2ch/やる夫系ブログ 最新記事
Powered By 画RSS
最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- (--.)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

翠星石による総論(AA作成経験)「成功体験」

2010.12.17 (Fri.)

翠星石による総論(AA作成経験)「成功体験」

363 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:26:30 ID:NGF/HnJs

      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.      何を話したらいいものやら……
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.        結局私に話をさせると、結局は「AAは数作れ」
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.      って結論になってしまうですよ。
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.      これからの話も、そういう方向になってしまうと思うです。
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.
364 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:26:56 ID:NGF/HnJs

                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´       この界隈には技術論は数多く転がっていても、
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l           そのすべてをモノに出来るとは限らないと思うです。
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l          私が思うに、その状態は二つ。
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l        「モノにできていない」のと「モノにする必要がない」
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
         / /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri~l^l '、
       ,/ /  /  ,| ,| {l) ヾ'、三三ミYハ,.」}、'、ヽ
365 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:27:31 ID:NGF/HnJs

            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|      「モノにできていない」とは、どういう状態か。
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|      これは、逆に「モノにできている」ってこと……
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|       が、どういう状態かを考えてみるです。
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |       私は、「成功体験」がキーだと思うですぅ。
::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|
{ /三\ /  ヽ几_厂|/し、__兀r '"  ヽ   | : . : |
366 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:27:51 ID:NGF/HnJs

           ゝ=ニ --- 、、  `ヽ、丶、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、、 ヽ、 `丶、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ.   \
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:ヽ、:.:、:.:.:.:.:.゙i   l    ,>
        ,':.:.:.:.:.:.::i|:.:.:.:./ !:ト、>、ヽ:.:.:.:.:l   } ,.ィ"
         l:.:.:.r:.:.:.:ll:.:,i:./  Yノヽ丶!:.:.:.:.:l  l/:.:l
          l:.:.:.l:.:.:,!ll:./l/   イァt戈ヾl:/:.:i:.l   l,:.:.:.:.l
        l:.:.:.l:.:Zアニリ、    ゞ-'' ケ:.:.リj  〉:.:.:.:.l
        N、:.トX´そソ    〃〃 /:,ィ{!   !:.:.:.:.:.:l
        ヾト、ミゞ゙〃〃  '    ,ィ゙クリイ   l,:.:.:.:.:.:l
          丶、ミ≧、  (ヽ   /X,_/   l:.:.:.:.:.:.:l       このスレ>>276-314の投下は成功体験の好例だと思うです。
            |``T'^`i:‐-,ュェ彡‐--i{   入:.:.:.:.:.:l
           l:.:.:.:l  ,ィシ'イ升トヾニ};;!〉  ヾ::丶、:.:l        こういう成功体験があったからこそ、
            l:.:.:.:>ィくヽ.ノイ<};;i`ヾ:;j{   ノ::::::::\丶      自信をもって作れるのではないかと思うです。
           f:.:ィ}7f  ヾシ'Fハl;;l    〉  ヽ::::::::::::ヾヽ
          /´::( l( ヾ、 ,クLl(l;l   {   /:::i::::::::::::ヽ〉
          /::::::::水 `" ,ケ}木l;;l   l   〈::::::l:::::::::::::::\
          /:::::::::( l }  ,小!rf(l;;l ,ィッノ   l::::::l::::::/ハ:::::::`ヽ
        ,ハ::::::::(,l,ノ  {;;l)从Kl;l  f′  ノ:::::::l::/:,ツ,:ィ7「リ
       ノ:::::ヽ::::ソl 〉   いYj l(l;!  L.__、,.イ::::::::::::"__'_リlリ::/}
        ゝ、__::::::巧ム,   ゞ<fj K゙   '´ろ lト、ニ:::「r=ァア}、::l
       ,.>ミ=:::(L三ミニニシ{{_ヾュニ二レ彡'.:.:.:`)!;゙シケ7f;l;トヾ
367 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:28:19 ID:NGF/HnJs

