2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ナギで思い出した。
今頃何してるんだろ、あの人。

去年2009年の7月で「できない子」が主人公のスレを立てると
予告があった気がするが・・・。
当時、同じまとめブログに乗った「できない子スレ」はやる夫シアターくらいだしなぁ・・・。

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

やる夫スレのはじめかた 第6章「伏線の作り方とキャスティング」

2009.12.30 (Wed.)

第6章「伏線の作り方とキャスティング」では、伏線・ミスリードの張り方と、登場人物の選定についてを説明します。物語のテーマや大枠のストーリーの組み立てについては第5章をご覧ください。

やる奈による『伏線の立て方』

336:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:13:53 ID:b47z9y9A
乙です。


次、投下させてもらいます。
全12レスで投下間隔は1分前後です。

半ばやっつけですが、その辺はご愛嬌という事で。
337:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:14:34 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     参考になるかどうかは分からないけど、
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`.    「伏線の立て方」について私の思う所を少し喋らせてもらうわ。
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l(●),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八
          /   /  ハ  ヽ
338:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:15:35 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、     伏線を張るのは難しいと思うかもしれないけど、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`     実はそんなに難しく考えることは無いの。
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (ー)\l(ー),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l
         ヽr゙~"    ゙~lノ
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、     凄く簡単な例でいえば
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      ・敵の「やったか!?」の台詞の後に、攻撃されたキャラが生きている。
     l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi        こういうベタベタなフラグも
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ        伏線の種類の一つだしね。
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ト::::\
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l 、ィ`ュ
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八 ゝイ
          /   /  ハ  ヽ
339:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:16:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`    とりあえず伏線を張るのに必要な事は
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l(●),ルリ      ・伏線の起点
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/.         ・回収方法
      //ヽゝ   lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ        この二つだけ。
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ト::::\
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l 、ィ`ュ
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八 ゝイ
          /   /  ハ  ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ       さっき一例に挙げた死亡フラグだと
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`.      伏線の起点  : 敵の激しい攻撃
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |        回収方法    : 生存を匂わせる台詞の後、生存を確認
     l从  | (●)\l(●),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n         こういう感じ。
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八
          /   /  ハ  ヽ
340:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:17:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、    ただ、これだけだとちょっと説明不足だから、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`    もうちょっとレベルが高いベタベタな伏線も
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |     紹介するわね。
     l从  | (ー)\l(ー),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八
          /   /  ハ  ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     皆は「機動戦士ガンダム」って知ってるかな?
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`.     それにはシャア・アズナブルっていうキャラがいるの。
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |       普段はノーマルスーツ(宇宙服みたいな物)を着ないで
     l从  | (●)\l(●),ルリ      モビルスーツ(ロボット)に乗るんだけど、
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/.         実は一回だけノーマルスーツを着るの。
      //ヽゝ  n.lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>l ^)二´<ヘリ
          γ::::lヽlム:::::::ヽ
          l:::::,l::::|∞ヾ:.ト::::\
         ヽ::::;ノ.  ゙~l 、ィ`ュ
         ノ   ,   , 八 ゝイ
          /   /  ハ   ヽ
341:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:18:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ    その理由は
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、.   「とある女性が生前に『ノーマルスーツを着ろ』と言っていたから」
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      その女性が死んでしまったから、
     l从  | (ー)\l(ー),ルリ.      その言いつけを守ったの。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ  n.lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>l ^)二´<ヘリ.      まぁ、大体そんな感じね。
          γ::::lヽlム:::::::ヽ       詳しくは自分で見た方が楽しめると思うわ。
          l:::::,l::::|∞ヾ:.ト::l
         ヽ::::;ノ.  ゙~lノ
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     とにかく、ノーマルスーツを着て戦場に赴いたシャア。
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、    .その時の戦いで乗っていたモビルスーツが撃墜されるの。
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |       ノーマルスーツを着ていなかったら即死だったけど、
     l从  | (●)\l(●),ルリ      ノーマルスーツを着ていたから助かったわ。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi        その後シャアは元気に再登場して、敵と白兵戦を繰り広げるわ。
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l
         ヽr゙~"    ゙~lノ
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ
342:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:19:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     で、この話はどういう仕組みかというと
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`.     伏線の起点 : ノーマルスーツを着る
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      回収方法   : シャアの生存
     l从  | (●)\l(●),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/        .こういう感じね。
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/
         ヽr゙~"    ゙~l
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`.     たったこれだけ。
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |       伏線なんて難しい言葉使ってるけど、
     l从  | (ー)\l(ー),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/.         「フラグ立てて回収するだけ」
      //ヽゝ   lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ        これに気づいてしまえばなんてことは無いわ。
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l
         ヽr゙~"    ゙~lノ
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ
343:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:20:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、     ただ、本当に難しいのは
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`      こんな「ベタベタな伏線」ではなくて
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      「読者にバレにくい伏線」の方ね。
     l从  | (●)\l(●),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/        これに関しては色々な手法があるけど、
      //ヽゝ   lr┬| ,イi         そのうちでやりやすい一つを紹介するとするわ。
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l
         ヽr゙~"    ゙~lノ
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     その手法とは「ミスリード」
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`.     回収の方法をわざと匂わせて、
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      全く違う方法で回収することよ。
     l从  | (●)\l(●),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ト::::\
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l 、ィ`ュ
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八 ゝイ
          /   /  ハ  ヽ
344:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:21:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     一例を挙げるとすれば
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、    .ヤングジャンプで連載中の「ローゼンメイデン」ね。
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |       それに出てくる雪華綺晶っていう人形は
     l从  | (ー)\l(ー),ルリ       .実体を持たない霊体(アストラル)なの。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ  n.lr┬| ,イi        だから、現実世界に出るには実体のある仮の器が必要なの。
        |!〃lヽ>l ^)二´<ヘリ
          γ::::lヽlム:::::::ヽ
          l:::::,l::::|∞ヾ:.ト::::\
         ヽ::::;ノ.  ゙~l 、ィ`ュ
         ノ   ,   , 八 ゝイ
          /   /  ハ   ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ       .そこで雪華綺晶は、ある方法で仮の器を手に入れて
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、      現実世界に赴き、真紅達に勝負を挑むの。
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |       で、真紅は戦っている最中に
     l从  | (●)\l(●),ルリ         .雪華綺晶の体を「雛苺」の物だと推理するの。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ  n.lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>l ^)二´<ヘリ
          γ::::lヽlム:::::::ヽ
          l:::::,l::::|∞ヾ:.ト::l
         ヽ::::;ノ.  ゙~lノ
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ
345:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:22:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     確かに雛苺の体は雪華綺晶に奪われた。
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、    .そういう描写もきちんとあるわ。
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      だから、読者の大半が
     l从  | (ー)\l(ー),ルリ        「雪華綺晶の体は雛苺の物だ」
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/       .そう思ったの、私もそうだったし。
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/
         ヽr゙~"    ゙~l
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ
346:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:23:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、    でも、実は雪華綺晶の体は雛苺の物ではなくて、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`     蒼星石の物だったの。
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l(●),ルリ       確かに蒼星石の体も奪われた描写もきちんとあるわ。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/       だから、冷静に考えれば二択なのね。
      //ヽゝ  n.lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>l ^)二´<ヘリ
          γ::::lヽlム:::::::ヽ
          l:::::,l::::|∞ヾ:.ト::::\
         ヽ::::;ノ.  ゙~l 、ィ`ュ
         ノ   ,   , 八 ゝイ
          /   /  ハ   ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     でも「雛苺」という単語を出したから、
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、    .蒼星石という選択肢が限りなく薄くなったの。
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      雛苺の物だと考えた人は
     l从  | (●)\l(●),ルリ      .まんまと作者に騙されたってわけね。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/
         ヽr゙~"    ゙~l
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ
347:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:24:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ    これを整理すると
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      起点 : 雛苺と蒼星石の体を雪華綺晶が奪う。
     l从  | (●)\l(●),ルリ     回収 : 雪華綺晶が蒼星石の体を使う。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n       誤解 : 雛苺の体を使ってると思わせる。
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/      こういう風になってるの。
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八
          /   /  ハ  ヽ




        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ     ワンクッション挟むだけで
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、      意外性が違うでしょ?
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |       これは結構手軽な方法だから、
     l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ      練習すれば誰でもできるようになるわ。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ト::::\
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l 、ィ`ュ
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八 ゝイ
          /   /  ハ  ヽ
348:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:25:36 ID:b47z9y9A
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ    ま、色々長く説明したけど、
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、    簡単にまとめると
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |     伏線を張るのに必要なのは
     l从  | (●)\l(●),ルリ     「起点」と「回収方法」の二つだけ。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi       そして伏線を「隠す」か「隠さない」か。
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ       隠すなら「どういう風に隠すか」を考えればいいわ。
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l
         ヽr゙~"    ゙~lノ
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、     というわけで私からは以上よ。
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |      「習うより慣れろ」
     l从  | (●)\l(●),ルリ      まずは気軽に一本短編を作ってみるといいと思うわ。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/
         ヽr゙~"    ゙~l
         ノ   ,   , 八
          /   /  ハ   ヽ
349:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:27:13 ID:p3z/PZD6
ローゼンメイデンの例えがわかり難いな
それじゃ既読者向けだよ
350:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:28:14 ID:b47z9y9A
>>349
今気づきました、申し訳ないです!
もうちょい説明すれば良かったですね……。
351:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:28:18 ID:dlQrort.
コミック派だったからネタバレくらったお
352:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:29:30 ID:o6pV/lmw
いやコミックもここまで来てなかった?

しかし盛況だなこのスレ……みんな語りたいのね
353:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:29:53 ID:12rbOHjw
お疲れ様でしたー
確かに、ここはあくまでもやる夫スレですから
原作の話を例えにするのはよくないかも知れませんね。
355:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:31:14 ID:quMc/TzM
このスレは参考になるなぁ

原作未読だったからネタバレは止めて欲しかった
357:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:33:30 ID:N610TdRE
やる夫スレで言ったら「やる夫は金糸雀のことを語るようです」の最後のほうでやってる話が結構分かりやすい伏線作ってるよ
いや話完結するまで伏線分かんなかったけどさ

やる夫と花山薫で見せる『ミスリード』

356:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:32:06 ID:nxUuQEqw
出来れば、ミスリードに関してコネタを・・・。
358:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:34:49 ID:nxUuQEqw
2レスほど投下、ミスリード。

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    いや〜やる夫、実は池田先生の
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ファンなんですお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


                    ________
                      _ ´::::::::::::::::::::二二ヽ:::::\__
                    ,. ´::::::::::::::::二二ニ丶::::::::::::::::::::\        
              /::ニ:::::::::::::::二二ニニ丶:::::::::::::::::::::::::ヽ      
                  ///::::::::::一=ニニ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::ハ      
              /::/:::::::::—一=ニニ::::::::::::::::::::、::::ヽ::::::::!::::::|     
            _,/::::::ニ二:::::::::::::::::::二二ニ=::::::::::|:::::::|:::::::|::::八     なんだと?
          /{:;:イ:X⌒ヾニ::::::::::=ニ二二::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::::::ハ    
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}    
         { 厶-——-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{    
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}    
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -——  ヾ:::::::::::::.::/    
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -——',    }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /—一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/ ┌────┐
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/ .│  右翼  │
                                      └────┘
359:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:35:20 ID:nxUuQEqw

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    但し、清彦先生の
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ことですお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/池田清彦


                       
        _______       
      ,.イ彡ソ彡ソヾ ヽ      
.    /彡ソ彡ソ彡ソ彡ハ    
:.   /ノ彡イ彡ノ/)ハ> ∧   
.   | / ≧ミ、 y ,.イ∠_ヾ |   なーんだ。
    Y( てO》>Y--<《O フ,)'Y    (だれそれ?)
:.   {{ゝミ,─ イ { }>─彡ノ)}  
   し |\. < ( ) > J /し´    
..  ⌒∧\ _彡〜ヽ._ //∧⌒  
    /  \ヽ >⌒< / /     
.  /    ` トー─イ/       
  /     /\ /ヽ
360:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:35:46 ID:nxUuQEqw
お粗末でした。
361:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:36:34 ID:p3z/PZD6
・・・?
362:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:36:44 ID:12rbOHjw
・・?
364:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:38:36 ID:KBPMBsFQ
すまないが、解説を
367:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:40:02 ID:nxUuQEqw
一応解説。
池田先生=某学会の会長・・・
と思わせて、生物関係の人のこと。
368:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:40:29 ID:o6pV/lmw
ミスリードって言うのは読者を引っ掛けることであってむしろこれは
どーせ違うんだろうなーって感じを抱かせるからミスでもなんでもないというか
363:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:37:08 ID:Jxjryfj2
仮面ライダー龍騎のシザースの話なんかは割とうまいミスリードだったような
370:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:44:37 ID:p3z/PZD6
>>367
・・・?

どうしてこのスレで投下したの?
377:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:48:01 ID:nxUuQEqw
>>370
ミスリードについて、ちょっとしたネタを思いついただけです。
もっと解りにくくなりましたが。

反省しているが後悔はしていない。

やる夫とやらない夫で見せる『ミスリード』

391:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:57:00 ID:rQuasE3E
ミスリードか分からんけど4レス作ってみた、投下してみていいかな
392:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:58:34 ID:nxUuQEqw
どうぞ。
私の駄作よりも良いものと信じて・・・。
394:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:59:12 ID:rQuasE3E


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\  やらない夫!やる夫が悪かったお!だから!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)  今更謝ったところで遅いんだよ
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -— ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::
395:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:59:26 ID:rQuasE3E


   o
    ゝ;:ヽ-‐—r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()
396:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:59:40 ID:rQuasE3E


      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)
.    |       (___ノ)  ……さよならだ
     |        ´ノ
.     |         }
.     ヽ        }
      ヽ     ノ


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\  あ……あ……
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
397:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 00:59:51 ID:rQuasE3E


                   ___
                  /.ノ ヽ、_\    __
                .o゚.( ○)}il{(○).゚o./ー  \  やらない夫ーー!!
            ./    .(__人__)  /(ー ) \  \
             |    .ヽ |!!il|!|!l| /(___   (ー )  |
             \     .|ェェェ./   (_)     /
            /         |      ┃   /
          ヽ  \ ../ ̄ ヽ      /
           \  .\ ./      (_)
              ( ̄.\  \           ヽ
398:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:00:03 ID:rQuasE3E
どう?
399:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:00:58 ID:ACmBw0tg
ミスリードを表したものとしてはあってると思う
でも短編投下場所とは違うと思うので後説をつけたほうがいいんじゃないかな?
400:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:01:18 ID:ACmBw0tg
言い忘れたけど>>398
401:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:02:16 ID:N610TdRE
なるほどね
やる夫の血と思わせてやらない夫でしたーってミスリードか
乙乙、納得と言えば納得
402:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:02:33 ID:12rbOHjw
個人的には、テストスレかどっかに投下して
それのリンクをここに張るよような形式にした方がいいんじゃないかなって思う
405:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:04:09 ID:KBPMBsFQ
もしくは解説付けながらやったらいいんじゃないかな?って思う
ネタだけやられても、元ネタしらないとチンプンカンプンになるし、何が言いたいのか読み取れない
406:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:04:13 ID:rQuasE3E
>>399
そうだな、最初の会話と次の血しぶきでやる夫が殺されたように見せて
実はやらない夫がやられてたってオチ

スネ夫の「悪いなのび太、この零戦一人乗りなんだ」みたいな
407:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:04:19 ID:nxUuQEqw
ちょっと解りにくかった・・・。
けど、>>401で大体理解できました。
403:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:03:03 ID:o6pV/lmw
最後のコマで実はトマトジュースを賭けた勝負をしている
とかならよりミスリード
404:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:03:41 ID:Mrtny59M
伏線だったら、俺はここを参考にしたよ
ttp://www.arasuji.com/k-fukusen.htm
ttp://www.arasuji.com/k-fukusen2.htm

乱崎凶華による『二種類の伏線』

408:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:14:27 ID:fP7f/Pms
投下おk?
409:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:15:02 ID:rQuasE3E
おk
410:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:15:55 ID:fP7f/Pms



             , ----------- 、
           /           `ヽ
          /  , ---------- 、__  _ノ、____
       「 ̄ ><三三三三三三三三几::::::::::/
        !::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::/
        ∨:. {:.|:.十、/|:.:.:.:.:.:.:.:.:斗X:.:.:.|:.:.:!,イ
     ______//|:.|:,ヘ/Tテァ:.:.:.:/ ァテモ丁}:|:.:ノ::::ヽ、     凶華様だ。
   /    |/:.:Ⅳハ{∨:::リ\/  ∨:::リ∧}:::::::::ト-
  〈       |,、::::::⊂⊃- '     `-⊂⊃:::::ハ|       伏線について、一言言わせて貰うぞ。
    \     | レヘ::人_  ャ--‐' ) __ノ:::::::/
     \   |  ∨>≧=ォ三ミ≦</}/
      ヽャ´>f ̄   人 :M: 人  \
        '^ー┴─‐ァ く/`┬'ヽ_>ヾ、  \  ___
            /       |     lん/ /ヽ )
           ノァ‐--- ...⊥...________Y /:::,≠ ̄
         / 《 o  // : : : : :| !  ヾ`` <
          ̄/==テ=、___: : : :ヾ、_o_》_/
          /  /     ̄ ̄ ヽ  ヽ
        /ヽ/           ヽ__,.>.、
         ̄ ̄              ̄ ̄




 _, ==ァ':.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::| |ヽ      /:.:/
 ∨:::/: : : : : !: : : : :}: : :}:ヽ:.:.:ヽ/ j、 ',      ':.:.:/
  ∨:j: : : : : :{:.:.:.:.::∧:::ム::',:.:::::∨::|  ,     !:.:.:{          実は伏線には2種類あるんだ。
  ∨/::::::ト::{入::::丁、}/_,彡|:::::::_}:: |  l     ', :.:.、
 /イ:l:{::::::レヾ_,.\{  ̄ ⊂/i//i{::|   !    ヽ:.:.\        ズバリ、
   !ハヽ:::{ 彡' }   _  / // /ノ|   〉、 ________ ヽ:.:.\
     |::::::ヾ⊃   _/ }/  _/  |/  !`ヾ   ` ヾ.:.:.:ヽ     『①伏線だと分かる伏線』と
     |::!::::::ト、   ` ‐'_,{  // {    }        ヽ }
    レ'\::::::ト了` ア ハ ´ ∨  i    '         \    『②伏線だと分からない伏線』だ。
       ヽ{ !   {=∧  ヽ/:|   {     ノ〃    ヽ
          |  ゝlヘ. ',   \    !----彡'/
          |   丁`ヽ    ヽ  |: : : : : : j
411:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:16:09 ID:fP7f/Pms



       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ _:.:.:.:ヽ    , -ァ--、`丶           /::
    , ≠ニニ|:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:/:}ヽ:.:.:.:.:ト、 __/ / ./, ヽ  `丶      /:::::::::
  //:::::::::::::|:.:.:.:.':.:.:.:!:.:.:.{:.:.:.:.:.:.: :::|,示:.:.:.}: //{/_,ハ{ ,. }ヽ   `丶 /:::::::::::::::
〈 <::::::::::::::::::::::|:.:.:.:.{:.:.:.:|:.:.:.Lヽ:.:.:.:.:. |{::::ハヘヽ{__::::::::::::〉ノ二ィ<   _, -‐ '::::::::::::::::/
 ヽヽ::::::::::::::::::!:.:.:.:.',:.:.:.レヽ|____`ヽ::::}、ゞノ ヽ::ヽヽ__∠ィ‐--イ_ゝ≦_____:::::::::::::::::::/    ①は伏線だと読者にアピールする場合。
  \\::::::::::::',:.:.:.:.:ヽ/| 〃::::ヽ` ` 丶  ハ`__}    |    ! ̄二 ‐, }:::::::::::/
    \丶_____ヽ:.:.:.:.:\{{::::::::::ハ     ∧| >‐、  !   |: :(___)/ /::::/ /:::   ②は気づかれないように張るトラップだ。
     ` ‐----ヽ:.:.::::::ヾ`ぅ__ノ    /`/ ̄`ヽ /`7}     |: : : : :/ // /::::::::::
        ヽ:::::::::ヽ::::::::ヾ\ __ -‐=7   j}ヘ}  | ',    !: :.//`{_/ _::::::::/   とりあえず簡単な例を出してみようか。
         ヽト、:::r\r--`  ̄`  ゝ.  〃レ'`丶、 ____,ノ// / ノ ̄ ヽヽ/
           ヽ{/ω゚)       _}¬< rヽ: : : : // -‐'  ______〈/
、            / ̄ ̄       / ヾ`ヽ_/>-< '-‐---‐ ' 二 -‐' /
 `丶          〈   ______     }ム_  j}ノ__〈  \ } ̄ ̄ ̄: : : : : : : /
    `丶       \{:::::::::::::ヽ  /   ヽ:::}    ヽ ヽ〉: : : : : : : : : : : /
412:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:16:29 ID:fP7f/Pms



