2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

「これが僕の愛の形。」

2010.05.25 (Tue.)
4 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:05:12 ID:OtkcCpGr

       、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<_
    > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
  <之′Y´/        \
    >{  ,' |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l   …
   ′Ji, ゙i ゙i( ○)  (○)|ハ|
      ゙i|゙i'(1   rァ  ノ川
―――(  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄ ̄ ̄) ――――――――
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨´¨´ ̄ ̄  旦




       、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<_
    > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
  <之′Y´/        \    ・もともと昨日(土曜日)だけは暇だった
    >{  ,' |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i   ・今日(日曜日)の予定が急遽潰れた
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i( ○)  (○)|ハ|   てわけでちょっと短編書いてみましたので投下します
      ゙i|゙i'(1   rァ  ノ川
―――(  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄ ̄ ̄) ――――――――    直接描写はありませんが、死にネタなので
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨´¨´ ̄ ̄  旦              苦手な方はご注意を

                                    …深夜のテンションってこえーーーーーー

「そんな君が」の次の作品です。

5 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:06:01 ID:OtkcCpGr

                                       __________
.              ________________|__________|
              l________________|             /
       ____.\  ________________|  ̄ ̄ ̄ |__,/
         |_____.\|           _             _    |     :|   |
       \   ____|    | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |     :|   |
           \|    .:|    |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|   |     _
             | :l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |______,| |_
.         l´ ̄ ̄ ̄|                            |.        \  .|   l── ‐| l,l,l,}_ ___ _
.         |     |________________,|___     \|   | _,,[ll| |lll]── ─‐─
_____,l____,`丶、┌─────────────.`ー─\      ̄ ̄ ̄|   :| |i
:::::::::::::::::::::::::`丶、┌──‐::|          _             _   :|  \       |   :| |
\::::::::::::::::::::::::::::::::|     :|     | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |:    \_____|   :| ┛
  l\______,|     :|     |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|──‐ '   | |
  |          |  l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |    | ┛
  |:  | ̄ l´ ̄ ̄ ̄:|                       |.        \  .|   |    | |
\|:  |_ |     :l________________,|___     \|   |    | |,,r''"゛''"'' - ,,_,,r''
:::::::\   |_____,` ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄|_r'""| |
::::: ::::::\_` ̄ ̄l ̄ ̄ ̄:|     | ̄ ̄ |. _     | ̄ ̄ |. _    :|  \       |   :| |
:::::::::::::::: :::::::::::::::::::l      :|     |     | |l0l|    |     | |l0l|   :|:    \     .|   :| |
\____   :l      :|     |     | | ̄|    |     | | ̄|   :|      |      :|______ ___
  |       l´ ̄ ̄ ̄l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\  ..| l ̄ ̄l :| ̄ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄`ヽ
  |       |     |                       l      \ | l__l :|  ̄ヽ、 ̄ ̄ ̄`ヽ ̄\
.        |     |                       |          | l|      :|⌒ヽ.  l二>≡≡<コ ̄<コ
.        l____,l________________,|_____| ll_____|、__,ノー‐--- l二l-‐'二l-‐'
6 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:06:26 ID:OtkcCpGr