              /\    _,..-'ヽ、
             /, -‐''_>ュ<__,,.. .-+‐ー‐ー---┐
           /, ' '""~__      ``丶、      ,イ
          ∠イ'´"" ̄: :  ̄""'''‐-..,,_  ヽ    / |
        /: :/: :i : : i: : : : : :i: : : : : : : :`'ー、 `i   ./; ; 〉
       ./: : /: : ,' : : !: : : : : :!: :i|: : : : : : : : :i |  /; ; /
       l : : !: : .,' : : : : : : , : : ./i: : : : : : : : : :l |/ ; ; ,イ
       .l: : : : : :i : : : : : : ,ィ: : / .l ト、 : : : : : : l; ; ; ; ;/:.l
       l: : : : : :l: : : : : : / l: :/  _,l」ニ+-: : / : : |; ; ./: : |
      .|: : : : : :l| __,」ノ  | / '´ ヾ_,,ヾ.、_,': :l; ;/: : : :|
       |: : : : :‐|'´__ュ/  .l/   r'´i´;;;;;l 〉: : /イ: : : : .l
       .i : : i: :./~rl;;;;i`  /    .' .ヤニソ ': :/※i: : : : : l
       ヾlヽ: :ヽ .!.kri         `´/ .イ   i: : : : : ::l
        ト: :ヽ: : `ー′      "" /イ ! ※.i: : : : : : l     私自身の話で恐縮ですが、>>276-314の技術は、
        |::ヾ、ヽト ゝ   `     / ィ'i   i: : : : : : .l     私は「モノにする必要がない」と判断した技術ですぅ。
        !: :i   ヽ、     _    , -'"トi※  i: : : : : : : l
        .l: : i ※ .i: :`:ー- ,,`_´,, - '  / i    i、: : : : : : l     念のため言っておきますが、技術の内容そのものを
        l: : .i   i r‐- ...,r'´ /  / ./i .※i〉7´ ̄`、_.l.    否定する訳ではねぇですよ?
       l : : i ※ iノ:.:.::.r'/  .!__/  ∠_i   .i >.:.:.:.:.:.`i
        l : : i   i:.:.:.:.:「/  __.|.|'      .i※ i 7:.:.:.:.:.:.i´
      /: : : :i  ※i:.:.:.:「/ /.ィl ト、     i   .i/:.:.:.:.:.:.:.:l
      /: : : : i   i:.:.:「/'´,イ i | | >     i ※.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、
    / : : : : i ※  i:.「/ i 〈/./ト| |/     i   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
368 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:28:45 ID:NGF/HnJs

                 ,  --=ニニ、ヽ、
.               ∠ -―‐--- 、 \\
               / / /  ,   `ヽ ヽ\
              // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
              // // / // / //||l l!  \
             {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
             l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
             N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |      ああいう特撮系のAAは、
               jヘ、  _   " 彡'// |l  |      線が綺麗な方が出来栄えが良くなると思うです。
               / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
              厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |       だから、AA描きとして一皮むけるためには
             / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |     >>276の作者さんに、そういう成功体験があったのは
                / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、.      必然の流れではないかなと私は思うです。
            / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ
          /レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ    \
             | /「 } /     / |「 /   |_}      〉     ヽ
         |  | ,′   ,イ}{ ||/   |_}      \      `、
          |  //    /_〉!L.l   |_」}rr==n=<      |
           |  ハ ヽ、_/|_|X圧|   __|ニV{廴/|トV/       |
           レ1|     |ニニニレ彡-‐frー /  || |「      |
          /  、     |ニ「に厂   }} ,′ || l」         |
           /   ヽ  ト 」 ∨    }} く   《 ヽ       |
.          ∧     }  |        〃 ヽヽ、     \      |
369 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:29:07 ID:NGF/HnJs

        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
          〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
          |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
          l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|
          〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|            私はというと、作るのはおにゃのこのAAばかり。
           /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|
            ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ          それも、数多く作るうちに「かっちり」とした作風よりは、
         _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\        「柔らかい」作風に流れてしまったですよ。
     ,r‐'´/: : :{ 米|   ,ィ介   | 米|: : : : : : : : : : ゝ、_
    ./ :./: : : : :.i   |   //小   !   |: : : : : : : : : : : \:`ヽ
   〈: .: :ー‐-: 、:i   |   // }。j 〉  !   |.: 、: : : : : : : : : : : ヽ: |
     \: : : :``ヽ| 米| // f。,リ」  /,米|:.:〈ト、: : : : : : : : : : : i:.|
      ,ゝュ_: : : j  ト、    }。j  /   |こ〈::.\: : : : : : : : ,イ/
 .    / 厂`ヾji|  |7こf乙f。|乙j{    |乃 !:::.:.:〉-r‐rュ_ ノ:/\
    / /     `! 米|二乃Y7;;;;;;乃〉 米厂:.`i.::::厂``爪ト、:/: : :.|
370 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:29:31 ID:NGF/HnJs