          〜①の場合〜



               /     _   _
              / / ̄ ̄`´:.:〉´<´    _/)
             (_ゝ/:.:/:.:.:.:.ィ:.:.:..イ.::.:.:\  ,、 /っ}
            i:.:/:./:.:メ、|:.:.:レVト、:ト,ん `<´
             lイ/:.:,ィ=ャ|:;イ /ト:::ハ/  `∨
            ゝ!イ.代ノ __, ̄{V、  /´
           /:.::.`.ヘ:\_ 廴ノイ\:.\/    この部屋には犯人はいないみたいだね。
         /.:<二/ヾー、弌_ i|  入.:.:\
        /:.ィr‐'´    \\:.}jY´  `ー‐ヽ
        ///:入   弋〈` LヽY 〉\
      / ´ /:/ /ー<彡Y   (´ヾ \`ー、
     (〈  /:.〈 /:.:.:.:..:ヽイ `ー、ゝ、ト─\.:.:\
    ヽゝ-ヽ:.:,Y:.:.:.:.:.:.;イ /  i | ト'     ヽ.:.:}
         /:.:ィ.:.:.:.:〈/、/ | | l 〉、    レ'
          /:./ ∨://ーiニニ|ニ!ニゝ  \
          |:/ /: l/ ∧   ̄   `> /
          |   ヽ/ /.:.:.\    /ヽ/
          /`7`ー─ヽ_ ノ /
            / /       〈 L/
            /-┤         7 {
           ー┘           ー'





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  おう。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ ゴソゴソ・・・・・・
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
413:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:16:43 ID:fP7f/Pms



                            〜中略〜


               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::::::::::::://
          , ----<:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ- .:.:.:.:.:.:_,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',::::::::::://
          {i::::::_>'´ ̄ヽ:.:.:.,イ、/,ヽ:.:.トヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:./彡=!`|:.:.:./二|ハ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.ノノ
          ,≠´:::::::::::::::::!l/ンヾ^ ヽ|〃 `ヾ}:.:.∨〃  `ヾ/ 〃 ̄ヾ Y`==、<   r─
          ̄ ̄ ̄ `丶、::!| fl   }}   {{   》:./:.', {t   }} {{   }} !::::::::,>-`-‐- |:.:/
         :.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.\ヾ  ,〃  ヾ=(⌒ヘ:::| つ二"______`=(⌒ レ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
         :.:.:.:.:.:.:.:.:}:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽつ" ____________, ハj :| /    `>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         、/、:.:.:.:.:.|v<レ、:.:.:.ヽ>'´ /    | ∧ i|       ̄7:.:.:.:.:.:、:.ィ:.:., -‐ :.:.:.:.:.:.
         :./≧、ト、| 〃 ヾ:.:.:.ヽ /     ノ< f´ ゝ-,      /:.:./:/!,=メ-/ィ':.:.:.:.:.:.:.:.:.
         〃` `ヾ ヾ_,.rつ:.:.:.',     ,.イ,フ、fヽL  └,=_ニ'´/:.:.:.:.ノ〃 `ヾ'/:.:._,v、_ノ:.:.
         ヾ  _〃_, -‐ヽ \:.:}三≧彡イf  } ノ `y  ! |::| 'イ:(⌒)ヾ__,〃//〃ヾ/ィ
          つ",  '/ ヽ  |  ハ nr、||  〃 r-イヽ r'  ,' :|::| fヽノ il 丶、    {{   }}
           / /    ヽ! /^'   > ! ∧ `-ヘ /  |::| 〈//ゝl|"´   `丶、_`=(_,>'
           { /      /ゝ  /||  ヽ' ヽ__,.ィ "  |::| ゝ 〉i|        l} `7:.:.
           |'      /  |  ! ||   |    /    |::|/ /∧        |i/:.:.:
414:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:16:55 ID:fP7f/Pms



: : : : : : :/ : : : : : : : ヽ: : : ヽ: \ー-≧x
: : : : : :/ : : : : : : : : : : }: : : : ヘ: : :\
: : : : :/ : /: : : :__:/: :ト、: : : : |ヽ__: :ヽ
: : : :/ : /: : : : : : :/i\i_,∨: : :|: :', \ ヘ
: : :/ : :{ : : : : :/:/ :|: :/  } : : j: : ヘ  ヽ}
:.∨ : /|: : : : /:/  Ⅳ  │: :/: : : |       な、何故私が犯人だと!?
∨: :/ :| : : :/:/≦三三, | :/ ヽ: : |
{: :/⌒| : : {:/{│  {  j/ |ヽ| : :j
:Ⅴヽーヘ : :∧ヘ| 、_j、__ ∨ } ://^ー— 、
>-、\ハ: {: ヘ ∨   /  /  j/^Y    `ヽ
: : : : :¨¨ Ⅵー:ヽ}、_ ノ /   {           }
: : : : : : : : : : : : :\_j/     \       .′
_;_;_: :イ´ ̄`ヽ : :ヽ、        `ー┐    |
          \ : ',        }    |
           ',: :}         ノ     j

                                                        / ̄ ̄\
                      はっは〜ん。                          _ノ  ヽ、  \
                                                      ( ●)( ●)   |
                      何故ならさっき仕掛けたうんぬんかんぬん。      (__人__)      | ../}
                                               _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
                                            (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                           ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                                          .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                            ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                            i   {   イ—イ /   .`ー—. 、__ .〈 ̄ ̄
                                             ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                               `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ
417:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:17:21 ID:rQuasE3E
ゴソゴソが伏線か
415:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:17:10 ID:fP7f/Pms



          〜②の場合〜



               /     _   _
              / / ̄ ̄`´:.:〉´<´    _/)
             (_ゝ/:.:/:.:.:.:.ィ:.:.:..イ.::.:.:\  ,、 /っ}
            i:.:/:./:.:メ、|:.:.:レVト、:ト,ん `<´
             lイ/:.:,ィ=ャ|:;イ /ト:::ハ/  `∨
            ゝ!イ.代ノ __, ̄{V、  /´
           /:.::.`.ヘ:\_ 廴ノイ\:.\/    この部屋には犯人はいないみたいだね。
         /.:<二/ヾー、弌_ i|  入.:.:\
        /:.ィr‐'´    \\:.}jY´  `ー‐ヽ
        ///:入   弋〈` LヽY 〉\
      / ´ /:/ /ー<彡Y   (´ヾ \`ー、
     (〈  /:.〈 /:.:.:.:..:ヽイ `ー、ゝ、ト─\.:.:\
    ヽゝ-ヽ:.:,Y:.:.:.:.:.:.;イ /  i | ト'     ヽ.:.:}
         /:.:ィ.:.:.:.:〈/、/ | | l 〉、    レ'
          /:./ ∨://ーiニニ|ニ!ニゝ  \
          |:/ /: l/ ∧   ̄   `> /
          |   ヽ/ /.:.:.\    /ヽ/
          /`7`ー─ヽ_ ノ /
            / /       〈 L/
            /-┤         7 {
           ー┘           ー'





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  おう。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
416:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:17:20 ID:fP7f/Pms



                            〜中略〜


               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::::::::::::://
          , ----<:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ- .:.:.:.:.:.:_,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',::::::::::://
          {i::::::_>'´ ̄ヽ:.:.:.,イ、/,ヽ:.:.トヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:./彡=!`|:.:.:./二|ハ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.ノノ
          ,≠´:::::::::::::::::!l/ンヾ^ ヽ|〃 `ヾ}:.:.∨〃  `ヾ/ 〃 ̄ヾ Y`==、<   r─
          ̄ ̄ ̄ `丶、::!| fl   }}   {{   》:./:.', {t   }} {{   }} !::::::::,>-`-‐- |:.:/
         :.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.\ヾ  ,〃  ヾ=(⌒ヘ:::| つ二"______`=(⌒ レ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
         :.:.:.:.:.:.:.:.:}:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽつ" ____________, ハj :| /    `>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         、/、:.:.:.:.:.|v<レ、:.:.:.ヽ>'´ /    | ∧ i|       ̄7:.:.:.:.:.:、:.ィ:.:., -‐ :.:.:.:.:.:.
         :./≧、ト、| 〃 ヾ:.:.:.ヽ /     ノ< f´ ゝ-,      /:.:./:/!,=メ-/ィ':.:.:.:.:.:.:.:.:.
         〃` `ヾ ヾ_,.rつ:.:.:.',     ,.イ,フ、fヽL  └,=_ニ'´/:.:.:.:.ノ〃 `ヾ'/:.:._,v、_ノ:.:.
         ヾ  _〃_, -‐ヽ \:.:}三≧彡イf  } ノ `y  ! |::| 'イ:(⌒)ヾ__,〃//〃ヾ/ィ
          つ",  '/ ヽ  |  ハ nr、||  〃 r-イヽ r'  ,' :|::| fヽノ il 丶、    {{   }}
           / /    ヽ! /^'   > ! ∧ `-ヘ /  |::| 〈//ゝl|"´   `丶、_`=(_,>'
           { /      /ゝ  /||  ヽ' ヽ__,.ィ "  |::| ゝ 〉i|        l} `7:.:.
           |'      /  |  ! ||   |    /    |::|/ /∧        |i/:.:.:
418:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:17:30 ID:fP7f/Pms



: : : : : : :/ : : : : : : : ヽ: : : ヽ: \ー-≧x
: : : : : :/ : : : : : : : : : : }: : : : ヘ: : :\
: : : : :/ : /: : : :__:/: :ト、: : : : |ヽ__: :ヽ
: : : :/ : /: : : : : : :/i\i_,∨: : :|: :', \ ヘ
: : :/ : :{ : : : : :/:/ :|: :/  } : : j: : ヘ  ヽ}
:.∨ : /|: : : : /:/  Ⅳ  │: :/: : : |       な、何故私が犯人だと!?
∨: :/ :| : : :/:/≦三三, | :/ ヽ: : |
{: :/⌒| : : {:/{│  {  j/ |ヽ| : :j
:Ⅴヽーヘ : :∧ヘ| 、_j、__ ∨ } ://^ー— 、
>-、\ハ: {: ヘ ∨   /  /  j/^Y    `ヽ
: : : : :¨¨ Ⅵー:ヽ}、_ ノ /   {           }
: : : : : : : : : : : : :\_j/     \       .′
_;_;_: :イ´ ̄`ヽ : :ヽ、        `ー┐    |
          \ : ',        }    |
           ',: :}         ノ     j

                                                        / ̄ ̄\
                      はっは〜ん。                          _ノ  ヽ、  \
                                                      ( ●)( ●)   |
                     何故ならさっきのお前の台詞がうんぬんかんぬん。      (__人__)      | ../}
                                               _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
                                            (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                           ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                                          .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                            ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                            i   {   イ—イ /   .`ー—. 、__ .〈 ̄ ̄
                                             ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                               `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ
419:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:18:01 ID:fP7f/Pms



                           ヽ::::\::\ 〈::/
                          、二二_ ¬ <二ヽ、_
                           j/____ヽ:::::::::`丶、  }====== = - 、
                          / ̄`‐- 、_ヽ::::::::::/ ̄{_::::::::::::::::::::::::::ゞ/
                        r‐'  ̄ ̄ ` ‐-` 、_/  /<))::::::::::::::::::://
                        `∠ ̄ ̄7 ̄ `丶__ヽ/、  \::::::::::://
                           /:.Ⅳチ心ヽ:./|/-十|‐ \  \//
                        /:.:.:.ノ {ハⅣ|/ ィァテx !:.:.:.:.ヽ    ヽ
                         /イ:.∧ `´ '  ん::Ⅳノ:.:.:.:.::, >   ヽ
                        レ'__ヽ o   ` - '/:.:.,≠´    /
                        /7 ヾ ヽェ-ァ __∠ '´     , イ:./
             f⌒!          ___{____ j}_ノ-'´     , イ:./  |/
             l  {             }_, /´//    , <   j/
          '、....ヽ        __/‐-/ 〃   / }
           \::::\    _/、 `> ̄ {{  / /  ,'       分かるか? つまり、
             \::::\ /\ヽ'   _>ヾ-' _/
              \/\/  /    /´ !    '       ①ではあらかさまな行動(ゴソゴソ)が伏線になっていて、
              /ヽ/_, -‐'     /   |   :!
          {二ヽ/   /       /    :|   {        ②ではさりげないセリフが伏線になっているんだ。
           〈-──--- .._      {     {   }
           / ̄ ̄ ̄T - .._`丶、___|\  |   |





         r──--- 、  __   _/:/
         |:l ̄ ̄ ̄`ヽ>:.:.:.:.:.:.`丶<______________
         |:i::::::::::::::::/:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ-──, }
         l:l::::::::::/: :/: : : :/: : : :ヽ: : : : :∨:::::j j
        ヘ:∨::/:.:.:./:/|:.:./|:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.: : ∨://  一般的には②の方が上手いとされている。
         ',:∨:.:.::.:{/`|X   !i::::.:.:.:/|:: |:.}:.:.}:∨/
         |ヽ|:::.:.::::l「アニァ、_,{::::::/_,」斗:|::::ハトゝ   さりげなく隠す分、難しいからな。
         |:.:.l:::: ヽ:|{ ん::::}  !/7テ丁} !,イ/}
         |:.:.|::::::::::ト!弋ン      {_::ンノ/:::|
         ノハ:ヘ::::l::::! ヽ丶    ヽ丶{::::::}
   ,へ.__      Ⅵヽト、>、〜、___ _, ィ:::::/
  / -‐〈 |  ,-─ < ⌒ヽ人ア' 二ヽチ/}/|/
  ',  '´_}'  | ヽ、_ノ    {_, =-  、 Y ヽ、__
 __ヽ ´_,j、 {__         ゝ /`´| ノ   (゚ωヽ
/ '-ヾ、__,イ f,へヽ   / / 〉‐-rイ /    ̄,┴,
ゝ____ノ!-‐1'´  ヽヽ___人 ¬/,-、 レ、!l   / , イ
/:.:.:.:.:|  !  /-' |: : : `T´: : l `Y´}、__<_/   ヽ
:.:./⌒|  } /    j: : : : :l: : : i: : : : i   \   ヽ
420:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:18:22 ID:fP7f/Pms



          ,ィ
    ________ _〈::{______
    |::::::>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ‐--- 、
    {::/:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::::::::/
    ∠/:.:{:.:./{:.:.:.:.: l:.:}:.: |:.: ':::::/        しかし、①も多く使われる方法なんだ。
     ,':.:vレ、_ !:.:.:.:/}:/X:.!:.:.:}イ
    l:.:.:}イチテァヾ{ィチテォ}:.:.ハ::}         これは、最初の最初の伏線の人が言っていた、
    |:::ヘ`込リ   込リ'|:.:.,':::::l
     !ヘ人"  ,、   ノ}/::ハ/         ミスリードに使われる場合だな。
        `<‐r‐r‐r'´7 ´
       /!` T"´ 〃`  ‐--  ...___,    だが、他にも①の方法で読者の度肝を
     / l!  l    ヾ-----------、,{
    〈 <´|  !     |   __         抜くことができるんだ。何か分かるか?
     \ y  l     ! /, 、ヽ
      </  l      レ'  ト、}
       ,'   !     |   {ノ
      ,   !      |
      |______|_____________|
       }  :}   }  :}
        !  l   !  |
        |   !   l  !
        l、__,'   l、_.j                                , ----------- 、
        {_.ノ     {_.ノ                              /           `ヽ
                                           /  , ---------- 、__  _ノ、____
                                         「 ̄ ><三三三三三三三三几::::::::::/
                                         !::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::/
                         ヒント:やるメモ       ∨:. {:.|:.十、/|:.:.:.:.:.:.:.:.:斗X:.:.:.|:.:.:!,イ
                                       ______//|:.|:,ヘ/Tテァ:.:.:.:/ ァテモ丁}:|:.:ノ::::ヽ、
                                     /    |/:.:Ⅳハ{∨:::リ\/  ∨:::リ∧}:::::::::ト-
                                    〈       |,、::::::⊂⊃- '     `-⊂⊃:::::ハ|
                                     \     | レヘ::人_  ャ--‐' ) __ノ:::::::/
                                      \   |  ∨>≧=ォ三ミ≦</}/
                                        ヽャ´>f ̄   人 :M: 人  \
                                         '^ー┴─‐ァ く/`┬'ヽ_>ヾ、  \  ___
                                              /       |     lん/ /ヽ )
                                             ノァ‐--- ...⊥...________Y /:::,≠ ̄
                                           / 《 o  // : : : : :| !  ヾ`` <
                                            ̄/==テ=、___: : : :ヾ、_o_》_/
                                           /  /     ̄ ̄ ヽ  ヽ
                                          /ヽ/           ヽ__,.>.、
                                           ̄ ̄              ̄ ̄
421:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:18:47 ID:fP7f/Pms



                /  ヽ::::::::::::, -‐ '           \ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ
                 l    `T ´               ヽ:::::::::::::::::::::::
                  {    /\                ヽ:::::::::::::::::/
               ,人____/:::::.:.:.`ヽ、________________         ∨::::::::::/
         , --、   '‐ァ:.:.:.:.:.:::{::{::::.:.:.:.:.:.:./ヽ::::.:.} ヽ::::.`ヽ       ',:::::::/ /
        /   ヽ   {∧:.:.:::::ハ|∨:.:.:.:.:/   }:::/___,.ヽ::::}:.ヽ ヽ   }://
       ,' /⌒ヽ !    入:::::i丁ヾ::::::/ -‐T/    ∨:.:.:ハ  ',   ! /   答えは、
       { {:.:.:.:.:.:} |   /:::::\{ {::::::}ヽ{   _, __   /:.:.:.:::::〉 }  l´|
       ', V:.:.:.:ノ !   _L:::::::::j ゝ_ノ/   〃´ ̄`ヾ/:.:.:.:.:.::/ /   |    『読者に伏線の存在を忘れさせる』だ!
      -‐` ` "  レ':.:) ヽヽ:〈⊂⊃ `    ⊂⊃ /, -‐ 、//    |
    /   ヽ   /:/  ,'   ̄ ̄ ̄'‐^‐-`──--'    )       |
   /{       ',   {"   /   ___              ('       /{
  {   ゝ    }、    ィ'  / >- ̄ ̄ヽ二ニ=- 、    〉     /  `ヽ
  ∧   ヽ  ノ:.}     !>'   /  ̄ `ヽ   ヽ    ヽ - '      {
  {     フ´:.:ノ     }    { /`'〈   ヽヽ }            ヽ



                   _
                  /:./
                /:.:.:/
        r== 、、    {:.:.:,′
        l !::.::.::.::ヽヽ  _ヽ:{__    ____
         | !::.::.::.::,. -`.`"´ ̄ ̄`ヽ`ヽニ -——┐!
          | |::.:;/:.:.:.:/:.:.:/:.ヽ:.:.ヽ:.:丶:丶 ::.::.::.::.| l
          | l:/:./:.:/:.:.:.:./l:.:.:.lヽ:.:.:i:.:.:.:ヽ:.:ヽ::.::.::.! !
         {./:/:.:.:./:.:.:.:./ !:.:.:| i:l:.:|:.:.:.:.:.',:.:.:',::.://
        i':/:.:.:.:,′:`メ、 |:.:.:.| |:l:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.i_'イ
        |:|:.:.:.:.:!:.__:.i._  !:.:.:.l 斗イ:.:.:.:.:.!:.:.:|:.:.i       伏線を出したあとにある程度放って置いた後、
        |:|:.:.l:.:./ /`ヽ` !:.:.:.!,´r—- 、:.:.:|:.:.:l:.:.:|
     /\ l:l:.:.l:.:.{. !_ノ rl 丶:.:| l_,ノ r l }:.:|:.:.ハ:.:.|       突然回収する! という方法だ。
      !  \lヽヽ:.l弋Zソ  ,ヽ! 弋辷ソ,!:.:!:.ハ!:.:|
     \   ヽ_/`!   rー‐-、  ̄ /://:.!:.:.:.;!       これにより、あらかさまな伏線が味のあるものになるんだ。
r-、    /^ヽ   _,ノ丶  !、   )  ////イ!:.:.ハ
{ {    〈\_〉 ハ ヽ } 冫''ニニ、くi´i/l// 从从ハ!      「あーっ! ここでこれが来るのか!」
|:.:.l    {`ー//_ノ ,ノ Y ´    ヽY !   \
l:.:.:!      ̄丁--‐'  ハ  {Y,!    K    )丶,       って体験、貴様らにもあるだろ?
ヽ:.ヽ       ` —-イ: i丶 l::!  ,/: ヽ   /  / 、
 \:.\        ,j : | : :  ̄: : :l : : ;ハ、/ ,/  丶
   \:.`ー---- ーァ´: :/ : : : : : : : l: :イ、  ̄ \   \
    ` ー----/: :`メ、、: : : : : : キ": 丶、   丶 _ ヽ
          /: : : : { : :`: : : : : : : :l : : : : :\   {´ ,  }
422:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:19:01 ID:fP7f/Pms



                 __,
              , ':::/
              〈::::/
   〃二ニ、 ‐-、_,-へ{ ─--──ァ---───- 、
   |:|::::::::::::`フ´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``< ̄ ̄ ̄`ヽ }
   |:|::::::::::/: .:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::::::::} l
   l:∨:/: : : : : : :/: : : : : : : : : : .: .:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::://
    !:∨/: : : : : : /: : /: : : : : : : :! : : : : }: : : :∨::/ ,'
   /:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:}::.:.:.:.:l:l:.:.:.:.:.:',イ /
  /'´ {:.:.:.:.::::!:.:.:{:::::l::.:.:.:.:.:.:.:.|::::::ハ::::.:.:.}i:.:.:.:.:.:}::|'    もちろん、それを効果的に演出する方法もある。
     ∨:.:::::{::::∧:::{:::.:.:.:.:/:::|:::/::::}:::::,ィ':.:.:.:.:.::!::|
     ∨::::::ヽ{::::ヽ∨::::::!::/}/:::::::|:::/ノ:.:.:.:.:::::l:::|    それはだなぁ・・・・・・
      /ヽ::::: |:::::::::::ヽ、 {/:::::::::::::j//:.:.:.:.:.:::::,'::::|
      |::::::ヽ、{    ノ      /:.:.:.:.:::://:::ハ!
      |ヘ::::八    _________ノ} /イ:.:/!/l::/
       |:::::::::> 、 ` ── '_,ィ'チイ::/j//
       ,> ' ¬、 ,≧jニ彡" ̄ヽ_´
      /, `ヾ 、  ヽy'"__   二¬_
        {:::|   `ヾ、  }__,≠" ̄ ̄ ̄`ヽ
      ',::!    ヽ /          ヽ
423:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:19:13 ID:fP7f/Pms



