハノ- 、ノ
 ..::;イ  !  、、、         辷ソ  /==ァ/ V     たぶん、できなかったと思う。
. ::/./l  l u       、  、、、 ハ //  }
-<-'、l. !     /`丶、 _    /=='./  /      貴方がAA職人だって言うなら問題ないよ。
  ヽ ヘ. ト、、   {    V     ノ77./  /
  _ハ V\ヽ、 ` ー '  <777./  /       でも大半の人は、違うと思うんだよ。
  (0{こ', V ヽ∠7ー</ /77ァ/n'Y l
  `T ̄', V  ノ{ /   ̄ /∩! l|.!
     .ヘ V / { く - く  ノ ' ′ ノ
534:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:14:31 ID:p9bSB/Rg

         /       /              }  〉
.          ,′       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l 〈
        │      /                   |  |
         |       /                 | │    貴方がやる夫スレの初心者さんだと認識してるなら
        |    /`'ー=ァー─:─‐‐┬:-,、:┬—<   !    まずは短編スレで練習すればいいと思うんだよっ!
        ,'!   ∠ ィ: :.::/:,/>、/_;∠/ |: 厶:斗:│: !:\ |
       /      |: :,/|〃卞i:::j「 / j/ イi::卞小∧| ̄|    50レス以内ぐらいの作品を試しに作ってみれば
.       /      /|∨:|   ちソ       ちソ ハ| '  |    多少は改変も必要になってくるはず。
      /      ト|: : :|   ー      ,  ´ !: :|    |
.      /         /: |: : :| ``           八:|ヽ. ∧     私は技術に関して語るほど技術はないけど
    /        /: /|: : :|l\      ∠ )  _ イ: : :|  \│   習うより慣れろっ!の言葉通りひたすら数をこなせば
.    /        /;∠ |: : :| ` 、> 、..__.. イ │: :/⌒>‐、}   できる表現の幅が広がると思うよっ!
   {      /   >‐<`ヽ\`ー┴'´/ |   |: :(_ノ⌒丶\
   /    /   / /⌒'く  \   ,/l |   |: :/レ ⌒\ /
.  /   //    {    /⌒ヽ.  \ / |   |: :V⌒丶  /

参考用 【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.42【練習用】
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1254752475/
535:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:14:41 ID:p9bSB/Rg

           ' | :/ : :./: : :./: : : /: : : : : /: : :.Y   ヽ
          /' |: :..:/ : : /: : : / : : : : :/: : : : :/|   |
          ′ |:/_ ..-‐──=┬=───- _ |   |
         |    l/ | ∧ i! /:1 ∧  |、    \!    |     さて、ある程度経験を積んだ貴方。
         |/  丿  |十T丁/N V  |/|丁弋|+|  、__ゝ   !
         | -=イ| | V =Ⅵ!ミ     j/z==ヽト ゝ||! \  ¦    以前は表現できなかったシーンを
         |   |ヘ 从|'イ::::::0`       h:::oハ ヾi从 トゝ !     表現できるようになったかな?
         |   |从ハ ' 弋 炒         弋 炒 '’| |:Ⅴ  |
         |  ∧:| |ヘ                     | |:.|     |
         /|  !:.:.:| |: ヘ         ′        ' | |:.|     |
        /   i!:.: | |:.:.:i       _   _     ヘ .| |:.|    ハ
      / i!   i! .: | |:.:.:i!:.:へ           .ィ:.:.:.:.:| |:.|:!  / ヽ
      .′:.:i!   i! .: | |.:.:.i!:.:ir-:.> . __ .. <::| :.:.:. | |:.|:!       丶
     /   .:.i!  ∧:.:.| |:.:.:|レヘ::l^`ー------ ' ト\:.:.:| |:.: !       ヽ
    .′  :.:i!  /:. !:. | |:.:/::::: ヽ.          /:|:ノ:::V ! !、:.!      ヽ.   !



            -‐……‐-   .
       /              `ヽ
      /   /-‐ァ¬._フ¨¨フ 7 ァ┐l        ぶっちゃけ言わせてもらうと
.     /     ′゚/^ ∠ ゚/⌒ ゚/ ||        ある程度自由に表現ができるようなったなら
     '     {__/,/,_/__ノ___|_{        あとは好きにやればいいと思うんだよ。
.     {    ノ   _」.⊥.∧∧}⊥|.」 ト、>     
     }    `T /}∧j └′  ' ┘}ノハハ       人気の原作物の長編なら、てきとーに宣伝しておけば
.    /    「l | ^'宀'^     ^'宀{ ,  }.      ある程度は読者が確保できると思う。
    {    ,ノ{| | '' '     '   ''}{  {
.     ∧   /`T| |    __,_,   ,小、        その読者さん達の中にはこういう展開がいいだとか
   /   /l  l | ト,    | |  イ|| ヽ       ○○は嫌だとかって言ってくる人もいると思う。
.  /     l  l | ト{└fエエエエエ}| |   }
        |_」.L| |\|> .二ユ r_,l |   /      こういうのは全部、無視してもいい。
        |>く_,| l\/  .二ユ l-{厂` {     
       ├'  | | ′  -‐{  ヒノト,、} \     大切なのは最初に自分で考えた脚本を維持すること。
        |{  | |/{   r ´   |下、ハ   ヽ  
.         八 |/ } 7升=====! | !{ |   |   そうすれば伏線が回収できなくなったり
  - 、   {   、l,′ |∧{| ||| |,_八{   |   本来の話から脱線したり、グダグダなったりすることはないと思うよ。
    }    |   {,__|  | | ||l∧/|ヽ  | 
  、 `   ‐|-‐ ∧ ∧ |ノ ∧ ∨ | ̄|┴ 、|   脚本が最初からアレだったらどうしようもないけどね。
   `7 ‐-┘ ._/___V  | /  V  | |  \
536:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 20:14:53 ID:p9bSB/Rg

  丶  丶   丶     /     / x. ,.ろ  ,/ + ,rく、 ノ' /´ヽ     ヽ
    \   \  ヽ  /     / /'r= /し) / }ノ x. ,ろ r ノl      '.     /  .  ´
     丶   丶   V     {/__ ..廴ム -┬——--<..__廴ノ|     |     .
  ..    丶     l     /´ ./ | イ  ∧:  l トヽ丶  |` ー‐ァ'  | / .  ´    ....
      .   丶    }    / ./ i 斗‐|/‐ト./|′ヽ. |! |,斗 代: 下. 丶く.    |    ...
        .     ノ  / .イ .:| ./   __,V ミ¨’ ヽ|ヘ{ _ ヽ 丶|}ハ }、 V  | ..
           ..,/  /  | :∧{!           ′    从}ノ `}   !      __  -‐
—-   . __  /′     人{:..:ト >ァ=='^      ^`===ぐ' i{:.. 小    ト、 _
        / ′    ∧ ハ:j xxxx     ,     xxxx }|:. {.∧   l \ ____   ---‐
‐-    __ /  /     / /i':..小.                  小 iト、.ヽ   .   丶
     . '   /   //../ .i!/ l|7ヽ      iー—‐‐r      イ: |:. l|:.... ..丶  、   ヽ.  ... .. ...
    /   /  / /../ ..:l|′l!...:il:\     、   ソ   .イ:l{:l:..l:. l|:...ハ... ヽ.      ヽ __ _ ___
.... . .. /   / /  / /′..i|  l| .:ルくfミi  . `ー ´ . rく`Yト、!|从.. V....∧......\    ∧
__ _ ./     /    / /.{  ..l|  l|./   { ≧` ニニ ´ 彡 {ノ∧i:.....:.. V.......l!:......{ \   ハ -  _
  .′    {     / .′..__|  l|′   丶   , -<_`ヽ./   ヽ.∧.. V:....|:.......l  ヽ、  |
  ノ     l     / , く´   |  ll      \/ , -<__\}      厂 :.. ヽ、}:.......|    } |-
../      ∨  /./  ヽ.  |  lト、      / / /- 、 ヽ.ヽ    /  ヽ.  ヽヽ....V  /  {    ̄
'′        } / ,′   ヽ.|  l| ヽ   `i(ノ' , -‐ヽ__)i′  /    ∧  Ⅵ:....∨ /    |\
        V ...|        |  :|   \  {`ー ´ ,ィヽ. ∨  /    /  }  }|:.......V     {  \

  なんだか話が脱線したような気がするけど、気にしないよっ!