                          ___
                          , ‐_二........_ヽ、 `丶、
                          /"´  .i.}  、ヽ\ i >
.        ,、            / /  .//:ト、/ } .ヽ V'、
       ヽ\_,.、            / . .{ ..:ノイイiイ7下i : .:} { ',
      rく V´ ソVヽ、        i:{ : :{弋リ ,  ゝ'/イ.::/i i  ',
       ゝマ__ノ〃、‐、丶、   , -`ゝ::ヽ  r‐ 、  ノィィ_i .i   ',      私としても、「分割作成法」はモノにしたい技術ではある。
          ⌒ヽ、: : . .`}1水)  i``、 ゝ._ノ   r'1 「.{::.  ',
              `丶、 : i:i ∨: .  }+i てiー< L_i , i:、::. ',     だけど、現状で自分の作風の中である程度は処理できてしまう。
               / ̄i:i ヽ: : : j.+i: :〈V´rッ水ヽ+ {::::、::..::',
                / : :i:i  {`ゝ} , {  人_ノi:i トト;ヘ {、:::::_rュ、.    「分割作成法」に手を出す勇気は、今のところないですぅ。
                 / : : i:L_: . V ノ+ィiT: : 〈i i::i i{ ii ヘヘヘ>ヽ ∧
             └ 、: :  ̄}L / j +{::',',: : 〈i !:i iヘi:i 〈ヘ VWV::::',
                 ヽ: : :ヽ::} }  {::::',',: 〈L」:|_l 〉リ_」i i }`T {::::::',
                   ヽ: : V .:}+ {:::::ゝ: :⌒⌒代彳}+i:}  . {::、:::',
                   ∧_/ .::::L....」::く: : : : : : : レヘi: L」:、  ハ:::\'、
                 // .:::::::::::::::::/__: : : :`゙": :ヽ i:i`": ヽ:::::`ヽ、
                  // .:::::::::::::/ ̄   /:,、: : r、: :_ {、!i: : 〈:::::::::::::
              , '  .::::::::::::/     /:/ ',: :{ }: { 、、ヽ: :j:::::::::::::
             /'´.::::::::::::/      ,/:/  L:」 L:i 、、ヽノ::::::::::::::
         _..- ´ .::::::::::::/       /:/         、、ヽ::::::::::::::
371 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:29:52 ID:NGF/HnJs

              _, -――― - .._
        ,.. '´ ̄ ´゙'ー‐1:i   ̄´ト、
        / ,  ,r'  , ,r' ノ'、:ー、   l」 \
     ,..' , ' ,:i   x' /|  ´l: ! 、 !.ハヘ.  \
     // /  i/ // />- / '、:! - ‐ l !   丶_
    〃 /  イ _/ 〃z==ャx /ヘ:ヽ' !丶リ   /´
     | l  l 行 /゙ /'l;;;;;ヘハ/  {: {    ヽイ1
     '.ハ  l代ソ ,   >:z.' / l: l     l| l
     // ゝ、ゝ r,ーャ_-'´-__..∠}、ヽ    リ ll         閑話休題、>>276の作者さんには、
     l l   T´ミ、ゝ- '  ̄  l:::   > 〉、l ハl l',       「分割作成法」での成功体験がある。
    〉〉l , /l  l ≧:::イ´   ト、:: l | __ -!l  ',
     l |米 l l, -rt/ \lj  ,∠、 \ハヽ/ l 、!l   l.       こうやって成功のイメージを持てることが、
     ヽヽ //: rt」!__ >く   |l  fマ/ 〉   ヽl  ',     AA描きとしての自信に繋がっていくと思うですよ。
     l l /:rt/  /f|j \_」! fマ: ! l     l !  ',
      ヘ/:rt/ / f/j|       fマ: : ヽヽ、  L:_ ヘ.     「頼りにできる技術を持つ」ことが大事だと思うです。
      /:rt/ 「lヘ. f/j !     fマ: : : : : :l l 、ヘ >ヘ ',
    r:' :rt/_//ヘ \j  |   fマ: : : : : : ヽヽ' l ヘ lLl.._
    {: : f,-'´ ,='´ ̄ ',_    fマ: : : : : : : : : ー7      ヽ
   「寸{| 、 {、 r‐'´_>、_ fjr‐、: : : : : : _: : >、     L.
    7 ト,  ̄トスf /     丶.辷:≧x:':´:_, -'|´:::::::ー1    ヘ
   /|  ー' ̄水くl        丶  l:.:l´\T:…'::::::::::::  l     」
  ,' l|    /:.:.:.:.:.:、       l:.:|: : : \::::::::::::::::::  \_/
372 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:30:14 ID:NGF/HnJs