             __}:ノ、〃:::::::::::::::i|
         _, -‐' , -‐  ̄ 丶:::::::::::l|    +
       / , -‐ :.:へ:.:.:.:. + : : \:::jj
    , -'‐ 7:.:.:.: + :.:.:.:ヽ: : : :.:.:.:.ヽ\_  +             ______
   /.:::::::::::,':.:.:.:.:: : :{: :.:.:.ハ、ヽ:.:ヽ.:.:}:ヽ、               / _____ノ
  〈 <::::::::::::::!:.:.: :.:.:{:.:lヽ:.:.:.:.:',ー}-_ハ:/:.:.:r`          / /
   \ヽ:::::::l:.:.:.:.:.:.:ト、{ノヽト、ノィチ次{、:.:.:.:ヽ          /:.:, '                            ・ ・ ・
    \ヽ_|:.:.:.:.:.:.:{,ィチ圷   、ヾ-' 〉 >:._ゝ        /.:./            『小出し』に『何度も』伏線を見せるってことだ!
      Tハ:.:.:.:.:.:.卞_ュリ    ''/ {  \      ,:.:./
       }:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.ゝ'' (^ ̄!_{  ノ::}   `ヽ    {:.:.{
      ノへ:.:.:\:.:.:.:.ヽ=Y´ ̄ ヽく/ ヽ<二、}  ヽ.:ヽ
 +          `^ 7ヽrヽ ,V´ ̄ ̄ヾヽ  `ヽ\   ',:.:',
    +         l   ○、__, へ ‐、}: :\   ` }   }:.:}__ ____________
        +     {  ___/`‐|_/^ ` : : ヾ ::`‐r--'_r-yァ'´: /ヽr─‐-'´
            \{__イ   |、:ヽ: :ヽ : : :\ : \___/__∠ ____丶______
  +      +    |: !  | \: : : \: : : : : : : : `: : : : : : : : :(__)  _>
                ',{  :!   ヾ : : : \: : : ヽ : ::z------‐r─ ´/::`ヽ、____
               \_/     \: : : ヽ: : : : : :\ ヾ  ト   /::::::::::::::::::::ヽ
        +                 fヽ : : : : :_: : : : : \ ヾ/ /::::::, -‐ ¬-'
                 +       r'〃ヽ: : : | `ヽ: (__) \//::::::::/
                      / /  }: : :| ヽ \: : : : \::::::::/





           , -──--   、
        ,∠´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  _, -‐===ヲ .:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ==、
 { <´:::::::::::::::::/: : : : : : : /: : : : : : :ヽ: : : : : : :ヽ:::/
  ヽ丶::::::::::::/:.:.:.:/:/:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨
   \ヽ:::::::,':.:.:.:.:|:..!:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::.:.:}_:.:.:.:.:}‐`-  最初にやるメモを例に挙げたのは
     \ヽ_l:.:.:.:.:.|/{:.:7 ̄|:.:.ト::::.:.:.: 7丁/!::::}:.:,'
     |\|:::.:.:.:.{ ∨ __ヽ{ }::::::::/__j/ j:::/ノ     この辺が上手いからなんだ。
     |:::::|::::.:.:.:.! rっ==== j:::/===ノィ´::|
     |:::::|::::::.ヽ'       ´       {:::/      ことある毎に謎の少女が出てくるけども、
     |ハ::lへ::::::l`           /}/
       \/ヽ、{> 、   __  , イ:::/        読者は物語の流れの中でそれを忘れちまう。
          } ̄ヽノ  二T≦、 レ'
         人 ヽ >'´   ヽ 人          で、実はその少女が!ってことだな。
       /  ` ‐-{===== }/ヽ
      /        ゝ   トヘノ   ヽ
     ,         ` ¬‐く     '
      l            j  ヽ     !
424:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:20:35 ID:fP7f/Pms



                                              / /   ___
                                       __/⌒ヽ{ {<´: : : : : : : : : : `>ー——————t
                           .            /7k / . : : : : : : : : : : : : : : : : ` :くxz<777777777ハ: : }
                                     ///〉′ . : /: : : :: : : : : : : : : \: : : ∨////////////: : {
                                    {;//         ヽ        ヽ  :∨//////////: : :.′
                                  / /: :/ : .: : |: : : : : : .:.:. : }:.:.. : : :{.:.:. : :.|: : : :∨////: : :∧
                                 / イ: :/ : :{: .:{:. : : : : .:.:}:.: :ト、:.:.: : :}.:.:. : : :| : : : :.:.∨//:.: :./: ::.
                           .    / ´   |: :i: : : :ト:.ハ:. : : .:.:.:ハ:.:リ V: :.∧:._:.:.: :|: : : : :.:.:.V'.:.:..:/: : : |
     では、①と②のどちらの伏線を使えばいいのか? |: :|: : : :{:.{\∨: .::./ }/ _」-/"´\:.:.:; :.:. : : .:.:.:}:./:.:.:.i: :|
                                    |: :|: : : :ハゝ   \/ ー/"´ }/    V: .:.:. : .:.:.:.:|´:.:.:.:.:.:.|: :|
     これは完全に好みだ。だが、     .           ヽ{\: :V}{灯      了于灯丁「 ̄/: :/:.:. .:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:. l
                                       >:}し'       弋辷zt_ソ  /: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.l
                                      /: : ′             /: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.{、l
                           .            / : :/       ///  //}:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:,ハ:.} ヽ
                                     i: : 八              ´  |:.:.:.:.:.':.:.:.:.:リ:.:.:.:.:/ }リ
                                     |: : :.:.:ヽ              |:.:.:.:∧:.:.:.从∧/  ′
                           .            : : ト.:.:.:.:\   r—- 、       |:.:.:/ }ハ:.{
                                      ヽ{ \:.:.:.:>-ー—‐'<ヽ _}/´





                      ヾ、 //ヽ
                 ,  ´ ̄` 丶}:〉_/::::i|
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.::.:.`ヽ
             /, -‐ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : ヽ、
             /:| { ̄::/:.:.: : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.ヽ‐`-
            ,':.::!:∨〃:.:.:./:.:,ィ:.ハ:.:.:.:.:.!X::::.:}:i
            |:::.ヘ ∨l:.:.:.:.l:.:,L|/-∨:.: }水.ノ`
            }i:::::::ヽ`|::.::.:.|:7,.ィテミ ヽイj {:: |       驚かせ方が違うんだな。
              |::::::::::::::!::.::::.{《{:::::,'   丶 〉:|
             Ⅵハ::::::ヘ:::::::ト `" 、___, /j/       ①はどんなに読者が間を置いても、それに対して
               ∨7/ヽ:::'、 ‐r--_ 'ヽ
                 /`  ミ`ヽ!/  `>、        ある程度の疑問が発生する。もやもやとな。
                /`丶、__二{_,. /r'ノ ヽ
                / : : : : : : : : : ゝ -<.__: :ヽ      その疑問が解けたことに快感を得る訳だ。
                /. : : : : : : : /. : ヽ : : : : : r'
  /⌒ ヽ        / : : : : : : : : : : : : : : }ヽ ,、/^
425:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:21:02 ID:fP7f/Pms



                                               ヽ\
                                         ________    } /
                                         |f ̄>'´ ̄`` '-‐- 、
                                         {/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ─----z
                                        /.::.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.:∨三三} |
                                        ,:.:.:./:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:./|.:.:.:.::.::.::.V::::://
          対して②は理論上は予想のしようがない。     l:.:.:.{:.,X∧:.:.:.:.:./ !:.:/|.:.:.::.::}//
                                        |:.:.:.}/{心、∨|/   }/_ !:.:.:.:.:.レ'
          よって、完全などんでん返しが狙える訳だ。    |:.:./,,弋リ  ァzチ夭 /:.:.:.:.:.,':!
                                        |/ヘ  `    Vュリ∨:.:.:.:.://
          読者はここにマゾヒスト的な快感を感じる。       \  _____, ´ /:..:.://
                                          , ,イ`ァr--‐=/ イ}/`
                                        / {/ }:::}   /入
                                       〈   v'   ':::i   {::{  \
                                        ヽ /  /::/   ヾ\   \
                                         V   /::/    j:| \   ',
                                         /  /::/     レ'´  __,ハ
                                        /  /::/      〈  ,ィ'´⌒},, }
                                       〈、 /::/       ゝイ!   し'





                   `ヽ
                        }:.:.〉
      f r=====z' 二二ニ_}:/ニヽ───┐
       | |::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:`^⌒ヽⅣ ̄ ̄} }
       | |::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::| l
      ! l::::::::/: /:/: : :/: : : : : : : : : : : : : \//
       ',ヽ::/: /:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:ヽ‐`-
       ∧/: /:.:.:.|:.:./l:.:∧:::::::::::::::ト、.:::::.:.:.:}       ただ、②はさっき言ったように難しい。
      / : : /::.:.:.:.∨`|メ、_,ヽ:::::::/_|ノ|:::::ハ∧
       /: : : ,'::::::.:::: ',==== \/r_ニ7ヽ|: :} }      気をつけないとトンデモ理論に基づくようなことに
      〈: : : : ヽ:::::::::: ヽ         }/ : : :∨ノ
       \ : : : \:::::{`zv‐- 、  入: : : : ヽ      なってしまうから注意が必要だな。
        \: : : : ヾX≧=‐┘ィ≦=} : : : : : l
         {ヽ: : ─- γ ⌒ ヽ/|: : : : :|     ひぐらしとかひぐらしとかひぐらしとか
        /: : : : : : : :{'´ ノ`} } : : | : : : : : :|
          /: : : : : : : : /ゝr'-'人: :|: |: : : : : : }
       /: : : : : : : /   ||  ヽ:ト、______/
        /: : : ヽ : : ,'     ||     |
     / : : : : : ', : l      ||     |
      /: : : : : : : }: :|       ||    |
426:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:21:15 ID:fP7f/Pms



.      { {   /  /  /    ヽ ヽ     ヽ   } }
            '   /  / /           .   //
          ∨   /   ′.′     } | ?U  i //
.         ∨     ′.」_i {       ′_」..  |  |//
.        ノ  i {  {   | l`∧   ∧´ | ∨   {/         以上。ここで扱ったのはあくまで理論上のことだが、
.      --‐ ´|∧   ,.⊥!.」     / 」.. ⊥./,  |
.           /\,V´ ̄`ヽ\{ '´ ̄ ̄`/    |    /⌒   自分が今張っている伏線は①なのか②なのかは
           八 '' ''      /`Yイ  ノリ.  -‐く  /
.           j/{  `    r‐__´  イ{ノ/ /   . -‐ ´    しっかり把握して置いたほうがいいぞ。
            /\//丶.「丁了´/ / ‐く 丶{  /
.         /   /   j } l { 〈       \{
       ,     ′    | | | .         \
.      〈    Y´{   / |||  .   }\,    ヽ





             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)   凶華様マジプリティ!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \
427:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:21:16 ID:o6pV/lmw
見せないとアンフェアとかふざけんなとか言われる複線もあるし
見せると露骨になりすぎたりネタバレやめろと言われる複線もあるし
429:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:23:58 ID:aeovurrQ
このスレを見てるといままで書き溜めてた話が全部ゴミクズに見えてくる^q^
ちょっと見直すか……
430:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:28:28 ID:fP7f/Pms





                                            /  ヽ::::::::::::, -‐ '           \ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ
                                           l    `T ´               ヽ:::::::::::::::::::::::
                                           {    /\                ヽ:::::::::::::::::/
>>427                                       ,人____/:::::.:.:.`ヽ、________________         ∨::::::::::/
その通り。バランス感覚が大事だな。              , --、   '‐ァ:.:.:.:.:.:::{::{::::.:.:.:.:.:.:./ヽ::::.:.} ヽ::::.`ヽ       ',:::::::/ /
                                    /   ヽ   {∧:.:.:::::ハ|∨:.:.:.:.:/   }:::/___,.ヽ::::}:.ヽ ヽ   }://
後は最低限しか見せない我慢強さと度胸。         ,' /⌒ヽ !    入:::::i丁ヾ::::::/ -‐T/    ∨:.:.:ハ  ',   ! /
                                   { {:.:.:.:.:.:} |   /:::::\{ {::::::}ヽ{   _, __   /:.:.:.:::::〉 }  l´|
>>429                               ', V:.:.:.:ノ !   _L:::::::::j ゝ_ノ/   〃´ ̄`ヾ/:.:.:.:.:.::/ /   |
こういうところも参考になるぞ!               -‐` ` "  レ':.:) ヽヽ:〈⊂⊃ `    ⊂⊃ /, -‐ 、//    |
  ttp://www.feel-stylia.com/rc/creative/      /   ヽ   /:/  ,'   ̄ ̄ ̄'‐^‐-`──--'    )       |
                               /{       ',   {"   /   ___              ('       /{
                              {   ゝ    }、    ィ'  / >- ̄ ̄ヽ二ニ=- 、    〉     /  `ヽ
                              ∧   ヽ  ノ:.}     !>'   /  ̄ `ヽ   ヽ    ヽ - '      {
                              {     フ´:.:ノ     }    { /`'〈   ヽヽ }            ヽ
431:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:30:27 ID:aeovurrQ
>>430
ところどころ書き直してみようかな……
ありがとうございます
428:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:23:46 ID:12rbOHjw
お疲れ様でした〜
432:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:33:41 ID:o6pV/lmw
複線考えてから書かなきゃならんってことも無いよな。
キャラの魅力を出し切るつもりで喋らせて、会話の内容にリンクしたギミックで話を展開させるとか
433:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 01:37:40 ID:rQuasE3E
複線入れようと思ったらギャグにして入れるな
ネタが伏線だとは思われないはず

やらない夫による『ミスリードの作り方』

459:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:53:17 ID:ACmBw0tg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    折角、>>394‐397が秀逸な例示をしてくれてるんだ
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ      補足をしてもいいだろうか?
.  |         }
.  ヽ        }            横からしゃしゃり出てきて悪いんだが…
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
   |    |ヽ、二⌒)、          \
460:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:54:39 ID:rQuasE3E
是非お願いします
461:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:54:47 ID:ACmBw0tg

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/    ミスリードってのは要するに
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l       『故意に読者の誤解を誘う表現』だ
    | .l _ニソ    }         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /ヽ、_ノ    /          単純にややこしいとか難しいのとは違うぞ
   __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /
462:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:55:23 ID:ACmBw0tg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    >>394‐396の3レスだけを見たとき、
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      読者は何を思うだろうか?
.  |         }
.  ヽ        }         大体の人はあるストーリーを読み取ると思う
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
   |    |ヽ、二⌒)、          \




       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ 
     |     ( ●) (●)         『物語』ってのは情報の積み重ねだからな…
     |       (__人__) , -—ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     作者が小出しにする情報を読者が整理して、
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |         『大体こんな流れなんだな〜』と推理する
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
463:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:55:47 ID:ACmBw0tg


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \ 
       |  (●)(●) |    そんな中でミスリードの目的は…
       |  (__人__) |
        |   ` ⌒´  |     情報を使って読者に『間違った物語』を見せること!
        |        }      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ       } 
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」




     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫  >>394-396なら、
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|        『俺がやる夫を殺そうとしている』
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |           そういう物語を思い描く人が多いだろう
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
464:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:56:28 ID:ACmBw0tg

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   ところが>>397で真相を知らされる
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }      読者は世界の真相を思い知らされるわけだ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \   そこに『ギャップ』が発生する
   /    く  \        \
   |     \   \         \
   |    |ヽ、二⌒)、          \




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)   読者という刑事の推理を否定して、
   |      (__人__) /;;
.   |        ノ l;;,´      作者という探偵が事件を解決してしまうわけだな…
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´          最後に残る『こいつはしてやられた』という感じ…
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |           この『ギャップ』こそミスリードが上手く決まったときの醍醐味だ
.    \/ ___ /
465:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:57:23 ID:ACmBw0tg

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    わかりやすい例を挙げるなら…
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }          まあ、基本は推理小説だな
     /ヽ、_ノ    /
   __/  /    ノ__       あれはミスリードのテンコ盛りになることが多い
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    そもそも最後に犯人を発表するわけだから
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    簡単にわかる伏線だと途中で読者が萎えちまうだろ?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      だから真相に繋がる伏線とそうでないものを大量にちりばめるんだ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \木を隠すなら森の中、伏線を隠すなら伏線の中ってことさ
   /    く  \        \
   |     \   \         \
   |    |ヽ、二⌒)、          \
466:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:58:25 ID:ACmBw0tg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    もちろん、それ以外にも使う方法はある
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    『今まで男だと思わせておいて実は女だ』とか、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃      『黒幕の正体が主人公自身だった』とかな…
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   ただし、ミスリードを使うにしても注意が必要だ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    闇雲に誤解を増やしても
.  |         }
.  ヽ        }       読者が混乱したり、話の本筋が見えなくなるからな…
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \  今回は、その心得を2つばかり挙げてみよう
   |     \   \         \
   |    |ヽ、二⌒)、          \
467:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:59:07 ID:ACmBw0tg

              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |    まず1つ、読者にミスリードであることを伝える時、
            (__人__)      |
            l` ⌒´    |     つまり真相を語る時は、
            {         | 
            {       /        ちゃんと真相のための伏線を張っておくこと!
            ヽ     ノ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i




    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7    急に設定やらアイテムを出しても読者は納得できない!
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」        『今まで積み重ねたものは何だったんだ?
   |     /〃 \   '"  \    -┘               この作者と付き合った時間は無駄だったんじゃないか!』
   |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ 
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´              こう思うと、すっきりするどころかストレスが溜まるだろッ!
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/
468:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:59:53 ID:rQuasE3E
キン肉マンだな
469:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 02:59:54 ID:ACmBw0tg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  真実のお披露目をする場合は、
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'      くれぐれもそこまでの過程を大事にしてくれ…
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │           読者はスレに付き合ってくれた大切な存在なんだ…
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)       そしてもう1つ
   . |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ         ミスリードは、できるだけ話の本筋に絡める!
.     |         }           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .  ヽ        }  
   _/⌒ヽ     ィ             話のテーマと関係ない伏線を極力書かないってことだ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ〜っ  
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||
470:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:01:33 ID:ACmBw0tg

               / ̄ ̄\
             _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}      これは絶対守れってわけじゃないんだが…
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ    関係ない話を入れ過ぎると本筋が霞む
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /           最悪の場合、何がやりたいのかわからなくなることがある!
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ—イ /   .`ー—. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ




        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)   ミステリーの話で、男だと思っていた主人公が女でした!
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }    特に理由も無くこれだけだと、「だから何?」って感じだろ?
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ      ミスリードの目的はあくまで『ギャップ』を作ることにあるんだ
     /   /     \
    /   /        \      適当に詰め込んでも面白くない
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
471:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:02:02 ID:ACmBw0tg

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫ ネタで使うにしても、作品全体の空気を壊しちゃだめだ
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|    1回や2回なら笑い話で済むかもしれないが、
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |     話全体の中で何がしたいのかはちゃんと意識しておこう
| |  /  /     ___/      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
472:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:03:32 ID:ACmBw0tg

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \  ここまでは大抵の人が大丈夫だと思うんだが…
      ( ●)( ●)  |        最後のおまけで例外的な方法を1つ紹介しよう…
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|                     それは…
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー—‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      『真相を語らず、
     |     ` ⌒´ノ 
      |         } \
     /ヽ       }  \          ミスリードと伏線をそのままにしておくこと』  だ
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
473:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:04:38 ID:rQuasE3E
投げっぱなしジャーマン…だと…?
474:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:05:06 ID:ACmBw0tg


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(● 
   |      (__人__)
.   |        ノ     やる夫スレではないが、
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ       作家の西尾維新や清涼院流水とかがよくやるパターンだな
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |        真相があるにも拘わらず意図的に隠す方法だ
.    \/ ___ /




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   真実は判らないから
  |   `⌒ ´   |
.  |           |     読者は「あれ? こういうことなの? これでいいの?」と連想させられる
.  ヽ       /
   ヽ      /       文字に現れない作者の意図を読者に委ねるわけだな
   >     <
   |      |
   |      |
475:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:05:41 ID:ACmBw0tg



               / ̄ ̄\
  i'⌒i            /   _ノ  \
  | |廿        |    ( ●)(●)
  | |          |      (__人__)    『ギャップ』とはちょい違うんだが、
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .  |      ` ⌒´ノ
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|∩  |      ∩ ノ ⊃      読者は消化不良のままで投げ出される…
|    ◎   | | | /     ./ _ノ
|    []   | | |(.  \ / ./_ノ│         その感覚が逆に印象に残ってしまうんだ
|         | | | \  “ ./__| |
|         | | |  |\/___/           王道ではないが、効果的な手法ではあるな…
|         | | |  l     └── 、 、
[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◎] |   ゝ_____   l l
 i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◎i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::))  l l
  i  ,. '"   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|  | |
  i      . i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/│  | |
  i       .i         /   |   |_|
  i_____i______i    (__`ヽ`ヽ
476:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:06:06 ID:ACmBw0tg