  言いたいことは一つだけ

  『いきなり長編スレを始めるのはやめようねっ!』

  これだけかな?

  最近、大好きなスレの作者さんが音信不通になったりエタったりするころが多いと思うけど
  その分、新しい作者さんや作品が増えればいいと思うんだよ。

  新陳代謝は活発な方がいいからね。

  今回はこれでおしまいだよ。 エンジョイやる夫スレライフッ!

やる夫とやらない夫による『人気短編の作り方』

589:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:33:47 ID:ry1ee9M.
投下してよいですかね?
590:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:34:14 ID:.EICmkEo
どうぞどうぞ
592:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:35:17 ID:ry1ee9M.


「人気短編の作り方」


  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\     そろそろばっちりまとめられていっぱい乙をもらえる
   トニィ'  /( ●) (● ) \
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \   ハイクオリティな短編書きたいお! 
   \  |     |r┬-|      |
    \\_  `ー'´    _/   そこでやらない夫!何か助言くれお!  
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ



   / ̄ ̄\         
 /   _ノ  \       まず最初にするべきことは「テーマ」だ
 |   ( ●)(●)      全体を通して一体何を伝えたいか決めなきゃいかん
. |     (__人__). rm、  適当にギャグや日常を描いた短編は名作にはなれない 
  |     ` ⌒´ノr川 ||  そういうのは長編の役目だ
.  |         },.!  ノ'     
.  ヽ        r / .|    短編はまず「テーマ」 これを覚えてくれ
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./     人の死でも失恋でも何でもいいからな
   |      /
    |    i´
594:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:35:46 ID:ry1ee9M.
     ____
   /      \
  /  ─    ─\     テーマかお…
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   ずいぶん抽象的だお
./     ∩ノ ⊃  /   コツみたいのはねえのかお?
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







      / ̄ ̄\ ( ;;;;(     長編の場合読者の感想や雰囲気で後の展開を変えることがある
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)    しかし短編にそれはいらないんだ
    |  (●)(●)/;;/     
    |  (__人__)l;;,´|      コツは「最初に落ちを考えること」だ
    | ./´ニト━・' .l      書きながら考えるとグダグダしたり物語がはっきりしない
    | .l _ニソ    }      
     /ヽ、_ノ    /       落ちを決めてしまえばそこに向かって収束させていくだけだから書きやすい
    __/  /    ノ__     
  / /  /       `ヽ.    長編は物語を広げながら書く場合が多いが短編は逆にするといいぞ
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /
595:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:36:22 ID:ry1ee9M.



      / ̄ ̄\       落ちを考えたらそこまでの過程を考えるんだ
    /   _ノ  \     この過程はテーマに沿った展開にする
    |    ( ●)(●)    短編は無駄な描写が少ないほどスタイリッシュに仕上がるぞ    
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ     関連してAAの厳選と台詞の推敲をしっかりした方がいい
.     |         }    
   .  ヽ        }     長編みたいにAA一つに一言などを多用すると一気に中身の薄い話になる
   _/⌒ヽ     ィ      
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\     この作り込み感は長編では味わえない濃度を秘めているぞ
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、 
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|







    / ̄ ̄ ̄\
  /         \    次に「まず王道を書いてみろ」ってことだ
  /ノ  ヽ、_      ヽ   
 ( ●)( ●)      |    これは技術を身につけるのに実に都合がいい
  | { .!  )        |.   
  |. ¨´ `¨´      l.    「意外な展開…王道だと思ってたら違った…
.  |          /.    でも読み終えてみたら王道中の王道だった」
  |          /     ここまで思ってもらえれば最高だ
   \__      (
     _)_ ===\     いいか…王道を王道と思わせず王道にする…     
    /          \
   /            ヽ   これを試してみろ
   |    ,        i   実践できたストーリーは大抵乙の嵐と賞賛を受ける
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  ?U  ?U ?U j l   |
596:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:37:07 ID:ry1ee9M.


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●    次に重要なのが「完全ハッピーエンドにしない」ってことだな
.         |      (__人__) 
           |,      ` ⌒´ノ   最後に全て解決して終わっちまったら「いい話」で終わっちまう   
          │         }    最後に何でもいいから残すんだ    
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;      例えば友人を戦場から救った…でも主人公は死んじまった…とか  
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |  告白してOKだったけど実は彼女が難病だったとかだな
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ  一見して悪いイメージに思えるが実は違う
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐ 前者は「友人のこれからの生き様(主人公の分まで生きる)」  
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\後者は「彼女と共に病魔と闘う」
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}  というその後の展開を妄想できるんだ
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
                                まあこれはベタ過ぎるけどな





         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \    短編は最初から最後までストーリーの動きが激しい
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |   そのまま怒涛の如くラストを飾るんだ
          |   ` ⌒´  |    最後に平和になっちまったらそれは「いい話」
        |        }    最後に何か読後感を残せたらそれは「深い話」
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ   印象に残るのは圧倒的に後者なんだ
      /           \
     /            へ  \   とにかく最後に何か残せ!
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」
597:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:37:56 ID:ry1ee9M.


         ____     つまりまとめるとこういうことかお?
       /      \
      / ─    ─ \   ①全体を通したテーマを考える
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  ②落ちを最初に考えてそこに向かってストーリーを収束させていく
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   ③王道を大事にする
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |   ④完全なハッピーエンドにしない
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |







     / ̄ ̄\            まあそんだもんだろ
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)    あくまで俺の偏見だけどな…
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´      特に②と③がしっかりできればある程度の人気はでるだろ
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´         
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |               
.    \/ ___ /






            / ̄ ̄\     ちなみに最初は「100〜200KB」くらいの容量で
          / _ノ  ヽ、_\   ストーリーを組み立ててみて欲しい
          .|  (●)(●)  |
          |  (__人__)  |   まあこれは俺がVIPでやってた名残かもしれんが…
          っ   `⌒´   |   これくらいでしっかり感動させられれば文句なしだろ
         / ミ)       /    
        / ノヽ      /
        | |/      ヽ
        |  | /|     | |    とりあえず以上だ! ……あれ やる夫は?
 

                                ━━終わり━━
598:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:38:45 ID:rQuasE3E
>適当にギャグや日常を描いた短編
さっき投下してきたよorz
599:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:42:44 ID:ry1ee9M.
>>598
それで面白いならむしろ技量が高いと思う!
でもスレ的に「初心者が名作短編を作るためには」って趣旨にしてみました。
600:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 21:43:07 ID:p9bSB/Rg
お疲れ様でした〜

しぃによる『即興投下のメリットとデメリット』

647:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:06:18 ID:qcAdnabc
それじゃ投下します。
648:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:06:50 ID:qcAdnabc
    ∧ ∧___
   /(*゚ー゚) /\   こんにちわ。
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |        |/    私からは即興投下の良し悪しについて言わせて頂こうかしら。
     ̄ ̄ ̄ ̄
649:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:07:13 ID:qcAdnabc

      「\          .┐
      |   \    / |
      |     >─-く   |     やる夫スレの投下方法を二種類に分けると、こうなるわね。
      |              |
       ヽ  -─     〈ソ        ①即興で作って投下
        | xX       }
          \      「 ̄ ̄`ヽ      ②書き溜めを作ってまとめて投下
         /      |--、   /



                     ,、      ,、
                     /:ヽ     /::ヽ
                    /: : : ヽ  _/: : : ヽ       あらかじめ断わっておくけど、どちらが良い、
                   ;'     ̄   : : : :ヽ
                   ,i            : : 'i     悪いということはないわ。ただ、いずれの投下方法にも
                   |  ○      ○  : ::i
                   'ヽ     ⌒)    *: ノ     メリットとデメリットがあるだけよ。
                   ,-" ̄'(:::::::)     : :ヽ  
                  ,i'    ) ̄        'ヽ    どちらが良くてどちらが悪いかというのは状況によりけりね。
                  'i,   i"    ,.;:'' "    'i
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'--'" ̄ ̄ ̄(  ,, .. ,,,--" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
650:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:07:36 ID:qcAdnabc
  ____
 ?B■∧  /
━ (*゚ー゚) /    ①即興投下のメリット
   |   つ
   |  |       読者の要望に対して融通が利く
 \|  |
   ∪∪