                ,厶XXXXXXXXXYXk_
             , '´ , '`^^⌒^^¬XXXXXXXk
           /  .:/ /.:'´/    `YXXXXXXL
          , '´   .:/;イ / ; /    `YXXXXX7
       / /:;  /::/ / /, '//   :;  } `YXXXハ
        / ,'::///::/ /:!/ .:/ '   .::/ .:/ 、 `YXノ ハ
      { l://;::;'::/ /:/l:|::/ :;'  / ::/:l .:|! |Xx)  `、
      ` {ハ:|:j::j丁7メ!|:l :/:/ .;:イ .:ハ ::j  lX「    ヽ
          乂V!| f「::`Y|l:l// .:/_7メ、j / .:/xr′   `、
          /XXX!| `='′リ〃´ イ::::`kl|:/ ::/Xx}个 、    l
       / XXX八 ″  ,    ゙=‐' グ ;:イX(   !  ` ー ┘
     /XXXXXxヽ、  、  ""‐=彡'´XXX} .:|
      /XXXXXX7^二\    ,. イXXX7⌒´ l: |          もう結論はわかりますよね?
    /XXXXXX/ {r=‐う斤-、 jXXX{_| .:l| ::l |
.   /XXXXXX/  し冖イ/ ト、ヽYXXX/rヘ ::|l :l:|          「AAは数作れ」、ですぅ。
  /XXXXXX/     _{7/r1| VXXX/_「: :.V |::l{
∨XXXXXX/     _j///l_)| /XXXx{-< : : ∨::l:|           数作れば、いくつかの成功体験に遭遇するはず。
/XXXXX7´       {//小| }VXXXXxlニ{: : : : Vハl
XXXXX /_       //ノ( l| )jXXXXXに|:.l : : : V:ト、            成功体験なき技術は使い物にならない、と私は思うです。
XXXXx/ `ーz   //_} ( | {XXXXXxY):.l!::. : : :ヽ、ヽ、
XXXX/⌒Ln `ぅ//_)  ( 廴}XXXXXXL:.l!::.: . : : }:`ヽ}
XXX7    └'て_メ、)  く辷7XXXXXXX}:ヽ:.: . ::人丶:\
373 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:30:38 ID:NGF/HnJs

    -‐ フXXXXXXXXXXXXXXXXX`丶、
 /   /XX>¬冖冖¬‐<XXXXXXXXX\
 \ /X>.:'´::.::/::.::.::.::.:_::_.:.:.::`::くXXXXXXXハ丶
   Y/::/:/::. :. .;:.:'´::.::.::.::.::.::.:.:└くXXXXXX} `、
  〃:/:/::.::.::.:/::.::,:.:-‐::.::.::.::.::}::.::(XXXXXX) ヽ
  /::/::.:/::/:::/::.::/:::.:. .::/.:.::/l::.:::{XXXXXX)   、
 ::.:/::.:/;:.::.:/::.::/ .:.:.:/::.::,ィ::/.:l|::.:.:(XXXXXXL   \
 |::'::.://:-;―‐-::.:::=彡::.::://:/|:.:|l:.:l:::[XXXXXXメ , -┘
 |:|:://:::///::.::-=:_:彡' 冫く」::.|l:.:|:::[XXXXXく /
 lリ:l::l:::/イなメく-‐ ´   /   l「:ト、|:::|XXXXX「|
/八{::|:ハ {イ:.:rハ   /, 孑=ミヘ::kく:/ XXX厂:|:|       「分割作成法をモノにする必要がない」って
/_`ソX ! `゙゙´      ^!{::.::rーハ:ト、XヽX/: !::.|:l       判断しちゃう辺りが、今の私の限界なんだろうな……
l K ヽ_ム    、.    ヾ二シ '八 \/7::.::.::|:::l:|
| !| ト、 `ヽ   、        (XXX//:;l::.::.:|:::|:|         この技術はたまにトライしないわけではねぇですが、
Lノニー仁〕 |ヽ、       _ ィ´xXX/;'::.:l|::.::.:!::.|:!       これに関しては強烈な成功体験をしたことがない……
三三三仝r仁三二>'´ , └┴くXXi::l::.::l:l::.:::|:.::!|
三三三三三三三└‐く_ -‐ ,二ヽ|::|::.::|:!::.::|:.:::|         何かこう、「神様」みたいの降りてこねぇですかね?
ニ三三三三三三三三三二て r‐=≦>xヘヽl::.::{
374 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:31:06 ID:NGF/HnJs