                                  |
                              ┌‐‐┴- 、
                              |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
                          __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
                        , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
                         .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
                        .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
  やっ。                  | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
  お邪魔するよ、やらない夫       `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
                          V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
                            `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/
                          |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/
                          |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
                          l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
                          l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
                          ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
                          〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ
                             V/::::/_fシ′       ',    \
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
     僕の初恋の人は、3つ年上の、イトコのお兄ちゃんだった。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)  …蒼星石か。
       |     ` ⌒´ノ  いつぶりぐらいだ?
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
     そのお兄ちゃんが、やらない夫と付き合ってると知ったのが、8年前。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
7 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:06:57 ID:OtkcCpGr
                          /三;ヽ、´ ヽ三三三、二二二\
                           |三三三l   ヽ三三三\二二二\
                           /´!三三三ヽ  ヽ三三三三\;二二ヽ
                      /: : : : ヽ三三三ヽ  \三三三三三ー 、_)
                      i: : : : : :ィ ヽ;三三三\    \三三三三三/
  一年ぶりだよ。            l: :,.: : / |: :i \三三三三、   ` ー 三,イ
               .      | l l: :/: :| トiヽ \三三三三\_      l|
  最後に会ったのは―――      ! 、 l ソl;| |;|\、、\;三三三三`゙ヽ--ッフ′
               .         | ! 「 !| `i;:;:ッ、`ー-=、三三三三:シ
                        ゙ i   `゙'''‐/::. :. : : : :. ̄ ̄ ̄「
                         lヽ  /ノ: :__:: : : : : :: ::/
                         `ー―、///::.::.::.::.:`ヽ  ノ/
                       ム}r' ̄iッレノィi::.::.::.::.:..:..::├'ノ
                       ム{/ ,.-―ヲ ノ!!::.::.::.::.::.::.::.:l
                     ム┘/ ×_/ /::.::.::,::.::.::.>、::〉
                    ム}  (/  / /::./::.:;;ヽ/:;:;シヽ\
                   (ニ}  彡 ツ _,-―:::__;:;/:;:;:;:;:;:;:;フ::.::.、




     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                       やる夫のお葬式の日、だった。


     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))
. |       (__ノ_)  …そうか、もうそんなになるんだな…
  |       `⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |
8 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:07:33 ID:OtkcCpGr

                                   r‐- 、 /        `ヽ
                                   |   \     .:.:.:.:.::::.\
                                  ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
                                 /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
                                /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
   …昨日、身内だけでの一周忌をしたよ。     |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
                                l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
   そしたらキミのことを思い出してね         _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
                                  l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
                                     }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
                                    ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
                                     ] 」/_⊥_
                                   <77´     `ヽ
                                      リ/  ,r─‐- 、ハ
                                  //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
                                    //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
                                    //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  …そうか。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
 受け答えするやらない夫の目、声色、すべてに覇気がない。
 お兄ちゃん―――やる夫の死は、同時に失われたものも多かったのだと、今更ながらに思う。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
9 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:08:41 ID:OtkcCpGr

                                    r‐- 、 /        `ヽ
                                    |   \     .:.:.:.:.::::.\
                                    ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
                                  /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
                                     /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
 …ねえ、やらない夫。                   |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
 僕、やる夫のこと好きだったよ。                l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
 やる夫のお嫁さんになりたいって、ずっと思ってた。  _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
                                    l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
 本当に、子供の頃からずっとずっと。            }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
                                   ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
                                       ] 」/_⊥_
                                    <77´     `ヽ
                                     リ/  ,r─‐- 、ハ
                                   //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
                                   //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
                                  //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  …うん
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
 さっきまでと同じ、覇気のない声。
 だけど、ちょっとだけ動揺が入ったこと、気づけるのは僕とやる夫ぐらいだろうな。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
10 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:09:20 ID:OtkcCpGr

                                     | 三三三三三三三三三
                                     | 三三三三三三三三三三
                                       レ.. - ───── -,.. _三三
                                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ三三
                                     , 'ィ:::::::::::::::::: // :::::::::::::::::::::::::::::: |:::::ヾ三三三
                                   / // :::::::::::::::::// !:::::::::: |:::::::::::::::::::|::::::::::\ 三三三\
   だから、ずっとキミに嫉妬してたよ。        ':::/,' :::::::::::!:::::// |:::|!::::::|:::::::::::::::::::|::::::::|::::::\三三三三
                                  i:::/ |:::::/::::::|メ.l!   |:N!::::::|:::::::::ト!::::: l::::::::|::::::::::::ヽ 三三三
   僕よりも長くやる夫のそばにいられて        i:::i レイ:::::!:::!-._,、ヽ,ll ゙.:::::,ハ ::::| l!::::: ゝ:: |::::::,.:::::::::\三/
   僕よりも多くやる夫に触れられて            レ ,イ ::::::::::V !ハ::::ハヽ |:::::| !::::! ゙ヽ,.::::ハ::l::::/::::/::::::::::V
   僕よりも…                        /:,ィ ::::::::: ! ` ‐ ′  |:::::|  V!二_j::/、 l::V::::, :::/,イ::/
                                  i:::ハ:::::::::ハ       ヾ::l   7r:::::j/、_ハ::::V:::://::l:|'
                                 l:!  |::::::::ハ      '  ヽ.  ゞニ ′イ::::::ヾ.:V:/::::イ!
                             _    l!   !::::::::::::ゝ.    ‐ 、       /::::::::::::|!/::::/ l!
                         -v' ´ ノ_      ゞ!:::::::/ \      ___ー= ' :::::::::::::: メ:::::/ l!
                         ノ /'´ !, -、 __ ,ィ|::::::!== _、 ゝ__ ,∠´__j:1イ:::::::::::::::/:::::,.  l!
                          / /  //  ノ!,ノ}  l:::::iト= _、j|_ / ´   ハリ' :::::::::::/::::::/  ノ
                          `  //  /j/   V'リ  {イ |!「` =====' ::::::::/:::::/  /