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ     だが、忠告しておく…
      |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )     こ の 方 法 は も の す ご く む ず か し い
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)




       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)    解決しなきゃいけない伏線と、あえて残しておく伏線…
     |        ⌒ノ
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ       それを選んだ上で、話に一応のまとめをつけるだけの文章力…
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.            ちゃんと話を組み立てられないと悲惨な結果になる…
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ
477:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:07:05 ID:ACmBw0tg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               fl  _  fl
             ,γ」|]l| |l[」.ト、
             |{_||‖l|r.||::||||}|
             |/\j::||L||::|レ'::|
             |::::::::\j|./ :::::|                  ( 伏線を残しすぎると、
             ',:::::::::::}|{::::::::::,'
              V=-'|‖`ー','   / ̄ ̄¨\             ただ放り出しただけに見える…
               〉7tl_j|_jレ'ス´¨7/´ ̄二二|  _r、 r-.
        __==/ ̄ヲ´:::::::////: :/  /´ ̄ ̄V  f`\::/::/           早い話が手抜きの駄作にしか見えない )
       ト、\、___//::::::::/ /// _f|  / ̄ヽ.: : : : |  〉:::ヽ:::::}
       ゝ.\_/´::::::::::|  j_|´¨='t∠_: : : :',: : : :j /:::ゝ:::::/
         V-|:::::::::::::/_,-' レ'´_,.jレ ̄ ̄`ヽ.==≦、/∨:::::::/!
.            ゙Ⅵ::::::///| | f´: : : : :>、`ー-、::∨\二ニン'
          ∨´ /_,.-'| j_j 、 : : : : : : :\  f:::|  / ̄´:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   上手いストーリーテラーってのは
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'       ただ情報を垂れ流すだけじゃないんだ…
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │           『その情報から読者がどんな話を想像するか』
  \  “ /___|  |             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.    \/ ___ /               それを考えてるから読者の期待を裏切れるし、

                               裏切った上でそれをエンタメに変えられる…
478:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:08:30 ID:ACmBw0tg

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)    少々長くなっちまったが
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬    要は『読む相手のことを考えましょう』ってことなんだ
.   ヽ         } | ̄|        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ヽ     ノ |_|)      自分の意図が伝わらないのは作者としても辛いからな…
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/          ま、書く時にちょっとだけ考えてみてくれ
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       それでは良いやる夫スレライフを…
479:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:13:15 ID:rQuasE3E
乙ー
解り易い説明サンクス
480:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:13:35 ID:12rbOHjw
お疲れ様でした〜
481:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 03:20:02 ID:x2u3WoQY
おつおつ

ディケイドめ・・・・・・

伊藤誠による『登場人物の選び方』

497:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:11:27 ID:d.LeD6WQ
     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : :|    自分も少し話させてもらいます。
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_ レ{: :.|ヽ:|     登場人物について。
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ〜ッ
        ヽ    'ー—--    /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ
498:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:12:17 ID:d.LeD6WQ
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |   AAはほとんどが元作品があります。
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|   ですが、原作のイメージに捕らわれすぎることはありません。
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V   むしろ、キャラを崩した方がいい場合もあります。
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::
499:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:13:39 ID:d.LeD6WQ
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  ゚ |/  レ  ゚ ..}|:./ヽ: : |    とはいえ、似たようなキャラならば「自分が知っているキャラ」
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|    を使った方がベターでしょう。
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !       崩すにしても元を知っていた方が崩しやすいのは事実です。
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /         もちろんですが、知らないキャラでもいいんですよ。
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´           自分が知っているキャラのほうがやりやすいというだけです。
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!
500:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:14:34 ID:d.LeD6WQ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  ノ |_   ll__l---||_ ===       登場人物は増やしすぎない方が無難です。
   |: : |: : : : /!/ ⌒rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐       短編なら2〜5人、長編でも10人を超えない方がいいでしょう。
  < : 」_: : / 〈  |—┴┴—`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl===
  <:: |. 小{   _|[][][][][][] i """ _..,,rr=''´          多すぎると、読者も混乱しますしキャラを回せなくなります。
   厶ヘ ハ     _l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     / ===  
      \_!    _jL-、 _-‐'      -‐´~~
        ヽ    |__ ̄__j_ -‐'~´~~ ===
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!
501:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:15:56 ID:d.LeD6WQ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V   また、AAが少なすぎるキャラの使用も鬼門です。
  < : 」_: : /-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-|:./ヽ: : |    「あの表情にしたいのに!」ということになってからでは遅いですから。
  <:: |. 小{::''   ̄´.::;i,  i `'   レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ    .:;イ;:'  l 、   {ハ/|V     喜怒哀楽はそろっていたほうがベターです。
     ゙|_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i:
      .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|       もちろん、自作する場合は別ですよ。
      .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |
     /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
    / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
   '"   |   `''-、`'ー-⊥-─'";;-'''"  ,|   \
502:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:16:51 ID:d.LeD6WQ

                _.._ ``、,.、-::─::-..、
              /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
           /:::::::::::::::::::::::イ:::::::::::丶::::::::::::::::::::::::',
             /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l   とはいえ、1スレ程度の短編ならひとつのAAで回すことも可能です。
          i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!   場合によって意識を変えることも必要です。
          |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ
          |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>  以上で私の話は終わりです。
          |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ
              i/ V、_ヘ       !     ムリ′
              ′    ヽ、  - -   , ′
                     |ヽ    イ/
                     ,.イ   ` ´  ハ
                 ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
            ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、
        ,...::::´::::::::::/:::::::::l、 ∧;;;;;;;;;∧ /:l::::::::ヘ:::::::::::`:::....、
      ,ィ:::::::::::::::::::::/::::::::::/!∨ ∨;;;/ ∨ l::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::`::..、
503:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:21:02 ID:lt/T2s7.
誠やナギとかは、原作というより特定作品からの固定イメージ強すぎるな

優柔不断だけど、調子に載りやすいのが誠
猫みたいでアホかわいいのがナギ

ってのが原作イメージなんだが
504:名無しのやる夫だお:2009/10/14(水) 18:29:33 ID:GPgfiVtk
AAでの演出について聞きたいな

できる夫による『配役の決め方』

799:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:40:17 ID:uhAFF6tQ
配役の決め方について、ちょっと書いてみても良いでしょうか?
800:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:40:39 ID:3L/wywo.
おk、やってくれ
801:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:42:23 ID:gR21wlq2
ああ、是非聞きたい。

メインどころはすぐに決まるんだが、
モブとか脇役がなかなか。
802:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:43:22 ID:uhAFF6tQ
じゃあちょっと書いてみます
19レス、投下

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \  や、どうも、できる夫です
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |  私からは「配役の決め方」について少しお話させて頂きます
    \      `ー'´    /


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \  やる夫スレにおいて配役というものは結構重要です
      |         ´     |
      \       ⌒    /   人気スレのヒロインは自然と人気が出ますし、
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \           配役によってそのスレの個性が出ることもあります
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \
803:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:44:58 ID:uhAFF6tQ
>>801 脇役…だと…!? それも含めてであればちょっとレス数増やさないと…


         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \  とは言ってもそう難しく考える必要もないでしょう
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |  まずは原作ありの作品の配役決めについてです
    \       `‐'´  ,/


         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \  私は基本的には以下の流れで配役を決めています
    |       ___'___    |
    \       |il!|!il|  /    1.原作元キャラクタの容姿、性格、ストーリー上必要な事項を明確にする
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  2.1で明確にした事項に忠実にするか、意外性を取るかを考えつつ条件を決める
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃  3.2で決めた条件に合うキャラクタを探す
     |            `l ̄    4.不都合が無いかを確認、無ければ決定
.      |          |
804:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:47:18 ID:uhAFF6tQ
       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  まずは1についてですね
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i  容姿や性格については説明するまでもないですが、
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \     ストーリー上必要な事項についてというのは少し分かりづらいかもしれません


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \  たとえば、とあるゲームのヒロインはストーリーの中で自らの髪をバッサリ切るシーンがあります
      |         ´     |
      \       ⌒    /  これは彼女が一つの決心をして自分を変える、非常に重要なシーンですね
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \  このシーンをやる夫スレで行うためには、どんな配役をしなければなりませんか?
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \
805:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:49:25 ID:uhAFF6tQ

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \  …そうです、髪の長いキャラクタをヒロインにする必要がありますね
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |  元々髪の短いキャラをヒロインにしてしまうと、そのシーンを滞りなく作成することができません
    \      `ー'´    /


                                      イ/::::/::::/::l;:::l:バ`´ヘ::l:::::::::::',::',
                                     /ノ;:::::;'::::;':::/!:::ハ::|   Ⅵl::::',::::、:',
                                     ,'/:;'::::::l:::;l:_;L|::;' l::l'"゙''''ナl:l:::::',::::ト;',
                                    ('l:;'::::::::lz'「/ ;'/ ,'/  ,ニ∠、l::::::l::::l:N
                                    ,' |:;::::l::´::lレ,ィト /  ´Vぅハ Y:::;::::l:|:ハ
                                    {. ';:';:::';ヽ:'.マ:;ハ´     ゙ー'"/;::/::::リハト)
                                      ヽlヽヽ:ヽ、 '‐'′ ,    //イ;::::;':'l|:lメ
                                      V`ヽ、ヾヽ、  .__,.   ´/:/::::;':::lハ' ヽ
                                     //:::∧:`',ヽ`  `´  ,. 'l/:::::/::::ノ|   ',
                              ,. ' ´ ̄`ヽ //::::::::∧::::',:::ゾr-_、..ィ'‐''7:::::/:::ト::::',l   ',
                             /      ノノ::::::::/':::',:::ハ´{´`γ' ´', ':::::/,l::::ト、ヽ、_  ',
                            { ,. -‐   ,.. '::´:::::;:rr' ' 7ハ:::ハ ヽ.y'   /〃/ ',|::::l ヽ、__「ト、r;、
                            l,'  ,..`':´::::::::::,.< l l //ノ::::::} 〉  ,:':/,::/  l';::::',    l.l ,',' ヽ
                             >'´::::::::::::::::::,:l   l l//ノ::::::ノ /  // ;'::'  ト.',::::',   ∨/  l
                          . /:::::::::::::::;::::':´:::l   〉'.:'::::;__'__./  ,':,' {:::l l、l ヾ、:ヽ=‐-__ヘ.  l
                          ':::::::::::::;:: '´::::/:::;| ,.:';´-' ´ ̄/イ  {::{  l:::|  ',  ':,ヾ、゙ヽ、',`.  l  、
                          :::::::,ィ/:::/'::/::/,l(:,'   <  / l_ ';',  ';:',   ',r-' _>'、 ヾ';.  l   l    ',
                          :/:/:::://:::/:::,' ;:', ;     `丶ニ_ `ヽ-' ';:',_-=' ' ´  ヽ  ソ. ; ,.-、 lヽ. ヽ.}
                          ' /:// {:::::ハ::{ {::::,.l         `' ‐`、'ヘヽ、     ) l. ;   );::::l ∧
                          ../ィ' /  ';::l l:::l l::::', ',       _ -‐_ `゙ ヽヽッ     ,:l ヘ  ソ,'::::;' / }
                          /::{ /   '::l ';::',';::::', ヽ、    ゝ__',..' ´、-_ `¨´ }    ,イl l .ハ∨ノ:::ノノ  ,'  }、
                          ' l:l {   `ヽヽ:ヾ:::',  ヾT ー ' ´      ` ' -ノ--‐ '/ l l'、ヘ.リ }::;/´  /  ノ::
806:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:52:07 ID:uhAFF6tQ
         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \  「髪ではなく大切なものを捨てるよう改変する」などとすれば短髪ヒロインでも構いませんが、
    /    (●)  (●) ヽ
    |       、__',_,    |  そこはまたちょっと違う話ですから割愛します
    \            ,/


     ____
   /     \
  /  \   /\  例えが単純で申し訳ありませんが、ストーリー上の必要事項とはこういうことです
/   (_)  (_) \
|       、__',_,    |  クライマックスのシーンを作り始めた途端に「これどうしよう!」とならないためにもしっかり考えましょう
\           /
807:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:54:11 ID:uhAFF6tQ
          ____
        /     \
      /  \   / \  次は2の「1で明確にした事項に忠実にするか、意外性を取るかを考えつつ条件を決める」です
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |  忠実か、意外性か…これ次第でスレの個性が大分変ってきますよ?
    \      `ー'´    /



         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \  一つの例として、原作元キャラの情報が
    /    (●)  (●) ヽ
    |       、__',_,    |  「ツンデレ」「貧乳」「ちょっとドジ」だったとしましょう
    \            ,/
808:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:55:23 ID:uhAFF6tQ

                           /                 \
                          /                 `ヽ 丶
                            /        .:ノ            ',  ヽ
                        / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
                        l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !  
                        |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |
                        ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |
                           ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |
                            \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
                             リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
                           _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
                        , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
                       〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
                        l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
                        {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
                      〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
                      {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ


         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) ヽ  原作に忠実にしようとなると、ルイズ以下略さんなんてぴったりですよね
    |       、__',_,    |
    \            ,/
809:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:57:03 ID:uhAFF6tQ
                       /                   ヽ、
                      /                      ` ー- -ーァ
                     /               ィ           、-ー '´
                  .  /               /.:.Vi          ヽ
                    l           .:/  :/ヽ;.|:.ハ   !        、
                    |        .:l  .:ハ  .:l  `  .l:   |:.    、   i
                    ',     ,  .:ハ .:.l ヽ .:.!     !:. _,./:.:     \  |
                    !     l  `!-ト、,|__,X .:.| ヽ _, -l'゙/!:.: , .:.:.  | `、 |
                    ヽ  ',   ト、 Xィ'ヘ f_ハ ヽ ! ィク::/ハヽ/:. /.:.:.:.  !  ヾ
                     l  ヽ   V,イ|::::ヾ::!  `   i::::::::l ハ/.:.:.:イ:. /
                      }  ..:\ ヽヾ;ヒ=ノ      弋;=イ´ブ.:.:./ |:.. /
                      l .:.:.:.:.`ー ゝ ̄     _'_   ̄/;ィ'. ヘ //
                      / .:.:.:.:.:.:.;\      i l    ´ノ:.:.   ヽ
                     l  .:.:.:.:.:.:/!.:/::`>- ,__`´,. ィ< ヘ;.:.:.:.:  ヽ
                     |  .:.:.:.:.:///:::::::::ヽ     /:::::::ヽハ;.:.:.:.:..  i
                     |  .:.:.:.:/ヾ \:::::::::Y彡三ミ!:::::::::/ / \:.:.:. |
                     |  .:.:./ \\\:::::ヽ::::::::/::::/ イ   X:.:. |
                     ヽ .:./    \\\:::ヽ:/:// /    l ヽ/


         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \  ですが、そこにレナさんを当てはめたらどうでしょう?
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /    原作を知っている人からすると「あれ?」と思う配役なんじゃないでしょうか
810:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:57:49 ID:uhAFF6tQ
       ___
      /     \  こうして意外性のある配役をした場合、更に「どんな意外性を持たせるか」を考えなくてはいけません
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\  すなわち「原作元キャラクタから見ての意外性」なのか、「AAキャラクタから見ての意外性なのか」です
   |       ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /


           , '´           \
         /                ̄ \
       _/                    ヽ
  、__,ノア        /   /             ',
.    ̄ ̄/      /   /    〃ヽム          l
      / /      |:.   |:  / ""´` |        |
     |  l   /   !:.   l  |      l   ./    j
     |  l   l:..  ヽ;:ィ:代.  !    ‐/-、/:    ,′  「原作元から見て」の意外性なら、
     l  !l:. :.l:.:.  ´ヽ:.{  \{   / /}:.:. /  /
     ヽ ハ:.. :.ヽ:.::  { `__      ∠_ /:./:. 〃       AAであるレナの性格を変えずにストーリーを進めるってことかな、かな!
      ` \.:.:.:.\:.:.!'´ ̄`    '" ゙̄メ/:.: ,イ
        /\:.:.:.:ヘ:ゝ:::::::  _'_  ::::::/:._/:{     原作ではレナがやってる役はツンデレのはずなのに、ちょっと違った性格になっちゃうよ!
        ,'.  `ーゝー゙  {´ ソ    ア´:.:.:.:八
         i  .:.(`Yj:> 、_` _´_ ,.イ:.:.:.:.:.:. iヽ  この方法で意外性を感じるのは原作を知っている人たちだね、ね
         |  :.:.:} }, -、ィヘノ  {ィへ. レハ:.:.:. |
        ヽ :.,4 ´   {7′   >' ヽ‐-!:.:. /
          Xi| l    ∧三三/ ,// |/ヽ
        /  ∧   ノ マ  / //_, イ /  }
        {   V  /\_,厶/ '_/ ̄/ !/  l
        l _/  / ̄ ̄〈 〉 ̄ ̄´  }  i|
811:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 17:58:45 ID:uhAFF6tQ
       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  そうですね、逆に「AAキャラクタから見て」の意外性であれば
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i   レナさんをツンデレ化することでその意外性は確立されます
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \


      」                 、
    / ̄¨\  \::\           \
   /..::.::::::::::::::::` ー-x:::\      _    \
   /.:.:::::,::::::,:::::/::::::::/  ̄>‐-、    ヽ_   ヽ、
  /:::/:::/:::::::{::::l:::::::/:::/::/`vV'´l:::::|\         |
  l::/:::,'::::, ::::l::::|::::::l:::「:::/      |:::::l::::::\     /
  l::|::::l:::::::::l::」斗v7::::|:::l  ,-‐- }:::::|::::::::.:.`ヽ__ノ
  |::|::::l::::::::|::::レハハヽ」::::|    _ |::::ハ:::::::::.::.::.:...:|
  i..:.:::{..:.::::l:::::|>=ミ ∨   x==Lノ .|::::::::::: :..::...l
   ヽ..::.:::::::|:::::}/L|       /::::Llヽ、/::::::::::::::.::.:.| レ、レナはツンデレじゃないよっ!
    ヽ{ ハj:::」|、:::i       }:i !:::| }:::/::/::::::::.:::..l
     /ヽ/ `-  、   辷::/ /::/::/:::/::,:::::/i  できる夫くん、変なこと言わないでほしいかな、かな!
      /:::/::八Xx    _    xxX{ノ::/::::/::/::/::j
    /::::/:::::/\   ´ `      /::::/::/::::/    で、でも…これなら原作を知らない人でも意外性を感じられるかも、かも
   ,:::::/.::_,イ-‐′> _ -‐< //:::::.:::/
   // ̄, ‐  ,-‐「   / /´::::::::,イ´
     /  /:::,-‐ L」/::::::::\-‐´ ̄ ̄丶
   /    {:::::::レ'´::::/l::ヽ:::::::::::::::}       l
  /    /ヽ:::::{::::::ノ |:::::::〉::::::::::/_         |
  ′   く:::::/:::`-‐´/. l::::\::::ノ::::ゞ      L
 l     ハ::::ハ:::::::::{  |:::::::::::::::::/,        `ヽ
 ヽ、   {   L:::::::|  ヽ:::::::::::::{/          \
   }   \    ̄¨    ` ー‐ ´ ヽ          〉


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  何かちょっと違う気もしますがまあ良いでしょう
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |  要するに意外性とはそういうことです
   ヽ、    `ー '´  /
812:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:00:05 ID:uhAFF6tQ
           ____
         /   ∪  \  ですが、この意外性が結構厄介です
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、   過度の原作レイプが叩かれるように、脈絡も意味もない意外性は叩かれます
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪::// 最悪「これこのキャラじゃなくて良いだろ」と言われてしまいますね



       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \  例えば、次のレスを見てみて下さい
  /    (●)  (●) \
  |        '      |
  \      ⌒   /
813:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:01:00 ID:uhAFF6tQ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',  やる夫、大好きですぅ v
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′   翠星石はやる夫の為ならなんでもするですぅ
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!    愛してるですぅ v
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´
:.:.:.:.:.:.:./  ./://:.\:.:.:.:/:.V:.:.:.:. : :〉:/  l:.\ニ/Yl   /
:.:.:.:.:.:.:.{  /:':/_.. -‐'::::`7:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/   /:.:.:.::|': :.ヽヽ/ヽ、

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。  …翠星石さんも一般的にはツンデレとして認識されています
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
     \、   ゜   ̄ ,;/゜    それを明確な理由も無しにデレデレにするだけでは「>>1のオナニースレか」となりかねないです
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
815:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:02:04 ID:uhAFF6tQ
         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \  もしも、先程の翠星石さんのレスの前にこういうシーンがあったらどうでしょう
    /    (●)  (●) ヽ
    |       、__',_,    |
    \            ,/


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |  翠星石がやる夫のことをキメェと言っていたお
      \     ` ⌒´   ,/



            ____
          /      \
        /  _ノ  ヽ、_  \
       /  o゚⌒   ⌒゚o  \  あの女ちょっと可愛いからって生意気なんだお…
       |     (__人__)    |
       \     ` ⌒´     /


           ____
         /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  だから催眠術でやる夫にメロメロにしてやったお!
      |     |r┬-|     |
      \      `ー'´     /

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
814:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:01:58 ID:iGmbHmV2
そもそも原作ある作品をやる夫でやるってだけで、ある意味意外性はあるんだけどね
816:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:03:25 ID:uhAFF6tQ
>>814 まあやる夫は論外ということ…で…


         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \  不愉快ですが、これで翠星石さんの意外性の理由がはっきりしました
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /



            ____
           /     \
          /  \   /\  キャラクタ達が読者の皆さんに愛されているのは、見た目だけが理由ではありません
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |  ツンデレ、妹系、ドジっ子、僕っ娘…みんなしかるべき理由があって愛されています
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \   それを改変するのであれば、それ相応の覚悟が必要ですね
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \
817:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:04:39 ID:uhAFF6tQ
            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \  意外性について、少し長くなってしまいましたね
     / (●)  (●)    \
     |    __´___    u.    |  3,4に関しては文章そのままの意味ですから割愛しますよ
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  あ、ところでキャラクタによっては性格が数種類ある人がいます
   /   ( ●)  (●)\
   |       ___´___   |  原作での性格と歴代のやる夫スレ内で確立された性格の違う人ですね
   ヽ、    `ー '´  /
818:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:05:34 ID:uhAFF6tQ
       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  個人的にものすごく性格の幅が広いと思っているのは…
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /



        , ──  、
    / ______ヽ
  ゝ/   |/ / ⌒ヽ ⌒ヽ
   |   | |   ‘|‘  |
  . v‐、l ̄ヽ __ ノ 、__ ノ  呼んだ?
   l )       ^  l
   `ー 、   ──┘ノ   できすg…じゃなくてできる夫くん
      ` ー──、´
       /|/\ / ヽ     僕今新しいオナニー方法を編み出すのに忙しいんだけど
        l l     |  |
       | |     |  |



       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\  ……どうして野比くんはこうもアブノーマルな人になってしまったんでしょうか
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:
819:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:06:42 ID:uhAFF6tQ
       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \  他にもハルヒの古泉くんがホモ、とかですか?
  /    __´__      \
 |      -      |  ああいう風に2ちゃん特有のキャラも、意外なキャラ付けをしたやる夫スレがあっての今じゃないかな、と
 \            /



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \  うまい具合に意外性のあるキャラ付けをすれば、
     |       __´___    |
    \       `ー'´   /     いつかそれがそのキャラクタの固定イメージになるかもしれませんね
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)
820:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:08:05 ID:uhAFF6tQ
        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (●)  \  その他にも配役を決めるにあたっての決定条件は色々あるでしょう
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /  原作元キャラと声優が同じキャラクタを使ってみるとか、そういう変則的な決め方も面白いですね
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \  ちなみにオリジナルストーリーで書く場合はここまで難しく考えなくても良いかもしれませんね
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /   「このキャラヒロインにした話書きたいからストーリー考えるお!」でも全然構わないと思います
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /
821:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:09:38 ID:uhAFF6tQ
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  >>801さんが脇役、モブに悩むとのことなのでそちらも少し考えてみます
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /   キチンと役どころが決まっている脇役ならば今までのレスの考え方で十分だと思いますが、
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |     問題はどうでもいいレベルのモブですね
  \ /___ /



          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \  モブを決めるにあたっての要注意事項は
    |    (●)   (●)   |
    \  冂  ´    u /    「今後登場予定の無いキャラであること」でしょう
    /´ソ/   ⌒     \
__∠_/        ∧∠ ヽ__
    匚匚匚匚匚匚匚匚ゞ,,ノ
823:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:10:13 ID:uhAFF6tQ
      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \  最初の方でチラッと出ていたモブが後の方で重要な役として出てくる…
   /  (●)  (●) \
  |     、 ´       | 「あの時チラッと出ていたのは伏線だったのか!」と好都合に解釈されればしめたものですがね
  \      ̄ ̄    /



         ____
        /   u \
     :/  \   / \:  最悪なのは最初の方で死んでしまったモブが後で出て来たり、
    :/ U (@)  (@) \
    |    u  __´,_  U |:  最初は悪役から逃げるモブだったのに後の方で悪の幹部として出てきたり…
    :\u    ./__/   /:



       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \
    /   (●)  (●)  \  そうならないためにも「確実に今後使わないであろうキャラクタ」をモブにした方が良いでしょうね
    |      __´ _      |
    \        ̄    /   いっそギコやしぃなどの少し毛色の違うキャラクタを使っても良いかもしれません
825:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:11:26 ID:uhAFF6tQ
       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \
    /   (ー)  (ー)  \  んー、モブについてはこれくらいしか言うことがありません
    |      __´ _      |
    \        ̄    /



         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\  あ、こういうキャラ被りを防ぐためにも登場人物はモブもしっかりメモすることをお勧めします
    /,'才.ミ).   、_',__,    \
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /
826:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:11:49 ID:uhAFF6tQ
        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |  ふむ、何だかゴチャゴチャしてきました
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /    言いたいことは言ったのでもう良いかな?良いよね?
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |       スレ汚し失礼、私からは以上です
   \ /___ /
827:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:13:01 ID:3L/wywo.
乙でした 個人的にはできる夫も大分役の幅が広いと思うんだ
829:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:14:15 ID:gTz8k6tk
できる夫は役の幅が広いというより未だにキャラが定まってない印象
831:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:16:44 ID:taISFPAk
乙です

脇役やモブにもちょっとした繋がりとか関連付けがあったりすると、うまい配役だと思うよね
上手く表現できないけど、なんというか、ディエンド召喚的な感じの
824:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:10:40 ID:JAEwgQ4s
>>804-
いっそ「髪を切るイベント」そのものをオミットするのもありと思う
でも何か代替になるものが絶対に必要だと思うけど
830:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:15:04 ID:HUNkA85k
>>824
>>806
822:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:10:11 ID:or241KJY
うん、配役という意味で凄くありがたいんだが…



例題のルイズ以下略、短髪バージョンのAAが作成されてるんだよな
828:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:13:46 ID:HUNkA85k
>>822
髪云々の例題は言葉じゃね?
833:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:26:01 ID:JAEwgQ4s
おっと見落としていた済まなかったぜ
832:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:20:29 ID:uhAFF6tQ
>>822
それは知らなかった…けど、髪云々の例題は言葉さんだからギリギリセーフ!って、こと…で…

>>824
もちろんそれも大いに面白いけど、初心者向けではないかなぁと思ったので割愛しますた
834:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:41:13 ID:.Hw9EBkA
主役も無理にやる夫固定じゃなく、やらない夫やできる夫を配した方がいい場合あるよな
835:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 18:59:05 ID:nooKutcU
乙です。
あえて短髪キャラを選んで、そのキャラが髪をばっさり・・・

剃るシーンを見てみたいwwww
836:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 19:42:48 ID:XTx1Wvh6
髪を切るでぱっと思いついたのは翠星石>蒼星石かな。
もっともAAの都合でしかないし、この場合どちらかが死にキャラになるからあんまりオススメできないかもしれんけど
837:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 20:13:44 ID:gR21wlq2
最近はルイズも短髪版のAAが出てるけどねー。

原作でも髪切ったんだろか。
890:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 00:17:46 ID:IA8.DcaY
>>829
やる夫ややらない夫と同じで、ワイルドカードなだけだと思う。
最近は「俺はこんなやる夫しか認めない!」ってやつも増えてきたけどさ。
891:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 00:49:55 ID:1qkx9bPw
ここら辺はキャラ改変に近い物があるな

読者やる夫による『ちょっとした違和感』

872:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 22:56:50 ID:jr/fdq/Y
乙です

自分もちょっと作ってみたのでいいですか?
作者ではなく読者としての気になったことを少し
873:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 22:58:28 ID:f9kAKRUU
さぁ来い
874:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 22:58:47 ID:uhAFF6tQ
読者とはちょっと気になる目線
どうぞどうぞ
875:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 22:59:33 ID:jr/fdq/Y
ありがとうございます
それでは



         ____
       /      \   このスレ面白いなぁー
      /  ─    ─\    お、レナが出てきたお
    /    (●)  (●) \      
     |       (__人__)    |   ___________
     \      ` ⌒´   ,/   | |             |
    ノ           \  .| |             |
  /´                     | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_
876:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 22:59:49 ID:jr/fdq/Y
492 名前:◆ylo2Yrna9b [sage] 投稿日:19/10/13(水) 23:20:20 ID:54hat/rw

          /,. ===== 、    `ヽ.
        //       \     \
       i    ,. -- ----ト、 \     ヽ
     ( __八_/    /`ヽjハヽ  `ヽ    ヽ
        /   / /. .トvへ ',   i`ヽ   }
     , '  , '  / / i  |  ___Vト  l   ト、ノ
    /  / ./ / i i l  | ´ __リハ i  / \
    ,'  ,' ,' / j__l ll  | ´「r'`ヾi i // i l| \
    l  ll ! ! /´,.イ 「\j  ヘ㌧リ リ./  li l|   ヽ   うふふ
.     li 、、 、K 〈r'ヘ    ´ ̄/ / i l ハ
     八 ヽヽ\ハ `イ ' r‐┐  -/ li ハノ´`            圭ちゃん待ってよー
       / //i ト- _  `ー'  /i リ'
.      / // .l l  l  て「 / .レ' ヘ__ , 、
      / /i  i i  jハノ く´ __ _i{ /   /  \
   / / /∧ ハ / ,. -/ ̄{ j´_´ ̄`ヽi     \
  / /  .// 八 ノ / /   /i__j\   〈       \
  レ    V    /   \_/ /ハ  \ ノl        }
.          〈    く //  i.⊥ ハ  l      /\
           \  / ん' ⌒'〜'´    ゝ.___ /  ./、
            トへ           j    \/  \
            /`ー‐へ       _,  'j      \   \
.           /  /  }´__,   ´ _, ィへ/´ ̄ ``ーァ.\   ヽ
          /  / ___ノ ー   ´ / /  \   /   \  ノ\  , 、
.         /  /´ / ゝ_   / /    \/     <   ノ__///)
         i  __ /      ハ           `ヽ      `r ´     ___ァ
     ___ __ /       .// ヘ            \      ゝ.   /´
  /´    /       / /\__',             \    `ヽ_j
 く    /     _,.  ´ /     ハ              \
  \/  ,.  ´    /     / ∧               `ー‐‐ ‐‐ 、
.  /,.  ´     ,. イ __   レ'  ヽ                   /
//       / レ'´     ` /´ ̄ ̄\                /



          ____
        /      \
       /  ─    ─\    あーまたレナの圭一の呼び方間違えられてるお
     /    (●)  (●) \      圭ちゃん呼びするのは魅音と詩音だお
     |       (__人__)    | ___________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_
877:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:00:08 ID:jr/fdq/Y

         ____
       /      \    おっと、○○の新作チェックしないと
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   原作ゲームの見せ場突入だから楽しみだお
     |       (__人__)    |   ___________
     \      ` ⌒´   ,/   | |             |
    ノ           \  .| |             |
  /´                     | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_
878:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:00:23 ID:jr/fdq/Y
777 名前:◆MOyrG43yqk [sage] 投稿日:19/10/15(水) 20:52:57 ID:YIh3T66k

              _...--´´゙´´´        `-..
            /´     ___...--- ..._       `ヽ
           /  ,    -´      ` \      \
          / /´ `   /´        \      ヽ
         〆  ...--v´/            \     `
        ..´        i゙ r-´`ヽ..        `..     ゙}      お兄ちゃんごめんなさい
       |     ../`-... i    __}         |__...,   i
       i     {_____......_γ---  i   \    丶  `´--´`〉     全部あたしが悪いのよ
       |    ::i `..          ゝ\ \    i:::::::::λ_ζ´
       〈   ;:::::{ \          `-...≧  `..    `-´ `..
       丶:::::::::::/  }     、... -- - -…...,ヽ;:::ヽ  `ヘ     i
        y::::/   j_...-´`..     ´i ̄``   }:::::}    `゙...;.;.: ヽ
        /:::/    ィ _...ィ       ` ...____.., ,i:::::i   ::::〉:::;   `..
       / | ::::: /ヽ    `      `===″}::::| ::::::/j:::::;;    ヽ
       { ;::i:::::《 へ` i __.=≠´         ノ:::::/::::::::/:|::::::|::::.    \
       i ::::::〉... k┤ ゙...     i      ∠:::κ::::{::::ミi::::::::::i:::.:.:    ヽ
       \/ i〆` ̄`つ,     !       /::::::i::::::::{ ヽ::::入:::::::.:::   `
        /\___/` ̄´i__\..    _-っ   /λ::l::::|:::《  Ψ  i::::::::::::::.   \
        { (`ヽ_`゙—-(...__  へ..._ ¨  ../ |::::::::|:::{´`ヾ  \ \:::::::::::::;   \
       / ゝ... ヾ=-... `゙ヽ...__\ ─´/´ |::::::::ヽ《      ̄ ̄`-..:::::::::;..   \
      / //ヽ..`゚-...__        \〉    i::::::::::ヽ::::`        `:::::::::::;    \




               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|  いいんだよナナリー
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从    僕は何も気にしてなんかいないよ
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -—//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.
879:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:00:51 ID:jr/fdq/Y


         ____
       /      \     兄妹キャラだし配役にはピッタリだけど
      /  ─    ─\    原作アニメとしゃべり方と一人称が違ってるから
    /    (●)  (●) \   違和感あるお
     |       (__人__)    |   ___________
     \      ` ⌒´   ,/   | |             |
    ノ           \  .| |             |
  /´                     | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_


         ____
       /      \    せっかくの見せ場なのに変なもやもや感が残ってしまったお
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   気を取り直して○○のオリジナル作品を…
     |       (__人__)    |   ___________
     \      ` ⌒´   ,/   | |             |
    ノ           \  .| |             |
  /´                     | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_
880:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:01:12 ID:jr/fdq/Y
210 名前:◆tU86/tmoIK [sage] 投稿日:19/10/15(水) 21:46:07 ID:TmdjeKie
                   _____
                  ,   x-‐…ー- 、 `ヽ、
                  /,∠ -—- .._   \  \
            // , /      ヘ  \  \
              , ' /   /   / /  /   \ /
             /  厶⊥」..._// /  リ    ∨    i
          厶イ  / ヽ  ` \,イ  !   /     |   やる夫はん
              | { __、    __ \ | i /  ,    |
              j/j/l イバ      `   乢/  /     ,′   わっちの裸は高くつきますんやで?
             ,' tkノ    丐=ミ   /  //   /
                     {k.ノハ/  //   /ー┐   それでもわっちをご所望とあらば
               |  '      `¨  z,彡kj/}  /ー‐┘
               八   、 __           - ソ  ,′      何も言わないだわさ
            /   >、       / ̄匚彡 |
             / //` 、_   ,/,/''/     !
          // (   ( ,-'/'" ! / ./ ,/ ̄  \
.       //    ,..-'/ /   / ! !      ヽ
    //  ,x==/ / /    ! ! .!   _,..-'',) /__
    { /   ,《  /   / /     .! V,.. ''~-==ニ二 ̄'\
     '(      /.!   ! !,へ,-‐ヘ'''''-/    '''---~二`\
          ,イ  !  ! ̄__----/     _ \-、\   \
         〃|  ! /´ ̄    /    ,.-'" ヽ .!:::!~" \   \
         {{.∧!  !     /    /~    /'-':  |   }   }
        〃 j,!  l    /    / !     !|   |  ,′  ,′
        {{   !  !  /    /  !     .!,j   j  /    /
        }}   !   V     /   .!    .! >、----____  /
         !   /     /ヽ   !    .!/ /~\_   ̄,, 7
         !  /     /  ヽ  !    !, / \ \  `7\
          !      ./     !     .!Y.    \ \ !\\
          !    / >、 \ .!     ! !      \-' '\ \!
          ヽ ./ /,/`!  `!     ! !       \  \!
           `~ ヽ!/   \ .!     !/\.       ヽ   ヽ、
             /  / /I .!    /,   !       ヽ   !
             !  /  / / .!   /    !        !\ !

※しゃべり方が特徴的って聞いたんですがこれでいいでしょうか?
881:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:01:36 ID:jr/fdq/Y

        ___
        /     \    確かに特徴的だけど
     / u ::::\:::/:: \   色々混じってるお…
   /    <○>::::::<○> \
    |  u    (__人__) u |    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_



                            / ̄ ̄\
           ____           /   ヽ_   \  よく見かけるけどやっぱり
         /     \        (●)(●)    |   一人称や原作キャラ同士の呼び方の
        /  ─    ─\       (__人__)      |    間違いを発見すると違和感が拭えないんだお
      /    (●)  (●) \      ヽ`⌒´      |
      |       (__人__)   .|      .{         |
.       \     `⌒´  ./  _________ ノ       せっかく面白い作品でも間違いを見つけてしまったら
      ノ            \ /          / ⌒l       読み終わった後も小さなしこりが残ってしまうだろ
    /´                /          / |  |
    |               /          /  |  |
__(_______ 二二⌒)    /          /__.|  |_______
                \/          /   (U ⊃
882:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:02:03 ID:jr/fdq/Y
            / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_\
          .|  (●)(●)  |   こういった些細な間違いは
          |  (__人__)  |   キャラが出ている原作を知らない場合に起きやすいんだろう
          っ   `⌒´   |   もちろん原作を見ないでやる夫スレの印象だけで
         / ミ)       /   動かしてる人もいるのもたしかだ
        / ノヽ      /
        | |/      ヽ
        |  | /|     | |



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  有名なスレでもこういった現象はよく見られますお
    |      (__人__)     |  ですが有名キャラになる程一人称の間違いは
     \    ` ⌒´    ,/   目に付き易かったりしますお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    だから原作を未見のキャラの場合最低でも一人称を調べたり
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |   してみてはいかがでしょうかお
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
883:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:02:35 ID:jr/fdq/Y
                            / ̄ ̄\
           ____           /   ヽ_   \
         /     \        (●)(●)    |
        /  ─    ─\       (__人__)      |  原作を見る時間なんかねーよという人は
      /    (●)  (●) \      ヽ`⌒´      |  ほかのやる夫スレを見て調べるといいだろ
      |       (__人__)   .|      .{         |
.       \     `⌒´  ./  _________ ノ   長編だと間違ってた場合
      ノ            \ /          / ⌒l  読者が指摘して次回以降から
    /´                /          / |  |  修正してたりするのでその辺もチェックしてみるといいお
    |               /          /  |  |
__(_______ 二二⌒)    /          /__.|  |_______
                \/          /   (U ⊃

         ____
       /      \
      / ─    ─ \   ちなみにこれはあくまで
    /   (●)  (●)  \  やる夫作者ではなくいち読者としての要望だお
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/  お互い気持ちよくスレを見る為にも
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   やる夫作者さんにこういった間違いの
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |   回避をお願いしますお
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
                       おわり
884:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:04:12 ID:uhAFF6tQ
乙です
確かに一人称とか呼び方とかの間違いは作者側としても怖いなぁ…
出来るだけ回避したいことですね
885:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:04:48 ID:f9kAKRUU


適当に作った酉にしては俺のに酷似しててぞっとしたじゃねーかwww
886:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:05:46 ID:xXxOLjPs

レナが圭ちゃんって呼ぶのは俺も気になってた
887:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:27:12 ID:jr/fdq/Y
ありがとうございます、
レナの圭ちゃん呼びは大作スレでも見かけたりするので
ひぐらし見た人間としては違和感が拭えないんですよね

>>880のような間違いもキャラは違いますが実際見たものです
888:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:40:19 ID:lHR29ZlA
その辺りあんまり細かいことは言いたくはないけどやっぱ気になるのも事実なんだよねえ
889:名無しのやる夫だお:2009/10/15(木) 23:49:01 ID:iGmbHmV2
その分、メジャーじゃないAAだと物凄い性格改変されてたりするよな
特に某スレの特撮系ヒーローとか

ナギによる『キャスティングの離れ技』

892:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:14:08 ID:ZcAkjGlM

                _,. -─    ー─- 、_
             _.イ_ -‐───── 、 \
           /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
            / / /    / ハ    V     ハ
          / / /    / / 〉   イ   ',   l
         /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !       ふむ、では妾からはキャスティングの離れ技について
        / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |
      ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐    お話させてもらおうかの。主に長編スレ向きの発想じゃ。
          |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
          /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |
          |    ヘ、    ´`      /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈



    /: : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : :/ |: : : : : : |: : : : :ハ
    /: : : :/: : : : : : !: : : : : : :/: : :|  |: : : : : : :!: : : : !: ',
    !: : : : !: : : : : : |: : __√ ̄   ⌒ ヽ_!: : : : |: :|
.   !: : : : !: : : : : : |/    、         \: :.!: :!
 /\|: : : : |: : : : :! :|       ヽ     ,.    }V: : |    とは言うても、たいした技法ではないぞ。
/   |: : : : |: : : : :|: |              __    ハ : : :|
\.  |: : : /|: : : : :!V  ==ミz       穴ト、 /: : : : |     もっと気楽に配役を決めた方が楽しい、というだけの話じゃ。
  \.|: : / V|: : :.!            ん!リ  /: : : !: :|
.    V:人 い\:|              必ソ  /: : :./: /
    }: : : \_                、    ん: :./∨
    |: :|: : : : :込               ハ: ∨!
    |: :|: : : :/ : :.\    `ー- 、_     人: : : :|
    |:八: : : : : : :.|. \         , ィ: : : :/|: |
   〃: :>‐、: :/:.!  ` 、    ,. <: : : : :./: ∨
   /: : : {   }/|     ` T: :.ん--、 /: : : |
  /: : : :.|   |         `/   人_ : : : |
893:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:14:42 ID:ZcAkjGlM