        _,,r―:;;;;;;;:::====- 、...__
     _,r'''"; ; ; ,r''" /        ゙``ヽ., - ―‐- 、
.   ,;;'´: : : : : :.:/ /    ./   ヽ.   ゙ヽ    ヽ
. ,/ /: ; ; : : : ;;| ../ /   /     i ト ヽ  ヽ    |
.く; ;;/; ; : ; ; ; : ;:|/ ./ /./ ,: /  ./,| ji | ゙、 l.!    l
 ヽ/; ; ; ; ; ; : : :| .;' / / / /   ,/ //:| | ゙i゙i |   /
 /,!'; ; ; |; ; ; ; : :| .;' ./ / ;' /______,, !_| | | | || |/
/  ;!; ; ; |; ; ; ;; :||i.| / .;' l .;'/...::/、.゙`/ ,r‐''!| || '
 /|; ; ; ; |; ; ; ; ;;||./| | ;' / r''´i|!^ii-/  ,;ニ.,!/ i|
/ | ; ; ; |; ; ; ;;; ;;||  | ;!.//  ヽ.ゝノ    iij.| ;' .|
  |;; ; ; ;|; ; ; ;;; ;;|| ゙i|//`  ゙゙゙゙      ゙i | | :|
  |;; ; ; |: : : : : :|\ \_         ´.| |  |       すべての技術をモノにする必要はないと思うけど、
  .|; ; ; ;|; ; ; ; : ::||ヽ  ̄       ー‐.  ハ  ||      「モノにした技術」があることは重要だと思うです。
 /|;; ;; ; |; ; ; ; ; ; ;|.| ゙ 、            /i_l」:゙V,!
/ |; ; ; |; ; ;; ; ; ;|ノ  ゙iヽ、._     / i |iヽi::゙、
  | ;; ; ;|; ; ; ;; ; ;|\  .゙i;;;;;;;;;;|` ー', , {{〈、r┘::::::::\、   こう締めて、今日のお話は終わりにするです。
 /| ; ; ;;|; ; ;; ; ;; ;{  \  ゙;;;;;;|ヽ/ //  }}/、フ:::::::::ヾ、
/ /| ; ; ;;|; ; ; ; ; ;!フ   \、ノ;;゙、/,nヽ、    !V|∧:::ヾ、
.、| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|ト /\ヽ ,.ィ`不ヽ、ノノノ {{/_l」:::::::::::ヽ.ヽ
,.‐:::| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|}    // //'{l:l  ヾ、  nニト:::l::\::::::::ヽ
 :::::| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|:::\::ヽヽ//l>ィll:l__,ノ,、 )},.イ::l::::::::ヽ:::::::|
 :::::| ; ; ; |: ; ;; ; ; ;;|::::::::,、::::`イl:l. {.l:「´   〃!V:::l::::::::::::::::|
375 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:34:29 ID:cEOYmlVQ
乙でした
大変恐縮なのですが、結論としてはロボや男女などのAAを作成して
自分の引き出しを増やすことと理解すればよろしいでしょうか?
376 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:40:24 ID:NGF/HnJs
自分が納得しているなら、無理して増やす必要はないと思います。
作っているうちに自然と引き出しが増えていく場合もありますしね。

ただし、ロボを作成していた人が人間を作成する場合。
あるいはその逆、のように全く違うものを作るような場合は増やさないと厳しいと思います。
377 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:42:46 ID:36Qavd3Q
乙でした。
ちなみに自分、分割作製法の作者ですが、必要のない技術を物にしない、というのも一つの方法だと思います。
そもそも分割作製法自体は妥協の末の産物ではありますし、うかつに人の技術を学んでしまったら自分の今までの作風がダメになるんでは、
と言った恐怖感も感じますからね。
数を作れというのも超同意です。

>>375
あえて作るジャンルを限定して特化した感性を育むというのも一つの手だと思います。
AAってやっぱり作るのに精神力使いますから、結局は自分が好きなものしか作れないと思いますんで。
純粋に、元絵なり人のAAなりを見て、心から作りたい、と思えるものだけAA化する、それでいいと(僕個人は)思います。
たまたま僕の場合はそれがライダーなりバーチャロイドなり、(分割の例には出してませんでしたが)ローゼンキャラだったりしただけで、
ほかのジャンルのAAは、たとえ簡単に作れるものだったとしても作れないと思うんですよね。
378 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:50:59 ID:cEOYmlVQ
不躾な質問に対してご回答ありがとうございます
いえ、自分が納得していないからこそ技術を向上させる必要があるのかなと常々思っていました
下手にジャンル限定に特化した弊害で自信を消失していましたので、
他のジャンルに手を出してみようかなと思った次第です
379 名前:どこかの名無しさん :2010/06/23(水) 23:57:04 ID:36Qavd3Q
>>378

個人的な経験ですが、

あるジャンル(Aとしときます)に挑戦してみた → 失敗してそのジャンルを作る気をなくす → ほかのジャンルばかり作ってる

→あるとき、いい絵を見つけ、ジャンルAに再び挑戦 → 成功というほどじゃないが、そこそこのができる → 練習してたらうまくいくようになった、

という経験がありました。

特定のジャンルばかりでも線のつなぎ方とかいろいろ経験を積んでるわけですからなんだかんだで他のジャンルにも通用する技術は身についてると思いますよ。
408 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:20:42 ID:5Fl6vGQ.