     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                       やる夫に愛されていた、キミに


     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |
  |              l   …お前には悪かったと思ってるんだよ、これでも。
  |          /
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
11 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:09:44 ID:OtkcCpGr

    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |
  | { .!  )        |.
  |. ¨´ `¨´      l.  でも、あいつだけは譲ってやれなかったんだ
.  |          /.   …ごめんな
  |          /
   \__      (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─
 本当に悪い、と思ってるときの顔で、僕を見た。
 …別に、今更そんなことでキミを責める気なんてないのに。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─



                                   _____
                                ┌<二三三三三≧
                                 ∨三三三三三三7
                                  ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       …別に。                 r==ニ二ニ三三三三三二≧
       譲られたとしたら僕が惨めすぎるよ  `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                                   /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
       それに、結局やる夫が選んだのは   l::.::;'::/::.::,:::.::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
       キミだったわけだしね           |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.:.::.:.|::.::.|
                               ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/
                               }:l::.|:::.::.:::.::.:::.::.:::.::.:/:/:,′
                               /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
                               ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
                                 rt<         ー、
                                / :.`ヾ、         ハ

12 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:10:23 ID:OtkcCpGr

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  そう言うなよ、嫉妬してたのはお互い様だろ?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



                              _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
                             〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
                              V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
                             / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
                             l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
                               `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
                    …してたのかい?   |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
                               ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
                               , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
                              /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
                            /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
                           /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
                          L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
                           {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
 ちょっと意外だった。
 性別とかを考えたら嫉妬も当然かもしれないけど、
 やる夫は文字通り、生涯―――やらない夫だけのものだったのに。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
13 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:10:53 ID:OtkcCpGr

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |  そりゃするだろ、常識的に。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |








   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   別に、心変わりとかの心配じゃなくて…
. |     (__人__)   お前だったら、人前でも堂々と手繋いで歩いたりできるし
  |     ` ⌒´ノ   イトコ同士だから結婚だってできるだろ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ  何より…
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
14 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:11:10 ID:OtkcCpGr







           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                           子供だって、作れたんだ


           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






15 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:12:12 ID:OtkcCpGr

                                   /三;ヽ、´ ヽ三三三、二二二\
                                   |三三三l   ヽ三三三\二二二\
                                  /´!三三三ヽ  ヽ三三三三\;二二ヽ
                               /: : : : ヽ三三三ヽ  \三三三三三ー 、_)
                               i: : : : : :ィ ヽ;三三三\    \三三三三三/
                               l: :,.: : / |: :i \三三三三、   ` ー 三,イ
      …やっぱり、子供って欲しかった?    | l l: :/: :| トiヽ \三三三三\_      l|
                               ! 、 l ソl;| |;|\、、\;三三三三`゙ヽ--ッフ′
                        .         | ! 「 !| `i;:;:ッ、`ー-=、三三三三:シ
                                 ゙ i   `゙'''‐/::. :. : : : :. ̄ ̄ ̄「
                                  lヽ  /ノ: :__:: : : : : :: ::/
                                   `ー―、///::.::.::.::.:`ヽ  ノ/
                                ム}r' ̄iッレノィi::.::.::.::.:..:..::├'ノ
                               ム{/ ,.-―ヲ ノ!!::.::.::.::.::.::.::.:l
                              ム┘/ ×_/ /::.::.::,::.::.::.>、::〉