          ヘ へ
         :| / /
  ∧∧    .;: ":;.    具体的な例を挙げて説明するわね。
 (゚ー゚*),..,.. ;'、., : 、
 ;'∪∪、:、.: : ;:'      例えばこんなスレを投下しているとするわ。
 '、;: ...: ,:. :.、.: '
  `"∪∪''゙










995 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:54:29

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    ぜーぜー……よ、ようやくここまで来たお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    さあ、魔王! 姿を見せるお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /
651:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:08:35 ID:qcAdnabc

 996 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:55:48

       | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
       r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
       r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、        ククク……待っていたぜ……
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  そ
  |    ( ○)(○) (     !?
 . |  U  (__人__)
   |     |r┬-|         お、お前は……!
 .  | ι   `ー'´}
 .  ヽ     u  }
    ヽ     ノ
    /    く
    |     |
     |     .|


 997 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:56:01
 ざわ……ざわ……

 998 名前:1[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:57:11
 次スレ行きます。
 こちらは後で埋めときます。

 999 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:57:29
 埋め

 1000 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:57:32
 1000なら魔王は阿部さん
652:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:09:59 ID:qcAdnabc
 2 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:00:58

      ,, - —- 、
   ,. '" _,,. -…;   ヽ
   (i'"((´  __ 〈    }
   |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
   ヾ|!   ┴'  }|トi  }           ククク……よく来……ウホッ♪
     |! ,,_      {'  }
    「´r__ァ   ./ 彡ハ、
     ヽ ‐'  /   "'ヽ
      ヽ__,.. ' /     ヽ
       /⌒`  ̄ `    ヽ\_
     /           i ヽ \
    ,'              }  i  ヽ
     {             j   l    }
    i   ヽ    j   ノ   |   } l
    ト、    }   /  /   l  | .|
    ! ヽ      |  ノ    j  ' |
    { |     } |      l    |
    ヽ |     i  | \    l    /|
     { |     l   |     |   / |



          ___
         /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
        /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
      /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
     |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
     \   。≧       三 ==-
         -ァ,        ≧=- 。
           イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
         ≦`Vヾ       ヾ ≧
         。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


 3 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:01:29
 あれ?wwwwwwww

 4 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:01:44
 アカギどこいったww










       |   \       / |
       |     \   /   |
       |       >-    |     こんな風ことされたら、読者としてはきっと楽しいわよね。
       ∨            ∨
       |    ≡    ≡ {     このスレが1000までいったら、きっと読者がこぞって
       |  xX        x〉
         \      「 ̄l /     1000を取りに来るわよ。
         /        ̄ |
653:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:10:17 ID:qcAdnabc
   ∧∧
  (*゚ー゚)        こんな風に、読者の反応を見て柔軟に対応できるスレは面白いわよね。
  /っ日~—‐-.、
  (´        )    物語が一筋通っちゃってる書き溜め投下じゃ、こんなこと出来ないわ。
  [i=======i]



      @@o@
    @o@@@o@
     @@@@@@    こんなの誰にでもできることじゃないから、読者の反応を上手くさばけるなら
   ΛΛ@o@@o
  (*^ー^i /         きっと人気スレになると思うわよ。読者としても、ふと振ったネタが
  / つつ
〜(__ノ            採用されたりしたら楽しいものだし。
654:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:10:56 ID:qcAdnabc
        /ヽ      /ヽ
      /  ヽ     /  ヽ
     /    ヽ__/    ヽ
   /                \    だけど、簡単にできるような風に言ってるけど
   i                   i
   |     ○        ○    |    これってもの凄く難しいことなのよね。
   i        ___      i
   \                /    どんなことすれば喜ばれるかのセンスが純粋に問われるし、
    >             <
   /   、           , \     余計なアドリブ利かせて滑ったらマイナスにもなりかねないわ。
   i       ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄    |
   | ヽ          |       /
   〉  \_____/____ノ



         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|   ただ要望に応えるだけじゃお客さんに媚びてるだけだし、
    /                    ヽ
     l    \                  l    それでお話そのものが破綻してしまったら本末転倒よ。
    .|    ○          /     |
     l  , , ,           ○     l   元来持ってたスレの魅力がそれで失われちゃったりしたら、
    ` 、      (_人__丿    、、、   /
      `ー 、__               /    最初の方から追いかけてくれてるお客さんの期待は裏切ることになるしね。
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´
        ./        ___ l __
         l   ./    /  |/ |
         `ー-<    /  ./  ./
           `ー‐--{___/ゝ、,ノ



                      |\       /|
                     |  \    /  |
                    |   >-/    |
                   |/ _,  、/  ι.!     ——そうなったらそうなったで
                        |≡    ≡=   ,ノ
                       |         |     カオスな面白味はありそうだけど。
                   \ r一'7  */
                     /⌒ヽlj 。   \
                   ./  ┬'j      |
655:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:11:20 ID:qcAdnabc

              「\   「\
              |  >—|   \
              |/          \        即興投下によって得られるメリットは、
              /             |
:::::::::::::::: : :: :: : . . . . .. . 〉_      __ |        筆者の技量があってナンボだからね。
:::::::::::::::::: ::: ::: ::: :: :: :: ::(´             ゙゙゙|:.: . .
:::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: ::: : \/〉l7フ     /:.: : . . . . .        そこにあまり自信がないなら、即興投下で得られる
::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: ::::/ ⌒)     ⌒\: :: :: : : : : . . . .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :〈 _ノ        \::: ::: : : : : : : : .     メリットはちょっと少なすぎるかもしれないわね。





    ∧ ∧___
   /(*゚ー゚) /\   ①続いて即興投下のデメリット
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |        |/       ・投下スピードがやや鈍い
     ̄ ̄ ̄ ̄
656:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:11:42 ID:qcAdnabc

                     ,、      ,、
                     /:ヽ     /::ヽ
                    /: : : ヽ  _/: : : ヽ      作りながら投下してるんだから当然ね。
                   ;'     ̄   : : : :ヽ
                   ,i            : : 'i    どれだけ要領よくテンポよく作ってたって、
                   |  ○      ○  : ::i
                   'ヽ     ⌒)    *: ノ    AA貼ってセリフ打ち込んで書き込みボタン押して、
                   ,-" ̄'(:::::::)     : :ヽ  
                  ,i'    ) ̄        'ヽ             スレに表示されるまで100秒はかかるでしょう。
                  'i,   i"    ,.;:'' "    'i
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'--'" ̄ ̄ ̄(  ,, .. ,,,--" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                           ,,、
         ,,...、、,,_            ,,::;'" ::
          ;     "':::;,,,,..,,.,.,.,,,,,,.,,..::'    ;:
          ;、  ,:''''"      :'   ''"  ,;    あくまで"すごく要領よく作れる"場合の過程よ?
           ;, :"      〇       .,:'
              '';           *   ;      作ってみればすぐわかるけど、1レス100秒で
           :.  —‐           ;'
              ゙:、            , '       作り続けられるなら立派な方だわ。
              ゙:,           ;゙          ~~~~~~~~~~~
               ,:'           ':、
657:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:12:11 ID:qcAdnabc