               , 、 -――――- 、_
            , ィ'´            `ー-、
          ,ィ'´    _____      \
         /   ,、-‐'´        `ー-、    ヽ
       /   /  _,、-――――- 、,__  \   ヽ
      /    /, -‐'´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、 ヽ    ヽ
    /    //: : : :/: : :./: :: : : : : : : :/: : : : : :\ヽ   \
   /    /: : : : : /: : : /: :/: :: : : /: /: : : : : : : : :.ヽ.    >
   \    ,':l: : : : :/: : : :.l: :.l: : : : :/: / ∨: : : : : : : : :l   /
.    \  l: l: : : : : : : : : l: /: : : :/:.:./  ∨: :ヽ: : : : : l,.ィ'´
      l\l: l: : : : /: : /l/l: : //:./-―‐弋: l:ヽ: : : :l: l
     /!: :.l: l: : : /:イモ:ハ !/ //_,イモ:ハ、ヽl: : ヽ: :.l: :',
    /: : : :.l: l: l:./ノ弋:::::ソl /  ´ 辷:::ソ."ヽ: : : ヽ:l: ∧
.   /: l: : : :ll:.l: l/: ヘ  ̄         ̄   l: : :/: : :l: : ∧        こういうやり方が役に立つかはわかんねぇですが……
   /: : l: : : :.lヘ!、!: :ヽ\     '        /:/: : : :ll: : : ∧     ちょっとした初心者用のトレーニングを作ってみたですよ。
.  l: : : l: : : :ヘ ` ヽ: : :\     - -      / : : : : :/ l.: : : :∧
.   l: :.: :l: : : : :ヘ   l: : : : > 、,_    ,. .<: : : : : / /: : : : : :.',     その名も、「成功体験ドリル」ですぅ。
  l: : : :l: : : : : :.l  .l: : : : l´、!.   `´   l,ィl: : : : :/  /: : : : : : : :l
.  ノ: : : : :lヽ_/ヽl  .l-‐'´   `ー、_,.ィ.'´  `ー-/  ./_r、,、__: : l
 /: : : : l´ゝ く´l  .l    ,ィ==仝==ミ、  /  .l. (  ゝ‐、ヽ:',
./: : : : /:::〈  l´ l   .l   〃 〃||||ミ、 ヾ、 l    l  〉_ <'´:::::l:ヽ
409 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:21:16 ID:5Fl6vGQ.

ttp://a-draw.com/contents/uploader2/src/a-draw1_22421.jpg


                 _,,,,、,_
            _,、-ニx´XxXxXx``ー-、_
          _/,ィXxXx _xXxXxXxXxヽ`ヽ、
        /´ / ̄: : : : : : : : : ̄:`ヽ、xXxXヽ\
.       / /: : : : : : :./: : : : : : : : : :ヽxXxXヽ \
      / ,ィ´: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : ヽxXxXl! ヘ
       `ヽ: : : : :/: /: : : :/: : : /: :/:/!: : :i!xXxX!  ヘ
       /:./: : :/: /: : : /: /:/: : :/:/:l: : : :.lXxXxl  ヘ
.        i!:i!: : :./: /: :/: /:./: ://:/: :l: : l: : lxXxXl   ヘ
      i: i: : :/: /////:///:/.l: :.|: :.|: : lXxXi! ,ィi´ ̄
.        〉!: : :l!//`//////-‐l: :|: : l: : lxXxlイ.: :i!
.      /:ト、: :i: /ャテ示、. /// __,l:.:l: : :l: :.lXxi!: : : :.l
.      /: :l ヽ: :l. 弋: :.ノ      ´ん:::ハヽ、:l: l: /X./: :l: : :.l
     /: : :.lX.`ー`-. ̄   ,    弋::::シ ´ /:/Xxi!: : :|: : : l
    /: : : :.lxXxヘ      r-、    ̄ /XxXxi!: : : :l: : : :l!      今回のお題に使うのは、この絵ですよ。
    /: : : : :.lx/`'´ヽ.    l   i    /lXxXxXx!: : : :.l: : : :ヘ
   /: : : : :.://.ゝi.フ.  > 、 `ー.'  , .ィ´ .|xXxXx./: :|: : :.l: : : :.ヘ       右側のキャラのAAを作って欲しいですぅ。
.  /: : : : /......ト j`j  ,ィ==≧≦==、  /xXxXxl.ヽ:.l: : : : : : : :.ヘ    (ただし、顔の模様は作らなくてもOK)
./: :.,ィ'´...........i´ i.ト, .《   〃ijijヾ、  》 lXxXxXxl.....ヽ: : :\: : : : ヘ
: :/...................ゝ.j i´  ゞィ" .ij!.ij! ゞイ" |xXxXxX|........ヘ: : : :\: : : ヘ
/........................ト、.i `j     ij! ij!.     |XxXxXx|...........ヘ: :ヽ: :\: : ヘ
410 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:22:01 ID:5Fl6vGQ.