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |  …俺は別に。子供はあんまり好きじゃないし。
     r‐-、    .   |                                   コドモ
     (三))   .   |  ただ、俺がやる夫に唯一与えてやれないものが、それだったから…
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
  「作れなくたって、方法はいろいろあるんじゃないかい?」
  そんな言葉が浮かんだけれど、即座に打ち消した。
  やらない夫が言っているのはそういうことじゃないと、すぐに気づいたから。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
16 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:12:53 ID:OtkcCpGr

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |  …あー…
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /     ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
    /  / ⌒ヾ   .〈            そして、
    (___ゝ、  \/. )      ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|









        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |  …やっぱり、欲しかったな。子供。
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /     ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈         この言葉の、意味も。
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)      ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|
17 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:13:38 ID:OtkcCpGr

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―



                        「ねえ、やる夫…」

                     「ん?なんだお、蒼星石?」





           /´...:...:..:..:..:.::::::::::::::::::::::::::`丶、
       ┌―-'- ...,,,__..:..:..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::〉
      |...:...:...:..:..:..:.:.::::::::: ̄ ̄`:::::‐-、__:::::/
 (´    L ―――--...,,,_:::::::::::::::::::::::::`ヽ、_
  ヽ、__,ィ´::::::/:::/:::l:::::::|:::、:::::ヽ ̄¬、__::::::::::::/
       |:::l:::/::::l::::::|l::|::::l|::`、:::::::、:::::::l:::::「ヽ_/
      l::l:::l:::::|-r‐ト| !::::K-‐、::―ヽ:::|::::::ノ::|
        リ:::|::::l::!l::::| ! ヾ、!ヽ,.::ヽ_;;::_`ー/‐':!   ちょっと思ったんだけど…
        !::|::::|::YTヽ  ヽ r'i´  リ:::|/゙}/ソ
       l:ハ:::!从 ト_j      ゝー;'!::/:!ノ '    やる夫ってやらない夫のどこが好きなの?
         ! ヘ:{ヽト、""_..'_  ""ノ:::ノハ:{
         ヽ `/´__`ヽィ´/ ' `
         、_,/ .../;;;;;;;;;ヽ..ヽ`ー- 、_
        ,_/アュ、ヽ;;;;;;;;;;| r-、   j!`ト、
        ノ`ー'、フ ...` ̄´f、ヽ_>、 ノ!r':::::ヽ
       /:|  。ヘ`ー-ri´r'´  ∨ン::::::::::::\
   __,,.イ´:::!   。│/!} {!:| f、。   ゙、::::::::::::::::::::\
     ⌒ヽ._|  。 j/::|、_j|:|  }  。 、 ゙、:::::::::::::::::::::
          「ヽー7ヽ」ー‐'t_rtゝ、。 ヽ ヽ、::_,,r-‐
         ` ̄´/::::l><l⌒:::ヘ  ̄´ ノ `





                                      ./ ̄ ̄ ̄ \
                                     /\  /    \
          この子ったらまた恥ずかしいことを…    / _, ≡ 、_,   \
          てかいきなり何なんだお            | ///(__人__) /// u  |
                                    \            /
18 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:14:07 ID:OtkcCpGr

                ________
              -‐  : : : : : : :`` 、
          '"´ : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: :、 : : : : : :\
     ': : : : : : : : : : : : : : : : ⌒\: : : : : : : : \: : : : : 、
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : \ : : : : 、
  /:/: : : /: : / : : : {: : :.\: : : : : : : \ : : : : : : : ヾ!: : : !   いいじゃないか、それぐらい。
  |: !: : : :|: : :|: :l: : :ム; : : : :\: : :ヽ: \:_:_: : : : : : : :l |: : |
  l: |:l: : :.|: : :|: :l: : :| :_: : : : \ :´\:/ : : \`: : : : | : : |   教えてくれたってバチは当たらないよ?
  ヽ|:l: : :.|: : :|: :l: :´|:―\ ヽ`: : :.\\: : \:_:_:_\: : :|: : |  
   |:.l : l:|: : :|: :l: : :|  ___ ヽ: : :\,ィぅ千刃`i7|\|: : l: : :/
   |: l.: l:|: : :l: :lレイfう于圷ヽ{\ : ヽ弋//ソ ' | :/|: :,':/
   乂!:从: : :',: `く{.戈//ソ  ` ヽ、_:> ̄  ノイ: ∧|     ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
    ヽト:\: :`ト、\  ̄     }      ,' ': : : :/ ヾ        それを聞かなきゃ諦めがつかない。
     j∧: \ハ ̄             //: : : /\__           そう思っての、質問だった。
         \: : : :\      ⌒    イ/:.: : :/  |__人    ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
      __/\ : : 、:.> _        / ! : :/   }_〔ハ
      ヽ_入   \: :ヽ:\ ≧=ー z<.   |/     |__,ノハ
     んニ圦   ヽ、: : :\>光r―‐- 、      /∨:::::::::',
     !:::::て_入      ̄//厂「「 ̄\\     んく:::::::::::::ヽ
      |:::::::::く__入    // / ∧|\   \ヽ   ∧ r':::::::::::::::∧