              ___
           . イ´ : : : : : : : : : ミ.. .
            /: : : : : -—‐- . : : : : :\
        / : :/イ´ .. ---- .. `ヽヽ: : :ヽ
      / . : / イ´ : / : :l: :| i : : `ヽ、i: : : : .
      .′ : /: :/: . イ: : : | |i: : .ヽ: : l: . : :i i     ぶっちゃけキャスティングなんて、ある程度は適当でいいのじゃ。
      i.! : : i|: :|: : : i |. :| . . l :|| : . .|| :|: : :| l
      || :|: :|! :|! : _」 L⊥: ⊥ハ: : :|! : || : : |:.|     起用したいキャラがおるのなら、そのキャラを迷わず起用すればよい。
    ∧||: |: :|:/´  _ノ      ̄ `ヽ|l : :i.|:.レヘ
    〈. |l i:l:. :{        `^ー     |l: : リ: | ノ
     ` |从. : l                j.l : 从:|´
        |.:.{`ト{ ≡≡′    `≡≡' イイ }.:.:!
       |.:|トミ.!                レノ.i.:.:′
       |小: :.:.:、     '   、   ノ:.: :/:/
       |:.:ハ :_ :\   ー、—‐ノ  /--v':.l{
       |/:.:.:i´ i`{:.i`i .   ̄ ィ:´i:.j  }:.:.|
       }:.:.:.:.|  |:.|i:}    ̄  {:.:.l|:|/ ハ:.l
       ノ:.:.:._:|  レ'         ` ー|  ト :.:.|



              ,  --——-  _
.              イ: : : -——- 、: : : ``丶、
.            /: :∠ -——- 、  ` < l: : ` 、
         /: :/: : : : : :./: : : : :`丶、 `l: : : : : \
.         /: :/: : : : : : //: : : : : : : : : :\|: : : : : :l: :ヽ
        /:/: : : : :./: ://: : : : : /: :l: : : : :|: : : : : :|: : : ',    だってそのキャラを起用したいと思ったということは、
.       /:/: : :/: : :/: :///: :. : :.イ: : ll: : :.| :|: : : : : :|: : : :.',
      /:/イ: :/''" ̄ ̄   ̄\/ |: : ||: :.:.|: |: : : : : :|: : : : }    そちはそのキャラが好きなんじゃろ? だったら
      イ/ └r'    `ヽ    _,.>' L: :/: |: : : : : :|: : : : l
      |: : : :|  _            `ヽl : : : : : |: : : : l    そのキャラがどういう口調でどういう性格なのか、
      |: :. :.ll '"7ヌzミ            〉: : : : :l: : : :/
      レ___」.} 弋_cノ     -テモ=z、 ,': : : : : l: : : ,'     そちは把握しておるはずじゃろう。
.         | `"        弋゚cン` /: : : : :/l: : : l
.         l     ,      `゛¨  //: : :,イ::|: : : ',     充分なアドバンテージではないか。
           ',              〃—" ,ノ:::l: : : :ヽ
.         人   r、__        -r '": : :ハ: : : : :\
         f: :.> 、 ` ‐—┘    / j_: : /__ゝ_: : : \
         |: /  \           /   ∨::::::::::::/ ̄`ヽ
         レ'   /:::ト—r‐<      /   /::::::::::: /
         l   l::::.|  |   ヽ   /   /::::::::::::: l
894:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:15:12 ID:ZcAkjGlM

           /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : :\
             /: :∠:_:_/ : : : : : /.: : : : : : : : : : |: : : : ヽ
         /: /: : :/  ` ̄\/ : : : /| : : : : : : |: : : : : :'.
           //|: : /  \  丶  ̄ ̄ ̄ |_: : : /: : |/ : : : : |      ……ん?
         /: :,レ'/   ・ \    -    \/: : :/: : : : :| j
          /: ( ,'  ー‐        ー───\/: : : : : / ′     キャラに対する知識はないけど可愛い女の子を起用したい?
.         / : : ヽ{            、 ・    /: : : : : : : '\
        /: : /: :/'.                 ̄   厶: : : : :/:/   >
.       / : :/ : /八                     //∧/:/\/
      / : :/ : /  /                 ,__,ノ: : :/
.     / : :/ : /  /: :/:.>、  二)        ィ/\/: : :./
    / : :/ : /\/:_:/_/:___/>r---z‐=ァ<: /  /:/ : /
.   / : :/ : /: : /_______,入 ̄  ( : : /  /: {: : :|
  / : :/ : /: : /{         / ノ\  `゙7\/l : |: : :|



.           / >二-———‐-`ゝ、
         ./  /'   ./  l |     \
        /   / / /   .| ハ   lllヽ \
       ./  | ||l イ .L -—ル |‐-、」.l | l.  ヽ
       f l | ||L/└┘        `ヘij   }
       l | |l |.|   _, -‐'   ヽ、  ト'  ト|
   r‐——| .| .||  | -┬‐‐=    z、__ ,'   リ    そういう時には適当にこじつけてしまえ。気楽でよいよい。
   |    | | fル、ト  弋ノ     弋ノ ヘ、 /
   ` —‐イ { l〈              { /`      妾なんていつもそうやって決めておるんじゃから。
        }  \         '    l .}
        l  \ニヽ    ' 、__    ノ |
       ,'   「 `|\   ` ‐ '´   イ l |
       /   ハ  |     、 _ イ  .} | |:|
      ./   .ハ  |      /:::|{  | .|.l:|
     / , -‐'"|  |     トヘ|  | .|.l.|
     /`ヽ    ト-┤_     ヽ} ⌒|、|.}.|
.    /    \  | | |   `  ' ̄ |  | ト、|
   /      } -j  |_____|  レ′\
895:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:15:39 ID:ZcAkjGlM

            _....:.:. ̄ ̄ ̄`:.:.:.:....、
          ,..:.彡 二二二._`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\
        //:.:/ ̄:.:.:.:.:i:.:.:.:.: ̄:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
.        /:.:.:|:.:.:|:|:.:.:j:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:.|:.|:.:.j:.|:.:.|:.:.:.:|{:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:',
      .':|:.:.|:.:.:.:ハ|:.:.:|!:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.:.:!        ま、こじつけ方にも色々あるがの。
      | |:.:.!_-< ー-' ー'  ヽ__:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:|!:.:.:.:.:.:.:.|
      | レ|   、   /     `ー|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|__ .ノ!     一番簡単なのは、名前に洒落をかけたりすることじゃ。
      ||:.:.:.|__         _     |:.:.:.:.:.|:.ト、:.:.:.:.:.:.|  ノ
      |l:.:.:.:.f 7ヽ    ´.イ::ハ`ヽ |:.:.:.:.:.|リ  |:.:.:.:.:.}-‐ '       役柄に統一感を持たせるのも良いかもしれんのう。
      |:.:.:.:.} ヒ:}    ´ ヒ:r'   |:.:.:/ノノノ:.:.:.:./
       !:.:.:.:!   ,         ゝ '  ' /:.:.:.:.:.!
       ヽ ノ!               /Τ|:.:.:.:.:.:.:|
        _r‐゙——-、       . '  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:|
       } ミュ     }      . ィ  人|:.:.:.:.:.:.:.:.':,
         ( ー<     !==-ャ‐    /  ),:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       (ー!´    }/  ∧   //  / ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:',
        ゝ| ァ—‐'、! // ' / /  /     ̄`ヽ:.:ハ
       λゝ-`ソ  \!|! /  /ヽ/ /      ヽ:.:!



                _,. -─    ー─- 、_
             _.イ_ -‐───── 、 \
           /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
            / / /    / ハ    V     ハ
          / / /    / / 〉   イ   ',   l     例をひとつ挙げるとしよう。
         /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
        / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |          ①名前に適当に洒落をかけて、
      ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
          |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ     ②四天王をひぐらし4人娘で統一したパターンじゃ。
          /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |
          |    ヘ、    ´`      /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈
        //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\
      /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \
     /   |   |  ||   ヽ__ヘ       |  ヽヘ.  \
896:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:16:02 ID:ZcAkjGlM

       /: . : . : . : . : . : . : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
        /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .∧: .∧ . : . : . : .|: : : : : : : : : : : : : : : ハ
        /: . : . : . : . : . : . : . : | . : . : |:::∨:::ハ . : . : . :.|l: . : : : : : : : : : : : : : :ハ
   rー‐、´` ‐- ._ : :l: : : : : | : : : : |¨` ´ ¨ l: : : : : :ハ: : : : l: : : : : : : : : : :ハ
  /:. :. :.. 丶、_   `!: :| : : : : :ハ.: : : : | :.:.:.:.:.:.:.| : : : :/:.:.:l: : : :.|:__ : : : : : : : : : |    あたしは死の水先案内人、スカルミオーネ……
../:. :. :.丶、  `ヽ, }: ハ: : : : :l l.: : :.|:.:.:.:. :.:.:.|: : : /   .|,, '' |゙ :: : : : : : : : : |
:. :. :.丶.:. :.` ヽ  l ト、 ハ`ヽ、:| ヽ : : |:.:.:. :.:.:.|: : / ,, =≠ミヾ! : : : : : : : : : ::|     あたしの可愛い雛見沢ウイルスの餌の時間だ……!
;;\_:. :. :.丶、:.  } !ノ:. } ハ〃´|~ミ=\: |:.、 、.,,r/l:_/,, O::::|: : :ミ≫: : : : :从: : : }
´ヽヽ\:. :. :.}:. :.:トノ:. /≪\: l  O`ミヾ:.ヽヾ:.´|イ:::..    |: //: : : : : : : ハ : : : j
..∧ ∨:|:. :. :|___人_/::\: : :ハ:|::.........:::〉ヽ ==. / ヾ .,.__.,.::レ /: : : :::::: : /.| i: : ::,'¨゙ヽ、
 .∧ ∨_ノ :.:.:.:.从: : :::::\: :ヽ¨ー〃゙゙゙  `! ...._.,. -ァ:.:.:.:/: : :::::::::::::/ | |: :/:.
  ∧ ∨   :. :.∨:::::::::::::ヽ: :\_ ヾ======‐ォ/:.:.:.:.|::::::::::::::::::/:.:.:.l |:./:.:.
   .∧ |ヽ     ∧:::::∧::::::|:.:.>、  ヽ{廴::::::::::ノ/:.: /:{:::::::::::::/:.:.:.:.| レ′:
  /ヽ´  \ ... / ヽ/ ヽ:::l:.:.:.:.:.:.:`>、`===ィ´:/:.:.::.|:::/|/:./:.:.:.:.:|      /
  }:.:.:.:.:.   \:/    .| V| |:.:.:.:.:.:.:.\ ` ‐-‐ ´:.:.:.:.:.:.レ′:.:.:./:.:.  /     V:::
/:.:.:.:.:.:.   :.:.:|       |  、ヽ  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   :.:.:.:.:/:.  /     /::::

              【土の四天王】 スカルミオーネ





           , '´           \
         /                ̄ \
       _/                    ヽ
  、__,ノア        /   /             ',
.    ̄ ̄/      /   /    〃ヽム          l
      / /      |:.   |:  / ""´` |        |
     |  l   /   !:.   l  |  u  l   ./    j    はぁ……はぁ……
     |  l   l:..  ヽ;:ィ:代.  !    ‐/-、/:    ,′
     l  !l:. :.l:.:.  ´ヽ:.{  \{   / /}:.:. /  /      死してなお凄まじいレナの恐ろしさ……
     ヽ ハ:.. :.ヽ:.::  { `__  :::::::: ∠_ /:./:. 〃
      ` \.:.:.:.\:.:.!'´ ̄` ::::::::::: '" ゙̄メ/:.: ,イ        とくと味わってよね? よね?
        /\:.:.:.:ヘ:ゝ    _'_   /:._/:{
        ,'.  `ーゝー゙  {´ ソ    ア´:.:.:.:八
         i  .:.(`Yj:> 、_` ┃_ ,.イ:.:.:.:.:.:. iヽ
         |  :.:.:} }, -、ィヘノ  {ィへ. レハ:.:.:. |
        ヽ :.,4 ´   {7′   >' ヽ‐-!:.:. /
          Xi| l    ∧三三/ ,// |/ヽ
        /  ∧   ノ マ  / //_, イ /  }
        {   V  /\_,厶/ '_/ ̄/ !/  l
        l _/  / ̄ ̄〈 〉 ̄ ̄´  }  i|

         【水の四天王】 レナッツオ
897:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:16:56 ID:ZcAkjGlM

: : : : : : : : il: : : : : : : : : : li : : : : : : : : : l i: : : : : : : : :l : : : : : : ハ: : : ハ: : l
: : : : : : : :.ll: : : : : : : : : : :ll : : : : : : : : : l l: : : : : : : : :l: : : : : : : ハ: : : : i : l
: : : : : : : :.ll: : : : : : : : : : :l.l: : : : : : : : : :l l: : : : : : : : :l: : : : : : : : '. : : : l: :l     こんな事ならあなたも消しておくべきだったわ。
: : : : : : : : ll: : : : : : : : : : l l: : : : : : : : : l .l: : : : : : : : :l: : : : : : : : :l,, - '': :l
: : : : : : : : l i: : : : : : : : : :l l_.... ---‐‐: l l: : : : : : : : l: : : : : : :_ ..」 : : : : l      だが、やらない夫はもういまい——
: : ''''''''''' ‐ トl、: : : : : : : -l''l: __.... :--:l.=l= 、.... : --┴‐┐'':¨: : : : : : : :l
-=======トL:.:..:..:..:..:..:..l 'l==-‐‐::''':¨=lヽ、lゝ: l: : : : : :l : : : : : : : : : : l      できる夫ともども仲良く葬り去ってあげましょう!
'¨f::::::::::::'ー-i``        弋ヽ::::::ッノ ,イ: : l : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
、弋ヽ_ッノ ,         ー- ニニニ-  l: : :l : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
 `ー - ''                 /,l: : l: : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
ヘ          i           ., ':.:l: : ,': : : : : : l : : : :l: : : : : : :l
:.lヽ、        ー ‐ '       , .:': : :l : /: : : : : : li: : : : :l : : : : : :l
:.l:.:.:.`丶..、           ,,  ''ヽ:.:.:.:.:.:l :/ : : : : : : l l : : : l: : : : : : :l

       【風の四天王】 バルバリカ

         ___
       /     \
      /   \ , , /\        黙るお!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |      空中戦はお前達だけのものじゃねーお!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l





           _ ../  ̄ ̄ヽ---''" ̄ ̄丶、_
        ,- ‐' "  ' ' " ̄''",, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ''\
      イ´    /' '  _'イ'" ̄  ̄ ̄  ̄ ` ⌒`ー一ヽ,
     ./    / ,, ''"             ‐、     ̄ \
    /    / /            /      ヽ       \
   /    / /       /    /        ` 、       \
   /    /        /    /          l        \         さぁ、回復して差し上げますわ……
  /    /        /   / /            ! ` 、    、 \
  |   /  /     l   /  .l  /          l  |      |  ヽ      全力でかかってきなさい!
  l   / ./      l   /  /l  /        |  |  |     ハ  ヽ
  l  ./ ト /       |  ハ / ヽ |        |  .|  .|      | l  |
 /  / / /  |      | | | ̄ー--ヽl_   ハ    |   |   .|   |   | l  l
/  /イ /  |ヽ     | |ヽ'"ニニミ\、 | l  | l  ./   |   |   | l  !
l/| /  l  l | ヽ     | |く レひ"しヽ \ l .|  / |  /   /   .l   .| ヽ.l
 | l l  |  l  | ヽ    ヽ| l0i:::::jo| ! :::::::::/ / / ./   ./   ∧  |
  l  l  l .l  ヽ ',,\ ト  ヽ 弋辷'_ソノ :::::::// / / /   ハ   ./ l  /
  l  |\l l   ト、_人 \  ヽ        //  /  /./  / ./  /
  ヽ|  V ヽ ヽ    ヽ 丶ヽ、 ヽ       /_/,,///  / / ./
       \|\|、 /l | \`, ヽ'   、 _ __, `  /イ'" / / //
           V _' |   \        , イl |   ̄
           トーノ'丶、_/"´ \ __ ,. ‐ 'i ´  |\l
           >         `ヽ、|  .l  /

         【火の四天王】 サトカンテ




.
898:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:17:47 ID:ZcAkjGlM
           _ ___
        ,. :'´: :,. -—‐-ミ:ヽ、
      /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
      /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
     i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!            どうじゃ、案外イケるもんじゃろ。
   ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
  ミ ミ ミ : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    ミ ミ ミ     統一感さえあればゴリ押しできるもんじゃて。
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   /⌒)⌒)⌒)
 | / / /:弋こ \ヽ __,.   } (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  /  ゝ  :::::::::::/
 |     ノくf⌒Y ` {_  _,ノイ|    /  )  /
 ヽ    /  ヽ ヘ,、  _「 |::!:::::}   /    /
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



.           / >二-———‐-`ゝ、
         ./  /'   ./  l |     \
        /   / / /   .| ハ   lllヽ \
       ./  | ||l イ .L -—ル |‐-、」.l | l.  ヽ
       f l | ||L/└┘        `ヘij   }
       l | |l |.|   _, -‐'   ヽ、  ト'  ト|
   r‐——| .| .||  | -┬‐‐=    z、__ ,'   リ     ……ん、流石に無理があったか?
   |    | | fル、ト  弋ノ     弋ノ ヘ、 /
   ` —‐イ { l〈              { /        ゴルベザワ四天王、悪くないと思ったんじゃが……
        }  \  u         '    l .}
        l  \ニヽ    ' 、__    ノ |
       ,'   「 `|\   ` ‐ '´   イ l |
       /   ハ  |     、 _ イ  .} | |:|
      ./   .ハ  |      /:::|{  | .|.l:|
     / , -‐'"|  |     トヘ|  | .|.l.|
     /`ヽ    ト-┤_     ヽ} ⌒|、|.}.|
.    /    \  | | |   `  ' ̄ |  | ト、|
   /      } -j  |_____|  レ′\
899:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:18:55 ID:ZcAkjGlM

: : : : : : : : : : : : :!: : : : |: : : :_!:}
: : : : : : ! : : : : : :|_,レ'´ ̄L}
: : : : : : !: : : : : : | | |ト、|| | ;
: : : : : : |: : : : : : | | ||  ト、」 ;         では、もう一つ例を挙げておこうかの。
: : : /⌒ヘ: : :: : : |  -===- | ;
: : : { ⌒い: :|: : :.| u    \ ;        妾がこの間キャスティングだけ考えてボツにした案件じゃ。
: : : .\ヽ `^^^`  r— ¬  } ;
八: : : :`¬.     |    | /
: : ヽ: : : :.∧    |    |ノ                                      ちょっぴり長くなるぞ。
: : : |\_ノ_\.  |    |
: : :√:/´  \:ハ.‐1   i
: :/::::/     Vヘ└‐‐ ┘fY'} ;
:/::::/       }:∧ /7rく. }ノ /7-、/7 ;
:::::/       |: :.ハ/ -‐'ノ / Y^Y ムク ;
:::::|        !: : :.|   ノ /  '´/ / ;



            _....:.:. ̄ ̄ ̄`:.:.:.:....、
          ,..:.彡 二二二._`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\
        //:.:/ ̄:.:.:.:.:i:.:.:.:.: ̄:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
.        /:.:.:|:.:.:|:|:.:.:j:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:.|:.|:.:.j:.|:.:.|:.:.:.:|{:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:',       概要はこうじゃ。
      .':|:.:.|:.:.:.:ハ|:.:.:|!:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.:.:!
      | |:.:.!_-< ー-' ー'  ヽ__:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:|!:.:.:.:.:.:.:.|          スレタイ:やる夫と薔薇乙女達は極悪人のようです
      | レ|   、   /     `ー|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|__ .ノ!
      ||:.:.:.|__         _     |:.:.:.:.:.|:.ト、:.:.:.:.:.:.|  ノ        原作:Y十M 〜柳生忍法貼〜
      |l:.:.:.:.f 7ヽ    ´.イ::ハ`ヽ |:.:.:.:.:.|リ  |:.:.:.:.:.}-‐ '
      |:.:.:.:.} ヒ:}    ´ ヒ:r'   |:.:.:/ノノノ:.:.:.:./
       !:.:.:.:!   ,         ゝ '  ' /:.:.:.:.:.!
       ヽ ノ!               /Τ|:.:.:.:.:.:.:|
        _r‐゙——-、       . '  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:|
       } ミュ     }      . ィ  人|:.:.:.:.:.:.:.:.':,
         ( ー<     !==-ャ‐    /  ),:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       (ー!´    }/  ∧   //  / ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:',
        ゝ| ァ—‐'、! // ' / /  /     ̄`ヽ:.:ハ
       λゝ-`ソ  \!|! /  /ヽ/ /      ヽ:.:!
       //ヾヽ     ヽ/,   //:/ !        '.:!