※ ↑補足
顔部分だけでOKです。
411 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:22:12 ID:5Fl6vGQ.

      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.         作る時の大きさはお任せしますが、
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.         たぶん200%くらいがやりやすいと思います。
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.       ここからが大事ですが、
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.        『 まずアングル調整をしないで作ってください 』
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.         捏造が出来るレベルの人であれば、
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.         このドリルはやる必要ねぇと思うので、
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.         「捏造もしないで下さい」とも言っておくです。
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.
412 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:22:33 ID:5Fl6vGQ.

    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl        いかがですか?
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l       かなり難しかったのではなかろうかと。
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,     失敗するように仕向けてるので当然です。
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',
413 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:23:10 ID:5Fl6vGQ.

   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|      それでは、成功するためにはどうすればよいか?
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ      慣れた人は元絵を見てすぐやり方をわかるのでしょう。
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |    それは「成功体験」があって、「こうすれば上手く行く」
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク     というイメージができるからです。
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|
414 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:23:42 ID:5Fl6vGQ.

        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
          〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
          |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
          l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|
          〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|
           /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|            それでは、成功体験をしていただくための
            ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ          ヒントをお教えしましょう。
         _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\
     ,r‐'´/: : :{ 米|   ,ィ介   | 米|: : : : : : : : : : ゝ、_    次のレスに、背景色と同じ色で書いておくです。
    ./ :./: : : : :.i   |   //小   !   |: : : : : : : : : : : \:`ヽ
   〈: .: :ー‐-: 、:i   |   // }。j 〉  !   |.: 、: : : : : : : : : : : ヽ: |
     \: : : :``ヽ| 米| // f。,リ」  /,米|:.:〈ト、: : : : : : : : : : : i:.|
      ,ゝュ_: : : j  ト、    }。j  /   |こ〈::.\: : : : : : : : ,イ/
 .    / 厂`ヾji|  |7こf乙f。|乙j{    |乃 !:::.:.:〉-r‐rュ_ ノ:/\
    / /     `! 米|二乃Y7;;;;;;乃〉 米厂:.`i.::::厂``爪ト、:/: : :.|


※この下のレス反転でヒントが出てきます。
415 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:24:25 ID:5Fl6vGQ.


アングルを0→7に変えてトレスする。
(角度の数値は多少違っても構いません。)
416 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:24:50 ID:5Fl6vGQ.

                , ...... - 、 _
            ,. -'´        `ヽ、
        _,. -ッ'´  ,.. -‐ '.: ´.:` ヽ、  ヽ、
       l´ / ,. .:'´.: .: .: .: .: .: .: .: .: '‐ 、  ト、
       い//.:,.: .: .: .: .: .; .: .: .: .: .;. .:, i.:ヽ,`',ヽ、
        〉'´/.: 、.: .; .:'´.: .: .:_,フ,´.:'フ!.:!.: .:i l ヽ,
    , ⌒丶ぐ/: .: .: .:X´.:ー=ラフ´.:/ ,|.:l!.: .:l 〉/
   ノ   、ヽ、 .: ,.'ッ-、ゝ ' ´, ,'ン´ ,/ l/l.: .: ! l'
  /   、  ヽ ト.〈 ト'uヽ ´  ,. イーr、' l.: .: l  l
 /    ヽ,  V l ` ゝ‐┘   !‐'じ'^! 〉,!.: ; '  !
 l、 ゝ、._  `どィ l、'''' ,、 _   ` ',,‐' , ':/:i、  l            いかがでしょうか? 成功体験はできましたか?
  ヽ、  _フ´ ,-'ヽ,ヽ、,'    ̄ ̄ i  ∠ン.: .: :lヽ、l、
    `ラぐ'^~  ノ:::::フ`ゝ、    ,.! .:'.:´.: .: .: .: '、 ヽ,l         少なくとも、前よりは上手く行ったのではないでしょうか?
    l´::::::`'_、/::::::i i~  Fニ キ´ーn-、ヽ、、.: .: :'、 ゝ、
.   ,.ノ::::::::/:.:,入_r'´r' r '' ブに > 5 l;::::`ー:iヽ_.: .: '、'! ヽ      この「成功」の理由も、次レスに背景色で書いておくです。
 //_::_;∠ン.: .: .Pく  >'/xい   i i;::::::;::::::b'F-.: .: i ! ヽ
/  / /.: .: .: .: .:L、'-、ノ´K´,l 'i   〉3ぐ !:::::l.: .: .: .: :l, ゝ, ヽ
  / /.: .: .: .: .:.: .: .: .`^、) <, ,゙- -´£`-|:::::ト、: .: .: .:) i  丶
 r  r: .: .: .: :: .: .: .:/〉、   ,、 ~゙´~(、 `´〉L、:::l: .: .: .:ヽ、 ヽ  丶
 | r´ .: .: .: :: .: //::::::ヾ/:::\/\ ヘ、:::::::) .: .: .: :: :) l   ヽ
.〈 / .: .: .: :: /::r´::::::::::::::丶::::::::ノ::::::::ヽ:::::ヽ´ .: .: .: :: : ヽ  i   l
 l 〉 .: .: .:/:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::::::\ .: .: .: :: ノ (    |
、l  ,l .: .:〉、::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\ .: .: .:ゝ  `L  !