        /ヽ      /ヽ
      /  ヽ     /  ヽ
     /    ヽ__/    ヽ
   /                \      投下ペースが遅いと、投下に巡り合えて追いかけてくれてる
   i                   i
   |     ○        ○    |      お客さんはダレちゃうわよね。まったり投下も悪くはないんだけど、
   i        ___      i
   \                /      1分に1レスぐらい投下されること前提で、わくわくしながら更新ボタンを
    >             <
   /   、           , \       押すのが、追う人には親切だと思う、というのが私の私見よ。
   i       ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄    |
   | ヽ          |       /
   〉  \_____/____ノ



           |\       /|
          |  \    /  |
         |   >-/    |
         |/          |     即興でそのペースははっきり言ってほぼ不可能よ。
         |-      ○ ι ,ノ
         | ──┐ ι |      だから即興で投下するならば、テンポよく投下して
           \ _,/  */ 
           |        \      追いかけやすいスレを作るのは諦めた方がいいかもね。
           |          |
           |          |      ちょっとシンキングタイム設けただけでも時間は流れてるわけだし。
658:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:13:00 ID:qcAdnabc

   ∧∧
  (*゚ー゚)        まとめると、即興投下は
  /っ日~—‐-.、
  (´        )       ・読者の反応に柔軟に対応できるなら良いスレになる可能性は高い
  [i=======i]       ・ただし投下ペース、テンポは安定しないため、リアルタイムで追いかけたい
                     読者にはちょっぴり不親切



  ゚。☆゚゚
(\
(\(\     /)
 (\(\    /)
  (\\\  /))
   ( ( ヾ /ヾ)        書物と違うやる夫スレの最大の魅力は、投下に立ち会った時の
  :(/し/∧∧
 :(/し//(*゚ー゚)       ワクワク感にあると私は思うから、私に即興投下する勇気はないわね。
:(/:(/ と U ))
  (/:(/( / \      私に読者の声をさばくセンスがあるならやってみたいけど。 
     (//   ☆
゚゚。・゚。☆゚   ∴+ *
     *∴+∴*
  +…∵:∵*
*∵::+ ∵ +
+∴ *∵ :
。… *
659:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:13:48 ID:qcAdnabc

       |\       /|
       |  \    /  |
       |   >-/    |
      |/          |    続いて書き溜め投下のメリットとデメリット。
      |≡    ≡=   ,ノ
      |         |    とは言っても、即興投下のメリットとデメリットを
        \ ー-   */
        /⌒ヽ      \    逆にしただけのようなものだけどね。
       ./  ┬'      .|





  ____
 ?B■∧  /
━ (*゚ー゚) /    ②書き溜めのメリット
   |   つ
   |  |       ・完成してから投下するため投下ペースは安定するし、早いテンポで投下出来る。
 \|  |
   ∪∪



               ,;''';,
              ,;'  ';, ,.,.,,.,.,    ,,
              ,;'   -‐   `"' ;' ';,
             ;'    ○       、',       まあ、読者もヒマとは限らないからね。
             ;      ( _ ,   ○ .;
             ,'、       `ー'   ;'       1レス2分で投下してたら、3時間以上PCの前に
             ;' ,             .,; '
        ,; '' ;, ,;', '        " "';         張り付いてないと最後までリアルタイムで追えないわけじゃない?
       ;'   "              :; . . . . .
       ;:  ,            '" " ;'  :;:. :. :. :. :.    1レス1分で投下して、100レス100分で読めた方が
       ' 、,.;' 、,.,.            ; "''''".: .: .: .:.....
        .: .: .: .:`"'' - 、,.,. ,,.,.,;'  ;'.: .: .: .: .: .....     投下に立ち会えた読者には優しいんじゃないかしら。
           ...: .: .: .: .: .: .: .: 、,.,.;'.: .: .: .: .:.....
             ....: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.....
660:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:14:07 ID:qcAdnabc

    ∧ ∧___
   /(*゚ー゚) /\    それと、書き溜めもう一つのメリットとして、
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |        |/     見直しがしやすいというのがあるわ。
     ̄ ̄ ̄ ̄



              「\   「\
              |  >—|   \
              |/          \        書き溜めの作り方は人それぞれだと思うけど、
              /             |
:::::::::::::::: : :: :: : . . . . .. . 〉_      __ |        メモ帳にセリフだけ書く⇒AAを加える⇒見直し
:::::::::::::::::: ::: ::: ::: :: :: :: ::(´             ゙゙゙|:.: . .
:::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: ::: : \/〉l7フ     /:.: : . . . . .   という作業がしやすいから誤字も減らしやすいわよ。
::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: ::::/ ⌒)     ⌒\: :: :: : : : : . . . .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :〈 _ノ        \::: ::: : : : : : : : . . . . . . .   即興だと、見直す時間も限られてくるわけだしね。
661:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:16:20 ID:qcAdnabc
      「\          .┐
      |   \    / |
      |     >─-く   |     ちなみにこれが、私が今回の投下に向けて作った
      |              |
       ヽ  -─     〈ソ     最初の4レスの下書きよ。>>648-651と見比べてみてね。
        | xX       }
          \      「 ̄ ̄`ヽ    いくつか誤字があるわよね。書き溜め投下にしておいてよかったわ。
         /      |--、   /





 ------------------------------------------------------------
 こんにちわ。
 私からは即興投下の良し悪しについて言わせて頂こうかしら。
 ------------------------------------------------------------
 やる夫スレの投下方法を二種類に分けると、こうなるわね。
 ①即興で作って投下
 ②書き駄目を作ってまとめて投下

 あらかじめ断わっておくけど、どちらが良い、悪いということはないわ。
 ただ、いずれの投下方法にもメリットとデメリットがあるだけよ。
 どちらが良くてどちらが悪いかというのは状況によりけりね。
 ------------------------------------------------------------
 ・即興投下のメリット
 読者の要望に対して融通が利く

 具体的な例を挙げて説明するわね。
 例えばこんなスレを投下しているとするわ。

          (間)

 995
 ぜーぜー……よ、ようやくここまで来たお!
 さあ、魔王! 姿を見せるお!
------------------------------------------------------------
 996
 ククク……待っていたぜ……

 お、お前は……!

 997
 レス

 998
 次スレ行きます。
 こちらは後で埋めときます。

 999
 レス

 1000
 1000ならラスボスは安部さん
662:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:18:02 ID:qcAdnabc
                     ,、      ,、
                     /:ヽ     /::ヽ
                    /: : : ヽ  _/: : : ヽ     自分でスレ立てて自分の連載持ってると、
                   ;'     ̄   : : : :ヽ
                   ,i            : : 'i    誤字とか伏線の張り損ねとか、結構神経使うものよ。
                   |  ○      ○  : ::i
                   'ヽ     ⌒)    *: ノ    とりあえず書き溜め完成させて、一日寝かしてみると
                   ,-" ̄'(:::::::)     : :ヽ
                  ,i'    ) ̄        'ヽ   書いてる時には気付かなかった問題に気づいたりもするわ。
                  'i,   i"    ,.;:'' "    'i
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'--'" ̄ ̄ ̄(  ,, .. ,,,--" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                           ,,、
         ,,...、、,,_            ,,::;'" ::
          ;     "':::;,,,,..,,.,.,.,,,,,,.,,..::'    ;:
          ;、  ,:''''"      :'   ''"  ,;
           ;, :"      〇       .,:'    投下してからじゃ覆水盆に返らずよ。
              '';           *   ;
           :.  —‐           ;'     悔いを残さないためにも、一度書き溜めて
              ゙:、         ι  , '
              ゙:,           ;゙       見直すのはいち作者としては強く推奨するわ。
               ,:'           ':、
663:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:18:29 ID:qcAdnabc

          ヘ へ
         :| / /
  ∧∧    .;: ":;.
 (゚ー゚*),..,.. ;'、., : 、     ぴんと来ない人のために、
 ;'∪∪、:、.: : ;:'
 '、;: ...: ,:. :.、.: '        致命的失敗の例をお見せしておきましょうか。
  `"∪∪''゙










26 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/11(日) 13:25:322 ID:qcAdnabc

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}         いい加減にしろよ!
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/         僕のお父さんが病気なのは知ってるだろ!
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:

              〜ニュー速宿の息子〜
                   蒼星石



    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )      へへへ、知らねえなぁ。
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)      借金が返せねえなら店を出ていく約束だろ?
  |.     ゙'ー'´
.  |      ゙ヽ、__ノ
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
664:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:19:43 ID:qcAdnabc