                                     ___
                                   /   ヽ、_ \
                                /(● ) (● ) \
    あー…まあその、何と申しましょうか…   ///(__人__)////   \
                               |  l^l^lnー'´         |
                                   \ヽ   L       /
                                 ゝ  ノ
                                 /   /


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
19 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:15:09 ID:OtkcCpGr








           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               「しっかり者だし頭も切れるしで、一見完璧な奴に見えるけど

                         その実めっちゃくちゃ人間が不器用で。

                    いくら他が完璧でもそれじゃあ仕方ねーお。


                      …でもやる夫はそーいうとこが好きなんだお」

           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








20 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:15:38 ID:OtkcCpGr







                     愛情に溢れた、とても幸せそうな笑顔で、そう言われたから。

      正直、到底納得のいく答えではなかったけれど、あんな顔されたら、勝ち目なんてどこにも見えなかった。

                         …だから僕は、諦めざるを得なかったんだ。






21 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:17:00 ID:OtkcCpGr


   ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
  ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W    (でも、今ならわかるよ、やる夫。
   |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、    キミが言っていたのは、きっとこういうことだったんだろう?)
   ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\_
    n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
   / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉






                                   _ __ __
                               /´    .:.:.:.::::::::::ヽ
                                l``ー-- ---- 一'1
                                L_ __ __ _ |
                             〈こL_ __/ _// _,ノ::7
                      .       ヽ     .:.:.:.:.:::::::,::;イ
                               /.:::T:.;:ー-----‐:.:i::::|
  (今のやらない夫は、悲しい…         i.:.::::l::-‐'、.::ヽjー-、|::::!
   そしてそれ以上に、寂しいんだ。         |.:::::lヾ不` ``ネネ7::::,′
   どうしようもない寂しさが、僕にも伝わる)   ト、:::::、  _'_  , イ::/
                               ヽN>_-_<ィイ/
                      .         , ィ  ,r‐ 6-、``T :、
                      .        /.}j  <_,ィ介ト、_> i {::ハ
                      .         /.:::}j   |:!^}|:|   | {::ハ
                              /.:;.:::〉.  !:| j}!:|   |〈::::ハ
                      .       /.:/!.:::〉,_ _j_j}_j _ _j〈:::.:::!
                            /.:/::|.:::ゝニ7ニ7个!ニ7ニ7:::.::::l
                      .      V_::」.::::::::|:::.:.:.i|XiL.::::::::l/_:::」
                             「 ̄ Y´二ヽiXノ二ニj  |
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
 やる夫の言ったとおりだった。
 やらない夫は、一般的に言うところの「完璧」な男だ。
 その気になれば、何をするにも不足なんて何一つ無い人生を歩めるだろうに、
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
22 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:17:24 ID:OtkcCpGr

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\
. |     (__人__) .(●) ( ●)\
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ
 |   ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒ノ
.  ヽ       }
   .ゝ_,.   ノ
 -(___.)-(__)
23 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:17:55 ID:OtkcCpGr

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒ノ
.  ヽ       }
   .ゝ_,.   ノ
 -(___.)-(__)








. |    ゚(__人__)
  |     ` ⌒ノ
.  ヽ       }
   .ゝ_,.   ノ
 -(___.)-(__)