※ この次のレス反転で解説が出てきます。
417 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:25:34 ID:5Fl6vGQ.


【元絵を傾ける理由】
・左右の目の高レベルさが同じになるので、目の処理がしやすい。
・髪の毛のツンツン部分の嫌な傾ききも水平線で処理できる。
418 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:26:05 ID:5Fl6vGQ.

        , -,二ニ-―- 、_ `ヽ、
.       //    ※   \ \
    // ※  ___      \ \
.    //  , -‐:'´: : : ト、: `ー-、※ ヽ  \
.  // /: : : : : :.l: l: l ヽ: : : :.\  ヘ/`
  \,'/: :l: : : : : :.!l:.l: l _ ヽ: : : :: l  ',: l
    l: : : :.l: : :l: : :.!l:/l/'´ __ヽ: : :l   l: l
    !: :l: :.l: : ll: : // / イい::i `'; : :! ※ l: l
    l:l:.l: : l: : l,ィ示    ゞ-' //l   l:.:l
   '!';ト、: l: : l`弋:) ,  ""/l://   /: :!        こういう人為的で強制的な「成功体験」がどれだけ
.     |ヘヽ\:.ヽ ''''  - '  /,ィl.l   l.:.:..l       役に立つかはわかりませんが……
.      l  l: ̄:`' ー― '´イ / ※./、_:.:l
.      l  l: : rヘ_,.ィ´xzュ、. /  /rヘノ_ゝノ〉    「成功のイメージ」は掴むことが出来ましたか?
.      /※/: :/〉〈 ,ィケ"ijiト、/  /ノr‐'::::`ゝ〉
     /  /: :/〈 .ノ《__ノノijヾl   l'ノ´:::::::::::::::ヽ     では、今日はこの辺で失礼するです。
.    /  /: : l::ノ〈  ¨¨ij ij / ※/'::::::::::::::::::::::::!
    /  /: : :/〈 ノ    ij i/  /::::::::::::::::::::::::::::!
419 名前:どこかの名無しさん :2010/06/26(土) 23:27:52 ID:Wd1TXoJ6
おお、乙です。
こういう、分かりやすい例はいいですね。
420 名前:どこかの名無しさん :2010/06/27(日) 01:07:11 ID:eln4m5jQ

なんて勤勉な翠星石…

使った画像ってもしかして
このために意図的に加工したものなのですか?
421 名前:どこかの名無しさん :2010/06/27(日) 12:49:39 ID:2g3JySs6
箱さんの所でやってた奴ですね。
422 名前:どこかの名無しさん :2010/06/27(日) 16:47:57 ID:udzBgU9U
>>420
>このために意図的に加工したものなのですか?
そんな面倒くさいことはしませんw

>>421で言われてる通り、箱男さんの雑談所ででてきた画像ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントは管理人による承認制です。メールアドレスは公開されません。編集ミスに関する連絡は、記事番号とレス番号を添えてメールフォームからどうぞ。


パスワードはコメントを編集する際に必要となります。

トラックバック

このサイトへのトラックバック

最新コメント
月別アーカイブ
ブログパーツ
スカウター : やる夫之書
フィードメーター - やる夫之書
あわせて読みたいブログパーツ
Copyright© 2009- yaruobook. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。