 27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 13:26:30 ID:qcAdnabc

       ____
     /:::::::::  u\
    /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     待ちやがれだお!
  /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
  |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     お前ら、いきなり金も払わず上がってきて何なんだお!
  \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
    ヽ           i    丿
   /(⌒)        / ̄ ̄´
  / /       /



      ._ _ _
    (ヽl_l_ll_l,l
     ヽ  r
     │ |
      |/ ̄ ̄\
    /    \ ノ
    |    ( ●)(●)         何だお前は! 今大事な話をしてんだよ! 引っこんでろ!
 .   | ノ(  (__人__)
     | ⌒    ` ⌒´ノ
 .    |         }
 .    ヽ        }
      ヽ     ノ         \
      l/   く   \          \
      |     \  \         \
       |    |ヽ、二⌒).、           \
665:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:20:40 ID:qcAdnabc

 51 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 13:53:12 ID:qcAdnabc

        / ̄ ̄\
      /     \_ヽ
      |     ( ●) |     ちっ……今日のところは引き上げてやる。
      |      (__人)
      |  u      ⌒ノ     また来るからな、覚えておけよ!
      ン        ノ
     /⌒ヽ、    _ノ
    /   ノ \__ィ ´
   /  /    '|.
  (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
      .|     ij ,ノ



        ____
      /     \
    /_ノ  ヽ、_   \     ケッ、二度と来るんじゃねーお!
   /(●)三(●))   .\
   |   (__人__)      |
   \ ヽ|r┬-| /   /
   /   `ー'´      \



             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!          …………
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|
666:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:21:15 ID:qcAdnabc

 52 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 13:54:04 ID:qcAdnabc

        ____
      /⌒  ⌒\
    /( >)  (<)\     ——大丈夫かお? 怪我はないかお?
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   |    /| | | | |     |
   \  (、`ー—'´,    /
       ̄ ̄ ̄



             ,  ´__ ` - 、       `丶、
.          / /  /   ` - 、      丶
        / /    '    /   ` - 、       \        /
       /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.      // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
     /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
      | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫   あ、あの……助けてくれてありがとう……
      l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
      {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y       何とお礼を言っていいか……
          ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
 .          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
          l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
           |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
           }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
           / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
             ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
       /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
       / __/ ,.-イ /             lヘ       {
     }/´⌒Y   /             l ,      ヽ



        ___
       /     \
     /   ⌒  ⌒\
    /   ( ⌒)  (⌒)\     気にしなくていいお。
    i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
    ヽ、    `ー '   /      金の無いやる夫を泊めてくれたお礼みたいなもんだお。
      /     ┌─┐
      i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
      r     ヽ、__)一(_丿
      ヽ、___   ヽ ヽ
      と_____ノ_ノ









.
667:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:22:18 ID:qcAdnabc
 826 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/28(水) 21:34:19 ID:qcAdnabc

 ..      ____
      / —  -\
 .  . /  (○)  (○)      お前……女だったのかお?
   /     (__人__) \
   |  u    ` ⌒´   |
 .  \           /
 .   ノ         \
  /´            ヽ



             _ __ __
         /´    .:.:.:.::::::::::ヽ
          l``ー-- ---- 一'1
          L_ __ __ _ |
       〈こL_ __/ _// _,ノ::7    うん……女の宿主だなんて舐められると思ったから……
.       ヽ     .:.:.:.:.:::::::,::;イ
         /.:::T:.;:ー-----‐:.:i::::|     ずっと男の振りしてたんだけど……
          i.:.::::l::-‐'、.::ヽjー-、|::::!
         |.:::::lヾ不` ``ネネ7::::,′
.         ト、:::::、  _'_  , イ::/
         ヽN>_-_<ィイ/
.         , ィ  ,r‐ 6-、``T :、
.        /.}j  <_,ィ介ト、_> i {::ハ
.         /.:::}j   |:!^}|:|   | {::ハ
        /.:;.:::〉.  !:| j}!:|   |〈::::ハ
.       /.:/!.:::〉,_ _j_j}_j _ _j〈:::.:::!
      /.:/::|.:::ゝニ7ニ7个!ニ7ニ7:::.::::l



          !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
          ',  ,.  '´                 /
          > ´                    /
       く         . -‐====== ー-く
           \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ     やる夫には、知ってもらいたくて……
          >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
           i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}      だって、僕……やる夫のことが……
           |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
           |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
             \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
            \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
              }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
              / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
             /        |     ノ ヽ.:.|
         ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
        ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'

 827 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:34:48 ID:MrNanasi
 『宿屋の息子』って明言してなかったか?




.
668:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:23:23 ID:qcAdnabc

                           ,,、
         ,,...、、,,_            ,,::;'" ::
          ;     "':::;,,,,..,,.,.,.,,,,,,.,,..::'    ;:
          ;、  ,:''''"      :'   ''"  ,;    26(>>663内)で"パー速宿主代理 蒼星石"とでも書いてさえいれば
           ;, :"      〇       .,:'
              '';           *   ;      こんな余計な混乱を招くこともなかったわけよね。
           :.  —‐           ;'
              ゙:、         ι  , '      まあ、『あれはミスです、忘れて下さいorz』って言えば
              ゙:,           ;゙
               ,:'           ':、       だいたいの読者は(しぶしぶ)納得してくれるでしょうけど……



           /\        /\
           /  \      /  \
          /    ゙'----''"´    ヾ
          /               `:、     かと言って、26を投下しちゃった直後に"ニュー速宿の息子"を
         /                `:
         |                  i     "パー速宿主代理"に訂正したりなんかしたら、いかにも展開
         |      ノ '           |
         |      .,___.,     .,___.,   i     バレバレよね。あの26を投下した時点で手遅れだったのよ。
          、    ''"´`:、        υ /
          `丶,:' 、.  . )___Д____,,.,_,,.;''"
           /    /       ο
669:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:23:42 ID:qcAdnabc

        ∧∧
      (;‐ヮ)h   あくまで露骨な例だから、こんな極端な失敗をする人は少ないと思うわ。
    fl、ノ u ,ノ
    ||(_`ヽ)    だけど、大なり小なりミスはつきものだし、小さなミスから重大な伏線がほつれたりもするものよ。
    || ̄||し'j



             (\            /
                 \\         /)
              ((\\       /)″
              ( (_ヾヽ     /)″    極力ミスを減らすためにも、
             (  ( ヾ )⊂⊃ /ヾ)
                し し//(∧/(ヽノヾヾ      私個人としては書き溜め投下がお勧めよ。
              し///ヽ,(*゚ー゚) )ヾ″
               ,し(///,と   ノヾ″
                (〜(   _つ″
                   (/
670:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:24:21 ID:qcAdnabc
    ∧ ∧___
   /(*゚ー゚) /\    ②続いて書き溜めのデメリット
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |        |/       ・完成まで少々時間がかかる。
     ̄ ̄ ̄ ̄



      / \     /\
      /  .\.,.,.,.,..,,/  ヽ
    /           `:、
   ,:'              ',    テキスト作成⇒AA貼り付け⇒見直してから投下 と段階踏むんだから、
  .,:'               i
  .i  ○      ○     i    AA貼り付け⇒セリフ打ち込み⇒すぐ投下 の即興投下よりは、
  .',            */
   `:、   ー—‐     /      作者が割かなければいけない時間は増えるでしょうね。
     |           \
     |             \  |ヽ
     |              ヽ丿 |
     |               )_ノ
    (.,.,.,.,..,).,.,.,..,.,.,.(,..,.,.,.,..,.),.,.,,../
671:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:24:46 ID:qcAdnabc