24 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:18:48 ID:OtkcCpGr








         ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
                                                ヒトリ
             それでも、その隣にやる夫がいなくちゃ…どうしようもなく「孤独」なんだ…

         ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━






25 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:19:19 ID:OtkcCpGr


   ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
  ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W    …
   |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
   ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\_
    n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
   / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
,,,,_________
               ⌒ヽ、    ノ⌒`''''-- ,,_
                   ヽ (⌒  ノ       \                  __,,--
                     `-へ,,,,,____     \"''ヽ ___,,----''"" ̄
                             ̄''''''------ 、
  __ ,, ----─ '''  ̄ ̄ \ /⌒,! /⌒,)      \ ___ \
 ̄                 Y   ノ /  / /"`ヽ   _ .\  \   i
                  ∟___Y   /./  /  \\ \ λ !
                     /  .//  :/./゙`)  \.l  |  `┘      __,---
                     '--::`!   // ./ \ `! /  _,,---''" ̄
                         ヽ-.// ./ 〉  〉 〉" / ガシッ!
                             ヽ-/ /  / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

26 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:19:46 ID:OtkcCpGr

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  …え?
        r、      |   ` ⌒´  .|  な、何?何で突然俺の手を掴む?
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´





                                      r‐- 、 /        `ヽ
                                      |   \     .:.:.:.:.::::.\
                                     ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
                                    /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
                                   /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
  うん、なんでだろーね。                    |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
  なんで僕は、憎い恋敵の手なんか握ってるんだろ。  l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
                                    _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
  本当ならやる夫の手だけを握っていたかったのになー  l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
                                        }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
                                       ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
                                        ] 」/_⊥_
                                      <77´     `ヽ
                                         リ/  ,r─‐- 、ハ
                                     //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
                                       //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
                                       //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l
27 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:20:34 ID:OtkcCpGr


   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))   …それはダメだろ
. |       (__ノ_)   やる夫は、俺だけのものだから
  |       `⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
   .>    <         そんなの、言われるまでもなくずっと昔から知ってる。
   |     |         悔しいから、一生言ってあげるつもりはないけどね。
    |     |      ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━







                                |三三三三三三三|
                            ┌―! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i=¬
                             ヽ三三二ニニニニ二三三/
 …ま、他ならぬやる夫のためだからね        /.:.:.:.:ハ、.:.:\.:.:.:.ヾ.:.:.:.:ヽ
                              l.:.:|:_/∠_`\ヽ  ̄ \.:ヽ.:
 やらない夫、僕のこと自分の子供だと       ヽ/____   ヾ┬―ゥ ヽ.:.:
 思ってくれて構わないよ?                !`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' /レ'
                       r"´     |.:.:.:ゝ    _     /.:.:|
                      (   =‐'   ヽ.:.:l|ヽ、___ヽノ_ ,ィ i:|.:l|.::,'
                       ゝ-'         \:ト、}-‐斤ヒl、レl/|/
                         r、         /}} l|》o《|! {{`lヽ
                        __ゝ |i}^ヽ._/  }}  ハ  {{ |
                        ヽ  ノ'  `j  `ヽ、}}  /X |  {{  |
28 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:21:27 ID:OtkcCpGr

        人,
.   / ̄ ̄\  て
  /   _ノ  \、
  |   ( ○)(○)
.. |     (__人__)  はあっ?!
 ..|   u  |r┬| }   一体何がどうなってそういう結論に至ったんだよ?
.. |       | | | }
.  ヽ    `ニニ }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \  
   |    |ヽ、二二⌒) 



                                    |
                                ┌‐‐┴- 、
                                |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
                            __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
                          , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
                           .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
  何がどうなってって…           .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
  キミが自分で言ったんじゃないか。  | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
                           `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
  やる夫との子供が欲しかった、って    V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
                              `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/
  僕ならやる夫と血が繋がってるし       |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/
  キミとの関係も知っている           |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
                            l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
  丁度良い物件だと思うけど?         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
                            ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
                            〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ
                               V/::::/_fシ′       ',    \
29 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:22:07 ID:OtkcCpGr

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   …
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |








   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)  なんだよ、そりゃ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
 あ、ちょっとだけ、笑った。
 やる夫といたときとは比べることすらおこがましいほどに
 ぼんやりとした、力ない笑い顔だったけれど。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━
30 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:24:37 ID:OtkcCpGr
                                r‐- 、 /        `ヽ
                                |   \     .:.:.:.:.::::.\
                               ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
                              /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
                             /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
                              |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
  別にいいだろ?                  l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
                              _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
  キミとやる夫は結婚してたわけじゃないから  l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
  僕はやる夫の娘ってことにはならないし      }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
                                 ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
                                  ] 」/_⊥_
                                <77´     `ヽ
     ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─               リ/  ,r─‐- 、ハ
          でも、ね。               //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
     ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
                                 //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  あ、やっぱやる夫の娘はヤなんだ?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     | 
    |     |
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
   きっとその力ない笑顔だって、本当はやる夫だけのものだったんだろう?
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
31 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:25:17 ID:OtkcCpGr

                              !          .:.:.:::::::/
                             _⊥  -‐    ── ‐-  ̄``ヽ
                             〈    , - ── ──- 、、    /
                            ヽ,.'´   .:.:::::;::::::.::::、.:::::::::.:.:.:.`く
                            /:!    .:.:::;:::/::ハ.::ハ:l::::::..:.!:::::::.ヽ
                             /.:.l   .:.:::ノ/:/  l::| |:ト、::.::::!.:::::ハ:!
  当ー然!!                  ′.:l  ,.ィ::レ'´ ̄`ヽ リ >く/.::::/l ′
  僕がなりたいのはお嫁さんだけさ      i:::l:::', .:::l:::|,.ィテテヽ   ,.ィハV:.:::/:/
                           i:::l:::::',..:::l:::|ヽ辷ソ_   fリノ!::/:/
                           l::ハ.:.ト、:l:::|. ' ' ' '   ` ' 'ノ1"´
                             VVハ::::ト、     ー‐ '/.:::!
                                「 ';:::|_ ``ーr ‐く::::::::::|
                             ノ  ';::lニに7ニヽ ∩ハ::!
                           _ノ  〃.:.:.::::::.:.`ヽヽl |__
                        r '¨´     f(.:.::::::::::::::::::.:.V  `L
                        ハ、     f(.:.::::::::::::::::::.:.:に7ニ7ニヽ
                        ノ::い     f(.:.:.::::/ .: :.  ``ヽ  。i{





                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉
          /  ( ● >、  、( \        !
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {  俺だって譲らないだろ!
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
                   ヒトリ
 …とりあえず、やらない夫が孤独にならないように。
 それから、悪い虫がついたりしないように、守ってあげることぐらいはできるから。
━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─
32 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:27:12 ID:OtkcCpGr





━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─



                  だから安心して、やる夫。


              キミの愛した人が、壊れてしまわないように、


              キミの代わりに、僕が絶対、守ってみせるから。



━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─ ━ ─




33 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:27:47 ID:OtkcCpGr






                       これが僕の愛の形。


                         キミに、捧ぐ。





34 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 02:28:16 ID:OtkcCpGr
投下終了。

一度は書いてみたかった、女の子視点の話。
それがなぜ死にネタになったのかは不明。
35 名前:風と木のやる夫 :2010/05/23(日) 04:45:43 ID:d6yIZTeT

二人のやる夫に対する揺ぎ無い愛情にしんみりきました
同性の恋愛って子供が究極の問題として行きつくんだよね・・・・・・
36 名前:風と木のやる夫 :2010/05/23(日) 06:32:17 ID:X+4QzUa5
乙でした~
37 名前:風と木のやる夫 :2010/05/23(日) 10:22:34 ID:9R5LLL4u
お疲れ様です!
38 名前:風と木のやる夫 :2010/05/23(日) 20:11:22 ID:NfPHURmA
乙です!
39 名前: ◆qu4BrS7Cco :2010/05/23(日) 20:12:43 ID:OtkcCpGr
乙ありがとうございます!

>>35
二人ともとことんやる夫の気持ちが一番で、言動・行動のすべてがやる夫のためです。
子供の問題については、やるやら二人とも特に気にしてたわけじゃないんですが
お互いに「自分は二人でいられたらそれでいいけど、向こうは本当は欲しいんじゃないかな」
とか思ってた感じです。

>>36-38
ありがとうございます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。