あらすじ:極悪将軍『加藤明成』と、それを取り巻く最強の近衛兵『会津七本槍』。
        彼らは圧倒的な武力と権力を奮って、強姦、殺人、人攫いとやりたい放題。
        そしてある日、その明成の悪逆非道の振る舞いに苦言を呈した『堀主水』を妻子供ともども惨殺。
        生き残った『堀一族の娘』7人は、隻眼無双の実力を持つ『柳生十兵衛三厳』の
        協力のもと、加藤明成と会津七本槍への復讐を誓う。
900:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:19:09 ID:ZcAkjGlM

          /    /´ -‐…‐- .`\
        /     /´    i   !`ヽト、
.    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
   /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!    主要人物は、善役:柳生十兵衛、堀一族の娘(7人)
   \  .| .:i i :i i |´   ノ   ヽ  `!、ハ:!
      `ヽi  从 i i |           !:::::|     悪役:加藤明成、会津七本槍(7人)ってとこかのう。
.       |  YハiハN ニニ`  ´ニニ '::::N
.       |  ヽゝ u ´         `ハ!`      16人も考えるのはさすがに骨が折れる……
.       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|
       j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|
      ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
.     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
     ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
.    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
   /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i



    /: : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : :/ |: : : : : : |: : : : :ハ
    /: : : :/: : : : : : !: : : : : : :/: : :|  |: : : : : : :!: : : : !: ',
    !: : : : !: : : : : : |: : __√ ̄   ⌒ ヽ_!: : : : |: :|
.   !: : : : !: : : : : : |/    、         \: :.!: :!
 /\|: : : : |: : : : :! :|       ヽ     ,.    }V: : |    と、言いたくなるところじゃが、実はそうでもないのじゃ。
/   |: : : : |: : : : :|: |              __    ハ : : :|
\.  |: : : /|: : : : :!V  ==ミz       穴ト、 /: : : : |    気楽に考えれば、ものの30分で決まるんじゃぞ?
  \.|: : / V|: : :.!            ん!リ  /: : : !: :|
.    V:人 い\:|              必ソ  /: : :./: /
    }: : : \_                、    ん: :./∨
    |: :|: : : : :込               ハ: ∨!
    |: :|: : : :/ : :.\    `ー- 、_     人: : : :|
    |:八: : : : : : :.|. \         , ィ: : : :/|: |
   〃: :>‐、: :/:.!  ` 、    ,. <: : : : :./: ∨
   /: : : {   }/|     ` T: :.ん--、 /: : : |
  /: : : :.|   |         `/   人_ : : : |
901:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:19:27 ID:ZcAkjGlM

            / / ̄ ̄ ̄ ̄\\
        /  /  ィ´ ̄ ̄ `ヽ ヽ \
.         /   i/ノ      |  |\!   !
        /   / //i   / /!  /  |  !
.       /   |  |´__ ̄`⌒`⌒ __、/   \       まず、物語の主軸になる強敵、会津七本槍。
     |  ,   T´   .`   ,  ´  ヽ!  ヽ ヽ
     ト、/  .| ,ィ==ミ、     ,ィ==、ノ    !/      普通に考えれば、悪そう or 強そうなキャスティングで良い。
       ヘ. / i iん:リ     iん:ハ人  /
   r‐く`YヽY`リ `¨     ,   `¨  /`YK        アカギとか夜神月とか伊藤誠とかの。
  ノ Yノノノ .ト、_              r ノ .! \
  \ ー 、 \\   r== 、   / // | /
.    !\      i:::::\   ー‐′ / .// :.:!′
.    し >     |⌒i:::|` ー‐  ´!/ / | |.:.:.:|\
.    /.::|   |  |:ノ    ,'´ニミi ノゝ--〃`ヽ.
   / .:.:::.!    |  |    〈./r=ミ{ |:.:.:.:.:/   iヽ.
.  / .:.:.:.:,'    .|⌒|     V´/ ̄`ヽ::/     .!\
  | i:.:.:.:/     :|  |、     `Y´ ̄ ` ヽ.     |:.:.:.\
  | |:.:./      |  | i ̄ ̄i! ̄`i´ ̄`  i    |:.:.:.:.:.:.\



          ´: /二二二二二`丶
        /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
.     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
     ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '
      |: : :l: : :|    _ノ~   ヽ    Ⅳ: : : : |    じゃが、どうせならもう少しひねったキャスティングがしたいじゃろ?
 ∧___j: : :| : l:| ___..二     ニ.._ !: : : !:Ⅳ
 |    | .: ;レ:.八  弋::::ノ    弋::ノ `ハ: : :N      頭数も偶然合っとるし、どこのスレに行ってもヒロイン張れる
 `ー一'| : { ( ̄    ¨       ¨   ': :レ'┘
      |: :{\ノ           '    {: :|        ローゼン7人をこの役に据えられたら面白いと思わんか?
     |: :\: ーヘ.   r、___    ,' : |
     |: : : :Y⌒゙ト 、  `ー -'´  イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
.   /: : :_/ -|  |       {rヘ|   |:│ |
   /x<::::::::::L___j _      \{__ト│ |
  /  ヽ ::::::| : : |   ヽ.  /  ̄|: : :|:::}`\
. /      Y⌒| : : |〜ー─-〜─|: : :|ー|  ヽ
902:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:19:48 ID:ZcAkjGlM

            _....:.:. ̄ ̄ ̄`:.:.:.:....、
          ,..:.彡 二二二._`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\
        //:.:/ ̄:.:.:.:.:i:.:.:.:.: ̄:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
.        /:.:.:|:.:.:|:|:.:.:j:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:.|:.|:.:.j:.|:.:.|:.:.:.:|{:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:',    会津七本槍の名前はこうなっておる。
      .':|:.:.|:.:.:.:ハ|:.:.:|!:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.:.:!
      | |:.:.!_-< ー-' ー'  ヽ__:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:|!:.:.:.:.:.:.:.|
      | レ|   、   /     `ー|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|__ .ノ!    ①香炉銀四郎(こうろ ぎんしろう)
      ||:.:.:.|__         _     |:.:.:.:.:.|:.ト、:.:.:.:.:.:.|  ノ
      |l:.:.:.:.f 7ヽ    ´.イ::ハ`ヽ |:.:.:.:.:.|リ  |:.:.:.:.:.}-‐ '    ②大道寺鉄斎(だいどうじ てっさい)
      |:.:.:.:.} ヒ:}    ´ ヒ:r'   |:.:.:/ノノノ:.:.:.:./
       !:.:.:.:!   ,         ゝ '  ' /:.:.:.:.:.!       ③鷲ノ巣廉助(わしのす れんすけ)
       ヽ ノ!               /Τ|:.:.:.:.:.:.:|
        _r‐゙——-、       . '  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:|         ④具足丈之進(ぐそく じょうのしん)
       } ミュ     }      . ィ  人|:.:.:.:.:.:.:.:.':,
         ( ー<     !==-ャ‐    /  ),:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.       ⑤漆戸虹七郎(うるしど こうしちろう)
       (ー!´    }/  ∧   //  / ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:',
        ゝ| ァ—‐'、! // ' / /  /     ̄`ヽ:.:ハ      ⑥平賀孫兵衛(ひらが まごべえ)
       λゝ-`ソ  \!|! /  /ヽ/ /      ヽ:.:!
       //ヾヽ     ヽ/,   //:/ !        '.:!     ⑦司馬一眼坊(しば いちがんぼう)



.           / >二-———‐-`ゝ、
         ./  /'   ./  l |     \
        /   / / /   .| ハ   lllヽ \   で、妾ならこうする。上と比較してみればよい。
       ./  | ||l イ .L -—ル |‐-、」.l | l.  ヽ
       f l | ||L/└┘        `ヘij   }
       l | |l |.|   _, -‐'   ヽ、  ト'  ト|       ①香炉銀四郎(こうろ ぎんしろう)…………水銀燈
   r‐——| .| .||  | -┬‐‐=    z、__ ,'   リ           ~~
   |    | | fル、ト  弋ノ     弋ノ ヘ、 /        ②大道寺金斎(だいどうじ きんさい)………金子雀
   ` —‐イ { l〈              { /`                 ~~
        }  \         '    l .}            ③鷲ノ巣廉翠(わしのす れんすい) ………翠星石
        l  \ニヽ    ' 、__    ノ |                    ~~
       ,'   「 `|\   ` ‐ '´   イ l |           ④具蒼丈之進(ぐそう じょうのしん) ………蒼星石
       /   ハ  |     、 _ イ  .} | |:|               ~~
      ./   .ハ  |      /:::|{  | .|.l:|            ⑤漆戸紅七郎(うるしど こうしちろう)………真紅
     / , -‐'"|  |     トヘ|  | .|.l.|                  ~~
     /`ヽ    ト-┤_     ヽ} ⌒|、|.}.|.           ⑥雛賀孫兵衛(ひなが まごべえ) …………雛苺
.    /    \  | | |   `  ' ̄ |  | ト、|           ~~
   /      } -j  |_____|  レ′\         ⑦雪華一眼坊(きら いちがんぼう)…………雪華綺晶
                                     ~~~~
903:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:21:11 ID:ZcAkjGlM
              _ ___
  _人_       ,. :'´: :,. -—‐-ミ:ヽ、
  `Y´     /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\    *
         /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
        i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
      ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト           あははは、我ながらなんと稚拙なネーミングセンスじゃ!
      `ー‐!: : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    _人_
         ',: :.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   `Y´     原作者も泣いとるわ!
         i: :弋こ \ヽ __,.   }
         |: ハ: : :}\  /   1  /    _!_
        />=くf⌒Y ` {_  _,ノイ|      !
 _!_     /:.|   ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}
  !    /: :.|  ,r‐┴く:ト、__i⌒!::|イヽ ,. -‐ 、
     /: : :∨ / 、    }:::::!C|: :|:イ | :}/ 、   \
   /: : :./:/ /  `ーv-J:::::!::::|: :|/ V  し、__,__}
  /: : : : /:./    /i::|: : |:::::::::|: :| /   /
 /: : : : :/:.人   ノ::::::|: : |:::::::::|: :|\  /!
/: : : : :./: : : :`ー<::::::::::|: : |:::::::::|: :|: : : ̄!: :∧



      | : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : / / .!: : : : : : : /   i  |: : : : N: : : : : :ハ
      | : : : : : :!: : : : : : :/: : : : : / /  レ--‐—┘   !  |: : : : ! !: : : : : !: :!
____!: : : : : :|: : : : : : :|レ-—'               ハ: : : | i: : : : : !: :|
\     |: : : : : :|: : : : : : :|         \          \| |: : : : : !: :|
  \_,/! : : : : :i: : : : : : :|           ヽ           !: : : : :.!: :!    じゃが、入りなんかこんなもんでいいのじゃ。
      ',: : : : : |: : : : : : :!                 /      \: : | !:!
       |: : : : :.| : : : |: : | -=弋ぅト 、 ヽ                /: :\N |    この7人が、『ローゼンメイデン』原作を尊重した話し方で、
       |: : : :/ |: : :.|从!   んf:::::::}トヽ        ,..        /: : : : : :い
      ,': : : :.{  |: : ::|    Vに辷ソ        ,. rヤテト、  /: : : : : : :.!: !    『Y十M』原作を尊重した悪逆非道を振舞っておれば
      /: : : : ::\ \ |                  {ハ::::r'ソ  / : : : : : : : :|: |
     /: : : : !: : :|\     ::::::::::::::::          `' マ  ∧: : :!: : : : : |リ    物語の筋としては充分のはずじゃろうて。
    /: : : : ::/: : /: : `Tヽ               :::::::::::::::: /: : ∨|: : ハ: /
   /: : : : : /: : :/: : : : :|  、            "      /: : : : : |\| V
—<`ー—‐'  ∧: : : : :.|       ` ー-—‐ 、__,.       /: : : : : : :!                一番大事なのは結局、話が面白いかどうかじゃからな。
    マヘ: : : : :/  ∨:_」    、              ノ: : : : : : : :.!
     マヘー‐'    V  !    \          ,. :<: : : : :.!: : : : :|
      マヘ     V  |     `  、 __ ,. .:<: :|\: : : : : :.!: : : : :!
      マヘ     |  |      /    \/Y  \: : : :!: : : : :|
904:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:22:08 ID:ZcAkjGlM

            _....:.:. ̄ ̄ ̄`:.:.:.:....、
          ,..:.彡 二二二._`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\
        //:.:/ ̄:.:.:.:.:i:.:.:.:.: ̄:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
.        /:.:.:|:.:.:|:|:.:.:j:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:.|:.|:.:.j:.|:.:.|:.:.:.:|{:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:',
      .':|:.:.|:.:.:.:ハ|:.:.:|!:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.:.:!       これだけ埋まれば後は簡単なもんじゃ。
      | |:.:.!_-< ー-' ー'  ヽ__:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:|!:.:.:.:.:.:.:.|
      | レ|   、   /     `ー|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|__ .ノ!    無力な『堀一族の娘』7人は、いかにも無力そうな7人を。
      ||:.:.:.|__         _     |:.:.:.:.:.|:.ト、:.:.:.:.:.:.|  ノ
      |l:.:.:.:.f 7ヽ    ´.イ::ハ`ヽ |:.:.:.:.:.|リ  |:.:.:.:.:.}-‐ '      読者が覚えやすいように統一感を持たせれば尚良しか。
      |:.:.:.:.} ヒ:}    ´ ヒ:r'   |:.:.:/ノノノ:.:.:.:./
       !:.:.:.:!   ,         ゝ '  ' /:.:.:.:.:.!
       ヽ ノ!               /Τ|:.:.:.:.:.:.:|
        _r‐゙——-、       . '  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:|          ①やる実 ②やらない子 ③できる子 ④できない子
       } ミュ     }      . ィ  人|:.:.:.:.:.:.:.:.':,
         ( ー<     !==-ャ‐    /  ),:.:.:.:.:.:.:.:.:.',         ⑤麻呂重 ⑥オプー子 ⑦南鮮石
       (ー!´    }/  ∧   //  / ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:',
        ゝ| ァ—‐'、! // ' / /  /     ̄`ヽ:.:ハ                               ってとこかの。
       λゝ-`ソ  \!|! /  /ヽ/ /      ヽ:.:!
       //ヾヽ     ヽ/,   //:/ !        '.:!



             ', . -——- 、/
           , '":',, ' 二ニ .⊥:ヽ
         /: : : :.厶ィ´: : : :!、: : :`ヽ\
         /: : : : : : i: :: : : : : :| V! : ! :\\                あとは双方のリーダーじゃな。
       /: : : : : : : :!: i: : : : ハ|  Lハ__ハ}: :\
       |: : :.!: : : : :|: ハ:>┘   /   }: : : : トヽ              まあ、欲望の塊の加藤明成役にやる夫を据えて、
       |: : :.|: : : : :レ'  ``   ' rぇ ト: : : : ',  _人_
       ',: : :.',: : : :.ハ ,xそト     トリ iハ: .:ハリ  `Y´ *         善役のリーダー柳生十兵衛役にやらない夫を
       ',: : :\: : : ハ ヒ:リ       ¨ {: レ' / ̄\
        ∨: : :{`7 ー '      '   }: ハ {::::::::::::::ハ、/フ'入,∩     据えるのが妥当かの。
         V: : ヽ.こ、     ー '  人: :.! \_::{_{:::`ー-<、|
         !: : ハr- 、> 、    ∠ |: : : |      !^!<::::::::::>: 、
        /Yヽ: \ ∧    T: |  ,' ̄ 7!     { ヽ /` ァ<ノ
       /:::イ r—r-ヘ ∧   'ヽ|  !  勹¬.    ヽ   /
       ,V `ーr┴‐/>ヘ.ー  ー|⌒| /  _,〉    | ̄ ̄{
       勹    `ー/  -‐}ヘ.   |: : |  <い    |——|
905:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:22:34 ID:ZcAkjGlM

    /: : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : :/ |: : : : : : |: : : : :ハ
    /: : : :/: : : : : : !: : : : : : :/: : :|  |: : : : : : :!: : : : !: ',
    !: : : : !: : : : : : |: : __√ ̄   ⌒ ヽ_!: : : : |: :|
.   !: : : : !: : : : : : |/    、         \: :.!: :!
 /\|: : : : |: : : : :! :|       ヽ     ,.    }V: : |     ほれ、あっという間に16人の完成じゃ。
/   |: : : : |: : : : :|: |              __    ハ : : :|
\.  |: : : /|: : : : :!V  ==ミz       穴ト、 /: : : : |      ここまでキャスティング決まったら、
  \.|: : / V|: : :.!            ん!リ  /: : : !: :|
.    V:人 い\:|              必ソ  /: : :./: /      本編書くのも筆が乗るというものじゃ。
    }: : : \_                、    ん: :./∨
    |: :|: : : : :込               ハ: ∨!
    |: :|: : : :/ : :.\    `ー- 、_     人: : : :|
    |:八: : : : : : :.|. \         , ィ: : : :/|: |
   〃: :>‐、: :/:.!  ` 、    ,. <: : : : :./: ∨
   /: : : {   }/|     ` T: :.ん--、 /: : : |
  /: : : :.|   |         `/   人_ : : : |



          ´: /二二二二二`丶
        /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
.     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
     ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '     ま、書くのは断念したがの。
      |: : :l: : :|    _ノ~   ヽ    Ⅳ: : : : |
 ∧___j: : :| : l:| ___..二     ニ.._ !: : : !:Ⅳ     原作『Y十M』の魅力をやる夫スレで表現するのはさすがに難しい。
 |    | .: ;レ:.八  弋::::ノ    弋::ノ `ハ: : :N
 `ー一'| : { ( ̄    ¨       ¨   ': :レ'┘
      |: :{\ノ  u         '    {: :|
     |: :\: ーヘ.   r、___    ,' : |                ……何より長くなりそうじゃし、完結させる自信がないわ。
     |: : : :Y⌒゙ト 、  `ー -'´  イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
.   /: : :_/ -|  |       {rヘ|   |:│ |
   /x<::::::::::L___j _      \{__ト│ |
  /  ヽ ::::::| : : |   ヽ.  /  ̄|: : :|:::}`\
. /      Y⌒| : : |〜ー─-〜─|: : :|ー|  ヽ
906:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:24:06 ID:ZcAkjGlM

                _,. -─    ー─- 、_
             _.イ_ -‐───── 、 \
           /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
            / / /    / ハ    V     ハ
          / / /    / / 〉   イ   ',   l
         /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
        / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |       もっとも、気楽にやれとは言うても、
      ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
          |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ    >>875-883様が仰るようなキャラが本来持つ一人称や口調、
          /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |       >>802-826様が仰るような原作の持つ味、
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |
          |    ヘ、    ´`      /  | | |       この辺りを軽視せん方が良き作品になるのは確かじゃな。
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j        こだわりとは、あってもあり過ぎるということはないからの。
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈
        //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\
      /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \



.           / >二-———‐-`ゝ、
         ./  /'   ./  l |     \
        /   / / /   .| ハ   lllヽ \
       ./  | ||l イ .L -—ル |‐-、」.l | l.  ヽ
       f l | ||L/└┘        `ヘij   }
       l | |l |.|   _, -‐'   ヽ、  ト'  ト|    じゃが、こだわり過ぎても疲れるぞ?
   r‐——| .| .||  | -┬‐‐=    z、__ ,'   リ
   |    | | fル、ト  弋ノ     弋ノ ヘ、 /     キャラが原作で備える持ち味、あてはめた対象の役が備える
   ` —‐イ { l〈              { /`
        }  \         '    l .}       持ち味を両立させたぴったりのキャスティングなんぞ、
        l  \ニヽ    ' 、__    ノ |
       ,'   「 `|\   ` ‐ '´   イ l |       いちいち探すだけで疲れてしまうわ。
       /   ハ  |     、 _ イ  .} | |:|
      ./   .ハ  |      /:::|{  | .|.l:|
     / , -‐'"|  |     トヘ|  | .|.l.|
     /`ヽ    ト-┤_     ヽ} ⌒|、|.}.|
.    /    \  | | |   `  ' ̄ |  | ト、|
   /      } -j  |_____|  レ′\
907:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:25:05 ID:ZcAkjGlM

          ´: /二二二二二`丶
        /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
.     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ    さっき>>896-897で挙げたゴルベーザ四天王だって、
     ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '
      |: : :l: : :|   ノ        ヽ  Ⅳ: : : :     妾は自スレでレナ使っとるからレナの口調は勉強したが、
 ∧___j: : :| : l:|  __     __ !: : : !:Ⅳ
 |    | .: ;レ:.八  ─┰     ─┰ : : : :N      それ以外の3人の口調には詳しくないからの。
 `ー一'| : { ( ̄               ': :レ'┘
      |: :{\ノ           '    {: :|                園崎魅音の一人称は『あたし』で良かったかのう?
     |: :\: ーヘ.             ,' : |
     |: : : :Y⌒゙ト 、   ⊂`    イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|



          ´: /二二二二二`丶
        /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
.     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
     ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '    じゃが、ゴルベーザ四天王のセリフはなるべく残してあるはずじゃ。
      |: : :l: : :|    _ノ~   ヽ    Ⅳ: : : : |
 ∧___j: : :| : l:| ___..二     ニ.._ !: : : !:Ⅳ    ま、まあギリギリ理解は出来るじゃろ。
 |    | .: ;レ:.八  弋::::ノ    弋::ノ `ハ: : :N
 `ー一'| : { ( ̄    ¨       ¨   ': :レ'┘
      |: :{\ノ  u         '    {: :|
     |: :\: ーヘ.   r、___    ,' : |           ①版権キャラ本来の持ち味 ②作品内での役柄が持つ持ち味
     |: : : :Y⌒゙ト 、  `ー -'´  イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |               の片方がなんとかなっていればこじつけは効くもんじゃて。
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
.   /: : :_/ -|  |       {rヘ|   |:│ |
   /x<::::::::::L___j _      \{__ト│ |
  /  ヽ ::::::| : : |   ヽ.  /  ̄|: : :|:::}`\
. /      Y⌒| : : |〜ー─-〜─|: : :|ー|  ヽ
908:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:25:46 ID:ZcAkjGlM