                     ,、      ,、
                     /:ヽ     /::ヽ
                    /: : : ヽ  _/: : : ヽ
                   ;'     ̄   : : : :ヽ    まあ、要するに即興投下よりは時間的には疲れるのよ。
                   ,i            : : 'i
                   |  ○      ○  : ::i    だけど、いいもの作ろうと思えば時間がかかるのは当然じゃない?
                   'ヽ     ⌒)    *: ノ   
                   ,-" ̄'(:::::::)     : :ヽ  
                  ,i'    ) ̄        'ヽ        
                  'i,   i"    ,.;:'' "    'i
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'--'" ̄ ̄ ̄(  ,, .. ,,,--" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                           ,,、
         ,,...、、,,_            ,,::;'" ::
          ;     "':::;,,,,..,,.,.,.,,,,,,.,,..::'    ;:
          ;、  ,:''''"      :'   ''"  ,;
           ;, :"      〇       .,:'   時間がかかっても良いものが作りたい、という人には
              '';           *   ;
           :.  —‐           ;'    デメリットでも何でもないわ。だけどリアルが忙しくて、
              ゙:、            , '
              ゙:,           ;゙      時間が作りにくすぎるという人には少し痛いデメリットかもね。
               ,:'           ':、
672:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:25:08 ID:qcAdnabc
      「\          .┐
      |   \    / |
      |     >─-く   |     参考程度に言うと、先述のとおり私のこの投下は書き溜め方式よ。
      |              |
       ヽ  -─     〈ソ     >>512さんの一言を見て作り始めたから、完成まで約3時間半かかってるわけね。
        | xX       }
          \      「 ̄ ̄`ヽ
         /      |--、   /



                      |\       /|
                     |  \    /  |
                    |   >-/    |    もっとも、今回は(´д`)edit を上手く使えてないから
                   |/ _,  、/  ι.!
                        |≡    ≡=   ,ノ    いつもよりちょっと時間かかってるかしらね。
                       |         |
                   \ r一'7  */
                     /⌒ヽlj 。   \           私の(´д`)edit には蒼星石が入ってないのよ。
                   ./  ┬'j      |
673:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:25:53 ID:qcAdnabc
        /ヽ      /ヽ
      /  ヽ     /  ヽ
     /    ヽ__/    ヽ
   /                \     まとめると、書き溜め投下は
   i                   i
   |     ○        ○    |        ・見直しがしやすい
   i        ___      i       ・投下ペースが安定するため、投下に立ち会った読者には親切
   \                /       ・ただし、その裏で時間を費やす覚悟はしておいた方がいい
    >             <
   /   、           , \
   i       ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄    |
   | ヽ          |       /
   〉  \_____/____ノ



            ,、
     !ヽ、     / ヽ,
     |.  \-─''"´   'i.
    l           `、       改めて言うと、即興投下は
    /                'i,
    |       、_,,.. -イ ○+          ・読者の反応に柔軟に対応できるなら良いスレになる可能性は高い
   +.    ○  ヽ、ノ   ,メ          ・ただし投下ペース、テンポは安定しないため、
   /´メ.、     ´ _,,....-‐''⌒ヽ         リアルタイムで追いかけてくれてる人には少し不親切
   ヾ、,,_             ノ
     〉        _,,.. -‐''´
  (( /γ⌒ヽ      /
    i' ヽ,,_,,.ノ      (
    ヽ   、      'i,
     ,ゝ  ,>      ノ
     (   /     〈
      ヽ,_,i      )
         `''ー-─''"
674:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:26:10 ID:qcAdnabc
    ∧ ∧ __
   /(*゚ー゚)/)/\    即興投下が悪いとか、書き溜め投下がベストだとか、
 /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/
   |        |/      そういった定義は無いわ。あくまでケースバイケースよ。
     ̄ ̄ ̄ ̄



          ヘ へ
         :| / /     まあ、即興のメリットの少なさとデメリットの多さ、
  ∧∧    .;: ":;.
 (゚ー゚*),..,.. ;'、., : 、       書き溜めのメリットの強みと気力でカバーできるデメリットを思えば、
 ;'∪∪、:、.: : ;:'
 '、;: ...: ,:. :.、.: '         書き溜め投下が推奨されるのは自然ではあるわね。
  `"∪∪''゙
675:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:26:39 ID:qcAdnabc

            ┌-=、—-、     ,, —,,=-┐
             |    ヽ '''´ ̄`''' 〃  |
              |   /          \  |
             |!ノ            ヾ l!
            |                 |          ただ、即興にはセンスが要るとは言ったけど、
             ,,ィ| ャモヵ、     rキテァ |r
           /∧///  ト--ャ! /// ∧\         センスがあるかどうかはスレ立ててみなきゃわからないわ。
         / / i\___ヽ_ノ__,,/i ', \
        ´`Vヘj|ヘ /´ )    `\イヘ|ヘV´` ノノ     私は、私自身が即興投下に向いていないと思ってるから
                {   /     、  `ヽ
              `´/    ,   \_ノ            即興に対してはネガティブに考えがちなの。
              ミミ`゙''〃''’ ''''゙´ミミ
             ミミ          ミミ             私の言うことなんて気にせず、即興投下にチャレンジ
             ミミ          ゙ミ
               `ミ   ミ´``´゙ミ   、ヾ             したい人には、むしろチャレンジしてみて欲しいわ。
                  > 〉   〈 ぐ
              _/ /    ∧ \_
              (((_ノ     (  ヽ_)))
                        )
                     |:X
                        ̄



                           ,,、
         ,,...、、,,_            ,,::;'" ::
          ;     "':::;,,,,..,,.,.,.,,,,,,.,,..::'    ;:
          ;、  ,:''''"      :'   ''"  ,;   もちろん最初のうちは、読者のニーズに毛ほども応えられない
           ;, :"      〇       .,:'
              '';           *   ;     クソスレを作っちゃうかもしれないわ。だけどそこで学んで真摯に
           :.  —‐           ;'
              ゙:、            , '      センスを養えば、面白い即興スレを作れる日が来るかもしれない。
              ゙:,           ;゙
               ,:'           ':、      挑戦した人にしか成功は訪れないのよ。
676:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:27:00 ID:qcAdnabc

    ∧ ∧___
   /(*゚ー゚) /\     ミスを恐れず、難しいと言われる即興投下に挑戦するも良し。
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |        |/       自分の面白いと信じた話を時間をかけて書き溜めて作りこみ、
     ̄ ̄ ̄ ̄
                 目の肥えた読者に自分の創作センスで挑戦するも良し。



                  /|
       |\       /  |
       |  >ー——-    |
       /          ヽ       創作の場に手段は無限であり、どれを選ぶかは作者の自由なの。
      /             i
       | `⌒    `⌒    |     自分に合ったやり方を見つけて、好きなようにやるのが一番よ。
       l "  _,   " * l
       ヽ           /
         `       r
         /      ヽ
        /         ヽ
677:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:27:25 ID:qcAdnabc

         _ __   __ ___  _ _
           | fヽ.   `´      `ヽ. ,ィl|
          l |   Y   O     O ヽ |l
         い/  *   ー─    V/      ちょっぴり長くなっちゃったけど、これで私からの投下は終わりよ。
           l       ,.ィ‐t.r ┬┬rt┬1、
         l.   ,.イレヒTト l  レN l | l|      スレ立てた>>1様、良き表現の場をありがとう。
.           ゙、 /┴N |ヽNヽ|  fTレリ ノメ′
           ヽ!  、 x‐‐   . |」 {ノヽ
            /ゝ-rヽ、  (ア ,.ィ‐r、ヽ\
     /´)   // / ィ  f´f´「`l ,.-┴゙、,ゝ`-- 、
     `´   〃 /  |  ヽ.   l/ ,.   l      \_           _ _
           / , 'r‐f´ヽ. /  / l   |   、     ヽ.ニ ,ー_-,.-< ヽヽ
        / / l´ ̄ ̄ l. ̄ ̄  ̄|   | ̄ ̄ \    ヽ‐/   l ノノ
         〃/ │    |     l   l     ヽ.       ヽ_ノ´ヽヽ
      /´/   !     |     ! _, _ l_    │\     / r 、 ノ′
    、 , イ   |    l  , ‐ァVヽ. ヽ ヽ. ヽ   ト.  `ー '´\ し′
  __j::ヽl !l.   |    l /:::::/::::ヽ‐' -' 、ノ、.ノ   │\     \ _ __ _
   ヽ:::::::l !l.    l    /:::::::ハ:::::::t  .ノ       |\ 丶       ヽ::::<´
    |:::::::ト、_ヽ、 │  /::::::/ l::::::::! ̄        「ヽヽ、\     /´ ̄
    ヽ.:::j:::/⌒ヾ.─:::'::::::::/ ‐┴ー┴‐── ─‐‐ィ⌒)、::::\. \/ (´)
      `ー′   ``ー‐'´                  `´   ̄´  ̄     `
678:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:28:41 ID:ASNJbJbk

例題の蒼い子は男の子の振りをしてたなら、
26(>>663)の時点では「息子」でもいいのではないだろうか。
679:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:29:29 ID:o6pV/lmw
地の文で嘘をついちゃいけないなんてことは無い
680:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 23:37:09 ID:likvBUjk

>>679
即興でそこまで考えられる余裕あるかな。
反応と言う意味でw

やる夫とやらない夫による『短編から長編へ』

721:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:27:12 ID:yxgGNR6c
乙です。投下します。
722:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:27:30 ID:yxgGNR6c



「短編から長編へ」



           ____
         /_,r'  ' !、\         やらない夫〜♪
       /(≡)   (≡)\
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\      アドバイスを活かして、短編で大成功したお!
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)   おっ、良かっただろ
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ   俺も、アドバイスした甲斐があっただろ、JK
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


.
723:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:27:45 ID:yxgGNR6c



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     初心者脱出だお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     短編で得たノウハウを活かして、長編に挑戦するお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |    ん?
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


.
724:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:27:58 ID:yxgGNR6c



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  ちょっと待て
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ   やる夫、短編と長編では勝手が…
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



                              ____
               ── = ニ      /⌒  ⌒\
                 ─ =ニ三   /( ●)  (●)\
                         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   これで、やる夫も有名やる夫作家だお!
               ── = ニ   |     |r┬-|     |
                ─ =ニ三   \      `ー'´     /   超大傑作、超大長編をモノにしてやるお!
                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               ── = ニ   /=、。。。。。。。。。。。。。。。。r=、ヽ
                ─ =ニ三 (◎ ヽ-─────(◎  )
                   ノ◎、  |\  \       /  / |  /◎、
                  (_,rへ `ソ  /> ◎)      (◎く|  レ' ,rへ )
               ─ = ニ  \◎'/ /       \ ヽ、◎/
                        ノ /          \ ヽ
                ─ =ニ三 ( ◎(             ) ◎)
                   ─ =  ー、_ら          ⊂、_,r


.
725:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:28:12 ID:yxgGNR6c



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|    いっちまいやがった・・・・
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /    相変わらず、せっかちすぎるだろJK
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |


.
726:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:28:24 ID:yxgGNR6c



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |    長編を初めてやる時には、
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |     落とし穴みたいのがあるだろ
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|



    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }     それは…
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


.
727:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:28:40 ID:yxgGNR6c



                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\      _,,
               | ( ●) (●) |.     l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,      かけなきゃいけない『時間』と『労力』
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,     コイツが短編に比べて、パネェだろJK
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|


.
728:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:28:57 ID:yxgGNR6c



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)    まず、まとめサイトなんかで、
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    長編が投下された期間を確かめて欲しいだろ
   .l^l^ln      } 
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    例外もあるが、少なくとも数か月
. |        |
  |        |     長ければ、一年を超えるモノもあるだろ?
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |


.
729:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:29:15 ID:yxgGNR6c



       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i    初心者は、どれぐらいの長さの物語になるか
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´    
  |  レ'   '- '~  /..|_     なかなか感覚的に掴めないだろ
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、    最初のうちは、楽しく描ける…
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



         ____
       /⌒  ⌒\
      / ( ●)  (●)\
    / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
    |      |r┬-|    |
     \       `ー'´    /
     ノ           \
  /´              ヽ                 カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄


.
730:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:29:34 ID:yxgGNR6c



        / ̄ ̄\       伏線を張ったり、ギャグを加えたり、AAを工夫したり、
      /       \
      |::::::        |     安価取ったり、番外編やったり…つい手を広げてしまう…
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-—————|:::::::::::::::: \ -—,——ノ::ノ——
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| ::::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|     .ノ      | |  |   \   /  )  /
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン


.
731:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:30:30 ID:yxgGNR6c



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i    しかし、膨らませすぎた話しやアイデアは、作業量も膨大に膨らませる
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ    そんで、先が見えなくなってきちまう事がある…
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ     
    ./  /   |
    i ./  .  |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          ____
.        / ─  ─\
.      / (●)  (●)\
.    /     (__人__)  \
.     |      ` ⌒´    |
      \           /
.     ノ            \
  /´               ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄


.
732:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:30:49 ID:yxgGNR6c



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |     幾ら書いても終わらない…
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ     ゴールに辿りつけない…
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 .         ____
.        /      \
.      /         \
.    /     ─    ─ \
.     |     .(ー)  (ー)  |
      \     (__人__)  ,/
.     ノ      ` ⌒´   \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l


.
733:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:31:02 ID:yxgGNR6c



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \       で、エタ—だ
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ—イ /   .`ー—. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            ___     _________
     ____,../     \   | |              |
    ノ   /           \ | |              |
  /   /                | |              |
 |     |::..            ...::::| |              |
 ヽ     .-一ー_~、⌒)^),-、;;;;:::/|_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二   | |  |


.
734:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:31:23 ID:yxgGNR6c



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |     脅すわけじゃないが、
. |        |
  |        |      10話ぐらいでも結構な作業量と時間が必要になる
.  ヽ      ノ
   ヽ     /       長編を始めるなら、それなりの覚悟と準備が必要だろ
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /


.
735:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:31:38 ID:yxgGNR6c



         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|    長編をモノにするには、どうしたらいいんだお?
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./



       ., ──‐、
      /     \           まあ、作者によって様々だろうが…
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)         幾つかやり方を挙げると…
     |       (__人__) , -—ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.
736:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:31:52 ID:yxgGNR6c



                 ___
                /      \
                | ─    ─ |
               | (●)  (●)|      
               |\(__人__)/|
                \ |` ⌒´ | /       本筋はできるだけ簡略化する
                / 丶'  ヽ:::::
               / ヽ    / /::::       無駄を無くして、物語をスリム化するんだ
              / /へ ヘ/ /:::::
              / \ ヾミ  /|:::
             (__/| \___ノ/:::::::
                /    /::::::::
                / y   ):::
               / /  /::::
             /  /::::
            /  /:::::
          (  く::::::::
           |\  ヽ:::::
            |  .|\ \ :::::
      \    .|  .i::: \ ⌒i:
       \   | /::::   ヽ 〈::
          \ | i::::::   (__ノ:
          __ノ  ):::::
         (_,,/


.
737:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:32:06 ID:yxgGNR6c



             / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
               |    ( =)(=)
  )'ーーノ(      |  /// (__人__)     |ー‐''"l
 / 常   |.      |       ⌒ノ      l  常 ヽ
 l   ・  i´     |         }      /  ・  /     作者が持続して楽しく書けるモノを選ぶ
 |  識  l   ,r -ヘ-.ト          }       |  識 |
 |   ・  |/   ヾヽ ヽ     ノヾr‐ - 、 l   ・  |     自分のテンションが維持できるスタイルを掴むんだろ
 |  的  |.     | |  ` ` ー r'  ||     l   的  |
 |   !!  |     / | |           .|| ,ノ  |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、        |レ'    ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼—- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐—''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


.
738:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:32:18 ID:yxgGNR6c



            ,, -─- 、._ 〃"
        "ミ /      ヽ        準備をしっかりする
           | u  ノ  ヽ、  |
           | (●)(●)  |        ネタ切れ、ワンパターンに陥らないように
          |  (__人__)  |
          ヽ  `⌒´  J ノ        それなりのストックを用意するだろJK…
          /        ヽヽ, ) )"
      "( ( ( ヽ     /./
          \ \ ゛//  |   ガサゴソ…
          / / ヽ ~ \ `ヽ~\
          |            |
          | ブランドバッグ  /
          ヽ______/