              ,  --——-  _
.              イ: : : -——- 、: : : ``丶、
.            /: :∠ -——- 、  ` < l: : ` 、
         /: :/: : : : : :./: : : : :`丶、 `l: : : : : \
.         /: :/: : : : : : //: : : : : : : : : :\|: : : : : :l: :ヽ
        /:/: : : : :./: ://: : : : : /: :l: : : : :|: : : : : :|: : : ',     もっとも、こういう配役で生まれるメリットも案外あるんじゃがな。
.       /:/: : :/: : :/: :///: :. : :.イ: : ll: : :.| :|: : : : : :|: : : :.',
      /:/イ: :/''" ̄ ̄   ̄\/ |: : ||: :.:.|: |: : : : : :|: : : : }     登場人物の多いスレでは、一組にまとめられるキャラを
      イ/ └r'    `ヽ    _,.>' L: :/: |: : : : : :|: : : : l
      |: : : :|  _            `ヽl : : : : : |: : : : l     同じ作品から集めてくると、覚えやすい括りになる。
      |: :. :.ll '"7ヌzミ            〉: : : : :l: : : :/
      レ___」.} 弋_cノ     -テモ=z、 ,': : : : : l: : : ,'
.         | `"        弋゚cン` /: : : : :/l: : : l
.         l     ,      `゛¨  //: : :,イ::|: : : ',
           ',              〃—" ,ノ:::l: : : :ヽ
.         人   r、__        -r '": : :ハ: : : : :\
         f: :.> 、 ` ‐—┘    / j_: : /__ゝ_: : : \
         |: /  \           /   ∨::::::::::::/ ̄`ヽ
         レ'   /:::ト—r‐<      /   /::::::::::: /
         l   l::::.|  |   ヽ   /   /::::::::::::: l



           , '´ /  /       / へ. \    ` .
            /,/ ′/ /   / /'    \ !     \
             //  /  /i!/    ,イ |       `i        '.
         // _/!__/ L___ //|!!              ?@
         /イ       `^′ヽ!!         /      ’
           ' .::i   ̄ ` .        \  |  V   |     !      自分で作った例を用いるのも傲慢じゃが、
         | ::::| __、_- 、       ̄ ヽ ヽ.!   ′   |     !
         | ::::|  rぅハ      .-___     | / ,    | /  ,′      妾は『ゴルベーザ四天王=ひぐらし4人』、
         | ::::|  込ン      ' て:rヾ  V′   ,レ  /___ノ|
           从.イ             r' 少  / / ::i:i /  ..:/   |     『会津七本槍=ローゼン7人』と括りを設けたじゃろ?
             !    '             / /  :!从ハ .:::/  _.ノ
                            'ー'7^ク/ .::::::/  ̄        普通にキャスト設けるよりは、いくぶんか
            人   `   _        ー .イ   :::::/
           . .::::\           イ:了 |  .::/            読者にとっては覚えやすくしてあるつもりじゃ。
          !::::/:::::\     _ .. ´ イ  !  !  ::イ
          i ::i!:::::::::i:::丁 ¨\  /  `ー!  !  !::!
         |:i!:::::::::i:ノ   イレ'´    イ  !  !::|
.           !:ハ:/_ ..イ´ ̄    / |    !::ハ
             !::|/'´  _j、__....-<:..:ヽ. |    !  |
             レ'   <: : : : : : : : : : : : | |    ! ?U
909:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:27:03 ID:ZcAkjGlM
           _ ___
        ,. :'´: :,. -—‐-ミ:ヽ、
      /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
      /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\            正しいキャスティングの定義など存在せん。妾もわからん。
     i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
   ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト             ダジャレかますなり、縛り設けるなり——多くの人が
  ミ ミ ミ : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   /⌒)⌒)⌒)    言うように原作を読んで勉強するなり自由じゃ。
 | / / /:弋こ \ヽ __,.   } (⌒)/ / / //              ※たぶん、結局これがベストな気もするが
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  /  ゝ  :::::::::::/
 |     ノくf⌒Y ` {_  _,ノイ|    /  )  /        こじつけでも何でも、自分なりに考えてあてた配役には自信を持てばよい。
 ヽ    /  ヽ ヘ,、  _「 |::!:::::}   /    /
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



.           / >二-———‐-`ゝ、
         ./  /'   ./  l |     \
        /   / / /   .| ハ   lllヽ \
       ./  | ||l イ .L -—ル |‐-、」.l | l.  ヽ     ぶっちゃけ、何も考えずキャスティングするより遥かにマシじゃ。
       f l | ||L/└┘        `ヘij   }
       l | |l |.|   _, -‐'   ヽ、  ト'  ト|     考えなしの配役の一番良くないことは、作者自身が
   r‐——| .| .||  | -┬‐‐=    z、__ ,'   リ
   |    | | fル、ト  弋ノ     弋ノ ヘ、 /       そのキャラに愛情を持てぬことじゃからな。
   ` —‐イ { l〈              { /`
        }  \         '    l .}         美人は3日で飽きる、というじゃろ?
        l  \ニヽ    ' 、__    ノ |
       ,'   「 `|\   ` ‐ '´   イ l |
       /   ハ  |     、 _ イ  .} | |:|
      ./   .ハ  |      /:::|{  | .|.l:|
     / , -‐'"|  |     トヘ|  | .|.l.|
910:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:30:08 ID:ZcAkjGlM
              ___
           . イ´ : : : : : : : : : ミ.. .
            /: : : : : -—‐- . : : : : :\
        / : :/イ´ .. ---- .. `ヽヽ: : :ヽ
      / . : / イ´ : / : :l: :| i : : `ヽ、i: : : : .
      .′ : /: :/: . イ: : : | |i: : .ヽ: : l: . : :i i      "翠星石が人気だから"という理由だけでヒロインを
      i.! : : i|: :|: : : i |. :| . . l :|| : . .|| :|: : :| l
      || :|: :|! :|! : _」 L⊥: ⊥ハ: : :|! : || : : |:.|      翠星石にするような長編スレなんぞどうせ長続きせんわ。
    ∧||: |: :|:/´  _ノ      ̄ `ヽ|l : :i.|:.レヘ
    〈. |l i:l:. :{        `^ー     |l: : リ: | ノ     アイドルを見るのと育てるのでは大違いじゃろ。
     ` |从. : l                j.l : 从:|´
        |.:.{`ト{ ≡≡′    `≡≡' イイ }.:.:!       愛してもおらんキャラを中心に据えたスレなんて
       |.:|トミ.!                レノ.i.:.:′
       |小: :.:.:、     '   、   ノ:.: :/:/        ヒロイン空気かエターが関の山じゃて。
       |:.:ハ :_ :\   ー、—‐ノ  /--v':.l{
       |/:.:.:i´ i`{:.i`i .   ̄ ィ:´i:.j  }:.:.|
       }:.:.:.:.|  |:.|i:}    ̄  {:.:.l|:|/ ハ:.l
       ノ:.:.:._:|  レ'         ` ー|  ト :.:.|
     f:. ̄::.::.|, -、} ___      __/  j::.::.` ー..、
    /⌒ヽ::.::.::|: :ハ  ` ....  ´ /⌒{::.::.::.::.::/ヽ}



    /: : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : :/ |: : : : : : |: : : : :ハ
    /: : : :/: : : : : : !: : : : : : :/: : :|  |: : : : : : :!: : : : !: ',
    !: : : : !: : : : : : |: : __√ ̄   ⌒ ヽ_!: : : : |: :|
.   !: : : : !: : : : : : |/    、         \: :.!: :!
 /\|: : : : |: : : : :! :|       ヽ     ,.    }V: : |    続けられとるスレは、作者自身が"翠星石がヒロイン"のスレに
/   |: : : : |: : : : :|: |              __    ハ : : :|
\.  |: : : /|: : : : :!V  ==ミz       穴ト、 /: : : : |    魅力を感じて"自分もやりたい"という思いがあるか、
  \.|: : / V|: : :.!            ん!リ  /: : : !: :|
.    V:人 い\:|              必ソ  /: : :./: /     作者自身が翠星石を好きだからじゃと思う。
    }: : : \_                、    ん: :./∨
    |: :|: : : : :込               ハ: ∨!       そういう気持ちが作者にとってのエネルギーになるなら妾は
    |: :|: : : :/ : :.\    `ー- 、_     人: : : :|
    |:八: : : : : : :.|. \         , ィ: : : :/|: |        それで良いと思うぞ。続きもののスレで一番必要なものは、
   〃: :>‐、: :/:.!  ` 、    ,. <: : : : :./: ∨
   /: : : {   }/|     ` T: :.ん--、 /: : : |        結局のところ作者のモチベーションじゃからな。
  /: : : :.|   |         `/   人_ : : : |
_,/ ̄ ̄/   /         /   /::::::::::>┴- 、
::::::::::::::::/   / ⌒  ー   ‐' /    /::::::::::::::::::::::::::::_}
::::::::::::::/__,/         厶--、_,/::::::::::::::::::::::::/ \
911:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:31:24 ID:ZcAkjGlM
                   _____
                  ,   x-‐…ー- 、 `ヽ、
                  /,∠ -—- .._   \  \
            // , /      ヘ  \  \
              , ' /   /   / /  /   \ /        配役とは作者にとっての我が子のようなものじゃ。
             /  厶⊥」..._// /  リ    ∨    i
          厶イ  / ヽ  ` \,イ  !   /     |     何でもよい、誰でもよい。なるべく頭をひねって、
              | { __、    __ \ | i /  ,    |
              j/j/l イバ      `   乢/  /     ,′    自分のスレにはどんなキャラが合うか自分なりに考えるのじゃ。
             ,' tkノ    丐=ミ   /  //   /
                     {k.ノハ/  //   /ー┐    そうすればするほど、自分のキャラ達に愛着が沸く。
               |  '      `¨  z,彡kj/}  /ー‐┘
               八   、 __           - ソ  ,′       その方が筆も進むというものじゃろう。
            /   >、       / ̄匚彡 |
             / //`'ーr—ァ' ´   イ    |
          ///   / /\_/  |  ?U   |
          // (   ( /  /\  |  ?U   |



::::::::::::::::|: : : : :/: : : : : ハ: : : : : : :.\
::::::::::::::::|: : : :/: : :.!: :./ !: : !: : : : : :.ヽ
::::::::::::::::|: : :/: : : :.!:./  !: : !: : : : : : :.ヽ
::::::::::::::::|: :/|__L{   |: : :! : !: : : : : : ',     あまり感情移入しすぎると客観性を欠くとも言われるが、
::::::::::::::::|/        ヽ:_ト、_|: : : :| : : !
::::::::::::::::|      ヽ      \:_ハ: :.!:!     決してデメリットばかりでもないぞ?
::::::::::::::::|'"¨不トミ             }: :!:|
::::::::::::::::| ん::::!}       ー   ハ: |:.!     愛着の沸いとるキャラ使っとる方が気持ちが保つし、
::::::::::::::::|、 v:少       _   /: :.小|
::::::::::::::::|、、¨        不ト、 厶イ: :/      エタる可能性も低いと思うのじゃ。
::::::::::::::::|         ん:::!} /: : : Ⅳ
::::::::::::::::|      、 ヽ.少 /: : : : |
::::::::::::::::|        、、 , ': : : : : :/
::::::::::::::::|         厶/: /: :./
::::::::::::::::| rュ      /  V√V
::::::::::::::::|      ,. ィ
::::::::::::::::|_,.  -r<:.|  !
::::::::::::::::|: : : :./: : : :! .!
912:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:32:02 ID:ZcAkjGlM
         / :.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:|:.| !′ !:.:.:.:.::.:.::.| |:.:.::.:.:.|:.:.::.Y:.:.:.!:.:. ハ
       ′:.:.:.:.:.::.|:.:.:.::.|:.|_!   !ハ:.:.:.:. 从 !:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.|.::.: !:.:.:| |
      | :.:.:.:.:.::.:.:.|:.:/       ´ ̄      ̄`ヽi:.:.:.: !:. /:.:.: ! !
      | :.:.::.:.::.:.:.:l/                  \:/./:.:.:.:.: リ
      | .:.:.:.! :.:.:.:.!    _         ...     |/:.:.:.:.: ハ     結局のところ、配役なんぞ作者の自由だということじゃ。
      | .:.:. | :.:.:.:.!        `     ´   _       |:.:.:.:.:.:/ !
      | .:.:.::!:.:.:.::.|勿テ三 ミ         xzテ云ォミ、i:.:.:.:.:∧:|     難しく考えすぎず、思うがままにキャスティングすればよい。
      |V⌒!:.:.:.:.:|  弋う少         ´ らz以イ/:.:.::.:ハ! !
      | !⌒从:.: ハ                    /:.:./:/ ノ:| !     書き始めてからも悩むことは多いじゃろう。
       j人/   ヾ!           ,         /:.:./:/  八ト、
「  ̄ ̄ ̄ ! :个 ー::!           ! .        ´ ̄7ーイ: :. ! `ー──ァ    始める前から悩みすぎてては気持ちがもたんぞ?
ヽ       | :.:.|:.:.:从                     ′: :.! : : !      /
  \   | :.:.|:.:.:.:.:.ヘ       ー  一        ハ: . : | : . ト    ノ
.    ` ─‐| .::从:.:.:.:.::.:.!\             イ7: : : :: 人 : :|  ̄
       |:.:.:.:.Y' ⌒ v:.:.:.:`         イ:.:.:.:|.'´⌒ヽ':.:.:. : :|
        | :.:.:.::.:!   |:.:.:.: |   ` - ´ |:.: /    ハ:.:.:..:: |
      ノ .::.:.:. |  ヽ|:.:.:.: |           |:. /   /:.:.:.::.:.: ハ
       ′:.:.:.::ハ   ヽ:.:.ノ           レ′  /:.:.:.:.::.. /.:.:ハ
     /  .:.:.:.:.::.::)     「           /     人:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.::.ハ



    /: : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : :/ |: : : : : : |: : : : :ハ
    /: : : :/: : : : : : !: : : : : : :/: : :|  |: : : : : : :!: : : : !: ',
    !: : : : !: : : : : : |: : __√ ̄   ⌒ ヽ_!: : : : |: :|
.   !: : : : !: : : : : : |/    、         \: :.!: :!
 /\|: : : : |: : : : :! :|       ヽ     ,.    }V: : |    まずは書いて投下してみればよい。
/   |: : : : |: : : : :|: |              __    ハ : : :|
\.  |: : : /|: : : : :!V  ==ミz       穴ト、 /: : : : |     そちの配役が正しいかどうかは、投下するまでわからぬ。
  \.|: : / V|: : :.!            ん!リ  /: : : !: :|
.    V:人 い\:|              必ソ  /: : :./: /     仮にミスキャストであったとしても、そちが一生懸命考えた
    }: : : \_                、    ん: :./∨
    |: :|: : : : :込               ハ: ∨!        配役ならば、胸を張って最後まで走り抜く資格があると思うぞ。
    |: :|: : : :/ : :.\    `ー- 、_     人: : : :|
    |:八: : : : : : :.|. \         , ィ: : : :/|: |
   〃: :>‐、: :/:.!  ` 、    ,. <: : : : :./: ∨
   /: : : {   }/|     ` T: :.ん--、 /: : : |
  /: : : :.|   |         `/   人_ : : : |
_,/ ̄ ̄/   /         /   /::::::::::>┴- 、
::::::::::::::::/   / ⌒  ー   ‐' /    /::::::::::::::::::::::::::::_}
::::::::::::::/__,/         厶--、_,/::::::::::::::::::::::::/ \
913:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:32:17 ID:ZcAkjGlM

      │       .__|........-- -‐‐'''' |"´      / : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
_, ... - - ‐ | '' "" ´´´´´´!           |       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      ..l           |          │   ./: : : : : : /: : : !、: : :ヽ : ヽ ',: : : : : : : :゙ヽ
      l           l        !    /: : : : : : /: : イ |.l: : : : lヽ: :ヽヽ: : :ヽ、: : : :ヽ
      l           L......- - - ‐ ‐ ' ' ' /: : : : : : ::l: : :||: l l:::: : : | l: : ::| |: : : :| l: : : : : :ヽ
.______, ,  ┴ 一 ‐'' '  ̄´           i': : :: : : |: :l|: : l.|::| |: : : : l l_:_:_:| l_: : : | l: :l: : : : :l
                              .| : : :: : ::!: :l|: ::| |_l└‐"´      ___ ┘| :| : : : ::|
                         .|:: : : :|: :|: ::|Lノ---==、    ' ̄  `  |_:|:: : :l.リ    妾からのお話はここまでじゃ。
                        |: ::i: : !:: !V′           ___   |: |: : |
                     ......---‐'‐'''゙゙ l::: :|: : |: :!   ,,ィ===ゞ      彳示アゞ |: |: :│     参考になれば幸いじゃて。
    ____.. -一‐''' ̄´____,,...---‐'‐'''゙ /:: : |: : i: :| 〃ん::::ハ      '弋zン.   |: l: : :|
---‐ ' ____.. -ーー ' ¨  ̄         /: :ヽ:ハ : :!: l   弋zン        ̄   .l: lr⌒ヽ
---‐ '                    |: : : ::l::::\|: |              、   ```  l: :|    i
              , - - 、、  ハ: : ::| ̄|: : ::|    ```     ′      .l: : |    │
      - '  ̄ ' ー"        / ∨: :|  .l:: : :l ヘ      r--‐ーマ    ノ |: : :|     |
     "         ....__,, _ ,へ'"   .∨∧ |: : ::|  ヽ_    `ー- -''   イ: : :|: : :|     | \
   /       ,,.‐ '´´    ン \\    ∨∧ |: : :|、   `' 、,,  - , イ: : l: : :/: ,:/    l   .\
  ′       /     ,r "    \\   ∨∧!: : :l`ー-、_   ` 7 _, |: : :|: : :|/.    l    \
  ′     /   ,,..‐'´          \\ ∨:.l: : ::l     ゛ヽ   〃´ |: : l| :: : |.    │、     \
 ′     ./   j′               \\ノ::l: : ノ           | : |.| : : :|     │ .\     \
 ;     ./     ゙、         _ ,, ‐イ. \: //                |:: :|.|: : ::|     |   \
 l      l  ?U、 ゙、   — --‐''ヘ|  ′   "              |: : |l : : :|.    |     ゙i
 ;     /   ;    ヘ        '、                   ,′  |: : |: : : |      lゝ、 _ /
 l    -、  i       ヽ、       ヽ  u         ヽ         |:: :|: : : |.    |r‐"´
 ;      '  |      ヽ、u      ヽ!                  |: : |: : ::|.    l
 i       ⌒´ヽ         ゙\       \            , 丶    ヽノ: : : |ー-  │         ,,
 ;          ゝ _ _ _ 、    ゝ、       ヽ-—ーーー 、-- 、/_,,, ‐一 " ̄\ :/     |    _..-'''"
 i               i  ヽ  /  \              \ノ          ゙      ノ  ‐''"´
 ;               i    `'  _,,, \          、 \ 丿               _ ‐'
914:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:33:08 ID:vykbSJ9k
エタってなんですか? 専門用語?
915:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:37:19 ID:WdyLCvS.
>>914
聞く前にクグレカスが


やる夫用語辞典を作るスレ
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1251187065/

【エター】
インターネット上の俗語
製作を途中で放棄すること。またはその状態。
語源の永遠を意味する英語「Eternal(エターナル)」から、永遠に製作中という意味合いで使われる。
やる夫スレでは、エターになった時点でその作品は評価の対象から外れるというのが
衆目の一致するところだが、いくつかの例外的な作品も存在する。
916:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:39:05 ID:ZcAkjGlM
しまった……ついうっかり専門用語が。

『エタる』というのは作者が途中で連載を放棄してしまう、事実上の打ち切りのようなものです。
長編書いてると途中で飽きてしまったり、リアルが忙しくなって手をつけられなくなったりで、
最終回まで書ききれずに断念してしまった作者様もたくさんいます。

連載放棄=エター 連載放棄する=エタる
917:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 03:44:41 ID:vykbSJ9k
どうも、ご丁寧にありがとうございます
918:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 04:20:56 ID:IA8.DcaY
ぶっちゃけローゼン勢のうち一人でも悪役に仕立て上げるのに躊躇したのに、
全員分それをやる勇気がねえなぁ……
悪役として魅力的にすることが元AAの魅力をスポイルする気がしてさ。
策士として敵を残虐にぶっ殺すカナとかインパクトありすぎてぶっちゃけギャンブルすぎるっつうか。
逆にファンシーにしちゃったら誰をターゲットにしてんだよって話。

あと同じAAで固めたら配役予想で盛り上がったりできないしさ……
主要キャラ全ローゼンにして大失敗したスレを見たことがあるし……どことはいわんけどさ
919:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 04:22:52 ID:IA8.DcaY
あ、原作『Y十M』は読んでないので適当言ってるだけですが。
920:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 04:25:07 ID:W/PJwkyA
>>918
誰も言われたとおりにやれとは言ってないでしょw
テーマにしても形式にしてもキャストにしても作者のやりたいようにやるのが一番

ただ、0から創作はできないから、
基本的な知識や技術は知っておこうってのがこのスレの趣旨だと思うんだけど
921:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 04:27:09 ID:IA8.DcaY
>>920
おk、すまんかった。
922:名無しのやる夫だお:2009/10/16(金) 04:29:15 ID:E4hpr/3Q
キャスティングの最終手段はキャラ崩壊だな、ギャグに限るが
特に変態化やヘタレ化は雰囲気ぶち壊してくれる
スポンサーサイト

コメント

ナギで思い出した。
今頃何してるんだろ、あの人。

去年2009年の7月で「できない子」が主人公のスレを立てると
予告があった気がするが・・・。
当時、同じまとめブログに乗った「できない子スレ」はやる夫シアターくらいだしなぁ・・・。

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。