.
739:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:32:32 ID:yxgGNR6c



        _ミ`ー‐、
          `⌒丶、'ー-、_       +             十
             ̄\—ヽ._ 二_‐-
               \   \   ̄ ‐-       ̄二二_ —_,r'⌒ヽー、
                ̄\ ̄ \‐-     ╋__..ニ -—— ´ ̄ __... -—一┘
          +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ —     +
                   ̄\    !   =,. -‐ 二_          /ヽヽ
                  _   ヽ.._     ノ           /ヽヽ  \
                   ̄   〉   ー- ノ三二   +    \    _
            十       ̄—/  ,'   /二  ̄ _      _     ∠、
                ニー/⌒∨  /  二/ /⌒'l    ̄    ∠、    oノ
              _   / l /二    /  ,イ  |二_      oノ    /
                / /| / .ノ 〈. ′ / | _|__     ╋   /     /^ヽノ
              ̄_/ _/_ヽ_,   .__,/  |  |_      /^ヽノ
             彡ニ ,ノ /   _ノ  \  〈__ 三ミ      +        物語のバランスやテンポに気を付ける
           +  `⌒  |     ( ●)(●)
        .          |     (__人__)                      長くやってると、どうしてもワンパターンになったり
         ぐ         |     `⌒´ノ
       ぐ  る          |        } __     ∩2z、            テンポが悪くなったり、バランスが崩れる
       る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   — ニ二./  /
    十  ん       .     ヽ     ノ      /`/               有名作品なんかを参照にして、ダレない工夫をするだろ
         ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
       / /     /       リ     |  |   /  ノ
    C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
   &  \____/      /     ノ/ _/—''
    ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ珍 '´   /   十
         /  ̄ ̄`ー- ...,,_宝__,/| /        +
                /   ノ {=   | |
    +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、


.
740:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:32:52 ID:yxgGNR6c



                  ___// /
                     /    \./  /
                   /       \/
                    |         |
                  |        | /   /
                |        | //  / /       これが一番大事な事かもしれないが
         / ⌒ \  l        |//  / //
        /      \{_    _ノ__/ ⌒\   /     物語の着地点だけは、最初に決めておく
        (__/⌒\          ̄       \/
              \__,,          /⌒\_)      ゴールさえ決めて置けば、
            /⌒/        /
              /  /        /              エタ—になる可能性はグッと減るだろ
           / ./        /
         ,,-‐<  /        /
       (,__/   /i____ノ
          /   /
           /   /
         /   /
           〉   Y
   ( ヽ:  /    ソ丿 ヘ` ;
 ´ \.从_(__ _/)人/ ;`


.
741:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:33:12 ID:yxgGNR6c



                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\      なかなか初心者のうちは、
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|      頭の中にある物語から逆算して、
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }       掛かる時間や作業量を掴めないだろ
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   その通りだお!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


.
742:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:33:31 ID:yxgGNR6c



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \         だから、自分が続けられるテーマや
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}      ペースを掴むにはどうしたらいいか…
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ  長編を始める前に、ちょっと考えて欲しいだろ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ—イ /   .`ー—. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           | 



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |     わかったお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    次は、成功させてやるお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


.
743:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:33:45 ID:yxgGNR6c



                 /::::::::   __ -:::::::::::::::::し':::::::::
             〃:::::::::∠-‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      バサッ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           _,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      こうして、やる夫は再び戦場へ向かったんだお!
        / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        l /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∨:::::::::::::::::_,,-─"<ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         〉-‐"" ̄      `ヽ   ̄''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /          }  \   丶::::::::::::::::::::::::::::::::::
        〈  /ヽ       }`ヽ ヽ  丶::::::::ト、::::::::::::::
         ̄   〉        i (ゞ j    ヽ:::::-、ヽ:::::::、
             /  ,-‐"ヽ  ヽ  ̄    `ヽ::::i    ̄
           〈  〈     \ \        ヽi
            フ__j     /__j


.
744:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:33:58 ID:yxgGNR6c



        / ̄ ̄\        // // ////
       /ノ(  ゝ 、_,ノヽ      ___,--、
      | ⌒(( ○)(○)      ( ) ) ) ) )
.      |     (__人__) /⌒l  |      ⌒`i    その前に、エタったスレで
       |     ` ⌒´ノ |`'''|  |     '、  |
      /⌒ヽ     }  |  |  |  /    /    きちんとした対応をするのが先だろ、JK!!
     /  へ  \    }__/ /  /         |
   / / |            ノ_ /       |
   ( _ ノ    |   .   ⌒ヽ_/          }
         |        _____\    ノ
         i     / ̄       `ー-''
         \_/ /     _/⌒  ⌒\_
          _ノ   /    /:●))(__人__)((● \ ぐぇあ
         (   /    |     |r┬-|      |
          |_ノ''      \      `ー'┃     /



—終わり—


.
745:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:34:43 ID:yxgGNR6c
以上です。
次の方、どうぞ。
746:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:35:04 ID:AHDTtSmU

初長編で50話くらい行きそうなものを書きはじめた俺は手遅れ
続編あわせると倍以上に……
752:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:41:01 ID:lx3crKTQ
>>746
ハハハ・・・それなんて俺・・・orz
「これ100話以上行くんじゃね?」
って気付いた時にはもう手遅れでした・・・
753:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:42:34 ID:w0xKVkLI
>>746>>752
週1だとしても2年か、ガンバ!
747:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:36:08 ID:zbpjPRbk
おつ、ワンパターン化は自分も悩んでるところです
ゲーム系やってるけどメインキャラ4人なので飽きられないかと心配で……
748:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:36:53 ID:xXxOLjPs
おつ
初長編やろうとして書き溜めてるけどしんどくなってきた・・・
頑張ろう
749:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:37:07 ID:w0xKVkLI

しょっぱなっから長編はマジやめといたほうがいい
オムニパスだったらまだましか、何時でも打ちきれるし
750:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:39:06 ID:o2HaYsvE
乙!

何気に一番最後が大切だな
751:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:40:02 ID:taISFPAk
長編書くときは紙に登場人物並べて書いたり、あらすじを文章にしてみたりすると、組み立てやすくなると思う
754:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:42:47 ID:OHlogHWo


長編やっていて一番きついのは
自分の作品に対する愛情が無くなることなんだよな……
いまそれに嵌っていて困っている。
755:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:50:32 ID:XyYv73cI
……このスレって何のスレでしたっけ?
756:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:51:08 ID:DsLM3nDc
初心者向けのスレのはずだったんだけどね
757:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:53:49 ID:wujSmhkg
やる夫スレの常連が持論を展開していますね
758:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 00:57:51 ID:uhAFF6tQ
常連が新参に色々教えてあげるよ的なスレなんだから間違ってないんじゃないの
759:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 01:08:52 ID:w5VA7nM.
色々な人の始め方についての意見を聞くスレだろ?全然間違ってないと思うが。

>>754
俺は短編でもそれに陥る。
ちょっと書いては最初から読み直し…を繰り返して最終的には嫌になってくる。
この物語よく考えたら全然面白くなくね?って思い始める。
それも乙で吹っ飛ぶんだけどね。
760:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 01:13:20 ID:PjaZFpqk
始め方も、作り方やツールの紹介も前半でほぼカバーしてるし
後はそういうのしか説明するのなくね?とは思う

それこそ多種多様な人の持論展開くらいしか残ってないんじゃないかな
761:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 01:19:38 ID:v98a6L7E
乙かぁ
以前自分でもちょっと単調かなぁと思って投下したときいつもは感想とかもついてたりするのに乙だけが多かった時があったんだ
そして次の投下は持ち直したかなと思ったら感想付きも増えてた
作った時に感じた事は読者も感じてるんだなと思ったよ
自分が納得いかなきゃ読者も面白くないと実感した
皆も書くときは納得いかない時は予定投下日を変更するなりしてでも書いた方が良いよ
定期的な投下より自分が面白いと思える物を作れたが大事だね
762:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 01:21:00 ID:F9XbmAGY
はっきりとした見せ場を作ってもらわないと感想書きづらいのよ
展開が盛り上がるなり突っ込みやすいギャグなり萌えなりね
スポンサーサイト

コメント

>>754>>759
中堅・ベテランクラスになるとこういう悩みが出てくるのか。
今までひとつしか作ってないんだが、正直自分の作ったものは大好きで仕方ないしw,その感覚はわからないなあ。

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。